FC2ブログ

日本遺産・田戸台分庁舎(旧横須賀鎮守府司令長官官舎)

624_R_20181112225126ce9.jpg
意外にマニアックに楽しめたバスツアーも最終地点に到着した
627_R.jpg
いつの間にか廃墟となっていた、家庭裁判所などの公共施設
722_R_20181112225130420.jpg
この一角に2本の海軍柱が有ったのだがフェンスの向こう
723_R_20181112225131c40.jpg
何とか波2本が確認できる程度
725_R_201811122251338a5.jpg
普段は硬く閉ざされ厳重に監視されている正門
719_R_2018111222512826c.jpg
正門横にある通称防空壕、この奥に居住用官舎があり、想像するに当時はこれも土に埋まり、通行はこの壕を通過していたが、不便なので、後世の自衛隊が土塁を削り道路を作り、利便性を図った結果こうなったのではないか?
728_R_20181112225134a48.jpg
門を入ると土塁に鉄の望がいっぱい刺さっているがこれは軍も何も関係無く、土塁の上に手入れのために上がる足場なのだそうだ。
632_R_201811132109109cf.jpg
建物は前が洋館で、後が日本家屋の和洋折衷構造だ
635_R_20181113210912cd8.jpg
では玄関へ
634_R.jpg
足元には海自のエンブレム
638_R_20181113213131d6f.jpg
ホールに集合する
646_R_20181113213134e81.jpg
ありがたいお話を慶弔した後で自由行動となる
644_R_201811132131322d7.jpg
見取り図
645_R_20181113213133072.jpg
庭園側玄関
650_R.jpg
654_R_20181113213137523.jpg
655_R_20181113214722d54.jpg
656_R_20181113214725e33.jpg
657_R.jpg
658_R.jpg
659_R_20181113214728b74.jpg
660_R.jpg
667_R_20181113215552ac2.jpg
668_R.jpg
669_R.jpg
670_R_201811132155573e4.jpg
666_R.jpg
二階はいつも立ち入り禁止(現代の執務室になっているそうだ)
661_R_201811132159064c0.jpg
663_R.jpg
648_R.jpg
665_R_2018111321591023f.jpg
680_R_20181113215913423.jpg
679_R.jpg
715_R.jpg
671_R_20181113220227a09.jpg
自分の目的はこれ、あわゆくば見れないかなと
672_R.jpg
ここにはA.B二つのコンクリート製防空壕がある
673_R.jpg
676_R.jpg
防空壕A、こちらは現存し、物置になっているとか
674_R_20181113220230c5a.jpg
675_R.jpg
防空壕B、こちらは入り口を埋めてしまい、現在は入れなくなっているそうだ
683_R.jpg
防空壕A
685_R_20181113221605761.jpg
左に入り口が見えるが、バリケードがあり、こっそり入る事は出来なかった
687_R_2018111322160734b.jpg
こっちから回り込むと、上の通気孔は見れるのかも知れない
689_R_201811132216084a3.jpg
691_R_201811132216090d7.jpg
695_R_20181113221611f6d.jpg
現代は、あまり眺めがいいとも言えない
697_R_201811132216137de.jpg
このセンサー警備されている先にある
700_R.jpg
これが防空壕Bだとずっと思っていたのだが、違った
710_R.jpg
謎の入り口の前の道にある
711_R_201811132216173d1.jpg
この部分が図面に照らし合わせると、防空壕Bの様だ
IMG_3334_R.jpg
写真におけるこの部分に間違いない
726_R_20181113222845c84.jpg
入れない所に用は無い
717_R.jpg
何も無ければ二度と来ないんだろうな
721_R_201811132228442d8.jpg
でもこの先はいつか見てみたい
720_R.jpg
絶対捕まるだろうな?

スポンサーサイト

日本遺産「猿島」

072_R_20181024202233082.jpg
猿島公園専門ガイド協会のガイドさんに付いて行く
073_R_20181024202235d74.jpg
今回は0号機チャーター
075_R_20181024202236b34.jpg
一路猿島へ
077_R_20181024202237b68.jpg
猿島新桟橋到着
078_R_20181024202239e82.jpg
昔の桟橋は、無残に破壊されている
083_R_201810242022438ba.jpg
島内図
080_R_2018102420224164e.jpg
海軍港碑
082_R_20181024205715c6b.jpg
現役で使われている発電所
084_R_20181024205716f4c.jpg
地下電路の点検口(明治のマンホール)
085_R_20181024205718f27.jpg
壁面の岩盤に埋め込まれている石は、電気配線を這わせる支柱を付けるための物
087_R_20181024205718181.jpg
前方壁面の色の違う部分は、上陸したイギリス軍がビビッて威嚇射撃をした跡
088_R_20181024211204a60.jpg
煉瓦の兵舎
090_R_201810242112054ca.jpg
内部接続は無いが、二階が有る
092_R_20181024211206714.jpg
関東大震災で亀裂の入った兵舎
095_R_20181024211209c6b.jpg
苔むした切り通しがいい
099_R_201810242112090f9.jpg
煉瓦のトンネル
101_R_2018102421121107e.jpg
見上げる二階への階段
103_R_20181024211213438.jpg
地下弾薬庫と楊弾井
119_R_201810301914008a0.jpg
この弾薬庫は、陸軍から海軍に委譲された時に、通路として貫通された物
109_R_20181030191353c23.jpg
海軍の8cm高角砲台座
110_R_201810301913546cc.jpg
沖に第一海堡、第二海堡が見える
113_R_20181030191357fb4.jpg
第一海堡
112_R_20181030191356166.jpg
第二海堡
105_R_20181030191351f00.jpg
今回はショートコースなので、12.7cm連装高角砲座には行かないで戻る
106_R_20181030191352dc6.jpg
トンネル
126_R_2018103019532013a.jpg
127_R_2018103019532292a.jpg
トンネル内の兵舎
129_R_201810301953229ed.jpg
落書き禁止
130_R_2018103019532401a.jpg
明治期のトイレ
135_R_201810301953262a7.jpg
弾薬庫の上に、砲座があるのだが、そこに下から弾薬をここから吊り上げる
134_R_20181030200200dbf.jpg
ここにクレーンが取り付けてあった
138_R_20181030200201d98.jpg
弾薬庫を見学する
139_R_2018103020020206d.jpg
入り口前室
140_R_2018103020020322e.jpg
前室にある楊弾井
142_R_201810302002066f5.jpg
野生の学校、昭和の頃の落書き
148_R_201810302002064f2.jpg
弾薬庫を点検する為の覗き窓、ここにガラスが張ってあって、向こうの通路から覗く
158_R_20181030200208992.jpg
隣の点検通路、当時の弾薬は湿気に弱く、僅かな扉の開閉を減らす為にこんな点検用の通路を設けた。
似た様な外観の部屋が切り通しに並んでいるのだが、これがあるのが弾薬庫で、無いのが兵舎だと思っていい
160_R_201810302045049f2.jpg
大正から昭和期に増設されたトイレ
161_R_201810302045057b6.jpg
壁の石垣を見ると、何種類かのマークが見つかる、これは石の産地や石材所の印
162_R_201810302045063b1.jpg
器用に下り坂を後ろ向きに歩きながら、ガイドしてくれている
165_R_20181030204507c4f.jpg
港に帰って来た、ちょうど船も向かって来た
166_R_201810302045096b1.jpg
珍しい所に「いずも」が遊弋している
171_R_2018103020451167a.jpg
猿島を後にする

猿島2017初夏の再訪

横須賀市の無人島、猿島には毎年何回か訪れる
今回は砲座や観測所などが観やすくなったと言うので、行ってみた
DSC05998_R_201707032347262d6.jpg
朝っぱらから、船に乗って猿島に向かう
DSC05999_R_201707032347283ac.jpg
海自がゾロゾロ歩いている
DSC06000_R_20170703234729fdc.jpg
程なく15分程度の船旅に出発する
DSC06001_R_201707032347306be.jpg
海自さんは記念艦三笠の見学のようだ
DSC06002_R_20170703234731d82.jpg
猿島に到着!
DSC06004_R_20170704222629d12.jpg
桟橋を渡って上陸して行く
DSC06006_R_20170704222631d7d.jpg
新しい看板が設置されていた
DSC06007_R_2017070422263221b.jpg
とりあえず水を購入
DSC06009_R_20170704222633024.jpg
発電機室の遺構
DSC06010_R_20170704222635c0a.jpg
レンガの展示が、以前より充実していた。
DSC06017_R_20170704222637a23.jpg
それでは島内に歩を進めて行く
DSC06025_R_2017070523451211b.jpg
内部はこんな感じ
DSC06019_R_20170705234511df2.jpg
二階の部屋の窓、一階からは入れない
DSC06026_R_20170705234514cd8.jpg
普通の所はこんな感じに塞がれている
DSC06030_R_2017070523451566b.jpg
砲座の胸墻部分
DSC06031_R_20170705234517db3.jpg
円形に囲んでいる
DSC06032_R_20170705234519b94.jpg
伐採されて、観やすくなった遺構
DSC06033_R_201707052345204c0.jpg
内部はこんな感じ
DSC06038_R_20170705234521f92.jpg
コンクリートの良い作りをしている
DSC06040_R_2017070621260700d.jpg
近くに下に降りる階段がある
DSC06041_R_201707062126088f4.jpg
換気口の穴が有る、と言う事は下に部屋がある
DSC06045_R_2017070621261009c.jpg
二階の入り口
DSC06047_R_20170706212611279.jpg
二階内部
DSC06053_R_201707062126128de.jpg
下から見上げた二階の窓(この窓の厚みが1m以上有るのが謎)
DSC06058_R_201707062126144bd.jpg
入り口を振り返る
DSC06059_R_20170706212615c69.jpg
階段を登って行く
DSC06061_R_20170706212618b05.jpg
上には下の弾薬庫からの楊弾井がある
DSC06064_R_2017070621461401c.jpg
ウッドデッキの切り通しを歩いて行く
DSC06065_R_20170706214615963.jpg
旧日本軍の要塞も今では愛のトンネルとか呼ばれている
DSC06067_R_20170706214616c4d.jpg
面白いトンネルで、中ほどから傾斜が更に低くなるので、先が見えない
DSC06069_R_201707062146182fd.jpg
右側に部屋は無く、左側だけに部屋がある
DSC06076_R_201707062146191a1.jpg
兵舎内部
DSC06080_R_20170706214621141.jpg
上に上がる階段は閉鎖されている
DSC06084_R_20170706233013f16.jpg
このトンネルは綺麗だ、人の居ない時は最高だ
DSC06085_R_201707062330159bc.jpg
第一砲台の兵舎と弾薬庫
DSC06087_R_201707062330160b4.jpg
なんか置いてある
DSC06088_R_20170706233017af3.jpg
モニタリング中
DSC06090_R_201707062330191ed.jpg
亀裂の広がりなどを計測している
DSC06096_R_20170706233021335.jpg
弾薬庫から外に出る
DSC06097_R_201707072243045aa.jpg
外周に出て砲座その1
DSC06099_R_20170707224306378.jpg
砲座その2
DSC06100_R_20170707224308011.jpg
変なアプリが張ってある
DSC06106_R_201707072243085a2.jpg
砲座その3
DSC06108_R_2017070722431048f.jpg
砲座その4
DSC06109_R_2017070722431246f.jpg
砲を固定するビスと電路の跡
DSC06110_R_201707072341508c3.jpg
坂道を登る
DSC06111_R_20170707234151427.jpg
三階建ての監視所
DSC06112_R_201707072341532d4.jpg
その他遺構を見に行こうと思ったら、なんじゃこりゃ?通れなくなっている
DSC06114_R_20170707234155f62.jpg
反対側には煙突の跡がある
DSC06116_R_20170708203952cf4.jpg
最後に12.7cm連装砲の砲座を見て行く
DSC06117_R_20170708203840f1b.jpg
他の同砲の砲座には見られないこの通路、実はこの先におトイレの遺構が有る
DSC06119_R_20170708203842ffc.jpg
おトイレ側から覗く、四角い穴は即応弾薬置き場
DSC06121_R_2017070820384257b.jpg
この砲は薬莢タイプなので、長めの弾薬置き場になっている
DSC06124_R_20170708203844a72.jpg
そろそろ戻るとする
DSC06126_R_20170708203845e87.jpg
たった15分で着く無人島、最もお気軽な戦跡見学だろう、戦跡ガイドツアーも随時やっているので、検索してみよう
DSC06128_R_20170708203847e9f.jpg
この付近のタグボートには、旧海軍艦艇及び船舶の名前を使っている船が多い

逸見水道山、水道施設まとめ

予てより数回取り上げている「逸見水道山」であるが、KURO様より頂いた情報をやっと確認出来たので、まとめとしたい
何回かは現地に赴てはいたのだが、民間の作業場となっているのと、季節的に藪化していたので遅くなっていた
過去の調査記録と共に、今回の調査をここにまとめたい

水道施設と言えば地味だが、最重要軍事施設である、まず水がなければ人は生きられない事に始まり
工場用水として遥かな水源地から延々と水道道を引いてくる、国家事業として位置づけられている
水がなければ戦争どころか、死滅の道しかない!ある意味原油よりも重要である。

物騒な事を言えば、戦車一両で数10人まとめて倒せるかも知れないが、水は一人が毒を入れるだけで数千、数万の人に被害を及ぼす事が出来る、大量殺戮兵器にもなりうる、しかも、タダ同然の費用でだ。
当時中国軍は撤退時に村々の穀物家屋を焼くのは当然とし、井戸や川に毒物を流し込み、日本軍に罠を仕掛けながら奥地に下がっていった、立派に兵器として、使用されているのだ。

逸見浄水所は半原水源地(統取水停止中)に属するが、入れる機会が中々無い難物だ
もっぱら外部だけの探索しか出来ないでいた所に、KURO様より情報が入った
詳しくは、最後に貼る以前のレポートを見て欲しい、簡単に4丁目手前から進めて行く
P1020953_20150112182040fc6.jpg
4丁目降り口にある、擁壁の狭間のコンクリート遺構
P1020955_20150112182041649.jpg
左側壁面に幾つかの小壕の痕跡を認む
P1020957_20150112182044b8d.jpg
横須賀市の票柱
P1020968_20150112182046c3b.jpg
裏側は水道部
P1020964_2015011218204539f.jpg
右側にそれらしい壕を発見するも、何やら情報と符合しない
DSC09121_R_201501121947503b0.jpg
再度日を改めて行って来た、谷戸の畑にあった様だ
DSC09123_R_20150112194750f98.jpg
しかし、残念な事にデータがH、Dの中にダイブしてしまった様で見当たらない
DSC09126_R_2015011219475274d.jpg
仕方なく、KURO様に送った結果報告メールに添付した物を掘り起こした
DSC09131_R_20150112194753f46.jpg
時は6月中頃だったと思う、緑がすごい
DSC09134_R_20150112195529c3a.jpg
全体的に5m程度のものが左右に6本ぐらい散り散りにあった
DSC09146_R_201501121955318ab.jpg
掘削中の物もあり、実用には達しなかったと思われる

ここからが今回の部分になる
DSC06217_R.jpg
谷戸最深部に行く
DSC06220_R_20150112200228b7f.jpg
左手には台座状のコンクリート
DSC06218_R_20150112200225677.jpg
右側面には崩れた壕口
DSC06219_R_20150112200227273.jpg
これが問題の水道部遺構
DSC06236_R_201501122023519f5.jpg
使われなくなって久しいのか、枯葉が詰まっている
DSC06235_R_20150112203243e91.jpg
上に登ってみる
DSC06237_R.jpg
急角度で水路は上に続いている
DSC06238_R_20150112202353a5a.jpg
途中に掘られた跡が付いているが、浅いもの
DSC06239_R_20150112202355598.jpg
上部付近は、蓋がされている
DSC06240_R_20150112202356ed3.jpg
最上部の集積槽
DSC06221_R_20150112203238aaa.jpg
では、上に行こう
DSC06222_R_20150112203239653.jpg
上には現行のポンプ小屋がある
DSC06234_R_20150112203241d99.jpg
手前には制御弁などがある
DSC06223_R_20150112203836582.jpg
見たようなのが立っている
DSC06224_R_20150112203838dc7.jpg
ここにも水道部の標柱がある
DSC06225_R_20150112203839925.jpg
奥に行くと、小径が続いている
DSC06226_R_20150112203840400.jpg
道の両脇に標柱が並ぶ
DSC06227_R_2015011220384279c.jpg
ここも表は横須賀、裏水道部
DSC06228_R_201501122043548c3.jpg
票柱街道を進むと、素敵な物が見えて来た
DSC06229_R.jpg
ちょっと低めのコンクリート水道通路
DSC06231_R_20150112204358b5f.jpg
流石にこれ以上入れないかな
DSC06230_R_2015011220435788d.jpg
内部は30mほどコンクリート巻で、その先は素掘りとなっていた
DSC06232_R_201501122044003fc.jpg
ちょっと上にはこんな感じで標柱が並んでいた、近くにも数本転がっていた
DSC06233_R_20150112205936f40.jpg
探索終了、下山する
DSC06242_R_20150112205938dcd.jpg
壕口周りには、廃木が増えている気がした

これにてこのブロックの探索を終了する、先を登ればまだあるかも知れないが、水道施設はまずいだろう
また、新たな情報があったら行ってみたい。

当日はこの後衣笠や西浦にも情報を頂いた所に行って来たが、順繰りに紹介して行く


過去調査記録
逸見水道山、水道施設

逸見水道山、水道施設 追加捜索

記念艦 三笠 また行ったの三日後の後半

調子に乗って写真貼りまくってたら、終わらなくなってしまった、タイトルもいい加減になって来た気がする
今度こそ三笠を終わらせる。
075_R_20141215221747e94.jpg
艦隊コレクションが無かったのでアルペジオだけまた見て行く
078_R_20141215221749937.jpg
やっぱりこれスゴイや
079_R_201412152217513fc.jpg
イ401がメインなのだが、潜水艦は起伏に乏しく見る所が少ない
083_R_201412152217520d5.jpg
084_R_20141215221753097.jpg
086_R_20141215222504ecf.jpg
087_R_201412152225062da.jpg
088_R.jpg
089_R_20141215222509826.jpg
別にモデラーではないが、精巧な模型には惹かれる
096_R_20141215223112b17.jpg
隣の部屋
095_R_2014121522311054f.jpg
やっぱり海自系だが、パネルのみで面白みがない
097_R_201412152231130eb.jpg
三笠 艦内風景
098_R_20141215223115c6e.jpg
099_R_201412152231167ea.jpg
100_R_201412152237061ce.jpg
101_R_20141215223707af0.jpg
102_R_20141215223709e2a.jpg
103_R_201412152237102fe.jpg
艦自体の写真は結構あっても、艦内生活はあまり無い(絵葉書では割とある)
102_R_20141215224318209.jpg
販売物(外の売店にて購入可)
103_R_20141215224319fbe.jpg
海軍カレーイロイロ
104_R.jpg
3万出して誰か買うのか?
106_R_20141215224322fa3.jpg
艦尾フロア107_R_2014121522432303e.jpg
天窓
108_R_201412152249073eb.jpg
109_R_20141215224909483.jpg
海事遺産賞受賞
110_R_20141215224910d91.jpg
右舷側の隔壁
111_R_20141215224912721.jpg
この部分は修復以前のオリジナルの分厚い隔壁である
118_R.jpg
この丸みを帯びた壁は、砲塔内部部分
112_R.jpg
砲塔内部及び射撃の原理
113_R_20141215225440371.jpg
砲塔の構造及び作動
116_R_20141215225442375.jpg
117_R_2014121522544361c.jpg
内部略図
119_R.jpg
隣の士官室に入る
120_R_20141216211040dd1.jpg
中は広い
123_R.jpg
夜戦の油絵
126_R_20141216211043b2d.jpg
部屋の外にある写真
127_R_2014121621104691c.jpg
その頭の上に見る物がある
129_R_20141216211830346.jpg
製鉄所のロゴ入り
131_R_201412162118322ba.jpg
132_R_201412162118339f6.jpg
こんな部屋、結構いい待遇
134_R_201412162118359c9.jpg
135_R_2014121621183641c.jpg
なんとユニットバス
136_R_20141216212416d6b.jpg
137_R_20141216212417476.jpg
長官寝室
138_R_201412162124184ed.jpg
139_R_201412162124202ff.jpg
艦長公室
183_R_2014121622531954b.jpg
天井の明り取り
181_R_20141216225317369.jpg
外部から見るとこんな感じ
143_R_20141216212745dd8.jpg
長官公室に行く
144_R_201412162127470ea.jpg
入ると目の前にすごい不釣り合いな物が鎮座している
145_R_201412162127480ab.jpg
左右に1門ずつある
194_R_201412162253210a7.jpg
天窓
189_R_2014121622532090e.jpg
この辺
147_R_20141216212749e0d.jpg
長官室
154_R_201412162134392d4.jpg
191_R_201412162257225a8.jpg
明り取り
風や日差しの強くない季節は扉を開けて、外に出れる
153_R_20141216213437c37.jpg
頭上には三笠スカイパーキングが見える
155_R_20141216213441dc8.jpg
食器室
156_R_2014121621344235d.jpg
大して広くない部屋だが
157_R_20141216213443969.jpg
天井にはシャンパングラス
158_R_20141216222521791.jpg
イカリマーク入りのコーヒーカップ
159_R_20141216222523c26.jpg
色からしてこのプレートにもイカリマークが・・・欲しい
161_R.jpg
興味深い物が置いてあった
162_R_20141216222526ad3.jpg
自分がガキの頃はこんな感じに被弾箇所がマークしてあった
060_R_20141216222519110.jpg
現在のここである、観光用に悲惨なイメージを払拭したのだろう
163_R_201412162234010c7.jpg
164_R_20141216223402c55.jpg
165_R_20141216223403d0f.jpg
166_R_2014121622340512a.jpg
167_R_20141216223824327.jpg
168_R_20141216223826f68.jpg
014_R_20141214194301d02.jpg
169_R_20141216223827683.jpg
170_R_201412162238282df.jpg
003_R_20141214192746af2.jpg
171_R_20141216223830d8b.jpg
176_R_20141216223406e00.jpg
こんな所もある
178_R_20141216224730c8f.jpg
ここから弾が入って
177_R_20141216224728266.jpg
反対の、ここから出ている(マーキングの跡がうっすら残っている)
172_R_20141216224724666.jpg
174_R_20141216224727a7c.jpg
173_R_201412162247261cb.jpg
ここにもマーキングの跡が残る
196_R_20141216225724568.jpg
上に出た
197_R_20141216225725e22.jpg
当時築いたままの護岸
198_R_20141216225727586.jpg
救急室(扉の横にマーキング跡がある)
199_R_20141216225728404.jpg
角の変形した部屋
201_R_201412162304219c2.jpg
マスト基部は分からなかった
203_R_20141216230422d89.jpg
後部主砲の後ろ側
204_R_20141216230424efc.jpg
マーキング跡
205_R_2014121623042548d.jpg
人形のいる通信室前、良く見ると補修跡も見て取れる
188_R_20141216230420880.jpg
さぁ、そろそろ時間なので猿島に向かう、三笠もただ順路を周るだけではなく、こうゆう所にも目を向けてみてはどうだろう、勝利の栄光だけではなく、その影には犠牲者もいる事を忘れてはならない。