FC2ブログ

金谷砲台28cm榴弾砲砲座及び砲側弾薬庫 その2

564_R_20181119214050302.jpg
砲側弾薬庫から脱出した後
560_R_201811192140465d2.jpg
少し上から砲座を確認する
562_R_20181119214048b86.jpg
別角度から、円形の平地が確認できる
566_R_2018111921405176c.jpg
下の砲側弾薬庫に向かう
567_R_201811192140511f7.jpg
途中にあるイノシシプールと石垣
568_R_20181119214053239.jpg
ショットガンの弾
569_R_20181119214055b51.jpg
下の砲座
570_R_20181119214056f05.jpg
山の中腹に、背負い式に2門が確認出来た
573_R - コピー_R
前回発見した縦坑に行って見る
574_R_20181119220409725.jpg
真っ直ぐに落ちている縦穴で、覗き込むのも結構怖い
575_R_2018111922041102d.jpg
良く見ると足場があり、実際に昇り降りしていたようだ
576_R_20181119220411522.jpg
のだ氏が縄梯子を持って来てくれたが、若干2mほど足りなかった
577_R - コピー
戻り際、ネコさんが何かを見つけた
578_R_2018111922041482f.jpg
発見時の状態、良く判ったなネコさん
634_R_20181119232037b66.jpg
人が入れるぐらいまで、拡張した
580_R_20181119232030861.jpg
突入すると、何とも綺麗な状態だ
583_R_20181119232031fd2.jpg
正面の爆風よけ、左右に通路は延びている
584_R_20181119232031624.jpg
右は道路に面している様で、コンクリートで塞がれている
587_R_201811192320332bb.jpg
左側に進むと塞がった壕口に見えるが、微かに光が見える、どうやらこれが縦坑の下のようだ
588_R_20181119232034271.jpg
縦坑前を右に曲がると、メイン通路に、砲側弾薬庫に間違い無い!
599_R_20181121225429d15.jpg
足元のこれは見ない振りして
595_R_20181121225424277.jpg
コンクリートの床だ、上の弾薬庫もきっと同様の構造だったのだろう
596_R_2018112122542644b.jpg
壁面は若干雑だった
597_R_20181121225427931.jpg
奥には支保の柱が若干残っている
598_R_20181121225429385.jpg
入り口方向を見る
600_R_2018112122543138e.jpg
メイン通路に戻る
601_R.jpg
二つ目の弾薬庫の入り口は、コンクリートで整形されている
604_R.jpg
木箱の腐食した物だろうか
605_R.jpg
弾薬庫内
606_R_20181121231550f40.jpg
弾薬運搬用のレールは確認できない
609_R.jpg
ドロが蓄積し、床がコンクリートかも分からない
612_R.jpg
通路の一部が崩落しているが、道路工事のせいだろう
613_R_201811212315550b8.jpg
次の部屋に向かう
614_R_20181121233611909.jpg
ベンチの部屋、三つの部屋の右側とは珍しい配置だ
616_R_201811212336136bb.jpg
戦後ここには住人が居たようだ
618_R_20181121233614315.jpg
部屋を出て、奥に進む
620_R_20181121233615982.jpg
T字の突き当たり
621_R.jpg
左は爆風避け
622_R_2018112123361848f.jpg
右は道路側出入り口
623_R_20181121235331a09.jpg
コンクリートで完全封鎖されていた
631_R_2018112123533249c.jpg
脱出する
632_R_20181121235333a62.jpg
ネコさんが記憶を頼りに、壕内図を書いている
633_R_201811212353346c7.jpg
ベンチの位置は違うが、こんな感じの壕だった
637_R.jpg
道路側からコンクリートの閉鎖部分を確認したが、知らなきゃわからない
639_R_20181122221408960.jpg
単独で隣の稜線まで足を伸ばすと、円形のくぼみがある
641_R_20181122221409f12.jpg
その少し上にも同程度の円形がある
645_R_20181122221413c7a.jpg
完全に人工的に掘ってあるのがわかる、砲座の防御陣地だろうか?
642_R.jpg
結構な広さの平地があり、何かしらの設備があったのだろう
スポンサーサイト

アナリスト&YBK親睦会 おまけの君津探索3

140_R_20170823231140834.jpg
最後に三世代の隧道が現存している、千葉でも稀な場所を見に行く
141_R_2017082323114191b.jpg
筒森到着
142_R_201708232311439bc.jpg
茅葺の古民家があった
143_R_201708232311435f7.jpg
荒れているので、廃墟はと思ったが
144_R_20170823231145fa5.jpg
猫が寝ている、まだ御在宅のようだった
145_R_20170823231148688.jpg
山に入ると早速二つの穴が開いている
146_R_201708242101386c6.jpg
左側は深いが、水没に水路隧道
147_R_201708242101401f0.jpg
右側はのださんが見たが、すぐに終わっていたそうだ
148_R_20170824210140be8.jpg
奥の方に大きな穴が見えてきた
150_R_201708242101422f4.jpg
向こうが見えるが、結構長い
152_R_20170824210143d71.jpg
幅は2.5mは有るが、歩行者専用だったのだろう穴を出た先が車両はどうにもならない
153_R_201708242101454e2.jpg
左右の壁に、1m程度の掘りかけのくぼみが沢山有る
158_R_201708242123326bf.jpg
先が見えているので、のんびり付いて行く
159_R_2017082421233481b.jpg
高さは異様に高い、ネコさんは185cm。倍近い高さがある
162_R_20170824212335549.jpg
中央は最近の水の流れで掘れた物だが、サイドのは排水溝だろう
163_R_20170824212336668.jpg
両サイドに溝は掘られていたようだ
165_R_20170824212338315.jpg
電気配線を掛けていたらしい杭が並んでいる
166_R_201708242123394a7.jpg
出口付近は、ドロが流れ込んでいる為に、平らになっているがぬかるんでいる
167_R_20170824215418f3d.jpg
近年までは、出口はもう少しマシだったらしい、大分塞がって来ているらしい
168_R_20170824215419a67.jpg
出た先は急勾配の崖になっている、下に見えるのが現道、落差20~30mぐらいだろうか?
170_R_20170824215420498.jpg
後発グループが入ってきた
173_R_201708242154230ff.jpg
何故か一本の丸太が転がっている
172_R_2017082421542200c.jpg
おもむろにのださんが乗って回り出した、お茶目な人だ
178_R_20170824220453ec5.jpg
はたから見たら、何て怪しい集団なんだろう
179_R_201708242204551c3.jpg
大人のドロ遊びも面白かったりする
181_R_2017082422045601e.jpg
人が入ると、入り口の大きさが判りやすい
182_R_20170824220459e7a.jpg
撤収する
184_R_20170824220500837.jpg
下山して来た怪しい集団
185_R_2017082422050186e.jpg
待っていた人達
186_R_20170824230351eef.jpg
みんなで山ビルチェック、パパさんが足をかなりやられたようだ、自分も合計4発くらった
187_R_2017082423035221a.jpg
本日の探索終了
IMG_2030_R.jpg
おのおの帰路に付くが、バイクグループは林道に流れて行ったらしい
DSC_0795_R.jpg
今回初めて山ビルの洗礼を受けた、痛くも痒くも無いが、出血が止まらん
DSC_0805_R.jpg
家に帰った頃、出血は止まったが、赤黒く変色している
194_R_201708242310324ca.jpg
一旦車を取りに、流しソーメン会場に戻る
195_R_201708242310341f4.jpg
その後有志のみで駅前ラーメン喜楽に行く
DSC_0803_R.jpg
長屋のような一角にあるラーメン屋
DSC_0801_R.jpg
うまい具合に空いていた(この後結構混んできた)
IMG_2031_R_201708242310300f9.jpg
みんなはスペシャルラーメン
DSC_0802_R.jpg
普段ラーメン食べないから、こうゆうのもいいもんだ
IMG_2032_R_201708242310310ba.jpg
穴談儀しながら美味しくいただいた
196_R_2017082423285075f.jpg
解散後、帰路に着く
197_R_20170824232851591.jpg
めったに無い久留里線との遭遇
199_R_20170824232852470.jpg
時間を外したせいか、高速はガラガラ
204_R_2017082423285404d.jpg
楽に帰る事が出来た

アナリスト&YBK親睦会 おまけの君津探索2

今回はまきき氏の画像をキャプチャーした物を多用する、動きすぎてあまり撮れてないのだ
089_R_2017082217154959b.jpg
まずは以前探索した坂畑の街道沿いの穴を探索する
090_R_20170822171551352.jpg
問題の穴、ちょっと高い所に開いている、元は狙撃口だった物が工事で削られた物と見ている
091_R_20170822171552823.jpg
集団が集まる間に、さっさと登る
092_R_20170822171553537.jpg
壕口前に到着、結構高い
094_R_201708221715554c0.jpg
二五穴レベルの通路を登って行く
095_R_20170822171556a0d.jpg
二股になるが、片方は土砂の流入で通口不可
097_R_20170822171558f4b.jpg
右にうねりながら伸びる通路
098_R_201708221737178a5.jpg
この壕は、陸軍っぽく無い、天井が四角くなっている、陣地としては珍しい部類だろう
101_R_20170822173718f20.jpg
しかし、構造的には非常に面白い作りをしている
103_R_20170822173719d02.jpg
棚などが規模にしては、充実している
106_R_2017082217372151d.jpg
竈の跡、横の欠けた所に棒を通して鍋を吊るす、下の穴に薪をくべる、左に曲がった所が壕口なので、換気に問題なし
107_R_201708221737227aa.jpg
壕口から振り返った所、左奥が竈
108_R_201708221737245c3.jpg
さて、誰も来ないから戻ろう
109_R_201708221757521be.jpg
みんなで下で遊んでるので、マッキー兄弟をロープで吊り上げる事にした
IMG_2006_R.jpg
ちょっと面白そうだから、試してみた
IMG_2007_R_20170822191332a27.jpg
まずはロープを投げてもらう
IMG_2008_R.jpg
ガッチリキャッチ!
IMG_2009_R_201708221913351f4.jpg
上を縛って投げ返す
IMG_2010_R.jpg
以外に人間は重かった、yakumo、のださん、ねこさんの主力三人がかりだ
110_R_201708221757535b2.jpg
吊り上げられたマッキー
111_R_20170822175754b2b.jpg
自力で登って来たパパさん、以外と言っては失礼だが、結構体力のある方だ
IMG_2014_R_20170822192441a3d.jpg
この地面に後2,3cmなのに見えない恐怖が距離が何十倍にも感じさせるのだ
112_R_2017082217575660b.jpg
本当に怖いのは、登る事より降りる事なんだけどね!ここの足場は20cm程度しかない
IMG_2011_R.jpg
先にマッキーの機材を下ろす、お手製ライトは3kgぐらい有るんじゃないかな?
IMG_2012_R.jpg
重みで崖に当たりそうなので、下に増援を頼む
IMG_2013_R_20170822192440d3a.jpg
なんとか降ろせた、後は自力でおのおの降りていった
IMG_2015_R_20170822193207a05.jpg
次の場所に移動した、同じ様な物件だが前回はロープが無く、挫折したのだ
IMG_2016_R_20170822193209e4d.jpg
今回、自分とのださんが、斥候としてチャレンジする、無駄になる可能性が有るからだ
114_R_201708221936067d5.jpg
ロープを掛けて、一人降下を始める
113_R_20170822193604b36.jpg
下から見ると穴に見えるのだが、結果的に窪んだ祠状のものだった
IMG_2017_R_20170822193209a24.jpg
マッキーの画像をクローズアップすると、先が無い事が見える
IMG_2018_R_201708222053401ad.jpg
次の物件だが、上からでは、ロープが足りない事が判明
IMG_2019_R_20170822205342a77.jpg
自生しているツルを利用できないかと模索する
IMG_2020_R.jpg
ネコさんが登ってみる
IMG_2021_R_201708222053444d4.jpg
切れた!やらなくて良かった・・・
IMG_2022_R.jpg
しかも奴らの巣が出来ていた、これはもう不可能物件だ
116_R_20170822211740c10.jpg
次の釜生の物件にやって来た
117_R_20170822211741aec.jpg
これはかなり危険な物件だ
119_R_201708222117437ae.jpg
入り口は入ってT字に広がる造りなのだが
121_R_20170822211744953.jpg
そこに地面が無い
122_R_2017082221174524b.jpg
深さ約4mぐらいだろうか?、落ちたら登れん・・・
124_R_201708222117476e6.jpg
右側になら、飛び移れそうだ
IMG_2029_R.jpg
念の為命綱を着けて、持っていて貰った、それだけで気が楽になる
IMG_2026_R_20170822220242054.jpg
距離は楽勝だが、上に天井があるため、飛び上がれないのが難点だ
IMG_2027_R_20170822220244c87.jpg
とりあえず右に飛ぶ
IMG_2028_R_20170822220245127.jpg
無事着地したが、2mで行き止まりだった
129_R_201708222209321ac.jpg
反対側は先が有りそうだが、塞がれた壕口からゴミが投げ込まれている
134_R_20170822220933eec.jpg
行ってみたいが、天井が有る所で2mのジャンプは無理!また飛んで元に帰る
135_R_20170822220934c93.jpg
右側にも小さな壕はあるが、接続していない
136_R_20170822220936b42.jpg
のださんが確認しているが、ちら見する
139_R_20170822220938bf2.jpg
何だろね、この壕?

アナリスト&YBK親睦会 おまけの君津探索1

今回はアナリスト&YBK親睦会として、総勢16名にのぼる流しソーメン大会を執り行いました
マッキー兄弟の(双子)誕生日でもあり、みなでそ知らぬふりして祝おうとゆう趣旨であった。
御参加された皆様、当日は大変お世話になりました、おかげさまで楽しい一日が過ごせました。

当初は午前中流しソーメンで、午後からアナリスト探索の予定だったが、盛り上がってしまい、午後も全員での行動となった

001_R_201708212217374e4.jpg
今回は近場の君津市なので、かなりのんびりとしたスタート時間
002_R_20170821221739a60.jpg
夏休みの日曜なのに、アクアラインもガラガラ
004_R_20170821221740b70.jpg
一時間ちょっとで久留里に着いてしまった
005_R_20170821231737f41.jpg
集合時間間じかになると、メンバーが集まり始めた
007_R_20170821231739c7f.jpg
流しソーメンに使う久留里の名水をポリタンに積み込む
010_R_20170821231741215.jpg
メンバーが揃ったので、現地に移動する
013_R_201708212317429f3.jpg
現地集合ののだの人、また新たな車で登場!本来軽自動車なのだが、御当地ナンバーを購入した所、白プレートに5ナンバーになったが、税金等の扱いは軽ナンバーなんだそうだ。
020_R_2017082123174221c.jpg
設営担当の方達が奮闘している間に、申し訳ないが渓流歩きをしに行く
021_R_2017082123174539d.jpg
行ける所まで車で行き、後は徒歩で下って行く
022_R_20170821232925ace.jpg
この地方には、山ビルが生息している、自分も含め後に大変な目に合う事になる
10年来こんな活動をしているが、一度も山ビルに襲われた事は無く、高をくくっていたのだろう
023_R_20170821232927fdc.jpg
皆で山ビル対策(山ビルファイター等)を始めるが、横浜市民の自分はそんな物は地元で売っていない
024_R_20170821232928e8e.jpg
渓流に滑りながら落ちて行く
026_R_20170821232930bd6.jpg
立派な川幅のある渓流だ
027_R_20170821232932b64.jpg
渓流歩き開始
028_R_2017082123293257d.jpg
照り返しで良く判らない水面を観ながら、コースを選んで行く
029_R_20170822090040ac1.jpg
川がカーブに合わせて左に寄って、右は陸地になっている
031_R_20170822090041833.jpg
しかし岩盤の部分は異様に滑るので、近寄れない
033_R_20170822090042ddc.jpg
カーブを明けると、巨大な穴が見えて来た
035_R_20170822090044b6d.jpg
なぜかポンプの設置跡があり、掴まりながら下に降りた
039_R_201708220900458e9.jpg
文宝洞と言うそうです、普段は水位が高くてここまでは歩けず、ボートで来るのが当たり前らしい
041_R_20170822090046b7f.jpg
まるで卵の様に見える
038_R_20170822092247fd8.jpg
のだの人が行けるとこまで進むので、行って見る
042_R_201708220922499b6.jpg
長靴の限界からのワンショット
044_R_201708220922512a0.jpg
後続部隊がやって来たが、めり込んでいる
045_R_20170822092251e77.jpg
動けないのをいい事に、撮影大会
046_R_201708220922531f5.jpg
しばし休憩する

049_R_20170822092255163.jpg
さて、撤収しよう
051_R_20170822094106157.jpg
廃屋の先の小径に一人で行って見る
052_R_201708220941084e4.jpg
急に川幅と推進が増しているこれじゃボートが必要なのもうなずける
053_R_201708220941091e8.jpg
さて、ぬかるんだ路面に苦労しながら反転する
054_R_20170822094110065.jpg
橋脚を抜けると、即トンネルなんて、この道造るの大変だったろうな~
056_R_20170822094112593.jpg
湖畔コースに何かあるらしい
057_R_20170822094113dd2.jpg
廃道なんだろうか?妙に荒れた道路を下る
058_R_2017082215084816a.jpg
途中で道を外れる
059_R_2017082215085057e.jpg
埋もれた穴が有る
060_R_201708221508519b2.jpg
のださんがするりと潜り込む
062_R_20170822150853e44.jpg
隧道トンネル自体は短い、上の舗装道が出来る前の街道のトンネルだ
063_R_20170822150853e4a.jpg
車一台ギリギリぐらいの道幅だろうか
064_R_2017082215085561e.jpg
のだ様のシルエットが神々しい
066_R_201708221508560ee.jpg
アナリストのメンバーはこうした隧道古道の探索をメインとしたスペシャリスト集団なのだ
こっちの業界で知らない人はいないレベルの集まりで、自分は異色と言っていいだろう
069_R_20170822155919cd6.jpg
出た先に、もう一つ隧道トンネルがある
071_R_201708221559217d1.jpg
こちらは更に短い
072_R_20170822155923f86.jpg
出た先には、現道の橋が有る
073_R_20170822161912ae5.jpg
じっとしてると山ビルが登って来るので、早々に撤収する
074_R_201708221559259d2.jpg
下を見ると、ボートの墓場と化していた、少なくとも5艘はある
077_R_20170822155926e39.jpg
湖畔を走り、駐車場に戻る
080_R_2017082216272720b.jpg
残りの設営隊の方の努力で、流しソーメン設定は完了していた
081_R_201708221627283bd.jpg
雨どいを基本レールにした、流しソーメン
083_R_201708221627312ad.jpg
久留里の名水をポリタンクからポンプで流し、準備完了
084_R_20170822162732f38.jpg
どうやら上手く行きそうだ、もっとも毎年恒例のようだが
086_R_20170822162733053.jpg
おのおの位置に着き、食べ始める
087_R_201708221640152f6.jpg
食後のデザート、巨大スイカ
088_R_20170822164017082.jpg
手際よく切り分けられて行く、僅か15分ほどで20人前のソーメンと巨大スイカが皆の腹に納まった
これにて午前の部終了、バイクグループと別れ、探索チームアナリストの活動が始まる予定だった
結局皆、意気投合し午後の探索に参加する事になった、たまにはこんなのも楽しいだろう。

君津市久留里防空壕

君津市にも何か戦跡となる物が無いか探してみたが、これと言った物が見つからない
仕方が無いので、久留里街道沿いで見つけた防空壕を紹介する。
木更津市久留里は名水と城址で有名な所だ、たまにこの辺でキャンプをする事があるので
その時に道すがら探してみた物だ。
DSC07758_R.jpg街道沿いのコンクリートの中に変な穴が開いている、穴があれば入ってみる
DSC07759_R_20130218232720.jpg案の定祠改造何これ壕
DSC07760_R.jpg案内も銘も無い窟だった
DSC07761_R.jpgさらに久留里方面に流していると、空き地に穴が幾つか見えた
DSC07762_R.jpg民間の防空壕だろう
DSC07763_R.jpgゴミだらけ
DSC07764_R_20130218233521.jpgすぐに終わり
DSC07765_R.jpg隣の壕もゴミが多いが奥がある
DSC07766_R_20130218233523.jpg通路が狭くなってくる
DSC07767_R_20130218233524.jpg少しずつ横に広げながら掘っていたのか、途中で終わっている
DSC07768_R.jpg出口
DSC07770_R.jpgもう一つ有ったが、浅かった

今回は君津市内で目立った物は見つからなかった、今後も何か無いか探してみる。
物の大小に関わらず、戦跡である事に変わりは無いので、見つけた物は紹介して行く。