FC2ブログ

鎌倉市関谷狙撃陣地

001_R_20200505113623f83.jpg
コンクリート擁壁の斜面に穴があり、裏側に貫通していると、情報提供者R様より連絡をいただいた。
002_R_20200505113624585.jpg
確かに穴は確認出来るが、とても登れないので裏に回る
003_R_2020050511362756a.jpg
裏側も結構な斜度だが何とかなる、ふと見ると民家の裏側にも明らかに壕を塞いだであろう部分がある
さすがにビッチリ封鎖されているので、諦めるが結構大きい
004_R_2020050511362608f.jpg
8割ほど斜面を登ると、壕口らしきものが見える
005_R_20200505113629836.jpg
正面に立つと、まさにぶった切り状態の壕があった
006_R_20200505125606137.jpg
綺麗に掘られた入り口部分は祠の転用と思われる
007_R_202005051256084b3.jpg
内部は綺麗にくり貫かれた通路のみ
008_R_20200505125609eee.jpg
擁壁から顔を出すと下には県道に出るバイパス路が見える、この工事の為に銃眼、狙撃室は削り取られて無くなったのだろう。
009_R_202005051256108f9.jpg
残っているのは10m少々だけ
010_R_2020050512561286a.jpg
すぐそばにある祠、同様の形式をしている
011_R_2020050514203444a.jpg
山を少し歩き回る
012_R_20200505142036762.jpg
下の方に何か発見
013_R_2020050514203732a.jpg
似た形の壕口だ
014_R_20200505142038c01.jpg
コンクリートに塩ビパイプが伸びている
015_R_2020050514203961e.jpg
水の満ちた水槽になっている
016_R_2020050514204114a.jpg
右に分岐があるが、水が溜まっているって事は、大した長さでは無いだろう
017_R_20200505143814498.jpg
地表面まで降りて行くと、いくつかの地下壕群があるが小さい
018_R_202005051438168ff.jpg
足のしたにもなんか空間がある
019_R_20200505143817b46.jpg
この辺は祠とは違う
020_R_20200505143818743.jpg
部屋を要した倉庫のような物だろう
021_R_20200505143819c17.jpg
意外とそれなりの陣地だったのだろう
022_R_2020050514382158f.jpg
正面に爆風よけ
023_R_20200505143822f4b.jpg
右手に一部屋ある
024_R_20200505143824d70.jpg
何の貯蔵庫だったのだろう
025_R_2020050514382830c.jpg
埋まりかけの壕口
027_R_20200505143827a11.jpg
奥ゆきは無く、5mほどで終わっている

狙撃陣地では?との情報を頂いていたのだが、これほど多くの壕があるとは思わなかった
ここは以前紹介した玉縄地下壕(龍宝寺)とは指呼の間にある、関連施設と見てもいいのかも知れない。
1号線から玉縄地下壕との中間点にあり、玉縄地下壕の背後には大船がある
第1海軍燃料廠があることで有名だ。

いつも情報を下さるR様はこの近辺に精通し、独力で探索をしている。
自分は内陸部のこの地区には疎く、十分なギブアンドテイクが出来てはいないだろう
様々な情報提供者様に支えられて、このブログは成り立っています。
感謝と共に探索をさせてもらっています!
スポンサーサイト



鎌倉玉縄陣地

時間が余ったので、玉縄陣地壕に寄ってみた
DSC04732_R_20200114205822fd5.jpg
古民家の裏側に
DSC04736_R_20200114205824970.jpg
壕口が一つ有るが、前回見たのでパス
DSC04646_R_2020011420581853a.jpg
山に入って行く
DSC04645_R_202001142058173cc.jpg
尾根道を歩いていると、見落としてしまう壕口
DSC04647_R_20200114205820b2a.jpg
元はもっと大きな壕口だったのだろう
DSC04649_R_202001142058211d8.jpg
入ってしまえばそれなりに広い
DSC04648_R_2020011421074476c.jpg
正面に爆風避け、右に曲がる
DSC04650_R_20200114210745512.jpg
この壕は、とにかく曲がる
DSC04653_R_202001142107467fb.jpg
水没も多い
DSC04654_R_20200114210748c66.jpg
分岐も多い
DSC04655_R_20200114210749421.jpg
木材が散乱し、こけたら大変な事になる
DSC04656_R_20200114210751832.jpg
ここにいると、方向感覚が変になる
DSC04657_R_20200114210753c2b.jpg
道もうねる
DSC04659_R_20200114212208c9e.jpg
この通路の右に
DSC04660_R_20200114212210b25.jpg
1段30cm以上の大階段がある
DSC04661_R_20200114212211659.jpg
六浦の支廠を思う出すような段差だ
DSC04663_R_20200114212213acc.jpg
階段を上がると左へ
DSC04665_R_20200114212214165.jpg
そして右へとグルグル回る
DSC04669_R_20200114212217513.jpg
開口部だが、以前より埋没している、台風の影響か?
DSC04671_R_20200114212218a5f.jpg
潜れば何とか出入りできる
DSC04668_R_20200114212215d17.jpg
まだ、出る訳に行かないので、階段を降りる(降りる方が怖い)
DSC04672_R_20200114213315dfc.jpg
DSC04674_R_20200114213316b28.jpg
足元にある窪み
DSC04679_R_20200114213319c01.jpg
DSC04675_R_202001142133200a6.jpg
DSC04680_R_20200114213321fba.jpg
階段の成れの果て
DSC04681_R_20200114213321369.jpg
上にはしっかり段が残っている
DSC04682_R_2020011421332319c.jpg
しかしこの上は行き止まりなのを知っているから登らない
DSC04683_R_20200114213324370.jpg
何故か大量にボールが落ちている
DSC04686_R_202001142133263fd.jpg
先に進む
DSC04688_R_20200114230551663.jpg
DSC04689_R_20200114230553dbb.jpg
DSC04690_R_2020011423055412d.jpg
DSC04691_R_2020011423055597a.jpg
DSC04693_R_20200114230557417.jpg
左に下り分岐がある
DSC04694_R_20200114231551c57.jpg
DSC04695_R_202001142315529a4.jpg
DSC04696_R_202001142315533c7.jpg
サッカーボール
DSC04698_R_2020011423155451b.jpg
DSC04699_R_20200114231557edb.jpg
開口部、学校の裏手に出る
DSC04700_R_20200114231557163.jpg
分岐路
DSC04701_R_20200114231559de8.jpg
登っていく
DSC04702_R_20200114231601bb6.jpg
DSC04703_R_202001142316032a8.jpg
DSC04704_R_202001142316049aa.jpg
土嚢で埋められた壕口
DSC04705_R_20200114232421cf4.jpg
分岐のもう一方
DSC04706_R_202001142324230ec.jpg
学校のサッカーボール
DSC04707_R_20200114232423723.jpg
行き止まりで終了
DSC04708_R_20200114232425619.jpg
戻ろう
DSC04716_R_20200114232426022.jpg
階段を登って
DSC04721_R_20200114232429afa.jpg
木の根を潜って
DSC04722_R_20200114232430942.jpg
無事脱出
DSC04725_R_202001142324313cd.jpg
上から見た所。2m程の塹壕に壕口が隠されている
DSC04726_R_20200114232435a12.jpg
探索終了、撤収します。

綾瀬蓼川(たてかわ)地下壕

ゅんのすけ様からの情報提供を頂き、遅ればせながらの探索となった
すでに一ヶ月ぐらい経っていたのだが、中々こっちに来る事が出来なかった
情報を頂いたら、場所が特定出来るかぎり、必ず失礼の無い様に行く事にしている。
ちなみに壕口があるとの話だけで、本人は入っていないらしい
DSC04518_R_20200109211731f69.jpg
ピンポイントで場所は判っているが、周辺捜索は基本だ
DSC04519_R_20200109211732728.jpg
潰れた壕口らしき窪みと、やぐらばかりだった
DSC04522_R_20200109211734e01.jpg
早速ピンポイントの壕口に入る
DSC04524_R_20200109211734a8e.jpg
意外と人目に付く所なので、さっさと身を隠す
DSC04526_R_20200109211736705.jpg
入ると左に通路が延びている
DSC04528_R_20200109211737181.jpg
おや?古代人のお墓?引き返すしかない
DSC04523_R_20200109213038be4.jpg
むちゃくちゃ狭いが下に伸びる穴を発見、ちょっと広げる
DSC04529_R_202001092130398cb.jpg
行き止まりだったら嫌だなとか思いながら足から入ると、予想以上にしっかりした壕内だ
DSC04530_R_20200109213040d61.jpg
砂岩質の壁に何か刺さっている
DSC04535_R.jpg
そこらじゅうに有るが、向きが色々だ、電気の配線でも巻き付けていたのかと思った
DSC04532_R_202001092144201ce.jpg
綺麗な円形トンネルだ
DSC04534_R_20200109214421ca9.jpg
右手に登り傾斜がある
DSC04541_R_2020010921442294d.jpg
広い部屋がある
DSC04545_R_20200109214423fbb.jpg
開口部だったのだろうが、いろいろ投げ込まれて通行不能だ
DSC04533_R_202001092155154e6.jpg
通路に戻る
DSC04540_R_2020010921551610b.jpg
壁に窪みが有るが、棚にしては雑だ
DSC04546_R_20200109215517704.jpg
ズリが片側に寄せてあるようだ
DSC04547_R_202001092155185ec.jpg
DSC04548_R_20200109215520733.jpg
DSC04549_R_20200109215521f4d.jpg
灯り置きの窪みには、煤が着いている。
DSC04553_R_20200109215523089.jpg
少し下り加減になる所でおかしな所がある
DSC04554_R_20200109215524413.jpg
なぜかこの部分だけがわざわざクワの様な物で削った跡がある
DSC04557_R_20200109220831428.jpg
右に下りながら伸びている
DSC04558_R_20200109220833b2f.jpg
馬蹄形な通路は陸軍ぽいが、場所的には厚木空の敷地内のはずだ
DSC04559_R_2020010922083412d.jpg
長い通路だ、部屋も無いし蛇行もしない
DSC04561_R_2020010922083575f.jpg
まだ、掘削途中に見える場所
DSC04562_R_2020010922083651b.jpg
DSC04564_R_202001092208380ca.jpg
骨か?
DSC04565_R_20200109220839ed2.jpg
右に曲がる
DSC04568_R_20200110204909245.jpg
DSC04571_R_2020011020491133e.jpg
正面は瓦礫で埋められている
DSC04575_R_2020011020491295e.jpg
開口していた頃に投げ込まれた産廃だろう
分岐等が無い事を確認し、諦める
DSC04569_R_20200110204910b8d.jpg
灯り置きに置かれているこれは、やっぱりそうなのか!
DSC04577_R_202001102049149bc.jpg
引き返して分岐に向かう
DSC04579_R_202001102049155aa.jpg
完全な完成よりも、とりあえず使えるように掘削を一時放棄したのだろう
DSC04581_R_20200110204917f96.jpg
海軍らしく、直角に曲がる角が多い
DSC04582_R_2020011020491891e.jpg
ここは陸軍に似た、馬蹄型をしている
DSC04583_R_20200110204920ad1.jpg
突き当たりの壁に、フックが着いている
DSC04585_R_202001102104379b8.jpg
左に曲がると
DSC04586_R_20200110210439d8f.jpg
残念ながら外部から埋められている
DSC04587_R_20200110210439578.jpg
天井に刺さったコイル状のもの
DSC04590_R_202001102104419cd.jpg
そしてこれの正体は
DSC04591_R_202001102104429b9.jpg
恐らく当時物の蝋燭だ
DSC04594_R_20200110210443cbb.jpg
こんな物が残っている地下壕は初めてだ!
DSC04597_R_202001102104452f6.jpg
手直にあった3本を灯してみた、当時の雰囲気が伝わってくる
勿体無いので、早々に消して元通りにしておいた
DSC04598_R_20200110211911a4c.jpg
さて、戻ろう
DSC04601_R_202001102119135ff.jpg
メチャクチャ狭い唯一の出入り口
DSC04602_R_20200110211914b42.jpg
中から見た開口部を外部から探していく
DSC04604_R_20200110211915a9c.jpg
これは入り口そばの、2階に当たる開口部
DSC04605_R_202001102119189f0.jpg
土かぶりが落ちて、埋もれている物が殆どだ
DSC04607_R_202001102119184b0.jpg
これは瓦礫が突っ込まれた開口部
DSC04608_R_202001102119213e0.jpg
確認不可
DSC04609_R_2020011021192137b.jpg
古代人のお墓ももちろん多数ある
DSC04613_R_2020011023001554e.jpg
入れそうなものがある
DSC04615_R_20200110230017823.jpg
地下壕のようだ
DSC04618_R_20200110230019967.jpg
ゴミの詰まった部屋
DSC04621_R_20200110230020b42.jpg
銃眼を掘ろうとした跡か?
DSC04624_R_202001102300219d1.jpg
奥の部屋
DSC04626_R_20200110230022f13.jpg
蝋燭の付いていた針金か?
DSC04629_R_20200110230026696.jpg
木片が転がっている
DSC04630_R_20200110230026ecd.jpg
取っ手だ、木箱だったのだろう
DSC04631_R_202001102300287f2.jpg
ツルハシの跡が沢山ある、墳墓では無さそうだ
DSC04633_R_202001102300289eb.jpg
金属の何か?
DSC04636_R_202001102300311b3.jpg
戻ろう
DSC04638_R_20200110230031db0.jpg
天井に、ランプをかける様なフックがある
DSC04641_R_20200110231932362.jpg
さて、脱出する
DSC04642_R_20200110231933522.jpg
他にも斜抗があったが、ロープが無いとキツソウだ
DSC04644_R_202001102319340dc.jpg
帰りがけに見た厚木基地、ここの南端位置に当たるので、芹沢とは無関係のようだ

吾妻山洞窟砲台

DSC03472_R_20191230230119777.jpg
吾妻山公園の地獄階段を登る(歩幅の合わない階段はキツイ)
DSC03475_R_20191230230120c9f.jpg
現地到着
DSC03476_R_201912302301223bb.jpg
初見の空母氏が先に行く
DSC03477_R_201912302301238bd.jpg
全面コンクリートの砲室
DSC03478_R_20191230230124f71.jpg
先端部分の鉄骨
DSC03481_R_20191230230126151.jpg
天井の吊り下げ金具
DSC03484_R_20191230230129730.jpg
鉄筋が錆びて膨張し、コンクリートを剥がしてしまっているようだ
DSC03482_R_20191230230127962.jpg
すじ氏が揺れる梯子を渡る
DSC03485_R_20191231125551825.jpg
既に入った事のある待機組
DSC03486_R_20191231125552db8.jpg
奥の坑道に侵入する
DSC03489_R_20191231125554fc8.jpg
右に分岐がある
DSC03490_R_20191231125555ee0.jpg
弾薬庫と思われる
DSC03491_R_20191231125556b60.jpg
うねる坑道
DSC03492_R_20191231125557697.jpg
後10cm天井が高いと助かるのだが、当時の日本人はこんなものなのだろう
DSC03497_R_2019123112555949a.jpg
後方の出入り口は素掘りで支保工が立てられていた跡がある
DSC03500_R_20191231125602d3f.jpg
脱出
DSC03502_R_201912311358442bc.jpg
中腹まで降りて来たので、また山頂まで登る
DSC03508_R_20191231135845cd6.jpg
すでに太陽は没しようとしている
DSC03513_R_20191231135846799.jpg
うっすらと見える富士山、空母氏はこれからあそこまで帰るんだな
DSC03514_R_2019123113584837f.jpg
ナにやらマジメに写真を撮っている空母氏たまにはピーピング以外もいいだろう
DSC03515_R_20191231135849e2f.jpg
一時の戦士の休息
DSC03527_R_20191231135850479.jpg
本日最後の物件に向かう
DSC03528_R_20191231140859fcf.jpg
台風の影響で倒木が沢山あった
DSC03529_R_20191231140901b51.jpg
物件は無事だった
DSC03539_R_20191231140907f59.jpg
早速撮影に入る
DSC03535_R_20191231140902e5d.jpg
この砲室は素掘りでコンクリートを巻く前に終戦となったようだ、激しい水没で途中までしか入れない
DSC03537_R_20191231140904d7a.jpg
内部も未完成で、部屋も無い
DSC03538_R_201912311409045ac.jpg
最深部は堀り掛けにしては、妙に綺麗だ
DSC03544_R_201912311409080a3.jpg
探索終了、また山頂まで戻る
DSC03549_R_2019123114362808b.jpg
探索が終わってホッとする一同
DSC03551_R_20191231143631b61.jpg
菜の花って12月だっけ?
DSC03562_R_20191231143631ea5.jpg
夕焼けをぼけっと眺める
DSC03568_R_20191231143633583.jpg
ここは、撮り鉄スポットらしい
DSC03570_R_20191231143635c71.jpg
二等三角点、三角点ってなんで埋まっている物が多いのだろう?
DSC03574_R_20191231143636225.jpg
日が暮れる頃、それぞれ帰途に着いた、一人を除いて・・・


DSC03575_R_20191231151739f68.jpg
一人江ノ島に向かう奴が居た
DSC03579_R_201912311517417a5.jpg
本日3回目の山登り
DSC03582_R_20191231151741b86.jpg
目的は江ノ島シーキャンドル2019
DSC03589_R_2019123115174302a.jpg
DSC03604_R_20191231151745007.jpg
DSC03613_R_20191231151746586.jpg
DSC03620_R_20191231151747e06.jpg
DSC03623_R_2019123115175002b.jpg
DSC03627_R_201912311535337b1.jpg
DSC03645_R_20191231153535610.jpg
DSC03653_R_201912311535361e9.jpg
DSC03664_R_20191231153538423.jpg
DSC03673_R_20191231153539442.jpg
DSC03686_R_2019123115354025d.jpg
DSC03697_R_20191231153543f9b.jpg
DSC03729_R_2019123115354305f.jpg
DSC03733_R_201912311539235ad.jpg
DSC03697_R_20191231153543f9b.jpg
DSC03741_R_20191231153925c0e.jpg
DSC03745_R_20191231153926022.jpg
DSC03748_R_20191231153928162.jpg
DSC03767_R_20191231153929cc7.jpg
DSC03782_R_20191231153930e37.jpg
DSC03799_R_201912311539326b7.jpg
DSC03804_R_20191231153933fd7.jpg
DSC03813_R_20191231153935b37.jpg
DSC03826_R_20191231153936a48.jpg
DSC03841_R_20191231153938aee.jpg
DSC03847_R_2019123115393955a.jpg
DSC03857_R_20191231153941562.jpg
DSC03852_R_201912311554311c0.jpg
DSC03867_R_2019123115543238c.jpg
DSC03870_R_20191231155635d69.jpg
DSC03873_R_201912311556379a0.jpg
DSC03650_R_20191231160012364.jpg
ほぼ全島観て回ったので下山する
DSC03577_R_20191231160011d97.jpg
今度こそ本当に撤収する

大磯坑道陣地

DSC03291_R_20191222235100b66.jpg
大磯駅から程近い場所
DSC03293_R_20191222235102eb9.jpg
にゃんこの日向ぼっこ
DSC03297_R_20191222235103ce0.jpg
ナにやら非常に古そうなコンクリート建物がある
DSC03299_R_2019122223510434b.jpg
相当怪しいが、人の家の敷地内だ
DSC03301_R_20191222235105f09.jpg
線路沿いの鉄道標石(戦前の物だろう)
DSC03302_R_20191223111118dff.jpg
途中、面白いものを見た
DSC03304_R_20191223111119716.jpg
戦中の5トンアンカー
DSC03306_R_20191223111121393.jpg
アメリカ海兵隊のキャリアと船のハッチ
DSC03307_R_20191223111122ace.jpg
なんだろう、電源車だと思う
DSC03309_R_20191223111123e97.jpg
奥にも色々見えるが、挙動不審なので、やめておく
DSC03315_R_201912231049241de.jpg
なんと壕口は住宅地のど真ん中にある
DSC03316_R_20191223104023d02.jpg
立派なコンクリートの入り口、これはオリジナルだろう
DSC03322_R_201912231145303ca.jpg
入り口を入るとすぐに穴がある、ここの壁面はつい近代に改造されている
DSC03324_R_201912231146344ec.jpg
底は深く、清水溜めになっている、おそらく当時から穴自体はあったのだろう
DSC03327_R_20191223114532fc9.jpg
この壕は終始二五穴サイズで、水源としてあった物を改造したものと思われる
DSC03326_R_201912231145316ad.jpg
いきなり二股に分かれる
DSC03329_R_20191223114534c9b.jpg
とりあえず右に進む
DSC03331_R_201912231145369d2.jpg
うねうねと曲がった通路を20mほど行くと
DSC03333_R_2019122311453766f.jpg
大谷石で閉鎖されていた、外部出入り口だったのだろう、一応外部からも探したが、壁に埋め込まれた様で確認出来ない
DSC03325_R_201912231308123f1.jpg
引き返して左側に進む
DSC03343_R_20191223130817c35.jpg
ここだけ広く拡張されている
DSC03339_R_201912231308147df.jpg
横には木の扉が立ててある
DSC03341_R_20191223130816aa3.jpg
ここに扉を着けていたようだ
DSC03346_R_201912231308179e9.jpg
しかし雑なコンクリートの塗り方だ、瓦や岩盤まで混ぜてある
DSC03349_R_201912232211096df.jpg
部屋の先に5mも進むと
DSC03350_R_20191223221111cac.jpg
また、扉の跡が有る
DSC03353_R_20191223221121d43.jpg
ここには電気配線を通した跡がある、農業用の二五穴ではありえない
DSC03352_R_20191223221113a25.jpg
足元にも碍子が落ちている
DSC03354_R_201912232211155ff.jpg
1m程度だけ、コンクリート補強されている
DSC03356_R_201912232211196e4.jpg
今度は十字路になった
DSC03358_R_20191223234237020.jpg
コンクリートを打って、何かを埋め込んでいる
DSC03360_R_201912232342394dd.jpg
右に行く
DSC03362_R_2019122323423959d.jpg
右に分岐が見える
DSC03364_R_201912232342401a9.jpg
また右に行く
DSC03365_R_2019122323424205b.jpg
行き止まりだ
DSC03368_R_20191223234243034.jpg
戻って左に進むと、クランク状に曲がる
DSC03372_R_20191223234246039.jpg
うねりながら軽く登る
DSC03375_R_20191223234248c33.jpg
また右に分岐だ
DSC03376_R_20191223234248c62.jpg
DSC03377_R_201912232342504e7.jpg
コンクリートの上にレンガを乗せた様な、竈のような物で行き止まりになっている
DSC03379_R_2019122521423596e.jpg
戻ってもう一方へ
DSC03381_R_20191225214237921.jpg
分岐だが、一方はコンクリートで巻いてある
DSC03382_R_20191225214237397.jpg
当然コンクリートの方へ進む
DSC03384_R_20191225214239f36.jpg
左下に誘っている様な穴が開いているが、とりあえず後回し
DSC03385_R_2019122521424110d.jpg
先で素掘りに戻っている、登り勾配で抜き穴みたいだ
DSC03386_R_20191225214242b7b.jpg
残念ながら行き止まりだった
DSC03391_R_201912252234227f4.jpg
さて、戻ってこの小さな穴に入る
DSC03392_R_20191225223424db5.jpg
かなり狭いが、しっかりと掘ってある
DSC03394_R_20191225223424741.jpg
振り向いた入り口、体一つ分しかない不思議な造り
DSC03398_R_20191225223427de0.jpg
すぐに分岐が有るが、右はすぐに終わっていた
DSC03401_R_20191225223428c8e.jpg
超狭い通路を登って行く
DSC03405_R_20191225223429c45.jpg
ほとんど埋まっている様な通路を匍匐で進んでいく
DSC03406_R_20191225223431b10.jpg
ほぼ体の限界だが、まだ先が見える。小柄なすじ氏は先まで行ったそうだが、二股になりどちらも行き止まりだったそうだ
自分はこの後別件で行く所があったので、ドロドロに成りたくなかったからここで断念。
DSC03408_R_20191225225714f7a.jpg
出来ればもう、入りたく無いと思うような狭さだった
DSC03409_R_201912252257163d1.jpg
入り口近辺まで戻る
DSC03410_R_20191225225717b00.jpg
最初の十字路の左側に行く
DSC03413_R_2019122522571838c.jpg
広めの部屋だが、支保の跡が有るが盛大に崩落している
DSC03415_R_20191225225720e6a.jpg
部屋の奥の通路
DSC03416_R_20191225225721fd2.jpg
また、コンクリートの扉が見える
DSC03417_R_201912252257238d6.jpg
この壕はいったい何なのだろう?
DSC03421_R_201912252257248a0.jpg
コンクリート通路がまた現れる
DSC03422_R_20191225225726a8e.jpg
碍子の付いたかなり立派なものだ
DSC03423_R_20191225231105a27.jpg
水が溜まっているが、すごく立派だ
DSC03424_R_20191225231107613.jpg
天井の形が変わる、元は出入り口だったのだろう
DSC03427_R_201912252311082e4.jpg
この先は住宅地の擁壁に埋まっている
DSC03428_R_201912252311105d0.jpg
天井に土管が埋まっている、通気か配線の経路だろうか?
DSC03430_R_201912252311117fd.jpg
十字路に戻り、最後の直進方向に進む
DSC03431_R_20191226210413ad0.jpg
この壕は妙に灯り置きが多い
DSC03432_R_20191226210414a1c.jpg
煤が着いているので、使用していたのだろう
DSC03434_R_201912262104152c2.jpg
右に分岐がある
DSC03436_R_20191226210417ce7.jpg
高さは十分だが、幅は擦らないと動けない
DSC03439_R_20191226211201631.jpg
行き止まりだ、これを戻るのも大変な狭さだ
DSC03440_R_20191226211203d50.jpg
水が溜まっているが、少し広がっている
DSC03442_R_201912262112048b0.jpg
狭くうねりながら伸びる陣地特有の通路
DSC03443_R_20191226211205fd3.jpg
また分岐だ
DSC03445_R_2019122621120743d.jpg
何かいるらしい
DSC03447_R_201912262112084ef.jpg
いた、目が光っている
DSC03451_R_2019122621120916f.jpg
ハクビシンが一匹いた
DSC03455_R_20191226211840d74.jpg
戻って別方向に向かう
DSC03456_R_20191226211842e8d.jpg
意外に長く、狭いのでイヤになって来る
DSC03457_R_201912262118429f5.jpg
長いが行き止まりが見えた瞬間に引き返す、息が詰まりそうに狭い
DSC03459_R_2019122621184502a.jpg
戻って来ると、ホッとする
DSC03460_R_2019122621184521c.jpg
入り口付近の後世のブロックの後に隙間が有る
DSC03461_R_20191226211847110.jpg
横に伸びる通路を塞いでしまったようだ
DSC03323_R_20191226213532b09.jpg
なぜか地下壕の入り口の上に鬼瓦?