FC2ブログ

浦賀巨大壕再訪二回目後編

DSC01138_R_20200701112347078.jpg
この辺りで壕の2/3を回ったところだろうか
DSC01139_R_20200701112348ae0.jpg
コース的には歩きやすくなる
DSC01141_R_20200701112354de7.jpg
なんと、前方から人が歩いてくる!遅刻したあきひさ氏が広い壕内を探し回って来たらしい。
自分等は基本の右回り、彼は左回りで丁度出会ったようだ
DSC01145_R_20200701112352637.jpg
合流して再スタートする
DSC01157_R_20200701112353c08.jpg
床の平らな工場区に戻って来た
DSC01164_R_20200701112354042.jpg
かなり太いボルトの台座
DSC01168_R_2020070111235874f.jpg
人為的に掘られた冷却水槽か
DSC01172_R_20200701112400ae2.jpg
排水溝もしっかりしている
DSC01171_R_202007011124049f8.jpg
クレーンでも据えていたような出入口付近の台座
DSC01170_R_20200701112400595.jpg
三田土ゴム(株)TOKYO JAPAN 昭和8年5月
mitatuchi.jpg
こんな物を作っていたらしい
DSC01174_R_20200702223546452.jpg
細い坑道を登っていく
DSC01175_R_2020070222354805c.jpg
支保抗の残る珍しい物
DSC01177_R_20200702223550dc2.jpg
木材は腐ってしまうか、戦後の建材もしくは薪として持ち出されるのが普通
DSC01182_R_20200702223552c35.jpg
先へ進む
DSC01184_R_20200702223553f75.jpg
碍子に当時の電線が残っている
DSC01181_R_20200702223553e40.jpg
弾薬庫
DSC01187_R_20200702223556261.jpg
掘りかけの銃眼
DSC01190_R_20200702224743970.jpg
引き返す
DSC01191_R_2020070222474472c.jpg
二股の通路
DSC01193_R_20200702224747b33.jpg
左へ進む
DSC01194_R_20200702224748d15.jpg
接続部は1mほど下に通路がある
DSC01196_R_20200702224748921.jpg
無理やり繋げた感じだ
DSC01199_R_2020070222475042a.jpg
黄金に光る通路
DSC01201_R_202007022247551c7.jpg
75年物の鍾乳石
DSC01202_R_2020070222475985d.jpg
電気のソケットがそのまま残る
DSC01210_R_202007022334534c2.jpg
合流点に戻る
DSC01212_R_2020070223345319e.jpg
とある脇道に逸れると
DSC01214_R_20200702233454f60.jpg
支保の微妙に残る部屋に出た、構築前の狙撃室かも知れない
DSC01220_R_2020070318454766b.jpg
当時の鎹のかけ方が解る貴重な物だろう
DSC01215_R_2020070318454624c.jpg
天井にも打ち込まれている
DSC01226_R_202007031845523be.jpg
何かを見つけたようだ
DSC01222_R_202007031845515b9.jpg
マツダの電球だ
DSC01221_R_202007031845535b5.jpg
メイン通路に戻る
DSC01228_R_202007031845539d1.jpg
四角く広い主坑道
DSC01231_R_202007031845559be.jpg
コンクリート台座がある、工場区に戻ったようだ
DSC01236_R_20200703184600036.jpg
太い掘削ロッドが刺さっている
DSC01237_R_202007031845576c5.jpg
とのさんが細い通路を登っていく
DSC01238_R_20200703190820545.jpg
細く陣地らしい通路
DSC01239_R_20200703190821070.jpg
途中の弾薬庫
DSC01242_R_202007031908244c7.jpg
二連碍子
DSC01247_R_20200703190827127.jpg
前面コンクリートの狙撃室だ
DSC01250_R_20200703190825ea3.jpg
退出する
DSC01253_R_20200703191626c1a.jpg
横抗の一部に窪みが
DSC01254_R_202007031916270c9.jpg
何のための窪みだろう?
DSC01258_R_202007031916311be.jpg
また狭い通路を登る
DSC01260_R_20200703191631a78.jpg
重機関銃台座だ
DSC01263_R_20200703191637715.jpg
人が立つとこんな感じ
DSC01261_R_20200703191633348.jpg
横に物入が掘られている
DSC01266_R_20200703191640db3.jpg
銃室の出入口
DSC01267_R_20200703193039443.jpg
また怪しい所に入っていくと
DSC01268_R_20200703193041f94.jpg
部屋の壁の真ん中に銃眼のような穴が開いている
DSC01270_R_20200703193043048.jpg
反対から見ると足元に開口している、このような狙撃口を赤山、夏島、池子、黒崎等で見ている
壕内での侵入者との戦闘用と思われる。
DSC01273_R_20200703193044088.jpg
最後の狙撃室を見に行く
DSC01272_R_20200703193046f04.jpg
だいたいの狙撃室は上の方に造り、打ち下ろしスタイルになっている
DSC01277_R_202007031930477e1.jpg
支保工の残る狙撃室、少し変わった形をしている
DSC01279_R_2020070319305163f.jpg
なぜこんな形にしたのだろう?
DSC01280_R_20200703193052142.jpg
覗き込む二人
DSC01281_R_20200703193053f5c.jpg
この段々がたまらない!
ちなみに表からも銃眼を探したが、確認出来るものは無かった
DSC01286_R_20200703194408987.jpg
この支保も、いつまで立っていられるかな?
DSC01287_R_20200703194410747.jpg
さて、一回りしたようだ、既に3時間が過ぎている
DSC01289_R_2020070319441270f.jpg
珍しいクリアなコーラ瓶、緑では無い
DSC01290_R_20200703194416635.jpg
ウイキペディアによると、ネーミングの由来は「金鳥」と「オイル」を掛け合わせたもので、当時は液体を噴霧器で害虫に直射するタイプのものだった。
DSC01291_R_20200703194414141.jpg
では、脱出しよう
スポンサーサイト



浦賀巨大壕再訪二回目前編

DSC00938_R_20200630205317ab9.jpg
今回は未踏部分の調査のつもりで、とのさんと潜りに行った。
コメント上のやり取りを見た、発見者たるあきひさ氏が合流したいとの事で現地で待ち合わせる。
しかし、時間になってもあきひさ氏が現れない、連絡も無く5分前までに来ない人は問答無用で置いて行く
DSC00940_R_20200630205318d88.jpg
とのさん初入壕
DSC00944_R_202006302053204be.jpg
今回は人物比にとのさんの後ろをついて回る
DSC00947_R_20200630205322ba4.jpg
コの字になっている大きな部屋
DSC00946_R_202006302053230f6.jpg
天井も2mを超える
DSC00948_R_20200630215540676.jpg
工作機械を入れる為か、壕口も大きな作りだ
DSC00951_R_202006302155412ec.jpg
久々の新規巨大壕にご満悦のとのさん
DSC00952_R_2020063021554423f.jpg
天井の黒い部分は、乾燥していないので極最近崩落したのだろう
DSC00954_R_202006302155452be.jpg
みごとに人物比として役立つとのさん
DSC00957_R_20200630215546b38.jpg
水槽との初対面
DSC00963_R_20200630215547c2f.jpg
防毒面の吸収缶
DSC00965_R_20200630215554938.jpg
中身の活性炭が見える
DSC00973_R_2020063021555230b.jpg
名札のタグが落ちている
DSC00972_R_20200630215550b19.jpg
残留物大好きなとのさん
DSC00976_R_20200701083829b10.jpg
壁面にアルファベットで何か書いてある
DSC00978_R_20200701083830dcb.jpg
スプレー缶の無い頃は、噴霧器に入れ替えて手動ポンプで噴霧していた
とのさんが社名について語っていたので、(ウイキペディア)調べてみた
社名はfly(蠅)のフライの“フ”とmosquito(蚊)のマスキートの“マ”にkillerを付けたものであり、創業時の殺虫剤の商標名「強力フマキラー液」の由来となっている。
DSC00980_R_20200701083834b81.jpg
埋まった壕口だが、違和感があった
DSC00985_R_202007010838356a2.jpg
側面が変な形にコンクリートで成形されている、主出入口かも知れない
DSC00986_R_20200701083836ccd.jpg
当時のセラミックコンセント
DSC00987_R_20200701083838360.jpg
排水溝もコンクリートか?
DSC00979_R_20200701083835f95.jpg
先に進むと、少しサイズダウンしてくる(人物比は役に立つ)
DSC00991_R_20200701083845cc2.jpg
陶器の雨どいが置いてある
DSC00993_R_2020070109064635f.jpg
この辺から工場区に入る
DSC00994_R_2020070109064714f.jpg
この様な機械台座が大小合わせて20基ほど点在している大規模な物だ
DSC00999_R_20200701090649d8f.jpg
横にある小さな部屋
DSC01002_R_202007010906523f4.jpg
コンクリートの溝や木材が散乱する、管理施設だろうか?
DSC01004_R_2020070109065135b.jpg
ここから先は危険地帯だ
DSC01005_R_20200701090653f7e.jpg
地質がかわり、崩落が激しいゾーンになる
DSC01011_R_202007010906550ff.jpg
元の天井辺りの高さまで崩落している
DSC01022_R_202007010906576a2.jpg
隙間を縫うように潜って行く
DSC01017_R_20200701090700108.jpg
前回通り、高低差のある石積みの上で迂回路に変針する
DSC01028_R_20200701093335f30.jpg
DSC01031_R_20200701093338bb8.jpg
右回りに迂回路を回る
DSC01029_R_20200701093336a84.jpg
ちょっと平坦な場所に出ると
DSC01032_R_202007010933395ed.jpg
コンクリート封鎖された部屋の前に出る
DSC01034_R_20200701093340d07.jpg
一部にレンガが覗いている
DSC01039_R_202007010933462dc.jpg
そのすぐ先は下りなかった石積みの段差である
DSC01036_R_202007010933413af.jpg
右回りにこの部屋の外周を回って来た事になるが、他に出入口は無かった
DSC01042_R_20200701103534147.jpg
行きどまったので引き返す
DSC01046_R_20200701103536938.jpg
崩落した岩盤は、乾燥して白くなる
DSC01050_R_202007011035382ed.jpg
この辺はリアル崩落中なんだろうな
DSC01064_R_2020070110354090c.jpg
崩落ゾーンを脱出した
DSC01072_R_20200701103542163.jpg
インク瓶だ
DSC01053_R_20200701103542c3a.jpg
後ろの崩落ゾーンを眺めるとのさん
DSC01099_R_20200701103546bce.jpg
四角く掘られた部屋
DSC01093_R_20200701103547e7f.jpg
平坦な道は歩きやすい
DSC01100_R_20200701104910112.jpg
加工後のホゾが残る坑木
DSC01107_R_20200701104911b83.jpg
水槽もまた姿を現しだした
DSC01110_R_20200701104912be2.jpg
崩落の規模も大きい
DSC01114_R_20200701104916b68.jpg
メチャクチャ綺麗な部分もある、細い通路は強い
DSC01125_R_20200701104917d1f.jpg
碍子が多数落ちているが、ほとんどは無銘の物だった
DSC00970_R_202007011100406aa.jpg
唯一銘があったのはこれだけ
DSC01129_R_202007011049174c3.jpg
とのさんは水槽が気に入ったようだ
DSC01134_R_20200701104921132.jpg
地下水の染み出す所に作られた水槽
DSC01135_R_2020070110492190e.jpg
いまだに透明度は高い
DSC01133_R_20200701104919821.jpg
とのさんの探索は続く

浦賀 新規大型壕プレリサーチ その4

DSC00530_R_20200607081554037.jpg
二股を左に進む
DSC00531_R_2020060708155641d.jpg
意外に綺麗な通路
DSC00532_R_20200607081557940.jpg
しかし、行き止まりだった
DSC00533_R_20200607081559a77.jpg
途中の分岐路
DSC00534_R_2020060708160078b.jpg
無理に曲げて繋げた?
DSC00535_R_20200607081601e89.jpg
二連碍子の並ぶ通路
DSC00536_R_20200607081603290.jpg
振り返ると、こんな分岐路が素敵
DSC00538_R_20200607085210c0f.jpg
黄金の通路
DSC00539_R_20200607085212e22.jpg
水が出てきたので、掘るのを止めてしまったのかも知れない
DSC00540_R_2020060708521332e.jpg
右上の通路
DSC00542_R_202006070852159a9.jpg
広く歩きやすい
DSC00543_R_20200607085216e64.jpg
中途半端な坑木が立っている
DSC00544_R_202006070852171b4.jpg
久しぶりに水槽がある、ちょっと手前の形が違う
DSC00545_R_202006070852197b0.jpg
開口部が近いのか、ビンが落ちている
DSC00547_R_20200607085221030.jpg
入り口付近で見た様な、掘り込み
DSC00549_R_20200607085222d7b.jpg
分岐路
DSC00551_R_2020060721073837d.jpg
左の通路へと進む
DSC00552_R_202006072107409bb.jpg
なんと、またコンクリートの銃眼がある
DSC00553_R_2020060721074186f.jpg
手前にある弾薬庫
DSC00555_R_20200607210743bac.jpg
立派なコンクリート銃眼だ、前回のと同じ形だ
DSC00556_R_2020060721074414f.jpg
完全に埋まっている
DSC00557_R_20200607210745ff7.jpg
何よりも支保が残っているのがスゴイ
DSC00559_R_20200607222141692.jpg
分岐に引き返す
DSC00560_R_20200607222143d62.jpg
右側に進む
DSC00561_R_2020060722214330a.jpg
なにやら小さな穴がある
DSC00563_R_20200607222145964.jpg
通路がありそうなので、入ってみる
DSC00566_R_202006072221463df.jpg
しかし行き止まりだった
DSC00567_R_20200607222148eb9.jpg
元の通路に戻る
DSC00568_R_2020060722320405a.jpg
十字路に出る
DSC00570_R_202006072232079d7.jpg
正面の部分は、壕口なのかも判らない
DSC00571_R_20200607223209b47.jpg
右は行き止まりのようだ
DSC00569_R_20200607223206e06.jpg
左へ進む
DSC00574_R_20200607223209972.jpg
ちらっと期待させる物が見えてきた
DSC00577_R_20200607224115ac7.jpg
重機関銃台座だ
DSC00580_R_20200607224117fe3.jpg
中央に射手、右側に給弾手というスタイルで、千葉ではポピュラーなタイプだ
DSC00581_R_20200607224119598.jpg
銃眼は埋まっている
DSC00583_R_2020060722412046e.jpg
拾室は四角く削られている
DSC00571_R_20200607223209b47.jpg
十字路にあったこれは、弾薬庫だったのだろう
DSC00584_R_20200607225111037.jpg
主抗に戻る
DSC00585_R_202006072251113aa.jpg
また、倉庫的な部屋が出始めた、一周したのかも知れない
DSC00586_R_20200607225114c07.jpg
通路も崩落が無くなり綺麗だ
DSC00594_R_202006072251152c7.jpg
この部屋はちょっと様子が変だ
DSC00596_R_202006072251177b2.jpg
明らかに掘ってある部分がある
DSC00248_R_20200607225109717.jpg
一周して開口部に戻って来た
DSC00597_R_202006072251178f5.jpg
別の開口部から出てみる

DSC00598_R_20200608211730d89.jpg
帰りがけに田浦に寄って見ると、見慣れた車が停まっている、休日の昼間っから戦跡周りをしている変態さん見っけ!
DSC00599_R_2020060821231459c.jpg
せっかく会ったので、1本攻めて行こうって事になった
DSC00601_R_20200608212316b59.jpg
移動してさっそく山に入る
DSC00603_R_20200608211732097.jpg
降ろしたてのツナギがドロドロだとか言いながら、喜んで入るとのさん
DSC00605_R_2020060821173211d.jpg
DSC00607_R_20200608211734909.jpg
楽しくて、思わず踊りだす人
DSC00610_R_20200608211735937.jpg
DSC00612_R_20200608211737166.jpg
DSC00623_R_20200608211738c04.jpg
DSC00634_R_202006082117408bb.jpg
DSC00637_R_20200608211742436.jpg
未見の壕に喜んでいるとのさんを一人残し
DSC00638_R_20200608211743554.jpg
さっさと脱出して行くyakumoだった

浦賀 新規大型壕プレリサーチ その3

DSC00431_R_202005282024117de.jpg
前方の床面に何かが見える
DSC00433_R_20200528202413413.jpg
これは扉だろか、かなり深い場所なので、廃棄物ではない
DSC00434_R_20200528202414189.jpg
こんなガレた所にも、水槽が点在する。もう写真撮るのが面倒なぐらいある
DSC00436_R_20200528202416419.jpg
変則な交差点
DSC00437_R_20200528202417196.jpg
右の部屋
DSC00438_R_202005282024182fb.jpg
真っ直ぐ方向
DSC00439_R_202005282024200c6.jpg
あえて左に進む
DSC00440_R_202005282024228dc.jpg
木材の残る、異質な部屋。気になって確かめに行く
DSC00442_R_20200528202423849.jpg
これは防毒面と吸収缶だ
DSC00443_R_20200528205407780.jpg
目の部分
DSC00444_R_20200528205408828.jpg
こんな物がいくつも落ちている
DSC00445_R_20200528205410f3b.jpg
次に向かう
DSC00447_R_20200528205411db6.jpg
右の部屋、特に何も無い
DSC00451_R_2020052820541319f.jpg
柱の建つ通路
DSC00449_R_202005282054132e5.jpg
異たる所にある水槽水が枯れていないのは、地下水の染み出すポイントに設けてあるからだろう
DSC00454_R_20200528205414cc7.jpg
少し丸みを帯びてきた壕内
DSC00456_R_2020052820541626b.jpg
掘削ロッドが刺さっている
DSC00457_R_20200528210348e8a.jpg
四角い工場、倉庫壕らしい形から
DSC00459_R_202005282103498f6.jpg
丸みを帯びた陣地らしい構造に変化する
DSC00460_R_20200528210351ee5.jpg
分岐
DSC00461_R_2020052821035231e.jpg
部屋だが、今までは直角に作られていた部屋の向きとは違う
DSC00462_R_202005282103531f2.jpg
右に向かう、左側面に気になるくぼみが
DSC00464_R_20200528210354295.jpg
足元に、どっかで見たような小瓶が転がっている
DSC00465_R_20200604211431a43.jpg
陣地丸出しの登り通路がある
DSC00467_R_20200604211432cb2.jpg
細い通路なのに碍子がある
DSC00468_R_20200604211434cbd.jpg
岐路がある
DSC00469_R_202006042114356f1.jpg
弾薬庫があるこの造りは!
DSC00471_R_202006042114362f5.jpg
期待を膨らませ、登って行くと
DSC00473_R_20200604211438d25.jpg
予想以上のコンクリート銃眼が現れた
DSC00474_R_20200604211440200.jpg
外部から埋まってしまっているが、大好きな銃眼だ!
DSC00480_R_202006042114418da.jpg
二連碍子まである
DSC00481_R_202006042125224ec.jpg
床面が窪んでいるので、実際に機銃の台架を据えていたかもしれない
DSC00483_R_20200604212523cae.jpg
通路の戻る
DSC00485_R_20200604212525bfa.jpg
水槽のある通路
DSC00489_R_20200604212526424.jpg
妙に四角い通路の床に、コンクリート台座が並んでいる
DSC00493_R_20200604212527a08.jpg
側道は丸い
DSC00494_R_20200604212528ea1.jpg
四角い水槽とコンクリート台座
DSC00499_R_20200604212531a3c.jpg
まるで工場のように沢山の台座が並んでいる
DSC00502_R_202006042125321ca.jpg
同じ形の物は殆ど無く、様々な機械が据えられていたのだろう
DSC00508_R_20200604215545c91.jpg
床に気になる物が
DSC00511_R_20200604215546d4e.jpg
なにやら書いてある
DSC00513_R_20200604215548fcd.jpg
側溝の整備された通路
DSC00514_R_2020060421554933e.jpg
分岐が見える
DSC00515_R_202006042155502d1.jpg
壁に碍子が点々と着いている
DSC00517_R_20200604215552a1b.jpg
なんと支保の木材がそのまま残っている、奇跡に近い
DSC00518_R_20200604215554bf7.jpg
楔が打ってある、リアルにこれを外したら、崩れるのかも知れない
DSC00519_R_202006042313224f7.jpg
右に分岐
DSC00521_R_202006042313239b2.jpg
これは弾薬庫?
DSC00522_R_20200604231325851.jpg
突き当たりのようだが
DSC00523_R_20200604231325f88.jpg
少し広がって、部屋になっている
DSC00526_R_20200604231329baf.jpg
なんと掘りかけの銃眼だ
DSC00525_R_202006042313279ac.jpg
あと少し掘れば、開口する所で終戦になったのだろう
DSC00527_R_20200604231332c81.jpg
さて戻ろう
DSC00528_R_20200604231332485.jpg
予想外の銃眼に興奮してきた

浦賀 新規大型壕プレリサーチ その2

DSC00329_R_20200525213358aa8.jpg
2m程度飛び降りてもいいのだが、戻れんと洒落にならない
DSC00334_R_20200525213400a6f.jpg
分岐路までバックする
DSC00336_R_202005252134004a5.jpg
珍しく綺麗な部屋?
DSC00339_R_202005252134026a6.jpg
と言うより、意図的に埋めた壕口か?
DSC00340_R_202005252134047c6.jpg
迂回路に回りこむ
DSC00342_R_20200525213405988.jpg
木材が床板の様に置いてある
DSC00347_R_20200525213406381.jpg
右へと回り込む
DSC00349_R_202005252134076e6.jpg
この辺の崩落も半端無い
DSC00351_R_20200525213409868.jpg
たまに大きな開口部も有る
DSC00355_R_2020052521341124a.jpg
開口部から投げ込まれた自転車
DSC00357_R_20200525214804045.jpg
分岐路
DSC00358_R_20200525214806d49.jpg
左は埋められている
DSC00359_R_20200525214807ebd.jpg
右に行くと
DSC00362_R_20200525214810f37.jpg
なんだこの、コンクリートで閉鎖した部分は?壕内で開口部ではない!
DSC00361_R_20200525214809816.jpg
目の前には水槽がある、コンクリート壁の中は部屋か?
DSC00363_R_2020052521481147d.jpg
先に進むと
DSC00365_R_20200525215649237.jpg
なんだこの壁は?どうやらさっきはこの上から降りようとしていたようだ
DSC00367_R_20200525215651d37.jpg
岩盤を上手く積み上げただけのようで、コンクリート等は使っていない
DSC00373_R_2020052521565299a.jpg
コンクリートの塊り
DSC00376_R_20200525215655afa.jpg
その傍らの水槽
DSC00379_R_202005252156561a2.jpg
崩落が激しい
DSC00380_R_20200525215657afe.jpg
ガレだらけの部屋
DSC00381_R_2020052522575325a.jpg
我ながらそろそろヤバサを感じる
DSC00382_R_20200525225755adc.jpg
これも部屋か?
DSC00383_R_202005252257561e3.jpg
なんだってこんなに崩れているのだろう
DSC00385_R_20200525225757d65.jpg
頭をぶつけながら潜り抜ける
DSC00387_R_2020052522575972d.jpg
若干マシになった
DSC00391_R_202005252258007b9.jpg
普通に歩けるようになった
DSC00394_R_20200526211803b28.jpg
この辺まで来ると、もはや自分の位置は判らなくなっているが、気にしない
DSC00395_R_20200526211804c49.jpg
右の部屋
DSC00396_R_20200526211806b7c.jpg
建材のスエードが転がっている
DSC00402_R_2020052621180834b.jpg
またちょっと、歩きにくくなる
DSC00405_R_20200526211809451.jpg
ガレを抜けると広く綺麗な通路、左に棚のような大きな窪み
DSC00406_R_20200526211810ec4.jpg
右にまた水槽がある
DSC00407_R_20200526214619470.jpg
壕内の湿度が上がる、この辺は開口部が無いのだろう
DSC00415_R_20200526214621a60.jpg
部屋
DSC00416_R_202005262146222b6.jpg
通路が見事に四角くなった
DSC00418_R_2020052621462452d.jpg
床にトロッコの枕木らしき物が埋まっている
DSC00419_R_20200526214624ed4.jpg
別の似た形状の場所
DSC00423_R_2020052621462653f.jpg
岩盤ではなく、川砂利が撒かれている
DSC00424_R_20200528200236010.jpg
戻りルートを右に変更する
DSC00425_R_20200528200237471.jpg
また、盛大に天井が落ちてらっしゃる
DSC00427_R_20200528200239ce7.jpg
歩きにくくてしょうがない
DSC00428_R_20200528200240592.jpg
また木材だ、何やら構築物の気配が多くなって来た
DSC00430_R_20200528200241475.jpg
まだまだ続くこの地下壕、切りが無いので次回クライマックス!
実際は欲目に見て壕内の2/3程度かな、調査が完了したらまた完全版をUP予定。