9月の夏島、貝山空母氏来訪 その1

前回、貝山を中心に夏島上部を案内したが、とても回りきれずに今回の再訪となった
夏島下層2層目、貝山の一部を回る事になる。
DSC08857_R_201509251522253cd.jpg
通いなれた夏島地下壕
DSC08859_R_20150925152227071.jpg
兎に角キレイで広い所が多く、初心者でも楽しめる地下壕
DSC08863_R_201509251522299b0.jpg
ただし、長靴はあった方が良い、部分的にやばい所あり
DSC08866_R_20150925152231b3f.jpg
見所は満載である、ただし広すぎて迷う危険もあるので、注意が必要だ
DSC08865_R_20150925152230571.jpg
正直松代なんかより、よっぽど楽しい地下壕である
DSC08868_R_20150925154703007.jpg
夏場の地下壕は水蒸気が立ち込める事が多い
DSC08869_R_20150925154705985.jpg
場所により、全く写真にならない所もある
DSC08870_R_20150925154705cc9.jpg
そんな時はこのように、ライトのみの撮影となる
DSC08872_R_2015092515470765c.jpg
この湿度は厄介で、通路1本でこんなに違ってくる
DSC08874_R_20150925154708ca4.jpg
初めて訪れる人は、夏島の面白いほど入り組んだ構造に、魅了される
DSC08875_R_201509251601251f9.jpg
測量ミスにより、隣の通路に貫通してしまった部分など萌える
DSC08881_R_20150925160127cae.jpg
地下の中の、そのまた地下に降りて行く
DSC08882_R_201509251601282df.jpg
さっき見た壁の穴の、内側にやって来た
DSC08883_R_20150925160129b77.jpg
天井の掘り方も、屋根型で珍しい
DSC08884_R_20150925160131def.jpg
大正13年12月製造の本物の箱が未だにここにある
DSC08887_R_201509251622479f9.jpg
朽ちた手袋
DSC08888_R_20150925162249cc3.jpg
中身の少し残った各種ビン類
DSC08889_R_2015092516225037c.jpg
この辺は大分ぬかるんでいるので、こけたらヤバイ
DSC08892_R_2015092516225125d.jpg
空母氏が何かを見つけたようだ
DSC08893_R_20150925162253177.jpg
1500Aの電気部品の一部
DSC08895_R_20150925163725666.jpg
湿気を吸い、固化してしまったセメント袋
DSC08896_R_2015092516372697f.jpg
カマドの跡、右は煙路(ガスボンベが転がっているので爆発の恐れあり)
DSC08899_R_20150925163727642.jpg
朽ちた海軍食器
DSC08902_R_2015092516372936f.jpg
泥濘と化した倉庫壕の主通路
DSC08907_R_201509251637302b1.jpg
帰る頃には、相当靴底がドロで重くなっている
DSC08908_R_20150925171045c47.jpg
キレイに掘られた通路を抜けて行くと
DSC08911_R_20150925171046d0c.jpg
主計課通路に出る、また湿度が高い
DSC08912_R_2015092517104796d.jpg
天井には、未だに電球が残っている物もある
DSC08913_R_2015092517104902f.jpg
キレイに掘り込まれた棚
DSC08916_R_201509251710502c9.jpg
スロープの付いた主計課倉庫
DSC08922_R_20150925172400d77.jpg
ここの部分が一番魅力のあるゾーンだと思う
DSC08923_R_20150925172401b37.jpg
隣にもう1本主計課倉庫はある
DSC08924_R_20150925172402747.jpg
こちらには棚の木枠すら残っている
DSC08926_R_201509251724048aa.jpg
最深部から出口に向う
DSC08929_R_20150925172405c43.jpg
ここでこんな文字を始めて見つける、何回来ても楽しませてくれる地下壕だ、隣のスペースには書きかけの跡も
DSC08931_R_20150925173203dd1.jpg
次の目的を決める相談
DSC08932_R_20150925173204825.jpg
夏島下層部分、探索終了
DSC08933_R_20150925173205b54.jpg
2層目に向う
DSC08934_R_201509251732074d8.jpg
有名なトイレ遺構
DSC08935_R_20150925173208205.jpg
2層目の内部は殆んどこんな感じ
DSC08937_R_20150925173742bd0.jpg
ふと見ると、足元に巨大なニシキヘビがとぐろを撒いていた、こんな所に捨てるなよ飼い主!
DSC08939_R_20150925173744a7f.jpg
部分的にはキレイに整地された通路もあるにはある
DSC08941_R_20150925173745b80.jpg
コンクリートで整形され、木枠で扉を付けた所が残っている
DSC08942_R_201509251737463bc.jpg
半分程度コンクリートと石積みで塞がれた壕口
DSC08943_R_20150925173748a14.jpg
夏島地下壕を後にする
スポンサーサイト

高烏(たかがらす)砲台 その2

DSC06915_R_2015092317582552d.jpg
展望台がある
DSC06916_R_2015092317582784f.jpg
闇の中で何かが光った、ねこだ!
DSC06917_R_20150923175827356.jpg
じっとこっちを見ていた、展望台の主だろうか?
DSC06918_R.jpg
展望台の展望図
DSC06922_R_20150923175830be3.jpg
右の辺りの夜景だが、さっぱり判らないだろう
DSC06925_R_20150923182930435.jpg
下に降りると、何か建っている
DSC06932_R_20150923182934c32.jpg
ここからの展望
DSC06931_R_20150923182931d28.jpg
夜景だとこんな感じ
DSC06934_R_20150923182935e4a.jpg
反対側の、ここからの展望
DSC06936_R_20150923182936e45.jpg
港の夜景はいいものだ
DSC06938_R_20150923184038d98.jpg
奥の柵は当時の物だろう
DSC06939_R_20150923184039620.jpg
平清盛像、1165(永万元)年に平清盛が西に沈む夕日を「金の扇」で招き返し、1日で切り開いたという伝説のある名勝地
DSC06941_R_20150923184040a3c.jpg
何らかの遺構だろうか、石積みがある
DSC06942_R_20150923184042bb0.jpg
丸い物はみんな砲座に見える病、実際高角砲座が何処にあったか判らない
DSC06944_R_201509231840439ec.jpg
駐車場脇の砲座に降りて来た、即応砲弾置き場から、砲座は大分埋められてることが判る
DSC06945_R_201509231934569c1.jpg
公園整備の為、この様に遺構自体を壊してしまうのも、考え物だろう、砲台を見に来る人の為に駐車場を造る、歩道を造る、その為に遺構を一部壊しても仕方が無いと言う考えはどうも頂けない、単なる観光資源化に感じる
DSC06948_R.jpg
弾薬庫に降りて行く
DSC06949_R.jpg
この弾薬庫は、水は無いが苔生している
DSC06950_R_20150923193501821.jpg
形状は一緒
DSC06951_R_201509231957494f8.jpg
天井の通気孔
DSC06952_R_20150923195750343.jpg
最深部から、前室方向を見る
DSC06955_R_201509231957519f6.jpg
最後の弾薬庫に行ってみる
DSC06958_R_20150923195752018.jpg
ここは残念な落書きが多い、観光地化の弊害だ
DSC06960_R_20150923195754a55.jpg
中は水没しているので、入らなかった
DSC06961_R_2015092320414052c.jpg
お城の石垣の様な積み上げ
DSC06963_R_20150923204142d57.jpg
スロープから兵舎跡へと降りて行く
DSC06966_R_20150923204145d2a.jpg
このカットはいろんな所で使われているが、ちょうどここに階段が造られているのだ、見学用なのだろう
DSC06968_R_20150923204147d8a.jpg
暗い中、一通り見終えて砲台をあとにした
DSC06969_R_201509232111215c4.jpg
この時間になると、誰もいない、道路の真ん中に停まっていても、車も何も通らない
DSC06970_R_2015092321112291d.jpg
ホテルに帰り、明日の行動を考える、実際に現地に来て見れば、結構移動時間にかかる物があり、行ける場所が限定される事が判明、土地勘が無い事がかなり響きそうである、yakumoの長い夜が始まる、作戦を練り直さないと行けない葛藤との戦いが始まった。

高烏(たかがらす)砲台 その1

この花崗岩造りの一連の構築物は、旧高烏砲台の跡である。
明治16年第二海軍区鎮府の候補地として呉港があげられ、明治19年7月軍港設置とともに敵の艦砲射撃に備えて軍港防備の陸上砲台は陸軍において構築することになり、陸軍予算として閣議にあがったが、第一期計画からは除外された。
たまたま日清戦争が起こるにいたって、広島に大本営が置かれるなど情勢の変転に伴って再び砲台構築の議が起り、明治29年陸軍の手によって砲台、火薬庫、兵舎などの工事が始まり、引き続き同32年から3ヶ月(3年だろ)の歳月を費やして完成した。
後になって海軍の所管に移され太平洋戦争においては専ら防空砲台として使用されたが、明治中期の軍港を護る要塞砲の形式としては珍しいものである。
高烏砲台跡 呉市案内掲示板より

広島県呉市警固屋8丁目地内 音戸の瀬戸公園
DSC06856_R_20150920213838019.jpg
呉市内に戻って来た
DSC06859_R_20150920213839ab0.jpg
流石にこの時間では先にチェックインしといた方が良さそうだからだ
DSC06861_R_201509202138421a2.jpg
一息してすぐにまた出かけて行った、夜のてつのくじら館前を通過
DSC06863_R_20150920213842deb.jpg
派手な橋が見えて来た
DSC06865_R_20150920213844b78.jpg
第二音戸大橋を下から見上げる
DSC06867_R_20150921200232ae7.jpg
ループ橋を上がって行く
DSC06869_R_2015092120023445f.jpg
この公園はえらく細長いようで、砲台は最深部のようだ(看板に砲台の案内は無い)
DSC06870_R_20150921200235e97.jpg
この駐車場から更に、1.2Km登る
DSC06875_R_20150921200237eb3.jpg
坂の途中にある景勝地
DSC06877_R_2015092120023888d.jpg
大分上がって来たので、夜景はきれいだ
DSC06879_R_201509212011280cb.jpg
光田庭園、日本一大欅根株・・産地、岩手県九戸郡山形村
DSC06880_R_201509212011302c9.jpg
音戸の瀬戸の開通を記念して建てられた二重の塔
DSC06881_R_20150921201131b15.jpg
上の駐車場に着くと、ヘッドライトに照らされて、それは目の前に現れた
DSC06883_R_20150921201132cdd.jpg
案内板
DSC06884_R_20150921201134ad6.jpg
兵舎に近寄る
DSC06885_R_2015092120351801d.jpg
入り口入って、左側
DSC06886_R_201509212035196e4.jpg
右を向く、かなり広い建物だ
DSC06887_R_20150921203520524.jpg
花崗岩で造られたこの兵舎、100年経っているとは思えない状態の良さ
DSC06888_R_20150921203522851.jpg
奥の入り口には、土間なのだろうか、囲いがある
DSC06890_R_201509212055325de.jpg
横手から外に出る
DSC06889_R_20150921203523cf9.jpg
貯水槽が横手にある
DSC06893_R_2015092121100678a.jpg
その奥にはトイレがある
DSC06894_R_20150921205533491.jpg
兵舎の屋根は木製だったので、既に失われているが外壁は更に100年持ちそうだ
DSC06895_R_201509212055359a4.jpg
外回りには排水溝があり、夜中に来ると危ないので気をつけよう
DSC06897_R_2015092120553690e.jpg
上の砲座に来た
DSC06898_R_20150921211730250.jpg
砲座の前まで車で行ける
DSC06899_R_20150921211731d4f.jpg
旧要塞砲台の沿革
DSC06902_R_20150921211735538.jpg
弾薬庫に降りて行く
DSC06903_R_20150921211734a23.jpg
入り口前にある、楊弾用のクレーン台座
DSC06904_R_20150921211736d13.jpg
花崗岩とコンクリートで出来ている
DSC06905_R_20150921222302c96.jpg
ここの弾薬庫は、銃眼を備え、前室、後室に分かれている
DSC06906_R_20150921222304dc5.jpg
前室は、雨のせいか水没している
DSC06907_R_20150921222305190.jpg
後室は大空砲台の様な丸みを帯びた物だった
DSC06908_R_201509212223077b0.jpg
天井には通気孔が設けられている
DSC06909_R_2015092122230841e.jpg
前室と後室の間の壁は、かなり分厚い
DSC06910_R_201509212238585bb.jpg
隣の砲座、砲床は埋められているようだ
DSC06911_R_20150921223859838.jpg
横檣の先に
DSC06912_R_201509212239022e1.jpg
低い入り口がある
DSC06913_R_20150921223904506.jpg
計算室、もしくは通信室だろう
DSC06914_R_20150921223904e08.jpg
砲座の上に登る

大空山堡塁(大空公園) その2

DSC06793_R_20150920091112e4f.jpg
2つ目の砲座、形状は同じだ
DSC06792_R_201509200911112bb.jpg
背部に小隊長位置もある、ちなみに一番奥で一段だけ高くなっているが写真が無い
DSC06796_R_20150920091121203.jpg
砲座、底部はコンクリートだったが、植樹の為に掘り返してあるのだろう
DSC06794_R_20150920091114d29.jpg
即応砲弾置き場
DSC06795_R_20150920091117661.jpg
蓋自体は盗られているが、止め具はほとんど残っている
DSC06797_R_201509200922479c1.jpg
砲座間の伝声管、貫通しているかは、不明
DSC06798_R_201509200922488d3.jpg
もう一つの砲側庫
DSC06799_R_20150920092250f0b.jpg
形状も全く一緒である
DSC06800_R_20150920092251c66.jpg
よく判らん・・・
DSC06803_R_20150920092253ffa.jpg
もう少し突っ込むと、なんとか見えたが休憩室と化している
DSC06804_R_20150920160038ebd.jpg
僅かに残る窓枠などは、当時の物だろうか、横須賀の夏島などにも残っているので、不思議ではない
DSC06805_R_20150920160040721.jpg
砲側庫から上に階段を登った
DSC06806_R_201509201600412e6.jpg
胸檣部、キレイなバンクを描いている
DSC06808_R.jpg
はるか彼方に安芸灘大橋が見える
DSC06809_R_201509201600444f8.jpg
上を見上げると、観測所が見える
DSC06810_R_20150920161813e6b.jpg
何故かピンボケているが、上には東屋があった
DSC06811_R_2015092016181463f.jpg
晴れていたら、結構な眺めだっただろうが、今は夕方だし小雨が降っている
DSC06815_R_20150920161816011.jpg
苔生した小道を一人歩く
DSC06816_R_201509201618176cb.jpg
観測所が見えて来た、近代的な3階建てである
DSC06818_R_201509201618190bf.jpg
何かの台座がある、アンテナの鉄塔跡だろうか
DSC06819_R_20150920163136606.jpg
記念碑の下の台座は方位盤になっている
DSC06820_R_20150920163138b10.jpg
回り込むと、観測所のオリジナル出入り口となる、階段がある
DSC06821_R_20150920163139780.jpg
そう、この展望台は、旧観測所の上に乗っかっている
DSC06822_R.jpg
3階にある展望図
DSC06824_R_20150920163142277.jpg
砲座方向を見下ろす
DSC06825_R_20150920164122f48.jpg
安芸灘大橋が見える
DSC06826_R_201509201641241e0.jpg
在日米陸軍広弾薬庫、旧軍の地下施設を利用している
DSC06827_R_201509201641244a4.jpg
秋月(広島県安芸郡江田島町)、広(呉市)、川上(東広島市)の三弾薬庫に、計七万五千トンの貯蔵能力を持つ。
DSC06828_R_20150920164126a97.jpg
小情島かな?
DSC06829_R_20150920164127c00.jpg
亀が首方向だと思う、小雨降っていて良く判らん
DSC06830_R_20150920171009970.jpg
下に降りよう、この階段マジ狭い
DSC06831_R_2015092017101054c.jpg
階段を降りると、こんな窪みがあるが胸の高さぐらいしかない
DSC06832_R_20150920171014ad9.jpg
その角を曲がった所に
DSC06834_R_2015092017101536a.jpg
通信室らしき物がある
DSC06840_R_201509201710158eb.jpg
弾薬庫と違い、奥が丸くない
DSC06836_R_20150920184855e51.jpg
上の写真の右上の伝声管、観測所と繋がっていたのだろう
DSC06837_R_201509201848577df.jpg
入り口を振り返る、結構内部は暗い
DSC06838_R_20150920184858bb3.jpg
電気を付けるとこんな感じ、右の壁に穴がある
DSC06839_R_20150920184859a43.jpg
下の砲座への伝声管だろう、若干狭い
DSC06841_R_20150920184901003.jpg
横の階段を登ってみる
DSC06842_R_2015092019012565f.jpg
観測所基礎の横にある、砲台長位置、ここにもお立ち台が付いている
DSC06843_R_201509201901268f5.jpg
急な階段を降りて行く
DSC06844_R_20150920190127685.jpg
実はこの観測所の裏側に、補助観測所があったようだ、帰ってから知った
DSC06845_R_201509201901319c4.jpg
キレイに整備された砲座
DSC06846_R_20150920190129d4d.jpg
砲側庫も見慣れると、石積みがいい感じだ
DSC06849_R_20150920191142d98.jpg
こんな感じに残してくれるなら、公園化も良いだろうが、観測所はいただけない
DSC06850_R_20150920191144316.jpg
さぁ、次に向おう
DSC06851_R_2015092019114543c.jpg
駐車場には、砲具庫、炸薬槙実所、装薬調整所、厠などがあった
DSC06852_R_20150920191147517.jpg
帰り道、崖面にお地蔵さんが等間隔に埋まっている所があった
DSC06853_R_2015092019114838b.jpg
こんな道を降りて行く、あまりデカイ車では来ない方がいいだろう、すれ違えないかも
DSC06854_R_2015092019514179c.jpg
帰りは違うルートから降りていった、同じじゃつまらん!

大空山堡塁(大空公園) その1

明治期に軍用地として山上に砲台(大空山堡塁)が築かれ、太平洋戦争当時は高射砲陣地となって一般の登山は禁止されていた。以前砲台が築かれていたことから砲台山とも呼ばれている。

終戦後、砲台跡地は大空山公園として整備され、公園内には1,200本の桜があり、桜の名所となっている。砲座跡地に建設された展望台からは阿賀、広、横路など呉市東部の街並みが一望できる。 また、弾薬庫跡など一部の建物はそのまま残されている。
wikiより

明治35年4月着工、 明治36年12月竣工、大正15年8月 廃止
備砲 無し(28cm榴弾砲 2砲座×各2門 計4門が配備予定だったが砲不足の為、備砲無しの状態での竣工となった。
結局廃止となる大正15年まで28cm榴弾砲が装備される事は無かった。
呉軍港の背面を防備するための堡塁砲台として、整備されたが、バルチック艦隊は来なかった。

高烏砲台同様、大正15年に管轄が陸軍から海軍に移っており、昭和20年1月に88式7.5cm高射砲6門が設置され、大空山防空砲台として呉防空の為、やっと砲台としての機能をはたした。
正式には八八式七糎野戦高射砲、0.5は付かない、高射砲と書いてある様に、陸軍の砲である
海軍所轄地になったのではと、疑問が残る、再移管だろうか?
ちなみに高射砲は高位置、観測所付近にも据えられたようで、旧砲座に4門、観測所付近に2門だろうか?
〒737-0115 広島県呉市広町25
34.242806, 132.603098(グーグル)

DSC06760_R_2015091919022771c.jpg
安芸灘大橋を眺めながら、国道185号線を走る
DSC06761_R_20150919190145655.jpg
仁方第二トンネル通過
DSC06763_R_20150919190147f56.jpg
道中で見かけるお墓には、何故か派手な装飾が成されていた、土地の習慣だろうか、あちこちに見かけた
DSC06764_R.jpg
結構狭い道を上ってきた、車で15分ほど登るとこの看板のある分岐に憑く
DSC06765_R_20150919190150f06.jpg
目に付くのがこれ、かまぼこ型の弾薬庫
DSC06766_R_2015091919303809d.jpg
側面は石積み、上部はコンクリートのようだ、側面には唯一の出入り口がある
DSC06767_R_201509191930401ed.jpg
実際、オープンな、かまぼこ型弾薬庫とは、かなり珍しい物だ、本当に弾薬庫か?
良く調べると、これは火薬支庫であって、隣には装薬調整所があったようだ、一般に火薬と弾薬は一緒に考えられやすいのか
DSC06768_R_201509191930424e5.jpg
普通、出入り口となるこの面には窓しかない
DSC06769_R_20150919193042bd3.jpg
土塁側の隙間に入り込む、雨が降っているので、足元は最悪だ
DSC06770_R_20150919193044ef9.jpg
道路側は塞がれている窓も、こちら側は開いている
DSC06771_R_20150919194823381.jpg
右側を覗く、枝の束で埋め尽くされている
DSC06773_R_20150919194824294.jpg
左側、やはり防湿用のコールタールなどは、見受けられない
DSC06774_R_201509191948275a1.jpg
唯一の入り口がこの小ささ、人が立って入れないのだ、作業出来ないだろう
DSC06775_R_2015091919482803c.jpg
土塁側のコンクリートは作りも荒い
DSC06776_R_2015091919482921d.jpg
横の窓から見た、内部全体(天井の黒ずみは、戦後の焚き火などだろう)
DSC06778_R_20150919200540e91.jpg
車に戻り、砲台を目指す
DSC06779_R_201509192005423b5.jpg
平和の庭?
DSC06780_R_201509192005447ae.jpg
駐車場(無料)手前には当時からのものか、井戸がある
DSC06781_R_201509192005460c4.jpg
立派なトイレはあるが、自販機などは何も無い
DSC06782_R_2015091920054594d.jpg
歩道を上がるとすぐに砲台に出る
DSC06783_R_201509200723034fa.jpg
石積みの小隊長位置、神奈川では見かけない作り方だ
DSC06784_R_2015092007230519b.jpg
砲座、2門一組で1座となる
DSC06785_R_20150920072306cbd.jpg
小隊長位置から望む
DSC06786_R_20150920072308973.jpg
案内板があった
DSC06787_R_20150920072308198.jpg
砲座間の砲側庫、これも石積みである(内部はコンクリート)
DSC06791_R_20150920082852c88.jpg
内部は物置となっているが、下部は石積みなのが判る、最奥面は丸くなっている
DSC06788_R_20150920082849b9e.jpg
砲座、砲側庫間に上への階段がある、2座とも同位置にあるので、観光用では無く、オリジナルだろう
DSC06790_R_201509200828506a5.jpg
頭標高柱?何だろう?

コンクリート船武智丸

戦時体制下であった日本では輸送手段の貨物船も、造船用鋼材も極度に不足していた。舞鶴海軍工廠技術中佐であった林邦雄は800トン級貨物船をコンクリートで作る承認を艦政本部から得た。この計画に大阪府土木会社の武智昭次郎が事業に名乗りを挙げ、兵庫県印南郡曽根町(現在の高砂市)の塩田跡に新設された武智造船所でコンクリート船体が建造され、艤装は岡山県玉野市の三井造船玉野で行われた。寸法などは戦標船E型に準じて製作された。 このコンクリート船に先立ち、エンジン等の自走機関を持たない被曳航油送船が1943年(昭和18年)に5隻建造された。武智丸はいずれも海軍輸送船として引き渡され、第一武智丸が1944年(昭和19年)6月竣工、ついで第二、第三も竣工。主に石炭や製鋼原料、雑貨輸送に利用され、瀬戸内海を中心に一部は南方へも航海した。

第三武智丸は1945年(昭和20年)7月10日に瀬戸内海の小豆島沖で触雷沈没。 第四武智丸は艤装中に終戦を迎え、終戦後完成したが台風で神戸沖で9月17日に座礁し、のち廃船。 終戦後も残存したのは、第一・第二の二隻のみであった。wikiより

本文中の被曳航油送船も1隻残っているので、後に紹介する

DSC06675_R_20150916225717f44.jpg
国道185号線34.281574, 132.757048ポイントより眺める
DSC06755_R_2015091623112351b.jpg
水の守り神 武智丸
DSC06676_R_20150916225719a9d.jpg
説明板
DSC06677_R.jpg
船首から回り込む
DSC06679_R_2015091622572381c.jpg
船首の楊錨機
DSC06680_R_20150916225723f87.jpg
覗き込むと、海面が見える
DSC06682_R_20150916233603e79.jpg
レール状の溝から、甲板に降りる
DSC06683_R_20150916233605a60.jpg
砂利の敷かれた甲板
DSC06684_R_201509162336067fa.jpg
振り返る、飛び降りた錨鎖甲板の左手に
DSC06685_R_20150916233610778.jpg
切り取ったような、入り口がある
DSC06686_R_2015091623360941c.jpg
水没した船首部分
DSC06689_R_20150916235421a5c.jpg
舷側から降りてみる、船首のみ鋼板でカバーされているのが判る
DSC06690_R_20150916235423451.jpg
右舷側はこんな感じ(足元は異様に滑るので注意)
DSC06691_R_20150916235427e37.jpg
甲板に戻る
DSC06693_R_20150916235426aeb.jpg
何かが取り付けられていた跡
DSC06694_R_20150916235428cad.jpg
円形のボルトを見ると、機銃でも据えていたのかと、思ってしまう
DSC06695_R_20150917230856c29.jpg
船倉開口部、完全に水没している
DSC06696_R.jpg
後部船体部に入る
DSC06698_R_20150917230858393.jpg
船の骨格のような空間
DSC06700_R_20150917230902d64.jpg
丸い窓が二つ
DSC06699_R_20150917230902516.jpg
舷窓から顔を出してみる
DSC06701_R_20150917233405841.jpg
船の後ろの方は水が溜まっていて入れないDSC06702_R_20150917233407e93.jpg
船倉を覗き込む、恐らく雨水なのだろう、漁礁と違って魚影は見えないDSC06704_R_201509172334098cc.jpg
天井、上甲板のハッチから光が入る
DSC06703_R_20150917233410a83.jpg
船尾方向、柱の後ろにハッチが開口している
DSC06705_R_201509172334123ad.jpg
船尾から船首方向を見る、軍艦島の廃ビルのようにも見える
DSC06707_R_2015091821114322a.jpg
舷窓の丸窓から見る海は、また格別である
DSC06706_R_2015091821114325c.jpg
この船は、地元に愛されているようで、落書きなどを見かけることはあまり無かった
DSC06709_R_20150918211143436.jpg
船底に降りてみたいが、無理なようだ
DSC06712_R_20150918211145e04.jpg
上によじ登ってみると、なんとすぐ横に道がある、苦労して上った自分の立場は?
DSC06714_R_201509182111467ce.jpg
あるものは有効に使って、隣の船に移動する
DSC06715_R_2015091821234711a.jpg
接合部到達
DSC06717_R_20150918212349d4b.jpg
接合部と言っても、本当にくっついてる訳では無い
DSC06722_R_2015091821235127e.jpg
2隻目の後部上甲板、当時はきっと木甲板でも貼ってあったのだろう
DSC06724_R_20150918212352329.jpg
1隻目を振り返ると、見事な曲線がいい
DSC06718_R_2015091821235362a.jpg
後甲板のハッチ、落ちたらえらい事になる
DSC06725_R_20150918213909771.jpg
通路はつまらないので、梁の上を歩く
DSC06726_R_20150918213910eff.jpg
正確には舷側部だが、幅10cmぐらいで、横はすぐ海だ、真似しない様に!
DSC06728_R_201509182139123a1.jpg
中甲板を見下ろす
DSC06730_R_2015091821391389e.jpg
1隻目より、かなり状態がいいようだ
DSC06732_R_2015091821391541b.jpg
取り合えず、下に飛び降りる
DSC06733_R_201509182145059f2.jpg
驚いたカニに威嚇された、ごめんよ!
DSC06734_R_20150918214507dc6.jpg
船尾に向う
DSC06736_R_20150918214508276.jpg
汚泥が溜まり、これ以上は行けなかった
DSC06737_R_20150918214509133.jpg
中央部に向う
DSC06738_R_20150918214511fc8.jpg
巨大なプールと化した船倉
DSC06743_R_201509182151476e8.jpg
船蔵を覗き込む内部は鉄骨なのか?
DSC06741_R_201509182151452c6.jpg
甲板構造は同じようだ
DSC06739_R_201509182151432e0.jpg
所々に残る係船具の跡
DSC06742_R_20150918215145f85.jpg
舷側の木材
DSC06744_R_201509182151483a3.jpg
船首方向に向かう
DSC06745_R_201509182202572fe.jpg
船首の中は、漁具が捨て置かれている
DSC06748_R_2015091822025978a.jpg
上に登る
DSC06751_R_20150918220302865.jpg
この船も船首部分だけ鋼板が張られている
DSC06752_R_20150918220302395.jpg
船首を見る、中々するどい
DSC06749_R_20150918220303d2f.jpg
この先は普通の防波堤が延長されている
DSC06753_R_2015091822094920d.jpg
左舷側も見てみる、海側の方がやっぱり風化か進んでいる様に見える
DSC06754_R_20150918220951315.jpg
さて、戻るとするか
DSC06756_R_201509182209530fa.jpg
この二隻は、これからも寄り添うように、港を護ってくれるのだろう
DSC06758_R_20150918220954781.jpg
仲良く寄り添う感じが印象的だった
DSC06759_R_201509182215225c0.jpg
コンクリート船武智丸を後にする




てつのくじら館 その2

DSC06599_R_20150912230645369.jpg
潜水艦の中の生活環境、椅子の下も収納スペース
DSC06600_R_2015091223064669e.jpg
潜水艦の中は特に狭いので、艦長以外は個室は無い
DSC06602_R_201509122306493e6.jpg
子供たちが楽しそうに体験していた、大人には実際きつい狭さである
DSC06605_R_20150912231655932.jpg
食事メニューだけと、思ったら
DSC06604_R_201509122316531bf.jpg
非常灯モードが有ったりして、楽しめる
DSC06606_R_2015091223165677b.jpg
潜望鏡体験
DSC06607_R_20150912231657555.jpg
見れなかったが、モニターが映像を写しているだけの様だ(建物の中だし)
DSC06609_R_20150912231659c73.jpg
対艦攻撃コーナー
DSC06611_R_201509122326176c6.jpg
天井には魚雷が吊るされている
DSC06610_R_20150912232617e74.jpg
何にも紹介らしきものが無い
DSC06613_R_2015091223262175f.jpg
不明瞭なので、画像だけ
DSC06612_R_201509122326196b9.jpg
無人ヘリコプターによる、対潜水艦攻撃機
DSC06615_R_201509122326219b5.jpg
1960年に、既に現代の無人機と同様の指向をしていたようだ
DSC06617_R_20150912233452375.jpg
いよいよ潜水艦内に入る
DSC06619_R_20150912233453f12.jpg
外殻に穴を開けて出入り口を作っている
DSC06620_R_20150912233454db0.jpg
一応まだ、自衛隊の備品扱いである
DSC06621_R.jpg
本当に稼動時のままのバルブ、計器類がそのままある
DSC06622_R_2015091223345767a.jpg
入ってすぐに有るのがこれ
DSC06623_R_20150913001615de0.jpg
士官便所
DSC06624_R_20150913001616278.jpg
天井にハッチが見える
DSC06625_R_201509130016176bf.jpg
荷物を持っての出入りは、非常にしにくそうだ
DSC06627_R_201509130016190e3.jpg
この辺は居住区のようだ
DSC06628_R_20150913001620f36.jpg
シンク、士官用厨房か?
DSC06630_R.jpg
屋内展示でもあった、寝室
DSC06631_R_201509132130566c9.jpg
非常灯モードもあった
DSC06633_R_201509132130571bc.jpg
狭い通路を通って行く
DSC06634_R_20150913213059e83.jpg
士官食堂だと思う
DSC06635_R_20150913213100b98.jpg
士官用コーヒーカップ
DSC06636_R_20150913222226bd9.jpg
三段ベット、底の部分は収納スペース
DSC06637_R_20150913222228509.jpg
士官用でもこの狭さ
DSC06641_R_20150913222228ecd.jpg
唯一の個室
DSC06642_R_20150913222229d6d.jpg
艦長室、それでもこれがやっとである(ちなみに奥がベット)
DSC06643_R_20150913222231138.jpg
発令所に入る
DSC06644_R_20150913223739a4b.jpg
発令所内も狭い
DSC06646_R_2015091322374026f.jpg
海図台辺りが一番広いかな
DSC06648_R_201509132237412c5.jpg
潜航と浮上の仕組み
DSC06649_R_2015091322374316b.jpg
コクピットの様な操船室
DSC06650_R_20150913223744ab4.jpg
大型機のようなハンドル
DSC06651_R_20150913230212541.jpg
これが潜望鏡、航海用と戦闘用らしい
DSC06652_R_201509132302130c5.jpg
館内電話、ここから全ての場所に連絡できる
DSC06653_R_20150913230214dca.jpg
艦橋昇降筒、司令室は艦橋にあるのではなく、胴体の中だ
DSC06655_R_201509132302164e5.jpg
基本、狭いので全員立っているから椅子がない
DSC06656_R_20150913230217b1a.jpg
司令室を出ると、すぐに出口となる
DSC06657_R_201509142156142b4.jpg
目の前にセイルがある、上にあるのが潜望鏡
DSC06658_R_20150914215615f62.jpg
海自情報ステーション、イベント室に入る
DSC06659_R_2015091421561926b.jpg
潜水艦に取り付ける望遠鏡の展示がある
DSC06660_R_2015091421561901b.jpg
窓から潜水艦の艦首が見える
DSC06661_R_20150914215620836.jpg
実際に外を見る事ができる
DSC06662_R_201509142229221d5.jpg
目玉はこれ、
DSC06663_R_20150914222924730.jpg
伊400型潜水艦の双眼鏡
DSC06664_R_2015091422292623b.jpg
22倍双眼鏡、本物の残存遺物である、触れないのが残念
DSC06665_R_2015091422292725c.jpg
欲しいなこれ!
DSC06666_R_20150914222928e53.jpg
海上自衛隊の制服の試着写真コーナー
DSC06667_R_20150914233306516.jpg
売店と軽食コーナー
DSC06668_R_201509142333087fe.jpg
時間帯のせいか、売り切れていた
DSC06669_R_201509142333100fd.jpg
あれいからすこで日曜の一般公開をしているようだ、(要事前申請)
DSC06670_R_20150914233313b70.jpg
知っていたら、行って見たかったかも、時間たん無いけど・・・
DSC06671_R.jpg
観艦式のポスター
DSC06672_R_201509142339577f8.jpg
てつのくじら館を後にする
DSC06673_R_201509142339597db.jpg
隣のスーパーで買ったこの日の昼食
DSC06674_R_20150914234000b2c.jpg
川の向こうにポンプ所だろうか?当時っぽい建物が有るが良く判らん、行けないし

てつのくじら館 その1

大和ミュージアムを出て、道路を挟んだ所にある、てつのくじら館に向った
こちらは大和ミュージアムと違い、れっきとした海上自衛隊の資料館である、よって入場は無料!
案内は基本的にOB,関係者が行っているので、自衛隊らしさは殆んどないので、入りやすいだろう
DSC06541_R_2015091218523984c.jpg
信号を渡り、てつのくじら館に向う
DSC06542_R_201509121852417c4.jpg
柵の中に何かが転がっている(何の説明も無い)
DSC06543_R_201509121852424e6.jpg
これが何だか判る人は少ないだろう
DSC06544_R_20150912185243b75.jpg
本体のここに収納されている、潜水艦のアンカー(イカリ)である
DSC06546_R_20150912185245a28.jpg
休館日は毎週火曜日のようだ、明日にしなくて良かった
DSC06549_R_20150912190841578.jpg
転がらない様に、がっちりと固定されている
DSC06550_R_20150912190842872.jpg
28年3月まで、特別展を開催しているようだ
DSC06551_R_20150912190844201.jpg
てつのくじら館に入場するDSC06552_R.jpg
海軍の黎明期から近代までの移り変わり
DSC06553_R_20150912203828de1.jpg
エスカレーターを2階に登って行く
DSC06554_R_20150912203830c0b.jpg
非常灯が、雰囲気を作り出す
DSC06555_R_2015091220383101b.jpg
床面に映りだす絵柄
DSC06556_R_20150912203832c4c.jpg
天井のプロジェクターからの投射だ
DSC06557_R_20150912203835df2.jpg
2階は掃海に関するコーナー、海上自衛隊の戦後の仕事は、掃海に尽きると言って過言では無いだろう
DSC06558_R_201509122052032d0.jpg
海軍終焉70年特別展
DSC06559_R_201509122052045c4.jpg
薄暗い展示会場
DSC06560_R_20150912205206277.jpg
一般に想像されるのはこんな棘の生えた接触型機雷だろう
DSC06561_R_20150912205207ead.jpg
米軍のお下がり掃海艇から、始まった
DSC06562_R_201509122052084c5.jpg
機雷の展示紹介コーナー
DSC06564_R_2015091221093711d.jpg
DSC06565_R_201509122109044f8.jpg
55式2型機雷、機雷は用途により、丸いとは限らない
DSC06569_R_201509122109086df.jpg
カットモデルも展示
DSC06566_R_2015091221090662d.jpg
DSC06568_R_20150912210907b5a.jpg
ペルシャ湾で掃海した機雷
DSC06572_R_20150912211332324.jpg
DSC06573_R_201509122113337a7.jpg
航空機による、投下型の機雷
DSC06574_R_20150912211334887.jpg
天井に吊るされた、凹んだ掃海具
DSC06575_R_201509122113367c9.jpg
石油パイプラインで爆発したら、大変な事になっただろう
DSC06577_R_201509122113374eb.jpg
掃海具展示コーナー
DSC06579_R_2015091221250780e.jpg
シャークマウスの掃海具
DSC06580_R_20150912212508b60.jpg
これも、掃海時に被害を受けた掃海具
DSC06581_R_20150912212509150.jpg
掃海艇に積まれている状態
DSC06582_R_20150912212511728.jpg
20mm機関砲
DSC06585_R.jpg
これで、浮んで来た機雷を撃って、処分する
DSC06591_R_20150912213659f43.jpg
実物大の甲板に模したケーブルなどが、展示されている
DSC06586_R_20150912213654dd3.jpg
歴代掃海艇の模型
DSC06587_R_201509122136569aa.jpg
機雷の掃海模様の、模型説明
DSC06588_R_20150912213658ea1.jpg
瀬戸内海は航空機から投下された機雷だらけとなった
DSC06594_R_2015091221370059e.jpg
イ501号潜水艦
DSC06595_R_201509122151405b5.jpg
戦後初のサブマリナー(潜水艦乗り)
DSC06596_R_20150912215141ed3.jpg
潜水艦に使用されるバッテリー
DSC06598_R_20150912215143411.jpg
弛まぬ努力が行われている

大和ミュージアム その3

DSC06468_R_2015091022111147e.jpg
上から見た零戦62型
DSC06472_R_20150910221112f9a.jpg
立ち入り禁止ですよ~
DSC06474_R_20150910221113a6c.jpg
上から見るコクピット
DSC06475_R_20150910221117f11.jpg
外に出れる所がある、そこからてつのくじら館が見える
DSC06476_R_2015091022111726a.jpg
再び館内に戻る
DSC06477_R.jpg
上から見ると、レイアウトが良く判る
DSC06482_R.jpg
通路にも模型が並んでいる
DSC06478_R_2015091022360516d.jpg
上から見る大和
DSC06485_R_20150910223609d70.jpg
上から見ると、でかさが良く判る
DSC06481_R_2015091022360616a.jpg
二階から入り口ホールを見下ろす
DSC06489_R_201509102249450d0.jpg
3階部分、船をつくる技術
DSC06490_R_201509102249462c6.jpg
子供の海関係の対艦コーナーっぽいフロアになっている
DSC06491_R.jpg
ここからカーフェリー乗り場が見える江田島にでも行けるのだろうか
DSC06493_R.jpg
海側3階から見る大和
DSC06494_R.jpg
駐車場方向にも屋外展示物が見える、後で行ってみる
DSC06501_R.jpg
お土産やが下に見える
DSC06502_R.jpg
海軍カレー、海軍コーヒー
DSC06503_R_20150910230411181.jpg
カレーは色々豊富な種類がある
DSC06483_R_20150910230406228.jpg
特別展示ギャラリー
DSC06283_R_2015091023040423f.jpg
コレに行ってみたが、何処でも見れる資料、写真のみで、物足りないし、撮影禁止である
DSC06512_R.jpg
屋外の大和波止場
DSC06509_R_20150910235945f6a.jpg
さっき上から見た潜水艇、
DSC06510_R_201509102359474dd.jpg
DSC06511_R.jpg
潜水調査船「しんかい」
DSC06514_R_2015091023595108c.jpg
大和の左前甲板を模した公園
DSC06515_R_20150911001734133.jpg
オレンジの部分がそうである
DSC06518_R.jpg
大和の艦橋を模した部分
DSC06516_R_2015091100173615c.jpg
オレンジの部分
DSC06519_R.jpg
トップの主砲射撃指揮所
DSC06517_R_201509110017367b3.jpg
15m測距機
DSC06520_R_20150911213420c89.jpg
大和の主砲部分がタイルで表してある
DSC06521_R_201509112134221d9.jpg
46cm主砲、一本引き上げてくれないかな~
DSC06524_R_20150911213423982.jpg
錨鎖機の辺り
DSC06525_R_20150911213425cf3.jpg
下に錨が落ちている
DSC06530_R_20150911221528ec5.jpg
先端にあるモニュメント
DSC06531_R_2015091122152976b.jpg
誓いの錨 「愛するものを守る為」 良い言葉だ
DSC06536_R_20150911221530efb.jpg
大和の艦首
DSC06528_R_201509112215274ac.jpg
どうしてもどいてくれなかった二人、二人で何を語り合っていたのだろう、将来とか?
DSC06537_R_20150911221532e0d.jpg
甲板を歩いて戻ると
DSC06538_R.jpg
恋人の聖地があった、ひっそりと有るので、気が付かない人もいるだろう、思う所もあり、1回だけ鳴らしてきた
1回(一人分)だけ鳴らしておけばいいかなって
DSC06539_R_20150911230716ae2.jpg
自分の鳴らした音を聞きつけ、カップルがやって来て、やはり1回だけ鳴らして帰って行った
DSC06540_R_20150911230717edb.jpg
46cm砲弾に囲まれた駐車場に向かい、てつのくじら館に移動する

大和ミュージアム その2

DSC06350_R_20150908214513e69.jpg
DSC06351_R_2015090821451571e.jpg
大和の煙突周辺にあった、1.5m探照灯と同一のもの
DSC06357_R_201509082145162f5.jpg
大和、沈没地点
DSC06358_R.jpg
現状、中央部は失われている
DSC06359_R_20150908214519319.jpg
船首部分、側面の穴は魚雷による破口か?水中爆発か?
DSC06360_R_20150908215959a3d.jpg
甲板部分、、逆さまになっている
DSC06361_R.jpg
大和の現在
DSC06362_R_20150908220001d23.jpg
引き上げられた、遺物類
DSC06363_R_20150908220003e38.jpg
生活用品類等
DSC06364_R_20150908220004e18.jpg
パネルと模型の展示が主になっている
DSC06366_R_20150908225955aef.jpg
南雲中将の短剣
DSC06367_R_201509082259562f4.jpg
コレ欲しい!
DSC06374_R.jpg
秋水のロケットノズル
DSC06376_R.jpg
一式陸攻の破片
DSC06378_R_201509082300001f1.jpg
回天特攻隊
DSC06382_R_20150908230746c3d.jpg
航空戦艦日向の日章旗
DSC06399_R_20150908230748625.jpg
隣の部屋にある展示品
DSC06402_R.jpg
九三式魚雷の尾部
DSC06406_R_20150908230750581.jpg
二式魚雷
DSC06409_R.jpg
回天10型
DSC06414_R_201509082319282e7.jpg
零戦62型
DSC06422_R_201509082319310a6.jpg
翼下にフックが付いている、タ弾だろうか?
DSC06420_R_20150908231930d93.jpg
琵琶湖から引き上げられた機体
DSC06423_R_20150908231932b16.jpg
250KG爆弾
DSC06428_R_20150908231934214.jpg
栄31甲型エンジン
DSC06400_R_20150908233135658.jpg
特殊潜航艇、海龍
DSC06416_R_20150908233137ef6.jpg
かなり大きな船体である、17.28mもあり、二人乗り
DSC06430_R_2015090823313882d.jpg
ロケット弾を受けて、船尾が破損している
DSC06432_R.jpg
91式46cm砲弾各種
DSC06435_R_20150909005325cbe.jpg
20.3cm砲弾(標準的な重巡の砲弾サイズ)
DSC06434_R_20150909005324c5f.jpg
後ろにあるんが、20cm砲
DSC06458_R_20150909005326894.jpg
砲身は切断されている
DSC06442_R_201509090058268be.jpg
DSC06443_R_20150909005827f49.jpg
四式射爆照準器
DSC06444_R.jpg
前面防弾ガラス
DSC06445_R_20150909005830176.jpg
3式13mm機関銃
DSC06447_R_20150909005831f37.jpg
奥のが13mm機関銃の弾槽
DSC06448_R_20150909010409dca.jpg
こんな感じに収まっている
DSC06449_R_20150909010411271.jpg
3式空一号無線電話装置
DSC06450_R.jpg
酸素ビン(高高度用)
DSC06451_R_20150909010414daf.jpg
甲標的の船橋
DSC06453_R_20150909010415fdb.jpg
甲標的の輪切り
DSC06456_R.jpg
内部、中央は潜望鏡
DSC06457_R_201509090110280ef.jpg
操縦席
DSC06464_R.jpg
スロープで外周を回っていく
DSC06465_R_20150909011031aad.jpg
上から見る大和
DSC06467_R_20150909011032264.jpg
上から見た海龍
DSC06466_R_2015090921363790a.jpg
海龍の翼の形が良く判る
DSC06469_R_201509092136388a1.jpg
窓の外に、海軍カレー、護衛艦さみだれの幟が見える


大和ミュージアム その1(旅行記プレ)

珍しく長い夏休みが取れたので、西の方をぶらっとしてきた
親しくしている人を訪問する側、広島の戦跡等を出切るだけ見てきたので、紹介する
なお、冒頭の方の写真に時系列、順序は一切含まれません、気にしない様に!

img_1_R.jpg
京の町はお祭りで賑わっていた(写真は帰りに撮ったもの)
1441626691969_R_2015090721350473f.jpg
地下鉄二条駅(二条城駅ではない)
1441626731472_R.jpg
京都coop
1441626781343_R.jpg
中京(なかぎょう)学校近くのだいもんじのパネル
1441626785560_R_20150907213506052.jpg
木漏れ日の中を散歩する
1441626788898_R_201509072135079aa.jpg
二条城のほとり
1441626676989_R.jpg
平安京跡
1441626774943_R.jpg
西洞院通
1441626767499_R.jpg
お蕎麦屋さん京吉美
1441626751678_R.jpg
FRESCO(京都の超有名スーパー)
1441626763739_R.jpg
新町通
1441626746082_R.jpg
四条駅(だいまるきょうとみせと読む、テンとは読まない)
1441616776238_R.jpg
前に記事にも出た、西院(発音はさいん)
1441616773290_R.jpg
ビルに馴染んで、不慣れな自分には駅に見えない
1441616768990_R.jpg
マクド、光の加減で、赤い看板に見えるが、実物は茶色い看板
DSC_0186_R.jpg
おみやげ、生やつはし
DSC_0243_R.jpg
少し戻った名古屋にて知り合いの家に厄介になる
f80c2f7ec43ac5209ed67fd865424b6f_R.jpg
ここから1時間ほど南下するが、夜は始まったばかりだ
157sengo_photo_now_R.jpg
翌朝再スタート、ロータリーのこれは何なんだろう?
P1030852_R.jpg
広島到着
P1030854_R.jpg
呉線に乗り換え、電車は普段全く乗らないので、御のぼりさん状態だ
P1030856_R.jpg
45分かかって、呉に到着
DSC06275_R_20150905001717574.jpg
残念ながら、雨降りのスタートとなってしまった
DSC06274_R_2015090500171563d.jpg
でっかいスクリューが目を引く
DSC06276_R_20150905001718b81.jpg
取り合えずレンタカーを借りて、行動開始
DSC06279_R_20150905001719587.jpg
鉄のくじら館が見えてきた
DSC06280_R_20150905001721876.jpg
少し並んで駐車場に車を停める、後ろの建物が大和ミュージアム
DSC06282_R_20150906211630d2b.jpg
早速ミュージアムに向う
DSC06283_R_20150906211632b52.jpg
なんかこんな物もやっている様だ
DSC06285_R_201509062116345be.jpg
えらいでっかい鉄板って感じの、「陸奥」の舵
DSC06286_R_201509062116342e9.jpg
スクリュープロペラ
DSC06288_R_20150906211636308.jpg
キラメク真鋳が良い感じの41cm主砲
DSC06292_R_20150906212222897.jpg
ダントツにカッコイイ雨に濡れた砲身
DSC06293_R_20150906212224f97.jpg
よこにあった説明板
DSC06294_R_201509062133554bc.jpg
どこの部位を展示しているか、判るようになっている
DSC06297_R_201509062122246dc.jpg
フェアリーダー
DSC06298_R_201509062122278c4.jpg
後部主錨
DSC06300_R_201509062122286c7.jpg
後部旗竿
DSC06302_R_201509062153193e2.jpg
館内に入る
DSC06303_R_201509062153201a8.jpg
特別展は後回しにして、先に常設展示を見て行く
DSC06304_R_20150906215321e89.jpg
何処でも見かける「大和」画像だが、時間的に逆光になってしまった
DSC06308_R_20150906215323f91.jpg
クオリティは結構高い
DSC06309_R_20150906215324fea.jpg
1/10大和
DSC06311_R_20150906224435f41.jpg
DSC06314_R_20150906224437db6.jpg
DSC06315_R_2015090622443844b.jpg
めっちゃ細かく造られている
DSC06318_R_20150906224439f9a.jpg
零式観測機
DSC06317_R_2015090623114607e.jpg
DSC06319_R_20150906231148d82.jpg
長官艇
DSC06320_R.jpg
何処にでもある、姉妹艦「武蔵」
DSC06322_R_2015090623115122f.jpg
DSC06323_R_20150906231152019.jpg
「長門」の軍艦旗
DSC06326_R_20150906232417040.jpg
呉の歴史コーナー
DSC06327_R_20150906232419fed.jpg
結構人は入っている
DSC06329_R_201509062324203f9.jpg
レンガ
DSC06335_R_201509062324217ec.jpg
ボイラー
DSC06337_R.jpg
当時の物が平成5年まで使われていたとは、おどろきだ
DSC06345_R.jpg
進水式の風鎮
DSC06346_R_20150907221147d9f.jpg
DSC06347_R_20150907221148584.jpg
「大和」を造った道具類

次回に続く

戦闘糧食 民製品

自衛隊内において、戦闘糧食が不足した時などに、民生品が出回ることになる
一般のレトルトメーカーと提携し、自衛隊専用のパックを作ってもらっている
内容は単純である、レトルトと、ライスもしくは麺を組み合わせただけのものである
DSC02341_R_20150904213227515.jpg
カツとじ丼
DSC02342_R_20150904213230f72.jpg
カツとじ丼とライス、スプーンのみ
DSC02344_R_2015090421323029c.jpg
これはお世辞にも美味いとは言えなかった
DSC08915_R_20150904223345040.jpg
さんま丼の素
DSC08929_R_20150904223348b69.jpg
戦食ライスとのパッケージ、何気に美味い
DSC03346_R_201509042236288c2.jpg
たっぷりミートソース285
DSC03352_R_20150904223629029.jpg
レトルトミートソースと麺2袋、なぜか割り箸
DSC03370_R_20150904223631224.jpg
まずくもない、美味くもない、微妙なソフト麺
DSC08914_R_20150904224048916.jpg
チンジャオロース
DSC08927_R_20150904224051c63.jpg
こんな感じ、これにライスが付く
DSC08916_R_20150904224608bc7.jpg
DSC08922_R.jpg
これは副食、結構美味かった
DSC02311_R_20150904224811a30.jpg
軟骨チャーシュー丼
DSC02315_R_2015090422481205c.jpg
白米と軟骨チャーシュー、先割れスプーン
DSC02318_R_20150904224813bd4.jpg
美味そうだったが、物凄く油っぽかった
DSC02345_R_20150904225339e0d.jpg
肉じゃが
DSC02346_R_201509042253419db.jpg
肉じゃがと白米、先割れスプーン
DSC02349_R_20150904225342b28.jpg
結構まともに食えた
DSC05632_R_20150904232820343.jpg
本格炭火焼き鳥の素
DSC05635_R_201509042328239e8.jpg
本格炭火焼き鳥と白米、先割れスプーン
DSC05636_R.jpg
かなり濃い味だった、う~ん

民生品も色々がんばっているのだろうが、やっぱり個人的には戦闘糧食Ⅱ型が一番美味い!

非常用糧食(パック飯)

非常用糧食の種類が大分増えてきたので、ちょっと紹介しておく
基本的には戦闘糧食Ⅱ型と大佐は無いが、パッと目の違いはパッケージ名と、中に紙のトレイが入っている事だろう
また、ご飯類がパック飯ではなく、旧来の握りだし方式で、電子レンジでの調理が出来なくなった事かな?
実際に目にした物をいくつか紹介していく
DSC08925_R_2015090321554236e.jpg
納品される時は、こんなダンボールで入荷してくる
024_R_20150903215541519.jpg
驚くのは賞味期限、従来は一年だったのが、ライスのパッケージを変える事により
023_R_2015090321553908f.jpg
3年間に伸びたのは、すごいことだ
DSC08349_R_20150903224044f9a.jpg
非常用糧食 かも肉じゃが
DSC08350_R_20150903224046f25.jpg
さば生姜焼とかも肉じゃがが入っている
DSC08351_R_20150903224047810.jpg
初期ロットのせいか、ご飯は元のままだが、賞味期限は3年
DSC08933_R_20150903223929c79.jpg
ジャガイモもニンジンもトロトロで美味い
DSC08938_R_20150903224854fff.jpg
さばも柔らかくて美味い
DSC08341_R_20150903231658200.jpg
非常用糧食 鮭味付け
DSC08343_R_20150903231700c2e.jpg
白いのは紙トレイ
DSC08344_R_20150903231701577.jpg
五目飯とカニチャーハン
DSC08345_R_20150903231702ccb.jpg
鮭味付け
DSC08352_R_201509032317046d7.jpg
盛り付け例右のボールは付かないので、ぶっかけとなる
DSC00068_R_20150903232330414.jpg
非常用糧食 さばトマト煮
DSC00070_R_20150903232332b42.jpg
白いのは紙トレイ
DSC00071_R_201509032323338bf.jpg
五目チャーハンと白米
DSC00072_R_20150903232334121.jpg
さばトマト煮
DSC00074_R_20150903233004a91.jpg
さばトマト煮と白米
DSC00075_R_20150903233005c6b.jpg
五目チャーハン
DSC06670_R_2015090323384283f.jpg
非常用糧食 すき焼きハンバーグ
DSC06674_R_20150903233844339.jpg
すき焼きハンバーグと丸かじりチキン
DSC06672_R_201509032350029c2.jpg
白米2つ
DSC06680_R.jpg
すき焼きハンバーグを乗せる
DSC06681_R.jpg
丸かじりチキン
008_R_201509032358545b1.jpg
非常用糧食 スタミナ丼
016_R_20150903235855248.jpg
白いのは紙トレイ
018_R_20150903235858f6c.jpg
ドライカレーと白米
033_R_20150904001124e98.jpg
白米とスタミナ丼
038_R_20150904001125274.jpg
昔はこうやって、握りだして食っていた
039_R_20150904001127b9b.jpg
ドライカレー、割りと濃い目で美味い
DSC02700_R_2015090400165721d.jpg
非常用糧食 タコライス
DSC02696_R_20150904001653686.jpg
白いのは紙トレイ
DSC02698_R_201509040016563d2.jpg
白米と山菜飯
DSC02697_R_20150904001655673.jpg
タコライス
DSC02703_R_20150904001913b7e.jpg
タコライスと白米
DSC02704_R_201509040019155e6.jpg
山菜飯追加! 美味かった
DSC06660_R_20150904002149a0d.jpg
非常用糧食 ポークカレー
DSC06668_R_20150904002150688.jpg
ポークカレーと白いのは紙トレイ
DSC06669_R.jpg
五目チャーハンと白米
DSC06679_R_201509040021531c5.jpg
ポークカレーと白米
DSC06684_R_20150904002155159.jpg
五目チャーハン
DSC03354_R_20150904002644446.jpg
非常用糧食 鶏肉とひじき煮
DSC03356_R_20150904002646355.jpg
山菜飯と白米
DSC03357_R_201509040026477f4.jpg
鶏肉とひじき煮白いのは紙トレイ
DSC03367_R_20150904002648255.jpg
白米と鶏肉とひじき煮
DSC03368_R_20150904002650570.jpg
山菜飯
007_R_201509040030292dd.jpg
非常用糧食 煮込みハンバーグ
020_R_20150904003031698.jpg
煮込みハンバーグ 白いのは紙トレイ
021_R_201509040030329ba.jpg
白米とドライカレー
035_R_20150904003034335.jpg
白米と煮込みハンバーグ、柔らかくて美味い
040_R_20150904003035149.jpg
ドライカレー
DSC06648_R_20150904003403fc8.jpg
非常用糧食 大型乾パン
DSC06651_R_20150904003405d5c.jpg
大型乾パン
DSC06652_R.jpg
フランクフルトとツナサラダ
DSC06656_R_201509040034075e0.jpg
オレンジスプレッドは必需品(セットには入っていない)大きさ比較に64式の7.62mmを置いてみた
海上自衛隊の乾パンは、もっと大きい、10cmぐらい有るんじゃないかな?一度だけ食べたが・・・
DSC06678_R_20150904003409c99.jpg
このセットには紙トレイが入っていないので握りだししかない
010_R_20150904004024bd4.jpg
非常用糧食 麻婆豆腐
012_R_201509040040257db.jpg
麻婆豆腐と白いのは紙トレイ
013_R_2015090400402603e.jpg
白米とカニチャーハン
034_R_201509040040286aa.jpg
白米と麻婆豆腐
042_R_20150904004029399.jpg
カニチャーハン

日本の糧食はかなり美味い、米軍は悲惨だ、好みにも寄るが・・・・

千倉 砲台陣地

昼食後。近くに次のネタがあるから、チラッと寄って行こうと言う事になった
全員ほぼ無装備での行動だった、後に公開する事になるが、どうせすぐには見つからないだろうと思っていた
DSC08669_R_201508312205485b8.jpg
千倉の金比羅山にやって来た
DSC08671_R_20150831220549a8a.jpg
地元の手作りマップ、展望良し部分が気になる
DSC08674_R_201508312205523d0.jpg
自分は一人こっちから登る
20150826154942d7d[1]
展望良しの所だが、砲座らしき物は見当たらない(ねこさん写真)
DSC08673_R_20150831220551ff9.jpg
のだの人の、自己主張!
DSC08675_R_20150901001944032.jpg
山頂まで一気に登ったが何も無い、ねこさんたちも登ってくる
DSC08676_R_201509010019458d0.jpg
そうなると下が気になってくる、のだの人と下に降りる
DSC08678_R_20150901001946e9e.jpg
怪しいもの発見!
DSC08682_R_2015090100194934f.jpg
先に下に降りたのだの人(木の又の辺りにいる)に上から誘導しながら、確認してもらう
なんと、一発で発見してしまった、のだの人の行動力の勝利である、のだの人を舐めてはいけない
DSC08683_R_20150901214541433.jpg
金比羅跡地で相談の末、装備を持ってリトライとなる
DSC08685_R_20150901214542d96.jpg
リトライ開始、今度は参道を登らず、回りこんでいく
DSC08690_R_201509012159389cf.jpg
山の少し上にあった、祠改造見張り所
DSC08691_R_20150901215940c17.jpg
軍道の痕跡を発見、藪に突入して行く
DSC08692_R_20150901215941c06.jpg
小さなものを見ながら奥地に進む
DSC08694_R_20150901215943cb5.jpg
開けた所に到着、ここからもう少しの所にある
DSC08696_R_201509012159448f8.jpg
見えて来た、下からだと、かなり探しにくい
DSC08697_R_20150901221536301.jpg
間違い無く砲口部である
DSC08698_R_20150901221538ce4.jpg
中々カッコイイ形をしていると、思わないか?
DSC08699_R_20150901221539b99.jpg
しかし、盛大に水没していた
DSC08702_R_2015090122154149c.jpg
左の溝は射角の為か
DSC08703_R_201509012215420e9.jpg
砲口部
DSC08704_R_20150901224706443.jpg
入りたいが、結構深く溜まっているので、諦める
DSC08706_R_20150901224708d86.jpg
横に穴がある、割りと外部に開口してる場合がある
DSC08707_R_20150901224709378.jpg
四角い砲室は澄んだ水で覆われている
DSC08709_R_20150901224710bde.jpg
ポジションチェンジして、突入口を探す
DSC08711_R_201509012301214ec.jpg
では、壕内に突入して行こう
DSC08713_R_20150901230122dfc.jpg
馬蹄形の陸軍掘りが、続いている
DSC08714_R_20150901230123de1.jpg
若干高さが無くなって行くが、左に曲がったそこには・・・・
DSC08715_R_20150901230125a7a.jpg
縦穴だ!
DSC08716_R_2015090123012684e.jpg
ズームすると、上にも通路が見える
DSC08717_R_2015090123130042e.jpg
壁面には足を掛ける穴が開いている、今回は行かなかったが、次回チャレンジ
DSC08719_R.jpg
では、正面に進む
DSC08720_R_201509012313034da.jpg
水深が深くなってきた
DSC08721_R_20150901231304940.jpg
右側には弾薬庫がキレイに掘られている
DSC08722_R_2015090123130641e.jpg
なんとキレイな砲室だろう
DSC08724_R_20150901233908b3a.jpg
さぁ、引き返そう
DSC08726_R_201509012339097b6.jpg
水没区を抜ける
DSC08727_R_20150901233910cb3.jpg
左の通路
DSC08729_R_2015090123391292b.jpg
乾いた倉庫か、棲息部
DSC08731_R_20150901233913cbb.jpg
T字路に出た
DSC08732_R_20150901234410765.jpg
右に曲がる
DSC08733_R_20150901234411855.jpg
先に光が見える
DSC08736_R_20150901234413e70.jpg
右に曲がる道がある
DSC08737_R_20150901234414595.jpg
小さな部屋が掘ってあった
DSC08739_R_20150901234416cdf.jpg
まるで、銃眼の様に見える四角さだ
DSC08744_R_2015090123502833c.jpg
半分埋まった壕口から出て行く
DSC08748_R_20150901235031b04.jpg
入れそうな所があった
DSC08751_R_20150901235033828.jpg
周りを見ると、マス状に交通壕が掘られている所があった
DSC08753_R_20150901235034371.jpg
正規の入り口は、潰れてしまっている、無理すれば一人くらい入れそうだが
DSC08755_R_2015090200102689c.jpg
近くの入り口から入り込む
DSC08756_R_201509020010279a1.jpg
これは機銃座では?
DSC08757_R_20150902001029573.jpg
中から見ると、埋まっている銃座と崩れた銃眼が確認出来る
DSC08759_R_20150902001030b62.jpg
奥に入って行く
DSC08762_R_20150902001032e76.jpg
コレがさっき外側から見た、交通壕の正規の入り口部分
DSC08763_R_20150902002038327.jpg
下って行くと水気が増える
DSC08764_R_20150902002040d3a.jpg
最深部は水没してしまっていた
DSC08765_R_20150902002041e47.jpg
若干狭い通路を戻って行く
DSC08768_R_2015090200204423f.jpg
銃座に戻って来た、開口部分の下の方が四角く見えるだろう、そこが銃眼で、上部が崩れ落ちているのだ
DSC08769_R_20150902002725130.jpg
さぁ、外に出てきた
DSC08772_R_20150902002726725.jpg
反対側から回り込んで帰る事にした
DSC08773_R_20150902002728831.jpg
今回は、大収穫な探索であった