和田砲台 再探索記(不発)

前回の悲劇から数週間、やってきましたリベンジタイム!ハチに襲われ撤収を余儀なくされた前回
今回は生贄を増量するという手段でクリアする事に成功した、しかし残念ながら肝心の砲台部分は発見には至らず
再びの不発となってしまった、しかし関係壕のいくつかを、追加発見する事が出来たので、上げておく
DSC08777_R_R.jpg
やって来ました、和田漁港
DSC_0218_R.jpg
今回は前回の轍を踏まないように、帽子着用で挑む
DSC08778_R_R.jpg
夏の終わりの和田漁港は大荒れだった
DSC08780_R_R_20150830140107121.jpg
しばし高波の撮影会となるが、最初に撮り損ねたほどの波は来なかった
2015082615565082f_R_20150830140106463.jpg
現場に向う一同、恐怖の生物兵器の待つ所まで歩いて行く(ねこさん写真)
DSC08783_R_R.jpg
日陰で休む猫達
DSC08784_R_R.jpg
現場に到着直後、カンの働くまま上ると、新たな壕口を発見
DSC08787_R_R.jpg
内部は二部屋に分かれた倉庫の様な物だった
DSC08788_R_R.jpg
入り口はもう一つある
DSC08789_R_R.jpg
内部は乾燥していていい感じだった
DSC08790_R_R.jpg
両側の入り口、狭い壕なので、これが限界
DSC08791_R_R.jpg
外に出て先に進む、これは前回最後に入った壕口
DSC08793_R_R.jpg
蜂の巣のある壕口通過!
DSC08794_R_R.jpg
近くにあったイノシシ用の罠、結構いるらしい
DSC08796_R_R.jpg
防火水槽
DSC08797_R_R.jpg
貯水槽などもあった
DSC08795_R_R.jpg
山道を進んでいく
DSC08798_R_R.jpg
石を組まれた排水溝が現れるが、戦後の農業用かも知れない、近くに畑もある
DSC08800_R_R_20150830152437117.jpg
井戸その1
DSC08801_R_R.jpg
井戸その2は並んでいる
20150826155912bf0.jpg
途中で見つけた斜面の穴に登って行く(ねこさん写真)
DSC08806_R_R.jpg
2つの壕口が見える
DSC08807_R_R.jpg
手近な右側に入る
DSC08809_R_R.jpg
部屋が一つ
DSC08810_R_R.jpg
二つあるが、残留物はやはり無い
DSC08812_R_R.jpg
部屋と、左は出入り口
DSC08815_R_R.jpg
ブリキの扉が二枚転がっている
DSC08816_R_R.jpg
壁に扉の跡が二つ有る
DSC08820_R_R.jpg
最初の侵入者は、扉をけ倒して入ったのだろうか
DSC08825_R_R.jpg
扉の部分はセメントで整形されている
DSC08826_R_R.jpg
最後に前回の四角い回廊に向う
DSC08828_R_R.jpg
本当に四角いのだ
DSC08829_R_R.jpg
自分は前回入ったのでここまで、人にゆずる
DSC08832_R_R.jpg
帰りしな、一服していたら、民家の裏に壕口が見えた
DSC08834_R_R.jpg
恐らく、ここと繋がっているのだろう
DSC08835_R_R.jpg
和田漁港に戻って来た
DSC08836_R_R.jpg
また、撮影会が始まったが、良い波は来なかった、待ってると来ないものだ
DSC08837_R_R.jpg
軽い雑談の後、個々に帰路に憑いた
DSC08840_R_R.jpg
夕暮れの中、楽しい渋滞が始まった
DSC08842_R_R.jpg
対照的な上下線を眺めながら、渋滞を堪能してアクアを抜け横浜に帰って行く、あっという間の3時間だった
スポンサーサイト

東京湾兵団 九重地区隊 大井戦闘指揮所南側 

北側の探索を終え、南側を攻める事になった
DSC08546_R_20150828212050e57.jpg
山の南側斜面に降りて行く
DSC08548_R_20150828212053339.jpg
苔生して見難いが、迷彩効果バッチリの、コンクリートが見えてくる
DSC08547_R_201508282120518ce.jpg
近寄ると以外に大きい
DSC08549_R_201508282120559a2.jpg
人物比ねこさん
DSC08550_R_20150828212055393.jpg
早速、のだの人が潜入しようとするが無理と判明
DSC08552_R_20150828213106dac.jpg
トーチカ内部
DSC08555_R_20150828213109509.jpg
向って左側、なんもない
DSC08553_R_20150828213108974.jpg
下を見る、1.5mぐらい下にこんなスペースがある、穴は下の通路に繋がっている
DSC08556_R_20150828213111960.jpg
向って右側、ちょっと穴がある、電気配線用と思われる
DSC08557_R_20150828213954d6c.jpg
横から見る、前面コンクリートの厚さはハンパ無い、89式の弾など何の効果もないだろう
DSC08561_R_201508282139590c3.jpg
次の目標に向う
DSC08566_R_201508282139597f7.jpg
かなり深い交通壕が現れる、人物比のだの人
DSC08568_R_20150828214000adf.jpg
突き当たりに、人一人入れるぐらいの、穴が開いている
DSC08570_R_20150828214832128.jpg
突入成功、壕内へ滑り降りていく
DSC08573_R_201508282148351ce.jpg
壕内の天井がかなりやばく、落ちまくっている
DSC08572_R_20150828214834584.jpg
小さな部屋が一つ
DSC08574_R_2015082821483791a.jpg
アングルを曲がっていく
DSC08575_R_201508282148385a3.jpg
なんか、見たような光景が現れた、どうやら北側の壕と接続していたようだ
DSC08578_R_20150828215845235.jpg
さて、引き返そう、みんな知っていたのか、誰も入ってこなかった
DSC08580_R_20150828215846075.jpg
尾根道を移動する
DSC08582_R_201508282158485e4.jpg
程よい切り通しが出現したが、何も見当たらなかった
DSC08584_R_20150828215849f6d.jpg
また少し降りて行く、以前この辺で遭難した人がいると言っていた、なんまいだぶ・・・
DSC08585_R_20150828215850c8a.jpg
こんな所にコンクリートが!
DSC08587_R_20150828221259011.jpg
機銃痕のような穴がある銃眼部
DSC08586_R_20150828221257033.jpg
米軍による爆破が行われたのか、一部欠損しているがこれは一回り大きい
DSC08591_R_20150828221300a02.jpg
内部に潜る
DSC08592_R_201508282213018d5.jpg
トーチカ内部
DSC08595_R_20150828221303f27.jpg
下には下部通路への昇降口、3mほど垂直に落ちている
DSC08596_R_201508282246156b1.jpg
この少ない足場で、後ろに落ちたら非常に痛そうである
DSC08598_R_2015082822461600b.jpg
パパゲーノさんと交代、彼もカメラは一眼派である
DSC08599_R_2015082822461854f.jpg
一応は鉄筋入りのようだ
DSC08600_R_20150828225950206.jpg
すぐ近くに、もう一つある
DSC08604_R_20150828225954ed2.jpg
キレイなトーチカのスリット
DSC08602_R_20150828225951897.jpg
内部は同じ様なものだった
DSC08607_R_20150828225954f17.jpg
トーチカ隣にある内部への入口
DSC08609_R_2015082822595651c.jpg
早速穴に侵入して行く、ただしこの穴は自己責任で、個人の力量で入ろう結構厳しい物がある
DSC08611_R_20150828235214aca.jpg
天井部分は殆んど崩落している
DSC08613_R_20150828235215446.jpg
メイン通路に向う道は殆んどこんな状態である
DSC08615_R_20150828235218bfa.jpg
メイン交差点、十字路になっているが、天井が殆んど落ちて変な空間を造っている
DSC08614_R_20150828235218ade.jpg
頂上部から下に向けて十字路が伸びているような錯覚があるが、天井が崩落しているだけだ、現在進行形で
DSC08616_R_20150828235220eba.jpg
交差点から通路に入ると、結構ましな空間が広がる
DSC08617_R_20150829193200cc1.jpg
右に弾薬庫?
DSC08618_R_201508291932018d4.jpg
真っ直ぐは、土砂の流入で埋まっている
DSC08619_R_20150829193202670.jpg
左の通路に行く
DSC08620_R_20150829193204672.jpg
部屋状の空間がある
DSC08621_R_20150829193205388.jpg
しかし行き止まりだった
DSC08623_R_2015082919382815f.jpg
ここの岩盤は地層のせいか、縦割れしやすく崩落が激しい、撤退する
DSC08625_R_201508291938302fc.jpg
中央ホールに戻ると、あっちの穴
DSC08626_R_201508291938313a4.jpg
こっちの穴と、みなさん個々に潜りまくっていた、好きだな~みんな
DSC08628_R_201508291938325f5.jpg
では、自分も他の穴に入る
DSC08630_R_201508291938340f3.jpg
右は外部に繋がっていたんだろう、ゴミが入って埋まっている
DSC08631_R_20150829194634194.jpg
弾薬庫
DSC08632_R_201508291946367c1.jpg
通路を奥に進む
DSC08634_R_20150829194637920.jpg
突き当たりに見える変な空間
DSC08635_R_20150829194638dda.jpg
見上げると、トーチカやん、しかし登れん!
DSC08637_R_20150829194640412.jpg
諦めて戻る事にする
DSC08639_R_20150829195414281.jpg
中央ホールにまた戻ると、みんなはまだ同じ様にやっていた
DSC08640_R_2015082919541552d.jpg
ほんとに好きな人達だな~
DSC08641_R_201508291954167d4.jpg
開いてる穴へ場所を変える
DSC08642_R_20150829195418fda.jpg
小部屋が一つ
DSC08643_R_20150829195420cc3.jpg
上を見上げると、でっかい穴が有った、真ん中のでかいトーチカだ
DSC08645_R_20150829204206c8a.jpg
上りたいが、今はそうびがイマイチなので、次回に期待する
DSC08644_R_201508292042060ce.jpg
そろそろ撤収だ
DSC08646_R_20150829204207a50.jpg
それぞれ、ゾンビの様に這い出してくる、あちこちの穴から・・・・
DSC08649_R_20150829204208deb.jpg
さぁ、地上に戻ろう
DSC08653_R_20150829205532a59.jpg
また、このすばらしい陣地を見に来たいものだ
DSC08659_R_20150829205533c4e.jpg
探索を終え、撤収準備に入る
DSC08665_R_201508292055346a6.jpg
ローズマリー公園に補給に立ち寄る
DSC08666_R_20150829205536456.jpg
チャペルなどもあり、プチデートにも良さそうだが、我々はドロだらけでかなり浮いた存在だった
201508261409225d5.jpg
御馴染み房総半島戦跡考古調査会のねこさんの図面、いつもの様にお世話になる

東京湾兵団 九重地区隊 大井戦闘指揮所北側 その2

DSC08484_R_201508252143543d3.jpg
崩れた開口部から、壕内へと引き返していく
DSC08485_R_201508252143569bb.jpg
灯り置きの窪みが、ほんのり煤けている
DSC08486_R_20150825214357911.jpg
メイン坑道は高さがあり、横の通路と格差があるのが判るだろうか
DSC08487_R_201508252143585ee.jpg
階段を登って行く
DSC08489_R_20150825214400915.jpg
ゆるく90度に曲がる通路の角に窪みが見える
DSC08490_R_201508252250187b8.jpg
灯り置きにしては、かなり大きい窪みで、キチンと整形されている
DSC08492_R_20150825225019d62.jpg
天井なども、結構綺麗に掘られている、右に分岐が見える
DSC08496_R_20150825225020b08.jpg
右の通路に入ると、大量の小森さんが噴出してきた
DSC08497_R_20150825225022a9a.jpg
頭をすぼめながら、一見突き当たりに見える通路を進む、でないとマジに小森さんに当たるてっか、当たったし
DSC08498_R_20150825225023eac.jpg
上を見上げる、何これ的な風景が見える
DSC08499_R_20150825230045981.jpg
コンクリートのトーチカが見える、しかし、登る術はない
DSC08501_R_201508252300464a3.jpg
棲息部はやはり崩れやすい
DSC08504_R_20150825230047e0a.jpg
むっちゃキレイな彫り方やん
DSC08506_R_2015082523004921f.jpg
右に曲がると、めっちゃ突っ込んで来る小森さん達
DSC08508_R_20150825230050682.jpg
ほんまに小森さんパラダイスとなっている
DSC08511_R_20150825231914cf9.jpg
何とか、最終地点到着
DSC08514_R_2015082523191552a.jpg
かなり大きな棲息部
DSC08516_R_201508252319171f6.jpg
真四角な通路
DSC08517_R_201508252319188ba.jpg
右側は完全に埋まっている
DSC08518_R_201508252319203be.jpg
通路が何となく、馬蹄形になってくる
DSC08519_R_201508270013103f4.jpg
唯一と言って良い遺物
DSC08520_R_20150827001311b32.jpg
明かり置きは随所に見かける
DSC08521_R_20150827001313ca6.jpg
また、小森さんの密集する横の通路がある
DSC08522_R_201508270013149e8.jpg
やはり土砂で埋まっている
DSC08523_R_20150827001822359.jpg
さて、戻るとしよう
DSC08525_R_201508270018246c4.jpg
棲息部まで戻って来た
DSC08527_R_20150827001825ce3.jpg
小森さんと目が合った瞬間
DSC08529_R_20150827001826689.jpg
入り口付近の棲息部
DSC08530_R_20150827001828291.jpg
不思議な形の物が沢山落ちている
DSC08531_R_20150827002255b13.jpg
では、壕から撤収する
DSC08532_R_20150827002257022.jpg
交通壕を戻って行くメンバー、こんなに深い交通壕はあまりない
DSC08534_R_201508270022586ac.jpg
更に斜面を下って行くと
DSC08538_R_201508270022597bf.jpg
新たな交通壕が現れる
DSC08539_R_201508270023016f4.jpg
さっきのよりは、けっこう浅い
DSC08540_R_2015082700270776e.jpg
かなり立派な入り口を持つ地下壕がある
DSC08541_R_201508270027090b0.jpg
この辺までは、良いのだが
DSC08543_R_20150827002710950.jpg
ほとんど階段が摩滅していて、かなり危険であった
DSC08544_R_201508270032326dd.jpg
さぁ、北側の探索を終了した
DSC08545_R_20150827003234a46.jpg
メインの南に移動しよう

東京湾兵団 九重地区隊 大井戦闘指揮所北側 その1

南房総市のとある山を房総半島戦跡考古調査会様に案内してもらった
DSC08411_R_201508232344386e8.jpg
某駐車場にて、集合を果たす
DSC08412_R_2015082323443953c.jpg
会長がバイクでどんどん先行していく
DSC08414_R_201508232344411e4.jpg
おのおのに探索準備を整える
DSC08416_R_2015082323444299d.jpg
斜面を下ると、交通壕が見えてくる、かなり深い
DSC08418_R_20150823234443112.jpg
人一人など、すっぽり埋まってしまう深さだ
DSC08419_R_20150824212751741.jpg
山に入る時は、飲み物は必需品
DSC08420_R_201508242127530f6.jpg
塹壕を突き進んでいく
DSC08422_R_201508242127545ef.jpg
人物を入れると、こんな感じ
DSC08424_R_20150824212755ba7.jpg
壕口到着
DSC08425_R_2015082421275719f.jpg
壕口を前に測量を始めるねこさん
DSC08428_R_2015082423152044d.jpg
本格測量に入るので、自由散開となる
DSC08429_R_20150824230531bf8.jpg
壕内の構造は良いのだが、若干地盤が弱いのが難点だ
DSC08430_R_201508242305322ac.jpg
少し広げて棲息室を作ると、崩落している
DSC08432_R_20150824230533c52.jpg
もう一つの難点、大量の小森さん、居る所には100匹以上固まっている
DSC08433_R_201508242305356b3.jpg
通路の左側から大量の土砂とトタン板などが、流入して来ている
DSC08435_R_201508242315215a5.jpg
土砂の流入部分、蓄積されて1mほどしか隙間が無いが
DSC08437_R_201508242315266ed.jpg
上を見上げると、垂直な穴が開いている
DSC08436_R_201508242315248b3.jpg
とても登れないので、あきらめる
DSC08438_R_20150824234419c5a.jpg
壕床には、水が溜まっている
DSC08439_R_20150824234421c2b.jpg
そこを抜けると、開口部が見える
DSC08440_R_20150824234422089.jpg
開口部は大きい
DSC08442_R_201508242344231c2.jpg
外から見ると、6角形
DSC08443_R_20150824234425c70.jpg
ついでに、山頂まで登ると、祠がある、この周辺を探して見ると
DSC08445_R_201508242351338ab.jpg
2m四方ぐらいの巨大な穴が開いている
DSC08449_R_20150824235135f16.jpg
その角っこに50cm四方ぐらいの穴が開いている
DSC08453_R_20150824235136e06.jpg
先ほど下から見上げたのが、ここのようだ
DSC08454_R_20150824235137cda.jpg
壕内へと引き返す
DSC08457_R_20150824235139b9b.jpg
棲息部まで引き返していく
DSC08459_R_2015082500002430a.jpg
支保工の丸太も残っている
DSC08461_R_201508250000263fe.jpg
ねこさんは、地道に計測なされている、邪魔してはいけない
DSC08462_R_2015082500002798f.jpg
メンバーは散りじりに、探索中
DSC08464_R_2015082500002820b.jpg
部屋の天井は、一部崩落し、小森さんの住処と化していた
DSC08467_R_20150825000030559.jpg
右に降りる道が現れる
DSC08469_R_20150825000722192.jpg
大分水に侵食されているが、階段がある
DSC08470_R_2015082500072389e.jpg
ここに来て、初めて碍子を見た
DSC08471_R_201508250007255ea.jpg
階段を滑らないように、降りていく
DSC08472_R_2015082500072640f.jpg
通路には、右に分岐が見えている
DSC08473_R_20150825000727ce0.jpg
側道の様に伸びる隣の部屋
DSC08475_R_20150825001312e5c.jpg
側道の様な部屋
DSC08476_R_20150825001313ea5.jpg
突き当たりの変な窪み
DSC08477_R_20150825001315cb1.jpg
実はコレが部屋への出入り口だったりする
DSC08479_R_201508250013169f5.jpg
こっちは迂回してきた本道
DSC08481_R_20150825001318cb1.jpg
ガレキを乗り越え先に進む
DSC08482_R_201508250018174db.jpg
崩れまくった通路を這うように進む、登り勾配になっている
DSC08483_R_20150825001818da8.jpg
開口部が見える、後に外から入る事になる

横浜防災フェア2015 その2

横浜防災フェア2015の地上展示を見て行くと共に、久しぶりに大桟橋まで散歩してきた
一応今回の目的の、自衛隊ブースを見る為だ!
DSC08294_R_20150822201154705.jpg
イベントが終わったので、駐輪場に寄ってから赤レンガに移動する
DSC08296_R_20150822201156808.jpg
赤レンガパーク
DSC08299_R_201508222011571e3.jpg
2号館
DSC08301_R_20150822201159eb5.jpg
露店が並び、賑わっている
DSC08308_R_20150822201200e62.jpg
ここに展示車両が並んでいる
DSC08302_R_201508222043068af.jpg
DSC08303_R_20150822204307adc.jpg
DSC08304_R_201508222043089ac.jpg
DSC08332_R_201508222043515ba.jpg
DSC08307_R_20150822204310c35.jpg
DSC08310_R_20150822204552bab.jpg
DSC08311_R_20150822204553d85.jpg
消防関係は良くわからない
DSC08331_R_20150822204557f8f.jpg
DSC08330_R_20150822204555066.jpg
なぜか、アメリカの消防車
DSC08305_R_201508222045504be.jpg
観光ちゃり、これで案内してくれる
DSC08312_R_201508222050094e2.jpg
いよいよ自衛隊ブース
DSC08313_R_20150822205011c6f.jpg
DSC08314_R_2015082220501292f.jpg
高機動車
DSC08317_R_20150822205014769.jpg
ちびっ子試着コーナー
DSC08318_R_201508222053047a1.jpg
写真展示もある
DSC08320_R_201508222053076a2.jpg
DSC08319_R_20150822205306b7d.jpg
偵察用オートバイKLX
DSC08322_R_201508222053088e2.jpg
DSC08323_R_20150822205309e37.jpg
戦闘糧食Ⅰ型、赤飯は復活したそうだ
DSC08324_R_201508222103199dd.jpg
戦闘糧食Ⅱ型さんまピリカラ煮、めちゃくちゃ美味い!
DSC08327_R_20150822210321bd8.jpg
DSC08326_R_20150822210320ba5.jpg
なぜか昔の名前で出ています
DSC08333_R_20150822210323e70.jpg
メインストリートに向う
DSC08345_R_201508222116421ea.jpg
災害職グランプリなんてのもやっていた、幾つか覗いていく
DSC08334_R_2015082221164001d.jpg
最近はお湯でなく、水でもOKな物も出てきてる
DSC08335_R_20150822211641f42.jpg
レトルトがやっぱり定番だね、そのまま温めずって奴もある
DSC08346_R_2015082221164439a.jpg
加熱剤付き珈琲
DSC08347_R_20150822211645404.jpg
災害時は暖かいが一番
DSC08351_R_20150822214349ab2.jpg
これから先は横浜デートコースって感じで歩いて行く
DSC08357_R_2015082221435053a.jpg
この辺はカフェになっている
DSC08364_R_20150822214351cf2.jpg
夏の日差しがキツイ
DSC08366_R_20150822214353d66.jpg
でも、レンガに映えていい感じでもある
DSC08372_R_201508222157071fb.jpg
夏の日差しと椰子の木がマッチしている
DSC08375_R_201508222157082d4.jpg
見上げると、風船が一つ彩りを添えてくれている
DSC08376_R_20150822215710f25.jpg
おっと、はまにゃん発見!
DSC08381_R_2015082222011864a.jpg
赤レンガを離れる
DSC08380_R_20150822220118305.jpg
鉄橋の遊歩道を歩く
DSC08382_R_20150822220120643.jpg
引込線の後だが、女の子がヒールで歩いても大丈夫な、バリアフリー
DSC08383_R_20150822220121b1d.jpg
像の鼻は今日は入れない
DSC08385_R_20150822220122334.jpg
大桟橋に向う
DSC08387_R_20150822221114ca4.jpg
大桟橋到着、ほぼ全面ウッドデッキ
DSC08389_R_20150822221115010.jpg
対岸に赤レンガが見える、眺めは良い
DSC08390_R_201508222211179aa.jpg
更に先端まで歩いて行く
DSC08392_R_20150822221118783.jpg
下を見ると、かもめが泳いどる
DSC08393_R_20150822222256087.jpg
人気の少ないウッドデッキ、誰かと歩くにはうってつけだ
DSC08401_R_20150822222258d87.jpg
先端まで来ると、赤レンガが正面になる、思いっきり逆光なのが残念
DSC08403_R_2015082222225953e.jpg
この船はクルージングディナーも出切る、お食事のクルーズもいい物だ
DSC08404_R_201508222223009cc.jpg
帆船も珍しく走っていた
DSC08406_R_20150822223104f2e.jpg
氷川丸、山下公園まで歩いてもいいが、今日の日差しはきつすぎる、お肌に悪い
DSC08408_R_20150822223105027.jpg
神戸などにはこんな町並みや居留区などが残っているそうだ、聞いていると行きたくなるな
DSC08409_R_20150822223106b17.jpg
これ以上外にいると、日焼けをしてしまう
DSC08410_R_201508222231084b4.jpg
早く帰ってシャワーでも浴びようと、部屋に帰る事にした
DSC_0221_R.jpg
夜の赤レンガにまた来た
DSC_0219_R.jpg
昼間とはまた違う、味わいをかもしだす
1441539013347_R_20150906205900557.jpg
夜の赤レンガの一コマ、楽しげなカップルがいた
1441538976861_R.jpg
夜の帳が降りる頃、二人の影が一つとなる

横浜防災フェア2015 その1

地本のイベント欄を見ていたら、横浜防災フェア2015に自衛隊ブースがあると言うので見に行った
実際にはとても小規模なので、カテゴリー的にはその他にしておいた
8月22.23の二日間やっているので、近くの人は明日行って見るのもいいだろう
DSC08175_R_201508221748584d0.jpg
赤レンガの駐輪場にバイクを停める
DSC08176_R_20150822174129170.jpg
太平洋戦争を乗り越えた50Tクレーン(今でも動態保存中)
DSC08180_R_20150822174131f47.jpg
海保の防災基地方向に行く
DSC08181_R_20150822174132a4a.jpg
会場は防災基地右側の海面及び、赤レンガ倉庫
DSC08184_R_201508221741344d6.jpg
碧く澄み渡った、撮影日和となった
DSC08185_R.jpg
撮影ポイントはまだガラガラだった
DSC08187_R.jpg
ヘリがスタンバイしている
DSC08188_R_20150822180008a13.jpg
海保の「いず」、23日は一般公開される
DSC08189_R_201508221800096a3.jpg
その後ろにいる「ひりゅう」、今回のメインでもある
DSC08191_R.jpg
ローカルTVも来ている
DSC08186_R_2015082218110289f.jpg
海保の「のげかぜ」
DSC08192_R_2015082218110313b.jpg
人が落ちた!
DSC08196_R_2015082218110433c.jpg
沖の方でももう一人落ちている
DSC08197_R_20150822181106802.jpg
「ロイヤル、ウイング」は無視して去って行く
DSC08198_R_20150822181107e86.jpg
「いず」の内火艇が出動する
DSC08200_R_20150822182157c83.jpg
まずは沖にいる方に一人隊員を向わせる
DSC08201_R_2015082218215919e.jpg
救難ヘリも近ずいて来る
DSC08203_R_20150822182200380.jpg
一人目をヘリに託し、もう一人へと向う
DSC08205_R_20150822182201dcc.jpg
ヘリがマーカーに近ずいてきはる
DSC08207_R_201508221822033af.jpg
落ちた人間を見つけるのは、実際には困難である
DSC08208_R_20150822183547dd3.jpg
猛烈なダウンウオッシュ
DSC08209_R_20150822183549aae.jpg
一方、手前の要救助者は確保された所だ
DSC08210_R_20150822183551851.jpg
レスキュー隊員に掴まった
DSC08214_R_2015082218355204a.jpg
ヘリからクモの糸がたらされる
DSC08215_R.jpg
猛烈な風圧に耐えて、クモの糸を掴む
DSC08216_R_20150822184035d9d.jpg
ヘリからも一人落ちて行く
DSC08217_R_20150822184037c9a.jpg
ミノムシ
DSC08220_R_20150822184038697.jpg
着水!
DSC08224_R_201508221855452bc.jpg
救助完了
DSC08230_R_201508221855451f7.jpg
ヘリが離脱していく



DSC08222_R_20150822185542cf0.jpg
沖に停泊していた2隻
DSC08234_R_201508221855469a4.jpg
「ひりゅう」
DSC08235_R_201508221855483ec.jpg
「よこはま」
DSC08238_R_20150822190151045.jpg
「よこはま」が止まる
DSC08239_R_201508221901535c0.jpg
なんか出た!
DSC08240_R_201508221901549b6.jpg
「ひりゅう」も発砲!
DSC08241_R_201508221901553a7.jpg
6本の砲身を振りかざす「よこはま」
DSC08242_R_201508221901571dc.jpg
2隻の競演(近年はカラー放水を殆んどしないのが残念)
DSC08243_R_20150822190648a5b.jpg
しばし見とれる
DSC08244_R_20150822190649d9d.jpg
そして、実質2~3分で放水が終わる



DSC08245_R_20150822190650030.jpg
後方からヘリが飛んでくる
DSC08247_R_20150822190651d15.jpg
軽くホバリング
DSC08249_R_201508221906533cb.jpg
手を振って去って行く(救助した人、まだ乗ってたりして)
DSC08251_R_201508221912351fc.jpg
ヘリが去ると、各船がフィナーレを飾る
DSC08252_R_20150822191237e11.jpg
「いず」の内火艇DSC08253_R_20150822191238dd3.jpg
後ろの人は救助された人、また落ちませんように!
DSC08255_R_20150822191239e87.jpg
静かに「ひりゅう」が近寄ってくる
DSC08258_R_20150822191241162.jpg
艦橋脇で手を振っている
DSC08261_R_20150822191939906.jpg
「ひりゅう」の後ろから「よこはま」がやってくる
DSC08263_R_20150822191941617.jpg
六門の砲身が勇ましい(ちなみに海保ではなく、横浜消防の船)
DSC08265_R_20150822191942c50.jpg
人物がいると、消防砲のでかさが判る
DSC08269_R_20150822191943957.jpg
「よこはま」の後から、もう1艘
DSC08270_R_20150822191945f26.jpg
「のげかぜ」
DSC08271_R_20150822193200d61.jpg
二人も落としたので、人が少ないようだ



DSC08273_R_20150822193201458.jpg
急速回頭の後
DSC08274_R_20150822193202442.jpg
ちょっとだけ放水!



DSC08275_R_201508221932043a7.jpg
全ての演目が終わった
DSC08279_R_20150822193826ae0.jpg
「いず」の内火艇が帰ってきた
DSC08281_R_20150822193827c30.jpg
珍しい、収容風景を連続写真で
DSC08282_R_201508221938289eb.jpg
DSC08283_R_20150822193830fa9.jpg
DSC08286_R_201508221938314ba.jpg
DSC08288_R_20150822194130767.jpg
DSC08290_R_20150822194131ecd.jpg
DSC08292_R_20150822194132ce3.jpg
DSC08293_R_20150822194134538.jpg
DSC08395_R_2015082219413551f.jpg
こんな感じで収容します

ちょっと貼りすぎたので、2分割にします

小網代 震洋壕群 その3

DSC06083_R_20150816224006101.jpg
今回最後の地区に入る、入り江の反対側に進む
DSC06084_R_20150816224008f69.jpg
木の後ろに壕口が見えている、こちらが大規模震洋壕となる
DSC06086_R_20150816224009292.jpg
壕口近くは、漂流物が激しく流入している
DSC06089_R_20150816224010aee.jpg
振り向いて見るとこんな感じ
DSC06091_R_20150816224012fa4.jpg
壕内は早速水没の体を見せる、右手に分岐が見える、漢字の円の真ん中を下に伸ばした形をしている
DSC06093_R_20150820084320e88.jpg
右の通路交差点が見えるが、そっちはまだ行かない
DSC06095_R_201508200843210d8.jpg
天井には碍子を付けたいたろう跡の、釘が2本刺さっている
DSC06097_R_20150820084322650.jpg
突き当りを右に曲がると、また交差点が見える
DSC06098_R_20150820084324a95.jpg
左は部屋になっている
DSC06099_R_20150820084326466.jpg
右には壕口と、震洋? 写真右下の窪み部分
DSC06100_R_20150820085257535.jpg
下を見ると、こんな柱が刺さっている(戦後に切断されているのか?)
DSC06101_R_20150820085301e56.jpg
その上を溝が斜めにアーチを描いて反対側に延びている
DSC06102_R_201508200853002d0.jpg
そして反対側、同様の柱が建っていた様な穴がある
DSC06103_R_2015082008530294b.jpg
小森さんもいっぱい居る
DSC06107_R_201508200853037c4.jpg
奥の通路を進み、3本目の坑道に向う
DSC06108_R_201508200902537b7.jpg
壕口が見える、若干短い気もする
DSC06109_R_2015082009025506c.jpg
板が打ち付けてある
DSC06110_R_20150820090256a9d.jpg
3本目の開口部
DSC06111_R_20150820090258c85.jpg
当時の物ではなく、戦後の物だろうがボルト類が落ちている
DSC06113_R_201508200902599a0.jpg
溝も切られている、引き出し用レール?台車用?
DSC06117_R_20150820091031d0e.jpg
横移動する
DSC06115_R_20150820091030cad.jpg
朽ちた震洋が一隻
DSC06118_R_201508200910323fb.jpg
乗り越えて、壕口に向う
DSC06119_R_20150820091034b3c.jpg
支保工の溝に、四角い切込みがある、棚にしては浅い
DSC06120_R_201508200910363c0.jpg
少し離れて見た2本目の壕口
DSC06123_R_2015082009233686f.jpg
隣の3本目の壕口
DSC06124_R_20150820092338761.jpg
なんだコレ
DSC06125_R_20150820092339e1a.jpg
横にはやっぱり棚がある
DSC06127_R_20150820092340396.jpg
反対側、井戸にしか見えないが、こんなとこ塩が混じって飲める訳ないし、謎?



DSC06131_R_201508200923422f2.jpg
こんな所をへつって、先へ進む
DSC06132_R_20150820093237852.jpg
次の壕
DSC06134_R_201508200932382cd.jpg
入り口の棚
DSC06136_R_20150820093239348.jpg
地層のせいで、下り傾斜に見える
DSC06139_R_20150820093242c06.jpg
右に向う掘り込み、貫通していないので、これは単独の一本抗となる
DSC06141_R_20150820093243e15.jpg
次に向う
DSC06142_R_20150820094133ae6.jpg
今度は歩くのは楽そうだ、滑るけど
DSC06143_R_2015082009413551b.jpg
今回の最後の壕に進入する
DSC06147_R_201508200941377df.jpg
外から先に進むのは難しそうだ
DSC06148_R_20150820094137934.jpg
この辺で、塗料でも流したんだろうか? 隣も下が赤かった
DSC06149_R_20150820094139720.jpg
やはり棚はある
DSC06150_R_20150820100308c90.jpg
この壕も先と同じ様に、3本の壕からなっている
DSC06152_R_20150820100309dad.jpg
最初の分岐
DSC06153_R_2015082010031036b.jpg
妙にこの壕は乾いている様だ
DSC06154_R_20150820100312195.jpg
とりあえず1本目を真っ直ぐ行く
DSC06155_R_2015082010031346a.jpg
右に回る、不思議なぐらい綺麗な床面、さっきから漂流物も何も無い
DSC06156_R_20150820101027d59.jpg
中央の部分の特徴も同じだが、こっちの方が判り易い
DSC06157_R_20150820101028db4.jpg
右の部屋は一段高くなっている
DSC06159_R_20150820101029e92.jpg
2本目の坑道、クレーンの溝も同じ
DSC06161_R_20150820101031d99.jpg
上を見ると、クレーンの溝がはっきり判る、横ではなく斜めに跨いでいる
DSC06162_R_201508201010328f0.jpg
溝部分、ここから
DSC06164_R_20150820102135a71.jpg
斜めに通路を跨いで行く
DSC06166_R_20150820102137e53.jpg
ここにはコンクリートで固定していた跡が残っている
DSC06167_R_20150820102138db1.jpg
クレーンを止めていた鎹だろうか
DSC06168_R_20150820102139840.jpg
最後の3本目に向う、漂流物が増えてくる
DSC06169_R_201508201021418a5.jpg
電気配線の跡だろうか
DSC06171_R_201508201029053b0.jpg
3本目の壕口
DSC06174_R_20150820102906dd0.jpg
戦後生簀でも作ったんだろう
DSC06177_R_20150820102907229.jpg
支保の溝に、近代水道の跡がコラボ
DSC06179_R_201508201029092af.jpg
壕を出ると、澄み渡った小網代湾が見えた
DSC06180_R_20150820102910e84.jpg
特攻隊員達は、この富士を見て何を考えたのだろう・・・
DSC06181_R_20150820103609b48.jpg
先端部分には階段や
DSC06182_R_201508201036108ca.jpg
コンクリートを打った跡がある
DSC06183_R_201508201036113cf.jpg
2本目の壕口に外から入る
DSC06184_R_20150820103613ad4.jpg
コンクリートで道が作ってある、戦後なのか?材質的に
DSC06186_R_20150820103614867.jpg
妙な落書き
DSC06192_R_20150820104345189.jpg
他にも色々有る、落書きがあるのはこの壕だけだった
DSC06190_R_20150820104344d98.jpg
2本目の坑道は漂流物に埋まっている
DSC06196_R.jpg
なんか、ヤバイ気がして来た
DSC06203_R_20150820104348c73.jpg
2時間ほど探索している内に、潮が満ちている、お正月の気温0度の温度計を思い出す
DSC06204_R_20150820104349732.jpg
結局、長靴オーバーの水深に足を漬けながら歩く事になった(カキガラがあるので、裸足は危険)
DSC06205_R_2015082010514561a.jpg
長靴をグッポグッポ言わせながら、震えながら帰るのであった、海から車までは遠かった・・・



Bunny The Flat 参考にさせて頂きました

小網代 震洋壕群 その2

DSC06023_R_20150814205913d43.jpg
湿地帯に突入して行く
DSC06024_R_20150814205915e17.jpg
公園化された時の植樹跡がある
DSC06025_R_201508142059178d0.jpg
こんな所にも壕はある
DSC06027_R_20150814205917ba8.jpg
これは間口が狭いので、倉庫壕であろう
DSC06028_R_2015081420591975d.jpg
壁面にコンクリートが打ってある、扉を付けていたのだろう
DSC06029_R_20150814220200281.jpg
30mほどで突き当たりとなる
DSC06030_R_20150814220201f70.jpg
次なる壕を探しに、湿地を移動する
DSC06031_R_20150814220203af9.jpg
繁みの奥に何かが見える(中央)
DSC06032_R_20150814220205546.jpg
やっぱりあった
DSC06033_R_20150814220206a69.jpg
扉の跡は無いが、構造は一緒だった
DSC06035_R_20150814224452d73.jpg
岩の裂け目を見つけた、崩落している
DSC06036_R_20150814224453619.jpg
中には空間があるが、深いものではなかった
DSC06037_R_201508142244550b2.jpg
次の壕、この辺の斜面は幾分崩れ気味だ
DSC06039_R_2015081422445688a.jpg
これは生活壕のようだ
DSC06040_R_201508142244582b6.jpg
構造が根本的に違う
DSC06042_R_20150815082613299.jpg
左の部屋
DSC06043_R_20150815082614730.jpg
十字路になる
DSC06044_R_20150815082616248.jpg
十字路左右も部屋となる
DSC06045_R_20150815082617890.jpg
共に掘りかけのようだ
DSC06047_R_20150815082619aaa.jpg
深部にはズリがそのまま残っている
DSC06048_R_20150815090751442.jpg
最深部から壕口方向
DSC06049_R_2015081509075258e.jpg
未完成だが、良い構造だった
DSC06050_R_20150815090754907.jpg
次なる壕口、冬場だから見つかるが、夏場は判らないかも
DSC06053_R_20150815090755394.jpg
こちらも掘りかけの拡張中
DSC06054_R_20150815090757230.jpg
左側の部屋、支保の跡がくっきりと残っている
DSC06058_R.jpg
メイン坑道は、ベンチカットではなく、二段掘りで掘削していたようだ、途中で終わっている
DSC06060_R_201508150919570cb.jpg
上の段部分には、ちゃんと側溝と水路が切られている、普通なら無駄なのだが
DSC06061_R_2015081509195849c.jpg
その原因が深部にあった、地下水がこんこんと染み出していたのだ
DSC06063_R_2015081509195978b.jpg
さて、脱出!以外と出入りはしずらい



DSC06064_R_20150815092001d8f.jpg
谷屋の深部まで来た、今度はこの左側を見る
DSC06065_R.jpg
こっち側はかなり埋まってしまっている(中央)
DSC06066_R_20150815100414e37.jpg
何とか一人分の隙間が有る
DSC06068_R.jpg
内部はどっぷりと水没している
DSC06069_R_20150815100417281.jpg
しかも踏むと潜る、これ以上やめておいた
DSC06070_R_20150815101024529.jpg
次の壕口発見
DSC06071_R_20150815101025fad.jpg
これもなんとか・・・・
DSC06073_R_20150815101027bed.jpg
やっぱり水没
DSC06075_R_201508151010282c0.jpg
とてもじゃないが、ウエイダークラスになってるので、諦める
DSC06076_R_201508151257561ca.jpg
ちょっと開けた湿地がある、その中心付近に何かある
DSC06077_R_20150815125757a42.jpg
土管をコンクリートで巻いた物から地下水が湧き出している、当時の水場だろうか
DSC06078_R_20150815125759c8d.jpg
少し進むと、裂け目が見える
DSC06079_R_201508151258003b7.jpg
地層に沿って入り口は崩落しているようだ
DSC06081_R_20150815125801989.jpg
内部は浅めの倉庫壕のようだ
DSC06082_R_20150815151208a13.jpg
入り口のこれは、崩落防止の涙ぐましい努力なのだろうか
DSC06083_R_20150815151209946.jpg
次回、対岸の3連壕に進入する

小網代 震洋壕群 その1

第27震洋隊は、第11突撃隊に所属する部隊で、昭和20年5月1日に小網代基地に進出した。
三浦半島油壺では他には江奈湾に第56震洋隊が配置された。

震洋艇は空襲を避けるために横穴を掘って格納され、格納壕は幅3m高さ2.5m奥行が30m弱、4隻づつ台車に載せて格納され、台車ごと出し入れされていたようだ。
第27震洋隊・総員184名、 55隻の震洋艇が海に面した岩に掘られた格納壕及び、陸上部壕に配備され現在もそのほとんどが現存している、単純壕だけでなく、3本が内部接続している壕も複数あり、楽しめる。
地上構造物(兵舎等)は失われている、水田として使用された時期もあり、現在は湿地と化しているので、足元は良くない
訪問の際は引き潮を狙った方が良い、壕口が水面ギリギリなので場合によっては、入れないだろう
DSC05962_R.jpg
この記事は今年のお正月の物を、やっといま挙げている気温は0℃に注目
DSC05963_R_2015081413565830a.jpg
晴れ渡った三浦の農道をひた走る
DSC05964_R_20150814135700b85.jpg
道路の行ける所まで行ったら、後は歩いて先端から別荘地に下りていく
DSC05965_R_20150814135701485.jpg
海に出た、真冬の陽光が気持ちいい
DSC05966_R_201508141357034dd.jpg
対岸に目的の穴が早くも見える、しかし場所的にあれは最後になる
DSC05968_R_201508141409118d1.jpg
まずは別荘の土台になっている壕口
DSC05969_R_20150814140912ffa.jpg
隠れるように開口している1本目の壕口
DSC05971_R_20150814140914dbc.jpg
丸みを帯びたしっかりした壕
DSC05972_R_20150814140915215.jpg
向って右側に小物置的な棚が掘られている
DSC05973_R_2015081414273015e.jpg
壕口を振り向く
DSC05974_R_20150814142731a96.jpg
さて、先に進もう
DSC05975_R_20150814142732044.jpg
なんと、十字路の形になっている
DSC05976_R_20150814142734ba3.jpg
えんびパイプが壕内を走っている、これは向って左側
DSC05978_R_2015081414273536c.jpg
すきまから光が漏れるが、別荘地側の壕口はほぼ閉塞
DSC05980_R_20150814143528140.jpg
きれいな掘削に驚いてしまうような通路を戻る
DSC05981_R_20150814143530075.jpg
やっぱりこの交差点は震洋壕としては、異質なもので珍しい構造だ
DSC05982_R_201508141435313db.jpg
で、この部分が部屋状になっていて、非常に気になる、巻き上げ機でも有ったのだろうか?(十字の頭の部分)
DSC05983_R_20150814143532707.jpg
右側に行ってみる、でかい漂流物が流れ込んでいる
DSC05984_R_201508141435342c9.jpg
今度はT字になっている、普通はこうだろう
DSC05985_R.jpg
交差点の天井、なぜか人工的にえぐられている
DSC05986_R_20150814145310433.jpg
ここに来て、初めて碍子が天井にくっついていた
DSC05987_R_20150814145311211.jpg
2対の碍子が取り付けてあったのだろうが、片方は脱落している
DSC05988_R_20150814145312d60.jpg
開口部が確認出来たので引き返す、水深が深く、長靴では行けなくなった
DSC05989_R_20150814145314689.jpg
加えて漂流物も物凄いのだ
DSC05990_R.jpg
最初の開口部に戻って来た
DSC05991_R_20150814150554ac2.jpg
入り口付近に古いボルト状の鉄骨が数本飛び出している、何かが有ったのだろうか?
DSC05992_R_20150814150555c1b.jpg
別荘の桟橋をくぐり、先に進む
DSC05993_R_201508141505575a6.jpg
不明の石柱、埋め込まれた下の部分が侵食で露出している
DSC05994_R_20150814150558e8c.jpg
おそらく当時の桟橋の一部
DSC05997_R_20150814152008df0.jpg
ボロボロのボラード
DSC05998_R_20150814152009e9b.jpg
岬を回り込んで壕口到達
DSC05999_R_20150814152010bd7.jpg
壕口の大きさは先ほどと変らない、まぁ当然だが
DSC06000_R.jpg
左側にやはり棚が在る
DSC06001_R.jpg
うわ、なんか埋まってる!踏まなくて良かった
DSC06002_R.jpg
見覚えのある枯れ木がある、さっきの壕の反対側と確認
DSC06003_R.jpg
水深が深いので、脱出する
DSC06004_R_2015081415271240b.jpg
逆光越しに対岸の壕口が確認出来る
DSC06005_R_20150814152714843.jpg
上にあるセレブな別荘からは、階段やケーブルカーで海岸に下りてくるようだ、庶民の様に長靴で遠回りしてザブザブなんて事はしないんやろうな、貧富の差を感じる一幕
DSC06006_R_201508141527151bd.jpg
入り江の最深部に向う、この先の谷屋に沿って、大量の震洋壕及び燃料などの付属壕が並んでいるのだ
DSC06007_R_20150814154900066.jpg
湿原地帯に突入、一時期公園化されていたので、取りあえずは歩ける道はある
DSC06008_R_20150814154902c4a.jpg
倒木の陰に壕発見
DSC06009_R_201508141549048f3.jpg
さっさとよじ登ると何とか入れそうだ
DSC06010_R_20150814154904330.jpg
なんとか滑り込む事に成功
DSC06011_R_20150814154906a87.jpg
えだを掻き分け進入すると、また例の棚が出現、状態の良い地下壕ではここに木枠がはまっていいる所もある
DSC06012_R_201508141611190db.jpg
あしもとにはいろんな物が散乱し、コケそうになる
DSC06014_R.jpg
いた切れの沈む水面は、澄んできれいだ
DSC06015_R_20150814161122710.jpg
たなになり、一段上がった通路が左に現れる
DSC06016_R_20150814161124f7e.jpg
いき止まりの正面方向、天井が高く掘られている
DSC06017_R_20150814161125d47.jpg
たなを乗り越えると低くなる、これはズリなのだろうか?
DSC06018_R_20150814162505f14.jpg
なぜかこちらの水は淀んで汚い
DSC06019_R.jpg
こっちの壕口は外部から埋まってしまっているようだ
DSC06020_R_20150814162507f29.jpg
壁面に釘が1本
DSC06021_R_2015081416250972f.jpg
電気配線を付けていた板、もうじき落ちてしまいそうだ
DSC06022_R_20150814162511d05.jpg
また、えだを掻き分け脱出する


和田砲台 探索記(不発)その3

DSC06179_R_20150813154829b87.jpg
ハチに撃退された我々は、一度漁港に戻って来た
DSC06184_R_201508131548315d3.jpg
地元の方の話では以前は熊野神社から上れたとの情報だった
DSC06185_R_20150813154832aac.jpg
戦捷紀念碑、日清戦争時の物のようだ
DSC06188_R_2015081315483459b.jpg
高台の先端部で埋められた壕を発見
DSC06189_R_20150813154835e3d.jpg
一応ブロックで塞いでいたようだが、向こうに貫通している物もあった、監視所的なものだろうか
DSC06191_R_201508131602588be.jpg
神社としての社務所だろうか、荒れ果てて誰もいない
DSC06190_R_201508131602577ae.jpg
隣に墓所があり、在郷軍人などの墓がいくつか混じっていた
DSC06187_R_20150813160255346.jpg
行けそうな所を当たってみるが、人通りの耐えた道は、夏草に覆われ侵入を拒んだ
DSC06192_R.jpg
已む無く撤収、近くにあったバス停、2時間に1本って・・・・
DSC06106_R_201508131612450a4.jpg
島状の高台に鳥居が見える
DSC06146_R_20150813161246b5f.jpg
回り込んでみると穴がある、しかし流石に庭先に入る訳にも行かず、あきらめる
DSC06181_R_20150813161247e7e.jpg
またもや漁港に戻り、今度こそ移動する
DSC06193_R_201508131618449be.jpg
途中の道路看板に釣られ、鴨川市郷土資料館に立ち寄る
DSC06194_R_20150813161845046.jpg
鴨川と戦争 ~戦後70年~ なる物をやっていた
DSC06195_R_2015081316184653f.jpg
玄関脇の発動機、常設でヤンマーなどの農耕用のようだ
DSC06199_R_20150813161848c0d.jpg
しばらくやっているので、興味があれば行って見るのも良いが200円取られる
DSC06200_R_2015081316184961d.jpg
自分的にはむしろ、こっちに行きたい
DSC06201_R_20150813162806589.jpg
1階は常設展示、2階に向う
DSC06202_R_201508131628073d4.jpg
客はもちろん貸切状態
DSC06205_R_20150813162808c10.jpg
地方展示物にしては、そこそこの物がおいてあった
DSC06206_R_2015081316281047d.jpg
大部分は軍装が占めていた
DSC06207_R_201508131628114f2.jpg
金属の湯たんぽは姿を消し、代用の陶器製
DSC06208_R_20150813163427c21.jpg
慰問袋は良く見るが、函は始めて見た
DSC06215_R_20150813163432db6.jpg
12.7mm弾
DSC06209_R_2015081316342860a.jpg
目を引くものがあった
DSC06211_R_20150813163431cb4.jpg
偽陣地とは敵の攻撃を散らし、遅滞させる為のダミー
DSC06210_R_20150813163429902.jpg
そんな中、次の目的地が記載されていた
DSC06216_R_201508131650089e8.jpg
目に付いたチラシ
DSC06217_R_20150813165010ddc.jpg
このチラシは税関なのだが、親しい銀行関係の人に聞いてみたら可能なものは換金しているそうだが、貨幣価値が違い出来ない物もあるらしい、既に効力の無くなっている(金銭として認められない)物もあるので、要確認だ
DSC06220_R_2015081316501274c.jpg
戦時債券、軍票、じゃり銭類多少紹介しているので、カテゴリー「軍用手票(軍票)等」からどうぞ
DSC06221_R_20150813165014354.jpg
小湊震洋基地、掘削中に終戦となったので、壕が見えるのは一つだけ、後は埋められているようだ
DSC06228_R_201508131725362aa.jpg
本日の最終探索地、袋倉にやって来た
DSC06229_R_201508131725381e2.jpg
離合不可能な道を登って行く
DSC06231_R_201508131725387a7.jpg
やって来た山頂部切り通しなどはあるものの、痕跡は発見出来ない、しかも地盤が悪くぼろぼろだ
DSC06232_R_2015081317254005a.jpg
射線としてはここは最高に良い場所だ
DSC06233_R_201508131725418e8.jpg
しかし、この状態ではこれ以上の探索は不可能だった
DSC06235_R_2015081321263453f.jpg
帰り道の道すがら、ちょっと寄り道をした
DSC06237_R_20150813212635013.jpg
ちょっとだけ通りずらい所もある道を抜ける
DSC06241_R_20150813212636bee.jpg
最早電気の流れていない、獣避けの電流柵を辿っていく(立ち入り許可は取ってます)
DSC06242_R_2015081321263810c.jpg
山林を河原に下りていく
DSC06243_R_201508132155570d8.jpg
沢に到着
DSC06244_R_201508132155586db.jpg
水かさは少なく、長靴で十分渡河できる
DSC06245_R_20150813215558f00.jpg
どんどん上流に登って行く
DSC06246_R_20150813215600638.jpg
たまにホールが有るので、はまらない様に注意
DSC06247_R_20150813215602081.jpg
この辺りの壁面に
DSC06248_R_20150813221706759.jpg
穴がある
DSC06249_R_201508132217089b1.jpg
もちろん水の道である
DSC06251_R_20150813221709e9c.jpg
今回の目的地、滝である
DSC06254_R_2015081322171175e.jpg
正面から見る、お分かりだろうか?
DSC06255_R.jpg
そう、穴である!隣を流れる川から直接水を貰っているのだ下流で農業でもしているのだろう
DSC06259_R_201508132227117b4.jpg
携帯の電波すら入らないこの深山で、良い物が見れた
DSC06260_R_201508132227136b6.jpg
さぁ、沢を降りよう、なんて一人で感慨にふけっていたら
DSC06258_R_2015081322271095b.jpg
隣ではこんな風景が広がっていた
DSC06262_R_201508132227142a6.jpg
ひと風呂浴びてすっきりしたきへいさん
DSC06266_R_20150813222715506.jpg
帰りがけの名も無いトンネル
DSC06264_R_20150813224215512.jpg
なんでもないトンネルの中に
DSC06263_R_2015081322421488b.jpg
地下壕出現!
DSC06265_R_20150813224216c11.jpg
もう一つあったが、激しく水没している、どうしょもない
DSC06270_R_201508132258402c1.jpg
久留里に戻って解散となった、この頃にはハチの痛みも大分治まった
DSC06269_R_2015081322583836a.jpg
さぁ、横浜に帰ろう
DSC06272_R_20150813225841fa6.jpg
帰りのアクアはいつもの大渋滞、快適な3時間半を過ごす
DSC06273_R_2015081322584262e.jpg
ふと見上げると、面白い雲が浮んでいる、軍艦にも見え、天狗にも見える
アクシデントは有ったが、楽しい探索となった、またいつの日かリベンジに来よう!

和田砲台 探索記(不発)その2

DSC06133_R_20150811211538cf2.jpg
第二の穴に取り合えず入って行く
DSC06134_R_201508112115394b5.jpg
入り口を入るとT字路にぶつかる
DSC06135_R_20150811211540331.jpg
左を見てみると、めちゃ綺麗に四角く掘削されている、5mほどで右に曲がる
DSC06136_R_201508112115425f5.jpg
曲がった先は地層に沿って多少崩落している
DSC06137_R_2015081121154314a.jpg
陣地的な湾曲した通路
DSC06138_R_201508112222295e4.jpg
壁面の窪みがある、すれ違い所のようだ
DSC06139_R_20150811222231efc.jpg
また、右側に曲がる掘削幅は終始人一人分の海軍掘りだ
DSC06140_R_20150811222232036.jpg
次の右コーナー
DSC06141_R_201508112222343d9.jpg
しかし、コレだけの造りなのに、部屋の一つも無い
DSC06142_R_20150811222235215.jpg
最後の角を曲がると、元の通路に戻って来た
DSC06143_R_20150812214026c42.jpg
四角い通路を回ると、元の所に戻って来た
DSC06144_R_201508122140270ba.jpg
壕を発見したと叫んでも誰も来ない、仕方なくさっきのポイントに戻るとメンバーの反応がおかしい
突如 「yakumoさんハチー」 って言われた、普段なら警戒中のハチはほっときゃ刺さない、ところが後から聞くと
捜索中に巣のある木をゆすったそうだ、攻撃モードのハチの集団の中にのこのこと行ってしまったようだ
直後頭に感じる激痛、警戒中のハチだと思っていて状況が飲み込めない内に、3ヶ所刺される事になってしまった
写真は巣があったと思われる壕口、スズメバチが飛び回っている
DSC06145_R_201508122140283e8.jpg
激痛に耐えながら薬局に向って撤収する(ちなみに隊長のみ刺されていない、3人被弾)
DSC06147_R_201508122140318af.jpg
薬局のそばで昼飯を食べるが、味わえたものではない
DSC_0307_R_20150812220846fb7.jpg
ねこさんの撮った痛みに耐えるyakumo(実は笑っている)
DSC_0308_R_2015081222084913a.jpg
一時も忘れられぬ痛みに全員笑うしかねぇな~って感じに、お食事は進む
DSC06148_R_20150812220849ea5.jpg
夏の太平洋は荒れている、食後にちょっとB級スポットに寄ってみる
DSC06149_R_20150812220851a50.jpg
西院の河原地蔵尊
DSC06150_R_201508122208528de.jpg
外観はこんな感じ
DSC06151_R_201508122235447d8.jpg
サイノカワラと読むらしい(昔はこの海岸から石を持って来て積んだらしい)
DSC06152_R_2015081222354599c.jpg
中身、狭い所に地蔵尊と写真がいっぱい、自主規制
少し調べてみた、(天面賽の河原)とも言うらしい、俗に言う水子地蔵尊で、未婚の若者なども供養されているそうだ
現在までに西院の河原は3回の移転を繰り返してきた、当初は太海小学校をはさんだ反対側にあった
西徳寺の住職さんが管理されているが、新たな石仏はもう満杯なので、お断りしているそうだ。
西院について調べてみた
京都にも西院駅なる駅がある、阪急京都線と京福電気鉄道嵐山本線(路面電車)がある
京都の人は駅前の西大路通を境に地域的な線を引いているそうだ、発音は「さいいん」と書くが(さいん)と読む、これ大事!
そこに住む人にとって、地名とは大事な物だったりする、発音もしかり
京都の西院の由来
西院の地名は、淳和天皇の後院である「淳和院(西院)」から来ている。その昔、現在の京都西京極付近を流れている天神川は佐井川と呼ばれていました。
その佐井川の河原には平安時代中期、多くの子供が捨てられたり死骸を放置したりという荒れ果てた地であった。空也上人はその事から「西院河原地蔵和讃」を賛歌し、佐井川に地蔵菩薩を刻み供養した。
現在の高山寺にある水子供養地蔵などがそうである。
阪急京都線「西院駅」降りて、西大路四条交番の裏手に「高山寺」はあるので機会があればどうぞ!(歩いて2分)
ちなみに駅前にマクドもあるが、看板は赤くない、景観を崩すという観点から認められないので茶色っぽい色だ
高層ビルなどもその観点から建設されない、1000年の歴史を重んずる町並みである、観光の際もそんな見方で京の町を見てみると、また変った視点で見れるのではないだろうか。
DSC06153_R_20150812232050a97.jpg
そして、リトライの時間がやって来た、自衛用の武器も手に入れた(あくまで防衛用、1匹も落ちなかった)
DSC06155_R_20150812232052c5f.jpg
懲りずに現場に戻って来た面々
DSC06156_R_20150812232054504.jpg
もう一つの壕口を発見、突入する
DSC06158_R_201508122320559d3.jpg
こちらは若干ゴミが入っているが、構造はいい感じに見える
DSC06160_R_201508122320570fb.jpg
右側はすぐに突き当たり
DSC06159_R_20150812233225acc.jpg
左に進む
DSC06161_R_201508122332270f8.jpg
やっぱり当たりだ、奥へ続いている
DSC06162_R.jpg
綺麗に掘削された部屋
DSC06163_R_201508122332290fc.jpg
角のしっかり立った通路
DSC06164_R_20150812233231643.jpg
ちょっとL字っぽい部屋
DSC06165_R_20150812233710653.jpg
逆から撮ってみる
DSC06166_R_201508122337115a1.jpg
唯一の遺物、インクビン
DSC06168_R_20150812233712c9a.jpg
開口部がある
DSC06170_R_201508122337140e8.jpg
先に発見したが、入れなかった壕口に出た(すぐ下は川になっている)
DSC06173_R_2015081223371538d.jpg
再び中に踊る
DSC06174_R_201508122344044f5.jpg
灯りおきが何か乗っている
DSC06175_R_201508122344067a9.jpg
ちょっと丸みを帯びた部屋
DSC06177_R_20150812234408b54.jpg
地層によって、一部崩落している部分もある
DSC06178_R_201508122344096b2.jpg
外から見た壕口、ハチが多くなってきたので、今回はこれで撤収するいつかリベンジ!





suzumebachi01_R.jpg
これが今回世話になった、キイロスズメバチさん、失敗を共有する為に今回学んだ事をあげておこう


巣には近寄るだけなら警戒レベルで基本的には刺されない
巣の憑いている木や枝を動かすと、一気に攻撃レベルに達する(逃げるべし)
黒い部位を狙ってくる、メンバーの被弾ヶ所は全て黒い部分(頭髪、黒シャツ、黒ズボン)
ちなみに白ズボン、緑袖つきシャツ、白髪の隊長は無傷である
停まってから刺すので、なんか来たと思ったら、タオルなどではたく様にしよう

刺された場合

ハチの毒は水溶性だそうなので、水で流して可能なら吸い出そう
針が残ってないかチェックする、有れば抜いておく(ミツバチ以外はほとんど残らない)
テリトリーがあるので、兎に角巣から離れれば、深追いはしてこないので安全圏へ
アルコール性の薬(今回はキンカン)を使用ム〇Sなどは効かないと薬剤師が言っていた
刺された時が最大の痛みで、それ以上痛くなることは無いそうだ、しかしその痛みは5.6時間つづく
病院が一番安心だが、日曜は開いてないし、保険証が無いとン万円一時的にかかる
6時間も経てば、取り合えずマシになってくる
翌日になると、治りかけの所が猛烈に痒くなる、搔いたら負け!
自分は軽い吐き気と、頭痛、ドウキが残った(夏バテだったりして)

毒について、Wikiから貼っておく

毒液は様々な微量の生理活性物質の複雑な混合物であり、別名「毒のカクテル」と呼ばれる。各成分の比率や組成は、種毎に異なっている
ヒスタミン - 炎症作用を持つ
神経毒(セロトニン、アセチルコリン)- 量が多いと呼吸不全や心肺停止の原因となる
ペプチド(ホーネットキニン、マストパラン、マンダラトキシン、ベスパキニン) - アナフィラキシーショックの原因となる
タンパク質(細胞膜を分解するホスホリパーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ) - これもアナフィラキシーショックの原因となる

これらの毒物質の多くは人を含む動物の免疫系や神経系に関係した情報伝達物質でもあり、毒液に含まれる動物組織の構成物質を分解する酵素によって消化、破壊された組織を通じて、速やかに皮下組織に拡散、さらには血管系を通じて全身を巡り、免疫系や神経系の情報処理機構を攪乱。それによって激しい痛みや免疫系の混乱による急性アレルギー反応(アナフィラキシーショック)などを引き起こす。

アナフィラキシーショックは二回目以上に刺された人に多くある、一回目に抗体が出切るのだが、2回目にさされたとき
過剰反応を起こし、ショック死するもので、ハチによる死亡事故の8割がコレによるものらしい

みなさん気を憑けましょう!
なお、個人的見解も含まれますので、参考程度にお読み下さい

和田砲台 探索記(不発)その1

南房総市の和田漁港に近い、和田砲台を探しに来た、房総半島戦跡考古調査会との探索である

彼らの活動は、単純に有ると判っている場所に行くのではなく、有るかも知れない所に行くのである
過去の資料から現代地図に照合し、当たりを付けた所を自力探索するという非常に地道な作業である
自分もこのスタイルに似た所を覚え、共感し最近は出切る限り参加させて頂いている
今回もそんな探索の一つに参加させてもらった、今回参加者4名である
DSC06071_R_20150810211225de8.jpg
今回は待ち合わせが0830とあって余裕がある出発だ
DSC06072_R_20150810211226df4.jpg
しかし、夏休み最初の週末と来て、合流からこの有様だった
DSC06073_R_201508102112272c3.jpg
アクア海底トンネル部分は、終始こんな感じだったが
DSC06074_R_20150810211229d9b.jpg
海ほたるを越えたらすいすいに走り出した
DSC06075_R_20150810211231890.jpg
久留里駅到着、駅舎よりトイレの方が立派に見える件
DSC06077_R_201508102129248ce.jpg
早速久留里の名水を汲む二人
DSC06079_R_201508102129269b1.jpg
名水100選らしい
DSC06081_R_20150810212928163.jpg
館山駅に移動し
DSC06082_R_20150810212929226.jpg
きへい氏と合流した、これでメンバーが揃った
DSC06083_R_20150810213957135.jpg
コンビニで作戦会議をする
DSC06085_R_20150810214000c4f.jpg
あの山に向う
DSC06089_R_20150810214000882.jpg
現地到着
DSC06090_R_2015081021400240d.jpg
登れそうな所から登って行く
DSC06101_R_201508102140036ac.jpg
今日の初猫
DSC06092_R_20150810214847b23.jpg
どんどん山に上って行くが
DSC06094_R_201508102148483a3.jpg
気になる看板も有る
DSC06096_R_201508102148516f2.jpg
こんな高さまで登ってきたが
DSC06095_R_201508102148519cf.jpg
100m登った所が小学校の避難場所(津波対策)となっていた
DSC06097_R_20150810214853503.jpg
有ったのは不明の掘り込みだけ、アタックポイントを間違えたようだ
DSC06104_R_20150810215429d20.jpg
次の山にポイントを変える
DSC06105_R_2015081021543146b.jpg
和田漁港に移動した
DSC06107_R_201508102154321a5.jpg
山を目指し、徒歩で移動する
DSC06109_R_20150810215434d30.jpg
入山コースを発見
DSC06110_R_20150810215435c8e.jpg
怪しげな所を見つけ、仮設橋を渡っていく
DSC06112_R_201508102209466ce.jpg
やはり穴が有った
DSC06114_R_201508102209479c4.jpg
照らしてみると、先が有る様だ
DSC06115_R_20150810220948246.jpg
早速進入する
DSC06116_R_2015081022095096d.jpg
かなり立派な掘削をしている
DSC06118_R_201508102209516a5.jpg
右側の部屋、地表方向なので、深くは無い
DSC06117_R_20150810221354442.jpg
左側の部屋、見事に水没している
DSC06120_R_20150810221355c43.jpg
妙に立派な掘り込みがある
DSC06121_R_2015081022135624d.jpg
一番奥の部屋(小森さん一人)
DSC06122_R_20150810221358fc7.jpg
ランプ掛けの様なペグが1本刺さっている
DSC06123_R_2015081022135915f.jpg
ここも水没してしまっている、3畳ぐらいの部屋だ
DSC06124_R_20150810222359ece.jpg
足元には崩壊した木箱が散乱していた
DSC06125_R_201508102224002d0.jpg
この下の線までは普段から水没しているのだろう、夏だからこうなった
DSC06126_R_201508102224017d3.jpg
左の奥の方は掘り進めていたのか、若干歪になっている
DSC06127_R_201508102224035cc.jpg
さて、脱出しよう
DSC06128_R_20150810222404230.jpg
入れ替わりに、きへいさんが入っていった
DSC06129_R_20150810223055ef6.jpg
部屋が3つあるだけの小規模壕だが、掘削状態はかなりいい物だった
DSC06130_R_20150810223057659.jpg
入山ポイントから近く、衛所的な用途を持った壕だと思われる
DSC06131_R_20150810223058d9f.jpg
一人で山に分け入って行く、かすかな軍道の痕跡を見出す
DSC06132_R_201508102230599ae.jpg
そして少し下った所で、第二の壕口を発見した
この後、一人で軽く壕内を回っていたのだが、壕を出ていくら呼んでも誰も来ない、しかたなく
一旦戻るのだが、メンバーは予期せぬ事態に陥っていたようだった

お祭りテルファー&横浜花火大会

今回で700件目の記事となりました、ついこの間600件と思っていたが、あっという間の100件だった
ひとえに関係者の方々、及び読者の方々、個別に応援してくれる人のおかげです
これからも、御愛読下さい!
めでたいので、お祭りと花火で祝ってみました、たまにはこんなのもいいでしょう
DSC05630_R.jpg
早朝の清水マリンパークにやってきたが、様子が変だ
DSC05631_R_2015080600014906a.jpg
なんと、誰もいないと期待して来たのだが、甘かったようだ、人がいる
DSC05632_R_20150806000151b78.jpg
えんないで清水みなと祭りの露天が開かれるようだ
DSC05633_R_20150806000152a5d.jpg
大きなテントがいくつも並んでいる
DSC05634_R_20150806000154f0a.jpg
好物の屋台が並んでくれると良いのだが、まだ判らん
DSC05635_R_20150806001600740.jpg
き何学的な図形を思わせるアングル
DSC05639_R_20150806001602bab.jpg
鉄骨の隙間から見える太陽光もいい感じだ
DSC05641_R_2015080600160330a.jpg
今日もあのねこはいなかった、どうしているんだろうか
DSC05642_R_20150806001605907.jpg
台座が露出している、大分潮が引いているのか?DSC05643_R_20150806001606b79.jpg
夜の花火の為に、場所取りが行われているのだろう、シートがあちこちに貼ってある
DSC05649_R_201508062121184e4.jpg
陰影の浮んだテルファーもまた良い
DSC05651_R_20150806212120a2d.jpg
ここの部分が特に気に入っている
DSC05654_R_20150806212122db5.jpg
夏の太陽とテルファーの組み合わせが気持ちいい
DSC05664_R_20150806215215f12.jpg
一旦護衛艦「さみだれ」を見に行き、空母氏と合流した
DSC05979_R_201508062152173dd.jpg
イベントが終わり、テルファーに戻る道すがら、古びた倉庫が気になった
DSC05981_R.jpg
その裏側にあるイベント広場は何も無かった(イベント広場なのに)
DSC05982_R_20150806215220285.jpg
どうやら干潮になっているようだ
DSC05984_R.jpg
一人、物思いにふける空母氏を見てると、何だか後ろから押したくなる衝動が・・・
DSC05986_R_201508062159419b1.jpg
潮が引いてテルファーの足が露出している
DSC05988_R.jpg
歩いて行って見よう
DSC05989_R_20150806215943bb8.jpg
京都 果実氷ってめっちゃ美味そうやん、カキ氷食べた直後っだたのが悔やまれる
DSC05991_R.jpg
テルファーの足元は露店で賑わっていた
DSC05992_R.jpg
しかし、どの店にもカキ氷がある気がする
DSC05994_R_20150806222814718.jpg
こんなにテルファーの周りに人がいるのは、始めてみる
DSC05996_R.jpg
完全に露出した橋脚
DSC05997_R_20150806222817f45.jpg
テルファーに沿って並ぶ露店、若干少ない気もする
DSC05999_R_201508062228183dd.jpg
午後になり、大分空も蒼くなってきた
DSC06004_R.jpg
この辺にも店があってもいいと思うが、多分本番は夜の花火の時間なんだろう
DSC06005_R_20150806225245e60.jpg
奥の建物に向う
DSC06006_R_201508062252468fe.jpg
一段ではこんな物
DSC06007_R_2015080622524846a.jpg
2段登ると上が見える
DSC06008_R.jpg
更に上がると何とかかな?
DSC06010_R.jpg
はたから見るとこんな感じ
DSC06012_R_20150806230531799.jpg
背中越しにフェリーが見えたタイミングよかった
DSC06013_R_20150806230532b88.jpg
堪能したので、テルファーを後にする
DSC06015_R_20150806230534272.jpg
今回も快適な渋滞を満喫する、この後12kmまで伸びた
DSC06016_R.jpg
帰宅時間は37度を越えていた、横浜は暑い

8月4日に横浜は花火大会があった、お祭りついでに華を添えよう、たまにはいいだろう
DSC06017_R.jpg
DSC06018_R_201508062321263ab.jpg
DSC06020_R_20150806232126d08.jpg
DSC06022_R_2015080623212858d.jpg
DSC06028_R_201508062323144a0.jpg
DSC06029_R_20150806232316321.jpg
DSC06030_R_20150806232317d81.jpg
DSC06032_R_20150806232319b78.jpg
DSC06033_R_2015080623232007e.jpg
DSC06034_R_2015080623245668d.jpg
DSC06037_R_20150806232458606.jpg
DSC06038_R.jpg
DSC06040_R_20150806232500a2e.jpg
DSC06041_R_20150806232502e05.jpg
DSC06050_R_20150806232700f70.jpg
DSC06054_R_201508062327024f4.jpg
DSC06056_R_20150806232703438.jpg
DSC06060_R.jpg
DSC06061_R_20150806232820c34.jpg
DSC06062_R.jpg
DSC06066_R_201508062328233a6.jpg
DSC06069_R_20150806233044605.jpg
祭りの終わった静寂さと〇〇が好きです
DSC06067_R.jpg
それぞれの思いを乗せて、船は港に帰って行く
DSC06070_R_20150806233045a5e.jpg
横浜大桟橋前のこの船は、大型の帆船だった、緑が映えてとても良い
今日の花火を見た人は、それぞれどんな気持ちで帰途に付いたのだろうか

あまり綺麗な写りではないが、携帯片手に右手一本で撮っているので、勘弁して欲しい
今回は700回記念と特別な日でしたので、花火動画で〆ます






清水港 護衛艦「さみだれ」一般公開 その2

DSC05791_R_20150804225720a42.jpg
空母氏発見!
DSC05792_R_201508042257226bc.jpg
合流し、格納庫へ入る
DSC05795_R_20150804225723692.jpg
目に憑いたのはこれ、ライフジャケット
DSC05796_R_2015080422572485d.jpg
着てみる事にした
DSC05799_R_201508042257260c5.jpg
ちなみに空母氏の場合
DSC05801_R_20150804232205ee7.jpg
DSC05802_R_20150804232206531.jpg
二周目の「さみだれ」となる
DSC05807_R_20150804232208a05.jpg
右ウイングの機銃座、見学用に外したのではなく、普段から機銃は無いそうだ
DSC05808_R_20150804232209630.jpg
信号旗甲板
DSC05810_R_2015080423221128d.jpg
若干太陽が移動して来た
DSC05811_R_20150804233636198.jpg
さっきと同じくラッパの演奏をしていた
DSC05814_R_20150804233638f0b.jpg
リクエストが有れば、答えてくれる
DSC05817_R_20150804233639422.jpg
艦橋から航路を眺める
DSC05821_R_20150804233641674.jpg
下に降りて来た
DSC05823_R_201508042336426da.jpg
空母氏が見知らぬ子供の写真を撮っている
DSC05824_R_201508052112469e9.jpg
砲塔のハッチが開いている
DSC05826_R_2015080521124891d.jpg
完全無人化されているので、誰もいない
DSC05827_R_20150805211249a84.jpg
外装はFRP樹脂で計量化
DSC05832_R_201508052112512d3.jpg
説明板
DSC05836_R_201508052112527e1.jpg
砲塔にしては長い砲身
DSC05847_R_20150805211920940.jpg
VLS、艦首に向って坂道になってるのが、よく判る
DSC05848_R_201508052119222e0.jpg
DSC05850_R_20150805211923b20.jpg
顔文字・・・・
DSC05853_R_201508052119256ae.jpg
やっぱりみんな主砲は大好きなようだ
DSC05854_R_20150805212756b60.jpg
空母氏ナンパ中
DSC05857_R_20150805212757fec.jpg
仕方が無いのでマリンジェットなどをボーっと見ている
DSC05862_R_20150805212759157.jpg
さて、降りよう
DSC05865_R_20150805212801e3c.jpg
しずぽん、暑そう
DSC05866_R_20150805212802bda.jpg
車両を見ていく
DSC05869_R_20150805222347ec5.jpg
高機動車(空母氏憑き)
DSC05867_R_201508052223476cd.jpg
始めて見たが、扉は一人で外す事が簡単に出切るそうだ
DSC05874_R_20150805222348e7c.jpg
キャンバストップも珍しい
DSC05875_R_201508052223501e8.jpg
1/2トラック
DSC05876_R_20150805222351140.jpg
ベースがパジェロなだけ有って、シートとかの乗り心地はとても良い(しかも冷房憑き)
DSC05885_R_20150805225357dfe.jpg
艦尾の旗がなびいていた
DSC05898_R_20150805225404bc0.jpg
航空自衛隊ゾーンの車両
DSC05887_R_20150805225401a85.jpg
DSC05886_R_20150805225359252.jpg
とりあえず乗ってみよう
DSC05890_R_20150805225402f5f.jpg
めちゃくちゃ涼しい!出たくなくなる
DSC05893_R_2015080522585354d.jpg
こんな快適な所にいたら、駄目になってしまう、さっさと出て行く
DSC05897_R_20150805225854160.jpg
空自ゾーンイベントメニュー
DSC05899_R_201508052258569be.jpg
パックさんを見に行く
DSC05901_R_201508052258572bb.jpg
まずはキャビンへ、2m近いかな?
DSC05908_R_20150805225858490.jpg
空母氏がシズポンと対峙していた
DSC05912_R_20150805230335810.jpg
発射機を見る
DSC05916_R_201508052303367b3.jpg
乗っていいようだ
DSC05919_R_20150805230339eca.jpg
よじ登っていく空母氏
DSC05917_R.jpg
発射機のお尻が開いてるのは珍しい
DSC05920_R_20150805230340c46.jpg
撃ってみたいよね~
DSC05927_R_201508052307569c2.jpg
「さみだれ」にも大分行列が出来ていた
DSC05928_R.jpg
みんな艦橋で止まってしまうのだ、いつもの事だ
DSC05929_R_20150805230758b73.jpg
露天を見ていく
DSC05930_R_20150805230800300.jpg
木工作業体験(無料)
DSC05933_R.jpg
ボーイスカウトなど地域の展示が主で、飲食関係は中には無かった
DSC05909_R_2015080523124062d.jpg
忘れる前に艦尾ネームを上げておく
DSC05938_R_20150805231241c32.jpg
いったん表に出て食べ物を物色する
DSC05939_R_20150805231243073.jpg
時間的にも客がそれなりに並んでいた
DSC05940_R_20150805231245e55.jpg
コレが無性に食いたくなった
DSC05942_R_20150805231246edb.jpg
手回し式カキ氷で、気泡の無い氷を使用
DSC05941_R_20150805231724310.jpg
空母氏も御満悦
DSC05943_R.jpg
自分はピーチを選択、もものスムージーが食いたい(訳あって、日中食べた唯一の食い物となった)
DSC05944_R_20150805231727eb9.jpg
海洋実習船「やいず」
DSC05945_R_2015080523172858b.jpg
かつおらしい(これも鯉のぼりと言うのだろうか?)
DSC05946_R_201508052321579ca.jpg
昼過ぎに航空ショウが始まる
DSC05950_R_20150805232159f15.jpg
護衛艦越しにT-7が飛んで来た
DSC05953_R_20150805232200cdd.jpg
4機のダイヤモンド
DSC05954_R_2015080523220161b.jpg
清浜基地からの飛来だろう
DSC05955_R_20150805232203136.jpg
プロペラ機も良いものだ
DSC05961_R_20150805232710f29.jpg
もう一度飛んで来た
DSC05963_R_201508052327116ef.jpg
飛行機もいいものだ
DSC05967_R_201508052327125ea.jpg
今度はT-4が飛んで来た、ブルーインパルスと同じ機体だ
DSC05969_R_20150805232714175.jpg
結構上の方を飛んで行く、自分のしょぼいレンズではこれが限界
DSC05970_R_201508052333003e9.jpg
空母氏もポジションチェンジ
DSC05972_R_2015080523330187c.jpg
また飛んで来た
DSC05973_R_20150805233303125.jpg
アロー
DSC05975_R_201508052333041a7.jpg
ブレイクして去っていった
DSC05977_R_20150805233306951.jpg
楽しかったが「さみだれ」も午後には帰ってしまう
自分はこの後大事な用があるので撤収する

清水港 護衛艦「さみだれ」一般公開 その1

27年8月1.2日に行われた、第68回清水みなと祭りのイベント、護衛艦「さみだれ」一般公開に行って来た
実は行く事に決めたのは前日の23時過ぎ、明日の予定を決めかねていた時、空母氏から「さみだれ」来てるよと
コメントがあった、ここに一つの計画が纏まった、先週に引き続き、清水へ向う事が決定した
DSC05619_R_20150802220103836.jpg
前回で時間的な余裕が判ったので、少しのんびり出発する
DSC05621_R_201508022201054d5.jpg
厚木付近で今回も自衛隊車両と出くわした
DSC05623_R_20150802220106b28.jpg
名古屋に続くこの道をってフレーズも馴染んできた
DSC05625_R_201508022201089b3.jpg
先週もこの辺で写真撮った気がする
DSC05626_R_20150802220109cd5.jpg
いい感じに苔生した壕口
DSC05629_R_20150802222844c0b.jpg
一路清水港に向う
DSC05656_R_20150802222847578.jpg
前回の駐車場が、一日200円から20分100円に1週間で値上がりしていた
DSC05655_R_2015080222284686c.jpg
向かいの一日300円に入庫した、今日は夜間に花火もあるようだが、そこまでは居られない
DSC05659_R_201508022228483c4.jpg
会場に行く、今日は0830からの開放だ
DSC05660_R_201508022228500f1.jpg
海洋実習船の体験航海も事前募集で行われるようだ
DSC05664_R_20150802232604489.jpg
護衛艦「さみだれ」本来呉の船だ
DSC05666_R_201508022326062e0.jpg
寄り道して0830は過ぎているのだが、客足は少ないようだ
DSC05669_R_2015080223260722c.jpg
お約束の銘板
DSC05671_R_201508022326081f2.jpg
しずぽん、ゆるキャラGP2015参戦!
DSC05675_R_2015080223365358f.jpg
陸自車両地上展示
DSC05674_R_20150802233652281.jpg
DSC05673_R_201508022336509e0.jpg
軽装甲機動車
DSC05678_R_20150802233654985.jpg
DSC05679_R_20150802233656e24.jpg
高機動車
DSC05680_R_20150803202754f03.jpg
DSC05681_R_20150803202755340.jpg
1/2t トラック
DSC05682_R_201508032027568ce.jpg
持ち物検査を経て、「さみだれ」に向う
DSC05683_R_20150803202758827.jpg
護衛艦さみだれの横断幕
DSC05684_R_201508032027592c1.jpg
ガスっぽい雲の切れ間から、日が照りだした、今日も暑くなりそうだ
DSC05685_R_201508032036268e7.jpg
まずは忘れない内に、救命浮輪をチェック
DSC05686_R_20150803203627119.jpg
書かれると、無性に昇りたくなるのは、なぜだろう?
DSC05687_R_20150803203629b8a.jpg
空自のパックが来ている様だ、後で見に行こう
DSC05691_R_201508032036316db.jpg
まずは飛行甲板のこれ
DSC05692_R_20150803203632410.jpg
SH-60K
DSC05694_R_201508032109559ab.jpg
艦尾にたなびく軍艦旗(自衛艦旗)
DSC05696_R_2015080321095704d.jpg
今回ももちろん乗れる(コクピットのみ)
DSC05699_R_201508032109580b2.jpg
艦尾の艦番号しも2桁
DSC05700_R_20150803211000138.jpg
ホイストクレーン、救助者を吊ったり、聴音器を落したり様々に使用DSC05701_R_201508032110016df.jpg
吊りベルトを装着させて貰ったが、結構重い物だった
DSC05703_R_20150803213541c56.jpg
ヘルメットと、ライフジャケット
DSC05709_R_20150803213542f52.jpg
Kになって、翼端が変更されている
DSC05710_R_20150803213543904.jpg
コクピットに乗ってみる
DSC05711_R_201508032135451a8.jpg
コクピットも最近は普通に写真を撮らせてくれる
DSC05718_R_20150803213546a13.jpg
格納庫に向う
DSC05719_R_20150803224700ec8.jpg
ロープの結び方教室
DSC05724_R_20150803224703677.jpg
サイドパイプ
DSC05720_R_20150803224701a1e.jpg
防護服の展示
DSC05726_R_20150803224704992.jpg
右舷甲板に出る
DSC05727_R_201508032247067ee.jpg
VLS発射機
DSC05728_R_20150803232259351.jpg
DSC05729_R_20150803232301c5c.jpg
中はこうなっている
DSC05733_R_20150803232302a6e.jpg
DSC05734_R_20150803232303143.jpg
3連装水上発射管
DSC05737_R_20150803232921aef.jpg
DSC05736_R_20150803232920e65.jpg
90式艦対艦誘導弾
DSC05738_R_20150803232922192.jpg
内火艇
DSC05739_R_20150803232924c03.jpg
DSC05740_R_20150803232925a26.jpg
チャフロケットランチャー、どの位上がるのか聞いたら教えてくれなかった
DSC05742_R_20150803233543fd9.jpg
階段をもう一段昇る、小さい子にはキツイ高さだ
DSC05743_R_20150803233544dc9.jpg
時鐘、ちなみに中は空っぽ
DSC05745_R_20150803233545d5d.jpg
信号旗用のロープ
DSC05756_R_20150804215936595.jpg
艦橋に向う
DSC05757_R_20150804215937a11.jpg
艦橋から前甲板を見る
DSC05778_R_20150804215939083.jpg
右下、戦艦三笠の文字がある、何だろう
DSC05782_R_20150804215941845.jpg
この辺で空母氏と連絡が取れた
DSC05786_R_201508042159424ec.jpg
どうやら会場に到着したようだ
DSC05789_R_20150804221310640.jpg
しかし、なぜか携帯が繋がらない
DSC05790_R_201508042213120c1.jpg
やむをえず、途中で降りる事にした

玉縄地下壕(龍宝寺)

DSC01755_R_20150731210330f24.jpg
この辺から斜面を右側に降りていく、慣れた人なら軍道の形跡が判るだろう
DSC01756_R_20150731210331d0b.jpg
道筋を辿って行くと、壕口が見えてくる
DSC01757_R_20150731210332537.jpg
その先に立派な交通壕が見えてきた
DSC01758_R_20150731210334b6d.jpg
この辺では見かけないほどキレイにクランクして掘ってある、人がすっぽり隠れるくらいの高さがある
DSC01759_R_20150731210335c5d.jpg
クランクして、右が壕口部分になるのだが
DSC01760_R_20150731220153de2.jpg
通り抜け禁止になっていた
DSC01761_R_201507312201558b0.jpg
壕口から中を眺める、崩落は少ないようだ
DSC01764_R_20150731220156cf5.jpg
いきなり階段が出てきた、これは萌える
DSC01766_R_201507312201585bf.jpg
とりあえず壕口を振り返る、交通壕の土塁で完全に隠蔽されている
DSC01767_R_20150731235003331.jpg
では、クランクを曲がって階段に行こう
DSC01769_R_20150731235003989.jpg
結構一段が大きく造られている
DSC01770_R_20150731235003ab7.jpg
ストロボ無しで撮ってみると、階段の感じが良く判る
DSC01772_R_201507312350051c2.jpg
T字路まで降りて来た
DSC01771_R_20150731235004950.jpg
壁を見ると、海の化石がそこら中に憑いていた
DSC01773_R_20150802173224ca5.jpg
階段を振り返る、一段が大きいのが判るだろう(特に下の方)
DSC01775_R_201508021732253cf.jpg
壕床が擦れている、この壕は長靴必須である、いろんな意味で・・・
DSC01776_R_20150802173226274.jpg
交差点、細かく区切られている区画だ
DSC01777_R_2015080217322725d.jpg
一方は物置の様なスペース
DSC01779_R_20150802173229a6f.jpg
突き当たりの通路、木の根や支保とは違う木材がやたらに散在しているのが、この壕の特徴
DSC01780_R_201508021742365ef.jpg
この区画は水没で汚い
DSC01781_R_20150802174238914.jpg
角に良くある窪み、何の為だろう?
DSC01782_R_20150802174239ea9.jpg
角を曲がると、長い通路があるが水没
DSC01784_R_20150802174241742.jpg
やたらに木材が多く歩きにくい、あるいは水没を超える為に誰かが持ち込んだのだろうか?
DSC01791_R_20150802174242225.jpg
ライトを消してみると、外光が射しているのが判る
DSC01793_R_201508021756216d2.jpg
最初に見つけた壕口だった
DSC01794_R_20150802175622cfd.jpg
壕口から振り返る、火炎放射や手榴弾を曲げこまれた時に、この形状は非常に有効だ
DSC01796_R_20150802175624c46.jpg
一旦分岐へ引き返す
DSC01799_R_20150802175625e00.jpg
別の交差点に進む
DSC01800_R_20150802175626932.jpg
曲がりくねりながら長く続く通路
DSC01801_R_201508021816041ce.jpg
交差点を曲がり、別の通路に進む
DSC01802_R_20150802181605c1e.jpg
何か突き刺さっとる
DSC01803_R_20150802181606a10.jpg
今度は通路の端っこに妙な穴が開いていた
DSC01804_R_20150802181608495.jpg
その先に、半分陥没した様なT字路があった
DSC01806_R_2015080218160943c.jpg
えらく無理矢理感のある交差点
DSC01808_R_201508021821334a6.jpg
左を見ると、先が長く続いている
DSC01809_R_201508021821353ea.jpg
取り合えず真っ直ぐ行ってみる
DSC01810_R_20150802182136c8a.jpg
崩落のせいか、床が悪い
DSC01812_R_20150802182138e34.jpg
T字路に出た
DSC01813_R_201508021821398ef.jpg
右側は埋め戻しのようだ
DSC01814_R_20150802183032e47.jpg
左側の通路、こちらも荒れている
DSC01815_R_20150802183034b9f.jpg
湘南学園のバレーボール
DSC01816_R_2015080218303588e.jpg
クランクした先で、終わっていた
DSC01817_R_201508021830376de.jpg
灯り用か、釘が1本刺さっていた
DSC01819_R_20150802183038407.jpg
T字の交差点に戻って行く
DSC01821_R_20150802183825268.jpg
下に降りていく
DSC01823_R_20150802183826879.jpg
またバスケットボールが落ちている
DSC01824_R_20150802183827add.jpg
変則T字路に突き当たる
DSC01825_R_2015080218382962a.jpg
左は開口しているようだ
DSC01826_R_201508021838316cf.jpg
右はやはり、爆風避け構造
DSC01828_R_2015080218430371f.jpg
半分埋まった壕口
DSC01829_R_20150802184305a4b.jpg
出てみた
DSC01831_R_20150802184306d77.jpg
人工的に掘られた痕跡がある
DSC01833_R_20150802184309e9a.jpg
ちょっと辺りを探してみる
DSC01832_R_20150802184307576.jpg
他には痕跡は見当たらなかった
DSC01835_R_201508021904057a4.jpg
壕口外部に釘が刺さっている、以外に珍しい
DSC01837_R_201508021904064af.jpg
壕内に戻る
DSC01841_R_20150802190409ca8.jpg
T字まで戻り
DSC01844_R_20150802190410cdb.jpg
もと来た壕口の階段へ戻って来た
DSC01845_R_2015080219534489c.jpg
階段のT字を行っていない方に進む
DSC01848_R_20150802195345ed6.jpg
すれ違い所の窪み
DSC01849_R_20150802195346d39.jpg
謎の穴ぼこがまたあった
DSC01851_R_20150802195348067.jpg
沢蟹、何食っているんだ?
DSC01853_R_201508021953505b6.jpg
通路は奥へと続く
DSC01855_R_2015080220055357d.jpg
一瞬終わりに見えたが、崩れたつるつるの斜面だった
DSC01857_R_2015080220055525c.jpg
その上には階段が見えている、行かねばならない
DSC01858_R_20150802200556dc2.jpg
更に階段は上へと続くが、この時点で空気の動きが無い、閉塞確実
DSC01864_R_201508022005579b8.jpg
案の定、上りきった所で閉塞していた
DSC01868_R_20150802200559d1b.jpg
この階段+崩れた斜面を降りるのは、すごく大変だった(ビデオなんか撮ってるせいだが)
DSC01869_R_201508022015524ae.jpg
壕を出て、山狩り続行
DSC01871_R_20150802201553dc4.jpg
少し離れた所に壕口発見
DSC01872_R_20150802201554000.jpg
30mも進むと
DSC01874_R_201508022015560db.jpg
掘りかけなのか、終わっていた
DSC01875_R_201508022015577cc.jpg
仕方ないので、引き返す
DSC01877_R_20150802202235d9a.jpg
捜索しながら下山する
DSC01878_R_20150802202236f8a.jpg
幾つか潰れた壕口らしき物はあったが、どっしょもないやん
DSC01879_R_20150802202237c35.jpg
降りてきた所にあった玉縄北条氏供養塔
DSC01880_R_20150802202240624.jpg
DSC01876_R_20150802202752616.jpg
山の中に有ったこれが、元もとの供養塔なのだろう

この後、この日3回目の山登り、池子弾薬庫 警備道に向うのであった