世界遺産 天竜寺

DSC09583_R_201709271805064c2.jpg
少し戻って、天竜寺北門から進入する
DSC09584_R_20170927180508f59.jpg
朝日の木漏れ日の中庭内を散歩する
DSC09589_R_20170927180917b75.jpg
DSC09590_R_20170927180919071.jpg
屋根のそり上がりが面白い
DSC09593_R_20170927180510922.jpg
DSC09591_R_201709271805083c9.jpg
DSC09594_R_20170927180511124.jpg
DSC09595_R_2017092718051323f.jpg
書院を覗く
DSC09597_R_2017092718051471c.jpg
暗くて焦点が合わなかったが、達磨と龍が祭られる寺
DSC09599_R_2017092718154126a.jpg
曹源池に出た
DSC09600_R_20170927181544096.jpg
木々が色づき始めている、本格的に紅葉になったら綺麗だろうな~
DSC09601_R_2017092718154564b.jpg
DSC09602_R_2017092718154775a.jpg
雲龍図(襖絵)
DSC09604_R_20170927181549748.jpg
DSC09603_R_20170927181547c1b.jpg
世界文化遺産
DSC09605_R_20170927183546576.jpg
大方丈を回り込む
DSC09606_R_201709271835471a1.jpg
白砂がきれいだ
DSC09607_R_20170927183548cc9.jpg
毎朝人の手によって均されている
DSC09609_R_20170927183550077.jpg
当時の鬼瓦なのだろう、天竜寺は八回の大火に見舞われている
DSC09610_R_20170927183551941.jpg
庫裏(参拝受付)
DSC09612_R_20170927183552ff3.jpg
大衝立の達磨図
DSC09613_R_2017092718541993b.jpg
上を見ると、吹き抜けになっている
DSC09614_R_2017092718542175c.jpg
御朱印を頂く
DSC09615_R_20170927185421ca7.jpg
今なら雲龍図の特別公開をやっている
DSC09616_R_20170927185423896.jpg
ひっそりと案内の無い建物がある
DSC09617_R_201709271859521ef.jpg
DSC09620_R_20170927185956b73.jpg
護国霊験
DSC09618_R_20170927185954065.jpg
DSC09619_R_20170927185954fa8.jpg
この手の慰霊碑は、大抵こんな扱いで端っこにある、それも静かで良いのかも知れない
DSC09623_R_20170927190842b6d.jpg
参道に出た
DSC09624_R_20170927190844f5a.jpg
慈済院
DSC09625_R_20170927190845761.jpg
立ち入り禁止
DSC09626_R_20170927190846e13.jpg
土壁に瓦が塗り込まれている
DSC09627_R_201709271908486ed.jpg
来福門
DSC09628_R_20170927190850f1c.jpg
弁天堂
DSC09631_R_20170927190851ef4.jpg
弘源寺
DSC09633_R_20170927191915ef5.jpg
天龍寺前庭の門
DSC09634_R_201709271919170ca.jpg
その周りの蓮池
DSC09638_R_20170927191918356.jpg
三秀院
DSC09639_R_20170927191920ef4.jpg
雨どい長い
DSC09641_R_20170927201045d17.jpg
入れるようなので、入ってみる
DSC09642_R_20170927201046983.jpg
大黒天堂
DSC09643_R_20170927201047f0a.jpg
堀を渡って道路に出た
DSC09646_R_20170927201049ebf.jpg
DSC09650_R_20170927201051aa5.jpg
通常と逆コースで廻ったようだ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます