FC2ブログ

二宮洞窟陣地探索(川匂蔵海道1・2号陣地)

110_R_20171223234730751.jpg
次の陣地に移動する
111_R_20171223234731d4d.jpg
あぜ道から藪に入る
112_R_20171223234732645.jpg
竹林の斜面を探索する
113_R_20171223234734301.jpg
程なく壕口を発見した(川匂蔵海道1号陣地)
115_R_2017122323473658b.jpg
しかし、完全に埋まってしまっている
124_R_20171223234737d2d.jpg
僅かに空いていそうだったが、隙間無く崩落していた
126_R_20171224230140237.jpg
山の斜面をへつって行くと、塹壕(交通壕)があった
127_R_201712242301422a1.jpg
川匂蔵海道2号陣地発見!しかし、資料通り埋まっている
144_R_20171224230145948.jpg
しかし根性で入る
143_R_2017122423014335d.jpg
内部は4m四方程度の部屋で通路は無い、棚状の窪みが見えるだけだった
資料によると、対戦車砲陣地だったと記載されている
145_R_20171224233130778.jpg
つっきって下山すると、道路に出た
150_R_201712242331318bf.jpg
川匂神社に向かう
153_R_20171224233133012.jpg
この神社に連隊本部が置かれていたらしい、地元の方の話ではここと西光寺に軍隊が泊っていたらしい
155_R_20171224233133b05.jpg
鎮魂碑が建っている
156_R_20171224233135d3a.jpg
境内に入るが、社務所の辺りに本部があった様だが、痕跡は無かった
157_R_20171224233137c92.jpg
茅の輪のくぐり方を、以外に誰も知らなかった
158_R_20171224233138ee3.jpg
念のため載せておこう、お年始でくぐる人もいるだろう
160_R_2017122423460127e.jpg
周辺の痕跡を探す、古い井戸がこれと、斜面の上にもう一つ
161_R_2017122423460267d.jpg
コンクリートの基礎部分
162_R_20171224234604cd9.jpg
人為的な切り込み程度しか見つからない
164_R_20171224234605e71.jpg
降りて行くと、みんな待っていた
165_R_20171224234606255.jpg
周辺地図
166_R_20171224234608d96.jpg
戦果無く神社を後にする
151_R_20171224234600d1b.jpg
もう一箇所の西光寺
167_R_2017122523073076d.jpg
境内に入って行く
170_R_20171225230733eac.jpg
怪しげなトンネルがある
169_R_20171225230731f80.jpg
実につまらないトンネルだった
171_R_20171225230733e23.jpg
すじ氏が何かを見つけた
175_R_2017122523073586e.jpg
穴だ、やっぱり有った
177_R_20171225230736613.jpg
規模は大きくないが、山頂近くにあるので見張り所だろうか?
178_R_2017122523073842f.jpg
山頂にも特に何も見つからなかった
179_R_201712252317031a6.jpg
民地の奥の竹やぶに移動した(川匂1号壕)
180_R_20171225231704658.jpg
あった、墳墓にも見える
181_R_201712252317066bc.jpg
しかし、左下側に向かって掘られている
183_R_201712252317063ec.jpg
下があった様だが、埋もれてしまっていた
スポンサーサイト

二宮洞窟陣地探索(山西・獅子岩下2号陣地)

061_R_20171223085419dd1.jpg
紅葉の山中を歩く、斜面はキツイ
063_R_201712230854216d2.jpg
山越えしている間に、メンバーが次の壕口を見つけていた
064_R_20171223085422d76.jpg
既に突入しているようだ
067_R_20171223085423120.jpg
状態は良さそうだ
068_R_201712231224173d2.jpg
入り口から10m程で、狭くなる壕内
069_R_20171223085424a85.jpg
終始こんな感じで歩く事になる
070_R_20171223085427e8f.jpg
横坑で少し高くなってる所で腰を伸ばすとのさん
071_R_201712230854287b5.jpg
横坑は20mほどか?掘りかけではなく行き止まりになっている
073_R_2017122308542923e.jpg
しかし湿度が高い、奥が閉塞は確実だろう
078_R_20171223085430eb2.jpg
横坑分岐路から20m程ですれ違い所を経て、右に直角に曲がる
079_R_201712231359057ac.jpg
空母氏の収まっている所が、すれ違いの為の待機スペース兼攻撃を受けた時の爆風避けと言われるスペース
081_R_201712231359089b9.jpg
振り向いた曲がる前の方向、この空間は生息室になるのだろうか?唯一幅、高さ共に広い空間
080_R_201712231359071e0.jpg
右に曲がると一時的に広くなるが、また狭くなる
085_R_20171223135910966.jpg
先に進むと階段状に下っている、床がぬかるんで水没の予感
082_R_20171223135909031.jpg
やっぱり水没、突き当たりは見えるが、右に窪み、左に下り傾斜の直線の通路が有るようだが通路自体が水に没している
084_R_20171223143919a73.jpg
足元に木材が埋まっていた、階段に使用したのか、土止めだろう
086_R_20171223143920835.jpg
アーチ部分の掘り方も面白い、円形に掘っていて通常のノミとツルハシではないようだ
089_R_20171223143921680.jpg
戻りがけに見つけた彫りこみ、調査資料によると水没区には1954.3、西、本等の戦後の落書きがあるそうだ
090_R_20171223143922c16.jpg
空き瓶が数本転がっている
093_R_2017122314392435f.jpg
サクラビール、明治45年~昭和18年製造、日本最古のビールだとか(ビンマニアとのさん調べ)
096_R_2017122314392511a.jpg
この辺だけ排水溝が残っている、他は埋まってしまったのか確認できない
098_R_20171223143927462.jpg
ベルモンテのビン
099_R_2017122315045621d.jpg
さて、脱出しよう
100_R_2017122315045708d.jpg
ここにも入り口付近に、小さな掘り込みが有る、自然じゃない事だけは確かだ
101_R_20171223150459dd4.jpg
他のメンバーが出てくる前に、また山越えをして反対側の壕口を探す
102_R_201712231505008c7.jpg
反対側斜面には廃村があった
103_R_20171223150501d2d.jpg
すじ氏のみが一緒に来た、彼の探索機動力は大した物があり、着眼点もいい
106_R_20171223150503ba8.jpg
設備的にそう古い物ではないが倒壊が激しい物がほとんどだ
107_R_201712231505058e1.jpg
結局こんな状態で壕口は見つけられなかった

二宮洞窟陣地探索(歩兵201連隊第9中隊指揮壕)

二宮洞窟陣地は、ずっと以前から気にはなっており、「二宮の洞窟陣地」なる本も購入していたのだが
なかなか他が忙しく、後回しになっていた。
前回の探索時に行こうという話しが出て、やっと探索に踏み切った
二の足を踏んでいた理由は、エリアが広い事と、小さな物が多い事
ネット情報が僅少な事、色々有るが、千葉の探索が楽しすぎた事が最大だろう
今回は七人の侍たちが揃い、この地区の探索を行った
しかし、エリアが広く、公的駐車場が無い狭い山間部という事で、一部エリアのみの探索となった。
016_R_201712202313268d8.jpg
遠方からの参加者もあり、ゆっくりとした出発
018_R_20171220231328b8a.jpg
予定時間の30分ほど早くあつまりミーティングを始める
019_R_20171220231328ca9.jpg
バイク参加の神奈川西部の重鎮、すじ氏到着今回最大の功労者と言って過言ではないだろう
020_R_20171220231330813.jpg
御当地マンホール
021_R_20171220231332b45.jpg
早速総軍さんの下調べで、ネット上にあった壕に向かう
023_R_2017122023133330d.jpg
ここの地区の探索は、冬場でないとかなり困難だろう
024_R_20171220231334d28.jpg
あっさり見つかった壕口
025_R_20171221231241277.jpg
山西・獅子岩下1号陣地の入り口
026_R_201712212312431b5.jpg
ゴミも少なく、立って入れる高さの陣地
028_R_201712212327597b9.jpg
崩落、行き止まりに見えたが
029_R_201712212328004bf.jpg
上に隙間があった
030_R_20171221232802502.jpg
はいずって左側に乗り越えると、二股に分岐していた
042_R_20171222230528246.jpg
左側はすぐ終わり
032_R_201712222249401a4.jpg
右の分岐に進むと、また岐路がみえる
033_R_20171222224940643.jpg
しかし、小さな部屋だった
034_R_2017122222494201e.jpg
枯葉が入って来てるので、貫通しているだろうが、いやな狭さになって来た
035_R_20171222224943ae4.jpg
もはや匍匐状態になって来た
038_R_20171222224945d7d.jpg
一応の開口を確認、戻るのつらい・・・
043_R_20171222230528f30.jpg
戻ろうとしたら、人物比が入って来たのでもう少し居る
045_R_201712222305311f1.jpg
こんな感じで、立って歩くのはほぼ不可能な高さだ
046_R_201712222305329ee.jpg
この土盛は、掘削中の壕内部からの排出中継点なのだろう、天井はこれ程には崩れていない
050_R_20171222230533eb6.jpg
良く見ると入り口からの直線部分に僅かに掘った跡がある
052_R_20171222230534b4c.jpg
天井には釘を刺してある、電気が来ていたのだろうか?
053_R_20171222232824206.jpg
さて、出よう
054_R_20171222232826b84.jpg
出口付近の小さな窪み、よく見かけるが、何だろう?
057_R_20171222232827fd3.jpg
他のメンバーが見ている内に、山の斜面を駆け上がる
058_R_2017122223283042a.jpg
尾根を超え、反対側の斜面を下ると、あった!
060_R_201712222328312ab.jpg
反対側の開口部だ、ほとんど縦坑に近い作りだった

航空自衛隊 峯岡山分屯地基地開放2017その3

184_R_20171218225935166.jpg
海自のSH-60を一応見に行く
170_R_20171218225933359.jpg
ヘリのコクピット
194_R_201712182259351ca.jpg
もうすぐ空自のT-4練習機の飛行展示が始まる
198_R_201712182259377a4.jpg
入間から飛んで来たT-4二機編隊
201_R_20171218225938441.jpg
ギヤを降ろして、低速飛行をしている
204_R_20171218225940997.jpg
T-4はブルーインパルスでも使っている優秀な機体だ
206_R_201712182259417e6.jpg
300mmズームの限界
208_R_20171218225943842.jpg
通過して一回りしてくる
211_R_20171218232642447.jpg
豆のような二機が見えてきた
214_R_2017121823264330f.jpg
二回目のフライパス、ギアは収納したようだ
215_R_20171218232644997.jpg
特にアナウンスも何もないので、これで終わりかと思ったが
216_R_201712182331014ce.jpg
単機で進入してきた
217_R_20171218233103354.jpg
ひねりを入れてきた
218_R_20171218233104cc9.jpg
単機の方が自由度が有るのだろう
219_R_20171218233105775.jpg
旋回して消えていった
221_R_20171218233500eae.jpg
二機目が飛んで来た
222_R_20171218233502c8f.jpg
いいカメラとレンズが欲しいな~
223_R_20171218233503f59.jpg
飛行展示終了
226_R_20171219233708550.jpg
飛行展示が終わったので、三角点を見に行った。30分の軽いお散歩だ
227_R_20171219233710b6b.jpg
愛宕神社におまいりする
229_R_201712192337117c5.jpg
道は整備されており、歩きやすい
232_R_20171219233713dbb.jpg
ぼろぼろの三角点、看板から僅か10分未満で到着。往復で30分だったようだ
236_R_201712192337145ac.jpg
全都道府県の最高峰で、一番低い三角点だそうだ
237_R_20171219233715efa.jpg
それでも千葉の最高峰
239_R_20171219233717e42.jpg
少し離れた、レーダーサイトに行ってみる
241_R_20171220204422c2e.jpg
覗空台の広場にはシートが敷いてあった
243_R_20171220204423051.jpg
244_R_20171220204424b1f.jpg
この日はそんなに遠くまでは見えなかった
247_R_20171220204426a42.jpg
大山千枚田(段々畑)
249_R_201712202044280b7.jpg
こんな感じの順路
252_R_20171220210806b41.jpg
プラネタリウムみたいなレーダードーム
250_R_2017122021080556b.jpg
いざという時の備え
274_R_20171220210810f34.jpg
のどかだな~
253_R_20171220210807424.jpg
下山して、餌をついばむ
254_R_20171220210808c58.jpg
いろんなのあるなぁ~
276_R_201712202108119f1.jpg
成田、羽田に向かう民間機がひっきりなしに飛んでいく
278_R_201712202108134c4.jpg
のんびりしてたら、陸自のコブラ(AH-1対戦車ヘリコプター)が飛んできた
281_R_20171220211908eb8.jpg
シルエットってカッコイイかも?
287_R_2017122021190956a.jpg
コブラってアパッチより好きかも
296_R_20171220211910bb6.jpg
海自より色々動いてくれる
305_R_20171220211912da0.jpg
ローターは廻ってる方がヘリコプターらしい
318_R_20171220211914100.jpg
着陸はしなかったが、意外と近寄ってくれた
319_R_20171220211915b03.jpg
飛行展示を終えて、木更津基地へ帰っていった
324_R_201712202215182dd.jpg
ヘリを見送り、撤収に入る
325_R_20171220221519493.jpg
シャトルバスに乗って正門から出る
326_R_201712202215202f0.jpg
基地専用の狭い山道で、離合するのも広い所まで片方がバックする
328_R_20171220221521f3c.jpg
自分の車に乗り換え撤収!こんなに早くアクアに乗るのは久しぶりだった

航空自衛隊 峯岡山分屯地基地開放2017その2

060_R_2017121423174092f.jpg
空自仕様の軽装甲機動車
061_R_201712142317423f7.jpg
地上移動局
065_R_201712142317448a2.jpg
通信装置
062_R_201712142317438f7.jpg
073_R_2017121423250349d.jpg
トレーラ1T炊事車
261_R_20171214232504b12.jpg
262_R_201712142325058c4.jpg
264_R_2017121423250644b.jpg
265_R_2017121423250867b.jpg
いろんな機能がある
067_R_20171214233026965.jpg
戦闘糧食1型(カンメシ)
071_R_20171214233031c76.jpg
戦闘糧食Ⅱ型
068_R_201712142330282be.jpg
民生品の自衛隊用糧食
069_R_20171214233028049.jpg
このちっさい缶ズメは観た事ない
070_R_20171214233030038.jpg
これは結構昔から有る
072_R_20171214233033f81.jpg
これはネットでも買える
074_R_20171216222237a38.jpg
これの正式名称は知らない、通称事務所という事務作業用の荷台だ
075_R_201712162222398ef.jpg
この様に横にスライドして張り出し、部屋の空間を拡張できる
076_R_20171216222240a63.jpg
なんかいた!入間にもいた。
078_R_20171216222242baf.jpg
体育館に入った
079_R_20171216222243a54.jpg
高射隊装備模型(ナイキってまだあるのか?)
081_R_201712162222443a8.jpg
自動電話機(電子交換装置用) JTA-T13
083_R_201712162222467aa.jpg
携帯電話機(野外電話機)1号 NTA-105(基本的に有線の野戦電話機で、無線と違い傍受されない)
085_R_201712162301261db.jpg
086_R_20171216230128200.jpg
087_R_20171216230129297.jpg
088_R_20171216230130322.jpg
089_R_20171216230132a95.jpg
090_R_2017121623013317d.jpg
091_R_20171216230135c40.jpg
092_R_20171216230136486.jpg
自衛隊現用銃器類
099_R_20171216233039e0f.jpg
海自のSH-60が来る時間だ
103_R_2017121623304165b.jpg
方向から館山かな?豆粒のような機体が見える
106_R_20171216233042b48.jpg
飛行展示として、軽く上空停止程度する
112_R_20171216233043205.jpg
着陸態勢に入る
114_R_201712162330463b7.jpg
○もHも書いてないヘリポートも珍しい
120_R_201712162330476cf.jpg
たまにはシャッター速度を落として、ローターの回転を写してみる
122_R_201712162345094d5.jpg
習志野第一空挺団の展示ブース
123_R_201712162345116ff.jpg
パラシュート装着体験コーナー
126_R_20171216234512213.jpg
高機動車に乗ってみる
127_R_20171216234513ddd.jpg
当然の様に最近の車両はオートマチック
129_R_20171216234515d4f.jpg
こんな箱にそそられる
131_R_201712162345165c8.jpg
ヘリポートが開放された
132_R_20171217222202676.jpg
手前に消防車の展示が有るが、悲しいぐらいにみんなスルー
135_R_2017121722220460d.jpg
ヘリポートから基地施設を見上げる
134_R_201712172222045dc.jpg
みんなヘリコプターが観たいんじゃない
138_R_201712172222079ce.jpg
基地警備訓練展示
が観たいのだ
140_R_20171217222208127.jpg
後方部隊は、いまだに64式小銃を装備している
141_R_20171217223443fab.jpg
指揮官一人、射撃4人で行われる
142_R_201712172234456cf.jpg
指揮官から指示が飛ぶ
146_R_20171217223446fe3.jpg
訓練開始、射撃姿勢は基本となる5種類の姿勢(伏せ撃ち、膝撃ち、座り撃ち、立ち撃ち、腰撃ち)がある
147_R_20171217224632e61.jpg
今回はその内3種類のみ、これは伏せ撃ち
150_R_20171217224634136.jpg
膝撃ち
157_R_20171217224635976.jpg
立ち撃ち
158_R_201712172246378d5.jpg
訓練終了、撤収する
160_R_20171217230405345.jpg
銃を置いて、再登場
163_R_2017121723040663c.jpg
簡単な御挨拶
166_R_201712172304077fa.jpg
敬礼!

航空自衛隊 峯岡山分屯地基地開放2017その1

今年最後の基地際、航空自衛隊 峯岡山分屯地基地開放に行ってきた
昭和28年 6月に、 アメリカ空軍によりレーダー建設開始された戦後の基地
昭和35年 7月に、 アメリカ空軍から自衛隊へ移管され、現在に至る
中部航空方面隊隷下のレーダーサイトとして、主に関東地方周辺の空域を24時間態勢で警戒監視している

入間基地の第1高射群 指揮所運用隊も、 峯岡山派遣班として常駐している
小さな基地なので、創立記念行事等としては行わず基地開放である
この基地のある愛宕山には三角点があり、事前に予約すれば基地内に入り、見学できる
この三角点は、千葉県最高峰(408.2m)である、その先に睨空台(げいふうだい)がある

開場は0900からだが、駐車場は無く、鴨川市立長狭学園からのシャトルバス(無料)のみ入場出来る
基地のH.P等では、記載事項は一切無いが、車で長狭学園まで行っても近くの吉保八幡神社等に駐車スペースがある
002_R_20171210233055ad0.jpg
明け方の首都高をアクアに向かう
003_R_201712102330577f7.jpg
最近は0700でもアクアは渋滞する
010_R_20171210233059f9d.jpg
駐車場案内は、このちっさい看板のみ(隊員は道路に出てこない)
008_R_20171210233501447.jpg
境内に10数台は停められる(他の場所もあり)
014_R_2017121023350388d.jpg
長狭学園まで歩いて来た(校内に車停めている人もいるようだ)
015_R_20171210233504606.jpg
簡単な持ち物検査と金属探知機
016_R_201712102335058de.jpg
無料シャトルバスは待つ事無く、座れる定員で出発する
017_R_20171210233506bdd.jpg
すれ違い困難な山道を登っていく(バスが木にガサガサ当たっていた)
018_R_20171210233509cdc.jpg
バスなので、正門は写せないのが難点、とりあえず20分程で到着
020_R_20171212222526094.jpg
バスで20分登ってきた眺め
021_R_2017121222252811c.jpg
先に見えるのがヘリポート
022_R_20171212222528cc7.jpg
陸自の地上展示を観て行く
024_R_20171212222531457.jpg
高機動車
023_R_20171212222530655.jpg
125_R_20171212222533904.jpg
1tトレーラ、これは高機動車用のもの
027_R_2017121222400964d.jpg
028_R_20171212224011d66.jpg
軽装甲機動車
029_R_20171212224012dd4.jpg
2号車
030_R_20171212224014488.jpg
031_R_2017121222401659c.jpg
発射装置
271_R_20171212224919c9e.jpg
オートバイ
034_R_20171212224917a70.jpg
035_R_20171212224919901.jpg
20mm対空機関砲(改)
040_R_20171212232106423.jpg
ちょうど射撃展示が行われる
046_R_20171212232108cc3.jpg
空砲なので、ブーンと静かな音しかしない
047_R_20171212232108ec4.jpg
派手に飛び散る薬莢の音が良い
053_R_20171212232110839.jpg
発射後のほかほかの薬莢
055_R_20171212232112d22.jpg
拾うのが大変だ
P1030724_R.jpg
家にある20mmの空砲の弾
P1030725_R_20171213225443886.jpg
Jの文字は自衛隊を意味する(海保は知らん)
P1030729_R_201712132254447dd.jpg
ベルトリンクで繋がった状態
260_R_2017121323105397b.jpg
プライマーの無いダミーカート
051_R_20171213231052feb.jpg
今回の射撃訓練展示で、400発撃ったそうだ

夜の清水寺から八坂神社へ戻る

DSC01038_R_20171207223934102.jpg
三年坂を上がって行く
DSC01040_R_2017120722393656b.jpg
大日堂
DSC01043_R_20171207223936bd9.jpg
清水寺まで上がって来たが、入場禁止となっていた
DSC01046_R_20171207223938894.jpg
仁王門と三重塔が観れたから、よしとする
DSC01047_R_20171207223939096.jpg
雪が降ったら、楽しそうな下り坂
DSC01048_R_2017120722394196f.jpg
この辺はあさひ坂と言うらしい
DSC01050_R_20171207223942fcf.jpg
三年坂に戻ってきた
DSC01052_R_20171207225632e6f.jpg
夜の蔵は重厚感がある
DSC01054_R_201712072256337ed.jpg
この辺には土蔵の類が沢山ある
DSC01055_R_201712072256343ea.jpg
二年坂を下る
DSC01056_R_20171207225635bc0.jpg
人の居ない石畳っていいもんだ
DSC01058_R_20171207225637a84.jpg
二年坂終点(始点?)
DSC01059_R_20171207230454928.jpg
一年坂を下る
DSC01060_R_20171207230455a32.jpg
振り返る。そして誰も居なかった
DSC01062_R_201712072304566e3.jpg
ねねの道
DSC01064_R_2017120723045765b.jpg
 DSC01070_R_20171207233312784.jpg
高台寺に続く台所坂
DSC01071_R_20171207233313d9f.jpg
すごく雰囲気のある階段
DSC01073_R_20171207233314778.jpg
この辺に居る
DSC01077_R_20171207233318243.jpg
門の辺りまで登ってきた
DSC01075_R_20171207233316417.jpg
いい感じの緑のトンネル
DSC01079_R_2017120723395224a.jpg
天満宮売店も閉まっている
DSC01080_R_2017120723395431d.jpg
鐘楼のライトアップ
DSC01085_R_20171207233954b5b.jpg
眺めはいい
DSC01089_R_201712072339571a4.jpg
手持ちデジタルズームの限界、八坂の塔
DSC01088_R_201712072339566af.jpg
京都タワー
DSC01092_R_20171208224035798.jpg
庫裡が見えるが入れない
DSC01096_R_20171208224038121.jpg
参道を一回りする
DSC01098_R_20171208224040b19.jpg
台所坂を下っていく
DSC01100_R_20171208225341e60.jpg
三面大黒天がある
DSC01102_R_201712082253424d1.jpg
誰も居ない小さな境内
DSC01105_R_20171208225343216.jpg
一晩中電気は点いているのだろうか?
DSC01109_R_20171208225344bbc.jpg
しかし平たく面白い形の提灯だ
DSC01113_R_2017120822534724c.jpg
ねねの道を八坂に戻る
DSC01114_R_2017120822534848b.jpg
大雲院が見える、かの塔のモチーフは、山鉾である
DSC01117_R_20171208230944914.jpg
当然閉まっている
DSC01120_R_201712082309450bc.jpg
八坂神社 南楼門
DSC01122_R_20171208230947771.jpg
部隊
DSC01123_R_20171208230948d6f.jpg
結婚式などにもこの部隊は使われる
DSC01129_R_20171208230950cdd.jpg
八坂X(エックス)、深夜でないと撮れない一枚
DSC01131_R_20171208230951371.jpg
夜散歩終了

八坂から一年坂~三年坂を歩く

DSC00929_R_20171101232330aac.jpg
よしもと祇園花月
DSC00931_R_20171101232331beb.jpg
足元の植え込みも綺麗だ
DSC00935_R_20171101232333540.jpg
知恩院参道
DSC00938_R_20171101232333806.jpg
誰も居ない道がいい
DSC00945_R_20171101232336577.jpg
光照院の角を曲がる
DSC00946_R_20171101232336c66.jpg
華頂道
DSC00947_R_20171203232308aec.jpg
白川のほとり
DSC00949_R_201712032323095ff.jpg
静かな夜に、川の音だけが聞こえる
DSC00950_R_201712032323113ab.jpg
誰も居ないシャッター商店街
DSC00953_R_20171203232311db8.jpg
車の消えた通り
DSC00957_R_20171203232313bf7.jpg
晩飯を食べに、うどん屋さん「仁王門うね之」へ
DSC00959_R_20171203233424181.jpg
腹ごなしに鴨川を歩く
DSC00963_R_20171203233425639.jpg
まだギリギリ川床が残っている時期だった
DSC00964_R_20171204233401df2.jpg
石の大きな鳥居をくぐった
DSC00966_R_20171204233403a22.jpg
直角の犬やらいは珍しい
DSC00967_R_201712042334041d2.jpg
人気の無い石畳をとぼとぼ歩く
DSC00968_R_20171204233405936.jpg
やさかたばこじゃ無くて、八坂の塔が見えた
DSC00972_R_20171204233406a83.jpg
しかし深夜なので、まさに門前払いだった
DSC00976_R_20171204234202f45.jpg
とある料亭?の前を通りかかったら
DSC00977_R_2017120423420393f.jpg
かまどだ!今も使っているのだろうか?かまどのご飯食べたいな!
DSC00979_R_20171204234204308.jpg
後から変な音がするなと思ったら、人力車だ!遅くまでご苦労様。
DSC00982_R_20171205230833e32.jpg
一年坂(一念坂)の入り口
DSC00986_R_20171205230834c83.jpg
一年坂は意外と短いので、あまり知られない
DSC00987_R_20171205230835d22.jpg
50~60Mぐらいだろうか?
DSC00988_R_20171205230836126.jpg
だいたい向こうの維新の道に行ってしまうので、人は通らない
DSC00989_R_201712052322037b3.jpg
二年坂(二寧坂)に向かう
DSC00990_R_20171205232204d33.jpg
八坂の塔の左側の道から上がって来ている
DSC00992_R_20171205232206291.jpg
石畳の形がバラバラで面白い
DSC00993_R_201712052322065ac.jpg
階段が見えてきた
DSC00995_R_201712052322083a9.jpg
この僅かな階段が二年坂
DSC00996_R_20171205232209ee3.jpg
二寧坂道標
DSC00999_R_20171205232211761.jpg
上から見たところ
DSC01001_R_2017120616495479d.jpg
三年坂(産寧坂)に向かう
DSC01002_R_20171206164955304.jpg
八坂から離れるにしたがい、人が居なくなる
DSC01008_R_201712061649572b2.jpg
清水三年坂美術館も閉まっていた
DSC01010_R_20171206165855e5b.jpg
ここは夜の雰囲気がすごくいい
DSC01018_R_201712061658579e0.jpg
イノダコーヒも閉まっている
DSC01020_R_20171206165858963.jpg
三年坂が見えてきた
DSC01023_R_20171206165859e36.jpg
ふり返ったところ
DSC01027_R_20171206170655578.jpg
階段を登る
DSC01029_R_201712061706572db.jpg
三年坂は少し長い
DSC01032_R_20171206170700a02.jpg
DSC01031_R_20171206170658dc9.jpg
諸説あるようだが、観光客は三年坂としか思っていない
DSC01033_R_2017120617070099a.jpg
登りきった所にある神社
DSC01037_R_2017120617070292a.jpg
京都霊山護国神社

秋の北野天満宮

001_R_20171202133647c23.jpg
円町駅から歩いて行く
002_R_201712021336482b3.jpg
西大路通をのんびり歩く
007_R_20171202133649ca6.jpg
嵐電始発駅、北野白梅町駅で曲がる
008_R_201712021336518b9.jpg
大きな通にも、京都らしい建物が点在する
011_R_201712021336525bc.jpg
古いものでは無いが、三階建ては珍しい
013_R_2017120213365471c.jpg
北野天満宮に到着
015_R_20171202174233925.jpg
人気の無い参道に入る
016_R_20171202174235ce3.jpg
参道には牛がいっぱい居る
018_R_20171202174236828.jpg
訪問したのはまだ11月だったので、紅葉はまだ早め
021_R_20171202174238226.jpg
隣にある上七軒歌舞錬場
025_R_201712021742396df.jpg
北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社です。
天神信仰の発祥の地であり、親しみをこめて「北野の天神さん」、「北野さん」と呼ばれています。 (H.P)
027_R_20171202174240dd2.jpg
楼門
028_R_20171202175657293.jpg
手水舎
029_R_20171202175658412.jpg
一応境内図を貼っておく
031_R_20171202175659471.jpg
宝物殿
038_R_20171202175702670.jpg
三光門
039_R_20171202175703930.jpg
本殿
041_R_201712021850091c1.jpg
本殿の裏側を歩き回る
045_R_201712021850108db.jpg
そろそろもみじ苑が開く時間だ
052_R_20171202185012c0e.jpg
もみじ苑/史跡御土居に入る(御土居とは豊臣秀吉公が築いた土塁)
054_R_201712021850133cd.jpg
一応案内図
055_R_20171202203446b86.jpg
茶室梅交軒と舞台
056_R_20171202203448425.jpg
色づいたら綺麗だろうな
057_R_201712022034504a9.jpg
紅葉が進んだら、ライトアップされるらしい
062_R_20171202203450083.jpg
本殿展望所
063_R_20171202203452057.jpg
眺めはいいとは言えないかも?
068_R_20171202203453b3d.jpg
露出している土が面白かった
069_R_201712022034553e5.jpg
石を頂に、下の砂土が柱状に残っている
070_R_20171202203456c8b.jpg
紙屋川
077_R_2017120220541554c.jpg
080_R_20171202205416494.jpg
蛍橋
085_R_2017120220541926c.jpg
084_R_20171202205417397.jpg
三叉の紅葉
086_R_2017120220542033d.jpg
本当は三叉どころでは無いのだが・・・
088_R_20171202210129d15.jpg
激しく気になったのがこれ、まさか地下壕?
089_R_20171202210130465.jpg
しかし、人も来ない静かな所だ、別に人物を外して撮っている訳では無い
091_R_20171202210131421.jpg
僅かながら竹林もある
092_R_20171202210134dc8.jpg
いったい何が有った?
094_R_20171202210136595.jpg
出口に向かうこの階段に
093_R_20171202210135b1e.jpg
かわいい足跡があった
095_R_201712022101372ff.jpg
ほとんど削り取られたが、一部現存している地域がある
096_R_20171202214129fdd.jpg
出口の茶屋に寄っていく
097_R_20171202214130ba2.jpg
入場券にお茶菓子が付いているのだ
099_R_2017120221413257f.jpg
もみじ苑を出て、境内に戻る
104_R_20171202214132b76.jpg
末社、摂社が並ぶ
108_R_2017120221413459d.jpg
竈社(かまどしゃ)
109_R_20171202214136289.jpg
東門より退出する

御金神社から八坂神社へ歩く

DSC00813_R_20171028203831653.jpg
何かと有名な神社に行ってみた
DSC00814_R_20171028203832236.jpg
ちょうど秋季例大祭のようだ
DSC00820_R_20171028203837c26.jpg
御金神社、マッキンキンの鳥居がトレードマーク
DSC00818_R_201710282038353fb.jpg
メディアに取り上げられてから、急成長した神社
DSC00819_R_20171028203837acd.jpg
社殿の奥に巨大なイチョウの古木が有る事から、絵馬はイチョウの形をしている
DSC00815_R_20171028203833cd5.jpg
小さな神社なのだが、大人気の溢れんばかりの絵馬が奉納されている、最近この神社は解釈が幅広くされ、元は金属全般に御利益がある神社だったのだが、お金も金属だとの解釈で、お金のご利益を授かりに神社を訪れる人が、大勢いるそうだ。
DSC00823_R_201710292335559b9.jpg
御菓子司亀末廣、老舗中の老舗
DSC00825_R_20171029233556bd2.jpg
犬やらいは、へたに部分修理するとかなり目立つ
DSC00827_R_201710292335572df.jpg
京都文化博物館
DSC00828_R_20171029233558831.jpg
箱入りの鍾馗さんは初めて見た!
DSC00829_R_20171029233600e1c.jpg
家が浮いてる様に見えるのは、自分だけだろうか?
DSC00831_R_201710302217070c7.jpg
寺町通りの矢田地蔵尊
DSC00832_R_201710302217087e5.jpg
動くかに
DSC00834_R_20171030221711e9f.jpg
錦天満宮、相変わらず両側が刺さっている
DSC00835_R_201710302217137dc.jpg
新京極商店街
DSC00836_R_20171030221714176.jpg
街中に灯が灯りだす
DSC00838_R_201710302217159ab.jpg
白糸の流れはホントにいいな
DSC00843_R_20171030225546fe8.jpg
賀茂川に出た
DSC00842_R_2017103022554460e.jpg
これは9月末の写真で、今はもう川床は無くなっている
DSC00847_R_20171030225547f80.jpg
工事中の南座、もう工事は終わっただろうか?
DSC00850_R_20171030225548aa1.jpg
観光客でごった返す八坂神社
DSC00853_R_20171030225550613.jpg
屋台もにぎわっている
DSC00859_R_2017103022555215c.jpg
提灯の灯った舞殿
DSC00863_R_20171030225553ac4.jpg
玉光稲荷社
DSC00865_R_20171030230713b20.jpg
DSC00866_R_20171030230714782.jpg
祇園祭山鉾館、山鉾の一部が解体されて仕舞われている
DSC00867_R_20171030230715dbc.jpg
円山公園
DSC00868_R_20171030230716390.jpg
買って帰ろうと思ったが、既に全て売り切れだった、もちろん横浜バージョンもある
DSC00869_R_2017103023071875b.jpg
長楽館
DSC00872_R_20171030231802f02.jpg
DSC00873_R_20171030231804f18.jpg
DSC00874_R_20171030231804d0f.jpg
DSC00875_R_20171030231806ecd.jpg
DSC00876_R_20171030231807aaf.jpg
のんびりお茶してる時間は無いので外観のみ観る
DSC00881_R_201710302328226ee.jpg
足元に面白い物が落ちていた、始めてみる形の基準点だ
DSC00883_R_201710302328239e7.jpg
古民家改造ショップのレンタル着物屋さんも増えてきた
DSC00898_R_20171030232825c68.jpg
菊乃井本店(庶民には手の出ないお店)
DSC00900_R_20171030232826ae2.jpg
大分暗くなったので、八坂神社に戻ってきた
DSC00902_R_20171030232827f3b.jpg
夜の境内も観光客は多い
DSC00904_R_20171030232829c73.jpg
DSC00906_R_20171030232830f72.jpg
DSC00907_R_20171030232832853.jpg
なるべく人の居ない所を歩いていく
DSC00909_R_20171030234242a92.jpg
舞殿に戻ってきた
DSC00912_R_2017103023424426b.jpg
綺麗だよね、人がいなけりゃもっといい
DSC00917_R_20171030234245a56.jpg
本殿
DSC00918_R_2017103023424633a.jpg
DSC00919_R_20171030234248849.jpg
祇園えべっさん
DSC00927_R_20171030234733580.jpg
いまだ賑わう八坂神社を後にする

九月に書いて、忘れていた記事です!折角なので上げました。

アナリスト茂原探索その2

DSC06991_R_20171129224810ab5.jpg
茂原名物、古代人の墓
DSC06992_R_2017112922481116b.jpg
とある神社の近くに
DSC06993_R_20171129224813f30.jpg
何か見えた
DSC06995_R_2017112922481335f.jpg
やっぱり有った
DSC06999_R_201711292248163b3.jpg
水と軍隊は意外と繋がっている
DSC07000_R_2017112922481793c.jpg
付近を捜すと、今は使われていない素掘り隧道があった
DSC07003_R_20171129224818210.jpg
民家の裏手にも、怪しげな所が有るが、探索不能
DSC07012_R_201711292248190bd.jpg
しかし、この手の墳墓も多すぎる
DSC07014_R_2017112922482185a.jpg
墳墓改造の壕も結構あるので、とりあえず調べていく
DSC07017_R_20171130230403dd9.jpg
背の高い原生林の中
DSC07018_R_201711302304053aa.jpg
柿の先に何か有る
DSC07019_R_20171130230406244.jpg
あった!
DSC07020_R_20171130230408877.jpg
壕口部は墳墓改造に見えるが、奥の通路はしっかり掘ってある、板が有るのでまた次回にでも
DSC07021_R_20171201232015e84.jpg
茂原のラーメン屋で昼食とする
DSC_1180_R.jpg
昼時だが、すぐに座れた
DSC_1181_R.jpg
とにかくラーメンでもチャーハンでもカツが付いてくる盛のいい店だった
DSC07023_R_20171130231622188.jpg
山頂に落ちていた三角点、パパさんは三角点マニアになったらしい
DSC07026_R_20171130231625ed9.jpg
埋もれかけた壕口
DSC07027_R_2017113023162765d.jpg
明り置きもあり、幅も広い
DSC07033_R_20171130231628fed.jpg
どこぞの神社の付近
DSC07036_R_201711302316292b9.jpg
判りにくいが、1mほどの塹壕が走っている
DSC07037_R_20171130231630414.jpg
塹壕の先には壕口が!
しかし、本隊に置いてきぼりを食った様なので、入らずに追いかける
DSC07040_R_20171130232350076.jpg
とある施設の裏側に移動した
DSC07041_R_201711302323518e8.jpg
確かに地下壕がある
DSC07046_R_20171130232353b14.jpg
いくぶん塞がれているが、穴だらけである
DSC07048_R_20171130232355704.jpg
不審者発見!
DSC07049_R_20171130232357599.jpg
付近には、レンガの井戸も有る
DSC07053_R_20171130232841181.jpg
面白い形の壕口
DSC07056_R_201711302328421e4.jpg
四角く広い壕内
DSC07057_R_201711302328446c3.jpg
開口部方向は、ほとんど埋め戻されている
DSC07058_R_2017113023284543e.jpg
複雑に掘られた壕内
DSC07059_R_20171130232847522.jpg
開口部からは、お決まりのゴミ投入
DSC07055_R_20171130233411f1f.jpg
そしてなんと、二階への隠し通路が現れた!
DSC07067_R_2017113023341314c.jpg
左側の壕口付近は埋まっていたが
DSC07061_R_201711302334126a6.jpg
右側には先があるようだ、詳細はその内
DSC07072_R_20171130233918653.jpg
場所を変え、素掘り隧道を見に来た(押日の隧道というらしい)
DSC07073_R_20171130233919a9b.jpg
登ってみると、旧道があるようだ
DSC07074_R_20171130233920924.jpg
反対側に降りてきた
DSC07077_R_20171130233921bd3.jpg
やけに高さが有るが細い隧道だった
DSC07079_R_20171130233924c87.jpg
yakumoシルエット
DSC07080_R_20171130233926faf.jpg
ここで病み上がりの隊長は撤収となる
DSC07082_R_20171130235246d5b.jpg
夕暮れのなか、茂原弾薬庫に案内する
DSC07083_R_2017113023524749b.jpg
既に日は落ちた
DSC07084_R_20171130235248f32.jpg
どうせ地下壕は真っ暗だから気にしない
DSC07086_R_2017113023524954d.jpg
海軍の弾薬庫は綺麗だ
DSC07087_R_201711302352520d5.jpg
ここは、三本の壕が深部で接続している
DSC07088_R_20171130235253fe7.jpg
右側の連絡通路
DSC07094_R_20171130235256bac.jpg
右側の壕は、完全水没でどうにもならない
DSC07092_R_20171130235254c3b.jpg
奇妙な物がぶら下がっている
DSC07095_R_20171201225654948.jpg
一旦入ってきた壕に戻る
DSC07096_R_20171201225656360.jpg
隣の壕への連絡通路
DSC07097_R_20171201225656ccc.jpg
接続部に到着
DSC07098_R_2017120122565870f.jpg
本来コンクリートの吹きつけの壕なのだが、殆ど剥がれ落ちている
DSC07100_R_20171201225659e59.jpg
ここまで落ちれば、かえって安全
DSC07101_R_20171201225701272.jpg
天井にある穴(二階もあるのだが、行かなかった)
DSC07106_R_20171201230429214.jpg
恐らくクレーンの足だと思われるコンクリート遺構
DSC07109_R_2017120123043115b.jpg
壕を出て、今日の祝勝会にファミレスに行く
DSC_1186_R.jpg
昼飯が以外に効いたので、みんなスイーツで〆る