東金 台方機銃陣地 その2

2015102312113389e_R.jpg
房総半島戦跡考古調査会のねこさんの作図
DSC09398_R_201511022328259f5.jpg
一旦外に出て、地主さんの許可の下、庭側から再侵入する
DSC09400_R_20151102232826021.jpg
えらく綺麗な入り口だが、何故にこんなに低い間口?
DSC09401_R_2015110223282773e.jpg
中に入ると、すぐにYの字分岐が現れる
DSC09403_R_20151102232829820.jpg
左側の通路、奥に部屋がある様だ
DSC09404_R_20151102232830c13.jpg
しかし、何故か分岐の足元には堀が掘ってある、泥濘を飛び越えるしかない、こけたらえらい事になる
DSC09405_R_20151102234229260.jpg
なんとか、こけずに飛び越えた!
DSC09406_R_20151102234231653.jpg
奥の部屋、誰も居なかった
DSC09408_R_201511022342323d8.jpg
また、これ戻るんだよな~
DSC09409_R_20151102234233651.jpg
Y字路右側に進む
DSC09413_R_2015110223423437b.jpg
壁を良く見ると、粘土質な壁でツルハシは入らず、クワやエンピで削った様な跡が付いている
DSC09415_R_201511022352405d4.jpg
泥濘の反対側を確認したので、外に出る
DSC09419_R_20151102235241a0b.jpg
外に出ると、きへい氏による、銃眼の修復が行われていた
DSC09357_R_20151102235239d4c.jpg
ちなみに、コレが修復前である
DSC09423_R_201511022352433e4.jpg
ここまで綺麗に修復してしまった、大した愛情である
DSC09428_R_20151102235846c04.jpg
その後、地主さん宅にて、当時の模様などのお話を伺えた
DSC09429_R_20151102235847695.jpg
遺骨収集団などで、外地に赴いた時の写真などを見せて頂いた
DSC09431_R_20151102235849643.jpg
山の上の方の陣地に向う
DSC09433_R_2015110223585066e.jpg
墳墓改造型の壕の様だ
DSC09434_R_201511022358524ac.jpg
墳墓を基本に、奥へと堀進めてある
DSC09435_R_201511030005572a6.jpg
ちょっと低めの通路に進入する
DSC09436_R_20151103000559fb9.jpg
またY字路だ
DSC09437_R_201511030006007be.jpg
まず、左側
DSC09439_R_20151103000601557.jpg
埋ったのか、銃眼だったのか、微妙だ
DSC09440_R_20151103001052199.jpg
Y字路を右に行く
DSC09442_R_20151103001053d51.jpg
ズリ出しの終わっていない、未成地の陣地
DSC09445_R_20151103001054d19.jpg
奥の銃機関銃台座
DSC09447_R_20151103001056410.jpg
ちょっと残念な事になっている
DSC09450_R_20151103001057b5e.jpg
では、戻るとしよう
DSC09451_R_2015110300270177a.jpg
穴を出ると、夕暮れだった
DSC09452_R_20151103002703841.jpg
近くの公園でお疲れ様
DSC09453_R_20151103002704176.jpg
寄って来た人馴れしたぬこ
DSC09454_R_20151103002705eb4.jpg
みなに触られまくっていた
DSC09455_R_20151103002707f26.jpg
大豆谷のコンビニに寄る
DSC09456_R_20151103003126a76.jpg
最後の補給物資を買いあさる
DSC09458_R_20151103003127a39.jpg
御馴染みきへい氏の生着替えなんだが、何故かブレている、期待した人ごめんなさい
DSC09460_R_20151103003128b41.jpg
帰りがけのデゼニーシー
DSC09465_R_201511030031306fb.jpg
お台場観覧車
DSC09466_R_20151103003131c93.jpg
首都高の夜景を眺めるのも、結構好きだ
DSC09469_R_20151103003618764.jpg
インカムで〇〇と会話しながら夜の首都高を激走する
DSC09470_R_20151103003619d19.jpg
今回もあっという間の帰りの2時間だった
スポンサーサイト

東金 台方機銃陣地 その1

DSC09335_R_201510311859147e6.jpg
この辺はさくらの名所?になっている様で、あちこちで桜の名が使われている
DSC09336_R_201510311859164d3.jpg
駐車場に車を停め、歩いて現場に向う、先頭は御馴染みきへい氏
DSC09342_R_20151031185917f94.jpg
住宅地の隙間から山に入る
DSC09343_R_201510311859183db.jpg
まるで自分の庭の様に迷いもせず進むきへい氏
DSC09344_R_20151031185920c20.jpg
まずは竹に掴まりながら、斜面を降りる
DSC09345_R_20151031190821374.jpg
降りた目的は、銃眼の確認
DSC09348_R_20151031190822a2a.jpg
だが、埋まっていてさっぱり判らん
DSC09350_R_20151031190824333.jpg
一同は山頂のお堂を回り込み、裏側の斜面に降りて行く
DSC09351_R_201510311908254f6.jpg
木に掴まりながら、道無き斜面をしばし降りる
DSC09352_R_20151031194015d52.jpg
2ヶ所ある陣地に別々に入る、陣地は狭いのだ
DSC09355_R_20151031194018575.jpg
自分はきへいさんと、下の陣地に向う
DSC09357_R_20151031194019423.jpg
埋まった壕口を通過する
DSC09358_R_201510311940213d1.jpg
すると、銃眼が現れる、これはスゴイ綺麗だ
DSC09360_R_201510312134206ba.jpg
コンクリート以外で作られた、こんな構造は始めて見た
DSC09362_R_20151031213421a38.jpg
パッと見にわからん壕口、良く見つけたなこんなの
DSC09363_R_20151031213422078.jpg
おいしそうなキノコ
DSC09365_R_201510312134247a9.jpg
一歩入ると、立派な壕口と化す
DSC09368_R_20151101062619cc3.jpg
すぐに分岐となる
DSC09369_R_201511010626213e0.jpg
入って来た壕口
DSC09367_R_20151031213425737.jpg
右のつうろ、入り口付近は軽く水没、長靴ギリ程度
DSC09370_R_2015110106262215e.jpg
埋まりながら慎重に進んで行く、ゆっくりでないと長靴オーバーするかも
DSC09374_R_20151101062625dea.jpg
水が無ければ、そこそこ良い通路なんだろう
DSC09376_R_201511010626278f7.jpg
両サイドには、支保抗の溝が残る
DSC09379_R_20151101064815d1b.jpg
付き当たりを右に曲がる
DSC09380_R_20151101064816d71.jpg
振り返る、水没はここまでで終わる
DSC09381_R_201511010648194df.jpg
ゆるく曲がる通路を抜けると、見えて来た
DSC09385_R_2015110106482144b.jpg
これはすごい!完璧な形で残っている銃座
DSC09386_R_20151101064823659.jpg
完全な四角い銃眼、手前の溝はバイポッド(脚)を立てる為のもの
DSC09387_R_2015110122293266c.jpg
唐突に、何か横切った!
DSC09388_R_20151101222933d16.jpg
気のせいか・・・
DSC09391_R_201511012229349fb.jpg
水没の通路を戻って行く
DSC09394_R_201511012229362e5.jpg
入り口付近、分岐が見えて来た
DSC09395_R_20151101222938ca8.jpg
右側の通路に進みたいが、泥濘が酷くあきらめた

中途半端なので、前項変に分ける

油井機銃陣地

DSC09208_R_201510012335317e3.jpg
油井の現地に到着
DSC09209_R_20151001233532798.jpg
早速壕へと歩き出すきへい氏
DSC09210_R_201510012335342fb.jpg
なんと、道路のすぐ脇に軍道があるではないか
DSC09211_R_201510012335342f7.jpg
えんえんと続く軍道を下って行くと
DSC09212_R_201510012335376a2.jpg
いように露出した土の斜面に小さな穴が開いている
DSC09213_R_201510012342592bf.jpg
つちを少し掘り出して、何とか入りやすくする
DSC09214_R_20151001234301cd7.jpg
もぐり込んだ穴を内側から見る
DSC09215_R_20151001234302403.jpg
あなの中は以外に低く背が立たない
DSC09216_R_201510012343039c8.jpg
りゆうは判らないが、殆んどこんな高さが続く
DSC09218_R_201510012343054f0.jpg
がんばってひよこ歩きをして行くと、なんと!
DSC09219_R_201510012349307f3.jpg
とんでもない穴が開いている
DSC09220_R_20151001234931625.jpg
うっかり落ちたら怪我をしてしまいそうだ(メンバーの一人が実際に落ちたが無傷で良かった)
DSC09221_R_20151001234932d31.jpg
ここからでは良く判らないので、降りてみる
DSC09222_R_2015100123493453f.jpg
れんらくよう通路が下に僅かに見えた
DSC09225_R_2015100123493520a.jpg
かがんで上を見上げると、降りて来た通路が上に見える
DSC09226_R_20151001235651b6c.jpg
らくだの背の様にでこぼこしている通路
DSC09227_R_20151001235653475.jpg
もう少し広く平らに作って欲しい
DSC09228_R_201510012356539e4.jpg
ようやくかがんで入れる通路の先は、さっきの落とし穴と繋がっていた
DSC09229_R_201510012356554c9.jpg
ろうそくやランプを置いておく、窪み
DSC09230_R_2015100123565753d.jpg
しろい壁面は、カビだと良く言われるが、ここは岩盤の色のようだ
DSC09231_R_20151002000433347.jpg
くだり加減の通路を降りて行く
DSC09232_R_20151002000651971.jpg
ねんど質なのか、壁面にはあまりツルハシの跡が無く、ノミのようだ
DSC09234_R_2015100223380995f.jpg
T字路にぶつかる
DSC09236_R_2015100223381113e.jpg
左側は掘りかけ
DSC09238_R_20151002233812dca.jpg
右へ行く
DSC09241_R_20151002233813f2f.jpg
この通路は天井が右曲がりになっている
DSC09242_R_2015100223381568b.jpg
終始こんな感じであるが、何の意味があるのだろう?
DSC09244_R_20151002234345e41.jpg
Y字路になり、右は登っている
DSC09243_R_20151002234344617.jpg
登った先は、開口していた
DSC09247_R_20151002234346c63.jpg
左の通路を進む
DSC09248_R_20151002234348198.jpg
この灯り置きは、落ちないようにか、針金が打ち込んであった(他の場所にもあり)
DSC09249_R_201510022343495d0.jpg
珍しく立てる高さのある通路
DSC09251_R_20151002235315522.jpg
しかし、すぐに低くなってしまった
DSC09254_R_20151002235316b53.jpg
おっと、突き当たり閉塞かと思ったが
DSC09256_R_201510022353185f8.jpg
左、すれ違い場所、正面には煤の付いた灯り置き
DSC09257_R_20151002235320317.jpg
右手には登りの通路が見える
DSC09258_R_201510022353202b4.jpg
階段状にも見える登り通路
DSC09260_R_20151003194704414.jpg
更に分岐点
DSC09261_R_201510031947065fb.jpg
片側は土砂が流入しているが
DSC09262_R_20151003194707810.jpg
ライトを消してみると、何とか開口しているようだ
DSC09263_R_20151003194708b6c.jpg
もう一方の通路は、やはり右上がりに続いている
DSC09265_R_20151003194710cba.jpg
唐突に部屋が現れる、えらい四角い部屋だ
DSC09267_R_20151003195433508.jpg
4X2mぐらいの部屋の先に、同じ様な狭い通路
DSC09268_R_20151003195434824.jpg
右にも狭い通路が延びている
DSC09269_R_20151003195435a91.jpg
正面はライトを消しても外光は見えなかった
DSC09272_R_20151003195438a1d.jpg
振り向いて部屋の様子、ほんとに四角い
DSC09271_R_20151003195437f43.jpg
左の通路は水流に削られ、1m近く下にえぐれている
DSC09282_R_20151003200618514.jpg
えぐれた段差部分、八丈島の直射砲台を思い出す
DSC09273_R_20151003200612721.jpg
外光の見える、出口へと向かう
DSC09274_R_201510032006142cd.jpg
出口からは土砂が流入している
DSC09275_R_20151003200615412.jpg
とりあえず出て見た
DSC09276_R_20151003201244a03.jpg
メンバーも出てきた、人数が足りん?
DSC09279_R_20151003201245140.jpg
近くにある、さっき外光だけが見えていた出口
DSC09277_R_20151003200617ede.jpg
きへいさんがひょっこり出てきた、ほんとにこの人は・・・・
DSC09281_R_20151003201246e3e.jpg
では、戻るとしよう
DSC09284_R_20151003201248cfc.jpg
また、この通路を戻るのは、ちょっとしんどい
DSC09285_R_201510032012492da.jpg
こんな感じで、ずっとひよこ歩きしないとならないからだ
DSC09286_R_20151003202202820.jpg
真っ直ぐ行くと、落とし穴の下に出る分岐路、右に戻る
DSC09287_R_20151003202204b84.jpg
ずっとこんな状態
DSC09288_R_20151003202205d49.jpg
落とし穴部分は、こんな高低差をよじ登る(落とし穴自体は、左の下にある)
DSC09289_R_20151003202206955.jpg
壕口付近はまさにこんな感じ
DSC09290_R_201510032022083cd.jpg
出入りするだけで、えらい事になる
DSC09292_R_2015100320274042e.jpg
ドロドロに汚れた怪しい集団が森を抜ける
DSC09293_R_2015100320274105c.jpg
さぁ、次に行こう(既にドロドロだけど今日は始まったばかりである)と、引き上げるメンバー
なんとか雨も上がって、幾分動きやすくなって来た
えらい勢いで降っていた昨日の天気を考えれば、僥倖と言えるだろう、流石に
すっきりと晴れ渡るとまでは行かないが、止んだだけで十分だ!
きつい探索を覚悟して来たが、日頃の行いが幸いしているのだろう
だって、基本晴れ男やし、自分って!

時系列的にはこの後に大豆谷に行く事になる

2015101017472779a.jpg
房総半島戦跡考古調査会のねこさんの作図

大豆谷(まめざく)機銃陣地 2つ目

小雨降る中の東金方面に、またやって来た、みんな所要があっての、午後スタートとなった
しかし実に中身の濃い、充実した半日であった事は確かだ
時系列的には2ヶ所めのこの穴なのだが、以前入ろうとして入れずに諦めた所なので、先にやる
DSC09201_R_201509302336049ca.jpg
かなり天気が危ぶまれていたが、案の定降って来た
DSC09202_R_20150930233605e0a.jpg
しかし、そのせいか京葉道は空いていた
DSC09204_R_20150930233607a56.jpg
早速集合場所に向う
DSC09205_R_201509302336073a3.jpg
突発のイベントだったが、当日は6人のメンバーが集まった
DSC09206_R_2015093023360991d.jpg
集まった車3台とバイク2台
DSC09296_R_20150930234444295.jpg
現地到着
DSC09297_R_20150930234446f2a.jpg
目的のお墓
DSC09299_R_20150930234447674.jpg
入り口からカメラを突っ込んで撮影、確かに奥が続いている
DSC09300_R_20150930234448f65.jpg
すぐ右側にも通路がある、これは期待できる
DSC09303_R_201509302344504bf.jpg
しかし、入り口は埋まって狭い、こんな状態で入って行く
DSC09304_R_2015093023494879e.jpg
突入成功!しかし、入り口付近はゴミがひどい
DSC09305_R_20150930234950895.jpg
右の通路に進む
DSC09307_R_20150930234950ff7.jpg
なにやら奥の方に、台座が見える
DSC09308_R_201509302349527c6.jpg
重機関銃を据えつける台座である
DSC09309_R_20150930234954168.jpg
その銃眼、だいぶ外部からのゴミが蓄積されている
DSC09310_R_2015093023562944b.jpg
ライトを消すと、外光が見える
DSC09311_R_20150930235631e71.jpg
突き当たりなので、来た道を戻る
DSC09312_R_20150930235632143.jpg
奥に進入して行く
DSC09314_R_2015093023563478c.jpg
正面は根っこが多いので、地表近くであり、開口していたのかもしれない
DSC09315_R_20150930235635cbc.jpg
今は覗ける程度にしか開いていない
DSC09316_R_201510010002175fc.jpg
更に奥に進む、ちなみにかなり低い姿勢を強要される
DSC09317_R_20151001000219065.jpg
狭い陸軍掘りが続いている
DSC09320_R_20151001000220007.jpg
通路は多少のうねりを有している
DSC09321_R_20151001000222893.jpg
何にかが見えてくる
DSC09322_R_2015100100022346f.jpg
部屋だ、しかしズリが大量に纏まっている
DSC09323_R_20151001221303c44.jpg
部屋の奥に、もう少しだけ掘りかけの先がある
DSC09324_R_20151001221304d8e.jpg
曲がってすぐに終わっているのだが
DSC09325_R_20151001221305462.jpg
部屋方向を振り返る
DSC09326_R_201510012213075dd.jpg
僅かに開いた開口部、広げる前に終戦になったのだろうか
DSC09328_R_20151001221309042.jpg
終着点に達したので、戻る事にする
DSC09329_R_20151001222226117.jpg
まともに立って歩ける所の少ない、狭い陣地だったが、銃室は大した物だ
DSC09330_R_201510012222276f9.jpg
さぁ、脱出だ
DSC09331_R_20151001222228c94.jpg
外から見た銃眼
DSC09332_R_20151001222230526.jpg
ここから中の台座を窺い知るのは難しい、やっぱり入らないと判らない物が多いのだ

御殿山八鶴湖陣地

先ほどねこさんからここの図面が届いたので、早速記事にさせてもらう
房総半島戦跡考古調査会のねこさんは、おととい行ったばかりで、もう図面にしている
御殿山八鶴陣地_R
こうして見ると、3.5m毎に角度を変えているなどの部分がわかる(交通壕は外部の露天である)
DSC02278_R_20150519221354f4d.jpg
この様な傾斜地には、必ずと言っていいほどあるのが祠、墳墓、まぎれた壕口を探すのは苦労だ
DSC02281_R_20150519221355a97.jpg
交通壕を発見し辿って行くと、壕口の一つは埋没しているが、もう一方は
DSC02282_R_20150519221356553.jpg
この様に開口していた
DSC02283_R_20150519222521f56.jpg
早速入壕する
DSC02284_R_201505192225223ea.jpg
右を向くと、壕内が明るい
DSC02285_R_20150519222523b16.jpg
こんな感じ
DSC02286_R_201505192225250fb.jpg
見上げると、竹林が見える
DSC02287_R_20150519222526665.jpg
幻想的な空間を抜け、現実の穴に潜る
DSC02288_R_20150519223425384.jpg
実測30度の下り勾配
DSC02290_R_20150519223427d14.jpg
空間部から土砂が流入し、狭くなる通路
DSC02291_R_201505192234288f3.jpg
限界だ、この先は不明
DSC02293_R_20150519223429696.jpg
崩落の幻想空間へよじ登る
DSC02294_R_201505192234311f7.jpg
今度は壕口より左に進む(左斜面が壕口)
DSC02295_R_20150519224734910.jpg
馬蹄形で進み易い通路だが
DSC02297_R_20150519224735f51.jpg
実は、かなりうねっている
DSC02298_R_20150519224737fb9.jpg
3、5m毎に角度を変えてある
DSC02301_R_20150519224738cee.jpg
何か掘ってある X 4.3.6 だけ読み取れる
DSC02303_R_20150519224740e57.jpg
左手に外部への接続口があるが、今は埋まっている
DSC02304_R.jpg
小森さんお一人
DSC02306_R_201505192258088d4.jpg
棲息部、人が居るので後で見る
DSC02307_R_20150519225809d97.jpg
クランクすると、若干通路が狭くなる
DSC02309_R_201505192258119c9.jpg
その先に見えるものは
DSC02313_R_20150519225812f7d.jpg
台座付きMG銃座である
DSC02316_R_20150519230555c68.jpg
かなり良い銃座だ、左側に特徴的な2つの掘り込み
DSC02317_R_20150519230556ce8.jpg
実は上下で繋がっている、石を投げたら下に落ちて来た
DSC02318_R_20150519230557d76.jpg
銃眼は、外部側が崩れている
DSC02319_R_20150519230558570.jpg
銃座を出る
DSC02320_R_20150519230601f9e.jpg
さっきスルーした、棲息部
DSC02321_R_20150519231945091.jpg
カプセルホテルのようだ
DSC02322_R_2015051923194704b.jpg
変なでっぱりがある
DSC02323_R_20150519231948d3f.jpg
つづら折の部分を通過する
DSC02326_R_201505192319506d8.jpg
クランク部
DSC02327_R_2015051923195197f.jpg
外部出口への通路(この時点でメンバーにより開口され、右上に明かりが見える)
DSC02330_R_20150520203347659.jpg
測量中のねこさんの邪魔にならない様に、脇を抜けて、外に出る
DSC02331_R_201505202033492ac.jpg
外から見た、大陥没部分は2mほどだろうか
DSC02332_R_20150520203350da6.jpg
一部修復された、壕口を見に行く
DSC02333_R_20150520203351c2a.jpg
確かに開口している
DSC02335_R_20150520203353294.jpg
がんばれば入れそうだ、きへいさんなら
DSC02337_R_20150520204727efc.jpg
次に銃眼を見る、上の岩盤が崩れて来ている
DSC02338_R_20150520204728598.jpg
誰か微笑みながらこっちを見ている
DSC02340_R_20150520204729e1f.jpg
のだの人さんによる修復作業
DSC02342_R_2015052020473158e.jpg
周りを整形し、これ以上崩れない様に落ちていたビンで止めておいた
DSC02344_R_20150520205315e5f.jpg
下山の途中、一人戦列を離れる、変な三角形の穴があると言うので、見に行った
DSC02345_R_20150520205316098.jpg
うん、いつもの祠だね
DSC02346_R_20150520205318583.jpg
おや?
DSC02347_R_201505202053198c1.jpg
なんと!
DSC02348_R_20150520205321427.jpg
下が開いている(また二段式墳墓か?)
DSC02349_R_20150520205841657.jpg
早速飛び降りる
DSC02350_R_2015052020584360b.jpg
結構広いが、半分ゴミで埋まっている
DSC02351_R_2015052020584414d.jpg
なんと、民家に開口しているようだ(ゴミなんか普通に捨てればいいじゃないか!)
DSC02352_R_201505202058456ca.jpg
墳墓にしては大きい、下の壕を掘っていて、上と繋げたのだろう
DSC02354_R_20150520210355ea2.jpg
さぁ出よう、三角の出口から、きへいさんとまききさんが待っていてくれた
DSC02355_R_201505202103570d9.jpg
何気なく合流し、次の作戦会議をする