FC2ブログ

福井県廃ホテル

吉坂砲台撤収後、通りかかった廃ホテルの二階に人が居たととのさんが言う
面白そうなので、ついでに立ち寄ってみた
DSC05006_R_201810222110550ae.jpg
あの二階に人影が見えたと言う、もちろん自分は見ていない
DSC05344_R_2018102221105707a.jpg
万が一動けないけが人が居たら大変なので、人命救助のためやむなく突入する
IMG_2535_R.jpg
開けっ放しのドアから入ると、事務所の様だ
IMG_2536_R.jpg
調理具や冷蔵庫が2つ、ここでルームサービスとか作っていたのか?
IMG_2537_R.jpg
ちびたシンク
IMG_2538_R.jpg
洗濯物も干しっぱなし
IMG_2539_R.jpg
ボイラー室、意外に新しそう?
IMG_2540_R.jpg
廊下に出た、これは従業員用の通路のようだ
IMG_2542_R.jpg
謎の小窓のある扉を開ける(というか開いている)
IMG_2543_R.jpg
右にまた扉があり、正面は階段
IMG_2544_R.jpg
扉の中はガレージだった天井とシャッターに何か張ってある
IMG_2545_R.jpg
階段を登るとソファーテーブルが
IMG_2546_R.jpg
定番ダブルベッド
IMG_2547_R.jpg
小型冷蔵庫は空っぽだった
IMG_2548_R.jpg
意外に広い屋内
IMG_2550_R.jpg
バスルーム
IMG_2551_R.jpg
ドレッサーは綺麗だが、トイレが和式なのはイメージダウン
IMG_2553_R.jpg
部屋を出る
IMG_2554_R.jpg
スリッパ
IMG_2557_R.jpg
部屋はまだまだあるようだ
IMG_2556_R.jpg
なんでこんな所に包丁が?
IMG_2558_R.jpg
次の階段は青かった
IMG_2559_R.jpg
内装は一部屋ごとに違うようだ
IMG_2560_R.jpg
なにやら怪しげな本が置いてある
IMG_2561_R.jpg
IMG_2562_R.jpg
IMG_2564_R.jpg
IMG_2565_R.jpg
白骨が転がっている
1540118484000_R.jpg
もう一部屋ぐらい行ったと思ったが、写真が無い?こんな(とのさん写真)お札が室内のあちこちに貼ってあって、それを撮っているはずなのに無い、なんで?
ちなみにガレージにもあちこち貼ってあった。
IMG_2566_R.jpg
従業員控え室に戻った
IMG_2567_R.jpg
IMG_2568_R.jpg
意外に高い?
IMG_2569_R.jpg
ガレージのスイッチだろうか?
IMG_2571_R.jpg
IMG_2572_R.jpg
IMG_2574_R.jpg
IMG_2575_R.jpg
脱出する
DSC05345_R_201810222251487ca.jpg
やっぱり廃墟は苦手だな
スポンサーサイト

鴨川市天津の明治隧道(廃隧道)完結編

前回入った明治隧道は、実は3本の内の一本だと言う
では、残り二本も確認せねばと集まったのだ
わずか4日前の召集に、メインメンバー全員集合という快挙!
アナリスト、恐るべし・・・

DSC05907_R_201803282231048dd.jpg
明け方の首都高は快適だったが
DSC05909_R_201803282231059d9.jpg
アクアは7時前にも関わらず、トンネル手前から渋滞が始まっている
DSC05910_R_2018032822310632f.jpg
集合15分前に到着したが、既に数人到着していた(充電中ののださんのカプチーノ改)
DSC05911_R.jpg
ほぼ全員集合して、いつものパパさん待ち!
DSC05912_R_2018032822311020f.jpg
天津の漁港に車を停めて、出発する
DSC05914_R_20180328223111b32.jpg
まず、隧道一発目
DSC05915_R_201803282231129fe.jpg
海の中を歩いている気分になれる歩行者隧道
DSC05916_R_20180328223113166.jpg
目的の旧隧道は、現道トンネルの上に在るらしい、山ビルファイターを足に塗る
DSC05917_R_20180328223116bb0.jpg
昔アスレチックが在ったという、荒れたコンクリート道を上がっていく
DSC05918_R_2018032923195321d.jpg
そこそこの斜面をみんな軽く登っていく
DSC05920_R_20180329231954f99.jpg
目印のトタン板がある
DSC05922_R_2018032923195587d.jpg
30cmほど開口した、隧道の入り口
DSC05925_R_2018032923195731a.jpg
のだの人が果敢にアタックして行く
DSC05926_R_201803292319594f3.jpg
しかし、残念ながら完全に埋没していて、人の入る隙間は無かった
DSC05930_R_20180329233150bf1.jpg
仕方が無いので、山を超えて反対側の入り口を探す
DSC05929_R_2018032923314968d.jpg
かなりの急勾配を、こんな根っこに捕まりながら降りていく
DSC05933_R_20180329233154c12.jpg
そんな中、地下壕発見!
DSC05932_R_201803292331524fc.jpg
内部は小規模であったが、ここ天津実入にも陸軍の部隊がいたらしい、その一部であろう
DSC05936_R.jpg
結局、旧隧道は埋まってしまったらしく、見つからなかった
DSC05938_R_20180329234333981.jpg
仕方なく、次の隧道に向かう
DSC05943_R_20180329234335e27.jpg
途中、イノシシの巨大なお風呂に遭遇
DSC05944_R_2018032923433532c.jpg
人物比ののださんと比べると、ここを使っているイノシシの大きさが想像できる
DSC05945_R_20180329234337384.jpg
渓流を遡って行く
DSC05952_R_20180330234344235.jpg
立木と倒木の隙間を縫って歩くのは、意外と体力を消耗する
DSC05953_R_20180330234345457.jpg
先はまだ長い
DSC05954_R_201803302343466d1.jpg
後続が離れだしたので、休みながら登っていく
DSC05958_R.jpg
いきなり骨が落ちてる!大腿骨?
DSC05959_R_2018033023434942f.jpg
ようやく目的地到着
DSC05964_R_20180401195303cc9.jpg
こちらの入り口は広く、匍匐しなくても入れる
DSC05965_R_201804011953040ef.jpg
あと十年は入れるんじゃないかな、埋まらずに
DSC05966_R_20180401195305712.jpg
さっそく小森さんのお出迎えって言うか、ものすごいコウモリ臭い
DSC05967_R_20180401195306df8.jpg
落ちている岩盤に何かペイントが?行政の調査だろうか?それとも・・・
DSC05969_R_201804011953089d0.jpg
地質のせいか、ものすごい崩落で、立って歩けない
DSC05973_R_2018040119531093c.jpg
天井の小森さんの団体様(これ子供、2~3cmしかない)DSC05975_R_201804012031464eb.jpg
ガレと小森さんの落し物を避けながら奥へ進む
DSC05976_R_2018040120314760e.jpg
なんと行き止まり!どうやら天井が落ちてしまっているようだ
DSC05977_R_20180401203149a26.jpg
当然トンネル隧道なので、分岐も何も無い
DSC05978_R_201804012031497ca.jpg
ちょっとだけ掘ろうか?的な話も出たが、どうみても無理!
DSC05979_R_201804012031513bf.jpg
撤収する
DSC05984_R_2018040120315400a.jpg
昔、この場所には茶店があったらしい、付近には割れた茶碗が散乱し
DSC05981_R_201804012031535da.jpg
こんな電気碍子も落ちていた(末期ーお持ち帰り)
DSC05982_R_20180401204443e33.jpg
一人、前回入った旧隧道の反対側がすぐそばに有った場所を掘りに行くパパさん。5mは掘らなきゃ駄目そうだ
これで取り合えず三つ在った旧隧道を一応確認できた!足掛け5年のアナリスト調査完了
DSC05983_R_201804012044459e5.jpg
任務完遂記念撮影(写真はいずれ届いたら載せます)
DSC05985_R_20180401204445366.jpg
登るより大変な下山が始まる
DSC05986_R_20180401204448d66.jpg
沢のコケが滑って危ない
DSC05987_R_20180401204448d17.jpg
沢は深くエグレ、歩ける所が限られる
DSC05988_R_201804012044504cb.jpg
石切り場まで戻ってきた
DSC05989_R_20180401211306ec8.jpg
ここでまた、特大碍子を見つけた
DSC05999_R_2018040121130825a.jpg
KYOTO(風)京都風碍子?(パパさんお持ち帰り)それぞれ責任を持ってメーカーを調査する事になった
DSC05992_R_201804012113073b5.jpg
さて、渓谷のような沢を通って下山しよう
DSC06000_R_2018040121234716a.jpg
下山後、腹が減ったので飯を食いに行く
DSC06001_R_2018040121234908b.jpg
知る人ぞ知るラーメン屋があるらしい
DSC06002_R - コピー
中華料理「天津」
DSC06003_R_2018040121235121f.jpg
味噌チャーシューメン、美味かった!

鴨川市天津の明治隧道(廃隧道)の帰り道

DSC03474_R_20180215202321438.jpg
隧道発掘が終わるが、更に高みに上ろうとするのだ様
DSC03471_R_20180215202320c6b.jpg
様々な自撮り道具を駆使するねこさん
20180213234239841_R.jpg
天津の明治隧道制覇記念
DSC03475_R_20180215202323061.jpg
下山を開始する
DSC03478_R_20180215202325cc6.jpg
落ちた吊り橋の土台に戻って来た
DSC03477_R_2018021520232413d.jpg
昭和期に簡易橋が掛けられた様だが、最早朽ちかけている
DSC03481_R_201802152023268ea.jpg
それでも渡ろうとする勇者のだ様
DSC03482_R_2018021520232969d.jpg
やっぱり駄目だった、4年前に駄目だった橋が渡れるはずも無かったようだ
DSC03484_R_20180215203543b22.jpg
かなり麓まで降りて来たとき
DSC03485_R_20180215203545a1c.jpg
自分達の通ってきた道の下に何かが見える
DSC03486_R_20180215203546fe6.jpg
穴が有る
DSC03488_R_20180215203548e2a.jpg
下まで降りると、結構大きな開口部だった
DSC03489_R_20180215203548d2f.jpg
立派な水路隧道だ
DSC03490_R_201802152035507b6.jpg
雨上がりでこれだけの水量しかない所に、こんな大きなのが必要だったのだろうか?
DSC03492_R_20180215203552869.jpg
奥の方は土砂が蓄積されている
DSC03493_R_2018021520355307c.jpg
流木が塞いでしまったようだ、微かに開口しているが引き返す
DSC03497_R_201802152049346aa.jpg
足元に行きに見つけた碍子と同じ形だが、メーカーと年号が違う(先のは1937年製)
DSC03499_R_20180215204936cf5.jpg
振り向くと人影が
DSC03501_R_20180215204936659.jpg
なんか絵になるシルエット
DSC03503_R_20180215204938c22.jpg
谷底に何か見えた、現行の電車のトンネルだ変な入り口、土砂崩れ防止用だろうな
DSC03504_R_20180215204941585.jpg
ため池がある、深そうだ
DSC03505_R_20180215204942956.jpg
穴がまた有る、どうやって近づこう?
DSC03507_R_2018021521063427d.jpg
辺りをうろつくと、機銃座が!と、思ったら炭焼き場らしい
DSC03508_R_20180215210635d2c.jpg
深い縦穴発見!
DSC03509_R_201802152106368db.jpg
深すぎて入れん、さっきのため池に繋がっていそうだ
DSC03510_R_2018021521063861c.jpg
手をこまねいている内にのだ様が突入して行く
DSC03511_R_2018021521064013f.jpg
あっとゆう間に降りていった、恐るべし
DSC03512_R_20180215210641946.jpg
辺りをうろちょろしていると
DSC03515_R_20180215210642f3c.jpg
何かが上の方で動いた!
DSC03516_R_20180215211623f65.jpg
リアル野生のいのししだ!
DSC03518_R_20180215211624cad.jpg
動いてる音は聞いた事があるが、実際に対峙したのは初めてだ
DSC03520_R_20180215211625816.jpg
荒い息遣いが聞こえる
DSC03521_R_20180215211626966.jpg
これはちょっとヤバイかも?
DSC03524_R_20180215211628c14.jpg
しっぽ巻いて退散する
DSC03525_R_20180215211629644.jpg
1日費やす覚悟できた穴掘りが、あっとゆう間に終わってしまったので、下界に降りてきた
DSC03526_R_20180215211632064.jpg
昼飯を食いに町に行く
DSC03527_R_20180215212819413.jpg
懐かしい行川アイランド前を通過
DSC03528_R_20180215212733f16.jpg
知る人ぞ知るラーメン屋「えびね」
DSC03530_R_201802152127342a4.jpg
勝浦と言えば勝浦タンタンメン、数年前にいきなり出来た御当地名物
DSC_0140_R_2018021521273507a.jpg
店内には大和、戦車、バイク、旧車の模型が並ぶ、いいちこも並ぶ
DSC_0143_R.jpg
勝浦坦坦の後は、時間が余ったので懸案物件を探しに行く事になる

鴨川市天津の明治隧道(廃隧道)

ここでの目的は明治の頃に掘られたという天津地区と内浦地区を結ぶ隧道の探索。
といっても、いつものようなただの穴探索じゃないんです。
この隧道あの正岡子規が房総を旅した時に通った隧道で、長さはおよそ2丁ほど(約200m)程度
あったらしく、子規の書に真っ暗で通り抜けるのが怖かったと書いてあるらしい。 (ばいねこさん)

っとゆうことで、穴掘り労働者数名が集められ、埋まってしまった明治隧道の発掘作業が今回の目標
事前に再調査等をへて、先行班がちみっと空間が見える程度に発掘してくれたらしい

前回調査より4年をへていたそうで、元県道だったらしいが倒木だらけで最早車どころか、人すら通るのが困難な状態
しかし鴨川支部が道を復旧、途中まで通れるようにしてくれた、ありがとう!君の事は忘れないよ!

DSC03371_R_20180212213722542.jpg
夜明けのベイブリッジ
DSC03373_R_20180212213723445.jpg
君津辺りで珍しい信号機を見た、薄い!
DSC03375_R_20180212213724535.jpg
待ち合わせの海岸に到着
DSC03380_R_20180212213726398.jpg
今回は自分も含め、6人の人足が集まった、今回は戦跡ではなく旧隧道の発掘目的で、この時点で現地で昼飯を食べてからも作業続行、とにかく発掘としか考えられていなかった、よってコンビニでおにぎり購入
DSC03383_R.jpg
目的の隧道は、この電車の線路を越えて山に入る
DSC03389_R_201802122137298d8.jpg
軽トラの荷台に分乗し山に向かう、ちなみに軽トラには乗車定員が無く、荷台の荷物を押さえる為など理由が有れば合法的に荷台に人を乗せられる(お祭り等でたまに見るだろう)
DSC03391_R_20180212220542d96.jpg
人生初の軽トラ荷台、自衛隊のハーフトラックとかと違い、椅子も無く落ちそう
DSC03395_R_20180212220543bee.jpg
懸念されていた倒木は、鴨川支部により撤去されている
20180213234032b86_R.jpg
鴨川支部作業中
DSC03399_R_201802122205441a8.jpg
線路を越える、激しく尻が痛い!のださんが立っていた意味が分かった
DSC03401_R_20180212220546203.jpg
荷台から転げ落ちたパパさんが、必死に走って憑いて来る、誰も落ちた事に気が着かないようだ
DSC03403_R_2018021222054878d.jpg
程なく車で入れる限界に達した(パパさんは意外に体力のある人だ)
20180213234035d43_R.jpg
出発記念撮影
DSC03406_R_20180212220550462.jpg
土砂崩れで、道が半分埋まっている(これ元県道)
DSC03414_R_20180212220551696.jpg
倒木に次ぐ倒木、鴨川支部の恩恵もここまでは無理だった
DSC03416_R_201802122205523a7.jpg
どっちみちここまでしか車は来れない、ここには吊り橋があったらしい、石垣の土台だけが残っている
DSC03419_R_20180212220553c41.jpg
川を渡河して対岸に渡る、こっちの土台の石垣はほぼ無傷(これでも元県道)
DSC03420_R_20180212223218aa4.jpg
途中隊列を離れ、気になった穴を見てくる、L字の防空壕のようだった
DSC03421_R_20180212223219f32.jpg
この地方では芋穴といい、山で採ったものを穴に入れておき、適時運び出す為の保管穴も有るらしい
DSC03423_R_201802122314414e8.jpg
石垣の上の元県道に戻る
DSC03426_R_20180212231443e4c.jpg
大荷物を背負ったねこさんがぐいぐい登っていく
DSC03428_R_20180212231443d05.jpg
変わった碍子が落ちていた、こんな所に電気が来ていたようだ、さすが元県道
DSC03430_R_20180212231446d2a.jpg
現地に到着したらしい、しかしこれはヒドイ
DSC03431_R_20180212231447230.jpg
少し引くと、こんな感じ、中央が隧道トンネルの有った場所だ
DSC03432_R_20180212231448b67.jpg
思案中の二人
DSC03433_R_20180212232640236.jpg
確かにちみっと開いている
DSC03470_R_20180212232641d1a.jpg
人間重機のださんの活躍で、人が入れるほどに拡張
DSC03439_R_20180215165925eef.jpg
早速内部に進入、前日の雨もあり物凄い湿気だ
DSC03441_R_201802151659279a7.jpg
隧道の入り口、正岡子規が真っ暗で怖かったってゆうのもうなずける
DSC03444_R_20180215165928589.jpg
現代のライトでもこんな物だ
DSC03446_R_201802151659299bb.jpg
湿気が収まると、かなり広い隧道だとわかる3X3はゆうにある
DSC03447_R_2018021516593117b.jpg
しかし、崩落もかなり進んでいる
DSC03448_R_201802151659328fb.jpg
湿度のせいで、光の反射が面白い(本人の呼吸に乱反射してる)
DSC03450_R_20180215165934c14.jpg
単調な隧道トンネルを進んで行く、分岐は何も無い
DSC03451_R_20180215173002de2.jpg
崩落以外の変化の無いトンネルは、マイナスイオンが足りない
DSC03452_R_20180215173004a49.jpg
一歩先の分からない陣地壕が萌えるのはアドレナリンのなせる業
DSC03453_R_201802151730043de.jpg
後方から来るメンバーの反射がほんとに面白い(霊だったりして)
DSC03454_R_2018021517300653a.jpg
地面が盛り上がり、土砂の流入が認められる
DSC03455_R_20180215173007ae7.jpg
伝承によると、出口付近は直角に曲がっているとなっているが、これは直線的に流れ込んでいる
DSC03458_R_20180215173009585.jpg
トンネルの天井が落ちているのか、伝承が間違っているのかは、神のみぞ知る
DSC03461_R_20180215175812581.jpg
諦めきれない隧道マニアのパパさん
DSC03460_R - コピー
みんな最終地点に到着した、うなだれるパパさん
DSC03464_R_20180215175813f92.jpg
DSC03465_R_20180215175814772.jpg
ライトで遊ぶ
DSC03468_R_20180215175816d62.jpg
さて、戻ろう
DSC03473_R_2018021517582041e.jpg
前日の雨で濡れた土砂を這い上がるのは、意外と苦労するもんだ

ちょっとつづく

貨物線の森緑道(旧東海道本線貨物支線)

友好サイトのbunnytheflatグレパパさんより当時のネタを頂いたので、紹介する(転載許可済み)
Screenshot_20171128-123537.png
昭和56年ぐらいの汽車道を行くSL(万国橋より撮影)
Screenshot_20171128-123545.png
Screenshot_20171128-124646.png
記念乗車券(今年横浜開港150年だから30年前)
Screenshot_20171128-124718.png
まだ紅白な塔の時代のマリンタワー下を通過するSL
Screenshot_20171128-124728.png
横浜の市内を走るSLは、もう観れないだろうな
Screenshot_20171128-124737.png
桜木町駅前での撮影(現在の動く歩道の乗り場辺り)

貴重な写真を頂き、ありがとうございました!グレちゃんミルクちゃんにもよろしく!

貨物線の森緑道は、神奈川県横浜市鶴見区大黒町から神奈川区恵比須町にかけて設置されている公園(緑道)である。
横浜開港150周年を記念して2007年(平成19年)12月より東海道本線貨物支線(通称・新興線)の廃線跡を整備し、2008年(平成20年)6月29日に一部開園した。

ここにあった駅、新興駅は、かつて神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目に駅舎を置いていた、日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅(廃駅)である。東海道本線貨物支線(通称、高島線)上にあった。2002年より貨物列車の発着はなくなり、2010年に正式に廃止された。
2017年現在は恵比須町交差点から遊歩道が整備され、日産社員の通勤路として使用されている。
レールは全て撤去去れているが、ガーター橋や僅かな痕跡を追ってみた。

旧・入江駅から旧・新興駅までの支線2.7 kmの部分をクローズアップする

DSC02711_R_201711242153504fe.jpg
貨物線時代の線路基礎
DSC02712_R_20171124215351f85.jpg
この名前、森は要らないと思う(森なんか無いし)
DSC02713_R_20171124215353aa7.jpg
元線路部分、左側の建物は当時からある
DSC02714_R_20171124215354e52.jpg
歩く人も殆ど居ない工業団地の遊歩道
DSC02716_R_20171124215355795.jpg
整備部分を過ぎると、川の手前から廃な雰囲気になる
DSC02717_R_201711242153575e7.jpg
本編の主人公的な廃橋
DSC02718_R_201711242214164ff.jpg
草を掻き分け、鉄橋に乗る
DSC02719_R_20171124221417bda.jpg
レールを失い、錆びるに任せた鉄橋
DSC02720_R_20171124221419335.jpg
足の下には海が見える
DSC02721_R_20171124221420b62.jpg
隣には新しく塗り直された「布袋橋」
DSC02723_R_20171124221421a3c.jpg
ちょっと隙間にぶら下がって見る
DSC02729_R_20171124223111592.jpg
橋を渡って先に進む
DSC02739_R_201711242231139a9.jpg
この辺の壁も、鉄道時代のもの
DSC02740_R_20171124223114614.jpg
寿老橋
DSC02742_R_20171124223115d67.jpg
その当時から変わらずここにある
DSC02744_R_201711242231164a3.jpg
鉄道時代の黄色い斜線
DSC02745_R_201711242231188fa.jpg
二つ目の鉄橋
DSC02747_R_20171124223941fd6.jpg
レールの枕木使用の土止め
DSC02748_R_20171124223942f9f.jpg
船舶の注意様の黄色斜線も擦れてしまった
DSC02749_R_20171124223944a1b.jpg
このリベット感が何とも言えない!
DSC02751_R_20171124223944b64.jpg
部分的溶接もあるが、殆どリベット仕上げ
DSC02753_R_20171124223946659.jpg
こうゆう名板的な物に反応する
DSC02754_R_201711242239474ff.jpg
棟梁の上
DSC02758_R_20171124224946236.jpg
塗装の剥げた鉄板(なぜここだけ?)
DSC02759_R_20171124224947a8c.jpg
何も無い所を歩くのちょっと怖い
DSC02761_R_201711242249493fc.jpg
反対側(こうゆうの何て言うんだろう?)
DSC02762_R_20171124224950d57.jpg
大黒運河
DSC02766_R_201711242249511bc.jpg
朽ちた艀が浮いている
DSC02769_R_201711242249536e4.jpg
コンクリート壁の一部
DSC02725_R_2017112423241580e.jpg
弁天町方向に戻る、線路はここで寸断される
DSC02776_R_20171124232417393.jpg
えびすばしから運河を見ると
DSC02777_R_2017112423241711e.jpg
行けないが、線路橋が見える
DSC02780_R_20171124232420729.jpg
運河に船を通すため、若干高くしたのだろう
DSC02788_R_201711242324241df.jpg
旧・入江駅がわには線路のレールが残っている
DSC02783_R_20171124232422303.jpg
このレールの先が、さっきの鉄橋に繋がっている
DSC02784_R_2017112423242277e.jpg
一応廃線ではあるが、会社敷地内のようなので一応やめておく、守衛所のまん前だし!
DSC00631_R_20171125171134300.jpg
横浜赤レンガ前のこのプラットホームと愛車のGSX1400
DSC00651_R_20171125171136f1e.jpg
旧横浜港駅、ちなみにこのホームも線路も復元で、オリジナルではない
 1911年(明治44年)、東海道本線支線上の横浜税関構内の荷扱所(貨物駅)として開業。
DSC09094_R_20171125171137fe6.jpg
 横浜港の汽車道は、1911年(明治44年)に敷設された旧横浜駅(現在の桜木町駅)と新港埠頭を結ぶ臨港線(税関線)の廃線跡を利用した約500mのプロムナード(港一号橋梁)
DSC09099_R_20171125171138dba.jpg
観光用ダミーだが、記載事項は変わらないだろう
DSC09101_R_20171125171140742.jpg
現在は通勤、観光の遊歩道として整備されている
DSC09108_R_20171125171141434.jpg
(港二号橋梁)一号と同じ物
DSC09117_R_20171125171143654.jpg
港三号橋梁は、近年縮小版を仮設した観光用の橋
DSC02833_R_20171125173312612.jpg
瑞穂埠頭にも、引込み線の遺構が残っている
DSC02843_R_2017112517331456f.jpg
赤錆びた鉄橋に、レールも残っている
DSC02844_R_20171125173316792.jpg
これは戦後に米軍の瑞穂基地への引込み線として使用されていた、今は休止線