八丈島2 若林、坂上隊陣地壕 その4

DSC07205_R_20140629162218fce.jpg
前回の銃眼を後にする
DSC07206_R_20140629162220344.jpg
入って来た、部屋入り口
DSC07207_R_201406291622208da.jpg
また、屈みながら戻る
DSC07208_R_20140629162222fb3.jpg
掘り出せなかった大石
DSC07209_R_201406291622248bc.jpg
これも周りを掘った跡がある
DSC07210_R_201406291629290ac.jpg
閉塞通路
DSC07211_R_201406291629300ce.jpg
水が流れた跡か、床の砂がえぐれている
DSC07212_R_20140629162932067.jpg
通路形状が歪だし、岐路も多い
DSC07213_R_20140629162933bf5.jpg
こうゆう登り勾配の上には
DSC07214_R_20140629162935b4a.jpg
やっぱり銃座!、銃架の変わりにトロ箱が据えられている
DSC07215_R_20140629163750e62.jpg
石を混ぜて、コンクリートを節約している苦労が見て取れる
DSC07216_R_20140629163752c08.jpg
銃眼の形状はいいが、ほぼ埋没
DSC07217_R_20140629163753f6d.jpg
例のペイントが残っている
DSC07218_R.jpg
この部屋の入り口、結構キワドイ開口部で、ちょっと下がると落ちてしまう
DSC07219_R_201406291637569fc.jpg
通路に戻る
DSC07220_R_20140629164747d85.jpg
しばらく通路が突起だらけになる
DSC07221_R_20140629164749244.jpg
石の含有率が高く、彫り切らなかったのだろう
DSC07222_R_20140629164750213.jpg
床ですらこの状態だ
DSC07223_R_20140629164752024.jpg
ここまでトロ箱を持って来るのも大変だったろう
DSC07224_R_20140629164753d52.jpg
不意に現れる下に向う穴、なんでこうゆうの作るかな?入れなければ諦めも憑くのに、ぴったり人一人サイズ
DSC07225_R_20140629170136eab.jpg
こんな所にもトロ箱はある
DSC07227_R_20140629170138f1d.jpg
正直記憶が1ヶ月前であいまいだが、元通路に出て戻って来たはずだ(8の字のまんなか通路)
DSC07228_R_20140629170140467.jpg
狭かったのは入り口だけで、通路は普通だった
DSC07229_R_20140629170141dd6.jpg
穴から這い出て、トロ箱通路に戻って来た
DSC07230_R.jpg
また、通路がしっかりした陣地掘りに戻って来た
DSC07231_R.jpg
なんだこの横壁の空洞は、相当奥まであるが人には無理だ、自然窟だろう
DSC07232_R_20140629171722ecf.jpg
しばらく整然とした通路がつづく
DSC07234_R_201406291717248c3.jpg
不意に大きな部屋に出る
DSC07235_R_20140629171725957.jpg
ふと見ると、壁に奇妙な物が
DSC07236_R_20140629172658c74.jpg
何なんだろう、この穴は
DSC07237_R_20140629172700ced.jpg
殺気の穴よりもより深くつづいている、思えば夏島地下壕にもこんなのがあった、直径30cmで隣の壕に接続してた
DSC07238_R_201406291727016cb.jpg
壁に有る、蝋燭の跡
DSC07239_R_201406291727035a4.jpg
おそらくここは、近年まで居住者が居たのだろう、以外と壕口から近い位置にある
DSC07240_R_20140629172704925.jpg
部屋の通路側にある、2つの窪み、棚にしては浅すぎる
DSC07241_R_20140629174341a2d.jpg
壕口が近いせいか、通路が広い
DSC07242_R_2014062917434232c.jpg
奥の方からは、信じられない
DSC07243_R_20140629174344fdf.jpg
右側の1mほどのくぼみ
DSC07244_R_2014062917434565e.jpg
突如、コンクリート構造物が現れる
DSC07245_R_2014062917434763c.jpg
製作途中の当て板がしっかり残っている
DSC07246_R_201406291751263ad.jpg
またもや、総コンクリート製の砲室だ
DSC07247_R_201406291751277b4.jpg
ペイントもばっちり、とゆうかこれは外から紹介した銃眼だ
DSC07106_R_201406291755116be.jpg
木材の垂れ下がり具合が一緒だろう
DSC07248_R_2014062917512957d.jpg
更に進むと
DSC07249_R_20140629175130677.jpg
また、コンクリートの砲室が
DSC07250_R_20140629175132d17.jpg
と思ったら、最初に戻って来たようだ
DSC07251_R.jpg
このすばらしい砲室を最後に、八丈島の戦跡探索記を取りあえずの終わりとする
DSC07847_R_20140629180428358.jpg
帰りの空港への道すがら
DSC07848_R_201406291804307d4.jpg
側溝の蓋がキャタピラで出来ている所があった
DSC07852_R_201406291804332e4.jpg
ふと敷地を見遣ると、ガケに壕口が開いている
DSC07850_R.jpg
おそらく、敷地を広げる為にガケを削って、壕口が後退し、高い位置になってしまったのだろう
千葉の127号線で有名なピラム壕と同じ理由だろうと推測する。
DSC07853_R_20140629181516e06.jpg
この跡山の裏側に回ったりしたが、時間切れでキャタピラを見ながら撤退する
DSC07854_R_20140629181517703.jpg
空港で、レンタカーを乗り捨てる
DSC07855_R.jpg
空港の一番有名な建築物
DSC07858_R_2014062918151929f.jpg
ちょうど飛行機が落ちて来たところだ
DSC07859_R.jpg
自分が着いた時は、3回ぐらいバウンドして着陸していた、東雲みょん氏の時は3回着陸為直したとか・・・
DSC07863_R.jpg
今回は目的の大部分をクリア出来たが、まだまだ遺構は沢山あるだろう
DSC07865_R_201406291828300d7.jpg
しかし、独力では限界に近い
DSC07866_R_20140629182830623.jpg
時間と資金があれば、また来たいと思うが、観光シーズンで当分は無理だろう
DSC07870_R_201406291828328c5.jpg
2回に渡る八丈島探索だったが沢山の遺構を堪能できた、探索者としての一つの勲章とも言える島だった
DSC07872_R_20140629184406129.jpg
持てる情報(写真)はかなり載せたつもりだ、今後のチャレンジャーの参考になればと思うが、反面、直射砲台で陸軍の皿を持ち去った人が居る事を考えると、ピンポイントでの位置情報は明かせなかった事が残念だ
DSC07873_R_20140629184408400.jpg
GPSの座標などで特定出来る所も在るのだが、ブログ上では公表しない、ある意味探索の醍醐味でもあるし
DSC07874_R_20140629184409dbe.jpg
さぁ、本土の戦跡が待っている、長かった八丈島編如何だったでしょうか?
くどいようですが、八丈島の戦跡は手付かずの状態に近く、大変危険な所が沢山あります、自分自身が無理だと思う所には入ったりしない様にして下さい。
実際に転落死の事故が起こっている事を念頭に、自分の様に「安全第一、無理はしない!」を心がけて下さい。


スポンサーサイト

八丈島2 若林、坂上隊陣地壕 その3

DSC07161_R_20140627183146e21.jpg
漁港が近いせいか、トロ箱が良く落ちている
DSC07162_R_20140627183147787.jpg
壁面の灯り置きには、煤の跡が憑いている
DSC07163_R_201406271831488f8.jpg
通路の狭さにも、もう慣れた
DSC07164_R_20140627183150592.jpg
分岐、真っ直ぐ行く
DSC07165_R_201406271831516aa.jpg
この辺は岐路が多い
DSC07166_R_20140627184119952.jpg
兎に角登って行く
DSC07167_R_20140627184121348.jpg
壁面と違い、床面が海砂っぽい
DSC07168_R_2014062718412189a.jpg
石を掘り出そうとした後、予想以上にデカかったんだろう
DSC07169_R_20140627184123163.jpg
水路の様な通路を登って行く
DSC07170_R_20140627184124b59.jpg
登るに従い高さが無くなってくる
DSC07171_R_20140627185147fdf.jpg
やたら石ころが多くなって来た
DSC07172_R_20140627185148d2d.jpg
またもや銃眼、上の方が剥がれ落ちて来ている
DSC07173_R_20140627185149305.jpg
上の穴から覗いて見るが、ジャングルしか見えん
DSC07174_R_20140627185150e1f.jpg
さて、分岐まで降りよう
DSC07175_R_201406271851521b3.jpg
戻ったはいいが、段差がある
DSC07176_R_20140627185951568.jpg
なんでこんな段差作るかな~
DSC07177_R_20140627185953b2e.jpg
後世に探索する人の身にもなって欲しい
DSC07178_R_20140627185954dee.jpg
段差から下を見下ろす、1m半ぐらいだろう
DSC07179_R_20140627185955dfd.jpg
いびつな馬蹄形の通路を曲がると
DSC07180_R_20140627185957065.jpg
いきなり広がる開口部
DSC07181_R_20140627190943f38.jpg
日当たりがいいのか、だいぶ中まで植物が伸びている
DSC07182_R_20140627190944c2e.jpg
ガレで封鎖された通路
DSC07184_R_20140627190945ca4.jpg
逝ける所は行く
DSC07185_R_201406271909471e3.jpg
これ以上は無理
DSC07186_R_201406271909480e1.jpg
変な生き物がいた
DSC07187_R_20140627191706b99.jpg
別の分岐へ
DSC07188_R_20140627191707ed0.jpg
やたらにいびつな通路
DSC07189_R_20140627191708852.jpg
二股出入り口
DSC07190_R_201406271917103d5.jpg
右は狭いが開いている
DSC07191_R_201406271917115ab.jpg
左は広いが出れない
DSC07192_R_201406271937227bf.jpg
脇の小部屋、衛所か?
DSC07193_R_201406271937247ab.jpg
通路に戻る
DSC07194_R_201406271937254b1.jpg
小部屋、木箱でも有ったのか?
DSC07195_R_20140627193726569.jpg
土砂の流入した通路を進む
DSC07196_R_2014062719372887a.jpg
通路が少し広めになってきた
DSC07197_R_20140627194630f64.jpg
しかし、何となくグズグズな感じ
DSC07198_R_20140627194631d21.jpg
ちょっとした部屋
DSC07199_R_20140627194632445.jpg
開口部に
DSC07200_R_201406271946343f8.jpg
出れなくは無いが、止めておく
DSC07201_R_2014062719523697f.jpg
更に進んで行く
DSC07202_R_20140627195237303.jpg
また、段差を登って低い通路を行く
DSC07203_R_20140627195238ef9.jpg
またもや銃眼
DSC07204_R_2014062719524041a.jpg
支保工だったのか、丸太が転がっている
DSC07205_R_2014062719524256a.jpg
重厚な銃眼だ、こんなのがゴロゴロしているこの壕は、かなり重要な物だったのだろう
本土ならば、銃眼が2つもあればそれなりの規模と言われるが、この壕一つでその数倍の銃眼や坑道長がある
いびつなせいで、複雑な壕に思えるが、大きな8の字に近い形をしている様だ

次回いよいよ八丈島戦跡、最終回を迎える、取りあえず若林、坂上隊陣地壕にて状況終了する

八丈島2 若林、坂上隊陣地壕 その2

DSC07115_R_20140625194704c84.jpg
セカンドステージ、スタート
DSC07117_R_20140625194705e7c.jpg
右側に抜き穴を作ろうとしたようだが、埋まっている
DSC07118_R_20140625194706417.jpg
ちょっと壕の高さがこの辺は低い
DSC07119_R_201406251947075aa.jpg
この様な物入れ空間は多い
DSC07121_R_201406251958222ad.jpg
神棚か?灯り置きとは作りが違う
DSC07122_R_201406251958233f0.jpg
この壕は石が多い層に作られている様だ
DSC07123_R.jpg
足元にコンクリートの穴がある
DSC07124_R.jpg
こんな埋設状態の水槽は珍しい、ある意味レアだ
DSC07125_R_2014062519582766a.jpg
左側にも作ろうとしたのだろうか?
DSC07126_R_20140625200621dc0.jpg
民家の裏側に出たようだ、ブロック塀が見える
DSC07128_R.jpg
枝道の階段?を登る
DSC07129_R_201406252006237fa.jpg
見下ろす、なんでこんなにボロボロなんだろう
DSC07130_R_20140625200625d63.jpg
なんか通路がやたら狭い
DSC07131_R_20140625200626660.jpg
分岐だ
DSC07132_R_20140625201211e2c.jpg
手前の分岐を曲がる
DSC07133_R_201406252012130b3.jpg
開口部、抜き穴か?
DSC07134_R_2014062520121425d.jpg
足元に菊の御紋の食器がある
DSC07135_R_201406252012157c8.jpg
分岐に戻る
DSC07136_R.jpg
奥の道に進む
DSC07137_R_20140625201719f8c.jpg
なんと機関銃座だ
DSC07138_R_201406252017203aa.jpg
台座はコンクリートで整形したしっかりした物だ、なかなか見かけない
DSC07139_R_201406252017216b6.jpg
埋まっているが、銃眼部
DSC07140_R_201406252017223f1.jpg
台座から通路を振り返る、もと来た道を戻る
DSC07141_R_20140625201724f12.jpg
水槽より前の分岐に戻って来た
DSC07142_R_20140625204006381.jpg
壁の石を抜こうとしたのか、上の方だけ広い通路
DSC07143_R_2014062520400764f.jpg
すれ違い用なのか、1m程度の空間が随所にある
DSC07144_R_20140625204008c7f.jpg
ちょっと拓ける
DSC07145_R_20140625204009f06.jpg
はじめて部屋らしい部屋があった
DSC07146_R_20140625204011e78.jpg
先に進もう
DSC07148_R_20140625205048fb4.jpg
登り勾配で、上が狭く通りにくい通路
DSC07149_R_20140625205049db8.jpg
突き当たりかと思ったら
DSC07151_R_20140625205052517.jpg
階段があり、上ると
DSC07150_R_20140625205050d41.jpg
またもやコンクリート製銃眼
DSC07153_R.jpg
なかなかしっかりした銃眼だ
DSC07154_R_20140625205633fa6.jpg
近くの壕口から出て、外から見てみたが、ほぼ埋没
DSC07155_R_20140625205634dad.jpg
穴に戻ろう
DSC07156_R_20140625205636ef3.jpg
大分岩盤の質が変わって来た、石がない
DSC07157_R.jpg
2X2ぐらいの部屋
DSC07159_R_2014062521061090f.jpg
キレイにはなったが、通路は狭い
DSC07160_R_2014062521061172b.jpg
まだまだこの壕は長い

八丈島2 若林、坂上隊陣地壕 その1

今回の物件で、八丈島の戦跡としては取りあえず最後となる、前回の終わりにも書いたが
この壕の存在は廃墟を旅する管理人、東雲みょん氏から得た物だ、みょん氏曰く「偶然見つけたので、場所判りません!探して下さい」だった。
あると言う情報のみで、懸命な捜索が始まった。
事前に本土にいる内に、ある程度の地図による目星を絞り込んでいた所が幾つかある、神社、仏閣、学校などの公共機関と軍は密接に関わっている事が多い、これは最初から開けた土地が多く、民間の住居を強制立ち退きさせるよりもやりやすい、本土でもそうゆう所に指令部や屯営所が見受けられるだろう
下図により、大雑把な場所は10km以内ぐらいには絞れるので、そうゆうところを虱潰しに探した。
P1030005 - コピー
位置的にはばっちりここである
DSC07072_R_20140623191146abc.jpg
判りにくい山のふもとに見落としがちな、銘も何も無い鳥居がある
DSC07073_R.jpg
めちゃくちゃ急で崩れて登りにくい玉石をひたすら登る
DSC07074_R.jpg
新目の祠があるだけの境内、ここから山狩りが始まる
DSC07075_R.jpg
30分ほどで壕口発見
DSC07076_R_201406231922491aa.jpg
入ってみると以外に広い、砲室か?
DSC07077_R_20140623192250013.jpg
方向的には八重根港を向いている
DSC07078_R_20140623192251357.jpg
さっそく奥に進む
DSC07079_R_201406231922530a8.jpg
左に弾薬庫か衛所の様な、小さな部屋
DSC07080_R_20140623192254a4e.jpg
真っ直ぐ行くとすぐに、右に曲がる
DSC07081_R_20140623193800faf.jpg
通路が曲がりくねり、陣地壕の態をなしている
DSC07082_R_20140623193802204.jpg
右にはちょっとした小部屋がある
DSC07083_R_20140623193802fd4.jpg
生息室
DSC07085_R.jpg
左右交互に小規模な生息空間が切られている
DSC07086_R_201406231945261c3.jpg
壁に石でも引っこ抜いた様な穴が空いている
DSC07087_R.jpg
今度はちゃんと部屋になっている
DSC07088_R_2014062319452871f.jpg
ふと横の通路を覗くと、トロ箱が落ちている
DSC07089_R_201406231945298f0.jpg
その先には何とも立派な部屋があった
DSC07090_R.jpg
上の方には、製作時の木型がそのまま残っている
DSC07091_R_20140623195610573.jpg
なんともしっかりした銃眼である、この島で一番かもしれない
DSC07092_R_20140623195611f88.jpg
残念ながら外は見えない、規模にしては銃眼が狭い(射角が無い)のはなぜ?
DSC07093_R_201406231956122f2.jpg
両脇の物置の様なこれも見かけない
DSC07094_R_20140623195614581.jpg
通路に戻る
DSC07095_R_2014062320075925d.jpg
となるとさっきのこれは、弾薬庫だろうか
DSC07096_R_20140623200801ed9.jpg
先に進む
DSC07097_R_20140623200802387.jpg
よっぽど生息部が好きなんだろうか、いっぱいある
DSC07098_R.jpg
更に奥へ
DSC07099_R_20140623200805b99.jpg
と思ったら戻っていた
DSC07100_R_20140623210627658.jpg
えーとどっちから来たっけ
DSC07102_R_2014062321062885e.jpg
あった、入り口
DSC07103_R.jpg
戻りついでに装備を山狩りから、穴仕様に変えてくる
DSC07105_R_20140623210928766.jpg
出たついでに、表面捜索をすると
DSC07106_R_201406232109309a3.jpg
派手なペイントの銃眼発見、これは米軍摂取時に目立つように黄色に塗ったのだろう、他の壕でもうっすらと残っている
DSC07107_R_20140623210931d76.jpg
なかなか良い形をしている
DSC07108_R_20140623210933590.jpg
ちょっと離れると、殆んど銃眼が判らなくなる
DSC07109_R_2014062321093489a.jpg
へつって歩いて行くと、陣地にしては大きめの壕口がある
DSC07111_R.jpg
この壕口は下の方に有るせいか、不法投棄の温床になっている
DSC07113_R_20140623212009511.jpg
ゴミに用は無いのでさっさと入る
DSC07114_R_20140623212011fa3.jpg
新たな探索が始まる
が、私はしっぱいした、失敗した、シッパイした、ビデオ用高照度ライトを置いて来た、間に合わせライトで撮って来たが激しく暗い、帰宅してからこの体たらくに気が着いたこれほどとは、良く判らん動画になったので、先に上げる


八丈島2 新飛行場防衛施設、最終兵器「キョン」

今回はほぼネタである、書面によると八丈島新飛行場付近に、防空砲台を設置したとある
旧飛行場は既に住宅地と化して跡形も無く、新飛行場はそのまんま現在の空港に拡張後転用されている
しかし、GO EXPLORING 廃墟により遺構がある事が判った。
P1020910_201406212118188b1.jpg
これらの場所は空港の下側に位置している
DSC07558_R.jpg
八丈植物公園にやってきた
DSC07559_R.jpg
この園内は小壕だらけだという
DSC07560_R_20140621211643ff2.jpg
日没間近かに地図下の現在地に到着、写真は八丈島の形をした石のモニュメント
DSC07561_R.jpg
下をのぞくと、円形の柵で囲まれた物が見える、サイズはもろに12.7cm連装砲座
DSC07563_R.jpg
近寄って見るとコンクリートではなく、石作りである
DSC07562_R_20140621212938475.jpg
しかし、円形の砲床も確認出来る
DSC07564_R_20140621212941edf.jpg
も少し歩くと、トーチカがある、こっちは間違いなく飛行場及び砲座の防衛用、この背後が飛行場となる
DSC07565_R_20140621212942c2d.jpg
ここからは入れない、ってゆうか奥も埋まっていてどうしょうもない
DSC07566_R.jpg
上に登ると石垣が組まれている
DSC07567_R_2014062121461161c.jpg
判りにくいが、ここに入り口がある、しかしドラム缶で蓋をされていて入れない(縦穴形式)
戦跡探索はここまで、日暮れと言う事もあり、撤収する(ドラム缶にうっかり足を突っ込んで、ドロだらけの大変な事になった訳ではない!その後直射砲台の渓谷に足を洗いに行ったりはしていない)
翌日、今回の目的のひとつキョンを見に行く、これからは観光である(ちょっと一息って事で)
DSC07815_R_20140621215819b1f.jpg
ガイドにもキョンが何処にいるか全く書いてないので、取りあえず動物園が無いので牧場を目指す
DSC07818_R_201406212158203ed.jpg
八丈富士の展望台から、神止山を見下ろす
DSC07826_R_20140621215824c60.jpg
牧場到着
DSC07820_R_20140621215822f36.jpg
見事にウシしかいない
DSC07821_R_20140621215823f01.jpg
ちょうど朝の飛行機が飛び立って行った
DSC07846_R.jpg
手がかりを失い、植物園のビジターセンターを訪れた
DSC07845_R_20140621220807581.jpg
日曜なのに閑散としていた
DSC07840_R_2014062122080348b.jpg
光るキノコの名産地らしい
DSC07841_R.jpg
DSC07842_R.jpg
DSC07843_R_201406212211309a7.jpg
DSC07844_R_2014062122113213f.jpg
まずそうなキノコを後に、センターのおネーさんにキョンの事を聞いて見ると、あっさりここにいると・・・・
DSC07829_R_20140621221128db6.jpg
知っていれば、昨日の内に見れたのに!
DSC07834_R_20140621221129d7c.jpg
いよいよ目的のキョンに会える(中国って?八丈島原産じゃないの?)
DSC07830_R_20140621221800e25.jpg
いた、子供?
DSC07831_R_20140621221801d1b.jpg
え、ちっさ~!普通の鹿サイズ想象してた
DSC07833_R_20140621221803583.jpg
奥にもいた
DSC07835_R_2014062122180495e.jpg
うんこは鹿だな~
DSC07836_R_20140621221806884.jpg
50cmぐらい?足細い、親指程度?
DSC07837_R_201406212223385cc.jpg
DSC07838_R.jpg
DSC07839_R_20140621222340497.jpg
キョンを堪能したので、戦跡探索に戻る

次回、八丈島今回最後の物件、若林、坂上隊陣地を掲載する!
この壕の存在は廃墟を旅する管理人、東雲みょん氏から得た物だ、みょん氏曰く「偶然見つけたので、場所判りません!探して下さい」だった。
あると言う情報のみで、懸命な捜索が始まった。