FC2ブログ

千葉 鴨川流しソーメン

IMG_6247_R.jpg
今回は渓流でのソーメン大会となる
IMG_6249_R.jpg
アナリスト名物、流しソーメン
IMG_6252_R.jpg
今回は特性スライダーが、また進化した
IMG_6257_R.jpg
かなり快調に流れていく
IMG_6256_R.jpg
今回も16人の参加者が集まり、盛況であった
IMG_6258_R.jpg
今回のソーメンは30人前、結果的に余裕で無くなる
IMG_6259_R.jpg
ヤッシーさんがなんと、バイクで登場した。降りてきたんかいあの斜面!
IMG_6261_R.jpg
8ヶ月の沈黙を破って登場の「のだの人」登場
IMG_6265_R.jpg
さっそく戦線に参加する
1566790013997_R.jpg
〆にはスイカ職人の切り分けが披露される
1566789648882_R.jpg
16人の猛者達とポリタン1個
IMG_6266_R.jpg
全ての片付けを終えて、撤収する
DSC07277_R_2019082621220210b.jpg
勝浦の海岸にやってきた
1566821088358_R.jpg
ビキニのおネーちゃんを物色する人達
DSC07280_R_2019082621220436f.jpg
海に来て、山に入って行く人達
DSC07282_R_20190826212213847.jpg
ブランクも感じさせず、トップで銃眼にたどり着く人
DSC07283_R_20190826215346a76.jpg
壕口到着
DSC07287_R_201908262153486f8.jpg
突入
DSC07289_R_201908262153491b3.jpg
DSC07291_R_20190826215350df2.jpg
この壕の特徴である、切り替えし
DSC07293_R_20190826215352594.jpg
突き当たりの銃室
DSC07295_R_20190826215353479.jpg
銃眼は辛うじて貫通している
DSC07300_R_20190826215355e44.jpg
銃眼から見たビーチ
DSC07303_R_201908272326521d9.jpg
場面を勝浦に移動する
DSC07306_R_20190827232653f90.jpg
海岸を狙う銃眼
DSC07311_R_201908272326569e9.jpg
こちらが陣地への壕口
DSC07309_R_20190827232657665.jpg
到達するにはちょっとした斜面を横移動する
DSC07312_R_20190827232658e6c.jpg
壕内へ突入するが、低い
DSC07316_R_201908272326585ce.jpg
さっき外から観た銃眼
DSC07321_R_20190827232700f12.jpg
進むと開口部が見える
DSC07324_R_20190827232702e50.jpg
手前の弾薬庫
DSC07327_R_20190827232703490.jpg
壕口手前に分岐
DSC07329_R_20190827232704b87.jpg
壕口がもう一つある
DSC07335_R_20190827232707bb3.jpg
外に出るとトレンチが有る
DSC07336_R_20190827232707f40.jpg
解りにくいが、露天機銃座
DSC07337_R_201908272327129ed.jpg
更に山を回りこむ
DSC07341_R_20190827235135885.jpg
立派な壕口
DSC07343_R_20190827235137c96.jpg
入ると爆風よけのある、戦闘用陣地
DSC07345_R_201908272351380ed.jpg
右に曲がり、更に進む
DSC07349_R_20190827235140e8c.jpg
うっすらと銃眼が見える
DSC07351_R_201908272351416f8.jpg
四角く広い重機関銃の銃室
DSC07355_R_20190827235142604.jpg
三人入ってもかなりの余裕だ
DSC07356_R_2019082723514572f.jpg
下にも陣地がある
DSC07360_R_201908292253470a5.jpg
塹壕の中を歩いていく
DSC07362_R_20190829225348091.jpg
突入して行くのださん
DSC07369_R_20190829225350453.jpg
中は長方形の一部屋になっている
DSC07370_R_2019082922535198c.jpg
この字型に開口しているが、一方は殆ど塞がっている
DSC07371_R_201908292253528ce.jpg
無理すれば、出れなくは無い
DSC07374_R_20190829231025122.jpg
こんな壕がいくつもある
DSC07387_R_20190829231027947.jpg
いったい何のための壕なのだろう
DSC07389_R_20190829231029966.jpg
DSC07400_R_201908292310292ee.jpg
DSC07401_R_20190829231031f95.jpg
下山する
スポンサーサイト



千葉 茂原掩体壕(2019現状)

アナリスト探索の前に、時間が有ったので茂原の掩体壕を回ってきた
もう7~8年は行ってないような気がするので、行きがけの駄賃程度に行ってみた
001_R_20190707213936e89.jpg
前回訪問時には、11基の掩体壕を確認している
004_R_2019070721393869e.jpg
まず一つ目の小型機用掩体壕、個人敷地により立ち入れず
006_R_2019070721393992e.jpg
二つ目は有名物件の小型機用掩体壕
007_R_20190707213940645.jpg
大分荒れた様な気がする
016_R_2019070721394647e.jpg
三つ目、これが小型機用掩体壕
012_R_201907072139438be.jpg
入り口は偽装網で隠されている
014_R_201907072139449cd.jpg
個人の敷地に有るので、一応お断りして、裏側からならいいよと許可済み
015_R_2019070721394508b.jpg
むっちゃ畳かムシロの跡が着いている
017_R_20190707221320c76.jpg
四つ目、市の保存掩体壕
018_R_20190707221322e99.jpg
中攻用の掩体壕
019_R_20190707221323494.jpg
だいぶ薄れて読みづらくなった
020_R_201907072213253f0.jpg
下半分は埋まっているが、状態はまぁいい方だろう
021_R_2019070921241386d.jpg
五つ目は四つ目の裏にある
023_R_20190709212415ba0.jpg
いつの間にかソーラーパネルに埋まっていた
025_R_201907092124164c9.jpg
壊されないだけ、まだマシだろう
027_R_20190709212418acf.jpg
六つ目は完全に庭の中の駐車スペースになっている
029_R_201907092124194d7.jpg
中攻用の大きな物だ
030_R_201907092124207ca.jpg
七つ目の掩体壕
031_R_20190709212422663.jpg
その隣に、八つ目の掩体壕があったはずなのに無い、googleに映っていなかったのでもしやと思ったが
032_R_20190709212424b96.jpg
痕跡はこれだけだった。地元の人に聞いたら5年ほど前に土地の半分を売却し、買い取った団体が破壊してしまったそうだ。
破壊後5年間も放置するなら、壊さないで欲しかった。2016年9月頃に破壊されたと情報を頂きました
033_R_20190709214859939.jpg
もう1基も、いつまで持つやら? 
043_R_2019070921490099c.jpg
改めて八つ目の掩体壕に向かう
044_R_20190709214901a28.jpg
小型機用の掩体壕
047_R_201907092149030f3.jpg
床面もコンクリート舗装
048_R_201907092149052e5.jpg
この手のタイプは、土盛りにゴザを敷いてコンクリートで上から固め、後に中の土を掘り出し空間にする方法
049_R_20190709214906cc1.jpg
珍しく、お尻の方が尻つぼみにあまりなっていない掩体壕(こっちがお尻)
067_R_201907102059176ab.jpg
九つ目は、会社兼個人邸の奥にある
055_R_20190710205909107.jpg
知らなきゃ判らないだろうな?
056_R_201907102059097c2.jpg
お家の方に撮影許可を貰う
060_R_201907102059136d0.jpg
中攻用の大きな掩体壕だ
058_R_20190710205911e3e.jpg
謎の針金がいっぱい出ている
066_R_20190710205915f49.jpg
下の土台は先ほどの掩体壕と同じ作り方で、上の方は型を作り、コンクリートを流し込む方法が取られた様だ。
こんな部分を見て回ると面白いものだ。
064_R_20190710205914281.jpg
天井部には、ちゃんと金網が入っている061_R_20190710211852ec3.jpg
トラクターが10台ぐらい入りそうだ
062_R_20190710211854649.jpg
ちゃんとことわれば、見せてくれるので一声掛けよう!
068_R_201907102118558de.jpg
すぐ近くの住宅地に、埋もれるように最後の掩体壕がある
069_R_201907102118564b6.jpg
小型機用なので、まったく目立たない
070_R_20190710211858268.jpg
十個目の掩体壕
072_R_20190710211900376.jpg
これは大工さんの作業場になっていたのだが、家が廃屋になっていた
073_R_201907102119021f3.jpg
雨漏りがするので、上土を退けてしまったそうだ
075_R_201907102119032c2.jpg
使われなくなって久しい様だ、元気な大工さんだったのだが・・・
076_R_20190710211904bec.jpg
これで、現存10基の掩体壕を見た事になる所要時間約2時間で全部回れた。

勝浦 部原機関銃陣地

部原に向かう途中、気になる穴が有るという
DSC01962_R_20190511214355d2c.jpg
川津漁港の絶壁を登る(何故か一人だけ)
DSC01963_R_201905112143574e3.jpg
中々怖い眺めだ
DSC01967_R_20190511214359809.jpg
自然窟とは言いがたい3mほどの穴
DSC01964_R_20190511214357388.jpg
湾を監視するにはもってこいだ
DSC01969_R_20190512091339e88.jpg
怖くて下が見れない絶壁を降りていく
DSC01970_R_201905120913418a6.jpg
勝浦 沢倉の気になる穴に寄って行く
DSC01980_R_2019051209134840b.jpg
コンクリート擁壁されているが
DSC01979_R_201905120913474f9.jpg
壕口だけは残っている
DSC01972_R_201905120913428b2.jpg
単純な防空壕か?
DSC01974_R_20190512091343022.jpg
行き止まりかと思ったら、光が漏れている
DSC01977_R_20190512091345525.jpg
絶壁にぽっかりと開いた狙撃口だった
DSC02023_R_20190512093240dac.jpg
部原簡易パーキングに車を停め
DSC01982_R_20190512093237c63.jpg
捜索ポイントまでひたすら歩く
DSC01987_R_20190512093239ebb.jpg
パパさんが古道調査の際、見つけた小さな穴を確認に来た(画像を見る限り地下壕に見える)
DSC01988_R_20190512093837259.jpg
これが問題の穴
DSC01989_R_20190512093839ef4.jpg
入ると若干の水があり、二五穴っぽくもある
DSC01992_R_20190512093840240.jpg
入ってきた壕口、2/3が埋まっている
DSC01994_R_20190512122243c37.jpg
直角に右に曲がる、天井は低くなって行く
DSC01995_R_20190512122245974.jpg
壁には灯り置きがある
DSC01997_R_20190512122247667.jpg
道がY字に別れ、爆風避け兼すれ違い所となっている
DSC02000_R_20190512122247e9f.jpg
左に下って行く
DSC02006_R_201905121222492f4.jpg
今度は左右逆パターン
DSC02007_R_201905121222518cb.jpg
当然右へ進む
DSC02008_R_20190512191222158.jpg
飛来する小森さんを潜り抜け突き当りの部屋へ
DSC02009_R_201905121912239b0.jpg
大分蓄積されているが、銃座である、銃眼も奥まで伸びているタイプだ
DSC02010_R_20190512191223f0a.jpg
1m以上先に光が見える
DSC02012_R_2019051219122579d.jpg
狭くて同時に何人も入れないし、立てもしないので順番待ちの二人
DSC02015_R_20190512191228916.jpg
とりあえずねこさんに入ってもらう
DSC02017_R_20190512191229179.jpg
パパさんはすれ違い所で待機、昔もこんな感じだったのだろうか?
DSC02019_R_201905121912310e3.jpg
交互にそれを繰り返し検分して行く
DSC02021_R_201905121931015f8.jpg
見終わったので脱出する
DSC02022_R_20190512192911837.jpg
帰りに途中で見つけた銃眼らしき穴を外部から見つけたが、確証がない
1557656471235_R.jpg
後日ねこさんが単独で確認してくれた、確かに繋がっていたようだ
DSC02029_R_20190512192708e41.jpg
探索が終わり、野営ポイントへ移動する
DSC02025_R_20190512192709078.jpg
途中で肉と肉と肉と酒を買って行く
DSC02038_R_20190512192710620.jpg
今回は河原で野営だ
DSC02044_R_20190512192712ba8.jpg
野営ポイントで隊長達と合流
DSC02046_R_201905121927121f0.jpg
いい具合に火もおきた
DSC02050_R_201905121927142dc.jpg
ヤッシーさんも加わり宴が始まる
DSC02051_R_2019051219271649f.jpg
焚き火台と七輪で直火は避ける
DSC02053_R_20190512192717ca1.jpg
ひたすら肉尽くしのバーベキュー
DSC02056_R_20190512192719c7f.jpg
今日の成果を夜中まで語り合った
DSC02069_R_20190512192721b72.jpg
翌日はそれぞれ用事が有るので適当に朝飯焼いて解散となった
DSC02067_R_20190512192720d53.jpg
GW中であったが、時間的に逆になるので道路は空いていた
DSC02072_R_20190512192723a10.jpg
こんなパターンも結構楽でいいかも知れない

興津(おきつ)背射砲陣地

GWに千葉県勝浦の興津漁港にある、背射陣地を発見した
本来はキャンプがしたかっただけなのだが、ワガママな奴が居て、日中は穴探しになった
午前中は不本意な結果になったが、午後からのリトライは当たりだった。
背射陣地とは、湾や谷等の奥まった所に進軍してきた敵の、背後から袋叩きにするのが目的の陣地
上陸時に敵に見つかり難いのだが、一度上陸されたら自分等も逃げ道が無い背水の陣である
DSC01786_R_20190509183732130.jpg
今回は少数精鋭でのトライとなった
DSC01827_R_2019050918373396d.jpg
興津東漁港に到着
DSC01828_R_201905091837358b4.jpg
最近の漁港はうっかり停めるとお金を徴収する
DSC01829_R_20190509183736e6b.jpg
漁港の内側に大穴が開いている
DSC01831_R_20190509183737acb.jpg
横幅も広く、震洋ではない
DSC01834_R_201905091837398ac.jpg
しかし、奥行きは余り無く、回天、海龍でも無さそうだ
DSC01837_R_201905091837412a6.jpg
すぐ近くに震洋壕がある
DSC01839_R_20190509183742d97.jpg
サイズとしては、ほぼ半分である
DSC01840_R_201905091837437c9.jpg
一応海岸を見て回るが、特には見当たらない
DSC01841_R_20190509183745bb5.jpg
これは水の道だろう
DSC01843_R_20190509202744cda.jpg
東側は峻険すぎて、上陸ポイントにはならないだろう
DSC01846_R_2019050920274671b.jpg
一応、西漁港に移動する
DSC01852_R_201905092027471e1.jpg
海保界の他に、港海保ってなんやろ?
DSC01853_R_201905092027483fe.jpg
あそこに何か有る!
DSC01854_R_20190509202749698.jpg
一見祠かと思ったが、鉄の扉が付いている
DSC01855_R_20190509202751c71.jpg
扉は硬く錆び付いていて動かないが、パパさんが風が来るよと気が着いた
DSC01857_R_2019050920275258d.jpg
さっそくもう一つの入り口を見つけたパパさん
DSC01858_R_20190509211107e54.jpg
ワガママ言った奴、さっさと調べて来んかい!っと斥候に行かされる
DSC01860_R_20190509211108fc1.jpg
入り口は厳しいが、内部はしっかりしてそうだ、カナリアは主人に大丈夫な事を伝える
DSC01862_R_20190509211109252.jpg
比較的広く、しっかりした壕だ
DSC01865_R_20190509211112305.jpg
左手に分岐
DSC01866_R_20190509211113582.jpg
いや、弾薬庫のようだ、ここにこれがあるって事は、入って来たのは砲室だったようだ
DSC01871_R_201905092139087a7.jpg
今度は右に分岐がある
DSC01872_R_20190509213910a8a.jpg
左はパパさんに任せる
DSC01873_R_20190509213912ad8.jpg
右に行くとT字路だ
DSC01874_R_201905092139136a2.jpg
ちょっとクランクして
DSC01876_R_20190509213915ff6.jpg
さっき表から見た鉄扉だ
DSC01877_R_20190509213916058.jpg
左に行くと、すぐ右に部屋がある、足元には朽ちた扉が!
DSC01878_R_20190509213917fdd.jpg
中に入ると、正面に何か?
DSC01883_R_201905092203490ef.jpg
木枠の付いた棚が二つあったようだ、作戦室か?
DSC01886_R_201905092203494b5.jpg
壁に鎹も打って有る
DSC01885_R_20190510191314aae.jpg
これは棚の枠組み?木箱?
DSC01887_R_2019050922035152b.jpg
左へ行ったはずのパパさんがいる、ループしているようだ。何か叫んでいる
DSC01888_R_20190509220353509.jpg
水没だが広い部屋だ
DSC01891_R_2019050922035411f.jpg
この時点で長靴は自分だけ、奥に行ってみる
DSC01894_R_20190509220355e04.jpg
木箱が原型を留めて沈んでいる、小銃の弾薬箱か?
DSC01899_R_20190509220357672.jpg
たくさんある長方形の木箱
DSC01900_R_201905092203579c4.jpg
速射砲の弾薬箱だろうか?
DSC01903_R_2019050922040011a.jpg
奥に伸びる通路
DSC01904_R_20190509220400dfe.jpg
残念ながら下り傾斜の水没だ
DSC01907_R_201905092204024e7.jpg
方向的には海岸線に向かっているので、出入り口だったのだろう
DSC01916_R_201905101935356a3.jpg
棒状の金属も沈んでいる
DSC01918_R_20190510193537cd2.jpg
側面にある登り勾配の通路を上ると右に分岐がある
DSC01919_R_20190510193538f34.jpg
何かのパーツ?
DSC01922_R_20190510193540976.jpg
小さな部屋のようだ
DSC01923_R_20190510193540bea.jpg
横の壁になぜか釘一本
DSC01924_R_20190510193542ee5.jpg
更に登っていく
DSC01926_R_20190510193544bdf.jpg
残念ながら行き止まりだ、上部への抜き穴なのだろう
DSC01927_R_20190510201058810.jpg
さて、戻ろう
DSC01929_R_20190510201100cba.jpg
水没の部屋を経由して、メイン通路に戻る
DSC01930_R_20190510201101f84.jpg
この通路がループ部分で、最奥となる
DSC01936_R_20190510201102149.jpg
右に部屋がある
DSC01937_R_201905102011044f4.jpg
L字型の部屋
DSC01940_R_20190510201105fef.jpg
崩落防止か、意外に入り口が分厚い
DSC01942_R_20190510201106bf1.jpg
部屋を出て、最後のループを曲がる
DSC01944_R_20190510202937214.jpg
バックヤードは何も無いストレートな通路
DSC01945_R_20190510202938ff3.jpg
最初の交差点に戻ってきた、これで一周だ
DSC01946_R_20190510202940fd2.jpg
防錆塗料やリベットの無い溶接の扉は後世の物であろう
DSC01948_R_20190510202941705.jpg
もう一度部屋を見ていく
DSC01952_R_2019051020294524e.jpg
コンクリートで整形された間口
DSC01949_R_20190510202942021.jpg
扉で個室となっていた、特別な部屋
DSC01951_R_20190510202943aa0.jpg
悩ましい部屋だ
DSC01955_R_201905102029472ce.jpg
ねこさんも気になるようだ
DSC01957_R_20190510210235b2e.jpg
さて、脱出しよう
DSC01958_R_20190510210237bde.jpg
無事脱出
DSC01959_R_20190510210238db0.jpg
付近を捜すともう一つあった
DSC01960_R_2019051021024011b.jpg
しかしこちらは完全に天井が崩落していて、入る事が出来ない

千葉 市原市鶴舞H神社用途不明壕

DSC04107_R_20190121212323543.jpg
この時点で18時近くになっていたが、アナリストに夜は関係ない、どうせ壕内は真っ暗だ!
DSC04108_R_20190121212325b8d.jpg
憑いて来いと言わんばかりに張り切るねこさん
DSC04109_R_20190121212327552.jpg
塹壕の中を総軍さんも憑いて行く
DSC04110_R_2019012121232704e.jpg
木々が倒れこみ、井戸状になってしまった入り口
DSC04111_R_20190121212329da2.jpg
木に伝わりながら降りて行く
DSC04112_R_201901212123302b4.jpg
壕口自体は崩落も無くしっかりしていた
DSC04115_R_201901212123312bc.jpg
入り口付近は丸かった天井が四角くなる
DSC04116_R_20190121220413fdb.jpg
ゆるい下り坂に沿って、根っこが生えて気色悪い
DSC04117_R_2019012122041467c.jpg
壁面も血管が浮いてるみたいだ
DSC04118_R_20190121220416623.jpg
ここからまた、一段と下降して行く
DSC04119_R_20190121220418ffd.jpg
うっすら階段が見える、雨の流入等で埋もれているのだろう
DSC04126_R_201901212204203e5.jpg
ひたすら真っ直ぐ地下に向かって下っていく
DSC04123_R_201901212204184e8.jpg
天井に小森さんが増えてきた
DSC04127_R_20190121222534889.jpg
もこもこの塊
DSC04128_R_2019012122253684e.jpg
冬眠中だが、プルプル動いているのがカワイイ
DSC04129_R_20190121222536e38.jpg
右側にホッソイ隙間がある
DSC04132_R_20190121222539cd5.jpg
左側に何かある
DSC04133_R_2019012122254032b.jpg
筒状の穴が縦に空けてある
DSC04135_R_201901212225423c3.jpg
地上まで延びていたのだろう、通信筒の穴か、シンプルに伝声管か?
DSC04139_R_201901212302172ae.jpg
通路に戻る、ここで若干左に曲がる
DSC04142_R_20190121230217022.jpg
そしてまた、急激に下る
DSC04144_R_20190121230220142.jpg
この辺には支保の丸太が数本残っていた
DSC04145_R_201901212302200b3.jpg
落っこちる様な下り階段を降りて行く
DSC04146_R_20190121230222b98.jpg
下の方の階段は埋没している
DSC04148_R_20190121230223db0.jpg
とても綺麗な通路だ
DSC04152_R_201901212335196a6.jpg
左側に部屋があった、この壕唯一の部屋らしい部屋だ
DSC04154_R_2019012123352266e.jpg
部屋の右側にも小部屋が掘られていた
DSC04155_R_2019012123352400d.jpg
この辺りに来ると、水が染み出してくる
DSC04157_R_20190121233526983.jpg
すごくくっきりとした、通路の変わり方
DSC04158_R_20190122224511ba8.jpg
狭くなったのに、小森さんはいっぱいいらっしゃる
DSC04161_R_20190122224512baf.jpg
電気配線でもあったのだろうか?
DSC04163_R_20190122224513b8c.jpg
最後の通路は水没だった
DSC04165_R_201901222245163f9.jpg
両側の壁沿いが比較的浅かったので、長靴の限界まで行ってみた
DSC04164_R_20190122224515dab.jpg
しかしこれ以上はアウトだった、何となく開口していそうな感じに見える
DSC04170_R_20190122224519de0.jpg
入った事のある二人は手前で待っていた
DSC04171_R_201901222245204e1.jpg
結果的に殆ど一本道の壕であったが、10数m以上の高低差を有していた
DSC04176_R_2019012222452178b.jpg
お正月の神社は、昼夜人がいるようだ、こっそりとお暇する