FC2ブログ

泉水機関銃陣地セカンドアタック その3

DSC00111_R_20181202084627a2e.jpg
山頂まで登るとどうやって持って来たか?こんなんあった(人の背丈が中段ぐらい)
DSC00112_R_20181202084629907.jpg
斜面に隠れた壕口
DSC00116_R_20181202084630db2.jpg
入るとすぐ右に折れる、爆風よけは無い
DSC00117_R_20181202084632624.jpg
更に左へ
DSC00120_R_20181202084633546.jpg
狭い坑道の陣地だ
DSC00121_R_20181202084634d84.jpg
左側の部屋
DSC00124_R_20181202084635ad0.jpg
先はT字路のようだ
DSC00127_R_20181202122529e41.jpg
左に曲がると部屋になる
DSC00129_R_20181202122531cec.jpg
機関銃の銃座だ、この地区の銃座は台座が独立型ではなく棚型である
DSC00132_R_20181202122532f6d.jpg
T字を右に行くと縦長の開口部だ、T字からコノ字に掘られているので、銃眼の隣に開口部となる
DSC00133_R_20181202122533234.jpg
落ちた竹の隙間に開口部を発見した
DSC00138_R_201812021225363bc.jpg
開口部は狭く、水没していた
DSC00142_R_2018120213395348d.jpg
反対側に回り込み、別の開口部から進入する
DSC00143_R_201812021339554f5.jpg
内部は水没+泥濘のコンビネーション
DSC00147_R_20181202133956713.jpg
くの字を曲がると水没が酷く進めないが、外光が見えたのでさっきの開口部に達した様だ、交通壕か?
DSC00149_R_20181202133957a1b.jpg
下りながら最終地点の陣地に向かう
DSC00150_R_2018120213400017f.jpg
ほとんど地上まで降りた所にある(のださんは良く見つけたものだ)
DSC00151_R_2018120213400049a.jpg
ポッカリ開いた大き目の壕口
DSC00152_R_201812021707004f8.jpg
幅1mほどある通路に入って行く
DSC00156_R_201812021707023e9.jpg
ゆるく左に曲がると、真っ直ぐな通路
DSC00161_R_20181202170703c1d.jpg
真ん中辺りに少しだけ広げた空間があるが、床の方はあまり削られていない、堀かけか?
DSC00163_R_201812021707043f1.jpg
T字の突き当たり
DSC00164_R_201812021707059ec.jpg
右はすれ違い所兼爆風よけ
DSC00165_R_20181202171654181.jpg
左に進む通路は陣地らしくうねっている
DSC00168_R_201812021716550d1.jpg
左側のくぼみ
DSC00172_R_2018120217165632d.jpg
ごく小さな弾薬庫の様だ
DSC00175_R_20181202171658929.jpg
狙撃室
DSC00177_R_20181202171700057.jpg
ここは珍しく、銃座左右にくぼみを設けている
DSC00179_R_20181202172652b2f.jpg
特出すべきはこの銃眼
DSC00185_R_201812021726539c6.jpg
異様に狭く長いのだ!これでは射界が狭く、狙える場所がピンポイントにしかならない
DSC00189_R_20181202172654d29.jpg
身を屈めながら脱出する
DSC00193_R_201812021726563e3.jpg
外から見た銃眼
DSC00194_R_20181202172658fc3.jpg
この壕も銃眼と壕口が同じ方向に向いている。つまりは敵が来たら逃げられない玉砕陣地群なのだ
DSC00195_R_201812021745006cf.jpg
登山口まで戻って、旧道にある狙撃陣地を見に行く
DSC00196_R_20181202174502ec5.jpg
この下は切り通しで、5mほどの高さがある、向こうに渡るにはこの倒木を渡る必要がある
DSC00197_R_20181202174502353.jpg
自信の無い人は大回りをして降りて行く
DSC00198_R_2018120217450591e.jpg
かなり深い切り通し
DSC00200_R_20181202174505fa8.jpg
右側に掩蔽部がある
DSC00204_R_201812021745074ea.jpg
クランクしてすぐ終わりの貯蔵壕だろう
DSC00208_R_20181202175705d28.jpg
最後の狙撃陣地
DSC00210_R_201812021757065d3.jpg
せっまい壕口、人一人がやっとだ
DSC00212_R_20181202175708d2e.jpg
入ったら即狙撃口がある軽機関銃陣地
DSC00215_R_201812021757095c9.jpg
一応開口している
DSC00217_R_20181202175711a02.jpg
外から見た銃眼、先にこれを見つけてここから大先生が入ったらしい
DSC00218_R_20181202175713e7a.jpg
この先にも掩蔽部を2つ見つけているらしいが日が落ちかけているのでここまでとする
DSC00221_R_20181202181350b87.jpg
本日の探索終了、お疲れ様でした
005_R_2018120218134370f.jpg
006_R_201812021813440e5.jpg
008_R_201812021813459d3.jpg
今年最後のアナリスト活動となりそうなので、皆で軽く食事をした
011_R_20181202181346120.jpg
話は尽きないが、解散とする
DSC00223_R_2018120218134823c.jpg
時間を潰したおかげで、帰りの渋滞は10km程度ですんだ
スポンサーサイト

泉水機関銃陣地セカンドアタック その2

DSC00025_R_2018112523173315f.jpg
先発隊がこの地区最大の陣地に到着していた
DSC00026_R_20181125231734cc2.jpg
半分埋まっているが、壕口は大きい
DSC00028_R_20181125231736429.jpg
この大きさは、速射砲の砲室かも知れない
DSC00030_R_20181125231737b0d.jpg
一段階狭くなった通路が結構長い
DSC00031_R_201811252317383cf.jpg
左に分岐があるが、真っ直ぐ進む。地面の木の根っこが気色悪い
DSC00033_R_20181125231740108.jpg
小森さんもいっぱいいる
DSC00034_R_201811252317425bc.jpg
先が埋まっている様だが
DSC00035_R_20181125231742dfe.jpg
ギリギリ開口している
DSC00041_R_20181126223715e8c.jpg
右手に細い通路がある
DSC00043_R_20181126223716679.jpg
通路の先は土砂でほとんど埋まっているが
DSC00044_R_20181126223718c17.jpg
隙間から見ると砲室のようだ
DSC00049_R_2018112622371909a.jpg
分岐まで戻る
DSC00051_R_20181126223720dba.jpg
分岐を曲がると、複雑そうな構造が見える
DSC00052_R_2018112622372173b.jpg
右の狭い通路に入ると
DSC00053_R_201811262237236b5.jpg
広い生息室
DSC00056_R_20181126225430f09.jpg
通路の対面には、不自然なスロープのある弾薬庫のような部屋
DSC00060_R_2018112622543277a.jpg
通路は上り勾配で、支保抗の溝も有る
DSC00061_R_20181126225432793.jpg
恐らく測量ミスで、無理に高低差を繋げたのだろう
DSC00062_R_20181126225434dee.jpg
左へ行って見る、背が立たずにキツイ中、更に天井が低くなる
DSC00064_R_2018112622543605d.jpg
こちらは埋没している
DSC00065_R_20181126225438f6b.jpg
その手前に、やはり狭い通路がある
DSC00073_R_20181126231137550.jpg
狭い通路の先は、狭い部屋
DSC00074_R_201811262311391ce.jpg
これは狙撃室
DSC00075_R_20181126231139e12.jpg
銃眼が辛うじて空いている
DSC00082_R_20181126231142f33.jpg
引き返す
DSC00086_R_201811262349243c7.jpg
登って来た分岐を反対側に進む
DSC00087_R_20181126234925397.jpg
ここだけ高くて腰を伸ばせるので、みんな寄って来る
DSC00088_R_2018112623492667c.jpg
左側にある弾薬庫
DSC00089_R_20181126234928d9a.jpg
一段高い入り口がある
DSC00091_R_201811262349291e1.jpg
生息室、雨水の流れ込み等を考えて、高くしているのだろう
DSC00093_R_201811262349319d2.jpg
3cmぐらいの小森さん、かわいい!
DSC00094_R_20181127232921b5b.jpg
部屋から出ると、正面に
DSC00095_R_20181127232923cee.jpg
この壕唯一の灯り置き、ランプがそのまま置けそうだ
DSC00096_R_20181127232924112.jpg
右手の最後の開口部
DSC00097_R_2018112723292611e.jpg
土砂の堆積した出入り口
DSC00098_R_20181127232928906.jpg
外は切り通しになっている
DSC00099_R_20181127232928b8c.jpg
壕口自体はまるで砲室だ
DSC00102_R_20181127233643dbc.jpg
出入り口付近以外は崩落も無く、状態は良い
DSC00103_R_201811272336451ab.jpg
180cmのネコさんにはかなり高さがきつかっただろう、唯一天井の高い所にずっといる
DSC00105_R_20181127233646278.jpg
総軍さんが入れ替わりに開口部に向かう
DSC00108_R_201811272336474a1.jpg
しかしこの根っこは気色悪い、血管のようだ
DSC00109_R_20181127233648f08.jpg
脱出しよう

泉水機関銃陣地セカンドアタック その1

DSC09891_R_201811232314479ef.jpg
まずは万木城から攻め始める
DSC09893_R_20181123231449e71.jpg
自分が天守閣なんぞに登っている内に、メンバーは山に消えて行く
DSC09895_R_2018112323144922e.jpg
自分はいつもの様に違う方向、高さの捜索に向かう
DSC09896_R_20181123231451cfc.jpg
石切り風な物を見かけるだけだった
DSC09897_R_20181123231452c50.jpg
のだ氏と途中で出会ったが、また別々に消えて行く
DSC09900_R_2018112323145485e.jpg
尾根道で見かけた窪み、ここに機銃を据えれば
DSC09901_R_20181123231455bce.jpg
ちょうど下界の道路が見える、あくまで想像だが
DSC09903_R_2018112323145711c.jpg
尾根の旧道だろう切り通しが数ヶ所あった
DSC09909_R_2018112323473162a.jpg
惨敗という事で、次の横山に向かう
DSC09910_R_201811232347333bb.jpg
途中電車等を見ていく
DSC09912_R_2018112323473550c.jpg
DSC09928_R_201811232347358e4.jpg
横山到着、ここはゴルフ場建設の為、大半が削られて望みは薄いのだが、念のための調査だ
DSC09931_R_20181124214639cab.jpg
早速尾根道に登って行く
DSC09934_R_20181124214641c08.jpg
パパさんお目当ての三角点
DSC09935_R_20181124214642bea.jpg
その横にある機銃掩蔽豪にしか見えない窪み
DSC09938_R_20181124214644359.jpg
単独の小壕
DSC09945_R_2018112421464546a.jpg
これと言った成果も無く撤収する
DSC09956_R_20181124222955914.jpg
泉水に移動し、以前見つけた陣地を確認する。一つ目の壕口
DSC09961_R_20181124222957a7a.jpg
単純な一本坑で狙撃口が一つ
DSC09963_R_20181124222958e6c.jpg
砂岩質で、半ば崩れている
DSC09964_R_201811242229594fd.jpg
狙撃口の外は旧道の切り通し
DSC09968_R_20181124225552d8b.jpg
二つ目の壕口
DSC09972_R_201811242255532d2.jpg
硬い岩盤のしっかりした陣地
DSC09975_R_2018112422555521a.jpg
正面の爆風よけ
DSC09977_R_20181124225556953.jpg
右にクランク、爆風よけの手前を左にクランク
DSC09980_R_201811242255570c5.jpg
外光が見える
DSC09983_R_20181124225558b93.jpg
手前の弾薬庫
DSC09991_R_20181124225600617.jpg
狙撃室
DSC09994_R_20181124225601b75.jpg
狙撃室から脱出する
DSC09997_R_20181124231856c7e.jpg
3つ目の壕口
DSC09996_R_20181124231855be1.jpg
すぐ隣に狙撃口がある、珍しい構造
DSC09998_R_2018112423185772a.jpg
ちょっと粘土質の壕口
DSC09999_R_20181124231859dbb.jpg
左へ
DSC00001_R_2018112423264968b.jpg
生息室がある
DSC00004_R_20181124232650ce1.jpg
狭い通路を抜けると
DSC00007_R_20181124232651e64.jpg
左手に表から見た軽機関銃銃座
DSC00008_R_20181124232653e60.jpg
銃眼
DSC00009_R_201811242338412ad.jpg
背面に脱出口がある
DSC00010_R_2018112423384258a.jpg
生息室に戻る
DSC00012_R_2018112423384392b.jpg
陸軍らしい、うねった通路を戻り
DSC00017_R_20181124233844498.jpg
入り口入って右側に進むと直ぐに開口部だった
DSC00022_R_20181124233846462.jpg
壕口から出てくるパパさん
DSC00023_R_20181124233849b7f.jpg
総軍さんもひょっこりはん

いすみの市大東崎砲台(再訪)

DSC02670_R_201702282340000ba.jpg
午前中の探索を終え、山を降りる
DSC02672_R_20170228234002c94.jpg
途中の食堂で飯を食いながら、午後の検討をする
DSC02677_R_20170228234003735.jpg
太東岬海水浴場に車を停める
DSC02679_R_20170302212325c79.jpg
早速洞窟砲台へ向う
DSC02674_R_20170302212323e2f.jpg
ハイキングコースは完全に通行できなくなっていた
DSC02680_R_201703022123261a7.jpg
もうひとつの入り口から登って行く
DSC02681_R_20170302212327e2b.jpg
恐らく砲室だっただろう入り口が見えてくる
DSC02682_R_20170302212329c53.jpg
ハイキングコース化している為、ボックスカルパートで通路が確保されている
DSC02684_R_201703022143291d5.jpg
そこにはこんな物が隠されている
DSC02686_R_2017030221433017d.jpg
狭い通路の下り階段を降りて行く
DSC02687_R_20170302214331f6d.jpg
階段下りて左側は行き止まり
DSC02688_R_20170302214333923.jpg
太い右の通路を進むとT字路になる
DSC02689_R_20170302214334cc3.jpg
T字路右は広場への出口
DSC02691_R_20170302225856cff.jpg
左の出口に向う
DSC02692_R_201703022258573f9.jpg
明るい所に出たが、この先の切り通しに壕口がある
DSC02694_R_2017030222585845e.jpg
四角い大型の壕口
DSC02698_R_20170302225859086.jpg
支保の跡がはっきりと残る
DSC02699_R_201703022259018d4.jpg
棲息部が2つ有る、結構大きめのものだ
DSC02700_R_20170303224604022.jpg
壕内にには怪しげなビンがたくさん落ちている
DSC02701_R_201703032246053ec.jpg
壕内にある謎の穴50cmほど掘られている、部屋のど真ん中に井戸を掘るバカはいないし、浅すぎる
DSC02703_R_2017030322460607a.jpg
もうひとつの棲息部、こちらは馬蹄形の陸軍式通路
DSC02704_R_20170303224608268.jpg
部屋の奥行きは少し長い
DSC02708_R_201703032246096ac.jpg
砲室は外部からの土砂で砲口が埋まってしまっている
DSC02709_R_20170303235057811.jpg
切り通しを戻って行く
DSC02711_R_20170303235100699.jpg
入り口を振り返る、用途不明な穴もある
DSC02713_R_20170303235101f4c.jpg
広場からボックスカルバートを覗くと、面白い眺めだ
DSC02714_R_20170305143611aae.jpg
撤収しよう
DSC02715_R_20170305143613c9e.jpg
ボックスカルパートは味気無い、やっぱり起伏に富んだ素掘り壕がいい
DSC02716_R_20170305143614429.jpg
海を観る、なんとなく高低差が判るだろうか?
DSC02717_R_20170305143615c97.jpg
中心辺りが今出てきたボックス狩るパートの場所だ
DSC02722_R_20170305143617379.jpg
米軍上陸予想地点の一つでもある海岸
DSC02725_R_20170305144915425.jpg
残りの時間、確たる当ては無いが目星の付いている所を散策する
DSC02727_R_20170305144917d2d.jpg
幾つかの小さな穴(民間防空壕、祠、墳墓)らしき物以外成果は上がらなかった
DSC02732_R_2017030514491840e.jpg
そうこうしている間に隊長に再び悪夢が!右手を骨折するトラブルに見舞われる
退院したばかりの体に無理が有ったのだろう、その後も迷惑を掛けまいと何とも無いふりをして探索を続ける
後に骨折と聞き、隊長のガマン強さと気遣いに敬服する。
DSC02733_R_20170305144921602.jpg
メディアでも紹介されているらしい
DSC02741_R_201703051449224d4.jpg
多分これがそう
DSC02740_R_20170305165542f5b.jpg
巨大な人口溜池が出来ていた、何かあっても沈んでいそうだ
DSC02742_R_201703051703073ff.jpg
かろうじて見つけたコンクリートで塞がれた壕口、水路隧道の可能性大なり
DSC02744_R_20170305170309e51.jpg
場所を変えるも、成果は上がらず
DSC02746_R_2017030517031121c.jpg
大した物は見つからない
DSC02747_R_201703051703137be.jpg
ここには無いって確認だけでも成果なんだけどね!
DSC02748_R_2017030517031385f.jpg
早めに探索が終わったので、隊長の退院祝いをする、まさかまた病院に戻る事になるとは・・・

君津市亀山探索

DSC00263_R_20161227182339784.jpg
今回の最終ポイント亀山に到着!難易度高し!
DSC00264_R_201612271823405d3.jpg
まずは一人で一気に登り、ハズレじゃ無い事を確認してメンバーを呼ぶ
DSC00269_R_20161227182341c06.jpg
壕は斜め上に向って登って行く、滑ったら道路まで一直線だ!
DSC00273_R_201612271823437bf.jpg
通路脇にあるベンチ兼物置か?
DSC00274_R_20161227182345701.jpg
真っ直ぐ行った方向は、反対側の斜面から土砂が流入していた
DSC00278_R_2016122718395742c.jpg
右方向には部屋がある、木材が砂塵の下に引いてあった、弾薬庫のようだ
DSC00279_R_20161227183958356.jpg
この壕は、構造が面白い
DSC00280_R_2016122718395974c.jpg
左側にもベンチがある
DSC00281_R_20161227184001b6b.jpg
極めつけはこれ!
DSC00283_R_20161227184002173.jpg
陰影を出してみる、カマドの様にも見えるが煤けた跡が無い、墳墓改造壕なのかも知れない
有事には使う目的で作っただけなのか?上の切り欠きに棒を架け、飯盒や鍋を架けるには打って付けだ、平時は外でやればいいんだし
DSC00285_R_20161227184905014.jpg
壕口に近く、煤煙もあまり気にしなくても良さそうな位置だ
DSC00286_R_20161227184906773.jpg
この入り口付近は居住区だったのか?
DSC00287_R_20161227184908b05.jpg
山向こうの開口部は切り立っており、土木工事現場と現在はなっていて、降りれない
DSC00291_R_20161227184909ae2.jpg
已む無く元のおっかない入り口に戻って行く
DSC00295_R_20161227184911c6f.jpg
幅は狭いものの、壕の完成度としては高い方だった
DSC00296_R_20161228211039e6d.jpg
恐らくは工事現場側の壕口が主出入り口で、道路側は銃眼として掘られた部分が道路拡張工事で削られてしまったのだろう
DSC00297_R_20161228211041896.jpg
滑り落ちない様に坂を下って行く
DSC00298_R_2016122821104225e.jpg
落ちたらちょっと痛そうな高さなので、慎重に脱出する
DSC00299_R_20161228211043e41.jpg
落ち葉で滑るコンクリート斜面を下るのは、登るより困難だ
DSC00300_R_201612291847338d5.jpg
工事現場側の壕口を確認する
DSC00302_R_20161229184734502.jpg
こちらも高い位置にある、同じ様に削り取られているのだろう
DSC00303_R_20161229184735068.jpg
二つ目の穴に移動したが、やはり高すぎる、どっしょもない・・・
DSC00304_R_20161229184738065.jpg
通路部分を削り取られている様が良く判る
DSC00306_R_2016122919035178a.jpg
三つ目も無理すれば何とかって所だったが、自分の車じゃないのでロープが積んで無い、無理はしない事にする
DSC00307_R_20161229190353df0.jpg
この木の又の辺りに在るのだがロープによる懸垂降下しか手が無い
DSC00308_R_20161229190354eeb.jpg
上に登り別の入り口を探して見たが、見つからなかった
DSC00312_R_20161229191033570.jpg
周辺探索に、橋の下に降りてみる
DSC00310_R_201612291910306a0.jpg
遡ると滝に行けるようだ
DSC00311_R_20161229191031de2.jpg
しかし、やたらめったに危なげな足跡が(しかも最近の)あるので、早々に引き上げた
IMG_0174_R_20161229191033189.jpg
今回は大きな物は見付からなかったが、楽しい探索であった(パパさん撮影)

今年も楽しいんで探索をして行きたいな~