FC2ブログ

二宮洞窟陣地探索(井ノ口・滝ノ入陣地、一色・兎沢陣地)

268_R_201712311516316dc.jpg
谷戸を挟んで次の陣地に向かう途中の谷間にスカイラインが落ちていた
269_R_20171231151632f0a.jpg
ソーラーパネルも大量に落ちていた
272_R_20171231151634dfb.jpg
道路を歩いて移動できるので、比較的楽な移動ではある
274_R_201712311516357ce.jpg
壕口発見(井ノ口・滝ノ入陣地)
275_R_201712311516362b4.jpg
すじ氏が突入していく
277_R_201712311611299a0.jpg
しかし、壕内は激しく水没していた
279_R_20171231161131fc2.jpg
坑道は左右に伸びているようだ
284_R_20171231161132509.jpg
外に出て、横方向を探すともう一つの壕口発見
286_R_201712311611339c4.jpg
こちらの壕口付近は広く、砲室のようだ
290_R_20171231161135bb1.jpg
深くて進めないが、右に通路のように見える(右方向が先に入った壕口方向)
292_R_20180101115858d1b.jpg
壕から出ると、すじ氏が資料に無い壕口を発見した
293_R_20180101115859b85.jpg
地元の人が6年に渡って調べた資料だったが鵜呑みには出来なかったようだ
294_R_20180101115901838.jpg
下り傾斜の壕口
296_R_201801011159020b5.jpg
滑り込んで入って行く
297_R_201801011159032c7.jpg
正面の通路の床が斜めになっている
298_R_20180101122814a2c.jpg
右上に伸びる通路が有った
299_R_20180101122816356.jpg
正面は小部屋で終わっている
301_R_20180101122816d18.jpg
右へ昇ってみる
306_R_2018010112281816f.jpg
外部からの土砂の流入で埋まっていた
310_R_2018010112281965c.jpg
左方向にも数m伸びていたが行き止まりだ、湿気がスゴイ
314_R_20180101122821f26.jpg
しかし立てるぐらいの高さがあり、拡張途中だったのか?
318_R_201801011228239c9.jpg
この先が気になる所だった
323_R_201801011228245b8.jpg
脱出する
324_R_2018010112594992f.jpg
外部に出ると、壕口が陥没したような場所が有ったここが土砂の流入源かもしれない
327_R_2018010112595197e.jpg
分岐路に戻り、この地区最後の目的地に向かう
328_R_20180101125952e5d.jpg
なんとこの陣地には、立派な道(左側)が作られていた
329_R_20180101125954761.jpg
道に従って倒木を乗り越えていく
331_R_2018010112595408b.jpg
程なく壕口発見、入り口付近は三角な天井
332_R_20180101143514bfc.jpg
そして中ほどで四角に(単純に崩落だが)
333_R_2018010114351699b.jpg
直角に右に進む
336_R_201801011435176ae.jpg
中ほどで左に通路が延びているので行ってみた
338_R_20180101143519ed1.jpg
左にクランクして3mで行き止まり
339_R_201801011435200c3.jpg
来た道を引き返し、元の通路へ
341_R_20180101151518299.jpg
通路に戻ると、総軍さんが作図していた
343_R_20180101151518a6f.jpg
左側には2mほどの部屋が有った
346_R_2018010115152031b.jpg
部屋からこれから進む方向を撮ったもの、綺麗に整形されている
348_R_201801011515226d8.jpg
こちらの通路も土砂の流入で、水が抜けなくなっていた
349_R_20180101161110182.jpg
土砂に上陸すると、右に部屋がある
355_R_20180101161112b41.jpg
部屋は奥行き3mほどで縦長
353_R_2018010116111106f.jpg
部屋から出て来た通路を見ている、壕の大きさが変わるのが判る
359_R_20180101162720f6b.jpg
では、脱出する
361_R_20180101162721e8b.jpg
出て来た壕口
366_R_2018010116272374d.jpg
壕の上部に上がってみた、塹壕とも取れる軍道が判るだろうか
368_R_20180101162725a39.jpg
下山途中、穴を発見した
370_R_201801011627255ae.jpg
5mほどの深さで、スクーターや伐採した木が捨ててあった、祠だろうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント