霞ヶ浦海軍航空基地後半、土浦海軍航空基地(あみボランティア編)

134_R_20170617234700a09.jpg
弾道試験場を見に行く
136_R_20170617234701ea6.jpg
これは戦後の銃器メーカーの試験施設である
140_R_201706172347024e5.jpg
現在は物置として使用している
142_R_20170617234704848.jpg
200mと50mの二本有るが、一部欠損している
145_R_2017061822232601f.jpg
欠損部分、他社の時代に裏門の出入りの為に削ったそうだ
146_R_201706182223286f8.jpg
格納庫(工場内)に入った、現代と戦中の鉄骨が混在する
148_R_20170618222329d45.jpg
リベットの鉄骨に補強を入れている所もある
150_R_201706182223306b7.jpg
窓枠は一部を除き、当時の物が使われている
153_R_201706182223327bf.jpg
防火水槽なども、当時のままであろう
156_R_201706182237346b4.jpg
この付近で唯一の近代的構造物、煙突を壊した所をトイレにしたそうだ
158_R_20170618223736f34.jpg
中央部分の格納庫に入る
159_R_20170618223737c9b.jpg
この部分は二つの格納庫の間を繋いで棟続きにした中央部分、近代建築である
161_R_20170618223738891.jpg
今一つ倉庫内の位置関係が苦しい部分がある
162_R_20170618223740bf5.jpg
古い格納庫部分との繋ぎ目、煉瓦の壁が有る
163_R_20170618223741238.jpg
通用口としてか?壁に穴が開いていた
164_R_20170618225851716.jpg
中央格納庫から出ると、真っ直ぐな道が有る
165_R_20170618225853e0c.jpg
今は壁が有るが、当時は土浦海軍航空隊基地までの、誘導路となっていた
168_R_20170618225853a1f.jpg
ここの桜の木は、当時の写真にも映っていた
169_R_2017061822585548b.jpg
桜の時期に、この敷地は一般開放されるそうだ
170_R_2017061822585748f.jpg
入り口近くの弾薬庫
171_R_201706182258592ed.jpg
トンネルで繋がっているが、コーンがあるので、ここまでにしておいた
172_R_201706182259004ff.jpg
中には廃屋が一棟あるだけだと言われた
068_R_20170616231604925.jpg
右下の部分だ
174_R_20170618231455465.jpg
上の写真の中下辺りに写っている小屋
175_R_20170618231457c72.jpg
土塁の中にある弾薬庫
176_R_20170618231458dd4.jpg
戦後の小銃工場だった頃の弾薬庫
177_R_20170618231459760.jpg
重厚な弾薬庫の窓
173_R_20170618232732dcf.jpg
これにて井関農機内部に残る遺構の見学を終える、ありがとうございました!

現在の井関農機 茨城センターでは、随時見学を受けてくれている(要予約)
ざっと90分程の案内をしてくれるが、独自に過去の写真などから検証をしていたりするので
中々内容は濃く、興味深い。
本やネットでは知れない内容となっているので、興味のある方は訪れて見て欲しい。
あくまで会社の中なので、観光と違い希望に応じられない日もあるので、確認して欲しい。


180_R_20170620170119c9b.jpg
あみ観光ボランティアガイドさんと共に、見ていない遺構を中心に見て行く
182_R_201706201701216de.jpg
車もすれ違えない様な狭い住宅地にこれはある
183_R_20170620170123ade.jpg
海軍用地地帯標
185_R_201706201701234be.jpg
第一三七号
187_R_2017062017012574c.jpg
霞ヶ浦駐屯地の飛行場ブロックの外側
190_R_20170620170126b7e.jpg
この倉庫は元は格納庫だ
195_R_20170620171458868.jpg
茨城県稲敷郡阿見町中郷2丁目25にある、阿彌神社に訪れた
197_R_20170620171459bc5.jpg
阿彌神社本殿
198_R_20170620171501e08.jpg
199_R_20170620171502c5f.jpg
旧霞ヶ浦神社
206_R_2017062018222444d.jpg
土浦海軍航空基地の燃料庫をついに見れた
209_R_20170620182226d4c.jpg
以前にも探しに来たが、判らなかった物件だ
210_R_201706201822281de.jpg
土砂の流入が激しいようだ
212_R_20170620182229878.jpg
ざっと20m位の単独壕のようだ、これが3つ有るそうだが、一つしか確認されていない
214_R_20170620183246b21.jpg
ちょっと離れた所に、幅3mほどの陥没痕があった、崩れてしまったのかも知れない
220_R_20170620183248f2a.jpg
室﨑神社の境内付近には、ポンプ所の遺構が有る(茨城県稲敷郡阿見町曙419−5)
221_R_201706201832495f6.jpg
私有地内にある台座とポンプの一部だそうだ
222_R_201706201832514a4.jpg
柵が有るのでこれ以上近寄れ無い
226_R_20170620183252faa.jpg
境内のこの木を囲むように台座のコンクリートがある
227_R_2017062018325379e.jpg
ボルトが残っている
231_R_20170620185137505.jpg
付近の住宅の道路際に気になるものがあると言う
232_R_20170620185138a68.jpg
昭和50年に道路工事で出てきた物だそうだが、ポンプ場の水道菅の一部の様に思える
234_R_201706201851407e3.jpg
武器学校の側の道路沿いに背中を向けている標柱がある
236_R_20170620192806911.jpg
この標柱には番号が無かった大戦末期のものだろう
239_R_201706201928081cb.jpg
最後に小さな標柱を見た
240_R_20170620192810927.jpg
古い茨城県の標柱が並んでいる中に
242_R_20170620192811948.jpg
低い無地の物がある、これに関しては何とも言えない、無地だから・・・
以上であみ観光ボランティアガイドさんの御案内頂いた物件の紹介を終わる
ありがとうございました、そしてお世話になりました!

245_R_201706201928123e3.jpg
時間的には大分早いが、茨城は雨が酷くなってきたので、撤収する
247_R_20170620192814f86.jpg
テッペンが雲に隠れているが、雨は小振りになってきた、も少し遊んで来れば良かったかな?

スポンサーサイト

霞ヶ浦海軍航空基地 (井関農機茨城センター内中央格納庫)前半

以前にも何度か記事にした、霞ヶ浦海軍航空隊だが、今回、井関農機茨城センターF様より
当ブログにお声がけをいただき、社内に残された中央格納庫の遺構を見学させていただく事が出来た。

知らなかったのだが、こちらの遺構に管しては、現在事前申請が有れば会社の都合が付けば、平日及び
休日でも見学が可能になっているそうだ。
また、あみ観光ボランティアガイドさんによる、周辺戦跡ガイドも事前に頼めば可能である。
こちらは地元ならではのネットワークで、本では判い所まで案内してくれる。

井関農機様の資料より抜粋

当センターの敷地面積は、91,518平方メートル(27,733坪)、建物面積19,662平方メートル(約5,860坪)です。かつては霞ヶ浦海軍航空隊の有していた土地にあたり、構内には格納庫として使用されていた建物が現存しています。
霞ヶ浦海軍航空隊
大正11年大日本帝国海軍で3番目に編成された航空部隊です。飛行訓練の目的で霞ヶ浦を埋め立て、大正10年7月に霞ヶ浦飛行場が完成しました。後に、海軍の要請で来日したセンピル教育団の講習を受け、霞ヶ浦海軍航空隊が開隊しました。そうして、横須賀にあった飛行予科練習部を移転(昭和14年)させ、それまでになかった陸上・水上両揃いの予科練として全国の訓練生を担う役割を果たしていました。終戦(昭和20年)に至るまで10代の少年たちが基礎訓練を受け、戦地に赴くということが繰り返され、特別攻撃隊(特攻隊)として出撃した隊員もいました。

中央格納庫跡
大正期末中央格納庫は、霞ヶ浦飛行場の中央に位置していたとみられる現在の場所(当敷地内)に建設されました。鉄骨で赤レンガ造りの平屋が6棟建てられ、飛行機の格納と整備が実施されました。1棟は戦後焼失したようで現存していないため、当センターで現存しているのは5棟です。
第1格納庫から第5格納庫は400坪(約1,320㎡)、第6格納庫は500坪(約1,650㎡)の敷地面積がありました。(建物の呼称がどの並びで割り当てられているかはまだ正確にはわかっておりません)
鉄骨は全てリベット打ちという接合法で金属板が固定されています。側壁は埼玉県深谷市の製造所つくられた赤レンガを使用しています。
昭和7年の記録によると、第1格納庫には三式陸上練習機14機、第2・3・4格納庫には一〇式艦上偵察機14機、第5格納庫には十三式艦上攻撃機4機と三式陸上練習機8機をそれぞれ収容していたようです。また、第6格納庫は格納庫群の真ん中に配置して発動機修理工場や金属加工工場として使用されていました。

戦闘指揮所跡
 当敷地内の西側と東側に指揮所が二か所建造されています。2階建ての屋上も使用可能な構造で、昭和5年から8年頃に建てられたものとみられます。当時は飛行機の発着をコントロールしていたようで、屋上から誘導員が手旗信号で離着陸を管理していました。

昭和天皇行幸記念碑
昭和17年7月13日に茨城県下で行われた陸海軍統合練習時、昭和天皇が謁見時を記念して石碑が建立されております。
 石碑は直立ではなく、斜めに寝かした状態の姿になっています。これは、飛行場の中に建立したゆえ、飛行の障害とならぬよう配慮したものと考えられます。

火薬庫跡・弾道テスト場跡
 土塁のようなものが東側に2つあります。これは、戦後この敷地を当社が使用する以前に入っていた会社が銃を製造していたため、その過程で使用する火薬などを置く場所にしていたものです。
 真ん中がすっぽりと空いていて土が回りに盛ってあるのは、火事になったときの燃え広がりを防ぐため、中央に炎が集まるように工夫された構造だと考えられます。
 また、製造した銃の試し打ちをするのに使用していた、ブロック塀で囲まれた弾道テスト場もそのまま残されています。
029_R_20170615211112070.jpg
予約時間が1000なので、7時ごろにのんびりと出かける
032_R_201706152111135d1.jpg
当日の天気はイマイチ、午前中だけでも持って欲しい
033_R_201706152111154fa.jpg
一時間早めに到着したので知ってる遺構を少し見て行く
038_R_201706152111161fe.jpg
海軍用地地帯標は、この時点ではこの2本しか見つかっていない
040_R_20170615211118e91.jpg
予科練平和記念館にやって来た
041_R_2017061521111973d.jpg
復刻した零戦レプリカ
044_R_20170615234001e82.jpg
土浦駐屯地の外縁にある遺構を見てみる
045_R_20170615234002025.jpg
煙突の様な突起物が出ている土盛り
047_R_20170615234003dce.jpg
第一〇〇油庫(印刷が荒くて読み取れない)
048_R_20170615234005f2e.jpg
第二〇〇油庫
049_R_201706152340077b9.jpg
弾薬庫入り口増改造を受け、素の形ではない
3_R_201706152348385de.jpg
上図右上の部分だ、弾薬庫は角部分
IMG_1782_R.jpg
現在のグーグル航空写真(弾薬庫は全く変っている)
6_R_20170615234840cc8.jpg
真っ直ぐ伸びる射撃場
IMG_1783_R.jpg
現在は整地され、基地内外縁道路になっているようだ
DSC06861_R_201706162315550e5.jpg
井関農機茨城センターへやってきた
059_R_201706162315571d7.jpg
まず通されたのが、2つ有る戦闘指揮所の遺構である一つ、会議室などに現在はなっている
060_R_201706162315580e7.jpg
魅力的な建物も見えてくる
061_R_20170616231559a6b.jpg
まずは簡単な戦後の経緯を教わる、米軍摂取後、企業として井関農機は三社目の用地使用となるそうだ
062_R_20170616231601c65.jpg
②が現在いる場所
064_R_20170616231603a04.jpg
現在は屋根を繋ぎ、棟続きの建物になっている
068_R_20170616231604925.jpg
当時はこの様に独立していた
069_R_201706171906259c6.jpg
リベット止めの当時の階段(手すりは後ずけ)を登る
070_R_201706171906269ab.jpg
格納庫の屋根は葺きなおしているようだ
071_R_20170617190627156.jpg
コンクリート部分はオリジナルだが、溶接の手すりは違うだろう、床面には防水シートが張られている
074_R_20170617190628b18.jpg
庇を支える飾金具はオリジナル
075_R_20170617190630f89.jpg
内装は変ってしまっているが、部分的に元の構造が見える
076_R_20170617200855e9e.jpg
外部に出て、格納庫周りを歩く
077_R_201706172008574e5.jpg
部分的にオリジナルか不明な扉がついている、左右の煉瓦の幅からみて違うと思う
079_R_2017061720085861e.jpg
最近のトラクターは、カッコイイと思う
082_R_20170617200900d30.jpg
壁に高圧碍子が飛び出している、メーカーを見たかったが、あまり外れるのは止めておいた
086_R_201706172009015ac.jpg
ここが格納庫の元々の飛行機出入り口、色違いの煉瓦部分は戦後埋めてしまった物だ
ちなみに上の飾り部分はイメージを残す為に、巨費を投じて復刻したものだ
112_R_20170617204837257.jpg
この部分だと思われる
089_R_20170617200902146.jpg
1922年の余裕のある時代に出来た飛行場なので、煉瓦の飾りもいい出来だ
111_R_20170617204834991.jpg
こちらの事務所で、説明を受けながらあみ観光ボランティアガイドさんと合流する
110_R_20170617215459b18.jpg
内装は変っているが、この建物も遺構である
091_R_20170617204828b75.jpg
火事で消失した部分や、増設工事の際に出てきた煉瓦の刻印をみる
093_R_20170617204831c35.jpg
092_R_20170617215824acf.jpg
094_R_2017061721582690c.jpg
こんな刻印が刻まれているらしい
109_R_20170617222609508.jpg
戦後の東洋精機株式会社(小銃製作会社)時代の配置図(左)と終戦返還後の茨城県農業開拓建設所時代の配置図(右)
106_R_2017061722260872a.jpg
当時の正門の写真
DSC07753_R_201706172251037ee.jpg
現在は移設され、阿見小学校の校門となっている
114_R_20170617225626fac.jpg
もう一つの戦闘指揮所に向う
115_R_20170617225628b90.jpg
こちらは現在使用していない為、外階段は危険な為使用できない
116_R_2017061722563008e.jpg
飾り支柱など含み、構造は先の物と全く同じ設計の様だ
117_R_20170617225630185.jpg
一階部分、内装は殆んど当時のまま見る事が出来る
120_R_201706172256322a1.jpg
二階は特に判りやすい
126_R_20170617230337b8c.jpg
この屋上から手旗信号などで、航空機の離発着指示を出していたようだ
128_R_20170617230338327.jpg
現代と違って、窓が細かく区切られている
129_R_20170617230339f0a.jpg
壁の角に開いている穴、当時はここに時計が取り付けてあった写真がある
131_R_20170617230341262.jpg
天皇行幸記念碑、航空機離発着の邪魔にならない様に、低く作ってある
132_R_20170617230342e4a.jpg
碑文
121_R_2017062021122054c.jpg
戦闘指揮所から撮った写真、この緑の垣根の間を通行したそうだ
133_R_2017062021122117f.jpg
現在は枝が成長したせいか、いささか狭そうだ

後半に続く

横浜開港祭2017

第36回横浜海港祭が6/2.3で行われた。
運良く?日曜出勤の代休で休みになった土曜日に行く事が出来た
ステージが拡散し、臨港パークまで広がってしまったので、徒歩の人は大変になってしまった。
実際、忙しさの中に忘れていたイベントだったのだが、土壇場で思い出した。

DSC05181_R_2017061117465898b.jpg
仕事が終わった帰り道、気になる物が見えた
DSC05180_R_20170611174703acf.jpg
護衛艦や!忘れとった、開港祭やんか今日は!
DSC05187_R_20170611174700abc.jpg
翌日1100まで一般公開している護衛艦を観にのんびりと大桟橋に出かけた
DSC05189_R_20170611174702616.jpg
ところが受付は1015迄で終了、現在1020だった。
DSC05188_R_20170611174701496.jpg
「護衛艦たかなみ」の午前の部に乗り損ねた、リサーチ不足やな~
DSC05195_R_201706111759063a5.jpg
仕方が無いので外観を見て回る
DSC05196_R_20170611175908dfe.jpg
船はおしり!
DSC05197_R_20170611175908941.jpg
パック3の発射機、あまり上から見る機会は無い
DSC05199_R_20170611175910305.jpg
煙突越しに見る氷川丸
DSC05239_R_201706111807101e7.jpg
時間つぶしにぞうのはなパークをうろついていたら
DSC05240_R_201706111807118b4.jpg
なんかやっとる!
DSC05244_R_20170611180714d30.jpg
マリーンシャトルが放水している!
DSC05242_R_20170611180712e73.jpg
そんな訳も無く、官公庁イベントの放水テストだった
DSC05241_R_20170611181211456.jpg
前は1200から山下公園だったなと思い出し、それを観る事にした
DSC05247_R_20170611181213df7.jpg
閑散とした山下公園で屋台焼きそばを食べながら、異変に気付いた、人が居無すぎる
DSC05248_R_20170611181214c2a.jpg
スマホチェックすると、会場は臨港パークだと!真逆じゃないか!しかも後5分で開始だと!
DSC05249_R_20170611181215737.jpg
慌てて山下公園から臨港パークへと移動するはめになった
DSC05250_R_20170611182006e4e.jpg
始まってしまったようだ、ダッシュで走る!
DSC05252_R_20170611182007fe3.jpg
何とか間に合った、救助訓練の始まった所だ
DSC05254_R_20170611182008f79.jpg
船舶から人を救助する訓練だろう
DSC05258_R_20170611182009b2f.jpg
要救助者を抱き上げ、ヘリに吊り上げた
DSC05264_R_201706122253310f4.jpg
収容完了!手を振りながら去って行く
DSC05268_R_20170612225332908.jpg
赤の消防(よこはま)と白の海保(ひりゅう)が並ぶ
DSC05270_R_20170612225333a78.jpg
放水開始!
DSC05273_R_2017061222533511b.jpg
5分程度の放水だが、見ていて楽しかった
DSC05275_R_20170612234252cad.jpg
DSC05276_R_2017061223425481b.jpg
官公庁の小型船舶がパレードをするDSC05292_R_201706122342562b5.jpg
DSC05290_R_201706122342546da.jpg
派手さは無く、あまり普段は気にされない船達だ
DSC05295_R_20170613190312027.jpg
赤レンガを抜けて、大桟橋に向う
DSC05297_R_20170613190314f41.jpg
再び大桟橋の護衛艦一般公開に来た
DSC05299_R_2017061319031594a.jpg
今度は時間前にちゃんと来た
DSC05302_R_20170613190316734.jpg
誘導も何も無かったが、テラスに出たら既に列が出来ていた
DSC05304_R_201706131903184d7.jpg
横浜港内は、小さな船が引っ切り無しに出入りしている、そんなのを見ながら待つ
DSC05305_R_201706131903196a8.jpg
時間を過ぎると、列が動き出す。かなり前に並んでいるようだ
DSC05314_R_201706132214156c5.jpg
金属探知機と、手荷物検査を受ける
DSC05316_R_2017061322141846b.jpg
やっと艦のそばに来た
DSC05315_R_20170613221417179.jpg
水面の照り返しがきれいだ
DSC05319_R.jpg
ネームプレート
DSC05321_R_20170613221422ffb.jpg
やっと乗艦出来る
DSC05325_R_20170613221423749.jpg
救命浮輪
DSC05328_R_2017061323075451f.jpg
2階がスタート地点、後ろはスゴイ並んでいる
DSC05331_R_201706132307567a4.jpg
127mm砲弾
DSC05336_R_20170613230757b31.jpg
127mm速射砲
DSC05341_R_201706132307587f6.jpg
青空が良く映える
DSC05345_R_20170613232435c5f.jpg
20mmSIWSとVLS(垂直発射機)
DSC05353_R.jpg
90式対艦ミサイル発射機DSC05358_R_20170613232437264.jpg
艦後部に回ってきた
DSC05378_R_201706132324383b0.jpg
日章旗がはためく
DSC05371_R_20170613233347984.jpg
グッズ販売や
DSC05372_R_20170613233348c4d.jpg
ドリンクなども格納庫で販売している、夏場は助かったりする
DSC05380_R_20170613233350b4b.jpg
艦を下りると、陸自車両の展示がある
DSC05383_R_20170613233352679.jpg
DSC05388_R_20170613233353648.jpg
ハーフトラック
DSC05389_R_20170613233354f59.jpg
DSC05390_R_20170613233355e72.jpg
3.5Tトラック
DSC05396_R_201706132341085ba.jpg
DSC05392_R_20170613234106090.jpg
空自にパック3
DSC05398_R_2017061323410872b.jpg
旗越しに見るベイブリッジ
DSC05400_R_2017061323411029f.jpg
艦内見学は出来なかったが、こんな物だろう
DSC05402_R_20170613234111d88.jpg
大桟橋内では、自衛隊太鼓や音楽隊の演奏もやっていた
DSC05403_R_20170613234113f06.jpg
工科学校の生徒達
DSC05404_R_20170613234114cfe.jpg
艦船見学最後尾はこんな所まで来ていた、見るもの見たし、撤収する。

静浜基地航空祭 2017 その7

DSC05053_R_2017060922165296e.jpg
全ての演目が終わり、帰るだけとなった
DSC05055_R_20170609221655db0.jpg
屋台を軽く見て回るが、いつも見る店が駐屯地を巡っているので、新鮮味に欠ける
DSC05054_R_20170609221654c9f.jpg
むしろこんなのが面白い!(買わんけど、立たんし)
DSC05056_R_20170609221656096.jpg
ギャラリーが中々去らないと思ったら、基地へ帰るヘリが飛ぶのを待っている
DSC05061_R_20170609221658252.jpg
ローターが回り始めた!これは以外に早く飛び立つかも?
DSC05062_R_20170609221659c75.jpg
各機体ともに飛行前の点検に追われている
DSC05064_R_2017060922170180b.jpg
いやがる空母氏を説き伏せて、最後まで見ていく事にした
DSC05067_R_2017060922304394e.jpg
空自のチヌークのローターが回り始めた
DSC05071_R_20170609223045ec7.jpg
知らないゆるきゃら
DSC05075_R_201706092230469f4.jpg
コブラも動き出した
DSC05077_R.jpg
UH-60JAも動き出す
DSC05079_R_20170611115442599.jpg
空自のチヌークが陸自のチヌークの影に移動して行く
DSC05081_R_2017061111544434c.jpg
離陸した
DSC05082_R_20170611115444c8d.jpg
機体を振りながら飛び去って行った

空自チヌーク帰隊動画

DSC05084_R_201706111154464ad.jpg
UH-60JAも帰隊する、低空で反転し、高度を取って飛んで行く

UH-60JAの帰隊動画

DSC05086_R_20170611115448a47.jpg
海自のSH-60Jも動き出した
DSC05088_R_20170611115449c17.jpg
陸自のチヌークが滑走路に移動する
DSC05089_R_201706111217246bb.jpg
デカイ機体は離陸ポジションがあるようだ
DSC05091_R_20170611121726943.jpg
陸自のチムークはサービスがいい
DSC05092_R_20170611121727d00.jpg
サービス飛行の後、去って行った

陸自チヌークの帰隊動画

DSC05093_R_20170611121728962.jpg
AH-1Sコブラも飛びたった

AH-1Sコブラの帰隊動画

DSC05094_R_201706111233042b6.jpg
海自のSH-60Jが滑走路に動き出す
DSC05097_R_20170611123305919.jpg
元気に手を振っている
DSC05098_R_2017061112330691c.jpg
海自唯一の参加だったが、御馴染みの機体だったから親近感があった
DSC05100_R_20170611123308020.jpg
何故か動画が無い、何で?
DSC05101_R_20170611123915306.jpg
全ての機体の帰隊が終わり、残されのは地元のT-7と
DSC05102_R_201706111239171fc.jpg
消防車
DSC05106_R_20170611123917d34.jpg
陸自車両の帰隊が始まる、空自基地に集まる車両としては多めだろう、有効度がここで判る
DSC05108_R_20170611123919c17.jpg
奥側から発車し始める
DSC05110_R_201706111239206fd.jpg
こうゆうシーンは好きだな~
DSC05111_R_20170611125808ef8.jpg
粛々と去って行った

陸自車両の帰隊動画

DSC05112_R_2017061112581080f.jpg
残ったのは空自の軽装甲機動車のみ
DSC05114_R_201706111258111b9.jpg
さぁ、帰る時が来た
DSC05119_R_20170611125812e2a.jpg
お見送りのT-7の整列
DSC05123_R_20170611130319eca.jpg
滑走路脇のF-86セイバーにご執心の空母氏
DSC05122_R_20170611130319155.jpg
朝鮮戦争で有名を馳せ、自衛隊でも採用された機体
DSC05124_R_2017061113032178c.jpg
なかなかお気に入りの様だ
DSC05125_R_20170611130322732.jpg
後半は天気も回復して良かった
DSC05127_R_201706111303259cd.jpg
初めての静浜基地であったが、なかなか楽しめた!空母氏ありがとう。
DSC05132_R_20170611130325722.jpg
残る問題はこれやな、帰りの高速はどっしょも無い

静浜基地航空祭 2017 その6

いよいよブルーインパルスの飛行展示となるが、いつもの様に1人で写真と動画を撮っている
ぶつ切り、ぶれるは御愛嬌で!

何故か今回YOUチューブが埋め込めなかった、真っ黒画面しか貼れないトラブル発生
動画の直リンクを急遽貼ってみた(昔はこの形式だった)、青文字をクリックすれば飛べます。

インターバルの間にレンズの修復に成功、少しは見やすい画像になった。
道具を貸してくれた空母氏ありがとう!

なを、ちゃんとしたブルーインパルスが観たい方は、空母氏のブログに飛んで下さい。
カメラとレンズの差は、これ程までにあるのかと、まざまざと知らされました。


DSC04963_R_201706082030420c4.jpg
エプロンの観客が、最高潮に達する頃
DSC04956_R_20170608203039b7a.jpg
一機の飛行物体が!
DSC04957_R_20170608203040d2a.jpg
テストスモークを出している
DSC04966_R_20170608203043a84.jpg
DSC04969_R_20170608203044e87.jpg
DSC04971_R_20170608203046cb8.jpg
ブルーインパルスが登場した、茨城空港の日に何本しかない離発着や、アドバルーン?の浮揚などのアクシデントは有ったが、7割ほどの演目はこなせたであろう
DSC04974_R_20170608203945f68.jpg
DSC04975_R_2017060820394681b.jpg
DSC04976_R_20170608203947066.jpg
6番機の4ポイントロール
DSC04979_R_20170608204344ca5.jpg
DSC04981_R_20170608204345efc.jpg
DSC04982_R_20170608204346b3b.jpg
DSC04987_R_20170608205804fb0.jpg
DSC04988_R_201706082058051f4.jpg
DSC04989_R_2017060820580616d.jpg
DSC04991_R_20170608205808183.jpg
チェンジオーバーターン
DSC04995_R_20170608210134f1d.jpg
DSC04996_R_20170608210136e6f.jpg
単機のループから
DSC04997_R_20170608210137de6.jpg
DSC04998_R_2017060821013896d.jpg
DSC04999_R_2017060821014073e.jpg
インバーテッド&コンティニュアスロール
DSC05005_R_20170608210141a65.jpg
途中静岡空港の発着便で演技が止まってしまった…
DSC05008_R_20170611083022497.jpg
DSC05009_R_201706110830240fe.jpg
DSC05010_R_20170611083024fb0.jpg
内外の横ロール
DSC05011_R_20170608210928097.jpg
4シップインバート
DSC05013_R.jpg
DSC05014_R_20170608211409906.jpg
DSC05016_R_201706082114119bb.jpg
バーティカルキューピット
DSC05019_R_20170608211746de4.jpg
DSC05021_R_201706082117475a9.jpg
DSC05023_R.jpg
DSC05024_R.jpg
フェニックスロール

フェニックスロール動画

DSC05027_R_20170608211751a0a.jpg

横ロール動画

DSC05030_R_20170608212055705.jpg
DSC05032_R_20170608212056044.jpg
DSC05033_R_20170608212057d3b.jpg
DSC05035_R.jpg
DSC05037_R_20170608212549f5c.jpg
DSC05038_R.jpg
DSC05039_R.jpg
スタークロス

スタークロス1動画

スタークロス2動画

DSC05042_R.jpg
DSC05043_R_20170608212813dfc.jpg
コークスクリュー
コークスクリュー動画

DSC05044_R_20170608212934958.jpg
DSC05045_R.jpg
DSC05046_R_201706082129373e6.jpg
DSC05047_R_20170608212938fb1.jpg
DSC05048_R_20170608212940cfa.jpg
ローリングコンバットピッチ

ローリングコンバットピッチ動画

DSC05049_R_201706082132295b2.jpg
DSC05050_R_201706082132306bb.jpg
デルタローパスで終わってしまった

デルタローパス動画

DSC05051_R_2017060821323115d.jpg
今度は清水方面にヘリが居たらしい
DSC05052_R.jpg
最後のフライバイは行われなかった、曲技飛行はギリギリの燃料しか積んでいないのだ
これ以上の遅延は出来なかったのだろう。



下記 空母氏のブログ記事、違いを味わって下さい

静浜基地航空祭2017 その3