fc2ブログ

城ヶ島砲台(空母氏御案内)2 剣崎砲台追加御案内

138_R_20170813165008e8f.jpg
城ヶ島洞窟陣地にやってきた
140_R_20170813172753300.jpg
早速入壕する
142_R_2017081317275555f.jpg
二ヶ月前には無かった(と思う)エサ箱と水のフライパンが有る、猫の餌付けをしてる人がいるようだ
144_R_20170813172756da5.jpg
空母氏達に先に進んでもらう、どうせ一本道だ
148_R_20170813172757896.jpg
たまには後から付いて行くのもいいもんだ
153_R_201708131728000a2.jpg
空母氏が階段を気に入っている
155_R_201708131728015ed.jpg
夏場の壕内は、ひんやりしてたまらない避暑地だ
159_R_201708131811283a5.jpg
狭い通路を一人ずつ進んで行く
162_R_20170813181129b5e.jpg
こんな風にゆるく曲がっていると、有事の際に撃たれ難いのだ
164_R_20170813181130e55.jpg
これを曲がると開口部だ、これを出て10mほど崖を登れば砲座に出るのだが、却下されたので戻る
171_R_20170813182520e90.jpg
地下弾薬庫に向かう
172_R_20170813182522d8a.jpg
相変わらずいい迷彩だ
173_R_201708131825240ad.jpg
始めて見た空母氏が感動している
174_R_201708131825258b2.jpg
施錠されており、通常は見学会などの時開放される
181_R_20170813182527263.jpg
こんな状態のいい弾薬庫は早々無いのだが、内部の床の状態のせいでなかなか公開されないのだろう
182_R_20170813182529a06.jpg
ちなみにこの迷彩、塗装ではなくモルタルそのものを染色してあるという、多少の機銃掃射程度では迷彩が剥がれない様に工夫されているようだ。
176_R_20170813182526e97.jpg
待つ事30分、空母氏が戻ってこないので、蚊に刺され踊りだす二人
186_R_201708131839587fb.jpg
弾薬庫内部
187_R_20170813183959a1c.jpg
相変わらず誰も居ない静寂が広がる
188_R_20170813184000772.jpg
大喜びの空母氏
193_R_20170813184002620.jpg
夏場のせいか、壕内の湿度は若干高め
197_R_20170813184003c8d.jpg
ストロボを使うとモヤが出る
199_R_2017081318400582f.jpg
ここの床には弾薬運搬用のレールが有り、金属ドロが床を掘り返して持ち去ったそうだ
205_R_2017081318571200d.jpg
最深部の部屋
209_R_20170813185712bed.jpg
ガンダムのジオング撃墜シーンを想像させるシーン
213_R_20170813185714c18.jpg
この上が砲塔への陽弾エレベーター
217_R_20170813185715b27.jpg
戦後70年以上たってもこの状態の良さ
218_R_201708131857170fb.jpg
なんも知らない一般人が見たらやっぱり危険な状態なんだろうな?
219_R_20170813185718200.jpg
二本のレールの跡が何となくわかる部分
220_R_201708131857209c0.jpg
最後まで空母氏は撮影に熱中していた
228_R_20170813191248d96.jpg
城ヶ島の最後に、陸軍の境界石ど見ていく
229_R_20170813191250619.jpg
この手の境界石柱は畑の回りにかなり有るのだが、割愛する
231_R_2017081319181558b.jpg
所要のあるとのさんと別れ、剣崎砲台を見に行く
235_R_20170813191252ee4.jpg
まずは大浦探照灯格納庫だが、見事に偽装されている
236_R_20170813191252faf.jpg
未だにここは防衛庁(省)管轄区である
239_R_201708131912543dd.jpg
撮影に苦労する空母氏
244_R_201708131912557c3.jpg
内部は総コンクリートの格納庫
245_R_2017081319125792b.jpg
熱除けの石灰を被ったスイカを見ながらテクテク歩いて行く
247_R_20170813210928fee.jpg
地下施設の入り口が見えて来た
249_R_20170813210929210.jpg
その上にある砲座と地下施設の通気孔
250_R_20170813210930856.jpg
通気孔内は埋まってしまっている
251_R_2017081321093230f.jpg
砲座、ここなら海を狙い放題だ
255_R_20170813210934dee.jpg
砲塔砲台なので、地下に機械室などが本来はあった
258_R_2017081321093549d.jpg
大根などの野菜くずが詰め込まれ、とても這いずって入るような状態ではない
260_R_201708132109361d0.jpg
人物が入ると、砲座の大きさが判る
262_R_20170813213455d2e.jpg
反り返りの部分が面白い形をしている
264_R_20170813213457404.jpg
もう一つの出入り口、こちらも埋没している
265_R_20170813213459165.jpg
向こうの入り口までの間に、動力室、発電機室、弾薬庫などのいずれかがあったのだろう
266_R_20170813214304a1a.jpg
二つ目の砲座にやって来た50m程しか離れていない、地下施設は共通使用だったのか?こちら側専用の地下施設の痕跡が見つからない、二つの地下施設入り口は、接続せず、別々なのかも知れない
268_R_20170813214305032.jpg
砲座の上に農道が走り、全体像は掴み難い
269_R_201708132143061fd.jpg
こちら側の通風孔、二つ目の地下施設入り口から少し離れている
270_R_20170813214308dd3.jpg
側縁部に砲塔の擬装用屋根でも付けていた様な柱の後がある
271_R_20170813214310c92.jpg
後に農家がつまずかない様に蓋をしたのだろう
272_R_201708132155145e9.jpg
砲塔砲台は強固なコンクリート基礎のお陰で、保存状態が良い物が多い
267_R_20170813215513e06.jpg
さて、いつまでも人の畑をうろちょろする訳にも行かない、撤収する。
274_R_20170813214310252.jpg
帰りがけに横須賀にある連合艦隊司令長官山本五十六が愛用した料亭「小松」の前を通った
去年の火事の後、取り壊してしまったようだ、残念
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント