海上保安庁 ひりゆう型消防船(ヨコハマスパークリングトワイライト2014)

老朽化した先代のひりゆう型消防船を更新するために設計・建造された消防船。大型タンカーやLNG船等の大規模火災に対応できる装備を有する。平時においては、危険物搭載船の警戒業務、通常の警備救難業務に従事する。

船型は先代のアウトラインを踏襲しており、大型船の火災に際し高所からの放水が可能なように、最大高が27mに達する伸縮式の放水塔を装備する。また、復元性、放水時の船体の安定、甲板面積を確保するために、船体は双胴式を採用している。運動性の向上のため、シュラウド・リング式旋回式可変ピッチ・プロペラを採用しているが、これは同庁船艇としては初めてのことであった。
横浜港では良く見かける船であるが、見学らしい見学はされる事が無いようだ、しかし、イベント事には良く参加する
今日たまたまイベントで見かけたので、外観のみだが紹介する。
DSC09694_R_201407202145008ef.jpg
山下公園にひりゅうがいる
DSC09706_R_20140720214505619.jpg
海保のヘリもしきりに飛び回っている
DSC09705_R_20140720214504691.jpg
米軍基地
DSC09704_R_201407202145025a1.jpg
それは唐突に始まった
DSC09708_R_201407202145067bb.jpg
ヨコハマスパークリングトワイライト2014の海難レスキューデモである
DSC09711_R_201407202152357e1.jpg
船が動かないので、面白みにかける
DSC09712_R_201407202152367e1.jpg
終わるのも唐突だった(下に動画を貼っておく)
DSC01962_R_20140720220115d17.jpg
海上保安庁の観閲式に参加した時
DSC02016_R_201407202201163ab.jpg
この時はカラフルだった
DSC02019_R_20140720220117d36.jpg
この船だけ勢いが違う
DSC02054_R_201407202201192de.jpg
消火訓練展示
DSC03630_R_201407202208225bf.jpg
良く見るけど、乗れない
DSC03672_R_20140720220823856.jpg
わりとここにいる
DSC03679_R_20140720220825a8d.jpg
いつかは乗りたい

おまけ
ヨコハマスパークリングトワイライトの花火を見た、考えて見たら花火の写真を撮るの初めてだった!
以外に難しい、タイミングが合わない、雨が降って来た、雷もなっている、でも花火やった
DSC09726_R_201407202222124c7.jpg
1930の花火開始までジュエリーポートを見ながら待つ
DSC09721_R_201407202222111eb.jpg
電飾の民間船だ
DSC09722_R_201407202222117c7.jpg
DSC09720_R_201407202222111ce.jpg
DSC09732_R_20140720222213f26.jpg
DSC09733_R_2014072022265303c.jpg
DSC09734_R_20140720222655025.jpg
DSC09736_R_20140720222656035.jpg
DSC09739_R_20140720222657f60.jpg
花火が始まった、しかし雨も降って来た
DSC09742_R_20140720223028256.jpg
DSC09743_R_20140720223029d22.jpg
DSC09755_R_201407202230304b2.jpg
DSC09761_R_2014072022303251d.jpg
DSC09765_R_2014072022303384c.jpg
DSC09777_R_20140720223255c73.jpg
DSC09778_R_20140720223256a53.jpg
やばい、雷雨がひどくなって来た
DSC09784_R_20140720223257aa0.jpg
オーブが出まくって写真にならないので撤収する




スポンサーサイト

「船舶」凌風丸 (気象庁 海洋気象観測船・3代目)

凌風丸(りょうふうまる)は気象庁海洋情報研究センターが管理する海洋気象観測船である。
2014年現在稼動しているものは3代目にあたる。
初代凌風丸は1937年(昭和12年)に建造され、日本初の本格的な気象観測船として中央気象台に配備された。
太平洋戦争を生き抜き、戦後も中央気象台および後身の気象庁で運用された。

主任務として、主に海洋の大規模で長期的な変動を監視するため、海底の地形、海洋の表面から深層に至るまでの水温や塩分、海流などの海洋観測を行うとともに、海水中の重金属や化学物質、油分のほか、二酸化炭素やメタンなど地球温暖化の原因とされる温室効果ガス、オゾン層を破壊するフロンなどの洋上および海水中の濃度を観測している。
余談だが、映画 「252 生存者あり」にも協力している。
DSC02356_R_20140216194036fb1.jpg
横浜港での見学会
DSC02357_R.jpg
各種アンテナ類がそれらしい様相だ
DSC02358_R_20140216194038545.jpg
錨の横のマークは船首構造を現す、バルバスバウ・球状艦首(戦艦大和で有名)でバウスラスターを備える表記)
DSC02359_R.jpg
グレー以外の船に乗る機会はあまり無い
DSC02362_R_2014021619404260d.jpg
「航海速力」とあるが、これは船が実際に貨物を積んで航海するときの最高速力で、波浪や船底の汚れなどによる速力の低下を考えて余裕をみた定格馬力の85~90%を機関出力とし、積み荷状態は、貨物船では満載状態、客船では4分の3または2分の1載貨の状態で算出される。
俗にゆう「最大速力」はいつでも出せるものではなく、積荷、燃料、乗客などの負荷を削り、最良の燃料を使用し機関(エンジン)をフルパワーで回転させて計測するもので、完成後の公試ぐらいしか実際は出せる状況が無い。
他にも細かくは、「経済速力」、「定期速力」、「平均速力」などの船の速力の種類はある。
DSC02363_R_20140216201357b0e.jpg
乗船を開始する
DSC02365_R_20140216201359a48.jpg
まずはブリッジへ行く
DSC02366_R.jpg
観測船なので、横方向にもいろんな機器、操作パネルが向いている
DSC02367_R.jpg
海図台、護衛艦の倍ぐらいブリッジは広い
DSC02369_R_20140216204259b6a.jpg
オート・チャート・プロッター(海図に自船の位置を赤ポイントしつづけるシステム)
DSC02368_R_201402162014037f4.jpg
各種モニター
DSC02370_R_20140216204301c54.jpg
いたる所に機器がある
DSC02373_R_20140216204303436.jpg
レーダーモニター
DSC02371_R_20140216204302fb2.jpg
ジャイロコンパス(羅針盤)
DSC02375_R.jpg
航行時と別に、観測時の微妙な移動が可能
DSC02376_R_20140216210246cfe.jpg
航路図ディスプレイ
DSC02378_R_20140216210247151.jpg
操舵室制御盤
DSC02379_R_201402162102485f8.jpg
無線通信機
DSC02381_R_20140216221920800.jpg
ブリッジから船内へ
DSC02380_R_20140216221919bea.jpg
ある程度の船には必ず神棚がある
DSC02382_R.jpg
測器調整室
DSC02383_R_20140216221923b38.jpg
気象衛星受画装置
DSC02384_R.jpg
ずらりと並んだ、観測機器
DSC02385_R_20140216222814693.jpg
カップラーメン、シーフードが多い
DSC02386_R_201402162228152f4.jpg
判りにくいが、半分ほどの大きさに水圧でちじんでいる
DSC02387_R_20140216222816436.jpg
各種ボンベ類
DSC02388_R_2014021622281846b.jpg
甲板に出る
DSC02389_R_2014021622281938f.jpg
海水の採水ケース
DSC02390_R.jpg
上のドームもレーダーの一種
DSC02391_R_2014021622345956f.jpg
自動放球装置(観測気球)
DSC02392_R.jpg
プランクトン採取などに使う大型クレーン
DSC02393_R_20140216223501c79.jpg
船はおしりだ
DSC02394_R.jpg
甲板上はいたる所に観測機材が積んである
DSC02395_R_20140216224359807.jpg
普段外洋にいるので、見れる機会は少ない
DSC02396_R.jpg
変わった船は面白い

「船舶」 海洋研究開発機構 白鳳丸

白鳳丸(はくほうまる)は独立行政法人海洋研究開発機構 (JAMSTEC) が管理する学術研究船である。
世界中のほぼすべての海域の航行が可能であり、「みらい」とならぶ日本の海洋学調査を主導する大型調査船である。
2004年の国立大学独立行政法人化の際に東京大学海洋研究所(現大気海洋研究所)から移管された。
現在稼動しているものは2代目にあたる船になる。
白鳳丸は「共同利用研究船」として位置づけられ、その航海計画は全国の研究者を対象にした公募を元に決定される。
また、海洋研究所の観測研究企画室が研究者と海洋研究開発機構の仲立ちとなって航海を具体的に運営していくという体制をとっている
DSC03621_R_20131228191124d53.jpg
海上保安庁側の停泊地
DSC03622_R_2013122819112690a.jpg
白鳳丸
DSC03623_R.jpg
グレー以外の色の船にはあまり乗る機会が無い
DSC03624_R.jpg
舷窓が開いているのも民間ならでは
DSC03625_R_20131228191130e6f.jpg
カラーロープも民間ならではだろう
DSC03626_R_20131228192904d09.jpg
ブリッジを見上げる
DSC03627_R_20131228192906863.jpg
三菱重工製
DSC03628_R_20131228192907734.jpg
予備錨
DSC03633_R_201312281929104a8.jpg
カンバン
DSC03632_R_201312281929080a2.jpg
救命艇
DSC03647_R_201312281934266f3.jpg
ちょっと失礼
DSC03649_R_2013122819342899c.jpg
中は狭くて面白くない
DSC03634_R_2013122819372899e.jpg
ブリッジに入る
DSC03635_R_20131228193730031.jpg
コンパス(羅針盤)
DSC03637_R_20131228193731120.jpg
作業机
DSC03638_R_2013122819373316a.jpg
レーダー、ARPA(自動衝突予防援助機能)憑き
DSC03639_R_20131228193734cba.jpg
ECDIS(ナビ)とスラスター(船を横移動させる装置)
DSC03640_R_20131228194735dfb.jpg
海図台
DSC03641_R_20131228194737671.jpg
世界の鯨
DSC03642_R_20131228194738212.jpg
操舵輪
DSC03643_R_201312281947401c0.jpg
エンジンコンソール
DSC03644_R_20131228194742a77.jpg
ブリッジをでる
DSC03645_R_2013122819550537c.jpg
巨大なクレーンアーム
DSC03650_R_20131228195506287.jpg
赤い部分がクレーン部分
DSC03652_R_20131228195507336.jpg
二重扉
DSC03654_R_20131228195509b5d.jpg
研究室(10個ある)
DSC03655_R_20131228195511a82.jpg
民間船は階段も違う
DSC03656_R.jpg
ライフジャケット
DSC03657_R_20131228200157416.jpg
冷蔵庫(-80℃)
DSC03659_R_20131228200158b2f.jpg
実験室
DSC03660_R_2013122820020035d.jpg
様々な生体実験が行われる
DSC03661_R_2013122820020109a.jpg
白い通路
DSC03663_R_20131228200710dbc.jpg
船医室(退室時の居場所表示、その他はどうするんだ非常時)
DSC03664_R_20131228200712e9c.jpg
非常脱出系統図
DSC03665_R_201312282007133ba.jpg
救命浮環
DSC03666_R_2013122820071403b.jpg
デッキは広い
DSC03667_R_20131228201420ac1.jpg
DSC03668_R_20131228201421282.jpg
CTD-多筒採水システム
DSC03669_R_2013122820142354c.jpg
クレーン制御室
DSC03670_R_20131228201424c90.jpg
何とも長いアームだ
DSC03671_R.jpg
船尾トローリング用
DSC03672_R_20131228203059c0b.jpg
いったんもめんでは無い
DSC03673_R_201312282031011f6.jpg
DSC03675_R_201312282031043d9.jpg
DSC03674_R_20131228203102c7b.jpg
海底採取用
DSC03676_R_20131228203556691.jpg
降りて横から見る
DSC03677_R_20131228203557539.jpg
船はおしりだねぇ

お知らせ

当ブログで掲載した記事、比与字地下壕南側残留物、零式雷撃照準機三型計算板他に、画像をお借りした「モデルアート誌」サイドより、資料提供の依頼が有り手持ち資料をお貸しした。
その時の記事が26日発売の月刊モデルアートに載っている予定だ、本を送ってもらう事になっているが、まだ手元には届いていないので確認はしていないが、メールが来たので載ってると思う(仕事が忙しく、本屋の開店時間に帰れない)

資料提供者の紹介(CM)も求められたが、断ったので純粋に資料のみ見て欲しい
担当者、佐藤様(イラストレーター&モデラー「第42回タミヤ人形改造コンテスト」金賞受賞者)には格別のお気使いを頂き、この場を使い御礼申し上げます。
書店でお見かけの時は、ちょっと気にかけて見て下さい!

「船舶」航海練習船 あこがれ

あこがれは大阪市が所有する航海練習船だった。
一般市民が航海を体験できる日本で唯一の帆船(スクーナー)である、船名は一般公募で選ばれた。
大阪南港にある「ATCオズ岸壁」を母港とする。
2011年に大阪市長に就任した橋下徹による一連の市政改革の一環により、2012年末をもって運航を終了ののち、当船による「セイル・トレーニング事業」は同年度末をもって廃止された。また、これに伴って船舶は売却の方向性が示されている。
「まだ外洋にも十分使えるのに、もったいない」 と立ち上がったのは、上野喜與之上野電気工業 (大阪府豊中市) 社長。 かねてファンだったジョン万次郎の名を船名に使い 「グローバル人材の育成に使いたい」 と構想を描いているそうだが、まだ決まっていない。
DSC06365_R_20130530204502.jpg当日は雨模様で、イマイチ暗い
DSC06366_R.jpg第一マストの帆は、既に巻上げが始まっている
DSC06388_R.jpg対岸の護衛艦から撮影
DSC06556_R_20130530204507.jpg護衛艦から降りたら、既に全ての帆が格納されていた
DSC06558_R.jpg珍しく、艀を間に挟んでいる
DSC06563_R.jpg登ってみたい
DSC06557_R.jpg帆船の船首はスマートだ
DSC06562_R_20130530205322.jpg127mm砲とターターが見える
DSC06569_R.jpg救命筏
DSC06570_R_20130530205326.jpg後に気球が上がっている
DSC06571_R.jpg船尾から乗船する
DSC06572_R_20130530210237.jpg竣工 - 1993年3月31日
DSC06573_R_20130530210239.jpgセイルロープが束ねてある
DSC06574_R_20130530210240.jpg上を見上げる
DSC06575_R_20130530210242.jpg造船所 - 住友重機械工業追浜造船所浦賀工場
DSC06576_R_20130530211453.jpg意外に狭い船首
DSC06577_R.jpg第一マスト、下から見上げる
DSC06578_R_20130530211457.jpg救命浮環
DSC06580_R.jpg船橋、操舵室
DSC06581_R_20130530211500.jpg海図室
DSC06582_R_20130530212924.jpg甲板に帆船っぽい舵輪も備えるが、普段はこっちで操舵する
DSC06583_R.jpg正面はマストが邪魔
DSC06584_R_20130530212927.jpg船内神社
DSC06586_R.jpg階下に降りる
DSC06587_R_20130530212931.jpgメイン甲板出口、今は出ない
DSC06588_R_20130530213626.jpg下に降りる
DSC06590_R.jpg更に降りるが、目の前の柱はマストだ
DSC06591_R.jpg船員寝室
DSC06592_R_20130530213631.jpgの窓、はめ殺しで開かない、采光用で、浸水防止になっている
DSC06593_R.jpg船にしては広めな感じのベット
DSC06595_R_20130530214612.jpg上段のベット
DSC06596_R_20130530214614.jpg救命具
DSC06597_R_20130530214616.jpg船内見取り図
DSC06598_R_20130530214617.jpg訓練生の4人部屋でした
DSC06599_R.jpg食堂
DSC06600_R_20130530215337.jpg柱にロープが巻いてある
DSC06601_R_20130530215339.jpg水密隔壁
DSC06602_R.jpg割と重厚な感じ
DSC06603_R.jpg厨房の人、右がでかいのか、左が小さいのか?
DSC06604_R_20130530215343.jpg機関室
DSC06605_R.jpg制御室
DSC06606_R.jpg何だろう?
DSC06607_R.jpg船長室?
DSC06608_R.jpg来賓用か?
DSC06609_R.jpg上甲板に出る
DSC06610_R.jpg甲板磨きは椰子の身が定番
DSC06611_R.jpg巻き取り機トップ
DSC06612_R.jpg大人気の舵輪
DSC06613_R.jpg第二マスト
DSC06614_R_20130530220647.jpg救命ボート、母港と船名は乗ってる人が死んでても、どの船の物か判る様にしてある
DSC06615_R_20130530221422.jpgFRPでなく、金属船の様だ
DSC06616_R.jpgメインマスト
DSC06617_R_20130530221426.jpg説明板
DSC06618_R_20130530221428.jpg縄梯子がいっぱい
DSC06620_R.jpgミズンマスト
DSC06623_R_20130530222014.jpg説明板
DSC06622_R_20130530222013.jpgでは、鐘を鳴らして、降りるとしよう

「船舶」メキシコ海軍 帆船 クワウテモック号

帰りがけの帰りがけに、海保防災基地前に泊っていたメキシコ海軍 帆船 クワウテモック号に乗る
メキシコ海軍の練習帆船で、開港際に合わせて入港した。
DSC01790_R.jpg
DSC01792_R.jpg
DSC01793_R.jpg女神ではなく、英雄クワウテモック
DSC01795_R.jpg
DSC01796_R.jpg
DSC01797_R.jpgおしゃれなラッタル
DSC01798_R.jpg予備錨(緊急時には、鎖を切って出港する)
DSC01799_R.jpgいまどきのしましまセーラー
DSC01800_R.jpg船首部
DSC01801_R.jpg通りすがりの外輪船
DSC01803_R.jpg帆船はこれと舵輪がシンボル
DSC01805_R.jpg左舷礼砲
DSC01804_R.jpg右舷礼砲
DSC01806_R.jpg救命筏
DSC01807_R.jpg雨の日に見上げるのはつらい
DSC01808_R.jpgメキシカンな匂いのする厨房
DSC01809_R.jpg
DSC01810_R.jpg
DSC01811_R.jpg内火艇
DSC01812_R.jpg主操舵輪?
DSC01813_R.jpgどっちがメイン?
DSC01815_R.jpg
DSC01817_R.jpg
DSC01818_R.jpg
DSC01819_R.jpg
DSC01820_R.jpg
DSC01821_R.jpg
DSC01825_R.jpgなかなか楽しめた
DSC01932_R.jpgさらに一足伸ばす
DSC01933_R.jpg海王丸
DSC01934_R.jpg4本マストはかっこいい