FC2ブログ

京都 第三火薬廠(二回目)

433_R_20190905215446846.jpg
時間が押して来たので、山は諦めて第三火薬廠にやってきた
434_R_20190905215448f43.jpg
御希望によりロシア病院を見ていく
438_R_20190905215449f63.jpg
440_R_20190905215450f77.jpg
444_R_2019090521545245d.jpg
448_R_2019090521545586f.jpg
二度目なので、適当に切り上げる
450_R_20190908220532a11.jpg
場所を移動する
452_R_20190908220531552.jpg
映画で有名になった弾薬庫に移動した
454_R_20190908220533e0b.jpg
日本の一番長い日のロケ地
458_R_20190908220541070.jpg
この入り口は映画の為に作られたセットである
460_R_20190908220543e1f.jpg
とって付けたようなベタな取っ手
462_R_20190908220536d36.jpg
前室があり、内部にかまぼこ型の独立した弾薬庫が納まっている
465_R_20190908220537569.jpg
弾薬庫内部(一番奥に空母氏が居る)
480_R_20190908225007397.jpg
天井の電灯
481_R_20190908225008d57.jpg
天井の通気孔
482_R_20190908225010b02.jpg
手榴弾
483_R_20190908225010671.jpg
奥壁の通気及び点検口
488_R_20190908225013cb7.jpg
こんな感じに並んでいる
499_R_201909082250147c3.jpg
戦後の調査と思われる壁面を壊して、鉄骨を露出させた部分
494_R_20190908225015149.jpg
横に開いてる通気孔
505_R_20190910230025eb9.jpg
外殻と内殻の隙間に入ってみる
506_R_2019091023002782b.jpg
途中に登り梯子がある
508_R_20190910230027c74.jpg
上部の隙間は1.5mほどか
509_R_20190910230030562.jpg
ドーム状の上に、木製の梯子が架かっていた様だが、腐ってこれ以上は進めない
511_R_20190910230030572.jpg
登って見たかったが、滑って落ちたらシャレにならん
513_R.jpg
誰も登って来なかったので降りる
515_R_201909102334259df.jpg
あとは直角に曲がって一周するだけで面白みは無い
523_R_20190910233427d3c.jpg
反対側にも梯子はあった
526_R_201909102334277f6.jpg
誰だこんな所で花火したのは?
532_R_20190910233428c4c.jpg
脱出する
535_R_20190910233431c4a.jpg
防火水槽
536_R_20190910233432859.jpg
爆発時の被害減少の為の土塁、通路トンネルで隣のブロックと接続
537_R_201909102334348da.jpg
建物の僅かな基礎を除いて、自然に帰りつつある
538_R_20190910233435364.jpg
543_R_20190910233436c31.jpg
倒れた海軍マークの消火栓
544_R_20190910233437596.jpg
この辺もいずれ再開発に消えそうだ
546_R_201909112328474bd.jpg
火薬庫に到着した時には、すでに日が傾いていた
552_R_20190911232848cbd.jpg
うっすらと壁に迷彩色が残る
557_R_20190911232849118.jpg
米軍のステンシル
562_R_20190911232852a2b.jpg
563_R_20190911232852566.jpg
564_R_20190911232854f54.jpg
思い思いに撮影していく
568_R_20190911232855c9c.jpg
なんかいる?
570_R_201909112337367a4.jpg
別のトンネルに向かう
575_R_201909112337377d3.jpg
コノ字形の広場で土塁に囲まれている
579_R_2019091123373893e.jpg
広場には相当大きい建物が建っていた基礎が残っている
582_R_20190911233742879.jpg
機械台座も見受けられる
590_R_20190911233741cca.jpg
もう一方の出入り口は切り通しになっている
595_R_201909112337432d3.jpg
土塁の土止めのコンクリート
601_R_20190911234424fe9.jpg
最後に前回見た遂道式火薬庫
604_R_20190911234425b61.jpg
こちら側は内側から鎖で施錠されている
605_R_20190911234427e72.jpg
なので山の反対側に行ってみた
608_R.jpg
鎖が着いていて、施錠されている様だがとのさんがちょいと
614_R_20190911234430660.jpg
おお!すごい綺麗だ。
613_R_20190911234428f21.jpg
まだまだ普通に使えそうなレベルだった
スポンサーサイト



舞鶴 金岬砲台 その2

330_R_20190901222040876.jpg
下に下りると弾薬庫がある
331_R_20190901222049482.jpg
入り口の状態は良さそうだ
333_R_20190901222049dd4.jpg
階段を降りて行く
336_R_2019090122204689e.jpg
床面はあまり綺麗ではない
341_R_20190901222047e02.jpg
天井の通気孔
343_R_20190901222049706.jpg
半地下の出入り口
348_R_201909012220490de.jpg
石垣の曲線が綺麗だ
345_R_20190901222048f7c.jpg
ラピュタを思わせる砲座
349_R_20190901222051c5f.jpg
曲線の建造美と緑の侵食がいい
350_R_20190901234537b87.jpg
14cmカノン砲砲座
351_R_2019090123453869d.jpg
1門目
356_R_20190901234540919.jpg
2門目
357_R_201909012345459a6.jpg
焼き過ぎ煉瓦の美しい砲座だった
387_R_20190905193823449.jpg
階段から上に上がる
388_R_201909051938245d5.jpg
半円の手前数mに砲座を据える
364_R_201909051948526c6.jpg
362_R_201909051948493f3.jpg
366_R_20190905194851750.jpg
土塁にモルタルを塗ってある所がある、何だろう?
360_R_2019090519484782b.jpg
少し離れた平場に、円形の穴と
359_R_20190905194846497.jpg
コンクリートのこんな物があった、何があったのだろう
379_R_20190905195445fe9.jpg
斜面を戻って行くと
378_R_2019090519544321d.jpg
炊事場だ
391_R_20190905193825266.jpg
アルマイトの食器が落ちていた
394_R_201909051938275a7.jpg
一回りしたので、撤収する
397_R_20190905200055e6f.jpg
霧が立ち込める原生林を戻って行く
399_R_20190905200057a02.jpg
帰りは15分程で戻ってきた
401_R_2019090520005814d.jpg
下山途中のこの沢で一時停止
405_R_2019090520010019f.jpg
この橋は、砲台工事の時に掛けられた、当時ものの橋だ
406_R_20190905200101884.jpg
すぐ側には、陸界の標柱が苔むしている
413_R_2019090520010288e.jpg
下界に下りて来ると、霧は回復してきた
415_R_20190905200104318.jpg
416_R_20190905200106042.jpg
途中には色々な草ヒロ達がいた
424_R_20190905200107201.jpg
港に豪華客船が停泊していたが、誰も関心を示さない。筋金入りの変態達だった。

舞鶴 金岬砲台 その1

1934年(昭和9)の要塞整理処理要領にて廃止となった金岬砲台、21センチカノン砲4門、15センチカノン砲4門を備えていた。
147_R_20190822214813352.jpg
金崎砲台は、槙山砲台の途中から分岐した道を行く
148_R_20190822214814306.jpg
高低差は少なく、平坦でなだらかな道を20分程度で到着する
153_R_20190822214817003.jpg
昨日の雨のせいか、少し木が倒れている
150_R_20190822214818277.jpg
特に大した障害にはならない程度の倒木が少々
155_R_20190822214819ae0.jpg
土砂崩れで、路盤の無くなっている所が1ヵ所
158_R_20190822214821f5e.jpg
人一人余裕で歩ける足場と、ロープが確保されている
163_R_2019082221482200c.jpg
しばらくすると、境界柵の柱と見られる遺構があった、ここから単独で上に上がる
164_R_20190823215327275.jpg
門柱の内側に直行してしまった
165_R_20190823215329c86.jpg
反対には、対になる門柱が無かった
169_R_20190823215331e99.jpg
門柱の脇には境界柵がみっちり並んでいる
171_R_201908232153334ff.jpg
これらは当時と思われる針金で連結されている
166_R_2019082321533168e.jpg
5分もすると、後続グループも登ってきた
172_R_201908232153344ae.jpg
反対側には境界柵だけがある
173_R_20190823215336bcf.jpg
人物比空母氏
182_R_20190823223652452.jpg
門の中には様々な遺構が点在する
180_R_201908232236532d2.jpg
石垣に囲まれた、炊事場のようだ
186_R_201908232236548d1.jpg
ろ過水槽と井戸
189_R_20190823223655f4a.jpg

193_R_2019082322365738a.jpg
反対側
198_R_201908232243433b3.jpg
井戸の中
199_R_201908232243450dc.jpg
煉瓦には一片に線の様な刻印がこの辺ではポピュラーだ
195_R_201908232243457aa.jpg
排水設備も充実
201_R_201908232243464dc.jpg
202_R_2019082322434764b.jpg
ビンもいろいろ落ちている
204_R - コピー
掩蔽部に向かう
205_R_20190823231136181.jpg
意外に漆喰が残っている
207_R_20190823231136e32.jpg
通気孔は、途中から煉瓦の四角い煙突状になる
209_R_20190823231138999.jpg
出入り口、かなり状態がいいようだ
213_R_20190823231140486.jpg
植物の生え方がすごい
215_R_201908232311421f1.jpg
連なった掩蔽部
219_R_201908232311429b7.jpg
形状はほぼ同じだが
220_R_201908232325438f6.jpg
金属フックが残っている
224_R_20190823232543260.jpg
出入り口にもフック類と、通気孔が開いている
225_R_2019082323254576b.jpg
5つの部屋は、奥で全て繋がっていた
229_R_20190823232545064.jpg
出入り口形状も一緒
234_R_2019082323254773c.jpg
全く同じなので省略する
237_R_20190823232549f8d.jpg
外に出ると、コンクリート基礎の煉瓦遺構がある
240_R_20190823232551862.jpg
242_R_20190823232551a76.jpg
どうやらおトイレのようだ
245_R_20190823232553e77.jpg
綺麗な石垣に沿って進む
254_R_20190824210011444.jpg
石垣に囲まれたブロックがあった
258_R_20190824210012051.jpg
建物の基礎もある
259_R_20190824210015079.jpg
次の遺構が見えてきた
261_R_201908242100174d7.jpg
今度は2連の掩蔽部
262_R_201908242100169d7.jpg
かなり綺麗に残っている入り口
266_R_20190824210018d72.jpg
中央と左側に伝声管がある
267_R_2019082421001990b.jpg
年号の落書き
270_R_20190824212040ec9.jpg
左の伝声管はまだ生きている
271_R_20190824212042d9a.jpg
中央のは明かりが見えない
272_R_201908242120420ec.jpg
隣の掩蔽部
275_R_201908242120442d1.jpg
こちらには伝声管も何も無い
276_R_20190824212046a3d.jpg
表にはなぜか石材が散らばっている
278_R_2019082421204863e.jpg
上に登ってみる
279_R_20190824212048fa7.jpg
コンクリートのプール状の遺構
282_R_20190901194450f36.jpg
側遠機台の綺麗に残る観測所
284_R_20190901194451b50.jpg
左右に小さな階段がある
285_R_201909011944550c6.jpg
狭い所で20cm無いので、普通には通れない。だからか斜めにカットしてある290_R_20190901194456cd1.jpg
煉瓦造りの階段は普通だ
288_R_201909011944572eb.jpg
すぐ隣にある砲台長位置
293_R_20190901194457e75.jpg
伝声管はあるが、ポケットはな無い
297_R_20190901194459311.jpg
ポケットは階段の途中にある
302_R_20190901194500cf9.jpg
四等三角点
304_R_201909011945013ac.jpg
舞要(舞鶴要塞)の標柱なのだが、何故か文字面を撮っていない
18_20190812193935948_R.jpg
なので総軍さんのブログからかっぱらう
307_R_201909012109448a3.jpg
陸界143
309_R_20190901210946b18.jpg
観ようによっては170にも見えるのが石柱の困った所だ
313_R_201909012109494b7.jpg
陸界百四十 六号(いきなり漢字表記の枝番付き)
312_R_201909012109485cd.jpg
陸界百四十 四号 他にもあったが汚れて読めない
311_R_20190901210947ea8.jpg
砲座の上に出た
314_R_201909012109520a2.jpg
空母氏が真下にいた、高さ3mほどか?
316_R_2019090121095411b.jpg
めんどくさいので飛び降りる
319_R_20190901215636001.jpg
即応弾薬置き場と伝声管
320_R_201909012156380b7.jpg
こじんまりとした感じの21cmカノン砲座
322_R_20190901215641cd9.jpg
横にある階段
323_R_20190901215641916.jpg
確認に登ったが、さっきの観測所だ
325_R_20190901215643598.jpg
何かの台座のような遺構もある

舞鶴 槙山砲台 

IMG_5621_R.jpg
大渋滞の中、横浜を舞鶴に向けて出発する
IMG_5622_R.jpg
途中、パーキングなぞに寄りながら、空母氏との合流を試みる
IMG_5626_R.jpg
しかし微妙に先を走る空母氏に最後まで追い付く事は無かった
IMG_5628_R.jpg
何故か舞鶴に行く時は、必ず雨に祟られる
IMG_5633_R.jpg
舞鶴手前のパーキングエリアで、静岡の星空母氏と合流、午前3時まで宴が続く
002_R_201908141118058cd.jpg
翌日の朝、白杉補助建築物に寄って行く、砲具庫と言われる建物
003_R_201908141118070be.jpg
糧食支庫
005_R_20190814111809635.jpg
弾薬庫
006_R_20190814111810215.jpg
さて、前回訪れた時は土砂崩れで通行止めになっていた道路が修復されたそうだとの情報を頂いた
013_R_201908141118126c3.jpg
離合出来ない道をどんどん上る、正確には2.3ヶ所は離合ヶ所あり
014_R_20190814111813b33.jpg
最終地点まで舗装道が伸びているが、天気により霧に包まれる
016_R_20190814111814bc3.jpg
山頂まで5km、20分ほど登り到着
017_R_20190820202333826.jpg
日本遺産 槙山砲台、28cm榴弾砲6門 3砲座×各2門 計6門  15cm臼砲4門 2砲座×各2門 計4門
後に10年式12cm高角砲4門、25ミリ単装機銃1基13ミリ単装機銃2基その他に電探機能もあった
019_R_20190820202334e18.jpg
目の前の弾薬庫に向かう
032_R_2019082020234002b.jpg
023_R_2019082020233577e.jpg
通風孔
030_R_201908202023389e6.jpg
内側の漆喰は残っている
033_R_20190820202342927.jpg
表に出て、第一砲座に向かう
034_R_201908202023435b3.jpg
即応弾薬置き場なのだが、第一砲座(28cm榴弾砲砲座)はハングライダー場にする為に破壊されてしまっている
036_R_20190820202344dfd.jpg
この通り何にも無い
038_R_20190820202345fe1.jpg
滑走台、これはつるつるで非常にやばかった
041_R_20190820202348bec.jpg
弾薬庫の上に登ると、通風孔の上部が有った
043_R_20190820202350b24.jpg
第一砲座と第二砲座の間には、塹壕状の指揮所?機銃掩体?
046_R_2019082020235007e.jpg
砲台長位置の様な物もある
049_R_20190820205206293.jpg
面倒なので、第二砲座に飛び降りる
050_R_201908202052071ca.jpg
胸墻部分が落下して来ている
054_R_20190820205209508.jpg
折れた通風管の様だ
063_R_20190820205210781.jpg
第二砲座の弾薬庫
065_R_201908202052112e3.jpg
内部
074_R_20190820205212cc3.jpg
077_R_201908202232561f5.jpg
第三砲座、もはや分からん
079_R_20190820223257159.jpg
第三砲座の弾薬庫
081_R_2019082022325860f.jpg
道路に面した弾薬庫の為か、風化が激しく殆どの漆喰が落ちている
082_R_20190820223302b0e.jpg
入り口付近は珍しく窓枠などの木材が残っている
090_R_2019082022330171a.jpg
濾過水槽がある
091_R_201908202233030df.jpg
炊事場のような施設が有ったと思われる
092_R_20190820223307898.jpg
第四砲座、少しは整備して欲しい
093_R_20190820223306939.jpg
最後の三連掩蔽部
095_R_20190820224626cee.jpg
全て独立した部屋が並んでいる
096_R_20190820224627264.jpg
閂の金具も残っている
097_R_20190820224629adc.jpg
三連なのに内部接続は無い
098_R_20190820224629823.jpg
ドア部分には扉の鍵の部分も残っている
100_R_20190820224631c85.jpg
目の前に山の反対向きの滑走台がある
103_R_2019082022463318a.jpg
この先は変電施設で特に遺構は無さそうだった
105_R_2019082022463587c.jpg
117_R_2019082022463631b.jpg
123_R_20190820224637024.jpg
滑走台付近には、若干の用途不明基礎的な物が散見する
126_R_201908202246381fc.jpg
一瞬だけ湾内が見下ろせた
129_R_20190821211928214.jpg
この辺の掩蔽部を観損ねた気がする
132_R_20190821211930447.jpg
下山途中、怪しげな穴を発見
133_R_2019082121193106c.jpg
確かに穴が空いている、明治に防空壕は掘らないので、昭和の時代のモノだろう
138_R_20190821211932778.jpg
広い所で3x3ぐらいの結構な大きさだ、奥行きも30mほどか?
139_R_20190821211934cc1.jpg
突き当たって右に90度曲がって5mぐらいで閉塞
144_R_2019082121193510d.jpg
槙山砲台に地下壕が有るなんて、聞いた事が無かった。

舞鶴 第三火薬廠 その4

DSC00912_R_2019070223380382e.jpg
この辺に溶酸破砕場が有るはずだが
DSC00913_R_20190702233804483.jpg
瓦が散らばる場所がある、これがその跡なのだろうか?
DSC00914_R_201907022338069f7.jpg
枝道に入って行くと
DSC00916_R_20190702233808635.jpg
爆薬庫411があった
DSC00918_R_201907022338083d5.jpg
米軍管理番号411
DSC00919_R_2019070223380916d.jpg
手前に何か見えるが後回し
DSC00920_R_201907022338104c5.jpg
見た感じ、爆薬庫392と同じ構造の様だ
DSC00921_R_2019070223381397e.jpg
うっすらと迷彩塗装も見て取れる
DSC00925_R_20190702234855fc1.jpg
鉄扉の状態はいい
DSC00922_R_201907022348515ba.jpg
ここはかなり保存状態がいいようだ
DSC00923_R_2019070223485444d.jpg
天井に格子や壁の板張りがほとんど残っている
DSC00924_R_20190702234853a31.jpg
若干浸水しているが、さっきよりマシだ
DSC00927_R_201907032226575c5.jpg
ほぼ内部全景
DSC00931_R_20190703222659797.jpg
外壁に着いているこの木材は何だろう?
DSC00936_R_201907032226591e9.jpg
傘の着いた電灯が残っている
DSC00937_R_201907032227022e7.jpg
下手に入り込むと、足が抜けなくなるから注意が必要だ
DSC00943_R_20190703222704615.jpg
道はまだ奥に続いているのだが、建物として爆薬庫が谷の最深部なのがここのセオリーの様なので引き返す
DSC00945_R_2019070322581805d.jpg
橋の衛所まで戻ってきた
DSC00946_R_20190703225816c9f.jpg
Y字分岐の左に行って来たので、今度は右に行く
DSC00952_R_201907032258205c9.jpg
左手に水槽が現れた
DSC00954_R_201907032258206e6.jpg
緑に覆われ、全貌が良く分からないが、結構大きい
DSC00961_R_2019070322582747b.jpg
竹に覆われて分かり難いが、広範囲に基礎がある
DSC00951_R_201907032258283af.jpg
DSC00958_R_201907032258326ed.jpg
これはトイレっぽい?
DSC00956_R_20190703225835a2e.jpg
DSC00963_R_20190703232721808.jpg
DSC00965_R_201907032327234ad.jpg
DSC00966_R_201907032327231be.jpg
DSC00968_R_20190703232726600.jpg
DSC00971_R.jpg
資料的には風呂場らしい
DSC00974_R_201907032329453a7.jpg
くぼ地の中に、配管らしき物が見える
DSC00975_R_20190703232946f8c.jpg
一部道路が崩れている所もある
DSC00976_R_2019070323294820a.jpg
また水槽だ、資料には無い
DSC00977_R_20190703232950f16.jpg
まさかこっちが風呂か?違うと思うが
DSC00978_R_2019070323295101b.jpg
またアーチトンネルが見えてきた
DSC00980_R_20190703232952b91.jpg
DSC00981_R_20190703232953e52.jpg
気にしてなかったが、画像で見るとトンネルがネジれて見える
DSC00982_R_2019070323295566f.jpg
位置的には火薬乾燥場
DSC00983_R_2019070323295697e.jpg
何となく奥に基礎が見えるが、ぬかるんで近寄れない
DSC00986_R_201907042215473b6.jpg
何やら穴がある
DSC00991_R_20190704221548688.jpg
何だろう?釜だったとか?
DSC00992_R_20190704221550ce7.jpg
また小さめなトンネルが現れた
DSC00993_R_20190704221550b11.jpg
トンネル内が川となっているので歩きにくい
DSC00994_R_201907042215529d7.jpg
元はトンネル脇に水道があったようだ
DSC00996_R_20190704221553f7d.jpg
川に沿って進んでみる
DSC00997_R_20190704221554448.jpg
これ以上は資料にも建物は無いし、引き返す事にする
DSC00998_R_20190704224554b32.jpg
一つ目のトンネルをくぐり
DSC01000_R_20190704224555347.jpg
二つ目をくぐる
DSC01002_R_20190704224556730.jpg
本来川の水は、この土管を通過するはずだが、埋まってしまっている
DSC01007_R_20190704224558662.jpg
そんな物を見ていたら、これは!
DSC01008_R_20190704224600114.jpg
川に下りてみると、すごい形で生えている消火栓を発見
DSC01009_R_201907042246011b4.jpg
キャンプ場に有ったやつと同じ様だ
DSC01011_R_20190704224602672.jpg
路肩が崩れ、90度横倒しになっているのだろう
DSC01012_R_20190704225411e82.jpg
DSC01015_R_2019070422541297e.jpg
あれは
DSC01017_R_201907042254149f8.jpg
地下壕じゃないですか!
DSC01018_R_201907042254158c6.jpg
すぐ、崩れて終わりかと思ったら
DSC01019_R_20190704225416d21.jpg
どっこい繋がっていた
DSC01020_R_2019070422541751b.jpg
DSC01023_R_201907042254193d9.jpg
これ以上は駄目そうだ、粘土質の崩れやすい壕だった
DSC01025_R_2019070518385244f.jpg
ここで予定時間を使い切ったので撤収する。(第三火薬廠の半分ぐらいかな)

DSC01026_R_20190705183854ef8.jpg
東舞鶴駅に戻る前に、ちょっと寄り道をした
DSC01027_R_2019070518385502a.jpg
通常向け見学コース、引揚記念館
DSC01030_R_2019070518385674f.jpg
DSC01034_R_20190705183858596.jpg
DSC01036_R_201907051839008c3.jpg
DSC01047_R_20190705183900797.jpg
DSC01049_R_20190705183902d3e.jpg
DSC01051_R_20190705183904845.jpg
DSC01042_R_2019070518465764d.jpg
DSC01052_R_20190705184659d4f.jpg
DSC01053_R_20190705184659f21.jpg
DSC01054_R_20190705184701886.jpg
DSC01055_R_201907051847027bf.jpg
DSC01056_R_20190705184705b7f.jpg
引揚の港はもう遺構は無いようだ
DSC01059_R_20190705192134c7b.jpg
復元桟橋があると言うので、一応行ってみた
DSC01060_R_201907051921365a3.jpg
DSC01063_R_2019070519213948f.jpg
DSC01061_R_20190705192136d93.jpg
DSC01062_R_20190705192138680.jpg
DSC01064_R_20190705192141b87.jpg
DSC01071_R_20190705192145533.jpg
DSC01067_R_20190705192142478.jpg
DSC01069_R_20190705192144822.jpg
鎮魂を祈りつつ、撤収する
IMG_4552_R.jpg
IMG_4553_R.jpg
東舞鶴駅に着くと、タイムリーにこんな物が有った