京都 嵐山(竹林の小径)

DSC09494_R_20170927151056d98.jpg
京都駅で、ペンギンのお出迎えを受ける
DSC09497_R_20170927151058cea.jpg
京都タワー、これを見ると写真を撮りたくなる不思議
DSC09499_R_201709271510596f8.jpg
東本願寺を通って
DSC09506_R_201709271511002e2.jpg
桂川に出る
DSC09507_R_20170927151103117.jpg
上流に向かって進んで行く
DSC09509_R_20170927151104b81.jpg
渡月橋が見えてきた
DSC09511_R_20170927151105418.jpg
今回は渡らない
DSC09513_R_20170927152943098.jpg
嵐山駅前に到着
DSC09514_R_20170927152945323.jpg
竹林の小径に向かう
DSC09515_R_201709271529468e6.jpg
住宅、店舗の間を上がって行く
DSC09517_R_20170927152947b9c.jpg
百人一首の縁の地として、あちこちに碑が立っているが、切りが無いからパス
DSC09520_R_201709271529498ba.jpg
竹林に入って行く
DSC09521_R_20170927162354639.jpg
ちょっと想像していた竹だけの小路では無いようだ
DSC09522_R_201709271623565ca.jpg
竹林には一切入れない
DSC09523_R_2017092716235741c.jpg
排水溝もちょっとおしゃれなもみじだが、効率は悪いようだ
DSC09524_R_20170927162358cca.jpg
垣根で味気無い竹林を進む
DSC09526_R_20170927163320f57.jpg
30分かからずに通過できるようだ
DSC09527_R_201709271633222e3.jpg
管理用の作業道らしき道
DSC09530_R_20170927163323810.jpg
人が撮った写真を見ると、上の方ばっかりな理由はこの垣根のせいなんだろう
DSC09531_R_2017092716332488f.jpg
遮断器の音がするので行ってみると、なんと電車が横切って行った、竹林の付近を阪急電鉄嵐山線、嵐電嵐山線、JR山陰本線、嵯峨野観光鉄道(トロッコ列車)の4路線が密集しているのだ。
DSC09533_R_20170927163326a6a.jpg
野宮神社に着いた
DSC09534_R_20170927163327871.jpg
鳥居が朱塗りや石でない、変わった感じ
DSC09537_R_20170927173647aee.jpg
DSC09538_R_201709271736492a7.jpg
黒木鳥居というらしい
DSC09539_R_20170927173650ff2.jpg
野宮のじゅうたん苔
DSC09546_R_201709271736516a8.jpg
ちょうど中間地点のようだ
DSC09551_R_20170927174648a19.jpg
神社を出てまた登る
DSC09555_R_20170927174649a81.jpg
天竜寺の北門があるがスルー
DSC09565_R_20170927174651134.jpg
結局茅葺の垣根を避けると、こんな不自然な写真になる
DSC09568_R_20170927174652b9c.jpg
T字にぶつかるが、右に行く
DSC09570_R_201709271746544f7.jpg
御髪神社(ヘアサロンなどでは有名らしい)
DSC09571_R_201709271746541eb.jpg
映り込みがいい感じ
DSC09573_R_20170927174657f1e.jpg
社務所も何も開いていないので、御挨拶だけ
DSC09574_R_20170927175552c19.jpg
目的地、トロッコ嵐山駅に到着
DSC09576_R_20170927175554e00.jpg
めっちゃ観光客が溜まっている、なんと始発は9時過ぎなのだ!
DSC09577_R_2017092717555576b.jpg
トロッコ列車を見てみたかったが、待ってられない
DSC09578_R_2017092717555774a.jpg
0904の始発なんて、観光客のためだけなんだろうな~
DSC09579_R_20170927175558cda.jpg
昔のジオラマ模型があった
スポンサーサイト

布良洞窟砲台及び機銃陣地

DSCN0713_R.jpg
野鳥の森に到着、前にも来た事があるので、さくっと進む
DSC09135_R_20170920223610751.jpg
昔は孔雀が居たりしたのだが、今は居ない
DSC09136_R_201709202236111cf.jpg
何も無くなった孔雀小屋
DSC09137_R_20170920223612383.jpg
その裏の壕口は知っていたが、鳥用のネットが張ってあって入れなかった
DSC09139_R_20170920223614d67.jpg
いま、ネットは地に落ちた
DSC09143_R_2017092022361646c.jpg
入り口部にある支保の跡
DSC09145_R_20170920230027031.jpg
この様子を見ると、公園整備の残土で無ければ、備砲には至らなかったのだろう
DSC09147_R_2017092023002997b.jpg
ゆるく右に曲がると、登り勾配になる
DSC09149_R_20170920230029d71.jpg
出来る限り砲室を上にしたかったのか?単純に二方向の掘削の差異なのか?
砲を持ち上げるには、しんどい坂だ
DSC09150_R_20170920230032f30.jpg
最初は柔らかい地層部分の風化かとも思ったが、確かに掘ってある、この様な壁の彫りこみは、金谷砲台など各所で見受けられる、電路とかなのだろうか?
DSC09151_R_201709242217367a2.jpg
ドデカイ砲室に出た
DSC09155_R_20170924221737572.jpg
左側が欠けている、出入りの為か?
DSC09159_R_20170924221739058.jpg
人物が入ると、砲室の大きさが判る
DSC09172_R_20170924221740fa2.jpg
これは未成なのかも知れない、弾薬庫が無い、右奥の部分がそうする所だったのだろうか?
DSC09176_R_2017092422174139f.jpg
外を一人で探索するも、祠が一つあっただけだ
DSC09178_R_20170924221742964.jpg
全員集まった写真(一人除く)
DSC09179_R_20170924221745bb8.jpg
さて、戻ろう
DSC09181_R_201709242217461b2.jpg
更に山の上へ上がっていく
DSC09182_R_201709252208109b6.jpg
富士見展望台到着、一番近い展望台
DSC09183_R_20170925220812034.jpg
湾内を砲撃するには、いいロケーションである。
ここで沖合いに空母が見えると言ったが、誰も信じてくれなかった
DSC09185_R_20170925220813f9c.jpg
引き伸ばしてみた、確かに空母が居る
DSC09188_R_201709252208144f8.jpg
緩やかなハイキングコースを登って行く
DSC09190_R_20170925220815b2a.jpg
ここから先、展望台や休憩ベンチは結構ある、ついでに廻ってみるのも景色はいい
DSC09193_R_201709252208187bb.jpg
のんびりと歩いていく
DSC09195_R_20170925220820aa3.jpg
遊歩道の斜面に、銃眼が開いている
DSC09196_R_20170925223416247.jpg
銃座には上から入る事ができる
DSC09199_R_2017092522341771b.jpg
ここにはもう一つスリットがあるが、こちらは監視用な気がする、入った狙撃口と違い、向きが変なのだ
DSC09200_R_2017092522341862a.jpg
狙撃口としては少し広くて、狙われそうだ
DSC09205_R_2017092522342123e.jpg
もう一つの出入り口から出て行く
DSC09203_R_20170925223420af1.jpg
ちょっと狭い
DSC09210_R_2017092522342349a.jpg
出入り口からにょっきり生えるマッキー
DSC09211_R_201709252234259cf.jpg
スリットの向きに付いて想像するも、判るはずも無く次に向かう
DSC09216_R_201709252257258ae.jpg
展望台ごとに、一休み
DSCN0775_R.jpg
リラックスする中でも、のださんは位置情報等をチェックする
DSCN0777_R.jpg
しばし検討会、パパさんが行き過ぎじゃね?っと確信を突いた
DSC09223_R_2017092522572622d.jpg
戻りつつ付近を捜索すると、ネコさんが穴を発見した
DSC09225_R_201709252257293e5.jpg
かなりしっかりした仕上がりの壕内、間違い無く軍のものだ
DSC09227_R_20170925225730c56.jpg
正面は爆風避け、右に曲がる
DSC09228_R_20170925225732b9b.jpg
更にクランクして左へ
DSC09230_R_20170925225734617.jpg
右に岐路が見えるが正面が気になる
DSC09247_R_20170925225736ad7.jpg
掘りかけであるが、銃眼だ!
DSC09245_R_2017092522573500b.jpg
銃眼部から別の土が入って来てるので、一応は開口していたのだろうが、埋まっている
DSCN0860_R.jpg
後続が来たので場所を変わる
DSC09238_R_2017092523345111a.jpg
途中の岐路に行ってみる
DSC09243_R_20170925233452595.jpg
手前に小部屋が有って出入り口、ほとんど埋まっている
DSC09247_R_20170925233456434.jpg
銃眼に戻る
DSC09245_R_20170925233455e7b.jpg
ちょっと掘ってみたが、岩盤に遮られ、木の枝程度では掘れなかった
DSC09248_R_201709252343417f4.jpg
戻ろうと思ったが、狭い壕内は混んでいた
DSC09251_R_201709252343435e8.jpg
穴から這い出してみた
DSC09253_R_20170925234344301.jpg
埋まっているが、多分場所的に銃眼だろう
DSC09256_R_201709252343464f3.jpg
さて、戻ろう
DSC09257_R_201709252350258af.jpg
降りるのはいいが、登るのは大変だ
DSC09258_R_20170925235026e61.jpg
もうすぐ日が暮れるので、本日の探索終了!
DSC09261_R_20170925235028046.jpg
おのおの片付けに入る
DSCN0883_R.jpg
最後に記念撮影
DSCN0894_R.jpg
その後みんなで今日の大成功を祝う
DSCN0896_R.jpg
一日全てが当たりだなんて日は、そうそう無いのだ残念ながら・・・
DSCN0898_R.jpg
食後のダベリをしながら解散となった
DSC09263_R_20170926203721876.jpg
時間をずらしたおかげで、館山道はガラガラ
DSC09269_R_20170926203723b53.jpg
アクアはまぁ、こんなものだ・・・

布良洞窟砲台陣地その2

DSC09048_R_20170917231525970.jpg
階段のある部屋が現れた
DSC09051_R_201709172315269eb.jpg
非常に綺麗に掘られた部屋、作戦室とかだろうか?
DSC09053_R_2017091723152875f.jpg
空き缶が散らばる
DSC09062_R_2017091723152845e.jpg
なぜ二段分下げたのだろう?浸水や労力を考えると謎だ
DSC09063_R_20170917231531478.jpg
外に出て二股を右に行く
DSC09065_R_201709172315326ed.jpg
突き当りと右に岐路?
DSC09066_R_20170917231533910.jpg
これも掘り下げの弾薬庫だろう、水没している
DSC09067_R_201709172327251e6.jpg
二股を左に進む
DSC09068_R_20170917232727891.jpg
砲室だっただろう部分、土砂が流入しているが、弾薬庫もあるし第四砲座だろう
DSC09069_R_2017091723272878c.jpg
二股に戻っていく
DSC09071_R_201709172327303bb.jpg
しかし本当に綺麗な壕だな
DSC09073_R_20170917232731f78.jpg
メイン通路には全く崩落が無い
DSC09075_R_20170917235654c76.jpg
もっと遺留品があるといいのだが、人里に近いためか何も無い
DSC09076_R_201709172356562f5.jpg
本隊に合流した
DSC09078_R_201709172356571f8.jpg
のださんもやって来た
DSC09081_R_201709172356589a2.jpg
マッキーが小森さんと遊んでる
DSCN0664_R.jpg
第三砲座で記念撮影して脱出した
DSC09082_R_20170918193658068.jpg
このあと水没で中から行けなかった第一砲座に向かう
DSC09083_R_20170918193700f00.jpg
難儀している総軍さん、お先に!
DSC09084_R_20170918194332c51.jpg
ねこさんが砲室前で待っていてくれた
DSC09086_R_201709181937037e4.jpg
ここだけコンクリートの前壁がある、防御用と言うより当時から崩れやすい状態だったのだろう
DSC09089_R_20170918193704970.jpg
コンクリートを乗り越え、崩れた天井部から進入する
DSC09092_R_2017091819370548d.jpg
第一砲室、他と殆ど同じ構造だ
DSC09094_R_2017091820060101d.jpg
壁の彫りこみも一緒
DSC09095_R_20170918200602fb1.jpg
砲室入り口、天井に亀裂が有り、かなりもろい様だ
DSC09098_R_2017091820060328c.jpg
麻袋に入ったまま固まったコンクリート、麻袋の跡がくっきり残っている
DSC09099_R_2017091820060543b.jpg
砲室通路からメイン通路へ
DSC09100_R_20170918200606bda.jpg
左側は水没区に繋がっている
DSC09102_R_201709182050045e2.jpg
直接通れなくても、廻り込めて助かった
DSC09101_R_20170918205002ef3.jpg
その手前にある弾薬庫、階段がある
DSC09106_R_20170918205005a09.jpg
その隣の入り口
DSC09109_R_20170918205007837.jpg
麻袋のコンクリートなのだが、かなりデカイ袋だ
DSC09112_R_201709182050081d7.jpg
陰影を出すと、麻袋の跡がよく判る
DSC09115_R_20170918205009ae4.jpg
向こうの入り口は崩れているが、第四砲座側の部屋と同じ構造だったのだろう
DSC09116_R_20170918210035ca0.jpg
崩れた出入り口を内側から
DSC09119_R_20170918210037dea.jpg
そんな出入り口にも、外側には隔壁の跡がある
DSC09120_R_201709182100370bf.jpg
出口がある、隔壁の跡もある
DSC09124_R_20170918210039f58.jpg
外部から観た壕口
DSC09126_R_2017091821004069c.jpg
コンクリートの一部が残っている
DSC09127_R_2017091822342932b.jpg
そのまま尾根まで一人で登って見た
DSC09128_R_20170918223430cc9.jpg
細い馬の背で、何もなさそうだった
DSC09129_R_20170918223432276.jpg
下ると壕口が一つ有った
DSC09130_R_20170918223432125.jpg
5mほどの単独壕だった
DSC09131_R_20170918223434918.jpg
近くにもう一つ穴の痕跡が有る
DSC09133_R_201709182234353f2.jpg
恐らく同程度の単独壕だろう、メンバーを待たせているので、下山する。

布良洞窟砲台陣地その1

DSC08961_R_20170917150952b3b.jpg
布良の重砲兵陣地に移動した、洞窟式海岸砲が4門も据えられていたようだ
形式及び実際の備砲の有無は不明である、今は弾一つ残っていない
DSCN0587_R.jpg
地権者の方に断りを入れ入山する
DSC08965_R_20170917150954cc7.jpg
人家や畑が近くにある場合、イノシシ等が踏み後をたどって降りて来るので、下手に踏み荒らさない様にしよう
DSCN0590_R.jpg
通りやすい畑からの道を案内して下さった
DSC08966_R_20170917150956758.jpg
ちょっと崩落ぎみの砲室から進入する、ここは第三砲座らしい
DSC08967_R_2017091715573568e.jpg
砲室前縁部は末広がりに削ってある、これでかなり射界が確保できる
DSC08970_R_2017091715573768d.jpg
砲室の両サイドには排水溝完備、砲室を分離する様に隔壁を付けていたモルタルが残っている
DSC08972_R_2017091715573833b.jpg
各砲室には同様な堀込みがある、双眼鏡などの用具置き場だろう
DSC08973_R_20170917155739801.jpg
人が多く写真が撮れないので、さっさと中に入ると同じ様にとのさんがいた
DSC08975_R_20170917155741d5a.jpg
振り返って砲室を見る、このサイズでは94式山砲(75mm)がやっとではないか?
DSC08976_R_20170917155743de2.jpg
砲室を出て通路部分にも隔壁のモルタルがある、かなり細分化されていたようだ
DSC08977_R_20170917165552e22.jpg
砲の移動を考慮したのか、通路は意外に広い
DSC08978_R_20170917165554679.jpg
壕の造りかたが太い直線を多用する海軍っぽい
DSC08981_R_20170917165554559.jpg
10数mの通路がある
DSC08986_R_20170917165556f08.jpg
これは砲室ではなく、観測室だと思われるが、外部崩落で埋まっている
DSC08987_R_20170917171313ce8.jpg
メイン通路に戻る
DSC08990_R_20170917171314709.jpg
ここの隔壁には、木枠が残っている。取り付け状態が判る貴重な物だろう
DSC08991_R_20170917171316cd5.jpg
通路左側には弾薬庫と思われる小部屋がいくつか掘られている、砲室が被弾しても誘爆しない様にか、通路を隔てて更に7~8m奥に掘ってあるし、砲室との直線状には造っていない、艦砲射撃対策だろう
DSC08993_R_201709171713174f8.jpg
4mを超えるような通路に出た、土頭が少ないせいか、天井は大して高くない
DSC08994_R_20170917171318546.jpg
浅い弾薬庫もある
DSC08997_R_20170917171320f29.jpg
5m程度の深さの弾薬庫、小森さんのいい住処になっている、意外に狭い
DSC08998_R_20170917173211567.jpg
山の反対側に抜ける連絡通路
DSC09000_R_20170917173212cea.jpg
洲崎第一砲台と同様の水槽がここにもあった
DSC09001_R_20170917173213ec5.jpg
かなり大規模に崩落していたが
DSC09006_R_20170917173214e9a.jpg
僅かに人がくぐれる程の隙間が開いていた
DSC09009_R_201709171732172bf.jpg
崩落箇所の向こう側は、健在だった
DSC09010_R_2017091717321887c.jpg
しかし、無常にも開口しているが出られない
DSC09012_R_20170917173219fed.jpg
またこれを戻るんかい!恐らく付近のトンネル工事の為の崩落だろう
DSC09013_R_20170917175716c77.jpg
メイン通路に戻ると下り傾斜の左と右の砲室に別れる
DSC09014_R_201709171757177de.jpg
判り難いが、砲室自体と通路部分に隔壁が二ヶ所あるのが確認できる、しかも斜めになっているのが他では見れない特徴だ
DSC09018_R_20170917175718174.jpg
二等辺三角形の砲室、床面が綺麗なので車輪の付いた移動式の砲が置かれていたのだろう
DSC09020_R_20170917175720386.jpg
愛を語り合う二人は良いとして、砲室の形状、隔壁などが良くわかる
DSC09024_R_201709171757227c3.jpg
なぜ向かって右側の掘りが足りないかは不明、ちなみに第二砲座
DSC09025_R_20170917175723bad.jpg
下り勾配の通路に進むと
DSC09028_R_201709171757249a3.jpg
長靴を越える水が溜まっていて、突破不能であった
DSC09030_R_20170917210117f34.jpg
仕方が無いので引き返す、左が第二砲座
DSC09031_R_201709172101184e8.jpg
右に岐路がある
DSC09032_R_20170917210120c08.jpg
水没
DSC09033_R_20170917210121100.jpg
この辺は床が埋まっているようだ
DSC09034_R_201709172101239a4.jpg
外部からの土砂の流入で塞がっていた
DSC09036_R_20170917211741d56.jpg
最初に入って来た第三砲座
DSC09037_R_20170917211742b1a.jpg
一人とぼとぼ歩く総軍さん
DSC09040_R_20170917211744785.jpg
右側にある第三砲座の弾薬庫、水没して水が乾燥した跡が壁に有る
DSC09041_R_201709172117455c9.jpg
壕内を小森さんが飛び出した
DSC09042_R_201709172117465b4.jpg
他の人が驚かせたのだろう
DSC09043_R_20170917211748189.jpg
先に進む
DSC09044_R_20170917211749927.jpg
外部の崩落で行き止まりだった

館山市香(こうやつ)寺山砲台  (アナリスト御案内)

最近やったばかりの香砲台だが、みな興味を持った様なので御案内する事にした
ここは案内無しに到達するのは難しいだろう、冬枯れしても外部からは見えない様に偽装されているからだ
実に5年ぶりぐらいに訪れたが、入り口をちょっと間違えたが、何とか辿り着く事が出来た
DSC08905_R_2017091321003258e.jpg
駐車場に車を停めて、準備に入る
DSC08906_R_20170913210034191.jpg
友が島以来、とのさんは探索時には殆どステッキ携行する様になった、確かに楽なんだわこれ!
DSC08908_R_20170913210036e70.jpg
昭和三年五月のコンクリート橋、その名も香橋(そのまんまやね)
DSC08910_R_2017091321003713f.jpg
山の上り口に到着
DSC08911_R_20170913210038284.jpg
後続が中々来ないので待つ
DSC08912_R_20170913211633e68.jpg
果敢にのだの人がアタックを開始する、誰がこんな山に入ろうなんて思うんだろう?
DSC08913_R_201709132116344df.jpg
かつて知ったる自分は、さくっと到着!後続が来るまで20分はかかった
DSC08915_R_201709132116367d8.jpg
砲室近くの掘り込み
DSC08916_R_2017091321163747a.jpg
さて、軽く見て見よう5年ぶりだ
DSC08919_R_20170913212312acd.jpg
相変わらず綺麗な砲室だ
DSC08921_R_20170913212315981.jpg
砲室横の階段は作りかけで先は無い
DSC08920_R_20170913212314f28.jpg
奥を観る
DSC08924_R_201709132123170ae.jpg
横に弾薬庫が二つ
DSC08926_R_20170913212319b62.jpg
奥に行こうと思ったが、そろそろ後発が来る(のださんは既に一緒にいる)
DSC08931_R_201709132139304be.jpg
健脚ネコさんが到着
DSC08932_R_20170913213932a0a.jpg
壕内に入って行く
DSC08933_R_20170913213932903.jpg
DSC08937_R_2017091321393537a.jpg
横の枝坑は回廊になっている
DSC08938_R_20170913213936e45.jpg
まっすぐ奥に行く
DSC08942_R_201709132139377cf.jpg
最深部、塞がっているように見えるが
DSC08944_R_20170913213939a53.jpg
外光が見える、僅かに開いているのだ
DSC08947_R_2017091321515005e.jpg
外に出ると竹やぶだった、平地では有るが何も無かった、当時はメインの出入り口だっただろう
DSC08948_R_20170913215152bc5.jpg
壕内に戻ると、メンバー達が探索中であった
DSC08949_R_20170913215153e20.jpg
一人総軍さんは歩測中
DSC08950_R_201709132151545cd.jpg
思い思いに壕内を堪能する
DSC08951_R_201709132151561b3.jpg
広くは無い壕内、ポツリポツリと砲室に戻ってくる
DSC08953_R_20170913215157b56.jpg
どうやらみんな帰って来た様だ
20170905184545de7_201709142322396a7.jpg
ネコさんの撮った記念撮影
DSC08954_R_20170914231500947.jpg
みんな満足して頂けたようだ
DSC08955_R_20170914231502c8e.jpg
待機組みのマッキー兄と合流
DSC08957_R_201709142315037b8.jpg
さあ、下山しようソテツの原生林を越えて
DSCN0414_R.jpg
これからが大変だ、軍道はすでに消えている
DSCN0507_R.jpg
こんな山で下手に入ると位置を見失うかもしれない
DSC08958_R_20170914231505cf1.jpg
人里に下りて来るとほっとする
DSC08959_R_20170914231505dbf.jpg
駐車場に戻ってくると、みんな汗だくだ
DSCN0518_R.jpg
探索後、みんなでラーメンを食べに行く
DSCN0531_R.jpg
人数が多いのでしばらく待ちながら、デカビタCのカンって珍しいよねと語り合う
DSCN0538_R.jpg
バラバラに呼ばれて行く
DSCN0541_R.jpg
三ヶ所に分かれたが、仕方が無い
DSCN0547_R.jpg
スペシャルラーメンを注文、けっこう旨かった
DSCN0554_R.jpg
その直後、コンビニでまた飲み食いするタフなメンバーだった!

洲崎第一砲台付属陣地

今回は洲崎第一砲台には触れずに、そのすぐ側にある付属壕のみに行ってきた
洲崎第一砲台は、砲塔砲台の基部がターレットごと残っている全国でも稀な遺構である
しかし、現在は高級別荘地として分譲された住宅の一部となり、一般人の立ち入りは不可能になってしまっている。
数年前までは開口していた唯一の穴も、現在はがっちり扉を作って、施錠されている。
これはもはや、不可能物件と言えるだろう、破壊されるよりはマシだけど。
DSC08848_R_201709112229224ab.jpg
唯一の入り口は、がっちりガードされている、地権者も良くここまでやった物だ。
DSC08849_R_20170911222923776.jpg
早速付属陣地に向かう
DSC08851_R_20170911222925dea.jpg
以前は壕を利用していた人が居たようで、近代の電線及び電灯が壕内にある(こっちはダミー壕)
DSC08852_R_20170911222926f14.jpg
では本当の壕口に入って行こう
DSC08853_R_20170911231724104.jpg
陸軍ならではの、すれ違いの困難な狭い通路
DSC08854_R_20170911231725a4c.jpg
緩やかに曲がった辺りにある、左側のくぼみ
DSC08856_R_20170911231727474.jpg
水槽だろう、掘り下げた形は、珍しい物だ
DSC08857_R_201709112317280d0.jpg
右側の枝工にずりが積み上げられている、この先はL字に曲がって行き止まり
DSC08858_R_20170911231730d75.jpg
本坑を進む
DSC08859_R_20170911231731bb4.jpg
塩ビパイプの電線があちこち邪魔くさい
DSC08860_R_201709122251074b1.jpg
壕内にいきなり現れるゴツイ電柱、以前はこんな物無かった、建物の基礎として打ち込んだ杭だろう
DSC08861_R_20170912225108611.jpg
電灯はここまで付いていた
DSC08862_R_20170912225110406.jpg
先行したのださんに追いつく
DSC08863_R_20170912225111815.jpg
あえてこの部分は後回し
DSC08865_R_20170912225112a0c.jpg
とりあえず最奥部を見に行く
DSC08866_R_20170912225113409.jpg
当時は外部に接続していたのだろう、土砂が流入して塞がっていた
DSC08869_R_20170912230954a5e.jpg
途中で無視して来た、二段階式の縦穴に戻ってきた、のださんは1段目の踊り場に立っている
DSC08870_R_20170912230956036.jpg
上に伸びる坑道、以前は梯子が掛かっていたのだろう溝がある、しかし手が届かない、無理だ!
DSC08872_R_20170912234229af8.jpg
入り口近くの水槽で、風呂に入るカッコウをするのださん、小森さんナイス!
DSC08874_R_20170912234230e39.jpg
中腰になると、よけいあかん事をしているみたいに見える
DSC08904_R_20170912234231cbd.jpg
降りてきて、みんなで梯子があればな~とぼやく
DSCN0297_R.jpg
とのさんが軽く、「あるよ梯子、2mなら」って
DSC08875_R_2017091223491009d.jpg
これは戻るっきゃ無い!
DSCN0300_R.jpg
ひったくる様に抱えて動き出す人々
DSCN0306_R.jpg
さっそく梯子で1段目に登る
DSCN0307_R.jpg
よいしょっと方向を変えて2段めに掛けなおす、ちょっと短いが何とかなる
DSCN0310_R.jpg
やっとこの上に登る事ができた
DSC08878_R_20170912235659c44.jpg
後は階段を登るだけ
DSC08881_R_20170912235701681.jpg
振り向くと反対側に1mほどの堀込みがある、恐らく上側から掘ってきて、高さが合わず、無理矢理ここで下に掘って接続させたのだろう
DSC08883_R_20170912235702ba8.jpg
一段が30cm近い階段を登って行く
DSC08886_R_20170912235703206.jpg
おや、見たくない物が見える
DSC08893_R_20170912235704323.jpg
まさかの閉鎖
DSC08890_R_20170913000322aa2.jpg
仕方なく戻る事にする
DSC08892_R_20170913000323b3a.jpg
壁には年代不詳の何かを取り付けていた金属片がある
DSC08894_R_20170913000324154.jpg
下を観た所、掘り込みの様子がわかる
DSCN0337_R_2017091300032557d.jpg
降りるとしよう
DSC08896_R_20170913000739ac4.jpg
入れ替わりにマッキーが登る
DSC08898_R_201709130007419b3.jpg
総軍さんもマッピングに登って行く
DSC08901_R_2017091300074217b.jpg
そして登りきった所で梯子が回収される
DSCN0336_R.jpg
立ち尽くす総軍は、何を思う?(その後彼を見た人はいないとか?)
DSC08902_R_201709130012165e0.jpg
二人を残し、撤収して行くパパさん
DSC08903_R_201709130012185e8.jpg
今日は初めっから居なかった事にしようと、口々につぶやきながら壕を出る
DSCN0369_R.jpg
さらば総軍、まっきー!おしあわせに。

ちなみに上部の板塀の向こう側はこうなっている
DSC05945_R_20170913001713154.jpg
以前に斜面に見つけた壕口
DSC05947_R.jpg
今回の壕と似たような水槽がある
DSC05948_R_20170913001717867.jpg
そして閉塞、通過した訳では無いが、十中八九ここで間違いないだろう
現在この壕口は、住宅に飲まれ、扉で閉鎖されているので入れない


マッキーまた画像借りるよ~次も借りるよ~人の目線は面白い!

東京湾要塞重砲兵連隊第二大隊本部壕 その2

DSC08768_R_20170906213435e7d.jpg
コウモリ乱舞の通路
DSC08770_R_20170906214022984.jpg
掘削途中で終わっているようだ
DSC08771_R_20170906214024b5d.jpg
天井を見ると、掘削ロッドが幾つか突き刺さっている
DSC08773_R_20170906214024854.jpg
1.5cm位の太目のロッド
DSC08775_R_20170906214027e75.jpg
こっちは奥にあるロッド、小森さんが邪魔をする
DSC08777_R_201709062140272f8.jpg
何とか抜こうとしたのか、周りが掘ってある
DSC08779_R_201709062155591ce.jpg
後続隊が追いついて来たので、場所を変わる
DSC08780_R_20170906215601950.jpg
この辺は非常に綺麗な床をしている
DSC08784_R_20170906215602317.jpg
後続隊も小森さんに襲われている
DSC08788_R_2017090621560355c.jpg
階段はくだりの方が怖い
DSC08791_R_2017090621560405d.jpg
磨り減った階段ならなおさらだ
DSC08792_R_20170907091848fae.jpg
振り返り画像、水が流れていた様だが、先は塞がっていた?近年塞がってしまったのだろうか?
DSC08793_R_201709070918493bd.jpg
床には水路のように水の流れた跡がある、排水溝ならはじに掘ってあるはず
DSC08794_R_2017090709185026b.jpg
壁面に矢印がペイントしてある、方向から観て塞がった壕口から出入りが出来ていたのだろう
DSC08795_R_20170907091851f5a.jpg
元の分岐点に戻って来た
DSC08796_R_20170907091854740.jpg
本坑に戻る
DSC08797_R_20170907174059f4a.jpg
壁に横向きに鎹が刺さっている、さっきの通路は縦だった
DSC08799_R_20170907174102825.jpg
鎹は10cm程度の小型の物
DSC08798_R_201709071741015b5.jpg
微妙にずらした通路終端部
DSC08801_R_20170907174103d0b.jpg
右側は小部屋か倉庫らしい
DSC08803_R_201709071741049de.jpg
左に主坑道は続く
DSC08804_R_20170907182402172.jpg
右に分岐
DSC08805_R_20170907182404359.jpg
小さな部屋だった
DSC08806_R_20170907182404dc1.jpg
右の上に、棚状の堀込みがあるがなんだろう?
DSC08807_R_2017090718330909a.jpg
左に曲がると、微妙にコンクリートを打った部屋が有る
DSC08814_R_201709071833123d1.jpg
入り口入ってすぐ右に、隣の部屋への接続通路がある
DSC08813_R_2017090718331146e.jpg
謎の構造物が転がっている
DSC08815_R_20170907183314a66.jpg
中央部にはコンクリートの排水溝、風呂か調理場だろうか?
DSC08816_R_201709071833154cd.jpg
逆の入り口から室内を見る
DSC08817_R_2017090718455747c.jpg
本部壕なので、炊事場ぐらいあっても不思議は無いが?
DSC08820_R_20170907184600701.jpg
床面は半分以上岩盤のままで、排水溝だけが目立つ
DSCN0198_R.jpg
皆でいろいろ考えるが、判るはずも無い
DSC08822_R_201709071846024fc.jpg
一旦主坑に出て隣の部屋に向かう
DSC08824_R_20170907185653e1c.jpg
隣の部屋
DSC08818_R_2017090718565242c.jpg
特徴無く、ただ四角い部屋。この辺には3つのキチンとした部屋が有る事になる、会議室、調理場、食堂みたいな構図を考えてみるが、判るはずも無い。大隊本部といっても司令部要員だけが入るだけだ、小規模でいいのだ。
DSC08826_R_20170907185654202.jpg
外周通路に戻る
DSC08827_R_201709071856552cf.jpg
右側の道路方向に向かう
DSC08830_R_20170907185657ad5.jpg
土砂の流入で、外部には出れなかった
DSC08831_R_20170907191209d44.jpg
逆方向に進む
DSC08833_R_2017090719121014d.jpg
最初に見た柵がある出入り口
DSC08834_R_201709071912124c9.jpg
左右に小部屋がある、衛所だろうか?
DSC08835_R_2017090719121300d.jpg
壕口近くにみんな集まってきた
DSC08836_R_20170907191214e76.jpg
通路にも立派な排水溝がある
DSC08838_R_20170907191216fda.jpg
総軍さんの作図待ちで外に出る事にする
DSCN0100_R.jpg
狭いので、一人ずつ這い出す
DSC08845_R_20170907192018e26.jpg
さて、撤収しよう
DSC08846_R_2017090719202000c.jpg
大成功の内に、次の目的地に向かう

今回もまきき氏の写真を一部無断使用している、いつもすまんね~

東京湾要塞重砲兵連隊第二大隊本部壕 その1

DSC08668_R_20170904235452fc8.jpg
9月初旬の朝は涼しかった
DSC08670_R_201709042354548aa.jpg
アクアは7時で既に渋滞が始まっていた
DSC08671_R_20170904235455a7c.jpg
ここの風景が一番好きだな
DSC08674_R_20170905224139d04.jpg
集合場所に定刻どおりに揃った
DSC08675_R_20170905224140479.jpg
アナリスト初参加のとのさんの車に、皆興味深深である
DSC08680_R_20170905224142dfc.jpg
早速最初のアタックポイントに移動した
DSC08681_R_20170905224142f92.jpg
手前にあった壕口は、柵がされていた
DSC08683_R_20170905224145042.jpg
覗き込むと、当たりの様だ
DSC08685_R_20170905225458b0f.jpg
付近を捜すと、塞がれていない壕口発見
DSC08686_R_201709052254594d3.jpg
十分入れる隙間が有る
DSC08687_R_20170905225500726.jpg
進入成功
DSC08689_R_20170905225502566.jpg
中は非常にドライで綺麗だ
DSC08692_R_20170905225504261.jpg
左の探索をのだ氏に任せ、自分は右方向に進む
DSC08694_R_20170905225504464.jpg
二股に分かれる、まずは右側に進む
DSC08696_R_20170905232220ade.jpg
階段だ!
DSC08697_R_20170905232221734.jpg
右に曲がりながら登っていく
DSC08699_R_20170905232223fbd.jpg
T字にぶつかる
DSC08700_R_20170905232224f45.jpg
左側の開口部
DSC08701_R_20170905232225dfe.jpg
右側の開口部
DSC08703_R_20170905232227c6b.jpg
元来た階段を戻る
DSC08704_R_2017090600063145b.jpg
二股に戻り、今度は左側に進む
DSC08705_R_201709060006336cd.jpg
倉庫の様な空間で突き当たり、来た道を戻る
DSC08707_R_20170906000634b26.jpg
相当造りの良い壕で、歩きやすい
DSC08708_R_201709060006369fb.jpg
排水溝も切ってある
DSC08710_R_20170906000637c6d.jpg
右側の広く四角い部屋、壁に支保の溝も残っている。これは柱を建てて木造の部屋が指令部員用にあったのかも知れない
DSC08712_R_20170906202941fee.jpg
カスガイも幾つか落ちてるし
DSC08713_R_201709062029425b3.jpg
奥側から部屋の全景
DSC08714_R_201709062029447ea.jpg
まるで海軍のように綺麗な掘削だ
DSC08715_R_2017090620294527f.jpg
ここから少し、通路の幅が狭まる
DSC08717_R_2017090620294622c.jpg
通路の左右に岐路が幾つも見える
DSC08720_R_201709062040497c4.jpg
右側の外周から見て行く
DSC08721_R_2017090620405154f.jpg
複雑な枝坑かと思えば
DSC08724_R_201709062040532f2.jpg
十字型の部屋だった、倉庫だろうか?
DSC08728_R_20170906205136f26.jpg
部屋を出て、角を曲がる
DSC08725_R_2017090620405468d.jpg
左に曲がると、ちょっと登り勾配の通路が見える
DSC08730_R_20170906205138b4a.jpg
壁に突き刺さる釘、この壕内では電気設備(碍子等)を見る事は無かった
DSC08731_R_201709062057479f8.jpg
交差点部分に、扉を付けていたモルタルの跡がある、天井も四角い
DSC08732_R_2017090620574903c.jpg
右に曲がった部分にもある居住環境は良さそうだ
DSC08734_R_20170906205750021.jpg
先に入ったのだの人が、コウモリの大群をこっちに追い込んでくる、天井いっぱいコウモリが飛んでいる
DSC08736_R_20170906210653192.jpg
すっかりコウモリの居なくなった通路を進む
DSC08737_R_20170906210654723.jpg
すれ違い場、これは結構我々も助かっている。狭い通路の壕には必須だ!
DSC08738_R_201709062106558f1.jpg
右に進む、どうもこっちの通路は天井が低い、174cmの我が身にはツライ低さだ
DSC08743_R_20170906210657b5e.jpg
壁面右側に、何本かの鎹が刺さっている、上が曲がっている、電線でも供給していたのだろうか?
DSC08745_R_20170906210659e31.jpg
この通路のみで見られた
DSC08746_R_201709062121203c7.jpg
突き当たりに見えたが、右に階段がある
DSC08747_R_2017090621212107f.jpg
大分侵食されてしまっている階段
DSC08749_R_2017090621212218f.jpg
右はすれ違い場、左に行く
DSC08750_R_20170906212123842.jpg
長い直線通路
DSC08752_R_2017090621212689e.jpg
ランプを掛ける杭だろうか
DSC08753_R_20170906212808814.jpg
右にくの字に曲がる
DSC08755_R_201709062128099d1.jpg
だんだん通路が陸軍っぽくなって来た
DSC08756_R_201709062128106e4.jpg
また階段だ、この階段も侵食され、滑りやすかった
DSC08757_R_20170906212812098.jpg
曲がりくねる階段
DSC08758_R_201709062128123db.jpg
90度クランク
DSC08759_R_20170906213431d33.jpg
小森さん再び!
DSC08762_R_20170906213433028.jpg
正面は開口部だった様だが、土砂で埋まっている
DSC08767_R_20170906213434538.jpg
左の通路に進む


つづく

館山海軍航空隊 中攻用掩体壕及び付属壕

館山市にある掩体壕は2つ確認されているが(有蓋掩体壕)、無蓋も何処かにあるらしい。
赤山地下壕の近くにある、館山海軍航空隊の小型機用掩体壕は、ガイドブックにも載り有名だが
それとは違って案内板も無く、存在すら殆ど知られていない、館山海軍航空隊の中攻(一式陸攻等の中型爆撃機)ようの
山をくり抜いた、洞窟式の掩体壕が現存しているのだ。
これを見つけるのは、ちょっと大変だろう、道路からは見えないし、恐らく個人の敷地内なのかも知れない。
この写真を撮ったのは、数年前になるので、今は開発され、住宅が並んだ後ろの山になってしまっただろう。
この頃は掩体壕の前に腐った池が出来上がっていて、近寄る事が困難だったが、長靴程度で踏破できた。

型により差異はあるが、ざっくりいって全長20m、全幅25m、高さ6m(水平時)が中攻の大きさだ
それだけでこの壕の大きさがわかるだろう。

DSC07454_R_20170831213024d6e.jpg
周辺の荒地が整地され、宅地化の工事が始まっている(数年前の話なので今頃は住宅地だろうな)
DSC07455_R_20170831213026476.jpg
池と化した入り口と、僅かに見えるコンクリート製掩体壕
DSC07456_R_20170831213026f6a.jpg
近寄ると、かなり大型なのが判る
DSC07459_R_20170831224955b35.jpg
掩体壕内は、完全水没
DSC07462_R_20170831224956d7f.jpg
人と見比べると、大きさが良くわかる
DSC07464_R_20170831224958bd0.jpg
洞窟式掩体壕は数える程しか存在しないので、この様に洞窟通路を有しているのは他に見かけない
DSC07465_R_20170831224958ed2.jpg
常時水没しているおかげで、落書き一つ無く最高の保存状態である
DSC01455_R_20170831231444d82.jpg
何かを取り付けていた様な跡がある
DSC01488_R_2017083123144532d.jpg
床面はコンクリートで固められているので思ったよりは水深が無い
DSC01498_R_20170831231446213.jpg
野島を除けば、現存する最大級なんじゃないかな?
DSC01448_R_20170831232433c12.jpg
奥の地下壕部分に入っていこう
DSC01449_R_20170831232435802.jpg
掩体壕部分と違い、地下壕部分は未完成もいいとこだ
DSC01450_R_201708312324354cb.jpg
通路として使う分には問題は無いのだが、床がなんともだ
DSC01452_R_20170831232437883.jpg
部分的に幅も高さもかなり広い
DSC01453_R_20170831232438c0a.jpg
裏側への唯一の出口
DSC01454_R_20170831232440701.jpg
外部はかなり瓦礫に埋もれている
DSC01458_R_20170831233525732.jpg
内部をもう少し見て回ろう
DSC01459_R_20170831233527c4f.jpg
小森さんがいっぱいいる
DSC01460_R_20170831233528fd0.jpg
片側に寄せられたズリ
DSC01461_R_20170831233530d48.jpg
僅かに階段を作ってある
DSC01462_R_20170831233531c24.jpg
分岐点にある灯り置きの窪み
DSC01463_R_2017083123353218d.jpg
壁面が紫になる(カビなんだけどね)
DSC01463_R_20170831234020fdb.jpg
あまり壁に触りたくない
DSC01464_R_2017083123402206f.jpg
突如段差が現れる、高低差のある通路、何かの意図があるのだろう
DSC01465_R_20170831234023719.jpg
排水の溝が切ってある
DSC01466_R_201708312340258b8.jpg
段差を振り返る
DSC01468_R_20170831234026e07.jpg
掩体方向に戻って行く
DSC01469_R_201708312340281da.jpg
兵員休息室か倉庫だろう、やたらに綺麗になっている
DSC01470_R_20170901220251130.jpg
この辺は実に海軍らしい、丁寧な仕事だ
DSC01471_R_20170901220253f87.jpg
二股だが、一方は見たまんま行き止まり
DSC01472_R_20170901220253d33.jpg
多少ガレた通路を抜けると
DSC01473_R_201709012202544b6.jpg
掩体壕に戻ってくる
DSC07480_R_20170901221731005.jpg
外周部にコンクリート製の壕が有った
DSC07481_R_20170901221733db0.jpg
幅は広くないが、奥行きはある。燃料貯蔵壕だろうか?
DSC07483_R_201709012217336f9.jpg
入り口から最後まで水没だが、コンクリートで歩きやすい
DSC07484_R_201709012217358be.jpg
最奥部だけが何故か素掘りのまま
DSC07486_R_2017090122173620a.jpg
深さ30mほどだろうか
DSC07487_R_20170901222707c64.jpg
僅かに開口している穴が有った
DSC07488_R_2017090122270903d.jpg
覗いてみると、確かに地下壕だった
DSC07490_R_2017090122270967f.jpg
なんとか潜り込む
DSC07491_R_201709012227116cd.jpg
しっかりとした造りだが、湿気が酷い
DSC07492_R_20170901222712f1f.jpg
何か居る!しかも大量に!やばそうなので脱出する
DSC07493_R_201709012232206da.jpg
途中の脇道に入ってみる
DSC07494_R_2017090122322283f.jpg
こちらは部屋になっていた
DSC07495_R_201709012233545bc.jpg
もう一つ穴が有った
DSC07496_R_20170901223356e58.jpg
しかし短い物だった

位置的には洲崎海軍航空隊なのだが、誘導路が洲の空を回り込んで伸びているので、館空の掩体壕であった
館山航空基地次期戦備施設計画位置図_
左下の山の部分がこれに相当する

館山市香(こうやつ)寺山砲台

館山海軍航空隊は海軍5番目の実戦航空部隊として開隊した。
その防空施設として、館山城山砲台大賀二子山第一砲台館野大網第二砲台八幡砲台、船形砲台、香寺山砲台、神戸布沼砲台、北条砲台、笠名砲台の9つの砲台が構築(計画)された。
赤文字が引渡し目録に記載がある、砲を据えつけてあった砲台、後は備砲されたか不明である。
その内の一つ、香(こうやつ)寺山砲台を発見した。
しかし、米軍の引渡し目録に砲が記載されていないので、備砲はされなかったのだろう。
DSC01276_R_2017082919244671f.jpg
鬱蒼としたこの山の中に砲台は有る、全く見えないので見つけるのはかなり困難だ
DSC01278_R_20170829192448d3b.jpg
切り立った(切り開いた)壁面に砲室が口を開いている
DSC01279_R_20170829192449d35.jpg
かなり強固な造りをしているのが判る、しかしこれはどう観ても直射砲台で、防空砲台ではない
何処かで混同されてしまっているようだ
DSC01280_R_201708291924504b3.jpg
砲室の状態は完璧と言えるほどいいだろう
DSC00462_R_20170829193814db8.jpg
天井に砲の取り付け用の吊り金具がある
DSC00463_R_20170829193815d4e.jpg
砲室向かって左側に階段がある
DSC00464_R_201708291938168df.jpg
結構急な登り方の階段
DSC08923_R_201709032335525b3.jpg
掘りかけで終了している。上部への抜き穴的なものだろう
DSC01287_R_20170829194307db5.jpg
下に下り砲室を内側から観る
DSC00467_R_20170829195101181.jpg
砲室側から内部を見ると、左右に部屋が2つ有る
DSC00468_R_20170829195102d05.jpg
即応弾薬庫だろう
DSC00469_R_201708291951030cc.jpg
もう一つは未完成のようだ
DSC00470_R_2017082919510557a.jpg
正面の先は塞がっているように見えるが
DSC00471_R_201708291951078b2.jpg
乗り越えると先が続いている
DSC00472_R_20170829201431d11.jpg
ここから先は酷いガレだらけだ
DSC00473_R_20170829201433d64.jpg
崩落も有るが、大半はズリだろう
DSC00474_R_20170829201434a52.jpg
トロッコ軌条も無く、手作業だったようだ
DSC00475_R_201708292014363a3.jpg
接続部も荒い造りだ
DSC00476_R_2017082920184448e.jpg
入り口と違って、高さも無くなってくる
DSC00477_R_20170829201847f78.jpg
小森さんは元気に飛び回る
DSC00478_R_20170829201848579.jpg
急に通路の状態が良くなったと思ったら
DSC00479_R_20170829201849425.jpg
開口部だ、本来の入り口なんだろう
DSC08945_R_20170903234421400.jpg
外に出てみた
DSC08946_R_2017090323442363e.jpg
竹林の密集地だが、開けた場所だ。当時の作業場だったのだろう、
DSC00480_R_20170829201850095.jpg
また壕内に引き返す
DSC00481_R_20170829210928450.jpg
途中には掘削中の枝坑が点在する
DSC00482_R_20170829210930796.jpg
この荒さを見ると、本当に撃てる部分だけに傾注して急造したんだなと思う
DSC00483_R_201708292109329c8.jpg
砲室手前に戻ってきた、乗り越えれば砲室だ
DSC00485_R_20170829210934dbb.jpg
内部と砲室の差がこんなに激しいのも珍しい、鉄筋もちゃんと入っている
DSC00460_R_2017082921211183f.jpg
外に出ると、真っ暗だった
DSC00486_R_20170829212113792.jpg
どうやって下山しよう?