野島公園から貝山地下壕プチ探索

DSC09098_R_201801202205568fb.jpg
第三工区の探索を終え、第四工区に行こうと思ったが、もうお腹いっぱいとの事で止めた
DSC09110_R_20180120220602945.jpg
それぞれ拾った小瓶たち
DSC09099_R_201801202205580b3.jpg
自分の拾ったブルーのビードロ、恐らく化粧品のビンだろう
DSC09108_R_20180120220600cd5.jpg
グリーンのビードロは生にんにく球と書いてある
DSC09112_R_201801202206037b6.jpg
あまり見かけない二品
DSC09107_R_20180120220558e7f.jpg
昭和18年8月の刻印のある部品を拾った
DSC09114_R_2018012022060451d.jpg
他にも薄く、「海軍中尉○○」と彫られていた、間違い無く旧海軍の遺物である
DSC09115_R_20180120222237757.jpg
有名な野島の掩体壕(海側)
DSC09117_R_20180120222238d30.jpg
ぬこ、野島はぬこが多い
DSC09121_R_201801202222405cd.jpg
近くにある弁天社
DSC09125_R_20180120222242eff.jpg
ここには海軍標柱が移設されている
DSC09126_R_201801202222420cd.jpg
掩体壕(陸側)は海側と貫通していて、行き来出来る
DSC09127_R_20180120225217afd.jpg
公園の遊具で遊ぶメンバー
DSC09129_R_20180120225219489.jpg
貝山上部第一壕に移動した
DSC09130_R_201801202252208a2.jpg
一点を見つめる一同
DSC09133_R_20180120225221fdd.jpg
この壕の名物となった
DSC09141_R_201801202252227e5.jpg
コウカイカの逆文字
DSC09147_R_20180120230130dfe.jpg
掘削途中の部屋
DSC09148_R_201801202301315d3.jpg
もう一つの代表的な部屋
DSC09144_R_20180120230129a79.jpg
いったい何に使っていた部屋なのだろう?
DSC09151_R_2018012023013264b.jpg
通路は海軍らしく、とても丁寧に作られている
DSC09152_R_20180120230135c3b.jpg
貝山第4工区に体力のある人だけ行く
DSC09155_R_20180120233540285.jpg
ショートカットのため、第2工区を抜けていく
DSC09156_R_20180120233541769.jpg
このコンクルート階段は戦時中のものだ
DSC09157_R_20180120233542577.jpg
ついでなので、少しだけすじ氏を案内する
DSC09160_R_20180120233543375.jpg
第二工区は見所が満載だが
DSC09163_R_20180120233545176.jpg
この総コンクリート製の廃車壕が一番のインパクトだろう
DSC09166_R_2018012023422401c.jpg
二つ目の階段
DSC09168_R_20180120234226c56.jpg
貝山第二はデカイ、この部屋だけでテニスコートぐらい有る
DSC09170_R_2018012023422635c.jpg
第四工区に突入する
DSC09172_R_201801202342280be.jpg
おトイレの跡
DSC09177_R_201801202342294ab.jpg
奇妙な床の通路DSC09174_R_2018012023484209d.jpg
電気もふんだんに引かれている待遇の良い壕だ
DSC09178_R_2018012023484449a.jpg
きちんとした部屋が多い
DSC09179_R_20180120234845928.jpg
通路も綺麗だ
DSC09180_R_20180120234846c96.jpg
そろそろ帰らねば研究会メンバーが外で待っている
DSC09183_R_20180120234848eb8.jpg
展望台から日産工場を観る
DSC09184_R_201801202348495b3.jpg
この茶色い屋根のかまぼこ型倉庫は、当時の格納庫である
DSC09186_R_201801202348517e0.jpg
もうすぐ日が暮れる、ここで解散となる

解散後、空母氏と二人で船越の海上自衛隊 自衛艦隊司令部の夜景を見に行った

DSC09190_R_201801210927401a8.jpg
着いた頃には丁度いい暗さになっていた
DSC09192_R_20180121092742963.jpg
掃海艇604「えのしま」、「ちちじま」と共に係留されている
DSC09198_R_20180121092743946.jpg
昔有った旧海軍のガントリークレーンの台座
DSC09208_R_2018012109274487c.jpg
荷物積み込み用の引込み線レール
DSC09211_R_20180121092746f76.jpg
積み込み用クレーンの台座
DSC09216_R_2018012109274778b.jpg
掃海艇母艦463「うらが」
DSC09224_R_201801210927495a2.jpg
潜水艦救難母艦405「ちよだ」
DSC09235_R_20180121092750505.jpg
YT-79 曳船260t型
DSC09238_R_20180121092752f42.jpg
引込み線の線路を歩きながら帰途に付く
スポンサーサイト

野島地下壕ダイジェスト版(第三工区)

DSC08935_R_201801182144162d4.jpg
通常は第二工区に行くはずだったが、数年ぶりに来た野島は壁面の崩壊が進み、第二工区の壕口を埋めてしまった
掘るのも無理そうなので、やむなく第三工区に進む事になった
DSC08937_R_20180118214418499.jpg
第三工区は入り口からかなり水没している
DSC08940_R_201801182144188c1.jpg
湿度100%に近い、長靴程度では踏破出来ない壕である
DSC08941_R_20180118214421f4a.jpg
ウエイダー初挑戦のすじ氏、締め付ける水圧を初体験
DSC08943_R_20180118214422fca.jpg
流れの無い澱んだ水が入り口付近に溢れ返っている
DSC08944_R_2018011821442330c.jpg
壁面に刺さる釘2本、何に使っていたのだろう
DSC08946_R_2018011822093522f.jpg
高さ4m近い巨大な地下壕
DSC08951_R_20180118220937acb.jpg
さっきの釘と同じ高さに板が打ち付けてある棚でもあったのだろうか?
DSC08956_R_201801182209386d3.jpg
床面に見える排水溝、今はこの程度では足りず、水に沈んでいる
DSC08961_R_20180118220939c58.jpg
天井近くの支保の柱跡、この壕では珍しい
DSC08963_R_20180118221705173.jpg
第三工区は第一工区よりも広いが、殆ど単調な碁盤の目になっている
DSC08964_R_20180118221707445.jpg
ビンマニア空母氏が何かを並べている
DSC08966_R_20180118221707085.jpg
酒瓶だが、両方とも国産品だった(銘柄は忘れた)
DSC08967_R_20180118221709c3b.jpg
床の排水溝が見える所に来た、これは縦のメイン坑道
DSC08968_R_201801182217106bf.jpg
横方向の連絡通路とは形が違う
DSC08973_R_201801182226412dd.jpg
コンクリートの台座のような物がそこここにある
DSC08975_R_20180118222643343.jpg
釘に針金がぶら下っている
DSC08978_R_201801182226438d9.jpg
縦の排水溝と横の排水溝は、地面の中に管を通して繋がれていた
DSC08979_R_201801182226457e7.jpg
壁に掘り込みのある場所が幾つか有った、工作機械でもあったのだろうか?
DSC08982_R_20180118222647411.jpg
水の中は残留物の宝庫だ
DSC08985_R_20180118222649dd5.jpg
やたらと落ちていた下駄
DSC08986_R_20180118222651d7a.jpg
セルロイドのプレート(文字は無かった)
DSC08987_R_2018011822463048c.jpg
皮製のボタンが付いた何か?
DSC08990_R_20180118224632e3f.jpg
電球
DSC08991_R_20180118224632955.jpg
ポマード
DSC08994_R_20180118224635ba0.jpg
靴墨のビン
DSC08997_R_201801192211467b6.jpg
とある坑道の終着点
DSC09001_R_20180119221148027.jpg
掘削途中であり、掘り方の行程の判る、貴重な部分である(ベンチカット工法、天井部から数段階を経て掘り下げる)
DSC09008_R_201801192211483c7.jpg
広すぎる為、リチウムイオン電池は次々と寿命を全うして行く(スペア数セットは必須)
DSC09009_R_20180119221150a28.jpg
複雑な排水溝を持つ通路
DSC09013_R_20180119221151500.jpg
ここで電池切れ、ライト故障等になったら出れる自信は薄い(最悪左手の法則で出れるだろうが)
DSC09016_R_20180119222315985.jpg
当時もののビードロ、70年以上前のビンだ
DSC09018_R_20180119222227bee.jpg
水没区はいろんな物が落ちている
DSC09024_R_2018011922222701c.jpg
しかし気を付けないと、落とし穴にはまる
DSC09026_R_2018011922222914d.jpg
拾い上げたコップと歯ブラシ
DSC09028_R_20180119222231823.jpg
下駄
DSC09032_R_201801192222328fb.jpg
下駄
DSC09036_R_20180119222233dd2.jpg
バット?
DSC09037_R_20180119224938967.jpg
二本目の坑道の奥はふさがれているが、その手前に謎の高さの部屋が有る
DSC09038_R_2018011922493906c.jpg
薄く階段が有るが、約1,5mほどの段差を登る
DSC09039_R_201801192249409a5.jpg
天井から硝石が染み出し、川になっている
DSC09041_R_201801192249420d0.jpg
出口方向に塞がれた小さな壕口
DSC09042_R_201801192249432af.jpg
左側には3mほどの小部屋がある
DSC09047_R_20180119230356e36.jpg
外側通路に広がった部分が有った
DSC09048_R_20180119230357aba.jpg
柱を建てていた跡も有り、木造の部屋があったようだ
DSC09061_R_20180119230358097.jpg
ボンベ壕にも有った防火用水槽
DSC09071_R_2018011923035903b.jpg
万年筆も落ちていた
DSC09073_R_20180119230401dc6.jpg
工作機械を置いていたとしか思えない部分
DSC09081_R_20180119230402eb7.jpg
この部屋なんかも台座が沈んでいる
DSC09083_R_2018011923040542c.jpg
六十番の札が釘打ちしてあった
DSC09090_R_20180119231211039.jpg
水中で見つけた「第三防火隊样子員」と読める
DSC09091_R_20180119231212632.jpg
同様の物がもう一枚
DSC09092_R_201801192312135d7.jpg
水中に有ったので腐食を免れたのだろう、また水の中に戻しておいた
DSC09094_R_20180119231214af6.jpg
そろそろ一周したようだ
DSC09096_R_201801192312165f0.jpg
脱出しよう

野島地下壕ダイジェスト版(第一工区)

DSC08847_R.jpg
野島公園にやって来た
DSC08848_R_20180116223102dfc.jpg
駐車場から見えるこの塞がれた地下壕、この中に潜入する
DSC08850_R_20180116223104b59.jpg
駐車場にバックを忘れ、取りに戻る空母氏
DSC08851_R_201801162231049b0.jpg
丸い生物発見!
DSC08852_R_20180116223106b10.jpg
なんとも丸々太ったにゃんこだ
DSC08853_R_20180116223107604.jpg
八景島シーパラダイスが見えるこの公園に、県内有数の巨大地下壕が存在する
DSC08857_R_201801162306080ab.jpg
野島第一坑道に進入する(唯一の壕口は秘匿する)
DSC08858_R_201801162306098b9.jpg
トロッコ軌道の跡が生々しく残る
DSC08859_R_20180116230610963.jpg
軽い水没は有るが、長靴レベルだ
DSC08861_R_2018011623061150a.jpg
壕口より左側に水没が多いゆるい傾斜があるのだろうか?
DSC08862_R_20180116230613be3.jpg
トロッコレールの曲がり角
DSC08864_R_2018011623233799f.jpg
トロッコレールは一番左側の通路へと延びている
DSC08867_R_201801162323396ee.jpg
足元30cmぐらいの高さに並んでいる坑木、電気配線をこの高さで回していたのだろうか?
DSC08869_R_201801162323402b6.jpg
歩測で壕内をマッピングする職人がいる
DSC08870_R_20180116233652db3.jpg
おのおの好きに廻り始める、基本的に壕内をぞろぞろ歩く事は無い
DSC08875_R_20180116233654123.jpg
自分等が「ホール」と呼ぶ広く高い場所、床が1mほど高くなり天井までの高さも5mほどになる
DSC08877_R_20180116233656268.jpg
これは奥側から撮った写真、高さが全く違う
DSC08876_R_20180116233655ca9.jpg
奥側の坑道、高さ2mほど
DSC08878_R_201801162336582d3.jpg
くぐる部分は更に低い
DSC08880_R_20180116233700dd4.jpg
崩落ではなく、ガレを寄せてあるようだ
DSC08882_R_20180117225430c7d.jpg
残留物のビンを見つけた
DSC08883_R_201801172254313f3.jpg
奥のブロックは天井も低く歩きづらい
DSC08886_R_201801172254326b2.jpg
横幅も大分まちまちだ
DSC08887_R_20180117225433484.jpg
天井の穴、通路のど真ん中だから支保では無いだろう
DSC08888_R_201801172254368dc.jpg
山を突き抜け、反対側の壕口に到達したが、封鎖されている
DSC08890_R_2018011722543773d.jpg
完全封鎖されており、出入りできるのは一ヶ所のみが現状だ
DSC08892_R_20180117225438338.jpg
人物が入ると、壕の大きさがよく判る
DSC08894_R_20180117231137aed.jpg
駐車場から観た壕口の内側に到着した
DSC08900_R_20180117231139b2e.jpg
事前に外側から見せていたので、喜んでいる空母氏
DSC08895_R_201801172311398e4.jpg
外の隙間穴から観ると、こんな部分がみえる
DSC08903_R_20180117231141d6c.jpg
元の本坑道に戻る
DSC08910_R_2018011723114296b.jpg
軽トラなら余裕で入れる広さがある
DSC08911_R_20180117231144b8b.jpg
碁盤の目状に掘られた巨大壕は、気を抜くと現在地を見失う
DSC08915_R_20180117233027a68.jpg
通常のライトでは先まで見通す事は出来ないほど長い通路
DSC08916_R_20180117233029014.jpg
第一工区だけでも一周するのに1時間かかる広さだ
DSC08917_R_20180117233029e31.jpg
複数の人数で歩き回っていても、なかなか会う事が無い
DSC08920_R_20180117233031046.jpg
天井が砂岩質な部分は、今も風化して崩れ続けている
DSC08923_R_20180117233033913.jpg
壁面に犬釘が刺さっている、トロッコに使用していたものか?
DSC08927_R_20180117233753132.jpg
メンバーが観ている床面
DSC08930_R_20180117233753c24.jpg
所々にあるトロッコ軌条の一つだ
DSC08924_R_201801172337511e3.jpg
さて、脱出しよう

追浜海軍航空隊(ボンベ壕)再訪

DSC08780_R_20180115221017037.jpg
早朝から集まるメンバー、追浜のとある物件をみにやって来た
DSC08784_R_201801152210188a2.jpg
仮称として「ボンベ壕」と呼んでいるが、追浜海軍航空隊の鉈切り地区の一部の様だ
DSC08788_R_2018011522101991a.jpg
防火貯水槽、夏島、貝山にある物と同じ物だ
DSC08789_R_20180115221020309.jpg
内部の湿度は高く、水滴もしたたり不快指数も高い、必然写真は白く煙っている
DSC08790_R_20180115221022c52.jpg
空だとは思うが、残留ガスが非常に危険な感じに錆びまくっているプロパンボンベ
DSC08792_R_20180115222513897.jpg
内部はキノコ栽培に使われていた跡もある(と言うか、大半がそうだ)
DSC08793_R_20180115222515c8d.jpg
試薬のポリタンとボンベのコラボ
DSC08796_R_20180115222516d81.jpg
側溝の縁にはレンガが使われ、木製の蓋がかぶっている
DSC08798_R_20180115222517eaf.jpg
壕内は微妙に曲がっており、完全な直線は少ない、マッピングが難しそうだ
DSC08801_R_201801152225191ee.jpg
ゴミの無い部分を見ると、広くてかなり良い壕だっただろう
DSC08803_R_20180115222520646.jpg
東側に前回見落とした横坑があった
DSC08804_R_20180115223612a46.jpg
先は無さそうだが入ってみる
DSC08805_R_20180115223614b30.jpg
瓦礫で埋まっていたが、アンカーボルトが突き刺さっている
DSC08806_R_20180115223615e1d.jpg
北側通路も閉鎖されている
DSC08807_R_20180115223616b92.jpg
セメントかと思ったが、どうやら石灰のようだ、袋に入ったまま固化したものらしい
DSC08810_R_2018011522361988e.jpg
大きな部屋が幾つか有るが、キノコの苗床の部屋に改造されていて、見る影も無い
DSC08814_R_20180115225038598.jpg
久しぶりに空母氏を見た、性欲(精力)的に動き回っているから、見つけづらい男だ
DSC08812_R_2018011522503680a.jpg
天井にクレーンを這わせていた跡
DSC08813_R_20180115225037df3.jpg
断熱材代わりに、発砲スチロールが打ち付けられている
DSC08816_R_201801152250398cc.jpg
33、76回転だったかな?を選べるタイプのレコードプレイヤーだ、懐かしい
DSC08818_R_201801152250414eb.jpg
壕内の床は何処もこんな感じに濡れていて、滑りやすくて歩きにくい、こんな所で転びたくない
DSC08820_R_20180115231636153.jpg
4X4ほどの大きな通路もゴミだらけ
DSC08821_R_20180115231638d60.jpg
オープントップの壕内仕様車
DSC08822_R_201801152316397f1.jpg
この壕のメインとも言えるレンガのアーチ
DSC08824_R_20180115231641c36.jpg
貝山地下壕と同じ耐火煉瓦を積んだものだ
DSC08828_R_2018011523164103f.jpg
この人は本当に楽しそうに壕内を歩き回っている、いずれ何処かに住んでしまうのでは?
DSC08829_R_201801152316436f5.jpg
もう一つのレンガアーチは破壊されている車の通行の為か?
DSC08830_R_20180115232840928.jpg
珍しく苗床に使われなかった部屋
DSC08833_R_20180115232842410.jpg
温度管理用のボイラーダクトが這っている
DSC08835_R_201801152328422f2.jpg
一番奥の大きな部屋は、半分残土に埋まっている
DSC08836_R_20180115232844547.jpg
しかしキノコ業者は何処もそうだが、立つ鳥後を濁さずで片付けしていかない物だろうか?
DSC08842_R_2018011523284721f.jpg
業者の居住区を物色する二人、扇風機が珍しいらしい
DSC08844_R_2018011523284820e.jpg
さて脱出だ!
DSC08845_R_20180115232849995.jpg
県道側から見ると、内部から見たアンカーボルトの外側があった貫通しているから、効いてないだろうな~

こちらの壕だが、メンバーから、秋水墜落事故で負傷した犬塚豊彦大尉が担ぎ込まれた病院壕ではないかとの
仮説も上げられた、部屋数も多く道路に面しており条件としては良いと思う

深井拠点探索及び大月砲台

DSC09653_R_20180113223039fc1.jpg
高井ヶ谷28cm榴弾砲砲座
DSC09654_R_20180113223040afb.jpg
ついでに弾薬庫を少し見て行く
DSC09659_R_20180113223041bd2.jpg
一時期公開に向けて整備されたが、放置されている状態だ
DSC09661_R_20180113223042347.jpg
一部コンクリート舗装されている珍しい弾薬庫だ
DSC09663_R_201801132230458d3.jpg
名残惜しそうに観ているきへいさん
DSC09664_R_2018011323085150d.jpg
装備をまとめ、次の目標に向かう
DSC09665_R_20180113230853262.jpg
途中途中、怪しげな所を見て行く
DSC09668_R_20180113230854d92.jpg
道路から見える物は、ほとんど古代人のお墓か民間防空壕だった
DSC09670_R_20180113230856d49.jpg
深井拠点が有ると思われる場所に到着
DSC09671_R_201801132308568a2.jpg
深い切り通しがある
DSC09672_R_2018011323085861e.jpg
軍の物のようだが、いかんせん入ってすぐ終わりだった、衛所的な物だろうか・
DSC09677_R_2018011323323638e.jpg
トンネルを越え向こう側へ移動
DSC09679_R_20180113233238582.jpg
ここでは機関銃陣地が発見されている
DSC09684_R_2018011323323919d.jpg
これが銃眼部
DSC09687_R_20180113233240952.jpg
入り口に向かう
DSC09689_R_20180113233242f6c.jpg
とても小奇麗な壕内だ
DSC09691_R_20180113233244c9d.jpg
壕内は乾燥していて、床が歩きやすい
DSC09692_R_201801132332448ac.jpg
右に曲がって10mほどで
DSC09695_R_201801132332461c7.jpg
銃座に着いた、立ち撃ちの軽機関銃陣地のようだ
DSC09701_R_20180114125114efc.jpg
銃眼からは下の道路が見えていたはずだ
DSC09709_R_2018011412511501d.jpg
この陣地には灯かり置きが多く、50cm間隔程度の過剰なものだ
DSC09710_R_201801141251161f2.jpg
脱出する
DSC09712_R_201801141251186c6.jpg
今は杉林で道路は伺えない
DSC09713_R_20180114125120350.jpg
近くで見つけた塹壕とも機銃エンタイとも取れる掘り込み(水槽かも知れない)
DSC09714_R_20180114125120a69.jpg
池に出た、これ以上は無さそうだ
DSC09715_R_20180114125122f9a.jpg
道路から観た銃眼方向、まったく判らん
DSC09716_R_201801141634372b6.jpg
コンビニで遅めの昼食を取り、次に向かう
DSC09718_R_2018011416343873b.jpg
高井ヶ谷砲台と対をなす、大月砲台に移動する
DSC09719_R_20180114163439467.jpg
前にも一度来ているが、きへいさんご案内のため再訪
DSC09721_R_20180114163440a77.jpg
広そうな壕口から入る
DSC09725_R_201801141634420f9.jpg
地質のせいか、崩落と土砂の流入が有るのが残念
DSC09728_R_201801141649299dc.jpg
この辺の作りは掘りっぱなしの素掘りにみえる
DSC09733_R_20180114164931a73.jpg
通路部分も崩落で床面が埋まっているので判別不能
DSC09736_R_20180114164932a13.jpg
弾薬庫の一部が支保の柱の跡とコンクリートで床が舗装され、程度がいい
DSC09743_R_20180114164933101.jpg
20mほどの奥行きのベンチ付き生息部
DSC09747_R_201801141649354e0.jpg
蛍のようなきへいさんが壕内を練り歩く
DSC09754_R_2018011416493779c.jpg
一足先に砲座を見に行く
DSC09756_R_20180114171944d70.jpg
これは便宜上第一砲座とする、ここは砲座2つと砲側弾薬庫2つからなる28cm榴弾砲陣地である
DSC09759_R_20180114171945965.jpg
上から観れば少しは円形の砲座らしく観えるだろうか?
DSC09761_R_2018011417194796a.jpg
すぐ隣は第二砲座の砲側弾薬庫が口を開いている
DSC09764_R_20180114201327920.jpg
壕内に入ると、妙に平らな床
DSC09766_R_20180114201329557.jpg
入り口からコンクリートパネルで舗装されているのだ
DSC09767_R_20180114201330917.jpg
崩落も少なく綺麗な壕内
DSC09773_R_20180114201332444.jpg
若干長さや角度は違うが、基本的に同じ形の第二砲側弾薬庫
DSC09775_R_20180114201333b53.jpg
生息部に小瓶が落ちていた
DSC09778_R_20180114201334f5e.jpg
用途不明の坑木が2つづつ各所に残っている
DSC09784_R_20180114205506abf.jpg
各部屋との間に、扉を付けていたと思われる四角く整形された跡がある
DSC09787_R_20180114205507a26.jpg
一番綺麗な弾薬庫
DSC09793_R_20180114205508b11.jpg
敷き詰められたコンクリートパネル、どうやってこの大きさを壕内に搬入したのだろう?
DSC09796_R_20180114205509cac.jpg
側溝には、コンクリートでレールの溝が造られている弾薬運搬用か?
DSC09801_R_20180114205511056.jpg
天井の小森さん達、3cmぐらいの子供だ
DSC09815_R_20180114205513d24.jpg
端っこまで来たので脱出する
DSC09816_R_2018011421384853c.jpg
出口手前にある即応弾薬庫
DSC09818_R_20180114213850b43.jpg
第二砲座なんだが、判るほうがスゴイだろうな
DSC09817_R_20180114213850007.jpg
隊長に人物比に立ってもらったが、写真じゃ全くわからん!肉眼の補正力ってスゴイ。
DSC09819_R_201801142138533cc.jpg
周りはスゴイ藪なので、壕内から戻る。探索終了
DSC09825_R_20180114213854626.jpg
帰りがけ、池ノ内だったかな?の旧隧道を見に行く
DSC09826_R_20180114213855faf.jpg
途中に若干の防空壕らしき物がある
DSC09828_R_201801142207270f8.jpg
トンネル到着、ここへは普通の車は入れない
DSC09829_R_20180114220728b9e.jpg
トンネル内には何故か電灯が点いているのでライト無しでもいける
DSC09831_R_20180114220729be7.jpg
中程まで歩くと、両側に穴がみえる
DSC09843_R_20180114220732eb7.jpg
封鎖されているが、大型の防空壕郡だ
DSC09844_R_20180114220735aea.jpg
何だろうこのマーク?
DSC09848_R_20180114220735f43.jpg
出口付近には馬頭観音が並んでいた
DSC09851_R_20180114221510821.jpg
さて、本日終了
DSC09852_R_201801142215124dd.jpg
総軍さんの後に変な物が写っているが、見なかった事にしておこう(イタズラはしていない)
DSC09853_R_2018011422151315d.jpg
来るとき見た、ヨの字型の防空壕
DSC09858_R_20180114221514c70.jpg
正月のUターンラッシュの中横浜に帰る

高井ヶ谷砲台観測所と監視哨捜索

DSC09488_R_20180110222431732.jpg
朝日の昇る頃、ベイブリッジを渡って南房総市へ
DSC09490_R_20180110222432e72.jpg
駐車場にて集合後、新年の御挨拶
DSC09492_R_201801102224337e2.jpg
地権者の方に許可を取り、観測所の現状を聞いてみると、コンクリートの観測所は破壊され垂直壕も埋まっているとの事だが、現状の確認に赴く
DSC09500_R_201801102224342f2.jpg
まずは麓にある監視哨をすぐに見つけた(深い塹壕に隠されている)
DSC09502_R_201801102224370c8.jpg
90度に曲がる塹壕の角に壕口がある
DSC09504_R_201801102224394f8.jpg
内部は予想外に綺麗だ
DSC09505_R_20180110223844a75.jpg
かなり綺麗な壕内
DSC09506_R_20180110223845240.jpg
正面は10数mで突き当たり
DSC09508_R_201801102238462fb.jpg
途中にあった分岐を曲がる
DSC09509_R_20180110223847505.jpg
外光がみえる
DSC09513_R_20180110223850a53.jpg
立ち撃ち型の銃座だ、軽機関銃用だろう
DSC09515_R_20180110223852961.jpg
銃眼は殆ど埋まりつつある
DSC09517_R_2018011022385264d.jpg
外部から銃眼を探すため、外に出る
DSC09521_R_201801102248160e3.jpg
塹壕から這い上がり、銃眼を探しに行く
DSC09522_R_20180110224817a14.jpg
程なくきへいさんが銃眼を見つけた
DSC09523_R_201801102248189e1.jpg
久しぶりのきへいさんの修復作業
DSC09527_R_20180110224819fc2.jpg
周辺散策をしながら、山頂の観測所を探しに行く
DSC09528_R_20180110224822e38.jpg
途中で見た、5mほどの大きな長方形の穴
DSC09530_R_201801102248229cb.jpg
前回も有った中腹のソテツ畑
DSC09531_R_20180110224824f66.jpg
前回見つけた「高井ヶ谷砲台観測所」に着いた(観測所は2つ有る)
DSC09532_R_2018011022585431d.jpg
観測所の掩蔽部
DSC09556_R_20180110225856d2b.jpg
貫通した向こう側
DSC09558_R_20180110225857099.jpg
その先の塹壕を90度曲がると
DSC09555_R_20180110225855be9.jpg
円形の観測所が現存している(直径2m)
DSC09534_R_201801102306590cc.jpg
今回の目的の一つ、垂直壕
DSC09553_R_20180110230706f59.jpg
5mほど下に埋まっているが、地下壕と繋がっているらしい
DSC09536_R_20180110230701499.jpg
何となく残る軍道の気配を追って山を少し下ると
DSC09538_R_2018011023070218a.jpg
落石に半分埋まった壕口発見
DSC09542_R_201801102307048a3.jpg
ここさえ超えれば大丈夫そうだ
DSC09543_R_20180110230704205.jpg
DSC09545_R_20180110233439a32.jpg
壕は軽めの爆風除けを有し、直角に曲がっている
DSC09546_R_20180110233441e11.jpg
若干天井が低いが崩落は少ない
DSC09547_R_20180110233442892.jpg
広い生息部がある
DSC09548_R_201801102334446ce.jpg
この先が垂直壕のはずだが、埋まってしまって隙間も無い
DSC09549_R_20180110233445e41.jpg
仕方なく戻る事にする
DSC09559_R_20180111220100f41.jpg
尾根道を次の大月砲台観測所へと向かう
DSC09561_R_2018011122010290e.jpg
途中、深さ1mほどの塹壕が現れた
DSC09565_R_2018011122010323d.jpg
その先の尾根になにやら窪みがみえる
DSC09566_R_20180111220104ae6.jpg
塹壕の道のど真ん中にこれはある
DSC09568_R_201801112201056b1.jpg
埋まっているのか、元からこんな感じなのか3mほどの垂直壕だ
DSC09574_R_20180111220107ce7.jpg
辺りにはコンクリート片が散らばっている
DSC09575_R_201801112201087f5.jpg
ここが観測所の跡のようだ、コンクリートから鉄筋が抜き出されている
DSC09635_R_201801112226531df.jpg
破壊されたコンクリートの壁と鉄筋の跡
DSC09576_R_20180111223130f30.jpg
三等三角点が落ちている、パパさんがいたら喜んだだろう
DSC09580_R_201801112231324bd.jpg
何かある
DSC09582_R_2018011122313213c.jpg
半分埋まっているが、四角いいい壕口だ
DSC09583_R_2018011122313563f.jpg
内部は肩幅ほどの壕が続いている
DSC09585_R_20180111223136ad9.jpg
10mほどで右に曲がる
DSC09586_R_20180111223137c70.jpg
曲がるとまた分岐がみえる
DSC09587_R_201801112231389cc.jpg
正面は行き止まり
DSC09588_R_20180111223141902.jpg
突き当りから振り返る
DSC09589_R_20180111223142bad.jpg
右手の部屋とも言えない掘り込み
DSC09591_R_20180111234418161.jpg
小規模な陣地壕だった
DSC09593_R_201801112344196b0.jpg
また上に戻ると
DSC09594_R_20180111234420dba.jpg
1mほどの深さの四角い穴が有った、これも垂直壕なのかと思った
DSC09595_R_20180111234422dc6.jpg
しかし周りにこれを埋めるほどの高い土盛りは無く底も固かった、もしかすると四角い観測所かも知れない
DSC09598_R_201801122032328da.jpg
付近で地下壕を見つけた
DSC09600_R_201801122032346fd.jpg
真っ直ぐ10m
DSC09601_R_2018011220323589a.jpg
右に曲がって3mで終わっていた
DSC09602_R_2018011220323745c.jpg
脱出する
DSC09603_R_20180112203238d13.jpg
散策中、イノシシの水浴びの跡があった、そういえば付近でガサゴソ音がする
DSC09620_R_2018011220395736d.jpg
少し離れた所にも地下壕が有った、入り口がちょっと変わっている
DSC09607_R_20180112203950d61.jpg
5m程で右へ
DSC09609_R_20180112203952f5c.jpg
曲がると通路は狭くなる
DSC09610_R_201801122039530f5.jpg
また5m程で左へ曲がる
DSC09613_R_20180112203954a59.jpg
2m程で行き止まり
DSC09626_R_20180112204912c23.jpg
壕口部を上から観た所、L字になっている
DSC09622_R_2018011220491169f.jpg
もう一箇所それらしい物を見つけた
DSC09621_R_201801122049102ce.jpg
人工的に側面を整形されているので、埋まってしまった壕口だろう
DSC09630_R_20180112204914de2.jpg
だいたい山頂部の探索を終了した
DSC09636_R_201801122055334d7.jpg
恒例の記念撮影
DSC_0298_R.jpg
コンクリート観測所跡地で
DSC09640_R_201801122055359e4.jpg
さて、下山だ
DSC09646_R_2018011220553668f.jpg
ここから登っただけ降りねばならぬ

二宮洞窟陣地探索(一色・平田窪陣地)

374_R_201801022259034e7.jpg
この地区の探索を終え、戻る途中に
376_R_20180102225904ec4.jpg
古民家ふるさとの家があったので、何となく寄って見る
384_R_2018010222590824f.jpg
沿革
377_R_2018010222590507f.jpg
なんと庭に塞がれているが、壕がある
382_R_20180102225906e50.jpg
それなりの規模の壕に見えるが、残念だった
389_R_20180102225909e1c.jpg
空母氏も残念そうに、いつまでも覗いていたので置いて帰った
390_R_20180102225911769.jpg
空母氏を置いて車に戻るメンバー達
393_R_20180102231804ef2.jpg
入り口が見当たらず、適当に探す
394_R_20180102231805de8.jpg
なさかこれ?っと思ったら違った
397_R_20180102231806aa2.jpg
竹やぶの中にそれは見つかった
398_R_20180102231807b00.jpg
壕口は竹に覆われ、何とか滑り込んだ
399_R_2018010223180946f.jpg
ほとんど隙間無く覆っている竹
400_R_20180102231810b16.jpg
内部は無事で良かった
401_R_201801022340343a7.jpg
若干の浸水は有るが、長靴で問題ない
404_R_201801022340360af.jpg
軽く右に曲がると、すぐに分岐が有った
405_R_20180102234036a69.jpg
分岐を曲がると、外部が見える
406_R_201801022340386ff.jpg
その手前に部屋が有るようだ
408_R_201801022340404cf.jpg
ただ真っ直ぐな右側の部屋、若干左に膨らんでいる
410_R_20180102235420ee6.jpg
壕口付近に行くと、左に分岐している
411_R_20180102235422f35.jpg
なんじゃこりゃの部屋
412_R_20180102235423dee.jpg
意味不明な丸い窪みと小さな通路
414_R_20180102235424bcd.jpg
外部に通じ、物置と化している
416_R_20180103132559107.jpg
元の通路に戻る途中の部屋、囲炉裏のような穴が中央にある
417_R_2018010313260062d.jpg
元の通路に戻る
418_R_20180103132601464.jpg
右に曲がり細い通路を進むと
419_R_201801031326037df.jpg
広い生息室に着いた
420_R_2018010313260426d.jpg
振り向いた入ってきた入り口
421_R_201801031326056cd.jpg
生息室右奥に位置するもう一つの出入り口
422_R_2018010314014728f.jpg
狭い真っ直ぐな通路が続く
423_R_2018010314014907c.jpg
壕口付近は風通しが良いのか、壁面が風化している
424_R_20180103140150c02.jpg
こちらの出口も竹やぶに覆われていたので引き返す
425_R_20180103140151041.jpg
壕の規模にしては広い部屋だ、30人は入れるだろう
426_R_20180103140152c22.jpg
天井には同一の鋲が打ち込まれ、電気設備が有った事を示している
429_R.jpg
しかし竹の成長はすさまじい物だ、出にくくてたまらん
431_R_20180103140155da0.jpg
今回の探索を日没により終了し、引き上げて行く不審者達、途中までは5人いたが、何故か4人(撮っている自分含め)しかいない、気にしないで帰る事にした。あれから彼の姿を見ていない気がする。

二宮洞窟陣地探索(井ノ口・滝ノ入陣地、一色・兎沢陣地)

268_R_201712311516316dc.jpg
谷戸を挟んで次の陣地に向かう途中の谷間にスカイラインが落ちていた
269_R_20171231151632f0a.jpg
ソーラーパネルも大量に落ちていた
272_R_20171231151634dfb.jpg
道路を歩いて移動できるので、比較的楽な移動ではある
274_R_201712311516357ce.jpg
壕口発見(井ノ口・滝ノ入陣地)
275_R_201712311516362b4.jpg
すじ氏が突入していく
277_R_201712311611299a0.jpg
しかし、壕内は激しく水没していた
279_R_20171231161131fc2.jpg
坑道は左右に伸びているようだ
284_R_20171231161132509.jpg
外に出て、横方向を探すともう一つの壕口発見
286_R_201712311611339c4.jpg
こちらの壕口付近は広く、砲室のようだ
290_R_20171231161135bb1.jpg
深くて進めないが、右に通路のように見える(右方向が先に入った壕口方向)
292_R_20180101115858d1b.jpg
壕から出ると、すじ氏が資料に無い壕口を発見した
293_R_20180101115859b85.jpg
地元の人が6年に渡って調べた資料だったが鵜呑みには出来なかったようだ
294_R_20180101115901838.jpg
下り傾斜の壕口
296_R_201801011159020b5.jpg
滑り込んで入って行く
297_R_201801011159032c7.jpg
正面の通路の床が斜めになっている
298_R_20180101122814a2c.jpg
右上に伸びる通路が有った
299_R_20180101122816356.jpg
正面は小部屋で終わっている
301_R_20180101122816d18.jpg
右へ昇ってみる
306_R_2018010112281816f.jpg
外部からの土砂の流入で埋まっていた
310_R_2018010112281965c.jpg
左方向にも数m伸びていたが行き止まりだ、湿気がスゴイ
314_R_20180101122821f26.jpg
しかし立てるぐらいの高さがあり、拡張途中だったのか?
318_R_201801011228239c9.jpg
この先が気になる所だった
323_R_201801011228245b8.jpg
脱出する
324_R_2018010112594992f.jpg
外部に出ると、壕口が陥没したような場所が有ったここが土砂の流入源かもしれない
327_R_2018010112595197e.jpg
分岐路に戻り、この地区最後の目的地に向かう
328_R_20180101125952e5d.jpg
なんとこの陣地には、立派な道(左側)が作られていた
329_R_20180101125954761.jpg
道に従って倒木を乗り越えていく
331_R_2018010112595408b.jpg
程なく壕口発見、入り口付近は三角な天井
332_R_20180101143514bfc.jpg
そして中ほどで四角に(単純に崩落だが)
333_R_2018010114351699b.jpg
直角に右に進む
336_R_201801011435176ae.jpg
中ほどで左に通路が延びているので行ってみた
338_R_20180101143519ed1.jpg
左にクランクして3mで行き止まり
339_R_201801011435200c3.jpg
来た道を引き返し、元の通路へ
341_R_20180101151518299.jpg
通路に戻ると、総軍さんが作図していた
343_R_20180101151518a6f.jpg
左側には2mほどの部屋が有った
346_R_2018010115152031b.jpg
部屋からこれから進む方向を撮ったもの、綺麗に整形されている
348_R_201801011515226d8.jpg
こちらの通路も土砂の流入で、水が抜けなくなっていた
349_R_20180101161110182.jpg
土砂に上陸すると、右に部屋がある
355_R_20180101161112b41.jpg
部屋は奥行き3mほどで縦長
353_R_2018010116111106f.jpg
部屋から出て来た通路を見ている、壕の大きさが変わるのが判る
359_R_20180101162720f6b.jpg
では、脱出する
361_R_20180101162721e8b.jpg
出て来た壕口
366_R_2018010116272374d.jpg
壕の上部に上がってみた、塹壕とも取れる軍道が判るだろうか
368_R_20180101162725a39.jpg
下山途中、穴を発見した
370_R_201801011627255ae.jpg
5mほどの深さで、スクーターや伐採した木が捨ててあった、祠だろうか?

二宮洞窟陣地探索(一色・南ノ上陣地)

190_R_20171229172958716.jpg
昼食のため車に戻る、その近くにあった横穴墓群
194_R_20171229173000b20.jpg
空母氏が一応見に行く
195_R_20171229173001a9b.jpg
本当に純粋な墳墓だった
199_R_20171229175543488.jpg
昼食後、腹ごなしにショートカットコースで山を登る
201_R_201712291755444eb.jpg
古そうな建物と貯水槽の様なもの
204_R_20171229175546481.jpg
この高台では、軍民問わず水の確保のために、天水を貯水している
205_R_201712291755474ed.jpg
現地到着、ぼのブロックには道ごとに一つずつ陣地が築かれているらしい
207_R_20171229175548960.jpg
斜面に降りると、タコツボらしき大穴の跡がある
210_R_20171229180810800.jpg
早速すじ氏が壕口を見つけた
212_R_20171229180812a0a.jpg
躊躇無くサクサク入って行く
213_R_20171229180813b49.jpg
石の含有率のかなり高い土質で、掘り難かっただろう
 214_R_201712291808149f7.jpg
地層がかなり独特な壕だ
216_R_20171229180816d46.jpg
間口だけ狭くて、奥は立てるようだ
217_R_20171229180817553.jpg
振り返って壕口をみる、狭く急な入り口なので、後続はなかなか入ってこない
219_R_20171229191356c70.jpg
広くなったら変則の十字路に出た
220_R_20171229191357f5d.jpg
左側に行ってみる
221_R_20171229191358f28.jpg
外部からの土砂の流入で閉塞している
222_R_20171229191400155.jpg
その右手前に2mほどの部屋がある、開口部付近にありがちな構造
223_R_20171229205230c2e.jpg
戻って右側の枝道、判りづらいが大きな2段の階段状になっている
226_R_20171229205232ff7.jpg
登りの途中で放棄されたようだ
229_R_20171229205232861.jpg
頭上のこの石のせいで、頓挫したのだろうか?
230_R_20171229210323983.jpg
残る中央の道は、更に右方向に曲がっていた
231_R_20171229210325557.jpg
すじ氏の後ろ側の小さな意味不明の小部屋高さ1m程しかない
232_R_20171229210326f89.jpg
右を観ると、残念な光景が広がって(狭まって?)いた
234_R_20171229210328681.jpg
とりあえず登ってみたが空気の流れが無い、閉塞だ!右に小部屋がある
239_R_2017122921032942e.jpg
なんと、そこには大量のハクビシンが蠢いていた
241_R_20171229210330913.jpg
目が合った
243_R_20171229210331124.jpg
やがて彼らは上に逃げていった、かわいそうなので追いかけなかった
245_R_20171229212543531.jpg
自分と入れ替わりに登っていくI氏、ハクビシンは見れなかったそうだ
246_R_2017122921254463f.jpg
足元にあった丸くえぐれた石、なるべく壕内で小さく砕いて搬出しやすくしていたのだろう
250_R_20171229212545fb6.jpg
最初の壕口付近に戻ってきた
252_R_20171229212546d73.jpg
水滴の付いた蛾、これは冬眠状態で生きているそうだ
253_R_201712292125487da.jpg
さて、脱出する
256_R_201712292125492c0.jpg
斜度が有り、一人づつ登って行かないと落石が危険だ
 258_R_201712292152246b2.jpg
外部に出て、他の壕口を探した
260_R_201712292152255e2.jpg
位置的に最初の壕口左手の通路に繋がる壕口だ
261_R_2017122921522665d.jpg
もう一つを探したが、見つからなかった
265_R_2017122921522720c.jpg
斜面を登り現道に復帰、次に向かう

よこすかカウントダウン2018?

2017年の締めくくりに。日米艦船イルミネーションを見に行った
海自のHPでは開催する事しか判らず、適当に行ったら2100より開始となっていて愕然とした
海自サイドの説明不足は毎度の事だが、もうちょっと何とかして欲しい物だ
まぁ、5分前に行く気になってリサーチ不足な自分も悪いのだが・・・
DSC09200_R_201801010002355cb.jpg
事の起こりは前日の夜、探索帰りに空母氏と立ち寄った船越が原因だ
DSC09204_R_20180101000236379.jpg
明日は電灯艦飾やるよねって話をした
DSC09215_R_20180101000237f4a.jpg
この日は通常の灯火しか点いていなかったがそれなりに満足して帰った
DSC09243_R_201801010022348ec.jpg
流石に最後のカウントダウンまではいれなかったけど、電灯艦飾は楽しめた
DSC09241_R_201801010022323b7.jpg
1800ちょっと前に到着、予想外に閑散としている
DSC09245_R_201801010022347d5.jpg
まさかの3時間も前に来てしまった
DSC09248_R_2018010100223632f.jpg
電飾のでの字も無い
DSC09250_R_20180101002237a1b.jpg
米海軍ミサイル駆逐艦「カーティス・ウィルバー」
DSC09252_R_20180101002239dcf.jpg
米軍基地内ではお祭りのようだ
DSC09262_R_201801010032498ab.jpg
いずもも沈黙している
DSC09267_R_20180101003250345.jpg
最近引っ越してきた陸奥の主砲
DSC09274_R_20180101003252afc.jpg
船の科学館にあった奴だ
DSC09280_R_20180101003253857.jpg
お帰り、横須賀に!
DSC09287_R_2018010100325552f.jpg
でかく威容はあるが、物足りない
DSC09302_R_201801010038040d7.jpg
待つこと3時間
DSC09303_R_20180101003806325.jpg
点灯した!(この年号は0000に2018に変わる)
DSC09311_R_20180101003809869.jpg
DSC09308_R_201801010038062dd.jpg
DSC09309_R_2018010100380886d.jpg
待ったかいがあった!
DSC09316_R_201801010042160ab.jpg
少し歩きながら撮っていく
DSC09319_R_2018010100421800c.jpg
DSC09321_R_20180101004219af4.jpg
DSC09327_R_20180101004220e24.jpg
米軍も少しながら、電飾している
DSC09332_R_201801010042221da.jpg
海自潜水艦は、米軍基地内に間借りしている
DSC09333_R_2018010100422376e.jpg
見とれてしまう眺めだ
DSC09335_R_201801010048363f6.jpg
寒くなったので、海自の無料配給を貰いに行く
DSC09337_R_20180101004837056.jpg
カレースープ、おかげで温まった!
DSC09338_R_20180101004838e1a.jpg
少し腹も満たす
DSC09341_R_20180101004839ddc.jpg
また移動する
DSC09342_R_20180101004841838.jpg
角度が変わると印象も変る
DSC09348_R_20180101004844982.jpg
護衛艦はさすがに艦名が判らない
DSC09353_R_20180101004845d79.jpg
判るのは「いずも」だけ
DSC09357_R_20180101005600d9c.jpg
上から観える所に移動した
DSC09359_R_201801010056016ba.jpg
DSC09361_R_201801010056028b8.jpg
DSC09369_R_20180101005603bf5.jpg
DSC09358_R_20180101005942bbc.jpg
ここで取れる限りは撮ったので隠れスポットに移動する
DSC09382_R_20180101005943b11.jpg
護衛艦の反対側に回った
DSC09383_R_20180101005944d7e.jpg
米軍の電飾が良く見える
DSC09387_R_20180101005945df7.jpg
満足して吉倉を去る
DSC09389_R_2018010100594728c.jpg
一応船越に寄って見たが、こちらは何もしていない
DSC09391_R_20180101005948f9c.jpg
いつも道理に掃海母艦「うらが」が停泊していた

最後になりましたが、明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。


2030.1.1追加

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします!
DSC09393_R_20180101092937ca8.jpg
6時ごろ港の見える丘公園に行ってみた
DSC09395_R_2018010109294066f.jpg
辺りはなんとなく白み出したが、日の出予定時刻は0650らしい
DSC09402_R_201801010929426b9.jpg
0630ロイヤルウイングが初日の出クルーズに出かける
DSC09407_R_20180101092943967.jpg
羽田に向かう飛行機などを見ながら寒さに耐える
DSC09397_R_20180101092940af8.jpg
0650まだ昇らない
DSC09430_R_20180101092945831.jpg
0700やっと昇った御来光
DSC09443_R_20180101092946806.jpg
今年もいい年でありますように!
DSC09484_R_20180101092948680.jpg
帰りがけに見た白猫、なんとオッドアイではないか!今年は運が良さそうだ
皆様も良い新年が迎えられますように!