FC2ブログ

二宮洞窟陣地探索(一色・南ノ上陣地)

190_R_20171229172958716.jpg
昼食のため車に戻る、その近くにあった横穴墓群
194_R_20171229173000b20.jpg
空母氏が一応見に行く
195_R_20171229173001a9b.jpg
本当に純粋な墳墓だった
199_R_20171229175543488.jpg
昼食後、腹ごなしにショートカットコースで山を登る
201_R_201712291755444eb.jpg
古そうな建物と貯水槽の様なもの
204_R_20171229175546481.jpg
この高台では、軍民問わず水の確保のために、天水を貯水している
205_R_201712291755474ed.jpg
現地到着、ぼのブロックには道ごとに一つずつ陣地が築かれているらしい
207_R_20171229175548960.jpg
斜面に降りると、タコツボらしき大穴の跡がある
210_R_20171229180810800.jpg
早速すじ氏が壕口を見つけた
212_R_20171229180812a0a.jpg
躊躇無くサクサク入って行く
213_R_20171229180813b49.jpg
石の含有率のかなり高い土質で、掘り難かっただろう
 214_R_201712291808149f7.jpg
地層がかなり独特な壕だ
216_R_20171229180816d46.jpg
間口だけ狭くて、奥は立てるようだ
217_R_20171229180817553.jpg
振り返って壕口をみる、狭く急な入り口なので、後続はなかなか入ってこない
219_R_20171229191356c70.jpg
広くなったら変則の十字路に出た
220_R_20171229191357f5d.jpg
左側に行ってみる
221_R_20171229191358f28.jpg
外部からの土砂の流入で閉塞している
222_R_20171229191400155.jpg
その右手前に2mほどの部屋がある、開口部付近にありがちな構造
223_R_20171229205230c2e.jpg
戻って右側の枝道、判りづらいが大きな2段の階段状になっている
226_R_20171229205232ff7.jpg
登りの途中で放棄されたようだ
229_R_20171229205232861.jpg
頭上のこの石のせいで、頓挫したのだろうか?
230_R_20171229210323983.jpg
残る中央の道は、更に右方向に曲がっていた
231_R_20171229210325557.jpg
すじ氏の後ろ側の小さな意味不明の小部屋高さ1m程しかない
232_R_20171229210326f89.jpg
右を観ると、残念な光景が広がって(狭まって?)いた
234_R_20171229210328681.jpg
とりあえず登ってみたが空気の流れが無い、閉塞だ!右に小部屋がある
239_R_2017122921032942e.jpg
なんと、そこには大量のハクビシンが蠢いていた
241_R_20171229210330913.jpg
目が合った
243_R_20171229210331124.jpg
やがて彼らは上に逃げていった、かわいそうなので追いかけなかった
245_R_20171229212543531.jpg
自分と入れ替わりに登っていくI氏、ハクビシンは見れなかったそうだ
246_R_2017122921254463f.jpg
足元にあった丸くえぐれた石、なるべく壕内で小さく砕いて搬出しやすくしていたのだろう
250_R_20171229212545fb6.jpg
最初の壕口付近に戻ってきた
252_R_20171229212546d73.jpg
水滴の付いた蛾、これは冬眠状態で生きているそうだ
253_R_201712292125487da.jpg
さて、脱出する
256_R_201712292125492c0.jpg
斜度が有り、一人づつ登って行かないと落石が危険だ
 258_R_201712292152246b2.jpg
外部に出て、他の壕口を探した
260_R_201712292152255e2.jpg
位置的に最初の壕口左手の通路に繋がる壕口だ
261_R_2017122921522665d.jpg
もう一つを探したが、見つからなかった
265_R_2017122921522720c.jpg
斜面を登り現道に復帰、次に向かう
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント