本日の予告

ただ今、yakumoさん練馬の自衛隊基地祭で鋭意取材中です
本日中にはこのブログで基地祭の様子を報告予定だそうです
みなさまお楽しみになさってくださいませ!
sanaでした(^-^)
スポンサーサイト

日米親善よこすかスプリングフェスタ 2016

神戸記事の途中だが、季節ネタなので上げておく、でないとお蔵入り確実だからだ・・・
インフォメーション
日本でありながらそこはアメリカという非日常的な体験のできる米海軍横須賀基地で、スプリングフェスタが開催されます。
普段は入ることができない基地ですが、イベント当日は、アメリカン屋台、ステージイベントなど、各種プログラムをお楽しみ頂けます。
アメリカの雰囲気を味わえる横須賀ならではのイベントに、是非お越しください。
2016年3月20日(日)
9:00~16:00(入場は15:00まで)
近年は入退場は三笠公園内ゲート のみで行われる、開放地区が桜並木周辺のみなせいだ

内容
•アメリカン屋台
•ステージイベント
•艦船見学 9時~15時(見学受付は13時頃まで) 
•第7艦隊音楽隊などによるパフォーマンス
DSC03210_R_20160321093322160.jpg
1400頃、三笠ゲートに到着する(この時間帯なら並ばずに入れる)
DSC03211_R_201603210933249ea.jpg
早朝だと、開場1時間前にはカラーコーン一杯に長蛇の列が出来上がっているのだ
DSC03213_R_20160321093326bfa.jpg
日米親善なので、他国籍の人は身分証提示を求められる
DSC03214_R_20160321093328d54.jpg
日米人も持ち物検査だけは受ける(金属探知機あり)
DSC03217_R_20160321093328803.jpg
昔は桜まつりとも言っていたが、桜なんか何も咲いていない(元々は桜並木を見せる為の開放だった)
DSC03218_R_20160321095255256.jpg
DSC03223_R_20160321095258ae5.jpg
日本人は外人さんと写真を撮りたがる(断ることはまず無いので、頼んで見よう)
DSC03219_R_2016032109525638e.jpg
場内図
DSC03227_R_20160321095300487.jpg
最初の屋台コーナーを見る
DSC03224_R_20160321100006384.jpg
ハンバーガーの具を焼いている
DSC03225_R_201603211000078ea.jpg
こっちは焼き上がり、倍ぐらいありそうだ
DSC03228_R_201603211000097a3.jpg
丸焼き肉
DSC03229_R_20160321100011d54.jpg
大賑わいの屋台、混んでるので先に行く
DSC03233_R_2016032110065170e.jpg
米軍はしご車、なんかカッコイイ
DSC03234_R_20160321100652c3b.jpg
レトロ感があるのが、またいいのだ
DSC03236_R_201603211006548a5.jpg
向こうには艦船見学しか行けない(白い壁は旧日本海軍時代の物)
DSC03237_R_20160321100656c83.jpg
パトロール用カート
DSC03239_R_20160321100657250.jpg
メインの桜並木を歩く
DSC03240_R_201603211020105b6.jpg
そこら中から肉を焼く匂いがしてくる
DSC03241_R_2016032110201123c.jpg
次のフードコート
DSC03242_R_2016032110201353c.jpg
値段は良いほうだろう
DSC03243_R_20160321102015ce0.jpg
自衛隊基地際と違って、家族出店らしき物が結構ある
DSC03245_R_20160321102016d88.jpg
G2(ゲータレード)、デカクてカラフル
DSC03246_R_2016032110334966e.jpg
外人さんはサングラスが似合う
DSC03248_R_20160321103350485.jpg
食べ物が有る店は、どこも混んでいた
DSC03250_R_20160321103352f1d.jpg
並ぶの嫌なので次に行く
DSC03254_R_20160321103354187.jpg
フェスティバル会場に来た
DSC03255_R_20160321103355318.jpg
外人さんのバンド演奏は迫力がある
DSC03252_R_20160321103944823.jpg
ここでも食べ物屋さんは混雑
DSC03258_R_201603211039469ac.jpg
ここまで来て、初めての日本版案内
DSC03256_R_201603211050154a8.jpg
やっぱり間に合わなかった・・・
DSC03260_R_2016032110501679e.jpg
映画館
DSC03261_R_2016032110501771d.jpg
奥の方にある、お土産的な屋台は空いていた
DSC03262_R_201603211050195cc.jpg
厳つい車って、アメリカっぽくて良い
DSC03264_R_201603211057288ba.jpg
郵便局、ちょっとだけ見れる
DSC03266_R_20160321105730a88.jpg
私書箱になっているようだ
DSC03267_R_20160321105732b90.jpg
変なの届いていませんか?
DSC03269_R_2016032110573307e.jpg
モニュメントなのか、錨がある
DSC03270_R_201603211107129a4.jpg
ちょっと行って見る
DSC03272_R_201603211107136bf.jpg
一つだけあるベンチが、隠れ家みたいでいい感じ
DSC03273_R_201603211107157ae.jpg
何か書いてあるが、英語は読めない
DSC03274_R_2016032111071781f.jpg
こんなバギーがあったら、戦跡探しも楽かな?
DSC03275_R_20160321121005691.jpg
英語の看板がいっぱい有る
DSC03277_R_201603211210068c0.jpg
ぬこがいた
DSC03278_R_20160321121007066.jpg
寄って見た
DSC03279_R_20160321121010e5a.jpg
かわいいあくびをしていた
DSC03281_R_201603211219306c7.jpg
なんか古いコンクリート構造物がある
DSC03285_R_2016032112193268c.jpg
埋没しているのだろうか?旧軍遺構か?
DSC03287_R_20160321121932fef.jpg
ビーチバレーのコート
DSC03289_R_20160321121934d76.jpg
海岸沿いには、東屋が多数設置されている
DSC03290_R_20160321121935940.jpg
アメリカらしく、バーベキューグリル付き
DSC03295_R_20160321124115402.jpg
自販機は意外に日本円(安くない)
DSC03296_R_2016032112411642e.jpg
フットボール場を突っ切って戻る
DSC03299_R_20160321124118c78.jpg
ちっさな星条旗がはためいていた
DSC03300_R_2016032112411875b.jpg
腹が減ったのでフードコートに帰ってきたが、この有様だ
DSC03301_R_201603211241215a9.jpg
豪快な肉が焼けて行く
DSC03302_R_201603211248368f9.jpg
ベース名物のピザ屋さん
DSC03259_R_20160321124835b6c.jpg
しかし、これを買うにはこの長蛇の列を、1時間は並ばなければならない
DSC03303_R_20160321124838bdd.jpg
ボーリング場
DSC03304_R_20160321124840564.jpg
いたって普通のボーリング場である
DSC03306_R_20160321124840fc6.jpg
なんか書いてあるが英語は読めない
DSC03305_R_201603211254044c1.jpg
誰もいないので見てみる
DSC03307_R_20160321125406f94.jpg
スロットしかなかった
DSC03308_R_201603211254079d3.jpg
なぜ五月人形?まだ3月やし
DSC03309_R_20160321125409fa1.jpg
新聞の自販機、ドル売り
DSC03312_R_20160321130220eba.jpg
午前中に地下壕を回り、朝飯以来何も飲み食いせずに午後4時になる、流石に腹が減った
DSC03311_R_20160321130218a51.jpg
空いてる所に並んだが、高い!400円?
DSC03314_R_201603211302245e8.jpg
仕方なくドックのみ購入、9時間ぶりの飲食物
DSC03313_R_20160321130222f9f.jpg
ビックサイズのケチャップ、マスタードを自分でかける
DSC03315_R_20160321130224c75.jpg
通りすがりのシグ、変ったホルスターだ
DSC03238_R_20160321131412b7e.jpg
基地内のマクドナルド
DSC03316_R_20160321131413089.jpg
スゴイセットメニューだ
DSC03317_R_20160321131414096.jpg
ウオークスルー完備
DSC03319_R_20160321131415efe.jpg
さて、帰るとしよう
DSC03320_R_2016032113141683a.jpg
春は軍事色が薄いので物足りない、せめて装甲車とかでも展示して欲しいな~

午前中は横須賀某所にある、桜花生産工場に潜って来た
戦争遺跡調査研究軍 祐実総軍の、祐実総軍三等兵様から紹介してもらったネタである

DSC02895_R_201603222251566a5.jpg
壕内の8割は水没だった
DSC02946_R_20160322225158113.jpg
非常に広い地下工場、中途半端な装備では元に戻れなくなるかも知れない
DSC03053_R_20160322225200ec5.jpg
壁に空く穴、その先は・・・・
DSC03077_R_20160322225201532.jpg
水に沈むトロッコの軌条
DSC03010_R_201603222302228c3.jpg
水中の謎の書物
DSC03038_R_20160322230224715.jpg
片足が浮いている
DSC03081_R_20160322230225d17.jpg
なんでこんな所に小銃の弾倉が!
DSC03115_R_20160322230227517.jpg
腰を越える水深、締め付ける水圧
DSC03123_R_201603222302292c8.jpg
クランクに次ぐクランク

ざっと一回りするだけで、1時間半もかかった物件、バッテリーも3セット消費した
水没壕の好きな人にはお勧めの地下壕だ、紹介物件が多すぎていつ紹介できるか解らないので
さわりだけ紹介しておく事にした、 いつ日の目を見れるのかな・・・
去年の夏ぐらいから溜まりっぱなしだな~やりたい事一杯やし!

横浜防災フェア2015 その2

横浜防災フェア2015の地上展示を見て行くと共に、久しぶりに大桟橋まで散歩してきた
一応今回の目的の、自衛隊ブースを見る為だ!
DSC08294_R_20150822201154705.jpg
イベントが終わったので、駐輪場に寄ってから赤レンガに移動する
DSC08296_R_20150822201156808.jpg
赤レンガパーク
DSC08299_R_201508222011571e3.jpg
2号館
DSC08301_R_20150822201159eb5.jpg
露店が並び、賑わっている
DSC08308_R_20150822201200e62.jpg
ここに展示車両が並んでいる
DSC08302_R_201508222043068af.jpg
DSC08303_R_20150822204307adc.jpg
DSC08304_R_201508222043089ac.jpg
DSC08332_R_201508222043515ba.jpg
DSC08307_R_20150822204310c35.jpg
DSC08310_R_20150822204552bab.jpg
DSC08311_R_20150822204553d85.jpg
消防関係は良くわからない
DSC08331_R_20150822204557f8f.jpg
DSC08330_R_20150822204555066.jpg
なぜか、アメリカの消防車
DSC08305_R_201508222045504be.jpg
観光ちゃり、これで案内してくれる
DSC08312_R_201508222050094e2.jpg
いよいよ自衛隊ブース
DSC08313_R_20150822205011c6f.jpg
DSC08314_R_2015082220501292f.jpg
高機動車
DSC08317_R_20150822205014769.jpg
ちびっ子試着コーナー
DSC08318_R_201508222053047a1.jpg
写真展示もある
DSC08320_R_201508222053076a2.jpg
DSC08319_R_20150822205306b7d.jpg
偵察用オートバイKLX
DSC08322_R_201508222053088e2.jpg
DSC08323_R_20150822205309e37.jpg
戦闘糧食Ⅰ型、赤飯は復活したそうだ
DSC08324_R_201508222103199dd.jpg
戦闘糧食Ⅱ型さんまピリカラ煮、めちゃくちゃ美味い!
DSC08327_R_20150822210321bd8.jpg
DSC08326_R_20150822210320ba5.jpg
なぜか昔の名前で出ています
DSC08333_R_20150822210323e70.jpg
メインストリートに向う
DSC08345_R_201508222116421ea.jpg
災害職グランプリなんてのもやっていた、幾つか覗いていく
DSC08334_R_2015082221164001d.jpg
最近はお湯でなく、水でもOKな物も出てきてる
DSC08335_R_20150822211641f42.jpg
レトルトがやっぱり定番だね、そのまま温めずって奴もある
DSC08346_R_2015082221164439a.jpg
加熱剤付き珈琲
DSC08347_R_20150822211645404.jpg
災害時は暖かいが一番
DSC08351_R_20150822214349ab2.jpg
これから先は横浜デートコースって感じで歩いて行く
DSC08357_R_2015082221435053a.jpg
この辺はカフェになっている
DSC08364_R_20150822214351cf2.jpg
夏の日差しがキツイ
DSC08366_R_20150822214353d66.jpg
でも、レンガに映えていい感じでもある
DSC08372_R_201508222157071fb.jpg
夏の日差しと椰子の木がマッチしている
DSC08375_R_201508222157082d4.jpg
見上げると、風船が一つ彩りを添えてくれている
DSC08376_R_20150822215710f25.jpg
おっと、はまにゃん発見!
DSC08381_R_2015082222011864a.jpg
赤レンガを離れる
DSC08380_R_20150822220118305.jpg
鉄橋の遊歩道を歩く
DSC08382_R_20150822220120643.jpg
引込線の後だが、女の子がヒールで歩いても大丈夫な、バリアフリー
DSC08383_R_20150822220121b1d.jpg
像の鼻は今日は入れない
DSC08385_R_20150822220122334.jpg
大桟橋に向う
DSC08387_R_20150822221114ca4.jpg
大桟橋到着、ほぼ全面ウッドデッキ
DSC08389_R_20150822221115010.jpg
対岸に赤レンガが見える、眺めは良い
DSC08390_R_201508222211179aa.jpg
更に先端まで歩いて行く
DSC08392_R_20150822221118783.jpg
下を見ると、かもめが泳いどる
DSC08393_R_20150822222256087.jpg
人気の少ないウッドデッキ、誰かと歩くにはうってつけだ
DSC08401_R_20150822222258d87.jpg
先端まで来ると、赤レンガが正面になる、思いっきり逆光なのが残念
DSC08403_R_2015082222225953e.jpg
この船はクルージングディナーも出切る、お食事のクルーズもいい物だ
DSC08404_R_201508222223009cc.jpg
帆船も珍しく走っていた
DSC08406_R_20150822223104f2e.jpg
氷川丸、山下公園まで歩いてもいいが、今日の日差しはきつすぎる、お肌に悪い
DSC08408_R_20150822223105027.jpg
神戸などにはこんな町並みや居留区などが残っているそうだ、聞いていると行きたくなるな
DSC08409_R_20150822223106b17.jpg
これ以上外にいると、日焼けをしてしまう
DSC08410_R_201508222231084b4.jpg
早く帰ってシャワーでも浴びようと、部屋に帰る事にした
DSC_0221_R.jpg
夜の赤レンガにまた来た
DSC_0219_R.jpg
昼間とはまた違う、味わいをかもしだす
1441539013347_R_20150906205900557.jpg
夜の赤レンガの一コマ、楽しげなカップルがいた
1441538976861_R.jpg
夜の帳が降りる頃、二人の影が一つとなる

横浜防災フェア2015 その1

地本のイベント欄を見ていたら、横浜防災フェア2015に自衛隊ブースがあると言うので見に行った
実際にはとても小規模なので、カテゴリー的にはその他にしておいた
8月22.23の二日間やっているので、近くの人は明日行って見るのもいいだろう
DSC08175_R_201508221748584d0.jpg
赤レンガの駐輪場にバイクを停める
DSC08176_R_20150822174129170.jpg
太平洋戦争を乗り越えた50Tクレーン(今でも動態保存中)
DSC08180_R_20150822174131f47.jpg
海保の防災基地方向に行く
DSC08181_R_20150822174132a4a.jpg
会場は防災基地右側の海面及び、赤レンガ倉庫
DSC08184_R_201508221741344d6.jpg
碧く澄み渡った、撮影日和となった
DSC08185_R.jpg
撮影ポイントはまだガラガラだった
DSC08187_R.jpg
ヘリがスタンバイしている
DSC08188_R_20150822180008a13.jpg
海保の「いず」、23日は一般公開される
DSC08189_R_201508221800096a3.jpg
その後ろにいる「ひりゅう」、今回のメインでもある
DSC08191_R.jpg
ローカルTVも来ている
DSC08186_R_2015082218110289f.jpg
海保の「のげかぜ」
DSC08192_R_2015082218110313b.jpg
人が落ちた!
DSC08196_R_2015082218110433c.jpg
沖の方でももう一人落ちている
DSC08197_R_20150822181106802.jpg
「ロイヤル、ウイング」は無視して去って行く
DSC08198_R_20150822181107e86.jpg
「いず」の内火艇が出動する
DSC08200_R_20150822182157c83.jpg
まずは沖にいる方に一人隊員を向わせる
DSC08201_R_2015082218215919e.jpg
救難ヘリも近ずいて来る
DSC08203_R_20150822182200380.jpg
一人目をヘリに託し、もう一人へと向う
DSC08205_R_20150822182201dcc.jpg
ヘリがマーカーに近ずいてきはる
DSC08207_R_201508221822033af.jpg
落ちた人間を見つけるのは、実際には困難である
DSC08208_R_20150822183547dd3.jpg
猛烈なダウンウオッシュ
DSC08209_R_20150822183549aae.jpg
一方、手前の要救助者は確保された所だ
DSC08210_R_20150822183551851.jpg
レスキュー隊員に掴まった
DSC08214_R_2015082218355204a.jpg
ヘリからクモの糸がたらされる
DSC08215_R.jpg
猛烈な風圧に耐えて、クモの糸を掴む
DSC08216_R_20150822184035d9d.jpg
ヘリからも一人落ちて行く
DSC08217_R_20150822184037c9a.jpg
ミノムシ
DSC08220_R_20150822184038697.jpg
着水!
DSC08224_R_201508221855452bc.jpg
救助完了
DSC08230_R_201508221855451f7.jpg
ヘリが離脱していく



DSC08222_R_20150822185542cf0.jpg
沖に停泊していた2隻
DSC08234_R_201508221855469a4.jpg
「ひりゅう」
DSC08235_R_201508221855483ec.jpg
「よこはま」
DSC08238_R_20150822190151045.jpg
「よこはま」が止まる
DSC08239_R_201508221901535c0.jpg
なんか出た!
DSC08240_R_201508221901549b6.jpg
「ひりゅう」も発砲!
DSC08241_R_201508221901553a7.jpg
6本の砲身を振りかざす「よこはま」
DSC08242_R_201508221901571dc.jpg
2隻の競演(近年はカラー放水を殆んどしないのが残念)
DSC08243_R_20150822190648a5b.jpg
しばし見とれる
DSC08244_R_20150822190649d9d.jpg
そして、実質2~3分で放水が終わる



DSC08245_R_20150822190650030.jpg
後方からヘリが飛んでくる
DSC08247_R_20150822190651d15.jpg
軽くホバリング
DSC08249_R_201508221906533cb.jpg
手を振って去って行く(救助した人、まだ乗ってたりして)
DSC08251_R_201508221912351fc.jpg
ヘリが去ると、各船がフィナーレを飾る
DSC08252_R_20150822191237e11.jpg
「いず」の内火艇DSC08253_R_20150822191238dd3.jpg
後ろの人は救助された人、また落ちませんように!
DSC08255_R_20150822191239e87.jpg
静かに「ひりゅう」が近寄ってくる
DSC08258_R_20150822191241162.jpg
艦橋脇で手を振っている
DSC08261_R_20150822191939906.jpg
「ひりゅう」の後ろから「よこはま」がやってくる
DSC08263_R_20150822191941617.jpg
六門の砲身が勇ましい(ちなみに海保ではなく、横浜消防の船)
DSC08265_R_20150822191942c50.jpg
人物がいると、消防砲のでかさが判る
DSC08269_R_20150822191943957.jpg
「よこはま」の後から、もう1艘
DSC08270_R_20150822191945f26.jpg
「のげかぜ」
DSC08271_R_20150822193200d61.jpg
二人も落としたので、人が少ないようだ



DSC08273_R_20150822193201458.jpg
急速回頭の後
DSC08274_R_20150822193202442.jpg
ちょっとだけ放水!



DSC08275_R_201508221932043a7.jpg
全ての演目が終わった
DSC08279_R_20150822193826ae0.jpg
「いず」の内火艇が帰ってきた
DSC08281_R_20150822193827c30.jpg
珍しい、収容風景を連続写真で
DSC08282_R_201508221938289eb.jpg
DSC08283_R_20150822193830fa9.jpg
DSC08286_R_201508221938314ba.jpg
DSC08288_R_20150822194130767.jpg
DSC08290_R_20150822194131ecd.jpg
DSC08292_R_20150822194132ce3.jpg
DSC08293_R_20150822194134538.jpg
DSC08395_R_2015082219413551f.jpg
こんな感じで収容します

ちょっと貼りすぎたので、2分割にします

靜岡縣護國神社 (遺品館)

静岡県静岡市葵区にある神社で、神紋は「丸に桜」である。
明治維新から大東亜戦争(太平洋戦争)に至る静岡県出身の英霊7万6千余柱を祀る。
社務所の二階は遺品館になっており、戦没者の遺品約4千点が展示されている。
DSC05462_R_20150725211724b3f.jpg
清水港から程近い、靜岡縣護國神社にやってきた
DSC05463_R_20150725211726f8c.jpg
駐車場案内がないので、適当に停める
DSC05464_R_201507252117264a2.jpg
とりあえず中に入っていく
DSC05465_R_2015072521172844f.jpg
平和の道標
DSC05466_R_201507252117308de.jpg
ちょうど30年前の奉納のようだ
DSC05470_R_20150725213336c1c.jpg
ここにはいろんな所から、慰霊碑が集まって来ているようだ
DSC05472_R_20150725213338150.jpg
内匠部隊之碑
DSC05474_R_20150725213339b05.jpg
DSC05475_R_201507252133409fb.jpg
満州からグアムに渡った部隊のようだ
DSC05477_R_201507252140272a3.jpg
いっぱいあるので、貼るだけにする
DSC05479_R_20150725214029885.jpg
DSC05480_R_201507252140315e2.jpg
DSC05481_R_2015072521403262a.jpg
DSC05483_R_20150725214251315.jpg
DSC05484_R_20150725214252a1f.jpg
DSC05487_R_201507252142545f7.jpg
DSC05490_R_20150725214255aa8.jpg
満州開拓団
DSC05492_R_20150725214257dfe.jpg
本殿に向う
DSC05493_R_20150725214756811.jpg
一応本殿に寄ってみる
DSC05495_R_201507252147574a6.jpg
経費スゴイ
DSC05496_R_20150725214758271.jpg
お賽銭入れて、本殿を去る
DSC05497_R_20150725214800df4.jpg
本殿右手にある柵に連隊及び部隊単位の名が刻まれている
DSC05498_R_2015072521480248b.jpg
この柵がずっと続いている
DSC05502_R_2015072521594253e.jpg
海軍十三期飛行予備学生
DSC05504_R_201507252159440c8.jpg
第三師団第三野戦病院
DSC05505_R_20150725215945f30.jpg
いろいろあるが、切りが無さそうだ、この部隊は後で殉国碑を紹介する
DSC05506_R_20150725215946742.jpg
柵沿いに歩くと、社務所に到着
DSC05508_R_201507252159481b7.jpg
この2階に遺品館がある
DSC05509_R_2015072722222071f.jpg
玄関を入るとすぐに二階への階段がある
DSC05511_R_201507272222227a0.jpg
信陽城
DSC05512_R_20150727222223c2d.jpg
東郷平八郎元師の書
DSC05513_R_201507272222243f1.jpg
昭和天皇の伊豆スカイライン視察時の机椅子
DSC05514_R_20150727222226fd3.jpg
写真パネルは結構ある、カラーなのに驚いた
DSC05515_R_201507272305412fb.jpg
自分が見たかったのはここ
DSC05517_R_20150727230544731.jpg
ほんの僅かな武器展示コーナー
DSC05516_R_201507272305434c9.jpg
迫撃砲は日本軍にもあるが、ニーモーターの方が良く知られる
DSC05518_R_20150727230545996.jpg
DSC05519_R_20150727230547d21.jpg
錆びているが、比較的状態のいい重機だろう
DSC05522_R_201507272320429ee.jpg
DSC05523_R_20150727232044606.jpg
自分の持ってるのは、もっと状態が悪いので、取り替えてくれないだろうか?
DSC05526_R_20150727232045094.jpg
DSC05527_R.jpg
航空機の車輪、日本タイヤ(株)製品
DSC05533_R.jpg
雑多に足元に色々置いてある
DSC05534_R_2015072822192403c.jpg
こんなのとか
DSC05537_R_201507282219258e7.jpg
DSC05538_R_20150728221926c59.jpg
基本的に、その頃はお亡くなりになってるはずでは?
DSC05543_R_20150728223605fc8.jpg
今回文庫には寄っていない
DSC05544_R_20150728223607f8b.jpg
遺品館内部、撮影は特に禁止されていない
DSC05545_R_20150728223608122.jpg
もう一つ見たかったのが、これ「震洋」の模型
DSC05546_R_20150728223610119.jpg
説明文
DSC05547_R_20150728223611379.jpg
わりと細かく造ってるようだ(実物とは異なるが)
DSC05549_R_20150729001430323.jpg
遺品コーナーを見ていく
DSC05550_R_20150729001432b9e.jpg
穴の開いたテッパチ
DSC05551_R_201507290014331c8.jpg
沖縄で土産として売ってるものが紛れてる(現代の20mm、7、62mm弾)
DSC05553_R_20150729001434266.jpg
地元でよく見るガスマスクの吸収菅
DSC05556_R.jpg
11年式軽機関銃
DSC05557_R_20150729091757b38.jpg
八九式擲弾筒(ニーモーター)コレを鹵獲した米軍が、誤訳したままニー、膝立て姿勢で大腿部に当てて発射、大腿部粉砕なんて逸話も残っている、正しくは地面に尾部を突き刺して使う
DSC05558_R_20150729091758014.jpg
小銃弾、38式と99式が混在する、上の12,7mmは機銃掃射された際の物だろう
DSC05559_R.jpg
日本軍の火炎放射器
DSC05560_R_201507290918018c3.jpg
銃器類が雑多に陳列されている
DSC05561_R.jpg
20mmクラスの弾頭部
DSC05563_R.jpg
鉄鋼弾、曳光弾、炸裂弾を混ぜて使用する
DSC05564_R_20150729093801000.jpg
食器類
DSC05566_R_2015072909380275f.jpg
薬品類
DSC05567_R_20150729093804559.jpg
時計(方位磁石付き)
DSC05568_R_20150729093805794.jpg
弾除けなのだろう、じゃりせんを縫いこんだ物もある
DSC05569_R_2015072912040508e.jpg
定番の大和型、3千人以上乗るので、静岡県民も居たのだろう
DSC05571_R_2015072912040766b.jpg
最初は何の箱かと思っていたが、アコーデオンと書いてあった
DSC05575_R_2015072912040846d.jpg
海軍飛行予備学生の行李
DSC05576_R_201507291204101ce.jpg
試験菅の中には、サソリが入っていた
DSC05577_R_2015072912041178f.jpg
多くのカラー複製写真があると思っていたが、なんと手塗り着色だった
DSC05589_R_2015072912151462f.jpg
近くで見ると、でこぼこが見える、まさか手書きだとは、ある意味物凄い
DSC05582_R.jpg
4千点の展示物は見ごたえがあるが、全部は紹介出来ない
DSC05587_R_20150729121512af1.jpg
目立った物だけ抜粋して紹介してきた
DSC05578_R_20150729121508c45.jpg
最後の方のコーナー
DSC05579_R_201507291215107f1.jpg
ユニホームなんかもあった
DSC05594_R_20150729123320cd0.jpg
冷房の効いた遺品館を出ると、暑さがきつい
DSC05596_R_2015072912332195a.jpg
DSC05597_R_20150729123322f2d.jpg
伊藤豪大佐像
DSC05599_R_20150729123324579.jpg
見た目の古そうなこの建物
DSC05601_R_20150729123325b7d.jpg
静岡連隊の兵舎とある、移築かどうかは不明
DSC05604_R_20150729124000a69.jpg
この慰霊碑は看板が無いと見えない位置にある
DSC05605_R_20150729124001db9.jpg
思いっきり隠れている
DSC05602_R.jpg
恥ずかしがりやなのだろう
DSC05606_R_201507291240031d5.jpg
この掲揚台もきっと当時の物だろう、説明は無いが
DSC05607_R_20150729124526c29.jpg
駐車場近くにもう一つ隠れていた
DSC05609_R_201507291245290b5.jpg
殉国碑、泉五三一六部隊之碑
DSC05608_R_20150729124527e86.jpg
殉国碑の由来
DSC05610_R_20150729124530208.jpg
こんな物もあるようだ
DSC05611_R_20150729130103424.jpg
空母氏と別れ、記事を書きたいので早めの出発をした(もともとの目標はテルファーだったし)
DSC05612_R_20150729130104a54.jpg
雲間から富士山が顔を覗かせる
DSC05613_R_201507291301053a4.jpg
いつもの東名渋滞にどっぷりと浸かるが、今回は故あって非常に快適に意識を保ちつつ運転出来た
DSC05614_R_201507291301083ba.jpg
厚木辺りで、米軍のヘリが頭上を抜けて行った、もうすぐ渋滞も解消するだろう
DSC05617_R_20150729130108861.jpg
しかし、暑い!炎天下の一人運転4時間は、走り出したらノンストップな自分にとってやはりきつい
非常用のエネルギーバーをかじりつつ、ホットコーヒーと化した飲みかけコーヒーを、忘れていた昼食の代わりにして残りを耐えた