FC2ブログ

深井拠点探索及び大月砲台

DSC09653_R_20180113223039fc1.jpg
高井ヶ谷28cm榴弾砲砲座
DSC09654_R_20180113223040afb.jpg
ついでに弾薬庫を少し見て行く
DSC09659_R_20180113223041bd2.jpg
一時期公開に向けて整備されたが、放置されている状態だ
DSC09661_R_20180113223042347.jpg
一部コンクリート舗装されている珍しい弾薬庫だ
DSC09663_R_201801132230458d3.jpg
名残惜しそうに観ているきへいさん
DSC09664_R_2018011323085150d.jpg
装備をまとめ、次の目標に向かう
DSC09665_R_20180113230853262.jpg
途中途中、怪しげな所を見て行く
DSC09668_R_20180113230854d92.jpg
道路から見える物は、ほとんど古代人のお墓か民間防空壕だった
DSC09670_R_20180113230856d49.jpg
深井拠点が有ると思われる場所に到着
DSC09671_R_201801132308568a2.jpg
深い切り通しがある
DSC09672_R_2018011323085861e.jpg
軍の物のようだが、いかんせん入ってすぐ終わりだった、衛所的な物だろうか・
DSC09677_R_2018011323323638e.jpg
トンネルを越え向こう側へ移動
DSC09679_R_20180113233238582.jpg
ここでは機関銃陣地が発見されている
DSC09684_R_2018011323323919d.jpg
これが銃眼部
DSC09687_R_20180113233240952.jpg
入り口に向かう
DSC09689_R_20180113233242f6c.jpg
とても小奇麗な壕内だ
DSC09691_R_20180113233244c9d.jpg
壕内は乾燥していて、床が歩きやすい
DSC09692_R_201801132332448ac.jpg
右に曲がって10mほどで
DSC09695_R_201801132332461c7.jpg
銃座に着いた、立ち撃ちの軽機関銃陣地のようだ
DSC09701_R_20180114125114efc.jpg
銃眼からは下の道路が見えていたはずだ
DSC09709_R_2018011412511501d.jpg
この陣地には灯かり置きが多く、50cm間隔程度の過剰なものだ
DSC09710_R_201801141251161f2.jpg
脱出する
DSC09712_R_201801141251186c6.jpg
今は杉林で道路は伺えない
DSC09713_R_20180114125120350.jpg
近くで見つけた塹壕とも機銃エンタイとも取れる掘り込み(水槽かも知れない)
DSC09714_R_20180114125120a69.jpg
池に出た、これ以上は無さそうだ
DSC09715_R_20180114125122f9a.jpg
道路から観た銃眼方向、まったく判らん
DSC09716_R_201801141634372b6.jpg
コンビニで遅めの昼食を取り、次に向かう
DSC09718_R_2018011416343873b.jpg
高井ヶ谷砲台と対をなす、大月砲台に移動する
DSC09719_R_20180114163439467.jpg
前にも一度来ているが、きへいさんご案内のため再訪
DSC09721_R_20180114163440a77.jpg
広そうな壕口から入る
DSC09725_R_201801141634420f9.jpg
地質のせいか、崩落と土砂の流入が有るのが残念
DSC09728_R_201801141649299dc.jpg
この辺の作りは掘りっぱなしの素掘りにみえる
DSC09733_R_20180114164931a73.jpg
通路部分も崩落で床面が埋まっているので判別不能
DSC09736_R_20180114164932a13.jpg
弾薬庫の一部が支保の柱の跡とコンクリートで床が舗装され、程度がいい
DSC09743_R_20180114164933101.jpg
20mほどの奥行きのベンチ付き生息部
DSC09747_R_201801141649354e0.jpg
蛍のようなきへいさんが壕内を練り歩く
DSC09754_R_2018011416493779c.jpg
一足先に砲座を見に行く
DSC09756_R_20180114171944d70.jpg
これは便宜上第一砲座とする、ここは砲座2つと砲側弾薬庫2つからなる28cm榴弾砲陣地である
DSC09759_R_20180114171945965.jpg
上から観れば少しは円形の砲座らしく観えるだろうか?
DSC09761_R_2018011417194796a.jpg
すぐ隣は第二砲座の砲側弾薬庫が口を開いている
DSC09764_R_20180114201327920.jpg
壕内に入ると、妙に平らな床
DSC09766_R_20180114201329557.jpg
入り口からコンクリートパネルで舗装されているのだ
DSC09767_R_20180114201330917.jpg
崩落も少なく綺麗な壕内
DSC09773_R_20180114201332444.jpg
若干長さや角度は違うが、基本的に同じ形の第二砲側弾薬庫
DSC09775_R_20180114201333b53.jpg
生息部に小瓶が落ちていた
DSC09778_R_20180114201334f5e.jpg
用途不明の坑木が2つづつ各所に残っている
DSC09784_R_20180114205506abf.jpg
各部屋との間に、扉を付けていたと思われる四角く整形された跡がある
DSC09787_R_20180114205507a26.jpg
一番綺麗な弾薬庫
DSC09793_R_20180114205508b11.jpg
敷き詰められたコンクリートパネル、どうやってこの大きさを壕内に搬入したのだろう?
DSC09796_R_20180114205509cac.jpg
側溝には、コンクリートでレールの溝が造られている弾薬運搬用か?
DSC09801_R_20180114205511056.jpg
天井の小森さん達、3cmぐらいの子供だ
DSC09815_R_20180114205513d24.jpg
端っこまで来たので脱出する
DSC09816_R_2018011421384853c.jpg
出口手前にある即応弾薬庫
DSC09818_R_20180114213850b43.jpg
第二砲座なんだが、判るほうがスゴイだろうな
DSC09817_R_20180114213850007.jpg
隊長に人物比に立ってもらったが、写真じゃ全くわからん!肉眼の補正力ってスゴイ。
DSC09819_R_201801142138533cc.jpg
周りはスゴイ藪なので、壕内から戻る。探索終了
DSC09825_R_20180114213854626.jpg
帰りがけ、池ノ内だったかな?の旧隧道を見に行く
DSC09826_R_20180114213855faf.jpg
途中に若干の防空壕らしき物がある
DSC09828_R_201801142207270f8.jpg
トンネル到着、ここへは普通の車は入れない
DSC09829_R_20180114220728b9e.jpg
トンネル内には何故か電灯が点いているのでライト無しでもいける
DSC09831_R_20180114220729be7.jpg
中程まで歩くと、両側に穴がみえる
DSC09843_R_20180114220732eb7.jpg
封鎖されているが、大型の防空壕郡だ
DSC09844_R_20180114220735aea.jpg
何だろうこのマーク?
DSC09848_R_20180114220735f43.jpg
出口付近には馬頭観音が並んでいた
DSC09851_R_20180114221510821.jpg
さて、本日終了
DSC09852_R_201801142215124dd.jpg
総軍さんの後に変な物が写っているが、見なかった事にしておこう(イタズラはしていない)
DSC09853_R_2018011422151315d.jpg
来るとき見た、ヨの字型の防空壕
DSC09858_R_20180114221514c70.jpg
正月のUターンラッシュの中横浜に帰る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お疲れさまでしたーー
しかし・・・・和田の黒岩残念でしたねーー
リベンジましょうねん。
あとで位置図見直したんですが、けっこう
イイ線いってたはずなんですよね~~~
惜しい( ̄□ ̄;)!!
次回はまず、最後に行ったあの隧道の上の山にに抵抗拠点(小川拠点)があったとされているので、黒岩10K、小川拠点、白渚拠点(野砲配備)、この3本立でいきましょう。
それにしても最後の変なの写ってる写真、
あれ不気味ですねーーーー
みようによっては、人の顔っぽいのいっぱい
写りこんでて、心霊・・・・とかいっても
通用するレベルですね。
ま・・・・古くからある場所だから、いろいろあったんでしょうねーーーー
なんかこういうこと考えてもテンション上がりますね(笑)

ねこさん

こんばんわ!
次回のだ様が光臨されたら、きっと何か出ますよ!
なんでか総軍さんの周りにだけいるんですよね~あの変なの?彼の先祖がここで何かしたんでしょうか?
いたずらじゃない所が怖いですね。