大須山防空砲台

「大須山防空高角砲台」が計画されたのは昭和16年2月、当初3基の高角砲を設置する予定であったが、昭和17年7月、89式40口径12.7cm連装高角砲2基をもって竣工した。

同時に付近の山々や見通しの良い尾根を利用し、150cm探照灯や、空中聴音装置などが配置され、密林の奥にはこれらの設置跡や管理用兵舎の痕跡が今も埋もれているらしい。
今回は夏場で藪が酷く、砲座周辺しか確認できなかった
DSC07333_R_20151126235122c8b.jpg
第一術科学校を出て山を目指す
DSC07334_R_201511262351259f0.jpg
この交差点を曲がる
DSC07337_R_201511262351272c6.jpg
途中、防空壕があったが、生簀に転用されている
DSC07340_R_20151126235130476.jpg
大須山を登ると、景色が良くなる
DSC07341_R_20151126235134e8f.jpg
大須山森林公園到着
DSC07342_R_20151126235819504.jpg
駐車場脇に、階段があるので、上ってみる
DSC07343_R_2015112623582288e.jpg
植物の陰に、コンクリートらしき物が散見する
DSC07345_R_20151126235826651.jpg
煉瓦の外壁だ
DSC07347_R_20151126235828848.jpg
建物の基礎の様だ
DSC07348_R_20151126235831ff5.jpg
風呂かトイレの様な、小さな区画
DSC07350_R_201511272154021b4.jpg
兵舎跡って事になっているが、ほんとに居住区のようだ
DSC07355_R_20151127215404c91.jpg
基礎しかないので、全体の形がさっぱり判らない
DSC07360_R_20151127215405619.jpg
しかも、この藪では見えている部分も、一部なのだろう
DSC07363_R_2015112721540696e.jpg
駐車場に戻って来た、貯水槽があるらしいが、判らなかった
DSC07364_R_20151127215408db0.jpg
道の反対側に行ってみる
DSC07365_R_201511272201535c5.jpg
柵に沿って、藪を掻き分けて行く
DSC07366_R_2015112722015539b.jpg
煉瓦の遺構が見えてきた
DSC07367_R_20151127220157cb2.jpg
すばらしい煉瓦の指揮所跡だ
DSC07368_R_20151127220157777.jpg
天井は、木製の屋根だったのだろう、既に失われている
DSC07369_R_20151127220159375.jpg
トイレもしくは、ろ過水槽と思われる
DSC07370_R_20151127221104179.jpg
内側に入っても、こんな感じでさっぱり判らなかった
DSC07372_R_20151127221105df3.jpg
床下の通風口、綺麗にシャレている
DSC07374_R_201511272211062e0.jpg
今度は、藪の無い時期に来て見たい
DSC07375_R_20151127221109ce4.jpg
登って行くと、石垣が見える
DSC07376_R_2015112722111023e.jpg
判らないと思うが、砲座である(この砲台には3つ砲座がある)
DSC07377_R_20151127222456493.jpg
これが砲床部分の穴(中央部)
DSC07378_R_201511272224584fc.jpg
地表から砲床まで1mほどか
DSC07379_R_20151127222459f35.jpg
即応弾薬置き場が何となく判る
DSC07381_R_201511272225006bb.jpg
砲座中心の穴に近寄るが、落ちそうなので止めておく
DSC07384_R_20151127231954115.jpg
次なる砲座は、砲座内に木が茂っていた
DSC07385_R_20151127231956911.jpg
でも、外周は綺麗な方だ
DSC07387_R_20151127231957646.jpg
砲員控え室の窪みだろう、下部は埋っている
DSC07391_R_20151127231958477.jpg
中央の基部の穴
DSC07392_R_20151127232000e13.jpg
階段部は良く残っている
DSC07394_R_20151128215743df2.jpg
砲座内は荒れていて、これ以上は足元が見えず、立ち入れなかった
DSC07396_R_20151128215744e58.jpg
3つ目の砲座
DSC07398_R_20151128215746295.jpg
最も藪が深く、この辺りしか確認できなかった
DSC07400_R_201511282157485b0.jpg
駐車場にあった看板
DSC07403_R_20151128215748cdc.jpg
これ以上の遺構を探すのは、無理と判断し、山を降りる
DSC07404_R_2015112822055512c.jpg
戻りしな、壕を見かけた
DSC07406_R_20151128220557544.jpg
このバス停の前にある
DSC07407_R_201511282205593ee.jpg
関東で言えば震洋壕に見えるが、防空壕の類なのだろう






あまりにも砲座が見えな過ぎるので、kanレポート様より、お写真をお借りしました、ありがとうございます!

西側の砲座_R
西側の砲座
東側の砲座_R
東側の砲座
南側の砲座_R
南側の砲座
冬場に来ると、この様に見えるので、自分の様に夏場には来ないようにしましょう!
スポンサーサイト

野々塚山速射砲陣地 その3

DSC01097_R_20151121210238fea.jpg
塞がれた、小さな壕口を見つけた
DSC01099_R_20151121210240026.jpg
中を覗くと、激しく水没、どっしょも無いやん
DSC01104_R_20151121210242dc5.jpg
外側には銃眼の痕跡があった
DSC01105_R_20151121210242807.jpg
どうやって入ろうか、思案するまききさん
DSC01143_R_20151121211226738.jpg
空を見上げると山奥を感じさせる木々にほとんど見えない
DSC01145_R_20151121211227930.jpg
のだの人氏が、新たな壕口を発見したので、転げ落ちそうな斜面を急降下する
DSC01147_R_20151121211229909.jpg
御立派な壕口が顔を出す
DSC01148_R_20151121211230abc.jpg
発見者には先に入る権利がある、先に入ってもらう
DSC01149_R_20151121211231efc.jpg
では、自分も入ろう
DSC01150_R_20151121211957fe5.jpg
ゆるい下り勾配のうねった通路
DSC01152_R_201511212119586d0.jpg
掘削自体は綺麗なものだ
DSC01154_R_20151121211959a50.jpg
分岐路に出る
DSC01155_R.jpg
見事に水没
DSC01156_R.jpg
根性で進んで行く、入り口が見える
DSC01158_R_20151121212505569.jpg
池と化した部屋で、行き止まりとなった
DSC01159_R_20151121212507de7.jpg
撤収する
DSC01160_R_201511212125080b6.jpg
もこもこの小森さん
DSC01161_R_20151121212510c95.jpg
のだの人氏はもう一つ見つけていた
DSC01162_R_20151121212511ee7.jpg
彼の後ろから付いて行く
DSC01164_R_201511212129574c1.jpg
光の巨人は壕内に消えていった
DSC01165_R_20151121212958080.jpg
さて、壕口の形は先ほどの壕と似たようなものだ
DSC01166_R_20151121212959544.jpg
下り勾配の、ぬかるんだ通路を下って行く
DSC01167_R_201511212130028f8.jpg
ひどい湿気と共に、水没通路が現れる
DSC01168_R_20151121213003d5f.jpg
逝ける所まで逝ってみる
DSC01170_R_2015112121360906e.jpg
先の曲がり角も見えるが、胸の辺まで水面が来ている、ちょっと無理!
DSC01173_R_20151121213612072.jpg
灯り置きだけが、2つ並んでいた
DSC01174_R_201511212136126c3.jpg
撤収する
DSC01175_R.jpg
これ以上は無理って所まで、探索したが、今回はこれ以上見つからなかった
DSC01176_R_20151121213615704.jpg
みんな、掴まらないと落ちそうな斜面に、無意識に何かを掴んでいる
DSC01177_R_20151121214240ef7.jpg
後はひたすら登って行かないと帰れない
DSC01178_R_201511212142415a8.jpg
探索を終え、下界に戻って来た
DSC01180_R_20151121214243ed4.jpg
所定の探索を終え、一息着く一同
DSC01181_R_2015112121424417f.jpg
まきき号フルカスタム
DSC01182_R_20151121215151206.jpg
ついでに、近くの神社に寄って見た
DSC01184_R_201511212153131cb.jpg
収穫無しで降りてくると、まきき氏が笑顔で出迎えて「情報がありましたと言う」
DSC01186_R_201511212153153f6.jpg
住民の方の話では、この山にも陣地があって、入って遊んでいたそうだ
DSC01189_R_20151121215316ae8.jpg
日もくれて、これ以上の探索は無理となり、次回持越しとなる
DSC01191_R_2015112121531819a.jpg
濃霧の中のだの人氏と共に高速を目指す
DSC01192_R_2015112121531957b.jpg
殆んど何も見えないような濃霧の中、横浜を目指すyakumoは楽しい2時間の帰り道に着く

野々塚山速射砲陣地 その2

DSC01040_R_20151119232109e53.jpg
一方、下方に向ったきへい氏、ねこさんチームも負けては居なかった
DSC01043_R_201511192321110bb.jpg
速射砲陣地を発見したとの事で、早速見に行った
DSC01044_R_201511192321121e8.jpg
斜面に掘られた、蛸壺塹壕
DSC01045_R_201511192321132a8.jpg
この辺でも、随所に見られた
DSC01049_R_2015111923211584d.jpg
早速入った壕内は、とても綺麗な造りをしていた
DSC01050_R_20151119232811ead.jpg
突き当たりのT字路
DSC01052_R_201511192328136cf.jpg
T字路右側は埋っている
DSC01053_R_20151119232814a94.jpg
この部分は、掘りかけの様だった
DSC01054_R_20151119232815588.jpg
反対側に向うDSC01055_R_20151119232817696.jpg
曲がった先にはブルーシートで覆われた擁壁の裏側が見える
DSC01058_R_20151120213223f89.jpg
物凄く四角く切られた部屋、間違い無く速射砲の砲室である、ここは前室(即応弾薬庫か?)らしい
DSC01059_R_2015112021322458e.jpg
本来の砲室部分は擁壁の為、斜めに切り取られている
DSC01060_R_20151120213225c1c.jpg
前室部分を振り返る、四角い・・・
DSC01061_R_20151120213227b27.jpg
戻る途中に、のださんが崩落部分の検証をしていた
DSC01062_R_20151120213229aa0.jpg
最初のT字路まで戻る
DSC01063_R_20151120214937cb7.jpg
分岐に戻った、割りと複雑な分岐だ
DSC01064_R_20151120214939cfa.jpg
奥に進む
DSC01066_R_20151120214940f0f.jpg
掘りかけの部屋に到着
DSC01067_R_20151120214942912.jpg
中央に銃眼のような窪みが見える
DSC01069_R_20151120214943855.jpg
銃眼製作中に終戦となったのだろう
DSC01070_R_20151120235027cc9.jpg
最深部に来たようなので、戻るとする
DSC01074_R_201511202350281f6.jpg
すれ違い所部分
DSC01076_R_20151120235029029.jpg
入り口付近の分岐路
DSC01078_R_20151120235031c9e.jpg
まきき氏発見
DSC01079_R_20151120235032dcb.jpg
のださんの潜り込んでいた所を熱心に撮っている
DSC01084_R_20151120235732d91.jpg
一旦外に出て、昼飯とする
DSC01086_R_20151120235733381.jpg
ファミリーレストランこだまに行く
DSC01087_R_2015112023573444e.jpg
全員同じメニューを頼む
DSC01088_R_20151120235735511.jpg
勝浦チャーシュー坦々麺
DSC01093_R_20151121201055627.jpg
食後、再び戻り、早速新たな壕口を発見する
DSC01094_R_201511212010567ff.jpg
外部を良く見ると、銃眼も見える
DSC01096_R_2015112120105813c.jpg
間違いない、機銃陣地を発見した
DSC01111_R_20151121201555390.jpg
では、入壕すると右カーブになる
DSC01112_R_20151121201557dfd.jpg
曲がるとT字路にぶつかる
DSC01113_R_201511212015580a9.jpg
片側は水没通路となる
DSC01115_R_2015112120155923c.jpg
行ける所まで行ってみたが、ここで限界だった
DSC01118_R_2015112120195160b.jpg
さて、T字路に戻ろう
DSC01120_R_201511212019530c1.jpg
逆サイドは下りになっていた
DSC01122_R_201511212019559ec.jpg
降りて行くと、不恰好だが銃座がある
DSC01123_R_20151121201957f21.jpg
さっき見た銃眼の内側に来た
DSC01121_R.jpg
最深部に来たので戻るとする
DSC01125_R_20151121204524804.jpg
水没の部屋に後ろ髪を惹かれるが、撤収する
DSC01129_R_20151121204525b3a.jpg
なかなか立派な陣地だった
DSC01131_R_20151121204526331.jpg
外に出ると、きへい氏が銃眼の復旧作業をしていた
DSC01134_R_20151121204528fb7.jpg
いつもながら、大した物だ

野々塚山速射砲陣地 その1

11月のとある日曜日に、房総半島戦跡考古調査会のメンバーと探索に行った
今回は記録から、地下壕が存在している確証があるので、ひたすら根性の探索を繰り返す事で
機銃陣地、速射砲陣地、指揮所と思しき壕など7箇所を発見出来た
記録では10箇所、対岸に3箇所となっているので、継続調査が必要な物件である
DSC00962_R_20151118063007d3d.jpg
集合時間が遅いので、ゆっくり目に横浜出発
DSC00963_R_2015111806300903b.jpg
アクアラインを渡り、現地に到着
DSC00964_R_20151118063012b7f.jpg
雨の中集合したつわもの達(スーツが一人)
DSC00968_R_2015111806301415e.jpg
スーツを脱いで、戦闘服にチェンジするきへい氏
DSC00969_R_20151118063017201.jpg
真剣なミーティングが始まる
DSC00973_R_20151118220526226.jpg
深い霧の中、現場に向う怪しい軍団
DSC00975_R_201511182205283c4.jpg
深いのは霧だけではなく、ブッシュも物凄い
DSC00977_R_20151118220529bed.jpg
雨の為、泥濘と化した山中をひたすら捜索するメンバー
DSC00978_R_201511182205312bb.jpg
地図上で当たりを付けてきているが、コンクリートの壁となっている部分もある
DSC00979_R_20151118220533675.jpg
脇から回り込んで、兎に角登る、降りるを繰り返す、そうするうちに
DSC00980_R_20151118221356067.jpg
手前の山は石切り場だったようだ
DSC00981_R_20151118221357fa3.jpg
人工的に切り取られた壁面が散見する
DSC00983_R_20151118221358e61.jpg
そして今回の最大の敵はコイツ、山ビルである、幸いな事に一度も被害にはあっていない、スズメバチだけだ
DSC00985_R_20151118221400ee8.jpg
とある側道から山に入る、ここで部隊は2手に分かれる
DSC00989_R_201511182214015d7.jpg
怪しい所を山の斜面に見つけた
DSC00991_R_2015111822214240d.jpg
間違いない、銃眼だ!近くに必ず壕口がある!上部グループは早速壕口を探し出した
DSC00993_R_20151118222143dee.jpg
かなり立派な陣地のようだ
DSC00994_R_201511182221444a1.jpg
美味しそうなキノコも生えてる
DSC00995_R_201511182221462f5.jpg
では、中に入ろう
DSC00996_R_20151118222147eab.jpg
左に直角に曲がる道がある
DSC00997_R_20151118223000a43.jpg
ひたすら下って行く階段が見える、これは当たりだ、萌える!
DSC00999_R_201511182230023b8.jpg
取りあえずは、真っ直ぐ進んでみる、T字に当たり右を見ると
DSC01001_R_20151118223003498.jpg
銃眼が見える
DSC01003_R_2015111822300547d.jpg
しかも、右よりの機銃台座なんて、始めて見た
DSC01006_R_201511182230067c6.jpg
銃眼も四角く綺麗に掘削されている
DSC01008_R_201511182239359da.jpg
銃室の入り口を振り返る
DSC01010_R_2015111822393795c.jpg
引き返して、今度は下り階段を降りる
DSC01011_R_2015111822393812a.jpg
ふと頭上を見ると、小森さんがお昼ねしていた
DSC01012_R_20151118223939241.jpg
滑り落ちそうな階段を降りると、T字路にぶつかる
DSC01013_R_20151118223941dd8.jpg
右を見ると、また別の銃室が見つかる
DSC01014_R_201511182247289f0.jpg
この銃室も銃座が右に寄っている
DSC01015_R_201511182247299cb.jpg
根っこに起用にぶら下がる小森さん
DSC01018_R_201511182247303b6.jpg
スナイパー「ゴルゴのだの人」
DSC01019_R_201511182247324f6.jpg
振り返る、左が降りて来た階段
DSC01020_R_20151118224733139.jpg
下から見上げる階段、落ちたらかなりヤバイ!
DSC01023_R_201511182255229f3.jpg
逆側に進むと、すぐに左にクランクしている
DSC01024_R_201511182255244ae.jpg
曲がるとすぐにT字にぶつかる
DSC01025_R_2015111822552497b.jpg
左のすれ違い所
DSC01026_R_20151118225526d62.jpg
右を見ると、主出入り口のような立派な掘削の部屋
DSC01027_R_20151118225528b67.jpg
残念ながら、土砂の流入で塞がっていた
DSC01028_R_20151118232457773.jpg
階段を地上へと戻って行く
DSC01029_R_201511182324588a0.jpg
何とか無事にこけずに登れた
DSC01030_R_2015111823245925f.jpg
角にある、灯り置きの窪み
DSC01031_R_2015111823250128a.jpg
さて、外の探索に向おう
DSC01032_R_2015111823250331d.jpg
外の斜面には、蛸壺塹壕がかなりある
DSC01033_R_20151118233221d33.jpg
DSC01034_R_201511182332225c6.jpg
同様の壕が4つほど並んでいる
DSC01036_R_20151118233223fa5.jpg
その為の地下掩蔽部が背後に掘られている
DSC01038_R_201511182332250f3.jpg
しかし、U字形にループしているだけの、単純壕だった

呉 海上自衛隊第一術科学校 その4

DSC07208_R_201511122146523fc.jpg
教育参考館にやって来た
DSC07211_R_201511122146555fc.jpg
ぶっとい柱が印象的な玄関
DSC07210_R_201511122146549f6.jpg
何か、ステキな物が見えるが、とりあえず後で
DSC07215_R_20151112214656a2f.jpg
見学者がぞろぞろ入って行く
DSC07216_R_20151112214658333.jpg
重厚な扉が閉まっている
DSC07217_R_20151113201151b69.jpg
教育参考館、撮影禁止・・・・なえる
DSC07218_R_20151113201152999.jpg
館内に進入する
DSC07219_R_20151113201153011.jpg
入り口ホールの天井は高い
P1030867_R.jpg
ここから先は撮影禁止(正直あまり目を引くものは無かった)
DSC07220_R_20151113201155f90.jpg
外に出ると、何処から湧いたのか、学生達がいっぱいいた
DSC07301_R_20151113215359510.jpg
記念撮影をしているようだ
DSC07300_R_2015111321535720f.jpg
幹部中級経補過程、今日からスタートのようだ
DSC07214_R_20151113220613fd3.jpg
さて、学生さんはいいとして、肝心の展示物を見ていこう
DSC07227_R_20151113220051b90.jpg
DSC07226_R_20151113220049864.jpg
三景艦主砲々弾
DSC07228_R_201511132206156c5.jpg
DSC07230_R_201511132200520f4.jpg
91式徹甲弾、俗にゆう「大和の主砲弾」
DSC07221_R_20151113221947097.jpg
次は大物が展示してある
DSC07223_R_20151113221950b32.jpg
DSC07222_R_201511132219491aa.jpg
「甲標的」の気蓄器
DSC07233_R_20151113221953550.jpg
甲標的は回天と混同されやすいが、特攻兵器では無く生還を予定されていた艇である
DSC07225_R_20151113221951b79.jpg
真珠湾攻撃に参加した艇の1艇
DSC07235_R_201511132234322cb.jpg
約24mの長さがある
DSC07237_R_20151113223433b7e.jpg
セイル
DSC07239_R_201511132234349ad.jpg
爆雷による破損部分
DSC07240_R_20151113223436a35.jpg
特殊潜航艇、説明板
DSC07243_R_201511132241545b3.jpg
海龍のカットモデル
DSC07248_R_2015111322415635c.jpg
カットしてないのが、大和ミュージアムにあるので、ご一緒に
DSC07251_R_20151113224157bb3.jpg
操縦席
DSC07257_R_20151113224200a41.jpg
艇尾から
DSC07256_R_201511132241585b6.jpg
30ノットで走る空母に10ノットで体当たりする計画(実際は8ノット程度の輸送船狙いしか出来ない)
DSC07260_R_20151113225506dd1.jpg
きっとあの辺には地下壕がありそうな気がする
DSC07259_R_201511132255058e3.jpg
理化学講堂などの、ステキな建物が見えるが、進入禁止
DSC07262_R_20151113225507260.jpg
不思議な建物もある、何だろう
DSC07264_R_20151113225509a98.jpg
DSC07268_R_20151113225510dbd.jpg
DSC07269_R_201511132302520fd.jpg
DSC07271_R_20151113230254545.jpg
DSC07275_R_201511132302554ef.jpg
魚雷が3本並んでいる
DSC07276_R_20151113230257bf6.jpg
DSC07277_R_2015111323025870e.jpg
駆逐艦「雪風」の主錨
DSC07284_R_201511132311088b7.jpg
欠けた砲弾
DSC07286_R_2015111323111025d.jpg
むっちゃえぐれている(不発弾処理の為)
DSC07283_R.jpg
DSC07282_R_20151113231106e53.jpg
DSC07280_R_20151113231104121.jpg
ガダルカナル島の方向に傾いている
DSC07291_R_2015111323175569e.jpg
DSC07288_R_20151113231753634.jpg
DSC07290_R_20151113231754260.jpg
DSC07294_R_20151113231756f02.jpg
安式四十口径六寸砲
DSC07296_R_20151113231758878.jpg
磨き上げられた砲口
DSC07302_R_20151113234355420.jpg
DSC07303_R_20151113234356f41.jpg
日英同盟締結百周年記念樹
DSC07307_R_20151113234357fac.jpg
教育参考館の向こう側は丸くなっている
DSC07309_R_2015111323435967a.jpg
1回の見学者は、50人程度か
DSC07310_R_201511132344007f4.jpg
ここからは引き返す事になる
DSC07312_R_201511132349592f6.jpg
異様に高い掲揚台
DSC07313_R_20151113235001071.jpg
高くそびえる松の並木に、何故か1本だけ赤松が混じっている
DSC07319_R_20151113235002687.jpg
1200見学が終わり、解散となる
DSC07324_R_2015111323500543f.jpg
早速、食堂へ向う
DSC07320_R_20151113235003842.jpg
一般人も普通に食事できる
DSC07321_R_20151113235611841.jpg
パンフを見ながら待つこと数分
DSC07322_R_2015111323561377e.jpg
海軍カレーの到着
DSC07323_R_2015111323561459e.jpg
7分後完食!DSC07326_R_20151113235615442.jpg
駐車場側売店に向う
DSC07327_R_201511132356173af.jpg
ここでもお土産や、自衛隊グッズが買える
DSC07328_R_20151114000135e92.jpg
コンビニ、ポプラが入っている
DSC07329_R_20151114000137494.jpg
こんなの見て周るのも面白い
DSC07330_R_201511140001399bf.jpg
基本的には、自衛官の生活雑貨販売店
DSC07331_R_2015111400052211b.jpg
入り口近くの怪しい建物
DSC07332_R_20151114000524674.jpg
この車庫も何か怪しい
DSC07411_R_20151114000525400.jpg
結局半日がここだけで潰れてしまった、午後からは砲台探しの旅に出る
DSC07413_R_20151114000526b33.jpg
帰りがけに見た橋の一部
DSC07414_R_20151114000528da8.jpg
この壁も当時の物だろう、海上自衛隊第一術科学校を後にする

呉 海上自衛隊第一術科学校 その3

DSC07120_R_20151108181505826.jpg
江田島クラブに、平日は1030に見学者は集合する(その日1回目の見学会)
DSC07117_R_20151108181503742.jpg
見学者バッチを見える所に装着する
DSC07122_R_20151108181507f46.jpg
時間になり、説明が始まる
DSC07121_R_20151108181506bfb.jpg
上を見ると3階まで、吹き抜けになっている
DSC07123_R_20151108181509cd7.jpg
説明後、表に出て見学が始まる
DSC07124_R_20151108191456d4a.jpg
まずは大講堂に向う、こちらからは入れない、主賓用玄関(皇族用)
DSC07129_R_20151108191457921.jpg
大講堂側面
DSC07132_R_201511081914586a8.jpg
裏側に周ってきた
DSC07134_R_2015110819150020f.jpg
扉が一枚ずつ開けられていく
DSC07136_R_2015110819150117c.jpg
帽子をとり、一礼して入る
DSC07137_R_201511082100000d0.jpg
前室的な空間があり
DSC07138_R_201511082100025ff.jpg
その先に広がる、大講堂
DSC07139_R_201511082100034c4.jpg
左側
DSC07140_R_20151108210005b72.jpg
右側、基本左右対象である
DSC07142_R_2015110821000663a.jpg
船の舵輪を模しているとか
DSC07143_R_20151108210430c46.jpg
当然壇上には上がれない
DSC07144_R_2015110821043233a.jpg
講堂内は、かなり声が反響する作りになっている
DSC07145_R_201511082104335b9.jpg
横サイドの通気孔
DSC07146_R_2015110821043583c.jpg
2階テラスの下部分
DSC07150_R_20151108210436ec3.jpg
柱一つも凝っている
DSC07152_R_201511082112204ce.jpg
外に出よう
DSC07163_R_20151108211222279.jpg
大講堂全景
DSC07159_R_20151108211221b8a.jpg
講堂前の砂地には、基本的に入ってはいけない
DSC07162_R_2015110922155140f.jpg
松の向こうに、煉瓦の建物が見える
DSC07161_R_2015110922154952b.jpg
ちょっと行って見たいが、行動はかなり制限される、今は倉庫だが、前はトイレだったそうだ
DSC07164_R_20151109221552fc9.jpg
かなり大きな建物である、元海軍兵学校の生徒館
DSC07165_R_2015110922155312d.jpg
現在は、海上自衛隊幹部候補生学校庁舎
DSC07168_R_2015110922155456f.jpg
当時はここに菊の御紋章が掲げられていた
DSC07169_R_20151109222845f1e.jpg
旧生徒館の玄関ホール
DSC07166_R_20151109222843c42.jpg
先に進むと、海が見えて来るが、そちらには行けない
DSC07170_R_201511092228460d3.jpg
海側にはもっとも見たかった「陸奥」の41cm主砲の4番砲塔が鎮座している
DSC07176_R_201511092228478d3.jpg
この階段から砲塔下部の入り口に入れるが、一般人には無理のようだ
DSC07178_R_2015110922284980c.jpg
「梨」の12.7cm単装砲や陸奥の主砲弾などが見える
DSC07172_R_20151111225624d42.jpg
カッターボンドも当時の位置にあるそうだ
DSC07174_R_201511112256254e8.jpg
不明のアンカー
DSC07179_R_201511112256267d0.jpg
5インチ砲かな?
DSC07181_R_20151111225627c2c.jpg
初期の対潜装備も見える、だがこれらには近寄れ無い
DSC07185_R_201511112302577d9.jpg
この先に行ってみたい、しかし近年コースが変更され、海岸の武器関連に近寄れなくなってしまった
DSC07187_R_2015111123025944b.jpg
護岸に行ってみたかった
DSC07183_R_201511112302553e7.jpg
学生達が芝生に入って来た、教練の様だ
DSC07186_R_201511112302580ed.jpg
装備は64式小銃、匍匐の説明だろうか?
DSC07190_R_201511112303016f2.jpg
生徒館の横に来た
DSC07191_R_201511112315284d8.jpg
窓枠の石造りも綺麗だ
DSC07192_R_20151111231529d5d.jpg
雨どいは壁に埋っていた
DSC07193_R_20151111231530d0a.jpg
戦後の電気配線埋設だろう
DSC07194_R_2015111123153296e.jpg
1ヶ所だけ見れるように開放されている
DSC07198_R_20151111231533b2a.jpg
入るとすぐに、左手に階段がある
DSC07197_R_20151111232710166.jpg
手すりには、イカリマークが入っている
DSC07195_R_201511112327080fe.jpg
その上にある行灯にも、イカリマークが
DSC07199_R_20151111232711791.jpg
生徒館内部
DSC07200_R_20151111232712e00.jpg
行灯と、回廊が続く
DSC07202_R_20151111232714b0f.jpg
奥の方には、学生さん達がいる
DSC07206_R_2015111123314102f.jpg
美しい煉瓦の柱の回廊
DSC07207_R_20151111233143bd5.jpg
学生さんの帽子掛けが並ぶ

呉 海上自衛隊第一術科学校 その2

DSC07055_R_201511072007344bc.jpg
海上自衛隊 歴史ゾーン突入
DSC07059_R.jpg
展示の御案内
DSC07056_R_20151107200736531.jpg
まず、出迎えるのは、給食を思い出す鉄板
DSC07057_R_20151107200737156.jpg
海自の階級章及び徽章、防衛記念章
DSC07058_R_20151107200738438.jpg
あやなみ型護衛艦、昭和33年配備の対潜水艦に重点を置いた艦
DSC07060_R_20151107203802223.jpg
通路全景
DSC07061_R_20151107203804b92.jpg
後ろ側はカットモデルになっている
DSC07062_R.jpg
説明文
DSC07063_R_2015110720380685a.jpg
「あさかぜ」の時鐘
DSC07064_R_20151107203808066.jpg
歴代護衛艦の模型が並ぶ
DSC07065_R.jpg
機雷コーナー
DSC07066_R_20151107204616138.jpg
ペルシャ湾で捕れた機雷
DSC07067_R.jpg
機雷の爆破処理の連続写真
DSC07068_R_20151107204619440.jpg
触発機雷の触角(こんなのは海底にまだまだ沈んでいる)
DSC07069_R_201511072046205c1.jpg
軟式潜水器具(自衛隊バージョン)
DSC07070_R.jpg
こうゆうプレート好き
DSC07071_R_201511072054451a7.jpg
米軍バージョン軟式潜水器具
DSC07072_R_2015110720544665f.jpg
ソノブイ(海中の潜水艦をソナーで探す、投下型探査機)
DSC07073_R_20151107205447d78.jpg
短魚雷
DSC07075_R_201511072054493e6.jpg
カットモデル
DSC07074_R_20151107210140874.jpg
MK44魚雷
DSC07077_R_2015110721014141b.jpg
窓際に双眼鏡がある
DSC07078_R_2015110721014256d.jpg
DSC07079_R_20151107210144794.jpg
12cm高角双眼鏡
DSC07080_R_20151107210838f1a.jpg
DSC07081_R_201511072108409f8.jpg
66cm測距儀
DSC07082_R_2015110721084169a.jpg
DSC07084_R_2015110721084423e.jpg
DSC07083_R_20151107210842e9d.jpg
TDT眼鏡部
DSC07085_R_20151107211344d8f.jpg
校内ジオラマ
DSC07086_R_20151107211345314.jpg
見学コース案内図
DSC07087_R_201511072113472ed.jpg
中央にある目立つ奴
DSC07088_R_201511072113495c4.jpg
シースパロー
DSC07089_R_20151107211351aab.jpg
対空戦コーナー
DSC07090_R_2015110721240024a.jpg
DSC07091_R_20151107212402fff.jpg
無人標的機
DSC07092_R_20151107212403145.jpg
目立つ色である
DSC00239_R_20151107213021220.jpg
観艦式で見た、これである
DSC07093_R_20151107212404ef5.jpg
その他備品
DSC07094_R_2015110721240631d.jpg
地上砲台でも活用されていた、伝声管(グレース遊びで有名)
DSC07095_R_201511072135335f9.jpg
DSC07096_R_20151107213535711.jpg
艦橋コーナー
DSC07097_R_2015110721353683e.jpg
DSC07098_R_20151107213537feb.jpg
特殊形象物(速力標)
DSC07099_R_20151107213539e75.jpg
艦橋小道具
DSC07100_R_201511072139000d9.jpg
モールス信号(一応お試しに打てる)
DSC07101_R_20151107213902a1e.jpg
DSC07102_R_2015110721390360b.jpg
「大和」は150cm探照灯を装備
DSC07104_R_20151107213905bd6.jpg
DSC07105_R_20151107213906b79.jpg
DSC07106_R_20151107214455fde.jpg
DSC07107_R_20151107214456c05.jpg
DSC07108_R_201511072144585af.jpg
DSC07109_R_20151107214459493.jpg
DSC07110_R_201511072145000e8.jpg
砲弾各種
DSC07111_R_20151107214836491.jpg
かわいい模型
DSC07112_R_201511072148373d8.jpg
右側の良く見かけるタイプ
DSC07113_R_20151107214838513.jpg
左側の最近のタイプ、「いずも」にも装備されている
DSC07114_R_201511072148406d9.jpg
DSC07115_R_20151107214841ae2.jpg
SM-2艦対空ミサイル
DSC07116_R_201511072216408e4.jpg
そろそろ集合時間が近づいて来た
DSC07118_R_20151107221640d9b.jpg
これ、明言だと思う

呉 海上自衛隊第一術科学校 その1

明治21年(1888)、東京築地にあった海軍兵学校が江田島に移転し、この地において、海軍兵学校生徒の教育が開始されました。
 当初生徒は表桟橋に係留された学習船「東京丸」で起居していましたが、明治26年(1893)に赤レンガの生徒館が完成しました。以後、海軍兵学校は逐次拡充整備され、昭和20年(1945)12月1日に閉校されるまで、57年間にわたり、海軍士官養成の場としての歴史と伝統を築き上げました。
 終戦後は、11年間にわたり、米軍及び英連邦軍等が進駐、施設を使用しましたが、昭和31年(1956)1月、海上自衛隊が施設を引き継ぎ、横須賀から術科学校が移転、昭和32年(1957)5月には海上自衛隊幹部候補生学校が独立開校し、翌33年4月には、海上自衛隊第1術科学校が発足しました。
 また、自衛隊生徒は、昭和30年(1955)、舞鶴練習隊で「第1少年練習員」として教育が開始され、昭和31年術科学校が横須賀から江田島に移転すると同時に生徒教育もここ江田島で開始されました。以後、昭和58年(1983)から1術校生徒部として現在に至っております。

海上自衛隊には、第1から第4まで4つの術科学校があり、各々、専門術科の教育を行っております。ここ第1術科学校では、砲術、水雷、掃海、航海、通信等、主として艦艇術科に必要な教育を行っております。
上聞コピペ

ここに行く前に調べていて思ったが、何故か見学コースについて詳しいHPなどが見つからない
こんだけメジャーなのに、不思議と無かったりする
海上自衛隊第1術科学校の見学コース及び、見れる所をなるべく紹介していく事にする

1日目の探索を終えて、仮の宿に戻る
普段車中泊か、安宿(3000円程度)しか泊らない自分だが、ツアーなので豪華なホテルに泊れた
DSC06970_R_20151105002316306.jpg
非常に不釣合いを感じながら部屋に戻る
DSC_0207_R.jpg
枕が二つ、夜はこれから、ずっと二人で話していた
DSC_0208_R.jpg
ホテルにはチャペルがあり、丁度挙式をしていた、いつかは・・・・なんて話をしていた夜
DSC06971_R_201511050629495f0.jpg
翌朝窓から、200階段が見えた、後に行ってみる
DSC06972_R_20151105062951842.jpg
早速車に乗り、出発する
DSC06974_R_201511050629524ac.jpg
なんか横須賀を思い出す様な風景
DSC06975_R_20151105063437f27.jpg
えんぽうに何か見えるが、何だろう?
DSC06976_R_20151105063439367.jpg
大きな煙突やクレーンも見える
DSC06977_R_20151105063440581.jpg
好きそうな看板があった、帰りに寄りたかったが、ルートが違った
DSC06978_R_2015110523220351f.jpg
きり立った崖のトンネルを抜けて行くと
DSC06979_R_2015110523220473d.jpg
やがて見えて来たのは、これ
DSC06980_R_20151105232205946.jpg
第二音戸大橋
DSC06981_R_20151105232206347.jpg
橋の中ごろに来ると
DSC06982_R_20151105232208bb9.jpg
第一音戸大橋が見える
DSC06983_R.jpg
更に進むと第三音戸大橋(通称)の歩道橋をくぐる
DSC06984_R_20151105233338eb2.jpg
35号線を突き進む
DSC06989_R_201511052333397fc.jpg
早瀬大橋が見えて来る
DSC06991_R_20151105233341875.jpg
なんとも高い所に橋を造るものだ、船が通るので仕方が無いのだが・・・
DSC06992_R_20151105233342c89.jpg
えらい坂を登って橋を渡る
DSC06993_R_201511052348348ab.jpg
いくらかは見えるが、橋から下を覗くのは難しい
DSC06996_R_20151105234836a3c.jpg
ついに江田島上陸!
DSC06999_R.jpg
マリンブルーとまでは行かないが、綺麗な海が広がる
DSC07000_R_20151105234838908.jpg
でも、入り口が良く判らん
DSC07001_R_20151105235748661.jpg
もんが閉まっている様に見えたが、手前が開いていた様だ、一旦通過し戻る事にする
DSC07002_R_2015110523575028b.jpg
一緒に後ろを走って来る車に追い立てられて、Uターン出切るとこまで大回りした、見学入り口とか書いといて!
DSC07003_R_201511052357518bc.jpg
いき過ぎた分戻って来た
DSC07006_R_20151105235754556.jpg
よくよく見ればちゃんと入れた
DSC07005_R_20151105235752f47.jpg
うち側には看板もある(表には何も書いてないけど)
DSC07007_R_20151106000912784.jpg
なまえを書いて、見学者バッチを受け取る
DSC07008_R_2015110600091311e.jpg
ずっしりとした、錨が鎮座している
DSC07009_R_20151106000914848.jpg
とりあえず見に行くと、護衛艦「ひえい」の主錨であった
DSC07010_R_20151106000916f7c.jpg
脇の道には、当時っぽい建物がいっぱいある
DSC07011_R_2015110600091755b.jpg
構内案内図
DSC07011_R - コピー
順路はコレだけ、赤線の3ヶ所しか入れない、陸奥の主砲も近寄れ無い
DSC07013_R_20151106061707007.jpg
案内に従い、駐車場に車を停める
DSC07012_R_20151106061706ccc.jpg
これなんかも、怪しそうな建物だ
DSC07014_R_20151106061709d0b.jpg
この駐車場前の売店・食堂も入る事が出切る
DSC07017_R_201511060617105f4.jpg
大講堂、近寄る事は出来ない
DSC07021_R_201511060617125a2.jpg
コレもそうなのだが、忘れた
DSC07023_R_201511062011251a6.jpg
このサイレンは当時ものらしい
DSC07019_R_201511062022475d8.jpg
集合場所の看板があった
DSC07024_R_2015110620112614a.jpg
見学者、集合場所に到着するも、誰も居ない、早すぎた?
DSC07025_R_2015110620112703f.jpg
この日は平日なので、1030からだったようだ、ちょっと失敗した
DSC07026_R_2015110620112959b.jpg
まだ0950なので、ふらつく事にする
DSC07028_R_20151106201130236.jpg
当然食堂も開いてない、帰りにここでカレーを食おう!
DSC07029_R_20151106202248867.jpg
ロビーの後ろ側には、自分の好きそうな売店が多数並んでいる
DSC07030_R_20151106202250ad0.jpg
品揃えはかなり良いだろう
DSC07031_R_20151106202251698.jpg
お土産も豊富で見ていて楽しい
DSC07032_R_201511062022525f8.jpg
お土産に紛れて、こんなのもある、兵学校の瓦
DSC07033_R_201511062031457c7.jpg
天一号作戦ジオラマ
DSC07034_R.jpg
レンザン模型
DSC07036_R.jpg
見学コースには行けない所が多い、てか、行ける所がほんまに少ないのが現状
DSC07037_R.jpg
行けない所の写真が展示してあるので、貼っておく
DSC07038_R.jpg
DSC07039_R.jpg
DSC07040_R_20151106210749c92.jpg
DSC07041_R_2015110621075089d.jpg
DSC07042_R_20151106210752e66.jpg
DSC07043_R_2015110621075321a.jpg
こんな感じでパネル展示のみで紹介されている
DSC07044_R.jpg
お約束の大和
DSC07045_R_20151106213524527.jpg
DSC07046_R.jpg
伊号第十六潜水艦(丙型)回天搭載
DSC07047_R.jpg
海上自衛隊歴史ゾーン
DSC07048_R_20151106213528396.jpg
2階に向う
DSC07049_R.jpg
階段を登った踊り場部分
DSC07050_R_201511062141209fb.jpg
でっかい模型が展示してある
DSC07054_R_20151106214122e39.jpg
DSC07051_R_201511062141214ec.jpg
俗に言うホバークラフトである、さて、90式戦車は1両で50Tあるのだが、2両?
DSC07052_R_201511062147391a1.jpg
DSC07053_R_20151106214741347.jpg

次回 海上自衛隊歴史ゾーンから始まる

東金 台方機銃陣地 その2

2015102312113389e_R.jpg
房総半島戦跡考古調査会のねこさんの作図
DSC09398_R_201511022328259f5.jpg
一旦外に出て、地主さんの許可の下、庭側から再侵入する
DSC09400_R_20151102232826021.jpg
えらく綺麗な入り口だが、何故にこんなに低い間口?
DSC09401_R_2015110223282773e.jpg
中に入ると、すぐにYの字分岐が現れる
DSC09403_R_20151102232829820.jpg
左側の通路、奥に部屋がある様だ
DSC09404_R_20151102232830c13.jpg
しかし、何故か分岐の足元には堀が掘ってある、泥濘を飛び越えるしかない、こけたらえらい事になる
DSC09405_R_20151102234229260.jpg
なんとか、こけずに飛び越えた!
DSC09406_R_20151102234231653.jpg
奥の部屋、誰も居なかった
DSC09408_R_201511022342323d8.jpg
また、これ戻るんだよな~
DSC09409_R_20151102234233651.jpg
Y字路右側に進む
DSC09413_R_2015110223423437b.jpg
壁を良く見ると、粘土質な壁でツルハシは入らず、クワやエンピで削った様な跡が付いている
DSC09415_R_201511022352405d4.jpg
泥濘の反対側を確認したので、外に出る
DSC09419_R_20151102235241a0b.jpg
外に出ると、きへい氏による、銃眼の修復が行われていた
DSC09357_R_20151102235239d4c.jpg
ちなみに、コレが修復前である
DSC09423_R_201511022352433e4.jpg
ここまで綺麗に修復してしまった、大した愛情である
DSC09428_R_20151102235846c04.jpg
その後、地主さん宅にて、当時の模様などのお話を伺えた
DSC09429_R_20151102235847695.jpg
遺骨収集団などで、外地に赴いた時の写真などを見せて頂いた
DSC09431_R_20151102235849643.jpg
山の上の方の陣地に向う
DSC09433_R_2015110223585066e.jpg
墳墓改造型の壕の様だ
DSC09434_R_201511022358524ac.jpg
墳墓を基本に、奥へと堀進めてある
DSC09435_R_201511030005572a6.jpg
ちょっと低めの通路に進入する
DSC09436_R_20151103000559fb9.jpg
またY字路だ
DSC09437_R_201511030006007be.jpg
まず、左側
DSC09439_R_20151103000601557.jpg
埋ったのか、銃眼だったのか、微妙だ
DSC09440_R_20151103001052199.jpg
Y字路を右に行く
DSC09442_R_20151103001053d51.jpg
ズリ出しの終わっていない、未成地の陣地
DSC09445_R_20151103001054d19.jpg
奥の銃機関銃台座
DSC09447_R_20151103001056410.jpg
ちょっと残念な事になっている
DSC09450_R_20151103001057b5e.jpg
では、戻るとしよう
DSC09451_R_2015110300270177a.jpg
穴を出ると、夕暮れだった
DSC09452_R_20151103002703841.jpg
近くの公園でお疲れ様
DSC09453_R_20151103002704176.jpg
寄って来た人馴れしたぬこ
DSC09454_R_20151103002705eb4.jpg
みなに触られまくっていた
DSC09455_R_20151103002707f26.jpg
大豆谷のコンビニに寄る
DSC09456_R_20151103003126a76.jpg
最後の補給物資を買いあさる
DSC09458_R_20151103003127a39.jpg
御馴染みきへい氏の生着替えなんだが、何故かブレている、期待した人ごめんなさい
DSC09460_R_20151103003128b41.jpg
帰りがけのデゼニーシー
DSC09465_R_201511030031306fb.jpg
お台場観覧車
DSC09466_R_20151103003131c93.jpg
首都高の夜景を眺めるのも、結構好きだ
DSC09469_R_20151103003618764.jpg
インカムで〇〇と会話しながら夜の首都高を激走する
DSC09470_R_20151103003619d19.jpg
今回もあっという間の帰りの2時間だった

東金 台方機銃陣地 その1

DSC09335_R_201510311859147e6.jpg
この辺はさくらの名所?になっている様で、あちこちで桜の名が使われている
DSC09336_R_201510311859164d3.jpg
駐車場に車を停め、歩いて現場に向う、先頭は御馴染みきへい氏
DSC09342_R_20151031185917f94.jpg
住宅地の隙間から山に入る
DSC09343_R_201510311859183db.jpg
まるで自分の庭の様に迷いもせず進むきへい氏
DSC09344_R_20151031185920c20.jpg
まずは竹に掴まりながら、斜面を降りる
DSC09345_R_20151031190821374.jpg
降りた目的は、銃眼の確認
DSC09348_R_20151031190822a2a.jpg
だが、埋まっていてさっぱり判らん
DSC09350_R_20151031190824333.jpg
一同は山頂のお堂を回り込み、裏側の斜面に降りて行く
DSC09351_R_201510311908254f6.jpg
木に掴まりながら、道無き斜面をしばし降りる
DSC09352_R_20151031194015d52.jpg
2ヶ所ある陣地に別々に入る、陣地は狭いのだ
DSC09355_R_20151031194018575.jpg
自分はきへいさんと、下の陣地に向う
DSC09357_R_20151031194019423.jpg
埋まった壕口を通過する
DSC09358_R_201510311940213d1.jpg
すると、銃眼が現れる、これはスゴイ綺麗だ
DSC09360_R_201510312134206ba.jpg
コンクリート以外で作られた、こんな構造は始めて見た
DSC09362_R_20151031213421a38.jpg
パッと見にわからん壕口、良く見つけたなこんなの
DSC09363_R_20151031213422078.jpg
おいしそうなキノコ
DSC09365_R_201510312134247a9.jpg
一歩入ると、立派な壕口と化す
DSC09368_R_20151101062619cc3.jpg
すぐに分岐となる
DSC09369_R_201511010626213e0.jpg
入って来た壕口
DSC09367_R_20151031213425737.jpg
右のつうろ、入り口付近は軽く水没、長靴ギリ程度
DSC09370_R_2015110106262215e.jpg
埋まりながら慎重に進んで行く、ゆっくりでないと長靴オーバーするかも
DSC09374_R_20151101062625dea.jpg
水が無ければ、そこそこ良い通路なんだろう
DSC09376_R_201511010626278f7.jpg
両サイドには、支保抗の溝が残る
DSC09379_R_20151101064815d1b.jpg
付き当たりを右に曲がる
DSC09380_R_20151101064816d71.jpg
振り返る、水没はここまでで終わる
DSC09381_R_201511010648194df.jpg
ゆるく曲がる通路を抜けると、見えて来た
DSC09385_R_2015110106482144b.jpg
これはすごい!完璧な形で残っている銃座
DSC09386_R_20151101064823659.jpg
完全な四角い銃眼、手前の溝はバイポッド(脚)を立てる為のもの
DSC09387_R_2015110122293266c.jpg
唐突に、何か横切った!
DSC09388_R_20151101222933d16.jpg
気のせいか・・・
DSC09391_R_201511012229349fb.jpg
水没の通路を戻って行く
DSC09394_R_201511012229362e5.jpg
入り口付近、分岐が見えて来た
DSC09395_R_20151101222938ca8.jpg
右側の通路に進みたいが、泥濘が酷くあきらめた

中途半端なので、前項変に分ける