八丈島 鉄壁山(浦)兵団司令部壕(作戦時)その4

今回の内容はビジュアル的には薄く見える、しかし当地の実情を知っている東雲みょん氏なら、あそこマジで行ったんですか!って所に行っているのだが、ほとんどの時間這いずる様に狭い急勾配を登っている、常に足に力を入れて踏ん張っていないと滑り堕ちる、体力的に限界に挑戦する様な所だった。
DSC03387_R_20140330164043ef8.jpg
3層目へは降りれない、据え膳食えぬ思いで移動する
DSC03385_R_20140330164042025.jpg
前回の鉄柵の横にも銃眼付きの元開口部があるのだが
DSC03390_R_201403301640443ab.jpg
この通り崩落しまくっている
DSC03392_R_201403301640460e2.jpg
内側はしっかりしているのだが・・・
DSC03393_R_201403301640481dc.jpg
引き返し、行ってない通路に向う
DSC03395_R_2014033016562727a.jpg
前回スルーした弾薬庫に向う
DSC03396_R_20140330165629d57.jpg
左側にある倉庫、作りかけの様に見える
DSC03397_R_2014033016563057c.jpg
右側にも入り口が有る
DSC03398_R_20140330165632305.jpg
崩れているが、弾薬庫である
DSC03399_R_2014033016563345b.jpg
碍子が落ちている、この状態でも電気が来ていたのだろう
DSC03400_R_201403301705160d6.jpg
天井と右壁面は原型を保っている
DSC03401_R_20140330170518055.jpg
金属製の箱の残骸
DSC03402_R_20140330170518d7f.jpg
当時の電池が大量に埋まっていた
DSC03404_R_20140330170520623.jpg
奥から入り口方向を見る
DSC03405_R_20140330170522c7e.jpg
弾薬庫出口こっから先は登りだ、右方向の角度が判るだろうか!
DSC03407_R_20140330171508f7c.jpg
ひたすら登る、ところどころ天井も落ち、狭くなっている
DSC03408_R_201403301715102d2.jpg
てっ辺まで来た!開口しているが狭くて出れない
DSC03409_R_20140330171511a50.jpg
支保工と止めていたバンセン
DSC03410_R_201403301715121c7.jpg
分かれ道は崩落していたので降りる
DSC03411_R_20140330171514f10.jpg
戻って来るとほっとする、靴の中が砂だらけだ
DSC03354_R_201403301727495ae.jpg
最初の指令部員室、経理室に戻って来た、この右奥に山頂に向う抜け穴がある
DSC03412_R_201403301727517ed.jpg
入り口は立派だが、床は落ちて来た砂に埋め尽くされている
DSC03413_R_2014033017275259d.jpg
登り始めると土砂によりどんどん狭くなる、埋まる、滑る(斜面を振り返る)
DSC03414_R_20140330172753b1d.jpg
まだまだ続く上り坂、踏ん張りが利かないので、かなりキツイ
DSC03415_R_20140330172755931.jpg
振り返りながら、小休止
DSC03416_R_2014033017414485b.jpg
かなり天井の落盤が増えてきた、これが1個でも上から転がって来たら逃げ道無し!
DSC03417_R_20140330174146fc6.jpg
唐突に空間が広がり、風が入ってくる
DSC03418_R_20140330174147a7c.jpg
先に進んで上を見上げると、何で?この2mの段差はなに?
DSC03419_R_201403301741480de.jpg
カメラを片手で持ち上げて、違う角度を撮る、真っ暗だし空気の動きが無い
DSC03420_R_20140330174150efe.jpg
天井を見上げる
DSC03421_R_20140330175201a50.jpg
指先が届くので、登れなくも無いが取り合えず止めておく、もうひとつ道があるのだ
DSC03422_R_201403301752028d4.jpg
こっちからは風が入ってくる、登るのもたやすい
DSC03423_R_2014033017520456f.jpg
簡単に脱出、ってか山頂付近だった
DSC03424_R_20140330175205c4b.jpg
軍道の切り通し
DSC03425_R_20140330175207462.jpg
山頂のたこつぼ
DSC03426_R_20140330175843f59.jpg
ここでやってしまった、出て来た壕口を見失ったのだ、山中で迷子になってしまった
DSC03427_R_201403301758432fb.jpg
しかたなく軍道の形跡をたどり、山中を彷徨う
DSC03428_R.jpg
大分下ると、大きな切り通しの先に道路発見!
DSC03251_R_201403301758419c5.jpg
この山に来た時の分岐点に出た様だ、車道を歩いて2層目入り口まで戻る
この後、3層目の入り口を探し斜面を探し廻り、下の沢にまで降りてしまったが見つからない、酷いジャングルで最早進めない、しかも気が付けばライトが無い!やばい、山頂で迷子になってから沢に降りるまでの何処かで落したようだ!
長年使った愛用のライトを失って、失意の中で下山する事にした、下山するにも2層目まで登らなければならないのだが。
この日は鉄壁山を取り合えず中断し、他に行く事にしたのだが、夜間に東雲みょん氏と連絡を取り、3層目の壕口のヒントを貰った、後日再訪する事となる。
DSC03784_R_20140330182705e22.jpg
2日目の午後、他所に寄った道すがら、リトライを敢行す
DSC03790_R_20140330182707a13.jpg
また、一歩先もわからんジャングルに下りて行く
DSC03791_R_201403301827087a9.jpg
さすがに今度は見つかったが、2月でこれじゃ春を過ぎると発見は絶望だろうし、かなり降りる事自体が危険だ
DSC03792_R.jpg
沢が近いせいか、湿度が高めである
DSC03793_R_20140330182711817.jpg
金属の箱の残骸
DSC03794_R_2014033018395693d.jpg
入り口を内部から見ると、半分埋まっている
DSC03795_R_20140330183957ec0.jpg
足元には炭化した木材が転がる
DSC03796_R_20140330183958baa.jpg
右にある倉庫
DSC03797_R_20140330183959d4c.jpg
広い空間に出た
DSC03798_R_20140330184711920.jpg
右の上り坂
DSC03799_R_201403301847131d4.jpg
左は起居室(寝室)となる
DSC03800_R_20140330184714841.jpg
突き当りを左に曲がると
DSC03802_R_201403301847150ca.jpg
開口部があるが、埋まって出れない
DSC03801_R_20140330185242fe2.jpg
引き返すと左に部屋がある
DSC03803_R_20140330185244661.jpg
真ん中に鎮座するそれは、なんと火鉢
DSC03804_R_2014033018524441d.jpg
何か埋まっているが判らない
DSC03805_R_20140330185246eda.jpg
コンクリート製である、壕内で火鉢ってどうなのと思うだろうが、次回のフロアを見れば大した事は無いだろう

次回鉄壁山指令部最終回、3,4層目予定
スポンサーサイト

八丈島 鉄壁山(浦)兵団司令部壕(作戦時)その3

今回は2層目を紹介するが、手元に当時の関係者(陸軍築城隊)の壕内図がある、おかげで倉庫だとか司令部員室などの正確な名称が判る、数少ない実証がある物件として紹介できる
DSC03302_R_20140328203225286.jpg
前回出て来た所から、入りなおす
DSC03325_R_2014032820322767f.jpg
左は1層目への通路、右が2層目への通路となる
DSC03326_R_201403282032282e6.jpg
当然右に行く
DSC03327_R_2014032820323010f.jpg
右側にある倉庫
DSC03328_R_20140328203231fa6.jpg
入り口辺だけが広くなっている
DSC03329_R_201403282054310fe.jpg
通路に戻って突き当たりにある、コンクリートの入り口
DSC03330_R_201403282054324a1.jpg
入り口を守護する銃眼
DSC03331_R_20140328205433486.jpg
右側に2層目の中心部への入り口がある
DSC03332_R_201403282054343c3.jpg
銃眼部を内部から見る
DSC03333_R_2014032820543663c.jpg
2層目、司令部員室及び経理室、これが地面の下にあるのだ連合艦隊司令部日吉台地下壕を彷彿とさせる、高さ2m30cm幅4m(図面上)の空間
DSC03334_R_20140328213201ab8.jpg
折角なので、セピアで撮ってみる(真ん中辺の横溝が経理室との壁の跡)
DSC03335_R.jpg
入ってきた入り口
DSC03336_R.jpg
この部分1m程が廊下となり、側溝には板の蓋が憑いていた
DSC03341_R.jpg
天井付近には電気用と思われる金属が多数付いている
DSC03342_R.jpg
危ないのは壁面のこれ、等間隔で壁面から鉄杭が飛び出している
DSC03343_R.jpg
天井の照明跡
DSC03345_R.jpg
残留物
DSC03346_R_201403282139162e0.jpg
統制食器の欠片
DSC03347_R_20140328213917de5.jpg
佐久間〇〇株式会社のフタ
DSC03349_R_20140328213919613.jpg
この辺が経理室
DSC03350_R_20140328214701954.jpg
割れた各種碍子と側溝のフタ
DSC03351_R_2014032821470268f.jpg
壁にボルト止めされた用途不明の木材
DSC03353_R.jpg
廊下を進むと隣の便所ルームとなる(恐らく下士官用個室と将校用個室(バケツ式)があり、その真ん中にある小部屋から廃棄処理を従兵が行う方式ではないだろうか?映画「硫黄島からの手紙」でも地下壕でバケツ式トイレが使用されている。
DSC03354_R.jpg
取り合えず司令部員室を振り返る
DSC03355_R_20140328214707498.jpg
真ん中の小部屋と奥にも個室用と思われる部屋
DSC03356_R.jpg
真ん中の小部屋、扉の跡がある
DSC03358_R_20140328221231c50.jpg
覗き込む、誰か落ちたのだろうか?
DSC03359_R.jpg
水滴の滴る上を無理に見上げる、一見他からも排尿が集まってくる構造にも見える
DSC03360_R_20140328221234a1e.jpg
経理室側の個室スペース2~3個作れそう
DSC03361_R_20140328221236de2.jpg
将校、士官室側の個室スペース(図面上はこの辺を便所と書いてあるだけ、後は個人の想像である)
DSC03362_R.jpg
便所を越えると右側に倉庫、弾薬庫への通路がある(後で行く)
DSC03363_R_201403282224434aa.jpg
まずは左の高級将校用の部屋に行く
DSC03365_R.jpg
ここには3つの部屋があった、手前から副官室、参謀部、司令官室となる
DSC03366_R_20140328222445f28.jpg
ここには側溝のフタが一部残る
DSC03370_R_20140328222447e18.jpg
壁の奥にある通風口だが、埋まってしまっている
DSC03368_R_20140328223501164.jpg
床面に奇妙な穴がある
DSC03369_R_20140328223502289.jpg
某TV番組で開けた穴だとの話ではある、横に掘り出した土が積み上げられている
DSC03371_R_2014032822350394e.jpg
奥から眺めると、3つの部屋の区画が判るだろうか
DSC03372_R_20140328223505390.jpg
右の丸い入り口が入ってきた所で、左の角い方が将校、下士官室への入り口だ
DSC03374_R_20140328223506cce.jpg
将校室、下士官室、奥が医務室となる
DSC03376_R.jpg
壁に残る碍子
DSC03380_R_201403282243356a1.jpg
天井付近には金属のワッカが多数ついている
DSC03384_R_20140328224338227.jpg
床には蒼い銃弾が!
DSC03381_R.jpg
奥に赤い鉄柵が見える
DSC03385_R_20140328224339251.jpg
本来は、3層に降りる為の階段
DSC03386_R_20140328225007c40.jpg
近年、非常にがっちりと付け替えられた様だ、見学コースとして当然の処置なのだろうか?
DSC03389_R_201403282250087af.jpg
3層への崩れた急な階段

2層目が紹介仕切れなかった、弾薬庫等は次回に!


八丈島 鉄壁山(浦)兵団司令部壕(作戦時)その2

P1020900.jpg
浦兵団(非作戦時)の司令部、作戦時には鉄壁山に移動するはずだった(護神山司令部と思われる写真)
P1020901.jpg
海軍警備隊本部も鉄壁山手前付近にあった様だが、不明である
DSC03253_R_20140326195951f9f.jpg
では、軍道を司令部へ歩いて行く
DSC03254_R_201403261959527ad.jpg
道すがら、この様な祠状の穴が数ヶ所ある
DSC03255_R_201403261959536d9.jpg
縄文時代からこの島には人が居るので祠で無いとも言えない
DSC03256_R_20140326195954937.jpg
しかし、軍道沿いに兵を配置するには持って来いでもある
DSC03257_R_201403261959569cb.jpg
この辺は完全に近代の物だ
DSC03258_R_20140326200826ed2.jpg
鉄壁山帰り道と書いてある、親切だ。
DSC03259_R_2014032620082788c.jpg
1層目の入り口
DSC03260_R_20140326200828752.jpg
入り口から形がキレイだ、車道があるので工事は楽だったろう
DSC03261_R_20140326200830180.jpg
排水溝も切ってある
DSC03262_R_20140326200831bf2.jpg
神止山の後に見るとすごい差がある作りだ
DSC03263_R_20140326201708451.jpg
支保工の立っていた穴には、かすがいが堕ちている
DSC03265_R_20140326201710a11.jpg
碍子と電池と思われる物
DSC03267_R_20140326201710401.jpg
やたら太い鉄杭
DSC03269_R_20140326201712ce8.jpg
直線の通路が続く
DSC03270_R.jpg
倉庫状の部分には、木片が散らばっている
DSC03271_R_201403262027582d3.jpg
突き当りが見えてきた
DSC03273_R_20140326202800a01.jpg
曲がり角に落ちていた碍子、結構大きい
DSC03274_R_201403262028010e5.jpg
左側(軍道側)は埋まっている
DSC03275_R_201403262028034cb.jpg
突き当たり地点まで戻る
DSC03277_R_20140326204805bb5.jpg
左側にある小部屋、やはり木屑
DSC03278_R_20140326204806bb8.jpg
棚状の突き当りと、左に小部屋
DSC03279_R_20140326204807d8b.jpg
やはり木屑がある、入り口方向に引き返す
DSC03280_R_201403262048090f5.jpg
入ってきた所の前に分岐がある
DSC03281_R_20140326204810a3a.jpg
元の通路から左の分岐に進む
DSC03282_R_20140326205704b32.jpg
ペグが堕ちている
DSC03283_R_201403262057061a6.jpg
緩やかに曲がって行くと、コンクリートがある
DSC03284_R.jpg
貯水槽のようだ
DSC03286_R_20140326205708de7.jpg
2m程度のミドルタイプ
DSC03287_R_20140326205710f04.jpg
水抜きパイプが憑いている
DSC03288_R_20140326210314d18.jpg
通路にはまだ、支保工が残っている所がある
DSC03289_R_20140326210315b6a.jpg
下り階段が現れる、ここまでが1層目となる
DSC03290_R.jpg
2層目に降りてきた、階段を見上げる
DSC03291_R_20140326210318926.jpg
地面が黒くなるが、木炭が撒いてあるのだ
DSC03292_R_20140326210319459.jpg
分岐点に出た
DSC03293_R_2014032621125637f.jpg
重厚なコンクリートが現れる
DSC03294_R_20140326211257b74.jpg
外への開口部、中央辺に銃眼と観測窓がある
DSC03295_R_2014032621125802b.jpg
銃眼から出口を見る、視野は狭い
DSC03296_R_201403262113007f5.jpg
脇の観測窓は埋まっている
DSC03301_R_20140326211911c02.jpg
外側から見る銃眼
DSC03302_R_2014032621191362f.jpg
外観、ここが学校の見学入り口になるのだろう
DSC03303_R_20140326211914260.jpg
軍道を見ると、もっとも有名な構造物が見えている
DSC03304_R_20140326211915390.jpg
トーチカと言われている入り口のひとつ
DSC03305_R_20140326211917296.jpg
しかし、奥への通路は埋まっていて進めない
DSC03306_R_20140326212703377.jpg
隙間からトーチカ内には入れる
DSC03308_R_201403262127044a1.jpg
トーチカは実はトイレだったりする
DSC03311_R_20140326212705e7a.jpg
しかし、戦闘時にはトーチカとして機能する為の銃眼が3つある
DSC03310_R_20140326213156c7d.jpg
2つはこんな感じに狭い
DSC03314_R_20140326213200e06.jpg
もうひとつは機銃用なのか大型だ
DSC03312_R.jpg
奥の方に地下空間がある
DSC03313_R_20140326213158beb.jpg
肥溜めだろうか?
DSC03315_R_20140326213724d0e.jpg
トイレ兼トーチカ全景
DSC03316_R_2014032621372571e.jpg
こうするとトイレにしか見えない
DSC03319_R_201403262137261a3.jpg
外から見た小型銃眼
DSC03320_R_2014032621372884b.jpg
同じく大型銃眼
DSC03322_R_201403262149344a1.jpg
軍道を進むと、もうひとつ入り口がある
DSC03323_R_2014032621493603e.jpg
入り口に奇妙な穴が開いてたりするが、崩れていて入れない
DSC03787_R_20140326215524031.jpg
こんな感じ


八丈島 鉄壁山(浦)兵団司令部壕(作戦時)その1

この鉄壁山司令部壕は前回の神止山連隊司令部壕の上位に位置する独立混成第67旅団司令部壕である。
「浦」は独立混成第67旅団の兵団符号の事だ。

内部は大部分が素掘りのままであるが、4層構造となっている内の2層目に関しては、司令部員の為の重要区画があり
そこの部分だけは強固なコンクリートで作られている、余談だがその2層目に関しては学校などの社会科見学などのコースとなり、島の子供たちの勉強の場となっている。
2層目の入り口前までは、車道があるので観光客が気軽に立ち寄れる事もあり、入り口のトーチカ(実は便所)などの写真は良く見かける事があるだろう(ググレばすぐ出る)。
もちろんここでも事故は起きている、おかげで3・4層には降りれない様に頑丈な鉄柵が施されてしまっている。
しかし、ここを訪れる事自体は昼間なら非常に簡単だ、なんせ信じられん事に壕口までは案内カンバンが出ているのだ!
御丁寧に壕口前には、帰り道方向まで標した石柱まで完備されている。

神止山司令部壕を出て、山中で戦闘糧食を食べた後、三原山の一部?鉄壁山を目指すのだが、至る道は罠だらけだった。
DSC03204_R_20140324204105832.jpg
発電所(地図にはあまり載らない)の先、このカンバンを曲がる
DSC03203_R_201403242044379e7.jpg
八丈島全島でこのタイプの案内が用いられている、この無線の路方面に進む
DSC03205_R_20140324204106573.jpg
この通行止めを突破する
DSC03206_R_201403242041073ea.jpg
昔の水道設備の残骸
DSC03207_R_20140324204109345.jpg
道端に壕口がボコボコ開いている
DSC03208_R_20140324204110e13.jpg
路肩に車を停め、早速入る
DSC03209_R_20140324205358104.jpg
こんな所の壕なのに、水桶が完備してある
DSC03210_R_201403242054008cc.jpg
しかも結構大きい、神止山の最大クラスだろう
DSC03211_R_20140324205401377.jpg
少し進むと、埋め戻しの様に床が競りあがる(天井は見ての通り崩れていない)
DSC03212_R_20140324205402964.jpg
部分的に完全に埋まっている
DSC03213_R_20140324205404e01.jpg
根性で抜けて行く
DSC03214_R_20140324210151a92.jpg
右は掘りかけの様だ
DSC03215_R_20140324210152642.jpg
背中を擦りながら先に進む
DSC03216_R_20140324210153efe.jpg
枝道は狭い
DSC03217_R_20140324210154e67.jpg
新たな貯水槽が出て来た
DSC03218_R_20140324210157d18.jpg
やはり大きい
DSC03219_R_20140324210734489.jpg
通路をどんどん進むと不思議な事に
DSC03220_R_201403242107366d5.jpg
突如として、壁が赤く染まる(画像は全く加工していない)
DSC03221_R_20140324210737021.jpg
赤い通路は右に左にうねりながら続く
DSC03222_R_20140324210738679.jpg
若干色落ちしてきた所で
DSC03223_R_20140324210740644.jpg
出口となる
DSC03224_R_2014032421143619d.jpg
山の反対側に出てしまった
DSC03225_R_20140324211438b12.jpg
車を置いて来てしまったので、取りに戻る
DSC03227_R_201403242114395ee.jpg
次の壕は曲がってすぐに終わりだった
DSC03228_R_20140324211440321.jpg
その次の壕は間口が大きい
DSC03229_R_201403242114424ac.jpg
かなりしっかり整形されている
DSC03230_R_20140324211935475.jpg
なんと、轍の跡がある
DSC03231_R_20140324211937010.jpg
脇の部屋は、天井が落ちて来ている
DSC03232_R_20140324211938a66.jpg
キレイな通路の先に出口が見えた、ここで引き返す
DSC03233_R_2014032421193920e.jpg
次の壕は埋没
DSC03234_R_2014032421194146d.jpg
次も進入不可
DSC03235_R_20140324212503c50.jpg
壕口は埋まり気味だが
DSC03236_R_201403242125059ca.jpg
乗り越えれば、立派な壕がある
DSC03237_R_20140324212505ac2.jpg
十分過ぎる広さと高さがあるが
DSC03238_R_20140324212507686.jpg
奥に進むと次第に狭まる
DSC03239_R_201403242125082b4.jpg
最深部の一部はほとんど埋まっているが、開口している
DSC03240_R_20140324213058824.jpg
棚状の部屋
DSC03241_R_201403242131001f0.jpg
水没ながら、開口している
DSC03242_R_20140324213101f7d.jpg
次の壕口は狭い
DSC03243_R_201403242131023b8.jpg
狭いがかなりキレイに整形してある
DSC03244_R_20140324213104cfe.jpg
御馴染み固まったセメント袋
DSC03245_R_201403242135341a8.jpg
床面が一部水没しており、湿度が上がる
DSC03246_R_201403242135366bc.jpg
それを越えれば、またキレイな通路がまだまだ続く
DSC03247_R_20140324213537132.jpg
砲室状に掘られた部屋
DSC03248_R_20140324213538952.jpg
銃眼として掘っていた様だ
DSC03249_R_2014032421354080b.jpg
最深部に来たので、引き返す
DSC03250_R_2014032421410769d.jpg
出口到着
DSC03251_R_20140324214109426.jpg
この分岐は当然「鉄壁の路」を目指す
DSC03252_R_20140324214110be1.jpg
最後の分岐、この様に案内があるの助かる、ちなみに防衛道路とは飛行場周辺の幹線道路を攻撃されると、島の東西が分断されてしまうので、旧軍指導の下、山を越えて行き来出来る様に作られた、軍用道路のなごりである。
DSC03253_R_201403242141110f4.jpg
分岐を林道に入り軍道沿いに進めば到着である

本土なら、これらの壕一つでも記事が書けそうな物だが、ちょっと山に入っただけで、これほどの壕が点在する八丈島は本当に最前線の島だったんだろう、結果として肩透かしを食らってしまったが、この努力が無駄になってよかったのだろうと思う。

東雲みょん氏が、「鉄壁山に至るまでには沢山の罠が待ち受けています」と言っていたのが、納得入った
1時間ほど途中で時間を費やしてしまった、旧軍恐るべし!

次回壕内進入

八丈島 神止山連隊司令部(作戦時)その6

DSC03140_R_20140322170655b5b.jpg
コンクリートの破片、恐らくここにも扉を付けていたのだろう
DSC03141_R_20140322170656f5b.jpg
その先の出入り口は、ほぼ埋没状態だった
DSC03142_R_20140322170657bdb.jpg
出れないので、引き返す
DSC03143_R_20140322170658567.jpg
分岐点に戻って来た
DSC03144_R_20140322170700213.jpg
下って来た階段にまた戻ってきたのだが
DSC03145_R_201403221719497b6.jpg
このすぐそばに、別の下り階段がある
DSC03146_R_20140322171951bc9.jpg
最下層へと降りて行く
DSC03147_R_20140322171952c9a.jpg
これも結構下る
DSC03149_R_20140322171953c41.jpg
しかも、在るべき階段が一段無い(旧軍の嫌がらせか?)
DSC03151_R_20140322171955ff5.jpg
見事に削られた一段、落差1m近い
DSC03152_R_20140322173230590.jpg
残りの階段を下って行く
DSC03153_R_2014032217323148a.jpg
階段最終地点
DSC03154_R_2014032217323239f.jpg
多少は通路が広いようだ
DSC03157_R.jpg
階段付近に人為的に塞がれた壕口がある(唯一では?)
DSC03158_R_20140322173235c25.jpg
側面の倉庫
DSC03159_R_2014032217390016d.jpg
道幅が急に狭くなる
DSC03160_R_2014032217390228f.jpg
反対側にももう一つ倉庫がある
DSC03161_R_2014032217390303c.jpg
また、道幅が・・・なんだここ
DSC03162_R_20140322173905f1e.jpg
分岐路
DSC03163_R_2014032217390796a.jpg
外光が見える
DSC03164_R_201403221744298fd.jpg
右の小部屋の残留物、当時のバッテリー
DSC03165_R_201403221744319b3.jpg
コンクリートの床に何かを立てた跡がある
DSC03166_R_20140322174432f16.jpg
その前にある貯水槽
DSC03167_R_20140322174433031.jpg
足跡多数
DSC03169_R_201403221802158a2.jpg
友人東雲みょん氏、脱出口!(彼はダンジョンの逆行を断念、ここから下山した)
DSC03168_R_20140322180214b07.jpg
よくもここから下山した物だ!(戻った時のどら焼はさぞ美味かっただろう)
DSC03170_R_201403221802165f4.jpg
行ってない通路へ進む
DSC03171_R_20140322180218471.jpg
かなりキレイな倉庫だ
DSC03172_R_20140322180219213.jpg
その先にある兵員生息室
DSC03173_R_2014032218132145a.jpg
結構広い
DSC03174_R_201403221813228c7.jpg
最後の分岐
DSC03175_R_2014032218132369c.jpg
根っこの進入する通路
DSC03176_R_2014032218132526c.jpg
最深部の出口
DSC03177_R_201403221813263ba.jpg
もっとも奥は埋まって出れなかった、これで神止山司令部壕の探索が終了した、すでに入壕後3時間を越えている、ライトのバッテリーも3セット交換している(4セット目使用中)、64式のマガジンポーチにあと2セットと非常用に1セットしかない、腹も減ったが戦闘糧食は車の中だし、水も持っていない、緊急用のバーでガマンしながら記憶を頼りに、ひたすら壕内を引き返す
この辺の動画(←クリックで動画)戻りながら撮影
DSC03178_R_20140322184319cbe.jpg
帰途に憑く
DSC03180_R_2014032218432124a.jpg
下るのは楽だが、帰りはひたすら登る
DSC03183_R_20140322184321783.jpg
階段の削れた階段はキツイ
DSC03184_R_201403221843238a4.jpg
螺旋状の階段を登る
DSC03185_R_20140322184325359.jpg
約1時間後戻って来た出発点、あとは出るだけ

中層の魚の骨状の倉庫群辺りの動画(←クリックで動画)
DSC03186_R_20140322185411f7c.jpg
そう言えば、この壕で初めて碍子を見た、この時点で
DSC03187_R_20140322185413331.jpg
這いずりながら、無事脱出!
DSC03189_R_201403221854133e7.jpg
ついでなので、山頂まで50mほど斜面を這い上がる
DSC03190_R_201403221854154ab.jpg
神湊漁港の「軍艦」が見える(後に軽く紹介する)
DSC03191_R_20140322185417895.jpg
山頂部の三角点
DSC03192_R_20140322190234ee0.jpg
山頂付近を探索すると、やはり監視所となる壕があった
DSC03193_R_20140322190235cae.jpg
しかし、山頂部なので短い穴だ
DSC03195_R_201403221902367e3.jpg
への字に曲がって抜けている
DSC03196_R_20140322190238691.jpg
切り通しや塹壕もある
DSC03197_R_20140322190239a26.jpg
ぽつんと祠があった、何年ぶりに人間が訪れた事だろう?
DSC03198_R_20140322190910815.jpg
雨に霞む三原山
DSC03199_R_20140322190911bcf.jpg
基準点4級
DSC03200_R_20140322190913977.jpg
さて降りよう、道無き道を!
DSC03202_R_2014032219091400a.jpg
やっと登山道に帰って来た、休む間も無く鉄壁山を目指す!時間が無い!

八丈島 神止山連隊司令部(作戦時)その5

DSC03079_R_20140320125253a58.jpg
変な出入り口から再開する
DSC03080_R_20140320125254ffa.jpg
分岐を前回と違う方へ行く
DSC03081_R_20140320125255a28.jpg
変な段差の斜坑
DSC03082_R_20140320125257498.jpg
数mで行き止まり
DSC03083_R_201403201252592ee.jpg
緩やかなカーブを曲がって行くと
DSC03084_R_20140320125851062.jpg
また、下り階段?
DSC03085_R_201403201258529d1.jpg
行き止まり?
DSC03086_R_20140320125853798.jpg
なんと、螺旋を描くように折れて下っている!
DSC03088_R_201403201258549f6.jpg
非常に降りにくい階段だ
DSC03089_R_201403201258560c9.jpg
一段が大きく、しかも削れている
DSC03090_R_20140320130525bf9.jpg
右に折れて、通路はつづく
DSC03092_R_20140320130528632.jpg
右に通路がある
DSC03093_R_20140320130530cdc.jpg
外から土砂が流入している
DSC03094_R_20140320130531bc4.jpg
先に進む
DSC03095_R_20140320131208f8b.jpg
えらい狭まってきた
DSC03096_R_20140320131209da4.jpg
クランクした通路
DSC03098_R_20140320131210ff7.jpg
道が上下に分かれた
DSC03099_R_201403201312116fd.jpg
取り合えず上に登ると、突如穴が!あぶね~
DSC03101_R_20140320131214a6e.jpg
覗き込むが滑って危ない、ここが死亡事故現場かも知れない
DSC03102_R_20140320132219b42.jpg
振り返ると壕口がある
この辺の動画(←クリックで動画)
DSC03105_R_20140320132220bf7.jpg
この隙間から最大ズームすると、対岸に壕口らしき物が見えるが降りれない
DSC03106_R_20140320132221a8a.jpg
仕方なく元の壕口に戻る
DSC03108_R_201403201322220e0.jpg
分岐を今度は下へ降りる
DSC03109_R_201403201322240f4.jpg
上を見上げると、さっきの大穴が繋がっている(敵が侵入してきたら、堕ちる様に作った罠か?)
DSC03110_R_20140320133025815.jpg
頭上を気にしつつ、先に進む
DSC03111_R_2014032013302763e.jpg
十字路に出た
DSC03112_R_20140320133028ac9.jpg
小部屋の様だ
DSC03113_R_20140320133029344.jpg
斜面の十字路に出た
DSC03114_R_20140320133031808.jpg
右に登る
DSC03115_R_20140320133941251.jpg
かなり辛い斜面を登ると、光が見えた
DSC03116_R_20140320133943908.jpg
銃眼があるが、ここまで登るのは大変だDSC03118_R_20140320133944e7b.jpg
この谷やを登って来る敵を、掃射する為の銃眼だ、しかし、やっぱり対岸に壕がある
DSC03120_R_20140320133945dc3.jpg
真下には天水桶もあるが、とても降りれない
DSC03121_R_20140320133947d01.jpg
下まで滑り落ちて行く
DSC03122_R_201403201352537f7.jpg
十字路の通路に戻って行く
DSC03124_R_201403201352554ad.jpg
一方は突き当たり
DSC03123_R_20140320135254443.jpg
また、急な階段を降りて行く
DSC03125_R_20140320135256a80.jpg
降りたそばには開口部が、唯一降りれそうな感じだが、濡れてて滑るので戻れないだろう
DSC03126_R_201403201352580ed.jpg
T字にぶつかる
DSC03127_R_201403201402196c9.jpg
右は貯水槽になっていた
DSC03128_R_20140320140221cca.jpg
左に進む
DSC03131_R_2014032014022123d.jpg
真四角に整形された倉庫?
DSC03132_R_20140320140223620.jpg
このフロアは倉庫?が多い、もし司令部機能を持つとしたらこのフロアだろう
DSC03133_R_201403201402243e5.jpg
この様な壕が多数並ぶ
DSC03134_R_201403201413244ba.jpg
奥には木片が散らばる、机か木箱でもあったのだろう
DSC03135_R_20140320141325509.jpg
この部屋のみ、若干水が染み出し湿度が高い
DSC03136_R_20140320141326b9f.jpg
奥はベンチカットの途中で終わっている
DSC03138_R_20140320141328207.jpg
通常に掘削された部屋、かなり状態が良い
DSC03139_R_20140320141329e9a.jpg
部屋の出入り口を内側から

次回神止山司令部壕、最終回予定

八丈島 神止山連隊司令部(作戦時)その4

DSC03026_R_201403181945247b0.jpg
進入口まで戻って来た
DSC03027_R_20140318194525a51.jpg
ここから下層に下りて行く
DSC03028_R_20140318194526673.jpg
この通路は偶然か、丁度ひじの部分に掘った様な跡があり、ライトとカメラを構えても通りやすい
DSC03029_R_201403181945289b6.jpg
早速階段を下る
DSC03030_R_201403181945295e6.jpg
倉庫だらけの通路に出た
DSC03031_R_201403181959402ab.jpg
1m程度の幅、2~3mの奥行き
DSC03032_R_201403181959424db.jpg
ほぼ全てこんな角度で掘られている
DSC03033_R_2014031819594313f.jpg
まるで魚の骨の様だ
DSC03034_R_2014031819594545e.jpg
奥の壁面には必ず2つの穴がある、棒を刺して棚でも付けていたのだろうか?
DSC03035_R_20140318195946e32.jpg
突き当たり左側の開口部
DSC03037_R_201403182009077e7.jpg
外はやっぱり原生林&斜面
DSC03038_R_201403182009094da.jpg
この開口部には、おかしな跡がある
DSC03040_R_20140318200910baf.jpg
斜めにコンクリートを打った跡がある、なんで?
DSC03041_R_20140318200911397.jpg
物入れスペース
DSC03042_R_20140318200913f65.jpg
埋まってしまった通路
DSC03043_R_201403182015466e2.jpg
引き返す
DSC03044_R_20140318201548ec4.jpg
眼鏡が落ちている
DSC03045_R_2014031820154924c.jpg
今度はまた登り階段が現れた
DSC03047_R_20140318201550c99.jpg
結構登った
DSC03048_R_20140318201552081.jpg
まず右側の曲がった通路
DSC03049_R_20140318203401047.jpg
銃眼とは言いがたい穴、観測用か?
DSC03050_R_20140318203403085.jpg
ここから海は良く見える(今日は雨で見えないが)
DSC03051_R_20140318203403ba5.jpg
わざわざこんな高い位置に開けてある穴
DSC03052_R_20140318203405fc9.jpg
元の通路に戻る
DSC03054_R_201403182041169f4.jpg
奥に進むとまた銃眼がある
DSC03055_R_201403182041184d7.jpg
土砂が流入しているが、完成度は高い
DSC03056_R_20140318204119100.jpg
鉄板で補強していたのか、錆びた鉄板が埋まっている
DSC03057_R_201403182041205dc.jpg
突き当たったので、通路を戻る
DSC03058_R_20140318204122c12.jpg
階段前通路
DSC03059_R_201403182126133ea.jpg
階段前通過時、ヤモリが歩いていた
DSC03061_R_2014031821261518e.jpg
左右に小さな部屋
DSC03062_R_2014031821261686e.jpg
右奥の部屋
DSC03063_R_20140318212617916.jpg
若干崩落しているが、面白い銃眼のある部屋
DSC03066_R_20140318212619027.jpg
銃眼部のみ、キレイなコンクリート
DSC03064_R_20140318213344bf1.jpg
この空間に体を入れて、機銃を構える
DSC03065_R_20140318213345448.jpg
かすがいが堕ちている
DSC03068_R_20140318213346a41.jpg
通路に戻る
DSC03069_R_20140318213349f08.jpg
土砂の流入した登り階段
DSC03071_R_20140318213349985.jpg
また、銃眼のある部屋だ
DSC03072_R_20140318213911098.jpg
外からも、天井からも土砂が落ちてくる
DSC03073_R_201403182139121fa.jpg
階段を伝わり、下に落ちて行く土砂
DSC03074_R_20140318213913e4e.jpg
おかげで、下に向う空間が埋まってしまっている
DSC03076_R_20140318213915714.jpg
階段前通路に戻って来た
DSC03077_R_20140318213916409.jpg
さぁ、戻ろう
DSC03078_R_2014031821492783a.jpg
階段を下りDSC03079_R_20140318214928e9d.jpg
分岐に帰って来た

まだ、下に3層ほどある


八丈島 神止山連隊司令部(作戦時)その3

DSC02984_R_20140316192252809.jpg
開口部から元に戻って行く
DSC02980_R_20140316192251b3e.jpg
分岐の下り斜面を左に降りる
DSC02985_R_20140316192253d8f.jpg
明かりの見える部屋がある
DSC02986_R_201403161922557ca.jpg
銃眼がある
DSC02987_R_20140316192256025.jpg
右手に天井が崩落したと思われる天窓が出来ている
DSC02988_R.jpg
戻って先に進む
DSC02990_R_20140316193052458.jpg
分岐
DSC02989_R_2014031619305287b.jpg
掘りかけ
DSC02991_R_20140316193054cbc.jpg
小部屋
DSC02992_R_201403161930559f8.jpg
正面は土砂が流入しているので、右に行く
DSC02993_R_20140316193746ca2.jpg
また開口部が見える
DSC02995_R_20140316193748e44.jpg
登って来た階段、実は来ながら動画を撮って歩いて来たので、この辺の順路はバラバラである
DSC02994_R_201403161937476fc.jpg
開口部前の水槽
DSC02996_R_2014031619375082c.jpg
開口部が多くて、閉塞感が少ないのがこの壕の特徴だろう(でも、出た先はジャングル)
DSC02997_R_20140316193751cfd.jpg
相変わらず、前はジャングル、上は絶壁である
DSC02998_R_201403161952040a4.jpg
では、戻る形で紹介して行く、左が階段
DSC02999_R_20140316195206fe7.jpg
これは結構急な階段だ
DSC03000_R_201403161952075fa.jpg
所々削れて段が無くなっていたり、砂が溜まって滑りやすい
DSC03001_R_201403161952094f4.jpg
扉を付けていた様な跡
DSC03002_R_20140316195210be9.jpg
その奥の特徴的な銃眼
DSC03003_R_20140316195948508.jpg
銃眼付近のみ、コンクリート補強してあるが、他には無い固定用の切り欠きがある
DSC03004_R_2014031619594945e.jpg
外側部銃眼部は、石を貼って四角く作ってある
DSC03005_R_20140316195950247.jpg
ぶっとい金具が堕ちている(かすがいでは無い)
DSC03006_R_20140316195952734.jpg
なんか、この場に不釣合いな落し物が!
DSC03008_R_20140316195953492.jpg
扉をくぐり、戻って行く
DSC03009_R_20140316200905c19.jpg
いま降りて来た階段を下から見上げる
DSC03010_R_201403162009060de.jpg
左右に広げた生息室
前回貼ったこの辺りの動画
DSC03011_R_201403162036556d7.jpg
一升瓶の小部屋
DSC03012_R_20140316203656e67.jpg
分岐に戻って来た、これで上層部が終わって中層部の侵入口まで戻る
DSC03013_R_20140316200907cc7.jpg
コンクリート土嚢まで戻って来た
DSC03014_R_20140316200909db9.jpg
見覚えのある所に戻って来ると、ちょっと安心する
DSC03017_R_2014031620445101a.jpg
帰りは脳内マップがあるので、サクサク進む
DSC03018_R_20140316204452c9d.jpg
ほぼ、垂直のハシゴ、堕ちたらシャレにならん
DSC03020_R_2014031620445344a.jpg
木材の落ちるフロア
DSC03022_R_20140316204455fe2.jpg
ループ状の通路
DSC03024_R_2014031620445618b.jpg
最初の階段
DSC03025_R_20140316205103bdf.jpg
細い通路を抜ければ
DSC03026_R_20140316205105068.jpg
侵入口に無事帰還、でも、下層の方が広かったりして(当然山は下の方が広い)

次回、中層から下層へ(行けるかな~)

おまけ
今日の探索の一部を紹介
観音崎ー二子山砲台ー披露山高角砲台ー小坪海面砲台と、山登りばっかりだった
観音崎に置いて、未発見の明治砲台の一部と思われる砲室を発見した、その内記事にする。
DSC04039_R_201403162104095f4.jpg
DSC04100_R_20140316210602d0d.jpg
DSC04096_R_20140316210413fa7.jpg
DSC04060_R_20140316210410345.jpg
DSC04061_R_2014031621041165e.jpg

八丈島 神止山連隊司令部(作戦時)その2

DSC02924_R_20140313180411236.jpg
ヤカンの部屋の前の開口部
DSC02925_R_20140313180413d81.jpg
角にある目印になる様な物は覚えておく
DSC02926_R_20140313180414c53.jpg
曲がり角にある、上に向けて掘った跡
DSC02927_R_2014031318041568a.jpg
先は崩落している様に見えたが
DSC02928_R_2014031318041758e.jpg
水槽がある
DSC02929_R_20140313181401ee4.jpg
しかも特大、5mぐらいある
DSC02930_R_20140313181402347.jpg
へりに落書きが!
DSC02932_R_2014031318140335e.jpg
内側から見ると「昭和二十(年)八月」と書いてある、リアルな月日だ・・・
DSC02933_R_20140313181404583.jpg
生息室と思われる、広い空間
DSC02934_R_2014031318140625b.jpg
この階にはなぜか木片が多い
DSC02935_R_20140313182950555.jpg
四角い通路を抜けると
DSC02937_R_2014031318295244a.jpg
丸い通路出現、木片だらけ
DSC02939_R_2014031318295487b.jpg
天井の隙間、いま崩れないでくれ!
DSC02940_R_20140313182956e7f.jpg
みょうにキレイな床面
DSC02941_R.jpg
広い曲がり角
DSC02942_R_201403131841393db.jpg
広めの枝道
DSC02946_R_20140313184140721.jpg
この通路は口の字のループしていた
DSC02947_R_20140313184141a70.jpg
先の方に明かりが見える
DSC02948_R_20140313184143785.jpg
脇の小部屋には一升瓶の破片がある、結構あちこちに散らばっている
DSC02950_R_20140313184827da1.jpg
道が二股になっている
DSC02949_R.jpg
足元にはコンクリート片が、扉があった跡だろう
DSC02951_R_20140313184829977.jpg
左の通路は土砂流入
DSC02952_R_20140313184830123.jpg
右は銃眼だった
DSC02953_R_20140313184831f6b.jpg
別の通路を行くと、狙撃口がある
DSC02954_R_201403131856360f8.jpg
ここは銃座が無く、立ち撃ち用だ(あるいは観測用)
DSC02955_R_20140313185637fb6.jpg
港が見える、雨は小振りになった様だ
DSC02956_R_201403131856382f5.jpg
横にも穴が見える
DSC02957_R_20140313185640f1c.jpg
何となく外から行ってみる、しかしすぐに後悔した、濡れた斜面は滅茶苦茶滑るが、もう戻れない
DSC02958_R_201403131856412c2.jpg
何とか到着、死ぬかと思った
DSC02959_R_20140313190408d66.jpg
銃眼から潜り込み、先を見ると何故ハシゴ?
DSC02965_R_20140313190412f03.jpg
結構しっかりしているので、先人の遺産だろう
DSC02963_R.jpg
なんか編んであるひもが落ちている
DSC02961_R.jpg
石作りの銃座
DSC02964_R_20140313191642424.jpg
行き止まりなので、反対側に行く
DSC02966_R_2014031319164395b.jpg
右の通路は崩落している
DSC02968_R_20140313191644de6.jpg
角を曲がると、この壕唯一の全面コンクリート壁の銃眼
DSC02970_R_20140313191646b28.jpg
銃眼から外を見ると、また雨がひどくなって来たようだ
DSC03015_R_20140313192237791.jpg
右上に人工的な穴がある
DSC02971_R_20140313191647f73.jpg
振り返ると奥に何か白い影が
DSC02973_R_20140313192805c6f.jpg
生息室の奥にコンクリートの塊が積み上がっている
DSC02975_R_20140313192807ec9.jpg
ワラ袋の跡がくっきりと残る
DSC02976_R_20140313192808bb3.jpg
手前を左に曲がると、丸太が2本
DSC02977_R.jpg
分かれ道を右に(まっすぐ)行く
DSC02978_R_20140313192811ea1.jpg
埋没の通路が一つ
DSC02979_R_20140313193533ddd.jpg
壁には鉄板がくっ付いている
DSC02981_R.jpg
その次の通路は開口部だった
DSC02982_R_20140313193537476.jpg
四角い小型水槽
DSC02983_R_20140313193538cfb.jpg
入ると危険
DSC02980_R.jpg
分岐に戻って左に行く

今回ここまで、予告動画

八丈島 神止山連隊司令部(作戦時)その1

神止山連隊司令部は今の所、この島最大の物件である、山頂から入壕し中腹まで壕内を上下動しながら続いている
自分の感覚で行けば、ここは司令部ではない可能性が強い、作戦室などの広い空間がほぼ無く、各種銃眼、狙撃口が10ヶ所はある(崩落部を含めるともっとある)、水槽は各所に有るがカマド等の設備が無い(八丈島では烹炊の煙を上げる事も山中では厳禁となっていた、鉄壁山司令部も壕内に烹炊所がある)、そしてとどめに、壕内より向かいの山に壕口多数発見、この山頂はゆるい円を描く様になっていて、向い合わせに2つの要塞を築いたものと思われる。

ここを訪れるには、それなりのスキルと装備を必要とする、一番必要なのはくじけない心と体力だろう(マジ)
先駆者となった友人東雲みょん氏(←クリック氏の記事)さえ、それなりの鍛えたスキルを要しているが、地下迷宮を逆行するよりジャングルを踏破する方を選ぶぐらいの内部の複雑さに加え、また登るとゆう精神的苦痛なのだ。
物見遊山でチャレンジすると、マジで死ぬ、(事実、資料を求め立ち寄った歴史民族資料館で、壕内で転落死事故が過去にあったと聞いた)。

ここに今回持ち込んだ装備の一部を紹介する
P1020883.jpg
着替えとサイドポケットは必要(予備バッテリー大量)
P1020884.jpg
食料は火が無くても食える物(体力を相当使う為補給必須)
P1020886.jpg
水さえあれば寒い山中で、あつあつご飯(水は壕内に滴っている所あり)が食べられる
P1020885.jpg
懐中電灯(この他にポケットサイズ2本、ヘッドタイプ1個)、降下用ロープ(白は戻る時に見つけやすい)、非常用ナイフ(飛行機に乗れる程度の物)
P1020887.jpg
今回スコップの出番無し、重いだけだった、この他に軍手や帽子などの保護具、しっかり踏ん張れる靴、汚れを前提とした服や雑納(破れ難い物)があると良い。
P1020895.jpg
スキル的にはこの程度でいいだろう、後は根性で補えばいい

この島の戦跡位置は基本自力探索だが、自分の蔵書の中に「八丈島の戦史・山田平右ェ門」なる本が有り、そこに島内の駐屯軍配備概況図なる物が有りそれを現代地図に照らし合わせて、探索となった。
しかし、壕内図は鉄壁山しか無く、神止山に関しては位置情報のみの記載であった。
それでは、行こうか!地下迷宮へ!
DSC02876_R_201403121245281b1.jpg
県道から外れ、山に向う、これを左に
DSC02877_R_20140312124530000.jpg
尋常でない上り坂を上がる
DSC02878_R_20140312124531024.jpg
これが登山道入り口
DSC02879_R_201403121245322f1.jpg
これも尋常でない階段を数百段登る
DSC02880_R.jpg
曲がり角の突端に円形の窪みがある
DSC02881_R_201403121748290ee.jpg
尾根近くに登った所にある支壕が見えて来た
DSC02884_R_20140312174830130.jpg
入ってがっかり、向こうが見える
DSC02885_R_2014031217483129c.jpg
それでもしっかり水桶は完備している
DSC02886_R_20140312174832cd0.jpg
ほぼ、真四角な形で1m四方
DSC02888_R.jpg
立派な生息室も完備
DSC02889_R_201403121759382fe.jpg
そして、その奥には銃眼があった!(重機関銃設置用台座付き)
DSC02890_R_201403121759398f4.jpg
垂土港の方向を向いていたが、届く訳も無く、登って来る敵兵の掃射用だろう、九二式重機関銃と思われるが、この機銃は日本軍にしては珍しく、99式小銃の弾を共有使用出来るとゆう利点を持っていた。
DSC02891_R_20140312175940977.jpg
振り返ると通路は若干狭くなっているのが判る
DSC02892_R_201403121759429e7.jpg
もとの通路に戻り、右側に小部屋がある
DSC02894_R_201403121759432d9.jpg
壁に有る棚の掘り込み
DSC02895_R_20140312185107223.jpg
これは入り口から見えた灯り
DSC02896_R_20140312185108aae.jpg
銃眼が崩れて、修正しようとした様にも見える、上の部分が落ちている
DSC02897_R_20140312185109888.jpg
底土港が見えるが、外は雨で視界が悪い
DSC02899_R_201403121851119a8.jpg
横の倉庫(弾薬庫)
DSC02900_R_20140312191346f21.jpg
硬い岩を掘り出そうとして、諦めた跡
DSC02901_R_201403121913477d9.jpg
同一の形の棚が角面に掘ってある、最深部なので外に出る
DSC02903_R_2014031219134884b.jpg
苦労して本壕の入り口を発見(この時点では当然本物か不明)
DSC02905_R_20140312191349084.jpg
突入成功!(奇しくも東雲みょん氏と同じ所から入った)
DSC02906_R_20140312194245cc6.jpg
下まで、文字通り滑り落ちて行く
DSC02907_R_20140312194246037.jpg
前を見て出口?まさかの単純壕?こんな苦労して?
DSC02908_R_20140312194247a5a.jpg
良かった、横に道がある
DSC02909_R_20140312194249f60.jpg
人一人の幅の通路が曲がりくねりながら続く、これは坑道陣地の作り方だ、外したか?
DSC02910_R_20140312194250529.jpg
不安と期待を綯い交ぜにして、脳内でマッピングして行く
DSC02911_R_20140312200002cd3.jpg
とにかく侵入口の付近を丹念に回る
DSC02913_R_20140312200004125.jpg
小部屋の位置も記憶する
DSC02912_R_2014031220000415d.jpg
通路のイメージも記憶した、これを最初にやらないと、最悪出口が判らなくなる
DSC02914_R_20140312200724e14.jpg
さぁ、元の位置からスタートだ、本壕だとの確信も持った
DSC02916_R_2014031220072638d.jpg
下の出口、あるいは帰りはここからと思ったが、前はジャングル、上は絶壁でアウト
DSC02915_R_20140312200725905.jpg
感に従い、右の方向から探索する、入山方向に進めばすぐに突き当たると思ったのだ
DSC02918_R.jpg
いきなり階段かい、甘かった・・・
DSC02921_R_20140312201706c5c.jpg
曲がった所にある小部屋状の突き当たり、右は無い
DSC02920_R_20140312201706335.jpg
左側は先の見えない通路が続く
DSC02922_R_20140312202653f44.jpg
登って来た階段
DSC02923_R_2014031220265432a.jpg
なぜか、近代のヤカンの転がる部屋
今回ここまで

八丈島 底土(垂土)回天格納壕 二号壕

今日、流刑の島から帰って来た。
以前より、父島がらみの伊豆諸島を多少は調べていた(流す程度)のだが、ある日友人の東雲みょん氏から
「いま、八丈島です」と簡潔なメールが届いた。
ある本を見て、居ても立っても居られませんでしたとの事だった。
関連記事は「廃墟を旅する」を見て欲しいが、激しく今後の自分の記事とダブルだろう。
2月に行くつもりでいたが、たまたま大雪の日に当たり、渡航機関がマヒしてしまった。
やむなく3月に一人で行って来た、東雲みょん氏のバックアップが無ければ、成立しなかっただろう今回の強行ツアー
彼に感謝しつつ、紹介して行く。
毎度御馴染み、見てる人にはどうでもいい部分から始める
DSC02821_R_20140310220103b46.jpg
早朝、羽田に向う
DSC02822_R_20140310220105086.jpg
第二ターミナルビル
DSC02823_R_20140310220106d30.jpg
駐車場に車を止めて、ターミナルに移動
DSC02824_R.jpg
八丈島行きに空席がある!八丈島行き決定!
DSC02825_R.jpg
早速搭乗手続きをする
DSC02826_R_20140310220917d4b.jpg
以外に自分は飛行機に乗ることが無い、自力で乗るのは初めてだ
DSC02831_R_20140310220919981.jpg
あっとゆうまに空に舞い上がる、富士山も見える
DSC02832_R_20140310220920f8c.jpg
久里浜の火力発電所も眼下に見える
DSC02833_R_201403102215460d0.jpg
船が小さい
DSC02834_R.jpg
伊豆諸島のいずれかの島
DSC02835_R.jpg
八丈島が見えて来た
DSC02836_R_201403102215501c2.jpg
飛行機が堕ちて行く・・・
DSC02837_R.jpg
なんと、現地は雨!結局初日は雨の中探索になってしまった。
DSC02839_R_201403102223523ff.jpg
早速レンタカーを借りて底土に向う、本来は垂土なのだが隣の同名の漁港と間違えないように底土にしている
DSC02840_R_20140310222354e95.jpg
ようこそ八丈島と書いてある
DSC02841_R_2014031022235522a.jpg
雪が降らなきゃ、これで来ていた
DSC02842_R_20140310222356f20.jpg
さぁ、本題のくれ土橋にやって来た、ここに回天壕がある
DSC02843_R_20140310223354080.jpg
有名どころだけあって、すぐに見つかる、「回天」特別攻撃隊「第二回天隊」基地二号壕
DSC02844_R.jpg
雨が降っているので、さっさと入る
DSC02845_R.jpg
この壕は一度埋めた物を、金属ドロの為に掘り出した経緯がある
DSC02846_R_201403102233587d9.jpg
横抗は埋没したまま
DSC02847_R_2014031022413405b.jpg
この壕内で回天を爆破処理し、埋没処分したのだが、金属欲しさに掘り返されてしまった
DSC02848_R_20140310224136f1e.jpg
土質が非常に悪く、触るとすぐに崩れてくる
DSC02849_R_20140310224137060.jpg
壕の奥の方にそれはある
DSC02850_R_20140310224138b0b.jpg
左右の壁に突き刺さった、爆破された回天の金属片
DSC02851_R_20140310224140806.jpg
結構大きな破片だった
DSC02852_R_201403102251206f9.jpg
大小数箇所に刺さっている
DSC02855_R_20140310225122c2c.jpg
壕最深部、掘りかけなのか?
DSC02854_R_20140310225122e55.jpg
小さな物は天井にもある
DSC02857_R_201403102251243f4.jpg
最深部より壕口を降る返る、40mほどか?
DSC02858_R.jpg
この破片を見に、この島の学生が社会科見学に来るそうだ
DSC02859_R_201403102258348cc.jpg
今は変わってしまったが、ここから出撃する予定だった
DSC02862_R_20140310225835fe3.jpg
対岸の回天壕
DSC02864_R_201403102258381a7.jpg
対岸に錆びた案内板がある
DSC02863_R_2014031022583749a.jpg
案内文
DSC02865_R_2014031022584078a.jpg
幸いにもこの島からの回天の出撃は無かった
DSC02861_R_2014031108235035d.jpg
この山の窪んだ辺りに斜めに一号壕があったと思われるが発掘は行われていない、もしかしたら爆破処分された回天がまだ残っているかも知れない、求むチャレンジャー!
DSC02866_R_20140311082351d47.jpg
今は平和な船着場である、右側の1m程の岩の裂け目が発進口となる

ちなみに爆破処分と言っても、二号壕が原型を留めている事から(もちろん発掘はしているが、天井が落ちていない事)魚雷の爆薬は排除して、操舵、推進機関を破壊、使用不可能として武装解除としたのだろう。
元は九三式三型魚雷なので、当たり所が良ければ一撃で駆逐艦を真っ二つに出来る破壊力がある(回天は九三式三型魚雷の倍の炸薬量)、本当に正規の状態で爆破(しかも4基)したら、山ごと消えるだろう。
しかし、気になるのは二号壕の奥の方5分の2位の所にしか爆破跡が無い、行けば判るがこんな触れば壁がボロボロ崩れる様な軟な壕内で本当に4基も爆破したのだろうか?

まめ知識
一般に「天を回らし戦局を逆転させる」という意味で「回天」と命名したと言われるが、「回天」という名称は特攻部長大森仙太郎少将が幕末期の軍艦「回天丸」から取って命名した。
開発に携わった黒木博司中尉は「天を回らし戦局を逆転させる」という意味で「回天」という言葉を使っていた、これが後世に映画などで一般的に定説となって広がってしまった。

回天における、公式(日米両国による照らし合わせ)戦果は僅かである。
判明している戦果は給油艦ミシシネワ、護衛駆逐艦アンダーヒル、歩兵揚陸艇LCI-600撃沈3、大破1、小破4。
これはあくまで確認が出来た物だけで、確認不能、民間輸送船などは含まれて居ない、米軍による被害隠蔽と噂される物もかなりあるが、真実は闇の中・・・

回天実配備基地は、洞輪沢の並び灯台のある石積ケ鼻の蔭の小さな入り江にも石積基地があり、こちらも爆破埋没している、見ても多分判別出来まいとの事で今回行ってない。(とゆうか、時間が無かった)

埼玉県平和資料館(埼玉ピースミュージアム)

陸軍第一航空軍司令部壕に行ったついでに、埼玉県平和資料館に寄って来た。
埼玉県東松山市の物見山公園内にある埼玉県立の資料館である、司令部壕とは結構近い

1993年8月1日開館、主に第二次世界大戦を中心とした埼玉県内の昭和の戦争資料展示を行っている。
埼玉県民に戦争の悲惨さ及び平和の尊さを伝えることにより、県民の平和に対する意識の高揚を図り、もって平和な社会の発展に寄与することを目的とする。
2013年のリニューアル以来「埼玉ピースミュージアム」を謳っているようだ。
当記事は2012年のリニューアル前の物である、現在とは食い違う物もあるだろう。
CIMG1421_R.jpg
現地案内図
CIMG1422_R.jpg
駐車場から遊歩道をひたすら登る(1600到着、閉館30分前)
CIMG1423_R_2014030720565602b.jpg
資料館入り口、ここで靴を脱いで上がる(うそ)
CIMG1424_R_20140307205657ef0.jpg
屋内展示物の複製学校校舎
CIMG1425_R.jpg
暗い中コンデジ撮影なので、ブレはかんべん
CIMG1426_R_20140307210809812.jpg
常時上映中の校舎内
CIMG1429_R_20140307210811b12.jpg
ここの一番の売りは、この防空壕模型だろう
CIMG1432_R_201403072110491a9.jpg
中の入るとセンサーが感知、アトラクションが始まる
CIMG1434_R.jpg
サイレンや振動が響き、空襲の再現が行われる
CIMG1430_R.jpg
コンクリートの防火水槽
CIMG1428_R_2014030721081102c.jpg
民家、複製
CIMG1431_R_201403072108147ff.jpg
ちゃぶ台
CIMG1435_R.jpg
発掘された小銃
CIMG1436_R.jpg
米軍のマークⅡ(パイナップル)、M26(レモン)、ジャングルクリップと呼ばれる安全装置を追加したM61に進化、現在はM67(アップル)が主流の破片手榴弾
CIMG1437_R.jpg
日本軍の軍靴とテッパチ
CIMG1438_R.jpg
穴だらけの水筒
CIMG1444_R.jpg
時限信管(レプリカ)
CIMG1442_R.jpg
焼夷弾の部品
CIMG1451_R.jpg
焼夷弾の一部と防空頭巾
CIMG1443_R.jpg
M50 4ポンド焼夷弾
CIMG1452_R.jpg
エイキュウ防空用カバー
CIMG1453_R.jpg
左は消火弾、消化液の入ったガラス球
CIMG1441_R.jpg
焼夷弾本体(分裂前)
CIMG1440_R.jpg
この中に4ポンド(約 1.8 kg)のテルミット・マグネシウム弾、外形は六角柱の物が110発を束ねてある
CIMG1446_R.jpg
大日本帝国陸軍の連隊区の一つ、埼玉県全域の徴兵・召集等兵事事務を取り扱った。
CIMG1439_R.jpg
風船爆弾
CIMG1447_R.jpg
風船爆弾図
CIMG1448_R.jpg
和紙とこんにゃく製
CIMG1449_R.jpg
バラストと心臓部
CIMG1450_R.jpg
説明 (登戸研究所でも研究されている)
CIMG1454_R.jpg
展望フロアに行ってみる
CIMG1455_R.jpg
特に何もなし
CIMG1456_R.jpg
戻って来た
CIMG1457_R.jpg
松根油(しょうこんゆ)
CIMG1458_R.jpg
CIMG1459_R.jpg
CIMG1460_R.jpg
松根油はそのままでは航空燃料としては使えない、更なる揮発油への精製が必要だが、空襲で殆んど進まず500キロリットルの完成を見たのみである。
CIMG1461_R.jpg
CIMG1462_R.jpg
CIMG1464_R.jpg
CIMG1465_R.jpg
CIMG1466_R.jpg
CIMG1467_R.jpg
CIMG1468_R.jpg
CIMG1469_R.jpg
CIMG1470_R.jpg
CIMG1471_R.jpg
CIMG1472_R.jpg
その他展示物
CIMG1473_R.jpg
今は無料になったらしい

中島飛行機地下軍需工場(吉見百穴)のそばの穴

DSC08374_R_201403051959164e7.jpg
吉見百穴の見学を終え、帰途につく際に数m離れた山に壕口を発見した
DSC08375_R_20140305195917a36.jpg
吉見百穴から近い所にあるので関連のある壕かも知れない、内部は碁盤目の巨大空間になっていた
DSC08376_R_20140305195918cb6.jpg
しかし、何だこれは?
DSC08377_R_20140305195920406.jpg
謎の構造物、プロパンボンベでも置けそうな感じ
DSC08378_R_20140305195921bdd.jpg
蛇口と大きな桶と小さな桶が隣り合わせにある
DSC08379_R_20140305201057fc7.jpg
壁の隙間から隣のブロックに行く
DSC08380_R_20140305201058a23.jpg
裏側にも同様の桶がある
DSC08381_R_20140305201059b08.jpg
壁際には小さな水槽が・・・
DSC08382_R_20140305205023cde.jpg
とどめに富士山とくれば、共同浴場でしょうこれは!
DSC08383_R_201403052050255cf.jpg
ボイラー?と大量のストーブ
DSC08384_R_201403052050279d8.jpg
謎構造物が多い壕だ
DSC08385_R_20140305205028c5e.jpg
右は棚っぽい
DSC08386_R_201403052050291c9.jpg
となりの壕口、フェンスで封鎖されている
DSC08387_R_20140305210910271.jpg
枝坑は少し狭くなる
DSC08388_R_201403052109111ee.jpg
ここら辺までは、戦後利用のものだろう
DSC08389_R_201403052109124a1.jpg
若干埋まっているようだ
DSC08390_R_201403052109149f0.jpg
突如、床に異変が!
DSC08391_R_201403052109156b9.jpg
かなり深そうな貯水槽になっている
IMG_6056.jpg
「柵の向こう側」まこちゃん様から拝借した画像(2枚)水が引けるとこんなになっているらしい
IMG_6048.jpg
他にもコンクリート製の物もある様だ、自分が見たのは素掘りの方だろう
DSC08392_R_201403052124406e5.jpg
碁盤目の地下壕なので、入って来た壕口前を通過する
DSC08393_R_20140305212442269.jpg
奥に行くと崩落箇所も出てくる
DSC08394_R_2014030521244361c.jpg
この辺は石灰質なのか、壕壁が白い
DSC08395_R_20140305212444dc2.jpg
その中の鉄分が変色し、錆を出している
DSC08398_R_20140305212446d89.jpg
壕の深部は閉塞しているせいか、湿気が溜まっている
DSC08399_R.jpg
一本が100m弱で閉塞している壕を横抗で繋いである
DSC08400_R_2014030521311200f.jpg
最深部はこの様に掘削中ではなく、貫通せずに面取りをしてある
DSC08401_R_20140305213114462.jpg
壕床に一部コンクリートが打ってある所がある
DSC08402_R_20140305213115e67.jpg
天井から、電線が垂れ下がっている
DSC08404_R_2014030521311725d.jpg
床面のコンクリート引き、質は良くない
DSC08405_R_20140305213811596.jpg
壁に残る釘、カンテラでも下げていたのか
DSC08406_R_20140305213812476.jpg
メイン坑道は崩落は少ない
DSC08407_R_20140305213814829.jpg
別の突き当たり部分、こちらは掘削途中のようだ
DSC08408_R_20140305213815099.jpg
天井に碍子を付ける枕木が憑いている
DSC08410_R_20140305213817499.jpg
床はそれなりに整備され、壁面にも窪みがある
DSC08411_R_20140305214535d1d.jpg
この辺には、うっすらと排水溝の跡が見える
DSC08412_R_2014030521453685b.jpg
急に壁面が赤みを帯びる
DSC08413_R_20140305214538662.jpg
ここがメイン工場区と思われる
DSC08415_R_2014030521520699f.jpg
コンクリートが袋ごと固まったもの
DSC08418_R_201403052152083bb.jpg
変わった人工的な床の盛土
DSC08420_R.jpg
天井に異変が起きる
DSC08421_R.jpg
格子状の掘り込みが現れる、工場ライン用の天井クレーンのレールが有ったと思われる
DSC08422_R.jpg
かなりしっかり掘ってある
DSC08423_R_20140305215958fc6.jpg
部分的には横須賀の夏島でも見れるが、これだけしっかりした物はあまりない
DSC08424_R_20140305220000bc4.jpg
かなり良い設備で稼動しようとしていたのだろう
DSC08425_R_20140305220001071.jpg
この努力も、終戦で報われず
DSC08426_R.jpg
その方が良かったのだろうか?
DSC08427_R_201403052211333ad.jpg
この土盛りは、崩落ではなくズリのようだ
DSC08430_R_20140305221135c2d.jpg
壁面の支保工の四角い穴
DSC08428_R_201403052211352af.jpg
この跡はここにしか付いていなかった
DSC08431_R_20140305222231dbf.jpg
クレーン最終地点
DSC08432_R_20140305221953ffb.jpg
奇妙な跡の付いている台座
DSC08434_R.jpg
別の意味で危険な位置まで達した様なので、撤収する

画像拝借した元サイト「柵の向こう側」様記事

中島飛行機地下軍需工場(吉見百穴)

太平洋戦争中、この岩山の地下に軍需工場を建設するため、その出入口として岩山の最下部に大きなトンネル(直径3メートルほど)が3本掘られた。
この際、元から存在していた横穴が数個崩されて消滅しているらしい。
これらの軍用トンネルの内壁は、ほぼ素掘りのままとなっていて、夏期は涼風が吹き出すことがある。
軍用トンネルの奥は危険防止の為、途中から見学コースは鉄柵でふさがれている。
中島飛行機(現・富士重工)の地下工場として、昭和20年初頭から8月にかけて掘られた地下壕で、アメリカ軍の爆撃機からの攻撃を避けるために中島飛行機は大宮工場エンジン製造部門の施設を吉見町の地下壕へ移すことになった。
本格的な生産活動が始まる前に終戦を迎えたので、実際にエンジンが製造された期間は短かった。
DSC08316_R_20140303202458ec0.jpg
埼玉県比企郡吉見町にある国指定史跡の吉見百穴(よしみひゃくあな)
DSC08317_R_20140303202500fcf.jpg
どっちかってゆうと、墓穴で有名
DSC08318_R_2014030320250137e.jpg
入場料を払う
DSC08319_R_20140303202502027.jpg
一歩入ると穴だらけ
DSC08320_R_201403032025048a8.jpg
概要
DSC08321_R_20140303203738bcb.jpg
案内図
DSC08322_R_20140303204526955.jpg
早速進入する
DSC08323_R_20140303203741c9e.jpg
一応の説明板
DSC08325_R_201403032037428d7.jpg
壕内は電気が憑いていて明るい
DSC08327_R_2014030320493870c.jpg
各々撮影に入るが観光客が中々途切れない
DSC08333_R_20140303205847129.jpg
入り口撮るだけで、数分待ち
DSC08328_R_20140303204940c66.jpg
そこら中に完璧な防護柵が貼られている
DSC08332_R_2014030320575868b.jpg
中を覗くと、赤い通路が続いている
DSC08331_R_20140303204941de0.jpg
壕内はズリも整理され、味気ないほどにキレイだ
DSC08334_R_20140303210239020.jpg
手持ち開放なので、多少ぶれる
DSC08340_R_20140303210240836.jpg
壕床のさざ波
DSC08343_R_20140303210241723.jpg
この壕の特徴でもある
DSC08345_R_20140303210243238.jpg
左を見ると、もう見学コースの出口が見えている
DSC08346_R_201403032102443a6.jpg
電気碍子を憑けていた板が壁に残っている
DSC08348_R_2014030321375708d.jpg
先に続く通路は塞がれて行けない
DSC08354_R_2014030321375859a.jpg
出口へ向う通路は奇妙な窪みだらけだ
DSC08347_R_201403032137552f5.jpg
この辺のくぼみは地下軍需工場としては、良くある機械を据える窪みだ
DSC08356_R_20140303214233378.jpg
変なのはこれ
DSC08358_R_20140303214235a27.jpg
同様の物がいくつかある
DSC08359_R_201403032142360dc.jpg
奥行きのある、工作機械をいくつか並べていたのだろうか?
DSC08361_R_20140303214237e2c.jpg
通路の反対側には普通のくぼみだけが並ぶ
DSC08362_R_201403032142393b7.jpg
あるいは、破壊された墳墓がこうゆう形状だったのだろうか?
DSC08363_R_201403032149127db.jpg
コロボックルに聞いてみたい
DSC08365_R_20140303214914745.jpg
ここだけにある、敷居はなんだろう?
DSC08366_R_201403032154563d0.jpg
さて、これ以上見る所も無いので、出る事にする
DSC08367_R_20140303215457b11.jpg
出口説明板
DSC08368_R_201403032154582cc.jpg
出口全景
DSC08371_R_201403032154591b0.jpg
墳墓は表層部だけで、深いものは無いようだ
DSC08372_R_2014030322010783b.jpg
これ全部、機銃陣地にしたらすごそうだ
DSC08373_R_2014030322010956b.jpg
出土品陳列コーナーの裏に怪しげな所が!
DSC08435_R_201403032201095c2.jpg
しかし、しっかり閉鎖されていた
DSC08437_R_20140303220751db0.jpg
キノコ栽培用のボイラーか?
DSC08436_R_2014030322011194e.jpg
しかし良くも掘ったものだ
DSC08439_R_20140303220112799.jpg
いくつかは実際に入れるものもある
DSC08438_R.jpg
お墓なので、あまり入る気がしない
DSC08440_R_201403032207530dd.jpg
現世と死後の世界
DSC08441_R_20140303220755804.jpg
吉見百穴を後にする
DSC08442_R_20140303221512579.jpg
帰りがけ、奇妙なものを見かけた
DSC08443_R_2014030322151421e.jpg
フェンスの中にはブランコなどの遊具と
DSC08444_R.jpg
封鎖された壕口があった
DSC08445_R_2014030322151657f.jpg
しかも様子が変だ
DSC08447_R_2014030322192463d.jpg
バルコニー?
DSC08446_R_20140303221922d78.jpg
なんだこれは!
DSC08448_R_2014030322192403c.jpg
壁一面に掘削されたそれは、「岩窟ホテル」といって、醸造用の冷蔵庫として作られたが挫折したそうだ、しかしたった一人で21年間かけてノミで掘った努力は大したものだ、写真に写っている酒屋がその末裔であるそうで、一般公開していた時代もあったそうだ。
DSC08450_R_20140303221926c5e.jpg
入ってみたいが丸見え状態なので、後ろ足を引きずる思い出退散する



つづく

大谷石採掘場跡(中島飛行機地下軍需工場)冬季再訪おまけと山本園大谷グランドセンター

今回の探索区域を纏めると、①の部分になる、②の部分の左側は前回紹介したこの部分である、反対側から今回はアプローチしてみたが、雪が邪魔で、長靴すら持たない今回は塞がった壕口を2つほど確認して断念した。
③に関しても現状侵攻不能と判断された、おまけとして③の様子と時間が余ったので寄って見た山本園大谷グランドセンター再訪を記事にする。
DSC02818_R_20140301193355051.jpg
軍需工場の古地図
DSC02780_R_20140301195427596.jpg
夏に来た時のこの部分、ここが③の端っこになる
DSC02713_R_2014030119573573d.jpg
まずはアプローチに入る
DSC02715_R_201403011957378c3.jpg
ドーム状になっていた天井が、崩れまくっている様にも見える
DSC02716_R_20140301195738369.jpg
ちょっとなんかスゴイ所を歩いている気がして来た
DSC02717_R_20140301195739f3e.jpg
流石にこれ以上は止めておく、雪で足元が全く判らなく、踏み外す危険が出てきた
DSC02721_R_20140301200744cbd.jpg
ルートを変える
DSC02722_R_2014030120074657d.jpg
何とか登れなくも無い様だ
DSC02723_R_20140301200747adc.jpg
やっと現地到着
DSC02724_R_20140301201152ff2.jpg
早速進入する
DSC02725_R_20140301201155270.jpg
奥に通路があるのだが・・・
DSC02726_R_20140301201155033.jpg
様子が変だ
DSC02727_R_201403012011569ae.jpg
なんと、こっちは現在も採掘中でした!
DSC02728_R_20140301201159abd.jpg
しかたがないので、撤収する
DSC02730_R_201403012018593a4.jpg
その分、時間が余ってしまった(天狗の投石の下で一服)
DSC02731_R_20140301201901d43.jpg
あれに決定!(前回の記事
DSC02736_R_20140301201902210.jpg
冬なお、鬱蒼と繁る緑(茶色?)
DSC02737_R_20140301201903480.jpg
半年振りに訪れる山本園大谷グランドセンターの廃墟
DSC02739_R_2014030120571680c.jpg
ここにもツララが下がっていた
DSC02740_R_20140301205718ac7.jpg
さぁ、行こう
DSC02741_R_20140301205718a3c.jpg
たった半年で落書きが激増していた
DSC02742_R_20140301205720d8a.jpg
変わらないフロント、訪れる客は廃墟マニアだけ
DSC02744_R_201403012057215b4.jpg
緑が無くなり見やすくなった本館
DSC02745_R.jpg
展望食堂は、相変わらずの残留物だ
DSC02746_R_20140301210846b1c.jpg
62年12月31日までのディナー券、ここの末期である
DSC02747_R_20140301210847276.jpg
今回は63年2月までは営業していた事が確認出来た
DSC02748_R_2014030121084892b.jpg
にぎやかな頃のちょうちんの残骸
DSC02749_R_201403012108501c8.jpg
窓に残る当時の文字
DSC02750_R_20140301211902863.jpg
大谷石のカマド
DSC02751_R_201403012119048b5.jpg
多分冷蔵庫?
DSC02752_R_20140301211905b99.jpg
抜け落ちた天井からは冬の弱い光が差し込む
DSC02754_R_201403012123294f8.jpg
DSC02755_R_201403012123313e0.jpg
DSC02756_R_20140301212332147.jpg
厨房にも残留物は多い、テーブルナンバーが物悲しく当時を語る
DSC02757_R_201403012123332ab.jpg
棚に一つ残る調味料瓶
DSC02758_R_20140301212335ce9.jpg
たった15Aしかないブレイカー
DSC02763_R_20140301213047656.jpg
本館に移動する
DSC02764_R_201403012130493dd.jpg
食堂を振り返る
DSC02766_R_2014030121305194d.jpg
内部に入る
DSC02765_R_20140301213049381.jpg
この建物には外部からしか見つからない、隠し部屋が存在する
DSC02769_R.jpg
室内に突き出している大谷石から下がるツララ
DSC02770_R.jpg
それを撮影するメンバー
DSC02773_R_20140301213737823.jpg
その頭上には何故かそこにある今にも落ちそうなバケツ、もちろん二人には黙っておく、何かを期待しつつ
DSC02774_R_201403012137392df.jpg
二階へ登る階段がある
DSC02775_R_20140301214350e24.jpg
しかし、外の非常階段を使う
DSC02776_R_20140301214352e38.jpg
この、ちょっとだけ朽ち果てた、今にも踏み抜きそうな感じが良い
DSC02777_R_2014030121435373a.jpg
明日は持つか判らない
DSC02778_R_20140301214354b5b.jpg
二階宴会場を外から望む
DSC02779_R.jpg
屋上には夏でもあった水が溜まっている
DSC02781_R_20140301222729fc9.jpg
ここで新発見、なんと屋上に渡り廊下があるではないか!
DSC02782_R_20140301222731797.jpg
その先には塞がれた壕口がある、黒いパイプが伸びているので、明らかに何かある
DSC02784_R.jpg
しかし、この高さから落ちる訳にも行かないので断念!
DSC02785_R_20140301222733d86.jpg
二階に下りる
DSC02788_R_201403012227346f1.jpg
ルーフファンがゆっくり風で回っている
DSC02791_R_2014030122362734a.jpg
なべ用テーブル
DSC02792_R_20140301223629ecb.jpg
二階調理場
DSC02794_R_20140301223630127.jpg
割れた統制食器
P1010097.jpg
家にある旧軍時代の統制食器に良く似ている
DSC02797_R_20140301224131df5.jpg
トイレ前の水道から、ツララが下がっている
DSC02798_R_20140301224132a51.jpg
トイレの床は、全面凍りついて危険な状態に
DSC02799_R_20140301224133891.jpg
三角個室も同様
DSC02800_R_20140301224920da1.jpg
二階のメイン通路
DSC02801_R_20140301224921553.jpg
ここにもツララ、どんだけ寒いんだ栃木は!
DSC02804_R_20140301224922ec0.jpg
渡り廊下を渡って、風呂場に行く
DSC02806_R_20140301224923a63.jpg
ホールの真ん中に朽ちた椅子が置いてある
DSC02807_R_20140301225513daa.jpg
ロッカーの上にはLPレコードが、どんな曲が聞こえるのだろう(タイトルsantiger)
DSC02808_R_20140301225514ec5.jpg
風呂場
DSC02809_R_2014030122551539f.jpg
大谷石の壁を基調にしている
DSC02811_R_20140301225516409.jpg
浴槽は小さ目
DSC02813_R_201403012255184a0.jpg
女湯は更に狭い
DSC02814_R_20140301230130b3f.jpg
女湯の窓外も凍り付いていた、風呂も覗いたので帰るとする
DSC02820_R.jpg
淋しそうに残る山本園の看板
P1020864_R.jpg
車に戻ると、ヌコがごろごろしていた
P1020865_R.jpg
鉄板の上に移動して、またごろごろしていた