FC2ブログ

京都 東寺(夜桜ライトアップ)、京都駅

DSC09739_R_20200428220533703.jpg
日没直後の東寺
DSC09740_R_20200428220535246.jpg
夜桜ライトアップが始まる
DSC09746_R_20200428220535a25.jpg
DSC09752_R_202004282205375d1.jpg
残念ながら多少の風が小波を作る
DSC09757_R_20200428220539e59.jpg
DSC09761_R_202004282205401a7.jpg
DSC09762_R_2020042822054367d.jpg
DSC09769_R_2020042921402139b.jpg
DSC09774_R_20200429214023340.jpg
DSC09776_R_20200429214025bae.jpg
DSC09779_R_2020042921402635a.jpg
DSC09789_R_20200429214027bcb.jpg
DSC09792_R_20200429214028e77.jpg
DSC09795_R_20200429214030ed2.jpg
DSC09799_R_202004292140317ef.jpg
DSC09802_R_20200429214033155.jpg
月を見上げながら京都駅に向かう
IMG_8433_R.jpg
京都駅到着
IMG_8434_R.jpg
見かけないパネルに気が付いた
IMG_8435_R.jpg
何か新しいフォトスポットを作ったらしい、何ヶ所かあるようだ
IMG_8438_R.jpg
とりあえず2つ目
IMG_8439_R.jpg
ツイン京都タワー
IMG_8442_R.jpg
桜吹雪の東広場
IMG_8446_R.jpg
IMG_8447_R.jpg
壁面を上手く使って投影している
IMG_8455_R.jpg
暫らく見ているのもいいものだ
IMG_8444_R.jpg
3つ目
IMG_8459_R.jpg
西側の大階段、円山公園の枝垂れ桜
IMG_8441_R.jpg
最後の一つ
IMG_8449_R.jpg
床の穴に浮いてる様な、トリックアート
IMG_8450_R.jpg
ぽっかり空いた穴に見える
IMG_8452_R.jpg
角度を変えると、こんなんだけど
IMG_8454_R.jpg
ローム本社ビルにもイルミネーションが点いた
IMG_8461_R.jpg
当面見れなくなるだろう京都タワーをしっかり目に焼き付けて横浜に戻った
IMG_8463_R.jpg
よく腫れた京都から戻ったら、車に雪が積もっているギャップに驚いた
スポンサーサイト



京都 平安神宮、京都御苑

DSC09633_R_202004232111000ed.jpg
平安神宮にやってきた
DSC09634_R_2020042321110230f.jpg
平安神宮も桜の名所だが、どっちかと言うと外部の疎水の方なのだ
DSC09640_R_202004232111024e3.jpg
日曜の真昼間の平安神宮
DSC09643_R_2020042321110417b.jpg
有名な場所だが、中華形式で近年建てられた神社、歴史は浅い
DSC09644_R_20200423211106808.jpg
DSC09646_R_20200423211107352.jpg
左近の桜
DSC09655_R_20200423211114e49.jpg
参道ではガラクタ市を開いていた
DSC09651_R_20200423211108b83.jpg
砲弾
DSC09652_R_2020042321111020a.jpg
軍パイ
DSC09653_R_20200423211112ec3.jpg
水筒、飯ごう、弁当箱
DSC09654_R_20200423211113d6c.jpg
倍のサイズの酒瓶
DSC09657_R_202004232211541ec.jpg
琵琶湖疎水
DSC09660_R_20200423221155581.jpg
ここの桜が京都では一番有名かも?
DSC09662_R_202004232211577ee.jpg
DSC09666_R_20200423221158223.jpg
ボタン桜と大鳥居
DSC09671_R_20200423221159cfa.jpg
朱色と桜はよく似合う
IMG_8431_R.jpg
峯嵐堂で、わらびもちを食べて行く
IMG_8429_R.jpg
おうすととろけるわらびもちセット
IMG_8427_R.jpg
店内に入って驚いた
IMG_8425_R.jpg
壁中キーヤンの壁画でいっぱいだ!
DSC09676_R_20200423221200b33.jpg
鴨川を渡る
DSC09677_R_202004232229110ea.jpg
京都御苑に来た
DSC09678_R_20200423222912c6d.jpg
京都御苑の桜も有名だが、咲いている場所は限られる
DSC09679_R_20200423222914228.jpg
DSC09681_R_20200423222914827.jpg
大島桜
DSC09683_R_202004232229160f6.jpg
鬼のように広い苑内
DSC09685_R_20200423222918121.jpg
DSC09688_R_20200426230210295.jpg
DSC09691_R_20200426230212dcc.jpg
夕日がやばくなって来た
DSC09693_R_202004262302156e1.jpg
DSC09694_R_20200426230213bd5.jpg
面白い桜があった
DSC09695_R_20200426230216237.jpg
DSC09707_R_20200426230217af9.jpg
残り約10分かな?
DSC09716_R_202004262302219ef.jpg
DSC09710_R_20200426230221187.jpg
夕日に染まった桜
DSC09718_R_20200426230948bc7.jpg
近衛の枝垂れ桜
DSC09725_R_2020042623095067f.jpg
DSC09731_R_2020042623095285a.jpg
DSC09735_R_20200426230954d8b.jpg
DSC09737_R_20200426230954217.jpg
ギリギリまで粘って、京都御苑を後にする

京都 哲学の道(霊鑑寺門跡、銀閣寺)、岡崎神社

DSC09510_R_20200420204148b4d.jpg
霊鑑寺門跡
DSC09511_R_20200420204509097.jpg
椿の回遊式庭園で有名なお寺
DSC09514_R_20200420204149bf7.jpg
椿の水鉢
DSC09521_R_20200420204151d94.jpg
多種多様な椿が浮かんでいる
DSC09558_R_20200420204511c7f.jpg
DSC09559_R_20200420204512020.jpg
全てこの庭で咲いている椿だ
DSC09528_R_202004202041560c2.jpg
日光椿(じっこうつばき)
DSC09539_R_20200420204158746.jpg
DSC09545_R_202004202041594b2.jpg
DSC09551_R_20200420204200e5b.jpg
DSC09546_R_202004202158211c1.jpg
DSC09547_R_202004202158238e8.jpg
DSC09549_R_2020042021582482f.jpg
DSC09557_R_2020042021582547e.jpg
「おそらくこれに勝る椿は他にない」との銘銘、一枝に三色の花が咲く椿
DSC09561_R_20200420221727a7c.jpg
哲学の道に戻る
DSC09566_R_20200420221729c65.jpg
ちゃんと営業している無人販売所
DSC09569_R_202004202217306af.jpg
ちょっとそそられたカフェ
DSC09572_R_20200420221733ebd.jpg
まねき屋チェーン店
DSC09571_R_20200420221734f76.jpg
学問の道終点銀閣寺参道
DSC09574_R_2020042022173586f.jpg
うまく作ったもんだ
DSC09575_R_2020042121210199d.jpg
銀閣 慈照寺に到着
DSC09578_R_2020042121210365d.jpg
向月台
DSC09582_R_2020042121210465b.jpg
銀閣(観音殿)
DSC09586_R_2020042121210625f.jpg
銀砂灘
DSC09593_R_20200421212106d03.jpg
洗月泉
DSC09595_R_20200421212108d92.jpg
錦鏡池
DSC09598_R_202004212121104ad.jpg
展望所より
DSC09603_R_20200421222849dd0.jpg
ここから見える、赤い目印の木
DSC09604_R_20200421222850308.jpg
被爆アオギリが移植され、繁殖している
DSC09605_R_20200421222851233.jpg
大阪城といい、関西は被爆が身近にあったんだなと思う
DSC09607_R_20200421222853fae.jpg
参道を次へと向かう
DSC09609_R_20200421224345fb4.jpg
岡崎神社に到着
DSC09611_R_20200421224347e58.jpg
うさぎが有名な神社だ
DSC09615_R_20200421224349510.jpg
狛犬の他に、狛うさぎがいる
DSC09613_R_20200421224350bb7.jpg
桜は僅かばかり
DSC09622_R_202004212243534e7.jpg
DSC09623_R_202004212243552a2.jpg
DSC09630_R_20200421224356271.jpg
イたるところにウサギがいる
DSC09619_R_20200421224354a64.jpg
究め付けはこれ
DSC09618_R_2020042122435134c.jpg
インスタバエだ
DSC09627_R_20200421230429ee6.jpg
では、また

京都 (永観堂、哲学の道、熊野若王子神社、大豊神社)

DSC09365_R_20200419151225507.jpg
紅葉で有名な永観堂
DSC09366_R_20200419151227c86.jpg
DSC09370_R_202004191512303ec.jpg
DSC09367_R_2020041915123048c.jpg
時期を外せば10時でも閑散としている
DSC09376_R_2020041915123224a.jpg
桜も昨日の雨でかなり散ってしまったようだ
DSC09379_R_20200419151232542.jpg
唐門と身を清める為の盛り砂
DSC09384_R_20200419151234b99.jpg
DSC09385_R_20200419151235521.jpg
廊下に舞い散る桜がいい
DSC09387_R_20200419151238766.jpg
DSC09388_R_20200419151241fb0.jpg
臥龍廊
DSC09386_R_202004191512396c2.jpg
登り切った所にある水吟窟
DSC09389_R_202004191512415fe.jpg
多宝塔に向かう
DSC09393_R_202004191512434e1.jpg
多宝塔にはこだまがいた
DSC09394_R_20200419162036976.jpg
多宝塔からの眺めは良い
DSC09396_R_20200419162038558.jpg
放生池
DSC09397_R_20200419162038beb.jpg
DSC09398_R_20200419162041f0a.jpg
弁天社
DSC09399_R_202004191620413fc.jpg
永観堂を後にする
DSC09404_R_2020041916304539c.jpg
哲学の道に入る前に、熊野若王子神社に立ち寄る
DSC09406_R_20200419163047cd1.jpg
DSC09408_R_2020041916304848d.jpg
DSC09410_R_202004191630509ee.jpg
ちょうど桜花祭の時期だ
DSC09414_R_202004191630514e5.jpg
小さな神社だが、桜の枝ぶりは良かった
DSC09415_R_20200419163051822.jpg
その裏手の山に上る
DSC09416_R_20200419165237f8c.jpg
ちょっとした広場に出る
DSC09417_R_202004191652396c8.jpg
映画で知られた陽光桜を見に来た
DSC09426_R_20200419165242f90.jpg
DSC09419_R_202004191652409ee.jpg
一重の濃いピンクが特徴
DSC09424_R_202004191652435fe.jpg
かなり昨夜の雨で散ってしまい、一面ピンクの絨毯になっていた
DSC09429_R_20200419170721673.jpg
竜宮神社から登っていくと滝があるらしい
DSC09432_R_2020041917072431c.jpg
意外と登りそうだ
DSC09435_R_202004191707258eb.jpg
え、これ?って感じの水量しかない滝だった
DSC09430_R_20200419170722102.jpg
途中で見た、木の股から流れ出る小滝の方が面白い
DSC09439_R_20200419170726670.jpg
哲学の道、南基点
DSC09442_R_20200419201252ca5.jpg
さすがに哲学の道は2km程度のお散歩コースとあり、沢山の人がいた
DSC09441_R_20200419201251de9.jpg
ほぼ必ず鴨もいる
DSC09446_R_20200419201253165.jpg
もちろん桜の名所として有名だ
DSC09452_R_20200419201257655.jpg
それでも南起点側はお店が少ない分人も少なめ
DSC09450_R_20200419201257247.jpg
のんびり散策出来る
DSC09457_R_20200419201258e7b.jpg
途中の大豊神社に寄って行く
DSC09461_R_20200419201259dee.jpg
見事な大振りの桜に気を取られるが
DSC09466_R_20200419201302c61.jpg
ここの象徴は椿である
DSC09464_R_20200419201303aa1.jpg
この時期だけの椿と桜のコラボ
DSC09473_R_202004192025529d1.jpg
ここの名物狛犬ならず、狛ねずみ
DSC09475_R_2020041920255425a.jpg
この時は片方だけに椿が乗っていたので
DSC09481_R_20200419202555fac.jpg
反対側にも赤いのを乗せてみた(悪戯ではなくて、これが本来の形だったりする)
DSC09489_R_20200419202557a71.jpg
ねずみくじ、中におみくじが入っている
DSC09486_R_20200419202558e72.jpg
沢山の椿の品種を見ながら次に向かう
DSC09492_R_202004192041417bc.jpg
ふたたび哲学の道
DSC09495_R_20200419204143515.jpg
桜だけでなく、いろんな花も咲いている
DSC09496_R_20200419204146d50.jpg
黄色い三叉も咲いていた
DSC09500_R_20200419204146c2e.jpg
この辺は川幅が狭くなるので、桜の密集度も高い

京都 (蹴上インクライン、水路閣、南禅寺)

DSC09202_R_2020041910542364e.jpg
翌朝、雨の上がった花見小路
DSC09203_R_20200419105425a22.jpg
白川の桜
DSC09207_R_20200419105425ab8.jpg
鴨川に向かう
DSC09214_R_20200419105429f80.jpg
鴨川沿いもお花見スポットだ
DSC09217_R_202004191054295c4.jpg
蹴上駅を降りて、普通の逆の日向大神宮方向に向かう
DSC09219_R_202004191054315f7.jpg
琵琶湖疏水第三トンネル
DSC09223_R_202004191054352d8.jpg
この建物が近くで見たいがポンプ場内は立ち入り禁止
DSC09220_R_20200419105432c91.jpg
琵琶湖から来た船は、高低差があり過ぎる為、ここで台車に乗り昇降することになる
DSC09231_R_20200419114756bc9.jpg
DSC09236_R_20200419114758c91.jpg
前日までの予約で、琵琶湖疏水船に乗れるらしい(季節限定)
DSC09235_R_202004191147584ae.jpg
乗り場からはあの煉瓦建物が間近かに見れるが当然予約なんてしていない。
DSC09240_R_2020041911480013f.jpg
DSC09244_R_20200419114802fc6.jpg
DSC09253_R_202004191148049cf.jpg
落差36mの高低差を克服した明治の技術
DSC09258_R_20200419114804de2.jpg
入っていいのか知らんが、奥に行ける
DSC09260_R_2020041911480611e.jpg
中々の迫力だった
DSC09261_R_20200419121211eee.jpg
インクラインは桜の通り抜けとして遊歩道になっている
DSC09263_R_202004191212138d0.jpg
登り下りの2本の線路は、鉄道よりも間隔が広い
DSC09273_R_202004191212158c0.jpg
イギリスから輸入されたレールには、刻印があるらしいが見つからない
DSC09295_R_202004191212165ac.jpg
少しだけ覗いた青空
DSC09298_R_20200419121219696.jpg
橋の上から覗いた線路
DSC09318_R_2020041912293445a.jpg
ブルーボトル南禅寺店で朝食をとる
DSC09311_R_2020041912293277a.jpg
昨日ぼてじゅうでお腹を壊したので、エスプレッソとクッキーだけ
DSC09320_R_202004191229346ae.jpg
南禅寺三門
DSC09326_R_2020041912293716c.jpg
DSC09335_R_20200419122938110.jpg
水路閣には桜が無いのが残念だ
DSC09339_R_20200419122939019.jpg
DSC09341_R_20200419122940c72.jpg
煉瓦のアーチは美しい
DSC09342_R_20200419134209e1c.jpg
DSC09345_R_20200419134210ef2.jpg
DSC09346_R_20200419134210afe.jpg
DSC09354_R_20200419134213083.jpg
DSC09355_R_2020041913421556e.jpg
DSC09363_R_20200419134215342.jpg
南禅寺と桜を見ながら次に進む