FC2ブログ

京都 祇園祭2019 還幸祭

786_R.jpg
メインの巡行が終わった後、夕方からお神輿による還幸祭が行われる
787_R.jpg
それまでの間、時間を潰す
799_R_20190803215243d06.jpg
一之船入
810_R_20190803215246d30.jpg
八坂神社まで歩いてくる
808_R.jpg
花笠巡行の先回りをした形になる、巡行の最終地点だ
813_R_20190803215248ee9.jpg
本殿も賑わっている
833_R.jpg
舞台で儀式が行われる
817_R_20190803220344b10.jpg
円山公園に行って見ると
820_R.jpg
花笠巡行に参加した馬達が集まっている
822_R_201908032203475d2.jpg
ここで馬運車に乗せられる
827_R.jpg
しばしにゃんこと遊ぶ
825_R.jpg
花笠も帰って来た
829_R.jpg
八坂神社に集められ、分解される
830_R_2019080322035215a.jpg
祇園東
831_R_20190803220354a25.jpg
先斗町
832_R.jpg
祇園甲部
834_R_20190803221151166.jpg
獅子舞も戻ってきた
836_R.jpg
獅子舞って後でかがんでる人の方が大変だな
837_R_201908032211547e8.jpg
時間になったので待ち合わせ場所に向かう
IMG_5877_R.jpg
とある隠れ家バー
IMG_5870_R.jpg
駆けつけ一杯の柑橘系カクテル
IMG_5874_R.jpg
ミネストローネと
IMG_5876_R.jpg
カルボナーラのパスタランチ
IMG_5879_R.jpg
〆のコーヒー、手に持ってくれているのがザラメを固めた砂糖スティック
IMG_5883_R.jpg
少し散歩して
IMG_5884_R.jpg
リッツカールトン京都へ
IMG_5885_R.jpg
リッツカールトン京都 ザ・バー
IMG_5889_R.jpg
IMG_5892_R.jpg
IMG_5898_R.jpg
クープイスパハン
IMG_5903_R.jpg
自分はこっちで
IMG_5907_R.jpg
ホテルのオブジェの三輪車、曲がれるのかどうか気になってしまう
IMG_5908_R.jpg
押さえておいてくれる手がかわいい
842_R.jpg
さて、時間を潰した後、還幸祭を見に行くが、これがまた難しい
img_map_kankou.jpg
三基のみこしが、個々に時間をずらし複雑怪奇なコースをたどる、まさかこんなモノだとは知らなかった
846_R_20190804140327378.jpg
いろんな所でインターセプトしたが、素人にはコースが読めない
850_R.jpg
列が長いので、見つけては寄って行く
859_R.jpg
1基に数百人が付いて回る
862_R.jpg
本体が来た
871_R.jpg
目の前を曲がって行ってしまう
883_R.jpg
闇雲に探すのは率が悪いので、お旅所で配布している地図をゲットして先回りする
886_R.jpg
しかし、三基とも順路がバラバラなので追い切れない
890_R_201908041423411b7.jpg
そこで最終集合地点三条通に的を絞る
892_R.jpg
子供たちが花火をしている
897_R_2019080414234326e.jpg
三条商店街、ここの中を全基が通過する
898_R_20190804142345399.jpg
同じ考えの人々で、ごった返す三条商店街
910_R.jpg
大部分の人は追い出されたが、自分は上手く逃れた
912_R_201908041442035ad.jpg
三若(中御座)が動き出した
915_R.jpg
すぐ目の前を通過する
918_R_201908041442060af.jpg
その他大勢が延々と続く
919_R_20190804144207a25.jpg
あの位置で担ぎ上げを行う、もう少し向こうに行っとけば良かった
924_R_20190804145540a9b.jpg
四若(東御座)
927_R.jpg
928_R_2019080414554380c.jpg
932_R_20190804145544e0f.jpg
935_R.jpg
最後の集団がやって来た
936_R.jpg
錦(西御座)
937_R.jpg
938_R_20190804150749bec.jpg
商店街の中を大きな掛け声と共に去って行く群衆に付いて脱出する
941_R.jpg
最後にお馬さんカポカポ
943_R_201908041507523b2.jpg
通過と同時に交通規制解除される堀川通を慌てて渡る
951_R.jpg
還幸祭は深夜に八坂神社に着くまで行われるが、そこまでは観ていられない
944_R.jpg
戻りしな、北観音山の前を通った
948_R.jpg
途中まで解体された曳山に、淋しさを感じる
IMG_5917_R.jpg
やっとホテルに帰って来た
952_R.jpg
明日に備えて本日終了
スポンサーサイト



京都 祇園祭2019後祭(花笠巡行)

685_R_20190801221520210.jpg
山鉾巡行が終わると、意外な一団が巡行して来た
689_R_201908012215218ab.jpg
鉾町内の子供みこしの一団のようだ
695_R_20190801221525e6c.jpg
みこしは担ぐのでは無く、台車に乗っているのを引っ張っていた
693_R_201908012215257b7.jpg
いくつもの子供みこしが巡行してくる
697_R_20190801221526981.jpg
山鉾巡行では有り得ないが、女の子の姿も見える
698_R_20190801222831686.jpg
700_R_20190801222833d10.jpg
こんなのもかわいいものだ
701_R.jpg
703_R_20190801222836b10.jpg
704_R_20190801222837a04.jpg
彼らが後に祇園祭の何れかの山鉾を曳く事になるのだろう
706_R_20190801222838a1d.jpg
巫女さんの一団が現れた
708_R.jpg
花笠巡行の先発だろう
709_R_201908012228426f6.jpg
711_R_20190801222843dcd.jpg
巫女装束もいいものだ
714_R.jpg
赤い獅子舞が現れた
716_R.jpg
沿道をカプカプしながら歩いて行く(中は死ぬほど暑いだろうな?)
717_R_20190801232816a94.jpg
巫女集団が動き出す
718_R.jpg
八坂神社の巫女さん達だろうか?
719_R_201908012328186d3.jpg
720_R_2019080123282015d.jpg
ちょっと年齢の上がった一団
722_R_20190801232821956.jpg
名残惜しい
723_R_201908012336060cf.jpg
再び子供たち
724_R_2019080123360828e.jpg
八坂神社ガールスカウト
726_R_2019080123361137e.jpg
今度は緑の獅子舞
729_R.jpg
花笠巡行の本隊
731_R_20190801233613530.jpg
意外に馬まで出て来た
734_R_201908022145579cf.jpg
737_R_20190802214559edb.jpg
739_R_20190802214600f74.jpg
740_R.jpg
742_R.jpg
745_R.jpg
747_R.jpg
748_R_20190802215321b57.jpg
749_R_201908022153238f7.jpg
751_R.jpg
753_R.jpg
754_R.jpg
755_R_20190802215328b26.jpg
759_R.jpg
761_R.jpg
765_R_20190802215333f21.jpg
768_R.jpg
769_R_20190802215336aa1.jpg
771_R_20190802215337878.jpg
773_R_201908022153392f9.jpg
774_R.jpg
775_R_20190802215341ab0.jpg
776_R_20190802215343cd4.jpg
花笠巡行が終わった

京都 祇園祭2019後祭 山鉾巡行編

478_R_20190729231514f83.jpg
交通整理のなされた御池通、烏丸御池に山鉾達は待機している
467_R_20190729231508c3a.jpg
先頭を歩く祇園曾(ぎおんえ)
465_R_20190729231506469.jpg
ここから四条烏丸までの巡行が始まる
468_R_20190729231509e66.jpg
鯉山と南観音山
470_R_2019072923151157b.jpg
最後の打ち合わせが行われている
474_R_201907292315125c1.jpg
黒主山
487_R_20190729231516baf.jpg
先導のパトカーが河原町御池に入った
490_R_201907292315179f8.jpg
祇園曾が角を曲がった
493_R_201907292315184dd.jpg
くじ改め、くじで決めた順番を確認する所。昔は順序が無く、あのデカイ山鉾が競い合っていたそうだ
499_R_201907302010271ff.jpg
橋弁慶山が登場した
501_R_20190730201028222.jpg
担ぎ手が少ないせいか、あっさり方向転換だけして去って行った
505_R_20190730201030e39.jpg
北観音山、先発隊が辻回しの竹を用意する
509_R_20190730201032f30.jpg
でんちゅうより高い山鉾は、やっぱりカッコイイ
512_R_20190730201032184.jpg
辻回しポイントに到着
516_R_20190730201034703.jpg
辻回しの為に引き手が横に移動すると共に、竹が下に敷かれ、一回目の辻回し
517_R_20190730212425caa.jpg
二回目の辻回し
521_R_20190730212426d7c.jpg
その都度竹を引き直す
525_R_20190730212428744.jpg
三回目の辻回し、これで正面を向く
530_R_201907302124301bc.jpg
目の前を通過する時の、車輪の音が何とも言えない重量感を感じる
532_R_20190730212430b82.jpg
537_R_2019073021381769f.jpg
鯉山
541_R_2019073021381936c.jpg
二回転して行った
542_R.jpg
546_R_20190730213823377.jpg
八幡山
551_R_2019073021382348d.jpg
普通にくるっと回るだけ
552_R_20190730213824a8a.jpg
555_R_20190730214907338.jpg
黒主山
557_R_20190730214909d26.jpg
558_R_20190730214910705.jpg
562_R_20190730214911b6d.jpg
人数のわりに、派手に回ってくれた
564_R_20190730214912b41.jpg
571_R_2019073021570319f.jpg
南観音山
573_R_20190730215706fb9.jpg
一回目
576_R_201907302157069ea.jpg
二回目
578_R_201907302157098fc.jpg
580_R_2019073021570830a.jpg
三回で方向転換終了、少し左に寄り過ぎたようだ
589_R_20190730215709b15.jpg
大型の曳き山は迫力が有る
594_R_20190730223600530.jpg
山伏の一団
597_R_20190730223602c8e.jpg
役行者山
599_R_201907302236031ab.jpg
601_R_20190730223604ed8.jpg
軽く一回転
604_R_20190730223605354.jpg
担ぎ手がかなり若い感じの山だった
607_R.jpg
浄妙山
609_R_20190730224128369.jpg
611_R.jpg
静かに90度曲がって終わった、揺らすと上の人形がヤバイのだろうか?
617_R.jpg
鈴鹿山
619_R_201907302247260aa.jpg
621_R_20190730224727ae7.jpg
唯一和装でない担ぎ手
626_R_201907302247292f1.jpg
今回から巡行に復活した鷹山
627_R_201907302247303bc.jpg
八坂神社の祭神の名をしたためた掛け軸を唐櫃(からびつ)に収め、「唐櫃巡行」の形で参加
631_R_201907302247313b9.jpg
632_R_20190730224732679.jpg
2022年に完全復活の予定
636_R_20190730231605b9a.jpg
最後の大船鉾
後祭唯一の鉾である
642_R_20190730231606e29.jpg
646_R_20190730231607bd9.jpg
640_R_20190730231607b34.jpg
650_R_20190730231607d56.jpg
655_R_20190730231610025.jpg
659_R_201907302316100d5.jpg
662_R_20190730231613ce2.jpg
671_R_20190730231613a4d.jpg
672_R_20190730231616d2c.jpg
675_R_20190730231616b82.jpg
山鉾巡行が終わった

京都 祇園祭2019後祭 早朝編

祇園祭後祭の当日早朝、山鉾巡行の準備をしている山鉾を見に行った

297_R_20190728101650107.jpg
役行者山
300_R_20190728101651b0c.jpg
既に提灯や案内板が外されているので、不案内な人には保存会のシャツで識別出来る
301_R_20190728101653c40.jpg
柵が取り払われ、山本体が露出する
303_R_201907281016535b9.jpg
305_R_201907281016556e6.jpg
誉田屋源兵衛さん
306_R_201907281016563a1.jpg
現在は10代目が継いでいる老舗

312_R_2019072810170107f.jpg
黒主山
309_R_20190728101659855.jpg
311_R_20190728101701e40.jpg

314_R_20190728112600f32.jpg
鯉山
315_R_201907281126020b0.jpg
全くと言っていいほど進んでいない、間に合うのか?

319_R_20190728115030b1b.jpg
道を塞ぐような大船鉾
322_R_201907281150315c9.jpg
今年は手摺りの部分が塗装されていた
324_R_201907281150320db.jpg
意外に六本木ヒルズで展示された事もあるようだ
325_R_201907281150340f0.jpg
326_R_20190728115035c52.jpg
舵の取り付け、こうゆう作業が面白い
328_R_201907281150362cc.jpg
偉い人たちは裃
331_R_20190728115039f91.jpg
辻回しの竹は、自前で持ち運ぶ。水をかけてこの上に車輪を滑らせて回す
初期には「十四日舩鉾」と呼ばれていたが後に船鉾との区別の為、前祭の船鉾を出陣、後祭の船鉾を凱旋と見立て「凱旋舩鉾」と変更。国際伝統工芸博覧会に凱旋船鉾の復元展示を行う折り、韓国大統領の来日に考慮し、現在の大船鉾に変更した。

343_R_2019072813212843e.jpg
南観音山、まるで鉾のようだが曳き山である
345_R_20190728132130fee.jpg
349_R_20190728132132a7d.jpg
348_R_20190728132133f25.jpg
別名「下り観音山」

358_R_20190728133444769.jpg
南観音山と対を成す北観音山、別名「上り観音山」
361_R_20190728133446393.jpg
367_R_2019072813344760c.jpg
369_R_20190728133450a39.jpg
山と鉾の違いは、屋根の上やご神体の後ろに松が立てられているものが山、屋根の上などに鉾が立てられているものが鉾になる。

373_R_20190728134730975.jpg
八幡山
379_R_2019072813473288e.jpg
382_R_20190728134735bf5.jpg
380_R_20190728134735da2.jpg
総金箔の八幡宮を載せている

394_R_20190728143716338.jpg
浄妙山
383_R_20190728143710376.jpg
人形がすごい格好をしている
389_R_201907281437124e7.jpg
390_R_20190728143713f3f.jpg
宇治川の合戦に三井寺の僧兵筒井浄妙が橋桁を渡り一番乗りをしようとすると、一来法師がその頭上を飛び越え、「悪しゅう候、御免あれ」と前に進み出て先陣をとってしまったという。御神体(人形)は一来法師が浄妙の頭上を飛び越える一瞬をとらえてる。
391_R_20190728143714830.jpg
黒漆塗の橋桁にも数本の矢がささり戦さのすごさを示している。かつては「悪しゅう候山」とも呼ばれていた。

409_R_201907281446022a1.jpg
橋弁慶山
411_R_20190728144604fa8.jpg
これも人形2体が御神体
405_R_20190728144601c18.jpg
弁慶と牛若丸が五条の大橋で戦う姿をあらわしている
404_R_201907281446006ab.jpg
最近の担ぎ手には外国人が結構参加している

419_R_20190728145421778.jpg
鈴鹿山
413_R_20190728145748959.jpg
シルクロードを渡って来たペルシャ絨毯らしく、ラクダが特徴
418_R_201907281457508bc.jpg
421_R_20190728145423ff6.jpg
山に立つ松には鳥居・松・木立と宝珠を描いた絵馬がつけられるのも珍しい
425_R_20190728145425ec9.jpg
415_R_201907281454199a1.jpg
伊勢国鈴鹿山で道ゆく人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現(瀬織津姫尊)を、金の烏帽子をかぶり手に大長刀を持つ女人の姿であらわしている

432_R_201907281607314a3.jpg
役行者山
436_R_201907281607330fa.jpg
役行者と一言主神と葛城神の三体を安置し、この組み合わせは役行者が一言主神を使って葛城と大峰の間に、橋をかけたという伝承を想起させる
428_R_20190728160728d74.jpg
430_R_20190728160730b74.jpg
巡行時には、山伏がほら貝を吹きながら周る
433_R_20190728160733b80.jpg
でっかいわんこ付き?

439_R_20190728161743b31.jpg
最後の鷹山
444_R_201907281617453ca.jpg
2019年時点では復興途上で、町内什物を入れた唐櫃と徒歩での囃子を伴う「唐櫃巡行」として約200年ぶりに巡行に復帰。445_R_20190728161747c1f.jpg
涼しげでいい感じの装束だ
452_R_20190728161749d45.jpg
448_R_20190728161748fa5.jpg
令和4年(2022年)までに大屋根をつけた曳山として巡行参加することが決まっている。

昨日は御朱印を貰いながらの事で2時間ほどかかったが、今朝は1時間ほどで回れた

453_R_20190728163333402.jpg
一息尽いていると役行者山が迫って来た
456_R_201907281633349d4.jpg
巡行の準備に移動して行くのだ
458_R_20190728163336c4b.jpg
担ぎ棒はあるが、実は下に台車がついていたりする
461_R_2019072816333714f.jpg
橋弁慶山もやってくる
462_R_20190728163338b18.jpg
交通規制が始まり、9:30より山鉾巡行が始まる。もうすぐ本番だ!


京都 祇園祭後祭2019 宵山編

7月17日の前祭(さきまつり)で23基の山鉾が巡行した後、24日の後祭(あとまつり)では10基の山鉾が巡行します。(今年から11基)
本来の祇園祭の姿に戻すもので、2014年には約半世紀ぶりに後祭が復活し、150年ぶりに大船鉾も復活しました。
長い間休み山となっていた鷹山も今回から復活し唐櫃での巡行参加となる、数年後には山として復活予定。
IMG_5863_R.jpg
京都駅に会社帰りに直行、そのまま烏丸御池まで地下鉄で直行する
005_R_2019072621270936a.jpg
地下鉄から地上に出たら、バッチリ鈴鹿山の前に出た
011_R_2019072621271265c.jpg
明日の山鉾巡行に備えて、後は人形等を乗せるだけの状態になっている
013_R_2019072621271334f.jpg
015_R_20190726212715a4d.jpg
019_R_20190726212716e15.jpg
後祭は始めての参加なので、ご朱印も集めて行く(ちなみに前祭と違い、百円がほとんど)
御朱印とはコレクターグッズでもスタンプラリーでもなく、自分で書いた経を収め、信仰や感謝の証として頂くものであるが、最近は神社仏閣の資金源として限定、バージョン違いなど1ヶ所で10種類を超える所もある。
008_R_20190726212711210.jpg
今夜は宵山、最終的な前夜祭となる

022_R_20190726220447189.jpg
役行者山
024_R_2019072622044952e.jpg
026_R_20190726220450c46.jpg
宵山の市街地は、ごった返している
027_R_20190726220452b10.jpg
028_R_20190726220453843.jpg
茅ノ輪潜り
029_R_20190726220455d81.jpg
030_R_20190726220456093.jpg
034_R_2019072622045763b.jpg
035_R_20190726220500d66.jpg
038_R_201907262205009e6.jpg
048_R_201907262205041f7.jpg
046_R_20190726220502efe.jpg
役行者山(えんのぎょうじゃやま)

054_R_20190727082318b38.jpg
鷹山、長い間戦災等の焼失により休み山となっていたが、200年ぶりに復活をとげる。曳山として完全復活は2022年予定
051_R_20190727082316842.jpg
058_R_201907270823200c4.jpg
056_R_20190727082318b8a.jpg
壁に投影されたプロジェクション

067_R_20190727133057dff.jpg
誉田屋源兵衛さんの個人参加の帯。私財のみでやっているらしい
077_R_20190727133058ac4.jpg
この鯉は毎年1匹ずつ増えて行く

083_R_20190727133059655.jpg
黒主山(くろぬしやま)
088_R_20190727133101273.jpg
087_R_20190727133057cb5.jpg
090_R_20190727133103bbc.jpg
093_R_20190727133104b7f.jpg
098_R_20190727133105d48.jpg

111_R_20190727134912e3b.jpg
浄妙山(じょうみょうやま)
114_R_20190727134915b0f.jpg
102_R_2019072713491028a.jpg
112_R_2019072713491327c.jpg

133_R_20190727135640d88.jpg
八幡山(はちまんやま)
125_R_20190727135633e16.jpg
126_R_2019072713563432b.jpg
134_R_2019072713564277f.jpg
129_R_201907271356370ff.jpg

137_R_2019072714071670e.jpg
北観音山「上り観音山」ともいう
144_R_2019072714072008e.jpg
145_R_20190727140722656.jpg
152_R_20190727140722375.jpg
155_R_20190727140724f8c.jpg
158_R_20190727140725bb7.jpg
161_R_20190727140726f20.jpg
140_R_20190727140718b06.jpg
山と言っても曳き山で、鉾と同じ形をしている

164_R_20190727151712470.jpg
南観音山「下り観音山」ともいう
170_R_20190727151715e32.jpg
172_R_20190727151717b2e.jpg
175_R_20190727151718abc.jpg
167_R_20190727151714996.jpg
後祭の最後を行く曳き山だったが、大船鉾の復活によりその役を譲る

185_R_20190727153453590.jpg
大船鉾、後祭の鬮とらずとして殿をつとめ、前祭の船鉾が出陣船鉾と称されるのに対して凱旋船鉾といわれていた
190_R_20190727153454d59.jpg
196_R_20190727153457a9a.jpg
204_R_201907271534594cd.jpg
大船鉾は平成26年に150年ぶりの巡行復活を遂げるが、未だ復興の途上である
207_R_20190727153459bed.jpg
失われた人形の復元もなされた
209_R_20190727153501f2c.jpg
しかし未だ塗装もされず向き身の木材そのままだ
216_R_201907271535039d3.jpg
224_R_201907271616427f2.jpg
コンチキチンを奏でながら、四条通を回って行く

229_R_20190727161643221.jpg
橋弁慶山(はしべんけいやま)
235_R_20190727161644d6d.jpg
240_R_20190727161648f6b.jpg
弁慶と牛若丸が戦った五条大橋
241_R_201907271616485cd.jpg
239_R_201907271616459c7.jpg
弁慶と牛若丸の人形
245_R_2019072716165220a.jpg
243_R_20190727161651122.jpg

246_R_20190727164258630.jpg
鯉山(こいやま)
253_R_2019072716430042a.jpg
254_R_20190727164301bdb.jpg
258_R_20190727164303ef9.jpg
265_R_2019072716430531b.jpg
269_R_2019072716430692f.jpg
龍門の滝をのぼる鯉の奔放な勇姿が人気
277_R_20190727164307922.jpg
黒い酒樽がカッコイイ、三列目の提灯になにがあった?
250_R_20190727164259a94.jpg


217_R_201907271705354aa.jpg
これで後祭参加の全11基の山鉾をコンプリートした事になる
225_R_201907271705354b6.jpg
宵山の姿が観たいが為だけに仕事帰りの横浜から駆け付けた馬鹿も居る
285_R_20190727170538f5e.jpg
22時になっても人は衰えず賑わっている、自分は満足と共に撤収する。
山鉾オリジナルの御朱印もコンプリートした、後は翌日の山鉾巡行の作戦を考えるだけだ