FC2ブログ

京都 祇園祭2019後祭 早朝編

祇園祭後祭の当日早朝、山鉾巡行の準備をしている山鉾を見に行った

297_R_20190728101650107.jpg
役行者山
300_R_20190728101651b0c.jpg
既に提灯や案内板が外されているので、不案内な人には保存会のシャツで識別出来る
301_R_20190728101653c40.jpg
柵が取り払われ、山本体が露出する
303_R_201907281016535b9.jpg
305_R_201907281016556e6.jpg
誉田屋源兵衛さん
306_R_201907281016563a1.jpg
現在は10代目が継いでいる老舗

312_R_2019072810170107f.jpg
黒主山
309_R_20190728101659855.jpg
311_R_20190728101701e40.jpg

314_R_20190728112600f32.jpg
鯉山
315_R_201907281126020b0.jpg
全くと言っていいほど進んでいない、間に合うのか?

319_R_20190728115030b1b.jpg
道を塞ぐような大船鉾
322_R_201907281150315c9.jpg
今年は手摺りの部分が塗装されていた
324_R_201907281150320db.jpg
意外に六本木ヒルズで展示された事もあるようだ
325_R_201907281150340f0.jpg
326_R_20190728115035c52.jpg
舵の取り付け、こうゆう作業が面白い
328_R_201907281150362cc.jpg
偉い人たちは裃
331_R_20190728115039f91.jpg
辻回しの竹は、自前で持ち運ぶ。水をかけてこの上に車輪を滑らせて回す
初期には「十四日舩鉾」と呼ばれていたが後に船鉾との区別の為、前祭の船鉾を出陣、後祭の船鉾を凱旋と見立て「凱旋舩鉾」と変更。国際伝統工芸博覧会に凱旋船鉾の復元展示を行う折り、韓国大統領の来日に考慮し、現在の大船鉾に変更した。

343_R_2019072813212843e.jpg
南観音山、まるで鉾のようだが曳き山である
345_R_20190728132130fee.jpg
349_R_20190728132132a7d.jpg
348_R_20190728132133f25.jpg
別名「下り観音山」

358_R_20190728133444769.jpg
南観音山と対を成す北観音山、別名「上り観音山」
361_R_20190728133446393.jpg
367_R_2019072813344760c.jpg
369_R_20190728133450a39.jpg
山と鉾の違いは、屋根の上やご神体の後ろに松が立てられているものが山、屋根の上などに鉾が立てられているものが鉾になる。

373_R_20190728134730975.jpg
八幡山
379_R_2019072813473288e.jpg
382_R_20190728134735bf5.jpg
380_R_20190728134735da2.jpg
総金箔の八幡宮を載せている

394_R_20190728143716338.jpg
浄妙山
383_R_20190728143710376.jpg
人形がすごい格好をしている
389_R_201907281437124e7.jpg
390_R_20190728143713f3f.jpg
宇治川の合戦に三井寺の僧兵筒井浄妙が橋桁を渡り一番乗りをしようとすると、一来法師がその頭上を飛び越え、「悪しゅう候、御免あれ」と前に進み出て先陣をとってしまったという。御神体(人形)は一来法師が浄妙の頭上を飛び越える一瞬をとらえてる。
391_R_20190728143714830.jpg
黒漆塗の橋桁にも数本の矢がささり戦さのすごさを示している。かつては「悪しゅう候山」とも呼ばれていた。

409_R_201907281446022a1.jpg
橋弁慶山
411_R_20190728144604fa8.jpg
これも人形2体が御神体
405_R_20190728144601c18.jpg
弁慶と牛若丸が五条の大橋で戦う姿をあらわしている
404_R_201907281446006ab.jpg
最近の担ぎ手には外国人が結構参加している

419_R_20190728145421778.jpg
鈴鹿山
413_R_20190728145748959.jpg
シルクロードを渡って来たペルシャ絨毯らしく、ラクダが特徴
418_R_201907281457508bc.jpg
421_R_20190728145423ff6.jpg
山に立つ松には鳥居・松・木立と宝珠を描いた絵馬がつけられるのも珍しい
425_R_20190728145425ec9.jpg
415_R_201907281454199a1.jpg
伊勢国鈴鹿山で道ゆく人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現(瀬織津姫尊)を、金の烏帽子をかぶり手に大長刀を持つ女人の姿であらわしている

432_R_201907281607314a3.jpg
役行者山
436_R_201907281607330fa.jpg
役行者と一言主神と葛城神の三体を安置し、この組み合わせは役行者が一言主神を使って葛城と大峰の間に、橋をかけたという伝承を想起させる
428_R_20190728160728d74.jpg
430_R_20190728160730b74.jpg
巡行時には、山伏がほら貝を吹きながら周る
433_R_20190728160733b80.jpg
でっかいわんこ付き?

439_R_20190728161743b31.jpg
最後の鷹山
444_R_201907281617453ca.jpg
2019年時点では復興途上で、町内什物を入れた唐櫃と徒歩での囃子を伴う「唐櫃巡行」として約200年ぶりに巡行に復帰。445_R_20190728161747c1f.jpg
涼しげでいい感じの装束だ
452_R_20190728161749d45.jpg
448_R_20190728161748fa5.jpg
令和4年(2022年)までに大屋根をつけた曳山として巡行参加することが決まっている。

昨日は御朱印を貰いながらの事で2時間ほどかかったが、今朝は1時間ほどで回れた

453_R_20190728163333402.jpg
一息尽いていると役行者山が迫って来た
456_R_201907281633349d4.jpg
巡行の準備に移動して行くのだ
458_R_20190728163336c4b.jpg
担ぎ棒はあるが、実は下に台車がついていたりする
461_R_2019072816333714f.jpg
橋弁慶山もやってくる
462_R_20190728163338b18.jpg
交通規制が始まり、9:30より山鉾巡行が始まる。もうすぐ本番だ!


スポンサーサイト



京都 祇園祭後祭2019 宵山編

7月17日の前祭(さきまつり)で23基の山鉾が巡行した後、24日の後祭(あとまつり)では10基の山鉾が巡行します。(今年から11基)
本来の祇園祭の姿に戻すもので、2014年には約半世紀ぶりに後祭が復活し、150年ぶりに大船鉾も復活しました。
長い間休み山となっていた鷹山も今回から復活し唐櫃での巡行参加となる、数年後には山として復活予定。
IMG_5863_R.jpg
京都駅に会社帰りに直行、そのまま烏丸御池まで地下鉄で直行する
005_R_2019072621270936a.jpg
地下鉄から地上に出たら、バッチリ鈴鹿山の前に出た
011_R_2019072621271265c.jpg
明日の山鉾巡行に備えて、後は人形等を乗せるだけの状態になっている
013_R_2019072621271334f.jpg
015_R_20190726212715a4d.jpg
019_R_20190726212716e15.jpg
後祭は始めての参加なので、ご朱印も集めて行く(ちなみに前祭と違い、百円がほとんど)
御朱印とはコレクターグッズでもスタンプラリーでもなく、自分で書いた経を収め、信仰や感謝の証として頂くものであるが、最近は神社仏閣の資金源として限定、バージョン違いなど1ヶ所で10種類を超える所もある。
008_R_20190726212711210.jpg
今夜は宵山、最終的な前夜祭となる

022_R_20190726220447189.jpg
役行者山
024_R_2019072622044952e.jpg
026_R_20190726220450c46.jpg
宵山の市街地は、ごった返している
027_R_20190726220452b10.jpg
028_R_20190726220453843.jpg
茅ノ輪潜り
029_R_20190726220455d81.jpg
030_R_20190726220456093.jpg
034_R_2019072622045763b.jpg
035_R_20190726220500d66.jpg
038_R_201907262205009e6.jpg
048_R_201907262205041f7.jpg
046_R_20190726220502efe.jpg
役行者山(えんのぎょうじゃやま)

054_R_20190727082318b38.jpg
鷹山、長い間戦災等の焼失により休み山となっていたが、200年ぶりに復活をとげる。曳山として完全復活は2022年予定
051_R_20190727082316842.jpg
058_R_201907270823200c4.jpg
056_R_20190727082318b8a.jpg
壁に投影されたプロジェクション

067_R_20190727133057dff.jpg
誉田屋源兵衛さんの個人参加の帯。私財のみでやっているらしい
077_R_20190727133058ac4.jpg
この鯉は毎年1匹ずつ増えて行く

083_R_20190727133059655.jpg
黒主山(くろぬしやま)
088_R_20190727133101273.jpg
087_R_20190727133057cb5.jpg
090_R_20190727133103bbc.jpg
093_R_20190727133104b7f.jpg
098_R_20190727133105d48.jpg

111_R_20190727134912e3b.jpg
浄妙山(じょうみょうやま)
114_R_20190727134915b0f.jpg
102_R_2019072713491028a.jpg
112_R_2019072713491327c.jpg

133_R_20190727135640d88.jpg
八幡山(はちまんやま)
125_R_20190727135633e16.jpg
126_R_2019072713563432b.jpg
134_R_2019072713564277f.jpg
129_R_201907271356370ff.jpg

137_R_2019072714071670e.jpg
北観音山「上り観音山」ともいう
144_R_2019072714072008e.jpg
145_R_20190727140722656.jpg
152_R_20190727140722375.jpg
155_R_20190727140724f8c.jpg
158_R_20190727140725bb7.jpg
161_R_20190727140726f20.jpg
140_R_20190727140718b06.jpg
山と言っても曳き山で、鉾と同じ形をしている

164_R_20190727151712470.jpg
南観音山「下り観音山」ともいう
170_R_20190727151715e32.jpg
172_R_20190727151717b2e.jpg
175_R_20190727151718abc.jpg
167_R_20190727151714996.jpg
後祭の最後を行く曳き山だったが、大船鉾の復活によりその役を譲る

185_R_20190727153453590.jpg
大船鉾、後祭の鬮とらずとして殿をつとめ、前祭の船鉾が出陣船鉾と称されるのに対して凱旋船鉾といわれていた
190_R_20190727153454d59.jpg
196_R_20190727153457a9a.jpg
204_R_201907271534594cd.jpg
大船鉾は平成26年に150年ぶりの巡行復活を遂げるが、未だ復興の途上である
207_R_20190727153459bed.jpg
失われた人形の復元もなされた
209_R_20190727153501f2c.jpg
しかし未だ塗装もされず向き身の木材そのままだ
216_R_201907271535039d3.jpg
224_R_201907271616427f2.jpg
コンチキチンを奏でながら、四条通を回って行く

229_R_20190727161643221.jpg
橋弁慶山(はしべんけいやま)
235_R_20190727161644d6d.jpg
240_R_20190727161648f6b.jpg
弁慶と牛若丸が戦った五条大橋
241_R_201907271616485cd.jpg
239_R_201907271616459c7.jpg
弁慶と牛若丸の人形
245_R_2019072716165220a.jpg
243_R_20190727161651122.jpg

246_R_20190727164258630.jpg
鯉山(こいやま)
253_R_2019072716430042a.jpg
254_R_20190727164301bdb.jpg
258_R_20190727164303ef9.jpg
265_R_2019072716430531b.jpg
269_R_2019072716430692f.jpg
龍門の滝をのぼる鯉の奔放な勇姿が人気
277_R_20190727164307922.jpg
黒い酒樽がカッコイイ、三列目の提灯になにがあった?
250_R_20190727164259a94.jpg


217_R_201907271705354aa.jpg
これで後祭参加の全11基の山鉾をコンプリートした事になる
225_R_201907271705354b6.jpg
宵山の姿が観たいが為だけに仕事帰りの横浜から駆け付けた馬鹿も居る
285_R_20190727170538f5e.jpg
22時になっても人は衰えず賑わっている、自分は満足と共に撤収する。
山鉾オリジナルの御朱印もコンプリートした、後は翌日の山鉾巡行の作戦を考えるだけだ

147師団の連隊本部とおぼしき巨大壕 周辺壕その2

397_R_20190717224403f7b.jpg
知らなきゃ判らないだろう壕口
399_R_20190717224404808.jpg
見事に人一人分の歩ける通路
401_R_2019071722440650e.jpg
小森さんを起点に左に曲がる
403_R_20190717224408fda.jpg
すぐに行き止まりだった
408_R_20190717224408d6a.jpg
引き返す
410_R_20190717224410671.jpg
次なる目標に移動する
415_R_20190717224412c33.jpg
また急斜面を降りていく
418_R_20190717232012043.jpg
写真では伝わらないが、奈落の底に落ちるような崖の淵に居る
419_R_201907172320142f1.jpg
落ちないように回り込んでいく
420_R_20190717232016df3.jpg
怪しげな所に到達
421_R_20190717232017e62.jpg
423_R_2019071723201896a.jpg
入れないが穴があったのか?
425_R_20190717232019596.jpg
他にも蛸壺なのか、人為的な掘削跡が見受けられる
429_R_20190717232022bc8.jpg
この時期の藪漕ぎはキツイ
430_R_20190717232023b90.jpg
事前に下見をしているねこさんとパパさんはサクサク進む。この二人のスペックはあなどれない!
431_R_201907172320246f9.jpg
いち早く壕口に到達し、枝掃いをしてくれるねこさん、ありがたい事だ!
433_R_20190717232025bb1.jpg
それでは突入する
435_R_2019072018141940f.jpg
壕口付近は土砂で水が抜けなくなっているので、軽く水没している
436_R_20190720181420e42.jpg
壁面に時折線があるなと思ったら
438_R_20190720181421f97.jpg
陰影をつけると矢印だった。一本道にいるのかそんなの?
439_R_20190720181422129.jpg
入り口付近から、碍子がある
441_R_20190720181425342.jpg
結構待遇のいい壕だったのだろう
442_R_20190720181427667.jpg
うねっているが、意外に幅のある壕内だ
443_R_2019072018231756f.jpg
普通に灯り置きもあるが、掘削中の物か
444_R_2019072018231972c.jpg
碍子自体が光る訳では無いので、通路自体はランプだったのかも知れない
445_R_20190720182319a4e.jpg
意外と長い通路だ、壕口から40mは来ているだろう
447_R_20190720182321e87.jpg
水路が真ん中にあるのがこの場所の工作隊の特色だろう
448_R_20190720182323a7e.jpg
この溝に木の板で蓋をして落ちないようにしていた。他で腐った蓋を見かけた
449_R_201907201823259b2.jpg
地下水の流れが、ポットホールを作っている
450_R_201907201823257a1.jpg
少し排水を考えて、登り勾配にしているようだ
454_R_20190720190443172.jpg
坂を登っていく
453_R_20190720190443e4e.jpg
碍子があるのはここまでだ、削岩機でも使っていたのだろうか?
455_R_20190720190445e2f.jpg
右に曲がる
458_R_20190720190446542.jpg
壕の高さが変わる、二段掘りの途中のようだ
460_R_20190720190447e9d.jpg
ここで掘り下げている途中で終戦となったのだろう
461_R_201907201904496d1.jpg
奥に進んでいこう
466_R_20190720190451431.jpg
狭いが左に曲がっている
467_R_201907201917191d8.jpg
地下水が溜まってしまっているようだ
468_R_201907201917207be.jpg
行き止まりが見えたので、これ以上進まなかった
471_R_201907201917214a7.jpg
後発が入って来たので、場所を譲り退出する

473_R_2019072020005046f.jpg
最後の壕は、向かい手にある
474_R_20190720200052289.jpg
突入する、入り口には水路があるが
476_R_201907202000520a2.jpg
すぐに無くなってしまう
477_R_20190720200054982.jpg
水の中にトロッコの枕木らしき物がある、空気と遮断状態に近いので、腐らなかったのだろう
482_R_20190720200056503.jpg
うねりながら登って行く通路
483_R_20190720200057fae.jpg
かなり風化した灯り置き
484_R_20190720200058ca6.jpg
坑木が何本か並んでいた跡がある、崩れやすい壕なのだろう
487_R_20190720200100f76.jpg
分岐点だが、正面はすぐ行き止まり
490_R_20190720201731cb5.jpg
左へ向かう
491_R_20190720201733b15.jpg
止め処なく染み出してくる地下水
493_R_20190720201733eeb.jpg
壁中がしけっていて、手を突くのもイヤな状態
496_R_201907202017369aa.jpg
滝のように染み出す地下水
498_R_201907202017398ae.jpg
階段状の所に、坑木が一本
500_R_20190720202724885.jpg
水の流れが、柔らかい地層を侵食して、変わった地形を作り出す
501_R_20190720202725878.jpg
滑る斜面を登ってきた
503_R_2019072020272770f.jpg
右に折れていやな色の通路を進む
505_R_20190720202728ee9.jpg
オブジェのようなでっぱりが、そこここにある
507_R_20190720202729a12.jpg
行き止まりのようだ
508_R_20190720205025393.jpg
下からパパさんが登ってきた
510_R_20190720202732bc9.jpg
なんか今回一番カッコイイ写真がこれだった
515_R_20190720202734b30.jpg
おまけの総軍さん
516_R_201907202056596a0.jpg
こうゆうの下るのは怖いんだよな
517_R_2019072020570067f.jpg
こんなとき、つい突き飛ばしてみたくなるのは、自分だけだろうか?
520_R_201907202057017a3.jpg
さて、探索終了
522_R_20190720205703ecc.jpg
下山するのがまた、大変だ!コケル人続出で下山した
523_R_20190720205704119.jpg
人里に下りてきて、ホッと一息ついた時
524_R_20190720205707318.jpg
オレノ時計が(ロレックス)が無い?とパパさん!ま、いいやと速攻で諦める。下山する時にコケテベルトが外れたらしい
1561497827071_R.jpg
とりあえず記念撮影
1561497832197_R.jpg
ついでに近くにある15Kの砲室を見に行く
527_R_201907202057086a3.jpg
実質的にはこちらは裏口
528_R_20190720205708663.jpg
風化した通路を抜けると
529_R_2019072020571089f.jpg
砲室があるのだが、お決まりの廃材で埋まっている
532_R_20190720205711761.jpg
すでにいい時間になったので、そのまま解散となる
536_R_20190720205713276.jpg
意外に空いていたアクアラインをのんびりと帰った

147師団の連隊本部とおぼしき巨大壕 周辺壕その1

264_R_2019071621270038c.jpg
この司令部壕への別の接続壕が有ると言う、尾根を越えて反対側に向かう
266_R_201907162127019f3.jpg
そしてまた、急激な斜面を降りていく
267_R_20190716212702020.jpg
協力者情報もあり、あっさり発見
268_R_20190716212703347.jpg
入るなり、うねうねしている通路
270_R_20190716212705f0f.jpg
277_R_20190716212707d6f.jpg
T字にぶつかる
278_R_201907162247066c2.jpg
左へ進む
279_R_2019071622470760d.jpg
程なく突き当たり
283_R_201907162247072ae.jpg
引き返す
285_R_2019071622470828d.jpg
今度は右側に進む
286_R_201907162247092f4.jpg
ズリ出しがされず、残っている
287_R_20190716224711bf0.jpg
こちらも突き当たりで終わりかと思ったら
293_R_201907162247139c7.jpg
少し手前の天井に、黄色い穴が空いている
294_R_20190716224714e5b.jpg
穴を見上げると、上に空間が見える。司令部壕のあのアナッポコの下に来ている
296_R_201907162302265c2.jpg
よじ登るが、限界。無理!
301_R_20190716224717e8e.jpg
総軍さんが、穴に首を突っ込んでいる図
302_R_201907162247181e6.jpg
さて、出よう

304_R_20190716231357b54.jpg
また斜面を登り、神社へ向かう
306_R_201907162313591ce.jpg
神社前のトレンチを丹念に調べるやる気のパパさん
307_R_20190716231403983.jpg
次の壕に向かうメンバー達
312_R_20190716231404fe2.jpg
やる気のパパさんが次の斜面に向かう!一見ただのオッサンだが、この国を将来背負う有能な若者達を教える先生と言われる立場にあり、探索に廃棄でベンツで乗り入れる兵である。左手にはロレックスが光る!
308_R_20190716231404f8e.jpg
人を見失いそうな原生林に入って行く
313_R_20190716231405517.jpg
下の見えない様な斜面を下る
314_R_20190716231406753.jpg
沢に沿って下って行くと
316_R_20190716231408dc0.jpg
壕口が見えて来る
317_R_20190716231409e9b.jpg
よくもこんな場所を見つけたモノだ!318_R_20190716231410c21.jpg
軽く水没している入り口に入って行く
321_R_20190717201456885.jpg
振り返り
325_R_20190717201458b91.jpg
真ん中に排水溝が有るが、壕口に土砂が蓄積しているので機能していない
327_R_2019071720145879e.jpg
くの字に曲がる
328_R_2019071720150177d.jpg
グチョグチョの床面に地下水が染み出している。あっさり終了
332_R_20190717201502ddb.jpg
さて、戻ろう
334_R_20190717201504699.jpg
すぐ近くにもう一つ地下壕がある
337_R_201907172015056ed.jpg
良くこんなの見つけたものだ
339_R_20190717203329b5b.jpg
壕口からは、止めど無く地下水が流れ出ている
340_R_201907172033311c4.jpg
一時期半分ほど土砂で埋まったのだろう、地下水が少しずつ復元してくれている
341_R_20190717203332a5d.jpg
20mもすれば、普通に歩けるようになる
343_R_20190717203334e55.jpg
爆風避けをへて、左に曲がる
345_R_20190717203334656.jpg
陸軍らしい、馬蹄形の通路
348_R_20190717203336c51.jpg
壁面にはいくつかの碍子が見られる
351_R_20190717203338d4c.jpg
振り向くと、僅かに広くなっていた事が判る
352_R_20190717203339b39.jpg
狭まりながら、右に軽く曲がる
356_R_20190717210059987.jpg
この辺には坑木を入れていた跡が壁面にある
358_R_20190717210100ff5.jpg
接続のミスか、ささくれた場所
360_R_20190717210103ab8.jpg
壁面の両側に碍子が付いている
363_R_2019071721010314f.jpg
激しくヤバイ色のドロ
1561497814480_R.jpg
足が激しく沈む、尚且つ抜けない
365_R_20190717210105595.jpg
行ける所まで行ってみる
362_R_20190717211058d7d.jpg
右にも一本通路がある
373_R_2019071721010566f.jpg
もはやこれ以上は行けそうに無い、土の質から外部からの流入と思われる
374_R_201907172110599f4.jpg
ヤバクなる前に引き上げる
379_R_20190717211100680.jpg
壊れた蛇口のように染み出す地下水
386_R_20190717211101722.jpg
こんな水分の高い壕を、何に使っていたのだろう
387_R_20190717211103b8d.jpg
抜け落ちた碍子
393_R_201907172111063fa.jpg
脱出!

147師団の連隊本部とおぼしき巨大壕

千葉市緑区土気町にある昭和の森に、崩落によりもうすぐ駄目だろうと言う壕がある情報が入って来た
急遽都合を合わせ、午後からならと5人のメンバーが集まった
080_R_201907112019379f5.jpg
掩体壕を茂原で見た後、公園駐車場に集合する
083_R_2019071120193831c.jpg
早速山に入って行く
086_R_20190711201940eae.jpg
公園内の散策路づたいに登って行く
091_R_20190711201942eeb.jpg
やる気のパパさんがどんどん先に行く、帰りがけの悲劇も知らずに・・・
089_R_20190711201943918.jpg
怪しげな脇道に外れて行く
093_R_20190711201944806.jpg
地図にも載っていない八幡神社に遭遇
097_R_20190711201946e55.jpg
境内にはトレンチ壕が数ヶ所ある
100_R_20190711201950961.jpg
木に捕まりながら、崖の様な斜面を降りて行く
101_R_201907112019514b5.jpg
ねこさんがあっさり壕口を見つける、ねこさんとやる気のパパさんは下見済みなのだ
102_R_201907112019497a8.jpg
では、いつもの様にカナリアは壕内の安全を確認に一人入って行く
105_R_20190711205812087.jpg
情報提供者の話によると、かなり崩落が進んでいる箇所が有るとの事だったが、問題無さそうだ
106_R_2019071120581446a.jpg
初っ端から奥行きのある部屋がある
107_R_20190711205814ff2.jpg
反対側にも同様の部屋がある
110_R_2019071120581645b.jpg
親指サイズの小森さん
113_R_2019071120581748f.jpg
すぐにまた左右に分岐が見える
114_R_2019071120581948b.jpg
右はちょっと窪んでいる程度
116_R_201907112058200b0.jpg
左は三畳一間って所か
119_R_20190711205822396.jpg
急激に壕が細くなるようだが、先が見えない
120_R_20190711205823405.jpg
この時点でこの壕はかなり大きそうだと伝え、外部にGOサインを出した
121_R_20190711221643553.jpg
狭くなった通路を進む
125_R_20190711221644e73.jpg
右手に分岐が現れる
126_R_20190711221644cea.jpg
かなり鋭角的に曲がっている、右側が壕口から来た道だ
127_R_2019071122164657e.jpg
右側に進んでみる
133_R_201907112216479b6.jpg
拡幅しようとしたのか、側面が割れた所がある。床にガレが無いので自然崩落ではない
136_R_201907112216495a8.jpg
天井の釘、不思議とこの壕内では碍子が見られなかった
138_R_20190711221650a1b.jpg
大型の灯り置きなら多数あったのだが
139_R_201907112235214c9.jpg
壁に20の文字が見える
142_R_201907112235226c7.jpg
線を挟んで20Mともう一つある、分岐点からなら大たいそんな物だが
143_R_20190711223522adf.jpg
少し離れて21と線が掘られている(この他には確認出来なかった)
144_R_20190711223524f78.jpg
頭文字と思わしき掘り込みが多数並んでいる、昭和の悪戯で入って来るには深すぎる地点だ
149_R_20190711223525028.jpg
灯り置きも30cmぐらいはある
152_R_2019071122352757b.jpg
行き止まりに見えたが、右に折れている様だ
155_R_20190711223528da5.jpg
下り加減にまた左に伸びている
160_R_20190711225314a71.jpg
うねりながら長く続く通路
162_R_20190711225315486.jpg
いったい何処まで伸びているのやら、結果的には776mあったらしい
164_R_201907112253160f7.jpg
右に分岐が現れた
166_R_20190711225317c12.jpg
久しぶりの外光が見える
167_R_2019071122532094b.jpg
開口部
168_R_201907112253206d7.jpg
出入り口部分は、綺麗に成型されている
170_R_20190711225323f6a.jpg
この壕唯一の生息部らしい広い空間
171_R_20190711225324b36.jpg
振り返り、この分岐は後で行く
172_R_20190711232201771.jpg
173_R_20190711232202541.jpg
生息部を右に曲がると殆ど埋まった壕口がある
177_R_201907112322029d2.jpg
左に進むと、複雑な道になる
178_R_20190711232204c46.jpg
また壕口だが、埋まっている
181_R_20190711232205728.jpg
爆風よけなのか?
182_R_20190711232207f21.jpg
また分岐
183_R_2019071123220960b.jpg
これも埋まった壕口だ
184_R_20190711233540ee1.jpg
反対側
187_R_20190711233541dc3.jpg
こっちは辛うじて通風程度に開いているようだ
188_R_2019071123354161b.jpg
191_R_20190711233543889.jpg
196_R_20190711233544891.jpg
202_R_20190711233546a56.jpg
207_R_201907112335479f3.jpg
208_R_20190711233549503.jpg
ねこさんを発見した
210_R_20190712212739411.jpg
この通路の先には面白いものがある
212_R_201907122127406db.jpg
床面が粘土質になってくる
213_R_20190712212741f35.jpg
酷くぬかるんで、尚且つ滑る
217_R_201907122127436d1.jpg
そんな状態で、急激な下り坂になる
223_R_2019071221274420d.jpg
下り坂とゆうか、穴になっている。これ以上は危険なので進めなかった
228_R_20190712220358ead.jpg
壁に複数の灯り置きが並んでいる、棚なのか?
224_R_201907122203575cf.jpg
偶然なのか、Ⅱに見える
229_R_20190712220359d46.jpg
最初に行かなかった直進コースに向かう
231_R_201907122204003f1.jpg
壁が剥離して崩れ始めている
232_R_20190712220402abe.jpg
少し造りも雑な気がする
234_R_20190712220403abb.jpg
崩落が激しくなってきた
237_R_201907122204056ff.jpg
崩落のせいで、 天井がメチャクチャな形になっている
239_R_20190712230536d6a.jpg
左右に部屋らしき物が並んでいるようだ
241_R_201907122305383ee.jpg
相当酷い崩落で、歩きつらい
244_R_20190712230538525.jpg
行き止まりのようだ、まだ未成なんだな
247_R_20190712230539b56.jpg
分岐まで戻り、メンバーのいる方へ向かう
248_R_2019071223054203f.jpg
壁面にまた文字を見つけた、関?
249_R_2019071223054314c.jpg
立村
250_R_20190712230545852.jpg
逆読みなら部隊
260_R_201907122334354e4.jpg
一通り見たので脱出する

千葉 茂原掩体壕(2019現状)

アナリスト探索の前に、時間が有ったので茂原の掩体壕を回ってきた
もう7~8年は行ってないような気がするので、行きがけの駄賃程度に行ってみた
001_R_20190707213936e89.jpg
前回訪問時には、11基の掩体壕を確認している
004_R_2019070721393869e.jpg
まず一つ目の小型機用掩体壕、個人敷地により立ち入れず
006_R_2019070721393992e.jpg
二つ目は有名物件の小型機用掩体壕
007_R_20190707213940645.jpg
大分荒れた様な気がする
016_R_2019070721394647e.jpg
三つ目、これが小型機用掩体壕
012_R_201907072139438be.jpg
入り口は偽装網で隠されている
014_R_201907072139449cd.jpg
個人の敷地に有るので、一応お断りして、裏側からならいいよと許可済み
015_R_2019070721394508b.jpg
むっちゃ畳かムシロの跡が着いている
017_R_20190707221320c76.jpg
四つ目、市の保存掩体壕
018_R_20190707221322e99.jpg
中攻用の掩体壕
019_R_20190707221323494.jpg
だいぶ薄れて読みづらくなった
020_R_201907072213253f0.jpg
下半分は埋まっているが、状態はまぁいい方だろう
021_R_2019070921241386d.jpg
五つ目は四つ目の裏にある
023_R_20190709212415ba0.jpg
いつの間にかソーラーパネルに埋まっていた
025_R_201907092124164c9.jpg
壊されないだけ、まだマシだろう
027_R_20190709212418acf.jpg
六つ目は完全に庭の中の駐車スペースになっている
029_R_201907092124194d7.jpg
中攻用の大きな物だ
030_R_201907092124207ca.jpg
七つ目の掩体壕
031_R_20190709212422663.jpg
その隣に、八つ目の掩体壕があったはずなのに無い、googleに映っていなかったのでもしやと思ったが
032_R_20190709212424b96.jpg
痕跡はこれだけだった。地元の人に聞いたら5年ほど前に土地の半分を売却し、買い取った団体が破壊してしまったそうだ。
破壊後5年間も放置するなら、壊さないで欲しかった。2016年9月頃に破壊されたと情報を頂きました
033_R_20190709214859939.jpg
もう1基も、いつまで持つやら? 
043_R_2019070921490099c.jpg
改めて八つ目の掩体壕に向かう
044_R_20190709214901a28.jpg
小型機用の掩体壕
047_R_201907092149030f3.jpg
床面もコンクリート舗装
048_R_201907092149052e5.jpg
この手のタイプは、土盛りにゴザを敷いてコンクリートで上から固め、後に中の土を掘り出し空間にする方法
049_R_20190709214906cc1.jpg
珍しく、お尻の方が尻つぼみにあまりなっていない掩体壕(こっちがお尻)
067_R_201907102059176ab.jpg
九つ目は、会社兼個人邸の奥にある
055_R_20190710205909107.jpg
知らなきゃ判らないだろうな?
056_R_201907102059097c2.jpg
お家の方に撮影許可を貰う
060_R_201907102059136d0.jpg
中攻用の大きな掩体壕だ
058_R_20190710205911e3e.jpg
謎の針金がいっぱい出ている
066_R_20190710205915f49.jpg
下の土台は先ほどの掩体壕と同じ作り方で、上の方は型を作り、コンクリートを流し込む方法が取られた様だ。
こんな部分を見て回ると面白いものだ。
064_R_20190710205914281.jpg
天井部には、ちゃんと金網が入っている061_R_20190710211852ec3.jpg
トラクターが10台ぐらい入りそうだ
062_R_20190710211854649.jpg
ちゃんとことわれば、見せてくれるので一声掛けよう!
068_R_201907102118558de.jpg
すぐ近くの住宅地に、埋もれるように最後の掩体壕がある
069_R_201907102118564b6.jpg
小型機用なので、まったく目立たない
070_R_20190710211858268.jpg
十個目の掩体壕
072_R_20190710211900376.jpg
これは大工さんの作業場になっていたのだが、家が廃屋になっていた
073_R_201907102119021f3.jpg
雨漏りがするので、上土を退けてしまったそうだ
075_R_201907102119032c2.jpg
使われなくなって久しい様だ、元気な大工さんだったのだが・・・
076_R_20190710211904bec.jpg
これで、現存10基の掩体壕を見た事になる所要時間約2時間で全部回れた。

舞鶴 第三火薬廠 その4

DSC00912_R_2019070223380382e.jpg
この辺に溶酸破砕場が有るはずだが
DSC00913_R_20190702233804483.jpg
瓦が散らばる場所がある、これがその跡なのだろうか?
DSC00914_R_201907022338069f7.jpg
枝道に入って行くと
DSC00916_R_20190702233808635.jpg
爆薬庫411があった
DSC00918_R_201907022338083d5.jpg
米軍管理番号411
DSC00919_R_2019070223380916d.jpg
手前に何か見えるが後回し
DSC00920_R_201907022338104c5.jpg
見た感じ、爆薬庫392と同じ構造の様だ
DSC00921_R_2019070223381397e.jpg
うっすらと迷彩塗装も見て取れる
DSC00925_R_20190702234855fc1.jpg
鉄扉の状態はいい
DSC00922_R_201907022348515ba.jpg
ここはかなり保存状態がいいようだ
DSC00923_R_2019070223485444d.jpg
天井に格子や壁の板張りがほとんど残っている
DSC00924_R_20190702234853a31.jpg
若干浸水しているが、さっきよりマシだ
DSC00927_R_201907032226575c5.jpg
ほぼ内部全景
DSC00931_R_20190703222659797.jpg
外壁に着いているこの木材は何だろう?
DSC00936_R_201907032226591e9.jpg
傘の着いた電灯が残っている
DSC00937_R_201907032227022e7.jpg
下手に入り込むと、足が抜けなくなるから注意が必要だ
DSC00943_R_20190703222704615.jpg
道はまだ奥に続いているのだが、建物として爆薬庫が谷の最深部なのがここのセオリーの様なので引き返す
DSC00945_R_2019070322581805d.jpg
橋の衛所まで戻ってきた
DSC00946_R_20190703225816c9f.jpg
Y字分岐の左に行って来たので、今度は右に行く
DSC00952_R_201907032258205c9.jpg
左手に水槽が現れた
DSC00954_R_201907032258206e6.jpg
緑に覆われ、全貌が良く分からないが、結構大きい
DSC00961_R_2019070322582747b.jpg
竹に覆われて分かり難いが、広範囲に基礎がある
DSC00951_R_201907032258283af.jpg
DSC00958_R_201907032258326ed.jpg
これはトイレっぽい?
DSC00956_R_20190703225835a2e.jpg
DSC00963_R_20190703232721808.jpg
DSC00965_R_201907032327234ad.jpg
DSC00966_R_201907032327231be.jpg
DSC00968_R_20190703232726600.jpg
DSC00971_R.jpg
資料的には風呂場らしい
DSC00974_R_201907032329453a7.jpg
くぼ地の中に、配管らしき物が見える
DSC00975_R_20190703232946f8c.jpg
一部道路が崩れている所もある
DSC00976_R_2019070323294820a.jpg
また水槽だ、資料には無い
DSC00977_R_20190703232950f16.jpg
まさかこっちが風呂か?違うと思うが
DSC00978_R_2019070323295101b.jpg
またアーチトンネルが見えてきた
DSC00980_R_20190703232952b91.jpg
DSC00981_R_20190703232953e52.jpg
気にしてなかったが、画像で見るとトンネルがネジれて見える
DSC00982_R_2019070323295566f.jpg
位置的には火薬乾燥場
DSC00983_R_2019070323295697e.jpg
何となく奥に基礎が見えるが、ぬかるんで近寄れない
DSC00986_R_201907042215473b6.jpg
何やら穴がある
DSC00991_R_20190704221548688.jpg
何だろう?釜だったとか?
DSC00992_R_20190704221550ce7.jpg
また小さめなトンネルが現れた
DSC00993_R_20190704221550b11.jpg
トンネル内が川となっているので歩きにくい
DSC00994_R_201907042215529d7.jpg
元はトンネル脇に水道があったようだ
DSC00996_R_20190704221553f7d.jpg
川に沿って進んでみる
DSC00997_R_20190704221554448.jpg
これ以上は資料にも建物は無いし、引き返す事にする
DSC00998_R_20190704224554b32.jpg
一つ目のトンネルをくぐり
DSC01000_R_20190704224555347.jpg
二つ目をくぐる
DSC01002_R_20190704224556730.jpg
本来川の水は、この土管を通過するはずだが、埋まってしまっている
DSC01007_R_20190704224558662.jpg
そんな物を見ていたら、これは!
DSC01008_R_20190704224600114.jpg
川に下りてみると、すごい形で生えている消火栓を発見
DSC01009_R_201907042246011b4.jpg
キャンプ場に有ったやつと同じ様だ
DSC01011_R_20190704224602672.jpg
路肩が崩れ、90度横倒しになっているのだろう
DSC01012_R_20190704225411e82.jpg
DSC01015_R_2019070422541297e.jpg
あれは
DSC01017_R_201907042254149f8.jpg
地下壕じゃないですか!
DSC01018_R_201907042254158c6.jpg
すぐ、崩れて終わりかと思ったら
DSC01019_R_20190704225416d21.jpg
どっこい繋がっていた
DSC01020_R_2019070422541751b.jpg
DSC01023_R_201907042254193d9.jpg
これ以上は駄目そうだ、粘土質の崩れやすい壕だった
DSC01025_R_2019070518385244f.jpg
ここで予定時間を使い切ったので撤収する。(第三火薬廠の半分ぐらいかな)

DSC01026_R_20190705183854ef8.jpg
東舞鶴駅に戻る前に、ちょっと寄り道をした
DSC01027_R_2019070518385502a.jpg
通常向け見学コース、引揚記念館
DSC01030_R_2019070518385674f.jpg
DSC01034_R_20190705183858596.jpg
DSC01036_R_201907051839008c3.jpg
DSC01047_R_20190705183900797.jpg
DSC01049_R_20190705183902d3e.jpg
DSC01051_R_20190705183904845.jpg
DSC01042_R_2019070518465764d.jpg
DSC01052_R_20190705184659d4f.jpg
DSC01053_R_20190705184659f21.jpg
DSC01054_R_20190705184701886.jpg
DSC01055_R_201907051847027bf.jpg
DSC01056_R_20190705184705b7f.jpg
引揚の港はもう遺構は無いようだ
DSC01059_R_20190705192134c7b.jpg
復元桟橋があると言うので、一応行ってみた
DSC01060_R_201907051921365a3.jpg
DSC01063_R_2019070519213948f.jpg
DSC01061_R_20190705192136d93.jpg
DSC01062_R_20190705192138680.jpg
DSC01064_R_20190705192141b87.jpg
DSC01071_R_20190705192145533.jpg
DSC01067_R_20190705192142478.jpg
DSC01069_R_20190705192144822.jpg
鎮魂を祈りつつ、撤収する
IMG_4552_R.jpg
IMG_4553_R.jpg
東舞鶴駅に着くと、タイムリーにこんな物が有った

舞鶴 第三火薬廠 その3

DSC00842_R_20190630211013f9e.jpg
竹やぶのアーチと海軍トンネルのアーチ
DSC00843_R_20190630211014351.jpg
このアーチも第三火薬廠の名物だ
DSC00846_R_201906302110176a5.jpg
トンネルの反対側、名盤は無い
DSC00845_R_20190630211016bb3.jpg
爆薬庫392
DSC00847_R_20190630211018c1e.jpg
手前に建物の基礎と、小川がある。こんな湿気のある所でいいのだろうか?
DSC00848_R_20190630211021b86.jpg
入り口前を流れる小川
DSC00849_R_2019063021102291a.jpg
鉄の扉もそのまま朽ちずに残っている
DSC00850_R_20190630220233b68.jpg
ブレーカーボックス?火花が出ない様に、屋外設置か?
DSC00851_R_20190630220234bbc.jpg
リベット感の素敵な扉
DSC00852_R_20190630220235f65.jpg
内部は深く浸水している
DSC00853_R_201906302202376b6.jpg
壁一面には木材が貼り付けてあったのだろう
DSC00856_R_20190630220238cc9.jpg
当時の(朝鮮戦争)?電灯がぶら下っている
DSC00857_R_20190630220240c69.jpg
なんか綺麗だな
DSC00862_R_20190630220241c8a.jpg
爆薬庫には、迷彩塗装が施されている
DSC00864_R_20190630220242d69.jpg
山側は腐食が少ない
DSC00869_R_20190630222257962.jpg
壁板の一部が残っている
DSC00871_R_2019063022225895f.jpg
DSC00872_R_201906302223008ef.jpg
DSC00874_R_2019063022230134c.jpg
一つだけ、土砂で埋まっている扉がある
DSC00875_R_20190630222303b69.jpg
リベットがいい
DSC00877_R_20190630222304317.jpg
迷彩効果が結構効いている
DSC00878_R_20190630222306b63.jpg
この奥は道が消えてしまっていた
DSC00880_R_201907011859280a1.jpg
戻ろうとした時
DSC00881_R_20190701185930135.jpg
なんか嫌な物見た気がする
DSC00883_R_201907011859317b4.jpg
この後、少し山に入ってみたが
DSC00884_R_20190701185932cfc.jpg
さすがに施設がら何も見つからなかった


DSC00891_R_201907011959175e8.jpg
違う谷に移動した
DSC00896_R_20190701195922392.jpg
橋を渡り、川の対岸に回りこむ
DSC00893_R_20190701195919097.jpg
衛所と思われる煉瓦構造物がある
DSC00894_R_2019070119592004c.jpg
モルタル塗りで、天井(庇)の角度が曲がっている
DSC00895_R_2019070119592292f.jpg
覗き窓は川沿いの通路方向に向いている
DSC00897_R_201907011959248f4.jpg
通路には、土塁に囲まれた入り口がある
DSC00898_R_201907011959252dd.jpg
良くみれば、立派な石垣になっていた
DSC00900_R_201907012036472e1.jpg
かなり広い広場だが、湿地になってしまっている
DSC00901_R_20190701203648b0e.jpg
かなり大きな建物の基礎が見える
DSC00902_R_20190701203650aed.jpg
大量のおたまじゃくしも見える
DSC00892_R_2019070120454091c.jpg
衛所の前を戻り、道に戻った
DSC00903_R_20190701203650023.jpg
道沿いにもあちこちに基礎が有るが形は判らない
DSC00904_R_20190701203652320.jpg
ボルトの入った、しっかりした建物だったのだろうが、記録に無い
DSC00905_R_20190701204541a8b.jpg
気が着かない建物跡は、きっとまだ有るのだろう
DSC00906_R_20190701204543756.jpg
道の反対側、右手にはプールがある
DSC00907_R_201907012045443d9.jpg
これは奥行き
DSC00908_R_201907012045458cf.jpg
横方向に道に沿って伸びる貯水槽だ
DSC00909_R_2019070120454707b.jpg
プールの直前まで山から小川が流れる、プールに直結していたのか、鉄のパイプが上流まで続いている
DSC00910_R_20190701204548b53.jpg
もっとも、現在はこんな有様だ。私見だが、消火栓の導水パイプかも知れない(後記あり)
DSC00911_R_201907012045491a4.jpg
更に奥に進んで行く

舞鶴 第三火薬廠 その2

DSC00760_R_20190625225654481.jpg
土塁に囲まれた「409」
DSC00761_R_20190625225655bfc.jpg
この番号は、米軍の管理番号。日本の管理番号は財665だ
DSC00763_R_20190625225656a22.jpg
内部は水没しているが、状態はいい
DSC00764_R_20190625225658a39.jpg
板を張って、コンクリートを固めた痕跡が見える
DSC00767_R_20190625225700564.jpg
いったい何の施設だったのだろう
DSC00768_R_201906252257018a3.jpg
土塁の上から見て見る。空から見てもぜんぜん判らない様に偽装されている
DSC00769_R_201906282215543cc.jpg
別の谷に入ってみる
DSC00770_R_20190628221556391.jpg
あった
DSC00772_R_20190628221556fe1.jpg
財664、続きナンバーだ
DSC00775_R_20190628221558adc.jpg
内部は同じ
DSC00777_R_2019062822160185c.jpg
米軍の番号は読み取れなかった
DSC00780_R_20190629200510e67.jpg
ロシア病院の隣にある建物に移動する。これが5月の茂り方だ、左半分が建物。
DSC00781_R_20190629200511e75.jpg
基本的にはロシア病院に酷似した建物だ、同じく砲炸薬成形工場
DSC00783_R_20190629200513e70.jpg
外部から回り込む
DSC00787_R_2019062920051329e.jpg
DSC00791_R_20190629200516f63.jpg
溝の掘られた部屋
DSC00792_R_2019062920051676a.jpg
あとは小さな部屋が並ぶ
DSC00797_R_20190629200518244.jpg
ほとんどに煉瓦の台座がある
DSC00799_R_201906300817562f3.jpg
奇妙な独立した建物があった
DSC00801_R_201906300821107bf.jpg
中外共に鉄パイプで囲まれ、内部は水没、天井は30cmほどの穴が開放している
DSC00804_R_20190630081759354.jpg
気を抜くと、そこら中にあるくぼ地に水が溜まっている
DSC00805_R_20190630081759f92.jpg
ここも裏表で2棟並んでいる
DSC00806_R_201906300818021f8.jpg
煉瓦2組、壁の穴2つの部屋が並ぶ
DSC00809_R_2019063008180319a.jpg
この辺はキャンプ場の建物に酷似している
DSC00810_R_2019063008180487d.jpg
やはり別棟がある
DSC00811_R_20190630085555414.jpg
小さな用具庫?のもの背面
DSC00813_R_20190630085556ad9.jpg
表にはこんな部屋が並ぶ
DSC00816_R_20190630085557c1f.jpg
どんな作業をしていたんだろう
DSC00817_R_201906300856009ec.jpg
DSC00818_R_20190630085600119.jpg
ここでいやな物を見た
DSC00819_R_201906300856029a3.jpg
意外に新しい靴が揃えてある、とりあえず上には誰もぶら下っていなかった
DSC00820_R_2019063009204104a.jpg
DSC00821_R_20190630092043e9b.jpg
ここだけは扉が付いていた、事務所のような物か?
DSC00822_R_20190630092044557.jpg
基本的には同じ建物だが、こっちの方が荒廃が激しかった

DSC00823_R_2019063009340126b.jpg
切り通しの中に、人工物が見える
DSC00824_R_20190630093403ddf.jpg
石垣が組んである
DSC00825_R_201906300934054a5.jpg
米軍管理番号394粉末一時置き場
DSC00834_R_20190630093408d93.jpg
日本管理番号財661
DSC00832_R_20190630093407886.jpg
中は前の2つより広めだった
DSC00831_R_20190630093405827.jpg
ここに有るのは朽ち果てたスクーターが一台だけ
DSC00837_R_2019063009204518d.jpg
表に出ると、コンクリートの建物基礎がある
DSC00839_R_201906302056305a0.jpg
五月の頭でこれだから、7.8月なんかは全く見えないだろう
DSC00840_R_20190630205631441.jpg
手前の地面はコンクリートで固めてある
DSC00838_R_2019063020562822e.jpg
建物裏山に、軽トラ道があるが、現代の林業用なのかは不明