茂原 本納弾薬庫

DSC01996_R_20160120235120f2d.jpg
この山に弾薬庫があるとの、地元の人情報をメンバーが聞いたことがある
DSC01973_R_20160120235117829.jpg
さくっとあった、コンクリートの穴
DSC01975_R_201601202351186b5.jpg
しかし、内部は近代コンクリートの別物であった
DSC01997_R_20160120235122d05.jpg
では、早速山歩きを始める
DSC01979_R_20160120235119502.jpg
気の向くままに探し始めると、今度もあっさりと発見、しかし入り口は半没の斜坑になっていて、狭い
DSC01981_R_201601212116459e1.jpg
こんな感じの縦に落ちる斜坑となっている。まずは一人で斥候に入って行く
DSC01982_R_2016012121164649b.jpg
20%ほどの斜坑を降りて行く、気を抜くと20mほど滑落する事になる
DSC01983_R_20160121211648e09.jpg
下に到着、50cmほどの段差があるが、問題ない!立派な通路の広さに大当たりの予感が・・・
DSC01985_R_20160121211649adb.jpg
なんと、奥を覗くとコンクリート巻きが見えるではないか!
DSC01987_R_201601212116507f7.jpg
足元には、トロッコの枕木まである
DSC01988_R_20160121215247a97.jpg
天井には水平を計る為の、チーフを垂らす釘が刺さっていた
DSC01989_R_201601212152497e7.jpg
これはかなり純度の高い、コンクリートを使っているようだ、しかも分厚い
DSC01992_R_2016012121525036e.jpg
かなり出来が良い事が、見て取れるだろう
DSC01993_R_20160121215251d6a.jpg
茂原特有の、土盛りもあるし、まだまだ先が有りそうだ、これはヤバイ、楽しすぎる
DSC01994_R_20160121215253983.jpg
電池残量に不安がある為、一旦合流して説明し、先に入っていてもらう
DSC01999_R_20160121220528371.jpg
速攻で戻ると、既にねこさんは測量を開始していた
DSC02002_R_201601212205299aa.jpg
侵入口はこんな感じの斜坑になっている
DSC02003_R_2016012122053146c.jpg
では、再び探索を再開する
DSC02004_R_2016012122053293d.jpg
地面こそ全面土だが、このコンクリートはすごい綺麗だ
DSC02006_R_20160121220533daf.jpg
交差点部分と一部の壕口のみなのが残念だが
DSC02007_R_2016012122165743f.jpg
とりあえず右に進んで行く、綺麗に平らになった通路
DSC02008_R_20160121221658ace.jpg
側溝もきちんと掘ってある
DSC02009_R_20160121221700982.jpg
トロッコの枕木も、そこここにある
DSC02010_R_20160121221701ed9.jpg
更に奥にはステキな光景が見える
DSC02013_R_20160121221703238.jpg
すばらしい分厚さのコンクリートだ!1t爆弾でも耐えられそう
DSC02014_R_20160121223120fd6.jpg
あえて十字路にしない交差点も茂原では良くある
DSC02015_R_201601212231225bf.jpg
盛り土のある通路に進む(右側)
DSC02016_R_201601212231239c3.jpg
この通路は少し床が悪い
DSC02018_R_20160121223124a3f.jpg
壁には電気配線か、釘が打って有る
DSC02021_R_201601212231260bf.jpg
最億部、入って来た壕口と似た感じである
DSC02022_R_20160121224518977.jpg
不恰好な斜坑を登って行く
DSC02024_R_20160121224519b13.jpg
僅かに開口しているが、出入りはしにくそうだった
DSC02026_R_20160121224520527.jpg
硝石の染み出した段差部分、茂原は段差を付けるのが、何故か好きなようだ
DSC02027_R_20160121224522675.jpg
天井は適度に崩落している
DSC02028_R_2016012122452381e.jpg
測量に没頭するねこさん
DSC02029_R_20160121225831bab.jpg
一番南側の通路に進む
DSC02031_R_20160121225832576.jpg
かなり深く掘られた側溝が続く
DSC02036_R_2016012122583310d.jpg
南側最深部は、コンクリート巻きの壕口が外部から破壊されている様だ、米軍の爆撃か?
DSC02037_R_2016012122583693a.jpg
良く見ると、分厚いが鉄筋が入っておらず、木材が入っている木筋コンクリートの様だ
DSC02038_R_20160121225836207.jpg
立派な通路である、これが地下空間なのであるから、大した物だ
DSC02040_R_20160121232741d00.jpg
接続部に戻って来た
DSC02041_R_20160121232742067.jpg
このズレ加減に萌を感じる
DSC02043_R_20160121232744c70.jpg
この壕唯一と言える残留物(インクビン)
DSC02047_R_20160121232745afc.jpg
東側2番通路、これも綺麗な掘削だ
DSC02049_R_20160121232747e51.jpg
これもインクビンか?底にS.S.Sと入っている
DSC02051_R_20160121233509a32.jpg
側溝は今も生きている
DSC02055_R_20160121233510eff.jpg
開口部は軽く水没していた
DSC02056_R_20160121233511c71.jpg
その前の水路が印象的だった
DSC02057_R_20160121233513e3b.jpg
壕口外部は、緑に包まれていた
DSC02063_R_20160121233514198.jpg
壕内に戻る
DSC02065_R_201601212345403d8.jpg
こっちから見ると、更に特徴的に見える
DSC02069_R_20160121234541cf9.jpg
奥からねこさんがやってきた
DSC02070_R_20160121234542052.jpg
一心不乱に測量をしている
DSC02073_R_20160121234543eb1.jpg
この通路は接続部までだけで、約70mある大した規模だ
DSC02074_R_20160121234545ca2.jpg
壁に打ち込まれた鉄鋲、電気配線用か
DSC02075_R_20160122230011b03.jpg
交差点に戻って来た
DSC02078_R_2016012223001413f.jpg
中央通路を最初に来た方向を見ている
DSC02079_R_20160122230017d8b.jpg
振り向くと人物比(きへいさん)がいた
DSC02080_R_20160122230020bad.jpg
1番通路に戻る
DSC02083_R_2016012223002337d.jpg
コンクリートに小森さんがくっついていた
DSC02087_R_20160122231025877.jpg
1番通路東側に進む、いくぶん崩落が見える
DSC02089_R_201601222310281d0.jpg
地面の様子が変る
DSC02093_R_20160122231031c0d.jpg
側溝が掘られ、壁に取り付け金具の様な物が並ぶ
DSC02095_R_2016012223103475a.jpg
何かの工作機械でも有ったのだろうか?
DSC02096_R_201601222310371d1.jpg
壕床も砂利を引いて、平らく整地されていた
DSC02098_R_201601222318249fd.jpg
奥に何やら構造物が見えてきた
DSC02102_R_20160122231826c62.jpg
なんと、外部から焼却炉か何かに、使われているようだ
DSC02103_R_2016012223182967f.jpg
コンクリート巻きの前緑に溝が掘られている
DSC02104_R_20160122231832fa8.jpg
アーチ状に掘られた溝、支保にしては変な感じだ
DSC02106_R_2016012223250933d.jpg
実にこの通路は完成度が高かった
DSC02107_R_20160122232511b28.jpg
長い鉄棒が刺さっていた、掘削ロッド?
DSC02108_R_201601222325144cd.jpg
ぶっといのもいくつかある
DSC02112_R_20160122232521cef.jpg
良く見ると、鉄道の犬釘じゃないだろうか?
DSC02111_R_20160122232517fab.jpg
交差点に戻って来た、これで一回りした事になる
DSC02114_R_20160122233305219.jpg
では、地上に戻ろう
DSC02115_R_20160122233307499.jpg
振り向くとピントも合わない勢いで、きへいさんが登ってきた
DSC02120_R_20160122233311bc8.jpg
その後、他所で穴に関する住民情報を頂いたが
DSC02123_R_20160122233314fdb.jpg
塹壕は見つけた物の、日没タイムアウト
DSC02124_R_20160122233317e0f.jpg
駐車場に戻って来た、お疲れ様!
DSC02127_R_2016012223380776b.jpg
館山道を軽快に飛ばすも、ブレーキランプが燈る
DSC02128_R_20160122233809171.jpg
これはあかん
DSC02130_R_20160122233812140.jpg
急遽湾岸を諦め、アクアラインに逃げる
DSC02131_R_20160122233816031.jpg
4km程度の渋滞で突破できた、良かったナビどうりに行かなくて!

20160104195329109[1]
ねこさん作画
スポンサーサイト

茂原 本納西拠点陣地

DSC01920_R_2016011621561329c.jpg
別のポイントからアタックを再開する
DSC01921_R_2016011621561564a.jpg
某トンネル好きな方から、穴だらけだとの情報が有ったそうだ、確かにある
DSC01923_R_20160116221509ce7.jpg
しかしその辺りにあるのは、墳墓ばかりであった
DSC01924_R_2016011622151029e.jpg
とりあえず確認しながら、山へと入って行くと
DSC01925_R_20160116221511804.jpg
山頂付近で穴発見!
DSC01926_R_20160116221513de5.jpg
これは間違い無く、墳墓などではない、軍掘りである
DSC01928_R_20160116221514035.jpg
壁に何か掘ってある、「徳」だろうか?
DSC01929_R_2016011622224830d.jpg
下り勾配の壕を進んで行くと20mほどで右にクランク
DSC01930_R_2016011622224942f.jpg
数mで終わっていた貯蔵壕だろうか
DSC01931_R_2016011622225091a.jpg
小規模では有るが、これで軍関係が陣地を構築していた確信が出来た
DSC01933_R_20160116222252736.jpg
期待を抱きつつ、次の壕を探しに向う
DSC01935_R_20160116224003a80.jpg
幾つかの墳墓をへて、大きな入り口を発見、造りは墳墓だが
DSC01937_R_20160116224005237.jpg
墳墓改造壕のようだ
DSC01938_R_20160116224006b14.jpg
左は閉塞
DSC01940_R_20160116224007884.jpg
正面は真四角な部屋
DSC01941_R_2016011622400929b.jpg
右にまた、分岐が見える
DSC01942_R_201601162304002f5.jpg
右は埋ってしまった出入り口
DSC01943_R_201601162304010ec.jpg
左も小部屋で終わっていた
DSC01944_R_2016011623040260f.jpg
振り返ると判るが、奥の方は若干高いが
DSC01945_R_2016011623040434e.jpg
入り口の高さはこの程度
DSC01947_R_2016011623040538a.jpg
糧秣庫か何かだったのだろう、狭いからとっとと出て行く
DSC01948_R_20160116231458b4c.jpg
付近を探索すると、蛸壺が幾つかある
DSC01950_R_20160116231500e7e.jpg
蛸壺が有るとゆう事は、守る何かが有るとゆう事だ
DSC01951_R_201601162315010a6.jpg
竹林を探索すると、また墳墓発見
DSC01954_R_2016011623150263f.jpg
また墳墓改造型のようだ
DSC01955_R_201601162315044e9.jpg
灯り置きの小さい棚
DSC01958_R_201601162327202ac.jpg
棲息部だろう、広い部屋
DSC01959_R_20160116232722343.jpg
振り返った入り口
DSC01960_R_2016011623272210f.jpg
しかし、奥は無くこれで終わりだった
DSC01961_R_201601162327241a7.jpg
振り返った、黄色い壕内
DSC01962_R_20160116232726a1c.jpg
とても奇妙な形の壕口、右下半分は後年に崩れたのだろう
DSC01963_R_20160117215826185.jpg
墳墓改造壕はそれなりの数があった、墳墓はお墓なので1~2部屋しかない、それ以上を改造壕と看做している
DSC01964_R_201601172158273b2.jpg
このような形状は完全に軍関係だろう
DSC01965_R_20160117215828f3d.jpg
掩蔽部は結構な広さがあった
DSC01966_R_20160117215830a2b.jpg
しかし八割がたはただの墳墓なので、かなりの時間と労力を費やしてしまった
DSC01967_R_20160117215831640.jpg
中世の祠も混在し、さらに時間を浪費する
DSC01968_R_20160117222133b43.jpg
結局指令部的な大きな物は見つからず、下山する事になった
DSC01969_R_20160117222135797.jpg
この竹林を戻るのは、結構大変なのだ、みんな同じ所に見えるからコースを間違える事も多い
DSC01970_R_20160117222136a75.jpg
見つけた遺構をトレースしながら位置を確認しつつ無事下山
結局大した物は見つからなかったので、ぱぱさん、まききさんが古道散策で訪れた際に現地情報で弾薬庫があるとの情報を得ていた場所に行く事にした


DSC01973_R_2016011722213700f.jpg
次回新規発見物件、コンクリート補強付き大型弾薬庫をUP予定・・・・多分

野々塚山速射砲陣地 その3

DSC01097_R_20151121210238fea.jpg
塞がれた、小さな壕口を見つけた
DSC01099_R_20151121210240026.jpg
中を覗くと、激しく水没、どっしょも無いやん
DSC01104_R_20151121210242dc5.jpg
外側には銃眼の痕跡があった
DSC01105_R_20151121210242807.jpg
どうやって入ろうか、思案するまききさん
DSC01143_R_20151121211226738.jpg
空を見上げると山奥を感じさせる木々にほとんど見えない
DSC01145_R_20151121211227930.jpg
のだの人氏が、新たな壕口を発見したので、転げ落ちそうな斜面を急降下する
DSC01147_R_20151121211229909.jpg
御立派な壕口が顔を出す
DSC01148_R_20151121211230abc.jpg
発見者には先に入る権利がある、先に入ってもらう
DSC01149_R_20151121211231efc.jpg
では、自分も入ろう
DSC01150_R_20151121211957fe5.jpg
ゆるい下り勾配のうねった通路
DSC01152_R_201511212119586d0.jpg
掘削自体は綺麗なものだ
DSC01154_R_20151121211959a50.jpg
分岐路に出る
DSC01155_R.jpg
見事に水没
DSC01156_R.jpg
根性で進んで行く、入り口が見える
DSC01158_R_20151121212505569.jpg
池と化した部屋で、行き止まりとなった
DSC01159_R_20151121212507de7.jpg
撤収する
DSC01160_R_201511212125080b6.jpg
もこもこの小森さん
DSC01161_R_20151121212510c95.jpg
のだの人氏はもう一つ見つけていた
DSC01162_R_20151121212511ee7.jpg
彼の後ろから付いて行く
DSC01164_R_201511212129574c1.jpg
光の巨人は壕内に消えていった
DSC01165_R_20151121212958080.jpg
さて、壕口の形は先ほどの壕と似たようなものだ
DSC01166_R_20151121212959544.jpg
下り勾配の、ぬかるんだ通路を下って行く
DSC01167_R_201511212130028f8.jpg
ひどい湿気と共に、水没通路が現れる
DSC01168_R_20151121213003d5f.jpg
逝ける所まで逝ってみる
DSC01170_R_2015112121360906e.jpg
先の曲がり角も見えるが、胸の辺まで水面が来ている、ちょっと無理!
DSC01173_R_20151121213612072.jpg
灯り置きだけが、2つ並んでいた
DSC01174_R_201511212136126c3.jpg
撤収する
DSC01175_R.jpg
これ以上は無理って所まで、探索したが、今回はこれ以上見つからなかった
DSC01176_R_20151121213615704.jpg
みんな、掴まらないと落ちそうな斜面に、無意識に何かを掴んでいる
DSC01177_R_20151121214240ef7.jpg
後はひたすら登って行かないと帰れない
DSC01178_R_201511212142415a8.jpg
探索を終え、下界に戻って来た
DSC01180_R_20151121214243ed4.jpg
所定の探索を終え、一息着く一同
DSC01181_R_2015112121424417f.jpg
まきき号フルカスタム
DSC01182_R_20151121215151206.jpg
ついでに、近くの神社に寄って見た
DSC01184_R_201511212153131cb.jpg
収穫無しで降りてくると、まきき氏が笑顔で出迎えて「情報がありましたと言う」
DSC01186_R_201511212153153f6.jpg
住民の方の話では、この山にも陣地があって、入って遊んでいたそうだ
DSC01189_R_20151121215316ae8.jpg
日もくれて、これ以上の探索は無理となり、次回持越しとなる
DSC01191_R_2015112121531819a.jpg
濃霧の中のだの人氏と共に高速を目指す
DSC01192_R_2015112121531957b.jpg
殆んど何も見えないような濃霧の中、横浜を目指すyakumoは楽しい2時間の帰り道に着く

野々塚山速射砲陣地 その2

DSC01040_R_20151119232109e53.jpg
一方、下方に向ったきへい氏、ねこさんチームも負けては居なかった
DSC01043_R_201511192321110bb.jpg
速射砲陣地を発見したとの事で、早速見に行った
DSC01044_R_201511192321121e8.jpg
斜面に掘られた、蛸壺塹壕
DSC01045_R_201511192321132a8.jpg
この辺でも、随所に見られた
DSC01049_R_2015111923211584d.jpg
早速入った壕内は、とても綺麗な造りをしていた
DSC01050_R_20151119232811ead.jpg
突き当たりのT字路
DSC01052_R_201511192328136cf.jpg
T字路右側は埋っている
DSC01053_R_20151119232814a94.jpg
この部分は、掘りかけの様だった
DSC01054_R_20151119232815588.jpg
反対側に向うDSC01055_R_20151119232817696.jpg
曲がった先にはブルーシートで覆われた擁壁の裏側が見える
DSC01058_R_20151120213223f89.jpg
物凄く四角く切られた部屋、間違い無く速射砲の砲室である、ここは前室(即応弾薬庫か?)らしい
DSC01059_R_2015112021322458e.jpg
本来の砲室部分は擁壁の為、斜めに切り取られている
DSC01060_R_20151120213225c1c.jpg
前室部分を振り返る、四角い・・・
DSC01061_R_20151120213227b27.jpg
戻る途中に、のださんが崩落部分の検証をしていた
DSC01062_R_20151120213229aa0.jpg
最初のT字路まで戻る
DSC01063_R_20151120214937cb7.jpg
分岐に戻った、割りと複雑な分岐だ
DSC01064_R_20151120214939cfa.jpg
奥に進む
DSC01066_R_20151120214940f0f.jpg
掘りかけの部屋に到着
DSC01067_R_20151120214942912.jpg
中央に銃眼のような窪みが見える
DSC01069_R_20151120214943855.jpg
銃眼製作中に終戦となったのだろう
DSC01070_R_20151120235027cc9.jpg
最深部に来たようなので、戻るとする
DSC01074_R_201511202350281f6.jpg
すれ違い所部分
DSC01076_R_20151120235029029.jpg
入り口付近の分岐路
DSC01078_R_20151120235031c9e.jpg
まきき氏発見
DSC01079_R_20151120235032dcb.jpg
のださんの潜り込んでいた所を熱心に撮っている
DSC01084_R_20151120235732d91.jpg
一旦外に出て、昼飯とする
DSC01086_R_20151120235733381.jpg
ファミリーレストランこだまに行く
DSC01087_R_2015112023573444e.jpg
全員同じメニューを頼む
DSC01088_R_20151120235735511.jpg
勝浦チャーシュー坦々麺
DSC01093_R_20151121201055627.jpg
食後、再び戻り、早速新たな壕口を発見する
DSC01094_R_201511212010567ff.jpg
外部を良く見ると、銃眼も見える
DSC01096_R_2015112120105813c.jpg
間違いない、機銃陣地を発見した
DSC01111_R_20151121201555390.jpg
では、入壕すると右カーブになる
DSC01112_R_20151121201557dfd.jpg
曲がるとT字路にぶつかる
DSC01113_R_201511212015580a9.jpg
片側は水没通路となる
DSC01115_R_2015112120155923c.jpg
行ける所まで行ってみたが、ここで限界だった
DSC01118_R_2015112120195160b.jpg
さて、T字路に戻ろう
DSC01120_R_201511212019530c1.jpg
逆サイドは下りになっていた
DSC01122_R_201511212019559ec.jpg
降りて行くと、不恰好だが銃座がある
DSC01123_R_20151121201957f21.jpg
さっき見た銃眼の内側に来た
DSC01121_R.jpg
最深部に来たので戻るとする
DSC01125_R_20151121204524804.jpg
水没の部屋に後ろ髪を惹かれるが、撤収する
DSC01129_R_20151121204525b3a.jpg
なかなか立派な陣地だった
DSC01131_R_20151121204526331.jpg
外に出ると、きへい氏が銃眼の復旧作業をしていた
DSC01134_R_20151121204528fb7.jpg
いつもながら、大した物だ

野々塚山速射砲陣地 その1

11月のとある日曜日に、房総半島戦跡考古調査会のメンバーと探索に行った
今回は記録から、地下壕が存在している確証があるので、ひたすら根性の探索を繰り返す事で
機銃陣地、速射砲陣地、指揮所と思しき壕など7箇所を発見出来た
記録では10箇所、対岸に3箇所となっているので、継続調査が必要な物件である
DSC00962_R_20151118063007d3d.jpg
集合時間が遅いので、ゆっくり目に横浜出発
DSC00963_R_2015111806300903b.jpg
アクアラインを渡り、現地に到着
DSC00964_R_20151118063012b7f.jpg
雨の中集合したつわもの達(スーツが一人)
DSC00968_R_2015111806301415e.jpg
スーツを脱いで、戦闘服にチェンジするきへい氏
DSC00969_R_20151118063017201.jpg
真剣なミーティングが始まる
DSC00973_R_20151118220526226.jpg
深い霧の中、現場に向う怪しい軍団
DSC00975_R_201511182205283c4.jpg
深いのは霧だけではなく、ブッシュも物凄い
DSC00977_R_20151118220529bed.jpg
雨の為、泥濘と化した山中をひたすら捜索するメンバー
DSC00978_R_201511182205312bb.jpg
地図上で当たりを付けてきているが、コンクリートの壁となっている部分もある
DSC00979_R_20151118220533675.jpg
脇から回り込んで、兎に角登る、降りるを繰り返す、そうするうちに
DSC00980_R_20151118221356067.jpg
手前の山は石切り場だったようだ
DSC00981_R_20151118221357fa3.jpg
人工的に切り取られた壁面が散見する
DSC00983_R_20151118221358e61.jpg
そして今回の最大の敵はコイツ、山ビルである、幸いな事に一度も被害にはあっていない、スズメバチだけだ
DSC00985_R_20151118221400ee8.jpg
とある側道から山に入る、ここで部隊は2手に分かれる
DSC00989_R_201511182214015d7.jpg
怪しい所を山の斜面に見つけた
DSC00991_R_2015111822214240d.jpg
間違いない、銃眼だ!近くに必ず壕口がある!上部グループは早速壕口を探し出した
DSC00993_R_20151118222143dee.jpg
かなり立派な陣地のようだ
DSC00994_R_201511182221444a1.jpg
美味しそうなキノコも生えてる
DSC00995_R_201511182221462f5.jpg
では、中に入ろう
DSC00996_R_20151118222147eab.jpg
左に直角に曲がる道がある
DSC00997_R_20151118223000a43.jpg
ひたすら下って行く階段が見える、これは当たりだ、萌える!
DSC00999_R_201511182230023b8.jpg
取りあえずは、真っ直ぐ進んでみる、T字に当たり右を見ると
DSC01001_R_20151118223003498.jpg
銃眼が見える
DSC01003_R_2015111822300547d.jpg
しかも、右よりの機銃台座なんて、始めて見た
DSC01006_R_201511182230067c6.jpg
銃眼も四角く綺麗に掘削されている
DSC01008_R_201511182239359da.jpg
銃室の入り口を振り返る
DSC01010_R_2015111822393795c.jpg
引き返して、今度は下り階段を降りる
DSC01011_R_2015111822393812a.jpg
ふと頭上を見ると、小森さんがお昼ねしていた
DSC01012_R_20151118223939241.jpg
滑り落ちそうな階段を降りると、T字路にぶつかる
DSC01013_R_20151118223941dd8.jpg
右を見ると、また別の銃室が見つかる
DSC01014_R_201511182247289f0.jpg
この銃室も銃座が右に寄っている
DSC01015_R_201511182247299cb.jpg
根っこに起用にぶら下がる小森さん
DSC01018_R_201511182247303b6.jpg
スナイパー「ゴルゴのだの人」
DSC01019_R_201511182247324f6.jpg
振り返る、左が降りて来た階段
DSC01020_R_20151118224733139.jpg
下から見上げる階段、落ちたらかなりヤバイ!
DSC01023_R_201511182255229f3.jpg
逆側に進むと、すぐに左にクランクしている
DSC01024_R_201511182255244ae.jpg
曲がるとすぐにT字にぶつかる
DSC01025_R_2015111822552497b.jpg
左のすれ違い所
DSC01026_R_20151118225526d62.jpg
右を見ると、主出入り口のような立派な掘削の部屋
DSC01027_R_20151118225528b67.jpg
残念ながら、土砂の流入で塞がっていた
DSC01028_R_20151118232457773.jpg
階段を地上へと戻って行く
DSC01029_R_201511182324588a0.jpg
何とか無事にこけずに登れた
DSC01030_R_2015111823245925f.jpg
角にある、灯り置きの窪み
DSC01031_R_2015111823250128a.jpg
さて、外の探索に向おう
DSC01032_R_2015111823250331d.jpg
外の斜面には、蛸壺塹壕がかなりある
DSC01033_R_20151118233221d33.jpg
DSC01034_R_201511182332225c6.jpg
同様の壕が4つほど並んでいる
DSC01036_R_20151118233223fa5.jpg
その為の地下掩蔽部が背後に掘られている
DSC01038_R_201511182332250f3.jpg
しかし、U字形にループしているだけの、単純壕だった