嵐電 嵐山駅(光の林)

DSC09647_R_20170928213515efb.jpg
京都の観光地では、人力車が走っている
DSC09649_R_2017092821351712e.jpg
人力車引く人って大した脚力だな
DSC09651_R_20170928213517d11.jpg
嵐電嵐山駅到着!
DSC09653_R_20170928213519a33.jpg
2mほどの派手なポールがある
DSC09654_R_201709282135218c9.jpg
光の林
DSC09656_R_2017092821352251f.jpg
駅構内は、ポールだらけ
DSC09658_R_2017092821352387e.jpg
DSC09661_R_201709292103123df.jpg
ホームを囲むように遊歩道が有り、光の林が立ち並ぶ
DSC09662_R_20170929210313678.jpg
もみじがほんのりと色づき始めている
DSC09663_R_20170929210315d4d.jpg
隠れるようにオブジェがある
DSC09665_R_20170929210316ff8.jpg
これ、台座じゃなくて、水面なのにおどろいた
DSC09666_R_20170929210317d46.jpg
DSC09667_R_2017092921031956d.jpg
なんと改札を潜らず外に出入りできる
DSC09668_R_201709292103207d0.jpg
駅全景、構内踏み切りで行き来出来る
DSC09670_R_201709292114110ac.jpg
すでに電車は来ている、あまり時間は無い
DSC09672_R_20170929211413083.jpg
中央ホームの端っこには、足湯がある
DSC09674_R_201709292114159f3.jpg
要所要所にベンチが置かれていて、ゆっくり出来る
DSC09675_R_201709292114162d7.jpg
光の林がホームの柵代りにもなっている
DSC09678_R_20170929211417010.jpg
ホーム対面にはお土産やさんが立ち並ぶ
DSC09680_R_2017092921253135e.jpg
そろそろ乗らないとやばい!
DSC09681_R_201709292125330c6.jpg
なんと電車の中に、バスの料金箱みたいのが付いている、出入り自由なはずだ
DSC09682_R_20170929212534495.jpg
運転席うしろ、かぶりつき
DSC09683_R_20170929212535f89.jpg
いよいよ発車だ!
DSC09684_R_2017092921253725f.jpg
寄る暇が無かった「駅の足湯」
DSC09685_R_201709292136489c0.jpg
まずは普通の電車の区間、路面は走らない
DSC09687_R_20170929213650066.jpg
対向車、色は同じだがちょっと古いタイプのようだ
DSC09689_R_20170929213651df2.jpg
出たと思ったらもう次の駅に着いた
DSC09691_R_20170929213652339.jpg
運転席は、直に見える(話しかけないで下さいと書いてあった)
DSC09693_R_20170929213653a46.jpg
生活の足として、結構混んでいる(観光シーズンには二両編成に増やされる)
DSC09696_R_201709292149008c8.jpg
登りと下りの駅がずれている謎の駅
DSC09699_R_20170929214901ed8.jpg
この色乗りたかった!クラシックでカッコイイ!
DSC09700_R_2017092921490299d.jpg
こういうポイントもなんかいい
DSC09702_R_20170929214904c7a.jpg
本線と北野線の乗換駅、帷子ノ辻駅(かたびらのつじ)
DSC09704_R_201709292149053e6.jpg
北野線はまた、カラーリングが違うようだ
DSC09705_R_2017092921490719c.jpg
いろんなカラーがあって楽しい(レアな白黒ツートンもあるようだ)
DSC09706_R_201709292210156d7.jpg
ふと観ると、バスの止まりますボタンが?そう言えばアナウンスで「御降りの際は、ボタンでお知らせ下さい」とか言ってた気がする、電車がバスのように通過する事もあるのか?楽しすぎるぞ嵐電!
DSC09707_R_2017092922101608b.jpg
帷子ノ辻駅を出ると、路面電車ゾーンに出る
DSC09710_R_2017092922101707a.jpg
これ楽しい!電車がホーン鳴らして、車を蹴散らして走っている!
DSC09711_R_20170929221019ea2.jpg
問題は赤になったら、電車も止まるのだろうか?
DSC09712_R_20170929221021bd7.jpg
人が居ない、通過するかと思ったら、ベル鳴らして降りる人が居た残念・・・
DSC09714_R_20170929224714c5a.jpg
ちょっと遠いが、道路に突起がある、なんとあれが山之内駅である、あまりの事に写真が撮れなかった
DSC09714 - コピー_R
日本一狭い駅なのだが、停留所扱いなので公式に認められていない(クローズアップしてみた)
DSC09715_R_20170929224716be1.jpg
安全地帯形式の相対式ホーム2面2線の構造をした、京都府内で唯一の路面電車停留場である。安全地帯は幅63cmと非常に狭い。車両にはステップがないため、安全地帯から車両までは大きな段差が生じる。(ウイキより)
DSC09717_R_20170929224716dab.jpg
路面電車どおしのすれ違い、醍醐味である
DSC09718_R_2017092922471894d.jpg
ゆるくカーブした先が目的地
DSC09720_R_20170929224720a8d.jpg
西大路三条駅である(上り線専用)
DSC09721_R_20170929232943d28.jpg
ホーム幅は同じく63cmと思われる
DSC09722_R_20170929232945161.jpg
ホームまでは、横断歩道で渡っていく
DSC09723_R_20170929232945555.jpg
発車した、さらば嵐電
DSC09725_R_20170929232947b12.jpg
と、思ったら停車した
DSC09726_R_20170929232948690.jpg
なんと、電車が車と一緒に信号待ちしている、いい所が見れた!
DSC09728_R_201709292329502b4.jpg
ちなみに下り線には立派なホームがある、謎?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

オモシロ 木彡 ~

ぅゎ~(゚∀゚)なんか楽しいですネー♪

(房総半島のオッサンみたいに、まずは自分の事をベラベラ話す様で申し訳ないのですが…↓)
自分も2001年頃にクラスメイトに連れられて行き(乗り)ました。
自動車教習所の教本で見た島式ホームとか路面電車特有の標識など…
ここで初めて見て(触って!?)「実在してるんだーっ!」って大感動でした。f(^-^;

うん、確かに女の子と行きたいですねー。
あ、でも自分の場合…
「スゲー(゚∀゚)スゲー」って子供みたいに喜んじゃって…女の子が引いちゃうかも…orz...

末期ィーヾ(゚∀゚)

触ったんだ?
島式ホームにすりすりするマッキーを想像してしまった
嵐電おもろいよね、気に入った!
自分も観光客丸出しで、写真撮ってたから十分乗客に引かれていたと思うよ!

(/ω\)ぃゃーん

はぃー触りまくっちゃいました。f(^-^;
たぶん、島式ホームの柵や看板(柱)・電車などのペンキが塗り直されたのは、ボクのせいかも知れません…。(;´Д`)
今後は手を洗ってから行きます。
足湯は足を洗ってから入ります。
京都の皆さま、ごめんなさい。m(_ _)m

末期ーヾ(゚∀゚)

そっかー、片足上げてやるあれは、酸性だからね~そのせいだったのか?

ちなみに島式ホームには、柵も看板も着けるスペースは無いよ!