fc2ブログ

木更津海軍航空隊掩蔽部、桜井防空砲台及び探照灯跡

R0011247_R.jpg
数年前に発見された木更津海軍航空隊の掩蔽部を久しぶりに観て来た
R0011251_R.jpg
雑木林を伐採したら出て来たコンクリート、当初は破壊しようとしたが、硬すぎて断念したようだ
R0011264_R.jpg
上に登ると通気口の跡がある
R0011263_R_20230517215230f48.jpg
もう一つの通気口
R0011252_R.jpg
入口部分は、大分頑張って壊そうとしたようだ
R0011248_R.jpg
入れないので隙間からカメラを突っ込んでみる
R0011266_R.jpg
内部は激しく水没している
R0011265_R.jpg
こちら側の入り口には扉を取り付けていた木枠が残る
20230321_082405_R.jpg
反対側の入り口
R0011254_R.jpg
木枠は無いが丁番の跡らしき物がある
R0011262_R.jpg
内部は結構広い、退避壕にしては大き過ぎるが、弾薬庫にしては通気口が2つも開いている

DSC06056_R_202305172218097fa.jpg
木更津の桜井地区に12cm高角砲4門と探照灯用電探1という引き渡し目録の遺構を探す
DSC06058_R_20230517221812b58.jpg
目星を付けた山に登って行く、ねこさんが小さな地下壕一つはリサーチ済みなのだ
DSC06060_R_2023051722181213f.jpg
山道に入って行く
DSC06065_R_202305172218164c7.jpg
ねこさんのリサーチ済みの穴に来た
DSC06066_R_2023051722181662f.jpg
入口は8割がた埋まり、急斜面となっている
DSC06067_R_20230517221816acf.jpg
入ると天井が派手に崩落している
DSC06068_R_20230517221817010.jpg
乗り越えると行き止まりの15m程度の単独壕だった
DSC06070_R_2023051722182129d.jpg
もう少ししたら埋まってしまいそうだな
20230321_104404_R.jpg
山頂に登った
DSC06072_R_20230517223951a12.jpg
土塁に囲まれた平坦地を見付けた
DSC06073_R_2023051722395128f.jpg
周囲に数ヶ所砲座とおぼしき円形平坦地がある、恐らくこれが12cm高角砲砲座だろう
DSC06071_R_202305172239519a7.jpg
資料と位置関係を見比べるねこさん
DSC06076_R_20230517223955064.jpg
付近に弾薬庫と思わしき穴を発見した、まず確定だろう
DSC06075_R_20230517223955ec4.jpg
確証は無いがまず間違いないので、とりあえず撤収する
DSC06088_R_20230517223955cbd.jpg
来る時に不自然に盛り上がった場所が気になったので登って見る
DSC06089_R_202305172314221ab.jpg
僅かにコンクリートが見える!
DSC06090_R_20230517231426e32.jpg
円形に広い範囲で伸びている様だ、ねこさんを呼ぶ
DSC06083_R_20230517231422bc0.jpg
頂上部にはコンクリートの露出している部分もある、当初はこれが砲座かと思った
DSC06091_R_20230517231426322.jpg
大きさを確認する為に、周囲を掘ってみる
DSC06081_R_20230517231418b11.jpg
中央部に気になる物が出て来た
DSC06082_R_20230517231422e64.jpg
長方形の穴だ、深さも10cm程ある
DSC06092_R_20230517233141a2b.jpg
周りを掘ると、いっぱい出て来た
DSC06093_R_20230517233144daa.jpg
外周部も並行して掘り起こす
DSC06094_R_202305172337159e1.jpg
この横たわる倒木が邪魔だ
DSC06096_R_20230517233148b1e.jpg
倒木の下にさっきと違い、長い溝がある
DSC06097_R_20230517233148e50.jpg
恐らく動力伝達の電路の溝だろう
DSC06102_R_202305172346278b4.jpg
溝は結構大きな物だった
DSC06100_R_20230517234627d4b.jpg
外周部まで溝は続いている
DSC06103_R_20230517234631bfe.jpg
中心に取り付け部分が放射状に並ぶ
DSC06104_R_20230517234631e24.jpg
最初は砲だと思っていたが、砲ならアンカーボルトが出っ張っているものだ
1679388075733_R_20230517235820a5c.jpg
結局外周は5mにも及び、探照灯用電探の基部と判断する。
スポンサーサイト



久留里城火薬庫及び狙撃陣地

IMG_2306_R.jpg
今回は純粋にキャンプのみの予定なので、昼過ぎにのんびりスタート
IMG_2316_R.jpg
君津のキャンプ地に向かって個々に集合する
IMG_2324_R_20210813220144683.jpg
ねこさんと隊長と合流、パパさんはいつもの遅刻
DSC01856_R_2021081322012746d.jpg
自分はテント
DSC01858_R_20210813220128f51.jpg
ねこさんはターフ
DSC01854_R_LI.jpg
パパさんはハンモックと三人三様だ
DSC01863_R_LI.jpg
久々登場のK氏を交え、キャンプが始まる
DSC01865_R_20210813220132bc8.jpg
ねこさん提供の焼き鳥とK氏提供のフランクを焼いて行く
DSC01873_R_202108132201341b0.jpg
自分提供の肉を焼く、あれ?パパさん提供は何だったけ?思い出せん。
DSC01875_R_202108132201360ce.jpg
傍らで主食を作る
DSC01876_R_20210813220138c89.jpg
夏なので、冷やしうどんかき揚げ付き
DSC01871_R_LI.jpg
こんな時間からまったりするのは、初めてじゃないか?
DSC01882_R_202108132201404d6.jpg
今回は始めるのも早かったので、23時には就寝となった
DSC01885_R_20210813222559444.jpg
キャンプ地に朝が来た
DSC01886_R_LI.jpg
朝の早い二人
DSC01889_R_20210813222604064.jpg
5時過ぎには太陽は高く上がる
DSC01893_R_2021081322260538a.jpg
朝のコーヒータイム
DSC01888_R_LI.jpg
いまだに眠り続けるツワモノもいる
DSC01895_R_LI.jpg
早朝にヤッシーさんが登場
DSC01897_R_20210813222609ddb.jpg
弁当持参で、顔出しだけしに来てくれた
DSC01896_R_LI.jpg
キャンプとしてはこれで解散、おのおの別行動となる
DSC01908_R_202108132248487a3.jpg
帰る方向にある物に寄りながら帰る事にした
DSC01907_R_202108132248468d2.jpg
片倉ダム
DSC01904_R_20210813224844377.jpg
ダムとダム記念館はかなり離れている
DSC01909_R_20210813224853e2a.jpg
ダムの管理事務所の駐車場に車を停めて散策する
DSC01910_R_2021081322485034d.jpg
派手に放水している所を見たかったな
DSC01913_R_202108132248522fd.jpg
ダムの上には遊歩道がある
DSC01915_R_20210813224854d5f.jpg
わりと広い公園を適当に回って、片倉ダムを後にする
DSC01926_R_20210813230330f46.jpg
隣接する亀山ダムにも寄ってみた
DSC01923_R_20210813230326124.jpg
ダムの上の道路を渡る
DSC01925_R_2021081323032844a.jpg
車道と一体化した亀山ダム
DSC01933_R_20210813230334327.jpg
あの文字枯れたりしないんだろうか?
DSC01930_R_20210813230333518.jpg
ほとんど隣り合わせの両ダム
DSC01927_R_202108132303326ef.jpg
外周を歩いて回る
DSC01935_R_20210813230336931.jpg
DSC01938_R_20210813230338b1f.jpg
綺麗な鉄橋より、錆びたボロイ鉄橋の方が味がある
DSC01946_R_20210813231545e0c.jpg
最後に久留里城に寄って行く
DSC01948_R_202108132315471a2.jpg
駐車場からの登り路がかったるい
DSC01949_R_20210813231549a1e.jpg
DSC02015_R_202108132315506bf.jpg
目的はこの火薬庫だ
DSC01950_R_2021081410315543e.jpg
天守閣方向に行かず、山に入る
DSC01951_R_20210814103156b61.jpg
藪を抜けると、平坦な道が現れる
DSC01952_R_202108141031590a7.jpg
一段下の広い平坦地が火薬庫跡だろう
DSC01966_R_202108141032067e9.jpg
中央に入り口的な部分があり、人工的に造られているが、お城時代の火薬庫なのだろう
DSC01955_R_202108141032076cc.jpg
二の丸方向から来る古道が続く
DSC01956_R_2021081410320071f.jpg
が、そっちに行かずに逆に山に向かうと、切り通しがあった
DSC01957_R_20210814103202700.jpg
その斜面を丹念に探すと
DSC01958_R_20210814113724a6a.jpg
銃眼発見、しかし入れない
DSC01960_R_20210814113726be1.jpg
上に上がって回り込む
DSC01961_R_20210814113728137.jpg
立坑発見!
DSC01964_R_202108141137293b5.jpg
しかしこれ無理、登れなくなる
DSC01965_R_202108141137312e5.jpg
他の壕口を探すも、見つからなかった
DSC01971_R_20210814113732974.jpg
斜面を捜索するが
DSC01975_R_202108141137343d4.jpg
幾分の掘削跡があるだけで、山城のものと思われる
DSC01993_R_20210814122936676.jpg
久留里城を見に行く
DSC01996_R_20210814122938577.jpg
草木で偽装された天守閣
DSC02009_R_2021081412294049b.jpg
二の丸方向の眺めは良い
DSC02011_R_20210814122941cee.jpg
下山して駐車場の資料館兼レストハウスに向かう
DSC02018_R_20210814122943894.jpg
提灯とログハウス風がいい
DSC02020_R_20210814122944c32.jpg
食事をして次に行こうとしたら
DSC02021_R_20210814122946d17.jpg
ゲリラ豪雨に見舞われて、撤収となった

木更津海軍航空隊遺構(新規弾薬庫)

DSC08631_R_202106182252429a3.jpg
木更津駐屯地の近くに、今まで雑木林に囲まれていた弾薬庫が露出したとの話を聞いた
DSC08632_R_202106182252447b6.jpg
翌週に行ったが、既に単管パイプとネットで囲まれていた
DSC08633_R_202106182252452b0.jpg
敷地に入れなくも無いが、周囲の目線が多くて諦める
DSC08634_R_20210618225247bab.jpg
反対側に回るも、単管で入れない
DSC08635_R_20210618225249949.jpg
コンクリートブロックの手前は個人邸敷地なのでこちらもアウト
DSC08637_R_20210618225249329.jpg
調査が終わったら、撤去されて売地になりそうだ

DSC08657_R_20210619090015efe.jpg
木更津駐屯地の遺構を眺めながら海岸へ向かう
DSC08639_R_20210619090007fb2.jpg
コンクリート掩体壕
DSC08640_R_20210619090010237.jpg
DSC08641_R_20210619090010615.jpg
コンクリート退避壕等が、外部からでも見れる貴重な基地だ
DSC08643_R_20210619090012cdc.jpg
その先の海岸に、海の電柱を見に行ったがほぼ撤去されていた
DSC08654_R_20210619090014a55.jpg
もう一か所の電柱に向かう
DSC08652_R_20210619090839cf2.jpg
こちらはコンクリート製のせいか、ちゃんと残っていた
DSC08647_R_202106190908332c2.jpg
工場萌えと共に海上電柱を見れる貴重な場所
DSC08648_R_2021061909083574c.jpg
この先端の密漁監視所への送電ケーブル(サーチライト等)
DSC08649_R_2021061909083733d.jpg
腐食するまでは残ると思うが、役目は終えているので微妙だ
DSC08658_R_20210619090839282.jpg
木更津駐屯地周辺から見えていた、ボイラー室等が撤去されてしまったので、ちょっと寂しい
DSC09122_R_202106190959227d5.jpg
DSC09115_R_20210619095921c02.jpg
DSC09130_R_20210619095921d9f.jpg
DSC09132_R_202106190959225a4.jpg
撤去されたボイラー室の過去画像
DSC08659_R_20210619090844f94.jpg
社会館吾妻保育園周辺に残る遺構の現状を見て行く
DSC08660_R_2021061909084229c.jpg
木更津海軍航空隊隊門
DSC08663_R_20210619090845d39.jpg
左の公園に沿って行くと弓道場に射だと言われる遺構がある
DSC08664_R_202106190908453de.jpg
コンクリートに土を盛った立派な物だ
DSC08665_R_20210619092510622.jpg
弓道場の先に進むと
DSC08666_R_20210619092511aee.jpg
手前に小型の貯水槽
DSC08667_R_20210619092514687.jpg
奥に大型の屋根付き貯水槽がある。手前の小屋は不明だが、パイプ錆具合が違う
DSC08670_R_20210619092517725.jpg
大型の貯水槽と小型貯水槽には、年号入りの(昭和十七年)の印がある錆びたパイプが接続されている
DSC09610_R_20210619094853834.jpg
こっちは小型の貯水槽(昭和十六年)
DSC08669_R_20210619092515da0.jpg
横倒しになってしまった小屋に残る水量計
DSC08671_R_2021061909252046f.jpg
ほぼ完全に倒壊してしまったおかげで、内部の大きさが判る
(令和3年5月現状)
DSC09612_R_202106190948558ec.jpg
DSC09613_R_20210619094857ce9.jpg
DSC09614_R_20210619094858e5a.jpg
約十年前の写真
DSC08668_R_20210619092519225.jpg
近くに消火栓もあるが、1958の刻印があるので年号ならば戦後のものだろう

おまけに基地内遺構を一部抜粋する
DSC09027_R_20210619095913ed9.jpg
DSC09070_R_202106190959153fb.jpg
DSC09073_R_20210619095916ec7.jpg
DSC09136_R_20210619095925a3f.jpg
DSC09155_R_20210619095927b08.jpg
DSC09154_R_202106190959264dd.jpg
DSC09426_R_202106190959295e1.jpg
これらはほんの一部に過ぎない、これ程の遺構の残る駐屯地は珍しい

君津 鍋石拠点探索後、キャンプ&長南15K陣地

DSC03501_R_2020090122020221a.jpg
一旦山を降り、別の角度からアプローチする
DSC03503_R_20200901220210252.jpg
さっきの陣地群の対岸に位置する場所
DSC03502_R_20200901220205243.jpg
よく見ると、壁に大穴が開いている、速射砲陣地だろう(今回は藪が酷くて、見合わせる)
2020082017072103c.jpg
ねこさん特製の図によると、こんな感じの陣地だ
DSC03513_R_20200901220206df2.jpg
鴨川迄戻り、昼飯と買い出しに行く
DSC03514_R_20200901220209180.jpg
とん太ラーメン
DSC03515_R_20200901220210689.jpg
明るい内にテントを設営する
DSC03517_R_20200901220212ad7.jpg
今回はパパさんも新品のテント(手前)
DSC03516_R_20200901220211873.jpg
あまりの暑さに、この日の探索はここまでにして、少しまったりとする
DSC03524_R_2020090122021433f.jpg
時間があるので、濃溝の滝を見に行く
DSC03532_R_202009012202167dd.jpg
昼間に見ると、千葉ではどこにでもある川回しの洞穴だ
IMG_9360_R.jpg
今回は暑すぎるので、焚火は諦める
IMG_9357_R.jpg
よって、肉はバーナーで焼く事にする
IMG_9355_R.jpg
多少味気ないが、これもまた良し
IMG_9361_R.jpg
この日は早めに就寝する
IMG_9362_R.jpg
横朝、夜明けと共に置きだす
IMG_9363_R.jpg
今回はねこさんも新品のツーリングドームで熟睡
IMG_9364_R.jpg
いつの間にか、極めて軽装で寝ているパパさん、この後死ぬほど後悔する事になる
DSC03544_R_2020090122343109e.jpg
一人、濃溝の滝にやって来た
DSC03547_R_20200901223432e79.jpg
この時点では、昨日と大して変わらない
DSC03548_R_2020090122343497b.jpg
しかし、ギャラリーがむっちゃ来ている
DSC03551_R_202009012234350af.jpg
一定条件が整うと、見れる光景がある
DSC03562_R_20200901223437cf8.jpg
DSC03567_R_20200901223437845.jpg
DSC03574_R_20200901223440657.jpg
DSC03592_R_20200901223442f62.jpg
DSC03577_R_20200901223443a47.jpg
朝霧に太陽光が反射して、ハートを作り出す
DSC03596_R_202009012250546a7.jpg
道具を片付け、出発する
DSC03598_R_20200901225055f44.jpg
長南町のとある場所
DSC03601_R_2020090122505824f.jpg
ここに15Kの洞窟砲台がある
DSC03602_R_20200901225059f3f.jpg
入り口から大きい
DSC03607_R_20200901225103a6c.jpg
入り口を振り返る
DSC03605_R_20200901225100eed.jpg
壁に何やら不思議な穴がある
DSC03606_R_20200901225102ebd.jpg
奥は泥に埋もれている
DSC03608_R_20200901225846e52.jpg
床の1/3は泥で埋まっている
DSC03610_R_20200901225847a63.jpg
もうダメかと思ったら
DSC03611_R_20200901225849ea4.jpg
開口している
DSC03613_R_20200901225851fa1.jpg
左側に砲側弾薬庫がある
DSC03618_R_20200901225854edf.jpg
泥濘+水没だ
DSC03612_R_20200901225854aa9.jpg
広い開口部は砲室だろう
DSC03619_R_2020090122585898a.jpg
斜めに切られている、珍しい形だ

君津 鍋石拠点探索後、キャンプ

旧日本陸軍第93師団第203連隊第3大隊第9中隊鍋石拠点を発見したとの連絡が入り、探索に行った。
DSC03376_R_202008301733532f8.jpg
夏休みのアクアラインは、トンネル前からみっちりだった
DSC03377_R_20200830173354963.jpg
道の駅にて集合後、現地に向かう
DSC03378_R_20200830173358311.jpg
今回は山頂まで荷物を持ち込み、キャンプをしながら地下壕探索をする
DSC03379_R_20200830173400cac.jpg
予報では一雨来るとなっていたので、天幕を張り荷物を入れて探索を始める
DSC03380_R_2020083017335853c.jpg
まずはキャンプ地直下の地下壕に向かう(ネコさんの下見で発見済み)
DSC03381_R_20200830173400165.jpg
早速壕口に到着
DSC03383_R_2020083017540440b.jpg
入り口は若干水没している
DSC03384_R_20200830175406486.jpg
入り口から真っ直ぐな通路
DSC03385_R_20200830175408cec.jpg
突き当たるとY字に別れている
DSC03389_R_2020083017540959c.jpg
左に進むと左に緩やかに曲がり
DSC03388_R_20200830175409313.jpg
緩やかに右へ曲がる
DSC03393_R_202008301754116ed.jpg
途中、すれ違い用の窪みがある
DSC03402_R_20200830175412fb1.jpg
突き当り
DSC03403_R_20200830175415d21.jpg
まだ掘削途中だった
DSC03404_R_2020083019030410d.jpg
戻る
DSC03408_R_202008301903051e4.jpg
Y字路に戻ると、パパさんが入って来るところだった
DSC03410_R_20200830190309fbe.jpg
やはり道はうねっている
DSC03421_R_20200830190311934.jpg
小森さんは元気だ
DSC03424_R_202008301903099bf.jpg
突き当り
DSC03426_R_202008301903112bb.jpg
砂ネズミが顔を出している
DSC03427_R_20200830190313e19.jpg
ねこさんは測量を
DSC03432_R_2020083019031735c.jpg
パパさんはユーチューブの撮影をする
DSC03433_R_20200830190316392.jpg
自分はさっさと脱出する
DSC03435_R_20200830212430544.jpg
一人、斜面を下り捜索すると
DSC03434_R_202008302124286a9.jpg
壕口を発見した
DSC03438_R_20200830212432b20.jpg
入り口から真っ直ぐなのは、先ほどの壕に酷似している
20200820170551707.jpg
分岐だが、様子がおかしい
DSC03444_R_2020083021243331e.jpg
右側が派手に落盤している、どうやら掘削中に落盤したようだ
DSC03446_R_2020083021243849d.jpg
急遽左に逸れて掘り進めたが、10m程で中断されている
DSC03447_R_202008302124356ef.jpg
撤収
DSC03448_R_20200830212436cb4.jpg
パパさんが早く入りたくてうずうずしているようだ、ガチな人だ
DSC03449_R_202008302143000ce.jpg
すぐ近くにもう一つ壕口があった
DSC03450_R_20200830214302896.jpg
角度的に少々埋まってキビシイ
DSC03451_R_20200830214304eeb.jpg
覗き込んでみると、入り口付近だけだ
DSC03453_R_20200830214305f26.jpg
掘削し始めたばかりのようだ、これはこれで珍しい
DSC03382_R_20200830215548c96.jpg
目印の棒を持って、ねこさんが4つ目の壕に向かう
DSC03455_R_20200830215550118.jpg
この壕はネコさんの下見で発見済みである
DSC03457_R_20200830215552171.jpg
滑り落ちる様に入って行く
DSC03458_R_2020083021555313a.jpg
今度の壕は、少し曲がっている
DSC03462_R_20200830215554b93.jpg
僅かに湾曲する壕内
DSC03463_R_202008302155554a4.jpg
岩が出たせいか、急に右に曲がる
DSC03469_R_20200830215557130.jpg
曲がり角が、すれ違いスペースになっている
DSC03472_R_20200830215559b8a.jpg
奥には軽機の銃座がある
DSC03473_R_20200830222306a6e.jpg
未開通の銃眼に見えたが
DSC03477_R_2020083022230725c.jpg
ライトを消すと、開通している事がわかる。ねこさんが持ち込んだ目印の棒を差し混む
DSC03479_R_20200830222309895.jpg
外部から銃眼を探すために外に出る
DSC03481_R_20200830222310e16.jpg
斜面をへつりながら捜して行く
DSC03483_R_20200830222311e34.jpg
木に捕まりながら斜面を探す
DSC03484_R_202008302223137b4.jpg
一歩誤れば池に真っ逆さまだ
DSC03486_R_20200830222317b68.jpg
そうこうしている間にねこさんが見つけた
DSC03488_R_202008302223179fb.jpg
確かにリボンを結んだ棒が突き出ている
DSC03490_R_20200830222318f45.jpg
しかし、現状これではどうしょうも無い
DSC03493_R_20200830223903a06.jpg
更なる壕口を探してみる
DSC03492_R_20200830223901c56.jpg
DSC03495_R_20200830223905972.jpg
DSC03496_R_20200830223906071.jpg
高圧碍子が落ちている、この壕の掘削はドリルだったかも知れない
DSC03497_R_2020083022391480a.jpg
湖面近くまで探したが、新たな物は見つからなかった
DSC03498_R_20200830223908303.jpg
ここで一旦捜索を打ち切る事にした。