fc2ブログ

横須賀海軍軍需部館山支庫 その4

DSC07373_R_20190329215758937.jpg
貯水槽のそばに塹壕がある
DSC07372_R_2019032921575769e.jpg
塹壕に沿って下山する
DSC07376_R_20190329215800a1d.jpg
斜面の果樹園に、壕口を発見した
DSC07377_R_20190329215800239.jpg
しかし予想通りのゴミ捨て場になっていた
DSC07379_R_20190329215803417.jpg
山の反対側に下山すると、新たな壕口が!
DSC07380_R_201903292158040b5.jpg
ここも入り口はゴミだらけ、田舎の人はなんでちゃんとゴミを捨てないんだろう?
DSC07382_R_20190329215806efc.jpg
とりあえず、バキバキいいながら入って行く
DSC07383_R_20190329215807177.jpg
掘りかけの途中だった
DSC07385_R_20190403232928304.jpg
すぐ近くにも大きな穴がある
DSC07387_R_20190403232930cc3.jpg
すぐ脇に、半月形の用水池がある
DSC07389_R_20190403232931931.jpg
かなり大きいが、どう観ても未完成だ
DSC07390_R_20190403232932016.jpg
ズリを出す間もなく終戦になったのだろう
DSC07391_R_20190403232934aa4.jpg
振り返る、結構長い
DSC07392_R_20190403232936429.jpg
かなり崩れているが、ここでくの字に曲がっている
DSC07394_R_201904032338431e1.jpg
何とか崩落を乗り越える
DSC07396_R_20190403233844ae5.jpg
出口が見えた
DSC07398_R_20190403233845a53.jpg
この辺はしっかりしていそうだ
DSC07401_R_20190403233847f8f.jpg
壕口周りだけ、厚いコンクリート巻きだった
DSC07404_R_201904032338494cf.jpg
艦砲射撃で埋まらない様にだろう
DSC07408_R_20190404183457f1b.jpg
すぐ近くにもう一つある、道路からもこの様にはっきり見える
DSC07409_R_20190404183459071.jpg
これは前回総軍さんと偶然見つけたもので、貯水槽として使用されている
DSC07410_R_20190404183500538.jpg
周辺を探すも、近辺にこれ以上は無いようだ
DSC07414_R_2019040418350161f.jpg
捜索ブロックを別の所に変える
DSC07415_R_201904041835025b9.jpg
既に埋められた穴と
DSC07416_R_201904041835041aa.jpg
ウエイダークラスの天井まで水没している穴しか見つからなかった、次回メンバーに潜ってもらおう
空母だけに潜るのが得意な奴が居るし!
DSC07420_R_201904041835064e8.jpg
再び調べる山を変える
DSC07421_R_20190404183507943.jpg
倒木の示す先には
DSC07422_R_20190404183508bee.jpg
あるじゃないか、立派な巻きたてが!
DSC07424_R_201904041926494d6.jpg
かなり崩れているが、奥行きはありそうだ
DSC07427_R_20190404192651b0b.jpg
右手に小さな穴がある
DSC07429_R_20190404192652dc6.jpg
小さな部屋のようだ
DSC07430_R_20190404192653ee9.jpg
振り返り、これ全部天井からの崩落、上の空間が物語る
DSC07432_R_20190404192655ec3.jpg
右に分岐がある
DSC07433_R_2019040419475376a.jpg
右は鬼のような下りだ
DSC07435_R_20190404194756d0d.jpg
滑り降りた斜面を振り返る
DSC07434_R_20190404194755c41.jpg
外光が見える
DSC07437_R_20190404194758c64.jpg
緑の壕口が美しい
DSC07439_R_20190404194759cf7.jpg
またこれ、よじ登って戻るのか・・・
DSC07443_R_20190404195954526.jpg
どうにか分岐路に戻ってきた
DSC07444_R_20190404195956ce6.jpg
このガレは、めっちゃ踏むと動く、余計な体力を消耗する
DSC07445_R_20190404195957cf8.jpg
行き止まり?
DSC07446_R_2019040419595862f.jpg
おや、僅かな隙間が有る
DSC07447_R_20190404195959d51.jpg
体をぶつけないと通れないような隙間を入って行く
DSC07448_R_20190404200002252.jpg
どうやら潜り抜けたようだ、外光が見える
DSC07449_R_2019040420000208c.jpg
また急斜面の下に壕口がある、また登るのがかったるいので、ここで引き返す
DSC07450_R_201904042205158e0.jpg
DSC07451_R_20190404220516d68.jpg
DSC07453_R_201904042205172ed.jpg
周辺には中世の祠も点在し、まぎわらしい
DSC07456_R_20190404220519df2.jpg
また少し歩き廻る、数km圏内にかなり密集している
DSC07457_R_20190404220520bfc.jpg
また大き目の壕口、これらは道路からトラックごと入る予定なのだろう
DSC07458_R_20190404220521722.jpg
天井の落ちてる、落ちてないでかなりの高低さが出ている
DSC07460_R.jpg
壕内の大半がこれだ
DSC07461_R_2019040422052508e.jpg
写っていないが、変則の十字路になっている
DSC07462_R_20190404222259665.jpg
左側の倉庫
DSC07464_R_20190404222300fa3.jpg
右側は斜面に埋もれている
DSC07465_R_20190404222301310.jpg
広く見えるが、潜り込んでやっと潜っている
DSC07466_R_201904042223029f4.jpg
しかしこちらも同様の倉庫だった
DSC07469_R_20190404222304c43.jpg
降りてきた斜面を見上げる
DSC07470_R_20190404222305684.jpg
ふと自分は何やってんだろうと冷静になる時がある、うちのメンバーは誰も降りないだろうな?
DSC07471_R_201904042223076e6.jpg
入って来た入り口を振り返る、ここまで30mほどか?
DSC07473_R_20190404224611c91.jpg
さて、先に進む
DSC07474_R_201904042246122d6.jpg
一山越えると外光が見える
DSC07477_R_20190404224613b2e.jpg
その手前はまた、変則の十字路だ
DSC07478_R_20190404224615fb0.jpg
しかし今回は小さい
DSC07479_R_201904042246167fe.jpg
右側は少し深い
DSC07480_R_20190404224618757.jpg
しかしやっぱり同程度の倉庫だった
DSC07481_R_20190404224620eec.jpg
地面はパウダー状で足が埋まる
DSC07483_R_2019040422535215f.jpg
出口が見えた
DSC07484_R_20190404225354a4d.jpg
こちら側の出口は山の反対側、集会場側に抜けていた
DSC07488_R_20190404225354fb4.jpg
戻ってきた
DSC07489_R_20190404225356292.jpg
こんな所にチャリが立っていた

横須賀海軍軍需部館山支庫 その3

DSC07272_R_20190325213248e87.jpg
軍道の跡を見つけ、それに沿って進む
DSC07273_R_201903252132505a8.jpg
斜面の棚に違和感を覚え、降りてみる
DSC07274_R_20190325213251c30.jpg
やっぱりあった、壕口だ
DSC07277_R_201903252132530a6.jpg
入り口から碍子を着ける木材が並んでいる、規模の大きな壕だろう
DSC07279_R_201903252132543b6.jpg
十字路だ、大型決定!
DSC07280_R_201903252132568b8.jpg
右側は掘削中のようだ
DSC07281_R_20190325214945de7.jpg
反対の左に進む
DSC07282_R_20190325214946e11.jpg
いきなり真横に貫通している、しかしとりあえず真っ直ぐ進む
DSC07284_R_20190325214948fd0.jpg
天井から碍子が落ちている、メーカー刻印は無い
DSC07285_R_2019032521494969b.jpg
こうゆう構造はわくわくするが、おあずけ
DSC07287_R_20190325214951bc6.jpg
やなもんが落ちている
DSC07288_R_20190325214952357.jpg
これは天井の崩落ばかりではなく、ズリのようだ
DSC07289_R_20190325214953894.jpg
左側に四角く掘られた(上は丸い)空間がある
DSC07290_R_20190325220136a8e.jpg
そして突き当たり
DSC07291_R_20190325220137b38.jpg
さて、お楽しみに向かう
DSC07293_R_20190325220140b40.jpg
右側は天井がかなり崩れている
DSC07292_R_2019032522013987a.jpg
左側は一見同様の突き当たりに見える
DSC07296_R_201903252201423a4.jpg
ところがどっこい開いている、しかしガレに埋まった急勾配で、戻れなくなりそうだ
DSC07298_R_201903252212257d4.jpg
この先行き止まりだったら?もう登れる気がしない
DSC07301_R_20190325220142d7b.jpg
それでも行く馬鹿がいる、何とか潜れそうだ
DSC07302_R_20190325221226402.jpg
無理して来て正解だったようだ
DSC07304_R_20190325221228a8d.jpg
降りてきた方向は、ほとんど埋まっている、向こうにも空間が有りそうだ
DSC07306_R_20190325221228d4a.jpg
平らな床の倉庫のような部屋だった
DSC07307_R_2019032522123191f.jpg
安心して進めそうな床
DSC07308_R_2019032522123177a.jpg
犬釘とボルトが落ちているトロッコが通っていたのだろう
DSC07309_R_201903252212345d4.jpg
面取りしてある行き止まり
DSC07310_R_20190325223138808.jpg
引き返して左側の分岐路に望みを託す、あの斜面を戻れる気がしない・・・
DSC07311_R_2019032522314036d.jpg
何とか行けそうだ
DSC07312_R_20190325223141ee3.jpg
行けるのかな?
DSC07314_R_201903252231429b8.jpg
天然のアスレチックコースのようだ
DSC07315_R_20190325223144d3d.jpg
左に抜けてみる
DSC07316_R_20190325223145bfd.jpg
低く狭くなって来たが、風を感じる
DSC07319_R_201903252231476c6.jpg
出口だ、とりあえず生きて帰れる
DSC07326_R_20190325225103888.jpg
また壕内に戻る
DSC07330_R_2019032522510537f.jpg
残されたルートを乗り越えると
DSC07331_R_20190325225106e44.jpg
ぽっかりと最初に入ってきた壕口が見える、左回りに一周してきたらしい
DSC07333_R_201903252251083ee.jpg
途中にある脇道を確認していく 
DSC07335_R_20190325225109c3f.jpg
掘りかけ風の物ばかり
DSC07337_R_201903252251114dd.jpg
右側の方が、工事の進捗が悪いのか、追加工事なのか?
DSC07339_R_201903252251110f3.jpg
さて、脱出しよう
DSC07342_R_20190327225744a6d.jpg
尾根に登れそうな斜面が有ったので、登ってみる
DSC07343_R_2019032722574588f.jpg
尾根に着くと、平坦な広さに人為的な物を感じる
DSC07346_R_20190327225747188.jpg
わりと高い所まで上がって来たかな?
DSC07345_R_20190327225746a7b.jpg
何かコンクリート構造物が見えた
DSC07347_R_20190327225749024.jpg
巨大な貯水槽だ!総軍さんが貯水槽が有るらしいとは言っていたが、こんな六浦級だとは・・・
DSC07348_R_20190327225751de3.jpg
若干水が溜まっている様だが、降りる術が無い
DSC07349_R_20190327225751d3f.jpg
隔壁の水路を隔てて、もう一つブロックがある
DSC07355_R_20190327225754258.jpg
コンクリートにモルタルを張り合わせた構造
DSC07357_R_201903272257559e8.jpg
こちらは少し低く狭い気がする
DSC07359_R_2019032723380740e.jpg
淵には等間隔で鉄筋が切り取られた跡が有り、屋根が有ったと思われる
DSC07360_R_20190327233808603.jpg
思いっきり壁から木が生えていて、水が漏れそうだ
DSC07365_R_201903272338100b3.jpg
端っこに囲まれた所がある
DSC07367_R_201903272338115e5.jpg
調整タンクだろうか?
DSC07368_R_20190327233813110.jpg
何故か一本だけ残る梯子が付いている
DSC07371_R_201903272338145f8.jpg
人知れずこんな巨大な貯水槽があったとは、驚きだった

横須賀海軍軍需部館山支庫 その2

DSC07160_R_20190321230102724.jpg
少し山を回る
DSC07161_R_20190321230103b4a.jpg
新しい地下壕を発見
DSC07163_R_20190321230105c73.jpg
壕口付近には、人為的な水止めが作られている
DSC07164_R_201903212301061c9.jpg
おかげで床がグチャグチャだ
DSC07166_R_20190321230107f62.jpg
右に分岐の部屋がある
DSC07167_R_20190321230108622.jpg
良く見ると、天井が抜けている
DSC07168_R_20190321230111ee9.jpg
覗き込むと、階層構造だ!しかも2階の方がデカイ
DSC07171_R_20190321230111911.jpg
とりあえず1階を見ていく、この規模なら他にも接続部が有りそうだからだ
DSC07172_R_20190322000040ffa.jpg
金属片が落ちている
DSC07173_R_20190322000041fe9.jpg
部分的に崩落している
DSC07176_R_2019032200004332d.jpg
この壕には電気が引かれていたようで、碍子が落ちていた
DSC07179_R_20190322000045dd2.jpg
天井に碍子を取り付ける木材が残っている
DSC07181_R_20190322000046e36.jpg
直線でなく、うねった通路
DSC07183_R_201903222127018f4.jpg
T字を左に進む
DSC07185_R_20190322212702782.jpg
開口部が見えた
DSC07186_R_201903222127041bf.jpg
右側の掘りかけの通路
DSC07187_R_201903222127056cf.jpg
開口部は民家のそばのようだ、人の気配がするので穴に戻る
DSC07188_R_20190322212706a0e.jpg
来た方向に引き返す、かなり入り組んで見える
DSC07189_R_20190322215236078.jpg
壕が二股に分かれている
DSC07191_R_20190322215238b79.jpg
左に進む
DSC07197_R_20190322215239168.jpg
地層に沿って削ったせいか、妙に四角い通路
DSC07199_R_2019032221524119d.jpg
門に木材が落ちている
DSC07200_R_2019032221524297b.jpg
くの字に曲がる通路
DSC07202_R_20190322215243338.jpg
ズリ出しもしないで掘りかけの終了
DSC07204_R_20190322215244960.jpg
二股に戻る
DSC07205_R_20190322220417411.jpg
碍子が天井に並ぶ、かなり程度の良い施設だったようだ
DSC07206_R_20190322220418024.jpg
1階部分は回廊式のようだ、左に岐路がある
DSC07207_R_201903222204204c2.jpg
太く四角い通路
DSC07208_R_20190322220421aef.jpg
しかしそのまま突き当たり
DSC07209_R_201903222204224c8.jpg
元の通路に戻る
DSC07210_R_201903222204249eb.jpg
二股のもう一方への連絡口
DSC07213_R_201903222204268f8.jpg
ループして戻ってきた、行ってないのはこの右側
DSC07214_R_20190322222445963.jpg
ガレを乗り越え進んで行く
DSC07215_R_201903222224462b2.jpg
先は見えているが、行って見ると
DSC07216_R_20190322222448433.jpg
頭の上に、大空洞が!
DSC07223_R_20190322222451d4d.jpg
しかし、とても登れない、予想通り2階への連絡口はもう一つあった(ある意味予想外だが)
DSC07219_R_2019032222244873e.jpg
突き当たりの地層が面白い、あの穴は何だろう?面取りをしてあるので、堀かけではない
DSC07221_R_20190322222450b62.jpg
2階へ行くために、最初の接合部へ戻る
DSC07224_R_20190322223922d44.jpg
2階への接合部、ここなら手が届く(帰りは飛び降りだが)
DSC07225_R_201903222239244b4.jpg
絵に描いたような、失敗通路(床が抜けた時は驚いたろうな?)
DSC07227_R_20190322223925dce.jpg
少し水が溜まっているが、とても広い空間と十字路
DSC07228_R_201903222239271ee.jpg
正面は行き止まり
DSC07230_R_20190322223927826.jpg
右手は開口部へ
DSC07231_R_20190322223929543.jpg
元々は完全に独立した地下壕だったのだろうな?
DSC07232_R_20190322223930817.jpg
十字路に戻る
DSC07234_R_201903222258153ef.jpg
ずらりと並ぶ碍子の列
DSC07236_R_20190322225817dd5.jpg
床にはトロッコ軌条
DSC07237_R_201903222258195bf.jpg
次の十字路に出た
DSC07238_R_20190322225819ac2.jpg
右は同じ様に突き当たり
DSC07239_R_20190322225822bae.jpg
左は突き当たりの通路
DSC07241_R_201903222258221dc.jpg
棚が一つある
DSC07243_R_201903222258256b2.jpg
通路の最深部
DSC07244_R_2019032222582613c.jpg
さっきの登れない接続部の上に来た
DSC07247_R_201903222258278e7.jpg
下を覗く、落ちそうで怖い。下にガレが無いからずいぶん早めに接続したのだろう
DSC07250_R_20190322225828782.jpg
発破穴もあるし、まだ先を掘るつもりだったのだろうな?
DSC07251_R_20190322232858816.jpg
十字路に戻る
DSC07253_R_20190322232900e3b.jpg
奥に進む、通路が狭くなってきた
DSC07256_R_20190322232901bcc.jpg
行き止まり
DSC07258_R_20190322232902e9f.jpg
この形の鉄材が良く落ちている
DSC07260_R_20190322232904553.jpg
面取りをしていないので、まだ掘るつもりだったのだろう
DSC07264_R_20190322232907c6b.jpg
さて、戻ろう
DSC07265_R_20190322232908816.jpg
あとはこの接続部から飛び降りるだけ
DSC07267_R_20190322233736484.jpg
やっぱり階層構造は面白かった
DSC07270_R_2019032223373805d.jpg
外部から2階の入り口を確認する
DSC07271_R_2019032223373957c.jpg
知らなきゃ外部から2階は見つからないだろうな?

横須賀海軍軍需部館山支庫 その1

千葉県館山の赤山地下壕周辺には、多くの穴が空いている
最初は赤山地下壕の一部だと思っていたが、どうやら違う物があるようだ
赤山地下壕自体は海軍館山航空隊の防空壕としての貯蔵、医療を兼ねた施設らしいが
確たる資料は全て処分され、はっきりとした呼称、使用目的は不明のままである。

赤山周辺には二十を超える穴が今回は確認できた、直接赤山地下壕に繋がっていない穴を
横須賀海軍軍需部館山支庫として大別し、紹介していく
なお、事前に知っていた物も半数ほどあるが、総軍さんが必死こいて探し出して来たものを横からかっさらう様に場所のプロットをもらい、確認をしてきた形になる。
もちろん自分でも更なる山狩りを行い、更にいくつかの新規を見つけて来た
反面プロットの位置に見当たらず、当日は雨のために断念した物もあるので、再調査が必要だろう。

DSC07083_R_2019032021424146c.jpg
いつもの様に一人千葉に旅立つ
DSC07086_R_201903202142430a3.jpg
赤山直結の壕口は飛ばし、まず一つ目
DSC07085_R_2019032021424249f.jpg
大きな壕口だが、赤山には直結していない。
DSC07087_R_20190320214244803.jpg
二つ目は駐車所に開口しているので、見た人は多いだろう
DSC07088_R_20190320214246e85.jpg
内部の状態は良く、モルタルを吹き付けてあるようだ
DSC07089_R_20190320214247a06.jpg
岐路を持たない単独の壕だった
DSC07090_R_20190320214250b59.jpg
三つ目、隣の民家にも若干小さな壕口が有る
DSC07091_R_201903202142510dd.jpg
流石に中は見れないが、この近辺に燃料壕に直結している壕があるはずだ
DSC07159_R_201903202259392bf.jpg
四つ目、少し離れた民家裏にも壕口がある。赤山側には少なくとも4ヶ所確認された(内2つは燃料壕入り口?)
DSC07094_R_20190320230938b39.jpg
反対側の山肌に、封鎖された壕口が見える
DSC07095_R_201903202309378b5.jpg
付近を捜すと壕口を発見した
DSC07098_R_20190320230938f83.jpg
入り口手前には、二つの小さな付属壕があるが物入れ程度だ
DSC07101_R_2019032023094004a.jpg
スズキの廃車とサーフボード
DSC07105_R_20190320230940657.jpg
内部は綺麗な拭きつけモルタル
DSC07106_R_201903202309437d2.jpg
ホンダだったかな?
DSC07107_R_20190320230943a9b.jpg
左に枝道がある
DSC07115_R_201903202309460f5.jpg
さっきの封鎖壕口の裏側だろう
DSC07122_R_2019032023331030f.jpg
本坑に戻る
DSC07119_R_20190320233309178.jpg
右下に何故か掘った跡がある、戦後調査だろう
DSC07123_R_2019032023331293b.jpg
左側の小部屋
DSC07127_R_20190320233312818.jpg
なぜか自衛隊のかなり昔の形式のカン飯が置いてある。現在はこれより若干量が減っている横広タイプに変更
DSC07128_R_20190320233314bef.jpg
正面突き当たりはT字になっている
DSC07129_R_20190320233316bf9.jpg
碍子と何かの金具?がある木片
DSC07131_R_201903202333183f1.jpg
左側に行ってみる
DSC07132_R_20190320233318fd1.jpg
またブロックで封鎖してある
DSC07133_R_20190320233320192.jpg
仕方なく戻る
DSC07134_R_201903212131046da.jpg
T字路に戻ってきた
DSC07135_R_2019032121310524c.jpg
軽い登り勾配がある
DSC07136_R_20190321213107b6b.jpg
インク瓶が埋まっている
DSC07138_R_2019032121310983a.jpg
拳銃と懐中電灯が落ちてる
DSC07145_R_20190321213112870.jpg
これは
DSC07137_R_20190321213107e11.jpg
通路の半分ぐらいが埋まっているような感じで天井が低くなっている
DSC07139_R_20190321220501130.jpg
最深部は部屋の1/3程が埋まったような状態だった
DSC07140_R_2019032122050208a.jpg
見た目でわかるような傾斜に掘りかけているらしい
DSC07148_R_201903212205031e9.jpg
さて脱出と思ったら
DSC07156_R_201903212205051c1.jpg
車の陰に、ゴロゴロと
DSC07157_R_20190321220507690.jpg
こんどこそ脱出

館山海軍航空隊 沖ノ島おまけ編

291_R_20190314210301bf4.jpg
日没間じかの帰り道、ちょっとだけ沖ノ島に寄って来た。
沖ノ島、鷹の島の二島は元々は島だったが、関東大震災で隆起して地続きとなった島である
館空自体が隆起した平地を滑走路にして整地した土地である
292_R_20190314210303cfa.jpg
雨上がりの冬の海岸には、人っ子一人居なかった
403_R_201903142103090fc.jpg
こんな島だ、普通に海水浴や散策ができる
293_R_20190314210303c83.jpg
入り口(現在地)付近には、建物の遺構が残っている、これはおトイレ
294_R_201903142103060f6.jpg
唯一のしっかりとした、煉瓦遺構
402_R_20190314210306dac.jpg
島の入り口なので、衛所のような物だろう
295_R_20190314213539b7c.jpg
島内には、厳重に封鎖された地下壕が多数存在するが、今回は時間の関係で入らない
296_R_20190314213540778.jpg
軽く水没しているし、銃眼がこちらの侵入者を睨んでいる
297_R_20190314213541b80.jpg
散策路を少し外れると、地下壕だらけなのだ
298_R_201903142135430bd.jpg
この島の地下壕は、崩落も無く質は高い、観光資源になりそうなのだが・・・
299_R_20190314213545679.jpg
散策路のすぐ脇に
300_R_20190314213545626.jpg
2X1mほどの水槽がある
301_R_201903142135470d1.jpg
近くに小型の物もある
304_R_20190314214758504.jpg
館空の望める高台へ上ってみる
305_R_20190314214759f07.jpg
階段らしき物がある
311_R_20190314214800c20.jpg
何にも無いなと思ったら、ちらっと何か見える
319_R_2019031421480253d.jpg
新規発見の境界石だ!同じ所に何度でも訪れると、こんな発見があるのだ
320_R_2019031421480470f.jpg
海軍航空隊に委譲するまでは、陸軍管轄だった(現在唯一の陸軍標柱の発見だ)
321_R_2019031421480569b.jpg
重校とは重砲兵学校の事で、横須賀でも同じ物を発見している
322_R_2019031421480619a.jpg
かなり際どい所に立っているので、数年後には落ちているかも?
323_R_20190314220627080.jpg
この切り通しも軍隊が作った物だろう
324_R_20190314220628845.jpg
海岸線に出た
326_R_20190314220629a99.jpg
向こうに見えるのは大房岬砲台で、館山上陸の米軍に攻撃する砲台である
327_R_201903142206306f2.jpg
内陸部に戻って行くと
328_R_20190314220633455.jpg
至る所に塹壕の跡が伺える
330_R_201903142206346b5.jpg
そんな後を辿って行くと
333_R_20190314220636453.jpg
小さな壕口がある
336_R_20190314222003903.jpg
こんな小壕が至る所にある
337_R_20190314222005ea1.jpg
隠れるように壕口が口を開いている
338_R_20190314222005d56.jpg
ちょっとだけ入ってみる
340_R_2019031422200803a.jpg
隆起した地層が解りやすい
348_R_20190314222008894.jpg
海軍壕は、入ると広い
349_R_201903142220119ce.jpg
352_R_20190314222012843.jpg
どこぞの封鎖壕にぶち当たったようだ
358_R_20190314222013f1a.jpg
階段を降りて行く
362_R_20190314230048fe9.jpg
363_R_201903142300495e4.jpg
368_R_20190314230050bd4.jpg
382_R_20190314230053696.jpg
386_R_20190314230055e3f.jpg
387_R_20190314230056ab9.jpg
390_R_20190314230058b19.jpg
391_R_20190314230059348.jpg
さて、脱出しよう
397_R_20190314233001eff.jpg
幾つかコンクリートを使った壕もある
401_R_201903142330035e9.jpg
奉安殿かとも思ったが、弾薬庫だろう。こんな前線になる所で御真影守るのは大変だ
404_R_20190314233004296.jpg
島を脱出する
DSC07639_R_201903152239249b6.jpg
館山湾に残る、横須賀軍需部館山支庫の揮発油格納庫
DSC07632_R_201903152239214ba.jpg
この壁も当時のままだと思われる
DSC07633_R_20190315223922d27.jpg
長屋状に2本の倉庫が並んでいる
DSC07634_R_20190315223922be4.jpg
戦後住民が移り住んでいるようだ