京の美味しいもん / 気軽なお店(カフェ・喫茶・おばんざい)

 

  京の美味しいもん
  気軽なお店(カフェ・喫茶・おばんざい)

  「 おあがりやす。 」



1462359374051_R.jpg
  
  Cafe Phalam
  サラダボウルモーニングセット










1461592697905_R.jpg

  喫茶ムギ
  今週の定食










1461668945338_R.jpg

  喫茶ムギ
  今週の定食










1463869976934_R.jpg

  OKU 美山荘プロデュース
  OKUのおばんざい










1463869980314_R.jpg

  OKU 美山荘プロデュース
  OKUのおばんざい










1461592721132_R.jpg

  IZAMA / 居様
  生ビール天ぷら蕪(かぶら)の炊いたん










1461592709558_R.jpg

  IZAMA / 居様
  九種のおばんざい御膳









1461592725445_R.jpg

  IZAMA / 居様
  居様の和点心










1461592729781_R.jpg

  きょうのおかず
  お昼の定食










1462875724783_R.jpg
  
  火裏蓮花
  チルチルのB ピラフ















 ~ 京の甘いもん ~ 

  女の子にとって甘いもんは
  常にないとあかんもんです
 
  お気に入りのカフェへ
  行きましょ行きましょ♪


1462961367781_R.jpg

  カフェ ラインベック
  フルーツガーデンパンケーキ










1462875722826_R.jpg
  
  火裏蓮花
  米粉のシフォンケーキ










1461592735439_R.jpg
  
  茶房 福寿草
  季節のフルーツジュレ










1461669503108_R.jpg

  茶房 元庵
  抹茶ロールケーキ










1463827972706_R.jpg
  
  OKU 美山荘プロデュース
  よもぎアイス最中と煎り番茶










1461592701215_R.jpg
  
  喫茶ムギ
  チーズケーキ(杏ジャム)アイスカフェオレ










1463827974815_R.jpg
  
  閏 / うるう
  抹茶チーズケーキ&
  バリスタ門脇洋之カフェロッソ焙煎コーヒー














 ~ 京のおもたせ ~

1463827970624_R.jpg
  
  OKUでランチ
  「ちりめんとふきの葉の炊いたん」
  美味しかったです










1463906887737_R.jpg

 OKU
  抹茶ダクワーズ
  おもたせにぴったり










1463906882503_R.jpg

  スペイン産マルコナ種アーモンド
  ふんわりとした抹茶バタークリーム
  干し無花果のプチプチとした食感















 ~ 京お干菓子の世界 ~

1463569500560_R.jpg
 

 
  季節や歳時記が
  ひとつの箱に、
  ぎゅっと詰まって
  そこに美がある

  それが干菓子の世界です







 







1463842016510_R.jpg

  京の暮らしに
  欠かせない干菓子









 
1464006126645_R.jpg

  箱を開ければ
  そこは京都










1462618517116_R.jpg

  季節を写しきる
  繊細な色










1463292691616_R.jpg

  珈琲と一緒に
  お干菓子を







  干菓子は茶の湯の本場、京都で
  茶人の美意識により洗練されていきました

  茶の湯の席にて、
  御亭主ご用意のお道具や趣向の中で、
  干菓子は、そっと色を添えます

  お茶席で主役は、あくまで御茶です。
  干菓子だけが引き立たぬよう作られています







1463135416827_R.jpg
 ~『 亀屋伊織 』さんのお干菓子~
   創業400年以上の
   御茶事専門店です
   天下一の茶人となった
   古田織部にも愛されたお店  










1462360096350_R.jpg

  お干菓子ひとつ
  いかがですか?










1463827968354_R_R_2016052208370074a.jpg
 このsanaの部屋で、
 表面的ではない、
 ほんまの京都の魅力を少しでも
 見つけてくだされば嬉しいです



   おやすみやす
   sana♡










 Instagram インスタグラム 「 sana の部屋 」  





 ※「 sanaの部屋 」で掲載している写真は、
   私自身がスマートフォンで撮影した
   全てオリジナル写真です。









スポンサーサイト

京都 八坂神社

122_R_2016052120365670b.jpg
四条通を東へ進む
121_R_201605212036552c0.jpg
よーじやカフェがある
123_R_2016052120365899d.jpg
祇園はんなり横町
124_R_201605212037008c5.jpg
太閤秀吉がお気に入りだった「五つ団子(御手洗団子)」だと解る観光客は、どのくらい居るだろうか?
IMG_1245_R.jpg
途中の和菓子屋さんに寄った
IMG_1246_R.jpg
店内はお茶も出来る
IMG_1307_R.jpg
ぎっちり入った干菓子が特色
125_R_2016052208152320a.jpg
これが派出所(京都風)
126_R_20160522081524624.jpg
隣のローソンは黒い、違う店に見える(環境条令による)
128_R_20160522081526ee8.jpg
四条通の突き当たりに、八坂神社がある
129_R_20160522081528d3a.jpg
西櫻門から御参りする
130_R_20160522081529f95.jpg
朱塗りの門が鮮やかだ
131_R_2016052218285479a.jpg
キンキラリンの行灯
132_R_2016052218285593b.jpg
屋台から美味しそうな匂いが立ち始める
137_R_20160522182856bbe.jpg
疫神社、神主さんがお参りしていた
138_R_2016052218285871b.jpg
屋台の活気があるのはこの辺だけ
133_R_201607252237066f7.jpg
参拝前に手を清めに行く
134_R_20160522185203d7b.jpg
手水の作法
139_R_20160522182859930.jpg
太田社を回りこむ
140_R_20160522185205815.jpg
参道を上がって行く
142_R_2016052218520664e.jpg
蛭子神社
143_R_20160522185208e7a.jpg
大国主神社
144_R_20160522190317ce9.jpg
御朱印を貰っていたら、神主さんが来たよと教えてくれた
145_R_20160522190319a2a.jpg
丁度良い所を見れた、さすが解っている
147_R_20160522190320ca5.jpg
舞殿、スゴイ提灯がぶら下がっている
148_R_20160522190322d37.jpg
本殿に向う
149_R_20160522190323129.jpg
ちょっとお参りしていく
150_R_20160522214027e6e.jpg
柱に亀が貼りついとる
151_R_201605222140299bd.jpg
境内を神主さんがマラソンしていた、健康第一なんだろう
152_R_20160522214031780.jpg
稲荷社
153_R_20160522214031f3d.jpg
東側から出て行くと
154_R_20160522214033791.jpg
円山公園と繋がっている

京都 宮川町を歩く

IMG_1224_R.jpg
すでに新幹線から富士山を見ても、何とも思わなくなった自分がいる
それだけ京都へ通い詰めている
IMG_1226_R.jpg
京都にしては、軽くうねった道、松原通
京都人は道がカーブすると不安になるらしい
IMG_1227_R.jpg
松原橋を渡る、元はここに五条橋が架かっていた事はあまり知られていない、
牛若丸と弁慶が闘ったのもここ!
IMG_1228_R.jpg
鴨川、なぜ二本に分かれているのだろう?
実は川床の為に支流を作ったのだ
IMG_1229_R.jpg
この川にせり出した川床は、夏が終わるとそのつど撤去される、
大正時代からの風物詩だ
IMG_1231_R.jpg
遠くに御山が見える、いい場所だ
IMG_1236_R.jpg
絵に描いてみるとこんな感じかな?
IMG_1234_R.jpg
鴨川の流れは落ち着いていい
IMG_1238_R.jpg
松原通から、宮川町通へ向う
IMG_1239_R.jpg
長刀鉾のちまきがかかっている
IMG_1240_R.jpg
あまり人の歩いていない静かな通り
IMG_1241_R.jpg
その中にもロージとズシはある
IMG_1243_R.jpg
玄関の屋根の上に
IMG_1242_R.jpg
ちっさいおじさん(鍾馗さん)がおった
「鍾馗さん」は 唐の玄宗皇帝の夢枕に現れて 鬼を退散させたという中国の話にちなんだ 魔よけの神様なのだそうだ
屋根瓦と同じ素材で出来ているのだが、大量生産はされず、注文生産のみで全てオリジナルの一品物であるそうだ
服装から体格に至るまで、みんな個性があるので、見ていて面白い!
043_R_2016051920271054f.jpg
宮川町通は、ちっさいおじさんの宝庫であった
044_R_2016051920271120c.jpg
うっかりしていると、見落としてしまう
045_R_201605192027136d4.jpg
色合いやポーズもまちまちで、面白い
048_R_20160519202715f2b.jpg
辻地蔵も綺麗な物が多かった
052_R_201605192027152c9.jpg
逆光で正面から撮れなかったが、舞子さんの学校、宮川町歌舞練場
053_R_201605192033111ba.jpg
宮川町は歴史的景観保全修景地区に指定されている
054_R_2016051920331353f.jpg
にしんそば、京都と北海道のみで食べられるレアな御蕎麦
055_R_2016051920331595a.jpg
ちょっと変ったお店があった
056_R_201605192033162b1.jpg
変身処「舞香」、観光客に舞子さんの格好でもさせてくれるのだろう
057_R_201605192247178ca.jpg
この右下にある竹で組まれたものは、関東では全く見かけない物だが、京都では街中でもポピュラーな物だ
部屋の中を覗き込まれないようにする為の物だそうだ
058_R_20160519224719836.jpg
裏具、オリジナル文具やさん
060_R_201605192247214eb.jpg
ロージの奥に店舗があるが、開店前だった
062_R_201605192247222e0.jpg
落ちない様に、縛られているちっさいおじさん
064_R_20160519224723316.jpg
こっちは針金で繋がれている
066_R_20160520073855bf3.jpg
なんだこれは、始めて見た!
065_R_20160520073853bf6.jpg
宙に浮いてるちっさいおじさん、頭部が損傷して見えるので、落ちてしまったのだろう
075_R_20160520075647aa3.jpg
新目の家にもブロンズのちっさいおじさんが乗っていた
071_R_20160520090004f6b.jpg
所々に古い土蔵が見え隠れする
081_R_20160520090005af4.jpg
早朝の通りは人通りも無く、店も開かず静かだ
083_R_20160520090008c5e.jpg
一区画に一つの割合であると言う辻地蔵、
地元の人は感謝を欠かさず共に生活をする
085_R_2016052009000936f.jpg
COFFE琥珀、わりと有名らしい
089_R_2016052009001091b.jpg
建仁寺の一画
091_R_20160520093116b97.jpg
ウインズ隣の祇園甲部歌舞練場
092_R_201605200931187a8.jpg
花見小路通
094_R_20160520093120da0.jpg
旧四条小橋の欄干?
095_R_20160520093121ebc.jpg
人一人いない時間は良い
101_R_2016052009312209b.jpg
辻地蔵も大事にされている
107_R_20160520220435351.jpg
和バル「OKU」、あの美山荘の支店である
ここの抹茶ダクワーズが美味いらしい
108_R_2016052022043728d.jpg
意外とリーズナブルなお値段
111_R_201605202204392e7.jpg
後、一時間もすれば、観光客でごった返す花見小路
118_R_201605202204411a6.jpg
端っこまで歩いて来た
119_R_20160520220441af4.jpg
昔は影の町、今は一番京都らしいと言われる通になっている
CM効果と地域の努力で、明るく見える昨今だが、歴史的に見るとここは、関東で言う所の吉原に相当する町である
場外馬券所もあり、一本奥に入ると風俗店もあるが、上手く隠されている
現在、京都には上七軒・祇園甲部・祇園東(祇園乙部)・先斗町・宮川町の5つの花街があり、これを総称して五花街(ごかがい)と呼んでいる。
甲部、乙部とは乙部が歴史上はもともと祇園の一部だったことに由来する、乙部が甲乙と差をつけられているのは、実は祇園から下部団体として切り離されたからである、当然ステイタス的にもかなりの落差が出来上がった。

本来、お茶屋とは、座敷を貸し出すだけで、そこに舞妓さんや芸妓さんが常駐しているわけではなかったのだ
置屋と呼ばれる事務所に所属しているのが舞妓さんや芸妓さんで、女将さんと舞妓さんが親子のような擬似親子関係を持ちつつ営業活動をするのだ
お客さんはお茶屋に、置屋の舞妓さんや芸妓さんを呼び出す形で、今で言う同伴となるそうだ
今はお茶屋と置屋をかねているのが一般的になっているそうだ。
戦前は舞妓・芸妓と一口にいっても上から下まで範囲があった、知識や教養、踊りや小唄の技術がない舞妓やら芸妓はその身を売ることもあった、むしろそれを専門にした人たちで関東の吉原のような地区も何処とは言わないがあった。
いまのお茶屋業はむしろコンパニオン派遣会社に近い営業をしていて、主収入は宴会、座敷などへの派遣代(花代)、座敷使用料であるとされる。
宮川町に鍾馗さんが多いのは、そんな歴史背景により、魔除け的な物に縋る様な環境だったのだろうか?
考えさせられるものがある。

京都 鍾馗さん(ちっさいおじさん)特集

日本では、江戸時代末(19世紀)ごろから関東で鍾馗を五月人形にしたり、近畿で魔除けとして鍾馗像を屋根に置く風習が見られるようになった。

京都市内の民家(京町家)など近畿~中部地方では、現在でも大屋根や小屋根の軒先に10~20cm大の瓦製の鍾馗の人形が置いてあるのを見かけることができる。これは、昔京都三条の薬屋が立派な鬼瓦を葺いたところ向かいの家の住人が突如原因不明の病に倒れ、これを薬屋の鬼瓦に跳ね返った悪いものが向かいの家に入ったのが原因と考え、鬼より強い鍾馗を作らせて魔除けに据えたところ住人の病が完治したのが謂れとされる。
先日ぶらタモリでも、ちっさいおじさんと紹介されていたので、見た人も多いだろう。
DSC00565_R_201605201254396ce.jpg
二条で見た、この鍾馗さんが始めて見るものだった
DSC00571_R_20160520125441fb6.jpg
「屋根の上見てみ」って言われて、見るようになったのがきっかけだった
IMG_0156_R_201605201658092fa.jpg
塩小路付近で見かけた、ちまきを頭に乗せた鍾馗さん
IMG_0394_R_20160520165811e88.jpg
新築マンションの足元にも鍾馗さんがいた、オーナーの意向だろう、同型のプレス版が幾つか並んでいた
IMG_0632_R_20160520165813c44.jpg
三条で見かけた鍾馗さん
IMG_0633_R_2016052016581565b.jpg
珍しく、石の上に座っている
DSC03466_R_20160520171223adf.jpg
六角辺りで見つけた鍾馗さん
DSC03467_R_201605201712244fb.jpg
商店だと、行灯とセットで並んでいる事も多い
DSC03488_R_20160520171226a2c.jpg
行灯も色々あって面白い
DSC03945_R_20160520171228fea.jpg
錫、銀製品の清課堂の上にもあった
IMG_1117_R_20160520171228375.jpg
麵屋通の鍾馗さん、表情がかわいい
IMG_1242_R_2016052017504126d.jpg
宮川町の鍾馗さんを羅列する、非常に多い
044_R_201605201750377a6.jpg
045_R_20160520175038199.jpg
赤いのは珍しい
062_R_20160520175510955.jpg
落下防止ベルト
064_R_20160520175512a51.jpg
首吊りっぽい
065_R_20160520175513fb5.jpg
浮いとる
067_R_20160520175514355.jpg
気のせいか、右上を見ているのが多い気がする
070_R_201605201755177e9.jpg
スリムで足長
073_R_20160520180753a7a.jpg
新品のプレスタイプは彫が浅いからすぐ判る
075_R_2016052018075544c.jpg
ブロンズ色
077_R_20160520180756240.jpg
プレスだね
078_R_20160520180758325.jpg
背中が平らそうな鍾馗さん
082_R_20160520180759a3b.jpg
屋根が長いと撮りにくい
087_R_20160520181458a3e.jpg
ここから花見小路
088_R_20160520181459d7d.jpg
微妙な表情で見上げてる
097_R_20160520181501005.jpg
珍しく左上を見ている
102_R_20160520181502876.jpg
ここまで剣を下げているのも珍しい
103_R_201605201815049ec.jpg
トランプのキングみたい
104_R_20160520182137f15.jpg
これほんまに鍾馗さん?剣を左手にもっとるし
106_R_20160520182140f54.jpg
一番多いのはこのタイプ
110_R_20160520182140917.jpg
かなりやばそうな角度の鍾馗さん、御利益も転げ落ちそう
112_R_20160520182141741.jpg
下を向き、うつむく鍾馗さん
113_R_20160520182143443.jpg
微妙な鍾馗さん、でかいし
114_R_201605201832282a4.jpg
やっぱりプレスは、有り難味が薄い気がする
115_R_20160520183229b21.jpg
場所柄か、埃塗れの鍾馗さん
116_R_20160520183231766.jpg
非常に表情が豊かな鍾馗さん、正面を向いて見下ろしているようだ
206_R_20160520183232bac.jpg
これはレア!鬼を退治しているシーンだ!

京都を歩く時は、寺院仏閣ばかりではなく、この土地ならではの鍾馗さんや辻地蔵、玄関先のチマキなども注意して見て行くと、だだの道端も楽しみながら歩けると思う。

おまけ

1460878708382_R_201605202148294a8.jpg
某所で見つけた、御池通のきんぴか鍾馗さん
1460892451308_R_20160520214832eee.jpg
清課堂の御亭主、シルバーの鍾馗さん作ってくれはらへん?金銀銅が揃うよ!

京都 二条から三条を歩く

IMG_1159_R.jpg
京都駅中央口
IMG_1160_R.jpg
ここには世にも珍しい0番線なる物がある
IMG_1161_R.jpg
サンダーバードって名前、すごくない?
IMG_1162_R.jpg
二条駅の木製アーチは気に入っている
IMG_1167_R.jpg
二条駅から程近い「CAFE Phalam」、こっちは街道側の入り口、駐車場側からも入れる
IMG_1169_R.jpg
屋外の喫煙コーナーには、珈琲ガラの入った灰皿がある
IMG_1174_R.jpg
スクエアな店内
IMG_1172_R.jpg
奥には焙煎の機械が鎮座している
IMG_1173_R.jpg
中央付近には本棚が据えられている
IMG_1180_R.jpg
昭和チックなタイルの流し
IMG_1177_R.jpg
自分の頼んだトーストと
IMG_1178_R.jpg
sanaはサラダボール
IMG_1188_R.jpg
よし廣製菓店に、やって来た
IMG_1190_R.jpg
ちまき、関東人のYAKUMOは食べた事が無い
IMG_1221_R.jpg
後でナルミのちまきを購入してみた
IMG_1223_R.jpg
こんな感じの白いお餅が入っていた
IMG_1191_R.jpg
店頭で焼き団子を作ってくれた
IMG_1194_R_201607260001596f1.jpg
sanaと半分ずつ食べっこした、もちろん美味かった!
IMG_1196_R.jpg
平安神宮前にやって来た、混んでるからいかんけど
IMG_1195_R.jpg
岡崎ループなるちっこいバスが走っている
IMG_1204_R.jpg
大将軍(たいしょうぐん)神社にやってきた
IMG_1205_R.jpg
王城の四方にあったらしい
IMG_1206_R.jpg
舞殿
IMG_1208_R.jpg
社殿
IMG_1209_R.jpg
神馬像と境内社
IMG_1210_R.jpg
隼社
IMG_1212_R.jpg
荒熊稲荷社
IMG_1214_R.jpg
東三条社
桓武天皇の平安遷都の始め、王城(京都)鎮護を目的に、京の四隅に『大将軍』を祀ったそうだ
西大路通の一条付近に大将軍の地名がある、こっちでは大将軍と言えばこの地方を指すらしい
ちなみに大将軍は陰陽道において方位の吉凶を司る八将神(はっしょうじん)の一、魔王天王とも呼ばれる大鬼神の事で、人間の軍事的な将軍とは無関係である。
IMG_1215_R.jpg
帰りに一保堂のいり番茶を購入、関東人にはあまり縁の無いお茶では有るが、京都の人は主にほうじ茶と、このいり番茶を愛飲しているのだ。
ほうじ茶は関東でもわりと見かける、煎茶、緑茶が水の如く当たり前に、タダで出てくるのが関東。
その座にあるのが京都では、ほうじ茶であり、番茶である。
究め付けが今回初めて飲んだ、いり番茶である、非常に香ばしく炒った感じが珈琲にも似た感じがある
写真では伝わり難いが、この大袋は40cmぐらいあり、400gも入っている、いかに飲用されているかが伺える
これを飲みなれると、最早緑茶に戻れなくなる・・・・
IMG_1216_R.jpg
カフェイン0がうれしいが、やはり好みはわかれるだろう
IMG_1219_R.jpg
ついでに購入した、ナルミの桜餅(絶品!)
IMG_1220_R.jpg
番茶は京の食べ物には良く合うと思う

とある京都と裏小路 最新作予告!!

IMG_1298_R.jpg
最近、京都に滞在する日が多い


IMG_1293_R.jpg
なので、ブログ作成が進んでいないから予告で引き伸ばす!


京都 寺町から二条駅の櫻を見る

DSC03916_R_2016051122054694c.jpg
1714年創業、古梅園京都支店(墨屋さん)
DSC03917_R_20160511220548e53.jpg
紙司柿本
DSC03922_R_20160511220550c21.jpg
イタリア菓子コロンボ(colombo)
DSC03924_R_201605112205503ed.jpg
京寿司末廣(すえひろ)
DSC03925_R_201605112342082b4.jpg
白風堂
DSC03926_R_201605112342097b2.jpg
化粧筆を主に取り扱う
DSC03934_R_20160511234213c89.jpg
村上開新堂製菓(洋菓子店)
DSC03935_R_20160512203224164.jpg
 二條若狭屋 
DSC03936_R_20160512203225c2e.jpg
2階に喫茶がある
DSC03937_R_20160512203226f63.jpg
和三盆(砂糖)で造った東寺(五重塔)
IMG_1123_R.jpg
一見シンプルなお店
IMG_1125_R.jpg
夷川富小路
IMG_1126_R.jpg
ドーナツ屋さん「ひつじ」
IMG_1127_R.jpg
店内部も非常にシンプルで、リンと下感じがある
IMG_1128_R.jpg
ソープアートコーナー?
IMG_1130_R.jpg
お店の名前を忘れてしまったが、これ、なんだと思う?
日本画の岩絵の具というものを並べてあるんだ、
ちょっとびっくりした、色の多さに!
和の色は数えきれないほどあるそうだ、
sanaの部屋「京の色を愉しむ」で触れていたので、興味は持っていたがこれほどとは・・・・

DSC03953_R_201605132028283cd.jpg
寺町商店街に帰って来た
DSC03954_R_20160513202830159.jpg
超有名処「本能寺」
DSC03955_R_20160513202831f3e.jpg
しかし閉門
DSC03956_R_20160513202833f40.jpg
仕方が無いので、入り口のみ紹介
IMG_1148_R.jpg
日、英、韓、中の案内板
DSC03957_R_201605132028345f5.jpg
意外と空いている商店街
DSC03959_R_201605132040309a8.jpg
和紙製品の専門店
DSC03961_R_20160513204033cba.jpg
老舗「鳩居堂」
DSC03962_R_20160513204035072.jpg
お香、文具なども扱っている
DSC03963_R_201605132040350af.jpg
ぽつんとあった、天座寺
IMG_1142_R.jpg
矢田地蔵尊
IMG_1144_R.jpg
別名、「代受苦地蔵(だいじゅくじぞう)」(苦を代って受けていただくお地蔵尊)
IMG_1132_R.jpg
ちょっと足を伸ばすと、こんな所もある
IMG_1133_R.jpg
興味があったら行ってみるのもいい
IMG_1071_R.jpg
二条駅前の櫻を見せてくれた
IMG_1082_R.jpg
この木製の屋根も、気に入ってきた
IMG_1074_R.jpg
切り取った絵のようで、綺麗だった
IMG_1080_R_20160725232815836.jpg
sanaの後姿を自然とファインダーで追ってしまう、そんな事が幸せに感じる
IMG_1081_R.jpg
見事な枝っぷりだった、さすが地元の人は見所を知っている
 
最近はすっかり旅ブログになっていると、よく言われる
しかし、ちゃんと戦跡廻りも地味にやっているのだ、

読者様から頂いたネタも、こなしているが、上げる暇が無いのが現状です
いずれ時間が出来たらUPするんで、今は楽しい方を優先します(戦跡も楽しいが)

sanaの部屋 予告

1462961439504_R_201605132305507de.jpg


  こんばんはsanaです

  月に一度の割合で、
  「 sanaの部屋 」を更新しています

  今月は、5月27日 金曜日の夜に
  新しい記事を更新する予定です
 
  皆様のおこしをお待ちしております



  「 sanaの部屋 」へおこしやすとくれやす。
 




1463148161546_R.jpg
  


  次回の記事は
  「 京の美味しいもん / 気軽なお店(カフェ・喫茶・おばんざい) 」










1469442036419_R.jpg


  
  京都人に人気のお店ご紹介します
  「 ほんま、おいしおす。 」










1462875717497_R_20160513230555ec7.jpg
  


  お楽しみに(^-^)/










1463149867929_R.jpg



  sanaでした♡
  おやすみやす...










  Instagram インスタグラム 「 sana の部屋 」  





    ※「 sanaの部屋 」で掲載している写真は、
      私自身がスマートフォンで撮影した
      全てオリジナル写真です。









京都 寺町を歩く

IMG_1084_R.jpg
京都市役所前からスタートする
IMG_1086_R.jpg
1927年に竣工、政令指定都市の市役所では一番古くからあるものである
IMG_1088_R.jpg
菊屋雑貨店、レイアウトの面白い店だ
IMG_1087_R.jpg
ねこのトートがかわいい
IMG_1090_R.jpg
ばんてら、竹細工のお店のようだ
IMG_1089_R.jpg
外国人が珍しそうに入って行く
DSC03946_R_20160508224122fcf.jpg
竹の柔らかい丸みがなんとも言えない和を感じる
DSC03947_R_20160508224124cae.jpg
富屋商店、酒屋さん
IMG_1092_R.jpg
清課堂
IMG_1093_R.jpg
錫・銀・金属細工のシャレたお店である
DSC03943_R_201605082235583a6.jpg
ちょっと夕暮れの清課堂、電気の味わいがある
DSC03945_R_20160508223559541.jpg
屋根の上にぶらタモリでも紹介していた、鍾馗さん(ちっちゃいおじさん)がある
DSC03941_R_20160508231034390.jpg
京都ペレット町家ヒノコ 
DSC03940_R_2016050823103334e.jpg
珍しいペレットストーブ屋さん
IMG_1096_R.jpg
二葉家具 寺町本店
IMG_1097_R.jpg
家具屋FUTABA北欧家具、オリジナル家具を中心に販売している
IMG_1103_R.jpg
お店に入ると、眠り猫が出迎えてくれる(後に見たら、二匹に増えていた)
DSC03933_R.jpg
店長さんだそうです
IMG_1106_R.jpg
龍枝堂(株)
IMG_1105_R.jpg
筆・墨・硯から和風のハガキ、一筆箋と和文具へ展開を広めている
DSC03915_R_20160511220545b09.jpg
夕暮れの店内
IMG_1108_R.jpg
お蕎麦屋さん「ろうじな」
IMG_1109_R.jpg
そばの産地にまでこだわりを持っている
IMG_1111_R.jpg
お勧めのお蕎麦屋さん「ろうじな」
IMG_1112_R.jpg
自家焙煎 王田珈琲専門店
IMG_1113_R.jpg
ウッディな店構え
IMG_1114_R.jpg
フクロウのアクセントが良い
IMG_1116_R.jpg
エアコンの室外機の脇に
IMG_1117_R.jpg
鍾馗さん発見
IMG_1119_R.jpg
この通で一番長い店ではないだろうか?お座敷机専門店櫻井
IMG_1120_R.jpg
確かにクラシックだけれども・・・・
DSC03931_R_20160510230726cf7.jpg
京漆器「象彦」
DSC03929_R_2016051023072667f.jpg
この時間は店内の灯りが綺麗だ
DSC03910_R_201605102307219b4.jpg
ギャラリーのような店内
DSC03912_R_20160510230722993.jpg
暖簾の文字、象が描かれている
DSC03913_R_2016051023072417f.jpg
和食器の良さを感じることが出来る
DSC03919_R_201605102342504d0.jpg
お茶の一保堂
DSC03920_R_2016051023425200e.jpg
「販売」「喫茶室嘉木」「教室活動」を行っている
DSC03921_R_20160510234254690.jpg
喫茶室嘉木

京都 三条歴史的建造物 その3

DSC03784_R_20160502205951e41.jpg
三条 歴史的建造物の最後を勧めていく
DSC03853_R_2016050720553510f.jpg
10.SAKURAビル(旧不動貯蓄銀行)
DSC03854_R_20160507205537eed.jpg
10軒ほどビル内にテナントが入っているようだ
DSC03855_R_20160507205538bb8.jpg
登録有形文化財
DSC03856_R_2016050720553957d.jpg
店内にちょっと入ってみた
DSC03857_R_20160507220719723.jpg
ビルを突き抜けると、裏側のビルと繋がっていた
DSC03858_R_20160507220720f32.jpg
2軒で一つのテナントビルのようで、珍しい
DSC03859_R_201605072207221c6.jpg
横から見た所
DSC03866_R_20160507220724c2b.jpg
洋館っぽくていい感じのたたずまいだった
DSC03861_R_20160508071757fca.jpg
歴史的建造物ではないが、1930年創業のはちみつ屋さん「ミール・ミィ」
DSC03865_R_201605080718026b8.jpg
ファンシーな感じで男一人では入りづらい
DSC03863_R_20160508071758ab6.jpg
DSC03864_R_2016050807180034a.jpg
こんなのを見て歩くのも良いだろう
DSC03869_R_20160508073334416.jpg
面白いショーケースがあった
DSC03870_R_20160508073336e55.jpg
ショーケースの中にショーケースが形式で小さくなって行く
DSC03867_R_20160508073332759.jpg
11.家邊徳時計店
DSC03873_R_20160508073337b06.jpg
今はブティックになっている
DSC03874_R_20160508073338e01.jpg
登録有形文化財
DSC03876_R_20160508080536afb.jpg
麩屋町通の辻を過ぎ、御幸町通へ
DSC03877_R_201605080805371c0.jpg
よーじや(化粧品屋であり、カフェも営む)
DSC03879_R_20160508080539854.jpg
12.1928ビル(旧毎日新聞京都支局とあるが、その前は京都大毎会館として建設されている)
DSC03882_R_201605080805410b0.jpg
もちろん1928年建設で、鉄筋コンクリート3階建て
DSC03883_R_20160508080541a05.jpg
最大の特徴はこの、張り出したテラスだろう
DSC03881_R_201605081837584ee.jpg
アーチ型形状をもつホールは、演劇などの公開に使われている
DSC03884_R_20160508183800408.jpg
カフェやバーなどの飲食店舗も入っている
DSC03886_R_20160508183802a58.jpg
御幸町通側を見てみる
DSC03887_R_20160508183804a50.jpg
出入り口があるので、入ってみる
DSC03888_R_20160508183804a98.jpg
昭和を思わせる、タイル張りの床
DSC03890_R_20160508185259377.jpg
なんか従業員通用口っぽいので、引き返す
DSC03891_R_201605081853013cc.jpg
三条通の出入り口
DSC03892_R_20160508185303451.jpg
訳のわからん複雑な構造になっている
DSC03893_R_20160508185304bab.jpg
地下の入り口を覗いてみる
DSC03894_R_20160508185305469.jpg
ミョウな雰囲気になってきた
DSC03895_R_20160508192202cb6.jpg
更に降りると細っこい扉がある
DSC03896_R_20160508192204279.jpg
結局トイレとバーがあっただけなので店を出る
DSC03898_R_20160508192206848.jpg
13.富田歯科医院はお隣にある
DSC03899_R_2016050819220742f.jpg
これ以上見ようがないので、終了とする
DSC03900_R_2016050819220846d.jpg
終了地点は三条商店街となる
DSC03903_R_20160508193444c3b.jpg
ここは寺町商店街の入り口でもある

京都 三条歴史的建造物 その2

DSC03784_R_20160502205951e41.jpg
歴史的建造物案内板の後半を進める
DSC03834_R_201605062338447a9.jpg
イノダコーヒ三条店の前にあるお店
DSC03833_R_20160506233842c9c.jpg
6.五藤家 Chocolat BEL AMER 京都別邸
IMG_0578_R_2016050623384524a.jpg
この日は店内に入らなかったので、過去写真を使う
IMG_0579_R_20160506233846be7.jpg
チョコレート専門店である(自分一人では絶対に入れないだろう)
IMG_0582_R_20160506235425568.jpg
IMG_0601_R_20160506235427644.jpg
一階には、チョコレート各種が販売している
IMG_0587_R_20160506233847b47.jpg
二階がカフェコーナーである、昔の木造家屋の構造を残しつつ、アレンジされた店内だ
IMG_0595_R_20160507070652c0b.jpg
自分は厚切りベーコンに惹かれた、所詮は男である
IMG_0735_R_2016050623594279f.jpg
去年まではこんな姿だった、古民家五藤家
DSC03837_R_201605070706549c5.jpg
番号順に、柳馬場通方向に来る
DSC03840_R_20160507070655a2b.jpg
7.日本生命京都支店
DSC03841_R_20160507070658a0f.jpg
柳馬場通に面したこの部分だけが当時の保存部分である
DSC03842_R_20160507070659af0.jpg
内部は貸し店舗として、着物屋さんが入っていた
IMG_0569_R_201605070725247d0.jpg
珍しく説明板が有る、せやけど垣根で近寄れんし日に焼けて読めへん
IMG_0570_R_201605070725250c1.jpg
登録有形文化財
DSC03844_R_20160507203155eed.jpg
8.西村吉象堂(創業大正13年)漆器・茶道具・美術工芸品・ギャラリー
店構えを変えているので、何もわからへんだ
DSC03846_R_20160507203157ec6.jpg
日昇別荘(和風旅館)江戸時代の京都の三大豪商の一人「大黒屋・杉浦三郎兵衛」の自宅を宿に改装したのが、日昇別荘
DSC03847_R_20160507203159d39.jpg
なんかいいよね、この看板
DSC03848_R_201605072032005e5.jpg
日本庭園のような回廊
DSC03850_R_20160507203201094.jpg
DSC03851_R_20160507205533e6f.jpg
珍しく案内看板が憑いていた


yakumoの関西の旅は、いつもsanaが案内してくれる、京都生まれ京都育ちとは言っても全てを知っている訳では無い
それでも一生懸命案内してくれる、どうすれば時間を無駄にしないか、電車バスの接続はどうか?
俺の好きそうな見所は何処だろう、俺の好きそうなお店、美味しそうな料理は何処で?
コースはどう回ったら疲れないか、足を痛めている俺の事を常に考えてくれている
京女sanaの助けが無ければ、土地勘も何も無い東男の自分がこんなに回れるはずが無い
時には具合が悪いのを俺に隠して、笑顔で俺を見送ってから、自宅でぶっ倒れるなんて事もあった
常に俺の事を考えてくれる人、sanaを大切に思う
sanaの内助の功が無ければ、この京都記事は書けないだろう、本当にありがとう
これからもよろしくね!今日という日に伝えたかった・・・

京都 三条歴史的建造物 その1

京都府京都文化博物館の前に、こんな物があった
前からあったのは知ってはいたが、まともに見てる時間が無かった
今回じっくり見たら、全部見て見たくなってしまった、多分に今までの記事とダブル部分が多いが
基本的には全部新しい写真なので、勘弁して欲しい、近代建築好きなのだ!
DSC03783_R_201605022059507bf.jpg
三条通 歴史的建造物案内板
DSC03784_R_20160502205951e41.jpg
昭和60年(1985年)当時の写真パネルなので、外観の変ってしまった物もあった
これに沿って紹介していくが、13軒あるので細かい説明はしない
DSC03789_R.jpg
1.文椿(ふみつばき)ビルヂング(旧西村貿易)
DSC03790_R_2016050221265718b.jpg
現在は総合商業ビルとなっている
DSC03791_R_2016050221265831a.jpg
入り口近くにある、世にも珍しい男性用着物店「えいたろう屋」開いてるの見たこと無い
DSC03792_R_201605022127006ef.jpg
内装は木製の床がピカピカで、壁も古臭さを感じさせない
DSC03793_R_20160502212701523.jpg
「和んこ堂」柴犬マークのグッズ販売
DSC03794_R_20160502215640fde.jpg
烏丸DUE(ドゥーエ) ここと奥の焼肉やさんしか営業していなかった
DSC03795_R_20160502215642f17.jpg
千総、創業460年の催し開催中
DSC03785_R_201605022156394d7.jpg
2.「中京郵便局」(旧京都中央郵便局)前回やったので、紹介しない
DSC03781_R_20160502221039261.jpg
3.京都文化博物館(旧日本銀行京都支店)工事中なので、過去画像を使う
DSC00927_R_20160502221040b9c.jpg
平安建都1200年記念事業の一環として京都府京都文化博物館は京都府によって建設されたそうです
DSC00928_R_20160502221041d9d.jpg
モダンな正面玄関
DSC00931_R_20160502221043cdb.jpg
6階建てだが、1階にしか入った事が無い
DSC00936_R_201605022210449dd.jpg
1階のホール
DSC00937_R_2016050222265149d.jpg
別館ショップ
DSC00940_R_20160502222653be4.jpg
吹き抜け階段
DSC00941_R_201605022226555f4.jpg
前田珈琲(旧日本銀行京都支店の金庫室に店舗を構えている)
DSC03828_R_20160505230808b33.jpg
4.居戸商店(かばん屋さん)
お店には、京もののバックはじめ和装小物がいっぱい並んでいる、明治39年創業で、居戸節二さんは二代目だそうで、オリジナルデザインを職人さんに発注して、小物は作ってもらっているそうだ。
DSC03829_R_20160505230810f4e.jpg
堺町通との辻にある
DSC03830_R_201605052308111d7.jpg
京のあれこれ
DSC03831_R_201605052314223b8.jpg
5.分銅屋(たび屋さん)
足袋の語源は、皮からつくられた単皮(たんぴ)が変化したものだそうだ、それが1657年に江戸で起きた振袖火事(明暦の大火)によって、素材の皮が不足し価値がはねあがったため、木綿を使った足袋が急速に普及していったと伝えられているそうだ。
足袋の店を始める前は、漢方薬を扱う店を営んでいたそうで、漢方薬の目方を量る際に「分銅」という計りを使用するのだが、そこから店の名前を付けたそうだ。

京都 三条通 中京郵便局(壁面博物館)

了頓図子町周辺からスタートする(図子だらけなんだろうか?)
DSC03748_R_20160502131051976.jpg
雨に濡れた路地(ロージ)
DSC03749_R_20160502131053668.jpg
所々に地元の人しか知らないようなお店がある
DSC03751_R_20160502131055591.jpg
この路地は図子(ズシ)であったが、小さな御社が有る
DSC03753_R_20160502131057c43.jpg
社名も何も無い、一礼して引き返す
DSC03754_R_20160502131057261.jpg
小さな地元向けのお店が、いっぱいあるので路地は楽しい
DSC03755_R_20160502132345950.jpg
京都ではこのサイズの通りが当たり前だそうだ(3m程度)、ちゃんと衣棚通という名前もある通り
DSC03758_R_201605021323462da.jpg
通常の民家に紛れたお店がある
DSC03760_R_20160502132348032.jpg
京料理「藤本」
DSC_0424_R.jpg
お通し
DSC_0426_R.jpg

DSC_0427_R.jpg
刺身
DSC_0428_R.jpg
焼き魚
DSC_0429_R.jpg
竹の子ご飯
DSC_0430_R.jpg
デザート5品好きな物をチョイス出来る(当然全部頼んだ、料金一緒だし)
DSC03764_R_20160502134501845.jpg
路地の合間にも史跡が点在し、千年の歴史を感じる
DSC03767_R_201605021345038eb.jpg
路地を抜けた所にあるお店「こばらがすいたら」
DSC03765_R_20160502134502f4a.jpg
こっちも美味しそう(実際美味いらしい)
DSC03773_R_20160502140423599.jpg
東山三条まで移動した
DSC03774_R_201605021404249ee.jpg
ここで名店と言えるお店に出会った
DSC03775_R_201605021404261e9.jpg
田中漬物舗
DSC03776_R_2016050214042845d.jpg
明治四十四年からのれんを守っている田中漬物舗
DSC03777_R_20160502140428779.jpg
かわいい楊枝をもらえる
004_R_201605021444488d1.jpg
上り漬
003_R_20160502144445481.jpg
それを細かく刻んだぶぶ漬、最高に美味い!
005_R_2016050214444908a.jpg
これもまた良い、おかずがいらない生活が出来る、難を言えば食べるとすぐ無くなってしまう事だろう
DSC03785_R_2016050215274765e.jpg
三条通の中京郵便局
DSC03798_R_201605021527481d5.jpg
今まで気が付かなかったが、「壁面博物館」なんてのが目に付いた
DSC03801_R_20160502152752cec.jpg
日本初の外壁のみを残して、内部を一新する工事だそうな
DSC03799_R_20160502152749412.jpg
確かに壁面博物館だ(しかも斜めスロープ)
DSC03800_R_20160502152751f4d.jpg
パネル展示を追っていく
DSC03802_R_201605021548131f8.jpg
旧局舎東洞院側
DSC03803_R_20160502154816c0e.jpg
レンガ壁の解体
DSC03804_R_20160502154817e43.jpg
ファサード保存施工手順
DSC03805_R_20160502154818e3a.jpg
鉄骨タワー組立、保存レンガ壁にアンカー固着
DSC03806_R_20160502154819883.jpg
仮設鉄骨タワーアンカー溶接
DSC03807_R_20160502162311949.jpg
鉄骨タワー全景(と言うか、残った部分の薄さ)
DSC03808_R_20160502162314326.jpg
仮設鉄骨タワーと保存外壁の緊結へ
DSC03810_R_2016050216231533f.jpg
アンカーボルト埋設
DSC03811_R_20160502162316ebd.jpg
保存外壁とRC(鉄筋コンクリート)壁のアンカー緊結
DSC03812_R_20160502162317878.jpg
2階部分の建設
DSC03813_R_2016050216395860a.jpg
屋根銅版貼付
DSC03814_R_20160502163959ca4.jpg
文化財登録されると、補助金は出るが取り壊しや改築が難しくなる
DSC03815_R_201605021640017ab.jpg
ジオラマ展示
DSC03816_R_20160502164003a59.jpg
解体時に保存された一部の物
DSC03817_R_20160502164003b99.jpg
外観は壁だけなのだから、当然齟齬は出るのだろう
DSC03818_R_201605021700336c0.jpg
このスロープ部分に壁面博物館が設置されている
DSC03819_R_20160502170036b60.jpg
人力は大変だっただろうな~
DSC03820_R_20160502170037b8d.jpg
組織と時代で名称は変っていく
DSC03821_R_20160502170038086.jpg
改築作業中に平安時代の遺構が出土
DSC03822_R_20160502170040b0e.jpg
さすが千年の都だ、今も郵便局の下に眠っている
DSC03823_R_20160502171910d48.jpg
出土品
DSC03824_R_201605021719128f3.jpg
振り向けば、普通の近代的な郵便局でした

京都 夜の先斗町(路地と図子)

ロージ(路地)とズシ(図子)って聞いた事があるだろうか?
自分は初めて聞いた、端的に言うとロージとは通り抜け出来る路地の事、ズシとは路地の先がドン突き
突き当たりになっている路地の事を言うそうだ
先斗町には番号路地と言われる物があるそうだ、流石に全部を詳しく見てはいられないので
目立った所だけ掻い摘んで紹介していく
DSC03654_R_201604272116258ec.jpg
怪しげな飲み屋街を歩いて行く
DSC03655_R_201604272116276b4.jpg
両脇にびっしりと飲み屋、お食事処が並ぶ
DSC03656_R_20160427211628e2a.jpg
提灯の影に、ひっそりと
DSC03657_R_20160427211630c1e.jpg
辻地蔵が隠してあった
DSC03658_R_20160427211630b37.jpg
この辺はハズレなので、人手は少ない
DSC03659_R_20160427212546a78.jpg
この辺から本格的な狭い通りになる
DSC03661_R_20160427212548374.jpg
裏口なんだろうが、重厚な扉がある
DSC03664_R_201604272125495e3.jpg
先斗町歌舞練場
DSC03666_R_20160427212551481.jpg
この通りは、1mちょっとぐらいしか道幅が無い
DSC03667_R_201604272125523de.jpg
中央上の方にNO付きのプレートがある、これが番号の表示だ
DSC03668_R_20160427224104a79.jpg
石畳とそれを照らす照明が路地っぽくて良い
DSC03670_R_20160427224106912.jpg
これは図子(ズシ)であった、ドン突きはお店であった
DSC03672_R_20160427224108a15.jpg
以前支店?を紹介した「うしのほね」
DSC03673_R_2016042722410971b.jpg
番号的には3番のはず
DSC03674_R_201604272241102ca.jpg
うしのほね本店、流石に店には用がないので、奥までは入りずらい
DSC_0416_R.jpg
4番路地、X 「通り抜けできまへん」とある
親切に図子の所には、表示がある
DSC03675_R_20160427230047be5.jpg
なんか変なのが飾ってある、何て言ったっけこれ?
DSC03679_R_201604272300481de.jpg
ストロボを使うと、何とも味気無い
DSC03680_R_20160427230050b9a.jpg
5番路地
DSC03682_R_20160427230052daa.jpg
ここは通り抜けが出来るようだ(ほとんどが図子であった)
DSC03684_R_2016042723173299e.jpg
歩き回っていると、やたらに外国人観光客と、同様に路地巡りをしている人にしょっちゅう合う
DSC03686_R_20160427231733f8d.jpg
路地の左右に店が開いている路地もある
DSC03687_R_20160427231735be4.jpg
ここは8番路地、通り抜けは出来ない
DSC03690_R_201604272317361d0.jpg
中ほどに公園があった、桜の枝っぷりが見事であった
DSC03691_R_201604272326502ab.jpg
だんだん人通りが増えてきた
DSC03692_R_20160427232652594.jpg
少し待つと、一瞬途切れるので、その繰り返しを狙って撮って行く
DSC03693_R_20160427232654e8b.jpg
10番路地、お店の通用口オンリーのようだ
DSC03695_R_20160427232655baa.jpg
入ってしまって良いんだろうか?と思うようなロージ
DSC03697_R_201604282105250d6.jpg
15番路地、少し広い
DSC03698_R_201604282105278c7.jpg
石畳が五月蝿いんだろうか?台車での通行お断りと書いてあった
DSC03699_R_20160428210529563.jpg
赤い千鳥の提灯は、商店街のマーク
DSC03700_R_20160428210530179.jpg
18番路地
DSC03701_R_2016042821053121e.jpg
幅1m、長さ20m程の図子、飲むという目的が無いと、奥に入って行きづらい
DSC03703_R_20160428225216878.jpg
二十番露路
DSC03704_R_20160428225218dfb.jpg
この辺に来ると、路地の屋根が無くなる
DSC03705_R_20160428225220391.jpg
21番路地
DSC03706_R_2016042822522187e.jpg
提灯が良い味を出している
DSC03707_R_201604282252229b3.jpg
京都の人は、常連さん以外でも、こんな奥まで入って来るのだろうか?
DSC03710_R_20160429212642817.jpg
四条通りが近づくと、人の数が増えてくる
DSC03711_R_20160429212644cbe.jpg
先斗町のロージは25番まであるそうだ
DSC03713_R_201604292126468ff.jpg
三条通りから、四条通りまで、先斗町を歩いて来た
DSC03714_R_20160429212647ed2.jpg
オールウェーズで有名になった、東華菜館 本店の目の前に出てきた
DSC03715_R_201604292126487e1.jpg
木屋町通りの河原はとてもいい
DSC03717_R_20160429215242228.jpg
観光客がいなければ、最高だこの季節は
DSC03728_R_201604292152445a5.jpg
河原町通りから、新京極へ来たが
DSC03729_R_20160429215246cdb.jpg
なんでせすなのぶった切りが?
DSC03730_R_20160429215247071.jpg
流石に開いているお店は少数だった
DSC03732_R_2016042921524847e.jpg
飲食店関係が頑張っている
DSC03733_R_20160429220423086.jpg
町のネオンを見るのも悪くない
DSC03737_R_2016042922042410a.jpg
昼間と違う景色も見れる
DSC03738_R_20160429220426415.jpg
昼の顔も見てみたい
DSC03740_R_20160429220428e03.jpg
やはり夜桜は良い、