FC2ブログ

航空自衛隊 峯岡山分屯地基地開放2017その1

今年最後の基地際、航空自衛隊 峯岡山分屯地基地開放に行ってきた
昭和28年 6月に、 アメリカ空軍によりレーダー建設開始された戦後の基地
昭和35年 7月に、 アメリカ空軍から自衛隊へ移管され、現在に至る
中部航空方面隊隷下のレーダーサイトとして、主に関東地方周辺の空域を24時間態勢で警戒監視している

入間基地の第1高射群 指揮所運用隊も、 峯岡山派遣班として常駐している
小さな基地なので、創立記念行事等としては行わず基地開放である
この基地のある愛宕山には三角点があり、事前に予約すれば基地内に入り、見学できる
この三角点は、千葉県最高峰(408.2m)である、その先に睨空台(げいふうだい)がある

開場は0900からだが、駐車場は無く、鴨川市立長狭学園からのシャトルバス(無料)のみ入場出来る
基地のH.P等では、記載事項は一切無いが、車で長狭学園まで行っても近くの吉保八幡神社等に駐車スペースがある
002_R_20171210233055ad0.jpg
明け方の首都高をアクアに向かう
003_R_201712102330577f7.jpg
最近は0700でもアクアは渋滞する
010_R_20171210233059f9d.jpg
駐車場案内は、このちっさい看板のみ(隊員は道路に出てこない)
008_R_20171210233501447.jpg
境内に10数台は停められる(他の場所もあり)
014_R_2017121023350388d.jpg
長狭学園まで歩いて来た(校内に車停めている人もいるようだ)
015_R_20171210233504606.jpg
簡単な持ち物検査と金属探知機
016_R_201712102335058de.jpg
無料シャトルバスは待つ事無く、座れる定員で出発する
017_R_20171210233506bdd.jpg
すれ違い困難な山道を登っていく(バスが木にガサガサ当たっていた)
018_R_20171210233509cdc.jpg
バスなので、正門は写せないのが難点、とりあえず20分程で到着
020_R_20171212222526094.jpg
バスで20分登ってきた眺め
021_R_2017121222252811c.jpg
先に見えるのがヘリポート
022_R_20171212222528cc7.jpg
陸自の地上展示を観て行く
024_R_20171212222531457.jpg
高機動車
023_R_20171212222530655.jpg
125_R_20171212222533904.jpg
1tトレーラ、これは高機動車用のもの
027_R_2017121222400964d.jpg
028_R_20171212224011d66.jpg
軽装甲機動車
029_R_20171212224012dd4.jpg
2号車
030_R_20171212224014488.jpg
031_R_2017121222401659c.jpg
発射装置
271_R_20171212224919c9e.jpg
オートバイ
034_R_20171212224917a70.jpg
035_R_20171212224919901.jpg
20mm対空機関砲(改)
040_R_20171212232106423.jpg
ちょうど射撃展示が行われる
046_R_20171212232108cc3.jpg
空砲なので、ブーンと静かな音しかしない
047_R_20171212232108ec4.jpg
派手に飛び散る薬莢の音が良い
053_R_20171212232110839.jpg
発射後のほかほかの薬莢
055_R_20171212232112d22.jpg
拾うのが大変だ
P1030724_R.jpg
家にある20mmの空砲の弾
P1030725_R_20171213225443886.jpg
Jの文字は自衛隊を意味する(海保は知らん)
P1030729_R_201712132254447dd.jpg
ベルトリンクで繋がった状態
260_R_2017121323105397b.jpg
プライマーの無いダミーカート
051_R_20171213231052feb.jpg
今回の射撃訓練展示で、400発撃ったそうだ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント