FC2ブログ

長崎薬専防空壕跡 大村海軍航空隊掩体壕 第二一海軍航空廠本部庁舎跡地及び防空壕

長崎市内で、簡単に観れる遺構を飛行機の出発間際に回って来た
遠征において、飛行機の時間は遅く設定出来ても、レンタカーの返却時間は18時~18時30分という不文律がある
ガソリン給油、返却地への行程を考えると、30分ほどは早く行かなければならない。
自分の車では無い事のデメリットだ。
最後のギリギリまで行ける所だけ回って来たのだ
DSC02502_R_20200819192729a3e.jpg
長崎医科大学の裏山
DSC02503_R_20200819192731c5e.jpg
ここは当時の射撃場だったらしい
DSC02504_R_202008191927334dc.jpg
今は壕口も埋められ、慰霊碑だけが建っている
DSC02505_R_202008191927349e0.jpg
説明板
DSC02506_R_20200819192736145.jpg
射的場 防空壕跡 平和と彫ってある
DSC02508_R_202008191927364b6.jpg
かすかに幾つかの壕口の跡が伺える
DSC02509_R_202008191927418d5.jpg
DSC02510_R_20200819192740e70.jpg
何故か隣にある中国人原爆犠牲者追悼碑


DSC02738_R_2020081920045791d.jpg
大村市にある下原口公園
DSC02739_R_20200819200458bd3.jpg
ワシントン海軍軍縮条約の発効とともに、海軍は補助戦備の大転換を画策し、航空隊の増強を狙った。従来の航空教育は横須賀海軍航空隊が担っていたが、大増強のためにはさらなる飛行場と航空隊が必要であった。そこで、東日本と西日本に大規模な航空基地を設置し、基礎訓練から実用機慣熟訓練までを一貫して行う教育航空隊を設置することとした。東日本に設置したのが霞ヶ浦海軍航空隊、西日本が大村空である。以前より航空船訓練や暫定飛行場として使用実績がある霞ヶ浦とは違い、大村は一からのスタートとなった。佐世保鎮守府に近い平坦地で、陸軍歩兵第46連隊の衛戍地として軍への協力が取り付けやすい長崎県東彼杵郡大村町(現・大村市)の海岸に滑走路を設置し、横空・佐空・霞空に続く第五の海軍航空隊として開かれた。大陸に最も近い航空基地として、日華事変の際には木更津海軍航空隊の渡洋爆撃基地として機能し、また、手狭な佐世保飛行場に代わって佐世保海軍航空隊戦闘機隊が駐留していた。(ウイキペディア)
ういDSC02740_R_20200819200500410.jpg
掩体壕の背側面は、遊具としての第二の人生?を歩んでいたが、昨今の公園事情により封鎖されている
DSC02741_R_202008192005023be.jpg
掩体壕正面
DSC02742_R_202008192005024e6.jpg
斜めから見ると、庇のある陸軍式はともかく、このような段付きの前面部は珍しい
DSC02744_R_20200819200507a7d.jpg
内部は長らくこうえんの倉庫として使われていたらしいが、整備されている
DSC02743_R_20200819200504270.jpg
背面部はかなり雑なコンクリートの塗り方で、型も使われていない
DSC02752_R_20200819200508fa5.jpg
戦跡の平和利用としてはいいと思うが、出来ればそっとしておいて欲しかった


DSC02754_R_20200819203616466.jpg
とあるスポーツ広場の隣に
DSC02755_R_20200819203618ef4.jpg
異彩を放つ小山がある
DSC02756_R_202008192036203ff.jpg
本部庁舎は跡形もないが、防空壕は残っている
DSC02757_R_20200819203621eb4.jpg
平地で山の無い飛行場は、こんな感じの防空壕にならざるを得ない
DSC02758_R_20200819203623a34.jpg
最近出来たばかりの様な碑が建っている
DSC02759_R_202008192036242ad.jpg
左右に同じような爆風除け付きの入り口がある
DSC02760_R_202008192045218b8.jpg
通路は貫通しているが、内部への入り口はブロック閉鎖されている
DSC02761_R_202008192045237f1.jpg
上部のコンクリートも分厚く盛られている
DSC02765_R_20200819204527a6a.jpg
天井にはヒューム管が2本出ている
DSC02767_R_20200819204528424.jpg
反対側の出入口
DSC02768_R_202008192045295d3.jpg
配電盤のケースが残っている
DSC02766_R_2020081920453171a.jpg
左側の裾は、崩れ止めか、近代コンクリートの補強が入っている
DSC02769_R_202008192107339d4.jpg
かなり雑な乗っけただけの補強と言うか土留めかな?
DSC02770_R_20200819210734e1c.jpg
こちらもそうだが、ガレキぐらい片付けてもいいと思うのだが
DSC02771_R_20200819210736c14.jpg
にゃんこに雨宿りぐらいさせてやってくれ
DSC02773_R_202008192107387a1.jpg
こちらサイドは全体的にコンクリートの土留めが入っている
DSC02772_R_20200819210739e19.jpg
これにて長崎の戦跡訪問を終える

IMG_9001_R.jpg
レンタカーを返却し長崎空港に着くと、既にほとんどの店が閉まっている
IMG_9010_R.jpg
ほぼ唯一開いていた空港レストランで晩飯を食う
IMG_9011_R.jpg
長崎空港特製ハヤシライス
IMG_9020_R.jpg
驚いたのはこちらのミルクセーキ。長崎のミルクセーキは食べ物だそうだ(結構美味い)
IMG_9030_R.jpg
ほとんど貸し切り状態の機内
IMG_9054_R.jpg
長崎の夜景を見ながら飛び立つ
IMG_9056_R.jpg
今度はいつ来れる事やら
IMG_9067_R.jpg
東京に帰って来ると、光の密度が違う
IMG_9078_R.jpg
見慣れた建造物が安心する
IMG_9096_R.jpg
同時に旅の終わりが物さみしい
IMG_9113_R.jpg
明日からの仕事を考えると、また長崎に逃げたくなる
スポンサーサイト



佐世保海軍警備隊 皆同高角砲台

今富城跡の高台に築かれた砲台跡。昭和17年(1942)から昭和20年(1945)にかけて、海軍の高射砲陣地として利用された。
装備は40口径3年式8cm高角砲4門、測距儀1、110cm探照灯1、発電機1があったらしい
現状は荒れ果てた野山、竹林となっていて、夏場の探索もあり踏破は出来ていない。
しかし、道路からすぐと言う立地なので、冬場ならかなりの遺構を確認できるだろう。
DSC02640_R_2020081913591555a.jpg
城址裏手のアンテナ基地から登る(一応目の前の畑で作業している人に理を入れる)
DSC02641_R_20200819135916951.jpg
即座に通気口が見つかる
DSC02643_R_202008191359189cd.jpg
蓋を被せた様に、側面に開口しているタイプだ
DSC02644_R_20200819135920cdc.jpg
足元の斜面にコンクリートの壕口を発見
DSC02646_R_202008191359201e9.jpg
余裕のある17年3月と言う事もあり、綺麗な造りをしている
DSC02649_R_202008191359224e3.jpg
内部も痛みもなく、いい造りの完全コンクリート製
DSC02650_R_20200819135924454.jpg
弾薬庫入り口、天井が少し高くなる
DSC02656_R_20200819135926efe.jpg
弾薬庫内部
DSC02663_R_20200819135930a2d.jpg
通気孔は斜めカットではなく、直角に四角い
DSC02660_R_202008191359264e4.jpg
通路は斜めにカットされたU字型で、中央に弾薬庫となる
DSC02661_R_20200819135928316.jpg
そのまま抜けると、道路付近に出てしまう利便性の良さ
DSC02665_R_202008191359312a4.jpg
外から見たもう一方の出入口
DSC02669_R_20200819142650f3f.jpg
上をガサゴソすると、肉眼では判るのだが砲座らしき円形の窪みがある
DSC02673_R_20200819142652072.jpg
二か所ははっきりと判るが、後は微妙だ
DSC02676_R_20200819142654c3e.jpg
砲座の近くにコンクリートのマスがある
DSC02677_R_2020081914265656d.jpg
即応弾薬庫か、砲員待避所だろうか?
DSC02682_R_20200819142657b17.jpg
竹林を更に登ると
DSC02679_R_2020081914265620f.jpg
コンクリートの囲いが見える
DSC02685_R_202008191427002af.jpg
観測所(指揮所?)だろうか?
DSC02686_R_202008191502345a9.jpg
出入口らしい切り欠き
DSC02687_R_20200819150236e1a.jpg
DSC02688_R_20200819150238785.jpg
付近にある整地され、土塁に囲まれた部分
DSC02690_R_20200819150240be5.jpg
この石垣は、城跡の一部だろうか?
DSC02693_R_202008191502405b7.jpg
ここにも円形の窪地がある
DSC02694_R_202008191502411ee.jpg
施設の痕跡はあちこちにあるが、特定は出来ない
DSC02697_R_20200819150243251.jpg
周りが平野なので、眺めは良い
DSC02700_R_20200819150246332.jpg
これなんかも完全に円形をしている
DSC02704_R_2020081915170250c.jpg
斜面をへつって行く
DSC02706_R_20200819151703133.jpg
竹林に阻まれ、諦めかけた所で
DSC02708_R_20200819151705bef.jpg
新たな弾薬庫発見
DSC02710_R_20200819151707f18.jpg
入り口の竹をこじ開け、突入する
DSC02711_R_2020081915170807c.jpg
内部構造は同じようだ
DSC02713_R_20200819151709f50.jpg
弾薬庫入り口、扉の木材が残っているようだ
DSC02715_R_202008191517109f3.jpg
鉄筋も見える
DSC02716_R_20200819151714b96.jpg
大きさも同じだ
DSC02718_R_20200819151714e1c.jpg
入り口方向、いろいろと通気口らしき穴がある
DSC02724_R_2020081915171646e.jpg
電路の為の配線を打ち込む木材が埋め込まれている
DSC02726_R_20200819153459d77.jpg
反対側の出入口
DSC02727_R_20200819153501059.jpg
綺麗に形取りをしている
DSC02725_R_20200819153458b76.jpg
しかし、こちらから出るのは断念した
DSC02730_R_202008191535032d1.jpg
外から見ると、こんな状態で見付けるのは至難だろう



DSC02733_R_202008191535036ae.jpg
この付近も石垣が多い
DSC02734_R_20200819153505d50.jpg
城跡なのか、砲台の土留めなのかの判別は付かない
DSC02736_R_20200819153508d53.jpg
夏場は難しいので、冬にでも再探索してみたいものだ。

長崎県防空本部跡(立山防空壕)

DSC02431_R_20200806210233d24.jpg
長崎文化博物館にやって来た
DSC02433_R_20200806210234b39.jpg
博物館には入らず、裏側の路地に向かう(交番の裏側)
DSC02434_R_2020080621023776b.jpg
目的の公開壕が見えて来た
DSC02435_R_20200806210238b3a.jpg
直接関係ないモニュメントの横に
DSC02437_R_20200806210240c6e.jpg
長崎県防空本部跡(立山防空壕)の説明版がある
DSC02436_R_202008062102390b7.jpg
隣に塞がれた壕口
DSC02438_R_202008062102419e0.jpg
この辺に来ると、案内の人がパンフレットをくれて、受付をする。入場無料
new_mitorizu_R.jpg
壕内図、右下が先の塞がれた壕口となる。オレンジの〇は地上への通気口だ。
DSC02439_R_202008062126070a9.jpg
受付を済ませ、壕内に入る
DSC02440_R_202008062126086c9.jpg
壕内が直接攻撃されない様に、ずらしてある入り口
DSC02442_R_202008062126108cd.jpg
当時は換気ダクトが壕の奥から上を通して繋がっていたのだろう
DSC02443_R_20200806212611555.jpg
入り口付近にある手洗い場
DSC02444_R_20200806212612e6d.jpg
電気配線を外した跡がある
DSC02445_R_20200806212614e75.jpg
中央の衝立部分は、見学用に半分削られたようだ、図面と符合しない
DSC02447_R_20200806212617a68.jpg
DSC02446_R_20200806212616b19.jpg
この時代、木筋コンクリートはポピュラーだ
DSC02448_R_20200811214507a83.jpg
順路に沿って進む
DSC02449_R_202008112145096ee.jpg
左の壁には二つの通気孔がある
DSC02450_R_20200811214511404.jpg
見上げるが、止めどもなく水滴が落ちて来る
DSC02459_R_202008112145126d5.jpg
かまぼこ型の壕を、敷居で区切って部屋にしているのが解る。
順路は通路を奥まで進んで部屋内を戻って来る形になる。
DSC02460_R_20200811214513948.jpg
扉が無いので、内部は見れるし入れる
DSC02463_R_202008112145158e7.jpg
二つ目の通気孔 
DSC02464_R_20200811214517646.jpg
上の通気口出口を探すのを忘れてしまった。
DSC02465_R_202008112145180e7.jpg
外部から見た、封鎖された壕口の部屋
DSC02466_R_20200811214519e56.jpg
なんでここだけ掘り返さなかったのだろう?
DSC02467_R_202008112209049a1.jpg
一番奥の長官室(知事室)から見ていく
DSC02468_R_20200811220906301.jpg
御真影を収めていた所
DSC02471_R_20200811220907845.jpg
殺風景ながらんとした部屋
DSC02460_R_20200811221501501.jpg
隣の参謀室
DSC02472_R_20200811221503a45.jpg
参謀室は少し広い
DSC02474_R_20200811221505d83.jpg
書架だのなんだのの跡が壁に残っている
DSC02475_R_20200813224215ad0.jpg
通信室は起伏があるせいか、立ち入り禁止になっている
DSC02478_R_202008132242150a7.jpg
複数の通信機を置いていた間仕切り壁の跡がある
DSC02477_R_20200813224214671.jpg
伝令室
DSC02479_R_20200813224216902.jpg
展示室となっている
DSC02453_R_20200813224209d7b.jpg
DSC02454_R_202008132242111d6.jpg
この壕から発掘された遺構が展示されている
DSC02455_R_20200819081515f0a.jpg
DSC02456_R_202008190815179d8.jpg
説明版
DSC02457_R_2020081908151862d.jpg
部屋を出ると、隣の壕への連絡通路があるが、通行止めだ
DSC02458_R_20200819081520845.jpg
横に水桶の様な穴が開いている
DSC02484_R_20200819081522861.jpg
出口へ向かう
DSC02488_R_202008190815247d7.jpg
後世に修復された間仕切り
DSC02487_R_2020081908152371c.jpg
中は掃除道具置き場や、こんな感じになっていた
DSC02489_R_2020081908254325f.jpg
隣に開いている連絡通路で接続している壕
DSC02490_R_20200819082544009.jpg
入り口程度しか入れない
DSC02492_R_20200819082548ef6.jpg
扉周りはボロボロに錆びている
DSC02491_R_2020081908254767c.jpg
DSC02493_R_20200819082548d85.jpg
内部は幾つかの部屋に分かれていたのだろう
DSC02494_R_2020081908255094a.jpg
奥の扉が非常に気になる
DSC02495_R_20200819082553427.jpg
左側に階段が有る事になっているが、土が見えているので埋められてしまっているのだろう
DSC02496_R_20200819082554ed6.jpg
天井や壁面のこの小抗は燃やしただけでは出来ない、内部構造物を破壊、撤去した時の痕跡だろう。




金毘羅山高射砲陣地

DSC02049_R_2020080422185914a.jpg
翌日の朝は観光で始まる
DSC02090_R_20200804221901161.jpg
長崎名所、グラバー園にやって来た
DSC02099_R_20200804221903eea.jpg
小高い丘にあり、明治から昭和にかけての貴重な歴史的建造物が集められている
DSC02109_R_202008042219043a4.jpg
ここに来れば、長崎港が一望だろうと思った
DSC02115_R_202008042219090b9.jpg
DSC02114_R_20200804221906645.jpg
唯一置いてある大砲
DSC02111_R_20200804221905cbc.jpg
観たかったのはこれ
DSC02122_R_20200804221910445.jpg
ジャイアント・カバチクレーン、いわゆるハンマーヘッドクレーンだ
DSC02123_R_20200804221911f06.jpg
戦前からずっと立っているクレーン
DSC02198_R_20200804223251edf.jpg
オルト邸
DSC02215_R_20200804223252b87.jpg
この裏手には
DSC02219_R_2020080422325591f.jpg
保存庫として使われた、地下壕がある
DSC02249_R_20200804223255771.jpg
三菱長崎造船所 第三船渠。ここは戦艦武蔵が建造された乾ドックで、世界遺産に登録され、見学出来ない
DSC02319_R_202008042259238cc.jpg
朝飯代わりにステンドグラスプリンを食べてみた
DSC02326_R_20200804225925552.jpg
ポスターほどは綺麗にならない
DSC02329_R_20200804225930005.jpg
道路の真ん中に大木の生えたとんでもない道を登り、金毘羅山高射砲陣地を目指す
DSC02331_R_20200804225929dd2.jpg
車で登れる限界まで登って、民家の人に砲台への道を聞き、車を置かせてもらった
DSC02332_R_20200804225930a12.jpg
聞けば、金毘羅公園として整備されトイレまで整備されているらしい
DSC02334_R_202008042259358d5.jpg
ハイキングコースに入ると、廃屋が立ち並ぶ
DSC02336_R_20200804225933772.jpg
山側にも、当時の住居跡らしき石垣が、そこら中に築かれている
DSC02337_R_20200804232419bfd.jpg
迷わす標識が出る金比羅山は間違いだった
DSC02339_R_2020080423242001b.jpg
金比羅神社を目指せと言われたので、ここまで来てしまった
DSC02341_R_202008042324227da.jpg
しかし分岐を、神社ではなく、左の登り方面に行かなければいけなかった
DSC02344_R_20200804232424aa2.jpg
分岐点に戻り、山に向かう
DSC02346_R_20200804232425edf.jpg
多目的広場を目指さなければならない
DSC02347_R_20200804233444837.jpg
最初の内は道がいい
DSC02348_R_20200804233446f34.jpg
付近に塹壕とも取れる部分が増えて来た
DSC02349_R_20200804233447cf7.jpg
一段下に、整地されたような窪地がある
DSC02351_R_20200804233449e8e.jpg
石垣が出て来た、砲台は近い
DSC02353_R_202008042334585cc.jpg
また違う名前が出て来るが、気にしない
DSC02354_R_20200804233451225.jpg
開けた場所に出る、金比羅公園に到着した
DSC02355_R_20200804234720240.jpg
周辺に、砲座らしき円形の窪地はあるがわからない
DSC02357_R_20200804234721353.jpg
ここには88式7センチ野戦高射砲が6門置かれていた
DSC02359_R_202008052306036c8.jpg
何かある?
DSC02360_R_20200805230605760.jpg
地下施設の入り口と庇の様に見えるが?
DSC02361_R_20200805230605c67.jpg
同じような状態で埋まっている
DSC02362_R_202008052306087db.jpg
コンクリートの質としては、当時の遺構のようだが
DSC02367_R_20200805230609a79.jpg
5つまでは確認できた
DSC02368_R_20200805230612e02.jpg
爆心地に近い砲台と言う事で、原爆戦死者之は慰霊碑がある
DSC02369_R_202008052320221fd.jpg
かなり近い事が解る
DSC02371_R_20200805232023b97.jpg
DSC02372_R_20200805232025433.jpg
これが多目的広場と思われる
DSC02374_R_202008052320274e2.jpg
一応の説明版はあるが、原爆被害中心である。復旧の暇も無かったのだろう。
DSC02375_R_20200805232028086.jpg
その他のコンクリート片もいくつか見かける
DSC02380_R_2020080523354347a.jpg
基準点が落ちている
DSC02381_R_20200805233544e97.jpg
不釣り合いに綺麗なトイレ
DSC02384_R_202008052320291b5.jpg
一段下にも広場がある
DSC02386_R_20200805232031ecf.jpg
平坦地で、建物の基礎等も見かけないのだが
DSC02387_R_20200805232033341.jpg
石垣を組んだ池の様な物がある
DSC02388_R_20200805233546cf5.jpg
池の裏に土塁で隠された壕口がある
DSC02389_R_20200805233548cc1.jpg
左右に二つあったようだ
DSC02393_R_20200805233548b5c.jpg
しかし、みっちり埋めてある
DSC02396_R_2020080523455199c.jpg
足元にも石垣がある
DSC02397_R_20200805234553ee9.jpg
何気に降りてみると
DSC02400_R_202008052345553d9.jpg
岐(岐阜)28の刻印のある統制食器の盃が落ちていた
DSC02401_R_202008052345576d5.jpg
桜をあしらった、良くあるタイプだ
DSC02405_R_20200805234557b86.jpg
木の間に何かある
DSC02406_R_20200805234559ef1.jpg
木造建設物の基礎が残る、便所だろうか?
DSC02408_R_20200805234602744.jpg
それほど大きな建物ではない
DSC02414_R_2020080523554322e.jpg
さて、下山しよう
DSC02415_R_20200805235545c2a.jpg
もと来た道に戻るが、コースは金比羅神社に 山の反対からも車で近つけるようだ
DSC02417_R_202008052355528d3.jpg
何気に崩れた石垣を見ると
DSC02416_R_2020080523554873e.jpg
要塞地帯票を発見、2Z長崎要塞地帯票
DSC02419_R_20200805235549726.jpg
第四十六号
DSC02422_R_20200805235551539.jpg
陸軍
DSC02423_R_2020080523555633e.jpg
明治三十二年六月

長崎原爆資料館

DSC02597_R_202008072132232f8.jpg
原爆資料館へ向かう、奥はエレベーター
DSC02596_R_20200807213222628.jpg
階段を選択
DSC02598_R_20200807213225673.jpg
登ると更に階段が待っている
DSC02599_R_20200807213227d30.jpg
長崎原爆資料館へ到着
DSC02600_R_20200807213228b9d.jpg
DSC02601_R_202008072132290a0.jpg
螺旋状のスロープを降りて行く、時系列を遡って行く設定だ
DSC02602_R_20200807213230e27.jpg
連鶴
DSC02603_R_20200807213232a20.jpg
なんか日本の鶴とは違う
DSC02604_R_202008072132330c2.jpg
1945まで遡った
DSC02606_R_20200807213235994.jpg
1945.8.9ー11:02
DSC02607_R_20200807214938c0b.jpg
薄暗い館内に侵入する
DSC02609_R_202008072149409a9.jpg
DSC02610_R_20200807214941d0a.jpg
旧制瓊浦中学校の給水塔
DSC02611_R_20200807214943c3e.jpg
DSC02612_R_202008072149444ef.jpg
三菱長崎製鋼所事務所ビルのらせん階段
DSC02613_R_20200807214945ae8.jpg
DSC02614_R_202008072149476c8.jpg
折れ曲がった火の見やぐら
DSC02615_R_20200807214949866.jpg
浦上天主堂の一部
DSC02616_R_20200807214950d0b.jpg
駅の鉄骨
DSC02617_R_2020080722135613b.jpg
B-29ボックスカーから落とされた原爆
DSC02618_R_2020080722135792b.jpg
ファットマン
DSC02621_R_202008072213592ab.jpg
ファットマンはマンハッタン計画の一部としてロスアラモス国立研究所で作られた核兵器である。 リトルボーイ(Mark 1)が高濃縮ウランを用いたガンバレル型の原子爆弾であるのに対して、ファットマン(Mark 3)はプルトニウムを用いたインプロージョン方式の原子爆弾である。
DSC02622_R_20200807221401001.jpg
DSC02623_R_20200807221401e9b.jpg
熱で溶けた硬貨類
DSC02624_R_202008072214038c0.jpg
DSC02625_R_20200807221404c51.jpg
溶けてくっついたビン
DSC02626_R_2020080722300070b.jpg
お弁当の中のお米が炭化してしまっている
DSC02627_R_20200807223002ef9.jpg
寛永通宝等の古銭
DSC02628_R_20200807223004daa.jpg
固形石鹸
DSC02629_R_202008072230066a7.jpg
DSC02630_R_20200807223006d15.jpg
原爆投下時間で止まっている時計
DSC02631_R_20200807223008a15.jpg
DSC02632_R_20200807223010928.jpg
鉄骨でもあっさりと曲がってしまう
DSC02633_R_202008072230127b7.jpg
被爆者の写真等は、あえてスルーさせてもらいます。
DSC02634_R_20200807223012995.jpg
世界の公式?核爆弾保有数
これはあくまでも、核弾頭の形をしている物の保有数で、原材料を含めれば全く違う数字になる
世の中には劣化ウラン弾なる、戦車砲にすら使われている核廃棄物利用の砲弾がある
目に見えない数字とは怖いものだ。
DSC02635_R_202008072230141a1.jpg
広島原爆ドームの模型
DSC02636_R_202008072230174c6.jpg
他にも歴史民族資料館、平和会館等があるので、興味があれば。