茂原海軍航空隊 弾薬庫周辺探索

さて、3週連続で東金に行って来たのだが、そっちを非常に上げたいのだけれど、切りが悪いので茂原を終わらせる
今回お世話になりました「房総半島戦跡考古調査会」の方々に、御礼申し上げます。
地元パワー恐るべし、楽しく勉強させて頂きました。

さて、前振って置いて何なのだが、自分的には山狩りが出来て満足なのだが、成果は薄い
内外の位置確認、把握と言う程度の物になっている(以外に重要なのだが)
構造的疑問ばかりが、嵩んでしまった結果となった
DSC09152_R_201503302108117d4.jpg
まずは、折角来たので弾薬庫を見る
DSC09155_R_20150330210812197.jpg
この、天井の穴が今回の目的である、下から見た限りでは楊弾井にも見えたが、登って見ると違うようだ
DSC09151_R_201503302108105e5.jpg
とりあえず、この絶壁を竹に掴まりながら登る(ハシゴは民家の物なので使用不可)
DSC09159_R_2015033021081417d.jpg
斜面には墳墓が多く、翻弄される(これは奥に棺がある)
DSC09160_R_20150330210816327.jpg
これは、横に棺があるタイプ
DSC09157_R_2015033021194241a.jpg
そしてついに軍掘りの壕口を発見
DSC09164_R_201503302119437e2.jpg
なんとも急な階段だ
DSC09166_R_2015033021194765b.jpg
狭いのでこけない様に気をつけながら下りていくと
DSC09168_R_201503302119480cf.jpg
さすが茂原だ、造りが似ている
DSC09176_R_20150330211947a79.jpg
あれ、もしかして?
DSC09177_R_20150330212633935.jpg
似ているどころか、夜か雨天にしか来た事が無かったから気が付かなかったが、本抗だった
DSC09169_R_20150330212632ec8.jpg
この抜き穴がこんな所に開口していたとは・・・・
DSC09180_R_2015033021263454a.jpg
再び散策に戻る
DSC09183_R_20150330212636eaa.jpg
墳墓、祠に弄ばれる
DSC09184_R_201503302126379b7.jpg
おや、これは?
DSC09185_R_20150330222223466.jpg
見つけた
DSC09186_R_20150330222224e32.jpg
思ったより物凄い小規模だ、楊弾器の痕跡も無い
DSC09187_R_20150330222225bf0.jpg
穴は1m近く掘ってある様に見えるが、入ってはいない
DSC09190_R_20150330222226eba.jpg
直径30cm程度の口径では砲弾は上がらない、砲弾は横向きで吊る物だから、下にクレーン台座が見える
DSC09191_R_20150330222228ca8.jpg
多少の失意と、見つけた満足を綯い交ぜに、壕を出る
DSC09192_R_20150330223243ae6.jpg
尾根に上ると、お手製アンテナの残骸が放置されている
DSC09193_R_20150330223245fe7.jpg
祠等にうんざりするほど悩まされつつ、山狩り続行
DSC09195_R_20150330223246d42.jpg
学校そばの民家まで来てしまったようだ
DSC09197_R_201503302232475ac.jpg
山が割れている!
DSC09200_R_20150330223249cfb.jpg
唐突に現れた切り通し
DSC09201_R_20150330224017c01.jpg
うわ、おっかね~
DSC08507_R_201503302240153cf.jpg
何の事は無い、ここに突き当たったのだ、道路側斜面探索終了、山側に移行する
DSC09203_R_201503302240204d6.jpg
数十分後、判るだろうか?木の根元の左側、不自然だ
DSC09202_R_20150330224019aa6.jpg
人が入るのがやっとの斜坑、階段も無くひたすらすべり落ちて行く、足からゆっくりと下って行くと、水没で閉塞だったらどうしようなんて考えてしまう、身をよじって写真を撮る事も出来ないまま、数10m下る、新たな大規模壕を夢見て・・・
DSC08497_R_201503302257411a0.jpg
やっと腰を浮かせる位に高くなってきたが
DSC08529_R_20150330225532ea1.jpg
まさかのここですか?
DSC08528_R_20150330225531976.jpg
期待を混めた苦労が一撃で砕けた
DSC09214_R_20150330225641152.jpg
振り出しに戻る
DSC09211_R_20150330230454d00.jpg
近場の壕口から地上に戻る
DSC09208_R_20150330230453cc8.jpg
写真だと判らないが、塹壕の跡である
DSC09204_R_201503302304482d8.jpg
辿っていくと、煉瓦遺構が見つかった
DSC09205_R_20150330230450ed4.jpg
一見すると便所のようだ
DSC09206_R_2015033023045185d.jpg
しかし新規発見には違いあるまい、煉瓦モルタル塗りの立派な遺構だ
DSC09207_R_20150330231131ae9.jpg
この辺は平坦になっているので、地上構造物があったのだろう
DSC09209_R_20150330231133d24.jpg
一通りの山狩りを終え、もっとも歩きやすい壕内へと戻る
DSC09215_R_20150330231133f43.jpg
単純な構造だが、特徴的な壕であった
DSC09216_R_2015033023113539f.jpg
特に気に入っているのが
DSC09219_R_2015033023113638b.jpg
これらの階段、一見の価値と登り甲斐がある
DSC09221_R_20150330231826438.jpg
さぁ、楽しんだので、引き上げよう
DSC09224_R_201503302318288bd.jpg
アクアの覆面V35スカイライン、昔の愛車(天災により海没)
DSC09225_R_201503302318292c6.jpg
いつもの如く、渋滞にはまる
DSC09227_R_20150330231830eba.jpg
ちょっと吹いた、渋滞も楽しまなければ!

DSC09155_R_20150330233444ccf.jpg
結局、これなんだが
DSC09745_R_20150330233449a48.jpg
夏島のこの魚雷調整庫に似ていると思う
DSC05578_R_2015033023344557b.jpg
崩落したモルタルの塗り方
DSC05580_R_20150330233446365.jpg
欠損具合も酷似
DSC05590_R_20150330233448f02.jpg
木製クレーン、類似点は多い
DSC08600_R_20150330234843dfe.jpg
そして、こちらのプールは魚雷の水密及び機関の試験水槽ではないだろうか?
91式航空魚雷は空気燃焼型であり、天井の穴は換気用ではないか?
全ては個人の想像の粋である、想像力は男のロマン!
もちろん終戦間際の構築ならば、魚雷なんて物は使える状況ではないが、裏の本抗と同時期ならば、かなり本抗の掘削状況を鑑みれば、余裕のある時期では無いかとも思える。

悪魔で個人の見解であり、史実ではない(記録も無い)事は断っておく
スポンサーサイト

茂原海軍航空隊 弾薬庫

この弾薬庫は長尾地下壕の表裏となる位置に掘削されている
自分は前回発見には至らず、祐実総軍三等兵様に今回案内して頂いた。
今回は雨上がりだし、別の探索もあったので、下部弾薬庫のみ探索してきた
DSC08591_R_20150327203517bb4.jpg
壕口は3ヶ所とも開口している
DSC08636_R_2015032720344460f.jpg
左は弾薬庫入り口となる
DSC08592_R_20150327203519f1d.jpg
中央の入り口から入る事にする
DSC08593_R_20150327203520174.jpg
5mほど入ると、広くなる
DSC08597_R.jpg
入り口人物比、とのさん
DSC08596_R_201503272035223d7.jpg
非常にキレイな掘削の奥に四角い連絡抗接続部がある
150308_095804[1]
ちょうどいいのがとのさん処にあったので、無断借用する(人物比yakumo)
DSC08598_R_20150327204746bf1.jpg
一瞬陸軍掘りに見える通路を天井を気にせず進む
DSC08599_R_20150327204747b81.jpg
突き当たり下側、1m程度だけ開いている
DSC08600_R_20150327204748f0b.jpg
うわ、プールと化している、かなり深そうだ
DSC08601_R_20150327204750404.jpg
水深は胸近くまでありそうだ、先に開口部が見える、3つ目の壕口
DSC08603_R_20150327214259568.jpg
壁から何か飛び出している、金具の跡か?硝石がこびりついて判別不能
DSC08604_R_20150327214301d70.jpg
さて、元の通路に戻る
DSC08605_R_2015032721430223c.jpg
良く見ると、釘が一直線に並んでいた
DSC08606_R_20150327214303996.jpg
中央通路に戻った
DSC08607_R_20150327214305fc7.jpg
では、弾薬庫に向うが連絡抗入り口部に土砂が盛ってある、崩落は無い(ここは)
DSC08609_R_201503272154205fb.jpg
弾薬庫が見えてきた
DSC08610_R_20150327215421cf5.jpg
弾薬庫全景、基本はモルタル塗りの前後のみコンクリート製壁
DSC08612_R_2015032721542205e.jpg
天井を見上げると、穴?
DSC08613_R_201503272154246ef.jpg
なぜ穴?、思いつくのは楊弾井なのだが・・・
DSC08614_R_20150327215425915.jpg
剥がれ落ちたモルタルの下から、柱の支柱が顔を覗かせる
DSC08615_R_20150327220352a98.jpg
探して見ると、6つほど見られた
DSC08616_R_20150327220353a17.jpg
入って来た連絡抗、何故かここの壕は連絡抗が四角い
DSC08617_R_201503272203543e0.jpg
外部出口、車両の出入りは無理だが、この時代でもベルトコンベアーはある
DSC08619_R_201503272203577f9.jpg
JR貨物
DSC08618_R_20150327220356173.jpg
壁のモルタルはほとんど剥がれ落ちている
DSC08622_R.jpg
ここには木製のクレーンがあり、壁面上部の穴に動力を備え、上階に楊弾していた様にも思える
DSC08623_R_20150327221605ae9.jpg
剥がれ落ちた天井
DSC08624_R_2015032722160691f.jpg
壁に貼り付けてある木材
DSC08625_R_201503272216084b0.jpg
裏面とかも見て回ったが、他に部屋などは見つからない
DSC08626_R_20150327221609c0a.jpg
しかし、こんなの落ちてきたら助からんな~、探索は自己責任で!
DSC08627_R_20150327223419c67.jpg
さて、出るとしよう
DSC08628_R_201503272234201e5.jpg
四角く切り取って、扉でも付いていたのだろうか?
DSC08629_R_20150327223421fb0.jpg
車両の出入りは出来そうも無いのだが、轍に見えてしまう
DSC08632_R_20150327223423999.jpg
外に出て、3つ目の壕口を見に行く
DSC08633_R_20150327223424fc2.jpg
見事にプールになっている
DSC08634_R_2015032722440475d.jpg
これは元から冷却水の貯水槽なのだろう、クレーン動力モーターの為か、発電機が屋外にあったのだろう

次回、一人で再訪した際の2階部分や祐実総軍三等兵様が弾薬庫が在れば、砲台(機銃?)も在るのではとの疑問を受けて、山狩りを慣行するが大した物は無かったがレポはする。
日曜のお出かけ次第で、別記事を書くかも知れないので、プレだけ出しとく、いつかはやる
DSC09164_R_20150327225805c09.jpg
なんだこの山中に急な階段は!
DSC09188_R_20150327225807277.jpg
2階から見た下階
DSC09198_R_2015032722580812d.jpg
唐突に現れた切り通し
DSC09202_R_20150327225810a7c.jpg
ヤバイ斜坑が口を開けている
DSC09204_R_201503272258114d4.jpg
煉瓦、モルタル塗り遺構が!

本日探索に参加された房総半島戦跡考古調査会の方々、きへいさん
お疲れ様でした!

実に有意義な探索となりました、また、機会がありましたら御一緒しましょう!

茂原海軍航空隊 長尾地下壕 再訪

茂原 腰当病院壕に入り損ねたので、長尾海軍壕に行く事にした
階段萌えの人にはお勧めの地下壕であり、構造自体も特異で海軍の拘りここに在り的な構造をしている
難点としては、泥濘質で靴底が大変な事になるので、長靴をお勧めする(季節により一部水没)
DSC08388_R_20150325221942598.jpg
深夜、雨の降る中怪しい二人が切り通しを進む
DSC08389_R_201503252219436a2.jpg
横にこんな穴も空いてるが、民家に出てしまうのでスルー
DSC08391_R_20150325221944492.jpg
トンネルの出切る前の切り通しが上部に残る
DSC08392_R_20150325221946686.jpg
雨の深夜に、森の中に突入して行く
DSC08393_R_201503252219489d2.jpg
壕口は相変わらず、同じ所で探訪者を待っていた
DSC08394_R_201503252232315e9.jpg
壕内は、柔らかい岩盤のせいでとてもキレイに掘ってある
DSC08395_R_20150325223232b37.jpg
直角に左に曲がると
DSC08399_R_20150325223233dbb.jpg
特異な部屋状の通路、その境となる部分がもっとも特徴的だ
DSC08401_R_2015032522323581f.jpg
振り向き、入って来た境目を見る
DSC08402_R_20150325223236a89.jpg
この様な境目が随所にある
DSC08404_R_20150325224700558.jpg
一度、壕外に出る
DSC08405_R_2015032522470164a.jpg
外部に倉庫壕がある
DSC08407_R_20150325224702b41.jpg
酒瓶だらけ
DSC08409_R_20150325224705cbf.jpg
横に通路がある
DSC08411_R_201503252247059a5.jpg
とてもキレイに掘られた部屋がある、ここも季節により水没する
DSC08416_R_20150325225448281.jpg
本壕に戻って、先を進む
DSC08420_R_20150325225450d03.jpg
今回は案内なので、後から行く
DSC08424_R_20150325225451f6a.jpg
小森さん発見
DSC08428_R_20150325225452f80.jpg
この辺まで来ると、床がドロドロになり滑ると大変な事になりそうだ
DSC08430_R_2015032522545480c.jpg
外部への巨大な階段、3段しかない
DSC08431_R_2015032523020102d.jpg
前回は登らなかったので、一人登ってくる
DSC08432_R_201503252302027b8.jpg
深夜の森に出る、場所がさっぱり判らん
DSC08434_R_20150325230203625.jpg
下を見下ろすと、結構な斜度だ
DSC08435_R_2015032523020527e.jpg
人がいると、人物比が助かる
DSC08438_R_20150325230206957.jpg
どんどん進んで行こう
DSC08443_R_2015032523085026d.jpg
この通路の境も右だったり左だったり、真ん中だったり
DSC08448_R_20150325230851be5.jpg
外部への開口部、支保の跡が美しい
DSC08450_R_20150325230853517.jpg
出口は土塁に囲まれている
DSC08455_R_20150325231908fbd.jpg
通路間の境の厚みがわかる一枚
DSC08458_R_20150325231909a0f.jpg
美しく掘られた柱
DSC08460_R_20150325231911448.jpg
ズリの積もった部屋、奥に階段がある(階段追加時のズリと思われる)
DSC08461_R_20150325231912d43.jpg
階段を登って行くと、途中から更に狭く、急になっていく
DSC08463_R_20150325231914007.jpg
前傾姿勢の人一人分
DSC08467_R_20150326192915f63.jpg
とのさんが撮影に熱中している内に隣に移動
DSC08466_R_20150326192914324.jpg
部屋の入り口、こだわってるな~
DSC08469_R_20150326192916c43.jpg
隣の部屋にも奥に階段がある
DSC08471_R_20150326192918387.jpg
こっちの方がやや崩れている
DSC08473_R_20150326192919923.jpg
でも、かなりいい感じである
DSC08474_R_20150326193736ffe.jpg
外は真っ暗だった(後日ここから偶然外部から入壕する事になる)
DSC08477_R_20150326193737311.jpg
とのさんが来たようだ、降りるとしよう
DSC08482_R_20150326193738627.jpg
この階段から雨水が入るのだろう、どろどろだ
DSC08484_R_20150326193740346.jpg
水没区に向う
DSC08487_R_201503261937416ef.jpg
今日は大分水が引いているようだ(先人の作った橋)
DSC08489_R_20150326194653ed0.jpg
次の部屋も泥濘状態だ
DSC08490_R_20150326194654887.jpg
最終部分
DSC08494_R_20150326194655839.jpg
外部への斜坑
DSC08498_R_20150326194657df4.jpg
人が通行するにはかなり無理な斜坑、ちなみに登りきると外部に出れる
DSC08500_R_20150326195458fe2.jpg
さて、帰るとしよう
DSC08503_R_2015032619550041e.jpg
これだけの壕なのに、碍子がほとんど付いていない
DSC08505_R_20150326195501a53.jpg
さぁ、出口だ
DSC08507_R_20150326195503101.jpg
何とも言えない切り通し
DSC08508_R_20150326195504d2c.jpg
へたに森に入ると危ないらしい


茂原海軍航空隊 腰当地下壕 再訪

茂原海軍航空隊、海軍病院壕として知られる腰当地下壕に5年ぶりに行って来た
前回は行けなかった水没区があったのと、とのさんを案内するのが目的だったが、ちょっとトラブルがあった
前回入った壕口が、廃屋の裏だと認識していたのだが、今回は深夜の探索だったせいで気が付いたが
なんと電気が点いている!人が住んでいたのだ、信じられない!
已む無く退散し、翌日光福寺裏側の壕口を祐実総軍三等兵様に教えてもらっての入壕となった
DSC08387_R_20150323215637167.jpg
前夜の突入は中止とし、長尾海軍壕に行ったが、また後日談とする
DSC08510_R_201503232156110cc.jpg
コンビニで一夜を明かし、祐実総軍三等兵様と合流する
DSC08513_R_20150323215613e50.jpg
砂岩質の山肌に壕口が空いていた、ここが前回の未踏部分のようだ
DSC08514_R_201503232156143a0.jpg
いずれこの壕口は埋まってしまいそうだが、開口部は結構あるから問題は無い
DSC08516_R_20150323215616671.jpg
中に入ると広くなるが、ストンと下る勾配に出る
DSC08517_R_20150323221247cb4.jpg
測量ミスで、帳尻合わせに下に繋げた感じだ
DSC08519_R_201503232212494f4.jpg
前方に明かりが見える
DSC08520_R_201503232212502ea.jpg
水没の先には、光福寺に出る没しかけた壕口があった
DSC08521_R_201503232212515ec.jpg
以前はこの辺には水没で、スニーカーでは来れなかった
DSC08523_R_201503232212539c4.jpg
転がっているインク瓶
DSC08524_R_20150323222117b60.jpg
キレイに造られた交差点
DSC08525_R_20150323222118663.jpg
天井の碍子、4連だろう
DSC08526_R_20150323222119255.jpg
贅沢な言い分だが、キレイすぎて面白みに欠けるのが難点
DSC08529_R_201503232221220cb.jpg
開口部が多く、空気の淀みも無い環境の良さ
DSC08530_R_2015032322212292b.jpg
開口部前の、衛所の様な部屋
DSC08531_R_20150323223043622.jpg
開口部の外は
DSC08532_R_2015032322304562d.jpg
今も稼動しているガスプラント
DSC08533_R_2015032322304694a.jpg
基本的に、ほんとに真っ直ぐな通路ばかりが交差している
DSC08535_R_20150323223047366.jpg
何処を見ても、同じに見える
DSC08538_R_20150323223049a33.jpg
メモリの付いた薬瓶が落ちている
DSC08540_R_20150323224102fab.jpg
拡張中の通路、工事の再開を待っている
DSC08541_R_20150323224104dc9.jpg
ちょっと斜な交差点
DSC08542_R_20150323224105bdc.jpg
また、プラントに出る通路がある
DSC08544_R_20150323224106cb8.jpg
水の通る通路は、削れている
DSC08547_R_2015032322410847e.jpg
迷う事はありえないが、ただただ長い
DSC08548_R_20150323225116e8c.jpg
広いので、人に合う事も稀だ
DSC08551_R_201503232251173e4.jpg
小森さんが固まっている
DSC08552_R_2015032322511906c.jpg
珍しくちょっと崩れている通路
DSC08553_R_201503232251202de.jpg
この辺は、地層が縦に走っている様だ
DSC08554_R_20150323225122756.jpg
この水没は少し深いので行かなかった
DSC08557_R_2015032322575447a.jpg
水面で、面白い写真が撮れた
DSC08559_R_20150323225755f0f.jpg
坂を下って行く
DSC08561_R_20150323225756ba0.jpg
物凄い傾斜で下っていて、ソリで降りてみたくなる
DSC08562_R_20150323225758790.jpg
振り向くと、こんな感じ、ここら辺で中間点あたり、傾斜がゆるくなる
DSC08564_R_20150323225759956.jpg
キチンと水路は生きている
DSC08565_R_20150323230745fa0.jpg
昨夜は入れなかった、廃屋裏の壕口
DSC08569_R_20150323230746974.jpg
さて、降りた分はまた登らなければ
DSC08572_R_201503232307480dc.jpg
人がいると、傾斜の感じが判るかな
DSC08579_R_20150323230749846.jpg
さて出口に近付いた
DSC08581_R_2015032323125629b.jpg
ここでちょっといい通路があった
DSC08582_R_20150323231258e53.jpg
DSC08583_R_20150323231259ed3.jpg
DSC08584_R_20150323231300cc9.jpg
DSC08585_R_2015032323130264e.jpg
DSC08586_R_20150323231504520.jpg
小森さん沢山いた、かわいい!
DSC08587_R_20150323231505ed8.jpg
さぁ、現世に戻ろう
DSC08588_R_20150323231507455.jpg
茂原市
DSC08589_R_201503232315086ca.jpg
寺の近くにかなり古い防火用水があった


新 大豆谷機銃陣地 (再調査)

何となく前回消化不良だったので、急遽山狩りに行って来た
まだ3月だと言うのに、気温が高く汗だくでの山狩りとなってしまった、涼しいシーズンは終わった
とりあえず今回の高地は丸ごと狩って来たので一応の満足を得た。
DSC08930_R_20150322195935ee0.jpg
基本無計画なので、朝の気分で東金、茂原の再探索を決めた
DSC08931_R_20150322195937f83.jpg
朝の高速は、空いていて気持ちがいい、横浜ー東金間1時間半で着いた
DSC08933_R_201503221959384cb.jpg
前回撮らなかった、交差点の壕口
DSC08934_R_20150322195940f6e.jpg
削られて剥き出しになった壕口
DSC08935_R_20150322195941770.jpg
単純壕であった
DSC08936_R_20150322201820a78.jpg
削り取られ民家も立ち退き、拡幅されるのだろう
DSC08938_R_20150322201821158.jpg
きっかけはこの祠
DSC08939_R_20150322201822b98.jpg
井戸や
DSC08940_R_201503222018243f7.jpg
コンクリ巻きのトンネル通路などの痕跡
DSC08942_R_20150322201825252.jpg
山を登って見ると、下の見える穴が空いていた
DSC08943_R_20150322203746415.jpg
ぬこ、民家側の交通壕出口
DSC08944_R_2015032220374871b.jpg
前回降りて来た、掘割から登って行く
DSC08945_R_20150322203749bf4.jpg
山は一面の竹林となっている、これは自分の位置が判らなく成りやすい
DSC08948_R_20150322203751602.jpg
取りあえず前回降りるのを断念した崖を降りた
DSC08949_R_20150322203752d19.jpg
ここが前回気になったどう見ても人為的な掘削跡に見える場所
DSC08950_R.jpg
斜面探索を進めると、中世の祠跡が多数散見し、無駄な労力を強要されるが、祠改造壕も多いので無視できない
DSC08952_R_2015032220505353b.jpg
突如足元に、蛸壺があった
DSC08953_R.jpg
塹壕が水没し、川のようになっている
DSC08954_R.jpg
新たなる壕口を発見する
DSC08956_R_20150322205057465.jpg
右側の壕は単純な1本抗
DSC08958_R.jpg
隣の壕
DSC08960_R_20150322210246b18.jpg
中は広いのだが、民家が近いせいでゴミ捨て放題
DSC08961_R_20150322210247bf8.jpg
小森さんがお一人
DSC08963_R_20150322210248c22.jpg
小森さんは左上、壕口の上に通気孔が開いている、これは砲室に良くある構造だ
DSC08993_R.jpg
ライトを消してみると、良く判る(発砲煙を逃がす穴)、しかし砲室には間口が狭い
DSC08990_R_201503222122060f0.jpg
部屋の奥には小部屋があった
DSC08962_R_20150322212200c89.jpg
反対の奥には通路がある
DSC08965_R_201503222122021eb.jpg
右に僅かな掘り込み、左に外光が見える
DSC08970_R_20150322212203bca.jpg
背面の開口部、逃げ口がある壕はここらでは珍しい
DSC08989_R_20150322212204561.jpg
振り返ると、えらく狭い掘り込みもあった(手榴弾、火炎放射対策か)
DSC08973_R_201503222204396ca.jpg
出て来た壕口のすぐ横にも穴がある
DSC08971_R_201503222204377df.jpg
向こうが明るい、交通壕のようだ
DSC08974_R_20150322220440fa8.jpg
本来この様な面は断層で、掘り下げたものではなく
DSC08975_R_20150322221138c37.jpg
この様な祠がある自体、戦前以前の地形だ、これを利用して整形し、陣地にする
DSC08976_R_20150322221139dde.jpg
広い空間の真ん中に、ポツンと1つ
DSC08977_R_201503222211408f7.jpg
カメかと思ったが井戸である、兵舎でも建っていたのだろうか?
DSC08980_R_20150322221143ac5.jpg
軽く山を越え、隣のブロックに移動すると、塹壕がある
DSC08981_R_2015032222114446b.jpg
これはさっきの交通壕の出口、山越えしたので使っていない
DSC08982_R_201503222223180bf.jpg
他にも壕が3つ並んでいる
DSC08983_R_20150322222320420.jpg
DSC08984_R_2015032222232120a.jpg
DSC08985_R_20150322222322506.jpg
いずれも小さな倉庫壕だった
DSC08986_R_2015032222232459d.jpg
今度は交通壕を使う
DSC08992_R_20150322223045044.jpg
この壕を出て、外部探索を再開する
DSC08998_R_201503222230467c3.jpg
しかし、祠だらけで嫌になる
DSC09006_R_201503222230484a1.jpg
最端まで来たので、ルートをずらしながら戻って行く
DSC09010_R_20150322223049ee3.jpg
軍道の痕跡をとらえ、辿って行くと
DSC09011_R_20150322223051b70.jpg
壕があった、判っているが一応入る
DSC09014_R_20150322224016138.jpg
機銃台座
DSC09018_R_2015032222401737c.jpg
二脚を立てて、ここに軽機を置いていたのだろう
DSC09020_R_20150322224019067.jpg
この小さな穴を覗き、兵士は何を考えたのだろう
DSC09026_R_20150322224021aae.jpg
中央やや右に銃眼があるのだが、発砲しないかぎり発見できないだろう
DSC09029_R_201503222248144e4.jpg
もう1つの陣地
DSC09033_R_20150322224816a86.jpg
わずか2週間で水没していた
DSC09035_R_20150322224818efd.jpg
最大この線まで(銃眼の高さ)水が溜まるようだ、致命的な欠陥だ
DSC09040_R_20150322224818e2a.jpg
戦時中は庇でも付けて、雨水が入らない加工でもしていたのだろうか?
DSC09041_R_201503222305253c7.jpg
銃眼の右側にも、壕が並ぶ
DSC09044_R_20150322230526fe1.jpg
小さな単独だが、キレイに造ってある
DSC09045_R_20150322230528f21.jpg
次の壕口
DSC09046_R_201503222305299f9.jpg
これは祠かも知れない
DSC09048_R_201503222310212f3.jpg
次の斜面の壕口の前で、銃を拾った、特異な形状をしていた
DSC09054_R_20150322231023236.jpg
壕は広いが数m
DSC09057_R_201503222310240b1.jpg
次の壕
DSC09058_R_20150322231025564.jpg
これも大した物ではない
DSC09059_R.jpg
こちらも端まで来たようだ
DSC09060_R_20150322231857c57.jpg
さぁ、次に向おう
DSC09150_R_20150322231857d35.jpg
あれ、なんか上にも開いてない?気のせいかな?
DSC09047_R_20150322231855e37.jpg
バナナ

新 大豆谷機銃陣地

東金街道(126号線)の台方三叉路交差点付近のコンビニで、一応の探索を終了し、一服をしていたら
前には見えてなかった壕口が顔を見せていた、遠めに見て奥行きは無いなと判る壕だったが、一応見に行った
案の定単独の小壕だった、故に写真すら撮らなかったぐらいだ。
場所柄から推測すると、周りは速射砲陣地及び機銃陣地に囲まれた主要県道沿いに位置している事を考え
棒地雷などを携えた、肉薄突撃隊の待機壕では無いだろうか?
兎に角全てはここから始まった、猫も歩けば何とやらで、動く事から道は拓ける物だった
P1030636_R.jpg
コンビニで帰る前の一服をする(ストリートビューから拝借)
P1030635_R.jpg
1年前の画像だが、道路拡幅の為か民家と木々が無くなり、山肌と壕口が露出していた
DSC08863_R_20150319202312a60.jpg
禿山と化した斜面を八幡神社まで調べたが、他には何も無かった
DSC08862_R_20150319202310760.jpg
川向こうの斜面に穴が見える、祠なのは知っていたが、ノリで見に行く
DSC08864_R_20150319202313f64.jpg
この橋もかなり昔から有りそうだ
DSC08867_R_20150319203505baa.jpg
祠を見て、ふと先を一人で見に行ったら怪しいものが!
DSC08868_R_2015031920350760a.jpg
コンクリート巻きの通路、どう見ても民家のやる事じゃない、がぜん探索が始まる
DSC08870_R_201503192035098a1.jpg
メンバーの一人が、丸い穴を発見!
DSC08869_R_2015031920350878e.jpg
なんとあっさりと銃眼が発見された
DSC08871_R_20150319203511899.jpg
内部を照らすと間違い無く機銃陣地であった
DSC08872_R_20150319211613d8d.jpg
中央の溝は銃眼から流れ込んだ雨水が削ったのだろう、壕内に水の線がある
DSC08874_R_201503192116152a4.jpg
早速横に回ると、土塁が築いてあって道路側からは見えない工夫がされている
DSC08875_R_20150319211616147.jpg
土塁を回ると、壕口が見えた
DSC08876_R_20150319211617592.jpg
キレイな壕口だ、真ん中の棒は木の根っこ、邪魔だったがビクともしなかった
DSC08877_R_20150319211619ab0.jpg
天井にはヤバイ数の節足生物が蠢く、見ない様に突入する
DSC08878_R_20150319213117ebd.jpg
右に曲がると銃座が見える、水没の線がくっきりと刻まれている
DSC08881_R_20150319213118bf6.jpg
部屋の中には全くゲジはおらず、キレイな状態だった
DSC08883_R_201503192131192cd.jpg
こうして見ると、水の流れた跡が判りやすい
DSC08884_R.jpg
天井には釘が2本、外部から電気でも引いたのだろうか?
DSC08885_R_201503192131230f3.jpg
射撃手目線、以外に距離があり外部が見難い、この前壁は薄くて小銃弾でも貫通しそうだった
DSC08887_R_20150319214714447.jpg
壕から這い出すと、とのさんが近くにもう一つ壕口を見つけた
DSC08888_R_20150319214715106.jpg
こちらもやはり、土塁に囲まれ見えない
DSC08890_R_20150319214716ef2.jpg
土塁に登ると、壕口出現
DSC08891_R_201503192147171cf.jpg
しかし、なんで穴があると入れたがるんだろう?入る人の身にもなって欲しい
DSC08896_R_20150319215428b7d.jpg
こちらの壕も、天井は見たく無い
DSC08892_R_20150319215424288.jpg
入ってすぐ左に、一つ目の銃座があった
DSC08894_R_20150319215426353.jpg
こちらの銃眼は小さく、軽機だろうか?
DSC08895_R_2015031921542754c.jpg
下が埋まっているせいで、小さく見えるのだろうか
DSC08896_R_20150319215428b7d.jpg
ゲジを越えて、元の通路に戻る
DSC08897_R_201503192202371d4.jpg
通路を奥に進む
DSC08898_R_20150319220238774.jpg
緩やかに右に曲がると
DSC08899_R_20150319220239bc1.jpg
2つ目の銃座が見えた
DSC08900_R_20150319220241c1f.jpg
ほんとに千葉の陣地はキレイに構築してある
DSC08902_R_2015031922024248c.jpg
日の暮れた壕外に出て、銃眼を探す(実は一計を案じている)
DSC08903_R_201503192214195d0.jpg
とのさんに、内部から照らして置いて貰ったのだ、この暗さでは絶対に判らない
DSC08905_R_20150319221420b0f.jpg
ダッシュで山を越えて、反対側の銃眼に向かうが、そこは崖だった、竹に掴まりながら降りていく
DSC08908_R_2015031922142382e.jpg
ライトの明かりが見えた、複数の時は助かる手段だ(ただし夜間限定)
DSC08907_R_20150319221422c6f.jpg
こんな物普通には絶対見つからんわ、崖だし・・・・
DSC08909_R_201503192222189ac.jpg
竹に半分ぶら下がりながら、更なる下を覗くと人工的な空間があるのが見える、しかしこの暗さで下りるのはかなり危険だし、いまは単独で山を越えている、迷ったが安全第一である。
DSC08911_R_201503192222209c8.jpg
誰も山のこちら側に来そうも無いので、単独は危険と判断し、今度昼間に一人で行こうと諦める
近くに掘割があったので、何かしらの施設はありそうである、次が楽しみだ!

しかし、何でいつも帰り際に新たな発見があり、課題として残るのだろう?

八鶴湖周辺遺構まとめ(煉瓦遺構)

前回の探索で気になっていた煉瓦遺構と壕口を確認して来た。
再度案内がてら、周辺遺構を見てきたので、合わせて紹介する
もちろんこれが連隊指令部関連の物との確証は無いが、背後の壕や地下貯蔵庫など民間らしからぬ物もあり
民間の地主的豪邸跡とは考えにくい
DSC08861_R_201503180900079c6.jpg
八鶴湖駐車場に到着
DSC08788_R_20150318085859f97.jpg
幸い雨は上がったようだ
DSC08787_R_20150318085857111.jpg
まずは昼飯の戦闘糧食を仕込む、20分ほど掛かるのでその間に小探索をする
DSC08793_R_20150318085900ede.jpg
最も近い機銃陣地に向う
DSC08795_R_20150318085902bba.jpg
土塁に囲われた壕口に到着
DSC08796_R_20150318085903c29.jpg
ぬるっと進入する
DSC08797_R_201503181353511e2.jpg
今回は全く水が無く、楽に進入できたが、水没常習壕である
DSC08798_R_2015031813535219e.jpg
L字を曲がると外光(銃眼)が見える
DSC08799_R_20150318135354672.jpg
東金方面はこんな銃座がよく設けられるが、三浦半島にはあまり無い
DSC08790_R_201503181401475f1.jpg
外から見た銃眼
DSC08792_R_2015031813534957b.jpg
内部、手前が銃座
DSC08803_R_201503181406524e1.jpg
戻って戦闘糧食を食べて一服する(やっぱり自衛隊のレーションは日本一だわ、うまい!)
DSC08805_R_20150318140654fdb.jpg
問題の煉瓦壁に到着
DSC08804_R_20150318140653c8c.jpg
奥にも1棟現存しているが、民地で入れない
DSC08806_R_201503181406565d0.jpg
割りと広い範囲に煉瓦跡がある
DSC08807_R_20150318140657b5c.jpg
空き地の奥に壕口が見える
DSC08808_R_20150318141819867.jpg
良く見ると、煉瓦にいくつか刻印がある、しかし判別出来そうな物は少ない
DSC08809_R_2015031814182123b.jpg
駐車場脇の空き地にも煉瓦壁が見える
DSC08810_R_201503181418231af.jpg
多分母屋があったと思われる壁と、気になっていた壕口
DSC08811_R_201503181418242e8.jpg
煉瓦壁に開いている穴を覗くと、立派な地下室がある、立っているなら2、30人は入れそう
DSC08812_R_20150318143459fb7.jpg
キレイに掘削された壕口、手前は大分崩れた土が堆積してしまっている
DSC08813_R_201503181435001b1.jpg
内部は倉庫壕の様だ、ゴミだらけで入れない(本編はこれだけ、後は補足かな?)
DSC08816_R_20150318145721f4a.jpg
近くにある棲息壕を見に行く
DSC08817_R_20150318145722af2.jpg
こちらの壕口は水没している
DSC08818_R_20150318145723e1d.jpg
もう一つの壕口
DSC08820_R_2015031814572518f.jpg
こちらはクリアー
DSC08821_R_20150318145726848.jpg
入ってすぐある左の通路
DSC08822_R_20150318150132501.jpg
さっきの水没の入り口に繋がっている
DSC08826_R_20150318150133f6e.jpg
では真っ直ぐ進む
DSC08827_R_201503181501349b4.jpg
棲息室が見えて来た
DSC08828_R_2015031815013627f.jpg
何度見ても、見事なベンチだ
DSC08829_R_20150318150709b52.jpg
まるで、カラオケボックスの様だ
DSC08830_R_20150318150711fdd.jpg
ここまで居住性にこだわった壕は見かけない
DSC08836_R_20150318150715187.jpg
人物を入れると、そんなに広く無いのがわかる
DSC08831_R_20150318150712726.jpg
先に続く通路
DSC08832_R_20150318150714fc3.jpg
突き当たり、右に曲がると
DSC08833_R_20150318151310cae.jpg
土砂で埋まって、閉塞
DSC08838_R_2015031815131235c.jpg
ぬるっと這い出て次に行く
DSC08839_R_20150318151313752.jpg
指令部に摂取されていた女子高
DSC08841_R_201503181513155f3.jpg
当時のこの建物と
DSC08842_R_20150318151316b81.jpg
門柱のこれ、なんとなく似てるかな?
DSC08844_R_20150318151939894.jpg
大正七年に建てた宿泊棟が見える、老舗 八鶴亭(旧八鶴館)
DSC08845_R_20150318151941aac.jpg
創業自体は明治十八年、しかし、怪しさ爆発な出で立ち、入店は断られるだろう
DSC08846_R_201503181519433f1.jpg
登録有形文化財
DSC08849_R_2015031815194673c.jpg
観光センターだと思っていたら、劇場らしい
DSC08848_R_201503181519441ab.jpg
すてきなぬるきゃらもいる
DSC08850_R_201503181534451d6.jpg
忠魂碑
DSC08851_R_20150318153446cd5.jpg
元師 陸軍大将川村景明書(日露戦争で活躍)
DSC08852_R_20150318153447ec4.jpg
DSC08853_R_201503181534498ab.jpg
DSC08854_R_20150318153450a82.jpg
戦没英霊、かなりの人数となる
DSC08856_R_20150318155632a00.jpg
2、3年毎に更新されているが、徐々に小型化?
DSC08857_R_201503181556326e1.jpg
表からは気が付かなかったが
DSC08859_R_20150318160226629.jpg
縦に3つに割れたようで、補修されている
DSC08860_R_2015031815563496d.jpg
こちらの碑は読めなかった

東金(豊成)飛行場

本土防衛の為、1943年9月構築予定地域の旧豊成村に急遽飛行場建設が、言い渡される
1944年3月より本格的工事が始まり、9月には一応の完成を見ている
12月には、飛行第28戦隊双発100式三型機約20機が配備された。
百式司偵は元々は高速偵察及び連絡用に造られた物だが、その高速性能に目を付け、機首に20mm2門を付けた迎撃戦闘機として派生機が作られた。
重い機銃などの増加装備による速力低下、P-51の直掩などにより大きな戦果は少ないものの、それなりの撃墜数を上げている。
1945年6月になると、キー102乙型戦闘機が配備される。
本機は四式襲撃機、五式双発襲撃機などと呼ばれ、正式な愛称(一式戦⇒隼)はない
武装はかなり強力で、機首に57mm機関砲(ホ401)を装備した他、20mm機関砲(ホ5・二式二十粍固定機関砲)2門と12.7mm機関砲(ホ103・一式十二・七粍固定機関砲)1門を装備し、爆弾は500kgまで搭載できた。
後に排気タービン付きの甲型も生産されるが、排気タービンの不良により、15機程度のみ納品されるに過ぎない。
この飛行場にも甲型が5~6機配備されたが、短期間で他に移動している。
1945年5月頃には特攻機(隼)の訓練地ともなっていたようだ。

現在の124号をソニーを過ぎた辺りで右折すると、格納庫基礎が残っているが、わかり難い場所にある
DSC08637_R_2015031621031216c.jpg
襲撃事件があり警察だらけのコンビニで遅めの朝食を取る
DSC08638_R_201503162103132cb.jpg
こっちの地名は読み難い
DSC08639_R_201503162103151b0.jpg
電柱より高い、郵便局の看板(求名、ぐみょうが読めなかった)
DSC08641_R_20150316210316aaf.jpg
この辺りから狭い道に入って行く
DSC08642_R_20150316210317c37.jpg
ポンプ所隣の小さな名も無い公園
DSC08643_R_2015031621131430d.jpg
東金飛行場の存在を示す碑がひっそりとある
DSC08644_R_20150316211315b1f.jpg
平和を呼ぶ ふるさとの碑
DSC08646_R_20150316211316608.jpg
本土防衛の跡を偲び 平和を祈る ふるさとの碑(全文)
 豊成飛行場は史上 東金飛行場といわれて昭和十九年三月大東亜戦争末期本土決戦の戦略によって急造された。青麦を刈り捨て、住家を移転し、墓地を掘り返して昼夜兼行、近隣住民を総動員して工を急いだが、未完成のまま十九年末には飛行第二十八戦隊が駐留してきた。総面積百七十ヘクタール、その八十四パーセントは肥沃な農地であった。以来戦況は日に増し悪化し、空襲は連日連夜に亘り、村役場の移転、小学校は取り毀して寺院神社に分散授業、戦火は鳴浜小学校や民家を焼き、遂に住民や兵員の犠牲者を出すに至った。かくて一回の戦果朗報を聞くことなく齢一歳にも満たずして二十年八月十五日終戦解体することとなった。今わが豊成飛行場の歴史も半世紀の歳月の底に沈んで語る人もなくなったが、この跡地に残された本土防衛の志想と平和を希望する愛郷の真情は魂魄となって強く生き続けていると思うわれら思いをここに致して、地域一体となって後世のために「平和を呼ぶふるさとの碑」を建設して遺すことに相成った。永遠に平和と繁盛の花咲き栄え給えと祈ってやまない 平成六年三月吉日 鈴木勝題字選文 豊成飛行場記念碑建設委員会
DSC08649_R_20150316221224db2.jpg
ふと見ると、とのさんが逆上がりで遊んでいた、若い若い!
DSC08650_R_20150316221224a67.jpg
公園に名前が無いので、この建物か地図で青い調整池を探そう
DSC08651_R_20150316221225d9e.jpg
格納庫基礎は道からは見えない、この農道の先にある
DSC08652_R_20150316221227a3a.jpg
二回目なので、スグに発見出来たが最初の時は結構迷った
DSC08655_R_2015031622122887e.jpg
奥の方にも基礎が見えている、かなり大きな格納庫だ
DSC08656_R_20150316222513393.jpg
いろんなホムペやブログで、掩体壕基礎と紹介されているが全く違う、格納庫である
監視哨をトーチカと間違えるほどに用途が違う
DSC08657_R_20150316222514f14.jpg
基礎構造が良く判る
DSC08658_R_20150316222515fd9.jpg
よそ様の所有地なので、荒さない様に気をつけよう
DSC08659_R_20150316222517069.jpg
人物比とのさん、結構基礎は大きい
DSC08660_R_20150316222518b6b.jpg
基礎がここまで見やすいのは、あまり無い(明野教導飛行団 天竜分教所は見やすい)
DSC08661_R_20150316224203dce.jpg
何とか保存できれば良いのだが、苔生す屍となっている
DSC08662_R_201503162242046f9.jpg
地主さんの厚意により現状維持されているが、先は判らない
DSC08663_R_201503162242068c8.jpg
ぶっといのが刺さっているが、何て言う名称なんだか判らない、止め具で良いのか?
DSC08665_R_20150316224207aff.jpg
多分向こうが飛行場側開口部(単純に壁が無いだけ)
DSC08666_R_20150316224209971.jpg
殆んどの物は鉄材を抜かれているか、一本だけ残っている
DSC08667_R_20150316225512975.jpg
藪の中にも基礎が見える
DSC08669_R_20150316225513cf0.jpg
これにはボルトが2本とも残っている
DSC08670_R_20150316225514ed3.jpg
奥の方には、一部分壁が残っている
DSC08671_R_2015031622551660f.jpg
この脇には小部屋の様な物が残っている
DSC08673_R_20150316225517c90.jpg
倒壊していて、原型は判らない
DSC08674_R_20150316230213eeb.jpg
この奥は作物があるので、立ち入らない
DSC08676_R_20150316230215376.jpg
地味に雨が結構降って来た
DSC08677_R_20150316230216d08.jpg
そろそろ撤収する
DSC08678_R_2015031623021794b.jpg
以前来た時の写真をフォルダごと消失してしまったので、今回無理に雨の中寄ってもらった
DSC08679_R_20150316231127182.jpg
最後に最も状態の良い物があった
DSC08680_R_2015031623112911c.jpg
さぁ、次に向うとしよう、探索は始まったばかりだ。

横浜海軍航空隊(飛行艇隊) 海軍境界柱

横浜海軍航空隊としては、3回目の記事となるが、未だに見落としがあった様だ
リンクサイトBunny The Flat様の記事内にあるのは知っていたのだが、中々確認に行けなかったのだ
朝のうちはバイクいじりをしていたのだが、タンクを外してプラグ交換をした(エンジンがデカイから横からでは出来ない)ので、試運転がてらぶらっと市内の富岡総合公園に足を伸ばしたのだ。
DSC07944_R_20150315163057e52.jpg
富岡総合公園は櫻の名所でもある
DSC07943_R_20150315163056fcf.jpg
一通りぐるっと回ってみる事にした
DSC07946_R_2015031516305998e.jpg
まずは隊門からだろう
DSC07949_R_20150315163100296.jpg
登って見ると、電燈が付いていたのか、電管と固定ボルトがあった
DSC07950_R_201503151631020d5.jpg
駐車場はいつの間にか有料化(4輪のみ)されていた
DSC07951_R_20150315165847075.jpg
駐車場から右に横移動すると、地下壕入り口が多数ある、壕口のみ紹介して行く
DSC07952_R.jpg
DSC07953_R_2015031516585015a.jpg
DSC07954_R_20150315165852dd2.jpg
DSC07955_R_201503151658537a1.jpg
DSC07954_R_20150315165852dd2.jpg
DSC07957_R_201503151703135e2.jpg
7ヶ所確認できたが、いずれも入れそうに無い
DSC07958_R_201503151703150a5.jpg
海側には日本飛行機の工場が見える、九三式中間練習機(赤トンボ)の生産メーカーとして有名、秋水、桜花の生産にも関わっており、現在も自衛隊機の生産に参加、F-2支援戦闘機、C-1、Pー3C、現在開発中のC-X 次期輸送機・P-X 次期哨戒機でも部品の生産や共同開発に参加している。
DSC07959_R_2015031517031621b.jpg
境界柱は、何処にあるのか判らないので片っ端から捜索(プチ山狩り)して行く
DSC07972_R_201503151724287d4.jpg
門柱の先、一番手前の公園上り口からそれると、旧警備道の掘割がある、これ沿いだと当たりを付ける
DSC07971_R_201503151724274e7.jpg
公園内の散策路に戻り、石段をあがる(ここにしかない)
DSC07970_R_201503151724253c2.jpg
ここからでも上がれるが、順路を通る
DSC07961_R_201503151724239da.jpg
回り込むと境界柵沿いに階段がある
DSC07962_R_20150315172424b77.jpg
藪を少し掻き分けると、旧軍の階段が出てくる
DSC07963_R_20150315173827826.jpg
軍港水道関連施設がこの地下にある
DSC07964_R_20150315173828765.jpg
通気口
DSC07966_R_201503151738304f9.jpg
揚水ポンプ室はいつの頃からか、入れなくなっている
DSC07974_R_20150315173831799.jpg
気持ちの良い散策路と化した旧警備道を歩いて行く(多目的広場を横切ると早い)
DSC07976_R.jpg
境界柵の手前に目標補足!
DSC07977_R_20150315181114650.jpg
海軍境界柱だが、字体が面白い
DSC07978_R_201503151811158fd.jpg
埋まっていて、百十までしか見えない
DSC07979_R_20150315181116a57.jpg
次の標石
DSC07981_R_20150315181118ea6.jpg
少し掘って、百十八確認
DSC07982_R_201503151811195ec.jpg
分岐でもピークでも無いのに、点々と生えている
DSC07983_R_201503151818531f9.jpg
なんで上は赤いんだろう?
DSC07985_R_20150315181854979.jpg
少し掘ったが、見えない
DSC07988_R_201503151818566b5.jpg
アーチェリー場の上に出た
DSC07989_R_20150315181858ab4.jpg
警備道はつづくが、標石がしばらく消える
DSC07990_R_201503151828520b7.jpg
見つけたと思ったら、偽物だった
DSC07991_R_20150315182854d9a.jpg
分岐点、とりあえず真っ直ぐ行く
DSC07993_R_201503151828564ae.jpg
100mも下りれば、民地に出る
DSC07992_R_201503151828556a6.jpg
分岐に戻ると、境界石があった
DSC07995_R_20150315182858756.jpg
さぁ、何番だろう
DSC07997_R_20150315183755d36.jpg
百二十三番だった、いくつか欠落している
DSC07998_R_20150315183757980.jpg
散策路を足早に通過する(ここに人が居ると弓が撃てない決まり、マナーかな)
DSC07999_R_20150315183758738.jpg
フェンスの外れにまた一つ
DSC08000_R_20150315183759bab.jpg
全く番号不明
DSC08002_R_201503151845341c0.jpg
近くにまたある
DSC08004_R_20150315184536b9b.jpg
番号は一気に飛んで、百三十四だった
DSC08006_R_201503151845378c2.jpg
ちなみに他の二面には文字は無い
DSC08007_R_20150315184539795.jpg
これを最後に、道が消える
DSC08008_R_20150315184540c4a.jpg
斜面を探すと、標石が斜めに生えていた
DSC08009_R_20150315185013431.jpg
掘る!
DSC08010_R_2015031518501542f.jpg
百三十五確認
DSC08011_R_20150315185016e60.jpg
境界柵は続くが、状況が過酷になる
DSC08012_R_20150315185017932.jpg
人工的に切った石が斜面に転がる
DSC08013_R.jpg
上に登ると、なんと石垣が組んである
DSC08014_R_20150315185606e6e.jpg
なぜこんな山の中に石垣が有るのだろう?
DSC08018_R_201503151856088e5.jpg
道はますます過酷になる
DSC08019_R_201503151856106ef.jpg
境界柵も倒れ放題
DSC08022_R_20150315190258903.jpg
さすがに辛くなって来た、柵も標石も消えた
DSC08020_R_20150315185610a5e.jpg
これ以上は進めないので、安全第一の基本で戻る
DSC08021_R_20150315185612081.jpg
脇道を山中に分け入る
DSC08023_R_201503151903006b3.jpg
整地された空間が諸所にある
DSC08016_R_2015031519025746d.jpg
周りを探すとアンカーも打ってある、何だろう?ピークだし監視所でもあったか?
DSC08024_R_20150315190301505.jpg
山を突き抜けると、展望広場に出た
DSC08025_R_20150315193357b2c.jpg
この艦首ははたかぜだが(観艦式で乗った)近代化改装か?
DSC08026_R_2015031519335942b.jpg
奥にはいずもが隠れていた、早く乗りたいものだ
DSC08027_R_20150315193400632.jpg
第二格納庫跡地は相変わらず空き地
DSC08028_R_201503151934020c2.jpg
機動隊基地も元格納庫、格納庫扉のレールが横に飛び出している
しかし、カメラに砂が入り込んで駄目だなこれは、もう4代目なのだがブローしてもまた出てくるから意味が無い
DSC08032_R.jpg
最後に機銃掩体を見に行く
DSC08030_R_201503151956074ec.jpg
まぁ、肉眼じゃ無ければ判らないだろう、肉眼の補正力はすごい

長浦港周辺 監視哨等

この記事はkanレポート様から提供された調査ネタを元に紹介して行く
長浦港は横須賀本港(鎮守府)と新井掘割りを挟んで隣にある重要な港湾施設跡である
今は、その大部分を米軍と海上自衛隊が占めているが、一部市の港湾施設や民間会社も散見する
特に船越地区は海上自衛隊の施設拡大が非常に手広く行われ、比与字地下壕や軍需部倉庫、造兵廠及びガントリークレーンなどの貴重な遺構が壊滅状態に貧している。
その中でも監視哨の類は結構残っているので、ピックアップしてみた。
026_R_20150311224840a63.jpg
長浦港の旧軍施設図
025_R_201503112248381c5.jpg
水雷学校跡地には、遺構は何も残っていない
030_R_20150311224841ae1.jpg
今の海上自衛隊自衛艦隊司令部周辺図、鉛置場の裏山に監視哨が発見された
DSC08033_R_20150312200839db3.jpg
さて、スカレーを追いかけ、船越に向かう
DSC08035_R_2015031220084286c.jpg
軍需部引き込み線の線路
DSC08036_R_20150312200844c63.jpg
破壊されたガントリークレーンの基礎
DSC08038_R_2015031220084559f.jpg
ガントリークレーンの先に見える海上自衛隊艦隊司令部
DSC08041_R_2015031221054082b.jpg
給水タンクの左側に、確かに何かある
DSC08042_R_2015031221054246a.jpg
ズームするが、手前の掃海艇の排気でぼやける
DSC08046_R_201503122105433fd.jpg
右に移動していく
DSC08060_R_20150312210546195.jpg
これがベストポジションだろう
DSC08060 - コピー_R
超拡大してみる、kanさんの見立てでは、防空監視哨であろうとの事、間違いなさそうだ
DSC08063_R_20150312220607a62.jpg
監視哨の上にも何か構造物がある、何だろう?
DSC08051_R_20150312220605d80.jpg
更に視線を下に落とすと、自転車が積み上げられている様だ
DSC08055_R_201503122206062fc.jpg
ここからエレベーターで、監視哨に上がれたりして(いや、ホントにこの時代から大和にもE.Vあるしエアコンも蛍光灯もついている)
DSC08058_R_201503122226451ea.jpg
視線を右に移すと、また何かある
DSC08064_R_20150312222646be0.jpg
これは艦船の出入りを監視する為の物らしい(後ろの鉄骨が気になる)
浦郷弾薬庫_R
早速裏山に登るのだが、こんなフェンスに囲まれて、進入出来なかった
この裏山は、旧海軍貉火薬庫からの続きで、現在米軍使用の弾薬庫となっている
DSC00250_R_20150312224601d22.jpg
もはや長浦港の顔となった潜水艦
DSC08048_R_201503122246029ac.jpg
鳥たちの憩いの場(トイレ)となっている
DSC08061_R_20150312224605eb9.jpg
向こう側は箱崎米軍施設になっている
DSC00243_R_20150312224600598.jpg
その山頂にも何やら古い建物が、現役で残っている
DSC08062_R_201503122246051b4.jpg
そのまま右を見ると、比与字弾薬庫新(地下式)、旧(奥の緑屋根)が見える
DSC04937_R_201503122321300f9.jpg
比与字にも、監視哨がある
DSC04938_R_2015031223213130a.jpg
側面にも防壁を持つ、特殊なもの
DSC04941_R_201503122321337e9.jpg
残念ながら、出入り口は2ヶ所とも塞がれている
CIMG0488 - コピー_R
内部は、総コンクリート製
DSC08067_R_20150312232728ac8.jpg
再び船越に戻る
DSC08066_R_201503122327272df.jpg
機銃の整備をしていた
DSC08068_R_201503122327302b4.jpg
軍需部跡地も、工事用プレハブが建っていた
DSC00237_R_201503122327263ea.jpg
その裏山、下には巨大な地下壕が有り、この山腹には
DSC06245_R_20150312233456239.jpg
こんな監視哨が隠れている
DSC09518_R_201503122335002c1.jpg
入口
DSC09520_R_2015031223350193e.jpg
中は意外と広く、2部屋になっている
DSC06247_R_20150312233458cf7.jpg
奥の観測室
DSC06246_R_20150312233457f64.jpg
畳2畳ぐらいかな?

このような物は、一部なのだろう・・・入る事の出来ない米軍施設、海上自衛隊施設内にはもっと沢山の旧軍遺構が眠っているのだろう

衣笠弾薬本庫おまけ

せっかく弾薬本庫を記事にしたので、ついでに弾薬庫内部を紹介しておく
現在内部は既に弾薬は無くなっていたが、霊園の掃除、工事資材等置き場に活用されている。

戦後は当然のごとくに米軍に摂取され、弾薬及び物資の貯蔵庫として使用されるのだが、返還後国から市が無償借り受けし、公園墓地として整備した、その際6箇所あった弾薬庫は2箇所を覗き失われてしまった。
DSC06544_R_201503102010153d5.jpg
以前紹介したように、弾薬庫は入口が2つで、内部でH形構造で繋がっている
DSC06545_R_20150310201017150.jpg
左右とも構造は対象形になっているだけで、同じだ
DSC06546_R.jpg
まぁ、やってないだろうな~いちいちこんなの
DSC06557_R_20150310201019cfa.jpg
前室とも言える、主通路を入って行く
DSC06558_R_201503102010205c0.jpg
天井には当時の物か、電気配線の金具が付いている
DSC06559_R_201503102019199d1.jpg
天井からは鍾乳化したのが、垂れ下がる
DSC06560_R_201503102019201ee.jpg
弾薬庫本体、威圧感がある
DSC06561_R_201503102019221f0.jpg
全ての壁面が空間を持たされていて、防湿対策がなされる
DSC06562_R_20150310201923faf.jpg
床以外は、天井さえもくっついていない
DSC06563_R_2015031020192525d.jpg
となりへの連絡通路
DSC06564_R_201503102040221c1.jpg
では!
DSC06565_R_20150310204024112.jpg
重厚なキシミを響かせて、扉を開ける
DSC06566_R_201503102040255de.jpg
前室内部、後室への扉は失われている
DSC06569_R_20150310204026606.jpg
前室内部は6畳分ぐらいだろうか?
DSC06570_R_2015031020402845c.jpg
この辺の扉は米軍摂取時に、交換されている可能性がある
DSC06572_R_20150310210918775.jpg
ヒンジがこれだけゴツイのだから、不釣り合いだろう
DSC06571_R_20150310210917b06.jpg
後室全体写真
DSC06574_R_201503102109203a1.jpg
鉄筋コンクリート製
DSC03645_R_20150310212411dab.jpg
岐阜の関ヶ原に良く似ているが、こちらは木筋である
DSC03597_R_201503102124075f6.jpg
入口通路
DSC03644_R_201503102124098f6.jpg
前室
DSC03627_R_20150310212408ba4.jpg
庫内、良く似ている
DSC06575_R_201503102109210fe.jpg
床には等間隔にナンバーリングが振られる
DSC06577_R_20150310210922a09.jpg
奥の方が大きい数字
DSC06578_R_2015031021321717c.jpg
ナンバーリングは、壁にも付いている、これは米軍だろう
DSC06579_R_20150310213219fcb.jpg
最深部、16番まである、こちらはAB側弾薬庫
DSC06581_R_201503102132202d8.jpg
通気口
DSC06582_R_201503102132212aa.jpg
最新部から入口方向
DSC06584_R_20150310213223bb4.jpg
ストロボを使わず、ライトのみで通常撮影
DSC08193_R.jpg
DSC08195_R.jpg
DSC08196_R.jpg
壁面には様々な書き込みがある、殆どは何故か計算式なのだが・・・
DSC08199_R_20150310222939236.jpg
入口の扉から伸びる電線、アースだろうか?
DSC08200_R_201503102229406f1.jpg
連絡通路を通り、反対側の弾薬庫に向かう
DSC08203_R_20150310222941d91.jpg
こちらの方が少し損傷が少ない
DSC08204_R_201503102229439cf.jpg
まぁ、内部は一緒だ、保存状況は最高だ!
DSC08206_R_20150310222944e25.jpg
こちらはCD側弾薬庫となる
DSC08207_R_201503102235351f2.jpg
振り返って入口方向
DSC08209_R_201503102235375ea.jpg
オッパマ
DSC08210_R_20150310223538acf.jpg
こちらも前室内側の扉は無い
DSC08211_R_201503102235392b2.jpg
連絡通路を辿って、出るとしよう
DSC08212_R_2015031022354138c.jpg
ここまで長くなるのに、何年ぐらいだろう?

おまけで横須賀中央にミリーな店が出来たと言うので、見に行った
P1030567_R.jpg
みかさ通りのベース側出口付近
P1030568_R.jpg
マクドナルドの斜向かい辺りにそれはある
P1030582_R.jpg
1階は、雑貨、食品等、自衛隊お土産品などなど
P1030583_R.jpg
横長で、ちょっと手狭な感じ
P1030584_R.jpg
女性自衛官シリーズ
P1030585_R.jpg
もちろんアルペジオもある
P1030569_R.jpg
2階は衣料品と
P1030570_R.jpg
一部プラモデル
P1030572_R.jpg
3階は展示室
P1030578_R.jpg
艦長室風
P1030576_R.jpg
P1030579_R.jpg
P1030581_R.jpg
それなりに良い出来だろう
P1030587_R.jpg
まぁ、一度ぐらい寄ってみるのも良いだろう
P1030588_R.jpg
また、旧軍艦艇の名前の飲み屋を見つけた

衣笠弾薬本庫境界柱(壁)、要塞地帯標巡り その2

DSC08124_R_20150307170753009.jpg
防六八の分岐に戻って来た
DSC08126_R_20150307170755086.jpg
この辺から近代境界柵のせいで、防と陸の向きが逆になる
DSC08127_R_20150307170755553.jpg
裏側に防六九
DSC08131_R_20150307170757d14.jpg
防七〇
DSC08132_R_20150307170759fa1.jpg
次の柱は倒れている
DSC08133_R_2015030718001247f.jpg
掘ってみると、確かに防七一だった
DSC08136_R_20150307180014bf0.jpg
防七二
DSC08138_R_20150307180015ed2.jpg
山のピークでまた分岐がある
DSC08139_R_20150307180016749.jpg
ピークにあるのは防七三(一瞬六三に見える)
DSC08142_R_201503071804343c6.jpg
分岐を柵のない方に行ってみた
DSC08141_R_20150307180433555.jpg
こんな偽石柱しかなかった
DSC08143_R_20150307180435f32.jpg
更に進むと有刺鉄線で塞がれていた
DSC08144_R_201503071804373f5.jpg
途中この様な新たな分岐もあったが、明らかに下っているので行かなかった(100mぐらいしか)
DSC08146_R_2015030718043891c.jpg
防七三のピークに戻って来た
DSC08147_R_20150307185951cbc.jpg
柵に沿って急な下りを降りていく
DSC08149_R_20150307185952a71.jpg
防七四
DSC08150_R_2015030718595387e.jpg
セカンドトライはここで時間切れ撤収したが、帰りがけに要塞地帯標を見れた
DSC08151_R_2015030719055367b.jpg
防七六(ここからサードトライ)
DSC08153_R_20150307190555369.jpg
防七七
DSC08154_R_20150307190556274.jpg
防七八
DSC08155_R_20150307190557ef1.jpg
防七九
DSC08156_R_20150307190559476.jpg
後半はかなり上り下りが激しくなってくる
DSC08158_R_20150307191105466.jpg
山のピークで登って来た坂を見下ろす、ここにまた、分岐がある
DSC08159_R_20150307191107d1f.jpg
防八〇
DSC08160_R_20150307191108f42.jpg
オブジェ有り
DSC08161_R_201503071911095b9.jpg
柵のない方に進むと、また遊歩道が現れ、下って行くと
DSC08265_R_201503071911111b7.jpg
30区の角辺りに降りてくるが、結構キツいかも
DSC08228_R_201503071922070e9.jpg
防八〇に戻り、2本の鉄柱の生えてる方に向かう
DSC08229_R_201503071922086db.jpg
途中、こんなんだったりするが、気にしない
DSC08230_R_20150307192209701.jpg
防八一
DSC08233_R_201503071922110ba.jpg
防八二
DSC08234_R_20150307192212d74.jpg
防八三、ここで境界石柱は初めて途切れる
DSC08235_R_201503071928245d4.jpg
近代境界壁はまだまだ続く
DSC08236_R_20150307192826062.jpg
次のピークであり、曲がり角にもない
DSC08237_R_20150307192827f86.jpg
本来この市の標柱と隣り合わせているはずだ
DSC08239_R_20150307192829a3d.jpg
その後も市の票柱だけが続き、サードトライはここで諦めた、横須賀製鉄所(造船所)の刻印レンガをイベント会場に見に行く都合もあったのだ
DSC08240_R_20150307193843520.jpg
OKN氏から九四まであるよとの情報もあり、フォーストライ(もちろん懲りずに次の寄り道予定も組んでいる)
DSC08243_R_201503071938446e9.jpg
久しぶりに草に埋もれた石柱が!(ここまで抜け落ちてないか、斜面を探しながら上り下りしたが、無かった)
DSC08244_R_20150307193846217.jpg
防九〇まで一気に飛んだ
DSC08245_R_201503071938470ca.jpg
市の標柱の前に、抜けたような空間が
DSC08246_R_20150307193849d01.jpg
次のピークに石柱が見える
DSC08247_R_20150307194741855.jpg
案の定、飛んで防九二
DSC08248_R_201503071947427bd.jpg
これから先は下っていく
DSC08249_R_2015030719474399d.jpg
珍しく道の真ん中にある
DSC08250_R_20150307194745363.jpg
防九三
DSC08252_R_20150307194747a41.jpg
なんとこの先で、久しぶりに人間を見た! ちょっとびっくりした
DSC08251_R_201503071952328d2.jpg
どうやら三角点マニアのようだ(お手製の看板)
DSC08253_R_201503071952341f8.jpg
自分の目当てはその横にあるこれ
DSC08254_R_20150307195235668.jpg
これが最後の票柱になる、この後ろ側にも埋もれた遊歩道の痕跡があったが、行ってない
DSC08255_R_2015030719523623a.jpg
まぁ、人それぞれだよね!目的は。
DSC08256_R_20150307195238d2c.jpg
更に結構急な下りを降りていくと
DSC08258_R_201503072007513e7.jpg
給水塔が現れる
DSC08259_R_201503072007529a8.jpg
石柱も違ってくる
DSC08260_R_20150307200753e4c.jpg
似ているが、騙されてはいけない
DSC08262_R_20150307200754595.jpg
どうやら衣笠インターの辺りに出た様だ、下に降りれるが道路を歩くのが面倒なので、山に戻る
これにてやっと踏破する事が出来た、満足!
歩くだけなら往復2時間程度の適度なハイキングコースだろう、写真を撮っても3時間くらいかな?
P1030615_R_201503072007562ad.jpg
そしてその足で米海軍横須賀基地、日米文化交流センターに向かうのであった

衣笠弾薬本庫境界柱(壁)、要塞地帯標巡り その1

「衣笠弾薬本庫の山沿いに警備道があり、境界柱が並んでいる」とarea438様から情報を頂いた。
衣笠弾薬本庫自体は、以前記事に上げているが、そんな遺構が残っているとは予想だにしなかった
久々に票柱探しに熱中してしまった、本来なら1回の調査で終わるだろう事なのだが、二兎追う者は何とやら
他の予定と組み合わせて横須賀に来るため、時間不足でリタイヤ2回、逆方向探索1回と、おかげで満遍なく
みっちり捜索できた。
DSC06544_R.jpg
9区にある弾薬庫左側の入口
DSC06545_R_20150305221009729.jpg
右側の入口、内部はコの字形と言うよりはH形に、2つの弾薬庫を通路で接続している
DSC06548_R_20150305221010147.jpg
こちらの階段から登るしか、霊園側からは行けない
DSC06549_R_20150305221011d2d.jpg
体力の無い人には、少々キツいかも知れない、一気に階段を山頂まで登る
DSC06553_R_20150305221013ff0.jpg
コンクリートの遊歩道に沿い、左に向かってしまったら、霊園入口駐車場に出てしまった
DSC06555_R_20150305222253000.jpg
この日は他の探索の帰りだったので日没を迎えた、逆側には標柱が無い事を確認
DSC07516_R_20150305222727eb1.jpg
セカンドトライ、またこの階段を登って来た、実に健康的だ
DSC07517_R_20150305222729131.jpg
前回このコンクリートに沿って左に行ってしまったが、右が正解
DSC07519_R_201503052227306f8.jpg
民家の先に小学校のグランドが見える方に進む
DSC07520_R_20150305222731ced.jpg
途中レンガが露出していたが、刻印もない近代レンガのようだ
DSC07522_R_20150305222733d49.jpg
体育館脇の遊歩道を進む
DSC07524_R_201503052235588fd.jpg
遊歩道の両サイドを探しながら進むが、この辺には存在しなかった
DSC07525_R_20150305223600004.jpg
突然山が開け、住宅地に出てしまう、普通ならここで引き上げたくなる所だが
DSC07526_R_20150305223600179.jpg
事前に情報提供者様より追伸を頂き、住宅の裏手をビビらず進めと教えて頂いている
DSC07527_R_20150305223603ac4.jpg
住宅の裏手に問題の近代コンクリート柵が見えて来た
DSC07531_R_20150305223604e72.jpg
近代の柵沿いに行くと旧軍のコンクリート柵が見えて来た
DSC07532_R_20150305225143c4f.jpg
ついに陸軍境界柱発見
DSC07534_R_2015030522514439b.jpg
裏に回ると、防五三であった(これ以前の番号は、宅地化の為消失したようだ)
DSC07537_R_20150305225145950.jpg
粗いコンクリート柱に薄くコンクリートを塗り、刻印を前後に後から打ったようだ
DSC07539_R_20150305225147058.jpg
新旧の境界柵が並んでいる風景
DSC07544_R_201503052251482cd.jpg
旧境界柵は、上下に2cmほどの穴が二つと中程に1cm未満の小穴が二つある、縄か針金で通していたのだろう
DSC08091_R_2015030620014719a.jpg
柱は10cm四方角では整形してある
DSC08074_R_2015030619445684f.jpg
ここから先、登り下りが連続する
DSC08075_R_20150306194458f0e.jpg
防五四
DSC08076_R_20150306194459683.jpg
防五五
DSC08077_R_20150306194500d1a.jpg
防五六
DSC08078_R_201503061945023ad.jpg
じっと見上げる、ぬこ二匹
DSC08079_R_20150306195009da5.jpg
防五七
DSC08080_R_20150306195011563.jpg
どんどん登る、このコンクリート製枕木は無い方が絶対歩きやすい
DSC08081_R_20150306195012ca0.jpg
防五八
DSC08082_R_201503061950130c9.jpg
柵の切れ目から、内側に入る
DSC07570_R_201503061955234c3.jpg
この辺の旧境界柱には鋼線が入っているが、後世の物だ
DSC07573_R_2015030619552522a.jpg
また柵をまたぎ、どんどん登る
DSC08083_R_20150306200141180.jpg
防五九
DSC08084_R.jpg
山の一つのピーク
DSC08085_R_2015030620014451f.jpg
防六〇
DSC08088_R_201503062001455b6.jpg
おまけ付き
DSC08089_R_20150306202453269.jpg
新旧境界柵が並ぶ、ゆるい上り坂
DSC08092_R_2015030620245474f.jpg
防六一
DSC08093_R_201503062024552a6.jpg
防六二、これだけ字体が崩れて見える
DSC08094_R_20150306202457280.jpg
表皮を台湾リスに囓られた樹木、かなりあちこちにある(冬なのにかなりのリスを見かけた)
DSC08096_R_20150306202458d7b.jpg
防六三、大部分は市の標柱と抱合せになっている
DSC08097_R_201503062034484dc.jpg
防六四
DSC08099_R_20150306203449587.jpg
防六五
DSC08100_R_201503062034517af.jpg
境界柱は、山のピークや降りきった所、曲がり角などに立てる事になっている
DSC08101_R_20150306203452032.jpg
防六六
DSC08102_R_20150306213415fe3.jpg
ここから先、落石や道が崩れている所もあるが、気にしないで行こう、いつもの事だ!
DSC08103_R_20150306213417f0a.jpg
防六七
DSC08105_R.jpg
ここで最初の大きな分岐を迎える
DSC08106_R_2015030621341933b.jpg
防六八、この後ろの柵のない方へ一旦進む(本道ではないので注意)
DSC08107_R_201503062134218d8.jpg
何もない道を鉄塔手前まで進むと見えてくる
DSC08108_R_201503062142411b0.jpg
東京湾要塞地帯標である
DSC08110_R.jpg
辛うじて特徴的な文字は読み取れるが、判別は難しい
DSC08111_R_201503062142446fb.jpg
EZIZなどは良く残っている
後に当日合流した祐実総軍様より「EZ 1Z 東京湾要塞第壹区地帯標 、昭和参年参月弍拾弍日 、第六號 、陸軍省」
であったと詳細を頂いた、感謝!
DSC08114_R_20150306220208266.jpg
もう少し先に進むと、見かけない標柱が幾つかある
DSC08117_R_20150306220210ba8.jpg
鉄塔結界とか言うらしい
DSC08118_R_20150306220211a6b.jpg
また違う票柱
DSC08120_R_20150306220212246.jpg
変なのばかりで、旧軍遺構は見つからなかった
DSC08122_R_20150306220214c87.jpg
二回目はこれにて時間切れで撤収となった、東京湾要塞跡国指定紀念シンポジュウ厶に参加しなければならなかった為だ

ここまで欠損も少なく数十本残っているのは、非常に稀である一見の価値はあるが、体力勝負だな!
次回、出来れば最後まで行きたい、今六八だが九四まである、まぁのんびり行こう。

横須賀製鉄所(造船所)150年 第二弾

米海軍横須賀基地に横須賀製鉄所(造船所)を紹介する展示コーナーが開設されている
「米海軍横須賀基地と横須賀製鉄所」と言うテーマで米海軍横須賀基地、日米文化交流センター内に展示

展示日程が意外と長く、平成27年2月9日~28年3月29日までとなっている、問題なのは月.火曜日しか開けない事で、仕事をしている人には行きにくい、それと米国の祝.休日は休館となる(下のチラシ参照)
時間も限定的で、11:00~15:00までとなっている
なお、基地の前には案内板など一切無く、米兵の構えている門の前まで行かないと入れないし、見えない
事前に知っていないと、気が引けてしまうが大丈夫、其の辺の米兵に聞いてみれば教えてくれる(多分)
内容はパネル展示のみだが、展示室内限定で写真撮影OKなので日本のしょぼい展示よりありがたい!
DSC08362_R_20150304175912807.jpg
入場無料!(日本の様な監視員もいない、逆に言えば案内も何もない)
P1030614_R.jpg
16号を歩道橋を越えて行く(エレベーター付き)
P1030616_R.jpg
CLUB ALLIANCE沿いに進む
DSC08339_R_201503041759116e7.jpg
正面ゲートの左の黒柵の先に入口がある(ゲートの写真を撮ると怒られる場合有り)
P1030617_R.jpg
ここで初めて案内がある、勝手にドアを開けて入って行く、外人だらけの建物の奥にズカズカ進む
P1030619_R.jpg
一番奥まで来ると、この看板がある(この辺はまだ撮影禁止区域なので注意)
P1030618_R.jpg
これが入口
P1030622_R.jpg
注意!この室内以外は撮影禁止である、センター内以外は撮らない様に協力をと書いてある
P1030623_R.jpg
開催時間
P1030620_R.jpg
案の定誰もいない
DSC08267_R_2015030418253308c.jpg
入って目を引くのがこれ!
DSC08268_R_20150304182535c7a.jpg
物凄い出来栄えである
DSC08269_R_2015030418253605c.jpg
DSC08270_R_201503041825389e8.jpg
DSC08271_R_20150304182539738.jpg
DSC08272_R_20150304182917573.jpg
DSC08275_R_201503041829220ed.jpg
DSC08273_R_2015030418291990e.jpg
知らない人用に簡易パンフが置いてある
DSC08274_R_20150304182921717.jpg
良い気使いだと思う
DSC08277_R_201503041829240e9.jpg
横須賀市民限定有り過ぎ!(元横須賀市民にも愛の手を!)
DSC08278_R_2015030418433866f.jpg
パネル展示、ただ貼って行く
DSC08279_R_20150304184340185.jpg
DSC08280_R_201503041843419bf.jpg
DSC08281_R_20150304184342641.jpg
DSC08282_R_20150304184344f5e.jpg
DSC08283_R.jpg
DSC08284_R_201503041856578c9.jpg
DSC08285_R_2015030418565920b.jpg
DSC08286_R_201503041857004f7.jpg
DSC08287_R_20150304185702349.jpg
DSC08288_R_2015030418594193b.jpg
しばしば2号3号が逆に紹介される理由がこれである、3号の方が先に出来ている
DSC08289_R_201503041859422c6.jpg
DSC08290_R_20150304185944515.jpg
DSC08291_R_20150304185945b77.jpg
DSC08292_R_2015030418594664e.jpg
DSC08293_R_20150304190307ae7.jpg
DSC08294_R_20150304190309f30.jpg
DSC08295_R_201503041903100ca.jpg
DSC08296_R_201503041903116aa.jpg
DSC08297_R_20150304190313c3f.jpg
DSC08298_R_20150304190657ff0.jpg
DSC08299_R_2015030419065990e.jpg
DSC08300_R_20150304190701aea.jpg
DSC08301_R_201503041907012b8.jpg
DSC08302_R_20150304190703ed9.jpg
DSC08303_R_201503041913459f2.jpg
DSC08304_R_20150304191347ad8.jpg
DSC08305_R_20150304191348db9.jpg
DSC08306_R_201503041913509ff.jpg
DSC08307_R_20150304191351a6c.jpg
DSC08308_R_2015030419154059d.jpg
DSC08310_R_201503041915429b6.jpg
DSC08311_R_201503041915444ba.jpg
DSC08312_R_201503041915454ae.jpg
DSC08313_R_20150304191547828.jpg
DSC08314_R_20150304191824c4c.jpg
DSC08315_R_20150304191825823.jpg
DSC08316_R_20150304191826f05.jpg
日本語の漫画で同盟に関する話を作っている、米軍も努力しているのだろう
DSC08317_R_201503041918280d5.jpg
壁にもパネルはあるが、第7艦隊系統と思われる
DSC08318_R_20150304191829dab.jpg
DSC08319_R_20150304192528a5a.jpg
手作りの艦
DSC08320_R_20150304192529ce6.jpg
横須賀市内の近代歴史遺産
DSC08324_R_20150304192530bec.jpg
途中からまばらに人が入って来た
DSC08326_R_20150304192532245.jpg
ごく僅かに書籍もある、殆ど一般販売されている書籍だが
DSC08327_R_20150304192533d09.jpg
一部目を引く本もある
DSC08325_R_20150304193249018.jpg
一通り見たので、退出する
P1030615_R.jpg
次は3月29日(日)に日米親善よこすかスプリングフェスタ 2015かな?
P1030624_R.jpg
半月ぶりにドブ板をぶらつく(ボブサップも来た店)
P1030625_R.jpg
このケース欲しい!
P1030626_R.jpg
排水口がトランペットだったりする

取り敢えず今後も何かイベントがあれば第三弾をやるつもりだが、目立って変わったものは出ないだろう

横須賀製鉄所(造船所)150年 第一弾

横須賀製鉄所(造船所)とは、現在の米軍横須賀基地からヴェルニー公園にかけてあった。
江戸幕府が諸外国からの圧力をうけ、それに屈する形で横浜などを開港したが、それがきっかけとなり、自分達の力で日本を守る必要性を考えるようになった。
そのためには、海軍力を増強させ、軍艦を造り、近代的な造船所を建設する必要があある事に気づいた。
その計画を立てたのは、幕府の勘定奉行などを歴任した小栗上野介忠順である。

当時幕府は、欧米の5か国と通商条約を締結していたが、南北戦争など諸事情により造船所計画が難航する
丁度カイコの伝染病問題で死滅しそうになっていたフランスと提携し、日本のカイコと交換に技術提供を受ける
小栗、ロッシュ、栗本、カションの4人で面談が行われ、その後1か月もたたないうちに、造船所の設置場所として横須賀が選ばれる事になる、詳しい理由は分からないがフランスのツーロン港に横須賀港が似ているそうだ。

造船所建設の技術的な役割は、当時中国にいたヴェルニーに任せられた、造船台やドライドックなどの施設を建設する計画を立てたが、技術者確保と工場で使用する機械類を購入するため一時的にフランスへ帰国
その間に幕府により「横須賀製鉄所」と命名、鍬入れ式を行った
ヴェルニー帰国後、時代は江戸幕府から明治新政府へと変わるが、工事はそのまま引き継がれる。
明治4(1871)年に待望の第1号ドックが完成し、名称も横須賀製鉄所から横須賀造船所に変わる事になる。
この年の11月には、明治天皇も横須賀へ行幸して、横須賀造船所を訪問した。
P1020718_20150301201232073.jpg
P1020716_20150301201230027.jpg
諏訪公園にある御駐碑
P1020771_201503012012346f1.jpg
戦時中の横須賀造船所航空写真
ガントリークレーン_R
ショッパーズの辺りにあったガントリークレーン
軍艦高雄の進水式_R
軍艦高雄、進水式

さて、今年は横須賀製鉄所(造船所)鍬入れ150年という事で、色々とイベントをやっているのでちょっと覗いて来た
まずは、横須賀市自然、人文博物館で行われた富岡製糸場から発掘された、「横須賀造舩所」刻印レンガ特別展示
P1030495_R.jpg
かなり寂れて、人気はない
P1030496_R.jpg
特別展示は終わったが、常設展示で刻印レンガは見れる
P1030497_R.jpg
入口入ると象の骨が出迎える、まずは常設展示へ
P1030506_R.jpg
横須賀港絵図
P1030507_R.jpg
割と出来の良いジオラマ、左は今も残る第一~第三ドライドック
P1030508_R.jpg
後にショッパーズ~ヴェルニー公園になる辺り
P1030509_R.jpg
ヴェルニーさん、JR横須賀駅前にヴェルニー記念館があり、当時のスチームハンマーが展示してある
P1030510_R.jpg
刻印レンガ
P1030511_R.jpg
ヨコスカ製銕所の刻印
P1030512_R.jpg
P1030513_R.jpg
横須賀村小字みかほ製
P1030515_R.jpg
後ろは小栗
P1030516_R.jpg
P1030517_R.jpg
出土状態は良く無い
P1030518_R.jpg
当時の土管
P1030519_R.jpg
当時の地形と今の地形
P1030522_R.jpg
特別展示室に移動
P1030523_R.jpg
P1030524_R.jpg
P1030526_R.jpg
横須賀出土の「横須賀造舩所」
P1030527_R.jpg
富岡製糸場出土の「横須賀造舩所」
P1030530_R.jpg
P1030529_R.jpg
P1030532_R.jpg
P1030531_R.jpg
P1030534_R.jpg
P1030533_R.jpg
富岡製糸場その他の出土レンガ
P1030535_R.jpg
横須賀製鉄所と造船所
P1030536_R.jpg
P1030537_R.jpg
P1030538_R.jpg
P1030540_R.jpg
P1030541_R.jpg
P1030544_R.jpg
P1030542_R.jpg
P1030543_R.jpg
P1030545_R.jpg
関係も何も、企業サンプルが紛れてただけではないか?
P1030546_R.jpg
拓本
P1030548_R.jpg
引き続きさいか屋に向かう
P1030547_R.jpg
美術画廊のフロア、6Fの一角なのだが、なんと撮影禁止
P1030560_R.jpg
仕方なく入口前のパネルのみ掲載
P1030561_R.jpg
P1030562_R.jpg
P1030563_R.jpg
P1030564_R.jpg
P1030565_R.jpg
無料とは言え、面白みに欠ける物であった、しかし猿島、千代ヶ崎砲台などにも多少触れていたので
一度くらい見てみても、それなりには楽しめるだろう

パネル撮影が出来なかったので、手持ち写真を少し貼っておく
1_R
建設中の第一ドライドック
images_R_20150303184020d80.jpg
ガントリークレーンと、第一~第三ドライドック
P1030591_R.jpg
ガントリークレーンが出来る前の船台
P1030592_R.jpg
日本初のドライドック
P1030595_R.jpg
軍艦「天城」進水
P1030597_R.jpg
横須賀製鉄所で完成した浚渫船
P1030599_R.jpg
時計台
P1030606_R.jpg
錬鉄所
P1030612_R.jpg
何となく造りが富岡製糸場に似ている
P1030607_R.jpg
製罐所(せいかんしょ)と鋳造所(ちゅうぞうしょ)
P1030608_R.jpg
旋盤所(せんばんじょ)
P1030609_R.jpg
30Tクレーン
P1030610_R.jpg
船台、造船小屋
P1030613_R.jpg
当時の横須賀駅前
無題_R
後に出来る、第四、第五ドック

実質的に造船所なのに、なぜ製鉄所として始まったかと言うと 「フランス人技術者たちはこの施設を海軍の造船施設という意味の「arsenalアルスナル」と呼んでいましたが、日本側はこれを「製鉄所」と翻訳しました。これは、日本側が、造船所とは鉄を加工する施設である、と考えたためと思われます」だそうだ
後の横須賀海軍工廠の前身である。

戦艦「武蔵」と思われる船体がシブヤン海1000m地点で発見された!

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150303/k10010002771000.html

戦後70年の節目、横須賀製鉄所150年とも関係はないが、誠に嬉しい限りである。
更なる調査が望まれる。

上田中(かみたなか)坑道陣地

東金市大豆谷(まめざく)付近にある、国道126号線を昇ってくる敵戦車の迎撃を主眼に置いた対戦車専任拠点
大豆谷方向だけではなく、由井方向及び新田方向にも射線を持ち、背面防御方向にも開口部を持つ、全周囲対応陣地
陣地としては全面完成はしておらず、砲室として整っているのは大豆谷方向のみである
坑道内の幅は広く、坑道内を砲移動し、各方面に対処する積もりだったのだろう
47mm砲3門が記述されているが、備砲に至ったかは不明。
後に上げる大豆谷機銃陣地や由井方面の陣地と共闘関係にあったと推察する
DSC05140_R_20150228211052b95.jpg
現在墓地となっているが、壁面には多くの穴が散見する、とゆうか穴だらけ(墳墓)
DSC05142_R_20150228211054827.jpg
桜井さんの後ろにある様に、塞がれているモノもある
DSC03316_R_20150228211055265.jpg
では、開いてる所から、入壕する
DSC03318_R_2015022821105746e.jpg
全体的には完成度は高めで、しっかり広い
DSC03322_R_20150228211058f6d.jpg
壕内にはノミ跡も見えず、非常に掘りやすそうだ
DSC05147_R_20150228212022e4c.jpg
地下鉄でも走りそうな四角く広い通路
DSC05149_R_2015022821202408d.jpg
最初の分岐路
DSC05148_R_20150228212023660.jpg
右は入って来た壕口
DSC05150_R_201502282120275d2.jpg
便器や一升瓶が埋まっている、壕の風化で自然に埋まったものだろう
DSC05151_R_20150228212028208.jpg
左側の通路を進むと、また分岐
DSC05152_R_20150228221155145.jpg
左は弾薬庫だろう
DSC05154_R_20150228221157c46.jpg
直進方向、外光が見える
DSC05155_R_20150228221159823.jpg
47mm速射砲砲室、唯一の完成形(冷蔵庫完備)
DSC05156_R_20150228221200f87.jpg
入って来た方向、かなり立派な部類だ
DSC05157_R_20150228221201da3.jpg
外にでると開口部が一つ
DSC05158_R_201502282225338ac.jpg
外部の倉庫壕のようだ、砲室ぐらいの広さがある
DSC05159_R_20150228222535a05.jpg
横に通路が掘ってあるが
DSC05160_R_20150228222536908.jpg
右に曲がってすぐ終わり、掘りかけの感じではない
DSC05161_R_2015022822253790b.jpg
元の砲室に戻る
DSC05162_R_20150228222539f6f.jpg
新たな分岐、この壕は半円形にメイン坑道があり、放射線状に通路を作っている
DSC05163_R_201502282234108b7.jpg
右から攻める
DSC05164_R_20150228223412fa5.jpg
20m程で開口部砲室になるはずの部分に出る
DSC03331_R_201502282256005b8.jpg
外から見た開口部
DSC05165_R_20150228223413e0c.jpg
元に引き返す
DSC05166_R_201502282234149f9.jpg
分岐へ戻り、違う方向へ
DSC05167_R_201502282234175bf.jpg
次の分岐が見えるが、左に先に進む
DSC05168_R_20150228224037c72.jpg
半円形に回って墓地から見えた塞がれた壕口裏にたどり着いた
DSC05169_R_2015022822403933c.jpg
時折見かける、勝手口みたいなすぐ隣の小さめの壕口が横にある
DSC03326_R_20150228224703dea.jpg
こんな近くでは、壕口付近の強度が激しく減退するのでは?
DSC03327_R_20150228224704880.jpg
戻ってさっきの枝に行くと、すぐに二股に分岐する
DSC05171_R_20150228225043cb0.jpg
左側は土砂が流入している
DSC03328_R_20150228224706ea6.jpg
隙間なく埋まっている
DSC03329_R_20150228224707ffa.jpg
右側は10m程度で閉塞、水が溜まっている
DSC05172_R_20150228225434c0e.jpg
下手に入ると、靴底がすごく重たくなる
DSC05173_R_20150228225435e5d.jpg
なんか落ちている
DSC05174_R_20150228225437ef3.jpg
何だろう?
DSC05175_R_20150228225438d83.jpg
瓶が並んでいる通路がある
DSC05176_R_20150228225440c30.jpg
瓶マニアではないので、出るとする
DSC05177_R_201502282255581c7.jpg
軍人墓、輜重兵のお墓は珍しいのでは?