東京第二陸軍造兵廠板橋製造所(二造) その2

418_R_R.jpg
川を渡ると理化学研究所(板橋分所)の裏側に出る
422_R_R.jpg
覗き込む
424_R_R.jpg
427_R_R.jpg
こちら側を紹介するのはまず無いだろう
428_R_R_20150215225100c62.jpg
ちらっと見えているこれは
429_R_R.jpg
遺構っぽいけど、何だろう
432_R_R.jpg
現在も研究は続けられている
無題_R
理化学研究所(板橋分所)の表側はつまらん
439_R_R.jpg
怪しい建物がある
440_R_R.jpg
形からして、間違いないだろう
442_R_R.jpg
まだある
443_R_R.jpg
愛歯技工専門学校の建物、火薬庫らしい
444_R_R.jpg
確かに壁を頑強に造り、屋根を脆弱にしている様に見える
445_R_R.jpg
庇の形もいい感じ
447_R_R.jpg
モルタルの剥がれ目から、レンガが見える
449_R_R.jpg
裏側から見たところ
451_R_R.jpg
川沿いに歩いて行くと何か見えてくる
454_R_R.jpg
ここから入って行く
455_R_R.jpg
壁が寝ている
460_R_R.jpg
確かにこれなら倒壊の心配は無いが・・・・
457_R_R.jpg
右側の案内板
459_R_R.jpg
左側の案内板
461_R_R.jpg
要石の部分と
462_R_R.jpg
この部分だけがオリジナル
467_R_R.jpg
造兵廠のマーク
476_R_R.jpg
板橋区立金沢小学校
475_R_R.jpg
校門脇のこの道を行くと
473_R_R.jpg
垣根の中に陸軍の消火栓がある
474_R_R.jpg
前後に星マークが付いている
477_R_R.jpg
アパートの前に妙な鉄柱と石柱がある
478_R_R.jpg
これは造兵廠の壁の支柱と言われている
509_R_R.jpg
今は無くなってしまったが、ここに門柱が立っていた
481_R_R.jpg
真っすぐ進んで行くと、ここにも支柱が残っている
484_R_R.jpg
手前は治されているが、奥の壁と
485_R_R.jpg
手前の化粧石は当時の物
486_R_R.jpg
壁がうまい具合に残されている
491_R_R.jpg
陸軍用地の石柱もある
493_R_R.jpg
上部の境界線
496_R_R.jpg
もう1つある
497_R_R.jpg
こっちの方が見やすいが、折れた跡がある
502_R_R.jpg
更にその先のここに
503_R_R.jpg
小さく埋まっている
504_R_R.jpg
この辺の壁もそうだろう
505_R_R.jpg
無理やり支柱と融合している
508_R_R.jpg
ちょっと支柱の形が斜めじゃ無いかな?
510_R_R.jpg
レンガが埋まっている、何でもそれっぽく見えて来た
511_R_R.jpg
路地裏には、当時家屋が未だに残っている
512_R_R.jpg
桜マーク
513_R_R.jpg
ぬこ
515_R_20150216214402073.jpg
東板橋体育館
516_R.jpg
その奥にある加賀西公園
518_R_20150216214405941.jpg
圧磨機圧輪記念碑 がある
520_R.jpg
これも時間が悪く、影が映り込む
522_R_201502162144078e3.jpg
説明版
525_R_R.jpg
黒色火薬の作り方
526_R_R.jpg
板橋区指定記念物
527_R_R.jpg
意外と凹凸のある表面
529_R_R.jpg
裏側はキレイに撮れた
531_R_R.jpg
大正十一年三月建
532_R_R.jpg
ここにもエンブレムが付いている
535_R_R.jpg
円盤に白いものが付いている
534_R_R.jpg
なんと、貝の化石がかなり含まれている
539_R_R.jpg
最後の物件「招魂之碑」
544_R_R.jpg
板橋火薬製造所有志によって、火薬製造の過程で発生した事故等により死亡してしまった従業員を悼んで建てられたものだそうだ
スポンサーサイト

東京第二陸軍造兵廠板橋製造所(二造) その1

東京第二陸軍造兵廠板橋製造所は、陸軍省により旧加賀藩下屋敷跡地約3万坪に建設され、明治9年(1876年)、陸軍砲兵本廠板橋属廠として操業を開始した。
その後、明治12年に東京砲兵工廠板橋火薬製造所と改称され、より高性能の火薬製造を行う。
工廠設備、敷地も拡充され、明治27年(1894年)には、敷地は約15万坪に膨れ上がった。
昭和15年(1940年)には、東京第二陸軍造兵廠板橋製造所(二造)となり、最盛期には7千人をこえる労働者を擁する一大軍事工場となった。
368_R_R.jpg
17号線を板橋に向かって走る
369_R_R.jpg
板橋4丁目到着
370_R_R.jpg
板橋区立板橋第五中学校のグランドの境目
371_R_R.jpg
来た時間が悪かった
372_R_R.jpg
なんでここにピンポイントで立ってるんだ電柱!
375_R_R.jpg
表の陸軍省しか書いてないようだ
376_R_R.jpg
信号渡って加賀公園に向かう
377_R_R.jpg
遺構は図の上の方
378_R_R.jpg
電気軌道(トロッコ)線路敷跡
383_R_R.jpg
チンチン電車
379_R_R.jpg
380_R_R.jpg
元々はこの前田家の跡地に二造は造られた
381_R_R.jpg
382_R_R.jpg
多分全然関係無い
406_R_R.jpg
道路側に降りる
407_R_R.jpg
ほとんど読めない牌がある
410_R_R.jpg
工科学校板橋分校跡の碑
411_R_R.jpg
「花匂ふ桜ヶ丘 永遠の平和を祈る」とある、本来の場所は第五中学校だ
385_R_R.jpg
フェンスの向こうに何か見える
386_R_R.jpg
レンガの壁である、(防爆壁)
387_R_R.jpg
フェンス沿いに歩くと、土管が並んでいる
388_R_R.jpg
野口研究所に残る、弾道検査管(爆速測定管)、手前は埋まっている
391_R_R_2015021419535331d.jpg
途中で折れている、もう使えない様だ
392_R_R.jpg
となりのブロックに空き地がある、何か建っていたのだろう
394_R_R.jpg
背面には築山がある
396_R_R.jpg
弾道検査管の標的なのだが高さが変だ、弾道検査管は路面より低いが、標的は路面より1.5mほど高い位置にある
397_R_R.jpg
これが標的だが、コンクリートでは無く、レンガのモルタル塗りだ、本体は地下に埋まっているのか?
400_R_R.jpg
そばにはコンクリート基礎もある
401_R_R_20150214203225138.jpg
元の構造が良くわからん?
434_R_R.jpg
野口英世では無く、野口遵(のぐちしたがう)氏の設立した研究所
435_R_R.jpg
この前も電気軌道(トロッコ)線路跡
438_R_R.jpg
この様な当時の建物が多く残っているそうだ
413_R_R.jpg
裏手に見える、これなんかもそうだろう
414_R_R.jpg
川を渡る
415_R_R.jpg
この川も二造をこの地に造る運搬などにおける理由の一つになってる
416_R_R.jpg
変なオブジェ
417_R_R.jpg
いこいの水辺
452_R_R.jpg
火薬製造と密接に関係している

kan様、任務完了しました
DSC08041_R_2015021520485744f.jpg
船越にある監視哨・・・かな?
DSC08060_R_2015021520485905a.jpg
300mmズーム
DSC08060 - コピー_R
更に拡大、こんなものでどうでしょう?

浅川地下壕見学会(公式)

裏からは何度も行った浅川地下壕であるが、表側に行った事が無かった
ってゆう事で、今更ながら公式見学会に行って来た。
ただ行くのも何なので、ロ地区の番号間違え確認と、下層部分の消失確認に行って来た
DSC06686_R_20150208231432242.jpg
ロ地区のある、金比羅山に到着
DSC06687_R_201502082314330fd.jpg
既に通い慣れた山腹コースを踏破する
DSC06708_R_201502082314363e3.jpg
1-1からスタート
DSC06701_R_201502082314345e2.jpg
やはり5本目の壕に4-1表示確認
DSC06710_R_20150208231437503.jpg
外に出て壕地図とスマホマップで確認するも、下層部分は宅地化埋没確認
DSC06714_R_20150208232248ecc.jpg
集合時間なので、高尾駅南口に向かう
DSC06713_R_201502082322466f5.jpg
資料をもらう、この為に来たような部分もある
DSC06716_R_2015020823224965d.jpg
みころもに移動
DSC06717_R_20150208232250214.jpg
東屋で座学となる
DSC06719_R_20150208232252d68.jpg
飯場の有った位置などを説明
DSC06903_R_20150208233109e8d.jpg
浅川小学校から
DSC06722_R_20150208233104f24.jpg
駐車場辺りまでも、飯場だったそうだ
DSC06724_R_20150208233105184.jpg
通りがかりに、ハ地区の説明(ネット裏斜面の窪みが擁壁された壕口跡)
DSC06900_R_20150208233107b13.jpg
説明は無かったが、唯一残るハ地区入口
DSC06730_R_201502082338222fc.jpg
イ地区公式入口に到着
DSC06729_R_20150208233820bbb.jpg
昔の入口、崩落を理由に閉鎖
DSC06734_R_20150208233823995.jpg
個人邸の裏側が、今の入口となる
DSC06735_R_20150208233825d9b.jpg
壕口前でトイレ休憩と準備に入る
DSC06736_R_201502082338277d9.jpg
ここでTVクルーと合流
DSC06737_R_20150208234517157.jpg
その内どっかで放映するかも
DSC06732_R_20150208234516eb5.jpg
ヘルメット装着
DSC06738_R_201502082345189d5.jpg
簡単な説明の後
DSC06740_R_20150208234520039.jpg
壕口へ向かう
DSC06741_R_2015020823452292c.jpg
個人邸なので、色々と置いてある
DSC06743_R_201502092115241fa.jpg
この柵は企業の所有時代に付けられた物らしい
DSC06745_R_201502092115260c5.jpg
入口付近は水没気味だが、板が渡してある
DSC06747_R_201502092115269b5.jpg
壕口は大きかったが、すぐに狭くなる
DSC06749_R_20150209211528166.jpg
入口付近は湿度が高め
DSC06751_R_20150209211529a11.jpg
枝抗は横幅が広い
DSC06752_R_20150209221453617.jpg
ちょっと広めの所で説明を聞く
DSC06754_R_201502092214541dd.jpg
この日の参加者は12人+TVクルー3人だったかな
DSC06756_R_20150209221456389.jpg
ぞろぞろとゾンビの如く並んで歩く
DSC06763_R_20150209221457158.jpg
崩落箇所も割と通る事に驚いた、まぁ保険も掛けてあるし平気だろう
DSC06765_R_20150209221459935.jpg
崩落部分を乗り越える時だけ、ヘルメットが役にたってる音がする
DSC06767_R_20150209222910560.jpg
この辺にはトロッコの軌条後も見える
DSC06770_R_2015020922291273d.jpg
見学用の通路だから、もっと平坦だと思っていたので、割と楽しい
DSC06774_R_20150209222913cb0.jpg
天井が白みを増やしてくる
DSC06778_R_20150209222914a37.jpg
実はカビだったりする
DSC06779_R_20150209222916fcb.jpg
平坦な長い通路に出た
DSC06784_R_20150209223722d81.jpg
この通路はゆるい山なりになっていて、向こうが見えなく作ってある
DSC06787_R_201502092237230b0.jpg
マッシュルーム業者の屍
DSC06791_R_20150209223724615.jpg
最深部に近づく
DSC06792_R_201502092237264a1.jpg
やっと柵のこっち側にこれたDSC05907_R_20150209224612ed0.jpg
いつもは柵の向こう側しか来れなかった
DSC06793_R_2015020922372785f.jpg
鈴なりに覗き込む一般の見学者、こっち側の方がレアなのに
DSC06794_R_20150209224614905.jpg
柵の向こう側に、行き慣れた風景が広がる
DSC06797_R_20150209224615d69.jpg
ここに三本新しい柵がある、これは業者が通行用に開けていた物だが、行政サイドから塞げと言われた結果
DSC06803_R_20150209224617179.jpg
今、この辺との説明
DSC06809_R_20150209225432831.jpg
TVの撮影機材にしては、いささかしょぼい、逆にそのライトすごいですねと言われた
DSC06811_R_20150209225434cb9.jpg
突き当たりなので、来た道を戻る
DSC06813_R.jpg
交差路を違う道に進む
DSC06815_R_20150209225437614.jpg
こちらもなだらかな道
DSC06816_R_201502092254383e5.jpg
何やら構造物が見えてくる
DSC06817_R_2015020923024793b.jpg
光り輝く作業用コーン
DSC06825_R_20150209230249496.jpg
大学の地震観測機
DSC06828_R_201502092302509d3.jpg
ケーブルで壕外まで引っ張り、無線アンテナから送信している
DSC06829_R_20150209230252200.jpg
ここでも説明
DSC06834_R_20150209230254f4b.jpg
この辺には削岩機のドリル穴が多く残っている
DSC06841_R_20150209230959969.jpg
先へ行く
DSC06842_R_201502092310007a2.jpg
少しガレた道を行く
DSC06844_R_201502092310014a9.jpg
良く、素人相手に探索許可を出してると思うぐらい、天井が崩れてる
DSC06845_R_201502092310032a8.jpg
乗り越えると、また平坦になる
DSC06850_R_201502092310049a4.jpg
そしてもう一山超えると
DSC06858_R_20150209231731580.jpg
やたらに硝石の染み出してる所がある
DSC06862_R_201502092317336ae.jpg
いよいよ最終ブロックに向かう
DSC06865_R_20150209231735f32.jpg
この鉄骨が見たくて参加したような物だった
DSC06866_R_20150209231736458.jpg
ウッチャンナンチャンのTV番組中にダイナマイトが発見された場所
DSC06867_R_201502092317371f4.jpg
自衛隊による撤去作業用に補強工事された鉄骨である
DSC06875_R_201502092325391b3.jpg
説明をしてるが、他にやる事がある
DSC06876_R_20150209232541a83.jpg
木箱に入ったダイナマイトを探しまくったが、見つからなかった
DSC06880_R_201502092325424fa.jpg
これだけキレイに処理されてしまえば、見つからないか!
DSC06882_R_2015020923254476c.jpg
さぁ、帰ろう
DSC06883_R_20150209233117c5f.jpg
平坦な道をたどれば
DSC06888_R_201502092331181e8.jpg
すぐに出口に到着
DSC06890_R_20150209233120ea2.jpg
壕を出て装備を外す
DSC06891_R_20150209233121ad8.jpg
最後の説明、壕内の測量は学生の手作業によるもの
DSC06899_R_2015020923312283a.jpg
さぁ、撤収!

更にまた来てしまった八王子!
今回は祐実総軍様との合同調査だ
DSC07691_R_20150211194925f3d.jpg
早速山に分けいる
DSC07695_R_201502111949261d7.jpg
まずは近場のロ地区からご案内
DSC07711_R_20150211194927573.jpg
壕内の崩落地点も難なくクリア
DSC07732_R_2015021119492938a.jpg
1時間ちょとでロ地区残存部分を消化する
DSC07926_R_2015021119493043d.jpg
雪の残る、イ地区の山に入る
DSC07746_R_20150211200037c28.jpg
壕内は、湿度を除けば快適温度、本日は6°あった
DSC07773_R_20150211200038996.jpg
工作台基礎部分
DSC07775_R_20150211200039dfd.jpg
転がっている碍子やネジ類
DSC07778_R_2015021120004106c.jpg
この通路付近には、6台ほどの基礎が残っている
DSC07788_R_20150211200042514.jpg
天井には電源用碍子も残っている
DSC07802_R_201502112009363c0.jpg
工作機械台座の付近には、金属切子が散乱している
DSC07804_R_20150211200938335.jpg
こうゆうのを見ると、本当に稼働していたんだなと思う
DSC07818_R_20150211200939b8d.jpg
今日も柵のこっち側、もうあっち側(見学コース)に行くことは無いだろう
DSC07842_R_20150211200940907.jpg
水没区は楽しい
DSC07852_R_20150211200943165.jpg
そう言えば、木箱がたくさん積まれている所が有った、以前ダイナマイトが木箱で見つかったっけ
DSC07861_R.jpg
この地下壕はでかい、ざっと回って4kmぐらいだが、必然的に同じ所も歩くので、相当歩く
DSC07903_R_20150211201731ca3.jpg
折りたたみナイフが落ちていた
DSC07923_R_20150211201732382.jpg
3時間ほど歩いて、脱出となる
DSC07928_R_20150211201733a51.jpg
ビロードの靴墨瓶
DSC07929_R_20150211201735094.jpg
工作機械台座付近に落ちていた

皆様今回の探索ご苦労様でした、またいつか何処かの穴で!

浅川地下壕 イ地区再訪 その2

DSC05865_R_20150110181918e70.jpg
トロッコ軌条に沿って奥へ進む
DSC05866_R_20150110181921413.jpg
あっとゆう間に軌条は消える
DSC05867_R_20150110181921777.jpg
掘りかけ通路で、整形もへったくれも無い
DSC05868_R_201501101819222cb.jpg
まともに歩く事も困難になってくる
DSC05869_R_20150110181923e27.jpg
もはや立つ事も困難、ってか無理
DSC05871_R_201501101828502e9.jpg
やっぱりこうゆう困難な通路の方が達成感があって、やりがいがある
DSC05873_R_20150110182852df6.jpg
しかし終息はある、残念だが引き返す
DSC05874_R_201501101828547c6.jpg
壁にはランタンを引っ掛けていた釘が残っている
DSC05875_R_20150110182855506.jpg
広い通路に戻ってきた、何だか味気ない
DSC05877_R_20150110182856ddc.jpg
特徴のある、お楽しみゾーンに向かう
DSC05878_R_2015011018390201a.jpg
広い通路を適当に飛ばして行く
DSC05879_R_201501101839048e0.jpg
この辺の通路はコンクリート製、工場稼働部分かマッシュルームかは不明
DSC05880_R_20150110183905946.jpg
狭いところに潜り込むと
DSC05881_R_201501101839084ac.jpg
水没ゾーンに突入
DSC05882_R_20150110183910018.jpg
驚くほど澄んでいる地下水
DSC05883_R_20150110184614ec0.jpg
ちょっとだけ崩れているが、四角く整形されている
DSC05885_R_20150110184615b83.jpg
ここからまた、狭くなる
DSC05886_R_201501101846174a6.jpg
再び水没だが、気にしないでザブザブ行く
DSC05887_R_20150110184618e00.jpg
何か見えて来た、水深は膝ぐらい
DSC05888_R_20150110184620a6e.jpg
浅川名物「赤門」、結構あちこちにある
DSC05889_R_2015011018550513f.jpg
水没区は楽しいが
DSC05891_R_20150110185506637.jpg
湿度の高さが難点だ
DSC05892_R_20150110185508b9d.jpg
手持ち露光はぶれるから好きじゃない
DSC05896_R_20150110185510c96.jpg
水面下を良く見ると、ロ地区で見たコンクリートで埋めた丸太がイ地区にもあった
DSC05894_R_20150110190128c76.jpg
緊急脱出口、1ヶ所埋まってしまったので、開口部は2ヶ所になってしまった
DSC05897_R_201501101901295e9.jpg
別の通路に行く
DSC05898_R_2015011019013055f.jpg
次のシュタインズ・ゲート
DSC05899_R_20150110190132940.jpg
海軍食器が落ちてたりする、埋まっていたのを掘り起こして置いておいた、探索者の観賞用なので持ち出し厳禁!
DSC05900_R_20150110190133a57.jpg
この辺は割と天井が低い
DSC05901_R_2015011019131090a.jpg
この通路を抜けると
DSC05902_R_201501101913124bc.jpg
広い通路に巨大なマッシュルーム用保存庫?がそそり立つ
DSC05904_R_201501101913138d3.jpg
ちょっと先には進みたく無いので、鵜飼いする
DSC05905_R.jpg
ちなみに、床はコンクリート
DSC05906_R_201501101913163e5.jpg
SUPER真志壕、健在だった
DSC05907_R_20150110192242823.jpg
そして最終地点、公式見学路最深部の裏側に到達
DSC05908_R.jpg
水没区をもう少し楽しむ
DSC05909_R.jpg
何故か1本だけ残る天井部の支保
DSC05912_R.jpg
さぁ、帰るとするか
DSC05914_R.jpg
壕内温度は6度、外より暖かい(8月に来ても8度だった)
DSC05915_R_2015011019371778e.jpg
戦時中の機械台座
DSC05918_R.jpg
このブロックには幾つかあるが、同じ機械が並んでいたのか、台座も同じ形
DSC05919_R.jpg
さぁ、這い出すか!




浅川地下壕 イ地区再訪 その1

ロ地区探索が早く終わってしまったので、引き続きイ地区に移動した。
以前紹介しているので、壕口への経路等は省略する、とにかく下山後新たな山の中に入って行く
DSC05823_R_20150108192448a95.jpg
イ地区の山も相変わらず、適度に荒れている
DSC05925_R_201501081941014fc.jpg
地面も凍る、霜柱は2cm級
DSC05924_R.jpg
流れる沢も凍りついているのに、本人はうっすら汗をかいている
DSC05824_R_2015010819244990e.jpg
1年半ぶりに訪れたら、なんと壕口が崩れてしまっていた、ただでさえ狭かったのにこれじゃ入れん・・・・
DSC05825_R_2015010819245081d.jpg
仕方ないので、現在崩落中の緊急脱出用壕口に向かう
DSC05827_R_201501081924525a3.jpg
亀裂と言っていい隙間から滑り込む
DSC05828_R_20150108192453476.jpg
壕内はクリア
DSC05829_R_201501081940573ac.jpg
と思ったら途端に真っ白、壕内が暖かいのだ
DSC05832_R_201501081940582c2.jpg
しばしレンズが慣れるのを待つ
DSC05833_R_20150108195319144.jpg
部分的にはかなり崩落していて、このように2mほど高低差が出来ている
DSC05837_R_20150108195320602.jpg
湿度が高く、しばらくフラッシュが焚けない
DSC05838_R_20150108195322f4f.jpg
結構見かけるけどメーカー不明のロゴマーク
DSC05839_R_201501081953245cc.jpg
マッシュルーム栽培時代の金網
DSC05840_R_201501081953242bf.jpg
戦後利用されていた部分は、路面もきれいだ
DSC05841_R_20150108203735abe.jpg
通路を埋め尽くす、マッシュルームの苗床
DSC05842_R_2015010820373762f.jpg
この辺の通路は車も通れる広さがあるが
DSC05843_R_201501082037385c4.jpg
奥に進むにつれ、狭くなる
DSC05844_R_20150108203739ae6.jpg
当時業者の出入り口だろうが、開かない
DSC05845_R_20150108203741944.jpg
1989年10がつ30日(月)攻略、この頃は爆薬発見前なので、封鎖されていなかったのだろう
DSC05846_R_2015010820492145e.jpg
壕内にこれだけ高圧電線が張り巡らされると、面白味が薄れる
DSC05849_R_20150108204922b4a.jpg
果ては交通標識まで出てくる
DSC05850_R_20150108204924fb2.jpg
鉄柵で覆われた部屋
DSC05851_R_20150108204925b56.jpg
マッシュルーム保管庫?棚の上の人物写真が不気味さを駆り立てる
DSC05853_R_20150108204927e03.jpg
部分的に天井は5m近い
DSC05854_R_2015010820584759b.jpg
タイヤの轍にそって進む
DSC05855_R_20150108205849b25.jpg
人型決戦兵器は健在だ
DSC05857_R_2015010820585045c.jpg
某ブログによると、今年は「第3新東京市に第一使徒が来襲する年ですよ!これからバンバン警戒警報が発令されて世界が混沌となり廃墟が一気に増えて人類補完計画にむけて爆進ですね(?)」らしい
DSC05858_R_201501082058515f1.jpg
そのまま奥まで突き進む
DSC05859_R_201501082058530e4.jpg
若干質の違うズリが盛られている上を通過
DSC05860_R_20150108210548f05.jpg
やっと先が見えて来た
DSC05861_R_20150108210550894.jpg
恐らくこれが電車の窓から見える壕口だと思う
DSC05862_R_201501082105517bb.jpg
この通路の奥は盛大に盛土されている、手前にある2ドア冷蔵庫と比較
DSC05863_R_2015010821055243f.jpg
超えると通路は狭まるが続いている
DSC05864_R_20150108210554474.jpg
トロッコ軌条の残る掘削途上ゾーンに入る、個人的にはこっちの方が萌え