三戸北南洞窟陣地御案内

とのさんから青森のツイッター繋がりの人を案内するから一緒にどうかと誘いを受けた
他のこっちの知り合いも同行との事で、5人での探索となった。
まめぴーさん、よもぎさん、あけさん、今回参加出来なかったSUGIKOさん、お疲れ様でした。
007_R_20171111212230ba4.jpg
夜明け前の道を横須賀へ走る、集合時間は0700と早い
021_R_20171111212232a8b.jpg
少し早めに着きそうなので寄り道をする
025_R_20171111212233697.jpg
工事が始まったとの情報を頂いていたので、確認したかったのだ、来年はもう入れないかも知れない
029_R_20171111212235210.jpg
集合場所のコンビニに到着
033_R_2017111121223788d.jpg
無事全員集合したので、出発する
035_R_201711112122377c8.jpg
夜明けの海岸線を三崎に向けて走る
036_R_2017111121223920e.jpg
三戸海岸到着、意外に駐車場激混みだった
037_R_2017111121224054d.jpg
にゃんこに出迎えられた
044_R_20171111212242c7b.jpg
三戸南陣地に到着
047_R_2017111121224370e.jpg
さっそく壕内に進入して行く
048_R_2017111121224574d.jpg
ここの入り口も、大分入りづらくなって来た
050_R_20171111212246b81.jpg
狙撃口からしか、現在は入壕出来ない
055_R_20171111223722bb1.jpg
今回は砲室2から進入となった
056_R_20171111223724b3e.jpg
地下壕初体験の二人
057_R_20171111223725e78.jpg
陸軍独特の馬蹄型通路を進んでいく
058_R_20171111223727f62.jpg
どうせ全部繋がっているので、好きに歩いてもらう
061_R_20171111223728322.jpg
抜き穴その1
065_R_2017111223174333c.jpg
第二砲室の弾薬庫
066_R_2017111223174456d.jpg
居住区に向かう分岐路
068_R_20171112231746f5f.jpg
本当に一人分ぴったりの通路幅
072_R_20171112231747448.jpg
陸軍陣地壕は小銃を持った人が、行き来しやすい様な形に掘ってある
079_R_201711122317485f4.jpg
昭和の残留物(ゴミ)
084_R_201711122317507a5.jpg
居住区には何故かゴミが多い
087_R_201711122317519a2.jpg
第一砲室、すごく状態の良い砲室だ、下手すると日本唯一かも知れない
093_R_2017111316463557c.jpg
コンクリートで固められた、立派な銃眼
095_R_20171113164636b13.jpg
床のコンクリートに残る、現存しているほぼ唯一の銃架
100_R_201711131646371e0.jpg
大体回ったので、撤収する
103_R_201711131646382cd.jpg
ちょいと降りるのに難儀しているようだ、少し滑る
105_R_20171113164641445.jpg
108_R_201711131646426c5.jpg
駐車場に戻ると、猫たちが待っていた
109_R_20171113164643895.jpg
しかし女の子にしか触らせてくれなかった
111_R_20171113172351e25.jpg
三戸北から北陣地へ移動する
113_R_20171113172353a01.jpg
現地到着
115_R_20171113172354f2f.jpg
北陣地に向かう
117_R_201711131723552b7.jpg
メインの入り口となる砲室
119_R_201711131723580df.jpg
砲室の奥にある陣地内へと向かう
121_R_20171113172358db6.jpg
砲室から観た海、速射砲で上陸用舟艇を狙う
122_R_20171113172401f68.jpg
突入開始
128_R_201711131848576dc.jpg
この陣地の唯一の住人131_R_20171113184859c8c.jpg
階段を登って奥に進む
132_R_20171113184859c3d.jpg
階段途中の未完成の抜き穴と、とのさんの後頭部
134_R_201711131849013b1.jpg
階段の真ん中は、水の流れに削られている
135_R_20171113184903267.jpg
灯り置きの窪みに、トーチ用蝋燭が置いてある、正しい使い方だ!
138_R_201711131849044c4.jpg
交差点部分にも灯り置きの窪みがある、ちなみにこの様な地下陣地や砲台は、常に兵士が壕内にいる訳ではなく、有事に召集がかかり、現場待機となるので普段は地上に居る。だから地下工場と違い電気が来ている所は多くは無い。
139_R_20171113213826e51.jpg
馬蹄形の通路を歩いていく
141_R_20171113213827101.jpg
抜き穴の一つ、これを作って置かないと、砲撃等で砲室が破壊されると生き埋めになってしまう
143_R_201711132138286da.jpg
メンバーが立ち止まっている
147_R_2017111321382952b.jpg
前日の雨で水位が増して、溢れている貯水槽
218_R_20171113213832387.jpg
飲めそうな綺麗な水が満ちている
148_R_201711132204244a7.jpg
この先にもっと大きな貯水槽が有るのだが、この調子では通路に水が溜まっているだろう
153_R_20171113220426fef.jpg
驚くような事をやってのけた人が居た!
154_R_20171113220427170.jpg
感心するほどの身体能力と身軽さだ、無理!
156_R_20171113220429caf.jpg
あちこちの通路が水没している、海軍と違い排水を考慮しない陣地が多い
158_R_201711132204303fa.jpg
先の貯水槽を覗ける別の場所だが、水没
162_R_20171113220431910.jpg
次の砲室に到着、ここには4つの砲室が有るのだ、珍しい事だ
163_R_201711132222045fd.jpg
この砲室は、未完成で放置されている
169_R_20171113222208b15.jpg
鉄筋の入ったちゃんとしたコンクリートだが、行程の途中で終戦となったのだろう、鉄骨のむき出しの部分は切って持ち出されたのだろう
164_R_201711132222066ae.jpg
天井の排煙用の穴、円筒形に掘られている
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント