FC2ブログ

突発キャンプ後、海軍太東飛行場付属施設再調査

DSC00706_R_201910222044580ba.jpg
仕事帰りに突発的なキャンプに夜道を走る(言いだしっぺはもちろん自分)
IMG_6541_R.jpg
キャンプ地ではいつもの付き合いのいいメンバーが準備をしてくれていた
IMG_6540_R.jpg
みんなだんだん機材が充実して行く気がする
IMG_6542_R.jpg
まずはいつもの焼き鳥から始める
IMG_6547_R.jpg
国産和牛のサーロインの塊を豪快に焼く(うそ)
IMG_6544_R.jpg
ステーキ2枚づつは、さすがに腹に溜まったが美味い!
IMG_6549_R.jpg
とどめのパパさんのスパム焼き!
あと、サンマも1本づつと、キムチ鍋も行ったから、結構な量を食べたと思う
IMG_6548_R.jpg
日付が変わる頃、就寝とする、この二人は明日は仕事である。(自分は代休)
IMG_6545_R.jpg
銀河鉄道が終電になる頃、快適に眠った。
IMG_6554_R.jpg
翌朝日の出と共に起床する
IMG_6555_R.jpg
一人バーナーでお湯を沸かす
IMG_6556_R.jpg
キャンプの朝のコーヒーっていいよね!
IMG_6552_R.jpg
ナイスショット頂きました!
IMG_6558_R.jpg
キムチ鍋の残り汁で鍋いっぱいの朝ラーと焼きギョーザ
IMG_6559_R.jpg
朝飯食って、後片付けしたら解散となった
IMG_6561_R.jpg
一人で前回宿題を残した海軍太東飛行場に向かう
DSC00721_R_2019102222214523c.jpg
まずは畑にいた地権者に許可をとり、車を停めさせてもらって山に入る
DSC00715_R_20191022222143259.jpg
下側を探したが見つからない、尾根道にたどり着き、山越えをする
DSC00716_R_201910222221453b6.jpg
話によると、山の向こう側に昔スケート場を作ったと言う。これがそうなのだろう
DSC00713_R_201910222221454fe.jpg
山の斜面を反対側に降りて行く
DSC00707_R_20191022222139ce3.jpg
穴がある
DSC00712_R_20191022222142589.jpg
しかし横に広い墳墓のようだ
DSC00711_R_20191022222138586.jpg
また一つ、ほとんど埋まった穴がある
DSC00710_R_20191022222137b58.jpg
これはさっきとは違い、倉庫壕に見える。結局これぐらいしか見つからなかった
どうやらこの壕の向かい側にあるようだが、今回は藪が酷く断念、また冬にでも再訪しよう
DSC00717_R_20191022234033d83.jpg
また山を越えて元の場所に戻る、これって山2つ分になるんじゃない?
DSC00720_R_20191022234034fa3.jpg
こんな山奥に廃屋が!ナニ考えてこんな斜面に家建てるんだろう?
DSC00722_R_20191022234034427.jpg
場所を移動して、前回の地下壕に向かう
DSC00769_R_20191022234034857.jpg
幅5m以上の大型の壕だ
DSC00751_R_20191022234033dce.jpg
雨の後なので、斜面が滑る
DSC00752_R_201910222340338bc.jpg
本坑一本の左右に、2階に階段を登った部屋、通路が巡る珍しい地下壕だ
DSC00753_R_20191022234032186.jpg
元々この地下壕は、飛行場が低湿地だった為、盛り土をする為に掘り出した産物だ
DSC00756_R_20191023203802791.jpg
前回も回っているので、一部だけ覗いてみる
DSC00759_R_201910232038046db.jpg
海軍らしい、綺麗な掘り方だ
DSC00758_R_20191023203803c48.jpg
もう一つの出入り口、ちょっと長靴以上に水没している
DSC00757_R_20191023203804b84.jpg
DSC00760_R_20191023203805325.jpg
DSC00767_R_2019102320380735a.jpg
DSC00768_R_20191023203808523.jpg
奥は二段掘りの途中で終わっている
DSC00745_R_20191023211702a79.jpg
外に出て、もう一つの壕口を探す
DSC00747_R_20191023211718ac5.jpg
豪快に水没しているので、これに間違い無いだろう
DSC00744_R_20191023211659f4b.jpg
すぐ横に土塁の壁がある
DSC00743_R_20191023211709720.jpg
乗り越えると、また巨大な壕口が口を開いていた
DSC00728_R_201910232128373e5.jpg
壕口の幅は同程度
DSC00729_R_201910232128389fc.jpg
左側の支保の跡
DSC00730_R_20191023212840217.jpg
右側の支保、壕口付近だけは補強してあったようだ
DSC00731_R_2019102321284017e.jpg
中を見ると、大分様子が違う
DSC00732_R_20191023212842e8c.jpg
二段掘りの途中で終わっている。ある意味かなり貴重な状態だ
DSC00735_R_201910232142497b2.jpg
上の段の掘削跡
DSC00738_R_20191023214252138.jpg
下の段は一本抗になっている、なんで天井を残しているのだろう?
DSC00737_R_2019102321425011a.jpg
さて、2本とも見つけたので撤収する
DSC00770_R_20191023214252a95.jpg
とりあえず山頂まで登ってみる
DSC00772_R_20191023214255e23.jpg
塚があるだけで、特に何も無さそうだった
IMG_6563_R.jpg
この直線道がトロッコの跡で、飛行場まで埋め立ての土砂を運んでいた
IMG_6562_R.jpg
海軍技術研究所跡地
DSC00774_R_2019102321425741c.jpg
DSC00773_R_20191023214255414.jpg
この辺りが兵舎跡なのだが、造成されて原型では無いだろう
DSC00776_R_20191023221341b1f.jpg
海岸にやってきた
DSC00775_R_2019102322133977e.jpg
台風の影響で、壊れたガードレール
DSC00785_R_20191023221350620.jpg
次の目的は陸軍の山砲陣地、この山の何処かにある
DSC00784_R_20191023221348f7c.jpg
適当な所から登ってみる、この日3本目の山登り
DSC00771_R_20191023221338b2f.jpg
この山はひどい、道なんてありゃしないしクマ笹だらけで真っ直ぐ進めない
DSC00781_R_2019102322134548f.jpg
ピークまで登ってきたら、一歩先は崖だった
DSC00782_R_2019102322134701d.jpg
落ちたらちょっと痛そうだ
DSC00779_R_2019102322134128b.jpg
この辺にはいくつかの蛸壺壕がある
DSC00780_R_20191023221343254.jpg
軍隊が居た事は確かな様だが、これ以上の調査は無理のようだ、枯れた頃にまた来よう
IMG_6565_R.jpg
さて、疲れたから今日は撤収する
スポンサーサイト



千葉 海軍太東飛行場司令部壕その他夏キャンプ その2

158_R_20190815224508971.jpg
左側の探索を終え、右側の階段を登る
163_R_20190815224509c08.jpg
一番奥側の入り口は大きい
164_R_2019081522451017d.jpg
入ってすぐに右に曲がる
165_R_20190815224512b93.jpg
細い通路を進む
167_R_20190815224514798.jpg
少し左にずれて、壕が延びる
168_R_20190815224514a73.jpg
右に2つ目の階段
169_R_20190815224516f69.jpg
真正面に反対側の階段が見える
176_R_20190815233727c1c.jpg
通路中央付近は広くなっている
179_R_201908152337321c4.jpg
左側の枝道
180_R_20190815233734307.jpg
ここもT字の部屋になっている
182_R_20190815233734aff.jpg
形状としては弾薬庫なのだが
184_R_201908152337366c5.jpg
ここは奥の上が棚状になっていた
177_R_20190815233729da3.jpg
通路に戻る
178_R_201908152337293a8.jpg
3つ目の階段
 186_R_201908162103176a5.jpg
奥に進む
188_R_20190816210318075.jpg
ちょっとだけ広がった部屋状の空間が有り
190_R_20190816210320c2a.jpg
最後の4つ目の階段を降りる
100_R_2019081621031528a.jpg
既にメンバーは離脱してしまったので、自分も脱出する
196_R_2019081621032024e.jpg
夏場のこんな所で、良く見つかったものだ
198_R_20190816210322f76.jpg
外界に脱出
200_R_201908162103259fd.jpg
全員生きて出られたようだ

201_R_20190816211352ffa.jpg
通りすがりの地元の人にちょっと話を聞くと、昔はこの穴で隠れて寝ていたと話してくれた。
面白いものが有ると見せてくれたのがこれ
202_R_20190816211354f11.jpg
軍人像が建っている
206_R_20190816211356dc1.jpg
庭の上り口は、軍隊が作ったそうだが、藪に埋もれている
207_R_20190816211357087.jpg
庭を回りこむ
209_R_20190816211358642.jpg
他にも数体あるようだ
211_R_20190816211400a39.jpg
どう見ても戦後の石膏のようなので、ネタとしておこう
この地区の探索はここまで、まだネタはあるのでいずれ再調査かな?

IMG_6079_R.jpg
昼飯
IMG_6080_R.jpg
夏休みで店員がおらず、前の人のどんぶり片付けてとか、いろいろやらされた
IMG_6081_R.jpg
後に作り過ぎたからとラーメンをただで貰うパパさんとそのお腹
IMG_6083_R.jpg
チャーシュー浸け麺けっこう美味かった
215_R_20190816213623bda.jpg
食後に一宮の某調整池に移動
217_R_2019081621362425c.jpg
ここから入山する
219_R_2019081621362603a.jpg
山腹にぽっかりと開いた壕口、ここは病院壕だったらしい
221_R_20190816213627c3c.jpg
壕口付近は意外に広い
223_R_20190816220004229.jpg
造りは陸軍のようだ
224_R_2019081622000567f.jpg
分岐点
225_R_2019081622000724b.jpg
分岐を振り返ると横と縦を別々に掘ってきた事がわかる
226_R_201908162200076e3.jpg
一方は開口部へ
227_R_20190816220009100.jpg
一応開口している
228_R_20190816220010eac.jpg
分岐に戻る
233_R_2019081720120957c.jpg
棺のような通路を進む
235_R_201908172012108f4.jpg
左分岐と右に掘り込み
236_R_20190817201211d67.jpg
壕床から30cmぐらい高いので、爆風よけ等ではない
237_R_2019081720121323b.jpg
左は塞がりかけた壕口
238_R_20190817201214411.jpg
通路に戻ると右に折れている
240_R_201908172012169c5.jpg
曲がるとそこに大型TVが?なんでこんな奥に?
241_R_20190817204629deb.jpg
倉庫のような部屋
242_R_201908172046303fb.jpg
掘りかけなのだろうか?真ん中に穴がある
243_R_20190817204632b37.jpg
一応貫通している、通風目的なのだろうか、銃眼では射角が取れないし上向きに開いている
245_R_2019081720463340f.jpg
途中の壕口まで戻る
250_R_201908172046365e8.jpg
外に出た
248_R_20190817204634890.jpg
この近くに砲の陣地が有るという
251_R_20190817204638636.jpg
朝方の雨と夏の激藪で、発見が困難になった
252_R_20190817204639002.jpg
ねこさんが根性で発見!
253_R_20190817204640352.jpg
確かにそれっぽい入り口だ
254_R_20190817210113b39.jpg
ねこさんに続いて入って行く
257_R_20190817210115dfb.jpg
陣地らしいうねった通路
259_R_20190817210115547.jpg
左の部屋にはビニール類が投げ捨てられている
260_R_20190817210118989.jpg
灯り置きの窪み
261_R_2019081721011956e.jpg
開口部が有る、風通しのいい壕だ
264_R_201908172101207f1.jpg
左へ曲がる
266_R_20190817212827ba0.jpg
奥は行き止まり
265_R_201908172139014af.jpg
手前にはもう一つ壕口がある
267_R_20190817212828cd1.jpg
分岐点に戻り、行ってない方向に向かう
268_R_201908172128300b8.jpg
通路幅が広い
270_R_20190817212833b44.jpg
広い開口部、これで一周した
274_R_201908172128335dc.jpg
一応出てみる
269_R_20190817212831f4c.jpg
戻ると何やら別の新規の壕のようだと、ねこさんの記憶と違うらしい、再調査となる
276_R_20190817214658169.jpg
脱出する
278_R_20190817214700dca.jpg
また、藪が枯れた頃に再調査をしてみたい。

千葉 海軍太東飛行場司令部壕その他夏キャンプ その1

IMG_6023_R.jpg
夜も深けた頃、千葉に向かう
IMG_6029_R.jpg
今回の目的は焼き鳥キャンプ
IMG_6027_R.jpg
もちろん肉も少しだけ焼く
IMG_6028_R.jpg
一箱50本が、あっという間に無くなる
IMG_6034_R.jpg
キムチ鍋などつつきながら深夜2時まで語り合う
IMG_6036_R.jpg
翌朝4時過ぎから起き出す人達
IMG_6040_R.jpg
キャンプ地周辺は深い霧に覆われている
IMG_6041_R.jpg
キムチ鍋の残り汁で朝ラーを食べる
IMG_6043_R.jpg
寝てるから探索行って来てと転がるパパさん
IMG_6044_R.jpg
天罰の様に雨が振り出し、2時間近く様子見となる
IMG_6047_R.jpg
まずは太東崎砲台(10cmカノン砲2門)
IMG_6048_R.jpg
洞窟砲台2ヶ所の内一つはボックスカルバートで近年ハイキングコースの通路にされてしまっている
IMG_6053_R.jpg
こんな状態
IMG_6052_R.jpg
ボックスの左右には
IMG_6054_R.jpg
いまなお弾薬庫を備えた陣地が残る
IMG_6055_R.jpg
もう一門は、この時期の藪と今朝方の雨で行ける状態では無かった
IMG_6056_R.jpg
コンビニで作戦会議をする
IMG_6057_R.jpg
この山に陸軍の山砲陣地があるらしいのだが、上り口がわからない
IMG_6060_R.jpg
ねこさんがバイクで登れそうな所を探し回ってくれるが、陸地は私有地が多く上れそうにないらしい
IMG_6064_R.jpg
灯台側から山越えルートが無いか探しに来た
IMG_6065_R.jpg
IMG_6066_R.jpg
ここに7.7mm機銃が2基置かれていた。以前は酷い間違えが表記されていた看板だったが、修正されたようだ
IMG_6067_R.jpg
展望台に上がる
IMG_6069_R.jpg
侵食により、これより数十m先は旧灯台と遺構ごと海に転落した
IMG_6070_R.jpg
大型レーダー1基、小型4基有ったらしいが、残っているのは小型のこれ1基と銃座1基のみ
IMG_6074_R.jpg
若干のコンクリート片は売店裏に点在する
IMG_6073_R.jpg
あの山が目的の山なのだが、とても行ける山道は無かった
095_R_20190814160309496.jpg
太東飛行場格納壕がこの辺にあるという
096_R_20190814160310d74.jpg
それらしいくぼ地はあるが小さい、中々見つからず撤収する事になったが、後一歩踏み込む
194_R_20190814160312e54.jpg
あった、無線機で撤収中のメンバーを呼び戻す
097_R_2019081416031146b.jpg
大きいが機体は入らない、物資格納壕なのだろう
1565685815097_R.jpg
メンバーが追いついてきた
1565686031343_R.jpg
入り口は崩落よりも、造成の残土投棄か?
106_R_2019081418010335a.jpg
入り口付近のみ、しっかりとした支保抗がされていたようだ
108_R_201908141801049bc.jpg
なんと、格納壕のはずが階段がある
109_R_2019081418010530f.jpg
右にも左にも複数の階段が見えている、萌える!
110_R_20190814180107e33.jpg
階段を上がると更に地下壕が伸びている
111_R_20190814180108f99.jpg
左に曲がるとT字にぶつかる
112_R_20190814180110d15.jpg
爆風よけが付されていないので、陣地では無さそうだ
114_R_201908141801112f2.jpg
左は短い
115_R_20190814180114c3c.jpg
右は少し長い
117_R_201908141801140b5.jpg
通路に戻る
119_R_20190814180116a0d.jpg
左に曲がるともう一つの開口部が見える
121_R_20190814180117c5e.jpg
出入り口は水没しており外部に出ていない
122_R_20190814211723c54.jpg
水没部分手前に右手に岐路がある
124_R_20190814211724571.jpg
L字に折れて終わり、衛所のような物か?
126_R_201908142117255da.jpg
通路に戻る
127_R_20190814211726d0d.jpg
変則十字路、右が来た方向
129_R_2019081421172811b.jpg
左に曲がる
132_R_20190814211730c2c.jpg
突き当りを右に折れると通路幅が変則的になる
134_R_2019081421314307c.jpg
海軍らしい通路が続く
135_R_20190814213144244.jpg
陸軍と違い、90度にカクカクと曲がる
137_R_20190814213145836.jpg
しかし、見通せないように通路分だけずらして作ってある
138_R_20190814213147be1.jpg
この部屋は、かなりぬかるんでいる
139_R_20190814213148384.jpg
なぜかここだけが天井から水滴が落ちまくっている、雨の影響だろう
140_R_20190814213149d40.jpg
反対側
141_R_2019081421315134a.jpg
通路に戻り、奥に進む
142_R_20190814225326e9f.jpg
ずらした交差点
143_R_20190814225328035.jpg
右側からパパさんが来た
144_R_20190814225331947.jpg
左の方に移動する
145_R_201908142253310bc.jpg
右に曲がると長い通路
146_R_2019081422533237e.jpg
147_R_201908142253337f2.jpg
メイントンネルに出た
149_R_20190814225335801.jpg
足元は階段状になっているが左方向に曲がっている
150_R_201908142253379d9.jpg
左側はメイントンネルの最深部
155_R_20190814225338857.jpg
降りて来た階段部分
158_R_20190814225339906.jpg
ざっと50mぐらいだろうか、これは飛行場造成の為に必要な土砂を山から掘り出したトンネルを、司令部に転用した変わった形の壕である。

千葉 高山田御宿砲陣地

DSC03709_R_20190114204048644.jpg
日の出と共に千葉に向かう
DSC03710_R_20190114204049a1a.jpg
館山の某駐車場に集合、御宿高山田に移動する
DSC03711_R_20190114204050c5a.jpg
目的地手前で、通りすがりに県道176号線で壕口発見!
DSC03714_R_20190114204054363.jpg
道路沿いなので、お決まりのゴミ捨て場になっていた
DSC03712_R_2019011420405284c.jpg
T字になり、右側は人為的封鎖
DSC03716_R_20190114211154c78.jpg
左に進むとまたすぐに左に折れる
DSC03719_R_20190114211155896.jpg
崩落気味だが壕内が少し広くなる
DSC03722_R_20190114211157f15.jpg
天井から、土が崩れ落ちている部屋状の空間がある
DSC03725_R_201901142111580cc.jpg
ライトの光と別に、外光が差し込んでいるが、入る事が出来ない
DSC03727_R_2019011421120092b.jpg
振り返ると、それなりにしっかりした壕である事が伺える
DSC03728_R_20190114211201571.jpg
総軍さんも確認に首を突っ込む
DSC03733_R_20190114211202c03.jpg
外に出て隣の壕口を見る
DSC03736_R_201901142112045b0.jpg
1mで右に曲がっているが入らなかった、瓦礫で封鎖された所だと思っていたが、良く見ると内部からは外が見えていたのに、これは曲がっている、違う壕口らしい?
DSC03737_R_20190114211205a15.jpg
外観はこんな感じ
DSC03742_R_201901142155121bd.jpg
付近に有った別の壕口
DSC03743_R_20190114215512a53.jpg
中に入ると、すぐに左へ
DSC03744_R_20190114215513b80.jpg
2ブロックに別れた貯蔵壕のようだ
DSC03746_R_20190114215515046.jpg
少し上に登ってみると、小さな壕がある
DSC03747_R_201901142155163bd.jpg
完全水没の壕口(だと思う)
DSC03748_R_20190114215517b7e.jpg
コンクリートの水槽等も有った、人家が近いのでここまでとする


DSC03750_R_201901142214140fe.jpg
御宿本来の探索ポイントにやって来た
DSC03749_R_201901142214135ff.jpg
しかし、壕口は4mほどの高さにあり、恐らく手前部分を削り取られているのだろう
DSC03751_R_201901142214150b3.jpg
付近にネコさんが銃眼を見つけていた
DSC03752_R_20190114221417298.jpg
体一つギリギリだが何とか入れそうだ
DSC03754_R_20190114221418304.jpg
銃眼から入ってみると、何故か上も空いていた?明らかにおかしな造りだ
DSC03755_R_201901142214195eb.jpg
支保抗が残っていたが、何故かコンクリート巻きだ
DSC03763_R_20190114221422006.jpg
床も部分的にコンクリートが見られる、砲の脚を広げる三角形をしているので、砲室の様である
DSC03758_R_20190114221421649.jpg
奥を覗くと登り勾配で開口しているのが見える
DSC03765_R_20190114225314045.jpg
上に上がって行くと、右に通路がある
DSC03766_R_20190114225315b9e.jpg
生息部の様だ、長方形の部屋がある
DSC03767_R_2019011422532023b.jpg
部屋にもう一つ出口が有り別の通路に出れる
DSC03769_R_201901142253187c5.jpg
背の低い通路を進む
DSC03770_R_201901142253195c3.jpg
20mほどで外光が見える
DSC03771_R_2019011422532112b.jpg
下から見た壕口に出たようだ
DSC03772_R_20190114225322bdf.jpg
ここは部屋状に広がっており、県道を狙う速射砲があったと思われる
DSC03773_R_20190114225325929.jpg
しかしこの狭さは何とかして欲しい
DSC03774_R_20190114230612d74.jpg
これで砲弾を円滑に運べたのだろうか?
DSC03775_R_2019011423061443a.jpg
生息部に戻ると、総軍さんが壕内図を起こしていた
DSC03776_R_201901142306152ec.jpg
この交差点にのみ、灯り置きが見られた
DSC03778_R_20190114230618812.jpg
左は入ってきた銃眼方向
DSC03777_R_20190114230617d2d.jpg
ここに弾薬庫が1つある
DSC03779_R_20190114230619911.jpg
上部開口部に向かう
DSC03781_R_20190114231634b67.jpg
外に出てみた
DSC03783_R_2019011423163723f.jpg
谷屋の何も無い場所だったが、壕を掘るには最適だ
DSC03782_R_2019011423163662b.jpg
霜柱を踏みながら二手に分かれて少し探索する
DSC03784_R_20190114231639d64.jpg
幾つかそれらしい所もあったが、嫌な植物が引っ付くので諦めた
DSC03786_R_20190114231640743.jpg
壕内に戻り、出口に向かう
DSC03787_R_20190114231641237.jpg
床のコンクリートは、壁面の擁壁工事の時の物かも知れないDSC03789_R_201901142316433ca.jpg
無事脱出
DSC03791_R_20190114231645766.jpg
外から見ると、下が砲口で上は観測窓なのかも知れない

泉水機関銃陣地セカンドアタック その3

DSC00111_R_20181202084627a2e.jpg
山頂まで登るとどうやって持って来たか?こんなんあった(人の背丈が中段ぐらい)
DSC00112_R_20181202084629907.jpg
斜面に隠れた壕口
DSC00116_R_20181202084630db2.jpg
入るとすぐ右に折れる、爆風よけは無い
DSC00117_R_20181202084632624.jpg
更に左へ
DSC00120_R_20181202084633546.jpg
狭い坑道の陣地だ
DSC00121_R_20181202084634d84.jpg
左側の部屋
DSC00124_R_20181202084635ad0.jpg
先はT字路のようだ
DSC00127_R_20181202122529e41.jpg
左に曲がると部屋になる
DSC00129_R_20181202122531cec.jpg
機関銃の銃座だ、この地区の銃座は台座が独立型ではなく棚型である
DSC00132_R_20181202122532f6d.jpg
T字を右に行くと縦長の開口部だ、T字からコノ字に掘られているので、銃眼の隣に開口部となる
DSC00133_R_20181202122533234.jpg
落ちた竹の隙間に開口部を発見した
DSC00138_R_201812021225363bc.jpg
開口部は狭く、水没していた
DSC00142_R_2018120213395348d.jpg
反対側に回り込み、別の開口部から進入する
DSC00143_R_201812021339554f5.jpg
内部は水没+泥濘のコンビネーション
DSC00147_R_20181202133956713.jpg
くの字を曲がると水没が酷く進めないが、外光が見えたのでさっきの開口部に達した様だ、交通壕か?
DSC00149_R_20181202133957a1b.jpg
下りながら最終地点の陣地に向かう
DSC00150_R_2018120213400017f.jpg
ほとんど地上まで降りた所にある(のださんは良く見つけたものだ)
DSC00151_R_2018120213400049a.jpg
ポッカリ開いた大き目の壕口
DSC00152_R_201812021707004f8.jpg
幅1mほどある通路に入って行く
DSC00156_R_201812021707023e9.jpg
ゆるく左に曲がると、真っ直ぐな通路
DSC00161_R_20181202170703c1d.jpg
真ん中辺りに少しだけ広げた空間があるが、床の方はあまり削られていない、堀かけか?
DSC00163_R_201812021707043f1.jpg
T字の突き当たり
DSC00164_R_201812021707059ec.jpg
右はすれ違い所兼爆風よけ
DSC00165_R_20181202171654181.jpg
左に進む通路は陣地らしくうねっている
DSC00168_R_201812021716550d1.jpg
左側のくぼみ
DSC00172_R_2018120217165632d.jpg
ごく小さな弾薬庫の様だ
DSC00175_R_20181202171658929.jpg
狙撃室
DSC00177_R_20181202171700057.jpg
ここは珍しく、銃座左右にくぼみを設けている
DSC00179_R_20181202172652b2f.jpg
特出すべきはこの銃眼
DSC00185_R_201812021726539c6.jpg
異様に狭く長いのだ!これでは射界が狭く、狙える場所がピンポイントにしかならない
DSC00189_R_20181202172654d29.jpg
身を屈めながら脱出する
DSC00193_R_201812021726563e3.jpg
外から見た銃眼
DSC00194_R_20181202172658fc3.jpg
この壕も銃眼と壕口が同じ方向に向いている。つまりは敵が来たら逃げられない玉砕陣地群なのだ
DSC00195_R_201812021745006cf.jpg
登山口まで戻って、旧道にある狙撃陣地を見に行く
DSC00196_R_20181202174502ec5.jpg
この下は切り通しで、5mほどの高さがある、向こうに渡るにはこの倒木を渡る必要がある
DSC00197_R_20181202174502353.jpg
自信の無い人は大回りをして降りて行く
DSC00198_R_2018120217450591e.jpg
かなり深い切り通し
DSC00200_R_20181202174505fa8.jpg
右側に掩蔽部がある
DSC00204_R_201812021745074ea.jpg
クランクしてすぐ終わりの貯蔵壕だろう
DSC00208_R_20181202175705d28.jpg
最後の狙撃陣地
DSC00210_R_201812021757065d3.jpg
せっまい壕口、人一人がやっとだ
DSC00212_R_20181202175708d2e.jpg
入ったら即狙撃口がある軽機関銃陣地
DSC00215_R_201812021757095c9.jpg
一応開口している
DSC00217_R_20181202175711a02.jpg
外から見た銃眼、先にこれを見つけてここから大先生が入ったらしい
DSC00218_R_20181202175713e7a.jpg
この先にも掩蔽部を2つ見つけているらしいが日が落ちかけているのでここまでとする
DSC00221_R_20181202181350b87.jpg
本日の探索終了、お疲れ様でした
005_R_2018120218134370f.jpg
006_R_201812021813440e5.jpg
008_R_201812021813459d3.jpg
今年最後のアナリスト活動となりそうなので、皆で軽く食事をした
011_R_20181202181346120.jpg
話は尽きないが、解散とする
DSC00223_R_2018120218134823c.jpg
時間を潰したおかげで、帰りの渋滞は10km程度ですんだ