fc2ブログ

山口県 下関要塞 火の山砲台 その3

DSC03648_R_20210302181511498.jpg
第四砲台は明治砲台を高射砲台として昭和期に再整備した
DSC03730_R_20210302181512c77.jpg
堡塁とは、砲台自体を防御する役割をしている、堡塁砲台と言われる小型の砲台陣地
DSC03732_R_202103021815147f8.jpg
砲座跡、おそらく12cmカノン砲座(15cm臼砲の可能性あり)
DSC03737_R_20210302181516b87.jpg
何か見える
DSC03738_R_2021030218151844e.jpg
橋の棟梁みたいだが、なんだろう
DSC03733_R_20210302181517865.jpg
DSC03746_R_2021030218152050a.jpg
高射砲砲座として、唯一判る物
DSC03742_R_20210302184527494.jpg
DSC03745_R_20210302184529332.jpg
DSC03748_R_20210302184530c51.jpg
第11号弾薬庫DSC03751_R_20210302184534ade.jpg
DSC03752_R_20210302184533d7b.jpg
第10号弾薬庫、高射砲台の下には2つの弾薬庫がある(堡塁時代の転用)
DSC03753_R_2021030219563122f.jpg
28cm榴弾砲砲座を回る
DSC03755_R_20210302195634a22.jpg
DSC03754_R_20210302195632695.jpg
堡塁の外壁
DSC03756_R_202103021956354b6.jpg
DSC03758_R_2021030219563757b.jpg
第9号弾薬庫、ここだけが中が見れる
DSC03759_R_202103021956404b2.jpg
DSC03761_R_20210302195641d56.jpg
12~14cm砲弾なので、あまり大きくない弾薬庫
DSC03763_R_2021030219564114f.jpg
公園なんだから、床面は片付けて欲しいな(このそばには子供用遊具がある)
DSC03764_R_20210302201323dc9.jpg
砲座の位置部か?
DSC03765_R_2021030220132451d.jpg
DSC03766_R_202103022013263ed.jpg
DSC03767_R_20210302201328d32.jpg
明治時代に設置されていた大砲
DSC03769_R_20210302201328cdb.jpg
一通り見たので駐車場に戻る
DSC03772_R_20210302201330191.jpg
車道側から見る第三砲台の弾薬庫
DSC03777_R_20210302201332f0b.jpg
かなり残念に思う

DSC03798_R_20210302202601b28.jpg
赤間神宮に寄ってみたDSC03799_R_2021030220260361f.jpg
DSC03810_R_20210302202605000.jpg
DSC03812_R_20210302202606205.jpg
DSC03816_R_202103022026072c9.jpg
関門橋が見える
IMG_0426_R.jpg
下関駅
IMG_0428_R.jpg
IMG_0429_R.jpg
IMG_0430_R_20210302202613d69.jpg
下関と言えばふくだ
IMG_0433_R_20210302202615865.jpg
天井いっぱいのふく
IMG_0435_R_20210302202616442.jpg
マンホールも

山口県 下関要塞 火の山砲台 その2

DSC03676_R_20210301225351bac.jpg
裏側の入り口は5ヵ所なのだが、裏側には別に2ヶ所の細い入り口がある
DSC03677_R_20210301225353bf3.jpg
裏側両サイドには、こんな細い通路がある
DSC03678_R_20210301225356902.jpg
通路の先には階段が
DSC03679_R_20210301225400ef6.jpg
結構急な角度で登る
DSC03680_R_2021030122535881e.jpg
地上に出ると、盛り上がった土塁が
DSC03681_R_202103012253595e3.jpg
何の台座だろう、西側砲座の位置なので戦後の物だろう
DSC03682_R_20210301225401ab4.jpg
DSC03683_R_20210301225403c03.jpg
今いるのは左上の部分
DSC03684_R_20210301225403635.jpg
ここの砲台図ではなく、一般的な砲台のイラスト
DSC03685_R_2021030214430915d.jpg
中央部、指令所に向かう
DSC03688_R_20210302144311b77.jpg
右は観測所への階段、まずは左の指令所へ
DSC03689_R_20210302144313c8c.jpg
指令所と言っても、通路の一部を部屋にした様な構造だ
DSC03690_R_20210302144314a1a.jpg
左側に物入
DSC03691_R_20210302144315f3d.jpg
右側にも一つ、これだけの部屋
DSC03692_R_202103021443161ef.jpg
東側砲座に向かう通路
DSC03693_R_202103021443197e0.jpg
独特の形をしている石壁、上部は煉瓦になっている
DSC03694_R_2021030214432068e.jpg
東側砲座
DSC03695_R_202103021512251ee.jpg
手前にある東側の掩蔽部への下り階段
DSC03697_R_20210302151232f53.jpg
即用弾薬置き場、これだけしかないのは珍しい
DSC03699_R_20210302151230b21.jpg
砲床のコンクリートが何となく見える
DSC03696_R_20210302151227f00.jpg
指令室を通り、観測所に登る
DSC03705_R_20210302151236114.jpg
脇の階段を登ると、コンクリートの観測所に出る
DSC03700_R_202103021512310e2.jpg
丸みを帯びた分厚いコンクリート、石壁の砲座より重厚なのは相手側からも見える設備なせいだろうか
DSC03701_R_202103021512323f0.jpg
測遠機台と物入が見える、鉄製の天蓋が付いていた柱の溝が外周にある
DSC03704_R_20210302151237441.jpg
ターレットの溝



DSC03706_R_20210302155937a5d.jpg
掩蔽部に戻る
DSC03707_R_20210302155938880.jpg
弾薬庫2つと貫通兵員室が5本並ぶ
DSC03710_R_20210302155940f64.jpg
2本目の兵員室、内側3本は区画訳されずぶち抜きだ
DSC03714_R_202103021559444bc.jpg
1本目の入り口は井戸があったが、2本目の入り口は竈のある厨房となっている
DSC03711_R_202103021559424e7.jpg
右の竈
DSC03712_R_2021030215594284c.jpg
左の竈
DSC03715_R_202103021559468b2.jpg
これほど状態のいい竈は、見た事が無いかも
DSC03716_R_202103021559487ed.jpg
羽釜を乗せれば、すぐにでも使えそうだ
DSC03717_R_202103021612386a2.jpg
厨房の奥は何も無い
DSC03718_R_20210302161239698.jpg
一旦外に出て隣へ
DSC03719_R_20210302161241ab7.jpg
3本目の兵員室
DSC03720_R_202103021612434ba.jpg
何も無い
DSC03721_R_20210302161243b20.jpg
また外に出る
DSC03722_R_20210302161245002.jpg
4本目の兵員室、何もない兵員室は、兵、下士官用なのだろう
DSC03723_R_20210302161247431.jpg
また外を回る
DSC03725_R_20210302161249237.jpg
5本目の兵員室、3つに区切られた、士官用、事務用の部屋だろう
DSC03726_R_20210302162805132.jpg
天井にある電線の金具
DSC03727_R_20210302162806c2a.jpg
出入口と同様の仕切り
DSC03728_R_20210302162808269.jpg
屋内でも、窓は必要なのだろうか?


山口県 下関要塞 火の山砲台 その1

DSC03581_R_20210218222114eb3.jpg
火の山公園展望台に到着した、辺りは既に真っ暗になっている
DSC03582_R_20210218222116212.jpg
ここの砲台は良く整備され、案内看板も充実している
DSC03583_R_20210218222117838.jpg
駐車所からの眺め
DSC03584_R_20210218222119d96.jpg
第二砲台唯一の遺構である、掩蔽部(第一砲台はロープウエイの駅になり、遺構は無い様だ)
DSC03586_R_2021021822211910c.jpg
壁の漆喰は殆ど剥がれ落ち、奥の壁には丸い穴が開けられている(遺跡に何てことするんだ)
DSC03589_R_20210218222121d82.jpg
穴から見る北九州市の夜景
DSC03592_R_20210218222122349.jpg
状態としては悪くない
DSC03595_R_20210218222125fb1.jpg
展望台に上る
DSC03596_R_202102182306019c8.jpg
関門橋を眺めるビュースポット
DSC03597_R_202102182306036d7.jpg
夜景だとこんな感じ
DSC03600_R_202102182306053f2.jpg
下関市、手持ち撮影の限界
DSC03608_R_20210218230607e17.jpg
掩蔽部を外側から見る、工事で完全に露出してしまっている
DSC03609_R_2021021823060755b.jpg
これはこれで、まあ珍しいものだ
DSC03610_R_202102182306091d5.jpg
この電波塔で、第二砲台の遺構は殆ど無くなっている
DSC03617_R_20210218232346201.jpg
DSC03618_R_20210218232347119.jpg
戦艦大和の砲弾(武蔵の立場は?)
DSC03619_R_20210218232349453.jpg
背後に何やらコンクリートが
DSC03623_R_202102182323513e9.jpg
第三砲台の掩蔽部が、休憩所になっている
DSC03624_R_20210218232351633.jpg
あまり砲台としての保存意識は無い様だ
DSC03625_R_20210218232353e43.jpg
案内看板だけはしっかりしている
DSC03626_R_20210218233752df6.jpg
DSC03627_R_20210218233753f48.jpg
さっぱり分からん?
DSC03628_R_20210218233756fbd.jpg
階段らしき物だけはある
DSC03630_R_202102182337586a4.jpg
DSC03629_R_20210218233759e57.jpg
DSC03634_R_20210218233801bc2.jpg
DSC03632_R_20210218233803e23.jpg
半地下式の砲側庫がいくつも並んでいる
DSC03635_R_20210222204314bbb.jpg
DSC03636_R_202102222043153c0.jpg
DSC03637_R_2021022220431737b.jpg
DSC03638_R_202102222043190a2.jpg
DSC03640_R_20210222204321a38.jpg
DSC03639_R_202102222043199d8.jpg
DSC03643_R_20210222204326299.jpg
石の壁は、どちらかと言えば珍しい方かも
DSC03644_R_20210222205748c05.jpg
DSC03645_R_20210222205749531.jpg
DSC03646_R_2021022220575132f.jpg
DSC03647_R_20210222205753929.jpg
DSC03649_R_20210222205753b71.jpg
DSC03650_R_20210222205755ded.jpg
土木遺産に認定されるのが遅すぎて、半分以上が公園化と共に消失した
DSC03653_R_20210222214410cca.jpg
ここから第四砲台になる
DSC03654_R_202102222144115f0.jpg
7本の地下通路化された掩蔽部、両サイドが弾薬庫になっている
DSC03656_R_202102222144186cd.jpg
石張りの半地下通路
DSC03657_R_20210222214418cef.jpg
最初の部屋
DSC03659_R_202102222144168f9.jpg
左側の弾薬庫、見た事もない独特さの壁面
DSC03660_R_202102222144172e8.jpg
煉瓦でもコンクリートでも無い造りは見慣れない
DSC03661_R_2021022221442035c.jpg
楊弾井の下の穴
DSC03662_R_20210222214421598.jpg
上を見上げる、蓋をされているが、ここからクレーンで弾丸を揚げていた
DSC03663_R_202102222144233da.jpg
楊弾井から見た入り口側
DSC03664_R_20210222220415368.jpg
二つ目の部屋に向かう
DSC03665_R_20210222220416962.jpg
石と煉瓦とコンクリートが綯い交ぜの部屋、奥行きもあり三つに区切られている
DSC03666_R_202102222204187ad.jpg
埋められた井戸
DSC03667_R_202102222204202ae.jpg
天井には滑車でも埋め込んでいたのだろう
DSC03668_R_2021022222042024c.jpg
後半は兵員室と図面に書いてある
DSC03670_R_20210222220425491.jpg
奥の部屋、石の壁は何となく圧迫感がある
DSC03673_R_20210222220426cc2.jpg
裏側の出入口
DSC03674_R_20210222220428c8a.jpg
排水溝なのだろうか?
DSC03671_R_2021022222042758b.jpg
北方向を振り返る
DSC03675_R_20210222220429cbf.jpg
表も裏も、同じような半地下通路で繋がっている

山口県 大津島(回天の島)馬島港

DSC03504_R_20210214211948e40.jpg
左図の突堤間を全て埋め立てた感じだ
DSC03503_R_20210214211947acb.jpg
当時の岸壁のボラードがこんな位置にある、この辺が右側のエプロンの辺り
DSC03507_R_2021021421195106a.jpg
船着き場に、予定よりずいぶん早く戻って来れてしまった
DSC03519_R_20210214211952afe.jpg
DSC03520_R_20210214211952e2f.jpg
DSC03521_R_202102142119540bf.jpg
回天神社
DSC03522_R_20210214211957369.jpg
船の待合室兼売店(人はいなかった)
DSC03509_R_20210214214445889.jpg
暇なのでにゃんこと遊ぶ
DSC03511_R_20210214214447c45.jpg
DSC03515_R_20210214214449e62.jpg
DSC03518_R_20210214214451b98.jpg
DSC03517_R_20210214214451749.jpg
にゃんこ天国
DSC03523_R_202102142155343c7.jpg
船は来ているが、後20分ほどある
DSC03526_R_20210214215535c6c.jpg
飛行科の痕跡を探してみる
DSC03527_R_20210214215537e4f.jpg
この辺からロ15ロ16潜水艦に回天を積んでいたようだ
DSC03533_R_20210214215539455.jpg
この辺が飛行科のエリアだが、護岸は全てスリップも当時物ではないそうだ
DSC03528_R_20210214215540aca.jpg
こっちはもはや、軍とは無関係な馬島エリアになる
DSC03534_R_20210214215541b7b.jpg
にゃんこと目が合った
DSC03537_R_2021021522254965c.jpg
こっち向いた
DSC03538_R_20210215222551b5c.jpg
寄って来た
DSC03540_R_20210215222553364.jpg
二匹でスリスリしてくる
DSC03544_R_20210215222554290.jpg
かわいい
DSC03552_R_20210215222556737.jpg
別のも寄って来る
DSC03548_R_20210215222555382.jpg
最後の食料を上げてみる
DSC03553_R_2021021522255989b.jpg
シッポを立てて突っ込んでくる
DSC03556_R_20210215223623834.jpg
みんな撫でろと背中を向ける
DSC03557_R_2021021522362580d.jpg
少し距離を置くタイプもいる
DSC03558_R_20210215223627e69.jpg
にゃんこの手触りは最高だ
DSC03562_R_20210215223629703.jpg
気が付けば猫だらけ
DSC03563_R_2021021522362932c.jpg
そろそろ船に行かねば!じゃあなにゃんこ。
DSC03564_R_20210215223633b4c.jpg
立ち上がると纏わりついてくる
DSC03565_R_20210215223638843.jpg
着いて来るにゃんこ
DSC03566_R_20210215224726d5e.jpg
一緒に来たいのだろうか?
DSC03568_R_20210215224727724.jpg
DSC03571_R_202102152247297a1.jpg
DSC03574_R_20210215224731a6e.jpg
DSC03573_R_20210215224731a0b.jpg
中々船に乗れなかった
DSC03575_R_20210215225214d65.jpg
帰りは違う船だ
DSC03577_R_20210215225215df3.jpg
徳山港に到着
DSC03578_R_20210215225218bc9.jpg
徳山港のこの辺に、回天のレプリカが展示されていたはずなのだが、撤去されたようだ

山口県 大津島(回天の島) 大津島回天基地中心地

DSC03439_R_20210207202950ea0.jpg
海まで戻って来た
DSC03441_R_202102072029513c7.jpg
当時のコンクリート製ボラードがある
DSC03442_R_20210207202952506.jpg
近代修復もされている様だ、砲弾などの荷揚げはここで行ったのか?
DSC03446_R_2021020720295599c.jpg
更に古そうな桟橋の跡もある
DSC03443_R_20210207202955eb0.jpg
今はにゃんこの遊び場だ
DSC03448_R_20210207202957695.jpg
港方向に戻る
DSC03452_R_20210207203001f87.jpg
睨まれた
DSC03449_R_20210207202958e9f.jpg
当時の石垣と、近代石垣の接合部
DSC03454_R_20210207203001c41.jpg
大津島基地主要部跡を見て行く
DSC03457_R_2021020721213860b.jpg
地獄の階段
DSC03459_R_202102072121432fe.jpg
石垣に沿って変形した階段は、登り難そうだ
DSC03455_R_20210207212135e1e.jpg
魚雷点火試験場
DSC03461_R_20210207212140352.jpg
DSC03456_R_202102072121364de.jpg
資材置き場になり、内部に面影は無い様だ
DSC03478_R_20210207213548950.jpg
いよいよお待ちかねの危険物貯蔵庫だ
DSC03463_R_20210207213532894.jpg
外側をコンクリートの節約か偽装か、石垣で囲ってある
DSC03464_R_202102072135332a9.jpg
窓のフィンはオリジナルっぽい
DSC03466_R_20210207213535463.jpg
半円筒形の典型的な形
DSC03468_R_202102072135377eb.jpg
制御盤があるが、後世のものだろう
DSC03471_R_20210207213537d67.jpg
どこかで見かけた様な20L薬ビン
DSC03472_R_20210207213539c09.jpg
マニアが喜ぶCRTTV
DSC03474_R_2021020721354189b.jpg
鬼の様にデカいカラーコーン
DSC03480_R_202102072203460f7.jpg
変電所跡
DSC03481_R_20210207220347aab.jpg
隙間から覗くと、学校の用具庫になっているようだ
DSC03482_R_20210207220353417.jpg
当時の物かどうか分からないが、二宮金次郎でも立っていそうだ
DSC03493_R_20210207220351122.jpg
全体像
DSC03495_R_2021020722035381e.jpg
隣にも付属施設があった様な煉瓦の跡がある
DSC03496_R_202102072203585c7.jpg
背面
DSC03494_R_20210207220352ab0.jpg
発電機冷却水用の貯水槽だろうか
DSC03498_R_20210207231959016.jpg
水槽の前の建物の位置が調整工場の跡で、奥の校舎が回天などの保管庫位置だったようだ
DSC03499_R_20210207232001e52.jpg
古そうな建物もあるが、資料に無し
DSC03501_R_20210207232004da3.jpg
グランドには兵舎が建っていた
DSC03502_R_2021020723200531d.jpg
島唯一の教育機関
DSC03500_R_2021020723200325c.jpg
日曜でも誰かいるようなので、声をかけてから入ろう