FC2ブログ

大房岬砲台

千葉県南房総市富浦町多田良1212-29にある大房岬自然公園が砲台跡だった。
この岬は約3km標高80mとかなり広いのだが、戦時中は地図から削除されて隠蔽されていた。
大房岬砲台は昭和3年起工、7年完成。ワシントン条約で廃棄となった巡洋戦艦鞍馬の副砲
45口径20cm連装砲(420トン)を陸上用に改造、40mの間隔を開けて2基4問を配備
関東では洲崎第一、千代ヶ崎、城ヶ島、大房にのみ砲塔砲台が設置された(全国で12箇所)

直径2mの昇降式探照灯は総コンクリート製でかなり大きな設備だが、現在も機材は無いが
エレベーター部分まで入って見学が可能
2つある地下式弾薬庫も内部見学可能だが、時期により水没
その東側に発電所施設があるが、柵がある上に半分埋没している
ビジターセンターが開いてる時間なら、小銃弾薬箱、ジオラマ等が展示されている。

DSC06387_R_201808141706316af.jpg
第二砲座と言われる花壇
DSC06386_R_20180814170630853.jpg
約40m離れたこれか?って思われる円形の空き地
DSC06398_R_20180814170632473.jpg
書いてあるからには、こっちは確かなのだろう?
DSC06388_R_2018081417173460b.jpg
背面の第二砲座用弾薬庫
DSC06389_R_20180814171736044.jpg
内部は意外に綺麗だし乾燥している
DSC06390_R_201808141717373a0.jpg
入り口付近の良くある謎の穴
DSC06391_R_20180814171738bbd.jpg
内部には弾薬庫が2つ並んでいる
DSC06392_R_201808141717407c1.jpg
若干水が溜まっているが、状態は良好
DSC06395_R_20180814171742944.jpg
第二の方はスロープが曲がっている
DSC06396_R_20180814171743960.jpg
振り返り、上の穴は電気配線及び通気かな?ここには扉があった
DSC06397_R_201808141717447d9.jpg
上部にある弾薬庫の通気塔
DSC06400_R_20180814182116a03.jpg
木の陰にコンクリートの構造物が見える
DSC06401_R.jpg
弾薬庫の盛り土が流れて、露出してしまっているのだ
DSC06403_R.jpg
排水施設らしい?
DSC06404_R_201808141821225c0.jpg
第一砲座用弾薬庫、スロープは真っ直ぐ
DSC06405_R_201808141837135ac.jpg
内部構造は同じ
DSC06406_R_20180814183715799.jpg
手前の弾薬庫
DSC06408_R_20180814183715cc3.jpg
奥の弾薬庫、共に水が溜まっている
DSC06409_R_201808141837172c2.jpg
反対側
DSC06411_R_2018081418371991e.jpg
上部の通気口
DSC06412_R_2018081418372196c.jpg
こんな感じ
DSC06413_R_201808141843317ae.jpg
小発電所、こっちは砲塔砲台用の電源だろう
DSC06414_R_20180814184333016.jpg
入り口は小さい
DSC06415_R_201808141843343fb.jpg
発電機台座
DSC06416_R_20180814184335bad.jpg
天井に残る、電気配線の碍子跡と通風孔
DSC06417_R.jpg
入り口周りには、高圧碍子も残っている
DSC06420_R_201808141843387d2.jpg
上部の通気口
DSC06423_R_20180814185947c83.jpg
海岸に下りると昔の台場がある
DSC06424_R_20180814185948d82.jpg
ビジターセンター付近に下りていく
DSC06427_R_20180814185951b72.jpg
絶対に当時ものの建物だが詳細不明
DSC06429_R_2018081418595382d.jpg
無造作に東京湾要塞地帯標が転がっている
DSC06425_R.jpg
第1掩灯所、今は倉庫に使われている
DSC06430_R_20180814185953617.jpg
天井の庇に吊り金具が残っている
DSC06434_R_20180814202032fa5.jpg
文化財
DSC06435_R_201808142020345f7.jpg
第2掩灯所が下に見える
DSC06440_R.jpg
地下施設がある
DSC06443_R_20180814202036e86.jpg
この施設は掃除されているようだ
DSC06444_R_2018081420203719a.jpg
入り口四角、内部は丸い通路を下っていく
DSC06446_R_20180814202039b89.jpg
天井の電気配線の跡
DSC06447_R_20180814202040053.jpg
床は滑り止め加工
DSC06449_R_2018081420324365b.jpg
到着した
DSC06451_R_201808142032446f0.jpg
下はかなり深い
DSC06452_R_201808142032455ed.jpg
ここには何があったのだろう?
DSC06457_R_20180814203248876.jpg
下が昇降部分
DSC06456_R_2018081420324672d.jpg
人物比とのさん
DSC06460_R_20180814204426dfb.jpg
なんか配線の跡が付いてて面白い
DSC06461_R.jpg
エレベーターの下から見上げる
DSC06463_R_201808142044282f0.jpg
この台座って何だろう?ストッパー?
DSC06466_R_201808142044304fd.jpg
もちっと詳しく書いて欲しいな!見たまんまやん。
DSC06467_R_20180814205254662.jpg
第2掩灯所地下通路からの縦穴出入口
DSC06468_R_20180814205256275.jpg
上から見たエレベーター
DSC06470_R_2018081420525881b.jpg
落ちたらちょっと痛そうだから、気をつけよう
DSC06471_R_201808142052580c1.jpg
土管、伝声管?
DSC06472_R_20180814205300683.jpg
石垣が組んである
DSC06474_R_2018081420530183f.jpg
地下施設からの通風孔
DSC06475_R_20180814210028039.jpg
探照灯用地下発電所
DSC06477_R_201808142100307bd.jpg
DSC06478_R_201808142100318a4.jpg
半分土に埋もれていて、分かりにくい
DSC06480_R.jpg
脇に地下通路がある
DSC06481_R_20180814210033368.jpg
完全水没だが、兵器庫らしい
DSC06485_R_201808142100355a4.jpg
反対側の出入り口も水没
DSC06486_R.jpg
海岸園地から海辺に降りる
DSC06487_R_20180814213724216.jpg
水辺にコンクリートの遺構が有る
DSC06498_R.jpg
魚雷艇基地のレールだと言われる
DSC06489_R_20180814213725500.jpg
脇に野球のベンチみたいなコンクリート遺構が有る
DSC06491_R_20180814215546582.jpg
階段のすぐ後ろに
DSC06493_R_20180814215547fd2.jpg
魚雷艇の格納庫と言われる穴が有る
DSC06494_R_201808142155482e2.jpg
奥に行くとかなり狭く、魚雷艇など入らない
DSC06496_R.jpg
入り口もこの様に岩が邪魔で入れないので、配備はされず、計画だけだったのだろう
スポンサーサイト

船越地下軍需工場再訪

DSC02901_R_201808072235435ee.jpg
海軍造兵部の跡地の造成が始まった
DSC02900_R_201808072235416a2.jpg
1年以上空き地だったが、工事が始まると早い
DSC02963_R_20180807223544262.jpg
工事は裏の山にまで及んでいる
DSC02964_R_20180807223545a2b.jpg
地下軍需工場の入り口が見える
DSC02968_R_20180807223546341.jpg
以前はここに海軍病院があった
DSC02972_R_20180807223549378.jpg
今は綺麗さっぱり無くなった
DSC02973_R_2018080722532713c.jpg
山頂にある海軍境界柱
DSC02974_R_201808072253288da.jpg
頂部にある境界マーク
DSC02975_R_201808072253301f9.jpg
掛けてしまっている物もある(気のせいか新たに塗られている気がする)
DSC02976_R_20180807225330c38.jpg
コンクリートの境界線支柱もある
DSC02978_R_20180807225332ff6.jpg
僅かに残る、軍道の痕跡
DSC02979_R_20180807225333c53.jpg
監視所の入り口
DSC02980_R_20180807230431708.jpg
内部通路の先には
DSC02981_R_201808072304330e1.jpg
六畳ほどのコンクリートの部屋がある
DSC02982_R_20180807230433d3e.jpg
隣の部屋の観測窓
DSC02983_R_201808072304350d4.jpg
スリットから先は、生い茂ってしまって何も見えない
DSC02984_R_20180807230436cbc.jpg
さて、出よう
DSC02988_R_20180808231542d3d.jpg
唯一の壕口から進入する
DSC02990_R_2018080823154483a.jpg
とても立てる高さではない
DSC02992_R_201808082315453f3.jpg
もとは中腹への抜き穴だ
DSC02993_R_20180808231546638.jpg
一応は階段だったのだが、そうとう埋まっている
DSC02996_R_2018080823154844a.jpg
直角90度ずつ曲がり続けるくだり階段
DSC02997_R_201808082315500ed.jpg
高圧碍子が落ちている、誰か持ち出そうとしたのだろう
DSC03000_R_20180808235257440.jpg
大分崩落も進んできた
DSC03001_R_20180808235259cda.jpg
しかし、これだけ階段が続く壕も珍しい
DSC03002_R_2018080823530029f.jpg
最後の曲がり角
DSC03006_R_201808082353018ef.jpg
二階へ到着した
DSC03008_R_201808082353027f8.jpg
天井も高く、3mほどある
DSC03009_R_2018080823530414e.jpg
ここには木製の部屋があったのだろう
DSC03011_R_201808102147221d4.jpg
二階部分を回って行く
DSC03015_R_201808102147249c2.jpg
二階だが十分広く、しっかりした壕内
DSC03017_R_20180810214726c6f.jpg
残留物
DSC03022_R_201808102147267b8.jpg
高圧碍子もいっぱい
DSC03023_R_20180810214728651.jpg
天井にも残っている
DSC03024_R_20180810214729d89.jpg
二階の1/3は水没しているので、湿度が半端無い
DSC03025_R_20180810224004fd2.jpg
ストロボはもう使えない
DSC03027_R_20180810224005145.jpg
今日は長靴を履いてないので、この先には行けない
DSC03029_R_201808102240062ea.jpg
DSC03032_R_20180810224007ae1.jpg
段差のある場所
DSC03034_R_20180810224009152.jpg
二段の階段で繋いでる
DSC03043_R_20180810225905558.jpg
階段の先にあるもの
DSC03037_R_20180810225903e39.jpg
台形の掘り残し部分
DSC03038_R_20180810225904f9a.jpg
穴が空いて水が滴り落ちている。これは後で下から観る
DSC03031_R_2018081022590234b.jpg
一階に向かう
DSC03048_R_20180810231939012.jpg
階段を下りていく
DSC03052_R_20180810231941756.jpg
天井から止め処なく水が落ちてくる
DSC03053_R_20180810231941795.jpg
さっき上から観た所だ
DSC03056_R_2018081023194392e.jpg
下からはヤバイ雰囲気が伝わってくる
DSC03058_R_201808102319448d5.jpg
一階到着、こうこうと灯りが見え、キャタピラの跡もある
DSC03059_R_20180810233742016.jpg
出たらやばい、メッチャ見つかる。軍事施設で捕まったら洒落にならん
DSC03066_R_20180810233744f2a.jpg
そそくさと引き返すへタレ
DSC03070_R_20180810233745b87.jpg
抜き穴から脱出して行く

横須賀軍港めぐり

DSC02819_R_20180804232516f9d.jpg
横須賀軍港めぐりに久しぶりに行ってきた
DSC02811_R_20180804232512bc9.jpg
横須賀地方総監部に「いずも」がいる
DSC02813_R_20180804232513db6.jpg
吉倉桟橋には、たくさんの護衛艦がいる
DSC02815_R_20180804232514096.jpg
珍しい所に潜水艦が居る
DSC02820_R_20180804232517268.jpg
軍港めぐりの船が帰ってきた
DSC02822_R_20180804232518388.jpg
いずもとの対比で大きさが判る
DSC02818_R_20180805174710622.jpg
一時間に一本しか出ないので、さっさと受付に行く
DSC02961_R_2018080517471252f.jpg
新造船シーフレンド7号機、トライアングル儲かっている
DSC02960_R_20180805174712d16.jpg
一階はエアコン付だが、面白くもなんとも無い、当然屋上デッキへ
DSC02828_R_20180805175816d6c.jpg
今日は海自の潜水艦(けんりゅう型)は珍しい所に居る
DSC02833_R_20180805175817eee.jpg
逆光のいずも
DSC02835_R_20180805175818d78.jpg
護衛艦「いかずち」と補給艦「ときわ」
DSC02836_R_20180805175820fb0.jpg
けんりゅうがもう一隻いた
DSC02837_R_2018080517582144e.jpg
宿泊船APL40 太平洋戦争終戦の年・1945年に「ベネワ級」宿泊艦のうちの1隻「ニュエセス」(艦番号APB-40)として進水。
約10年後の1955年に退役となるが、1968年、ベトナム戦争で現役復帰。
1970年、ロングビーチにて再び退役、1975年より米海軍艦船修理廠佐世保分所へ。
1990年代中ごろ迄に横須賀に移動して現在にいたる。
要するに、修理中等で寝る所が無くなった船員の仮宿泊施設なのだが、陸に上がればいいような?
DSC02840_R_20180805175822089.jpg
奥に米海軍のイージス艦(米軍の殆どは既にこれ)がちらほら見える
DSC02841_R_20180805183417152.jpg
この水道は狭い、いずもは良く回れるもんだ!スラスターってすごい。
DSC02845_R_2018080518341943d.jpg
ミサイル巡洋艦シャイロー、2017年、乗組員(ガスタービン担当技術下士官ピーターミムズ氏)が行方不明となり日米の大捜索が行われたが、発見できずに捜索打ち切り、失踪7日後に艦内で生きて発見された。
なんと艦内で隠れて生活し、誰にも気づかれずに食事もトイレも行っていたとか。
海軍のいじめ体質は、全世界共通のようだ(ちなみ軍だけではなく、民間もそう)
DSC02848_R_201808051834215fc.jpg
イージスシステムのBMD3.6のフェーズドアレイ型レーダーの修理中のようだ
DSC02849_R_20180805183421694.jpg
入りたくなる様な穴が見える
DSC02850_R_201808051834231c1.jpg
米艦艇のマストは美しく無い
DSC02862_R_201808051908227bc.jpg
隣もレーダー配置等から観て、同型艦だろう
DSC02857_R_20180805190819b40.jpg
ブルー・リッジ揚陸指揮艦、1970年に就役後、ベトナム戦争をへて、1979年10月以来、ブルー・リッジは第7艦隊旗艦として横須賀を母港としている。
DSC02860_R_201808051908217b1.jpg
横須賀本港を出る
DSC02864_R_201808052044586d5.jpg
海上に点在している構造物郡は、横須賀消磁所の係留用の施設である
DSC02868_R_20180805204459ccf.jpg
鉄鋼船は長期間使用すると磁気を帯びる、ここで磁力の向きを測定し、逆向きの磁気を当てて打ち消す。
でないと磁気機雷などの影響を受けやすくなる、掃海隊のいるこの地区には必要な施設なのだ。
DSC02869_R_201808052045009fd.jpg
住友造船のガントリークレーン、この文字一つで7mあり、一文字書くのに200万円するそうだ。
DSC02872_R_2018080520450172d.jpg
海保の「たかとり」が落ちていた、PM14の左に書いてある青い図柄は、海上保安庁の業務であるSecurity、Search & Rescue、Safety、Surveyと、モットーであるSpeed、Smart、Smile、Serviceの それぞれの頭文字である"S"を図案化したもので、巡視船艇や航空機に紺色で描かれている。
DSC02875_R_20180805215505fd6.jpg
追浜の夏島都市緑地にある第三海堡の遺構、明治の東京湾要塞郡の一つで、今は港湾事故防止のために掘削、消滅してしまった。現在一般公開されており、毎月第一日曜日(1月のみ第二日曜日) 10:00~16:00 入場無料
DSC02876_R_20180805215506042.jpg
米海軍の施設となる、旧海軍軍需部狢(むじな)火薬庫
DSC02880_R_20180805215507e6e.jpg
先月燃えてしまった相模運輸倉庫旧海軍軍需部長浦倉庫郡 である。
DSC02887_R_2018080521550824b.jpg
海上自衛隊 自衛艦隊司令部に到着
DSC02892_R_201808052221042e0.jpg
DSC02889_R_2018080522210377d.jpg
先に触れた掃海隊の掃海艇「ちちじま」、掃海艇は磁気機雷に反応しないように木製の船体をしていたが、船大工が居なくなり、近年の船体はFRPになっている。
DSC02891_R_201808052229066c3.jpg
新造艦、潜水艦救難母艦「ちよだ」
DSC02894_R_20180805222907d97.jpg
退役した旧「ちよだ」、めったに無い新旧二代の同名艦がここにいる!日本は旧式の兵器を海外に売却出来ない為に、全てスクラップにするのだが、軍事機密の多い艦船は解体の方法も口うるさい、よって中々解体業者も決まらずここに横たわっている。
10年ぐらい前の「くりはま」、2年前ぐらいまでいた潜水艦等のスクラップ待ちを見た人も多いだろう。
DSC02901_R_20180805222908d1b.jpg
昔、ここには横須賀海軍工廠造兵部ガントリークレーンがあった。
DSC02902_R_20180805222905e77.jpg
旧横須賀海軍工廠造兵部の建物、これ以外は壊されてしまった。
DSC02908_R_20180805224445ff6.jpg
新井掘割水路
DSC02909_R_20180805224446ff2.jpg
元々ここは左右地続きであり、箱崎半島となっていたのを幕末の海上交通が増えたのにともない、半島先端にある暗礁が危険なため、多額の費用をかけ半島前方部に掘割を377m掘削し、水運の便をはかった。
その後、明治18年に長浦に海軍の水雷営、水雷武庫、水雷練習艦がおかれてから横須賀港との交通が頻繁になり、交通に不便となったため、現在の場所を掘削するよう鎮守府は横須賀造船所に依頼して、明治19年、海底27メートルの掘割工事に着手し、明治22年に完成開通した。
これにより旧掘割は埋め立てられ、周辺は旧海軍時代より現在まで燃料庫地帯になっている。
現在は米軍の燃料基地であり、左右の米軍基地の間を通過している形になる。
DSC02915_R_20180805224447e07.jpg
現在ここを通るのは、この船以外に観た事が無い、自衛隊は陸路で船越⇔吉倉を移動する。
DSC02919_R_201808052244512b1.jpg
DSC02917_R_20180805224448d6e.jpg
近年急傾斜工事が行われているようだ、旧軍の地下燃料庫の入り口跡が多数見える
DSC02924_R_2018080522445155b.jpg
吉倉に帰ってきた
DSC02927_R_20180805231628377.jpg
海自唯一の船、特務艇「はしだて」、戦闘用ではなく要人等の接待などの為だけの特殊な船
DSC02929_R_20180805231628eb4.jpg
多用途支援艦4305「えんしゅう」タグボートに近い役割をする
ヘリコプターフェスティバル in TATEYAMA で乗る事が出来る時がある
DSC02931_R_20180805231630b95.jpg
勢ぞろいした海自艦艇
DSC02932_R_2018080523163161e.jpg
手前の4桁は練習艦「せとゆき」、女性艦長だったりする訓練用の艦艇
DSC02938_R_20180805231634b26.jpg
アスロックランチャーが全開放している珍しい場面
DSC02933_R_20180805231633e19.jpg
101護衛艦「むらさめ」、174イージスシステム搭載ミサイル護衛艦「きりしま」、423補給艦「ときわ」
DSC02941_R_20180805235227cd2.jpg
壮観な眺め
DSC02946_R_20180805235229eb5.jpg
110護衛艦「たかなみ」、107護衛艦「いかずち」、潜水艦おやしお型かな?
DSC02947_R_20180805235229403.jpg
ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」
DSC02958_R_201808052352315ef.jpg
戦艦「陸奥」の主砲
DSC02959_R_20180805235233a28.jpg
軍港めぐりが終わり、帰ってきた
DSC02962_R_2018080523523515a.jpg
お土産等物色して帰る


京都 貴船神社七夕笹飾りライトアップ 

7/1~8/15まで、毎日日没から20時まで(土日は21時まで)開催される
七夕ライトアップに行って来た
405_R_20180730232827f1b.jpg
叡山鉄道に乗ったら、目の前にこんなのが一個だけぶら下っていた
406_R_20180730232828fb3.jpg
貴船口の駅に降りると、こんな事になっていた
407_R_20180730232829156.jpg
僅かながら竹灯篭もある
409_R_201807302328319fd.jpg
駅からバスに乗る
411_R_20180730232833621.jpg
途中からは徒歩になるので、貴船の川床を観ながら歩く
414_R_20180730232834c01.jpg
気持ち良さそうだが、入れそうな所には店があって入れない
418_R_201807302328357c5.jpg
貴船神社到着、まだ明るすぎる
420_R_20180731232455113.jpg
とりあえず行ってみる
421_R_20180731232456bc7.jpg
灯篭も全然映えない
423_R_20180731232457ed1.jpg
境内に入る
425_R_20180731232459f26.jpg
思ったより少ない七夕の笹飾り
429_R_20180731232500cf8.jpg
一枚百円払うと、願い事を書いて飾れる
433_R_20180731233105dae.jpg
もう少し暗くなるのを待つ事にする
435_R_201807312331066cc.jpg
一度下山する
442_R_20180731233108fef.jpg
近くの奥宮に向かう
443_R_20180731233108b6b.jpg
川沿いをテクテク登っていく
444_R_201807312331104f1.jpg
貴船の川床を眺めながら歩く
445_R_20180731233112bfe.jpg
奥の宮参道
446_R_20180731233113907.jpg
思ひ川
450_R_20180731234647624.jpg
ここまで登って来ると、人気が無い
452_R_20180731234649d17.jpg
奥宮の入り口
455_R.jpg
458_R_201807312346534b8.jpg
457_R_20180731234652d54.jpg
貴船神社奥宮
459_R_20180731234654a55.jpg
舟形岩
462_R_20180801233319be3.jpg
いい具合に暗くなってきた
464_R_20180801233319e84.jpg
ちょっと川に入ってみる、冷たくて気持ちがいい
467_R_20180801233321b13.jpg
参道にある末社
472_R_20180801233322758.jpg
滝の音が気持ちいい!
475_R_20180801234325390.jpg
枝道に入ってみる
477_R_20180801234327225.jpg
479_R_20180801234327083.jpg
487_R_20180801234329cfd.jpg
489_R_20180801234330d78.jpg
川床の明かりが綺麗に見えてきた
493_R_2018080222452835e.jpg
貴船神社に戻ってきた
497_R_201808022245300cc.jpg
なかなか丁度いい暗さだ
499_R.jpg
滝もライトアップ
501_R_20180802224532a5f.jpg
さて、境内に向かう
502_R_20180802230021af7.jpg
夜の七夕飾り
504_R_201808022300225c1.jpg
505_R_2018080223002377c.jpg
510_R_2018080223002429e.jpg
小規模だが、それなりに楽しめた!1本500円の聖水ラムネは飲めなかった
514_R_20180802230026795.jpg
さて、下山しよう
517_R_201808022300276f6.jpg
蟷螂はやっぱり夜だな
519_R_20180802230029695.jpg
貴船神社を離脱する
525_R_20180802231704112.jpg
貴船口駅のイルミネーション
526_R_20180802231705ce9.jpg
竹灯篭
527_R_20180802231706f52.jpg
少しだけ並んでいる
531_R_2018080223170742b.jpg
帰りのえいでんが来た(目玉に乗りたかった)
532_R_201808022317101bc.jpg
車内も七夕仕様
535_R_20180802231710599.jpg
もみじのトンネルライトアップを観ながら河原町に戻る

新横浜花火大会2018

港北区の花火大会として、19年ぶりに復活したイベントである
綱島の鶴見川沿いにマンションが建ってしまったため、消防上花火の打ち上げが出来なくなっていた。
来年区政80周年に向けて、プレという形で新横浜商店会主催の花火大会が実現した。
もちろん商魂逞しく、高い有料観覧席は16、000円もするそうだ、庶民向け有料席も一人3,000円
川沿いから見えない様に、目隠しネットを掛ける等防衛策も万全
日産スタジアムの歩道や、中央公園に無料観覧席が設けられているので自分はそっちに回った。
19:15から30分間4000発の予定で行われた。
DSC02590_R_20180728215640cfb.jpg
場内地図を貼っておく
DSC02589_R_20180728215638716.jpg
橋や河川敷は、見えないようにネットか監視員によって妨害されている
DSC02591_R_201807282156415f2.jpg
開始15分前、バイクを駐輪場に停め、フリーエリアに場所確保
DSC02592_R_20180728215643bdb.jpg
16000円の席は、あの辺だと思う(4階)
DSC02593_R_20180728215644aed.jpg
開始時間直前、まだ明るい
DSC02594_R_20180728223355676.jpg
時間丁度に花火が上がる
DSC02597_R_20180728223357391.jpg
DSC02610_R_20180728223358d53.jpg
DSC02617_R_20180728223359bff.jpg
DSC02625_R_201807282256262ed.jpg
DSC02630_R_2018072822562817b.jpg
DSC02642_R_20180728225629fb3.jpg
DSC02648_R_201807282256305bc.jpg
DSC02672_R_201807282334210a7.jpg
DSC02679_R_20180728233422301.jpg
DSC02680_R_20180728233423ed2.jpg
DSC02684_R_2018072823342540e.jpg
DSC02692_R_20180728233426e1d.jpg
DSC02699_R_201807282351190ec.jpg
DSC02701_R_20180728235121659.jpg
DSC02702_R_20180728235122ea5.jpg
DSC02711_R_20180728235123e41.jpg
DSC02725_R_20180728235125e7f.jpg
DSC02732_R_201807282351268ae.jpg
DSC02737_R_20180729090642ef5.jpg
DSC02749_R_20180729090643467.jpg
DSC02758_R_20180729090644fc2.jpg
DSC02771_R_20180729090646ba5.jpg
DSC02776_R_20180729090648a0e.jpg
DSC02786_R_201807290906495bd.jpg
DSC02794_R_20180729090650157.jpg
DSC02804_R_20180729090958d9e.jpg
DSC02805_R_20180729091000d1a.jpg
DSC02806_R_20180729091000739.jpg
フィナーレを向かえ、花火は終わった
DSC02808_R_20180729091002516.jpg
日産スタジアムのライトアップを観ながら撤収する
DSC02810_R_20180729091003c79.jpg
来年から恒例になればいいな!