東京動力機械製造株式会社 疎開地下工場

栃木県那須烏山(からすやま)市中央にある、東力士「どうくつ酒造」に行って来た。
ここは以外に珍しい、戦車の疎開工場である。
 東京動力機械製造株式会社地下工場跡は、高さ・幅とも約3.5mの3本の坑道と5本の横坑で構成された総延長約600mの素掘りトンネル群である。
1944年から1945年にかけて建設された軍需工場の一部で、隣接した半地下式工場と併せ約20台の戦車が製造されたとされる。
旧第14師団司令部が置かれた宇都宮市に隣接し、掘削に爆薬を必要としない凝灰質砂岩の丘陵であったことなどから当地に建設されたものと思われる。
第二次大戦終結後、坑道は放置されたが、坑道内の気温が古酒の貯蔵に適していることから、1944年に地元の酒造業者により構内の舗装と電気工事等の整備が行われ、1996年から熟成酒の貯蔵庫として利用されている。
また、2002年から施設の一般公開が開始され、2005年からは坑道内でのコンサートが企画されるなど、地域のコミュニティー活動の場としても活用されている。
しかし、かの震災以来、撮影やコンサートのオファーは途絶えているようだ。
なお、この地下工場自体は稼動する事無く、終戦となり、動力室と工作室の一部になる計画だったようだ。
工場が製作を開始すると、軍関係技術者が四〇名ほど、一般工員が八〇名ほど就労したそうだ。
(烏山町史より一部抜粋)
奥行き約100m、横幅約60mの総延長600mほどの壕だが、見学は右手前の1/4程度のみだ。
DSC01240_R_201409101943072ad.jpg
ここを山に上っていく、大量ののぼりや看板があるから判りやすい
DSC01191_R_20140910194305327.jpg
山肌を少し登るとスグに見えてくる
DSC01192_R_20140910194306f5d.jpg
日曜の午後なせいか、それなりに先客がいた
DSC01194_R_20140910195638f98.jpg
売店兼受付で、順番待ちをする(少人数ごとの入壕)
DSC01219_R_20140910195640339.jpg
DSC01223_R_20140910195921c80.jpg
土木学会選奨土木遺産
DSC01220_R_20140910195641c4b.jpg
DSC01221_R_20140910195642076.jpg
DSC01222_R_201409101956447ba.jpg
説明
DSC01196_R_20140910200724147.jpg
商売用の酒蔵なので、出入り口はかなり厳重だ
DSC01197_R_20140910200726323.jpg
この支保工は、開業用に整備したもので、オリジナルでは無い
DSC01225_R_201409102007306fe.jpg
人がいないと、すごくいい感じ
DSC01198_R_R_20140911071734ffb.jpg
所々で、ガイドさんが説明をしてくれる
DSC01199_R_20140910200729b59.jpg
オーナーズボトル(5~20年間預かって熟成してくれる)子供の誕生に購入し、成人に合わせて蔵出しするとか等
結婚記念日とかにもいいかも知れない、かみさんに内緒で。
DSC01201_R_20140910202516199.jpg
希少古酒スペース
DSC01203_R.jpg
壕内は結構湿度が高い
DSC01204_R_201409102025209aa.jpg
壕内温度は平均10度C、季節によりプラマイ5度Cだそうだ(湿度は振り切っている)
DSC01205_R_20140910203105f7d.jpg
壕の両脇は、酒瓶で1杯だ
DSC01207_R_20140910203106b5f.jpg
この床面は、見学及び商売用にコンクリートの全面舗装となっている
DSC01208_R_2014091020310723e.jpg
ふと、見上げると、当時の掘削時の支保の跡が其処此処にある
DSC01209_R_201409102031091e5.jpg
整備したとは言え、かなり状態がいい壕だ
DSC01210_R_2014091020311093a.jpg
どうくつコンサートの写真
DSC01211_R_2014091020412992f.jpg
商品搬入口には、バッテリーリーチフォークが完備してある
DSC01212_R_201409102041309d0.jpg
サンプル的に蔵置状態を見せているだろう棚
DSC01213_R_201409102041319e6.jpg
亀もある
DSC01200_R_2014091020251594d.jpg
入り口付近の死因コーナー
DSC01214_R_20140910204133910.jpg
それっぽいムードは出している
DSC01215_R_201409102041343fa.jpg
入り口近くは14度Cと少し高め(八月末)
DSC01216_R_20140910205058e4b.jpg
杉玉(日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「搾りを始めました」という意味である。吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としているが、やがて枯れて茶色がかってくる。この色の変化がまた人々に、新酒の熟成の具合を物語る。)
DSC01217_R_2014091020505993c.jpg
あらかじめ試飲希望者は、飲む人数を聞かれるので、申告しないと試飲出来ない
DSC01218_R_20140910205100c4e.jpg
見学は全体の1/4程度でしかない
DSC01202_R_201409102025177cb.jpg
15分程度で見学は終わる
DSC01227_R_20140910210142b40.jpg
手前のリヤカーはどうくつカフェらしい、蔵の仕込み水を使った水出しコーヒーやかき氷、自家製のジンジャーエールが楽しめます、ってのを2012年ぐらいにやっていたようだ 
DSC01224_R_20140910210140c6e.jpg
干支のラベルを貼って、年末に送ってくれるらしい
DSC01226_R_20140910210141552.jpg
付近を探索すると、商品搬入口があった、中から見た所だ
DSC01228_R_20140910210144b01.jpg
上の方にお堂があった
DSC01229_R_201409102101451bd.jpg
坂の下の方にも、別の壕があるが入れないし、覗く隙間も無い
DSC01193_R_20140910211050851.jpg
眼下に見える市営住宅に、怪しい門柱発見!見に行く、位置的にこの場所が半地下式工場のあった場所に思える
DSC01231_R_20140910213122fdf.jpg
道路から回り込む
DSC01230_R_20140910213120274.jpg
郵政省所轄の看板あり、市営では?
DSC01239_R_20140910213126d47.jpg
工場の門柱かと思ったが、廃校になった小学校の校門だった
DSC01232_R_2014091021312356d.jpg
烏山町立神長小学校(1971年烏山小へ統合)戦後工場跡地を学校に転用した可能性はあるが、想像の域だ
DSC01238_R_201409102131246f5.jpg
なんか地面から生えている
DSC01235_R_2014091021385286e.jpg
住宅の他に、古びた木造建築物があった
DSC01236_R_20140910213853a74.jpg
恐らく工場関連ではなく、小学校の物置的な物では?
DSC01237_R_20140910213855c74.jpg
公民館に転用されているようだ

「どうくつ酒造」は土日祝日は、ほとんど開放日として公開している様だ、平日でも予約をしておけば、対応してくれる
開放日なら、島崎酒造に寄らずとも、直接「どうくつ酒造」に行けばいい、駐車場は10台ぐらいだろうか
壕を使用するだけではなく、一般に無料開放してくれるなんて、民間ではそうそう無い事だ、評価したい。
宣伝だろうなんて、下世話な事は言わないようにね


スポンサーサイト

陸軍宇都宮師管区地下司令部(八幡山公園)

栃木県宇都宮市にある県庁舎の裏手に位置する八幡山(はちまんやま)公園には、旧陸軍の指令部壕があると言う
前々から存在は知っていたが、メインの大谷とはちょっと位置がずれている為、今回まで訪れる事が無かった
まぁ、鉄壁の防御柵が張られ、見学用入り口のA.B.Hラインしか開口部が無く施錠されているからもある。
しかし、数少ない栃木の戦跡だし、指令部壕だし、あわゆくば入れないかと行って見た

1945年6月中旬に工事が始まり、250人が3交代24時間態勢で掘削、8月の終戦までに掘った横穴の総延長は721メートル、本土決戦に備え、陸軍宇都宮師管区司令部を敵に見つかりにくい八幡山地下に移す計画だった。
終戦を迎えたときには一部未貫通部分が有ったため、このままでは米軍が入って来たときに日本軍の名折れになると終戦後も数日間作業を続け貫通後部隊を解散した、まさに日本人の意地である。
2000年から一般公開されたが、現在は崩落の危険性があるため非公開となっている。
今回は観光がてら、公園散歩程度の物になったが、帰宅後調べ直して猛烈に後悔する事になる。
DSC01189_R_20140908205348233.jpg
西駐車場に停める、ひょうたん池の隣の駐車場が近いが、競輪場の客が止めてしまって空きが無い
DSC01190_R_201409082053511ce.jpg
指令部壕は上の赤丸で、駐車場から結構歩く
DSC01159_R_201409082053449e2.jpg
遠くに小さなタワーが見えるので、そっちにショートカットしながら登る
DSC01161_R_20140908205346394.jpg
来て見たら、それなりの大きさだった
DSC01162_R_20140908205347467.jpg
対岸に行きたいので、他に道も見当たらないから吊橋を渡ってみる(実は横に普通に下りる道があった)
DSC01164_R_201409082112361f3.jpg
以外と長い吊橋だった、(ちなみにロープは橋の下に張ってあった)
DSC01163_R.jpg
橋からひょうたん池を見下ろす、目的の壕口は右の電柱の辺り
DSC01165_R_20140908211237594.jpg
地図をちゃんと見なかった為に、多少遠回りをして下の道に出た
DSC01166_R_20140908211239714.jpg
この鳥居の所から入って行く
DSC01167_R_20140908211240c4c.jpg
スグに壕口が見えてくる
DSC01168_R.jpg
かなり日に焼けた案内板がある(ここにしかない)
DSC01170_R_201409082120040a0.jpg
御案内
DSC01169_R.jpg
平面図なのだが、肝心の坑道ラインが見えない
M-CHIKA_R_201409082124336ff.jpg
濃い目のやつを拾ってきたが、何故か横にならない
DSC01171_R_20140908212917869.jpg
では、失礼して
DSC01177_R_201409082129201a0.jpg
見学会用に引き込んだ照明施設が壁に這う
DSC01173_R_20140908212918f7b.jpg
Bラインの案内看板
DSC01178_R_20140908212921834.jpg
足元には何故かスコップが、甘い夢を見る人は多いようだ
DSC01179_R_201409082135234c6.jpg
橋など見上げながら歩いてたら、Aライン入り口を見落としてしまった
DSC01180_R_2014090821352496b.jpg
こんな標柱があちこちに生えていた
DSC01181_R.jpg
庭先のぬこ
DSC01182_R_201409082135276cc.jpg
山沿いに藪を漕ぐ事30分ほどでHライン発見
DSC01183_R_2014090821352937d.jpg
入り口付近はかなりぬかるんでいた
DSC01184_R_2014090821405807b.jpg
ここもガッチリとガードされていた
DSC01187_R.jpg
ここは見学コースでは無いが、以外にきれいに整備されている
DSC01188_R_201409082141004d7.jpg
有毒ガスが発生するような所に公園を造るのだろうか栃木は?

自宅に帰ってから、良く調べて見ると、なんとチャレンジャーがいた、しかも女性だ!
現実逃避の放浪記を見て、猛烈に後悔した、端から入れないとタカをくくっていたのが敗因だ
事前調査の甘さを痛感してしまった、反省しよう・・・・

大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)火薬庫?その2

DSC01067_R_20140906181427b27.jpg
3本目の坑道
DSC01068_R_2014090618142926c.jpg
側溝の際は大谷石で加工されている
DSC01069_R_20140906181430372.jpg
天井の、地層に沿って掘削した跡
DSC01072_R_20140906181431a02.jpg
深部に行くと、タイヤの轍がある、キノコ業者か?
DSC01073_R_20140906181433b6b.jpg
しかし、大谷石で加工された出入り口からは、車の出入りは無理だろう
DSC01075_R_20140906183432f95.jpg
逆に戦中の運搬時に使われ、戦後人の出入用に狭めて補強された感じだ
DSC01077_R_201409061834338ae.jpg
また、横の枝抗を通って4本目の坑道に向う
DSC01078_R_20140906183434ce7.jpg
この坑道は、妙にぬかっていた(人物比OKN氏)DSC01081_R_20140906183435aca.jpg
中ほどを過ぎると、大分マシに成る
DSC01083_R_20140906183437d3d.jpg
壕の中ほどなのだが、貫通していない、右は中央の横の枝抗
DSC01084_R_2014090618471624b.jpg
ここを掘っている途中で、終戦を迎えたのだろう
DSC01085_R_20140906184717a10.jpg
朽ちた支保工が埋まっている
DSC01086_R_20140906184718691.jpg
不思議な事に、この掘りかけ部分は、上に向っているのだ、天井から2mはある
DSC01088_R_20140906184719877.jpg
振り返り、坑道を見る、この空間は人間が作った物なのが信じ難い広さだ
DSC01090_R_20140906184721708.jpg
進めないので、横抗へ進む、排水溝がキレイだ
DSC01091_R_20140906185938090.jpg
28ccと書かれた小瓶が幾つか落ちていた
DSC01092_R_20140906185940377.jpg
第三坑道中央から壕口方面に向う
DSC01094_R_2014090618594038c.jpg
横抗のめちゃ深い排水溝、50cmほど掘ってある、なぜここだけ深いのか?
DSC01096_R_20140906185942d8d.jpg
この排水溝の加工跡を見ると、水流で掘れたものではなく、最初からのものだ
DSC01097_R_20140906185943a44.jpg
床面のあばたは、滴る水滴で掘れたものだ
DSC01098_R_201409061911357ec.jpg
ズリを山積みしたような場所
DSC01100_R_20140906191137020.jpg
乗り越えると僅かな隙間が有る
DSC01102_R_2014090619113816d.jpg
何とか潜り抜ける事が出来そうだ
DSC01103_R_20140906191139f48.jpg
少し広くなったが、水没している
DSC01105_R_20140906191141f91.jpg
更に進むと、開口部がある
DSC01106_R_201409061918094c3.jpg
気が付くと自分一人しかいない、メンバーが着いて来ないが先に行く
DSC01107_R_20140906191810db1.jpg
久しぶりに外界に出た、暑い!壕内に戻りたい!
DSC01109_R_20140906191811df1.jpg
振り向くと、自然に帰りそうな抗口がある
DSC01110_R_201409061918124d8.jpg
何やら人工的な切り通しがある
DSC01111_R_20140906191814188.jpg
なんとこれは!露天風呂ではないか、こんな所に秘湯発見!
DSC01112_R_20140906192856d57.jpg
周りには、トタン葺きの竹で作った東屋(脱衣所?)があった、一応大谷も温泉地だ
DSC01114_R_201409061928571ba.jpg
置いてきぼりになったので、さっさと壕に戻る、涼しくて快適だ!
DSC01116_R_20140906192858230.jpg
隣の壕に移動すると、キノコ業者の苗床の跡が残っている
DSC01120_R.jpg
出口に向う方向の通路、枕木状に坑木がある
DSC01122_R_20140906192901cf8.jpg
ここもちょっとキワドイ状態でバランスを保っている様に見える
DSC01123_R.jpg
絶妙な乗っかり方をして、積みあがっている巨石の隙間を縫って行く
DSC01124_R_2014090619390671f.jpg
なんとか、抗口らしき物は確認出来たので引き返す、一人で埋まったら洒落にならん
DSC01125_R_2014090619390638b.jpg
坑道に戻ると、少し安心する
DSC01126_R.jpg
落ちていた電気部品
DSC01128_R_2014090619390991f.jpg
ぐるっと回って、最初の壕口付近に戻り、行かなかった水没通路、第五坑道掘削予定地
DSC01129_R_20140906195839418.jpg
見落としの部分を見て回る
DSC01132_R_201409061958406c7.jpg
外側のぬかった通路に戻って来た、見ていない枝抗がある
DSC01133_R_20140906195841f03.jpg
電気ソケット付きの碍子
DSC01135_R_20140906195843453.jpg
掘りかけだった通路の先があるようだ
DSC01137_R_2014090619584484d.jpg
掘りかけ通路の反対側からも掘削中だった
DSC01138_R_20140906200655d7c.jpg
との氏が突入して行く
DSC01141_R_20140906200656875.jpg
ふと、天井を見ると、チーフを垂らす杭が幾つか刺してあった
DSC01143_R.jpg
奥は掘りかけ、終息であった
DSC01145_R_2014090620065963b.jpg
黙っていたが、との氏の横にもや状の物が見えたので、ライトを消して撮って見た、なんだったんだろう?
もちろん水面は下だし上の写真で、誰も何も無い事は確実だ(この後彼は、体の疲れを訴えていた)
DSC01148_R_20140906200700ae3.jpg
戻りがけに見た、意地になって取り付けたような、無駄に碍子だらけの通路
DSC01150_R_20140906204152347.jpg
きのこが自生している
DSC01151_R_20140906204153313.jpg
メンバーがザイルを手繰り、登ってくる
DSC01152_R_20140906204154ec3.jpg
探索終了、後は藪漕ぎして帰るだけ
DSC01153_R_201409062041566ad.jpg
冬には見えていた鉄塔は、緑のツリーと化している
DSC01154_R.jpg
これで、一般的に入れる壕の探索が終わった、後は場所は判っていても現役の採掘場だったりする
取りあえずここでの探索が終わり、別件の探索地に向うのだった(このかっこうで)


大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)火薬庫?その1

前回冬に訪れた時に発見したが、壕口が凍り付いていて、滑落の危険があり先延ばしにしていた壕に行って来た
近所の住民の話によると、火薬庫として使われていて、今は腰より深い水没があるよとの話だった
前回の壕と隣り合わせに存在しているが、接続はしていない(しようとした痕跡はある)
計画図を見ると、5本の本壕を枝坑で繋げるはずだったようだが、実際には右側4本目が未完成、左側に掘り進めて多少左右に掘りかけた程度の5本目らしき物は、確認出来た
DSC02818_R_2014090420022353f.jpg
この計画図の左上が今回のターゲットである(前回はその下)
DSC01007_R_2014090420110464c.jpg
2130横浜集合
DSC01010_R_20140904201103071.jpg
高速割引減少により、下道で走る
P1030094_R.jpg
0100ごろ道の駅「ろまんちっく村」に到着
DSC01012_R_2014090420111060c.jpg
50%の雨予報だったが、なんとか持ちそうだ
DSC01011_R_20140904201108528.jpg
0800ごろメンバーを起こす
DSC01013_R.jpg
大谷駐車場に到着
DSC01015_R_201409042037213ab.jpg
今週末はお祭りのようだ
DSC01018_R_20140904203722b49.jpg
早速山の中へと分け入って行く
DSC01019_R_20140904203723c15.jpg
前回入った壕口は、今回は入らない
DSC01022_R_20140904203725bd4.jpg
今回のターゲットに到着、前回は入れないんじゃなく、凍って滑って出れない可能性があったが、大丈夫
DSC01023_R_20140904203726b13.jpg
この壕で、一番整った入り口から進入する
DSC01024_R_20140904204540763.jpg
この僅かに空いた隙間から、ほとんど縦に滑り降りて入壕した(後の二人はザイル使用)
DSC01025_R_201409042045425e5.jpg
実際に使用されていたせいか、碍子が多くぶら下がっている
DSC01027_R_20140904204542bc6.jpg
平均的に3X4サイズの横広
DSC01028_R_201409042045449af.jpg
側溝もきちんと生きている
DSC01029_R_20140904204545985.jpg
天井にはワイヤーで吊られた碍子が多い
DSC01030_R_201409042055407f9.jpg
内部は結構湿度が高い
DSC01031_R_20140904205541ec1.jpg
左側に向う抗道だが、水没しているが先の方で左右に少し掘られ、5本目の坑道になりそうだった
DSC01032_R_20140904205542075.jpg
枝抗は各3本ずつを基準としているようだ
DSC01034_R_201409042055444cb.jpg
本抗を進む
DSC01036_R_20140904205545391.jpg
お決りのキノコ業者の残骸がある(現役でやってる防空壕ってあるのだろうか?)
DSC01037_R_201409042105507d5.jpg
垂れ下がったワイヤー、何回か頭に当たった
DSC01038_R_201409042105517bf.jpg
最初の最深部、土砂が流入している
DSC01039_R_201409042105525fd.jpg
最奥の枝抗をくぐる
DSC01040_R_20140904210553fe9.jpg
この辺には側溝が無いので、水が流れた跡が掘れている
DSC01041_R_2014090421055523c.jpg
隣の壕は開口しているようだ
DSC01042_R_20140904211637099.jpg
光に向って行くと、なぜかドラムセット?個人邸の敷地に開口しているようだ
DSC01043_R_20140904211638f3c.jpg
出る訳にもいかず、こそこそ戻る
DSC01044_R_2014090421163951c.jpg
壕内に戻ると、なぜか落ち着く
DSC01046_R_201409042116410b7.jpg
また、枝抗を渡って横移動する
DSC01047_R_20140904211642fef.jpg
この辺妙に四角い
DSC01050_R_20140904212438df1.jpg
天井の地層を剥がしながら、拡張したから四角くなっているようだ
DSC01051_R_20140904212439401.jpg
大谷石で加工された出入り口、戦中かは不明
DSC01055_R_2014090421244058e.jpg
地層のせいで上りに見えるが、平坦な坑道だ
DSC01056_R_20140904212442d50.jpg
久しぶりにメンバーと合流
DSC01057_R_20140904212443dc6.jpg
天井のチーフを垂らす為の杭
DSC01058_R_201409042136429e4.jpg
キノコ業者のビニールシート
DSC01059_R_201409042136442cb.jpg
足元に滴る地下水の波紋
DSC01060_R_201409042136453a9.jpg
この通路は開口しているせいか、湿気が少ない
DSC01061_R.jpg
分岐に残る、碍子板
DSC01062_R_201409042136481bb.jpg
足元にもキノコ時代だろう電気パーツが落ちている
DSC01063_R_20140904214542bf7.jpg
この枝抗は小さ目だが
DSC01064_R_20140904214544e95.jpg
随分綺麗に側溝が切られている
DSC01065_R.jpg
良く見ると縁は大谷石で整形し、土管で水路も確保されている
DSC01066_R_20140904214546734.jpg
次回はこっちに行って見るが、なんと〇〇がそこにはあった


大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)冬季再訪おまけと山本園大谷グランドセンター

今回の探索区域を纏めると、①の部分になる、②の部分の左側は前回紹介したこの部分である、反対側から今回はアプローチしてみたが、雪が邪魔で、長靴すら持たない今回は塞がった壕口を2つほど確認して断念した。
③に関しても現状侵攻不能と判断された、おまけとして③の様子と時間が余ったので寄って見た山本園大谷グランドセンター再訪を記事にする。
DSC02818_R_20140301193355051.jpg
軍需工場の古地図
DSC02780_R_20140301195427596.jpg
夏に来た時のこの部分、ここが③の端っこになる
DSC02713_R_2014030119573573d.jpg
まずはアプローチに入る
DSC02715_R_201403011957378c3.jpg
ドーム状になっていた天井が、崩れまくっている様にも見える
DSC02716_R_20140301195738369.jpg
ちょっとなんかスゴイ所を歩いている気がして来た
DSC02717_R_20140301195739f3e.jpg
流石にこれ以上は止めておく、雪で足元が全く判らなく、踏み外す危険が出てきた
DSC02721_R_20140301200744cbd.jpg
ルートを変える
DSC02722_R_2014030120074657d.jpg
何とか登れなくも無い様だ
DSC02723_R_20140301200747adc.jpg
やっと現地到着
DSC02724_R_20140301201152ff2.jpg
早速進入する
DSC02725_R_20140301201155270.jpg
奥に通路があるのだが・・・
DSC02726_R_20140301201155033.jpg
様子が変だ
DSC02727_R_201403012011569ae.jpg
なんと、こっちは現在も採掘中でした!
DSC02728_R_20140301201159abd.jpg
しかたがないので、撤収する
DSC02730_R_201403012018593a4.jpg
その分、時間が余ってしまった(天狗の投石の下で一服)
DSC02731_R_20140301201901d43.jpg
あれに決定!(前回の記事
DSC02736_R_20140301201902210.jpg
冬なお、鬱蒼と繁る緑(茶色?)
DSC02737_R_20140301201903480.jpg
半年振りに訪れる山本園大谷グランドセンターの廃墟
DSC02739_R_2014030120571680c.jpg
ここにもツララが下がっていた
DSC02740_R_20140301205718ac7.jpg
さぁ、行こう
DSC02741_R_20140301205718a3c.jpg
たった半年で落書きが激増していた
DSC02742_R_20140301205720d8a.jpg
変わらないフロント、訪れる客は廃墟マニアだけ
DSC02744_R_201403012057215b4.jpg
緑が無くなり見やすくなった本館
DSC02745_R.jpg
展望食堂は、相変わらずの残留物だ
DSC02746_R_20140301210846b1c.jpg
62年12月31日までのディナー券、ここの末期である
DSC02747_R_20140301210847276.jpg
今回は63年2月までは営業していた事が確認出来た
DSC02748_R_2014030121084892b.jpg
にぎやかな頃のちょうちんの残骸
DSC02749_R_201403012108501c8.jpg
窓に残る当時の文字
DSC02750_R_20140301211902863.jpg
大谷石のカマド
DSC02751_R_201403012119048b5.jpg
多分冷蔵庫?
DSC02752_R_20140301211905b99.jpg
抜け落ちた天井からは冬の弱い光が差し込む
DSC02754_R_201403012123294f8.jpg
DSC02755_R_201403012123313e0.jpg
DSC02756_R_20140301212332147.jpg
厨房にも残留物は多い、テーブルナンバーが物悲しく当時を語る
DSC02757_R_201403012123332ab.jpg
棚に一つ残る調味料瓶
DSC02758_R_20140301212335ce9.jpg
たった15Aしかないブレイカー
DSC02763_R_20140301213047656.jpg
本館に移動する
DSC02764_R_201403012130493dd.jpg
食堂を振り返る
DSC02766_R_2014030121305194d.jpg
内部に入る
DSC02765_R_20140301213049381.jpg
この建物には外部からしか見つからない、隠し部屋が存在する
DSC02769_R.jpg
室内に突き出している大谷石から下がるツララ
DSC02770_R.jpg
それを撮影するメンバー
DSC02773_R_20140301213737823.jpg
その頭上には何故かそこにある今にも落ちそうなバケツ、もちろん二人には黙っておく、何かを期待しつつ
DSC02774_R_201403012137392df.jpg
二階へ登る階段がある
DSC02775_R_20140301214350e24.jpg
しかし、外の非常階段を使う
DSC02776_R_20140301214352e38.jpg
この、ちょっとだけ朽ち果てた、今にも踏み抜きそうな感じが良い
DSC02777_R_2014030121435373a.jpg
明日は持つか判らない
DSC02778_R_20140301214354b5b.jpg
二階宴会場を外から望む
DSC02779_R.jpg
屋上には夏でもあった水が溜まっている
DSC02781_R_20140301222729fc9.jpg
ここで新発見、なんと屋上に渡り廊下があるではないか!
DSC02782_R_20140301222731797.jpg
その先には塞がれた壕口がある、黒いパイプが伸びているので、明らかに何かある
DSC02784_R.jpg
しかし、この高さから落ちる訳にも行かないので断念!
DSC02785_R_20140301222733d86.jpg
二階に下りる
DSC02788_R_201403012227346f1.jpg
ルーフファンがゆっくり風で回っている
DSC02791_R_2014030122362734a.jpg
なべ用テーブル
DSC02792_R_20140301223629ecb.jpg
二階調理場
DSC02794_R_20140301223630127.jpg
割れた統制食器
P1010097.jpg
家にある旧軍時代の統制食器に良く似ている
DSC02797_R_20140301224131df5.jpg
トイレ前の水道から、ツララが下がっている
DSC02798_R_20140301224132a51.jpg
トイレの床は、全面凍りついて危険な状態に
DSC02799_R_20140301224133891.jpg
三角個室も同様
DSC02800_R_20140301224920da1.jpg
二階のメイン通路
DSC02801_R_20140301224921553.jpg
ここにもツララ、どんだけ寒いんだ栃木は!
DSC02804_R_20140301224922ec0.jpg
渡り廊下を渡って、風呂場に行く
DSC02806_R_20140301224923a63.jpg
ホールの真ん中に朽ちた椅子が置いてある
DSC02807_R_20140301225513daa.jpg
ロッカーの上にはLPレコードが、どんな曲が聞こえるのだろう(タイトルsantiger)
DSC02808_R_20140301225514ec5.jpg
風呂場
DSC02809_R_2014030122551539f.jpg
大谷石の壁を基調にしている
DSC02811_R_20140301225516409.jpg
浴槽は小さ目
DSC02813_R_201403012255184a0.jpg
女湯は更に狭い
DSC02814_R_20140301230130b3f.jpg
女湯の窓外も凍り付いていた、風呂も覗いたので帰るとする
DSC02820_R.jpg
淋しそうに残る山本園の看板
P1020864_R.jpg
車に戻ると、ヌコがごろごろしていた
P1020865_R.jpg
鉄板の上に移動して、またごろごろしていた