由良要塞 友ヶ島 第三砲台 その2

DSC09392_R_20130329202531.jpg地下一階通路を抜けると砲座がある、本来この通路には地下二階の弾薬庫から砲弾を上げる揚弾井の穴があるのだが、第三砲台は観光用にコンクリートで埋めてある
DSC09393_R.jpg第四砲座全景、基本構造は第四砲台と変らないのだが、整備具合は歴然だ
DSC09394_R_20130329202534.jpg砲座に水は溜まっているものの、普通に歩いて行ける
DSC09395_R.jpg砲座の上に上がる階段、上には砲台長位置などがある
DSC09397_R.jpg幼児用プールの様な28cm榴弾砲砲座
DSC09398_R_20130329212334.jpg砲座間の地下一階通路を通る、間にある登り階段を登る
DSC09399_R.jpg階段も無く、上れない狭い空間に出る
DSC09400_R_20130329212337.jpg後に紹介する砲台長位置の下側だ
DSC09401_R_20130329212339.jpgこの第三砲座には草木は茂るが、水は溜まってない
DSC09402_R_20130329212341.jpgこれは砲座上に上がった塹壕通路だ、砲台長位置に繋がる
DSC09404_R_20130329213101.jpg下の第三砲座を見下ろす
DSC09405_R_20130329213102.jpg塹壕沿いに歩くと砲台長位置が藪の中に見える
DSC09406_R_20130329213104.jpg砲台長位置全景
DSC09407_R_20130329213105.jpg円筒形の突起がある、観測用望遠鏡でも置いていたのだろうか?
DSC09408_R.jpgさっき下から見上げた穴
DSC09409_R.jpg塹壕通路の形が分かるだろうか
DSC09410_R.jpg第二砲座は、水が多い
DSC09411_R_20130329213601.jpg砲座間通路も水浸しだが、中洲状に揚弾井後が見える
DSC09413_R_20130329213602.jpg第二砲座全景
DSC09414_R_20130329213604.jpg砲座間地下二階弾薬庫に下りる階段
DSC09415_R_20130329214854.jpg第一砲座への通路、揚弾井後がある
DSC09416_R_20130329214855.jpg天井のレールは腐食している
DSC09417_R_20130329214857.jpg第一砲座は鬱蒼と茂った樹木で暗い
DSC09418_R.jpg上部への階段
DSC09419_R_20130329214900.jpg砲座、伝声管
DSC09420_R_20130329215518.jpgこの通路を登ると
DSC09421_R.jpg井戸の遺構があるのだが、また見たくない物が横たわっている(手前)
DSC09423_R.jpg珍しく囲いがある
DSC09424_R_20130329221244.jpg元の所に戻って来た
DSC09426_R_20130329221246.jpg左奥の階段を登ると観測所があるのだが閉鎖されていたので、行かなかった
DSC09427_R_20130329221248.jpg左、看守衛舎と右、電灯所(発電所)遺構
DSC09428_R_20130329221249.jpg濾過槽付きの井戸
DSC09430_R.jpg前に紹介した刻印を二種類見つけた
DSC09431_R_20130329221920.jpg電灯所(発電所)天井は瓦が落ちてしまっている
DSC09432_R_20130329221922.jpg第三砲台を振り向く
DSC09433_R_20130329221923.jpg看守衛舎、砲台は常に兵が居る訳ではなく、ここに居る守人から連絡が入ったら集まってくる。
DSC09434_R_20130329221925.jpgレトロな台所
DSC09435_R_20130329222937.jpg
DSC09436_R_20130329222938.jpg
DSC09438_R_20130329222940.jpg
DSC09440_R_20130329222942.jpg
DSC09441_R_20130329222944.jpg
DSC09443_R_20130329223332.jpg
DSC09442_R_20130329223331.jpg
DSC09444_R_20130329223333.jpg
DSC09445_R_20130329223335.jpg
DSC09446_R_20130329223336.jpg
DSC09439_R_20130329223541.jpg第三砲台裏門(正規?)
DSC09437_R_20130329223540.jpg電灯所(発電所)
DSC09448_R.jpgアート
DSC09449_R_20130329223544.jpg
DSC09450_R.jpg
DSC09451_R_20130329224008.jpg
DSC09452_R_20130329224009.jpg
DSC09454_R_20130329224011.jpg名残惜しいが、第三砲台を後にする
DSC09455_R_20130329224012.jpgさらば友ヶ島第三砲台
DSC09456_R_20130329230159.jpg汲み取り遺構にベンチが着いている
DSC09457_R_20130329230201.jpg右の林の中に黒く塗った石柱が有った
DSC09461_R_20130329230203.jpg幾つか並んでいる
DSC09462_R_20130329230204.jpgまとめて捨ててある
DSC09463_R_20130329230631.jpgこれを登れば電灯所があるらしいが、行きそびれた
DSC09465_R_20130329230632.jpg斜面に壕がある
DSC09466_R_20130329230634.jpg下って左に折れて終わりであった
DSC09467_R_20130329230635.jpgまた違う壕
DSC09469_R_20130329231059.jpg排水設備
DSC09470_R.jpg排水溝が延々と続く
DSC09472_R.jpg最後の壕
DSC09474_R.jpgそして友ヶ島に別れを告げる


スポンサーサイト

由良要塞 友ヶ島 第三砲台 その1

友ヶ島散策もおおず目となり、遂に最後の砲台第三砲台のみとなった。
この砲台は地ノ島最高峰に近い標高110m地点にある高砲台だ、規模も最大規模で
28cm榴弾砲、四座各二門の計八門が据えられていた。
しかしながら、幸か不幸か本土決戦が回避されたので、実戦ではただの一度も使用していない。
遺構としては、最高の状態を維持していると思われるが、もちろん金属泥棒の被害にはあっている。
やはりこの砲台の見所は比較的整備された砲座であるが、懐中電灯一本で、その倍以上の楽しみがある。
地下二層式の弾薬庫、棲息掩蔽部、装薬庫が地下迷宮を作り上げている。
更に、驚く事に右翼観測所として、航空機用ビーコンレーダーが据えられていて、レーダー射撃が
可能だった(うそ)
このレーダーの為に海底ケーブルで、島に電気が来るまでは、旧軍の発電機を近年まで使用していた。
DSC09356_R_20130328220154.jpg海軍聴音所を後に、第三砲台を目指す
DSC09357_R_20130328220155.jpg建物の痕跡は結構ある
DSC09358_R_20130328220157.jpg以外と近く、1.3Km程度の上り坂
DSC09359_R.jpg途中にあった、柱四本の空間、猿島要塞にもある
DSC09360_R_20130328220201.jpg神の島が小さく見える
DSC09361_R.jpgひたすら登って行くと、右手に便所遺構が見える
DSC09362_R_20130328220712.jpg写さなかったが、大便器(ただの穴)が見えるが使用不可
DSC09363_R_20130328220714.jpg第三砲台入り口の門柱
DSC09364_R_20130328220715.jpg土木学会選奨土木遺産
DSC09365_R_20130328220717.jpg案内板
DSC09366_R_20130328221255.jpgコンクリートパネルのスロープがある
DSC09367_R.jpg手前の通路にある地下二階に下りる階段、砲座間三ヶ所にある(立体的で説明しにくい)
DSC09368_R_20130328221258.jpgみんなが撮るだろうお決まりショット
DSC09369_R_20130328221259.jpg棲息掩蔽部が並ぶ脇の狭い通路
DSC09370_R_20130328221300.jpg周囲は回廊状になっている
DSC09371_R_20130328223208.jpg内部は全て繋がっている
DSC09372_R_20130328223210.jpg外周の回廊も繋がっている
DSC09373_R_20130328223212.jpg入り口上の通気孔に特徴がある
DSC09374_R_20130328223213.jpg左翼最奥の棲息掩蔽部
DSC09375_R_20130328223215.jpgレンガのアーチ模様が凝っている
DSC09376_R_20130328224337.jpg一部地下水が染み出している
DSC09377_R_20130328224339.jpg最奥の扉跡
DSC09378_R_20130328224341.jpg木製の鴨居が残る
DSC09379_R_20130328224342.jpgこれは他の所にも残っていた
DSC09380_R_20130328224344.jpg電灯所(発電所)へのトンネル、今は行かない
DSC09381_R_20130328225045.jpg戻って地下の弾薬庫に下りる
DSC09382_R.jpgやはり狭い通路はここにもある
DSC09383_R_20130328225047.jpg本通路
DSC09384_R_20130328225049.jpg途中に上に上がる階段がある
DSC09385_R_20130328225050.jpg反対側の出口、貫通している
DSC09386_R_20130328230214.jpg弾薬庫入り口
DSC09388_R_20130328230216.jpg内部、漆喰がかなり残っている
DSC09389_R_20130328230217.jpg隣の狭い通路
DSC09390_R.jpg上を見上げてみる
DSC09391_R_20130328230220.jpg地下一階通路
DSC09392_R.jpg奥に砲座が見える

次回砲座

由良要塞 友ヶ島 海軍聴音所

基本的に要塞を築き、そこを守るのは陸軍だ。
もちろん海軍基地や、造船設備、飛行場などがあり、要所となる所には海軍砲台もある。
由良要塞、友ヶ島に関しても、陸軍管轄の島であるが、その中に唯一海軍施設が有る。
それが友ヶ島海軍聴音所である、さぞかし肩身が狭かったろう・・・
(公式)に、この海軍聴音所が発見されたのは、正確な年号は分からないが、平成になってからだ。
もちろん地元の人は知っているし、自分の手元にも資料にその存在が書かれている。
内部に書かれた落書きにも、一番古いのは昭和41年の年号があった。
聴音所とは水中のソナーで敵艦や潜水艦のスクリュー音などを察知し、発見し通報する為の物なのだが
何故にこんな高台にある?、普通海岸線だろうに、目視による監視所も兼ねているせいだろうか?
陸軍の島で、割り当てられたのがここだっただけなのか?
djvu2jpeg - コピー_R赤丸の部分に聴音所の文字が書かれている
DSC09314_R.jpg防備所跡地
DSC09315_R_20130327210346.jpg海岸の浸食はかなり激しい
DSC09316_R_20130327210008.jpg第二砲台からの尾根道をひたすら上ると、崖に壕が3つほど見える、上の図にも見え難いが、遂道と書かれた物が数本見て取れる、恐らくこれだろう。
DSC09317_R.jpg途中に暗くて見難いが、大き目の水桶がある
DSC09318_R.jpgこの辺にも防空壕はある
DSC09319_R.jpg道がスロープ状になり左側に兵舎基礎が見える
DSC09320_R.jpg残っている物がみんな四角い感じがする
DSC09321_R_20130327211413.jpg聴音所に着いたが、船で一緒だった、MIXI系の様なグループに出会う
DSC09322_R.jpg軽く周りながら、立ち去るのを待つ(写真に写りこんでしまう)
DSC09323_R.jpgまずは二階によじ登る、2m程度だ
DSC09324_R.jpg内部に入ってすぐ左に下への穴がある、階段は無く梯子を使っていたのだろう、壁に跡も有る
DSC09325_R.jpg内部全体、4X4mぐらいだろうか
DSC09326_R.jpg陸側方向
DSC09327_R.jpg二階の天井上にも石のカムフラージュが施されている
DSC09328_R.jpgなんか穴がある、煙突でもあったのか?
DSC09330_R.jpg二階天井外周にボルト跡があるなんだろう?
DSC09331_R_20130327222843.jpg取り合えずもう一段登る
DSC09329_R_20130327222840.jpg眺め最高!兵舎跡も良く見える
DSC09332_R.jpg下に降りると、とのさんも登ろうとしている
DSC09334_R.jpgこうして見ると二階が隠れて、平屋に見える
DSC09335_R_20130327223715.jpg一階内部を覗き込む
DSC09336_R.jpg入り口に周る途中にカマドの様な物がある
DSC09337_R.jpg入り口入ってすぐ右にある部屋
DSC09338_R.jpgまるでトイレの様な部屋だ、中には水が溜まっていた
DSC09339_R_20130327223721.jpg電気配線の跡がある
DSC09340_R.jpg二階テラスで見た穴の一階側
DSC09341_R_20130327224346.jpg作業台?
DSC09342_R.jpgこれも不明な台座、壁に煙突の様な穴も有る
DSC09343_R_20130327224349.jpg何故かオレンジ色の部屋
DSC09344_R_20130327224351.jpg壁には何かを取り付けた跡がある
DSC09345_R_20130327225045.jpg全体的にこの建物は湿っている
DSC09346_R_20130327225046.jpgカムフラージュに被せてある土のせいだろう
DSC09347_R_20130327225048.jpg見難いが天井には防音材が張ってある
DSC09348_R.jpgほぼ一面に張ってある
DSC09349_R_20130327225051.jpg70余年の廃墟美
DSC09350_R.jpgYUKI、41年8月28日(見つけた中で一番古い)
DSC09351_R.jpg壁のコケが迷彩に見える
DSC09352_R_20130327230008.jpg小便器
DSC09353_R_20130327230010.jpgこっちは大?、汲み取り用?
DSC09355_R_20130327230454.jpg周辺には四角い構造物が多い
DSC09354_R_20130327230453.jpg海軍聴音所を後にする

明日はメインの第三砲台

由良要塞 友ヶ島 第一砲台(灯台)その2

前回の続き
DSC09278_R_20130326203253.jpgここは下から登って来ると、大抵最初に見る閉鎖された門の裏側
DSC09280_R.jpg漆喰の塗られた所と無い所の区別は何だろう?
DSC09281_R.jpgゴミだらけで、入れない
DSC09282_R.jpgさくっと登る
DSC09283_R_20130326205840.jpg砲座は結構上にある
DSC09284_R_20130326205841.jpg砲座の伝声管、カノン砲なので、胸檣が低い
DSC09285_R_20130326205843.jpg地下の掩蔽部の通風口
DSC09286_R_20130326205844.jpg砲台長位置だと思う
DSC09287_R_20130326205846.jpg位置を変えて見ると、階段が数段ある
DSC09288_R_20130326211910.jpgこの木のとげは非常に痛く、いっぱい生えているので、傷だらけに成る
DSC09289_R_20130326211911.jpg各横檣 に一つづつ通気孔はある
DSC09290_R_20130326211913.jpg第三砲座を上から見る
DSC09291_R_20130326211914.jpg第三砲座の胸檣を破壊して、展望公園に道が築かれている
DSC09292_R_20130326211916.jpg第三第四砲座後の棲息掩蔽部この煙突は何だろう?右はトンネル
DSC09293_R_20130326220802.jpg一部通口出来ない所がある
DSC09294_R.jpgものすごいきれいな状態だった
DSC09295_R.jpg三枚上の写真のトンネル内から見ている、火気厳禁
DSC09296_R.jpg第四砲座、状態はイマイチ
DSC09298_R.jpg砲座左に歩いて行くと、切り通しの通路
DSC09299_R_20130326222530.jpg角が階段になっている
DSC09300_R_20130326222531.jpg登って先を見てみると何かある!
DSC09301_R.jpg左翼観測所だ、右翼より状態がいいが、何か臭う
DSC09302_R_20130326222534.jpgとのさんが剥がれたコンクリートを集めている
DSC09303_R_20130326222536.jpgしばし二人で修復を試みる
DSC09304_R_20130326223315.jpg内部、暫く中に入る事を躊躇していたが覗いて見るとやはり在ったあれが!
DSC09305_R_20130326223316.jpg座る様に事切れているあれには悪いが、手早く撮影する
DSC09306_R_20130326223317.jpg激しく入りたくない!
DSC09307_R_20130326223319.jpg呼吸を止めて、突入する
DSC09308_R_20130326223320.jpg観測器台座の中央に伝声管があるが、何処に繋がっているのだろう?
DSC09310_R_20130326224348.jpgスリットから外を見る、その足元には・・・
DSC09313_R_20130326224351.jpgガマンの限界!脱出する
DSC09312_R.jpg昼飯は右翼観測所で食っといて良かった


明日は海軍聴音所の予定

由良要塞 友ヶ島 第一砲台(灯台)その1

友ヶ島第一砲台は、友ヶ島灯台の所にあるので、探しやすいだろう。
ただし、他の砲台と一線を改した構造となっている為、基本的に立ち入り禁止となり
鉄格子の門が閉められているのだ、理由は高低差にある、砲台部と下部棲息掩蔽部までの
落差は、砲台長位置辺りからだと、10m以上有るのではないだろうか?
当時は柵も有ったろうが、金属の柵は盗まれ、当時よりも危険な状態になっている。
一般客は脇の階段から灯台には登れるので(灯台には入れない、海の日とかだと入れるらしい)
上部外周は見る事が出来る。
備砲は27cmカノン砲四座四門であるが、この砲はなかなかで、射程1万mを誇る。
要するに友ヶ島から大阪湾を攻撃する事も可能なのだ(進入された場合)
DSC09242_R.jpg途中の防空壕
DSC09243_R.jpg灯台なので運輸省管轄
DSC09244_R.jpgレンガ遺構が見える
DSC09245_R.jpg木造の上屋が無くなった便所遺構
DSC09246_R.jpg延々と登って行くと、様々な遺構が出て来る
DSC09247_R.jpg元は砲台の位置に在った物を、移築した様だ
DSC09248_R.jpg下部棲息掩蔽部入り口は閉ざされている
DSC09249_R.jpgここには何があったのだろう
DSC09250_R.jpg灯台到着、ライトから海面まで高さ60mあるそうだ
DSC09251_R.jpg機銃座の様な痕跡
DSC09252_R.jpg平成20年に近代化産業遺産に指定されている
DSC09253_R.jpgカマドと煙突のようだ
DSC09254_R.jpg灯台の裏手の道を回りこんで行くと
DSC09255_R.jpg何か見えて来る
DSC09256_R.jpg右翼観測所だ、装甲天蓋の現存は非常に稀だ
DSC09257_R.jpg横のコンクリートの分厚さが分かるだろうか?
DSC09258_R.jpg内部全景
DSC09259_R.jpg観測器を取り付ける台座3本
DSC09260_R.jpg観測窓開閉用のレール
DSC09262_R.jpg天井の内張りは木製
DSC09263_R.jpg全体写真、大きいので撮り難い
DSC09264_R.jpg上のコンクリートの大半は剥がれてしまっている
DSC09265_R_20130325223757.jpg天蓋の上で飯を食う人物比のとのさん
DSC09266_R.jpgアッガイのようだ
DSC09267_R.jpg外側から覗き込む
DSC09268_R.jpg階段を下りて行く
DSC09269_R.jpg3月でもこんな感じでよく見えない
DSC09270_R.jpg人物比で高低差が分かるだろうか?
DSC09271_R.jpg地下弾薬庫(トンネル部)
DSC09272_R.jpg伝声管も残っている
DSC09273_R.jpg覗き込む
DSC09274_R.jpg弾薬庫前室
DSC09275_R.jpg外にでる
DSC09276_R.jpg塞がれた弾薬庫
DSC09277_R.jpg上に残る、弾薬運搬用クレーン