城ヶ島砲台(空母氏御案内)2 剣崎砲台追加御案内

138_R_20170813165008e8f.jpg
城ヶ島洞窟陣地にやってきた
140_R_20170813172753300.jpg
早速入壕する
142_R_2017081317275555f.jpg
二ヶ月前には無かった(と思う)エサ箱と水のフライパンが有る、猫の餌付けをしてる人がいるようだ
144_R_20170813172756da5.jpg
空母氏達に先に進んでもらう、どうせ一本道だ
148_R_20170813172757896.jpg
たまには後から付いて行くのもいいもんだ
153_R_201708131728000a2.jpg
空母氏が階段を気に入っている
155_R_201708131728015ed.jpg
夏場の壕内は、ひんやりしてたまらない避暑地だ
159_R_201708131811283a5.jpg
狭い通路を一人ずつ進んで行く
162_R_20170813181129b5e.jpg
こんな風にゆるく曲がっていると、有事の際に撃たれ難いのだ
164_R_20170813181130e55.jpg
これを曲がると開口部だ、これを出て10mほど崖を登れば砲座に出るのだが、却下されたので戻る
171_R_20170813182520e90.jpg
地下弾薬庫に向かう
172_R_20170813182522d8a.jpg
相変わらずいい迷彩だ
173_R_201708131825240ad.jpg
始めて見た空母氏が感動している
174_R_201708131825258b2.jpg
施錠されており、通常は見学会などの時開放される
181_R_20170813182527263.jpg
こんな状態のいい弾薬庫は早々無いのだが、内部の床の状態のせいでなかなか公開されないのだろう
182_R_20170813182529a06.jpg
ちなみにこの迷彩、塗装ではなくモルタルそのものを染色してあるという、多少の機銃掃射程度では迷彩が剥がれない様に工夫されているようだ。
176_R_20170813182526e97.jpg
待つ事30分、空母氏が戻ってこないので、蚊に刺され踊りだす二人
186_R_201708131839587fb.jpg
弾薬庫内部
187_R_20170813183959a1c.jpg
相変わらず誰も居ない静寂が広がる
188_R_20170813184000772.jpg
大喜びの空母氏
193_R_20170813184002620.jpg
夏場のせいか、壕内の湿度は若干高め
197_R_20170813184003c8d.jpg
ストロボを使うとモヤが出る
199_R_2017081318400582f.jpg
ここの床には弾薬運搬用のレールが有り、金属ドロが床を掘り返して持ち去ったそうだ
205_R_2017081318571200d.jpg
最深部の部屋
209_R_20170813185712bed.jpg
ガンダムのジオング撃墜シーンを想像させるシーン
213_R_20170813185714c18.jpg
この上が砲塔への陽弾エレベーター
217_R_20170813185715b27.jpg
戦後70年以上たってもこの状態の良さ
218_R_201708131857170fb.jpg
なんも知らない一般人が見たらやっぱり危険な状態なんだろうな?
219_R_20170813185718200.jpg
二本のレールの跡が何となくわかる部分
220_R_201708131857209c0.jpg
最後まで空母氏は撮影に熱中していた
228_R_20170813191248d96.jpg
城ヶ島の最後に、陸軍の境界石ど見ていく
229_R_20170813191250619.jpg
この手の境界石柱は畑の回りにかなり有るのだが、割愛する
231_R_2017081319181558b.jpg
所要のあるとのさんと別れ、剣崎砲台を見に行く
235_R_20170813191252ee4.jpg
まずは大浦探照灯格納庫だが、見事に偽装されている
236_R_20170813191252faf.jpg
未だにここは防衛庁(省)管轄区である
239_R_201708131912543dd.jpg
撮影に苦労する空母氏
244_R_201708131912557c3.jpg
内部は総コンクリートの格納庫
245_R_2017081319125792b.jpg
熱除けの石灰を被ったスイカを見ながらテクテク歩いて行く
247_R_20170813210928fee.jpg
地下施設の入り口が見えて来た
249_R_20170813210929210.jpg
その上にある砲座と地下施設の通気孔
250_R_20170813210930856.jpg
通気孔内は埋まってしまっている
251_R_2017081321093230f.jpg
砲座、ここなら海を狙い放題だ
255_R_20170813210934dee.jpg
砲塔砲台なので、地下に機械室などが本来はあった
258_R_2017081321093549d.jpg
大根などの野菜くずが詰め込まれ、とても這いずって入るような状態ではない
260_R_201708132109361d0.jpg
人物が入ると、砲座の大きさが判る
262_R_20170813213455d2e.jpg
反り返りの部分が面白い形をしている
264_R_20170813213457404.jpg
もう一つの出入り口、こちらも埋没している
265_R_20170813213459165.jpg
向こうの入り口までの間に、動力室、発電機室、弾薬庫などのいずれかがあったのだろう
266_R_20170813214304a1a.jpg
二つ目の砲座にやって来た50m程しか離れていない、地下施設は共通使用だったのか?こちら側専用の地下施設の痕跡が見つからない、二つの地下施設入り口は、接続せず、別々なのかも知れない
268_R_20170813214305032.jpg
砲座の上に農道が走り、全体像は掴み難い
269_R_201708132143061fd.jpg
こちら側の通風孔、二つ目の地下施設入り口から少し離れている
270_R_20170813214308dd3.jpg
側縁部に砲塔の擬装用屋根でも付けていた様な柱の後がある
271_R_20170813214310c92.jpg
後に農家がつまずかない様に蓋をしたのだろう
272_R_201708132155145e9.jpg
砲塔砲台は強固なコンクリート基礎のお陰で、保存状態が良い物が多い
267_R_20170813215513e06.jpg
さて、いつまでも人の畑をうろちょろする訳にも行かない、撤収する。
274_R_20170813214310252.jpg
帰りがけに横須賀にある連合艦隊司令長官山本五十六が愛用した料亭「小松」の前を通った
去年の火事の後、取り壊してしまったようだ、残念
スポンサーサイト

城ヶ島砲台(空母氏御案内)1

064_R_201708100006205d0.jpg
城ヶ島に静岡から空母氏がやってきた
063_R_2017081000061916b.jpg
まずは地上構造物などから観ていく
066_R_20170810000621ca2.jpg
駐車場裏の斜面に弾薬庫の通風孔があいている
067_R_20170810000623008.jpg
これは通路部分にある通風孔の地上部分である
069_R_20170810000625f0d.jpg
88式海岸射撃具のあった場所
070_R_20170810000626cae.jpg
今は掃除道具置き場になっている
071_R_2017081000062702f.jpg
運良く掃除とぶつかれば観れる時もある
073_R_2017081123434748c.jpg
展望台から海を見ると
075_R_20170811234350e61.jpg
三本マストの帆船が浮かんでいた
077_R_2017081123435191e.jpg
こんな高台にシャワー施設がある?
074_R_2017081123434977a.jpg
案内板の地図
079b7753-s.jpg
空母氏が面白いことやってたので、パクル。赤丸が元の砲座の有った場所
078_R_20170811234354708.jpg
丸い物はみんな砲座だよと、ウソを教える人達
080_R_20170813145142f60.jpg
遊歩道を歩いて行く、この両側には見え難いが当時の塹壕が残っている所が多い
083_R_20170813145143c28.jpg
城ヶ島 臨時野戦指令部 へと案内する、これはろ過水槽
084_R_20170813145146c59.jpg
激藪の中にコンクリート基礎部分が散見するが、写真では判別不可能だろう
086_R_2017081314514713e.jpg
激藪で視界1m程度、GPSを頼りに進んで行く
089_R_20170813145149c0a.jpg
GPSでは到着しているのに何も無い、藪を開いたら1m先にあった
088_R_20170813145148fe4.jpg
夏場なんかに来る場所では無かったな~
090_R_20170813151202d42.jpg
今回はやぶ蚊と廃墟の腐臭がすごいので早々に離れる
092_R_201708131512032e3.jpg
裏手にある3m四方程度の謎の穴
094_R_201708131512045ae.jpg
その先にあるコンクリート遺構
095_R_20170813151207ae2.jpg
風呂のような形の水槽
097_R_20170813151207e77.jpg
空母氏が入ろうとするから、止めておけと引き止めた
098_R_201708131512092e6.jpg
建物より高い草木に覆われているので、探そうだなんて思わない方がいい
100_R_20170813163159591.jpg
馬の背方面に歩いて行く
101_R_20170813163201d35.jpg
5年位前にはここに砲座の穴が二つ開いていたが、茂って見えなくなっていた102_R_201708131632014ad.jpg
馬の背
103_R_20170813163203ba4.jpg
戻るのがめんどくさいので、そのまま進む
114_R_20170813163206a60.jpg
灯台付近にて水分補給
108_R_20170813163205372.jpg
大正15年に再建されたこの灯台は、戦火を潜り抜けているのだろう
118_R_20170813164958918.jpg
てれっと観光がてら歩いて行く
121_R_201708131650002ab.jpg
津波避難場所の特設階段、よくもこんな急な階段壁面に造ったもんだ、お年寄りにはきびしそうだ
122_R_20170813165002cee.jpg
何気に歩いていたら、壕口発見
124_R_20170813165003e24.jpg
なんか奥行きが有りそうだが、人目が有るので次回に持ち越し
131_R_201708131650045ad.jpg
最後まで入りたそうにしていた空母氏、結局諦めた
137_R_20170813165005e64.jpg
続く・・・

逗子狙撃陣地(すじ様御案内)

DSC03675_R_201708062048562c9.jpg
ゲジ穴を出た後
DSC03690_R_20170806204858979.jpg
正覚寺(海方向)に降りてきた
DSC03691_R_20170806204900893.jpg
海保界?海上保安庁の標石なんて聞いた事も無い、調べてみたら測点標石(海上保安庁水路部)というのはあるらしい、だがこれとは全然形も文字も違う
DSC03692_R_20170806204901e5d.jpg
「157」の番号が刻印されている
DSC03693_R_20170806204902865.jpg
てっ辺には神奈川の「神」
DSC03694_R_20170806204904170.jpg
近くの海岸で見かけた全く読めない標柱てっ辺の境界線は軍の物にも見えるが、いかんせん読めない
DSC03696_R.jpg
「海保界」がもう一本あった
DSC03695_R_201708062112258cb.jpg
番号は連番の156?
DSC03700_R_20170806211228539.jpg
こちらは「海保」のみで、自体も違う
DSC03701_R_20170806211230049.jpg
○にカ、142号と大分飛んでいる、他にはちょっと見つからなかった
DSC03707_R_20170806213846fde.jpg
と、言う訳で逗子狙撃陣地に入壕する、単に時間が余ったのだ
DSC03708_R_20170806213847988.jpg
足元は結構ガレている
DSC03710_R_20170806213848b04.jpg
先に好きに回ってもらう、特に複雑じゃ無いし
DSC03712_R_20170806213850502.jpg
とのさんもここは初めてだった
DSC03713_R_201708062138525d0.jpg
乾いた岩盤と湿った岩盤の境目、後で触れるが、この山には水路があったようだ
DSC03716_R_201708062151306f7.jpg
湿気を吸って、固まった当時のセメント袋の中身
DSC03717_R_20170806215133345.jpg
外の袋は風化して無くなってしまい、こんな状態で残る
DSC03718_R_20170806215133563.jpg
陣地としては、割と広い通路
DSC03719_R_20170806215135167.jpg
分岐路
DSC03720_R_201708062151372cc.jpg
小さな部屋がある
DSC03721_R_20170807000602f17.jpg
ここは電気が引かれていたようだ、碍子が残っている
DSC03723_R_20170807000603d01.jpg
少し通路が狭くなって来た
DSC03724_R_20170807000605faa.jpg
次の分岐路
DSC03725_R_201708070006076eb.jpg
掘削中と言うより、ズリを捨ててある様な感じだ
DSC03726_R_20170807000607187.jpg
右の通路に進む
DSC03727_R_20170807214615cd9.jpg
二つ並んだ碍子があった
DSC03728_R_20170807214616223.jpg
入り口付近より内部の方が、狭いせいか崩落が少ない
DSC03730_R_201708072146174a8.jpg
次の分岐
DSC03731_R_2017080721461977d.jpg
左に行って見るが、先は無さそうだ
DSC03732_R_20170807214621445.jpg
二股に分岐したような状態で終わっている、ずりが無いので掘削途中と言う訳では無さそうだ、倉庫かな?
DSC03733_R_201708072210333af.jpg
分岐に戻る
DSC03734_R_2017080722103548c.jpg
妙に綺麗な通路を真っ直ぐ進むと
DSC03735_R_201708072210356cb.jpg
階段が現れる
DSC03736_R_201708072210374c6.jpg
しかも曲がりくねっている
DSC03738_R_20170807221039e92.jpg
更に通路は湾曲する
DSC03742_R_20170807222143db0.jpg
三日月型に湾曲した通路を抜けると
DSC03743_R_201708072221443c3.jpg
最後の分岐、砲室への入り口だ
DSC01295_R_20170807222142570.jpg
しかし砲室は外部が崩落で埋まっているため、水没が抜けなくなっている、ちなみにコンクリート製である
DSC03745_R_20170807222146e7f.jpg
通路に戻ると、今度はコの字クランクだ
DSC03746_R_201708072221488c2.jpg
壕口が近いため、敵の侵入や爆破被害の軽減の為だろう
DSC03752_R_20170807222149f5f.jpg
最後の角を曲がると
DSC03753_R_20170807222151ebd.jpg
開口部だ、山の中に出た
DSC03755_R_20170807224232752.jpg
目黒?なにこれ?
DSC03758_R_201708072242348ce.jpg
水槽の遺構らしき物発見
DSC03765_R_2017080722423726e.jpg
何か有る
DSC03764_R_20170807224235835.jpg
奥は崩れてしまっているが、水路隧道のようだ、壕内の水の染み出しは、これが原因かも知れない

小動岬(小坪海面砲台、小坪のゲジ穴)

DSC03626_R_2017071123193709e.jpg
駐車場側の壕に入ってみた
DSC03627_R_201707112319383f9.jpg
埋まってしまっている枝抗
DSC03628_R_20170711231940df7.jpg
上の壕とは土の質が全く違う
DSC03633_R_20170711231941304.jpg
掘り方はちゃんとした海軍壕だ
DSC03635_R_20170711231944cf9.jpg
しかし用途不明
DSC03637_R_201708042158340da.jpg
内部は申し分ない広さ
DSC03641_R_2017080421583440f.jpg
少々複雑な形の部分もある
DSC03643_R_2017080421583649f.jpg
さて、戻るかと振り返ったら、右上に
DSC03645_R_201708042158381ba.jpg
金属フックが突き刺さっていた
DSC03646_R_201708042219046a6.jpg
車に戻り、一服する
DSC03647_R_2017080422190618d.jpg
江ノ電のカーブにある壕口、小さな壕だ
DSC03649_R_20170804221907a21.jpg
標準的な江ノ電
DSC03652_R_20170804221908bf6.jpg
稲村ヶ崎伏龍洞窟陣地
DSC03653_R_20170804221910307.jpg
この頃でこれだから、補修工事で道路側は埋められただろうな?
DSC03654_R_20170804221912c60.jpg
鎌倉市材木座の要塞地帯票
DSC03655_R_2017080422373314d.jpg
昭和十六年(以下不明)
DSC03656_R_201708042237341ab.jpg
東京湾要塞(以下不明)
DSC04224_R_20170804223741f15.jpg
小坪海面砲台砲口部
DSC03659_R_201708042237359e7.jpg
入り口はネットの向こう側
DSC03660_R_20170804223737f7c.jpg
流石にこれは無理
DSC03664_R_2017080422374079e.jpg
それでも入りたいとのさん
DSC03663_R_2017080422373899e.jpg
材木座海岸から由比ガ浜海岸までが、上陸予想地点として攻撃できる
DSC03666_R_20170804234336384.jpg
ここの裏山に小坪隧道がある
DSC03667_R_20170804234338e11.jpg
それを抜けて行くと
DSC03668_R_20170804234340143.jpg
小さな壕の痕跡が
DSC03670_R_20170804234340eb5.jpg
墳墓なのか、防空壕の類なのかは不明
DSC03674_R_20170804234342502.jpg
DSC03673_R_201708042351185c6.jpg
住吉城跡
DSC03675_R_20170804235121177.jpg
ここに有名な?「小坪のゲジ穴」がある
DSC03678_R_20170804235122408.jpg
当時、隧道の一つとして掘られたようだが、今は通過出来ない
DSC03679_R_201708042351238cb.jpg
登りかげんに、捻じ曲がっている
DSC03684_R_201708042351253c8.jpg
出口で封鎖されている
DSC03685_R_20170804235126bf8.jpg
隙間から覗いてみるが、何処だろう?
DSC03686_R_20170804235128f45.jpg
仕方なく戻っていく
DSC03687_R_201708042351296d0.jpg
下からと上からの、二方向から掘っていたが、高さが会わず、無理矢理繋げたのがこの部分
DSC03688_R_20170804235131ad3.jpg
近くには古墳もある
通常だと物凄い数のゲジゲジが生息しているので「小坪のゲジ穴」と言われているが、この時はぜんぜん見かけなかった
見慣れてしまったから気にしていないのだろうか?
写真に写ってないって事は、ほんとに絶滅したのだろうか?なぞ。

京都 祇園祭2017 その7

1045_R.jpg
西洞院通を少し上がる
1048_R_20170731215331dc3.jpg
蟷螂山
1050_R.jpg
御案内
1055_R.jpg
提灯がくっきりして綺麗だ
1058_R.jpg
かまきりの提灯が可愛い
1059_R.jpg
蟷螂山は、唯一からくり仕掛けの山である
1060_R.jpg
上に乗っている山車の車輪も回る
1063_R.jpg
御神体のかまきりも動く
1066_R.jpg
お店にも蟷螂の動く人形のおみくじなどがある
1068_R.jpg
かまきりはお子さん達に人気だった
1072_R.jpg
黄金のかまきりもいた
1076_R.jpg
四条通の一番西にある山鉾
1080_R.jpg
四条傘鉾
1083_R.jpg
1079_R.jpg
1084_R.jpg
傘にはカバーが掛かっていた
1085_R.jpg
傘の字が面白い提灯だ
1086_R.jpg
芦刈山
1087_R.jpg
お賽銭を入れて、御朱印スタンプを貰う
1090_R.jpg
小さめの山だが、結構人気があるようだ
1092_R.jpg
電球は肉眼にはいいが、カメラには厳しい
1094_R.jpg
ビニールも無く、綺麗に見せてくれている
1096_R.jpg
担ぎ山なので、小さめだが綺麗な山だ
1097_R.jpg
提灯が浮かんでいるみたいで楽しい
1101_R.jpg
前後の提灯は巡行の時は外される
1102_R.jpg
綾小路通を東に進む
1104_R.jpg
伯牙山(はくがやま)
1108_R.jpg
伯牙山のみは、組み立てる時に荒縄で無く、染めた麻縄を使用している
1113_R.jpg
提灯の文字がカッコイイ
1115_R.jpg
説明版
1117_R_20170802203332374.jpg
なかなか綺麗である
1123_R.jpg
綾傘鉾保存会
1124_R.jpg
1125_R.jpg
天女が描かれている
1127_R.jpg
傘の内側も、和傘のそれを模している
1126_R.jpg
1130_R.jpg
案内板
1138_R.jpg
新町通の船鉾にやってきた
1141_R.jpg
流石に大勢の見物人で賑わっている
1143_R.jpg
提灯が金色に見える
1148_R.jpg
昨日はまだ、骨だけだったのに・・・
1149_R.jpg
舵まであって、良く出来ている
1150_R.jpg
独特な形で、かっこいい
1155_R.jpg
船鉾から、南下して行くと
1167_R.jpg
岩戸山がある
1164_R.jpg
なかなか立派な曳き山だ
1160_R.jpg
案内板
1168_R.jpg
高辻通を西に進む
1172_R.jpg
太子山がある
1175_R.jpg
立派な松が立っている
1178_R.jpg
京都駅から一番近い?ので、人も多い
1179_R.jpg
案内板
1181_R.jpg
油小路通を上がると薄暗い提灯が見える
1185_R.jpg
変な加工をしてる訳ではなく、ほんとにこの暗さだ
1187_R.jpg
ぜんぜん写らん
1189_R.jpg
おもっきり上げてこの程度
1192_R.jpg
仕方なくストロボ使用
1193_R.jpg
調度品は立派だったが、ほとんど人が居なかった
1199_R.jpg
流石にもう時間がヤバカッた、21時を廻っている
1201_R.jpg
ほぼ最終の新幹線で横浜に戻った