FC2ブログ

横須賀軍港めぐり

DSC02819_R_20180804232516f9d.jpg
横須賀軍港めぐりに久しぶりに行ってきた
DSC02811_R_20180804232512bc9.jpg
横須賀地方総監部に「いずも」がいる
DSC02813_R_20180804232513db6.jpg
吉倉桟橋には、たくさんの護衛艦がいる
DSC02815_R_20180804232514096.jpg
珍しい所に潜水艦が居る
DSC02820_R_20180804232517268.jpg
軍港めぐりの船が帰ってきた
DSC02822_R_20180804232518388.jpg
いずもとの対比で大きさが判る
DSC02818_R_20180805174710622.jpg
一時間に一本しか出ないので、さっさと受付に行く
DSC02961_R_2018080517471252f.jpg
新造船シーフレンド7号機、トライアングル儲かっている
DSC02960_R_20180805174712d16.jpg
一階はエアコン付だが、面白くもなんとも無い、当然屋上デッキへ
DSC02828_R_20180805175816d6c.jpg
今日は海自の潜水艦(けんりゅう型)は珍しい所に居る
DSC02833_R_20180805175817eee.jpg
逆光のいずも
DSC02835_R_20180805175818d78.jpg
護衛艦「いかずち」と補給艦「ときわ」
DSC02836_R_20180805175820fb0.jpg
けんりゅうがもう一隻いた
DSC02837_R_2018080517582144e.jpg
宿泊船APL40 太平洋戦争終戦の年・1945年に「ベネワ級」宿泊艦のうちの1隻「ニュエセス」(艦番号APB-40)として進水。
約10年後の1955年に退役となるが、1968年、ベトナム戦争で現役復帰。
1970年、ロングビーチにて再び退役、1975年より米海軍艦船修理廠佐世保分所へ。
1990年代中ごろ迄に横須賀に移動して現在にいたる。
要するに、修理中等で寝る所が無くなった船員の仮宿泊施設なのだが、陸に上がればいいような?
DSC02840_R_20180805175822089.jpg
奥に米海軍のイージス艦(米軍の殆どは既にこれ)がちらほら見える
DSC02841_R_20180805183417152.jpg
この水道は狭い、いずもは良く回れるもんだ!スラスターってすごい。
DSC02845_R_2018080518341943d.jpg
ミサイル巡洋艦シャイロー、2017年、乗組員(ガスタービン担当技術下士官ピーターミムズ氏)が行方不明となり日米の大捜索が行われたが、発見できずに捜索打ち切り、失踪7日後に艦内で生きて発見された。
なんと艦内で隠れて生活し、誰にも気づかれずに食事もトイレも行っていたとか。
海軍のいじめ体質は、全世界共通のようだ(ちなみ軍だけではなく、民間もそう)
DSC02848_R_201808051834215fc.jpg
イージスシステムのBMD3.6のフェーズドアレイ型レーダーの修理中のようだ
DSC02849_R_20180805183421694.jpg
入りたくなる様な穴が見える
DSC02850_R_201808051834231c1.jpg
米艦艇のマストは美しく無い
DSC02862_R_201808051908227bc.jpg
隣もレーダー配置等から観て、同型艦だろう
DSC02857_R_20180805190819b40.jpg
ブルー・リッジ揚陸指揮艦、1970年に就役後、ベトナム戦争をへて、1979年10月以来、ブルー・リッジは第7艦隊旗艦として横須賀を母港としている。
DSC02860_R_201808051908217b1.jpg
横須賀本港を出る
DSC02864_R_201808052044586d5.jpg
海上に点在している構造物郡は、横須賀消磁所の係留用の施設である
DSC02868_R_20180805204459ccf.jpg
鉄鋼船は長期間使用すると磁気を帯びる、ここで磁力の向きを測定し、逆向きの磁気を当てて打ち消す。
でないと磁気機雷などの影響を受けやすくなる、掃海隊のいるこの地区には必要な施設なのだ。
DSC02869_R_201808052045009fd.jpg
住友造船のガントリークレーン、この文字一つで7mあり、一文字書くのに200万円するそうだ。
DSC02872_R_2018080520450172d.jpg
海保の「たかとり」が落ちていた、PM14の左に書いてある青い図柄は、海上保安庁の業務であるSecurity、Search & Rescue、Safety、Surveyと、モットーであるSpeed、Smart、Smile、Serviceの それぞれの頭文字である"S"を図案化したもので、巡視船艇や航空機に紺色で描かれている。
DSC02875_R_20180805215505fd6.jpg
追浜の夏島都市緑地にある第三海堡の遺構、明治の東京湾要塞郡の一つで、今は港湾事故防止のために掘削、消滅してしまった。現在一般公開されており、毎月第一日曜日(1月のみ第二日曜日) 10:00~16:00 入場無料
DSC02876_R_20180805215506042.jpg
米海軍の施設となる、旧海軍軍需部狢(むじな)火薬庫
DSC02880_R_20180805215507e6e.jpg
先月燃えてしまった相模運輸倉庫旧海軍軍需部長浦倉庫郡 である。
DSC02887_R_2018080521550824b.jpg
海上自衛隊 自衛艦隊司令部に到着
DSC02892_R_201808052221042e0.jpg
DSC02889_R_2018080522210377d.jpg
先に触れた掃海隊の掃海艇「ちちじま」、掃海艇は磁気機雷に反応しないように木製の船体をしていたが、船大工が居なくなり、近年の船体はFRPになっている。
DSC02891_R_201808052229066c3.jpg
新造艦、潜水艦救難母艦「ちよだ」
DSC02894_R_20180805222907d97.jpg
退役した旧「ちよだ」、めったに無い新旧二代の同名艦がここにいる!日本は旧式の兵器を海外に売却出来ない為に、全てスクラップにするのだが、軍事機密の多い艦船は解体の方法も口うるさい、よって中々解体業者も決まらずここに横たわっている。
10年ぐらい前の「くりはま」、2年前ぐらいまでいた潜水艦等のスクラップ待ちを見た人も多いだろう。
DSC02901_R_20180805222908d1b.jpg
昔、ここには横須賀海軍工廠造兵部ガントリークレーンがあった。
DSC02902_R_20180805222905e77.jpg
旧横須賀海軍工廠造兵部の建物、これ以外は壊されてしまった。
DSC02908_R_20180805224445ff6.jpg
新井掘割水路
DSC02909_R_20180805224446ff2.jpg
元々ここは左右地続きであり、箱崎半島となっていたのを幕末の海上交通が増えたのにともない、半島先端にある暗礁が危険なため、多額の費用をかけ半島前方部に掘割を377m掘削し、水運の便をはかった。
その後、明治18年に長浦に海軍の水雷営、水雷武庫、水雷練習艦がおかれてから横須賀港との交通が頻繁になり、交通に不便となったため、現在の場所を掘削するよう鎮守府は横須賀造船所に依頼して、明治19年、海底27メートルの掘割工事に着手し、明治22年に完成開通した。
これにより旧掘割は埋め立てられ、周辺は旧海軍時代より現在まで燃料庫地帯になっている。
現在は米軍の燃料基地であり、左右の米軍基地の間を通過している形になる。
DSC02915_R_20180805224447e07.jpg
現在ここを通るのは、この船以外に観た事が無い、自衛隊は陸路で船越⇔吉倉を移動する。
DSC02919_R_201808052244512b1.jpg
DSC02917_R_20180805224448d6e.jpg
近年急傾斜工事が行われているようだ、旧軍の地下燃料庫の入り口跡が多数見える
DSC02924_R_2018080522445155b.jpg
吉倉に帰ってきた
DSC02927_R_20180805231628377.jpg
海自唯一の船、特務艇「はしだて」、戦闘用ではなく要人等の接待などの為だけの特殊な船
DSC02929_R_20180805231628eb4.jpg
多用途支援艦4305「えんしゅう」タグボートに近い役割をする
ヘリコプターフェスティバル in TATEYAMA で乗る事が出来る時がある
DSC02931_R_20180805231630b95.jpg
勢ぞろいした海自艦艇
DSC02932_R_2018080523163161e.jpg
手前の4桁は練習艦「せとゆき」、女性艦長だったりする訓練用の艦艇
DSC02938_R_20180805231634b26.jpg
アスロックランチャーが全開放している珍しい場面
DSC02933_R_20180805231633e19.jpg
101護衛艦「むらさめ」、174イージスシステム搭載ミサイル護衛艦「きりしま」、423補給艦「ときわ」
DSC02941_R_20180805235227cd2.jpg
壮観な眺め
DSC02946_R_20180805235229eb5.jpg
110護衛艦「たかなみ」、107護衛艦「いかずち」、潜水艦おやしお型かな?
DSC02947_R_20180805235229403.jpg
ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」
DSC02958_R_201808052352315ef.jpg
戦艦「陸奥」の主砲
DSC02959_R_20180805235233a28.jpg
軍港めぐりが終わり、帰ってきた
DSC02962_R_2018080523523515a.jpg
お土産等物色して帰る


スポンサーサイト

新横浜花火大会2018

港北区の花火大会として、19年ぶりに復活したイベントである
綱島の鶴見川沿いにマンションが建ってしまったため、消防上花火の打ち上げが出来なくなっていた。
来年区政80周年に向けて、プレという形で新横浜商店会主催の花火大会が実現した。
もちろん商魂逞しく、高い有料観覧席は16、000円もするそうだ、庶民向け有料席も一人3,000円
川沿いから見えない様に、目隠しネットを掛ける等防衛策も万全
日産スタジアムの歩道や、中央公園に無料観覧席が設けられているので自分はそっちに回った。
19:15から30分間4000発の予定で行われた。
DSC02590_R_20180728215640cfb.jpg
場内地図を貼っておく
DSC02589_R_20180728215638716.jpg
橋や河川敷は、見えないようにネットか監視員によって妨害されている
DSC02591_R_201807282156415f2.jpg
開始15分前、バイクを駐輪場に停め、フリーエリアに場所確保
DSC02592_R_20180728215643bdb.jpg
16000円の席は、あの辺だと思う(4階)
DSC02593_R_20180728215644aed.jpg
開始時間直前、まだ明るい
DSC02594_R_20180728223355676.jpg
時間丁度に花火が上がる
DSC02597_R_20180728223357391.jpg
DSC02610_R_20180728223358d53.jpg
DSC02617_R_20180728223359bff.jpg
DSC02625_R_201807282256262ed.jpg
DSC02630_R_2018072822562817b.jpg
DSC02642_R_20180728225629fb3.jpg
DSC02648_R_201807282256305bc.jpg
DSC02672_R_201807282334210a7.jpg
DSC02679_R_20180728233422301.jpg
DSC02680_R_20180728233423ed2.jpg
DSC02684_R_2018072823342540e.jpg
DSC02692_R_20180728233426e1d.jpg
DSC02699_R_201807282351190ec.jpg
DSC02701_R_20180728235121659.jpg
DSC02702_R_20180728235122ea5.jpg
DSC02711_R_20180728235123e41.jpg
DSC02725_R_20180728235125e7f.jpg
DSC02732_R_201807282351268ae.jpg
DSC02737_R_20180729090642ef5.jpg
DSC02749_R_20180729090643467.jpg
DSC02758_R_20180729090644fc2.jpg
DSC02771_R_20180729090646ba5.jpg
DSC02776_R_20180729090648a0e.jpg
DSC02786_R_201807290906495bd.jpg
DSC02794_R_20180729090650157.jpg
DSC02804_R_20180729090958d9e.jpg
DSC02805_R_20180729091000d1a.jpg
DSC02806_R_20180729091000739.jpg
フィナーレを向かえ、花火は終わった
DSC02808_R_20180729091002516.jpg
日産スタジアムのライトアップを観ながら撤収する
DSC02810_R_20180729091003c79.jpg
来年から恒例になればいいな!

横浜スパークリングトワイライト2018

2018年7月14日(土)・15日(日)19:30~20:00 の30分だけ行われる花火大会
各日3000発づつ打ち上げられる、横浜港唯一の花火
今年は山手西洋館、外交官の家、ブラフ18番館からも観覧出来るようになった

DSC01171_R_2018071521102487a.jpg
少し早めに撮影スポットに到着
DSC01169_R_2018071521102477e.jpg
横浜大桟橋
DSC01175_R_201807152110262c7.jpg
飛鳥Ⅱが入港している、絶好の観覧スポットだろう
DSC01172_R_20180715211026a8c.jpg
1930から花火が始まる
DSC01177_R_20180715211028179.jpg
氷川丸の汽笛とともに花火が上がる
DSC01207_R_201807152144027a9.jpg
DSC01178_R_20180715214355964.jpg
DSC01182_R_201807152143571ca.jpg
DSC01197_R_201807152143582e6.jpg
DSC01200_R_201807152143599c2.jpg
DSC01184_R_20180715214400ae2.jpg
DSC01220_R_201807152154174db.jpg
DSC01226_R_201807152154182f7.jpg
DSC01229_R_20180715215419d08.jpg
DSC01250_R_20180715215420d3b.jpg
DSC01255_R_2018071521542215a.jpg
DSC01258_R_20180715215423039.jpg
DSC01261_R_201807152154258d0.jpg
DSC01264_R_20180715220031751.jpg
DSC01268_R_20180715220033cbd.jpg
DSC01272_R_201807152200345f1.jpg
DSC01275_R_201807152200357dc.jpg
DSC01277_R_20180715220415755.jpg
DSC01278_R_201807152204170a9.jpg
DSC01283_R_2018071522041720b.jpg
DSC01290_R_20180715220419f5b.jpg
DSC01294_R_201807152204200b0.jpg
DSC01299_R_2018071522042278c.jpg
DSC01307_R_20180715220423fe3.jpg
DSC01321_R_2018071522273946e.jpg
DSC01326_R_20180715222740fb3.jpg
DSC01332_R_20180715222741688.jpg
DSC01338_R_20180715222742f69.jpg
DSC01350_R_20180715222744a32.jpg
DSC01367_R_201807152227462f1.jpg
DSC01371_R_2018071522274777e.jpg
DSC01372_R_20180715222748a40.jpg
フィナーレの連弾
DSC01384_R_20180715225240017.jpg
そして静寂
DSC01394_R_20180715225241339.jpg
2000終了
DSC01395_R_20180715225242330.jpg
横浜スパークリングトワイライト2018 終了

横浜スパークリングトワイライト 2017

公私共に忙しすぎて、記事が書けないので、帰りがけに観た花火で時間を稼ぐ事にする

DSC07340_R_20170716221525ed4.jpg
DSC07346_R_20170716221527b9e.jpg
DSC07355_R_201707162215288de.jpg
DSC07359_R_201707162215294f6.jpg
DSC07370_R_20170716221531c6b.jpg
DSC07390_R_201707162215341c7.jpg
DSC07399_R_201707162227277df.jpg
DSC07401_R_201707162227290e8.jpg
DSC07402_R_20170716222730d84.jpg
DSC07405_R_20170716222731cc7.jpg
DSC07415_R_2017071622273339b.jpg
DSC07418_R_20170716222735202.jpg
DSC07419_R_20170716222736c06.jpg
DSC07421_R_20170716223038dba.jpg
DSC07426_R_201707162230391ed.jpg
DSC07427_R_20170716223040616.jpg
DSC07428_R_201707162230428ca.jpg
DSC07430_R_20170716223043e43.jpg
DSC07437_R_201707162230455fa.jpg
DSC07441_R_201707162230466db.jpg
DSC07445_R_2017071622304896a.jpg
DSC07473_R.jpg
DSC07476_R_201707162234574c3.jpg
DSC07477_R_201707162234588c8.jpg
DSC07480_R_201707162234594fe.jpg
DSC07484_R_201707162235010ec.jpg
DSC07495_R_20170716223504695.jpg

横浜開港祭2017

第36回横浜海港祭が6/2.3で行われた。
運良く?日曜出勤の代休で休みになった土曜日に行く事が出来た
ステージが拡散し、臨港パークまで広がってしまったので、徒歩の人は大変になってしまった。
実際、忙しさの中に忘れていたイベントだったのだが、土壇場で思い出した。

DSC05181_R_2017061117465898b.jpg
仕事が終わった帰り道、気になる物が見えた
DSC05180_R_20170611174703acf.jpg
護衛艦や!忘れとった、開港祭やんか今日は!
DSC05187_R_20170611174700abc.jpg
翌日1100まで一般公開している護衛艦を観にのんびりと大桟橋に出かけた
DSC05189_R_20170611174702616.jpg
ところが受付は1015迄で終了、現在1020だった。
DSC05188_R_20170611174701496.jpg
「護衛艦たかなみ」の午前の部に乗り損ねた、リサーチ不足やな~
DSC05195_R_201706111759063a5.jpg
仕方が無いので外観を見て回る
DSC05196_R_20170611175908dfe.jpg
船はおしり!
DSC05197_R_20170611175908941.jpg
パック3の発射機、あまり上から見る機会は無い
DSC05199_R_20170611175910305.jpg
煙突越しに見る氷川丸
DSC05239_R_201706111807101e7.jpg
時間つぶしにぞうのはなパークをうろついていたら
DSC05240_R_201706111807118b4.jpg
なんかやっとる!
DSC05244_R_20170611180714d30.jpg
マリーンシャトルが放水している!
DSC05242_R_20170611180712e73.jpg
そんな訳も無く、官公庁イベントの放水テストだった
DSC05241_R_20170611181211456.jpg
前は1200から山下公園だったなと思い出し、それを観る事にした
DSC05247_R_20170611181213df7.jpg
閑散とした山下公園で屋台焼きそばを食べながら、異変に気付いた、人が居無すぎる
DSC05248_R_20170611181214c2a.jpg
スマホチェックすると、会場は臨港パークだと!真逆じゃないか!しかも後5分で開始だと!
DSC05249_R_20170611181215737.jpg
慌てて山下公園から臨港パークへと移動するはめになった
DSC05250_R_20170611182006e4e.jpg
始まってしまったようだ、ダッシュで走る!
DSC05252_R_20170611182007fe3.jpg
何とか間に合った、救助訓練の始まった所だ
DSC05254_R_20170611182008f79.jpg
船舶から人を救助する訓練だろう
DSC05258_R_20170611182009b2f.jpg
要救助者を抱き上げ、ヘリに吊り上げた
DSC05264_R_201706122253310f4.jpg
収容完了!手を振りながら去って行く
DSC05268_R_20170612225332908.jpg
赤の消防(よこはま)と白の海保(ひりゅう)が並ぶ
DSC05270_R_20170612225333a78.jpg
放水開始!
DSC05273_R_2017061222533511b.jpg
5分程度の放水だが、見ていて楽しかった
DSC05275_R_20170612234252cad.jpg
DSC05276_R_2017061223425481b.jpg
官公庁の小型船舶がパレードをするDSC05292_R_201706122342562b5.jpg
DSC05290_R_201706122342546da.jpg
派手さは無く、あまり普段は気にされない船達だ
DSC05295_R_20170613190312027.jpg
赤レンガを抜けて、大桟橋に向う
DSC05297_R_20170613190314f41.jpg
再び大桟橋の護衛艦一般公開に来た
DSC05299_R_2017061319031594a.jpg
今度は時間前にちゃんと来た
DSC05302_R_20170613190316734.jpg
誘導も何も無かったが、テラスに出たら既に列が出来ていた
DSC05304_R_201706131903184d7.jpg
横浜港内は、小さな船が引っ切り無しに出入りしている、そんなのを見ながら待つ
DSC05305_R_201706131903196a8.jpg
時間を過ぎると、列が動き出す。かなり前に並んでいるようだ
DSC05314_R_201706132214156c5.jpg
金属探知機と、手荷物検査を受ける
DSC05316_R_2017061322141846b.jpg
やっと艦のそばに来た
DSC05315_R_20170613221417179.jpg
水面の照り返しがきれいだ
DSC05319_R.jpg
ネームプレート
DSC05321_R_20170613221422ffb.jpg
やっと乗艦出来る
DSC05325_R_20170613221423749.jpg
救命浮輪
DSC05328_R_2017061323075451f.jpg
2階がスタート地点、後ろはスゴイ並んでいる
DSC05331_R_201706132307567a4.jpg
127mm砲弾
DSC05336_R_20170613230757b31.jpg
127mm速射砲
DSC05341_R_201706132307587f6.jpg
青空が良く映える
DSC05345_R_20170613232435c5f.jpg
20mmSIWSとVLS(垂直発射機)
DSC05353_R.jpg
90式対艦ミサイル発射機DSC05358_R_20170613232437264.jpg
艦後部に回ってきた
DSC05378_R_201706132324383b0.jpg
日章旗がはためく
DSC05371_R_20170613233347984.jpg
グッズ販売や
DSC05372_R_20170613233348c4d.jpg
ドリンクなども格納庫で販売している、夏場は助かったりする
DSC05380_R_20170613233350b4b.jpg
艦を下りると、陸自車両の展示がある
DSC05383_R_20170613233352679.jpg
DSC05388_R_20170613233353648.jpg
ハーフトラック
DSC05389_R_20170613233354f59.jpg
DSC05390_R_20170613233355e72.jpg
3.5Tトラック
DSC05396_R_201706132341085ba.jpg
DSC05392_R_20170613234106090.jpg
空自にパック3
DSC05398_R_2017061323410872b.jpg
旗越しに見るベイブリッジ
DSC05400_R_2017061323411029f.jpg
艦内見学は出来なかったが、こんな物だろう
DSC05402_R_20170613234111d88.jpg
大桟橋内では、自衛隊太鼓や音楽隊の演奏もやっていた
DSC05403_R_20170613234113f06.jpg
工科学校の生徒達
DSC05404_R_20170613234114cfe.jpg
艦船見学最後尾はこんな所まで来ていた、見るもの見たし、撤収する。