大多喜64部隊洞窟陣地

DSC08954_R_201805182323447d9.jpg
午後の部を開始する
DSC08955_R_20180518232346364.jpg
山に登り始め、バラけながら散策すると
DSC08957_R_2018051823234706a.jpg
壕口を発見した
DSC08958_R_20180518232348e29.jpg
同時にのだの人も発見、大当たりだったようだ
DSC08959_R_201805182323490b0.jpg
さっそく手近かな壕から入って行く
DSC08961_R_20180521213110535.jpg
む、向こうが見える、交通壕か?
DSC08962_R_20180521213112ec8.jpg
違う!こんな所通り抜けたら落ちて死んでしまう!切り通しを上から銃撃する狙撃口のようだ
DSC08963_R_201805212131133b7.jpg
落ちたく無いので戻る
DSC08965_R_20180521213115b5d.jpg
次の壕にのださんが突入して行く
DSC08966_R_20180521213116296.jpg
これは中々状態が良さそうだ
DSC08968_R_20180521213117238.jpg
爆風避けも、深くしっかり出来ている
DSC08969_R_2018052121452335b.jpg
右に曲がると、今度は左に同じ様な構造でクランクする
DSC08973_R_201805212145248b2.jpg
明かりとのださんの背中が見える
DSC08974_R_201805212145251d6.jpg
左には弾薬庫がある
DSC08977_R_201805212145278d4.jpg
ちょっと手狭な砲室(銃室?)
DSC08979_R_20180521214528c05.jpg
出れそうも無い
DSC08980_R_20180521215243bad.jpg
今度は銃眼を発見!
DSC08981_R_201805212152442ed.jpg
すぐ脇に入り口がある、珍しい形だ
DSC08984_R_20180521215245451.jpg
潜り込むと、つるつるに風化した、乾いた壕だ
DSC08985_R_201805212152468a1.jpg
一方は土砂の流入した出入り口
DSC08986_R_2018052121524983b.jpg
貫通はしている
DSC08988_R_201805212159286d1.jpg
反対側に進む
DSC08989_R_20180521215930882.jpg
幅2m程の生息室、奥に通路が続く
DSC08990_R_2018052121593037a.jpg
生息室を振り返ったところ
DSC08992_R_201805212159322ca.jpg
奥に進む
DSC08994_R_20180521215934a62.jpg
軽機の銃座だ、さっき外から観た銃眼だろう
DSC08995_R_2018052121593660a.jpg
半ば埋まった銃眼
DSC08996_R_20180521215937804.jpg
表に戻る
DSC09001_R_201805212206333a9.jpg
この埋まった銃眼が
DSC09003_R_2018052122063517e.jpg
この人の手にかかると
DSC09005_R_2018052122063614b.jpg
あっという間にこの通り
DSC09008_R_20180521220638cfd.jpg
更なる移動を始めると、のださんが次々に壕を見つける
DSC09011_R_201805212206380c0.jpg
倒木の陰に壕口がある
DSC09013_R_20180521220640111.jpg
近寄ると、大き目の壕口だ
DSC09018_R_201805212225562e2.jpg
デカイ!2x2の通路が伸びている(全体的にはH型をしている)
DSC09020_R_20180521222557ed2.jpg
T字路になっている
DSC09022_R_20180521222558f4a.jpg
まっすぐは潰れて行き止まりになっていた
DSC09023_R_20180521222600183.jpg
横に通路がある
DSC09025_R_20180521222601535.jpg
大量の土砂に埋まった砲室のようだ
DSC09029_R_20180522223859fb3.jpg
T字の分岐に戻る
DSC09032_R_201805222239002ea.jpg
小森さん
DSC09033_R_20180522223901dd6.jpg
中央通路、右が生息室で左が弾薬庫
DSC09035_R_2018052222390216d.jpg
右の狭い通路に入る
DSC09036_R_20180522223904238.jpg
綺麗な生息室、出口2つのコノ字形をしている
DSC09041_R_2018052222390518a.jpg
生息室前の弾薬庫
DSC09044_R_20180522223907b57.jpg
中央通路は若干曲がっている
DSC09045_R_201805222239091c9.jpg
この辺には支保の跡がある、若干崩落もあり、砲陣地としてはどうだろう?
DSC09046_R_201805222239105f4.jpg
T字路にぶつかる
DSC09048_R_2018052223394370d.jpg
右に進む
DSC09049_R_20180522233944932.jpg
こちらは土砂で埋まっている
DSC09051_R_201805222339464f4.jpg
手前に通路がある
DSC09054_R_20180522233947212.jpg
左にクランクすると部屋があった
DSC09055_R_201805222339480db.jpg
観測室か砲室を防護する為の銃眼のようだ
DSC09060_R_20180522233950690.jpg
四角い穴が有るが、銃眼にしては穴が大きく台座も無い
DSC09061_R_20180522233951a17.jpg
ライトを消してみると、一応ギリギリ開口している
DSC09062_R_2018052322224093b.jpg
さて、戻ろう
DSC09066_R_20180523222241b0e.jpg
T字の反対方向に向かう
DSC09067_R_20180523222242781.jpg
ちょっと曲がった弾薬庫
DSC09068_R_20180523222244114.jpg
その向かいにある生息室
DSC09069_R_20180523222245927.jpg
ちょっと床がガレているようだ
DSC09070_R_201805232222468cf.jpg
中央通路の生息室と同じ程度の広さだ
DSC09072_R_20180523222248ce8.jpg
ランプがそのまま置けそうな灯り置き
DSC09076_R_201805232250339c8.jpg
最後の砲室、H型の壕の四方が砲室になっているようだ
DSC_0941_R.jpg
こんな構造(ねこさん画)
DSC09077_R_20180523225035ab9.jpg
砲室の前は切り通しのような感じになっていた
DSC09078_R_201805232250357c0.jpg
一通り観終えたので脱出しよう
DSC09081_R_20180523225037e36.jpg
出口付近で、がっくり高さがなくなる
DSC09089_R_20180523225038f92.jpg
外に出て、更なる探索をする
DSC09090_R_20180523225039f17.jpg
まだまだ出てくる
DSC09093_R_201805232300013c6.jpg
細いがしっかりとした作りだ
DSC09094_R_20180523230003662.jpg
分岐がある
DSC09096_R_20180523230003db5.jpg
弾薬庫のようだ
DSC09097_R_2018052323000532d.jpg
先に進む
DSC09098_R_2018052323000693c.jpg
灯りが見える
DSC09101_R_20180523230009df0.jpg
ここの出入り口は、こんなのが多い
DSC09105_R_20180523230010e0c.jpg
重機関銃の台座
DSC09107_R_201805232300115c0.jpg
壁に何か彫って有るが判別不能(1964年に見える)
DSC09110_R_201805232313300bf.jpg
次の壕口
DSC09112_R_20180523231331516.jpg
入り口は乾燥しているが、長靴オーバーの水没
DSC09113_R_20180523231332793.jpg
反対側から入ってみる
DSC09115_R_2018052323133346c.jpg
こちらも当然水没、行けるとこまで行って見る
DSC09119_R_20180523231335a25.jpg
どうやら交通壕のようなので、この辺でやめておく
DSC09123_R_201805232313398a2.jpg
更にアグレッシブな探索をするのだの人
DSC09122_R_20180523231336b13.jpg
蛸壺のようだ
DSC09124_R_20180523232030a80.jpg
山頂にこんな物が有った
DSC09125_R_20180523232032b6f.jpg
戦前から有る物のようだ
DSC09127_R_20180523232033f84.jpg
自分は急用が出来たので、ここでリタイヤする
201805161522341d7_R.jpg
探索を続けたメンバーはその後もいろいろ見つけたようだ
DSC09128_R_2018052323291248d.jpg
早めに帰ると渋滞が激しい
DSC09132_R_2018052323291404c.jpg
たっぷり3時間渋滞にはまる
DSC09134_R_2018052323291486f.jpg
GWの帰り道だったし、どうしょもないな
スポンサーサイト

鴨川市四方木(四木)機関銃陣地

DSC08841_R_20180516195301e46.jpg
早朝から渋滞のアクアラインを千葉に向かう
DSC08843_R_2018051619530348a.jpg
今回の探索は、未発見物件の山狩りがメイン。教導さんとのださんがいるので成功は間違いないだろう
DSC08844_R_2018051619530337f.jpg
挨拶もそこそこに、さっそく探索を始める
DSC08846_R_20180516195306567.jpg
迷彩塗装を施されたトンネル
DSC08848_R_201805161953073fb.jpg
邪魔にならない所に車を停め、徒歩で最初の壕(確認済み)へ向かう
DSC08851_R_20180516221849cab.jpg
光学迷彩の壕口
DSC08852_R_20180516221851911.jpg
こちらの地権者には予め御挨拶はしてある
DSC08856_R_20180516221851879.jpg
非常に珍しい、現役の壕内キノコ栽培だ
DSC08858_R_20180516221854a3c.jpg
この辺は普通の陣地壕だが
DSC08860_R_201805162218546f7.jpg
この二股をまず左に行く
DSC08861_R_20180516221856951.jpg
明かりが見える
DSC08862_R_20180516221857352.jpg
なんと銃室がキノコの苗床で埋まっている
DSC08864_R_20180516221859e63.jpg
確かに狙撃口がある
DSC08869_R_20180516221900538.jpg
キノコもある
DSC08857_R_20180516225752df3.jpg
二股に引き返す
DSC08871_R_20180516225754586.jpg
もう一方の通路
DSC08873_R_20180516225755061.jpg
こっちもキノコ
DSC08874_R_201805162257561b0.jpg
銃眼は崩れているが、開口部もあり、籠で蓋をされている
DSC08876_R_20180516225758df3.jpg
しかし始めてみたな、現役のキノコ栽培
DSC08877_R_20180516225759b62.jpg
脱出する
DSC08878_R_20180516232141cac.jpg
山頂まで登ると、分かり難いが露天機銃座がある
DSC08879_R_20180516232142d48.jpg
ここから下の道路が狙える
DSC08881_R_2018051623214486a.jpg
中腹にあるもう一つの露天機銃座
DSC08880_R_2018051623214519f.jpg
戦後の細い杉林
DSC08886_R_20180516232146097.jpg
外部から観た銃眼とおぼしき場所、角度がキツク、確認不能
DSC08887_R_20180517131743b4a.jpg
塹壕の跡
DSC08889_R_201805171317450ee.jpg
一人渓流に降りてみた
DSC08890_R_20180517131746b6f.jpg
壕口が有った
DSC08891_R_20180517131748d31.jpg
水没で深そうだ、集合が掛かったので今回は諦める
DSC08895_R_20180517131748446.jpg
金比羅神宮
DSC08896_R_20180517131750fee.jpg
近くにあった穴
DSC08898_R_2018051713175196f.jpg
きへいさんが突入したがT字の防空壕らしい
DSC08900_R_20180517131753703.jpg
トンネルの上に登ると四角い銃座がある
DSC08902_R_2018051713175592a.jpg
上から道路を狙い撃ち
DSC08904_R_20180517131756206.jpg
更に上にも銃座が有ったが、若干崩れている
DSC08905_R_20180517215804bed.jpg
傾斜の厳しい崖をよじ登り、山頂へ一人向かう
DSC08906_R_20180517215805df5.jpg
山頂には何の痕跡も無く、祠が見守っていた
DSC08909_R_20180517215806e30.jpg
戻ってみると、マンチカン帝国さんが銃座の掃除をしていた
DSC08911_R_20180517215807eb0.jpg
綺麗に石組みをされているのが分かるようになった
DSC08913_R_20180517215810d31.jpg
下山して一休み
DSC08915_R_20180517220558a9c.jpg
場所を変えて登ると謎の石柱
DSC08918_R_20180517220559bd4.jpg
六二の№と
DSC08919_R_20180517220600fb5.jpg
四角いマスに丸大のマーク、何だろう?
DSC08921_R_201805172206017cb.jpg
壊れた井戸状の天水瓶だろうか?
DSC08922_R_20180517220603710.jpg
下山途中で№六三
DSC08925_R_20180517220605b70.jpg
№六四を発見
DSC08927_R_201805172206064ec.jpg
まさかハイキングの道標?
DSC08928_R_20180517221701409.jpg
使用感のある壕口がある
DSC08931_R_20180517221702913.jpg
こちらはネコさん達の調査済みの小壕
DSC08936_R_20180517221704d9d.jpg
一応山を登ってみたが、軍道などの痕跡も無かった
DSC08939_R_201805172217064ee.jpg
トンネルを越えてしまったようだ
DSC08938_R_20180517221705c02.jpg
側壁にあった名盤
DSC08944_R_20180517221708ea8.jpg
道が狭いので、昼間は大渋滞のメッカ
DSC08952_R_20180517221709b87.jpg
昼飯を食いに街に繰り出す
DSC_0313_R_20180518222600f3c.jpg
マーボナスラーメン
DSC08953_R_20180517221710b3d.jpg
何と米軍のバスが店舗として貸し出しされていた(意味わからん?)
DSC_0314_R.jpg
DSC_0315_R.jpg
何故店舗?

鴨川、勝浦地区、プチ探索

DSC06006_R_20180401233932861.jpg
天津には、観測所があったらしい
DSC06008_R_201804012339334c7.jpg
山が急勾配で、取っ掛かりが見つからない、自分とのださんだけが偵察に登っていく
DSC06009_R_20180401233934096.jpg
馬の背になった尾根道が存在する
DSC06010_R_201804012339356f7.jpg
海がよく見える
DSC06013_R_201804012339371bb.jpg
人工的に掘られた部分がある、これが観測所跡だろうか?
DSC06015_R_20180402225027b59.jpg
馬の背を歩いて行く
DSC06018_R_201804022250289c4.jpg
明らかに平らに整地された場所があった木造兵舎でも有ったのだろうか?
DSC06020_R_2018040222503027e.jpg
安房天津駅
DSC06023_R_201804022250311b1.jpg
自衛官募集
DSC06027_R_201804022250334ae.jpg
電車が来た
DSC06033_R_20180402225035efa.jpg
線路沿いの桜
DSC06032_R_201804022250345ac.jpg
マッキーが真似してた
DSC06035_R_2018040223461865e.jpg
奇妙な建物、新興宗教かと思ったら、中学校らしい
DSC06036_R_20180402234619e4c.jpg
気に入ったから持って帰るとダダをこねるマッキー
DSC06037_R_20180403225114e18.jpg
勝浦方面に向かう
DSC06040_R_20180403225115f0b.jpg
林道に入る
DSC06041_R_20180403225116d18.jpg
軽でやっとの道路幅
DSC06043_R_20180403225118ee2.jpg
渓流まで登って来た
DSC06044_R_20180403225119028.jpg
気になる穴発見
DSC06046_R_20180403225121ade.jpg
野田氏が攻めるが、ぬかるみが酷くて長靴が沈む
DSC06051_R_20180403225122da6.jpg
ギリギリの所で写真を撮ると、すぐに突き当たりとなる様だ
DSC06056_R_20180403231829d9c.jpg
帰路でまた穴らしき物を発見
DSC06057_R_20180403231831c4e.jpg
確かに穴だ
DSC06059_R_201804032318325cd.jpg
中は水が溜まっている
DSC06061_R_201804032318345f3.jpg
すぐそばに抜けている。川回しにしては変な場所だし意味が無い
DSC06053_R_20180403231826339.jpg
草薮で、罠を発見
DSC06054_R_20180403231828f96.jpg
こんな感じで、踏んだらスプリングでビヨーンってなる。危ないから撤収する
DSC06065_R_2018040323283820f.jpg
近くの防空壕を見て行く
DSC06066_R_201804032328392fd.jpg
生活道路に面しているため、トタンで蓋をされている
DSC06067_R_201804032328419b0.jpg
隙間から覗くと、二つが繋がっている単純な民間防空壕の様だ
DSC06075_R_20180405232243c13.jpg
勝浦出水のコンビニの裏に川を挟んで壕口が見えるという
DSC06076_R_20180405232245bbe.jpg
がんばって突入した
DSC06078_R_20180405232246fb1.jpg
入り口入ってすぐの部屋
DSC06081_R_201804052322473f8.jpg
正面を見ると、複雑そうな通路が見える
DSC06082_R_20180405232249c07.jpg
隣の入り口と繋がっていた
DSC06083_R_20180405232250d86.jpg
掘り方は海軍の物だろう
DSC06084_R_20180405232252621.jpg
入り口入って左側に進むと、また部屋がある
DSC06086_R_20180405233820f1a.jpg
奥の細い通路はクランクしている
DSC06088_R_20180405233821049.jpg
外部への3つ目の開口部
DSC06091_R_201804052338226bd.jpg
更に奥に続く
DSC06092_R_201804052338234fa.jpg
小振りな部屋が一つ
DSC06096_R_201804052338255d5.jpg
その先は開口部だったろうが、外からの埋め戻しで塞がっている
DSC06098_R_201804062329044e5.jpg
来た方向に引き返す
DSC06099_R_20180406232905374.jpg
メイン通路
DSC06100_R_2018040623290621d.jpg
ブルドックソースのビンが落ちていた
DSC06101_R_20180406232908d14.jpg
左側の部屋
DSC06102_R_20180406232909694.jpg
右側の部屋
DSC06105_R_20180406232911454.jpg
排水溝の先の清水貯め
DSC06106_R_20180406234201dbf.jpg
奥のT字に広がる部屋
DSC06107_R_20180406234202450.jpg
左側は5mぐらい
DSC06108_R_2018040623420496d.jpg
右側は20mぐらい、見事な形だ!七十年以上前の地下壕とは思えない
DSC06109_R_20180406234204a77.jpg
壁面に刺さった釘、電気を引いていたのかも知れない
DSC06110_R_20180406234206b4f.jpg
形状的に燃料壕と思われる。勝浦と言えば震洋や海龍だろう
DSC06115_R_20180406234207013.jpg
この部分の土質は頑強で、コンクリートのようだった
DSC06121_R_20180407001758224.jpg
外に出て地元の人に聞いたら、他にも沢山の穴が開いていた
DSC06118_R_20180407001754ecf.jpg
入りやすそうな所だけ入ってみる
DSC06119_R_201804070017554fa.jpg
一部屋でゴミ捨て場になっていた
DSC06120_R_201804070017567cf.jpg
隣の入り口もL字型の一部屋だった。
DSC06123_R_20180407001759443.jpg
アホな事を真面目にやってる奴らを、水仙がじっと見ていた
DSC06126_R_2018040721105425e.jpg
勝浦墨名にある、機関銃陣地にやって来た(これ銃眼)
DSC06129_R_20180407211055d4c.jpg
良く見つけたなこんなの・・・
DSC06131_R_201804072110577b4.jpg
覗き込むと奥に通路が見える
DSC06134_R_20180407211059b0f.jpg
とりあえず潜り込んだ、入り口はここだけなのだ
DSC06132_R_201804072110586d0.jpg
広い銃室だ3mぐらいあるか?
DSC06138_R_201804072111016f0.jpg
くの字に曲がり、奥に伸びる
DSC06139_R_201804072111024c2.jpg
陸軍らしい通路、さっきの海軍とはまるで違う
DSC06140_R_201804072111043ed.jpg
真っ直ぐ進んだ先は埋まった出入り口だったろう場所
DSC06141_R_20180407214729c6a.jpg
左に二股分岐がある
DSC06143_R_2018040721473175a.jpg
正面は土砂が流入している
DSC06144_R_201804072147337b8.jpg
左の隙間に進む
DSC06146_R_2018040721473417c.jpg
また土砂で埋まっている
DSC06149_R_20180407214735a48.jpg
右にまだ通路が延びている
DSC06152_R_20180407215239cae.jpg
分岐をとりあえず真っ直ぐ進む
DSC06153_R_20180407215240525.jpg
ここで行き止まりになる、部屋でもない長い通路、キチンと面取りしているので、堀かけでもない。
こうゆう部分は多く見かけるが、何の目的だろう?生息部にしては狭すぎる
DSC06154_R_20180407215241bac.jpg
天井に残る釘一本
DSC06155_R_2018040721524334e.jpg
分岐に戻り、そっちに進む
DSC06157_R_20180407215245dc6.jpg
ちょっと広がった部屋のようだが、半分埋まっている
DSC06158_R_2018040721524660d.jpg
こちらも銃眼だったのだろう、土嚢で埋められている
DSC06162_R_20180407220258234.jpg
さて戻ろう
DSC06164_R_2018040722030051e.jpg
かなり綺麗に掘られた物件だった
DSC06166_R_201804072203018d1.jpg
ゴミ一つ落ちてなかった
DSC06167_R_20180407220302a65.jpg
まぁ、出入りできるのここだけだし
DSC06169_R_201804072203038ca.jpg
さて、探索終了
DSC06172_R.jpg
近くに小さな穴があったが、単独だった
DSC06173_R_201804072211126b8.jpg
どっぷり暗くなったので、流れ解散となったが30分ほど皆で話をしていた
DSC06174_R_20180407221113208.jpg
途中までは快適だったが
DSC06178_R_201804072211145de.jpg
結局どんずまり、帰りはいつも3時間コースだな、千葉は。

野々塚山 後編

DSC03621_R_20180218202312a6e.jpg
さて、さっきの階段を降りよう、降下角40度ぐらい有りそう
DSC03641_R_20180218203904574.jpg
下から見上げた所、高低差10m程か?
DSC03642_R_20180218203906020.jpg
降りた壁にある灯り置き
DSC03644_R_20180218203906b9b.jpg
左側になぞの窪みがある通路
DSC03646_R_201802182046514be.jpg
10m程の通路
DSC03647_R_20180218204652ac0.jpg
突き当りを左にクランク
DSC03649_R_20180218204654946.jpg
下部にも銃室があった
DSC03651_R_20180218204655f62.jpg
上部と全く同じ形だ
DSC03652_R_20180218204656f27.jpg
銃眼は今も生きている
DSC03653_R_2018021820564250d.jpg
階段を登り
DSC03654_R_20180218205643c64.jpg
壕外に脱出する
DSC03658_R_20180218205644bfe.jpg
周辺探索を行う
DSC03660_R_20180218205645e43.jpg
蛸壺陣地だ
DSC03661_R_20180218205648233.jpg
水が溜まっている
DSC03663_R_20180218205649ed0.jpg
2~3人入れる蛸壺陣地が並んでいる
DSC03665_R_20180218205650ac3.jpg
次の壕口に辿り着いた
DSC03668_R_201802182233027fa.jpg
壕内は綺麗に作られている
DSC03671_R_20180218223303bfe.jpg
一段狭くなった通路
DSC03672_R_20180218223305ecc.jpg
T字にぶつかる
DSC03675_R_20180218223306196.jpg
とりあえず、右に進む
DSC03677_R_20180218224133b9e.jpg
うねりながら奥に伸びる通路
DSC03678_R_20180218224135c6d.jpg
意外と複雑な構造
DSC03680_R_2018021822413691a.jpg
左側の推定弾薬庫
DSC03682_R_201802182241374ce.jpg
もう一つの壕口は、封鎖されている
DSC03684_R_201802182241396b1.jpg
左側の小部屋
DSC03686_R_20180218232811776.jpg
引き返す
DSC03687_R_20180218232812559.jpg
DSC03688_R_201802182328131c6.jpg
分岐を行かなかったほうに進む
DSC03691_R_20180218232815e6c.jpg
少し通路が膨らむ
DSC03692_R_20180218232816c79.jpg
隔壁の有ったようなくぼみがある
DSC03693_R_2018021823281860b.jpg
銃眼の作りかけのようだ
DSC03697_R_20180218232819ce1.jpg
コンクリートで固めてあるが、崩れている
DSC03698_R_20180220231353971.jpg
砲室から出る
DSC03699_R_20180220231354989.jpg
天井は若干低い
DSC03702_R_20180220231356c4e.jpg
奥に進む
DSC03704_R_20180220231357aca.jpg
正面はズリが溜まり、先は無かった
DSC03705_R_201802202313597e6.jpg
右に曲がる
DSC03706_R_201802202313590a9.jpg
ブルーシートが見える
DSC03707_R_2018022023140131d.jpg
右下にいた小森さん
DSC03708_R_201802202314033e0.jpg
速射砲の砲室は、半分削られてコンクリート擁壁に埋まっている
DSC03710_R_20180220231404ee0.jpg
砲室内側
DSC03711_R_20180220233702a75.jpg
一回りしたので、下山する
DSC03717_R_20180220233707477.jpg
ここへの移動途中に気になる所が有ったので、少人数で偵察へ
DSC03714_R_201802202337033a1.jpg
やっぱり穴が有った
DSC03715_R_201802202337058e6.jpg
入り口付近は崩落で広そうに見えたがニゴ穴のようだ
DSC03716_R_20180220233705bd5.jpg
少し入ってみたが、完全な水路隧道だ、パパさん以外は入れないだろう
DSC03722_R - コピー
車に戻って記念撮影
2018021622015132d[1]
今日も1日ご苦労様でした!
DSC03725_R_201802202342469b8.jpg
パパさん、のださんを追いかけて帰路に就く、この二人早いんだわこれが!
DSC03724_R_20180220234244d92.jpg
自分のダッシュボードには、戦車のフィギュアが20台近く置いてあり、荒い運転をすると転がってしまう、イニDのタクミ状態で追走する
DSC03732_R_201802202342472e6.jpg
帰りは結局渋滞にはまるんだけどね!

勝浦松部重機関銃陣地&野々塚山前編

DSC03533_R_20180217203814918.jpg
昼食後、松部に移動して現地聞き込みを始めると、あっさりと判明、地元の人から入山コースを二通り教わる
DSC03535_R_201802172038153ef.jpg
道路沿いにもトンネル前後に複数の塞がれた壕口がある、これは銃眼だったらしい
DSC03538_R_20180217203818389.jpg
二手に別れて山頂を目指す、三人ずつのグループ捜索開始
DSC03540_R_2018021720382059c.jpg
さっそく壕口を発見!
DSC03542_R_20180217203820256.jpg
やたらにビンが詰め込まれていて、結構危ない
DSC03543_R_20180217203822516.jpg
入ってみると、横長の20m程度のヨの字型の壕だった
DSC03546_R_20180217203824595.jpg
次に向かう
DSC03547_R_20180217205536149.jpg
山頂を越える頃、もう一方のグループから発見の報が入る
DSC03548_R_2018021720553827c.jpg
塹壕の先にぽっかりと口を広げる壕口
DSC03555_R_2018021720553815f.jpg
入り口はかなり厄介だった
DSC03557_R_201802172055415a8.jpg
崩落が進み、空いているのはこの隙間だけ
DSC03559_R_20180217205542e1b.jpg
這いずって入り込むと、中は広かった。正面は爆風除けになっていた
DSC03561_R_201802172105098a8.jpg
入ってきた壕口部、出れるんだろうかこの後?
DSC03565_R_20180217210510f69.jpg
左に曲がると奥は倉庫的な窪み、右に通路がある
DSC03568_R_201802172105129b5.jpg
右に曲がると、なかなか広そうな壕だと判明、また分岐がある
DSC03571_R_201802172105135f0.jpg
右に曲がってみる
DSC03572_R_20180217210514398.jpg
正面は掘りかけ、左に進む
DSC03573_R_20180217211302e24.jpg
左側には外光が見える
DSC03574_R_20180217211303fb8.jpg
僅かに空いた、別の壕口だ
DSC03575_R_2018021721130423f.jpg
振り向くと、やはり爆風除けがあった
DSC03577_R_20180217211306d9b.jpg
元の分岐に戻る
DSC03580_R_2018021721184618d.jpg
奥に進んで行く、天井は崩れていないので、ズリが溜まっているままなのだろう
DSC03583_R_2018021721184818d.jpg
また分岐
DSC03584_R_201802172118489d0.jpg
足元に光る妙な結晶
DSC03587_R_20180217211851bd3.jpg
正面は壕口だったと思われるが、埋没
DSC03589_R_20180217211852dd0.jpg
右側には2m四方程の部屋があった、資料には銃眼を備えるとなっているようだが、ここに開ける計画だったのか?
DSC03591_R_20180217213353dab.jpg
パパさんが、帽子にペットを乗せてやって来た
DSC03595_R_20180217213354e43.jpg
最深部まで来たので引き返す
DSC03596_R_20180217213355fd1.jpg
同じ所から出るのも芸が無いので、もう一つの方から脱出する
DSC03597_R_20180217213356c70.jpg
最初の入り口より、ちょっとはマシな気がする
DSC03601_R_20180217213358cc9.jpg
脱出して来た穴、大して変わらなかった気がする
20180218105642018[1]
ねこさん作画、壕内図
DSC03602_R_2018021818474345b.jpg
装備を纏め、撤収する
DSC03604_R_20180218184656f6f.jpg
近くに落ちていたにのきん
DSC03607_R_20180218184658ba2.jpg
車6台連ねて移動する
DSC03608_R_20180218184659746.jpg
杉戸に移動してきた
DSC03615_R_20180218184700525.jpg
道路を睨む、銃眼が見える(下の方)
DSC03617_R_201802181951200f9.jpg
早速裏の壕口から突入する
DSC03619_R_20180218195122405.jpg
少し進むと、左に分岐が現れる
DSC03620_R_20180218195123e05.jpg
覗くと下り階段になっている、一旦パスして真っ直ぐを先に行く
DSC03624_R_20180218195125644.jpg
壕内はゴミ一つ無く掘削も綺麗だ、左に直角に曲がる
DSC03625_R_201802181951260d5.jpg
外光が見える
DSC03627_R_2018021819512858d.jpg
部屋の電気を付けると、重機関銃の台座が現れる、左側は給弾手の立つ所
DSC03630_R_20180218195129e13.jpg
銃眼部、これはさっき下から見た銃眼だ
DSC03632_R_20180218202314d51.jpg
後続が入ってきた
DSC03636_R_20180218202317363.jpg
場所を譲り、引き返す
DSC03637_R_20180218202318110.jpg
銃室から振り返った爆風避け付きの通路
DSC03638_R_20180218202319e59.jpg
小森さんがたくさんぶら下っている、かわいい!
DSC03635_R_201802182023149f0.jpg
爆風避け部分は、普段すれ違うための場所になる、我々もよく同じ使い方をする