大井海軍航空隊遺構再調査(2016・12月)その3

DSC09732_R_20170126141349970.jpg
次の壕に移動した、この壕はドライのようだ
DSC09734_R_20170126141350d3d.jpg
状況を見る限り、実働には程遠い状態だ
DSC09736_R_20170126141352c6e.jpg
この時期小森さんもいっぱいぶら下がっている
DSC09737_R_20170126141353812.jpg
坑道は広いのだが、規模は掘りかけもあり、対してない
DSC09738_R_201701261443312d8.jpg
足元に手榴弾が落ちていた、危ないのでそのままにして置いた
DSC09739_R_2017012614433395b.jpg
横幅が4mは有りそうなので、完成すればいい規模になっただろう
DSC09741_R_20170126144334f80.jpg
いまは、モフモフの小森さんの巣窟
DSC09742_R_201701261443355a3.jpg
奥の方に進むと、高さも幅も半分くらいになってくる
DSC09743_R_2017012614433751c.jpg
究めつけはこれ、崩落ではなくズリを積んでいるようだ
DSC09744_R_2017012615185750e.jpg
一人でズリの奥に突入して行く
DSC09745_R_201701261518590e7.jpg
パロマ炊飯器の残骸、電気炊飯器は旧日本陸軍が1937年(昭和12年)に制式採用した九七式炊事自動車に炊飯櫃という原始的な電気炊飯器が装備されていたのが最初のようだ、家庭用としては1955年以降やっと形になって表れる
DSC09746_R_20170126151900ebe.jpg
立つ事すら出来ないほどになってきた
DSC09747_R_20170126151901bd3.jpg
土の質から見て、外部からの土の流入で埋まってしまったのだろう
DSC09748_R_201701261519043a6.jpg
日本ホーム・シー?聞いた事もない
DSC09751_R_20170126164950081.jpg
苦労して入った挙句の収穫はビン一個
DSC09752_R_20170126164951267.jpg
荒削りだがうねった形の良いつくり
DSC09753_R_201701261649529b7.jpg
最奥まで来たようだ
DSC09755_R_201701261649544f3.jpg
何かを覗き込んでいる空母氏
DSC09757_R.jpg
隣接する坑道も終わっているようだ
DSC09760_R_2017012617115292b.jpg
さて、撤収しよう
DSC09761_R_20170126171153f1d.jpg
地震観測所の前で昼食を取る
DSC09765_R_20170126171154223.jpg
前回入っているが、軽く見る
DSC09766_R_201701261711563e4.jpg
確認出来てなかった部分を見て、早々に撤収
DSC09781_R_201701261711570c0.jpg
静岡らしいお茶畑が広がっている
DSC09538_R_20170126172803013.jpg
お茶の花って、初めて見る気がする
DSC09782_R_201701261712004ed.jpg
装備を確認のうえ、つぎの地区に移動する
スポンサーサイト

大井海軍航空隊遺構再調査(2016・12月)その2

DSC09651_R_201701222306260b6.jpg
案内の空母氏も気が付かなかった壕口を発見した
DSC09652_R_20170122230628e66.jpg
メンバーが準備をしている内に、先行して内部を確認しに行く
DSC09653_R_20170122230629737.jpg
通路は広いのだが、崩落して僅かな隙間しかない
DSC09655_R_20170122230631a87.jpg
とりあえずみんな入ってくる
DSC09658_R_20170122230632bdf.jpg
一人先行し、安全確認と壕の規模を見てくる
DSC09659_R_20170122231333c80.jpg
ここだけ乗り越えれば、内部は広かった
DSC09661_R_20170122231334d07.jpg
そして水没!
DSC09662_R_20170122231335194.jpg
メンバーに何とかして入ってくる様に伝え、先行する
DSC09663_R_201701222313370e5.jpg
今回は水没は折込済みなので、全員ウエイダー装備なのだ!
DSC09665_R_20170122231338d58.jpg
地下水の染み出している所がある、水没するはずだ
DSC09667_R_20170122232136a2d.jpg
この壕は、水脈にぶつかった時点で放棄されたのかも知れない
DSC09669_R_20170122232138095.jpg
当時の支保の坑木が残っている
DSC09670_R_20170122232140a5f.jpg
ここからも染み出している、掘り進めた先端で二ヶ所とも水脈に当たってしまったのだろう
この時点で違和感を感じた、この部分に見覚えがある、新規の壕じゃないかも?
DSC09671_R_20170122232140c71.jpg
壕の規模はかなりの物である事が解かり、とりあえず見ながら戻る
DSC09672_R_20170122232143b9b.jpg
ペグが打ってある、ランプでもぶら下げていたのだろう
DSC09673_R_2017012223330875b.jpg
水没が無ければ、かなり完成度の高い壕だったろう
DSC09674_R_20170122233309a13.jpg
ここも通路の先端部分から染み出している
DSC09675_R_2017012223331183b.jpg
天井も高く、通路も広い、これが地下空間とは・・・
DSC09676_R_2017012223331277c.jpg
最初の入水ポイントに帰って来た
DSC09679_R_20170122233313119.jpg
メンバーがやっと入ってきた様なので合流する
DSC09682_R_201701242230250ab.jpg
自分の足元を見てみると、股上まで水深が有るようだ
DSC09684_R_20170124223027834.jpg
壁の水位線を観ると、全く変動が無い様に見える
DSC09686_R_20170124223028c89.jpg
ろくに明かりも憑けずにガサゴソしている集団
DSC09687_R_20170124223029684.jpg
ライトを点けたらお着替え中だった
DSC09688_R_201701242242099bf.jpg
それでは探索を再会する
DSC09691_R_20170124224211816.jpg
空母氏が支保抗に興味を示す
DSC09693_R_20170124224213882.jpg
おのおの好きな方向に進みだす
DSC09696_R_2017012422421307d.jpg
水没は水圧がぎゅうぎゅう締め付けてきて気持ちいい
DSC09698_R_20170124224215d76.jpg
しばらく空母氏に憑いて行く、人の後は水が濁って見えなくなるから離れて歩く
DSC09700_R_2017012522500023e.jpg
見覚えのある支保抗が立っている
DSC09703_R_20170125225002da1.jpg
水中に沈んでいた碍子、「ウ」なんて始めて見た
DSC09705_R_20170125225003922.jpg
OKN氏とも合流
DSC09707_R_20170125225005fbb.jpg
折角だから記念撮影
DSC09708_R_20170125225007231.jpg
斜め上方に通路が見える、これを見た一同は落胆する「ここ来た事ある」
DSC09709_R_201701252303153fa.jpg
新規の壕だと思っていたのは、前回と反対側から入った同じ穴だった、ま、いっか!
DSC09711_R_201701252303166a3.jpg
10kg減量に成功したとのさんは、ウエイダーがゆるそうだ
DSC09712_R_2017012523031747d.jpg
出口がある事が確定したので、それぞれ適当に歩き回る
DSC09713_R_20170125230319ad3.jpg
以前入ってきた壕口
DSC09714_R_20170125230321389.jpg
出口の撮影をする空母氏を置いて、壕内にもどる
DSC09715_R_2017012523171889a.jpg
折角なので、メンバーで記念撮影
DSC09716_R_20170125231719661.jpg
再び水没壕を楽しむ
DSC09719_R_20170125231721dc9.jpg
壕内図の作成中
DSC09720_R_20170125231721004.jpg
他の開口部
DSC09721_R_2017012523172342e.jpg
水没していない部分も見て回る
DSC09725_R_201701252337441c6.jpg
堪能したので、出口に集まりだす
DSC09728_R_201701252337457ef.jpg
ウエイダーがあると、荷物が増える
DSC09729_R_20170125233746a94.jpg
みんな荷物を携え、戻って来た
DSC09730_R_20170125233747f16.jpg
この壕の探索を終える、全員撤収完了!
DSC09724_R_201701261351543f1.jpg
あ、空母氏忘れてた・・・

君津市亀山探索

DSC00263_R_20161227182339784.jpg
今回の最終ポイント亀山に到着!難易度高し!
DSC00264_R_201612271823405d3.jpg
まずは一人で一気に登り、ハズレじゃ無い事を確認してメンバーを呼ぶ
DSC00269_R_20161227182341c06.jpg
壕は斜め上に向って登って行く、滑ったら道路まで一直線だ!
DSC00273_R_201612271823437bf.jpg
通路脇にあるベンチ兼物置か?
DSC00274_R_20161227182345701.jpg
真っ直ぐ行った方向は、反対側の斜面から土砂が流入していた
DSC00278_R_2016122718395742c.jpg
右方向には部屋がある、木材が砂塵の下に引いてあった、弾薬庫のようだ
DSC00279_R_20161227183958356.jpg
この壕は、構造が面白い
DSC00280_R_2016122718395974c.jpg
左側にもベンチがある
DSC00281_R_20161227184001b6b.jpg
極めつけはこれ!
DSC00283_R_20161227184002173.jpg
陰影を出してみる、カマドの様にも見えるが煤けた跡が無い、墳墓改造壕なのかも知れない
有事には使う目的で作っただけなのか?上の切り欠きに棒を架け、飯盒や鍋を架けるには打って付けだ、平時は外でやればいいんだし
DSC00285_R_20161227184905014.jpg
壕口に近く、煤煙もあまり気にしなくても良さそうな位置だ
DSC00286_R_20161227184906773.jpg
この入り口付近は居住区だったのか?
DSC00287_R_20161227184908b05.jpg
山向こうの開口部は切り立っており、土木工事現場と現在はなっていて、降りれない
DSC00291_R_20161227184909ae2.jpg
已む無く元のおっかない入り口に戻って行く
DSC00295_R_20161227184911c6f.jpg
幅は狭いものの、壕の完成度としては高い方だった
DSC00296_R_20161228211039e6d.jpg
恐らくは工事現場側の壕口が主出入り口で、道路側は銃眼として掘られた部分が道路拡張工事で削られてしまったのだろう
DSC00297_R_20161228211041896.jpg
滑り落ちない様に坂を下って行く
DSC00298_R_2016122821104225e.jpg
落ちたらちょっと痛そうな高さなので、慎重に脱出する
DSC00299_R_20161228211043e41.jpg
落ち葉で滑るコンクリート斜面を下るのは、登るより困難だ
DSC00300_R_201612291847338d5.jpg
工事現場側の壕口を確認する
DSC00302_R_20161229184734502.jpg
こちらも高い位置にある、同じ様に削り取られているのだろう
DSC00303_R_20161229184735068.jpg
二つ目の穴に移動したが、やはり高すぎる、どっしょもない・・・
DSC00304_R_20161229184738065.jpg
通路部分を削り取られている様が良く判る
DSC00306_R_2016122919035178a.jpg
三つ目も無理すれば何とかって所だったが、自分の車じゃないのでロープが積んで無い、無理はしない事にする
DSC00307_R_20161229190353df0.jpg
この木の又の辺りに在るのだがロープによる懸垂降下しか手が無い
DSC00308_R_20161229190354eeb.jpg
上に登り別の入り口を探して見たが、見つからなかった
DSC00312_R_20161229191033570.jpg
周辺探索に、橋の下に降りてみる
DSC00310_R_201612291910306a0.jpg
遡ると滝に行けるようだ
DSC00311_R_20161229191031de2.jpg
しかし、やたらめったに危なげな足跡が(しかも最近の)あるので、早々に引き上げた
IMG_0174_R_20161229191033189.jpg
今回は大きな物は見付からなかったが、楽しい探索であった(パパさん撮影)

今年も楽しいんで探索をして行きたいな~


大井海軍航空隊遺構再調査(2016・12月)その1

静岡県の戦跡探索の第一人者-廃虚日常記録帳-  戦跡中心のブログです。の「空母欲奈氏」が新たに発見した大井海軍航空隊、沢水加地区に調査に行った。
かなり大規模な様子で、一人での探索は危険であるとの冷静な判断により、半年近くも放置されていた物件である。
地下壕探索において、引く所は引くのが安全な正しい判断であり、見習いたい部分である

探索メンバーは空母氏を筆頭とし、tonotama (とのたま)氏、祐実総軍三等兵氏、OKN氏と強力なメンバーが揃った。

DSC09528_R_201701011445527aa.jpg
土曜の晩、仕事帰りに神奈川勢は市内に集結する
DSC09529_R_20170101144554fef.jpg
県外の総軍さんは明日現地参戦となる、夜中の下道を一路静岡へ
DSC09534_R_20170101144559c6d.jpg
一夜を過ごした24時間サウナ、この手の所にはイビキの五月蝿いオヤジが必ず居て、ほぼ寝てない状態となった
DSC09533_R_2017010114455793a.jpg
だもんで、夜明けと共に出発する
DSC09532_R_20170101144555377.jpg
途中で空母氏と総軍さんと合流しながら現地を目指す
DSC09536_R_20170101150122557.jpg
現地付近に車を停め、ここからは徒歩でないと進めない
DSC09539_R_2017010115012419a.jpg
相当な落差のある原生林を下って行く
DSC09540_R_20170101150125662.jpg
今回は水没が判っているので、ウエイダーという大荷物を持ちながらの降下となる
DSC09541_R_20170101150127169.jpg
下の方に壕口を確認
DSC09542_R_20170101150128322.jpg
早々に下に降りメンバーを待っていると
DSC09544_R_2017010115101088f.jpg
なんと総軍さんが一気に降りて来る
DSC09545_R_20170101151011254.jpg
5mほど一気に落ち降りてきた、よっぽど早く入りたかったんだろう
DSC09546_R_20170101151014ee7.jpg
空母氏が自分が見つけた壕口と違う気がすると言ってたが、どうせ中で繋がっているだろうと突入する
DSC09549_R_201701011510149d9.jpg
30cm程の隙間から続々と入壕してくる
DSC09548_R_2017010121413455f.jpg
壕内に入るとすぐに崩落していたが、この程度はいつもの事だ
DSC09550_R_20170101214135784.jpg
乗り越えると、見るからに複雑そうな様相を表した
DSC09552_R_201701012141360f3.jpg
小さな部屋状の掘り込みもあった
DSC09553_R_20170101214137607.jpg
足元には排水溝の跡も認められる
DSC09554_R_20170101214139c86.jpg
崩落により排水が出来ず、場所によっては湿度が高くストロボが使えなくなる
DSC09559_R_20170101215519589.jpg
側壁には排水溝が完備されていた、壕口付近の完成度は高い
DSC09561_R_20170101215520aa9.jpg
奥の方を見ると、ズリだしも終わっていない未完成壕だとわかる
DSC09563_R_2017010121552171f.jpg
この付近は木材の痕跡がかなり多い
DSC09564_R_20170101215523e25.jpg
夏島地下壕などでも見かける壕内の木造建築物の床板の痕跡
DSC09566_R_20170101215525513.jpg
恐らくこの周辺は木造倉庫が建てられていて、戦後上の部分は建材として持ち去られ、床だけが残ったのだろう
DSC09567_R_20170101223055f1b.jpg
結構な床面積があった様だ、壕内ではこのブロックのみの特徴だ
DSC09571_R_20170101223056bc9.jpg
付近にはこの様な倉庫がいくつか並んでいた
DSC09573_R_201701012230570f2.jpg
完成すれば、かなり大きな壕になったであろう
DSC09574_R_20170101223059a88.jpg
水没は多いが、殆んどは長靴程度で踏破可能だった
DSC09576_R_201701012231015ce.jpg
深部に進んで行くと、両脇にズリがかなり残っていた
DSC09577_R_201701012242020d8.jpg
地下水が深く溜まり、綺麗な緑色を映し出す
DSC09578_R_2017010122420482b.jpg
付近に壕口があったが、土砂が流れ込んで塞がっていた
DSC09579_R_201701012242065e8.jpg
隣の通路に移動すると、煉瓦構造物があった
DSC09582_R_20170101224206322.jpg
恐らく竈の前部分を破壊し、後ろの部分だけが残っているのだろう
DSC09583_R_201701012242082c8.jpg
付近には煉瓦の残骸が転がっている
DSC09584_R_20170101225615778.jpg
左右には掘り込まれた跡もあった
DSC09588_R_20170101225616492.jpg
更に奥に向う
DSC09591_R_201701012256175d7.jpg
山の斜面に沿って歩いているので、土砂の流入で塞がった壕口が並ぶ
DSC09594_R_2017010122561950f.jpg
排水溝の切られた倉庫も多くある
DSC09595_R_20170101225620cbc.jpg
人物比に丁度総軍さんがいた
DSC09598_R_201701202331590c1.jpg
当時物のビンが落ちていた、何で緑色が多いんだろうこの時代は?
DSC09601_R_20170120233200813.jpg
加工された木片を照らす空母氏
DSC09602_R_20170120233201911.jpg
戯れにライトを消してみる
DSC09603_R_20170120233203ce1.jpg
点灯すると、とのさんがいた(ストロボ併用)
DSC09606_R_20170120233205b80.jpg
これはライトのみでの撮影
DSC09608_R_20170121223021e3f.jpg
天井が地層に沿って崩れ落ちているようだ
DSC09609_R_201701212230220b9.jpg
壁面に棚が掘られている、この穴に木枠を入れて棚にするのだ
DSC09613_R_20170121223024b57.jpg
突如二階が現れた、しかし高すぎる!
DSC09615_R_2017012122302599e.jpg
よじ登ってみたが、ここまでが限界だった
DSC09618_R_20170121223020618.jpg
みなで試行錯誤するが、無理なものは無理!
DSC09621_R_20170121225221655.jpg
諦めて先に進む
DSC09627_R_20170121225222072.jpg
開口部が有ったが、狭くて出れない
DSC09634_R_20170121225223be1.jpg
足元にエメラルドグリーンの地下水が溜まっていた
DSC09635_R_20170121225224160.jpg
空母氏がなんかやっている
DSC09636_R_20170121225226b70.jpg
人物が入ると、この坑道の大きさが判りやすい
DSC09638_R_201701212304225d5.jpg
こっちにもエメラルドグリーンの地下水があった
DSC09639_R_20170121230424eeb.jpg
試行錯誤して撮影する空母氏
DSC09641_R_20170121230424425.jpg
水没壕って結構きれいなものだ
DSC09643_R_20170121230426d22.jpg
珍しく赤色のインクビンが落ちていた(地味にレア)
DSC09645_R_201701212319191d7.jpg
見覚えのある所まで戻って来た
DSC09647_R_201701212316510db.jpg
70年前はしっかりした排水溝だったろうが、今は埋ってしまっている
DSC09648_R_20170121231652e44.jpg
用途は不明だが、かなり大きな壕だった
DSC09650_R_201701212316543a4.jpg
さぁ、脱出しよう

上総中野駅周辺探索

DSC00183_R_20161227155929ed5.jpg
午前中の探索を終え、昼の休憩がてら上総中野駅に来た
DSC00185_R_20161227155931afd.jpg
木造の待合室にはお決りのノートが置いてある、昼間は数時間に一本しかないダイヤ、乗り過ごしたら大変だ
DSC00187_R_201612271559328ec.jpg
面白い駅で、上りは小港鉄道、下りはいずみ鉄道となっている
DSC00190_R_20161227155934032.jpg
無人駅はお客すら無人だった
DSC00194_R_20161227160759ec1.jpg
駅付近に小さな壕を見つけた
DSC00195_R_201612271608018e2.jpg
小さな水没壕だった、ねこさんがエクスペディアの防水テストをし、実証された
DSC00213_R_20161227160802464.jpg
少し離れた所にも、壕口が開いていた
DSC00201_R_201612271616333c7.jpg
内部はすぐにT字になっていた、以外に広い
DSC00202_R_2016122716163552a.jpg
かなり綺麗に掘られた棚付きの左側
DSC00203_R_20161227161636fa9.jpg
右側は狭い水路隧道が続いている、水路隧道(井戸)改造壕だ
DSC00205_R_20161227161637da9.jpg
立って歩いて行けるのはここまで
DSC00211_R_2016122716163885b.jpg
T字路にぶつかり、50cmほど段差の下った水路で終着だった
DSC00206_R_20161227163032c01.jpg
街道沿いなので、肉薄攻撃の待期壕として急造された物だろう
DSC00215_R_20161227163034e3f.jpg
近くのお寺付近にも地下壕が点在する
DSC00220_R_20161227163035a1e.jpg
一つ目の壕は水路隧道にも見えたが
DSC00223_R_20161227163036de3.jpg
地質が脆く、崩れ気味な壕だが軍の掘削であった
DSC00224_R_20161227163039188.jpg
小さな部屋が存在し、小棚が数多く作られていた
DSC00225_R_20161227163933128.jpg
崩落部分があり、あまり状態は良くない
DSC00228_R_20161227163935910.jpg
規模の割りに小棚が多いのは、貯蔵もしくは医療目的なのだろうか?
DSC00229_R_201612271639377fe.jpg
完成度の低いこの壕に10個近い小棚は不釣合いで気になった
DSC00231_R_20161227163937f64.jpg
深部はドン突きだったが掘削途中な感じではなかった
DSC00235_R_20161227163939b84.jpg
奥まで行ったので、撤収する
DSC00237_R_2016122717193732c.jpg
ねこさんが事前に発見していた壕に移動する
DSC00238_R_20161227171938f94.jpg
かなりの奥行きが期待できそうだ
DSC00241_R_20161227171940d64.jpg
問題なのは全面水没と言う事だ
DSC00243_R_20161227171942c48.jpg
長靴の限界に挑戦するのだの人
DSC00244_R_201612271731104c1.jpg
のだの人が突破したので、他のメンバーも後を追う
DSC00245_R_20161227173111cec.jpg
最長の長靴を履くねこさんも楽々突破
DSC00248_R_20161227173112184.jpg
パパさんも爪先立ちでなんとか突破
DSC00252_R_2016122717311449b.jpg
突破した先は部屋状になっていて、ここから二股に壕は延びている
DSC00249_R_20161227173732d31.jpg
右はストレートに突き当たり
DSC00250_R_20161227173734b8b.jpg
左ものだの人が確認しに行ったが先は無かったらしい
DSC00253_R_201612271737355e4.jpg
結局用途の不明な壕だった、yakumo一人が長靴が短く水没の憂き目に合った、地下水は冷たい・・・
DSC00256_R_20161227173737a39.jpg
シビレる様な冷たさに耐えながら壕口を目指し、撤収する
DSC00258_R_20161227173740b58.jpg
たっぷり水の入った長靴のグッポグッポ音を立てながら、次の穴に向う
DSC00259_R_20161227175004a49.jpg
結局優良な壕は他に見つからず
DSC00260_R_2016122717500641d.jpg
祠や小さな水路などだけだった

ちなみにちゃんと予備の靴や靴下は、車に積んであるのでこの後履き替えました

京都 大雪の日(北野天満宮)

1484468336115_R.jpg
1月14~15日の雪模様で京都が大変な事になっている
1484468322584_R.jpg
部分的にゲレンデと化している
1484468330655_R.jpg
京都でもこれだけ降るのは、久しぶりだそうだ
1484468341930_R.jpg
車も殆んど通らない
1484468358712_R.jpg
雪景色の金閣寺を撮る為に、バス停は大混雑になっている
1484468361590_R.jpg
主要道路は除雪がされている
1484468364414_R.jpg
バスもタイヤチェーンを着けてのの走行だ
1484468366994_R.jpg
北野天満宮に到着
1484468369725_R.jpg
北部に位置する北野天満宮は、雪が積もっていた
1484468375752_R.jpg
境内はすっかり雪景色
1484468378561_R.jpg
牛の像がいっぱい並んでいる
1484468381050_R.jpg
所々に雪を積んだ島が出来ている
1484468383983_R.jpg
屋根の形に積もっているのが面白い
1484468386569_R.jpg
個々に違う表情を持つ牛を眺めるのも面白いが、雪が積もって同じに見える
1484468397676_R.jpg
こんな雪の中でも梅が咲いていた、植物って強い
1484468400171_R.jpg
しかし、雪が止んでくれて良かった
1484468405388_R.jpg
こんな日でも、観光客は多い
1484468415270_R.jpg
人の居ない方に非難する
1484468417469_R.jpg
雪に和傘っていいよね
1484468423072_R.jpg
宝物庫なのかな?
1484468425399_R.jpg
牛に触るとご利益が有るのだが、誰も触りに行かない
1484468433931_R.jpg
積もった雪が溶け出して、軒先から滴り落ちる
1484468436380_R.jpg
裏側の末社は、雪かきもされないので足元が悪い
1484468443316_R.jpg
長五郎餅屋の前に、雪だるま
1484468446528_R.jpg
人が通ったとこだけ雪がない
1484468451862_R.jpg
狛犬も寒そうだ
1484468449066_R.jpg
注連縄をくぐり、結界の外に去って行く
1484468454366_R.jpg
参道も半分溶けた雪が始末が悪い
1484468464174_R.jpg
また雪が降って来た!
1484468469263_R.jpg
これはヤバイ!
1484468471605_R.jpg
粒がデカイ!遭難するかも?
1484468474112_R.jpg
道路の先が見えヘン
1484468476499_R.jpg
新幹線動くのだろうか?
1484468479086_R.jpg
しかし街中に戻ると、ぴたりと止んだ
1484468483942_R.jpg
京都大丸の前も寄せたのが残る程度
1484468486403_R.jpg
全く残ってない所すらあった

1484662333220_R.jpg
翌日の朝、雪は溶け出していた
1484662337789_R.jpg
日陰になる屋根には、未だかなり残っている
1484662345600_R.jpg
すっきり晴れると、遠くの御山もはっきり見える
1484662358847_R.jpg
本能寺はほとんど解けていた、街中だしね
1484662386248_R.jpg
京都で有名な平野とうふ
1484662391754_R.jpg
仕込みの水はかなり冷たいだろうな~
1484662395210_R.jpg
なんやろう?
1484662419387_R.jpg
公園にちょこっとだけ残る雪、なんか溶けて無くなるのが勿体無いな

お正月の御料理はやし

IMG_0402_R_2017011022572147d.jpg
賀茂川の橋をのんびり歩く
IMG_0405_R_20170110225722612.jpg
夜の賀茂川は、明かりも少なく静かだ
IMG_0407_R_20170110225723087.jpg
予約をしていた「お料理はやし」にやってきた
IMG_0409_R_20170110225726e73.jpg
ほのかに正月らしい演出
IMG_0408_R_20170110225725de2.jpg
お正月のコースを頂く
IMG_0410_R_20170110233454deb.jpg
升酒
IMG_0413_R_20170110233455a1b.jpg
菜の花の先付
IMG_0414_R_20170110233456dbd.jpg
食べ終わると「福」の字が見える演出
IMG_0417_R_20170110233458ccd.jpg
八寸の蓋の上には、三鈷の松 のちょろが乗っている
IMG_0423_R.jpg
蓋を開けると、御節が!
IMG_0425_R_20170111230855249.jpg
蝋梅の花、自分は蕾を持ち帰り、いまやっと咲いたところだ
IMG_0437_R_20170111232347bb3.jpg
オリジナルの袋を頂き、横浜へ持って帰った
IMG_0427_R.jpg
松竹梅鶴亀漆器のお椀
IMG_0431_R_20170111232343839.jpg
菱葩の椀、宮中のおせち料理の一つとされていた
今は簡略化された、花びら餅が一般に初釜の時期に出回る
IMG_0433_R_201701112323442f6.jpg
向付
IMG_0435_R.jpg
ゆりね饅頭の椀
IMG_0440_R_20170111232348835.jpg
さわらの焼き魚、身も極厚ですばらしい
IMG_0441_R_20170112235850987.jpg
湯葉
IMG_0442_R_201701122358526dc.jpg
揚げ物、クリスピーで歯ごたえがいい
IMG_0445_R_201701122358532e2.jpg
ちなみにこの箸置きなど一部のお皿は、は山人(大将)の作品だ
IMG_0447_R_20170112235854aaa.jpg
葱の粕汁
IMG_0448_R.jpg
カラスミ
IMG_0449_R_20170114225753071.jpg
七草粥
IMG_0450_R_20170114225754579.jpg
ゆずシャーベット
IMG_0451_R_201701142257553dc.jpg
ユリネの金団とお抹茶で締めくくり
IMG_0454_R.jpg
お正月仕様の京都タワー
IMG_0459_R_20170114231550fb0.jpg
夜のロウソクは絵になる
IMG_0455_R_2017011423154983d.jpg
お正月オブジェ
IMG_0460_R_20170114231552e82.jpg
今年もいい年でありますように!
IMG_0463_R_2017011423155311b.jpg
自宅でしっかりと育ててます!

京都 虎屋菓寮のお雑煮

IMG_0398_R.jpg
年始はお客でごった返す「虎屋菓寮」にお雑煮を食べに行った
IMG_0391_R_201701082312152a2.jpg
三ヶ日も過ぎたお店は開店直後と言う事もあり、空いていた
IMG_0390_R.jpg
店内には所々に
IMG_0393_R_20170108231216b36.jpg
お正月飾りがあり、目を楽しませる
IMG_0383_R.jpg
少し寒いが、お庭の見える席をチョイスした
IMG_0376_R.jpg
芝生も緑を失い、枯れた枝木が違う眺めを見せてくれる
IMG_0378_R_201701082353211e4.jpg
ズームすると、蔵には注連縄(しめなわ)が飾ってある。
注連縄には縄を綯(な)う=「編む」向きにより、左綯え(ひだりなえ)と右綯えの二通りがある、左綯え(ひだりなえ)は、天上にある太陽の巡行で、火(男性)を表し、右綯えは反時計廻りで、太陽の巡行に逆行し、水(女性)を表している。

ちなみに注連縄・注連飾りには、大根締め、ゴボウ締め、輪飾りなど色々な種類の形式がある。
大根締めは両端がつぼまり、ゴボウ締めは片側のみが細い、虎屋さんのはごぼう巻きとなる。

IMG_0377_R_20170109101820820.jpg
こちらの席にも正月飾りが用意されている
IMG_0382_R.jpg
お飾り越しにみるお庭もいい
IMG_0385_R.jpg
お雑煮が運ばれて来た
1483702493203_R.jpg
白味噌
丸餅
頭芋
金時人参
大根
糸かつを節

関東では味わえない京都のお雑煮

京都では総朱塗椀は男性用です
.

女性は総朱塗りのお椀を使用することはできません
女性は、内側が朱塗りで外側が黒塗りのお椀を使います
.
男性用には「頭芋」が入っていますが、女性用には入っていません

IMG_0387_R_20170109101826d2f.jpg
白味噌が味わい深く、ほっこりして美味しかった!
IMG_0394_R_20170109110018ab5.jpg
お雑煮の後に和菓子をいただいた、酉年をイメージしたものだ
IMG_0396_R_201701091100194c4.jpg
かわいいひよこを、どうやって食べようか考えてしまう
1483702495683_R.jpg
羊羹はとさかをイメージしている、親子を並べて楽しんでみた
IMG_0392_R_20170109110017286.jpg
お正月のお雑煮を堪能したので店を失礼する

京都 上賀茂神社 初詣(2017)

IMG_0291_R.jpg
お正月、また京都にやって来た、天気はどんよりと曇り、小雨もぱらついている
IMG_0294_R_20170107233033408.jpg
振り向くと後ろにも京都タワーがあった
IMG_0296_R_20170107233034c79.jpg
京都鉄道博物館が出来た(リニューアル)らしいが、行っていない
IMG_0297_R.jpg
クリスマスにここに有ったクリスマスツリーを撮り損ねたのが残念だ
IMG_0298_R.jpg
何はともあれ、初詣に上賀茂神社に向う
IMG_0302_R.jpg
大好きな神社で、鳥居をくぐった時に空気が変った感覚をいつも感じる
IMG_0304_R.jpg
鳥居をくぐり、歩き始めると薄暗かった参道に
IMG_0309_R_20170107234434cac.jpg
唐突に陽が差し込み明るくなった!まるで迎えられた様な感じがしてならない
IMG_0311_R_20170107234436265.jpg
振り向けば後ろは暗いまま
IMG_0313_R_20170107234437881.jpg
進む方向にだけ、陽が差し込んでいるのだ
IMG_0317_R_20170107235346ea0.jpg
隣の外幣殿は陽が差していない
IMG_0316_R_20170107235344403.jpg
今年の干支は酉(2017年)である
IMG_0318_R_20170107235346f29.jpg
神馬舎の影から、煙が立ち上っている
IMG_0319_R.jpg
焚き火をしてくれている、早朝の寒い中これは助かる
IMG_0323_R_20170107235349097.jpg
二の鳥居を一礼してくぐる
IMG_0322_R_2017010813404300f.jpg
おみくじを結わき付ける所、干支の酉と神馬にも結わいていい
IMG_0324_R.jpg
ご献酒が山積みしてある
IMG_0326_R_20170108134046a5f.jpg
すぐきも奉納されている
IMG_0328_R_20170108134047dc0.jpg
細殿と立砂、この場所が一番好きだ
IMG_0331_R.jpg
ここでまた、奇跡が起こる!自分が立った瞬間また曇ってしまっていたのに、立砂にだけ光が差した
まるで自分達を祝福してくれているかのような、暖かな光だった
IMG_0329_R.jpg
立砂の右側には普通の松葉が挿してある
IMG_0330_R_20170108214602e13.jpg
左側には珍しい三鈷の松
IMG_0333_R_20170108214603439.jpg
では、本殿に向う、残念ながら工事中であったが、お参りは出来る
IMG_0335_R.jpg
お手水を済まし、お参りに行く
IMG_0344_R.jpg
本殿前の超巨大な当たり矢(ここは流鏑馬が行われる所)
IMG_0343_R_20170108140511f17.jpg
宝船を模した注連縄(しめなわ)、注連縄は社・神域と現世を隔てる結界の役割を持つものであるが、形・大きさはまちまちだ
飾る時期は俗にクリスマスの後になるが、29日以降に取り付けるのは縁起が悪いとされる、特に31日は「一夜飾り」といい、神様に対し失礼だとされる。
飾りを外す日は、1月7日に七草がゆを食べた後、若しくは15日の小正月の後に外すとされる。
IMG_0342_R_20170108140510685.jpg
矢の部分を拡大してみた、「幸運の当たり矢」と書いてあった
稲作信仰は神道の根幹をなす一つであり、稲穂などは注連縄の材料として使われる
最近は見かける事も少なくなったが、車の正月飾りにあった海老の飾りは関東地方のみの習慣らしい・・・・
IMG_0345_R_201701081405149bb.jpg
縁結びの片山御子神社、片方ずつ持って鳴らすと、鈴の音がシャンと鳴った
IMG_0349_R_20170108211524b38.jpg
橋殿越しに祈祷をしているのが見えた
IMG_0350_R_201701082115247e3.jpg
宮司さん達が引き上げてくる
1483702483613_R.jpg
丁度いいタイミングで来たようだ
IMG_0358_R_201701082123221ec.jpg
新年のお参りが済んだので、引き上げる
IMG_0359_R_20170108212324296.jpg
焚き火ってなんだか見てると落ち着くのは何でだろう?
IMG_0362_R_20170108212324b22.jpg
神馬舎に馬が居るのは、始めて見た!
IMG_0363_R_2017010821232651c.jpg
来年も来たいな、初詣!

千葉 高井ヶ谷28cm榴弾砲陣地再訪(2017.1)

先日記事にした大月28cm榴弾砲陣地と対を成す施設が此処となる、この地区には4門が設置予定だった
その内の1門がここに設置されるはずだったのだ
以前にも二度ほど訪れていたが、今回は大月との対比をする為に再訪した

DSC01096_R_20170103230146d85.jpg
早速山に入って行く
DSC01097_R_2017010323014697e.jpg
と言っても場所を知っている戦跡は安易に到達する
DSC01098_R_20170103230149f6a.jpg
現地に到着、ここは以前に公開をしようとして、綺麗に整備したのでもの凄く状態が良くなっている
DSC01099_R_201701032301512ba.jpg
砲座は以前は完全水没だったが、水が抜けて解りやすくなっていた
DSC01100_R_20170103233017be0.jpg
これでも大分見やすくなっている
DSC01101_R_20170103233019661.jpg
砲座右側には、塹壕が残っている
DSC01103_R_20170103233020cd0.jpg
比較の為にざっと内部を見て行く、隔壁を付ける部分は良く似ている
DSC01105_R_20170103233021f82.jpg
十字路、左右に伸びるのが、メイン通路となる
DSC01107_R_20170103233743e2a.jpg
真っ直ぐ進む道
DSC01108_R_20170103233745db5.jpg
とりあえず右に進む
DSC01109_R_20170103233746920.jpg
兵員生息室、大月のと同一だが、若干短い
DSC01111_R_20170103233747ac4.jpg
右方向の奥は低く閉塞している
DSC01114_R_20170103233749a90.jpg
十字路を左方向に進んだ最初の弾薬庫、綺麗に掃除されて見やすくなっている
DSC01115_R_20170103234504914.jpg
来た方向を振り返る
DSC01116_R_20170103234505037.jpg
左方向に進んで行く
DSC01117_R.jpg
二本目の弾薬庫、コンクリート敷きで軽いスロープになっている
DSC01118_R_201701032345089a9.jpg
左方向の隔壁の跡、その先は行き止まりになっている
DSC01119_R.jpg
メイン通路右にある、爆風よけ
DSC01106_R_20170103235214948.jpg
十字路部分にはコンクリートで固めた支保抗の跡があるDSC03763_R.jpg
同じ様な坑木の跡がある
DSC03766_R_20170104000111382.jpg
壁面にもやはり2つの穴が開いていた
DSC01120_R_201701032352160e4.jpg
外部に出て二人を追いかける
DSC01121_R_20170103235216a22.jpg
外部から見た壕口
img002_R.jpg
絵葉書見つけたから貼っておく
DSC01122_R_201701042053413bd.jpg
砲側庫の前の塹壕を辿りながら、山頂方向を目指す
DSC01124_R_2017010420534397c.jpg
野生化したソテツの畑を垣間見ながら先に一人で山頂に一気に登る、無かったら無駄骨だし被害者は一人でいい
DSC01128_R_20170104205346ef0.jpg
しかし山頂ではあっさり地下壕と観測所を発見!無線機で下のメンバーに報告する
DSC01127_R_20170104205345f17.jpg
地下壕自体は小さなもので、観測員が雨露をしのぐ程度の休息所のようだ
DSC01132_R_20170104205347100.jpg
反対側はほとんど埋没していた
DSC01129_R_20170104211333d3b.jpg
こちらが鍵穴状に掘られた観測所
DSC01131_R_20170104211335a2e.jpg
壕との位置関係はV字型
DSC01133_R_20170104211336c2b.jpg
地下壕の側には、竪穴が大穴を覗かせていた
DSC01137_R_20170104211338880.jpg
高さ5mほどだろうか?落ちたらヤバイ
DSC01139_R_20170104214201b72.jpg
この他にも観測所が有るようなので、探そうとも思ったが、そもそも現在地も良く判らない
DSC01141_R_2017010421420313a.jpg
太陽も大分傾いている、この地に着いた時点で夕方近かったのだ、この道も無い斜面を降りなければならない
DSC01142_R_20170104214205024.jpg
も数十分で日没だろう
DSC01143_R_20170104214206103.jpg
ソテツ畑まで帰って来たが、外は明るく見えるが、山の中は薄暗くなっている
DSC01144_R_201701042142075a3.jpg
もはや本当にまずくなって来たので、斜面を落ちる様にショートカットして下山した
DSC01157_R_201701042155081a7.jpg
正月の帰省者の波に乗りながらのんびり横浜へ帰る
DSC01162_R_201701042155093ec.jpg
ちょっと工場萌えなどしながら帰ると三日月と金星が見えた
DSC_1284_R.jpg
少人数だったが、実に内容の濃い探索が出来た、午前の探索もその内上げます!

千葉 大月28cm榴弾砲陣地発見!(第二砲座)

前回に続き第二砲座を紹介して行く
砲座を確認し、単独で山頂に登り観測所、機銃陣地の有無を確認しに登って見たが、発見には至らなかった
榴弾砲なので直近に観測所が必要無いのは判っているが、確認の為だ。
ここには28cm榴弾砲が二門配備との記述が有る、第二砲座の位置関係も知られてはいない
全て足で探すのがアナリストだ!

DSC01030_R_20170103143209047.jpg
自分が山頂に登っているうちに、もう一つの砲側弾薬庫を見つけておいてくれた、すぐ隣に有ったのだ
DSC01031_R_20170103143211a21.jpg
入り口の形状は良くない、派手に崩れていて、斜度が割りとある
DSC01033_R_20170103143213ae0.jpg
壕口は難だが、入ってびっくりするぐらいの状態の良さ
DSC01035_R_2017010314321470e.jpg
しかも入ってすぐからコンクリートパネルが轢いてある、こんなのは見た事がない
第一砲座がすぐ左側に有るので、そちら側へも給弾出来る様にとの配慮だろうか?
DSC01036_R_2017010314321554f.jpg
最初の分岐点、妙に綺麗過ぎる
DSC01037_R_201701031551213ab.jpg
斜め左方向に伸びる通路はコンクリートの床も無くなり、狭い通路で終わっている、信管庫、油脂庫みたいな物だろうか?
DSC01038_R_201701031551232f1.jpg
右側に伸びる通路に向う
DSC01039_R_201701031551255c8.jpg
兵(砲)員生息室、奥行きは20m以上あるだろう
DSC01041_R_20170103155126321.jpg
弾薬庫ブロックとの間に、隔壁を設けているようだ、第一第二共に同じ位置に加工の跡がある
DSC01043_R_20170103155127f58.jpg
メイン通路壁面にある二本セットの木杭、第二の方には沢山見られた
DSC01044_R_201701031633173f8.jpg
70年間以上手入れもされていないのに驚くほど状態が良い
DSC01045_R_20170103163319a21.jpg
天井も屋根型に整形されている
DSC01046_R_20170103163319c20.jpg
側溝もコンクリートで固めている所がある
DSC01047_R_20170103163322930.jpg
通路に戻るとまた、仕切りの部分がある(人物比ねこさん180cm)
DSC01050_R_201701031633234f0.jpg
結構長い通路なのだが、整備されているせいで、長さを感じない
DSC01053_R_20170103164836079.jpg
砲側弾薬庫の入り口部分をよく見ると
DSC01055_R_20170103164837a6e.jpg
扉を付けていた跡が見える
DSC01056_R_20170103164838061.jpg
十字路がある
DSC01057_R_20170103164840877.jpg
右は外部への壕口となる、水没している
DSC01059_R_20170103164842192.jpg
壕口側から見るとちょっとで床のコンクリートパネルが無くなっている
DSC01058_R_201701031658542ba.jpg
メイン通路左側の爆風避けの空間
DSC01060_R_20170103165855161.jpg
正面奥に進む
DSC01061_R_201701031658569f3.jpg
正面は行き止まり
DSC01062_R_201701031658575ff.jpg
左側は最も状態の良い弾薬庫が残っている
DSC01064_R_201701031658596d8.jpg
排水溝も埋る事無く完璧だ
DSC01072_R_20170103171338cd5.jpg
この床を水撒いてデッキブラシで磨いてみたい・・・
DSC01073_R_2017010317133942f.jpg
3cmくらいのちっちゃい小森さんがぶら下がっていた
DSC01078_R_2017010317263868a.jpg
注目したいのが、この上下の溝、ここには横開きの扉が付いていたのだ
DSC01079_R_2017010317312124f.jpg
反対側の溝も縦には開かないようになっている
DSC01080_R_20170103172640223.jpg
この状態の良さに感動する、ストロボが奥まで届かないのが難点だ
DSC01081_R_20170103172641d55.jpg
ストロボ無しで、懐中電灯だけだとこんな感じ
DSC01083_R_20170103172644544.jpg
少し戻って、外部開口部への十字路の両角に残る坑木の位置関係
DSC01084_R_201701031740337f5.jpg
開口部に向う、天井の形の変化に注目
DSC01085_R_20170103174035a45.jpg
右側に部屋があり、この辺が密林に覆われる前に農民が肥料などを蓄えていた残骸がある
DSC01086_R_20170103174036515.jpg
振り返って坑道を見る、ここにも隔壁があったもよう
DSC01087_R_20170103174037be8.jpg
あ、ここの壕口の写真撮るの忘れた・・・・アホやなほんまに
DSC01089_R_20170103175135d9c.jpg
第二砲座も砲側庫のすぐ脇に造ってあった
DSC01090_R_201701031751366de.jpg
位置を変えるが、案の定肉眼ほどに写真は映らない、肉眼の補正力ってすごい
DSC01091_R_20170103175137742.jpg
上に登っていたら、丁度良く総軍さんがやってきた
DSC01093_R_20170103175138d04.jpg
真ん中辺りに立ってもらい、何とか判る人なら判る程度に撮れた、探索終了!

20150531091323_R.jpg
ちなみにここに配備される予定だったのは、これと同型の物
46784_R.jpg
プラモの表紙、弾薬の補充方法が解りやすい
200_R_20170103221331855.jpg
愛媛県今治市の小島にある、撮影用の模造品

千葉 大月28cm榴弾砲陣地発見!(第一砲座)

長い間限られた文献の片隅にしか記述が無く、ネット上では誰一人発見した居なかった大月28cm榴弾砲陣地。
ついに房総半島戦跡考古調査会(アナリスト)が発見に至った!
僅かな情報を素に、当たりを付けた山がドンピシャにヒットした、綿密なる下調べの成果である
アナリストは、今回もやってくれました。
本来午後の探索の成果で、午前の成果もあるのだが、興奮している内に新発見ネタを記憶の鮮明な内にやっておく
メンバーのつぶやき「明日になったら記憶がぼやけそうで」になるほどなと思ったのだ。

便宜上、先に見つけた方を第一砲座とし、後で見つけた方を第二砲座として紹介する

DSC00966_R_201701022223537e4.jpg
昼飯を食べた後、検討会に入る
DSC00968_R_2017010222201287b.jpg
車で行ける所まで行き、後は徒歩で山に入る
DSC00969_R_20170102222013af0.jpg
人里を離れ、しばらくすると、怪しい場所を発見した
DSC00970_R_20170102222016ca1.jpg
開いている、以外に早い発見に付属壕の一つだろうと思っていたが
DSC00974_R_20170102223110238.jpg
この綺麗な造りは大物の予感がした
DSC00975_R_20170102223111940.jpg
崩落が若干あるがガレは少ない
DSC00976_R_20170102223113acc.jpg
入り口の直線最奥に爆風避けの穴が掘られている、この形状は砲側庫によく見られる
DSC00977_R_2017010222311443c.jpg
左右に伸びる通路の左側に進む
DSC00978_R_2017010222311689d.jpg
対面ベンチ付きの棲息部だ!間違い無く砲側庫を発見したのだ
DSC00980_R_201701022254597ac.jpg
ベンチ部分には板を貼ってあった当時の釘がいくつか刺さっていた、板は建材に持ち去られたのだろう
DSC00981_R_201701022255016fa.jpg
左側の最深部は掘りかけの様だった
DSC00982_R_20170102225503d8b.jpg
まだズリが残っていた
DSC00983_R_2017010222550384a.jpg
引き返しつつ、入って来た開口部を見る
DSC00984_R_2017010222550544e.jpg
所々岩盤が剥離して崩落をしている
DSC00986_R_20170102230411ada.jpg
中間地点辺りには、四角く整形されて扉でもあった様な所を見かける
DSC00988_R_20170102230412e83.jpg
砲側弾薬庫、支保抗のあとが残っている
DSC00990_R_20170102230413760.jpg
ガレの無い部分の足元を見てみると
DSC00992_R_2017010223041535a.jpg
コンクリートのタイルを貼ってある、砲弾を転がして運び出せる様に傾斜を付けてある
DSC00993_R_2017010223041671f.jpg
ここの壁には木杭が二本打ち込まれている
DSC00997_R_20170102231828447.jpg
防湿用に隔壁でも設けてあったのだろうか?
DSC00998_R_20170102231829e77.jpg
ガレ(ズリ?)が酷い部分もある
DSC00999_R_201701022318305c0.jpg
右通路の先が見えてきた
DSC01001_R_2017010223183385a.jpg
その手前の弾薬庫
DSC01004_R_201701022318331cf.jpg
奥の硝石の染み出している所に
DSC01006_R_20170102232451708.jpg
木製の壁を設けていたのだろう、釘で打った木片が残っていた
DSC01007_R_20170102232453e63.jpg
頭上にも釘が刺さっており、こちらは照明用であろう
DSC01008_R_201701022324545e5.jpg
通路に木杭の跡があるが、対面の壁には無いので、柵では無いだろう、用途不明
DSC01009_R_2017010223245622d.jpg
砲側庫右側突き当たり、左右には延びている
DSC01011_R_201701022324574ae.jpg
左側に行ってみると若干狭い通路で、コンクリートは引かれていない
DSC01016_R_201701022336086f6.jpg
左側最深部から見ると、開口部がもう一つある
DSC01017_R_201701022336096aa.jpg
こちら側の開口部は、明らかに未整備だ
DSC01018_R_2017010223361082f.jpg
しかし途中に四角く切られた部屋が一つある
DSC01019_R_201701022336124b7.jpg
開口部を外から見た
DSC01020_R_20170102234122712.jpg
まだメンバーは壕内にいる様なので、先に砲座を探しに行く
DSC01021_R_201701022341241a0.jpg
一山回り込んだ所に、あっさり砲座を発見した
DSC01024_R_20170102234125f19.jpg
8m程度の円形の砲座なんだが、肉眼で無いと良く解らないだろう
DSC01028_R_2017010223412606a.jpg
上に登ってみた
DSC01029_R_20170102234128eb4.jpg
これなら何とか解ってもらえるだろうか?
砲座にはコンクリートの跡も無く、備砲前に終戦となったのだろう、砲側庫自体も未完成だし

第二砲座に続く

京都 ザ・リッツカールトンホテル「ラロカンダ」

1482186903393_R.jpg

年末の休みをゆっくり過ごす為、またリッツに来た

今回はラロカンダでのお食事だ

1482186905621_R.jpg

ホテル特製のパンを頂きながらのコース

1482186908223_R.jpg

サバのマリネとクスクス

1482186910370_R.jpg

ホットマッシュルームサラダとコンソメ

温かいスープをかけると一際香りが引き立った

1482186913269_R.jpg

グラニャーノ産スパゲッティー サンマルツァーノトマトとバジル

赤くないのにしっかりとしたトマトソースの味がして、とても美味しかった

ほんまにもう一皿追加で注文したくなったくらい美味!


1482186915319_R.jpg

イトヨリと焦がし小麦ブレッドのソテー トビナンブールピューレ

カリカリのブレッドと三種類のソースでいただく

1482186918454_R.jpg

国産牛ランプのローストと牛頬肉のブラザート 根セロリピューレ

絶品!

1482186920686_R.jpg

パスティエラ プティフールとデザートが続く

〆のコーヒーは、カプチーノを頂いた




あけましておめでとうございます!

昨年は当ブログを見て頂いてありがとうございました

本年も読者の皆様にとって、良い年で有ります様に。