FC2ブログ

舞鶴 海軍浦丹生水雷衛所 と陸軍浦入砲台入り口

IMG_4543_R.jpg
横浜から始発で東舞鶴まで行った
IMG_4545_R.jpg
レンタカーを都合し、生憎の雨の中探索をスタートする
DSC09883_R_201905122311402a2.jpg
前回の通り発電所の裏手から攻めて行く
DSC09887_R_201905122311411cb.jpg
行きに見つけたのは、海界34のみ
DSC09888_R_20190512231142b75.jpg
海軍浦丹生水雷衛所 到着
DSC09890_R_20190512231144393.jpg
最初から地面に埋没した形にこの施設は造られている
DSC09892_R_201905122311450c0.jpg
土塁の上から降りようとした時、ガサリと嫌な音を聞いた
DSC09893_R_20190512233202c49.jpg
野生のイノシシが飛び出して来た!
DSC09894_R_20190512233204b3a.jpg
後から子供も3匹着いて行く、同じ段差なら危なかった・・・
DSC09895_R_20190512233206042.jpg
改めて降りて行く
DSC09896_R_20190512233207b5a.jpg
室内に入るのはちょっと怖かった
DSC09898_R_20190512233207a6c.jpg
内部は前回どおり土砂が流入しているが、イノシシの暴れた跡が其処ここにある
DSC09901_R_20190512233208958.jpg
四方に出入り口か窓がある造り
DSC09904_R_20190512233210f1f.jpg
戻って来るのが怖いので、早々に建物から出る
DSC09907_R_201905132212440ba.jpg
観測所に登る
DSC09908_R_20190513221245d37.jpg
中身のレンガはイギリス積みだった
DSC09910_R_20190513221246654.jpg
全面モルタル塗り
DSC09913_R_20190513221248137.jpg
部屋状の形になっている
DSC09914_R_20190513221249f2c.jpg
ボルトがあるから屋根は有ったのだろう
DSC09915_R_20190513221251532.jpg
レンガに刻印は見つからなかったが、こんな線の入ったレンガはいっぱい有った
DSC09917_R_201905132252054c5.jpg
階段なのか埋まっていて判らない
DSC09918_R_20190513225207408.jpg
前回見落としたヒュウムカン
DSC09919_R_20190513225209595.jpg
覗いてみたら、何じゃこれは
DSC09921_R_20190513225210db3.jpg
下のほうにももう一つあったが、見るだけにした
DSC09922_R_20190514214500381.jpg
イノシシの後を追って、陸軍浦入砲台を探しに下って行く
DSC09924_R_201905142145025cf.jpg
滑り落ちそうな斜面に境界石を発見
DSC09925_R_20190514214503002.jpg
大きさ、形のまるで違う2本の標柱
DSC09926_R_20190514214505b4c.jpg
左は海界37
DSC09928_R_20190514214506696.jpg
かなり歪だが、防二三かな?
DSC09929_R_201905142145070a5.jpg
裏は陸。陸海の境界の境目になるようだ
DSC09930_R_20190514214508a2f.jpg
さらに下って行く、浦入砲台は、かなり低い位置にある
DSC09931_R_20190514221815db6.jpg
かなり際どい所に標柱があるDSC09932_R_20190514222129f7c.jpg
防一二
DSC09934_R_201905142223473f8.jpg
ここから先に降りず、左側(発電所側)に大きく進路を変える
DSC09935_R_20190514221817712.jpg
石垣が現れて来た
DSC09936_R_20190514221820470.jpg
破壊されたコンクリート片が多数転がる
DSC09937_R_201905142218207e0.jpg
一部出っ張った石垣がある、クレーンの台座だろうか?
DSC09939_R_20190514221822b97.jpg
石垣はかなり侵食されている
DSC09943_R_201905142243014b6.jpg
この砲台は発電所のために、かなり破壊されていると聞く
DSC09944_R_20190514224302a27.jpg
積み重ねられた瓦礫
DSC09945_R_20190514224304bce.jpg
焼きすぎレンガが使われている
DSC09946_R_201905142243052c6.jpg
これ以上進めそうも無い
DSC09947_R_2019051422430685d.jpg
コンクリートの破片が野積みされている
スポンサーサイト

東金 連隊本部壕及び大隊本部壕

キャンプが解散となって、そのまま帰る男達ではなかった
朝から陣地を回ってテンションの上がった自分に引きずられ、帰るつもりが帰れなくなってしまったネコさんとパパさん
その尊い犠牲の成果に連隊本部壕及び大隊本部壕と思われる地下壕を特定した
実は自分は以前にも調査をした事はあったのだが、本部壕として裏付けの調査となる

043_R_2019052120164912b.jpg
かなり茂った藪の中に突入して行く
046_R_20190521201650d6d.jpg
外界から切り離された古道の切り通しにそれはある
047_R_20190521201652f02.jpg
切り通しの左右にいくつもの穴が空いている
048_R_20190521201652d8b.jpg
掘り方は非常に綺麗だ
049_R_20190521201654e46.jpg
90度曲がった通路
053_R_20190521201655a16.jpg
ここはコの字の壕だった
056_R_20190521205045a4c.jpg
隣の壕は、埋まってしまって入れそうも無い
058_R_20190521205047ba3.jpg
切り通し自体が70年の歳月で、半ば埋まってしまっているのだ
059_R_20190521205048e50.jpg
推定大隊本部壕に入る、この地区は攻撃的陣地ではなく、事務的な役割のようで、規模は小さい
061_R_201905212050499e9.jpg
90度曲がると、左手には多数の棚状の掘り込み、右に二つの入り口が見える
063_R_201905212050503dd.jpg
いろんな形状、大きさの棚
066_R_201905212050520cf.jpg
右側の部屋にはいってみる
069_R_20190521211448e74.jpg
奥側の入り口から入る、壁はかなり分厚い
072_R_2019052121145083a.jpg
左側には大隊長の部屋だろうか、棚とベンチ(ベット?)がある
074_R_20190521211451cb1.jpg
右側に移動する
078_R_20190521211453eac.jpg
大きな棚が並んでいる
079_R_20190521211453111.jpg
かなり贅沢に造ってある壕だ
081_R_2019052121145522a.jpg
通路に戻る
084_R_20190521211456830.jpg
もう一つの入り口から脱出する

085_R_20190521215752e2e.jpg
推定連隊司令部壕へ入る
086_R_20190521215754f1f.jpg
さっきより太く広い通路
087_R_20190521215754b7a.jpg
壁に灯り置きが
088_R_201905212157567e9.jpg
まるで海軍の様な造りだ
091_R_20190521215757492.jpg
正面は衛所的な部屋だろうか?
093_R_20190521215759c6e.jpg
右に曲がる、また掘り込みのある通路だ
095_R_201905212210587db.jpg
左側の部屋の入り口
097_R_20190521221059946.jpg
仕上げのいい部屋で、灯り置きも各壁面にある
101_R_20190521221100a43.jpg
振り返ると鴨居や扉の蝶番の跡も有る、推定師団長閣下の部屋
104_R_20190521221102d38.jpg
こんな造りの入り口も珍しいものだ
103_R_20190521224034fb3.jpg
壁に有る深い棚
106_R_20190521224035db4.jpg
ネコさんの向いてる方向に進む
108_R_201905212240379f1.jpg
最初の入り口正面と似ている
109_R_20190521224037cc9.jpg
細い通路が延びる
111_R_2019052122403914c.jpg
掘りかけで終戦のようだ
112_R_201905221954089b7.jpg
引き返す
114_R_20190522195409330.jpg
反対側は開口部と左に通路がある
116_R_20190522195411253.jpg
開口部は竹林が酷いので出ない
117_R_20190522195411d85.jpg
下って行く通路
120_R_201905221954142e3.jpg
また、突き当たりか!
123_R_201905221954140f0.jpg
右下に階段が掘られている
124_R_20190522200519478.jpg
右に降りて行く
126_R_20190522200520901.jpg
左は封鎖された出入り口
129_R_20190522200521d2b.jpg
右の小部屋は衛所だろうか
131_R_20190522200523afd.jpg
突き当りまで来たので引き返す
137_R_201905222005257ab.jpg
特徴的ないい壕だった
138_R_20190522201936df1.jpg
再び激藪に突入していく
139_R_20190522201937304.jpg
次の穴を発見
141_R_201905222019389e6.jpg
二人歩ける大きめな壕
142_R_2019052220194022a.jpg
15mほどで左に90度
145_R_20190522201940d5a.jpg
曲がったら壁だった
149_R_20190522201942e20.jpg
次の壕はもっと酷い、3m
153_R_20190522201943f00.jpg
最後の壕の入り口は大きい
158_R_201905222019468f0.jpg
だが一本抗であった
170_R_20190522201946f39.jpg
戻ろうとした時、標柱を見つけた
171_R_201905222019483e2.jpg
頭に十字の他は読み取れる文字は無かった

178_R_20190522204037205.jpg
少し離れた機銃陣地に来た
179_R_201905222040394bd.jpg
入り口を入って、すぐにT字路になる
180_R_20190522204040276.jpg
更に左右とも1m程しかなく、何だこれ状態
181_R_20190522204041917.jpg
苦労して入って来たのに・・・
182_R_20190522204043b1c.jpg
パパさんの入った壕に向かう
184_R_20190522210124b6d.jpg
入り口は期待させられる
190_R_2019052221012875e.jpg
膝下の高さに複数のくぼみ
187_R_20190522210126fe8.jpg
しかし、奥を曲がって2mで終焉を迎える
189_R_201905222101279fb.jpg
確かにこの二つの壕は、道路の方を向いて、開口している
192_R_20190522210130c36.jpg
これで本日のイレギュラー探索を終える、毎回キャンプだけのはずが、探索に巻き込んで申し訳ないとは思うのだが
辞められないのだな、これが!

東金 キャンプ(ちょっとだけ戦跡)

今回は東金の海岸に、仕事帰りの集合で、純粋にキャンプに集まった
土曜の夜だが、新しく買ったキャンプ道具の試運転に付き合ってもらった
この時点では純粋にキャンプをして、朝飯を食って解散の予定だったのだが、またワガママな奴が居た
IMG_4634_R.jpg
大型スーパーで待ち合わせと食料調達を済ませる
IMG_4635_R.jpg
日が暮れて来たので大急ぎで海岸に向かう
IMG_4637_R.jpg
とりあえず場所を確保して、設営に励む
IMG_4639_R.jpg
現地でキャンプの神様ヤッシーさんと壕流、乾杯となる
IMG_4640_R.jpg
早速いつもの肉だけバーベキューが始まる
IMG_4644_R.jpg
しかし、今回はキムチ鍋を用意、パパさんが鍋奉行となる
IMG_4645_R.jpg
あっとゆう間に食材を食い尽くす
IMG_4647_R.jpg
あとは焚き火を囲み、午前2時まで語り合う
IMG_4648_R.jpg
翌朝5時前に日の出と共に起き出す奴が居る
IMG_4649_R.jpg
一人朝活に向う
003_R_20190519203439064.jpg
近くにある上田中坑道陣地に向う
008_R_20190519203441733.jpg
他方向に向けた速射砲陣地として良く知られている
010_R_201905192034428a6.jpg
広いのだが、天井が今一低い
011_R_20190519205532e0c.jpg
砲側弾薬庫
012_R_20190519205533089.jpg
013_R_2019051920553430c.jpg
開口部が見える
014_R_2019051920553595a.jpg
しかし半分は埋まってしまっている、速射砲砲室である
015_R_2019051920553653a.jpg
10年以上ここに有る冷蔵庫
016_R_20190519205538904.jpg
砲室全景
020_R_2019051921054332f.jpg
引き返し、次の分岐へ
021_R_201905192105451bc.jpg
右へ行く
022_R_20190519210546f92.jpg
開口部
023_R_20190519210547f95.jpg
あらゆる方向に砲を移動させながら対応出来る様に作ってある
026_R_201905192105493b1.jpg
分岐に戻る
028_R_20190519210550378.jpg
季節によって、床がぐちゃぐちゃになるが、今回はドライだった
029_R_20190519210553462.jpg
Yの字に分岐するが
030_R_201905192115504bc.jpg
左は土砂の流入で埋没
031_R_20190519211552b88.jpg
右側は妙に四角い通路
032_R_20190519211553df7.jpg
四角いまま終わる通路、弾薬庫なのかも知れない
033_R_20190519211554ec4.jpg
引き返す
034_R_20190519211556f39.jpg
最後の通路
039_R_20190519211558de4.jpg
墓地側に開口部が二つあるが、封鎖されている
IMG_4656_R.jpg
ざっと見て海岸に帰ってきた
IMG_4651_R.jpg
キャンプ地に向う
IMG_4659_R.jpg
しれっとキャンプに戻る
IMG_4660_R.jpg
IMG_4662_R.jpg
朝食の定番、チャーハンと餃子
IMG_4663_R.jpg
撤収
IMG_4665_R.jpg
IMG_4667_R.jpg
バンクシーの壁画を見て行く
IMG_4668_R.jpg
そして解散となる

勝浦 部原機関銃陣地

部原に向かう途中、気になる穴が有るという
DSC01962_R_20190511214355d2c.jpg
川津漁港の絶壁を登る(何故か一人だけ)
DSC01963_R_201905112143574e3.jpg
中々怖い眺めだ
DSC01967_R_20190511214359809.jpg
自然窟とは言いがたい3mほどの穴
DSC01964_R_20190511214357388.jpg
湾を監視するにはもってこいだ
DSC01969_R_20190512091339e88.jpg
怖くて下が見れない絶壁を降りていく
DSC01970_R_201905120913418a6.jpg
勝浦 沢倉の気になる穴に寄って行く
DSC01980_R_2019051209134840b.jpg
コンクリート擁壁されているが
DSC01979_R_201905120913474f9.jpg
壕口だけは残っている
DSC01972_R_201905120913428b2.jpg
単純な防空壕か?
DSC01974_R_20190512091343022.jpg
行き止まりかと思ったら、光が漏れている
DSC01977_R_20190512091345525.jpg
絶壁にぽっかりと開いた狙撃口だった
DSC02023_R_20190512093240dac.jpg
部原簡易パーキングに車を停め
DSC01982_R_20190512093237c63.jpg
捜索ポイントまでひたすら歩く
DSC01987_R_20190512093239ebb.jpg
パパさんが古道調査の際、見つけた小さな穴を確認に来た(画像を見る限り地下壕に見える)
DSC01988_R_20190512093837259.jpg
これが問題の穴
DSC01989_R_20190512093839ef4.jpg
入ると若干の水があり、二五穴っぽくもある
DSC01992_R_20190512093840240.jpg
入ってきた壕口、2/3が埋まっている
DSC01994_R_20190512122243c37.jpg
直角に右に曲がる、天井は低くなって行く
DSC01995_R_20190512122245974.jpg
壁には灯り置きがある
DSC01997_R_20190512122247667.jpg
道がY字に別れ、爆風避け兼すれ違い所となっている
DSC02000_R_20190512122247e9f.jpg
左に下って行く
DSC02006_R_201905121222492f4.jpg
今度は左右逆パターン
DSC02007_R_201905121222518cb.jpg
当然右へ進む
DSC02008_R_20190512191222158.jpg
飛来する小森さんを潜り抜け突き当りの部屋へ
DSC02009_R_201905121912239b0.jpg
大分蓄積されているが、銃座である、銃眼も奥まで伸びているタイプだ
DSC02010_R_20190512191223f0a.jpg
1m以上先に光が見える
DSC02012_R_2019051219122579d.jpg
狭くて同時に何人も入れないし、立てもしないので順番待ちの二人
DSC02015_R_20190512191228916.jpg
とりあえずねこさんに入ってもらう
DSC02017_R_20190512191229179.jpg
パパさんはすれ違い所で待機、昔もこんな感じだったのだろうか?
DSC02019_R_201905121912310e3.jpg
交互にそれを繰り返し検分して行く
DSC02021_R_201905121931015f8.jpg
見終わったので脱出する
DSC02022_R_20190512192911837.jpg
帰りに途中で見つけた銃眼らしき穴を外部から見つけたが、確証がない
1557656471235_R.jpg
後日ねこさんが単独で確認してくれた、確かに繋がっていたようだ
DSC02029_R_20190512192708e41.jpg
探索が終わり、野営ポイントへ移動する
DSC02025_R_20190512192709078.jpg
途中で肉と肉と肉と酒を買って行く
DSC02038_R_20190512192710620.jpg
今回は河原で野営だ
DSC02044_R_20190512192712ba8.jpg
野営ポイントで隊長達と合流
DSC02046_R_201905121927121f0.jpg
いい具合に火もおきた
DSC02050_R_201905121927142dc.jpg
ヤッシーさんも加わり宴が始まる
DSC02051_R_2019051219271649f.jpg
焚き火台と七輪で直火は避ける
DSC02053_R_20190512192717ca1.jpg
ひたすら肉尽くしのバーベキュー
DSC02056_R_20190512192719c7f.jpg
今日の成果を夜中まで語り合った
DSC02069_R_20190512192721b72.jpg
翌日はそれぞれ用事が有るので適当に朝飯焼いて解散となった
DSC02067_R_20190512192720d53.jpg
GW中であったが、時間的に逆になるので道路は空いていた
DSC02072_R_20190512192723a10.jpg
こんなパターンも結構楽でいいかも知れない

興津(おきつ)背射砲陣地

GWに千葉県勝浦の興津漁港にある、背射陣地を発見した
本来はキャンプがしたかっただけなのだが、ワガママな奴が居て、日中は穴探しになった
午前中は不本意な結果になったが、午後からのリトライは当たりだった。
背射陣地とは、湾や谷等の奥まった所に進軍してきた敵の、背後から袋叩きにするのが目的の陣地
上陸時に敵に見つかり難いのだが、一度上陸されたら自分等も逃げ道が無い背水の陣である
DSC01786_R_20190509183732130.jpg
今回は少数精鋭でのトライとなった
DSC01827_R_2019050918373396d.jpg
興津東漁港に到着
DSC01828_R_201905091837358b4.jpg
最近の漁港はうっかり停めるとお金を徴収する
DSC01829_R_20190509183736e6b.jpg
漁港の内側に大穴が開いている
DSC01831_R_20190509183737acb.jpg
横幅も広く、震洋ではない
DSC01834_R_201905091837398ac.jpg
しかし、奥行きは余り無く、回天、海龍でも無さそうだ
DSC01837_R_201905091837412a6.jpg
すぐ近くに震洋壕がある
DSC01839_R_20190509183742d97.jpg
サイズとしては、ほぼ半分である
DSC01840_R_201905091837437c9.jpg
一応海岸を見て回るが、特には見当たらない
DSC01841_R_20190509183745bb5.jpg
これは水の道だろう
DSC01843_R_20190509202744cda.jpg
東側は峻険すぎて、上陸ポイントにはならないだろう
DSC01846_R_2019050920274671b.jpg
一応、西漁港に移動する
DSC01852_R_201905092027471e1.jpg
海保界の他に、港海保ってなんやろ?
DSC01853_R_201905092027483fe.jpg
あそこに何か有る!
DSC01854_R_20190509202749698.jpg
一見祠かと思ったが、鉄の扉が付いている
DSC01855_R_20190509202751c71.jpg
扉は硬く錆び付いていて動かないが、パパさんが風が来るよと気が着いた
DSC01857_R_2019050920275258d.jpg
さっそくもう一つの入り口を見つけたパパさん
DSC01858_R_20190509211107e54.jpg
ワガママ言った奴、さっさと調べて来んかい!っと斥候に行かされる
DSC01860_R_20190509211108fc1.jpg
入り口は厳しいが、内部はしっかりしてそうだ、カナリアは主人に大丈夫な事を伝える
DSC01862_R_20190509211109252.jpg
比較的広く、しっかりした壕だ
DSC01865_R_20190509211112305.jpg
左手に分岐
DSC01866_R_20190509211113582.jpg
いや、弾薬庫のようだ、ここにこれがあるって事は、入って来たのは砲室だったようだ
DSC01871_R_201905092139087a7.jpg
今度は右に分岐がある
DSC01872_R_20190509213910a8a.jpg
左はパパさんに任せる
DSC01873_R_20190509213912ad8.jpg
右に行くとT字路だ
DSC01874_R_201905092139136a2.jpg
ちょっとクランクして
DSC01876_R_20190509213915ff6.jpg
さっき表から見た鉄扉だ
DSC01877_R_20190509213916058.jpg
左に行くと、すぐ右に部屋がある、足元には朽ちた扉が!
DSC01878_R_20190509213917fdd.jpg
中に入ると、正面に何か?
DSC01883_R_201905092203490ef.jpg
木枠の付いた棚が二つあったようだ、作戦室か?
DSC01886_R_201905092203494b5.jpg
壁に鎹も打って有る
DSC01885_R_20190510191314aae.jpg
これは棚の枠組み?木箱?
DSC01887_R_2019050922035152b.jpg
左へ行ったはずのパパさんがいる、ループしているようだ。何か叫んでいる
DSC01888_R_20190509220353509.jpg
水没だが広い部屋だ
DSC01891_R_2019050922035411f.jpg
この時点で長靴は自分だけ、奥に行ってみる
DSC01894_R_20190509220355e04.jpg
木箱が原型を留めて沈んでいる、小銃の弾薬箱か?
DSC01899_R_20190509220357672.jpg
たくさんある長方形の木箱
DSC01900_R_201905092203579c4.jpg
速射砲の弾薬箱だろうか?
DSC01903_R_2019050922040011a.jpg
奥に伸びる通路
DSC01904_R_20190509220400dfe.jpg
残念ながら下り傾斜の水没だ
DSC01907_R_201905092204024e7.jpg
方向的には海岸線に向かっているので、出入り口だったのだろう
DSC01916_R_201905101935356a3.jpg
棒状の金属も沈んでいる
DSC01918_R_20190510193537cd2.jpg
側面にある登り勾配の通路を上ると右に分岐がある
DSC01919_R_20190510193538f34.jpg
何かのパーツ?
DSC01922_R_20190510193540976.jpg
小さな部屋のようだ
DSC01923_R_20190510193540bea.jpg
横の壁になぜか釘一本
DSC01924_R_20190510193542ee5.jpg
更に登っていく
DSC01926_R_20190510193544bdf.jpg
残念ながら行き止まりだ、上部への抜き穴なのだろう
DSC01927_R_20190510201058810.jpg
さて、戻ろう
DSC01929_R_20190510201100cba.jpg
水没の部屋を経由して、メイン通路に戻る
DSC01930_R_20190510201101f84.jpg
この通路がループ部分で、最奥となる
DSC01936_R_20190510201102149.jpg
右に部屋がある
DSC01937_R_201905102011044f4.jpg
L字型の部屋
DSC01940_R_20190510201105fef.jpg
崩落防止か、意外に入り口が分厚い
DSC01942_R_20190510201106bf1.jpg
部屋を出て、最後のループを曲がる
DSC01944_R_20190510202937214.jpg
バックヤードは何も無いストレートな通路
DSC01945_R_20190510202938ff3.jpg
最初の交差点に戻ってきた、これで一周だ
DSC01946_R_20190510202940fd2.jpg
防錆塗料やリベットの無い溶接の扉は後世の物であろう
DSC01948_R_20190510202941705.jpg
もう一度部屋を見ていく
DSC01952_R_2019051020294524e.jpg
コンクリートで整形された間口
DSC01949_R_20190510202942021.jpg
扉で個室となっていた、特別な部屋
DSC01951_R_20190510202943aa0.jpg
悩ましい部屋だ
DSC01955_R_201905102029472ce.jpg
ねこさんも気になるようだ
DSC01957_R_20190510210235b2e.jpg
さて、脱出しよう
DSC01958_R_20190510210237bde.jpg
無事脱出
DSC01959_R_20190510210238db0.jpg
付近を捜すともう一つあった
DSC01960_R_2019051021024011b.jpg
しかしこちらは完全に天井が崩落していて、入る事が出来ない

秋谷機関銃陣地 空母氏御案内

西浦砲台並びに左翼観測所を見た後、「こんな程度じゃ満足しないぞ」とおっしゃる空母氏
佐島砲台は行ったと言うので、近場の機銃陣地に行く事にする

DSC09554_R_20190507134937999.jpg
とある漁港にやって来た
DSC09556_R_20190507134939947.jpg
プレジャーボートの預かり場にもなっている
DSC09558_R_201905071349391a8.jpg
こんな人達が乗っているのだろうな
DSC09560_R_2019050713494370e.jpg
海岸を歩き回る
DSC09559_R_20190507134941b2c.jpg
DSC09610_R_20190507134944498.jpg
DSC09612_R_20190507134946843.jpg
風雨に晒されてか、何も表面に読めない標柱が多くある
DSC09563_R_20190507165130371.jpg
銃眼、かなりの大口径の機銃を据えていたのだろう
DSC09562_R_2019050716512846e.jpg
ゴミを乗り越えて入って行く
DSC09571_R_20190507165133416.jpg
銃眼部は、砲撃を意識してかかなり重厚だ
DSC09566_R_201905071651303ae.jpg
床の銃座の穴、もちろんコンクリート
DSC09573_R_2019050722553310f.jpg
さて、進もう
DSC09576_R_20190507225535cd4.jpg
内部は立って歩くには、ちょっと低い
DSC09578_R_20190507225536e36.jpg
十字路に出る
DSC09579_R_201905072255387b3.jpg
左は爆風避け
DSC09580_R_2019050722553814e.jpg
右は壕口なのだが、戸板で塞がれている
DSC09582_R_20190507225540f9f.jpg
何故か置かれている一斗カンを越えていく
DSC09586_R_20190507225542147.jpg
微妙にあと10cm高く作って欲しい
DSC09587_R_20190507225543fc3.jpg
長い一本道が続く
DSC09588_R_20190507230511bf2.jpg
ちょっと水没がある
DSC09590_R_20190507230513008.jpg
このぐらいなら何とか
DSC09593_R_20190507230514dd5.jpg
かなり低くなってきた
DSC09594_R_201905072319394f9.jpg
たまにある背の立つ所はありがたい
DSC09596_R_20190507231941971.jpg
空母氏の歩みが止まる
DSC09597_R_201905072319415e4.jpg
水没だ
DSC09598_R_20190507231943dfe.jpg
今回は軽い立ち寄りだったので、長靴すら履いて来なかった
DSC09599_R_20190507231946745.jpg
仕方が無いので引き返す
DSC09604_R_20190507231946084.jpg
最後の難関
DSC09608_R_20190507231949d7f.jpg
意外とこれが大変だったりする
DSC09615_R_20190507232701aea.jpg
まだ日があるので、あそこに寄ってみる
DSC09619_R_20190507232705aed.jpg
久しぶりの長者ヶ崎砲台
DSC09617_R_2019050723270441f.jpg
駐車場から海を眺める
DSC09616_R_201905072327032e7.jpg
海に落ちているコンクリートの銃眼部分、何処から転がって来たか、未だに不明である
DSC09621_R_20190507232708218.jpg
今回は眺めるだけに終わった、またいつか行く事もあるだろう
IMG_4528_R.jpg
IMG_4529_R.jpg
帰りはお土産にプリンを買って帰った

西浦砲台 空母氏 御案内

DSC09432_R_20190504232941a31.jpg
空母氏を連れて、彼の念願の西浦砲台に移動する
DSC09433_R_20190504232942868.jpg
さっそく山に入る
DSC09435_R_201905042329448eb.jpg
今度は迷わず到着
DSC09437_R_20190504232946a59.jpg
右翼観測所の計算室
DSC09442_R_20190504232946b3f.jpg
観測所に上がる空母氏
DSC09445_R_201905042329484f9.jpg
コンクリートの分厚さがよく判る
DSC09446_R_20190504232949b1a.jpg
物入れも無く、伝声管の穴だけが空いている
DSC09451_R_20190506133646725.jpg
第一砲座は地震で崩れてしまっているので背後の塁道を迂回する
DSC09454_R_20190506133649bb5.jpg
右側の茂みが第一砲座になる、弾薬庫と共に埋没している
DSC09453_R_201905061336473a1.jpg
第一と第二砲座間には、小隊長位置が置かれる
DSC09455_R_2019050613365034f.jpg
二つの砲台を同時に見るので、かなり大型だ
DSC09458_R_20190506133652d11.jpg
砲台間の石垣は、丸みを帯びている
DSC09460_R_201905061336526be.jpg
砲座背後の土塁に上る階段(登っても土塁なので何も無い)
DSC09461_R_201905061336550fe.jpg
第二砲座の裏側から伸びる砲台への軍道がはっきり分かる
DSC09463_R_20190506144004d3d.jpg
各砲座には左右2つづつの弾薬庫がある(第一のみ右側弾薬庫埋没)。もしかすると榴弾弾頭部と炸薬がそれぞれ別に管理されていたのか?
DSC09464_R_201905061440061ee.jpg
第二砲座右側弾薬庫と、第一砲座左側弾薬庫は内部で接続している
DSC09467_R_201905061440061d6.jpg
弾薬庫内部はドロが流入、ぬかるんでいるので長靴が望ましい
DSC09469_R_2019050614400884f.jpg
一本の通路に2つの弾薬庫、前後にそれぞれの砲座に出る出入り口が基本構造
DSC09470_R_2019050614400979e.jpg
この程度の土砂はいい方だ、奥に行くほど酷くなる
DSC09472_R_20190506144011733.jpg
通路も庫内も地震で中央が割れ、隆起している
DSC09476_R_20190506144012ecb.jpg
全ての庫内には、奥にこんな入り口に向いた銃眼が設置されている
DSC09481_R_2019050619225748e.jpg
第一砲座左側弾薬庫、形は左右対称で同じだ
DSC09486_R_20190506192259897.jpg
第一砲座側出入り口、完全に埋没
DSC09490_R_20190506192259d6a.jpg
振り返り
DSC09493_R_201905061923014d7.jpg
弾薬庫の境目の柱は割れている
DSC09494_R_2019050619230413e.jpg
外に出て第二砲座から、第三砲座側に弾薬庫内から回り込む
DSC09496_R_20190506192304dc5.jpg
ここは隆起のしかたが半端無い
DSC09501_R_20190506192305d2b.jpg
西浦砲台のいい所は、落書き一つ無い所
DSC09504_R_20190506220456e28.jpg
第三砲座に出る
DSC09505_R_201905062204575ec.jpg
第三砲座は唯一何となく砲座の感じが判り、一部コンクリートも見える
DSC09506_R_20190506220458aa7.jpg
外部からちょっとだけ第二砲座側に戻る
DSC09512_R_20190506220500964.jpg
ここには危険な穴がある
DSC09507_R_201905062205008e3.jpg
ちょうど人間サイズの穴、深さ4mほどあるので、単独で落ちたらアウトだな
DSC09514_R_20190506220502b45.jpg
第三砲座からまた、弾薬庫経由で第四砲座へ
DSC09521_R_20190506220503027.jpg
この通路はドロが流入し、床の隆起がわからない
DSC09525_R_20190506220505945.jpg
第一砲座に近い埋まり方なんだろう
DSC09526_R_20190507121744dda.jpg
ここに当時のドラム缶と囁かれていた緑のドラム缶があるが、この上の方に同一のドラム缶が複数あり、ただの産業廃棄物であると判明した
DSC09530_R_20190507121745871.jpg
第三、第四砲座の間にも小隊長位置はある
DSC09541_R_20190507121752127.jpg
第四砲座にも砲座部分に穴がある、どこに穴が空いていて、上に枯れ木が被さって見えなくなっているか見えない物もあるだろうから、なるべく弾薬庫経由での通過をおすすめする
DSC09536_R_2019050712174729a.jpg
第四砲座左側の弾薬庫、こんな風に砲座の前面にある弾薬庫は他に例を見ない
DSC09538_R_20190507121749612.jpg
内部は同じ形だが、弾薬庫は一つだけとなる
DSC09540_R_201905071217509b7.jpg
これで西浦砲台を端から回った事になる
DSC09545_R_201905071257172fc.jpg
戻りがけに何か構造物が有る
DSC09548_R_20190507125719e0b.jpg
たった二段の号令代のようなものだ
DSC09552_R_20190507125720dfc.jpg
周りは平地になっているので、似たような用途だったのだろう

西浦砲台左翼観測所御案内

本来ここは住所的には横須賀市秋谷に含まれる地域なのだが、便宜上カテゴリーはこれで行く
この近辺にはコインパーキングなんて気の効いた物がないので、立石に集合する
今回は4人のメンバーが集まった、メインは静岡の星空母氏の御希望の西浦砲台だ
この砲台は完成直前に地盤不良で中止、さらに関東大震災で崩壊、地盤の悪さが露呈し放棄された曰く付きである
七年式三十センチ長榴弾砲4門が配備予定であったが備砲には至らなかった
同時に建設された左翼観測所が日影山頂に現存しているので、そちらから案内する
DSC09316_R_20190429220902e97.jpg
予定通り0800に到着するも、車中泊組みが起きてこない。車を揺らしても無反応だ
DSC09318_R_2019042922090332e.jpg
仕方が無いので散歩する
DSC09319_R_20190429220906354.jpg
海保界ってなんだろう?海上保安庁なんだろうけど相模湾沿いのみで見かける事がある、小坪とか
IMG_4524_R.jpg
海岸にある要塞地帯標、もはやほとんど風化している
DSC06310_R_20190429223209b0f.jpg
DSC06311_R_20190429223211cb8.jpg
DSC06312_R_20190429223213b74.jpg
陸軍の境界標柱
DSC06313_R_20190429223213289.jpg
コンクリート境界柵等を見て戻ったがまだ寝てる、3時過ぎまで飲んでいたらしい
DSC09324_R_201904292209061fa.jpg
ようやくメンバーが揃う
DSC09328_R_20190429220908c64.jpg
左翼観測所を目指して山を登る
DSC09329_R_20190429220909462.jpg
酒が抜けない二人はつらそうだった
DSC09331_R_20190429232120c58.jpg
目印の水槽
DSC09333_R_20190429232121ebe.jpg
二つの濾過水槽
DSC09334_R_2019042923212206d.jpg
石垣が並ぶ
DSC09335_R_20190429232123628.jpg
二つ目の水槽
DSC09336_R_20190429232125c1f.jpg
井戸のような構造物、この辺で道を誤りロスタイム
DSC09340_R_20190504121521f97.jpg
軌道を修正して境界石にたどり着く、防二三一
DSC09345_R_201905041215239e1.jpg
裏は陸
DSC09353_R_20190504121527d7c.jpg
抜かれてる標石もあった
DSC09352_R_20190504121525c4c.jpg
防二三三
DSC09348_R_20190504121524fdf.jpg
この辺で更に迷い、空母氏のスマホに助けられる(どっちがガイドやら)
1556015025485_R.jpg
笹薮にさえぎられ全く先が見えないし進めない(アケさん写真)
DSC09355_R_201905041224308b1.jpg
唐突に到着した!
DSC09357_R_201905041224311c8.jpg
空母氏のおかげだな
DSC09359_R_20190504123313b74.jpg
金属部分が多少残っている
DSC09363_R_20190504123315663.jpg
リベットの跡が萌える
DSC09368_R_20190504123319c7a.jpg
観測室に入る
DSC09365_R_20190504123315b3c.jpg
上の指揮所への伝声管みたいだが、でかすぎる。人が通過できる大きさだ
DSC09367_R_20190504123317b0d.jpg
天界から天使が覗いてる、あの世に行く日も近いか?
DSC09369_R_20190504123320653.jpg
外部に出る
DSC09371_R_20190504132947ccf.jpg
本来こっちが入り口
DSC09372_R_20190504132949f97.jpg
指揮所への階段、大谷石のようだ
DSC09375_R_20190504132950082.jpg
なぜそこだけコンクリートじゃ無い?
DSC09376_R_20190504132951767.jpg
隣には計算室と通信室がある
DSC09383_R_20190504132953ba1.jpg
右側の通信室
机に座って仕事するからいいが、アーチ部分は低い
DSC09384_R_201905041329547b1.jpg
煉瓦壁は後から部屋を区切ったようだ
DSC09386_R_20190504132955ff0.jpg
隣の計算室には上の側遠器台のテーブルの様な物が落ちている
DSC09390_R_20190504132957f28.jpg
上の指揮所からの伝声管を覗くと、悪魔が手招きしていた
DSC09392_R_2019050413481916e.jpg
上部には木製の本棚状の物がある(計算室側のみ)
DSC09395_R_201905041348208c3.jpg
人が集まってきたので出る
DSC09397_R_201905041348223b8.jpg
上の指揮所に登る
DSC09398_R_201905041348248b3.jpg
下から見上げた伝声管?部分、開閉式の扉があった様だ
DSC09401_R_20190504134825733.jpg
悪魔が覗いていた伝声管と物入れ
DSC09403_R_2019050413482680b.jpg
ボルトが残っているので、天蓋があったと思われる
DSC09408_R_20190504134827edf.jpg
二人程度でいっぱいなコンパクトな指揮所
DSC09411_R_201905041348297d9.jpg
観測所全景
DSC09413_R_201905041514125d9.jpg
人が立つとこんな感じ
DSC09409_R_20190504151411222.jpg
DSC09417_R_201905041514144a4.jpg
DSC09418_R_20190504151415190.jpg
思い思いに写真を撮ったのでそろそろ撤収する
DSC09420_R_201905041514167eb.jpg
帰りは正規の入り口方向から下山したが、また迷いに迷った
DSC09421_R_20190504151418425.jpg
別ルートでは未見の標石が見つかった、防二二〇
DSC09424_R_201905041514198d1.jpg
なぜかフォントの違う防二二五
DSC09429_R_201905041514220ff.jpg
DSC09427_R_2019050415142119c.jpg
防二二九
DSC09430_R_20190504153134505.jpg
最初に見つけた標石まで降りてきた
DSC09431_R_20190504153136902.jpg
あと半分で下山、帰りは楽だ
DSC09325_R_201905041531323ab.jpg
余計な時間をロスしてしまったので、用事のあるメンバーはここで解散となる

伊豆大島本土決戦陣地探索 その6

DSC09239_R_201904241938070e2.jpg
三原山登山道を下って行く途中、コンクリート構造物を見つけた
DSC09236_R_20190424193805027.jpg
入った瞬間は昔のトイレかとも思ったが、こんな場所に?しかも便器無いし
DSC09238_R_2019042419380729b.jpg
天井に複数の穴がある
DSC09235_R_20190424194559b18.jpg
奥の部屋はこんな構造だ、トイレには見えない
DSC09241_R_201904241938091aa.jpg
更に山を下り、とあるポイントで山に入る
DSC09243_R_20190424193812810.jpg
ここには15cm榴弾砲が8門据えられたらしい、ここも何となく円形に見える
DSC09244_R_20190424193812c67.jpg
蛸壺が多数開けられて、陣地の一部である事を示している
DSC09246_R_20190424195345549.jpg
早速遠景の石組みを発見する
DSC09247_R_201904241953476be.jpg
陶器製の土管と思われる物も見える
DSC09248_R_20190424195348cbe.jpg
ここまで判りやすい砲座とは!
DSC09250_R_20190424200619ac1.jpg
付近で即応弾薬庫と思しき穴を発見する
DSC09251_R_20190424200621ff4.jpg
入り口はかなり埋まっている、と言うか人間ギリギリサイズ
DSC09252_R_20190424200622b97.jpg
頭から突っ込むと、木材が立っているのが見える。入るしかない!
DSC09253_R_20190424200623779.jpg
溶岩の匍匐は死ぬほど痛い
DSC09255_R_20190424200624115.jpg
こちらは埋没しているが、MG陣地の可能性もありそうだ
DSC09257_R_2019042420062666a.jpg
またこれを登るのが辛い
DSC09261_R_201904242006273fe.jpg
さらに離れた場所で、もう一つ見つけた
DSC09263_R_20190424200629889.jpg
さらに狭いし、この後この服で飛行機に乗らなければならない、止めておこう
DSC09264_R_201904242006302b0.jpg
でも入ってしまった
DSC09267_R_20190424200632c8e.jpg
さっきと違い、ここは狭く何の痕跡も無かった
DSC09249_R_20190424202105b19.jpg
ここでタイムアップ、ガソリン入れてレンタカーを返却し、空港に行かなければならない
DSC09268_R_20190424202107df9.jpg
大島は日曜に開いているガススタは一軒のみ、当然レンタカー行列が出来ていた、しかも1L180円!マジか?
DSC09269_R_201904242021082b7.jpg
多少時間があったので、近くの牧場に寄ってみる
DSC09276_R_20190424202113106.jpg
DSC09279_R_20190424202113099.jpg
ウシってデカイ
DSC09281_R_20190424202115f0b.jpg
目的は、また食っていない昼飯だった
DSC09271_R_20190424202109734.jpg
しかし、カレーだのドン物だのの食い物は無かった
DSC09274_R_20190424202111663.jpg
と、言う訳で昼飯はこれ
075_R_201904242038562d6.jpg
手続きをするが、本土より大島の方がチェックが厳しい謎?
079_R_2019042420385877e.jpg
082_R_20190424203859538.jpg
さらば大島、また来るだろうけど
090_R_20190424203900488.jpg
あの辺りにも行って見たかったな~
 093_R_201904242039024bd.jpg
あっと言う間に三浦半島が見えてくる
095_R_2019042420390303b.jpg
池子弾薬庫通過
097_R_20190424203905fac.jpg
調布飛行場に到着、帰って来てしまった

DSC08585_R_20190424203907c3a.jpg
時間が早いので、調布飛行場と言えば旧軍の東京調布飛行場である
DSC09312_R_20190424205026831.jpg
桜並木にある門柱
DSC09314_R_20190424205028319.jpg
当時の名盤と言われている
DSC09315_R_2019042420503086c.jpg
京の字が米軍にイタズラされて、東東になっている都市伝説
DSC09285_R_2019042420501680c.jpg
次は大沢掩体2基
DSC09288_R_20190424205019687.jpg
陸軍の飛燕用の掩体壕
DSC09289_R_2019042420502000e.jpg
掩体壕は4つ現存している
DSC09290_R_201904242050224ea.jpg
良く壊されるが、しっかり修復されている
DSC09287_R_20190424205018bbb.jpg
DSC09293_R_201904242050247f3.jpg
前の部分は破壊されている
DSC09297_R_20190424205025c76.jpg


DSC09298_R_2019042421112043f.jpg
DSC09299_R_201904242111226af.jpg
DSC09302_R_20190424211123dcf.jpg
形は一緒だ
DSC09305_R_20190424211124ecd.jpg
この砂利引きの用水路も当時物らしい
DSC07347_R_20190424212020c75.jpg
DSC07349_R_2019042421202187a.jpg
DSC07353_R_20190424212022ca7.jpg
DSC07342_R_20190424212017a1d.jpg
DSC07343_R_20190424212019a9b.jpg
この付近は意外と遺構が残っているので、周って見るのもいいだろう