海軍技術研究所音響研究部地下工場再訪3

1510229782798_R.jpg
伊豆半島には多くの戦争遺跡がある、今回のターゲットは口野、多比の部分だ
1510229738050_R.jpg
殆どの遺跡は養壁の内側か開拓されたが、燃料壕一つと指揮室・電信室(ブロック封鎖)は確認できた
321_R_2017110921552295f.jpg
第二洞を出たすぐそばに第三洞はある
322_R_20171109215523999.jpg
藪の濃い部分を迂回するが大した事はない
323_R_201711092155258ed.jpg
あっという間に第三洞を発見
328_R_20171109215528280.jpg
メンバーが来るまでに、周辺捜査したが、僅かな隙間の鉱口しか見つからなかった
326_R_20171109215526a9d.jpg
少し狭いが、十分滑り込める隙間は有る
330_R_20171109220528a69.jpg
入り口辺は、まだマシな状態だった
333_R_20171109220530d00.jpg
この辺は、天井の崩落ではなく、ズリ出しのようだ
334_R_2017110922053199b.jpg
ハデに天井が崩れている
336_R_20171109220532b12.jpg
右側が本来の壁で、左側の茶色いのは全て落盤である
338_R_20171109220534520.jpg
隙間を縫っていく
339_R_201711092205369cb.jpg
壁と落石の狭間
343_R_201711102136445c5.jpg
落ちて割れた巨岩の隙間を縫って行く
344_R_20171110213646307.jpg
右側最深部の部屋のようだ
345_R_20171110213647ae3.jpg
天井までうず高くズリが積まれている
346_R_20171110213649061.jpg
隙間を見つけて行ける所まで行く、既に後は憑いて来ない
348_R_2017111021365045e.jpg
落石の上に上り詰めたら、撤収して行くメンバーが見えた
350_R_20171110213651270.jpg
これ以上は進めそうも無い
352_R_20171110213653e84.jpg
これ、登るより降りる方がこわいかも?
357_R_201711102157585f7.jpg
一旦入って来た入り口に戻り、今度は左側の部屋に向かう
367_R_201711102158014bd.jpg
左側すぐの部屋も、ガレだらけで埋まっている
365_R_20171110215800a49.jpg
僅かに開口している部分がある、ここに入る前に見つけた外部の穴だろう
371_R_20171110215802e3a.jpg
一本の通路があった、人一人ぶんの幅しかない
373_R_201711102158035a1.jpg
なんと、階段が下まで続いている、降りていってみる
379_R_2017111021580557d.jpg
下はやはり巨大な落石に埋めつくされた空間だった
380_R_20171110215806eef.jpg
しかし、ギリギリ通れそうな隙間が有る
381_R_20171110221136b03.jpg
抜けたら広い空間が残っていた
382_R_2017111022113792b.jpg
相当崩れ込んでいる、本来の床面はまだ5mほど下のようだ
383_R_20171110221139ab6.jpg
しかもこちら側は地下水の流れが有り、岩が濡れて滑る
384_R_20171110221140d25.jpg
現在進行形で崩れている様で、鋭利な切り口が多い、コケたら切れそうだ
386_R_20171110221141fb0.jpg
乗り越えると、新たな空間出現
387_R_20171110221142991.jpg
行ける事が確認できたので、皇族隊が入って来た
390_R_20171110222801647.jpg
何故か割れていない、陶器製のビンを見つけて御満悦の空母氏
391_R_201711102228020b0.jpg
高低差に富んだ空間が広がる、柱も残さずこんだけ掘れば、崩れて当然だろうに・・・
392_R_20171110222803855.jpg
今にも落ちて来そうな巨石郡
395_R_20171110222805e7c.jpg
僅かな足場をたどっていく
397_R_2017111022280769c.jpg
30mほどの空間に、柱一つ無い
399_R.jpg
今回の最終地点到着
402_R_201711102228094d9.jpg
これ以上はあかん、自分のスキル以上の事はやらないのが大事!
403_R_20171110225207402.jpg
引き返すとしよう
404_R_20171110225209508.jpg
右側の石は積み上げてあるとしか思えないのだが、人力で持ち上がる大きさではない、どうやった?
405_R_20171110225210c4b.jpg
これ以上進めない説明をして、進撃を終わる
407_R_20171110225212f1f.jpg
規模の割りに、小森さんの少ない壕だった
413_R.jpg
しかし面白かった
420_R_201711102313520f5.jpg
空母氏が何か見つけた
421_R_2017111023135427f.jpg
何かが挟まっているようだ、下手に抜いて上が崩れないといいが
422_R_20171110231355262.jpg
なんとワインのボトルが挟まっていた様だ
456_R_20171110231356495.jpg
さて下山しよう
477_R_201711102313574df.jpg
もう、飲まず食わずで夕方だ
IMG_0016_R_201711102313597b2.jpg
帰りがけにみんなでファミレスでご苦労会
IMG_0017_R_20171110231400116.jpg
お土産買って帰りました
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント