FC2ブログ

横須賀海軍軍需部館山支庫 その6

DSC08161_R_20191004224704943.jpg
前回資料により調べて来た横須賀海軍軍需部館山支庫だが、資料に無い所が有ったのを確認している
DSC08163_R_20191004224705070.jpg
今回はこの山を重点的に山狩りした
DSC08164_R_201910042247067f9.jpg
壕口はあっさり見つかった
DSC08166_R_20191004224706c5a.jpg
突入する、岩盤の質がイマイチで、崩れている
DSC08168_R_20191004224707870.jpg
古い真空管が転がっている
DSC08169_R_20191004224707bd6.jpg
碍子は着いていないが、電気配線用の木材
DSC08171_R_20191004224714f77.jpg
崩落もあるが、ほとんどはズリのようだ
DSC08172_R_20191004224716e77.jpg
天井付近まで、うず高く積まれたズリを越えていく
DSC08174_R_201910252257323d4.jpg
一応部屋のような空間だったらしい
DSC08176_R_20191025225735403.jpg
何とか抜けられそうだが、滑るのでもう引き返せない
DSC08180_R_20191025225735cd4.jpg
何とか抜けられた、ドン着きだったらヤバカッタ
DSC08185_R_20191025225737199.jpg
ここもちょっとした部屋のようだ
DSC08183_R_20191025230449d01.jpg
ちょっとだけ崩れているが、気にしないで行こう
DSC08186_R_2019102523045368e.jpg
水が溜まっているので、湿気がひどい
DSC08190_R_2019102523045355c.jpg
地表が近いのか、根っこが伸びている
DSC08191_R_20191025230455010.jpg
水没の分岐
DSC08189_R_20191025230455ac1.jpg
振り返り、支庫にしては複雑で大きい気がする
DSC08193_R_20191025232047421.jpg
どんつきそうな左へ進む
DSC08194_R_20191025232051c47.jpg
壕口だったらしいが、土砂で埋まっている
DSC08195_R_20191025232051f71.jpg
確認したので戻る
DSC08196_R_201910252320510a0.jpg
トロッコの枕木みたいな坑木がボロボロ沈んでいる
DSC08203_R_20191025232052325.jpg
この先は深くて進めない
DSC08197_R_20191025232056966.jpg
しっかりとした碍子が残っている
DSC08198_R_20191025232052513.jpg
水面を良く見ると、壕内に建物が建っていた様な木材の量だ
DSC08200_R_20191025233457eed.jpg
もう一方の通路
DSC08202_R_20191025233450ce8.jpg
かなり奥まで有りそうだが、長靴では行けない。碍子の並び方もすごい、しかしヤバイ出られない?
DSC08205_R_2019102523345728a.jpg
何とか別の通路を発見
DSC08206_R_20191025233500fae.jpg
出られた、良かった!
スポンサーサイト



突発キャンプ後、海軍太東飛行場付属施設再調査

DSC00706_R_201910222044580ba.jpg
仕事帰りに突発的なキャンプに夜道を走る(言いだしっぺはもちろん自分)
IMG_6541_R.jpg
キャンプ地ではいつもの付き合いのいいメンバーが準備をしてくれていた
IMG_6540_R.jpg
みんなだんだん機材が充実して行く気がする
IMG_6542_R.jpg
まずはいつもの焼き鳥から始める
IMG_6547_R.jpg
国産和牛のサーロインの塊を豪快に焼く(うそ)
IMG_6544_R.jpg
ステーキ2枚づつは、さすがに腹に溜まったが美味い!
IMG_6549_R.jpg
とどめのパパさんのスパム焼き!
あと、サンマも1本づつと、キムチ鍋も行ったから、結構な量を食べたと思う
IMG_6548_R.jpg
日付が変わる頃、就寝とする、この二人は明日は仕事である。(自分は代休)
IMG_6545_R.jpg
銀河鉄道が終電になる頃、快適に眠った。
IMG_6554_R.jpg
翌朝日の出と共に起床する
IMG_6555_R.jpg
一人バーナーでお湯を沸かす
IMG_6556_R.jpg
キャンプの朝のコーヒーっていいよね!
IMG_6552_R.jpg
ナイスショット頂きました!
IMG_6558_R.jpg
キムチ鍋の残り汁で鍋いっぱいの朝ラーと焼きギョーザ
IMG_6559_R.jpg
朝飯食って、後片付けしたら解散となった
IMG_6561_R.jpg
一人で前回宿題を残した海軍太東飛行場に向かう
DSC00721_R_2019102222214523c.jpg
まずは畑にいた地権者に許可をとり、車を停めさせてもらって山に入る
DSC00715_R_20191022222143259.jpg
下側を探したが見つからない、尾根道にたどり着き、山越えをする
DSC00716_R_201910222221453b6.jpg
話によると、山の向こう側に昔スケート場を作ったと言う。これがそうなのだろう
DSC00713_R_201910222221454fe.jpg
山の斜面を反対側に降りて行く
DSC00707_R_20191022222139ce3.jpg
穴がある
DSC00712_R_20191022222142589.jpg
しかし横に広い墳墓のようだ
DSC00711_R_20191022222138586.jpg
また一つ、ほとんど埋まった穴がある
DSC00710_R_20191022222137b58.jpg
これはさっきとは違い、倉庫壕に見える。結局これぐらいしか見つからなかった
どうやらこの壕の向かい側にあるようだが、今回は藪が酷く断念、また冬にでも再訪しよう
DSC00717_R_20191022234033d83.jpg
また山を越えて元の場所に戻る、これって山2つ分になるんじゃない?
DSC00720_R_20191022234034fa3.jpg
こんな山奥に廃屋が!ナニ考えてこんな斜面に家建てるんだろう?
DSC00722_R_20191022234034427.jpg
場所を移動して、前回の地下壕に向かう
DSC00769_R_20191022234034857.jpg
幅5m以上の大型の壕だ
DSC00751_R_20191022234033dce.jpg
雨の後なので、斜面が滑る
DSC00752_R_201910222340338bc.jpg
本坑一本の左右に、2階に階段を登った部屋、通路が巡る珍しい地下壕だ
DSC00753_R_20191022234032186.jpg
元々この地下壕は、飛行場が低湿地だった為、盛り土をする為に掘り出した産物だ
DSC00756_R_20191023203802791.jpg
前回も回っているので、一部だけ覗いてみる
DSC00759_R_201910232038046db.jpg
海軍らしい、綺麗な掘り方だ
DSC00758_R_20191023203803c48.jpg
もう一つの出入り口、ちょっと長靴以上に水没している
DSC00757_R_20191023203804b84.jpg
DSC00760_R_20191023203805325.jpg
DSC00767_R_2019102320380735a.jpg
DSC00768_R_20191023203808523.jpg
奥は二段掘りの途中で終わっている
DSC00745_R_20191023211702a79.jpg
外に出て、もう一つの壕口を探す
DSC00747_R_20191023211718ac5.jpg
豪快に水没しているので、これに間違い無いだろう
DSC00744_R_20191023211659f4b.jpg
すぐ横に土塁の壁がある
DSC00743_R_20191023211709720.jpg
乗り越えると、また巨大な壕口が口を開いていた
DSC00728_R_201910232128373e5.jpg
壕口の幅は同程度
DSC00729_R_201910232128389fc.jpg
左側の支保の跡
DSC00730_R_20191023212840217.jpg
右側の支保、壕口付近だけは補強してあったようだ
DSC00731_R_2019102321284017e.jpg
中を見ると、大分様子が違う
DSC00732_R_20191023212842e8c.jpg
二段掘りの途中で終わっている。ある意味かなり貴重な状態だ
DSC00735_R_201910232142497b2.jpg
上の段の掘削跡
DSC00738_R_20191023214252138.jpg
下の段は一本抗になっている、なんで天井を残しているのだろう?
DSC00737_R_2019102321425011a.jpg
さて、2本とも見つけたので撤収する
DSC00770_R_20191023214252a95.jpg
とりあえず山頂まで登ってみる
DSC00772_R_20191023214255e23.jpg
塚があるだけで、特に何も無さそうだった
IMG_6563_R.jpg
この直線道がトロッコの跡で、飛行場まで埋め立ての土砂を運んでいた
IMG_6562_R.jpg
海軍技術研究所跡地
DSC00774_R_2019102321425741c.jpg
DSC00773_R_20191023214255414.jpg
この辺りが兵舎跡なのだが、造成されて原型では無いだろう
DSC00776_R_20191023221341b1f.jpg
海岸にやってきた
DSC00775_R_2019102322133977e.jpg
台風の影響で、壊れたガードレール
DSC00785_R_20191023221350620.jpg
次の目的は陸軍の山砲陣地、この山の何処かにある
DSC00784_R_20191023221348f7c.jpg
適当な所から登ってみる、この日3本目の山登り
DSC00771_R_20191023221338b2f.jpg
この山はひどい、道なんてありゃしないしクマ笹だらけで真っ直ぐ進めない
DSC00781_R_2019102322134548f.jpg
ピークまで登ってきたら、一歩先は崖だった
DSC00782_R_2019102322134701d.jpg
落ちたらちょっと痛そうだ
DSC00779_R_2019102322134128b.jpg
この辺にはいくつかの蛸壺壕がある
DSC00780_R_20191023221343254.jpg
軍隊が居た事は確かな様だが、これ以上の調査は無理のようだ、枯れた頃にまた来よう
IMG_6565_R.jpg
さて、疲れたから今日は撤収する

観艦式付帯行事 フリートウィーク 5

なんと2019年の観艦式は台風の影響で全て中止となってしまった。
14日の本番が駄目になったので、今回が最後の観艦式記事となる
60年前の伊勢湾台風以来の中止で、過去3回目となる。
10/8の観艦式付帯行事 フリートウィーク 満艦飾・電灯艦飾を持って、事実上の終了
10/9.10の満艦飾・電灯艦飾イベントも中止されてしまった。
DSC09689_R_20191014165201f80.jpg
10/8の朝、瑞穂埠頭に425「ましゅう」が居る、まだ満艦飾はやっていない
DSC09690_R_20191014165202f93.jpg
4003輸送艦(LST)「くにさき」も居る
DSC09691_R_201910141652034b4.jpg
山下埠頭には184「かが」がいる
DSC09694_R_2019101416520406e.jpg
大黒ふ頭に行くと、電灯艦飾が始まっていた。20時近いし止めようかと思ったが、行っておいて良かった
DSC09695_R_201910141652060f6.jpg
大桟橋には何も居ない、ロイヤルウイングが居るだけだ
DSC09697_R_20191014165207c84.jpg
横浜新港埠頭(未完成)には、左に172「しまかぜ」と右に171「はたかぜ」が居る
DSC09699_R_20191014165209df7.jpg
瑞穂埠頭の425「ましゅう」
DSC09700_R_20191014165210a70.jpg
さて、向こう側に行くとするか!
DSC09701_R_2019101622000812c.jpg
山下埠頭に移動した、「かが」がいる
DSC09702_R_20191016220009a27.jpg
山下埠頭には、一般人は入れない
DSC09727_R_201910162200105a5.jpg
DSC09730_R_2019101622001113f.jpg
氷川丸と「かが」
DSC09731_R_20191016220012c5f.jpg
そのまま山下公園に移動して来た
DSC09745_R_20191016224555863.jpg
瑞穂埠頭が見える
DSC09735_R_2019101622455260d.jpg
「ましゅう」
DSC09744_R_20191016224555202.jpg
「くにさき」
DSC09746_R_20191016224556e7f.jpg
新港埠頭にも護衛艦がいる
DSC09753_R_20191016230825a9d.jpg
まだ工事中の桟橋に、強行着岸している
DSC09766_R_2019101623082513b.jpg
手前は「しまかぜ」
DSC09769_R_20191016230826654.jpg
奥は「はたかぜ」
DSC09762_R_201910162308265e7.jpg
電灯艦飾は、リフレクションが綺麗だ
DSC09777_R_201910191751462f5.jpg
瑞穂埠頭の「くにさき」
DSC09782_R_20191019175148724.jpg
「えんしゅう」
DSC09781_R_20191019175148e18.jpg
「くにさき」にまとわり付くマリーンルージュ
DSC09796_R_20191019175149c34.jpg
全艦無理矢理入れる
DSC09813_R_201910191751511c7.jpg
これで観艦式は事実上の終わりを告げた
台風被害の復旧に全力で向かう為との事だが、陸自は働いているが海自は今回何かした?

海上自衛隊大湊地方総監部は台風19号で甚大な被害を受けた福島県に隊員40人を乗せた支援艦「すおう」を派遣した。
災害派遣されたのは海上自衛隊大湊基地の多用途支援艦「すおう」。19日午前8時に隊員40人を乗せ、台風19号で甚大な被害を受けた福島県いわき市に出発した。(給水と携帯充電支援)

海上自衛隊呉警備隊が所有している「緊急展開型入浴セット」。18日千葉へ向け陸路で出発しました。
 広島県呉市の海上自衛隊呉基地で19日に開かれた「呉海自カレーフェスタ」会場で、台風19号の被災地に、来場者のメッセージ入りレトルトカレーを支援物資として送る取り組みが行われた。呉市は昨年7月の西日本豪雨で大きな被害を受けており、主催者は「昨夏に全国から受けた恩返しをしたい」と話している。

これが万全の支援?地元の艦艇は?

「太原」は2018年就役の中国の新型ミサイル駆逐艦、観艦式に参加するために10日横須賀に来ていた。
「太原」は台風を避けて大阪湾に避難したのち、東京の晴海埠頭沖に14日午前10時頃に現れ、艦艇の左右に中国語と日本語で「台風の被災者を見舞い、被災地の早期復興を祈願する」と書かれた横断幕を掲げ、被害を受けた日本の人々に慰問の意を表した。

時節柄この行いは大した物だと言える。

IMG_6476_R.jpg
IMG_6477_R.jpg
IMG_6478_R.jpg
IMG_6479_R.jpg
翌朝何事も無く停泊していた艦艇達

観艦式付帯行事 フリートウィーク 4

DSC09568_R_2019101316590735d.jpg
横須賀を出て、横浜大桟橋に移動した
DSC09570_R_20191013165906629.jpg
いずもに乗るために、残りの護衛艦はパスして来た
DSC09571_R_201910131659077a6.jpg
ステレス性を高める為、内火艇も収納する
DSC09573_R_20191013165909f7b.jpg
大きなエレベーター口
DSC09684_R_20191013165913156.jpg
完全に陸の上に張り出している
DSC09575_R_20191013165909d2b.jpg
手荷物検査を受ける
DSC09577_R_201910140930404d2.jpg
しかしいずもは既に受付終了で乗れなかった
DSC09578_R_20191014093041d8f.jpg
仕方が無いので、まだ乗れるむらさめへ向かう
DSC09590_R_20191014093042379.jpg
ちょうどいい夕日が見えた
DSC09591_R_201910140930428a5.jpg
いずもが乗れないせいで、無茶苦茶混んでいる
DSC09595_R_201910140930448fc.jpg
大桟橋の先端を回り込んで、やっと見えてきたむらさめ
DSC09598_R_20191014093045acc.jpg
少し晴れ間も見えてきた
DSC09601_R_201910140930466a0.jpg
年季の入ったネームプレート
DSC09604_R_20191014134631577.jpg
前部甲板から始まる
DSC09607_R_20191014134634b7c.jpg
Mk.15 Mod12 高性能20mm機関砲(CIWS)
DSC09605_R_2019101413463572e.jpg
Mk.41 Mod6 VLS (VLA SUM)
DSC09610_R_20191014134636f40.jpg
62口径76mm単装速射砲
DSC09617_R_201910141346368d5.jpg
救命浮輪
DSC09619_R_20191014134643cba.jpg
HOS-302 3連装短魚雷発射管
DSC09620_R_20191014134635beb.jpg
筋肉同好会
DSC09621_R_201910141400490e6.jpg
90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)/ ハープーン4連装発射筒
DSC09624_R_20191014140051707.jpg
対岸の山下埠頭はカジノ予定地、大分前から工事が始まっている
DSC09625_R_20191014140051f88.jpg
SH-60K 哨戒ヘリコプター
DSC09628_R_20191014140054901.jpg
右側にもチャフ、フレアを搭載する際は、安全ピンを付ける(通常左側のみ)
DSC09630_R_201910141400560b6.jpg
HQS-104懸吊ソナー、これを海中に落として潜水艦を探す
DSC09627_R_20191014140057594.jpg
レーダー手席
DSC09637_R_20191014140058739.jpg
格納庫収容状態の尾翼とローター部
DSC09638_R_2019101414005924b.jpg
折りたたみ機構
DSC09642_R_20191014140101488.jpg
水平尾翼折りたたみ機構
DSC09643_R_2019101414010290a.jpg
チャフ及びフレア発射機、丸いのはフライトレコーダー。撃墜されても回収出来るように外部に取り付けてある
DSC09645_R_2019101414355664d.jpg
格納庫に出し入れする為の物だが、繋がっている状態は珍しい
DSC09647_R_2019101414355802d.jpg
パイロンが着いている
DSC09654_R_20191014143602c7e.jpg
ここに色々な武装その他を吊るす
DSC09649_R_201910141435599bf.jpg
MK43型対潜水艦用の小型魚雷(ダミー)
DSC09651_R_201910141436009f0.jpg
ダイバー
DSC09659_R_20191014145539cbf.jpg
ヘリ格納庫
DSC09666_R_20191014145540385.jpg
DSC09667_R_20191014145542bfb.jpg
DSC09668_R_20191014145542ba6.jpg
航空機発着管制室
DSC09669_R_20191014145544624.jpg
思ったよりシンプルな室内
DSC09670_R_20191014145546fc3.jpg
DSC09672_R_20191014145547328.jpg
船はおしりだな~
DSC09686_R_20191014145551d16.jpg
さて、帰ろう

観艦式付帯行事 フリートウィーク 3

DSC09414_R_201910121416213fe.jpg
新桟橋の見学を終えた
DSC09411_R_20191012141620050.jpg
護衛艦桟橋に向かう
DSC09416_R_20191012141620430.jpg
なんと体験航海に空きがありそうだ!小雨混じりのせいで、客足が少ないのだろう
DSC09417_R_20191012141621f89.jpg
沖に空母が見える!見に行きたい!
DSC09419_R_201910121416243d4.jpg
掃海艇の上では、1日艦長達の撮影会をしている
DSC09427_R_20191012145216a12.jpg
えんしゅうが帰って来た
DSC09436_R_20191012145220884.jpg
入れ替わりに掃海艇ちちじま、掃海艦ひらどが出て行く
DSC09438_R_201910121452205d1.jpg
待つ事1時間、やっと乗れそうだ
DSC09440_R_201910121452191bc.jpg
えんしゅう、この船には館山でも航海体験で乗った、縁があるようだ
DSC09443_R_20191012145237994.jpg
ついにギリギリで乗れた!えんしゅうは160人乗れる
DSC09444_R_201910121452434ad.jpg
うっかりすると、見落とす表札
DSC09445_R_20191012145224aad.jpg
まずはいきなり船内に下りる
DSC09446_R_20191012153155d82.jpg
艦内の通路は人一人分
DSC09449_R_201910121531570b9.jpg
携帯艦艇港湾電話格納庫、上位職の連絡用携帯電話
DSC09447_R_2019101215315869b.jpg
先任海曹室
DSC09448_R_20191012153200d2c.jpg
食堂は入れなかった
DSC09451_R_20191012153200d51.jpg
救護室
DSC09450_R_201910121532075ab.jpg
艦内神社
DSC09453_R_20191012153206f4a.jpg
艦橋に上って来た
DSC09455_R_20191012154607f79.jpg
艦橋はそこそこ広い
DSC09456_R_2019101215461568b.jpg
艦長席の色は階級で変わる。二佐三佐はこの色、1佐だと赤で将官だと黄色になる
DSC09459_R_20191012154607acd.jpg
救命浮輪
DSC09463_R_20191012154615e22.jpg
真鍮磨きは大変だ
DSC09465_R_20191012154607002.jpg
トップデッキに上がった(艦橋の上)
DSC09461_R_201910121650274c9.jpg
タグボートが離岸の準備をする
DSC09469_R_20191012165031bd2.jpg
桟橋から曳航されて離れて行く
DSC09468_R_2019101216503167f.jpg
古参?の隊員が帽を振る
DSC09471_R_20191012165030c2a.jpg
タグボートが離れて行く
DSC09474_R_201910121650422cc.jpg
どうせなら、あっちで航海したいが贅沢は言わない
DSC09475_R_20191012165034eec.jpg
米軍のDDG-56ジョン・S・マケイン (ミサイル駆逐艦)
DSC09481_R_2019101216503508a.jpg
DDG-89マスティン (ミサイル駆逐艦)
DSC09487_R_20191012165044b96.jpg
米軍基地内の旧第6ドック、信濃を作ったドックだ
DSC09489_R_2019101216503823e.jpg
横須賀消磁所。鋼鉄の艦船は地磁気によって磁性を帯びてしまう、ここで係留しながら帯びた磁気の反対方向の磁気で消磁し、磁気機雷からの驚異を下げるための施設
DSC09496_R_20191013085838f7d.jpg
ここに係留し、自艦の磁気を測定後消磁する
DSC09491_R_20191013085838644.jpg
空母はかがだった
DSC09506_R_20191013085838bd9.jpg
かがを最後に港に戻る
DSC09508_R_201910130858405c4.jpg
下を見ると、艦橋サイドにも結構人が居る
DSC09509_R_201910130916047ee.jpg
ほとんど出ていないに等しい体験航海だが、乗れただけでもありがたい
DSC09528_R_20191013091605f90.jpg
護衛艦桟橋が満艦粧に彩られる
DSC09515_R_2019101309160561a.jpg
米軍のタグボートがこれ以上入るなと、警戒している
DSC09520_R_201910130916055e9.jpg
この水域は右も左も米軍基地だ
DSC09521_R_201910130916081cd.jpg
入りたい穴があちこちに見える
DSC09522_R_20191013091605bfe.jpg
タグボートが寄って来た
DSC09525_R_20191013091606e27.jpg
もう桟橋は目の前だ、早すぎる!
DSC09530_R_20191013145956caf.jpg
水中処分母船03
DSC09532_R_2019101314595709a.jpg
右ははやぶさ型ミサイル艇、左は特務艇「はしだて」、来賓をもてなす為だけの艦
DSC09537_R_20191013145958c49.jpg
入港準備
DSC09540_R_20191013150000b64.jpg
掃海艇ちちじまに乗艦が始まっている
DSC09544_R_20191013150001fc8.jpg
掃海の為の道具がぎっしりと積まれている
DSC09547_R_20191013150002b47.jpg
JM61-M 20mm多銃身機銃、撃ってみたい
DSC09549_R_2019101315000466b.jpg
着いてしまった
DSC09552_R_2019101315000537c.jpg
折り返し乗って見たかったが、だめだった
DSC09554_R_20191013153929973.jpg
下艦する
DSC09557_R_2019101315394176c.jpg
管制室を覗く
DSC09559_R_2019101315393041b.jpg
艦長不在で航行していた、艦内で見ていない
DSC09561_R_2019101315393269d.jpg
何気に目立つ標的を後に積んでいた
DSC09563_R_20191013153940162.jpg
短いが楽しい体験だった

観艦式付帯行事 フリートウィーク 2

DSC09247_R_2019100923053844a.jpg
グェルニー公園の陸奥の主砲
DSC09249_R_20191009230541e99.jpg
40cm主砲越しに見る横須賀基地
DSC09252_R_20191009230540329.jpg
横須賀基地に入る
DSC09253_R_20191009230542972.jpg
手荷物検査を受ける
DSC09256_R_201910092305439fc.jpg
地下壕入り口
DSC09259_R_20191009230544986.jpg
DSC09261_R_20191009230545643.jpg
見学出来る船一覧
DSC09263_R_2019101019384021b.jpg
かなり出遅れて、11:30からの参加となったが、おかげで空いている
DSC09262_R_20191010193838ea4.jpg
交通艇の体験はこのさいパスする
DSC09264_R_20191010193840b04.jpg
潜水艦に興味ありませんか?
DSC09270_R_20191010193837436.jpg
新鋭艦「てるづき」ステレスな搭乗口
DSC09272_R_20191010193839286.jpg
真新しいネームプレート
DSC09265_R_2019101020282132b.jpg
HOS-303 3連装短魚雷発射管
DSC09303_R_20191010205315d7d.jpg
普段はステレス性向上のため、収納される
DSC09266_R_20191010202809160.jpg
90式SSM 4連装発射筒
DSC09284_R_20191010202816be1.jpg
DSC09282_R_20191010202810682.jpg
Mk.41 Mod29 VLS (32セル)
DSC09292_R_2019101020281711e.jpg
DSC09283_R_201910102028104dd.jpg
62口径5インチ単装砲
DSC09280_R_20191010202808c2c.jpg
なぜ涼月?
DSC09358_R_201910102053155e4.jpg
DSC09359_R_20191010205317cd0.jpg
90式艦対艦ミサイル
DSC09300_R_20191010205313974.jpg
高性能20ミリ機関砲(CIWS)
DSC09360_R_201910102053187bf.jpg
救命浮輪
DSC09363_R_20191010210530747.jpg
てるづき格納庫、ヘリが2機格納出来る
DSC09364_R_2019101021052858d.jpg
いるじゃんてるづき
DSC09369_R_20191010210530e15.jpg
デカイ格納庫だ
DSC09367_R_20191010210532ef2.jpg
となりのあさゆきの格納庫
DSC09307_R_20191010211009187.jpg
あさゆきに移動する
DSC09312_R_20191010211013d07.jpg
この手のプレートは、艦オリジナルなので、個性が面白い
DSC09310_R_201910102110138e5.jpg
てるづきの起伏の無い側面がステキ
DSC09313_R_20191010211015f66.jpg
救命浮輪
DSC09316_R_201910102110157f3.jpg
DSC09317_R_20191010211017a8a.jpg
VLSの無い時代はみんなこれだった、74式Cアスロック 8連装発射機
DSC09319_R_20191010211019f8a.jpg
DSC09318_R_201910102110183b8.jpg
一発撃つのに1秒かからない高速射撃の62口径76mm単装速射砲
DSC09333_R_201910102133197aa.jpg
DSC09334_R_201910102133238ec.jpg
まだ90式艦対艦ミサイルが無い頃のハープーンSSM 4連装発射筒
DSC09335_R_201910102133217e0.jpg
DSC09336_R_20191010213323d6e.jpg
二世代前の魚雷発射管68式C 短魚雷3連装発射管
DSC09346_R_20191010213324ffb.jpg
DSC09353_R_20191010213325497.jpg
GMLS-3型A シースパロー短SAM 8連装発射機
DSC09370_R_20191010220240ba3.jpg
艦番号116
DSC09374_R_20191010220241c3a.jpg
後に潜水艦がいる
DSC09377_R_2019101022024087f.jpg
かわいそうなぐらい、大きさが違う
DSC09379_R_20191010220242fb0.jpg
潜水艦は最近甲板にだけ乗れる事がある、今までは全然乗れなかった
DSC09382_R_201910102202424b9.jpg
艦長らしき人が敬礼してくれる
DSC09386_R_20191010220245678.jpg
DSC09392_R_20191010220245b98.jpg
DSC09398_R_20191010223203ea4.jpg
X型の潜舵が特徴の潜水艦
DSC09402_R_201910102232049f6.jpg
艦橋
DSC09400_R_20191010223209214.jpg
潜水艦の甲板は、丸くて怖い
DSC09389_R_20191010223204439.jpg
上を歩くだけだが、いい経験だった

観艦式付帯行事 フリートウィーク

10/5.6の両日で、4年ぶりとなる観艦式のため、弾みを付ける意味合いで観艦式付帯行事 フリートウィークが行われた。
護衛艦一般公開をメインに、様々なイベントが行われる。
護衛艦一般公開は、吉倉(横須賀)、横浜大桟橋にて行われる
満艦飾・電灯艦飾(イルミネーション)は吉倉、船越、横浜大桟橋にて行われる
DSC09007_R_201910061851288d0.jpg
10/5、07:00横浜大桟橋に「いずも」が来ているが、仕事で見にいけない
DSC09026_R_201910061851309f1.jpg
仕事帰りに横須賀までバイクでかっ飛ばして来たが、何もやっていない?
DSC09027_R_20191006185131431.jpg
電灯艦飾(イルミネーション)は日没後となっていたが、まさかの中止か?
DSC09030_R_20191006185133683.jpg
自衛隊は時間にぴったりと始めたがる悪癖があるので、19時ジャストを待つ
DSC09033_R_20191006185133322.jpg
潜水艦も寝静まっている(結局潜水艦は光らなかった)
DSC09040_R_20191006185134298.jpg
予想通り19時ジャストに点灯した!
DSC09042_R_20191006201940dd1.jpg
観るのはカウントダウン以来かな?116てるづきと132あさゆき
DSC09044_R_20191006201942980.jpg
護衛艦桟橋、手前の4305えんしゅうはやっていない
DSC09061_R_20191006201943b7f.jpg
少し移動したが、あまり変わらない
DSC09073_R_2019100620194540a.jpg
手持ち開放はきびしい、いい三脚が欲しい!

DSC09089_R_20191006201948187.jpg
吉倉を出て、途中の比与字地下壕の壕口を見る、鉄板で塞がっていた!もうだめだな・・・

DSC09092_R_20191006210008ead.jpg
船越に移動、相模運輸倉庫から眺める
DSC09103_R_20191006210009da0.jpg
DSC09104_R_20191006210010646.jpg
手前のデカイのは、463うらが

DSC09110_R_20191006211310fd7.jpg
船越に移動した
DSC09115_R_20191006211312685.jpg
LCU-2002「輸送艇2号」
DSC09129_R_20191006211313e5a.jpg
掃海艇(MSC)
DSC09135_R_20191006211314b6a.jpg
110たかなみと119あさひ
DSC09137_R_20191006211316d48.jpg
463うらがの内側はさすがにわからない
DSC09144_R_20191006222918cfa.jpg
入場門側に移動した
DSC09149_R_201910062229181ba.jpg
DSC09147_R_20191006222918b8a.jpg
たまにはこんな船に乗って見たい
DSC09160_R_20191006222917e25.jpg
船越を後にする

DSC09168_R_20191007204609af8.jpg
横浜港に移動した
DSC09167_R_20191007204600691.jpg
横浜大桟橋にいずもが停泊している
DSC09174_R_201910072046066a3.jpg
エレベーター
DSC09175_R_20191007204603ac1.jpg
航空管制用の後部艦橋
DSC09177_R_20191007204606a4d.jpg
航海用の前部艦橋
DSC09172_R_201910072046047e1.jpg
高性能20mm機関砲 (CIWS)
DSC09179_R_20191007204608664.jpg
SeaRAM 近SAMシステム
DSC09183_R_20191007210054fbd.jpg
艦番号183
DSC09188_R_20191007210055317.jpg
約250mの巨体は、写すのが難しい
DSC09192_R_20191007210056883.jpg
高い位置に上ると、やっと飛行甲板が見えた
以上、吉倉、船越、横浜とバイクで駆け抜けた

おまけ
DSC09199_R_20191007213623556.jpg
反対側に停泊していた「にっぽんまる」
DSC09207_R_201910072136248e6.jpg
いずもを見た後では、小さく見える
DSC09209_R_20191007213625e03.jpg
ロイヤルウイング
DSC09214_R_20191007213639d3a.jpg
ロイヤルウイングの向こう側に氷川丸が見える
DSC09203_R_20191007213622bf8.jpg
戦時中は病院船として活躍していた
DSC09194_R_20191007213622d96.jpg
ベイブリッジを見ると、煌びやかな船がいる
DSC09215_R_201910072144074cc.jpg
大黒ふ頭にやってきた
DSC09216_R_201910072144095f6.jpg
デカイ船が見えたが、フェンスの中には入れない
DSC09218_R_20191007214409f1f.jpg
しばらくにゃんこと遊ぶ
DSC09222_R_20191007214411b76.jpg
スペクトラム・オブ・ザ・シーズ
DSC09224_R_20191007214412d73.jpg
これはゴンドラで、クレーンで展望室を持ち上げる
DSC09227_R_20191007214414b00.jpg
全長348mでいずもより100mデカイ!搭載人員5,622 人
DSC09231_R_20191007214418ba5.jpg
最後に愛機とのツーショット

舞鶴 吉坂堡塁砲台(付属堡塁)再訪 その2

1050_R_20190929171118b5d.jpg
第二砲座に移動する、この砲座の方が若干荒れている
1051_R_2019092917111998a.jpg
横墻に即応弾薬置き場が作られていないので、弾薬庫サイドに増設してあるのだろう
1052_R_201909291711209e9.jpg
何故か胸墻にしか即応弾薬置き場を設けていない
1054_R_20190929171125bb2.jpg
丘の傾斜を削っただけと言う、実に簡易な砲座
1055_R_201909291711267f3.jpg
砲座前盾を上から見る
1056_R.jpg
人が入ると砲座の小ささが判る
1057_R.jpg
砲座の隣には建物の基礎がある、兵舎だろう
1058_R_20190929173335632.jpg
ボルトが残り、木造建築物が有ったのだろう事を窺わせる
1061_R.jpg
玄関部分だろうか?
1063_R_2019092917333873a.jpg
角の部分以外の石垣は、かなり崩れてしまっていた
1062_R_20190929173339f84.jpg
排水溝と土管の一部
1064_R_20190929173341411.jpg
兵舎脇から軍道が下って行く
1065_R.jpg
排水溝も切られ、しっかりした道だ
1067_R_2019092917334532d.jpg
かなりの部分は土砂で埋まってしまっている
1066_R_20190929173346938.jpg
公的調査をした部分だけが掘り起こされている
1076_R_201909291755038b3.jpg
カーブ辺りは妙に広くなっている、埋まってしまっていたが何か調査した跡がある
1077_R_20190929175504318.jpg
排水溝の接合部が掘り出されている、公的図面にはかなり詳しい位置情報が載っているのだろう
1078_R.jpg
ぐるっと回って左上側が砲座になる
1080_R_20190929175508a73.jpg
軍道を外れ、尾根道を行ってみる
1079_R_201909291755096a2.jpg
途中、道は消えかかるが乗り越える
1081_R.jpg
穴がある
1083_R_20190929175511427.jpg
ほとんど埋まっていて入れなかった
1084_R_20190929175515e81.jpg
元道に戻ると、空母氏がどっから出て来た?みたいな顔でこっちを見ている
1086_R_20190929181430d50.jpg
排水溝の遺構を見ていたようだ
1087_R_201909291814314fc.jpg
外周路をぐるっと周って来た
1088_R.jpg
元の井戸の所に戻ってきた
1093_R_20190929181435788.jpg
木の育成によると思われる崩壊部分
1096_R_20190929181442dc5.jpg
全く鉄筋の入っていないコンクリート壁、割れるわなこれは
1094_R_201909291814370f8.jpg
良く見ると階段がある
1095_R.jpg
回り階段のようだ
1090_R_2019092918143669e.jpg
みんな一回りして集まりだした
1101_R_20190929184832afb.jpg
総軍さんがまだ見ているので、も少し周りを見る
1100_R_20190929184830ccd.jpg
かまど、羽釜を乗せるような形になっている
1099_R_20190929184829918.jpg
ここの煉瓦も線一本の刻印
1120_R.jpg
このスロープに沿った施設の高さも面白いもんだ
1110_R.jpg
門柱の脇には針金が生えている、境界柵に直接伸ばしていたのだろうか?
1109_R_201909291848358bb.jpg
門から少し離れた排水施設
1123_R_2019092918483853c.jpg
さて、下山を始める
1111_R.jpg
名残惜しそうに物色している男はおいて行く
1124_R_201909291905517ae.jpg
帰りはちゃんと、正規ルートから降りる
1126_R_20190929190552494.jpg
付属堡塁のすぐそばに鉄塔が立っているので、これを目指してくれば大概到着できる
1128_R.jpg
いくつか分岐が有るので確認しながら降りて行く(入山ルートと違うコースに向かう)
1132_R.jpg
これを下れば目的地だ
1563403465102_R.jpg
これで探索らしい探索は終了する
1146_R_20190929200324dde.jpg
杉森神社に降りてきた
1138_R_20190929200322260.jpg
ここには移設されて来た標柱が二本有る
1154_R_20190929200327bf1.jpg
1本は日清日露時代の凱旋記念
1149_R_20190929200328076.jpg
もう一本はSMIZ舞鶴要塞第一地帯票
1159_R_20190929200328446.jpg
名残惜しそうにしている男を置き去りにして撤収する
IMG_5649_R.jpg
ここで奈良から参戦のO氏と別れ、関東勢も帰路に着く
IMG_5652_R.jpg
しかし、途中の原発マネーで建てた公民館にある物を空母氏が見つける
IMG_5653_R.jpg
なんとタイムリーな!しかし公民館なのに閉まっていた
IMG_5657_R.jpg
IMG_5658_R.jpg
IMG_5661_R.jpg
IMG_5664_R.jpg
ガラス越しに覗き込んだ
IMG_5665_R.jpg
あの机に置いてある資料が欲しい!裏には付属堡塁の図面もあるかも知れない。しかしどっしょもない
IMG_5663_R.jpg
みな何とかして写真に収めようと努力するが、諦めて撤収する
IMG_5674_R.jpg
空母氏は静岡へ向けて爆走して行く、この後生きている彼を見た者は誰も居ない、いやマジで!

舞鶴 吉坂堡塁砲台(付属堡塁)再訪 その1

931_R.jpg
本堡塁砲台からの下山コースに付属堡塁はある
937_R_20190926203108f12.jpg
昔の軍道の残る部分は、当時の石垣が残っている
941_R_20190926203110157.jpg
陸界29の標石が軍道沿いにある
947_R.jpg
続いて陸界28の標石
949_R_20190926203113f8e.jpg
少し脇に外れたコース(元の軍道)に陸界27の標石があった
950_R.jpg
自分はここから単独で直上コースをたどる
953_R_2019092620311521d.jpg
途中で当時の化粧瓶を見つける、遺構は近いようだ
955_R_20190926203119e90.jpg
唐突に着いてしまった、5分ほど登っただけだった
956_R.jpg
メンバーが登って来るまで10分ほど周りを見ながらスマホで遊んで待つ
958_R_2019092620312024e.jpg
付属堡塁の門柱
1123_R_20190926221057ac0.jpg
メンバー達が正規ルートで登って来たので砲台内部に侵攻する
965_R.jpg
門を入ると、そこは炊事場になっていた
971_R_20190926221053e16.jpg
苔むした煉瓦のカマド
969_R_201909262210537f5.jpg
その背面にある変った施設(坂に沿って大きさが変るのが面白い)
975_R_20190926221053575.jpg
一見、弾薬庫や掩蔽部に見える
976_R.jpg
スロープに入ると、排水溝?
980_R_201909262223599be.jpg
手前の小さい部分はろ過水槽になっていた
981_R.jpg
三層式になっている
979_R.jpg
一番手前はかなり深い、落ちたら登れない事確実
982_R_20190926222402eaf.jpg
中央の水槽は、砂利で濾すのだろう
985_R.jpg
奥の砂利は、若干小さめなのが下に敷かれているように見える
1115_R_20190928162215637.jpg
隣の部屋は、井戸になっていた。左側に蓋が外されている
998_R.jpg
二分割になっていて。穴の部分にポンプが差し込んであったようだ
1000_R.jpg
飲みたくは無いが、水はまだある
1001_R.jpg
最奥の部屋
1116_R.jpg
煉瓦造りの掩蔽部
1004_R.jpg
入り口意外の破損も無く、綺麗な状態だ
1005_R.jpg
壁面に残るフック
1013_R.jpg
天井の吊り下げフック
1007_R_201909281712461d1.jpg
通気孔
1009_R.jpg
入り口上部にも通気孔
1010_R.jpg
掩蔽部の扉は、総じて金属扉だったのだろうか?全ての小窓、扉が兆番と鍵部分まで破壊して持ち出されている
1017_R_20190928171252610.jpg
当時は転落防止の柵があったのだろう、全て支柱ごと抜き出されている
1018_R_20190928223716398.jpg
すぐ隣にある砲座
1023_R.jpg
地面の溝は排水溝ではなく、近代調査による元の地表面を掘り起こしたもの
1024_R_2019092822372188b.jpg
即応弾薬置き場
1026_R.jpg
砲座の胸墻
1028_R_20190928223722eea.jpg
横墻の上に登ってみる
1031_R.jpg
先の掩蔽部の通気孔
1036_R.jpg
砲座間にある横墻だが、初めて見る形だ
1037_R_20190928230448d69.jpg
こんな部分に即応弾薬置き場を造るとは?
1038_R_2019092823045047c.jpg
更に階段を下がった所にもう一つ
1039_R_201909282304513b4.jpg
一番深い所にメインの入り口がある
1042_R_20190928230451d9d.jpg
弾薬庫(砲具庫とも言われる)
1047_R_2019092823045546f.jpg
電気配線の穴だろう
1048_R_201909282304566e2.jpg
覗き窓の上に繋がる
1045_R_20190928230456871.jpg
内部は丸い
1049_R.jpg
右側も同じ様に即応弾薬置き場が並ぶ