9月の夏島、貝山空母氏来訪 その1

前回、貝山を中心に夏島上部を案内したが、とても回りきれずに今回の再訪となった
夏島下層2層目、貝山の一部を回る事になる。
DSC08857_R_201509251522253cd.jpg
通いなれた夏島地下壕
DSC08859_R_20150925152227071.jpg
兎に角キレイで広い所が多く、初心者でも楽しめる地下壕
DSC08863_R_201509251522299b0.jpg
ただし、長靴はあった方が良い、部分的にやばい所あり
DSC08866_R_20150925152231b3f.jpg
見所は満載である、ただし広すぎて迷う危険もあるので、注意が必要だ
DSC08865_R_20150925152230571.jpg
正直松代なんかより、よっぽど楽しい地下壕である
DSC08868_R_20150925154703007.jpg
夏場の地下壕は水蒸気が立ち込める事が多い
DSC08869_R_20150925154705985.jpg
場所により、全く写真にならない所もある
DSC08870_R_20150925154705cc9.jpg
そんな時はこのように、ライトのみの撮影となる
DSC08872_R_2015092515470765c.jpg
この湿度は厄介で、通路1本でこんなに違ってくる
DSC08874_R_20150925154708ca4.jpg
初めて訪れる人は、夏島の面白いほど入り組んだ構造に、魅了される
DSC08875_R_201509251601251f9.jpg
測量ミスにより、隣の通路に貫通してしまった部分など萌える
DSC08881_R_20150925160127cae.jpg
地下の中の、そのまた地下に降りて行く
DSC08882_R_201509251601282df.jpg
さっき見た壁の穴の、内側にやって来た
DSC08883_R_20150925160129b77.jpg
天井の掘り方も、屋根型で珍しい
DSC08884_R_20150925160131def.jpg
大正13年12月製造の本物の箱が未だにここにある
DSC08887_R_201509251622479f9.jpg
朽ちた手袋
DSC08888_R_20150925162249cc3.jpg
中身の少し残った各種ビン類
DSC08889_R_2015092516225037c.jpg
この辺は大分ぬかるんでいるので、こけたらヤバイ
DSC08892_R_2015092516225125d.jpg
空母氏が何かを見つけたようだ
DSC08893_R_20150925162253177.jpg
1500Aの電気部品の一部
DSC08895_R_20150925163725666.jpg
湿気を吸い、固化してしまったセメント袋
DSC08896_R_2015092516372697f.jpg
カマドの跡、右は煙路(ガスボンベが転がっているので爆発の恐れあり)
DSC08899_R_20150925163727642.jpg
朽ちた海軍食器
DSC08902_R_2015092516372936f.jpg
泥濘と化した倉庫壕の主通路
DSC08907_R_201509251637302b1.jpg
帰る頃には、相当靴底がドロで重くなっている
DSC08908_R_20150925171045c47.jpg
キレイに掘られた通路を抜けて行くと
DSC08911_R_20150925171046d0c.jpg
主計課通路に出る、また湿度が高い
DSC08912_R_2015092517104796d.jpg
天井には、未だに電球が残っている物もある
DSC08913_R_2015092517104902f.jpg
キレイに掘り込まれた棚
DSC08916_R_201509251710502c9.jpg
スロープの付いた主計課倉庫
DSC08922_R_20150925172400d77.jpg
ここの部分が一番魅力のあるゾーンだと思う
DSC08923_R_20150925172401b37.jpg
隣にもう1本主計課倉庫はある
DSC08924_R_20150925172402747.jpg
こちらには棚の木枠すら残っている
DSC08926_R_201509251724048aa.jpg
最深部から出口に向う
DSC08929_R_20150925172405c43.jpg
ここでこんな文字を始めて見つける、何回来ても楽しませてくれる地下壕だ、隣のスペースには書きかけの跡も
DSC08931_R_20150925173203dd1.jpg
次の目的を決める相談
DSC08932_R_20150925173204825.jpg
夏島下層部分、探索終了
DSC08933_R_20150925173205b54.jpg
2層目に向う
DSC08934_R_201509251732074d8.jpg
有名なトイレ遺構
DSC08935_R_20150925173208205.jpg
2層目の内部は殆んどこんな感じ
DSC08937_R_20150925173742bd0.jpg
ふと見ると、足元に巨大なニシキヘビがとぐろを撒いていた、こんな所に捨てるなよ飼い主!
DSC08939_R_20150925173744a7f.jpg
部分的にはキレイに整地された通路もあるにはある
DSC08941_R_20150925173745b80.jpg
コンクリートで整形され、木枠で扉を付けた所が残っている
DSC08942_R_201509251737463bc.jpg
半分程度コンクリートと石積みで塞がれた壕口
DSC08943_R_20150925173748a14.jpg
夏島地下壕を後にする
スポンサーサイト

夏島地下壕(空母氏ご案内)

-廃虚日常記録帳-の空母欲奈氏から、今から行くので横須賀案内してくれと連絡が来た、待つこと2時間半、ほんとに来た!(静岡在住)
とりあえずもう夜中なので、隠れ家(テント)に泊まって貰い、翌日朝から夏島地下壕に向かった。
明治砲台が見たい(地下壕こみで)との事で、一番近いのが夏島、貝山であったのだ。
DSC02035_R_20141011203129bdd.jpg
早速夏島の探索を始める
DSC02037_R_2014101120313083b.jpg
だが、前回の台風の影響か、入口から水没していた
DSC02038_R_20141011203131503.jpg
航空格納壕をざっと見る
DSC02040_R_20141011203133033.jpg
資材庫前
DSC02046_R_2014101120483896a.jpg
初の夏島地下壕潜入の第一歩を記す
DSC02047_R_2014101120484079a.jpg
若干水没気味の所もあるが、喜々として撮影に興じる
DSC02049_R_2014101120484193f.jpg
ビデオを回し始めたので、自分は離れた所に移動
DSC02051_R_20141011204842fe5.jpg
とにかくデカイ格納壕
DSC02054_R_2014101120484425f.jpg
そう簡単にはこうゆう写真は撮れない、高照度ライトのおかげだ
DSC02056_R_20141011210126445.jpg
入口付近の側壕(図面では燃料庫)
DSC02062_R_2014101121012707d.jpg
元々廃墟な人なので、残留物に興味深々である
DSC02064_R_20141011210128285.jpg
左下に空母氏が立っている、この壕の大きさが判るだろうか?これが人間の掘った地下壕なのだ
ここで、空母氏にお預けをする、壕口から数十m入った所で引き返し宣言、まさに先っぽだけ状態だが仕方がない
DSC02065_R_2014101121013064a.jpg
今回の目標は明治砲台である、これ以上のタイムロスは許されないのだ
DSC02067_R_201410112101316a2.jpg
夏島地下壕2層目の入口と便所遺構も説明のみ
DSC02068_R_20141011211644e3d.jpg
かつての軍道もコンクリートの階段の一部は崩壊している
DSC02070_R_201410112116455a2.jpg
しかし大部分は残っているので比較的登るのは楽だ
DSC02072_R_20141011211646601.jpg
山頂に到着、聳え立つトラ柄監視鉄塔
DSC02075_R_201410112116485c4.jpg
おもむろに登りだす空母氏
DSC02076_R_2014101121164955c.jpg
鉄塔よりシーパラ方面を望む
DSC02078_R_201410112128524c7.jpg
壊れた配電盤で遊ぶ空母氏
DSC02085_R_20141011212853fe3.jpg
観測所付属室に入って行く空母氏(この隣に観測所があるが藪で今回見えない)
DSC02086_R_201410112128546c3.jpg
海軍測点(ここには探照灯があった様だ、近くに電気設備がある)
DSC02087_R_20141011212856a7e.jpg
脊柱大好きなんですよ~との事
DSC02089_R_201410112128576e2.jpg
メイン砲台部に到着(第四砲座)
DSC02091_R_20141011213638567.jpg
兵舎?に佇む空母氏(通信施設位置なので、アンテナ基礎と思われる)
DSC02093_R_201410112136405c4.jpg
この基礎の上にどんな物が有ったのだろう?変な形だ
DSC02095_R_20141011213640ada.jpg
その前にある通信所と思われる基礎、10m四方ぐらいかな
DSC02101_R_20141011213642af7.jpg
軍道を進む
DSC02102_R_20141011214423155.jpg
幅1m有るかどうかの回廊
DSC02104_R_20141011214425809.jpg
謎のフックが2本
DSC02105_R_20141011214426510.jpg
DSC02106_R_201410112144287fa.jpg
DSC02108_R_20141011214429591.jpg
珍しい四葉?の刻印DSC02113_R_20141011214930c97.jpg
昭和5年6月21日建立の鳥居跡
DSC02114_R_20141011214931357.jpg
対の柱はかろうじて残っている
DSC02115_R_20141011214932469.jpg
電灯所(崩壊)
DSC02118_R_201410112149348ab.jpg
僅かに残るボルト
DSC02121_R_201410112149350a8.jpg
木漏れ日に浮かぶ、電灯所への階段(空母氏がラピュタと呟く)
DSC02123_R_201410112157177fc.jpg
下部の計算室?
DSC02126_R_201410112157185ed.jpg
半分は崖下に失われている
DSC02127_R_20141011215720660.jpg
DSC02122_R_2014101121571688b.jpg
DSC02130_R_20141011220034f3f.jpg
DSC02131_R_20141011220035284.jpg
DSC02132_R_20141011220036c6d.jpg
刻印の宝庫だ
DSC02133_R_2014101122003875c.jpg
何らかの基礎部分
DSC02136_R_201410112200395d3.jpg
判りにくいが砲座である(第一砲座)
DSC02137_R_201410112204085a8.jpg
固定ボルトも良く残っている
DSC02138_R_20141011220409b41.jpg
少し離れたレンガ遺構
DSC02140_R_20141011220410caa.jpg
埋まりそうな弾薬庫
DSC02141_R_201410112204127c7.jpg
砲座2つ
DSC02146_R_20141011221347aaf.jpg
20cmほどのボルト乱立
DSC02142_R_20141011220413437.jpg
地下壕
DSC02148_R_201410112213497d4.jpg
掩蔽部
DSC02156_R_20141011221350150.jpg
レンガに木がめり込んでいる
DSC02159_R_20141011221351ec1.jpg
レンガに穴を開けて、木を打ち込む
DSC02160_R_201410112213539e0.jpg
そこに碍子を取り付けるのだ
DSC02150_R_20141011222438140.jpg
最近の訪問者は破壊が多いのか
DSC00222_R_20141011222223006.jpg
少し前にはあったガラスや窓枠が無くなっている
DSC02161_R_20141011222439627.jpg
木の枠が残っているだけでも貴重だ
DSC02163_R_20141011222440ab1.jpg
下に落ちてたので、枠だけでも戻しておいた
DSC02165_R_20141011222442d32.jpg
大雑把に見たので、下山する



DSC02171_R_20141011222853d9a.jpg
ついでに第三海堡の遺構を見る
DSC02172_R_20141011222854868.jpg
基本第一日曜日が見学デーだが
DSC02173_R_20141011222855812.jpg
10月18日はYフェスで入れそうだ
この日は浦賀ドックも開放になるらしいが、自分は仕事で行けない・・・・
浦賀ドックとはどうも相性が悪いようだ、って言うか最近土曜日のイベントあり過ぎ!
週休二日の人が裏山しい、ましてや今週末三連休な人も居るらしい

横須賀海軍航空隊、夏島地下壕その13

今回で、横須賀海軍航空隊、夏島地下壕の紹介は終わりになる。
しかし、現時点で入れない壕口や、ここではあえて挙げてないネタもあるので、またやる事も
あると思うが、一区切りとする。
最後は、主計課倉庫壕の図面に無い部分、1層下に潜った所を紹介する。
djvu2jpeg_R - コピー (2)今回は右側の、空白部分と外部の壕
DSC02989_R.jpg更に地下に降りて行く降り口
DSC02990_R.jpg左の部屋には、張ってあったブリキ板が少し残っている
DSC02991_R.jpg下り階段の上にも見える
DSC02992_R.jpgなだらかな、段になっている
DSC02993_R.jpgロッドが折れて、抜けなくなっている
DSC03371_R.jpgでは、降りて行く
DSC02994_R.jpg頭の上に夏島特有の天井碍子
DSC02995_R.jpg降りてすぐ左の部屋
DSC02996_R.jpg天井のノミ跡が珍しい
DSC03000_R.jpg降り口を振り返る
DSC02997_R.jpg右手にある部屋、高い所に窓がある、下には蓋だった様な物が落ちている
DSC02998_R.jpg覗き込むと、外に出る壕口が見える(閉鎖済み)
DSC04229_R.jpg前回銃眼の様だと、紹介した穴
DSC02999_R.jpg先に進む、左は上階に延びる、埋まった通路
DSC03001_R.jpg掘りかけの様だ
DSC03002_R.jpg箱が置いてある
DSC04264_R.jpg何か書いてある
DSC04266_R.jpg会社名などの下に大正13年TESTと彫ってある
DSC03003_R.jpg右側に進む
DSC04267_R.jpg同じ箱が落ちている、これはものすごく重い箱だ
DSC03039_R.jpg右側に小さな四角い部屋
DSC03040_R.jpg正面にやっちまった壁
DSC03043_R_20130510213621.jpg前回見た、この裏側だ
DSC03004_R.jpg左は埋まった開口部
DSC03005_R.jpg戻って分岐を左に行く、急に残留物が散らばりだす
DSC03006_R.jpg床にも泥濘が目立ちだす
DSC03007_R.jpg右側に開口部があったせいか、近代ゴミが目立つ
DSC04271_R.jpg天井に付いている、配管部品
DSC03009_R.jpg左の部屋に行く
DSC04272_R.jpg狭い接続通路に、固まったセメント袋が落ちている
DSC03011_R.jpg狭い通路を見ると、壁に煙路が掘ってある
DSC03012_R.jpg天井を越えて、左側に続く煙路
DSC03013_R.jpgガスボンベ付きカマド
DSC03014_R.jpg更に煙路は左に続く
DSC03018_R.jpgカマドの上には、鉄板が張ってあった様だ
DSC04273_R.jpg煙路は左上で立ち消える、奥には湿地と化した、本来の倉庫群が立ち並ぶ(建ってないけど)
DSC03019_R.jpg左面には、壕内に木造倉庫を作っていた様だ
DSC03021_R.jpg中には小部屋がある
DSC03022_R.jpg通信機の様な物
032_R.jpg名盤が付いているが読めなかった
DSC03023_R.jpg通路左側の、妙に四角い小部屋
DSC03024_R.jpg左側の倉庫壕には、奥に小部屋が大体ある
DSC03025_R.jpg本通路の床はずるずるで、滑りやすい
DSC03026_R.jpg右側に通路は狭いが、しっかりした通路がある
DSC03030_R.jpg板張りだったろう、小部屋
DSC03031_R.jpg掘削はかなり丁寧だ
DSC03032_R.jpg右側の部屋は黒い水で水没
DSC03033_R.jpg左側の部屋
DSC03034_R.jpgレンガ、電球、ビン類が転がる
DSC03035_R.jpgこの辺は、近代まで使用されていたのか、天井の配管がパイプ管だ
DSC03037_R.jpg埋まった開口部、海洋研究開発機構の駐車場辺り
DSC03027_R.jpg倉庫壕に戻る
DSC03028_R.jpgメイン通路の床に、地下に流れる廃水管が顔を出す
DSC03029_R.jpg最深部、出入り口   横須賀海軍航空隊、N島地下壕⑲
DSC03375_R_20130510223332.jpg帰りしな、戯れに自分のライトを消してみる、通常のライトではこんな感じなのだ
DSC04472_R.jpg最後の壕にやって来た、規模は小さい
DSC04470_R.jpgしかし、ここは遺物が多い
DSC04471_R.jpg
DSC04476_R.jpg
DSC03384_R.jpg
DSC03385_R.jpg横須賀購買所の弁当箱(盗難されました)
DSC03386_R_20130510224919.jpg防毒面
DSC03387_R_20130510224921.jpg航空メーターとメーターパネル(盗難されました)
DSC03055_R.jpg奥は短く、左に曲がって
DSC03056_R.jpg数mで終息となる
DSC01222_R_20130510225601.jpg外に出ると、いろんな物が落ちている
DSC01223_R_20130510225603.jpg
DSC01225_R_20130510225606.jpg
DSC01233_R_20130510225608.jpgこの辺から、格納庫が見える(300mm望遠)
DSC01151_R.jpg実はずっと手前の正門からも見えているのだ
P1020114.jpg上空写真

とりあえず、これで長かった夏島の紹介も終わりにする

横須賀海軍航空隊、夏島地下壕その12

今回は夏島の最終ブロックとなる、主計課倉庫を紹介する。
主計課倉庫と言っても、内部はかなり複雑で、解かりにくいと思う
図面に載っているのは、本当の倉庫とは言いずらい部分である、これは山側にある。
そして、図面に無い部分に、更に地下に降りて行く階段があり、その先には海洋研究開発機構に
開口部を持つ、整備された倉庫然とした幅5mほど、奥行き30mほど(格差あり)の壕が並ぶ。
djvu2jpeg_R - コピー (2)図面の所には糧食を、図面外の空白の部分にそれ以外の物を、置いていたのだろうか?
DSC04217_R.jpg主計課倉庫への入り口は、普通にはここだけだ
DSC02943_R.jpg入り口壁側には碍子が付いている
DSC04219_R.jpg奥へ続く通路
DSC04220_R.jpg右側の部屋
DSC04222_R.jpg棚が掘ってある
DSC04221_R.jpg大型の南京錠が落ちている
DSC04223_R.jpg左側の部屋に入る
DSC04226_R.jpg入り口の足元の窪み
DSC04224_R.jpg壁面には、柱の跡が残る
DSC02950_R.jpg入り口辺は、床がいびつだ
DSC04225_R.jpgすぐに平らにはなるが、多少の水がある
DSC04227_R.jpg外の通路に出る
DSC04228_R.jpgまづは右側に進む
DSC04229_R.jpg壁に穴が開いている、銃眼の様にも見える(後に裏側から紹介する)
DSC04230_R.jpg山側開口部への通路
DSC03043_R.jpgやっちまった壁、間違って開けてしまった様だ、何箇所かある(隣の小穴は、恐らく戦後調査の跡だろう)
DSC03044_R.jpg開口部が連続する
DSC03045_R.jpg横にフォークの先の様な感じに隣接する
DSC03046_R.jpg少しだけ上が開いている
DSC03047_R.jpg鉄の箱が落ちている
DSC03048_R.jpgこれは別のやちまった壁、涙ぐましい努力だ
DSC03050_R.jpg元の通路の分岐に戻る   横須賀海軍航空隊、N島地下壕⑰
DSC01226_R_20130509212554.jpg外から見ると、壕口は5個、図面は4個
DSC01228_R_20130509212555.jpg
DSC01229_R_20130509212558.jpg
DSC01231_R_20130509212600.jpg
DSC01232_R.jpgこれは隙間から光が差していた、一番奥の壕口
DSC04232_R.jpgでは、再開する、
DSC04233_R.jpg黒ずんだ通路を進んで行くと
DSC04234_R.jpgまたやっちまった壁がある
DSC02956_R.jpg右側の壁は、かなりいびつだ、このへこみはなんだろう?
DSC02958_R.jpg角ばった部屋
DSC02962_R.jpgさっきの穴の内側にやって来た、排水が切ってあるが、水は流れていかない
DSC04238_R.jpg扉の有った様な、ヒンジがある
DSC04239_R.jpgしっかりとした部屋
DSC04240_R.jpgこの辺の作りはいい
DSC02965_R.jpg埋まっている外への出口、いろんな物が落ちている
DSC04242_R.jpg防毒面、ネガフィルム
DSC04243_R.jpg薬ビン
DSC02964_R.jpg海軍食器
DSC02966_R.jpgここから先はスゴイ
DSC02967_R.jpg電球の残っているソケット
DSC02968_R.jpgくっきりと残る棚
DSC02969_R.jpg配電盤のあった様な窪み
DSC02971_R.jpg右奥の閉鎖済み出入り口
DSC02972_R.jpgここはスゴイ
DSC02974_R.jpg1mほどの幅のスロープが付いている
DSC02973_R.jpg棚には当時の木材がまだ残っている、大変珍しい
DSC02975_R.jpg床も一面板張りだったのだろう  横須賀海軍航空隊、N島地下壕⑱
DSC02979_R.jpg狭い開口部
DSC02982_R.jpg一番奥の部屋
DSC02983_R.jpgこんなに多くのブリキ板が残ってるのは、見たことが無い
DSC02984_R.jpg床も腐っているが、構造が良くわかる
DSC02986_R.jpg吸収管
DSC02987_R.jpg探せばいろんな物が出て来そうだ

次回、もう一層下に潜る

横須賀海軍航空隊、夏島地下壕その11

今回は魚雷庫及び魚雷調整場(通称クレーン壕)の紹介をする
このブロックは、魚雷庫と魚雷調整場と発電機室の三つからなるが、入れるのは発電機室からのみである
メインは魚雷調整場で壕内に金属製の支柱に支えられた、屋内用天井クレーンがあった様だ
側室となる魚雷庫には、何故か木製の支柱に支えられた、屋内用天井クレーンがあった様だ
発電機室に付いては、図面に明記されている訳ではなく、室内に防音用のパネルが貼ってあったり
高電圧用の大型碍子が、他の普通の碍子と共に多数床面に転がっている
電線の露出する機械台座があったり、壕口部に冷却用と思われる、貯水槽があったりする事から
クレーンの動力等の為の発電機が据えられていたと、勝手に判断しているだけで、真偽不明なり
図面に適当に書いてある、ポンプ室がこれの可能性も否定できない
djvu2jpeg_R - コピー (2)実際の魚雷庫は図面よりもっと大きい
DSC02777_R.jpgでは、発電機室(仮)に進入する
DSC02783_R.jpg壁面には異様な窪みが多数ある
DSC02785_R.jpg下が煉瓦敷きな事から、カマドと煙路と思われる
DSC02780_R.jpg床面には大型台座が2つ並んでいる
DSC02782_R.jpg天井には多くの碍子が魚雷調整場に続いている
DSC01215_R_20130508213722.jpg出入り口すぐには、変圧器を置いていたのではないかと思われる場所がある
DSC01214_R_20130508213721.jpgこの前に大型の高圧碍子が多数落ちている
DSC01195_R.jpg台座から突き出している電線
DSC01193_R.jpg壁面に残る、吸音ボード
DSC01194_R.jpg天井まで一面に貼ってあった様だ
DSC02787_R.jpg碍子の列は、起用に曲がりながら魚雷調整場に続いている
DSC09733_R_20130508214910.jpgこの通路の先が、メイン抗になる
DSC01199_R.jpg来た道、この水面に移る壕の反射が結構絵になる
DSC01198_R.jpgまずは左側を見る
DSC02789_R.jpg山側出入り口
DSC02790_R.jpgその隣にある、通称隠し部屋
DSC01201_R.jpg調査時に開けられたと思われる、覗き穴から覗くと、明かりが見える
DSC04465_R.jpg前回外側から見た、この穴だ
DSC03360_R_20130508220519.jpg人物を入れると、以外に大きいのが分かる
DSC01204_R_20130508220929.jpg工作機械でもあったのだろうか?、床から金具が突き出している
DSC01207_R_20130508220931.jpg魚雷調整場全景
DSC01205_R_20130508220930.jpg流石に天井は高い
DSC01210_R_20130508220933.jpg天井クレーンの台座が並ぶ
DSC03358_R.jpgこの台座も大きいのが分かるだろう
DSC04173_R.jpg何箇所か同じ様な、機械台座の跡がある
DSC09737_R_20130508221705.jpg右奥の方は常に水没して、湿度が高い
DSC09738_R_20130508221706.jpg反対側と逆パターンになっている
DSC09739_R_20130508221708.jpgこっちの外側は、海洋開発機構になっているので、確認できない
DSC09740_R_20130508221709.jpg最深部より撮影するも、レンズが曇る   横須賀海軍航空隊、N島地下壕⑮
DSC03361_R.jpg通路を通り、隣の魚雷庫に移動する
DSC04176_R.jpg床面はコンクリートだった
DSC03367_R_20130508222551.jpgここで不思議なプレートを拾う(ずっと先に比与字編で紹介する)
DSC09743_R_20130508223203.jpg通路を出ると、瓦礫の山と対面する
DSC03366_R.jpg中は滅茶苦茶に崩れていて、大変危険な状態だ
DSC09745_R_20130508223204.jpg壕全体に金網にコンクリートを吹き付けた物が巻いてあるが、自重に耐え切れず崩落している
DSC09746_R.jpg一本だけ残る、木製の天井クレーン支柱
DSC09749_R.jpg現在進行形で、崩落は続いている
DSC02800_R.jpgクレーンの基部は、根こそぎ倒れている
DSC02803_R.jpg落ちて来た天井に、引きずり倒されたのだろう
DSC02807_R.jpg天井クレーン上部のレール部分
DSC09754_R.jpg
DSC02828_R.jpg
DSC02830_R.jpg
DSC02829_R.jpg残骸の隙間に何か落ちている
DSC04204_R.jpg魚雷の信管ケースの様だ
DSC04205_R.jpgもう一つ粉々になった物がある
DSC04206_R.jpg抜いてみた
P1280613_R.jpg内容物表が残っていた
DSC09753_R.jpg現在このケースは、心無い馬鹿者に破壊されてしまった
DSC04199_R.jpg床面は総コンクリート張りだ
DSC04199_R_20130508230155.jpg調査の為か、一部掘り返されている
DSC04198_R.jpg奥には木製内扉と、石積みの通路がある
DSC02812_R.jpg立派過ぎる門構え
DSC02814_R.jpgこのヒンジは、未だに稼動する
DSC02815_R.jpg上部には波型鉄板が張ってある、魚雷の出し入れには狭すぎる気もするが、直径45cm (17-3/4in)全長5.427mなら何とかなる、日本の航空魚雷は九一式一つしかないと言っていいだろう、もちろん酸素魚雷では無い
DSC02816_R.jpg天井の穴は温度管理用の通気孔だろうか
DSC02818_R.jpg反対側を見上げる
DSC03363_R.jpg人物比にはあまりならないな
CIMG0807_R.jpg個人的には外観はこれかなと思う
DSC01209_R_20130508234420.jpg魚雷庫を後にする   横須賀海軍航空隊、N島地下壕⑯

次回、主計課倉庫