FC2ブログ

突発キャンプ後、金谷28cm榴弾砲砲側庫探索 (後編)

DSC08107_R_20200326212403992.jpg
金谷に到着
DSC08111_R_20200326212409642.jpg
ジムニーの走る道をどんどん上っていく
DSC08110_R_20200326212405f03.jpg
見波亭もがんばっている
DSC08108_R_20200326212404348.jpg
今まで気が付かなかった穴が空いている
DSC08112_R_20200326212408dd0.jpg
新たなる地下壕発見!
DSC08115_R_2020032621241020f.jpg
右は少し膨らんでいる程度の部屋
DSC08117_R_202003262124118f6.jpg
左は激しくガレで塞がっていた
DSC08119_R_20200326213738861.jpg
左手にもう一つ開いていたので、パパさんが突入する
DSC08123_R_202003262137401e9.jpg
入ると意外に広い部屋になる
DSC08125_R.jpg
右手はさっきの壕に繋がると思われる、なんでこんなに詰め込んだか分からない通路
DSC08126_R_2020032621374364d.jpg
左手に四角い部屋、倉庫か退避壕だったのだろう
DSC08127_R_20200326213745a88.jpg
振り返り、右が壕口となる
DSC08131_R_20200326213745922.jpg
こんな穴に潜り込む変態さんが脱出して行く
DSC03947_R_20200326215810feb.jpg
引き続き前回発見して入れなかった縦坑に、ロープを持って来てトライする
1584693952210_R.jpg
とりあえず先行で降りてみる
DSC08140_R_20200326215814f36.jpg
だんだん地上が遠くなる
1585627096244_R.jpg
1585627089009_R.jpg

DSC08139_R_202003262158123f4.jpg
底に到着、ロープの残量を見ると10m近く潜った様だ
DSC08138_R_202003262158122ba.jpg
足元に狭いが空間がある
DSC08144_R_20200326215816993.jpg
とりあえず入る事は出来ると判った
1584693982196_R.jpg
次はパパさんの降下
DSC08141_R_202003262158150af.jpg
余裕だ、任せておけと手を振り穴に挑むパパさん
DSC08146_R_202003262214494fc.jpg
ネコさんが突入して来た
DSC08155_R_20200326221453584.jpg
パパさんも降りて来た、全員生きている様で良かった
DSC08150_R_202003262214516f7.jpg
これが縦坑との接続部
DSC08148_R_202003262214502a5.jpg
内部は立派な地下壕だ
DSC08153_R_20200326223139b6a.jpg
金谷28cm榴弾砲砲側庫
DSC08157_R_2020032622145480f.jpg
第一弾薬庫は面取りした床面コンクリート舗装
DSC08158_R_202003262231402a8.jpg
弾薬運搬用レールの跡
DSC08159_R_20200326223141b05.jpg
20mほどの奥行きがある
DSC08160_R_202003262231420b4.jpg
振り返ると若干の下り勾配なのが判る
DSC08161_R_20200326223144337.jpg
主抗を次に向かう
DSC08186_R_202003262242416a8.jpg
第二弾薬庫入り口
DSC08203_R_20200326223145c8c.jpg
入り口にはコンクリートが巻いてある、扉でも付けていたのか?
DSC08192_R_202003262242435ad.jpg
こちらもコンクリートの床だが、平面ではなく粗い感じだ
第一は弾頭、第二は装薬みたいな置き方なのだろうか
DSC08164_R_20200326230006da1.jpg
長さは同じ様なものだ
DSC08165_R_202003262300086d3.jpg
ここから先はガレている
DSC08174_R_20200326230008797.jpg
隣に兵員生息室のベンチがある
DSC08180_R_20200326230010172.jpg
今の主はハクビシン達だ
DSC08181_R_20200326230012777.jpg
入り口方向振り返り
DSC08185_R_20200326230014b89.jpg
このベンチ部分は、コンクリート巻きだ
DSC08170_R_202003262317131f7.jpg
最深部はT字にぶつかる
DSC08171_R_20200326231715a91.jpg
右は封鎖された元壕口、これでは過去に誰も見つける事が出来なかったはずだ
DSC08172_R_2020032623171642d.jpg
振り返って反対側は、爆風除けになっていた
DSC08188_R_20200326231717804.jpg
さて、それでは脱出しよう
IMG_8134_R.jpg
遊んだ後は、お決まりのアクア渋滞
IMG_8129_R.jpg
たっぷり3時間かけて横浜に帰った
スポンサーサイト



突発キャンプ後、金谷28cm榴弾砲砲側庫探索 (前編)

IMG_8069_R.jpg
急に決まった企画に、仕事を早く切り上げ豪雨の中、千葉に向かう
IMG_8070_R.jpg
キャンプ地に着いた頃には真っ暗だ
IMG_8071_R.jpg
雨風をしのぐ為に、今回は大掛かりな対策を施した(殆どねこさん独りで)
IMG_8072_R.jpg
全ての準備が整い、焚き火が着いた頃、パパゲーノ先生が登場
IMG_8079_R_20200323221119f3d.jpg
下戸二人とウワバミ一人の乾杯でキャンプが始まる
IMG_8073_R.jpg
今回の目的は夜桜キャンプだ
IMG_8078_R.jpg
主食は竹ご飯
IMG_8081_R.jpg
余った竹で即席竹灯篭等を作ってみる
IMG_8082_R.jpg
焼き鳥はお約束
IMG_8088_R.jpg
がっつり肉
IMG_8091_R.jpg
試行錯誤の竹ご飯がいい感じに炊けた
IMG_8092_R.jpg
何だかんだと日付が変わるまで語り合う
IMG_8093_R.jpg
夜半に雨も上がったので、テントを設営して就寝する
IMG_8099_R.jpg
翌朝、ウグイスの鳴き声がうるさくて起きる
IMG_8100_R.jpg
山桜
IMG_8106_R.jpg
雲の切れ間から太陽が昇った
IMG_8110_R.jpg
置きっぱなしにしていたカップには、桜の花びらが着いていた
IMG_8113_R.jpg
パパさんが朝飯にと仕込んでおいた焼き芋は、消し炭になっていた
IMG_8114_R.jpg
自分はベーコンエッグ乗せトーストで朝食にする
IMG_8115_R.jpg
日も高くなったので、探索に出発する
IMG_8120_R.jpg
通りすがりの亀山ダムに寄ってみる
IMG_8121_R.jpg
パパさんが急用を済ますまで、少し散歩する
IMG_8122_R.jpg
上に展望台の様に見えるものが有るが、どうやって行くのだろう?
DSC08100_R_20200323230530445.jpg
途中、気になる穴が有るとの事で、君津某所による
DSC08097_R_20200323230527828.jpg
良く見ると、確かに穴だ
DSC08098_R_20200323230528006.jpg
中を見ると、人為的ではあるが3m程の穴だった
DSC08099_R_20200323230532898.jpg
少し離れた所にもある
DSC08103_R_20200323230534727.jpg
左右に小さな部屋(?)がある小さな穴
DSC08102_R_20200323230533f00.jpg
獣の巣になっているようだ
軍物ではなく、民間の防空壕もしくは貯蔵壕だろう

ソロキャンプから富津大砲試射場(富津元洲堡塁砲台)

DSC05642_R_20200208212811594.jpg
元洲堡塁砲台へ橋を渡る
DSC05643_R_2020020821281390c.jpg
観測壕と言われる大谷石のお立ち台
DSC05646_R_20200208212815591.jpg
砲座を掠めながら展望台に向かう
DSC05647_R_20200208212816e71.jpg
左に3座
DSC05648_R_2020020821281703f.jpg
右に2座のようだ
DSC05650_R_20200208212818f0c.jpg
第一海堡
DSC05651_R_20200208212819df5.jpg
第二海堡 のなれの果て
DSC05654_R_20200208212824ebc.jpg
観測壕はもう一つある
DSC05655_R_20200208214510fd4.jpg
公園化の時に塗られたと思われるコンクリート
DSC05656_R_20200208214512ff2.jpg
下には要塞部分が埋まっている
DSC05658_R_20200208214513b56.jpg
階段の上に塗られたコンクリート、なんでこんな形に?
DSC05659_R_202002082145158ba.jpg
ここにイテ塔と同じ形の物がある
DSC05661_R_2020020821451536b.jpg
内部構造は全く一緒だ、と言う事はこの上部には観測所があったのだろう
DSC05664_R_2020020821451792a.jpg
当時の階段を降りると
DSC05668_R_2020020821451890f.jpg
地下掩蔽部の通気孔と思われる物が何本か突き出ている
DSC05669_R_202002082145218a5.jpg
位置関係はこんなもの
DSC05674_R_202002082145219e9.jpg
公園化で上部を残して埋められてしまっている
DSC05675_R_20200208220720899.jpg
砲座を見てみるが、何の痕跡も無い
DSC05676_R_20200208220721bf5.jpg
埋まっているのか、即応弾薬置き場すら見当たらない
DSC05677_R_20200208220725324.jpg
辛うじて砲弾吊り上げようのクレーンの跡だけが見てとれる
DSC05679_R_20200208220724ab6.jpg
他の砲座は上に上る階段すらも無くなっている
DSC05686_R_202002082213214ba.jpg
富津大砲試射場の遺構を軽く見に行く
DSC05628_R_20200208212557bf3.jpg
射入窖
DSC05629_R_20200208212559247.jpg
ここに小口径銃砲弾を撃ち込んで試験する
DSC05631_R_20200208212602e35.jpg
後から足した部分
DSC05630_R_20200208212602aa9.jpg
恐らくアナの手前に的があったのだろう
DSC05634_R_20200208212603fc9.jpg
上部の他は、弾痕一つ無い
DSC05635_R_20200208212604fd0.jpg
今は発車地点は全く見えない
DSC05636_R_20200208223856c2e.jpg
監的塀(避害所)
DSC05637_R_20200208223858b1e.jpg
左側
DSC05638_R_20200208223900e17.jpg
右側とコンクリートの壁がある
DSC05639_R_20200208223901984.jpg
観測窓
DSC05641_R_20200208223903412.jpg
裏に回ると、つまらない壁だ
DSC05640_R_20200208223902182.jpg
面白みも何も無い
DSC05687_R_20200208223503b96.jpg
監的所は三つあるが、今回は一つだけ見た
DSC05688_R_20200208223505e82.jpg
防湿用にコールタールが塗ってある
DSC05689_R_202002082235052f9.jpg
観測窓は三つ
DSC05692_R_20200208223507d06.jpg
多分これが一番見やすく、見つけやすい
DSC05696_R_20200208223509c3b.jpg
これがザクと言われる由縁
DSC05704_R_20200208225333474.jpg
パラグライダーなんぞを眺めていたら
DSC05707_R_20200208225335e26.jpg
ボウズ(監視所)、これは富津に近寄る船舶を監視する為のものらしい
DSC05710_R_20200208225335c69.jpg
出入り口
DSC05716_R_20200208225338dab.jpg
内部
DSC05713_R_20200208225338fd4.jpg
海側の監視窓には庇の跡がある
DSC05723_R_20200208225340bdc.jpg
陸側には無い
DSC05717_R_20200208231221694.jpg
海側の眺め、第一海堡 が見える
DSC05721_R_20200208231222cf7.jpg
下を見ると、落ちた庇と思われるコンクリート片
DSC05724_R_20200208231224df8.jpg
帰りがけにちょっと寄り道
DSC05727_R_20200208231225485.jpg
ここにはにゃんこの溜まり場がある
DSC05728_R_20200208231226dd3.jpg
しばしにゃんこと戯れ帰途につく

ソロキャンプから富津大砲試射場(イテ塔)

IMG_7534_R.jpg
今回は仕事帰りに一人でキャンプに来た
IMG_7536_R.jpg
火起こしも慣れてきた、松ぼっくりは天然の着火剤と誰かが言った。
IMG_7535_R.jpg
時刻は18時を回った所なので、飯にする
IMG_7537_R.jpg
と、言ってもピラフを炒めるだけ
IMG_7540_R.jpg
お惣菜のコロッケも温める
IMG_7541_R.jpg
半分ずつ皿に盛って出来上がり
IMG_7542_R.jpg
腹が満たされたので、薪を拾い集める
IMG_7543_R.jpg
後はひたすら火を焚く以外にやることが無い
IMG_7545_R.jpg
オボロ月  
IMG_7547_R.jpg
月なんか、ゆっくり眺めたのは何時以来だろう
IMG_7548_R.jpg
23時を回る頃、腹が減った訳では無いが、寒いのでカレー麺を食べる
IMG_7550_R.jpg
かのキャンパーも、キャンプでカレー麺を食べていた
IMG_7551_R.jpg
24時過ぎ、薪が尽きたので就寝する
IMG_7552_R.jpg
あさ寒くて起きると、テントの中は結露でびちょ濡れだった
IMG_7553_R.jpg
まだ日の出前だ
IMG_7554_R.jpg
テントのフライは、真っ白く凍り付いている。氷点下の朝だ
IMG_7555_R.jpg
とりあえずコーヒーが必要だ
IMG_7556_R.jpg
キャンプの朝はコーヒーで始まる
IMG_7559_R.jpg
ふと見ると、桜が咲いている。もう春だな
IMG_7561_R.jpg
やっと山間に朝日が昇る。テントを畳んで撤収する
IMG_7562_R.jpg
朝の景色っていいものだ
IMG_7563_R.jpg
さて、本日の探索に出発だ!
DSC05579_R_20200203225008864.jpg
イテ塔に到着、隠顕機銃砲台である(普段は穴の中の機銃が、有事に昇降して発砲する)
DSC05580_R_202002032250094b9.jpg
本来は土中に埋まり、ここまで地表だったはずだが、露出してしまっている
DSC05584_R.jpg
登ってみる
DSC05617_R_20200203225018360.jpg
天井には大小3つの穴が空いている
DSC05586_R.jpg
小さい方の右側の穴
DSC05587_R_20200203225013417.jpg
どのような昇降装置だったのだろう?
DSC05589_R_202002032250151c4.jpg
左側の穴、形状は左右対称だ
DSC05588_R_20200207231958fb6.jpg
真ん中の穴、以前は戻れなくなりそうで、降りなかった
DSC05594_R_20200207232004279.jpg
降りてしまった、どうやって戻ろう?
DSC05591_R_20200207232000785.jpg
隣の小穴に繋がる空間
DSC05593_R_2020020723200283f.jpg
反対側
DSC05592_R.jpg
奥にあるコンクリート階段
DSC05595_R_20200207232006e80.jpg
穴の中心にあるコンクリート台座
DSC05596_R_20200207232006431.jpg
昇降レール部分
DSC05598_R_20200207233317d1a.jpg
意外に綺麗な通路が有った
DSC05599_R_20200207233318ae5.jpg
コの字に伸びる通路
DSC05600_R_20200207233319173.jpg
小さな部屋
DSC05601_R_20200207233320ee8.jpg
上を見上げると、小さな方の穴がある
DSC05603_R_2020020723332291f.jpg
中央部分に戻る
DSC05604_R_20200207234100fce.jpg
なんと、出口が空いている!一安心だ。
DSC05605_R_20200207234102c04.jpg
横の通路に入ってみる
DSC05607_R_20200207234103be6.jpg
もう一つの穴を見上げる
DSC05609_R_20200207234105ead.jpg
出口に向かう
DSC05610_R_20200207234106c8f.jpg
10年前は封鎖されていた階段
DSC05611_R_20200207234107b2d.jpg
振り返り
DSC05616_R_202002072341103b1.jpg
脱出成功
DSC05618_R_202002081847416f6.jpg
その背面に、観測所(指揮所?)がある
DSC05625_R_20200208184746f9b.jpg
レンガ積みの上にコンクリートを乗せてある
DSC05619_R_20200208184742aa6.jpg
すごい状況の観測所
DSC05622_R_20200208184744e32.jpg
とても下に降りる気になれない
DSC05623_R_20200208184745136.jpg
下部に指揮所が有るのだが以前も紹介したので止めておいた

金谷砲台28cm榴弾砲砲座及び砲側弾薬庫 その1

今回は一部メンバーで、前夜からキャンプなどしてみようと話が上がり
仕事帰りに某海岸Kに集合となった。
406_R_201811152205165ff.jpg
休みだった自分は早めに着いたので、鶴峰八幡宮などに行ってみた
413_R_20181115220518046.jpg
出所不明の奉納錨
427_R_20181115220518ed0.jpg
星のマークの石灯籠等があったが関係は無いだろう
435_R_20181115221314b3f.jpg
事前に調べていた、近くの防空壕を見に行く
441_R_201811152213176a2.jpg
とても入れないのだが
440_R_2018111522131600b.jpg
中はちょっと素敵そうだった
445_R_2018111522414633a.jpg
宿泊予定地でボケーとしてると
446_R_201811152241488f6.jpg
ネコさんがやって来た
449_R_20181115224148a2e.jpg
さっそくテントの設営に入る
451_R_20181115224150273.jpg
火も起こしておく
455_R_20181115224152287.jpg
パパさん到着、前泊めんばーが揃った
456_R_201811152241536ed.jpg
日もとっぷり暮れたので
457_R_2018111522415581b.jpg
追加の買出しと
461_R_20181115224156b5f.jpg
東京湾観音にお参りに来た(工事中)
463_R_20181115225309228.jpg
気色悪い森に入る
466_R_201811152253118a9.jpg
前回見つけた遺構に案内する
465_R_20181115225310d5d.jpg
あまり気にしてなかったが、よく見るとこれは横倒しになっていたようだ
467_R_20181115225312920.jpg
ついでにお約束の場所に来る
470_R_20181115225314d75.jpg
一応確認だけしたが、何もないのでさっさと撤収する
475_R_2018111522531594d.jpg
キャンプ地に戻り再び火を起こす
476_R_20181115225318d4d.jpg
焚き火台って優れもの!
480_R_20181115225318f13.jpg
飲み食いして、〆はすき焼きの中にうどん3玉投入、実に手際の良いねこさんでした!
482_R_20181115225320750.jpg
火の始末をしてお片づけ
492_R_20181115233726295.jpg
翌朝日の出から働くねこさん
493_R_20181115233728436.jpg
早速朝食を焼く
494_R_20181115233729f6c.jpg
テントをたたんでいると、のださん登場!今回はこの少数精鋭での探索だ
498_R_201811152337310dd.jpg
積み込みをして金谷に移動する
499_R_20181116231358c0c.jpg
到着後、僅か10分ほどで見つけたしまった。前回全然判らなかったのに
500_R_20181116231359ad7.jpg
しかしほぼ完全に埋没し、入壕は無理のようだ
502_R_20181116231401fa5.jpg
のださんがすかさず、近くで別の壕口を見つけた
501_R_20181116231401b09.jpg
こちらも少しドロの流入がある
504_R_20181116231403ae9.jpg
下は埋まっているものの、かなり立派な掘り方だ
505_R_20181116231405b40.jpg
大分高さが厳しいが、奥に進む
508_R_2018111623140742b.jpg
並みの砲側弾薬庫より奥行きがある
509_R_201811172108290ad.jpg
通路突き当りには、爆風よけがある
511_R_20181117210830e7f.jpg
右に曲がる
516_R_2018111721083307a.jpg
角部分にはコンクリートで扉を付けるような工作がなされている
514_R_20181117210831cb7.jpg
弾薬庫その1
517_R_201811172108345f8.jpg
お約束の小森さん
519_R_20181117210836045.jpg
天井には長い五寸釘がいたる所に刺さっている
521_R_20181117210837ca3.jpg
侵入者に飛び回る小森さん、残念ながら泥に埋まって床がコンクリートか確認できない
526_R_20181117212700bbb.jpg
通路に戻り、隣の部屋へ
529_R_20181117212702914.jpg
日本兵が一人いた
533_R_20181117212703106.jpg
兵員棲息室、向かい合わせのベンチになっているが、中央の通路がドロに埋没している
ベンチは普通は30cmほどの高さがあるので、この壕はそのぐらいドロに埋まっているようだ
534_R_2018111721270488c.jpg
元の通路の突き当たりはT字路
537_R_201811172127052ad.jpg
左は爆風よけ
538_R_201811172127076aa.jpg
右に向かう、左に部屋がある
544_R_20181117214839e19.jpg
入り口にはやはり、コンクリート加工が、弾薬を保管するには防湿対策が必要なのだろう
548_R_20181117214841524.jpg
弾薬庫その2
549_R_20181117214842655.jpg
その1とは形状が異なる
551_R_20181117214843e59.jpg
弾薬庫、最奥
553_R_201811172148441a6.jpg
支保の溝か、拡張の途中だったのか?
554_R_20181117214846af9.jpg
振り向くと、中央部のみが広くなっているのが判る
556_R_20181117214848838.jpg
ドロの上に、支保の木材か?木片が埋まっている
547_R_2018111722563961d.jpg
弾薬庫その2の出入り口
540_R.jpg
最後の通路のさきに進む
545_R_20181117225638195.jpg
残念ながら開口部は埋まっていた
558_R_20181117225640e43.jpg
脱出しよう