神戸ルミナリエ(2016)

関東の人にはあまり馴染みの無いものかも知れないが、関西に住む人にとっては大切な催しである
関東の人にとってはただのイルミネーションにしか、感じないのかも知れないが、これは

「阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を永く後世に語り継いでいくとともに、まちのさらなる魅力発信と神戸地域への集客を目的に開催する。」

と言う趣旨の、鎮魂と復興の為の催しなのである。
1481027720597_R.jpg
人によって感じ方は様々だろう
1481027706891_R.jpg
ただ、「綺麗だな~」って感じてくれるだけでも良い
1481027717315_R.jpg
楽しんで貰える事は良いことだ、それも趣旨の一つでもある
1481027733652_R.jpg
ほんの一瞬だけでもいい、21年前に起きた震災による悲しい出来事がここにはあった事を考えて欲しい
1481027740078_R.jpg
横浜の関東人が、偉そうに言う事ではないかも知れないが、是非ここに来て共感して欲しい
1481027742906_R.jpg
小学生ぐらいの子供を連れたお母さんが、天井を一心に見つめる子供に、震災の事をゆっくりと噛み締めるように話していた
ふと見ると、それを聞いていたのは自分だけではなく、何人か聞き入っていた
1481027745654_R.jpg
神戸の人は、ちゃんと伝えていっているんだな、次の世代へ!聞いてて何か嬉しくなった
1481027748469_R.jpg
街道沿いや会場内に、募金箱が設置されている
1481027753929_R.jpg
この催しは企業を含む、募金で成り立っているらしい、これは大変な努力を有する
1481027756688_R.jpg
基本は100円募金なのだが、以下でも以上でも構わない、ようは気持ちの問題だから
1481027759289_R.jpg
これだけの物を見せてもらって、100円ぐらい安いものだ
1481027762432_R.jpg
会場整理などは、ボランティアの人達が行っているそうだ
1481027772133_R.jpg
人波に飲まれながら街路樹のイルミを見て歩く
1481027774863_R.jpg
大丸神戸店もライトアップ
1481027786918_R.jpg
神戸ルミナリエは12/2~12/11までの間しかやっていない、今週末が最後のチャンスだ
1481027766636_R.jpg
この感動をみんなに味わって欲しいと思う、そしてこれは慰霊と復興の為の模様しだと覚えて欲しい
ただ綺麗なだけではなく、人々の魂の輝きなんだと思う
スポンサーサイト

神戸から梅田に行ってみた

IMG_1637_R.jpg
朝はのんびりと神戸の街を散歩した
IMG_1638_R.jpg
メリケンパーク入口にある「神戸税関万国波止場」の銘板、第二次大戦時には敵国ということで
「メリケン波止場」からこの銘板に付け替えられたそうだ
IMG_1640_R.jpg
昨夜と変わった顔を見せている旧居留地のビルを見歩く
IMG_1641_R.jpg
壁に残る、米軍の機銃掃射痕もアクセントに見える
IMG_1643_R.jpg
のんびりと38番館に歩いてきた
IMG_1649_R.jpg
ちょっといい感じのカフェがあった
IMG_1645_R.jpg
IMG_1644_R.jpg
軽くお茶していく
IMG_1650_R.jpg
阪神電鉄で、ある目的のために梅田に向かう
IMG_1656_R.jpg
梅田到着
IMG_1657_R.jpg
中心地梅田は、今日も賑わっている
IMG_1660_R.jpg
HERBIS ENTに向かっていく
IMG_1661_R.jpg
むっちゃ気に入ったのがこのエスカエーターのギア!

音声が思いの外大きいので要注意!


IMG_1667_R.jpg
上を見ると吹き抜け風になっている
IMG_1668_R.jpg
非常にきれいに整ったアーケード
IMG_1669_R.jpg
吹き抜け通路も採光が良い
IMG_1674_R.jpg
これが地下鉄の駅のホーム、丸くきれいな天井が目を引く
IMG_1677_R.jpg
心斎橋駅のホーム
IMG_1678_R.jpg
心斎橋に到着
IMG_1680_R.jpg
地上に出た
IMG_1681_R.jpg
殺伐とした交差点を、足早に通過する
IMG_1684_R.jpg
道頓堀の「グリコ」は外せないだろう
IMG_1685_R.jpg
しばらくえびす橋から誰か飛び込まんかなと期待していたが、ダメやった
IMG_1688_R.jpg
しばし街中を散策する
IMG_1689_R.jpg
IMG_1690_R.jpg
IMG_1691_R_20160825235928839.jpg
IMG_1692_R_201608252359299c0.jpg
なんかめっちゃ元気な街で、特に飲食系のお店が多かった
IMG_1695_R.jpg
難波駅
IMG_1697_R.jpg
街路樹が邪魔で、上にもなければ駅を見落とす観光客もいそうだ(ここに)
IMG_1698_R.jpg
今回のターゲットに向かう
IMG_1699_R.jpg
単純に本場大阪のお好み焼きが食べたかったのだ!
IMG_1704_R.jpg
超定番のお店「ぼてじゅう」
IMG_1701_R.jpg
ここのスタイルは、焼きあがったお好み焼きを、客のテーブルの鉄板に持って来て、鉄板上で保温しながら食べる感じ
横浜では自分で生の状態から混ぜて焼くスタイルが多いのだが、色々だね~
IMG_1700_R.jpg
待つこと15分位
IMG_1705_R.jpg
流石に素人が焼くのと違い、ふんわり焼けて美味しかった
IMG_1707_R.jpg
次のお店に向かう
1468926741923_R.jpg
お好み焼き「風月」
1468926744111_R.jpg
食べ比べにやって来た
1472118398220_R.jpg
さっそく店内に入る
1472118355659_R.jpg
うマいネんアイやネん
1472118361087_R.jpg
おとおしが来たので食べながら待つ
1472118363154_R.jpg
お好みスタート
1472118367147_R.jpg
店員さんの高速マゼマゼ
1472118373592_R.jpg
1472118375733_R.jpg
1472118381687_R.jpg
1472118390530_R.jpg
1472118392839_R.jpg
1472118400661_R.jpg
1472118404735_R.jpg
1472118410755_R.jpg
1472118412759_R.jpg
1472118421431_R.jpg
1472118425664_R.jpg
1472118431060_R.jpg
1472118445042_R.jpg
1472118457142_R.jpg
1472118459537_R.jpg
1472118467101_R.jpg
1472118472288_R.jpg
1472118477390_R.jpg
1472118483522_R.jpg
1472118486083_R.jpg
1472118494219_R.jpg
おいしおす!
1472118447671_R.jpg
美味しい物には店員さんの苦労がある、当たり前だと思いたくない
1472118433552_R.jpg
結構な時間をかけて鉄板を磨く、力のいる作業だし熱いだろう、がんばれ!

おまけの大阪ことば
1472118496853_R.jpg


またやってしまったyakumo
風月の写真を手違いで消失してしまった
「しかたがないな」って話を聞いていたsana
数日後、「行って来たよ」って写真が送られて来た
何も言わずにさりげなく自分のフォローをしてくれる存在
うれしかった、そしてありがとう
そんな人がいてくれるって、幸せな事だよね

神戸 旧居留地夜散歩2

DSC07844_R_2016082114161944f.jpg
旧居留地地区には、生花による吊り花鉢や
DSC07853_R_201608211416236c2.jpg
花壇がそこここにある、造花と違って手入れも大変だろう
DSC07847_R_20160821141620bad.jpg
DSC07848_R_2016082114162177c.jpg
商船三井ビルディングの裏側の通り
DSC07850_R_20160821163847458.jpg
DSC07855_R_201608211638503e6.jpg
DSC07854_R_201608211638495df.jpg
38番館
DSC07860_R_20160821163851738.jpg
この写真を撮っている時に
DSC07861_R_20160821163853b34.jpg
電気が消えた!
DSC07858_R_201608211648098b5.jpg
DSC07859_R_20160821164810a76.jpg
あちこちの電気が消えて行く
DSC07852_R_20160821164807a01.jpg
DSC07864_R_20160821164811811.jpg
時刻は22時を過ぎた所だった、イルミネーションもここまでのようだ
DSC07863_R_20160821170836eb0.jpg
今日は終わりかなって一息付いていたら、不意に声をかけられた「いい写真撮れましたか?」って
「はい、夜の風景は好きなんです、昼とは違った街に見えるし、人がいない分綺麗に感じる」と答えた
なんだか話が盛り上がって、いろいろ30分ほど話し込んだ、仕事上の理由もあるが神戸に惹かれて移り住んだそうだ
創作、音楽、写真を問わず、神戸にはアーティストがたくさん集まって来る、そんな人たちを国内外を問わず支援をする仕事の社長をしている傍ら、自分も撮影が好きで街中だけでも数千回は撮影していると言っていた
DSC07862_R_201608211708341d6.jpg
「自分は技術も何もないが、何かを感じた瞬間にシャッターを切っている、その一瞬は同じ場所で撮影しても、二度と来ない一瞬だから、季節、時間、天気などもあるが、自分のその時の気分(メンタル)が感じ方をガラッと変えてしまうから」って言ったら
「あなたは立派なアーティストの心を持っている」って言われた、社交辞令としてもちょっと嬉しかった。
実際のyakumoは立ち止まりもせず、感性だけでシャッター切ってるだけなんだが・・・
見も知らないどうしのちょっとした会合だったが、とても不思議で有意義な時間だった。
DSC07866_R_20160821170837203.jpg
再び歩き始めると、妙に建物が無機質に感じた
DSC07867_R_201608211708383f0.jpg
人気や灯りの消えた建物はさみしそうだ
DSC07868_R_201608211800378b5.jpg
アーケードからも、人影が消えていた
DSC07869_R_20160821180038697.jpg
南京町にも人がいない
DSC07870_R_20160821180039d9d.jpg
メタボなおっさんと
DSC07871_R_20160821180041d00.jpg
クモ男が取り残されていた
DSC07872_R_20160821180042496.jpg
時刻は23時を回った、全ての店舗が営業を終えている
DSC07873_R_201608211819169cd.jpg
中心の広場も静まり返っている
1471429595721 (2)_R
ちょっと前にはこうだったのに
DSC07874_R_20160821181918052.jpg
人気のなくなった、南京町を出て行く
DSC07875_R_20160821181919277.jpg
今度来たら、ブラック豚マンでも食べてみよう
DSC07881_R.jpg
神戸の夜景は街中でも綺麗だった、また来たいものだ

神戸 旧居留地夜散歩1

以前も歩いた旧居留地の夜であるが、神戸の夜風は気持ち良いので、またふらついて来た
写真というのは、同じ場所に行っても二度と同じ物は撮れないと思う
季節、時間、その時の自分の気分によって、かなり違いが出ると感じる
306_R_20160820200705909.jpg
夜の9時を過ぎると、人通りもほとんど無くなる旧居留地
307_R_20160820200706599.jpg
そんな中に夜の主役達が建ち並ぶ
308_R_20160820200707b04.jpg
海岸ビル
309_R_201608202007090a8.jpg
商船三井ビル(旧大阪商船神戸支店)
311_R_20160820200710652.jpg
ライトアップされたビルは、昼間とはまるで違う
314_R_20160820201929d3c.jpg
神港ビルヂング
332_R_2016082021514470a.jpg
333_R_20160820215145327.jpg
317_R_201608202019307cc.jpg
チャータードビル(旧チャータード銀行神戸支店)
318_R_20160820201931e2e.jpg
319_R_20160820201933107.jpg
321_R_20160820201934f13.jpg
特徴的な3本の太い石柱がいい
322_R_201608202138501d1.jpg
第二次世界大戦時の機銃掃射痕も浮かび上がっている
323_R_20160820213852d70.jpg
海岸通9番
331_R_20160820213855f90.jpg
角にある入り口には
324_R_20160820213852e43.jpg
当時の回転扉が未だに残っていて、現在も店舗入り口となっている
329_R_20160820213854c40.jpg
回転扉に残る文字に歴史を感じる
335_R_201608202201311d2.jpg
336_R_201608202201337f8.jpg
古き良き物は残って欲しいものだ
339_R_20160820220134b59.jpg
旧神戸居留地15番館
340_R_20160820220135cd2.jpg
342_R_20160820223041ebb.jpg
DSC07841_R_2016082522185136a.jpg
DSC07843_R_2016082522185312a.jpg

1995年の阪神・淡路大震災において全壊してしまったが、元の建材を利用し復興したものである
復興の街神戸の代表的な建物と言えよう、現在はレストランとして営業中

神戸 メリケンパーク夜散歩

自分の街横浜は神戸に似ているので、こっちに来ても違和感が全然ない
街にほんのり香る、潮の香りも結構好きだ、って事でまたもや神戸に来てしまった
今回の主目的は夜景、と言っても基本は街歩きで、山に上がったりはしない
IMG_1626_R.jpg
神戸の駅前商店街は、アーケードが多くて結構助かるが、暑さが籠るのが難点やね
IMG_1627_R.jpg
南京の街も元気だった
IMG_1630_R.jpg
所々に旧居留地時代の建築物が見えるのが、大好きだ
1469613503918_R.jpg
以前訪れた走水神社(はしうどじんじゃ)
1469613533277_R.jpg
天神夏祭りをやっていた
1469613513905_R.jpg
右端に御神体のあれがある
DSC07738_R_20160818212752c22.jpg
日が暮れるのを待って、散歩に出かける
DSC07739_R_20160818212754aa8.jpg
まずはポートアイランドの方に行ってみる
DSC07741_R_20160818212755e65.jpg
神戸ポートタワーにやって来た
DSC07743_R_20160818212756300.jpg
すぐ横にカワサキワールドが見える
DSC07746_R_20160818213813b03.jpg
見る角度によって、色々変わって見えて面白い
DSC07744_R_20160818213812076.jpg
ポートタワーはあまり近寄らない方がいいかも......
DSC07747_R_2016081821381472f.jpg
人のいない公園は結構好きだ
DSC07748_R_2016081821381504e.jpg
MOZAIC周辺はまだ、賑わっているようだ(混んでるから行かんけど)
DSC07749_R_20160818222618245.jpg
少し入って行くと、船が展示してある
DSC07752_R_20160818222619ec3.jpg
超電動電磁推進装置とある
DSC07755_R_20160818222620862.jpg
ここから水を吹き出す勢いで船が進む
DSC07758_R_20160818222622421.jpg
ヤマトを正面方向から見る(波動砲は無いようだ)
DSC07759_R - コピー
もう一隻あるようだ
DSC07760_R_20160818234909e02.jpg
ミサイル見たいのが腹からぶら下がっている
DSC07772_R - コピー
要するに水中翼船の一種だ、船体を浮き上がらせると抵抗が減って早くなる理屈
DSC07776_R_20160818234911b98.jpg
ポートタワーとヤマトと疾風が並ぶ
DSC07778_R_20160819231926dec.jpg
夜なのに、光で溢れる公園
DSC07763_R_20160819231924cd4.jpg
DSC07764_R_20160819231925f8e.jpg
しばらく見ていると、観覧車の電飾も面白い
DSC07779_R_20160819231928858.jpg
変な形のモニュメント鐘楼「オルタンシアの鐘」 、妙に後ろのホテルとマッチしている
DSC07784_R_20160819231929ddc.jpg
実にカワサキワールドは、見る角度によって変わるから面白い
DSC07781_R_20160820001300a1f.jpg
見にくいが、夜空に縦の線がある
DSC07783_R_20160820001302867.jpg
見上げると、上空の雲までとどいている
DSC07787_R_20160820001303568.jpg
下は橋の辺りから延びているようだ
DSC07791_R_201608200013054d4.jpg
昼間では楽しめないものだ、夜歩きって新たな発見があって楽しい
290_R_20160820175240dcd.jpg
神戸海援隊の碑、 この地に海軍操練所がつくられたことを記念して設置された
292_R_20160820175242ee8.jpg
人気の無い公園は静かで落ち着き、波の音も聞こえるようだ
293_R_201608201752423bf.jpg
対岸のホテルの植え込みも、夜にはイルミネーションとなる
294_R_2016082017524408a.jpg
パークの手すりにある支柱も、電飾が埋め込まれている
295_R_20160820175245b9c.jpg
港らしいカモメとヨットの電飾
296_R_20160820181550ae6.jpg
かの有名なコロンブスの帆船「サンタマリア」(復元)の望楼と錨
299_R_2016082018155244c.jpg
メモリアルパーク
300_R_20160820181553993.jpg
かの震災の傷跡は、夜になると特に寂しげだ
302_R_20160820181554656.jpg
フィッシュダンスも内側からライトアップされていた
303_R_20160820181555cb4.jpg
でかいんだけど、以外に目立たないお魚であった
304_R_20160820182637038.jpg
闇の中に提灯が底だけ燈っていた
305_R_20160820182638b94.jpg
フラッシュを焚いたら、メリケン地蔵尊だった、以前この辺りでは、船の上で生まれ育った「水上生活」の子供たちもたくさんいたため、そんな子供たちのためのお地蔵様として祀られたそうだ。
昔は「いかり地蔵」と呼ばれていたが、昭和62年、「メリケン地蔵」と改名された。
2体の地蔵様は背中合わせに祀られていて、港と町に向いている。
港と街を両方共に見守ってくれているのだろう。