FC2ブログ

千葉 富津のソロ探索

前日の夜に、ラインで富津にこんな遺構らしき物が有るから、ちょっと探して来いと指令が来た
どこぞのブログに山の中でこんなの見つけたって画像があって、根拠はそれだけだった
指令内容、磯根崎ループ橋からの東京湾観音に至る林道で、旧軍遺構を探せ!
後に追加指令がてんこ盛りに追加され、そこそこの探索になった
DSC06730_R_2018092423421695f.jpg
横浜は小雨が降っていたが、アナリストは雨天決行が常である(今回独りだけど)
DSC06731_R_201809242342175f4.jpg
世間で言う3連休の最後にしては、ガラガラのアクアラインだった
DSC06767_R_2018092423492365e.jpg
磯根崎ループ橋、雨上がりの濡れた激藪に即座に退散
DSC06732_R_2018092423421848d.jpg
東京湾観音表参道到着
DSC06733_R_2018092423421911e.jpg
まずは有名なこの物件
DSC06735_R_20180924235546257.jpg
ふむ、全く何も感じない
DSC06738_R_20180924235546add.jpg
とっとと離脱する、蚊が寄って来てたまらん
DSC06762_R_2018092500380052e.jpg
一応反対側も見ていく
DSC06763_R_2018092500380280b.jpg
こっちは覗く隙間さえない
line_1537746324040_R.jpg
何か浮かび上がって見える、これが噂の正体か?
DSC06765_R_20180925003803910.jpg
観音トンネル昭和33年12月竣工
DSC06740_R_2018092510503971f.jpg
東京湾観音に着いたら、なんと塗装工事中
DSC06741_R_20180925105037acb.jpg
水難海難の観音だと思っていたが、なぜかシベリア抑留の碑が
DSC06747_R_20180925105039d62.jpg
林道の反対側からリトライする
DSC06748_R_20180925105039956.jpg
すると何キロも歩かない内に、あっさり林道沿いに発見
DSC06751_R_20180925105041f87.jpg
鉄の扉が付いていたようだ
DSC06752_R_20180925105042248.jpg
ちょっと何の遺構か判らないが、とりあえず確認した。
DSC06754_R_20180925105045e21.jpg
付近に巨大なタンクが文字通り転がっていた
DSC06758_R_20180925121422b49.jpg
付近を探索すると、1m程度の塹壕が縦横に走っている
DSC06761_R_20180925121424e06.jpg
かなり広範囲に広がっていた
line_1537745600329_R.jpg
真新しいオフロードのタイヤ痕、こんな所を走る兵がいるようだ
DSC06769_R_201809251214249d0.jpg
磯根崎に降りて来た
DSC06778_R_20180925122546b15.jpg
かなり柔らかい土質で、そこら中で崩落している
DSC06791_R_201809251225480bf.jpg
気になったのはこれ、考え方は二つあり、ただの係船用の柱、多々良浜にある様な船舶砲撃用の潮位計測用の物
DSC06803_R_201809251225517c9.jpg
かなり太い鉄筋が入っている
DSC06785_R_20180925122548e56.jpg
しかしここはかなりの遠浅で、ボート程度しか係船できない
DSC06796_R_201809251225507d0.jpg
あれが目的の場所になる、まずは手前の絶壁
DSC06798_R_20180925152014a90.jpg
この部分にある棚を目指す
DSC06802_R_2018092515201631a.jpg
なんと、先人のロープが!
line_1537750441863_R.jpg
しかしハズレだった
DSC06804_R_20180925152615c68.jpg
次は当初の目標を目指す
DSC06806_R_201809251526177d7.jpg
ここにも先人のロープがあった
DSC06805_R_20180925152616655.jpg
おかげで楽に登る事が出来た
DSC06808_R_201809251526190de.jpg
釣り人か何かが使っていた様だ、天井部は風化して無くなっているが、奥の壁面に人為的な堀込みが見られる
大型の砲は無理でも、山砲程度なら持ち上げられそうだ、分解出来るし
DSC06810_R_20180925152621a32.jpg
右側にロープがある、ハングアップで厳しいがよじ登る
DSC06812_R_20180925152623bae.jpg
引っ込んでいるので攻撃しやすく守りやすい場所だ
DSC06813_R_20180925154204227.jpg
山頂部はこの時期、藪が酷くて移動は困難を極めた
DSC06814_R_2018092515420512e.jpg
諦めて降りる事にする
DSC06815_R_20180925154207961.jpg
帰りがけに気になる部分があった
DSC06816_R_20180925154207d37.jpg
下の部分、周りと見比べても自然には見えない
DSC06817_R_20180925154209c28.jpg
上の部分、これは裂け目と見たとして、横のロープが非常に気になる
DSC06819_R_20180925154211e4e.jpg
ショットシェルご落ちていた、あそこから銃撃したのか?
line_1537749247614_R.jpg
見てくるの忘れた
DSC06820_R_20180925160331522.jpg
次の指令、その付近の特殊地下壕3ヶ所を特定せよ!
DSC06821_R_20180925160333013.jpg
一つ目は民間防空壕だった
DSC06824_R_201809251603332bd.jpg
短い物で、U字形に2つの壕口が繋がっているポピュラーなもの
2つ目は完全に民家と畑に囲まれた三角地帯なので無理だった

line_1537756383514_R.jpg
3つ目は交通量のある道に面していて、住宅も在り取り付く位置も判らず敗退
DSC06857_R_20180925162538534.jpg
新たなる指令、地下工場の可能性がある地区2ヶ所を探せ!
DSC06840_R_2018092516253529a.jpg
一ヶ所目、これはカンが当たり、すぐに見つかった
DSC06843_R_20180925162536ff9.jpg
完全水没
DSC06844_R_20180925162537fbb.jpg
イノシシの嫌な痕も!
DSC06845_R_2018092516345792b.jpg
同じ様な高さに並んだ壕口
DSC06852_R_2018092516362238e.jpg
こっちは土塁で隠した交通壕まである
DSC06848_R_2018092516345850c.jpg
すぐ近くにも開いている
DSC06853_R_20180925163500d47.jpg
次は完全に埋まっている
DSC06855_R_201809251635023e8.jpg
DSC06852_R_2018092516362238e.jpg
結局壕口は数あれど、一つも入れなかった
DSC06854_R_20180925225022e62.jpg
密集した竹林を歩き周るのは、それなりに大変でこの先は諦めた
DSC06860_R_20180925225024f2a.jpg
最後のポイントに向かう、ここも竹が濃くて大変だ
DSC06863_R_20180925225024dc9.jpg
コンクリートの水桶がある
DSC06864_R_20180925225026366.jpg
見難いが塹壕がずっと続いている
DSC06865_R_20180925225027970.jpg
円形のくぼみもある
1537883375903_R.jpg
しかし、壕口は見つからず、石切の様な場所があっただけだった
DSC06867_R_201809252257257aa.jpg
アタックポイントが悪かったのか、もはや進めない
DSC06868_R_20180925225725e46.jpg
そして、とどめはこれ!尻尾巻いて逃げ出した。
DSC06869_R_201809252257264a5.jpg
夕方から横浜で用事があるので、今日はとっとと帰る。
スポンサーサイト

千葉 竹岡十五糎加農砲陣地

DSC06074_R_2018091322550698f.jpg
大井戦闘指揮所の遺構を見た後、富津に移動する
DSC06076_R_20180913225507cbb.jpg
途中、気になる穴が見えた
DSC06077_R_201809132255093c3.jpg
向こうが見える、交通壕と
DSC06079_R_20180913225510321.jpg
物がいっぱい詰め込まれた文字通りの倉庫壕だった
DSC06080_R_201809132255115c0.jpg
少し歩いて戻ってみると
DSC06081_R_201809132255136e9.jpg
恐らく交通壕の出口だろう穴が見えた
DSC06092_R_20180913232235f06.jpg
小浜辺りをざっと見たが、何も見つからない
DSC06093_R_20180913232237860.jpg
金比羅宮があっただけ
DSC06098_R_20180913232237b05.jpg
朱門の所から脇道にそれる
DSC06099_R_20180913232239ddf.jpg
駐車場に車を停め、歩いていく
DSC06101_R_20180913232241b60.jpg
燈篭坂大師入り口
DSC06102_R_20180914205104e21.jpg
これは普通の素掘りトンネルなのだが
DSC06103_R_20180914205105d63.jpg
突き当たり、右手を見ると
DSC06105_R_20180914205106953.jpg
TV等でも話題になった、異様に高いこのトンネルに出る
DSC06144_R_20180914205107b3f.jpg
上までゆうに30mはある、昔の山なりのトンネル隧道を掘り下げて、平らにしたらこうなったようだ
DSC06146_R_20180914205111396.jpg
抜けた先にある燈篭坂大師
DSC06145_R_201809142051104bc.jpg
トンネルが掘り下げられた分、神社の入り口も744年よりも低くなったのだろう、新しい階段がある
DSC06106_R_20180914212145bd6.jpg
トンネルを戻ると反対側に壕口がある
DSC06110_R_20180914212148971.jpg
壕口は上の道路より低い位置にあり、傾斜になっている
DSC06107_R_20180914212146b43.jpg
向こうに光が見える、ただの一本坑か?
DSC06118_R_20180914212152027.jpg
なんと大きな砲室が!竹岡地区には15cmカノン砲を2門据えた記録がある様だ、その内の1門だろう
DSC06112_R_20180914212149846.jpg
砲室から外を見ると、何とも射角が悪い、右方向が海なのだが砲室正面は山!
DSC06113_R_201809142121507b9.jpg
通路には、若干だが砲側庫を掘ろうとした形跡がある
DSC06119_R_20180914214057722.jpg
壕を出ると、山さんが穴を見つけたという
DSC06121_R_20180914214058045.jpg
確かに穴が有る、弾薬庫かとも思ったが
DSC06127_R_20180914214059950.jpg
なんと15K2門目の発見だった
DSC06138_R_20180914214101b53.jpg
こちらは貫通する前に終戦になった様だ
DSC06130_R_20180914214842e6f.jpg
僅かだが砲側庫を掘ってある
DSC06132_R_20180914214844ff4.jpg
奥は通路程度のものを作ろうとしていたようだ
DSC06136_R_20180914214845162.jpg
写真を撮らなかったが、こちらは海を直接撃てる角度だった
DSC06140_R_20180914214846cec.jpg
さて、撤収しよう
DSC06157_R_20180914215606e48.jpg
海に出てみた
DSC06161_R_20180914215610385.jpg
君津郡竹岡うんちゃらと書いてある
DSC06158_R_20180914215608711.jpg
相当古そうな建物だが
DSC06159_R_20180914215608361.jpg
酒造工場のようだ
DSC06155_R_20180914215605aa7.jpg
海の際にお社がある
DSC06166_R_20180914215612842.jpg
巨石がめり込んでいる
DSC06165_R_201809142242234e1.jpg
結局後は何も見つからずこの日は解散となった
DSC06170_R_201809142242247fe.jpg
のんびりとアクアから夕日を眺める、完全に止まっている渋滞だ
DSC06172_R_20180914224225e7e.jpg
まぁ、いつもの事さ!

浜金谷の狙撃陣地と砲陣地の謎の斜壕

DSC04115_R_20170629210311053.jpg
若干天気がやばくなって来たが、アナリストには雨など関係無い
DSC04117_R_20170629210313340.jpg
現地到着、徒歩で山に入る
DSC04118_R_20170629210313c87.jpg
中世の石切り場に狙撃陣地がある(既出物件)
DSC04123_R_20170629212826349.jpg
非常に綺麗に掘られている通路
DSC04124_R_20170629212416b87.jpg
手前には小さな部屋
DSC04130_R_201706292124174e4.jpg
最深部には
DSC04132_R_20170629212418c5b.jpg
綺麗に四角く掘られた銃室がある、腹ばいになって射撃するスタイルなんだろう
DSC04135_R_2017062921242120c.jpg
マッキーのお尻、暗い所での迷子防止マーカーだが、みんなのライトが明る過ぎて無意味と化している
DSC04134_R_20170629212421ccb.jpg
さて、出るとする
DSC04137_R.jpg
山登りを始める、一度登った山なのでさくさく登る
DSC04139_R_2017062921490276a.jpg
大分緑に覆われ始めている
DSC04140_R_20170629214903fed.jpg
尾根道に出ると、快適な状態となる
DSC04141_R_2017062921490676e.jpg
しばらく来ない間に、山道(参道)が補修されている
DSC04145_R_20170629214906beb.jpg
眺めは良い、砲陣地として申し分ない
DSC_0598_R.jpg
山頂到着後、スマホいじって遊んでいると、メンバーが登って来た
DSC04147_R_20170629215901934.jpg
早速問題の斜壕に入る、前回はロープが無かったので、危険なので自分しか入っていない
DSC04152_R_20170629215901c98.jpg
斜角45度を越えそうな急勾配
DSC04153_R_2017062921590366c.jpg
様々な落下物が壕を塞ぎそうになっているが、何とかクリア
DSC04161_R_20170629215905270.jpg
乗り越えると、ちゃんとした通路が現れる
DSC04162_R_201706292159067ca.jpg
振り返ると、垂直な井戸の様に見える
DSC04168_R_201706292311173c0.jpg
ちょうど人一人が立って歩けるだけの幅しかない通路
DSC04169_R_20170629231118aee.jpg
灯り置きの掘り込み
DSC04171_R_20170629231119562.jpg
錆びて無くなっているカスガイ
DSC04172_R_20170629231122085.jpg
開口部に出た
201705241143291d5[1]_R
八米の掘り込み、壕口から8m地点まで掘った印
DSC04174_R_201706292311230ca.jpg
壕口を外から見る、折角出たので外から元の入り口に戻る
DSC_0645_R.jpg
戻ると残りのメンバーがアタックを開始した所だった
DSC04175_R_20170629232409a33.jpg
次々と闇に吸い込まれて行くメンバー達
DSC04180_R.jpg
ゆっくりと足場を確かめながら降りて行く
DSC04181_R_201706292324121ab.jpg
落石に気を付けないと、下に居る人が危ないからだ
DSC04182_R_20170630210028b3b.jpg
その間に自分は他の斜壕を見に行く
DSC04184_R_20170630210029c5c.jpg
ロープは向こうで使っているから、自力で降りて行く
DSC04185_R_20170630210030871.jpg
しかし、隙間無く埋没してしまい、どっしょも無かった
DSC04191_R_2017063021003252f.jpg
戻るとちょうど戻って来るところだった
DSC04192_R_20170630210035fa1.jpg
しかし、誰も自分が出て来た壕口から戻らず、ロープのある方を選択してくる、ネコさんに聞いてみた
「あんな崖みたいな所登りたくない、こっちの方がマシ!」と言われた。(ネコさんはそっちの崖側から入壕した)
DSC04193_R_20170630210036c07.jpg
あと一つの場所を探していると、総軍様がダイナミックに寝ていた、さすがだ!
DSC04194_R_201706302116148e0.jpg
三つ目の壕口を発見
DSC04196_R.jpg
ここは若干斜壕の掘り方が荒い、風化のせいか?
DSC04197_R_20170630211617f95.jpg
内部には規則的に釘が並んでいた
DSC04198_R_201706302116180c8.jpg
吐く息がモヤる、こんな所は大概閉塞だ
DSC04199_R_201706302116209ac.jpg
Y時の分岐路
DSC04200_R_20170630211621c11.jpg
しかし突き当たりで止まっている
DSC04202_R_20170630212844c56.jpg
もう一方も外部からの流入で閉塞
DSC04203_R_20170630212846074.jpg
閉塞である事を上に居るメンバーに伝えたが
DSC04204_R_20170630212848757.jpg
入れる事が判ったので、とりあえず見に降りて来る
DSC04210_R_2017063021284831e.jpg
入れ違いに、闇に消えて行くメンバー達
DSC04212_R_20170630212850f92.jpg
さて、斜壕の検分を終えたので、装備を整える
DSC04216_R_20170630212851b93.jpg
そして恒例の記念撮影
DSC_0659_R_20170630223632583.jpg
パシャっとな
DSC04213_R_20170630223633277.jpg
陽が傾きだしたので、下山する
DSC04218_R_20170630223634cfb.jpg
華麗な花一輪
DSC04220_R_20170630223636953.jpg
山を降りて、火薬庫を見に行く
DSC04221_R_201706302236383e1.jpg
知らなきゃ絶対判らないだろうな
DSC04223_R_20170630223640380.jpg
遂道式の入り口
DSC04225_R_20170630223640da2.jpg
中世の石切り場を利用している
DSC04228_R_20170630224901178.jpg
元火薬庫
DSC04233_R_2017063022490264d.jpg
そろそろ撤収する
DSC04234_R_20170630224903641.jpg
日没を迎えてしまった
DSC04237_R_20170630224905ab4.jpg
駐車場では、猫が待っていた
DSC04240_R_20170630224906cd6.jpg
近所の人から餌を貰っている
DSC04241_R_201706302249088e8.jpg
そんな猫たちを見ながら解散となる
DSC04244_R_20170630224909a9b.jpg
帰りは思った以上にすいていた
DSC04248_R.jpg
今回も楽しい探索が出来た!

集合写真など一部メンバーの写真をお借りしています!

富津のとある工事現場

DSC04052_R_20170626210759689.jpg
メンバー御用達のラーメン屋で昼飯を食べる、非常に変った店でメニューがラーメン、チャーシューメン、ライスの三つだけ
他には餃子すらも無いが、大盛りには出来る(チャーシューの盛りはいい)
DSC04053_R_2017062621080018e.jpg
工事現場で壕口が露出している所があると言うので、行って見る事にする
DSC04054_R_20170626210802cda.jpg
確かに開いている
DSC04056_R_20170626210803f6f.jpg
少し離れた所にも開いている
DSC04058_R_20170626210805d7c.jpg
取りあえず行って見る、まずは右の穴から
DSC04063_R_201706262123173d6.jpg
一瞬もう終わりかと思ったが、奥に爆風避けがあり、右に伸びているようだ
DSC04064_R_2017062621231826f.jpg
爆風避け部分、間違い無く軍掘りのようだ
DSC04065_R_20170626212319473.jpg
馬蹄形の結構長そうに見える壕内
DSC04066_R_201706262123216d8.jpg
釘が刺さっているランプ架けだろう
DSC04072_R_20170626212325796.jpg
中程で広くなった
DSC04070_R_20170626212322ce8.jpg
奥行き10mほどの大きな部屋だ
DSC04071_R_201706262123241f5.jpg
天井に刺さっている釘
DSC04074_R_20170626213324524.jpg
奥に進んで行く
DSC04073_R_20170629183328d79.jpg
もう一部屋あった
DSC04075_R_201706262133266d1.jpg
T字にぶつかる
DSC04077_R_2017062621332799a.jpg
左はやはり、爆風避けになっている
DSC04080_R_201706262144246de.jpg
右はどうやら行き止まり
DSC04081_R_20170626214425320.jpg
開口部が土砂で埋ってしまっている
DSC04083_R_20170626214427627.jpg
行き止まりなので戻る事にする
DSC04085_R_2017062621442837e.jpg
なんか地層の筋が面白い
DSC04086_R_201706262144304de.jpg
外に出て、離れた所にある壕口から入ってみる
DSC04089_R_20170628232158770.jpg
少しうねった通路
DSC04090_R_20170628232159e6e.jpg
同じ様にある、爆風避け
DSC04091_R_2017062823220048e.jpg
こちらは少し浅いようだ
DSC04092_R_201706282322037da.jpg
また同じ様に
DSC04093_R_20170628232203b3a.jpg
部屋がある
DSC04096_R_20170629183331c54.jpg
少し先にも
DSC04095_R_20170629183330b4f.jpg
掘りかけのような浅い部屋がある
DSC04097_R_20170629183333526.jpg
しかし通路より部屋の方が、天井が高くなっている
DSC04106_R_20170629183334599.jpg
陣地としては、かなり居住性の良い方だろう
DSC04107_R_201706291833358bd.jpg
爆風避けも無く、斜めに出口に向っている
DSC04108_R_2017062918333724e.jpg
開口部、斜面がユンボで削られている為判らないが、この前が道路方向なので、元は狙撃口があった可能性も?
DSC04109_R_201706291845230c1.jpg
穴を出て、単独で周辺の山を登ってみた、気になる石組みがある
DSC04110_R_2017062918452518b.jpg
こうやって見ると、機銃座なのが判る 、さっきの陣地を上方から防衛する為だろう、撃ち下ろしの銃座
DSC04111_R_20170629184527c41.jpg
銃座も今は緑と花に囲まれ、自然に変える、陣地も擁壁に地下じか埋もれるだろう

浜金谷28H及び15K調査 その2

DSC03973_R_20170624215028f80.jpg
更なる遺構を探しに山を徘徊する
DSC03974_R_20170624215030721.jpg
しょぼい穴を見つけつつ、大物を探す
DSC03975_R_2017062421503112b.jpg
突如斜面の下に、とんでもない物発見!前盾付きの砲座か?
DSC03979_R_20170624215035daa.jpg
降りて見ると砲座ではなく、格納式の探照灯台座だった、しかも薄っすら迷彩が見て取れる
DSC03977_R_2017062421503351f.jpg
素晴らしい状態の良さだ、メンバーに早速無線で連絡するDSC03981_R_20170624220747925.jpg
探照灯格納庫、かなりしっかりした物だ
剣崎_R
三浦市の金田にも探照灯格納庫は残っているが、これより大きい様だ
DSC03982_R.jpg
溝の部分にゴムか木材を入れて、格納時の緩衝材にしていたのだろう
DSC03978_R_2017062422074677c.jpg
前盾に登って、全体図を撮って見る
DSC03986_R_20170624220750804.jpg
最奥から撮影
DSC03989_R_2017062422075236d.jpg
ターンテーブル
DSC03995_R_20170624222549f41.jpg
ボルトの残る台座
DSC03990_R_20170624222548417.jpg
電気の碍子も残っている完璧さ
DSC04003_R_20170624222554c0f.jpg
ちょっとだけ残る、鉄扉のあと観音扉だったのだろう
DSC03997_R_201706242225525f0.jpg
前盾はちょっと土台がやばくなっている
DSC03998_R.jpg
ここの手前にコンクリートで補強した石垣の橋が架かっている
DSC03992_R_201706242240427b7.jpg
人物比185cmねこさん
DSC04004_R_201706242240467bb.jpg
人物比マッキー、座っているので参考のみ
DSC03999_R_2017062422404377f.jpg
一通り新遺構を堪能した
DSC_0549_R.jpg
記念撮影yakumo、マッキー、ねこさん、総軍様、パパさん

新発見だと思って喜んでいたが、実は友好サイト「 bunnytheflat 」にて、紹介済みの物件だった。

DSC04006_R_20170624224048286.jpg
崩れかけた軍道の痕跡を追ってみる
DSC04007_R_20170624225109b1d.jpg
ちょっと倒木が邪魔くさい
DSC04009_R_2017062422511160b.jpg
壁面の岩盤にコンクリートで埋め込んである謎の物体
DSC04011_R_20170624225112fa0.jpg
恐らく電気配線の金具では無いだろうか?
DSC04012_R_201706242251138e3.jpg
同じ高さに引っこ抜けたような穴が有る
DSC04014_R_20170625093700c3a.jpg
少し開けた所に出た
DSC04015_R_20170625093702e08.jpg
コンクリートの構造物がある
DSC04017_R_201706250937059f4.jpg
かなり薄いコンクリートを塗っただけの、簡素な物だ、雨水溜めだろうか?
CIMG0712_R.jpg
千葉県東金にある観測所脇にある謎の遺構に酷似している
DSC04016_R_20170625093703d93.jpg
石垣もあり、何らかの施設が有ったのだろう
DSC04018_R_20170625093706734.jpg
みなで捜索するも、他に目立った遺構は見つからなかった
DSC04021_R_20170625215715252.jpg
元の捜索開始場所付近を反対方向に捜索すると、遺構を発見
DSC04024_R_201706252157169ab.jpg
油庫と思われる、内部の状態は良い
DSC04027_R_2017062521571960d.jpg
鳩舎DSC04028_R_20170625215719d09.jpg
海側のみが破壊されている
DSC04031_R_201706252157200e4.jpg
トイレ?
DSC04033_R_20170625215722af3.jpg
当時の土瓶が落ちている
DSC04037_R_20170625232520879.jpg
井戸と階段
DSC04035_R_20170625232519be2.jpg
看守営舎
DSC04038_R_20170625232522c55.jpg
煉瓦の風呂釜
DSC04043_R_20170625232523994.jpg
内側は五右衛門風呂だった
DSC04048_R_20170625232524647.jpg
奥の部屋、かなりいい状態で残っている
DSC04049_R_2017062523252709e.jpg
外観は大分崩れて来たようだ、崩れるのも時間の問題か?
DSC04050_R_201706252325270b9.jpg
この施設は土塁に囲まれていた