FC2ブログ

舞鶴 鎮守府付近の遺構

IMG_2494_R.jpg
車中泊した道の駅
IMG_2507_R.jpg
とのさんが起きるまで、港まで歩いてきた
IMG_2505_R.jpg
海上保安庁の「だいせん」
IMG_2508_R.jpg
何か落ちている
IMG_2510_R.jpg
昭和19年7月の6トンアンカー
IMG_2512_R.jpg
案内板も何も無いが、引込み線でもあったのだろうか?
IMG_2514_R.jpg
昨日登った 建部山堡塁砲台のある山が見える
IMG_2518_R.jpg
あとはコーヒー飲みながら待つのみ
IMG_2516_R.jpg
では本日の探索開始なのだが、行きがけに細かい遺構を見ていく
DSC04432_R_20180920200817bc4.jpg
舞鶴にも京都らしい建物が少しはある
DSC04435_R_20180920200818223.jpg
辻地蔵もいくつか見かけた、隣は 中舞鶴憲兵分隊門柱
DSC04439_R_2018092020082188d.jpg
赤レンガに戻ってきた、その向かい側に
DSC04443_R_20180920200823c36.jpg
防空監視哨と思われる遺構
DSC04445_R_2018092021074339f.jpg
ほぼ正方形で、入り口一つで窓3つ
DSC04448_R_20180920210744469.jpg
では、さっそく!ゴミで足元が悪い
DSC04449_R_20180920210745ca4.jpg
妙に悪い観測窓、もしかすると後から開けた物かも知れない
DSC04455_R_201809202107472f1.jpg
上に乗せた蓋がずれない様にか、何ヶ所か凸凹が合わさっている
DSC04457_R_2018092021074803f.jpg
とのさんもがんばる!
DSC04468_R_201809202138377b9.jpg
マリンボールの裏にある、舞鶴海軍軍需部第2揮発油庫
DSC04469_R_2018092021383999e.jpg
焼煉瓦の立派な倉庫
DSC04470_R_20180920213841236.jpg
煉瓦の飾りも、かなりこっている
DSC04474_R_2018092021384280b.jpg
内部も綺麗に残っている
DSC04478_R_2018092021384338a.jpg
飾り窓も当時のままだろう
DSC04479_R_20180920213844bb9.jpg
庇も金属の様で、良く盗られずにいたもんだ
DSC04485_R_20180920213846b28.jpg
上の通風孔も凝っている
1537446248658_R.jpg
記念撮影
DSC04493_R_2018092023054517a.jpg
煉瓦博物館の手前の山に
DSC04494_R_20180920230546902.jpg
壕口が2つあった
1537446257941_R.jpg
とのさん写真を無断借用すると立派なコンクリート壕だ
DSC04496_R_20180920230549b00.jpg
もう一つ
1537446243446_R.jpg
放置自転車の保管場にになっているようだ
DSC04974_R_20180920231457434.jpg
舞鶴医療センターの裏手に向かう、ここは舞鶴海軍病院だった
DSC04991_R_20180920231502d4f.jpg
この道の山手には舞鶴海軍病院の防空壕がある
DSC04976_R_20180920231459f73.jpg
今回は夏場で非常に見難かったので、2つしか確認出来なかった
DSC04979_R_20180920231459d6e.jpg
かなり立派なものだったようだ
DSC04990_R_20180920231502867.jpg
後に判ったが、この後の激藪の中に最も見たかった第一防空壕とプレートが付いている壕口があったようだ。

今回の遺構郡は主にkanレポート様の記事を参考に周らせてもらいました!
スポンサーサイト

千葉 富津のソロ探索

前日の夜に、ラインで富津にこんな遺構らしき物が有るから、ちょっと探して来いと指令が来た
どこぞのブログに山の中でこんなの見つけたって画像があって、根拠はそれだけだった
指令内容、磯根崎ループ橋からの東京湾観音に至る林道で、旧軍遺構を探せ!
後に追加指令がてんこ盛りに追加され、そこそこの探索になった
DSC06730_R_2018092423421695f.jpg
横浜は小雨が降っていたが、アナリストは雨天決行が常である(今回独りだけど)
DSC06731_R_201809242342175f4.jpg
世間で言う3連休の最後にしては、ガラガラのアクアラインだった
DSC06767_R_2018092423492365e.jpg
磯根崎ループ橋、雨上がりの濡れた激藪に即座に退散
DSC06732_R_2018092423421848d.jpg
東京湾観音表参道到着
DSC06733_R_2018092423421911e.jpg
まずは有名なこの物件
DSC06735_R_20180924235546257.jpg
ふむ、全く何も感じない
DSC06738_R_20180924235546add.jpg
とっとと離脱する、蚊が寄って来てたまらん
DSC06762_R_2018092500380052e.jpg
一応反対側も見ていく
DSC06763_R_2018092500380280b.jpg
こっちは覗く隙間さえない
line_1537746324040_R.jpg
何か浮かび上がって見える、これが噂の正体か?
DSC06765_R_20180925003803910.jpg
観音トンネル昭和33年12月竣工
DSC06740_R_2018092510503971f.jpg
東京湾観音に着いたら、なんと塗装工事中
DSC06741_R_20180925105037acb.jpg
水難海難の観音だと思っていたが、なぜかシベリア抑留の碑が
DSC06747_R_20180925105039d62.jpg
林道の反対側からリトライする
DSC06748_R_20180925105039956.jpg
すると何キロも歩かない内に、あっさり林道沿いに発見
DSC06751_R_20180925105041f87.jpg
鉄の扉が付いていたようだ
DSC06752_R_20180925105042248.jpg
ちょっと何の遺構か判らないが、とりあえず確認した。
DSC06754_R_20180925105045e21.jpg
付近に巨大なタンクが文字通り転がっていた
DSC06758_R_20180925121422b49.jpg
付近を探索すると、1m程度の塹壕が縦横に走っている
DSC06761_R_20180925121424e06.jpg
かなり広範囲に広がっていた
line_1537745600329_R.jpg
真新しいオフロードのタイヤ痕、こんな所を走る兵がいるようだ
DSC06769_R_201809251214249d0.jpg
磯根崎に降りて来た
DSC06778_R_20180925122546b15.jpg
かなり柔らかい土質で、そこら中で崩落している
DSC06791_R_201809251225480bf.jpg
気になったのはこれ、考え方は二つあり、ただの係船用の柱、多々良浜にある様な船舶砲撃用の潮位計測用の物
DSC06803_R_201809251225517c9.jpg
かなり太い鉄筋が入っている
DSC06785_R_20180925122548e56.jpg
しかしここはかなりの遠浅で、ボート程度しか係船できない
DSC06796_R_201809251225507d0.jpg
あれが目的の場所になる、まずは手前の絶壁
DSC06798_R_20180925152014a90.jpg
この部分にある棚を目指す
DSC06802_R_2018092515201631a.jpg
なんと、先人のロープが!
line_1537750441863_R.jpg
しかしハズレだった
DSC06804_R_20180925152615c68.jpg
次は当初の目標を目指す
DSC06806_R_201809251526177d7.jpg
ここにも先人のロープがあった
DSC06805_R_20180925152616655.jpg
おかげで楽に登る事が出来た
DSC06808_R_201809251526190de.jpg
釣り人か何かが使っていた様だ、天井部は風化して無くなっているが、奥の壁面に人為的な堀込みが見られる
大型の砲は無理でも、山砲程度なら持ち上げられそうだ、分解出来るし
DSC06810_R_20180925152621a32.jpg
右側にロープがある、ハングアップで厳しいがよじ登る
DSC06812_R_20180925152623bae.jpg
引っ込んでいるので攻撃しやすく守りやすい場所だ
DSC06813_R_20180925154204227.jpg
山頂部はこの時期、藪が酷くて移動は困難を極めた
DSC06814_R_2018092515420512e.jpg
諦めて降りる事にする
DSC06815_R_20180925154207961.jpg
帰りがけに気になる部分があった
DSC06816_R_20180925154207d37.jpg
下の部分、周りと見比べても自然には見えない
DSC06817_R_20180925154209c28.jpg
上の部分、これは裂け目と見たとして、横のロープが非常に気になる
DSC06819_R_20180925154211e4e.jpg
ショットシェルご落ちていた、あそこから銃撃したのか?
line_1537749247614_R.jpg
見てくるの忘れた
DSC06820_R_20180925160331522.jpg
次の指令、その付近の特殊地下壕3ヶ所を特定せよ!
DSC06821_R_20180925160333013.jpg
一つ目は民間防空壕だった
DSC06824_R_201809251603332bd.jpg
短い物で、U字形に2つの壕口が繋がっているポピュラーなもの
2つ目は完全に民家と畑に囲まれた三角地帯なので無理だった

line_1537756383514_R.jpg
3つ目は交通量のある道に面していて、住宅も在り取り付く位置も判らず敗退
DSC06857_R_20180925162538534.jpg
新たなる指令、地下工場の可能性がある地区2ヶ所を探せ!
DSC06840_R_2018092516253529a.jpg
一ヶ所目、これはカンが当たり、すぐに見つかった
DSC06843_R_20180925162536ff9.jpg
完全水没
DSC06844_R_20180925162537fbb.jpg
イノシシの嫌な痕も!
DSC06845_R_2018092516345792b.jpg
同じ様な高さに並んだ壕口
DSC06852_R_2018092516362238e.jpg
こっちは土塁で隠した交通壕まである
DSC06848_R_2018092516345850c.jpg
すぐ近くにも開いている
DSC06853_R_20180925163500d47.jpg
次は完全に埋まっている
DSC06855_R_201809251635023e8.jpg
DSC06852_R_2018092516362238e.jpg
結局壕口は数あれど、一つも入れなかった
DSC06854_R_20180925225022e62.jpg
密集した竹林を歩き周るのは、それなりに大変でこの先は諦めた
DSC06860_R_20180925225024f2a.jpg
最後のポイントに向かう、ここも竹が濃くて大変だ
DSC06863_R_20180925225024dc9.jpg
コンクリートの水桶がある
DSC06864_R_20180925225026366.jpg
見難いが塹壕がずっと続いている
DSC06865_R_20180925225027970.jpg
円形のくぼみもある
1537883375903_R.jpg
しかし、壕口は見つからず、石切の様な場所があっただけだった
DSC06867_R_201809252257257aa.jpg
アタックポイントが悪かったのか、もはや進めない
DSC06868_R_20180925225725e46.jpg
そして、とどめはこれ!尻尾巻いて逃げ出した。
DSC06869_R_201809252257264a5.jpg
夕方から横浜で用事があるので、今日はとっとと帰る。

舞鶴 赤レンガ倉庫ライトアップ

DSC04288_R_20180919233531ad2.jpg
雨の夜中に赤レンガ倉庫に舞い戻ってきた
DSC04289_R_201809192335327ed.jpg
赤れんが倉庫群では、日没後から22時までライトアップが行われていて、外観のみ見て周れる
DSC04290_R_201809192335332e9.jpg
濡れた煉瓦倉庫はかなり乙だった
DSC04297_R_201809192335349f4.jpg
DSC04299_R_201809192335364ca.jpg
DSC04301_R_20180919233537d1a.jpg
DSC04306_R_20180919234724723.jpg
DSC04307_R_20180919234726a5e.jpg
DSC04315_R_20180919234726271.jpg
DSC04316_R_201809192347280ae.jpg
DSC04317_R_20180919234729df8.jpg
とのさんにに教わりながら、普段やらない撮り方を試してみる、明るさ変わっておもしろい
DSC04319_R_201809200918583c3.jpg
DSC04324_R_20180920091900d14.jpg
とのさんの左側が揺らいでる、何も無かったはずなのに?
DSC04326_R_20180920091900b0f.jpg
光だったらこう写るのだが
DSC04343_R_201809200919048d8.jpg
ちょうどいい補正って難しい
DSC04346_R_201809200919059be.jpg
これぐらいがいいのかな?試行錯誤
DSC04350_R_20180920092810160.jpg
DSC04352_R_2018092009281289e.jpg
撮り比べて見ると面白い
DSC04354_R_201809200928126d0.jpg
DSC04365_R_20180920092814701.jpg
DSC04373_R_20180920092815356.jpg
DSC04382_R_20180920092816cec.jpg
DSC04396_R_20180920092818ec6.jpg
DSC04424_R_20180920094249977.jpg
DSC04428_R_2018092009425075d.jpg
DSC04429_R_201809200942518d1.jpg
DSC04415_R_2018092009424717e.jpg
この日が雨で良かったと思った、この時間だけは。

舞鶴 旧北吸浄水場

DSC04284_R_20180831234157607.jpg
赤レンガパークの裏山に位置する所に登って行く
DSC04227_R_201808312341507ac.jpg
旧北吸浄水場
DSC04228_R_20180831234151537.jpg
日本遺産
DSC04229_R_20180831234152a63.jpg
DSC04230_R_201808312341533cc.jpg
案内板にある、水を抜いた状態の写真
DSC04233_R_20180916174120655.jpg
袖壁付き門柱の片側だけ
DSC04238_R_20180916174120ba6.jpg
イージス護衛艦「みょうこう」が見える
DSC04239_R_20180916174122038.jpg
その前にはヘリコプター搭載型護衛艦「ひゅうが」もいる
DSC04242_R_201809161741241b1.jpg
ハイエースとの大きさ比較
DSC04244_R_2018091617412546e.jpg
飾り窓、木製部分はオリジナルだろうか?
DSC04266_R_20180916174127221.jpg
星のマークが付いている
DSC04243_R_201809161755414ce.jpg
第二配水池
DSC04247_R_20180916175543a14.jpg
その入り口付近に、移設されたものだろう止水弁の蓋
DSC08405_R_201809161810333d3.jpg
横須賀の田浦で見られる止水弁の蓋だが、横須賀鎮守府との違いか、イカリマークがある
DSC08406_R_20180916181035357.jpg
開閉の文字付き
DSC08408_R_20180916181036e27.jpg
かなり色々な種類が有る、この地区(田浦)では8つもの止水弁の蓋が確認出来た
DSC04249_R_201809161755441a2.jpg
第二は大正に改修されているので、屋根形状が少し違う
DSC04251_R_20180916175546d79.jpg
明治からの第一配水池、ちょっとくたびれた感がある
DSC04252_R_20180916175548b65.jpg
アーチの感じが良い
DSC04253_R_20180916175549e20.jpg
特別公開日があるようだ
DSC04262_R_2018091617555004a.jpg
隙間から見てみるが、良く判らん
DSC04265_R_20180916183303b3d.jpg
排水井
DSC04268_R_20180916183304df2.jpg
隙間からちらっと見える赤レンガ、冬場のライトアップはここから見ると綺麗だろう
DSC04269_R.jpg
対岸のジャパン マリンユナイテッド(株) に、幾つかの穴と崩れたような跡が見える、ここは舞鶴海軍工廠だった
DSC04273_R_20180916184953922.jpg
かなり大きな地下工場があったようだ
DSC04270_R_20180916183307c9d.jpg
右手の方は、壕が崩落した物に見える、残存の壕も使用はしていないと思われる
DSC04264_R_20180916185502732.jpg
東山の方にも掃海隊基地がある
DSC04281_R_201809161855033c9.jpg
護衛艦「あさぎり」、一度練習艦になり、護衛艦復帰後舞鶴に配置換えされた
DSC04282_R_20180916185505bec.jpg
護衛艦「せんだい」修理中のようだ

千葉 竹岡十五糎加農砲陣地

DSC06074_R_2018091322550698f.jpg
大井戦闘指揮所の遺構を見た後、富津に移動する
DSC06076_R_20180913225507cbb.jpg
途中、気になる穴が見えた
DSC06077_R_201809132255093c3.jpg
向こうが見える、交通壕と
DSC06079_R_20180913225510321.jpg
物がいっぱい詰め込まれた文字通りの倉庫壕だった
DSC06080_R_201809132255115c0.jpg
少し歩いて戻ってみると
DSC06081_R_201809132255136e9.jpg
恐らく交通壕の出口だろう穴が見えた
DSC06092_R_20180913232235f06.jpg
小浜辺りをざっと見たが、何も見つからない
DSC06093_R_20180913232237860.jpg
金比羅宮があっただけ
DSC06098_R_20180913232237b05.jpg
朱門の所から脇道にそれる
DSC06099_R_20180913232239ddf.jpg
駐車場に車を停め、歩いていく
DSC06101_R_20180913232241b60.jpg
燈篭坂大師入り口
DSC06102_R_20180914205104e21.jpg
これは普通の素掘りトンネルなのだが
DSC06103_R_20180914205105d63.jpg
突き当たり、右手を見ると
DSC06105_R_20180914205106953.jpg
TV等でも話題になった、異様に高いこのトンネルに出る
DSC06144_R_20180914205107b3f.jpg
上までゆうに30mはある、昔の山なりのトンネル隧道を掘り下げて、平らにしたらこうなったようだ
DSC06146_R_20180914205111396.jpg
抜けた先にある燈篭坂大師
DSC06145_R_201809142051104bc.jpg
トンネルが掘り下げられた分、神社の入り口も744年よりも低くなったのだろう、新しい階段がある
DSC06106_R_20180914212145bd6.jpg
トンネルを戻ると反対側に壕口がある
DSC06110_R_20180914212148971.jpg
壕口は上の道路より低い位置にあり、傾斜になっている
DSC06107_R_20180914212146b43.jpg
向こうに光が見える、ただの一本坑か?
DSC06118_R_20180914212152027.jpg
なんと大きな砲室が!竹岡地区には15cmカノン砲を2門据えた記録がある様だ、その内の1門だろう
DSC06112_R_20180914212149846.jpg
砲室から外を見ると、何とも射角が悪い、右方向が海なのだが砲室正面は山!
DSC06113_R_201809142121507b9.jpg
通路には、若干だが砲側庫を掘ろうとした形跡がある
DSC06119_R_20180914214057722.jpg
壕を出ると、山さんが穴を見つけたという
DSC06121_R_20180914214058045.jpg
確かに穴が有る、弾薬庫かとも思ったが
DSC06127_R_20180914214059950.jpg
なんと15K2門目の発見だった
DSC06138_R_20180914214101b53.jpg
こちらは貫通する前に終戦になった様だ
DSC06130_R_20180914214842e6f.jpg
僅かだが砲側庫を掘ってある
DSC06132_R_20180914214844ff4.jpg
奥は通路程度のものを作ろうとしていたようだ
DSC06136_R_20180914214845162.jpg
写真を撮らなかったが、こちらは海を直接撃てる角度だった
DSC06140_R_20180914214846cec.jpg
さて、撤収しよう
DSC06157_R_20180914215606e48.jpg
海に出てみた
DSC06161_R_20180914215610385.jpg
君津郡竹岡うんちゃらと書いてある
DSC06158_R_20180914215608711.jpg
相当古そうな建物だが
DSC06159_R_20180914215608361.jpg
酒造工場のようだ
DSC06155_R_20180914215605aa7.jpg
海の際にお社がある
DSC06166_R_20180914215612842.jpg
巨石がめり込んでいる
DSC06165_R_201809142242234e1.jpg
結局後は何も見つからずこの日は解散となった
DSC06170_R_201809142242247fe.jpg
のんびりとアクアから夕日を眺める、完全に止まっている渋滞だ
DSC06172_R_20180914224225e7e.jpg
まぁ、いつもの事さ!

千葉 大井北側戦闘指揮所及び付属壕

DSC05958_R_20180909213821cf9.jpg
大房岬撤収後、大井の山中にやって来た
DSC05960_R_20180909213822415.jpg
まずは駐車場側下にある小規模壕
DSC05961_R_20180909213824004.jpg
交通壕は立派なのだが
DSC05964_R_201809092138245fa.jpg
藪を漕ぎながら北側戦闘指揮所の入り口を探す
DSC05968_R_20180909213826f17.jpg
あった、夏場は毎度壕口探しに苦慮する
DSC05969_R_201809092138283db.jpg
早速初見の人達に入ってもらう
DSC05971_R_20180909220044fde.jpg
交差点部分が崩落しているが、
DSC05974_R_20180909220046882.jpg
乗り越えると何でもない
DSC05975_R_201809092200475ed.jpg
最初の部屋を覗くとのさん
DSC05977_R_201809092200481b4.jpg
右の分岐は無視して左に進む
DSC05980_R_20180909220049d63.jpg
生息室は左右に結構ある
DSC05982_R_20180909222831229.jpg
湿度が増してきた、って事は閉塞が近い
DSC05984_R_2018090922283311d.jpg
奥に行くほど通路が低くなる所がある
DSC05985_R_2018090922283446d.jpg
ちょっとだけ水没している
DSC05986_R_20180909222835e01.jpg
その先は土砂の流入で閉塞
DSC05989_R_201809092228372e5.jpg
反対側も閉塞なのだが、こっちの通路は丸くなっている
DSC05994_R_20180909222838031.jpg
しかも小森さんいっぱい
DSC05997_R_201809092342207b9.jpg
引き返す
DSC05998_R_20180909234222733.jpg
下り階段を降りて行く、下りはじめが滑って落ちそうだ
DSC06002_R_201809092342228bf.jpg
下の方はしっかりとした階段
DSC06005_R_20180909234224738.jpg
ちょっと崩落している先に広い生息室があるが、入らなかった
DSC06010_R_201809092342260db.jpg
土砂がはみ出してきている通路
DSC06011_R_20180909234227a49.jpg
見上げると、上に地上が見える(後で上から見る)
DSC06012_R_20180909234229ca5.jpg
水没している通路
DSC06013_R_2018091121314877e.jpg
そこを抜けると、大き目の壕口に出る
DSC06014_R_2018091121315016d.jpg
山頂に登ってみた
DSC06016_R_201809112131514f5.jpg
さっき下から見た縦坑、5mはありそうだ
DSC06018_R_20180911213153800.jpg
三角点もある
DSC06019_R_20180911213155bc4.jpg
これが北側戦闘指揮所のコンクリート観測室
DSC06023_R_20180911221622240.jpg
更に奥地へ向かう
DSC06026_R_2018091122162448b.jpg
変わった蓋の付いている貯水槽
DSC06027_R_201809112216252a5.jpg
尾根を一つ越えると
DSC06031_R_201809112216270e0.jpg
南側戦闘指揮所、観測壕到着
DSC06038_R_2018091122162837b.jpg
南側のコンクリート観測所は2つある
DSC06039_R_20180911221629d96.jpg
南側戦闘指揮所、唯一の壕口だが、かなりキツイ
DSC06040_R_20180911224959be6.jpg
ライトの電池を使い切ってしまった自分は、南には入らず付属壕に向かう
DSC06042_R_201809112250006fb.jpg
壕の場所を知るネコさんに、無線機で聞きながら独りで進む
DSC06043_R_20180911225002814.jpg
フェニックス畑に出てしまった、行き過ぎたようだ
DSC06045_R_20180911225002c45.jpg
仕方なくネコさんが迎えに来てくれた、悪い事をしたな
DSC06047_R_20180911225004613.jpg
壕口に案内してもらった
DSC06049_R_201809112250069f7.jpg
入り口から水没しているが数mだけ
DSC06048_R_20180911231510358.jpg
ライトが無いのでストロボを頼りに壕に入る
DSC06050_R_201809112315116df.jpg
振り向いた壕口、出て来れるかちょっと不安
DSC06052_R_20180911231512606.jpg
一つ目の部屋、10m位ある
DSC06053_R_201809112315145c9.jpg
先が二股になる
DSC06057_R_2018091123151534b.jpg
二つ目の部屋、かなり広い
DSC06058_R_20180911232323e55.jpg
海軍並みに綺麗に作られていた
DSC06059_R_201809112323259dc.jpg
振り向いた部屋の入り口
DSC06060_R_20180911232326d9d.jpg
大きな部屋が二つあるだけの倉庫壕の様だ
DSC06062_R_2018091123232735d.jpg
辺りには壕口が埋まった様な場所が沢山ある
DSC06063_R_20180911232330ff2.jpg
じっくり他にも探してみたいが、あまり時間が無い
DSC06064_R_20180911232331c38.jpg
メンバーの元に戻ると、ちょうど出てくる所だった
DSC06066_R_20180911233328ea5.jpg
何か手に持って出てくるマメピー
DSC06067_R_20180911233330962.jpg
ドロだらけで出てくるとのさん
DSC06069_R_20180911233330448.jpg
しばらく壕口前でカエル談義をする一部のメンバー
DSC06072_R_201809112333322cc.jpg
さぁ、撤収しよう
DSC06075_R_2018091123333594d.jpg
車に戻り、次の目標を協議する

千葉 大房岬砲台キャンプ(朝探索編)

023_R_201809052145121c6.jpg
夜明けと共に起き出す人が半数以上、破壊したテントで未だ熟睡する若手二人
024_R_20180905214513c53.jpg
テントが壊れるまで、夜中に何やってたんだろう?
DSC05863_R_20180905214514aad.jpg
完全に夜があけて、片付けを始める
DSC05865_R_20180905214516ad6.jpg
ゴミの後始末など、ルールはしっかりと守りましょう!
DSC05868_R_201809052145181ca.jpg
9時に受付の人が来るまでチェックアウト出来ないので、朝セブンとしゃれ込む
DSC05869_R_20180905214519ac7.jpg
ここでキャプテンヤッシーさんが離脱、前夜の探索時に滑落したのだ
20180904100823e92.jpg
これが滑落直前を写したネコさんの写真だが、足元に白い物と壁に顔が伺える
DSC05870_R_201809052145208db.jpg
チェックアウト後軽く大房岬の遺構を回る
DSC05455_R_20180905232454c52.jpg
現代図
DSC05456_R_20180905232456f46.jpg
戦時中の大房、面倒なので張っておく
DSC05872_R_2018090523382130b.jpg
まず、兵舎跡を探そうと駐車場から藪の中に突入すると、程なく穴が開いていた
DSC05873_R_20180905233822b57.jpg
確かに人為的な地下壕が他にも有る
DSC05875_R_20180905233823b58.jpg
ひだりに伸びているようだ
DSC05876_R_201809052338257bf.jpg
さっき見つけた穴と繋がっているらしい、こっちの光が見えるらしい
DSC05878_R_20180905233827f65.jpg
似たような穴がそこら中に有る
DSC05881_R_2018090523382814d.jpg
U字型をしている所からも、兵舎の防空壕だったのだろう
DSC05882_R_20180905234959ef9.jpg
暫らく行くと、コンクリート遺構を見つけた
DSC05884_R_201809052350004cd.jpg
水槽状の物のようだ
DSC05886_R_20180905235001c9a.jpg
周りは石垣に囲まれている
DSC05887_R_201809052350039bc.jpg
階段があり、二層の平場があった
DSC05889_R_20180905235004578.jpg
兵舎跡だと思ったが、地図から見ると機械室のようだ、冷却用の水槽と合点が行く
DSC05891_R_20180906232003cd0.jpg
道路に出てしまったので、歩いて駐車場まで戻る
DSC05892_R_20180906232005233.jpg
ついでに時間になったのでチェックアウトの手続きをする
DSC05896_R_20180906232005a38.jpg
ビジターセンターに有る弾薬箱を見ていく
DSC05897_R_201809062320074d0.jpg
小銃弾薬箱
DSC05900_R_20180906232008551.jpg
一年式曲射歩兵砲駄載用弾薬箱
DSC05903_R.jpg
ジオラマに残る兵舎跡
DSC05954_R_201809062320115f1.jpg
ジオラマに付いているプレート
DSC05456_R_20180905232456f46.jpg
見比べると兵舎の前の道が変わっている、兵舎はもっとY字路の先端部分だったようだ
DSC05904_R_20180907134114ebd.jpg
南係船場の魚雷艇発進所だが、向きも大きさもメチャクチャだ
DSC05905_R_20180907134115a6f.jpg
ビジターセンター横に有る、第一掩灯所
DSC05909_R_201809071341169be.jpg
45口径20cm連装砲塔砲台第二砲座
DSC05911_R_201809071341172e6.jpg
その真後ろの第二砲塔用の弾薬庫
DSC05912_R_201809071341193bc.jpg
この日は通路も水没で入れなかった
DSC05913_R_2018090713412182f.jpg
同じく第二砲座
DSC05914_R_20180907135401ffc.jpg
昨夜見つけられなかった砲塔砲台用の発電所を探しに行く
DSC05915_R_20180907135608083.jpg
排煙用の通風孔を発見
DSC05916_R_20180907135402fb5.jpg
あっさり発電所を発見
DSC05918_R_20180907135404e5f.jpg
砲塔砲台発電所
DSC05920_R_2018090713540511a.jpg
カモフラージュの跡が残る
DSC05921_R_20180907135406767.jpg
円形の何かが立っていた跡
DSC05924_R_20180907135408254.jpg
何も無いが、踏むと沈むので、ここに発電機用の冷却水層が埋まっているものだと推測
DSC05925_R_201809071736584ca.jpg
発電機室は6畳弱ぐらいだろうか、防音処理されている
DSC05926_R_20180907173659627.jpg
発電機台座
DSC05927_R_201809071737000cd.jpg
天井の通気孔
DSC05929_R_20180907173701d77.jpg
これだけ防音材や高圧碍子が残る公開遺構も珍しい
DSC05936_R_2018090717370446e.jpg
第一展望台、これが砲座だとする人もいるが、第二砲座の前にあるここに砲座を造ったら、後の第二砲座が正面に撃てない
DSC05938_R_201809071737069df.jpg
昨夜見つけた観測所を見に行った
DSC05940_R_201809071757490c0.jpg
肉眼では見やすいのだが、写真にすると朝の木漏れ日でさっぱり分からない
DSC05943_R_2018090717575059e.jpg
DSC05946_R_20180907175752e3e.jpg
夜の方が写真は判りやすい
DSC05949_R_20180907175753db6.jpg
小さなコンクリート遺構に向かう
DSC05950_R_20180907175754a3d.jpg
これは昼も夜も変わらんな
DSC05953_R_20180907175756d19.jpg
後は軍道のなごりか、草薮に石組みが有った程度
DSC05955_R_201809071835555a9.jpg
大房岬砲台の探索を終える

大房岬砲台の前回訪問記事にはその他遺構も載ってます

千葉 大房岬砲台キャンプ(前夜編)

DSC05694_R_201809012316333e3.jpg
仕事を早く上がって、一路大房岬に向かう
DSC05696_R_20180901231634104.jpg
駐車場到着、メンバーの車がある
DSC05705_R_20180901231635e8d.jpg
山さんが駐車場まで迎えに来てくれた
002_R_20180901232921ad8.jpg
先発隊メンバーと合流、既に6本は開いていた(500cc)
003_R_20180901232923f19.jpg
予想外にキャンパーは多かった
004_R_201809012329234ea.jpg
キャプテンヤッシーさんが手際よく薪を燃やす
008_R_20180901232925441.jpg
あっと言う間にいい火加減
DSC05709_R_20180901234653d88.jpg
とのサン、マメピーと合流して一騒ぎ
DSC05710_R_20180901234655a40.jpg
飲み食いが終わったら、装備を整える
DSC05713_R_20180901234655620.jpg
まいどお馴染みの、夜間探索だ
DSC05723_R_20180901234658a65.jpg
キャンプ場近くの第二掩灯所施設
DSC05718_R_201809012346572fc.jpg
知る人ぞ知るホラースポットらしい
DSC05722_R_20180902203603434.jpg
では肝試しのスタート
DSC05724_R_2018090220360441c.jpg
と言っても、みんなのライトが明るすぎて、ぜんぜん怖くない
DSC05726_R_20180902203605bb7.jpg
結局いつもの夜間探索と変わらない
DSC05729_R_20180902203607cc4.jpg
台風の影響か、水がプール状に溜まっていて、向こう側に渡れない
DSC05733_R_20180902203608d0f.jpg
エレベーター上部を見上げる
1535888965794.jpg
ねこさんから奇妙な写真が送られて来た、全員こっちに居たはずなのに?
DSC05740_R_2018090220361086c.jpg
これが自分の撮った同じ時間、確かに全員こっちにいる、黒服のネコさんが撮った写真が上のもの、位置もあう
DSC05751_R_20180902211816abe.jpg
次のホラースポットに向かう
DSC05752_R_20180902211817064.jpg
気のせいか、シャツに濡れた様な色が憑いている
DSC05754_R_201809022118187b2.jpg
山頂近くにあるキャンプ場から、海岸へと下りて行く
DSC05758_R_20180902211820e7c.jpg
階段はあるが、かなり歩きにくい
DSC05759_R_20180902211822083.jpg
奥が深いと!期待が高まり突撃開始
DSC05764_R_20180902211824568.jpg
下方向に5mほど下がっている
DSC05765_R_20180902211824778.jpg
入り口付近はかなり広い
DSC05768_R_20180902223047bc6.jpg
振り向くと入る人、入らない人に分かれる
DSC05770_R_20180902223049d0b.jpg
山さんが先に進む
DSC05774_R_2018090222305131a.jpg
一見行き止まりに見えるが、上下に隙間が有る
012_R_20180902223043b34.jpg
隙間から潜り込む
013_R_201809022230459a5.jpg
しかし、すぐに行き止まりとなった、しかも誰も来ない
DSC05780_R_20180902230504d28.jpg
既にみんな脱出していた
DSC05783_R_20180902230505657.jpg
海岸で一息入れて、一気に登って行く
DSC05793_R_201809022305064f5.jpg
標高差80mを一気に登る
DSC05796_R_20180902230508671.jpg
ここから山さんと二人で見落としの戦跡を確認に向かう
DSC05798_R_20180902232833af4.jpg
幕末砲台跡に有る、観測所跡を探しに来た。八八式電気式海岸射撃具が据えられていた。
DSC05801_R_201809022328349f6.jpg
残念ながらコンクリートの観測所は、爆破されていた
DSC05804_R_2018090223283579a.jpg
意外に大きな建物だったようだ
DSC05807_R_20180902232838ba9.jpg
しかしなんで弾薬庫なんかはそのままで、殺傷力の無い観測所を爆破したんだろう?
DSC05821_R_20180902232838993.jpg
場所は確認したので、明日夜が明けてから再訪しよう
DSC05818_R_20180902234051bd6.jpg
山さんが昔この辺で他のコンクリート遺構を見かけたとの事で、探しに行く
DSC05824_R_20180902234053a1f.jpg
意外と近くに落ちていた、向きに寄っては見えないかも知れないが
DSC05830_R_201809022340544cc.jpg
コンクリート台座にボルトが見える、これは観測所用の発電所かもしれない
DSC05832_R_201809022340569f2.jpg
これは破壊されたのか、鉄泥棒か判別できない、台座にボルトも残っているし
DSC05833_R_201809071802427ac.jpg
外灯一つ無い西芝生公園から運動園地へ移動する
DSC05836_R_20180903202424149.jpg
45口径20cm連装砲塔砲台第二砲座跡
DSC05837_R_20180903202424d58.jpg
同じく第一砲座跡
DSC05838_R_20180903202426398.jpg
耐火煉瓦が敷かれ、キャンプファイヤーの場所になってしまっている
DSC05840_R_201809032024277e8.jpg
第一砲座の弾薬庫
DSC05841_R_20180903202430282.jpg
日焼けのせいか、有っただろう迷彩色が判らない
DSC05843_R_20180903202430033.jpg
軽く水没した弾薬庫が2つ内部に有る
DSC05846_R_201809032024325cd.jpg
反対側に抜けている
DSC05852_R_20180903210631704.jpg
上部にある弾薬庫の通風孔
DSC05858_R_20180903210632ef7.jpg
土が流れ、露出した弾薬庫の外壁
DSC05859_R_20180903210633cc4.jpg
軽く一回りしたのでキャンプ場に戻る
DSC05862_R_20180903210635583.jpg
狂乱の夜は続く

1535977282826.jpg
後日こんなラインが届いた、ここに顔があると・・・

千葉 富浦、那古大房岬周辺探索(流しソーメン)

今回は恒例となったアナリスト、バイク部門と戦跡部門の合同親睦会
流しソーメンを南房総市吉井のとある水車小屋の所で行う事となった。
DSC05356_R_20180828210305b7e.jpg
朝の8時ごろ、のんびりと千葉を目指す
DSC05360_R_2018082821030709f.jpg
時間が早かったので、岩井袋の回天基地等を覗いて来たが、とりあえず置いておく
DSC05400_R_20180828210308001.jpg
富浦にてメンバーと合流
DSC05405_R_20180828210309f95.jpg
パパさんの5000万のベンツとのださんのカプチーノの大きさの違いが何とも
DSC05407_R_2018082821031095a.jpg
舞鶴に行くときに見かけた千葉の牛乳タンクローリー、何頭分入るんだろう?
DSC05411_R_20180828210312c70.jpg
現地に到着
DSC05425_R_20180828210313314.jpg
水は手に入るので、準備に掛かる
DSC05430_R_201808282103154ae.jpg
バイク部門の人達のキャンプスキルが高く、順調に進んでいく
DSC05434_R_20180828211342313.jpg
バイクを使った高低差でポリタンから水を流す
DSC05436_R_2018082821134334c.jpg
用意されたそうめんなんと50人前!前回15人ほどで、20人前瞬殺だった教訓から2.5倍へ
DSC05438_R_20180828211345854.jpg
入れ替わり立ち代りでソーメンを流し続ける
DSC05440_R_201808282113455ac.jpg
今年も出ました、差し入れのスイカを切るスイカ職人
DSC05454_R_20180828212401fe5.jpg
大房岬に移動する
DSC05455_R_20180828212402f96.jpg
現在の公園地図と
DSC05456_R_20180828212403865.jpg
ビジターセンターの分布図を見比べる
DSC05458_R_20180828212406b5b.jpg
北係船場(先の方は継ぎ足し)
DSC05464_R_20180828212406b6d.jpg
少年自然の家下の丸い穴2つ、機銃掩蔽部か?
DSC05465_R_20180828212408725.jpg
この部分、食料庫のあった平地を道路にしている
DSC05469_R_201808282212375bb.jpg
多田吉西浜海岸に移動
DSC05470_R_20180828221239439.jpg
海岸の端っこに
DSC05471_R_20180828221240e76.jpg
射撃場の遺構がある
DSC05475_R_20180828221242850.jpg
的にしては、弾の跡も何も無い
DSC05477_R_20180828221242d89.jpg
岸壁に大穴が明いている
DSC05479_R_20180828221244be6.jpg
15Kの砲室ではないか?との見方もあるが、洞窟砲台としての特色が一致しない、むしろ回天に近い
DSC05484_R_20180829232533b21.jpg
昭和十九年九月八日
DSC05486_R_20180829232534352.jpg
壕口方向
DSC05489_R_201808292325357f5.jpg
一人山頂まで登る、意外な事に開けている
DSC05490_R_201808292325376f0.jpg
むしろ砲や兵舎はここな気がする、土塁で外周を囲んである
DSC05492_R_2018082923253833c.jpg
土塁の間の人里方向の切り通し
DSC05497_R_201808292325407a2.jpg
これは自分が登って来た海側の切り通し
DSC05501_R_20180829232541b5e.jpg
自然にこんな平坦な場所は出来ない
DSC05502_R_20180829234156ccc.jpg
下山中、壕口を見つけた
DSC05504_R_20180829234157ec5.jpg
右奥に伸びていたが、未確認
DSC05507_R_201808292341590f1.jpg
置いてきぼりを食ってしまったのだ
DSC05513_R_20180829234200610.jpg
別の場所に移り、道路脇の茂みに入る
DSC05516_R_201808292342019fb.jpg
コンクリート製の震洋壕みたいなのがある
DSC05519_R_20180829234203db0.jpg
奥まで総コンクリート製
DSC05522_R_20180829234204b05.jpg
入り口部は何故か50cmほど高くなっている、八丈島で見た震洋の発動機試験水槽のようだ
DSC05529_R_20180829234206d01.jpg
他にも有る様だが、藪がすごく近寄れない
DSC05533_R_20180829235203ee8.jpg
コンクリート巻きではない、素掘りの物もある
DSC05539_R_20180829235205cc0.jpg
これは浅そうだ
DSC05540_R_20180829235205b3a.jpg
入れそうな穴発見
DSC05543_R_20180829235207ed9.jpg
中は十分広い
DSC05544_R_20180829235208c7d.jpg
奥までは20mほど
DSC05545_R_201808292352116e6.jpg
左に折れて行き止まり
DSC05554_R_201808292352113cd.jpg
入り口2つの変わった形だ
DSC05555_R_201808292352138bb.jpg
脱出
DSC05565_R_2018083023331274d.jpg
場所を変えて探索は続けられた
DSC05571_R_201808302333142c3.jpg
山頂組と外周組みに分かれての探索
DSC05573_R_20180830233314ccf.jpg
海を狙うなら、いいロケーション
DSC05576_R_20180830233317dae.jpg
尾根には広い場所もある
DSC05577_R_20180830233318816.jpg
のだ氏がサクサク歩き回る
DSC05581_R_201808302333196af.jpg
なんだろうこのマーク?いくつか並んでいた
DSC05583_R_20180830233321100.jpg
人為的な掘り込みはいくつかあった
DSC05588_R_20180830233322452.jpg
何故かあるトラロープ
DSC05591_R_201808302333252dc.jpg
石垣が何段かに分かれてあった
DSC05593_R_2018083023332510a.jpg
しかしこれは水の道のためだろう
DSC05597_R_20180830233327b66.jpg
石切りをしたような跡以外は特に見当たらなかった
DSC05599_R_2018083121501032d.jpg
穴談義の後、早めに解散となる
DSC05601_R_20180831215012e5d.jpg
夕焼けの海を見ながら帰途に付く
DSC05616_R_2018083121501239a.jpg
木更津の観覧車も綺麗だ
DSC05623_R_20180831215014e81.jpg
千葉の帰りはいつもこれだ
DSC05629_R_20180831215015ea3.jpg
ついでなので、寄り道をしていった
DSC05638_R_20180831215017aa2.jpg
DSC05642_R_20180831215018c15.jpg
DSC05664_R_20180831215020e99.jpg
DSC05675_R_201808312150216cd.jpg
たまには工場夜景もいいものだ

舞鶴 建部山堡塁砲台 その3

DSC03891_R_20180827230652704.jpg
左の12cmカノン砲座全景
DSC03895_R_2018082723065431b.jpg
左側の砲側弾薬庫DSC03899_R_20180827230654cbf.jpg
弾薬庫入り口
DSC03900_R_201808272306563fc.jpg
弾薬庫内、奥は丸くなっている
DSC03901_R_201808272306579a0.jpg
入り口方向
DSC03902_R_20180827230700b43.jpg
横墻部分
DSC03903_R_20180827230701601.jpg
右側の砲座
DSC03905_R_2018082723070202b.jpg
左側より荒れている
DSC03906_R_201808272324056d9.jpg
また砲座にコンクリートの盛り上がりがある
DSC03908_R_2018082723240724e.jpg
こちらも貫通した空間がある
DSC03910_R_201808272324075cd.jpg
横墻の即応弾薬置き場も埋まり気味
DSC03913_R_20180827232409a05.jpg
右砲座の左側横墻
DSC03915_R_20180827235525d6c.jpg
一番右側の砲側弾薬庫、右手はスロープになっている
DSC03917_R_20180827235526082.jpg
弾薬庫前の排水溝
DSC03918_R_201808272355275ed.jpg
砲側弾薬庫は全部で三つあるが、みな同じ形状だった
DSC03927_R_20180827235529f54.jpg
ここに12cm砲弾が何発置けるのだろう?幅は1mちょっとしかない
DSC03928_R_20180827235530d3a.jpg
この入り口は、人の肩幅程度しかない
DSC03930_R_20180827235532ac9.jpg
スロープ奥から
DSC03931_R_20180828002045611.jpg
スロープを上がり、弾薬庫方向へ戻る
DSC03932_R_20180828002047134.jpg
建部山堡塁砲台端っこの壁
DSC03933_R_20180828002048737.jpg
弾薬庫上部への道がある
DSC03934_R_2018082800204947c.jpg
弾薬庫の通風孔一つ目
DSC03936_R_2018082800205091f.jpg
二つ目
DSC03938_R_20180828002052ee8.jpg
三つ目
DSC03940_R_20180828002053cbf.jpg
土塁に囲まれた広い空間が設けられている
DSC03941_R_20180828002055166.jpg
見難いが、中央に確かに観測所の様なくぼ地がある
DSC03943_R_20180828093008ce6.jpg
階段を降りて行くと、とのさんがいた
DSC03946_R_20180828093010f8a.jpg
見難いが、砲台には緑が似合っているかも
DSC03948_R_201808280930114b9.jpg
資料には防火用水貯水槽になっている、防火用貯水槽なら三分割する必要がどこにある?
DSC03951_R_20180828093013e73.jpg
一通り見て回ったので下山する
DSC03954_R_2018082809301414b.jpg
入り口の門柱の台座部分
DSC03957_R_20180828093015d93.jpg
また藪漕ぎしながら下って行く、熊が出るようになって、人が通らず荒れたそうだ
DSC03959_R_201808280930173af.jpg
少し開けた所から下を見るとのさん
DSC03960_R_201808280941213e7.jpg
本来堡塁砲台は攻勢の為でなく、こっちの裏側から攻められない様に防衛用の砲台なので、海を向いていない
打越の由良川から舟艇で昇って来る上陸部隊から防衛する陣地なのだ。
DSC03962_R_20180828094123951.jpg
倒木から逞しく、上に向いて枝が伸びている
DSC03964_R_20180828094124946.jpg
舞鶴湾が見える
DSC03971_R_20180828094126c3b.jpg
幅1km程度のこの湾に入ろうとする船は、各砲台からタコ殴りに砲撃される
安定して狙える陸上砲台が揺れる船より圧倒的に有利だそうだ、あくまでもこの当時は。
DSC03973_R_20180828094128a7f.jpg
実は下山の方が足に負担がかかったりするし、足元が見えん
DSC03958_R_2018082810123564a.jpg
足元どころか、道も見えん (くもの巣が多いので、とのさんにステッキで払ってもらい、楽をするyakumo)
DSC03974_R_20180828101237050.jpg
こんなん出て来ると、ちょっと安心する(出来れば分岐点にも付けてくれ)
DSC03976_R_201808281012382ff.jpg
登山道は2ヶ所ほど地すべりしていた
DSC03978_R_2018082810123911b.jpg
踏んでみるとふかふかで、やばそうだった
DSC03979_R_201808281012417ab.jpg
丹後由良からこの由良川を昇って上陸部隊が来る予想
DSC03981_R_2018082810124218a.jpg
やっと下山した
DSC03982_R_20180828101244d17.jpg
ちなみにとのさんはクマ鈴を装備していた、登山の時は十分自己責任で気をつけて!