大倉山海軍気象部第5分室

昭和7年(1932)に「大倉精神文化研究所」の本館として創建された大倉山記念館に海軍気象部分室が移転してきた。
この地は高台で、電波状態が良いとされたのが理由らしい。
大東亜戦争末期の昭和19年に、当時の大日本帝国海軍気象部が記念館を借り上げ、100人を超える部隊が移ってきた。
4月10日付けで「予想セラルル敵空襲ニ対スル応急対策トシテ」研究所借用の照会をしている。
昭和19年8月31日に海軍気象部員百余名が下検分に来所し、9月1日より移転してきました。気象情報は重要な軍事機密であり、気象部が何をしていたのか、外部にはまったく教えられていなかったようである。

 『気象百年史』によると、海軍気象部の本部は、東京駿河台のYWCAのビルに置かれ、その他にも神田周辺に多数の分室が作られた(分室は全部で7ヶ所)。
昭和19年6月、海軍気象部は大倉精神文化研究所を最後の拠点とすることに決め、大倉山に第5分室を設置する。
大倉山には気象部員によりH字形水平壕が掘られた記述がある。
 気象部隊は千島や北海道の海岸に発生する海霧の研究をし、海軍の作戦行動の妨げにならないよう、発生のメカニズムや予報の研究を行った。
海軍気象部特務班は外国の気象通信(暗号電文)の暗号解読が任務だった。
アメリカの暗号を解読するA一班・A二班、ソ連の暗号を解読するS班の3班に分かれて作業を行った。
暗号の解読室は、現在のギャラリー入り口辺りの研究室らしい。
DSC02799_R_20180222182523309.jpg
大倉山駅からすぐの、大倉山公園内にある
DSC02801_R_201802221825251e0.jpg
現在の横浜市大倉山記念館である
DSC02800_R_2018022218252434a.jpg
基本的には3階建ての西洋建築
DSC02803_R_20180222182526197.jpg
ギリシャ風
DSC02804_R_20180222182529682.jpg
横から見ると、窓の多さに驚く
DSC02805_R_201802221843094c4.jpg
研究所入り口
DSC02806_R_20180222184311c69.jpg
扉はヒンジを見る限り、近代の付け替えのようだ
DSC02809_R_20180222184313724.jpg
ポーチ周りは当時からのデザインだろう
DSC02815_R_20180222184313a5e.jpg
「村山用水」の防火用水桶が裏返しになっていた
DSC02816_R_20180222184315bff.jpg
裏から見ると、かなり複雑な建物だ
DSC02823_R_201802221843168a2.jpg
取り合えず中に入ろう
DSC02825_R_2018022220232228c.jpg
入ると内部も複雑な造りになっている
DSC02827_R_2018022220232432b.jpg
白黒の部分は大谷石で出来ている
DSC02828_R_20180222202324793.jpg
上を見上げる
DSC02831_R_20180222202326f9a.jpg
外から見た塔状の所まで、完全に吹き抜けだ
DSC02841_R_201802222023273be.jpg
様々な鳥獣が挟まっている
DSC02843_R_20180222202329371.jpg
とりあえず地下に降りて見る
DSC02845_R_20180222202330bcb.jpg
階段の裏側に「留魂礎碑」がある
DSC02849_R_201802222047280eb.jpg
通路はあるんだが、なんか入っちゃいけない様な雰囲気があるので引き返す
DSC02850_R_2018022220472898d.jpg
1階に戻った、重厚な扉がかっこいい
DSC02852_R_20180222204730d4b.jpg
何が隠してあるか、気になる扉、左上の覗き扉に萌える
DSC02859_R_2018022221050822b.jpg
2階、3階と上がってみる
DSC02863_R_20180222210510860.jpg
特に何がある訳でもなく、普通の部屋が沢山ある、もちろん入れない
DSC02867_R_20180222210510f02.jpg
DSC02873_R_20180222210512cc2.jpg
付属図書館に入る
DSC02838_R_20180222210507e7a.jpg
もともとここに篭って資料あさりするのが目的だった
DSC02874_R_201802222105137c3.jpg
中では現本をデジタル化する、アナログな作業をしていた
DSC02879_R_2018022221172811b.jpg
こうゆう所には、こんな本がある
DSC02880_R_20180222211730085.jpg
資料はコピーも出来るが、部分的に購入も出来る
この資料の中に、気になる部分が有った

 海軍気象部は、大倉山を最後の拠点として戦争を戦い抜こうと考えており、大倉山の中腹には、気象部員の手によって、H字形水平壕と呼ばれる防空壕が掘削されました。
壕は昭和20年7月末までに、予定の3/2、約115mまで掘り進んだが終戦で使用されずとある
IMG_0634_R_20180222211733a71.jpg
大倉山は公園化されており、発見は困難だろうとゆうか、当然埋めたと思われる
IMG_0635_R_20180222211734c1b.jpg
梅園などを眺めながら軽く捜索すると
IMG_0623_R_20180222211731916.jpg
なんか開いている
IMG_0618_R_20180222213345f49.jpg
カメラを突っ込むと、地下壕だ!しかし今日は普通の格好だどうする?
IMG_0619_R_20180222213347a80.jpg
結局入ってしまった
IMG_0621_R.jpg
そこそこ綺麗に掘ってあるが10mも無い防空壕だった
IMG_0620_R_2018022221334941a.jpg
コの字形の先は埋没
IMG_0622_R.jpg
早々に脱出する

しかしこれでH形水平壕も残っている可能性が、僅かだが有りそうな気がする。
いずれまたチャレンジしてみようと思うが、住宅と公園化で捜索もかなり困難だろう
この後も付近を捜索するも、空振りだった。
スポンサーサイト

野島公園から貝山地下壕プチ探索

DSC09098_R_201801202205568fb.jpg
第三工区の探索を終え、第四工区に行こうと思ったが、もうお腹いっぱいとの事で止めた
DSC09110_R_20180120220602945.jpg
それぞれ拾った小瓶たち
DSC09099_R_201801202205580b3.jpg
自分の拾ったブルーのビードロ、恐らく化粧品のビンだろう
DSC09108_R_20180120220600cd5.jpg
グリーンのビードロは生にんにく球と書いてある
DSC09112_R_201801202206037b6.jpg
あまり見かけない二品
DSC09107_R_20180120220558e7f.jpg
昭和18年8月の刻印のある部品を拾った
DSC09114_R_2018012022060451d.jpg
他にも薄く、「海軍中尉○○」と彫られていた、間違い無く旧海軍の遺物である
DSC09115_R_20180120222237757.jpg
有名な野島の掩体壕(海側)
DSC09117_R_20180120222238d30.jpg
ぬこ、野島はぬこが多い
DSC09121_R_201801202222405cd.jpg
近くにある弁天社
DSC09125_R_20180120222242eff.jpg
ここには海軍標柱が移設されている
DSC09126_R_201801202222420cd.jpg
掩体壕(陸側)は海側と貫通していて、行き来出来る
DSC09127_R_20180120225217afd.jpg
公園の遊具で遊ぶメンバー
DSC09129_R_20180120225219489.jpg
貝山上部第一壕に移動した
DSC09130_R_201801202252208a2.jpg
一点を見つめる一同
DSC09133_R_20180120225221fdd.jpg
この壕の名物となった
DSC09141_R_201801202252227e5.jpg
コウカイカの逆文字
DSC09147_R_20180120230130dfe.jpg
掘削途中の部屋
DSC09148_R_201801202301315d3.jpg
もう一つの代表的な部屋
DSC09144_R_20180120230129a79.jpg
いったい何に使っていた部屋なのだろう?
DSC09151_R_2018012023013264b.jpg
通路は海軍らしく、とても丁寧に作られている
DSC09152_R_20180120230135c3b.jpg
貝山第4工区に体力のある人だけ行く
DSC09155_R_20180120233540285.jpg
ショートカットのため、第2工区を抜けていく
DSC09156_R_20180120233541769.jpg
このコンクルート階段は戦時中のものだ
DSC09157_R_20180120233542577.jpg
ついでなので、少しだけすじ氏を案内する
DSC09160_R_20180120233543375.jpg
第二工区は見所が満載だが
DSC09163_R_20180120233545176.jpg
この総コンクリート製の廃車壕が一番のインパクトだろう
DSC09166_R_2018012023422401c.jpg
二つ目の階段
DSC09168_R_20180120234226c56.jpg
貝山第二はデカイ、この部屋だけでテニスコートぐらい有る
DSC09170_R_2018012023422635c.jpg
第四工区に突入する
DSC09172_R_201801202342280be.jpg
おトイレの跡
DSC09177_R_201801202342294ab.jpg
奇妙な床の通路DSC09174_R_2018012023484209d.jpg
電気もふんだんに引かれている待遇の良い壕だ
DSC09178_R_2018012023484449a.jpg
きちんとした部屋が多い
DSC09179_R_20180120234845928.jpg
通路も綺麗だ
DSC09180_R_20180120234846c96.jpg
そろそろ帰らねば研究会メンバーが外で待っている
DSC09183_R_20180120234848eb8.jpg
展望台から日産工場を観る
DSC09184_R_201801202348495b3.jpg
この茶色い屋根のかまぼこ型倉庫は、当時の格納庫である
DSC09186_R_201801202348517e0.jpg
もうすぐ日が暮れる、ここで解散となる

解散後、空母氏と二人で船越の海上自衛隊 自衛艦隊司令部の夜景を見に行った

DSC09190_R_201801210927401a8.jpg
着いた頃には丁度いい暗さになっていた
DSC09192_R_20180121092742963.jpg
掃海艇604「えのしま」、「ちちじま」と共に係留されている
DSC09198_R_20180121092743946.jpg
昔有った旧海軍のガントリークレーンの台座
DSC09208_R_2018012109274487c.jpg
荷物積み込み用の引込み線レール
DSC09211_R_20180121092746f76.jpg
積み込み用クレーンの台座
DSC09216_R_2018012109274778b.jpg
掃海艇母艦463「うらが」
DSC09224_R_201801210927495a2.jpg
潜水艦救難母艦405「ちよだ」
DSC09235_R_20180121092750505.jpg
YT-79 曳船260t型
DSC09238_R_20180121092752f42.jpg
引込み線の線路を歩きながら帰途に付く

野島地下壕ダイジェスト版(第三工区)

DSC08935_R_201801182144162d4.jpg
通常は第二工区に行くはずだったが、数年ぶりに来た野島は壁面の崩壊が進み、第二工区の壕口を埋めてしまった
掘るのも無理そうなので、やむなく第三工区に進む事になった
DSC08937_R_20180118214418499.jpg
第三工区は入り口からかなり水没している
DSC08940_R_201801182144188c1.jpg
湿度100%に近い、長靴程度では踏破出来ない壕である
DSC08941_R_20180118214421f4a.jpg
ウエイダー初挑戦のすじ氏、締め付ける水圧を初体験
DSC08943_R_20180118214422fca.jpg
流れの無い澱んだ水が入り口付近に溢れ返っている
DSC08944_R_2018011821442330c.jpg
壁面に刺さる釘2本、何に使っていたのだろう
DSC08946_R_2018011822093522f.jpg
高さ4m近い巨大な地下壕
DSC08951_R_20180118220937acb.jpg
さっきの釘と同じ高さに板が打ち付けてある棚でもあったのだろうか?
DSC08956_R_201801182209386d3.jpg
床面に見える排水溝、今はこの程度では足りず、水に沈んでいる
DSC08961_R_20180118220939c58.jpg
天井近くの支保の柱跡、この壕では珍しい
DSC08963_R_20180118221705173.jpg
第三工区は第一工区よりも広いが、殆ど単調な碁盤の目になっている
DSC08964_R_20180118221707445.jpg
ビンマニア空母氏が何かを並べている
DSC08966_R_20180118221707085.jpg
酒瓶だが、両方とも国産品だった(銘柄は忘れた)
DSC08967_R_20180118221709c3b.jpg
床の排水溝が見える所に来た、これは縦のメイン坑道
DSC08968_R_201801182217106bf.jpg
横方向の連絡通路とは形が違う
DSC08973_R_201801182226412dd.jpg
コンクリートの台座のような物がそこここにある
DSC08975_R_20180118222643343.jpg
釘に針金がぶら下っている
DSC08978_R_201801182226438d9.jpg
縦の排水溝と横の排水溝は、地面の中に管を通して繋がれていた
DSC08979_R_201801182226457e7.jpg
壁に掘り込みのある場所が幾つか有った、工作機械でもあったのだろうか?
DSC08982_R_20180118222647411.jpg
水の中は残留物の宝庫だ
DSC08985_R_20180118222649dd5.jpg
やたらと落ちていた下駄
DSC08986_R_20180118222651d7a.jpg
セルロイドのプレート(文字は無かった)
DSC08987_R_2018011822463048c.jpg
皮製のボタンが付いた何か?
DSC08990_R_20180118224632e3f.jpg
電球
DSC08991_R_20180118224632955.jpg
ポマード
DSC08994_R_20180118224635ba0.jpg
靴墨のビン
DSC08997_R_201801192211467b6.jpg
とある坑道の終着点
DSC09001_R_20180119221148027.jpg
掘削途中であり、掘り方の行程の判る、貴重な部分である(ベンチカット工法、天井部から数段階を経て掘り下げる)
DSC09008_R_201801192211483c7.jpg
広すぎる為、リチウムイオン電池は次々と寿命を全うして行く(スペア数セットは必須)
DSC09009_R_20180119221150a28.jpg
複雑な排水溝を持つ通路
DSC09013_R_20180119221151500.jpg
ここで電池切れ、ライト故障等になったら出れる自信は薄い(最悪左手の法則で出れるだろうが)
DSC09016_R_20180119222315985.jpg
当時もののビードロ、70年以上前のビンだ
DSC09018_R_20180119222227bee.jpg
水没区はいろんな物が落ちている
DSC09024_R_2018011922222701c.jpg
しかし気を付けないと、落とし穴にはまる
DSC09026_R_2018011922222914d.jpg
拾い上げたコップと歯ブラシ
DSC09028_R_20180119222231823.jpg
下駄
DSC09032_R_201801192222328fb.jpg
下駄
DSC09036_R_20180119222233dd2.jpg
バット?
DSC09037_R_20180119224938967.jpg
二本目の坑道の奥はふさがれているが、その手前に謎の高さの部屋が有る
DSC09038_R_2018011922493906c.jpg
薄く階段が有るが、約1,5mほどの段差を登る
DSC09039_R_201801192249409a5.jpg
天井から硝石が染み出し、川になっている
DSC09041_R_201801192249420d0.jpg
出口方向に塞がれた小さな壕口
DSC09042_R_201801192249432af.jpg
左側には3mほどの小部屋がある
DSC09047_R_20180119230356e36.jpg
外側通路に広がった部分が有った
DSC09048_R_20180119230357aba.jpg
柱を建てていた跡も有り、木造の部屋があったようだ
DSC09061_R_20180119230358097.jpg
ボンベ壕にも有った防火用水槽
DSC09071_R_2018011923035903b.jpg
万年筆も落ちていた
DSC09073_R_20180119230401dc6.jpg
工作機械を置いていたとしか思えない部分
DSC09081_R_20180119230402eb7.jpg
この部屋なんかも台座が沈んでいる
DSC09083_R_2018011923040542c.jpg
六十番の札が釘打ちしてあった
DSC09090_R_20180119231211039.jpg
水中で見つけた「第三防火隊样子員」と読める
DSC09091_R_20180119231212632.jpg
同様の物がもう一枚
DSC09092_R_201801192312135d7.jpg
水中に有ったので腐食を免れたのだろう、また水の中に戻しておいた
DSC09094_R_20180119231214af6.jpg
そろそろ一周したようだ
DSC09096_R_201801192312165f0.jpg
脱出しよう

野島地下壕ダイジェスト版(第一工区)

DSC08847_R.jpg
野島公園にやって来た
DSC08848_R_20180116223102dfc.jpg
駐車場から見えるこの塞がれた地下壕、この中に潜入する
DSC08850_R_20180116223104b59.jpg
駐車場にバックを忘れ、取りに戻る空母氏
DSC08851_R_201801162231049b0.jpg
丸い生物発見!
DSC08852_R_20180116223106b10.jpg
なんとも丸々太ったにゃんこだ
DSC08853_R_20180116223107604.jpg
八景島シーパラダイスが見えるこの公園に、県内有数の巨大地下壕が存在する
DSC08857_R_201801162306080ab.jpg
野島第一坑道に進入する(唯一の壕口は秘匿する)
DSC08858_R_201801162306098b9.jpg
トロッコ軌道の跡が生々しく残る
DSC08859_R_20180116230610963.jpg
軽い水没は有るが、長靴レベルだ
DSC08861_R_2018011623061150a.jpg
壕口より左側に水没が多いゆるい傾斜があるのだろうか?
DSC08862_R_20180116230613be3.jpg
トロッコレールの曲がり角
DSC08864_R_2018011623233799f.jpg
トロッコレールは一番左側の通路へと延びている
DSC08867_R_201801162323396ee.jpg
足元30cmぐらいの高さに並んでいる坑木、電気配線をこの高さで回していたのだろうか?
DSC08869_R_201801162323402b6.jpg
歩測で壕内をマッピングする職人がいる
DSC08870_R_20180116233652db3.jpg
おのおの好きに廻り始める、基本的に壕内をぞろぞろ歩く事は無い
DSC08875_R_20180116233654123.jpg
自分等が「ホール」と呼ぶ広く高い場所、床が1mほど高くなり天井までの高さも5mほどになる
DSC08877_R_20180116233656268.jpg
これは奥側から撮った写真、高さが全く違う
DSC08876_R_20180116233655ca9.jpg
奥側の坑道、高さ2mほど
DSC08878_R_201801162336582d3.jpg
くぐる部分は更に低い
DSC08880_R_20180116233700dd4.jpg
崩落ではなく、ガレを寄せてあるようだ
DSC08882_R_20180117225430c7d.jpg
残留物のビンを見つけた
DSC08883_R_201801172254313f3.jpg
奥のブロックは天井も低く歩きづらい
DSC08886_R_201801172254326b2.jpg
横幅も大分まちまちだ
DSC08887_R_20180117225433484.jpg
天井の穴、通路のど真ん中だから支保では無いだろう
DSC08888_R_201801172254368dc.jpg
山を突き抜け、反対側の壕口に到達したが、封鎖されている
DSC08890_R_2018011722543773d.jpg
完全封鎖されており、出入りできるのは一ヶ所のみが現状だ
DSC08892_R_20180117225438338.jpg
人物が入ると、壕の大きさがよく判る
DSC08894_R_20180117231137aed.jpg
駐車場から観た壕口の内側に到着した
DSC08900_R_20180117231139b2e.jpg
事前に外側から見せていたので、喜んでいる空母氏
DSC08895_R_201801172311398e4.jpg
外の隙間穴から観ると、こんな部分がみえる
DSC08903_R_20180117231141d6c.jpg
元の本坑道に戻る
DSC08910_R_2018011723114296b.jpg
軽トラなら余裕で入れる広さがある
DSC08911_R_20180117231144b8b.jpg
碁盤の目状に掘られた巨大壕は、気を抜くと現在地を見失う
DSC08915_R_20180117233027a68.jpg
通常のライトでは先まで見通す事は出来ないほど長い通路
DSC08916_R_20180117233029014.jpg
第一工区だけでも一周するのに1時間かかる広さだ
DSC08917_R_20180117233029e31.jpg
複数の人数で歩き回っていても、なかなか会う事が無い
DSC08920_R_20180117233031046.jpg
天井が砂岩質な部分は、今も風化して崩れ続けている
DSC08923_R_20180117233033913.jpg
壁面に犬釘が刺さっている、トロッコに使用していたものか?
DSC08927_R_20180117233753132.jpg
メンバーが観ている床面
DSC08930_R_20180117233753c24.jpg
所々にあるトロッコ軌条の一つだ
DSC08924_R_201801172337511e3.jpg
さて、脱出しよう

追浜海軍航空隊(ボンベ壕)再訪

DSC08780_R_20180115221017037.jpg
早朝から集まるメンバー、追浜のとある物件をみにやって来た
DSC08784_R_201801152210188a2.jpg
仮称として「ボンベ壕」と呼んでいるが、追浜海軍航空隊の鉈切り地区の一部の様だ
DSC08788_R_2018011522101991a.jpg
防火貯水槽、夏島、貝山にある物と同じ物だ
DSC08789_R_20180115221020309.jpg
内部の湿度は高く、水滴もしたたり不快指数も高い、必然写真は白く煙っている
DSC08790_R_20180115221022c52.jpg
空だとは思うが、残留ガスが非常に危険な感じに錆びまくっているプロパンボンベ
DSC08792_R_20180115222513897.jpg
内部はキノコ栽培に使われていた跡もある(と言うか、大半がそうだ)
DSC08793_R_20180115222515c8d.jpg
試薬のポリタンとボンベのコラボ
DSC08796_R_20180115222516d81.jpg
側溝の縁にはレンガが使われ、木製の蓋がかぶっている
DSC08798_R_20180115222517eaf.jpg
壕内は微妙に曲がっており、完全な直線は少ない、マッピングが難しそうだ
DSC08801_R_201801152225191ee.jpg
ゴミの無い部分を見ると、広くてかなり良い壕だっただろう
DSC08803_R_20180115222520646.jpg
東側に前回見落とした横坑があった
DSC08804_R_20180115223612a46.jpg
先は無さそうだが入ってみる
DSC08805_R_20180115223614b30.jpg
瓦礫で埋まっていたが、アンカーボルトが突き刺さっている
DSC08806_R_20180115223615e1d.jpg
北側通路も閉鎖されている
DSC08807_R_20180115223616b92.jpg
セメントかと思ったが、どうやら石灰のようだ、袋に入ったまま固化したものらしい
DSC08810_R_2018011522361988e.jpg
大きな部屋が幾つか有るが、キノコの苗床の部屋に改造されていて、見る影も無い
DSC08814_R_20180115225038598.jpg
久しぶりに空母氏を見た、性欲(精力)的に動き回っているから、見つけづらい男だ
DSC08812_R_2018011522503680a.jpg
天井にクレーンを這わせていた跡
DSC08813_R_20180115225037df3.jpg
断熱材代わりに、発砲スチロールが打ち付けられている
DSC08816_R_201801152250398cc.jpg
33、76回転だったかな?を選べるタイプのレコードプレイヤーだ、懐かしい
DSC08818_R_201801152250414eb.jpg
壕内の床は何処もこんな感じに濡れていて、滑りやすくて歩きにくい、こんな所で転びたくない
DSC08820_R_20180115231636153.jpg
4X4ほどの大きな通路もゴミだらけ
DSC08821_R_20180115231638d60.jpg
オープントップの壕内仕様車
DSC08822_R_201801152316397f1.jpg
この壕のメインとも言えるレンガのアーチ
DSC08824_R_20180115231641c36.jpg
貝山地下壕と同じ耐火煉瓦を積んだものだ
DSC08828_R_2018011523164103f.jpg
この人は本当に楽しそうに壕内を歩き回っている、いずれ何処かに住んでしまうのでは?
DSC08829_R_201801152316436f5.jpg
もう一つのレンガアーチは破壊されている車の通行の為か?
DSC08830_R_20180115232840928.jpg
珍しく苗床に使われなかった部屋
DSC08833_R_20180115232842410.jpg
温度管理用のボイラーダクトが這っている
DSC08835_R_201801152328422f2.jpg
一番奥の大きな部屋は、半分残土に埋まっている
DSC08836_R_20180115232844547.jpg
しかしキノコ業者は何処もそうだが、立つ鳥後を濁さずで片付けしていかない物だろうか?
DSC08842_R_2018011523284721f.jpg
業者の居住区を物色する二人、扇風機が珍しいらしい
DSC08844_R_2018011523284820e.jpg
さて脱出だ!
DSC08845_R_20180115232849995.jpg
県道側から見ると、内部から見たアンカーボルトの外側があった貫通しているから、効いてないだろうな~

こちらの壕だが、メンバーから、秋水墜落事故で負傷した犬塚豊彦大尉が担ぎ込まれた病院壕ではないかとの
仮説も上げられた、部屋数も多く道路に面しており条件としては良いと思う