FC2ブログ

千葉 成東速射砲陣地 東金田間複合陣地

DSC02876_R_20201017225121ae0.jpg
現地付近に車を停めると、いきなり素手でデカい蛇を捕まえるガチなねこさん
DSC02879_R_2020101722512282c.jpg
では、山を登ろう
DSC02881_R_202010172251290e0.jpg
既にねこさんが発見済みな陣地なので、あっさり到着
DSC02882_R_20201017225126f76.jpg
一見普通の埋まりかけた壕口なのだが
DSC02884_R_20201017225126822.jpg
ここが砲室だったりする
DSC02886_R_202010172300312f5.jpg
砲室の横壁には、物入が掘られている
DSC02888_R_202010172300311bd.jpg
砲室から中に入ると
DSC02890_R_20201017230033a67.jpg
左手に砲側弾薬庫がある
DSC02892_R_20201017230035e4f.jpg
T字路にぶつかる
DSC02893_R_20201017230037b5c.jpg
天井に釘が刺さっている
DSC02894_R_202010182309164af.jpg
左側は爆風除けだが、位置的に違和感を感じたが
DSC02895_R_20201018230918530.jpg
本来の壕口はこっち側なのでやはり爆風除けだ
DSC02898_R_20201018230920ef0.jpg
残念ながら、完全に埋まっている
DSC02899_R_2020101823092161e.jpg
振り返ると、通路の形の変わり目が面白い
DSC02903_R_20201018230923358.jpg
灯り置きの上側に、煤の汚れが残る
DSC02905_R_20201018230923770.jpg
では、脱出しよう

DSC02908_R_2020101823212013e.jpg
東金の田間複合陣地に移動してきた
DSC02911_R_20201018232122d75.jpg
山をかき分け、壕口に到着
DSC02912_R_20201018232128f06.jpg
木の又から入壕する
DSC02913_R_20201018232125ee6.jpg
入り口は狭く、下っている
DSC02914_R_20201018232126d51.jpg
土砂の流入か、壕の高さは1mちょっとしかない
DSC02915_R_202010182321274f9.jpg
丸みを帯びた分岐路
DSC02917_R_20201018232129384.jpg
右はかなり下っている
DSC02918_R_2020101823213185c.jpg
とりあえず真っすぐ行くが、水没だ
DSC02919_R_20201020224858055.jpg
右側に小部屋
DSC02920_R_20201020224900899.jpg
左側に単独通路に見えるが、深くて確認出来なかった
DSC02922_R_20201020224902ee1.jpg
奥へ進む
DSC02923_R_20201020224903242.jpg
キツイ登り勾配を上がって行くと
DSC02925_R_20201020224905e66.jpg
壕口だ
DSC02926_R_202010202249066ad.jpg
上が崩れてしまったようだが、壕口にしては広すぎる、砲室の様に思える
DSC02927_R_2020102023015582b.jpg
壕内に戻る
DSC02929_R_20201020230157866.jpg
人がいると壕内の狭さが解りやすい
DSC02930_R_20201020230157bd1.jpg
下って行こう
DSC02933_R_20201020230201c7e.jpg
下まで降りると、左に分岐がある
DSC02937_R_20201020230201ef0.jpg
しかし、深く水没し切っている
DSC02938_R_20201020230203577.jpg
分岐を振り返る
DSC02939_R_20201020230204da3.jpg
右にカーブする
DSC02941_R_20201021214744c02.jpg
カーブ明けに空間がある
DSC02944_R_20201021214747b0a.jpg
砲側庫だろうか
DSC02942_R_202010212147461e4.jpg
その先に明かりが見える
DSC02945_R_20201021214749f27.jpg
半分埋もれているが開口部だ
DSC02948_R_202010212147512ac.jpg
後ろはやけに広い、砲室だろうか
DSC02946_R_20201021215632304.jpg
外は一面の竹やぶだ
DSC02949_R_2020102121563425a.jpg
足の下を覗いてみると、5mぐらいの高さにいるようだ
DSC02950_R_202010212156361eb.jpg
外から見た砲室の砲眼
DSC02951_R_20201021215637d52.jpg
砲室内部、機銃では無いサイズだ
DSC02952_R_2020102121563772e.jpg
あまり外側に出てると、滑り落ちそうなので中に入る
DSC02955_R_20201021215640131.jpg
一旦外に出て、先の砲室の位置関係を見に行く
DSC02956_R_20201021215640f54.jpg
やはりこれも砲室だろう
DSC02954_R_2020102122075392e.jpg
砲室から穴に戻る
DSC02957_R_202010212207558d0.jpg
再び水没区へ
DSC02958_R_20201021220756c2f.jpg
水没区がすっかり気に入った二人
DSC02959_R_202010212207590dd.jpg
さて脱出する
DSC02961_R_202010212213123c6.jpg
これにて探索を終了する



DSC02967_R_20201021221313473.jpg
夜の高速ってなんか好きだ
DSC02969_R_20201021221314359.jpg
行った事の無いお城が見える
DSC02978_R_202010212213161e9.jpg
DSC02979_R_20201021221318566.jpg
DSC02987_R_2020102122131912e.jpg
DSC02990_R_20201021221321034.jpg
何となくとのさんの気持ちもわかるかな?
スポンサーサイト



東金 八角湖付近の機銃陣地

DSC02776_R_2020101422035425b.jpg
アナリストメンバーと八角湖で待ち合わせ前に、観測所を見て来ようと思った
DSC02777_R_20201014220356ca4.jpg
この記事は夏の初めに行った物だ
DSC02780_R_20201014220358750.jpg
観測所までは軽いハイキングのはずだった
DSC02782_R_2020101422035955c.jpg
手前の防空壕群は、いつもと変わらずだが
DSC02784_R_20201014220401d72.jpg
なんじゃこりゃ?道が無い!
DSC02785_R_202010142204011c5.jpg
なんやかんやとかって知ったる場所って事で、分岐迄やって来たが
DSC02787_R_202010142204047e8.jpg
めっちゃ霧に覆われた
DSC02788_R_202010142204051d7.jpg
しかもこの辺は更にヒドイ
DSC02789_R_20201014221409e22.jpg
境界柱があるから間違いは無いはずだが、さっぱりわからん?
DSC02790_R_20201014221411db1.jpg
完全に迷子になったが、待ち合わせの時間なので、山を直線的に突っ切って下山した。
DSC02794_R_2020101422141255b.jpg
八角湖で二人と合流し、機関銃陣地へと向かう
DSC02796_R_20201014221415ea5.jpg
本日二回目の山登りスタート
DSC02801_R_202010142214178b4.jpg
中腹の壕口に到着
DSC02803_R_20201014221417a1b.jpg
埋もれているが、綺麗に作られた入り口だ
DSC02804_R_202010142214185f1.jpg
若干水が溜まっているが、大したことは無い
DSC02806_R_20201014222402bb4.jpg
基本的にはすれ違い所の窪みではあるが、有事には手榴弾除け、火炎放射除け等の機能もある部分
業界では広い意味で、爆風除けで統一されている。
DSC02808_R_20201014222403272.jpg
右に曲がると、また分岐がある
DSC02809_R_202010142224069bb.jpg
左は下っているので、とりあえずまっすぐ行く
DSC02810_R_202010142224075bf.jpg
ちょっと水没した通路を歩いて行くと、右に曲がって銃室がある
DSC02812_R_20201014222408ec4.jpg
綺麗な半円形に掘ってあるが、銃眼が小さい。足元は水没していて近寄れない
DSC02817_R_20201014222409d79.jpg
分岐に戻って下って行く
DSC02815_R_2020101521221738c.jpg
DSC02819_R_2020101521221951d.jpg
左に部屋が見える
DSC02820_R_20201015212221823.jpg
ベンチ付き生息室だ
DSC02821_R_20201015212222dd0.jpg
うねった通路を先に進む
DSC02824_R_20201015213025877.jpg
Y字路だ、灯り置きがある
DSC02827_R_20201015213027d95.jpg
右に行く
DSC02828_R_2020101521302831c.jpg
すぐに直角に左に折れる
DSC02829_R_20201015213030f7e.jpg
酷い事になっているズブズブと埋まる泥
DSC02831_R_2020101521303263d.jpg
先に銃眼が見える、何とか行きたい
DSC02832_R_20201015213033b44.jpg
限界、銃室は完全に泥と水に埋まっている。欠陥地下壕だ!
DSC02833_R_20201015213034587.jpg
分岐迄引き返す
DSC02834_R_20201015214729cb9.jpg
分岐を反対側に向かうと、右に分岐があり
DSC02835_R_20201015214730de2.jpg
灯りが見える
DSC02838_R_20201015214734751.jpg
三つ目の銃眼だ
DSC02840_R_20201015214734859.jpg
半分埋まっているが、形の良い銃眼だ
DSC02842_R_20201015214735797.jpg
その先は右にカーブして
DSC02843_R_20201016084050c82.jpg
左右に小さな部屋を有する開口部に出る



DSC02846_R_202010152147361f8.jpg
ベンチ迄戻って来た
DSC02847_R_202010152147386cb.jpg
パパさんがやって来た
DSC02848_R_202010152147406bb.jpg
あ~疲れたとか言いながら
DSC02850_R_20201015214740fe4.jpg
躊躇なく座る人、さすがガチな人だ、マネできん!
DSC02852_R_202010152200265ea.jpg
さて、脱出しよう
DSC02853_R_20201015220028b60.jpg
道なき道を下山する
 
DSC02856_R_2020101522003274e.jpg
ついでに八角湖の単独狙撃陣地を見て行く
DSC02857_R_20201015220031685.jpg
何故か階段を走って登って行く、ガチな二人
DSC02861_R_20201015220032259.jpg
塹壕の奥に隠れた壕口
DSC02862_R_202010152200342eb.jpg
うわっ、やっぱり水没だ!諦めよう
DSC02863_R_20201015220036491.jpg
表から銃眼だけ見て行こうと思ったら、中から灯りが!
DSC02866_R_20201015220036e53.jpg
パパさんが水没を物ともせず入って来た、さすがガチや!
DSC02868_R_2020101522004322e.jpg
なんとそのまま銃眼から出て来た!
DSC02871_R_20201015220044c61.jpg
ガチの人のやる事は違う
DSC02869_R_202010152200419f1.jpg
銃眼からの眺め

北海道 札幌市内の遺構 

DSC04518_R_20201010221940dea.jpg
三日目の朝も観光から始まる、苫小牧からの移動途中、支笏湖に寄った
DSC04521_R_20201010221942813.jpg
この鉄橋が見てみたかった
DSC04522_R_20201010221944a7f.jpg
特に戦跡では無いが、ガーダー橋や鉄橋は好きである
DSC04525_R_202010102219480ee.jpg
のどかにちょっと散歩した
DSC04548_R_20201010221946fdc.jpg
山越えをして札幌に向かう
DSC04549_R_20201010221948de1.jpg
札幌はまず、西岡公園にやって来た
DSC04555_R_20201010221950436.jpg
ここに来た目的はアレ
DSC04560_R_20201010221952f9a.jpg
大日本帝国陸軍第7師団歩兵第25連隊の軍用水道(月寒水道)の取水塔
DSC04564_R_20201010221958fcd.jpg
当時の階段だったのだろう
DSC04568_R_20201010224141559.jpg
毎時としては、モダンな建物だったろう
DSC04571_R_20201010224143d92.jpg
昔は橋があったらしいが、今は渡れない
DSC04575_R_20201010224144d1d.jpg
登録有形文化財の割には、他に説明板も何もない
DSC04581_R_20201010225232cc4.jpg
月島西二条7丁目の平和公園にやって来た
DSC04583_R_2020101022523413d.jpg
北部軍司令部正門門柱がある
DSC04592_R_202010102252439b8.jpg
脇に付いてる塀も当時の物だろう
DSC04587_R_2020101022523727d.jpg
裏門にも古そうな物があるが不明
DSC04586_R_20201010225235b36.jpg
DSC04589_R_20201010225239e81.jpg
忠魂納骨塔
DSC04594_R_20201010225241b7f.jpg
軍馬忠魂碑もある
DSC04600_R_2020101023070284e.jpg
月寒公園にやって来た
DSC04596_R_202010102306566aa.jpg
グランドの周りの歩道を歩くと
DSC04597_R_202010102306577b7.jpg
射撃場跡のプレートがある
DSC04598_R_20201010230659087.jpg
あの奥の小山が射だだと思われる
DSC04601_R_20201010231506b86.jpg
月寒(つきさっぷ)郷土資料館にやって来た
DSC04605_R_202010102315117fb.jpg
一見古く無さそうに見えるが
DSC04604_R_202010102315099cc.jpg
旧北部軍司令官官邸である
DSC04602_R_202010102315077a4.jpg
陸軍省用地の標石
DSC04611_R_202010102315216cb.jpg
敷地境界
DSC04606_R_20201010231511840.jpg
DSC04607_R_202010102315132e3.jpg
いろんな所から移設して来た碑
DSC04612_R_20201010232544a00.jpg
庭には入れるが開いていない
DSC04614_R_20201010232545359.jpg
郷土資料館がこんな開館日が少ないなんて?
DSC04616_R_20201010232548322.jpg
大砲の車輪か?なんて想像してしまう
DSC04617_R_202010102325493b3.jpg
増改築の跡が見られる
DSC04618_R_20201010233614270.jpg
美香保公園にやって来た
DSC04631_R_2020101023362638c.jpg
ここには美香保高射砲台の高射砲の跡が残っている
DSC04622_R_20201010233615686.jpg
これが埋められた高射砲台座のある小山だ、サイズからして12.7cm連装砲か?
DSC04624_R_2020101023361802c.jpg
グランド脇にあるコンクリート
DSC04626_R_20201010233623a30.jpg
単装の高射砲台だ
DSC04623_R_20201010233620080.jpg
近くにあるこの遺構は、弾薬庫か何かだろうか?
DSC04627_R_20201010233622214.jpg
単装砲はもう一つある
DSC04630_R_20201010233624667.jpg
砲座の手前の溝は電路である
DSC04628_R_20201010233624ae3.jpg
やはりそばにはこの遺構がある
DSC04636_R_20201011084836034.jpg
赤レンガで検索した旧北海道庁に来た
DSC04648_R_20201011084843ac8.jpg
またもや入れない
DSC04638_R_202010110848377f1.jpg
駐車場の関係で、裏側からの入場になったようだ
DSC04640_R_2020101108483984e.jpg
アメリカ形式の六角塔等にある星は、陸軍かと思っていたら、開拓使のシンボルだそうだ
DSC04644_R_2020101108484107e.jpg
横から
DSC04645_R_20201011084842588.jpg
正面から。札幌には赤レンガ倉庫の類は無い様だ

これから先は観光になるので飛ばしてOK!

DSC04731_R_20201011101805e1f.jpg
北海道大学で、明治建築物などを見学しまくる
DSC04713_R_202010111018001bc.jpg
この時代の建築物には開拓使のマークが用いられる
DSC04728_R_20201011101805c12.jpg
各所から移築され、村のようになっている
DSC04762_R_20201011102456b08.jpg
ビルの谷間に埋もれるアレに向かう
DSC04734_R_202010111024501bf.jpg
札幌時計台
DSC04740_R_202010111024511d1.jpg
外壁の色は、時代に合わせてかなり変化している
DSC04753_R_202010111024539e4.jpg
二階のホール
DSC04756_R_202010111024544b4.jpg
オリジナルの時計板
DSC04747_R_20201011103503a84.jpg
一階はパネル展示
DSC04751_R_20201011103505f6f.jpg
時計台のカラーバリエーション
DSC04743_R_2020101110350120b.jpg
標柱なんかに誰も見向きもしない
DSC04738_R_20201011103500d0d.jpg
カラーマンホール
DSC04767_R_20201011213323d0c.jpg
札幌大通公園に来た
DSC04776_R_20201011213325fa1.jpg
この公園は本来道路である、明治時代に南北を分ける火防線として造られた延焼防止策なのだ。
DSC04784_R_20201011213329880.jpg
もちろんテレビ塔に行く
DSC04789_R_20201011213328ef9.jpg
テレビ塔は上の展望フロアに行くのに、階段コースとエレベーターがある。
ちなみに値段は同じだが、エレベーターは激混みである。迷わず階段を上る。
DSC04795_R_20201011213329022.jpg
9おm地点の展望台に到着するも、天気はいまいちだ。
さっきこの通りの一番先の札幌資料館まで行って来たのだが、点の様にしか見えない
DSC04799_R_20201011213331db9.jpg
反対側も似たようなものだが、札幌って都会だな?平地なせいか横浜よりビルが多い気がする
DSC04828_R_20201011213332a9c.jpg
札幌から帯広空港に戻る、札幌ドームデケー!
DSC04839_R_20201011213334ee9.jpg
日暮れ時に帯広空港到着、予定通り18時に空港でレンタカーを返却
IMG_9385_R.jpg
20時過ぎの発なのに、レンタカー屋が18時までなんてシステム、何とかならんか?二時間もったいない
IMG_9396_R.jpg
羽田に帰って来た、今度はいつ行けるやら?

北海道 苫小牧 緑ヶ丘公園トーチカ 元町トーチカ 共和トーチカ(失敗)

DSC04509_R_20201008225315a41.jpg
苫小牧市緑ヶ丘公園に向かう、緑ヶ丘公園トーチカと言われる物がある
DSC04510_R_2020100822531597d.jpg
公園内には車で入って行ける
DSC04483_R_202010082253122d5.jpg
展望台は状況的にパス
DSC04477_R_2020100822530751f.jpg
DSC04478_R_20201008225309864.jpg
忠魂碑
DSC04481_R_2020100822531005e.jpg
馬橇神
DSC04482_R_2020100822531292f.jpg
犬魂碑等が公園に集められている
DSC04484_R_2020100823062580c.jpg
この公園内にトーチカがあるらしいが見つからない
DSC04490_R_202010082306327f2.jpg
公園施設の前に、怪しい所を見つけた
DSC04489_R_2020100823063273f.jpg
もはやこの茂みに突入するしかない
DSC04485_R_2020100823062747c.jpg
らしきモノを発見!
DSC04487_R_20201008230628002.jpg
確かに古いコンクリートだ
DSC04488_R_20201008230630e57.jpg
銃眼らしきもの(出入口の可能性も)がある、トーチカで間違いないだろうが、どうしょうも無い

DSC04493_R_202010082320587ae.jpg
元町トーチカに到着、目印はこの電波塔
DSC04494_R_20201008232100763.jpg
DSC04495_R_20201008232101ace.jpg
前面部は壊そうとした跡か、丸く削れている
DSC04496_R_202010082321023b5.jpg
目の前はすぐ砂浜だ
DSC04497_R_20201008232104dae.jpg
海側は壁だけだ、この元町トーチカは下の1/3は埋まっている
DSC04498_R_2020100823210668e.jpg
裏側の出入口は、鉄板で塞がれている
DSC04502_R_20201008232108d0f.jpg
反対側の辛うじて見える銃眼
DSC04500_R_20201008232110f9f.jpg
天井には通気口は無いようだ

DSC04506_R_2020100823310238a.jpg
共和トーチカにリトライに来た、この間に柏原トーチカで玉砕している
DSC04507_R_2020100823310389d.jpg
どんどん歩いて行く
DSC04508_R_20201008233105c74.jpg
ひたすら原野の様な所を歩いて行く、目標は遥か向こうの丘
目標地点に到着したが、全く見つからずに2時間を浪費した
実は最近のグーグルマップには、先駆者がトーチカの場所をプロットしてくれている場所がある
苫小牧はほとんどそれのおかげで回ってこれたのだが、やはり誤りもある
後に調べたら、共和トーチカはポイントより地図上左に50~100mずれていたようだ
グーグルマップで検索欄にトーチカと入れれば、ピンポイントでかなり判るので参考に!

北海道 苫小牧 ホワイトファームトーチカ 静川綱木トーチカ 植苗トーチカ

DSC04386_R_202010052201546c0.jpg
日本ホワイトファームの駐車場にも94式山砲用のトーチカがある
DSC04388_R_202010052201567b6.jpg
おそらくこれが、ホワイトファームトーチカの入り口
DSC04389_R_20201005220157c6d.jpg
おそらくと言うのは、山砲の砲眼が見当たらないからだ
DSC04390_R_20201005220159b30.jpg
露出している面には何もない
DSC04392_R_202010052202013b6.jpg
怪しげなのは、この面なんだが判らない
DSC04393_R_20201005220202029.jpg
上部のこの部分は観測窓なのだろう、一見銃眼だが段々が無い
DSC04394_R_20201005220202008.jpg
隙間なくみっちり埋められているので、どうしょうも無い
DSC04395_R_20201005220204c41.jpg
通気口2本、これは元々は埋めてあったって事だろう。

ホワイトファームトーチカは一応敷地内なので、ことわった方がいいだろう
自分は駐車場にいる人に一言ことわっている。

DSC04396_R_20201006085403896.jpg
苫小牧石油備蓄基地にやって来た、近くに共和トーチカもあるが、突入口に車が停まっているので断念
DSC04397_R_20201006085405b4f.jpg
静川綱木トーチカは冬になれば道路から丸見えになるのでは?ってぐらいに近い
DSC04399_R_20201006085408940.jpg
静川綱木トーチカの銃眼は道路と平行に近く、海側を向いている
DSC04400_R_202010060854095d4.jpg
上部には2本の通気口が立っている
DSC04401_R_20201006085409082.jpg
静川綱木トーチカの横側は内部砲側庫の出っ張りがある
DSC04402_R_20201006085411854.jpg
全体的に土塁に囲まれている
DSC04404_R_20201006085414392.jpg
斜面に近い入り口は、半ば埋もれている
DSC04403_R_202010060854160f2.jpg
周囲には一部で戦車壕?塹壕?とも言われる溝があるが、道路工事の残土の可能性もある
DSC04407_R_20201006140352294.jpg
入り口に入る
DSC04408_R_20201006140354e34.jpg
何とも広い、状態のいい砲室だ
DSC04409_R_20201006140356633.jpg
左手を見ると分厚いコンクリート内壁で仕切られた砲側弾薬庫がある
DSC04410_R_20201006140357df0.jpg
外から見たでっぱりの部分であるが、かなり広い
DSC04414_R_2020100614035980c.jpg
一応鉄筋が入っているってか
DSC04415_R_202010061404003fc.jpg
ワイヤーロープ?
DSC04417_R_202010061404023d0.jpg
砲側弾薬庫の隣に細い入り口がある
DSC04419_R_202010061633501ed.jpg
上部が抜けている、通気口なのか?
DSC04421_R_20201006163352705.jpg
1m四方ほどの小さい部屋
DSC04422_R_202010061633546a9.jpg
砲座を見ると、41式山砲と違って丸い砲床が無い
DSC04432_R_202010061634007c2.jpg
駐鋤溝(ちゅうじょこう)も桝形で、傾斜が無い
DSC04424_R_2020100616335687b.jpg
砲眼部もすごく大きい
DSC04425_R_20201006163356963.jpg
段は一段
DSC04426_R_202010061633577e8.jpg
振り返り
DSC04433_R_20201006204744b61.jpg
土砂の流入止めだろうか、土嚢が積んである
DSC04435_R_20201006204746d99.jpg
山側に登ってみる
DSC04436_R_202010062047489f1.jpg
何故か欠けている部分がある、一度破壊を試みたのだろうか?
DSC04437_R_2020100620474921b.jpg
静川綱木トーチカから道路に停めた車が見えている
DSC04441_R_2020100620475111c.jpg
シカがこっちを見ていた



DSC04442_R_20201006213625c50.jpg
勇払川を越える
DSC04443_R_20201006213626c96.jpg
某施設の看板から入り、植苗トーチカを目指す
DSC04444_R_20201006213628fbc.jpg
車道はあるが、トーチカ迄の間に停めたり転回出来る場所は無い
DSC04447_R_20201006213633739.jpg
1kmも歩かず車道際に見える、経験者なら見逃す事は無いだろう
DSC04448_R_2020100621363482f.jpg
植苗トーチカ到着、かき分けながら少し登る
DSC04450_R_20201006213633394.jpg
砲眼、段々は無い
DSC04451_R_20201006213634b9a.jpg
上に登ると穴があるので注意
DSC04454_R_2020100621364136e.jpg
回り込むと、木の枝に上着が掛けてある
DSC04453_R_2020100621363675e.jpg
リュックもある、同業者が植苗トーチカを探索中か?
DSC04457_R_202010062155034d1.jpg
覗き込むと誰もいない、考えてみれば今は9月だ、上着はいらん
DSC04459_R_2020100621550514f.jpg
右側の小部屋
DSC04460_R_2020100621550670d.jpg
左側にも一部屋
DSC04461_R_202010062155081be.jpg
少し小さめの砲側弾薬庫だ
DSC04462_R_2020100621551218f.jpg
砲室、今までとちょっと違う
DSC04463_R_20201006220804a3f.jpg
砲室の角から
DSC04464_R_20201006220805b8c.jpg
上に上がれる穴がある事
DSC04465_R_202010062208073e3.jpg
砲室前面に通気口が並んでいる事
DSC04466_R_202010062208081f6.jpg
15cm角ぐらいのベンチレーター
DSC04468_R_2020100622081091c.jpg
砲眼部に段々が無い事
DSC04469_R_20201006220810c47.jpg
砲床部に駐鋤溝(ちゅうじょこう)が見当たらない事、砲眼右側の謎のスリット
DSC04470_R_20201006220813ea0.jpg
出入口がほぼ中央にある事などだ
DSC04471_R_20201006222904604.jpg
外には植苗トーチカ入り口に向かって、塹壕がある
DSC04474_R_20201006222906dbb.jpg
この地区には、野生のシカが多い様だ
DSC04476_R_20201006222908d22.jpg
監視されている様な気もしてくる