FC2ブログ

千葉 鴨川流しソーメン

IMG_6247_R.jpg
今回は渓流でのソーメン大会となる
IMG_6249_R.jpg
アナリスト名物、流しソーメン
IMG_6252_R.jpg
今回は特性スライダーが、また進化した
IMG_6257_R.jpg
かなり快調に流れていく
IMG_6256_R.jpg
今回も16人の参加者が集まり、盛況であった
IMG_6258_R.jpg
今回のソーメンは30人前、結果的に余裕で無くなる
IMG_6259_R.jpg
ヤッシーさんがなんと、バイクで登場した。降りてきたんかいあの斜面!
IMG_6261_R.jpg
8ヶ月の沈黙を破って登場の「のだの人」登場
IMG_6265_R.jpg
さっそく戦線に参加する
1566790013997_R.jpg
〆にはスイカ職人の切り分けが披露される
1566789648882_R.jpg
16人の猛者達とポリタン1個
IMG_6266_R.jpg
全ての片付けを終えて、撤収する
DSC07277_R_2019082621220210b.jpg
勝浦の海岸にやってきた
1566821088358_R.jpg
ビキニのおネーちゃんを物色する人達
DSC07280_R_2019082621220436f.jpg
海に来て、山に入って行く人達
DSC07282_R_20190826212213847.jpg
ブランクも感じさせず、トップで銃眼にたどり着く人
DSC07283_R_20190826215346a76.jpg
壕口到着
DSC07287_R_201908262153486f8.jpg
突入
DSC07289_R_201908262153491b3.jpg
DSC07291_R_20190826215350df2.jpg
この壕の特徴である、切り替えし
DSC07293_R_20190826215352594.jpg
突き当たりの銃室
DSC07295_R_20190826215353479.jpg
銃眼は辛うじて貫通している
DSC07300_R_20190826215355e44.jpg
銃眼から見たビーチ
DSC07303_R_201908272326521d9.jpg
場面を勝浦に移動する
DSC07306_R_20190827232653f90.jpg
海岸を狙う銃眼
DSC07311_R_201908272326569e9.jpg
こちらが陣地への壕口
DSC07309_R_20190827232657665.jpg
到達するにはちょっとした斜面を横移動する
DSC07312_R_20190827232658e6c.jpg
壕内へ突入するが、低い
DSC07316_R_201908272326585ce.jpg
さっき外から観た銃眼
DSC07321_R_20190827232700f12.jpg
進むと開口部が見える
DSC07324_R_20190827232702e50.jpg
手前の弾薬庫
DSC07327_R_20190827232703490.jpg
壕口手前に分岐
DSC07329_R_20190827232704b87.jpg
壕口がもう一つある
DSC07335_R_20190827232707bb3.jpg
外に出るとトレンチが有る
DSC07336_R_20190827232707f40.jpg
解りにくいが、露天機銃座
DSC07337_R_201908272327129ed.jpg
更に山を回りこむ
DSC07341_R_20190827235135885.jpg
立派な壕口
DSC07343_R_20190827235137c96.jpg
入ると爆風よけのある、戦闘用陣地
DSC07345_R_201908272351380ed.jpg
右に曲がり、更に進む
DSC07349_R_20190827235140e8c.jpg
うっすらと銃眼が見える
DSC07351_R_201908272351416f8.jpg
四角く広い重機関銃の銃室
DSC07355_R_20190827235142604.jpg
三人入ってもかなりの余裕だ
DSC07356_R_2019082723514572f.jpg
下にも陣地がある
DSC07360_R_201908292253470a5.jpg
塹壕の中を歩いていく
DSC07362_R_20190829225348091.jpg
突入して行くのださん
DSC07369_R_20190829225350453.jpg
中は長方形の一部屋になっている
DSC07370_R_2019082922535198c.jpg
この字型に開口しているが、一方は殆ど塞がっている
DSC07371_R_201908292253528ce.jpg
無理すれば、出れなくは無い
DSC07374_R_20190829231025122.jpg
こんな壕がいくつもある
DSC07387_R_20190829231027947.jpg
いったい何のための壕なのだろう
DSC07389_R_20190829231029966.jpg
DSC07400_R_201908292310292ee.jpg
DSC07401_R_20190829231031f95.jpg
下山する
スポンサーサイト



千葉 太東飛行場司令部壕その他夏キャンプ その2

158_R_20190815224508971.jpg
左側の探索を終え、右側の階段を登る
163_R_20190815224509c08.jpg
一番奥側の入り口は大きい
164_R_2019081522451017d.jpg
入ってすぐに右に曲がる
165_R_20190815224512b93.jpg
細い通路を進む
167_R_20190815224514798.jpg
少し左にずれて、壕が延びる
168_R_20190815224514a73.jpg
右に2つ目の階段
169_R_20190815224516f69.jpg
真正面に反対側の階段が見える
176_R_20190815233727c1c.jpg
通路中央付近は広くなっている
179_R_201908152337321c4.jpg
左側の枝道
180_R_20190815233734307.jpg
ここもT字の部屋になっている
182_R_20190815233734aff.jpg
形状としては弾薬庫なのだが
184_R_201908152337366c5.jpg
ここは奥の上が棚状になっていた
177_R_20190815233729da3.jpg
通路に戻る
178_R_201908152337293a8.jpg
3つ目の階段
 186_R_201908162103176a5.jpg
奥に進む
188_R_20190816210318075.jpg
ちょっとだけ広がった部屋状の空間が有り
190_R_20190816210320c2a.jpg
最後の4つ目の階段を降りる
100_R_2019081621031528a.jpg
既にメンバーは離脱してしまったので、自分も脱出する
196_R_2019081621032024e.jpg
夏場のこんな所で、良く見つかったものだ
198_R_20190816210322f76.jpg
外界に脱出
200_R_201908162103259fd.jpg
全員生きて出られたようだ

201_R_20190816211352ffa.jpg
通りすがりの地元の人にちょっと話を聞くと、昔はこの穴で隠れて寝ていたと話してくれた。
面白いものが有ると見せてくれたのがこれ
202_R_20190816211354f11.jpg
軍人像が建っている
206_R_20190816211356dc1.jpg
庭の上り口は、軍隊が作ったそうだが、藪に埋もれている
207_R_20190816211357087.jpg
庭を回りこむ
209_R_20190816211358642.jpg
他にも数体あるようだ
211_R_20190816211400a39.jpg
どう見ても戦後の石膏のようなので、ネタとしておこう
この地区の探索はここまで、まだネタはあるのでいずれ再調査かな?

IMG_6079_R.jpg
昼飯
IMG_6080_R.jpg
夏休みで店員がおらず、前の人のどんぶり片付けてとか、いろいろやらされた
IMG_6081_R.jpg
後に作り過ぎたからとラーメンをただで貰うパパさんとそのお腹
IMG_6083_R.jpg
チャーシュー浸け麺けっこう美味かった
215_R_20190816213623bda.jpg
食後に一宮の某調整池に移動
217_R_2019081621362425c.jpg
ここから入山する
219_R_2019081621362603a.jpg
山腹にぽっかりと開いた壕口、ここは病院壕だったらしい
221_R_20190816213627c3c.jpg
壕口付近は意外に広い
223_R_20190816220004229.jpg
造りは陸軍のようだ
224_R_2019081622000567f.jpg
分岐点
225_R_2019081622000724b.jpg
分岐を振り返ると横と縦を別々に掘ってきた事がわかる
226_R_201908162200076e3.jpg
一方は開口部へ
227_R_20190816220009100.jpg
一応開口している
228_R_20190816220010eac.jpg
分岐に戻る
233_R_2019081720120957c.jpg
棺のような通路を進む
235_R_201908172012108f4.jpg
左分岐と右に掘り込み
236_R_20190817201211d67.jpg
壕床から30cmぐらい高いので、爆風よけ等ではない
237_R_2019081720121323b.jpg
左は塞がりかけた壕口
238_R_20190817201214411.jpg
通路に戻ると右に折れている
240_R_201908172012169c5.jpg
曲がるとそこに大型TVが?なんでこんな奥に?
241_R_20190817204629deb.jpg
倉庫のような部屋
242_R_201908172046303fb.jpg
掘りかけなのだろうか?真ん中に穴がある
243_R_20190817204632b37.jpg
一応貫通している、通風目的なのだろうか、銃眼では射角が取れないし上向きに開いている
245_R_2019081720463340f.jpg
途中の壕口まで戻る
250_R_201908172046365e8.jpg
外に出た
248_R_20190817204634890.jpg
この近くに砲の陣地が有るという
251_R_20190817204638636.jpg
朝方の雨と夏の激藪で、発見が困難になった
252_R_20190817204639002.jpg
ねこさんが根性で発見!
253_R_20190817204640352.jpg
確かにそれっぽい入り口だ
254_R_20190817210113b39.jpg
ねこさんに続いて入って行く
257_R_20190817210115dfb.jpg
陣地らしいうねった通路
259_R_20190817210115547.jpg
左の部屋にはビニール類が投げ捨てられている
260_R_20190817210118989.jpg
灯り置きの窪み
261_R_2019081721011956e.jpg
開口部が有る、風通しのいい壕だ
264_R_201908172101207f1.jpg
左へ曲がる
266_R_20190817212827ba0.jpg
奥は行き止まり
265_R_201908172139014af.jpg
手前にはもう一つ壕口がある
267_R_20190817212828cd1.jpg
分岐点に戻り、行ってない方向に向かう
268_R_201908172128300b8.jpg
通路幅が広い
270_R_20190817212833b44.jpg
広い開口部、これで一周した
274_R_201908172128335dc.jpg
一応出てみる
269_R_20190817212831f4c.jpg
戻ると何やら別の新規の壕のようだと、ねこさんの記憶と違うらしい、再調査となる
276_R_20190817214658169.jpg
脱出する
278_R_20190817214700dca.jpg
また、藪が枯れた頃に再調査をしてみたい。

千葉 太東飛行場司令部壕その他夏キャンプ その1

IMG_6023_R.jpg
夜も深けた頃、千葉に向かう
IMG_6029_R.jpg
今回の目的は焼き鳥キャンプ
IMG_6027_R.jpg
もちろん肉も少しだけ焼く
IMG_6028_R.jpg
一箱50本が、あっという間に無くなる
IMG_6034_R.jpg
キムチ鍋などつつきながら深夜2時まで語り合う
IMG_6036_R.jpg
翌朝4時過ぎから起き出す人達
IMG_6040_R.jpg
キャンプ地周辺は深い霧に覆われている
IMG_6041_R.jpg
キムチ鍋の残り汁で朝ラーを食べる
IMG_6043_R.jpg
寝てるから探索行って来てと転がるパパさん
IMG_6044_R.jpg
天罰の様に雨が振り出し、2時間近く様子見となる
IMG_6047_R.jpg
まずは太東崎砲台(10cmカノン砲2門)
IMG_6048_R.jpg
洞窟砲台2ヶ所の内一つはボックスカルバートで近年ハイキングコースの通路にされてしまっている
IMG_6053_R.jpg
こんな状態
IMG_6052_R.jpg
ボックスの左右には
IMG_6054_R.jpg
いまなお弾薬庫を備えた陣地が残る
IMG_6055_R.jpg
もう一門は、この時期の藪と今朝方の雨で行ける状態では無かった
IMG_6056_R.jpg
コンビニで作戦会議をする
IMG_6057_R.jpg
この山に陸軍の山砲陣地があるらしいのだが、上り口がわからない
IMG_6060_R.jpg
ねこさんがバイクで登れそうな所を探し回ってくれるが、陸地は私有地が多く上れそうにないらしい
IMG_6064_R.jpg
灯台側から山越えルートが無いか探しに来た
IMG_6065_R.jpg
IMG_6066_R.jpg
ここに7.7mm機銃が2基置かれていた。以前は酷い間違えが表記されていた看板だったが、修正されたようだ
IMG_6067_R.jpg
展望台に上がる
IMG_6069_R.jpg
侵食により、これより数十m先は旧灯台と遺構ごと海に転落した
IMG_6070_R.jpg
大型レーダー1基、小型4基有ったらしいが、残っているのは小型のこれ1基と銃座1基のみ
IMG_6074_R.jpg
若干のコンクリート片は売店裏に点在する
IMG_6073_R.jpg
あの山が目的の山なのだが、とても行ける山道は無かった
095_R_20190814160309496.jpg
太東飛行場格納壕がこの辺にあるという
096_R_20190814160310d74.jpg
それらしいくぼ地はあるが小さい、中々見つからず撤収する事になったが、後一歩踏み込む
194_R_20190814160312e54.jpg
あった、無線機で撤収中のメンバーを呼び戻す
097_R_2019081416031146b.jpg
大きいが機体は入らない、物資格納壕なのだろう
1565685815097_R.jpg
メンバーが追いついてきた
1565686031343_R.jpg
入り口は崩落よりも、造成の残土投棄か?
106_R_2019081418010335a.jpg
入り口付近のみ、しっかりとした支保抗がされていたようだ
108_R_201908141801049bc.jpg
なんと、格納壕のはずが階段がある
109_R_2019081418010530f.jpg
右にも左にも複数の階段が見えている、萌える!
110_R_20190814180107e33.jpg
階段を上がると更に地下壕が伸びている
111_R_20190814180108f99.jpg
左に曲がるとT字にぶつかる
112_R_20190814180110d15.jpg
爆風よけが付されていないので、陣地では無さそうだ
114_R_201908141801112f2.jpg
左は短い
115_R_20190814180114c3c.jpg
右は少し長い
117_R_201908141801140b5.jpg
通路に戻る
119_R_20190814180116a0d.jpg
左に曲がるともう一つの開口部が見える
121_R_20190814180117c5e.jpg
出入り口は水没しており外部に出ていない
122_R_20190814211723c54.jpg
水没部分手前に右手に岐路がある
124_R_20190814211724571.jpg
L字に折れて終わり、衛所のような物か?
126_R_201908142117255da.jpg
通路に戻る
127_R_20190814211726d0d.jpg
変則十字路、右が来た方向
129_R_2019081421172811b.jpg
左に曲がる
132_R_20190814211730c2c.jpg
突き当りを右に折れると通路幅が変則的になる
134_R_2019081421314307c.jpg
海軍らしい通路が続く
135_R_20190814213144244.jpg
陸軍と違い、90度にカクカクと曲がる
137_R_20190814213145836.jpg
しかし、見通せないように通路分だけずらして作ってある
138_R_20190814213147be1.jpg
この部屋は、かなりぬかるんでいる
139_R_20190814213148384.jpg
なぜかここだけが天井から水滴が落ちまくっている、雨の影響だろう
140_R_20190814213149d40.jpg
反対側
141_R_2019081421315134a.jpg
通路に戻り、奥に進む
142_R_20190814225326e9f.jpg
ずらした交差点
143_R_20190814225328035.jpg
右側からパパさんが来た
144_R_20190814225331947.jpg
左の方に移動する
145_R_201908142253310bc.jpg
右に曲がると長い通路
146_R_2019081422533237e.jpg
147_R_201908142253337f2.jpg
メイントンネルに出た
149_R_20190814225335801.jpg
足元は階段状になっているが左方向に曲がっている
150_R_201908142253379d9.jpg
左側はメイントンネルの最深部
155_R_20190814225338857.jpg
降りて来た階段部分
158_R_20190814225339906.jpg
ざっと50mぐらいだろうか、これは飛行場造成の為に必要な土砂を山から掘り出したトンネルを、司令部に転用した変わった形の壕である。

乃木神社・上野科学博物館

IMG_4745_R.jpg
国立美術館、下調べしなかったら休館日だった
IMG_4746_R.jpg
この横にある建物は、国立新美術館 別館(旧 歩兵第三連隊兵舎)である。歩兵第三連隊は2・26事件で有名
IMG_4747_R.jpg
当時のスロープ、休館日で入れない
IMG_4749_R.jpg
横への通用口
IMG_4752_R.jpg
建物自体は建て直しだろう
IMG_4750_R.jpg
だって横から観るとこんな感じ
IMG_4765_R.jpg
ガラスの茶室(京都から移動してきた)
IMG_4768_R.jpg
乃木神社までは歩いて行ける
IMG_4771_R.jpg
IMG_4769_R.jpg
IMG_4773_R.jpg
IMG_4770_R.jpg
IMG_4772_R.jpg
この辺りで刻印を探してみたが、見つからなかった
IMG_4775_R_20190721213944a0d.jpg
乃木邸に入る
IMG_4776_R.jpg
IMG_4777_R.jpg
IMG_4778_R.jpg
IMG_4779_R.jpg
お供の運転手の待機所
IMG_4781_R.jpg
IMG_4782_R.jpg
旧乃木邸の煙突
IMG_4783_R.jpg
IMG_4774_R.jpg
IMG_4784_R.jpg
IMG_4785_R.jpg
IMG_4786_R.jpg
IMG_4787_R.jpg
煉瓦の馬小屋
IMG_4788_R.jpg
馬用の井戸
IMG_4790_R.jpg
IMG_4791_R.jpg
乃木大将(当時少将)と辻売り少年像
IMG_4780_R.jpg
IMG_4789_R.jpg
IMG_4792_R.jpg
IMG_4794_R.jpg
内部は入れないのでどうにもならない
IMG_4796_R.jpg
大谷石の土台
IMG_4798_R.jpg
恐らく当時の壁
IMG_4797_R.jpg
IMG_4801_R.jpg
IMG_4803_R.jpg
灯龍
IMG_4804_R.jpg
乃木神社に向かうが、工事中だった
IMG_4805_R.jpg
IMG_4806_R.jpg
乃木神社本殿
IMG_4808_R.jpg
さざれ石
IMG_4811_R.jpg
IMG_4812_R.jpg
摂社正松神社
IMG_4813_R.jpg
宝物殿に行く
IMG_4814_R.jpg
IMG_4815_R.jpg
IMG_4816_R.jpg
IMG_4817_R.jpg
参拝が終わった
IMG_4819_R.jpg
IMG_4820_R.jpg
IMG_4821_R.jpg
IMG_4822_R.jpg
この辺は乃木だらけだった
IMG_4925_R.jpg
上野公園に移動する
IMG_4875_R.jpg
途中にある煉瓦建築を見に、東京芸術大学に行く
IMG_4876_R.jpg
IMG_4882_R.jpg
IMG_4880_R.jpg
戦跡とは言えないが、乃木さん時代の建築物だ
IMG_4884_R.jpg
IMG_4886_R.jpg
これも煉瓦ではないが当時の修復建造物
IMG_4923_R.jpg
問題の建物に到着
IMG_4890_R.jpg
入り口のD51
IMG_4895_R.jpg
これがずっと観たかった
IMG_4896_R.jpg
IMG_4897_R.jpg
IMG_4898_R.jpg
IMG_4901_R.jpg
IMG_4904_R.jpg
IMG_4905_R.jpg
副座改造型
IMG_4912_R.jpg
これは模造部分
IMG_4913_R.jpg
IMG_4914_R.jpg
IMG_4916_R.jpg
IMG_4918_R.jpg
IMG_4906_R.jpg
海軍技術廠で試作したジェットエンジンのブレード
IMG_4908_R.jpg
IMG_4909_R.jpg
後に「橘花」のエンジンとなる
IMG_4910_R.jpg
戦後のラムジェットノズル
IMG_4921_R.jpg
IMG_4919_R.jpg
IMG_4922_R.jpg
IMG_4920_R.jpg
いろいろ面白い展示が有った
国立科学博物館はごくわずかな間だが高射第一師団の司令部だったらしいとの情報をいただきました!

IMG_4680_R.jpg
銀座でお食事にする
IMG_4944_R.jpg
LADUREE
IMG_4947_R.jpg
IMG_4952_R - コピー_R
IMG_4955_R.jpg
IMG_4676_R.jpg
たまには東京で

京都 東福寺

1134_R.jpg
伏見稲荷から東福寺までは、意外に歩いても大した事が無い
1136_R.jpg
六波羅門からお邪魔する
1137_R.jpg
三門の横手に出た
1139_R.jpg
目の前には蓮が咲いていた
1140_R.jpg
1142_R.jpg
三門の前の蓮池
1144_R.jpg
反対側から観た三門
1146_R.jpg
正門側に回り込む
1145_R.jpg
昼時なのに、人が居ない事に驚く
1148_R_201908110851384d5.jpg
ちょっとだけ紅葉している所も有るが、青もみじの季節だ
1153_R.jpg
紅葉時期にはごった返す通天橋もこの有様
1156_R.jpg
1160_R_20190811085144e41.jpg
1159_R_20190811085142153.jpg
通天橋から臥雲橋を眺める
1161_R.jpg
下を覗くが洗玉澗(せんぎょくかん)が良くわからん
1154_R.jpg
愛染堂
1155_R_20190811092938817.jpg
開山堂工事中?これで通常料金とるなんて!せめて料金所に工事中と書いてくれ。
1162_R.jpg
苔の庭を観ながら退散する
1166_R.jpg
本坊に向かう
1167_R_20190811094001992.jpg
方丈に入る為に、別料金がかかる
1168_R_20190811094003934.jpg
東庭、本当は北斗七星なのだが入らん
1169_R.jpg
南庭、東に仙人の住む島に見立てた巨石が配され、西には京都五山になぞらえた苔山がある
1171_R.jpg
自分的にはこっちの石より
1172_R_2019081109400795a.jpg
こっちの五山の方が好きだな
1175_R_20190811094009d0b.jpg
角を曲がった所に西庭がある
1177_R.jpg
さつきの四角い刈り込みが大胆に配置され、北庭と比して「大市松模様の庭」とも呼ばれる
1179_R_20190811100725e72.jpg
北庭、メインになる場所だが時間が悪かった、庇の陰が半分隠してしまう
1180_R_201908111007262ea.jpg
苔も夏焼けで緑が薄い
1185_R_201908111007296cb.jpg
縁側に座ってじっくり庭を眺めるのが本来だが暑すぎる
1184_R.jpg
方丈から観た通天橋
1186_R.jpg
ちなみにこの庭の歴史は浅く、昭和に入ってからの作品である
1188_R.jpg
臥雲橋、意外にみんな自転車をちゃんと降りて通行していた
1189_R_201908111007341b5.jpg
臥雲橋から観た通天橋
1190_R.jpg
こちら側からだと洗玉澗渓谷が良く見えた
1195_R.jpg
紅葉の時期で無いと、こんなに空いているんだな
1197_R.jpg
通りすがりのおけんはん
1198_R.jpg
奈良線で京都駅に帰る
IMG_5922_R.jpg
最後にやっぱり京都タワーを観たかった
IMG_5926_R.jpg
英国館でちょっと昼飯
IMG_5929_R.jpg
大階段も、夜でないと面白みに欠ける
IMG_5930_R.jpg
さて、横浜に帰ろう
IMG_5931_R.jpg
2階では祇園祭の資料展示もしていた

この後新横浜で花火大会があるので、今回は早めの撤収となった

DSC06327_R_2019081110534836e.jpg
日産スタジアム19:30スタート
DSC06343_R_2019081110535057e.jpg
DSC06383_R_20190811105351da9.jpg
DSC06396_R_20190811105352f35.jpg
DSC06456_R_20190811105353d58.jpg
DSC06492_R_20190811105355b84.jpg
DSC06521_R_20190811105356317.jpg
DSC06540_R_201908111053582a3.jpg
DSC06553_R_20190811105401124.jpg
去年復活した新横浜花火大会、来年も観れたらいいな

京都 伏見稲荷神社 山頂コース

955_R_20190805213045644.jpg
翌朝は一人で伏見稲荷へ向かう
954_R.jpg
953_R_20190805213042ddc.jpg
いい背筋をしているな
958_R_2019080521304502e.jpg
下界は外国人だらけ
962_R.jpg
前回はこの辺しか見ていなかったのだが
960_R.jpg
今回はこの上の方まで行ってみようと思う
967_R_201908052130519c3.jpg
さて、山登りのスタートだ
970_R.jpg
まずは、最初の難関千本鳥居
972_R_20190805230504721.jpg
ここで人のいない写真なんか考える時間は無い
977_R_20190805230506220.jpg
982_R.jpg
984_R_20190805230509208.jpg
986_R_20190805230510196.jpg
奥社奉拝所到着
989_R_20190805230511d98.jpg
どんどん登って行こう
990_R_201908052316140e6.jpg
前回無視したここに行ってみる
993_R.jpg
995_R.jpg
1003_R.jpg
足に余裕が有れば、寄ってみるのも悪くない
1007_R.jpg
再びコースに戻る
1017_R.jpg
上の額はみんな「稲荷大神」しかない、着ける着けないはお金次第
1019_R_20190806203902699.jpg
代々祭っている人達がいるようで、お供えやお経を上げている人がたまに居る
1024_R_20190806203905ca4.jpg
次のチェックポイント
1025_R.jpg
新池に到着した
1028_R_2019080620390786a.jpg
前回はここでタイムオーバーだった
1030_R_2019080620390928b.jpg
初めての領域に向かう
1035_R.jpg
この時点で、まだ半分にもならない
1038_R_20190806212339d41.jpg
時折石の鳥居が混じっているが、木と違って何百年も持つだろうな
1042_R.jpg
木製は20~30年で根元が腐り、次のオーナーに交換されていく
1039_R_20190806212340b22.jpg
三ツ辻到着
1045_R_201908062123432fd.jpg
怪しげなドリンク発見!
1046_R.jpg
アイス最中とオロCで一息
1047_R.jpg
気合を入れなおして登る
1051_R.jpg
気のせいか、鳥居のサイズが一回り小さい、持って来るのが大変なんだろう
1052_R_2019080623324863e.jpg
四つ辻到着
1054_R.jpg
売店もあり、下界が見下ろせるロケーション。ここが頂上に向かうか下山するかの分かれ目になる
1058_R_20190806233250cb5.jpg
ほとんどが脱落する中、頂上を目指す
1060_R_20190806233253dca.jpg
三ノ峰 (末社 下社神蹟、白菊大神)
1062_R.jpg
いくらか平坦な尾根道のようだ
1064_R.jpg
間ノ峰だったかな
1066_R_20190810085239e8e.jpg
二ノ峰
1067_R.jpg
何故か下る
1071_R.jpg
一ノ峰到着
1070_R.jpg
各峰には、こんな感じに塚がいっぱい
1074_R.jpg
頂上に来たので後は下るだけ
1077_R.jpg
標準でも本殿から山頂まで72分げ着くようだ、全て舗装してあるのでお散歩レベルだろう
1076_R_20190810125232162.jpg
珍しい太刀の手水鉢
1079_R_2019081012523441e.jpg
よっぽど売店で所要時間を聞かれるのだろう、本殿までの時間はどっちを信じる?
1080_R_20190810125236c43.jpg
木彫りのマップ、この番号の数だけ茶店がある
1084_R_201908101252388b5.jpg
薬力の滝行場
1087_R_20190810131955da1.jpg
良く見れば、同一人物の奉納ばかり、どんだけ金持ちだ?
1090_R_20190810131957ba1.jpg
力松大神
1093_R.jpg
1092_R_20190810131957dd9.jpg
山頂まで24分、6分で降りて来いと?
1094_R_20190810132001b12.jpg
なんか手洗いたくない、よだれみたい
1096_R_201908101320020f8.jpg
1099_R.jpg
展望所が有るので登ってみる
1105_R_2019081013500660b.jpg
中々の眺めだった
1108_R_201908101350077bc.jpg
この辺まで降りてくると人が多い
1109_R.jpg
写真も撮れん
1114_R.jpg
1122_R.jpg
猫の良くいるお店
1119_R.jpg
一匹だけいた
1124_R_201908101350143fa.jpg
1126_R_2019081013501670b.jpg
1129_R.jpg
さて、下山だ

京都 祇園祭2019 還幸祭

786_R.jpg
メインの巡行が終わった後、夕方からお神輿による還幸祭が行われる
787_R.jpg
それまでの間、時間を潰す
799_R_20190803215243d06.jpg
一之船入
810_R_20190803215246d30.jpg
八坂神社まで歩いてくる
808_R.jpg
花笠巡行の先回りをした形になる、巡行の最終地点だ
813_R_20190803215248ee9.jpg
本殿も賑わっている
833_R.jpg
舞台で儀式が行われる
817_R_20190803220344b10.jpg
円山公園に行って見ると
820_R.jpg
花笠巡行に参加した馬達が集まっている
822_R_201908032203475d2.jpg
ここで馬運車に乗せられる
827_R.jpg
しばしにゃんこと遊ぶ
825_R.jpg
花笠も帰って来た
829_R.jpg
八坂神社に集められ、分解される
830_R_2019080322035215a.jpg
祇園東
831_R_20190803220354a25.jpg
先斗町
832_R.jpg
祇園甲部
834_R_20190803221151166.jpg
獅子舞も戻ってきた
836_R.jpg
獅子舞って後でかがんでる人の方が大変だな
837_R_201908032211547e8.jpg
時間になったので待ち合わせ場所に向かう
IMG_5877_R.jpg
とある隠れ家バー
IMG_5870_R.jpg
駆けつけ一杯の柑橘系カクテル
IMG_5874_R.jpg
ミネストローネと
IMG_5876_R.jpg
カルボナーラのパスタランチ
IMG_5879_R.jpg
〆のコーヒー、手に持ってくれているのがザラメを固めた砂糖スティック
IMG_5883_R.jpg
少し散歩して
IMG_5884_R.jpg
リッツカールトン京都へ
IMG_5885_R.jpg
リッツカールトン京都 ザ・バー
IMG_5889_R.jpg
IMG_5892_R.jpg
IMG_5898_R.jpg
クープイスパハン
IMG_5903_R.jpg
自分はこっちで
IMG_5907_R.jpg
ホテルのオブジェの三輪車、曲がれるのかどうか気になってしまう
IMG_5908_R.jpg
押さえておいてくれる手がかわいい
842_R.jpg
さて、時間を潰した後、還幸祭を見に行くが、これがまた難しい
img_map_kankou.jpg
三基のみこしが、個々に時間をずらし複雑怪奇なコースをたどる、まさかこんなモノだとは知らなかった
846_R_20190804140327378.jpg
いろんな所でインターセプトしたが、素人にはコースが読めない
850_R.jpg
列が長いので、見つけては寄って行く
859_R.jpg
1基に数百人が付いて回る
862_R.jpg
本体が来た
871_R.jpg
目の前を曲がって行ってしまう
883_R.jpg
闇雲に探すのは率が悪いので、お旅所で配布している地図をゲットして先回りする
886_R.jpg
しかし、三基とも順路がバラバラなので追い切れない
890_R_201908041423411b7.jpg
そこで最終集合地点三条通に的を絞る
892_R.jpg
子供たちが花火をしている
897_R_2019080414234326e.jpg
三条商店街、ここの中を全基が通過する
898_R_20190804142345399.jpg
同じ考えの人々で、ごった返す三条商店街
910_R.jpg
大部分の人は追い出されたが、自分は上手く逃れた
912_R_201908041442035ad.jpg
三若(中御座)が動き出した
915_R.jpg
すぐ目の前を通過する
918_R_201908041442060af.jpg
その他大勢が延々と続く
919_R_20190804144207a25.jpg
あの位置で担ぎ上げを行う、もう少し向こうに行っとけば良かった
924_R_20190804145540a9b.jpg
四若(東御座)
927_R.jpg
928_R_2019080414554380c.jpg
932_R_20190804145544e0f.jpg
935_R.jpg
最後の集団がやって来た
936_R.jpg
錦(西御座)
937_R.jpg
938_R_20190804150749bec.jpg
商店街の中を大きな掛け声と共に去って行く群衆に付いて脱出する
941_R.jpg
最後にお馬さんカポカポ
943_R_201908041507523b2.jpg
通過と同時に交通規制解除される堀川通を慌てて渡る
951_R.jpg
還幸祭は深夜に八坂神社に着くまで行われるが、そこまでは観ていられない
944_R.jpg
戻りしな、北観音山の前を通った
948_R.jpg
途中まで解体された曳山に、淋しさを感じる
IMG_5917_R.jpg
やっとホテルに帰って来た
952_R.jpg
明日に備えて本日終了

京都 祇園祭2019後祭(花笠巡行)

685_R_20190801221520210.jpg
山鉾巡行が終わると、意外な一団が巡行して来た
689_R_201908012215218ab.jpg
鉾町内の子供みこしの一団のようだ
695_R_20190801221525e6c.jpg
みこしは担ぐのでは無く、台車に乗っているのを引っ張っていた
693_R_201908012215257b7.jpg
いくつもの子供みこしが巡行してくる
697_R_20190801221526981.jpg
山鉾巡行では有り得ないが、女の子の姿も見える
698_R_20190801222831686.jpg
700_R_20190801222833d10.jpg
こんなのもかわいいものだ
701_R.jpg
703_R_20190801222836b10.jpg
704_R_20190801222837a04.jpg
彼らが後に祇園祭の何れかの山鉾を曳く事になるのだろう
706_R_20190801222838a1d.jpg
巫女さんの一団が現れた
708_R.jpg
花笠巡行の先発だろう
709_R_201908012228426f6.jpg
711_R_20190801222843dcd.jpg
巫女装束もいいものだ
714_R.jpg
赤い獅子舞が現れた
716_R.jpg
沿道をカプカプしながら歩いて行く(中は死ぬほど暑いだろうな?)
717_R_20190801232816a94.jpg
巫女集団が動き出す
718_R.jpg
八坂神社の巫女さん達だろうか?
719_R_201908012328186d3.jpg
720_R_2019080123282015d.jpg
ちょっと年齢の上がった一団
722_R_20190801232821956.jpg
名残惜しい
723_R_201908012336060cf.jpg
再び子供たち
724_R_2019080123360828e.jpg
八坂神社ガールスカウト
726_R_2019080123361137e.jpg
今度は緑の獅子舞
729_R.jpg
花笠巡行の本隊
731_R_20190801233613530.jpg
意外に馬まで出て来た
734_R_201908022145579cf.jpg
737_R_20190802214559edb.jpg
739_R_20190802214600f74.jpg
740_R.jpg
742_R.jpg
745_R.jpg
747_R.jpg
748_R_20190802215321b57.jpg
749_R_201908022153238f7.jpg
751_R.jpg
753_R.jpg
754_R.jpg
755_R_20190802215328b26.jpg
759_R.jpg
761_R.jpg
765_R_20190802215333f21.jpg
768_R.jpg
769_R_20190802215336aa1.jpg
771_R_20190802215337878.jpg
773_R_201908022153392f9.jpg
774_R.jpg
775_R_20190802215341ab0.jpg
776_R_20190802215343cd4.jpg
花笠巡行が終わった

京都 祇園祭2019後祭 山鉾巡行編

478_R_20190729231514f83.jpg
交通整理のなされた御池通、烏丸御池に山鉾達は待機している
467_R_20190729231508c3a.jpg
先頭を歩く祇園曾(ぎおんえ)
465_R_20190729231506469.jpg
ここから四条烏丸までの巡行が始まる
468_R_20190729231509e66.jpg
鯉山と南観音山
470_R_2019072923151157b.jpg
最後の打ち合わせが行われている
474_R_201907292315125c1.jpg
黒主山
487_R_20190729231516baf.jpg
先導のパトカーが河原町御池に入った
490_R_201907292315179f8.jpg
祇園曾が角を曲がった
493_R_201907292315184dd.jpg
くじ改め、くじで決めた順番を確認する所。昔は順序が無く、あのデカイ山鉾が競い合っていたそうだ
499_R_201907302010271ff.jpg
橋弁慶山が登場した
501_R_20190730201028222.jpg
担ぎ手が少ないせいか、あっさり方向転換だけして去って行った
505_R_20190730201030e39.jpg
北観音山、先発隊が辻回しの竹を用意する
509_R_20190730201032f30.jpg
でんちゅうより高い山鉾は、やっぱりカッコイイ
512_R_20190730201032184.jpg
辻回しポイントに到着
516_R_20190730201034703.jpg
辻回しの為に引き手が横に移動すると共に、竹が下に敷かれ、一回目の辻回し
517_R_20190730212425caa.jpg
二回目の辻回し
521_R_20190730212426d7c.jpg
その都度竹を引き直す
525_R_20190730212428744.jpg
三回目の辻回し、これで正面を向く
530_R_201907302124301bc.jpg
目の前を通過する時の、車輪の音が何とも言えない重量感を感じる
532_R_20190730212430b82.jpg
537_R_2019073021381769f.jpg
鯉山
541_R_2019073021381936c.jpg
二回転して行った
542_R.jpg
546_R_20190730213823377.jpg
八幡山
551_R_2019073021382348d.jpg
普通にくるっと回るだけ
552_R_20190730213824a8a.jpg
555_R_20190730214907338.jpg
黒主山
557_R_20190730214909d26.jpg
558_R_20190730214910705.jpg
562_R_20190730214911b6d.jpg
人数のわりに、派手に回ってくれた
564_R_20190730214912b41.jpg
571_R_2019073021570319f.jpg
南観音山
573_R_20190730215706fb9.jpg
一回目
576_R_201907302157069ea.jpg
二回目
578_R_201907302157098fc.jpg
580_R_2019073021570830a.jpg
三回で方向転換終了、少し左に寄り過ぎたようだ
589_R_20190730215709b15.jpg
大型の曳き山は迫力が有る
594_R_20190730223600530.jpg
山伏の一団
597_R_20190730223602c8e.jpg
役行者山
599_R_201907302236031ab.jpg
601_R_20190730223604ed8.jpg
軽く一回転
604_R_20190730223605354.jpg
担ぎ手がかなり若い感じの山だった
607_R.jpg
浄妙山
609_R_20190730224128369.jpg
611_R.jpg
静かに90度曲がって終わった、揺らすと上の人形がヤバイのだろうか?
617_R.jpg
鈴鹿山
619_R_201907302247260aa.jpg
621_R_20190730224727ae7.jpg
唯一和装でない担ぎ手
626_R_201907302247292f1.jpg
今回から巡行に復活した鷹山
627_R_201907302247303bc.jpg
八坂神社の祭神の名をしたためた掛け軸を唐櫃(からびつ)に収め、「唐櫃巡行」の形で参加
631_R_201907302247313b9.jpg
632_R_20190730224732679.jpg
2022年に完全復活の予定
636_R_20190730231605b9a.jpg
最後の大船鉾
後祭唯一の鉾である
642_R_20190730231606e29.jpg
646_R_20190730231607bd9.jpg
640_R_20190730231607b34.jpg
650_R_20190730231607d56.jpg
655_R_20190730231610025.jpg
659_R_201907302316100d5.jpg
662_R_20190730231613ce2.jpg
671_R_20190730231613a4d.jpg
672_R_20190730231616d2c.jpg
675_R_20190730231616b82.jpg
山鉾巡行が終わった