fc2ブログ

池子弾薬庫 警備道 その5(追加調査 仮称 富岡防空壕)

DSC04997_R_2017081519301269c.jpg
大きな分岐に戻り、共同グラウンドに下りて行く、こっちに下りないと車に戻れない
DSC04999_R_201708151930141e6.jpg
一応ハイキングコースだった様だが、廃道と化している
DSC05001_R_20170815194339003.jpg
プールの裏手に降りて来たが、フェンスで封鎖されて出れない
DSC05004_R_201708151943405c8.jpg
なんとか出てきた所で斜面に壕発見
DSC05005_R_201708151943414f2.jpg
半ば埋まってしまった入り口に滑り込む
DSC05006_R_20170815194344713.jpg
中はしっかりしていそう
DSC05009_R_2017081519434573b.jpg
以外に広い空間
DSC05013_R_20170815194346afe.jpg
基本的にU字型の単純壕だが、コンクリートで扉を着けていた形跡もある(反対側の出口)
DSC05014_R_20170815203420f00.jpg
支保工を打っていた跡もある
DSC05015_R.jpg
入ってきた方向、かなり四角く綺麗に掘ってあった様だ
DSC05016_R_20170815203423e9c.jpg
外から見たもう一つの壕口、出入り不能
DSC05017_R_20170815213806347.jpg
グランドに這い出してきた
DSC05019_R_20170815213808535.jpg
頭の上を突如ヘリが二機飛び越えて行く
DSC05020_R_20170815213809050.jpg
UH-60jと
DSC05021_R_20170815213810177.jpg
AH-1Sコブラが飛んで行く
DSC05025_R_2017081522085080a.jpg
後は逗子駅まで歩いて行く
DSC05026_R_20170815220852db3.jpg
その道すがらに穴が有る
DSC05027_R_20170815220853e68.jpg
横須賀海軍工廠久木地下弾薬貯蔵壕だが、今は入るのが難しい
DSC05029_R_20170815221908923.jpg
駅へと向かうトンネル
DSC05030_R_20170815221910e42.jpg
久木隧道
DSC05031_R.jpg
皇紀二千六百年 工事請負人 山口清造の文字、丁度かの零戦の正式採用の年である
DSC05033_R_201708152219138bf.jpg
1940年(昭和15年)からきっと軍用トンネルとして使われていたのだろうか?
DSC05034_R_20170815221915d4e.jpg
トンネルを出た跡のフェンスを覗くと
DSC05035_R_20170815221915768.jpg
穴が有る
DSC05037_R_20170815221918506.jpg
幾つか有るようだが、こちらの詳細は判らない


もう一つ依頼のネタをこなしておく、国道16号線の富岡付近で、道路に面した穴がいくつか見えている
交通量が多いのと、こうゆう場所にある壕は基本的に用途が知れているせいで、じぶんもパスしていた
好奇心が無い訳じゃないし、勢いと時間があったので、確認してきた。


DSC04866_R_20170816152943e3f.jpg
日中の16号線は途切れる事無く車が往来する、チャンスは一瞬である
DSC04867_R_20170816152944b69.jpg
壕口到着、滑り込む
DSC04868_R_201708161529453e0.jpg
天井はわりと高かったようだ
DSC04869_R_201708161529464b3.jpg
砂岩質で崩落もあり、工事の土砂も投げ込まれている
DSC04875_R_2017081615294837b.jpg
土管やフェンスなどの産廃も公共工事なのに投げ込まれ、下請けの水増し利益となる
DSC04881_R_20170816152949808.jpg
深部は壕口からの土砂の流入で埋まっている、道路側に開口していたのだろう
DSC04885_R_20170816152951519.jpg
出口に引き返す
DSC04886_R_2017081616224643f.jpg
途中、下に広がる空間を確認しているが、入れない隙間だ
DSC04887_R_20170816162247743.jpg
少し離れた別の壕口
DSC04888_R_20170816162248d35.jpg
崩落も少なく、土砂の流入のみだ、狭いのでその分強固なのだろう
DSC04889_R_201708161622500fc.jpg
深部は土砂の流入で埋まっているが、銃眼とも言えそうな穴が開いている
DSC04890_R_201708161622510c8.jpg
道路方向に開口しているが、外部からは判らなかった
DSC04891_R_20170816162252042.jpg
もう一ヶ所あったが、入り口が埋まってとても入れそうも無かった
国道に面している事から、空襲よけの防空壕か、地上戦時の肉薄攻撃陣地だと思われる

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント