FC2ブログ

入間航空祭2019 その2

DSC01339_R_20191116220439da2.jpg
オープニングフライトのTー4とU-125A救難捜索機
DSC01361_R_20191116220440fd6.jpg
YS-11JFCとU-125
DSC01363_R_201911162204419d6.jpg
自衛隊機としての、Ys-11が見れるのは入間だけ
DSC01373_R_2019111622044363c.jpg
DSC01375_R_20191116220444961.jpg
DSC01387_R_20191116220445a0d.jpg
DSC01391_R_20191116220447fb6.jpg
YS-11のみ8の字で飛ぶ
DSC01398_R_20191117211536b50.jpg
U-125も旋回するが遠い
DSC01404_R_20191117211538271.jpg
C-1輸送機
DSC01412_R_20191117211539f25.jpg
DSC01419_R_201911172115407da.jpg
4機がそれぞれ旋回していく
DSC01423_R_2019111721154180d.jpg
U-125Aの通常色が飛び立ち救難展示が始まる
DSC01429_R_20191117211543f77.jpg
UH-60Jも救助に飛び立つ
DSC01439_R_20191117211544c38.jpg
空自色のCH-47Jチヌークがバケットを吊り下げ消火活動に飛んでくる
DSC01445_R_20191117213709ad2.jpg
バケットから消化剤を散布する
DSC01448_R_201911172137114e1.jpg
鎮火すると定位置に戻り
DSC01453_R_20191117213711648.jpg
空になったバケットを投下して着陸していった
DSC01454_R_201911172137133fc.jpg
U-125Aが飛来し、要救助者を捜索する
DSC01457_R_2019111721371477c.jpg
発見後、ポイントを連絡し、救助ヘリの出番となる
DSC01460_R_20191117213715164.jpg
UH-60J救難ヘリ(本来は撃墜された戦闘機のパイロットを救助する目的だが、自衛隊設立以来1機も撃墜された事が無いので、自治体からの要請で民間の救助を主に行っている)
DSC01462_R_20191117213717e53.jpg
要救助者を捜索する
DSC01468_R_20191117213718a0c.jpg
ホイスト降下により救助をするが、展示機体が邪魔で、何も見れなかった
飛ばない機体はエプロン内での展示にすればいいのに!
DSC01472_R_20191117213720dca.jpg
救助を完了したUH-60J、救助展示が終了する
DSC01485_R_201911172213447bb.jpg
T-4中等練習機4機の展示飛行
DSC01490_R_201911172213463a8.jpg
DSC01505_R_20191117221346535.jpg
DSC01524_R_20191117221348085.jpg
DSC01532_R_201911172213495d8.jpg
DSC01539_R_20191117221351223.jpg
空自パートが一旦終わる
スポンサーサイト



入間航空祭2019 その2

DSC01329_R_2019111321295576c.jpg
T-7初等練習機
DSC01257_R_2019111321294368a.jpg
DSC01258_R_20191113212944f23.jpg
T-4中等練習機
DSC01259_R_20191113212945264.jpg
DSC01260_R_20191113212946a1a.jpg
T-400基本操縦練習機
DSC01261_R_2019111321294871d.jpg
U-125A救難捜索機
DSC01262_R_20191113212949fb6.jpg
DSC01320_R_20191113212954b62.jpg
UH-60J救難ヘリコプター
DSC01263_R_20191113212951687.jpg
DSC01319_R_201911132129526b5.jpg
AH-1Sコブラ
DSC01271_R_20191113214334adf.jpg
DSC01272_R_20191113214335da9.jpg
SH-60K哨戒機
DSC01273_R_20191113214336f8e.jpg
ユーロコプター式EC135P2「さきたま」
DSC01276_R_20191113214337ab6.jpg
DSC01277_R_20191113214338176.jpg
T-4ブルーインパルス
DSC01282_R_20191113215749976.jpg
DSC01284_R_201911132157515ff.jpg
DSC01287_R_2019111321575213e.jpg
来年退役が決まったF-4ファントム(偵察型「RF-4EJ」)
DSC01288_R_20191113215753f42.jpg
DSC01291_R_20191113215756192.jpg
DSC01290_R_20191113215754c35.jpg
Fー15要撃戦闘機
DSC01292_R_2019111321575711c.jpg
DSC01293_R_20191113215759374.jpg
DSC01294_R_20191113215801f7d.jpg
F-2支援戦闘機
DSC01301_R_20191113231438326.jpg
DSC01303_R_20191113231440d46.jpg
DSC01302_R_20191113231439de1.jpg
YS-11FC飛行点検機
DSC01322_R_20191114214408311.jpg
DSC01323_R_20191114214410f35.jpg
DSC01324_R_20191114214410450.jpg
DSC01326_R_201911142144131a1.jpg
DSC01325_R_20191114214414493.jpg
DSC01327_R_20191114214415dc3.jpg
ミスコンパレード

入間航空祭2019 その1

003_R_20191108225034ac9.jpg
前日に気が着いて、急遽行って来た入間航空際2019
004_R_201911082250369ef.jpg
基本的に車での基地内駐車は出来ないが、民駐があるので困りはしない
DSC01183_R_20191108225036904.jpg
9時開始で、8時前に着いているのに開門されていた、住民からの苦情があったのだろう
DSC01184_R_20191108225038afb.jpg
北側臨時ゲートから進入する
DSC01185_R_20191108225039be0.jpg
駐輪スペースはかなり広い
DSC01186_R_20191108225041570.jpg
基地内も人がまばらだったが
DSC01187_R_2019110822504347d.jpg
やっぱり気のせいだった
DSC01188_R_20191108225044e44.jpg
エプロン手前で時間まで待機させられる
DSC01189_R_2019111020594235b.jpg
時間と共に観客が押し寄せる
DSC01190_R_201911102059435fd.jpg
何とか最前列を確保するが、位置は余り良くない(T-7が邪魔)
DSC01191_R_201911102059447f0.jpg
入間基地ミス航空際のパレード用
DSC01194_R_20191110205945e1b.jpg
新型消防車は、大分普及したようだ
DSC01196_R_20191110205947c43.jpg
大型機用牽引車
DSC01199_R_20191110205948a90.jpg
輸送機の機内見学が出来る、激混みのC-2は速攻で諦める
DSC01198_R_20191111213527e7a.jpg
まずはこっちの機体から
DSC01202_R_2019111121353034d.jpg
C-130H中型戦術輸送機
DSC01205_R_20191111213530557.jpg
ほとんど並ばずに乗れる
DSC01208_R_20191111213532b01.jpg
DSC01209_R_2019111121353438e.jpg
DSC01212_R_201911112135364e1.jpg
DSC01213_R_2019111121353675e.jpg
センターポールを外せば、車両も積める
DSC01215_R_2019111220521686a.jpg
DSC01216_R_20191112205217580.jpg
次はC-1中型輸送機
DSC01220_R_201911122052186fa.jpg
こうゆう開き方は珍しい
DSC01225_R_20191112205222c2b.jpg
DSC01227_R_20191112205222fc3.jpg
こっちの方が座り心地は良さそうだ
DSC01229_R_20191112205225d65.jpg
DSC01224_R_20191112205219c59.jpg
ジェット化により速度は200km増えたが、航続距離は半分以下に減っている
 DSC01233_R_201911122111163ca.jpg
DSC01255_R_2019111221135876d.jpg
次はCH-47Jチヌーク
DSC01234_R_20191112211117d06.jpg
DSC01248_R_2019111221112721b.jpg
空中消化器材「バンビ・バスケット」
DSC01237_R_20191112211118c1c.jpg
DSC01238_R_2019111221111980b.jpg
DSC01243_R_20191112211121a81.jpg
DSC01244_R_20191112211123bf7.jpg
DSC01246_R_2019111221112415d.jpg
DSC01247_R_20191112211125dd0.jpg
DSC01250_R_20191112211129f34.jpg
DSC01251_R_201911122127013db.jpg
DSC01252_R_20191112212702f0e.jpg

横須賀海軍軍需部館山支庫 その8

DSC08254_R_2019102823005486a.jpg
塹壕の跡を辿って行くと
DSC08256_R_20191029225417f72.jpg
下にコンクリート巻きの壕口が有った
DSC08257_R_20191029225422117.jpg
支庫特有の壕口部分のみの補強だ
DSC08258_R_2019102922541458a.jpg
近くに壕口がもう一つ見える
DSC08262_R_20191029225433aaa.jpg
倉庫のような、小さな壕だった
DSC08263_R_20191029225413600.jpg
コンクリート巻きの方に入って行く
DSC08264_R_20191029225422d31.jpg
造りかけの単純壕のようだ
DSC08265_R_2019110121234988e.jpg
岐路も部屋も何も無かった
DSC08266_R_20191101212350354.jpg
奥行きだけはかなりあった
DSC08268_R_201911012123519c3.jpg
入り口だけは期待出来たんだが・・・
DSC08269_R_20191106204508389.jpg
また新たな壕口を見つける、人の作った資料なんて、あてにならないもんだ
DSC08270_R_20191106204510fa3.jpg
やや、天井が低い
DSC08272_R_20191106204511237.jpg
横幅はあるのだが
DSC08273_R_20191106204512fb0.jpg
正面は塞がっている様だが
DSC08274_R_20191106204513b98.jpg
ところがどっこい、開いている
DSC08280_R_20191106204518087.jpg
匍匐で潜り込んで行くと、部屋だった事がわかる。先が有るように見えるが
DSC08282_R_2019110620451983b.jpg
終わっていた
DSC08283_R_20191106204521866.jpg
引き返そう
DSC08276_R_20191106204514c2b.jpg
左側の通路に進むと、ほんのり明かりが見える
DSC08277_R_20191106211101027.jpg
幅の広い倉庫壕なのだろう
DSC08278_R_201911062045161a9.jpg
出口だ
DSC08285_R_201911062045233af.jpg
これでこの地区の調査を終える、大分こんがらがってきた。
DSC08287_R_20191106212010035.jpg
場所を移動する
DSC08288_R_201911062120108f1.jpg
こんなコンクリートブロックの裏に
DSC08289_R_201911062120128ec.jpg
入れないけど、こんな立派な壕がある
DSC08290_R_201911062120120ff.jpg
トンネルを抜けると
DSC08291_R_201911062120155b9.jpg
ぽっかりと
DSC08292_R_2019110621201594a.jpg
この地区は煉瓦が使用されている
DSC08293_R_20191106213628a1c.jpg
とりあえず目の前の登りたくない斜面に向かう
DSC08294_R_20191106213630ede.jpg
登るとほとんど天井
DSC08297_R_20191106213632f42.jpg
入り口を振り返る
DSC08295_R_2019110621363194a.jpg
これから登った分奥に下りていく
DSC08298_R_2019110621363430a.jpg
ひどいガレだらけだ
DSC08299_R_20191106213635882.jpg
さて、降りるか
DSC08301_R_20191106213638a37.jpg
以前も降りているから、行けるけど帰りが大変
DSC08302_R_20191106213640cd6.jpg
降りると綺麗な壕内になる
DSC08303_R_2019110621364157f.jpg
さて進むか
DSC08306_R_20191106215429a35.jpg
また登る
DSC08307_R_201911062154311fc.jpg
登りきったら、また下る
DSC08310_R_20191106215433637.jpg
この上り下りがかなり体力を消耗する
DSC08311_R_20191106215434bab.jpg
そして最後の難関
DSC08312_R_20191106215434cab.jpg
開いてるけど出られない、解っていたけどね
DSC08314_R_20191106215903697.jpg
さて、戻るか
DSC08315_R_20191106215905312.jpg
あと少し
DSC08316_R_20191106215906ad6.jpg
生きて帰って来た
DSC08317_R_201911062159071c1.jpg
すぐ近くにも穴があるのだが、
DSC08320_R_20191106215909114.jpg
こっちは何のひねりも無い単純壕だ、疲れたから今日はここまでにする

横須賀海軍軍需部館山支庫 その7

DSC08208_R_20191027225825658.jpg
脱出した壕口のすぐ近くに、別の壕口発見
DSC08210_R_20191027225824326.jpg
入り口から電気を引き込んだ碍子の枕木が張り付いている
DSC08211_R_20191027225825792.jpg
入っただけで、大きな壕だとわかる
DSC08212_R_20191027225827b47.jpg
左は掘りかけ
DSC08213_R_20191027225831a59.jpg
振り向いて来た道を見る
DSC08214_R_20191027225829558.jpg
分岐が見えるがまずは左側から
DSC08217_R_20191027225832b97.jpg
中は広くて楽しそう
DSC08215_R_20191027225831cd6.jpg
天井には碍子の枕木が残っている
DSC08218_R_20191028220757b93.jpg
奥に進む
DSC08220_R_2019102822075960a.jpg
左に1mほどのくぼみがある、掘削途中ではない
DSC08222_R_20191028220801723.jpg
奥は突き当たりで終了
DSC08227_R_20191028220803be2.jpg
奥からの振り返り
DSC08229_R_20191028220804dbe.jpg
横穴に戻ってきた
DSC08224_R_20191028222247e41.jpg
掘削ロッドにしては、変なのが刺さっている
DSC08230_R_20191028222253ae2.jpg
ただの巨大な部屋だった様に見える
DSC08232_R_2019102822225053b.jpg
ちょっとだけ排水溝が見える
DSC08234_R_2019102822225133b.jpg
奥まで行くと、降りたら最後、登れなそうな滑る急斜面があった
DSC08235_R_20191028222255dff.jpg
ライトを照らしても、先はあるように見えない、行ったら戻れないのは必定
DSC08237_R_20191028222254c22.jpg
結局降りてみたら、こんな感じだった。見えないわな
DSC08238_R_201910282222563aa.jpg
下層にも立派な通路がある
DSC08239_R_20191028222259de3.jpg
トロッコの犬釘も落ちている
DSC08244_R_2019102822502241d.jpg
こっち側はすぐに突き当たり
DSC08245_R_20191028225023595.jpg
反対側に進んでいくと崩落の分岐
DSC08243_R_20191028225023956.jpg
犬釘もいっぱい落ちている
DSC08240_R_20191028225024304.jpg
振り返り
DSC08247_R_20191028225025a95.jpg
分岐の左は倉庫のようだ
DSC08249_R_20191028225026860.jpg
残る方向に進む、もうあの斜面は登れない、出口が無かったらどうしよう
DSC08251_R_20191028230051423.jpg
唯一の道は、この登り斜面だが、風が来る、登れば出口だ!
DSC08252_R_20191028230052dd5.jpg
出た!出口だ!
DSC08253_R_20191028230053837.jpg
ずいぶんちゃんとした壕口だ
DSC08254_R_2019102823005486a.jpg
壕口の前まで、塹壕が掘られていた